まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

中国が2020年に「人工月」を打ち上げると発表!!

2018年10月19日:08:05

1: ばーど ★ 2018/10/18(木) 13:24:29.48 ID:CAP_USER9
no title

・中国に街灯の代わりとなる「人工月」が打ち上げられる予定
・人工月には太陽光を反射させるパネルが取り付けられており、その角度を変化させて照射位置を調整する
・その明るさは本物の月の「8倍」にも及び、直径10-80Kmのエリアを照らすことが可能

中国の歴史的都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工月」を打ち上げて、街灯の代わりに街を照らしてもらおうというのです。

打ち上げの予定は2年後の2020年。その輝きは本物の月の「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルのエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント “2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国の宇宙開発企業「中国航天科技集団」がこの計画を発表しています。

打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は完了しています。また、中国航天科技集団は中国の宇宙開発を請け負う主要企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。

no title


この「人工月」には太陽光を反射させられるパネルが取り付けられており、その角度を変化させることで、照射位置を調整します。

世界を見渡すと、過去にも同じように太陽光を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない街」として有名であったノルウェーの谷底の街、リューカンに「3つの鏡」が設置されました。コンピューター制御されたその鏡は、間接的ではありますが、街に待望の「日光」を届けることに成功しています。

また、1990年台にはロシアが人工衛星 “Znamya” を打ち上げ、太陽の光を地球の夜間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資金調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。

「人工月」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影響ですが、光学の専門家は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物のルーティーンに影響が出ることは考えにくいと説明しています。

2018/10/18 nazology.
https://nazology.net/archives/22493
彡(゚)(゚)「・・・・・・月?」 (´・ω・`)「うん、『月』のこと教えてよ」
http://world-fusigi.net/archives/8383833.html

引用元: 【中国】2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表 明るさは本物の月の「8倍」、直径10-80Kmのエリアを照射





募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

アメリカ軍を象徴する兵器で打線組んだ

29

コメント

彡(゚)(゚)と学ぶキノコ、山菜

19

コメント

彡(゚)(゚)と学ぶキノコ、山菜

2018年10月18日:16:01

カテゴリ:動物・植物

ド田舎の廃校で写真撮ってきた!

17

コメント

ド田舎の廃校で写真撮ってきた!

2018年10月18日:11:00

カテゴリ:景色・風景

今日ばあちゃんと話して大泣きした

44

コメント

今日ばあちゃんと話して大泣きした

2018年10月17日:23:00

カテゴリ:人生について

ドラえもんで一番怖かった話といえばこれだろ

60

コメント

【画像】漫画史上最大の名シーンといえば→

121

コメント

変なものを見てしまった。『シシノケ』(再掲)

78

コメント

嘘つきすぎて人生おわった。

66

コメント

嘘つきすぎて人生おわった。

2018年10月16日:20:00

カテゴリ:人生について

上部に戻る