まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

戦争にまつわる不思議な話・怖い話

2011年08月07日:18:05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 13 )

3:本当にあった怖い名無し2011/07/08(金) 23:29:06.77 ID:C9Frbx3TO

このスレが二年持つなら話題は豊富になるよ


5:本当にあった怖い名無し2011/07/20(水) 23:36:55.87 ID:9UF4b9DT0




8:本当にあった怖い名無し2011/07/21(木) 04:31:46.44 ID:72ZTg+rn0

>>1乙です。

うちの故郷は東北。
じーちゃんは足が悪くて戦争には行かなかったけど兄弟…ワシの大叔父にあたる人は海軍でどこいらの海で沈められたそうだ。
何かの折りに話を聞いたのが
『白い軍服の兵士』
ロシアで戦っていた時広くて果しない平原で劣勢になると白い軍服の奴等が現れて敵軍に向かって行った。
日本兵士なのは軍服でわかるが白い物など目立って危なくて着られるものではない。
ロシア兵は当然この目立つ白い兵士を狙い撃ちしてるのだが一向に当たらない。


9:本当にあった怖い名無し2011/07/21(木) 04:42:25.67 ID:xX2AWAEK0

続きます。

弾は当たっているはずなのに白い兵士は倒れるどころか数を増したように見えた。
自分と同じ軍服の兵士は倒れていく。
しかし気が付いたらロシア兵は逃げ去っていた。
白い兵士もいなくなっている。
その後も『白い軍服の兵士』達は現れて、ずいぶんと助けられた。

そんな話を聞いた。
また、近所の家では行方がわからなかった息子が真っ白い軍服を着て帰って来た。
母親は泣いて喜んで今夜は祝いの馳走をするからと買い物に出て帰宅すると同じ隊に居たと言う復員軍人が息子の戦死の報せをしに来ていた。
とか…。


19:本当にあった怖い名無し2011/07/23(土) 17:48:03.22 ID:0G2W3wna0

>>9
それ捕虜になったロシア兵が
「白い服を着た日本兵はいくら撃っても倒れなかった」って言ったヤツだな。


23:本当にあった怖い名無し2011/07/25(月) 03:54:08.93 ID:HXYDq2c10

>>19
そうなんだってね!
最近ネット見てたらなんかでヒットしたんだよ!
やっぱり実話なんだって少し悲しくなってしまいました…。


10:本当にあった怖い名無し2011/07/21(木) 04:47:31.86 ID:xX2AWAEK0

…大叔父も何処の海でやられたのか…。
写真だけが残っていたけど白い水兵さんの…、御遺体は見付からないまま。
いろんな意味で、昔の田舎は兄弟多かったからなあ…。
写真見ててもまだ10代なのがわかった。

今の日本をどんな思いで見ているかなあ。


11:本当にあった怖い名無し2011/07/21(木) 04:58:38.62 ID:lmskebl7O

不思議・怖いつーより、最終的に泣いてまう話じゃねーか


22:本当にあった怖い名無し2011/07/25(月) 03:51:10.50 ID:HXYDq2c10

>>11
どうもすみません。
m(_ _)m
余談ですが、案外と『白い軍服の兵士』は有名らしくて、あれは日本全土からお稲荷さんが集まって助っ人で行ったんだと聞いたりしました。

こわいって言うか…残酷な話はたくさん知ってます。
でもワシが知ってる話をすると戦争が辛くて情けない話になってしまうのであえて身内の実話をレスしました…。

日本はね『敗戦国』なんだよ…、それくらいかな。
↑意味は推し図って下さい。


13:本当にあった怖い名無し2011/07/22(金) 19:23:09.82 ID:hGLOqlfpO

ベトナム戦争の記録写真はまさに異常だった。
戦争時、ここまで人間は狂気になれるのかと思った。(写真を見た当時私は小学生だった。)
例えば
・後ろ手を縛り裸足の捕虜を釈放する逃げる捕虜を背後から
自動小銃、ロケットランチャー、ストナー銃等で狙撃する。
ランチャーでバラバラになった捕虜の死体を片手で掴み笑みを浮かべる兵隊。
・拷問の末殺害した捕虜を河に遺棄する際に
魚が食べ易いようにナイフでブスブス死体を刺す工作員達
彼らは事務的な表情で作業していた。
・腹が減った兵隊が捕虜の頭を撃ち抜き射殺し
腹部を切り抜き肝臓を取りだしグループで切り分けた。
血の滴る人間の肝臓を切り分け笑いながら食べる兵隊等
戦争記録写真はグロい。


14:本当にあった怖い名無し2011/07/22(金) 20:26:08.97 ID:WyjoU28nO

限度を知らないんだよな
戦いだからといって全てを滅ぼしていいわけがない

まさに鬼畜


16:本当にあった怖い名無し2011/07/22(金) 21:44:58.58 ID:hGLOqlfpO

東京大空襲の
B-29の大群が爆弾を投下中白く眩しく光るUFOを搭乗員が見た。
「日本軍の新兵器だ!」と対応し機関砲を連射した。しかし、UFOは何事もなかったように飛びさった。 第二次大戦当時
複数のUFOは目撃されている。
まるで愚かな人間の所業を記録するようだ。


20:本当にあった怖い名無し2011/07/24(日) 00:43:37.11 ID:BPJFEJvQ0

戦時中、兵士たちは、どこかに閉じ込められてしまった。
いつ出れるかも分からないし、生きて出られるかも分からない。
打ちひしがれる兵士もいたが、「生きて帰る」とわずかながらの希望を持つ兵士もいた。
希望を持つ兵士は、やがて椅子を部屋の隅に置いて「ここに少女がいる」と設定した。
「我々が守らずして誰が守る」と言って、姿無き少女を生きる希望にした。
毎朝おはようの挨拶をして、毎晩おやすみを言った。食事も与えた(フリをした)
そして、待ちに待った救出の日。途中で息絶えてしまった兵士も少なくない中、生き残った兵士は、皆、姿無き少女の存在を生きる希望にした兵士たちだった。

ところどころ、うろ覚えだけど、こんな話を聞いた覚えがある。
どこの国の出来事で、いつの時代の戦争なのか詳細を知っているやつがいたら教えてくれ。


27:本当にあった怖い名無し2011/07/25(月) 06:44:55.77 ID:rMsawadYO

>>20が気になる。


28:本当にあった怖い名無し2011/07/25(月) 21:28:32.63 ID:JRstcFke0

>>27
捕虜を勇気付けた架空の少女

大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのあるグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンド(?)を作った話を思い出した。

・・・そのグループが収容されてた雑居房のバラック、その隅に置かれた一つの席は、13歳の可愛らしい少女がいつも座っている指定席だった。(という、皆のイメージ)

彼らグループの中で、喧嘩や口論など紳士らしからぬ振る舞いに及んだ者は誰であろうと、その席にいる少女に頭を下げ、皆に聞こえる声で非礼を詫びなければならない。
着替えの時は、見苦しい姿を彼女に見せぬように、その席の前に目隠しの布を吊り、食事の時は、皆の分を分け合って彼女の為に一膳をこしらえ、予め決められた彼女の「誕生日」やクリスマスには、各自がささやかな手作りのプレゼントを用意し、歌でお祝いをする。
・・・最初は慰みのゲームのようなものだったのが、皆があまり熱心になると、監視のドイツ軍までもが、彼らが本当に少女を一人かくまっているものと勘違いして、彼らの雑居房を天井裏まで家捜しするという珍事まで起こった。
だが、厳しい捕虜生活の中で、他の捕虜たちが衰弱して病死したり発狂や自殺したりする中、そのグループは全員が正気を保って生き延び、戦後に揃って故国の土を踏んだという。


29:本当にあった怖い名無し2011/07/26(火) 04:42:20.58 ID:4qyl0QCo0

>>28
あぁ、これだこれだ!ありがとう。
図々しくて申し訳ないが、なんの戦争か、いつの時代か
も分かったら教えてほしい。


24:本当にあった怖い名無し2011/07/25(月) 03:56:24.71 ID:HXYDq2c10

連レスごめんなさい。
これから朝一番で爺様の墓参り行く予定なんだけど凄い地震だなあ。

ちなみに…お墓は岩手県遠野市にあるんだ。
倒れてないかな…心配です。


26:本当にあった怖い名無し2011/07/25(月) 06:34:51.66 ID:avkyNiV1O

元自衛官から聞いた話。 硫黄島では
今でも兵士の御霊の目撃があるそうだ。
島で演習中にフル装備の 日本兵を複数の自衛官が 見たそうです。


31:本当にあった怖い名無し2011/07/27(水) 20:39:43.04 ID:d7Z9XqrW0

日本軍「衛生軍曹のお守り袋」検・陸軍海軍千人針

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e116877221

こういうモノがヤフオクに出てて怖いって言うか、こんなにお守りをもって行くんだね

しみじみとしてしまうし、なんだか怖いの通り越して、涙出てきた


32:本当にあった怖い名無し2011/07/27(水) 21:01:56.79 ID:RRch5D740

>>31見てきました、涙が止まりません…


36:本当にあった怖い名無し2011/07/28(木) 09:34:13.66 ID:O7g5APLH0

>>31
無事に帰ってきたから残ってんだと思うけど・・・
同じところからっぽい出品でアルバムもあるから多分無事だったんだろうな
しかし福島・・・この軍曹の子孫の方も大変だろうなあ


33:本当にあった怖い名無し2011/07/27(水) 22:10:58.35 ID:G7Q2NXQjO

以下こわい話だけにしてね


34:本当にあった怖い名無し2011/07/27(水) 22:39:47.22 ID:O2GIhjKG0

怖い話ってのは『残酷』な話っていう事か?


35:本当にあった怖い名無し2011/07/27(水) 23:00:25.22 ID:oiWSlLmt0

いやある意味怖い


41:本当にあった怖い名無し2011/08/06(土) 22:54:46.67 ID:PxQ/dSGg0

戦争というと硫黄島で死んだ海軍少将がいてな
そいつがルーズベルトに宛てた手紙が凄い。
ウィキペディアで全文が読めるから読むといい。

それとその少将の日本刀にも霊験談がある。
弾丸から守ったとかいう


42:本当にあった怖い名無し2011/08/06(土) 23:16:11.77 ID:PxQ/dSGg0

ああ、ルーズベルトニ与フル書ってやつな。
市丸利之助って人の書いたやつだ。
既出ならすまん

ルーズベルトニ与フル書


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戦争にまつわる不思議な話・怖い話

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2011年08月07日 21:09 ID:rk1yalRH0*
怖い話・不思議な話があんまりないので二つほど。
ニューギニア戦線だったか話1
川向こうの英軍陣地に夜間の渡河攻撃を仕掛けようとした
帝国陸軍だったが、そこはワニの大生息地だった。
夜間の川から聞えてくる大騒ぎに英国陸軍は事態を悟った
が、どうすることも出来ずただ耳を押さえることしか出来
なかった。
一度に野生動物に襲われた人間の被害としては世界記録
らしい。
ニューギニア戦線だったか話2
同じくニューギニア戦線で、巨大なワニと遭遇した帝国陸軍。
しかし、そのワニは足が『ヒレ』だったらしい。
食糧不足の帝国陸軍の食料に鳴ったらしいが……
それって、ホントにワニだったのか? 
まさか、モササウルスでは?
この報告は幾つかあるらしい。
2  不思議な名無しさん :2011年08月08日 11:40 ID:UhDXNjKq0*
ルーズベルトニ与フル書、初めて見た。鳥肌たった…
3    :2011年08月08日 17:03 ID:HWCnSTib0*
本土決戦の時に、天狗?や妖怪?が米軍兵士・兵器と戦ってるのが目撃された。
4  ( :2011年08月08日 19:26 ID:QGdWDByL0*
硫黄島に駐屯する自衛隊の建物では、就寝前にコップ1杯の水を部屋の前に置いてから寝るそうだ。そうしないと、夜中に喉が乾いた日本の軍人が(以下略)
5  774 :2011年08月08日 20:33 ID:2CvhM4NY0*
本土決戦(;゚д゚)
6  人類皆兄弟 :2011年08月09日 19:08 ID:Zu1ALMb.0*
戦争にまつわる怖い話
戦争自体が怖い事です
7  不思議な名無しさん :2011年08月12日 20:10 ID:wMiwN.2K0*
平時の陸上自衛隊の話。
夜間演習が終了し撤収命令を出した司令部に無線が入る
無線「メガネ(双眼鏡)、メガネがないんです」
司令部要員「?? メガネなら首にかけてるだろ?」
そこへ撤収した隊員が報告に来たので聞いてみる。
司令部要員「メガネがないって言ってるのがいるんだけど」
隊員「いや、装備は全部持ち帰りましたよ。そういう命令だったんで」
無線「メガネが、メガネが……」
一同「……」
目配せをし、そっと無線を切る。
時に午前二時。
草木も眠る丑三つ時。
8  名無し :2012年03月19日 12:29 ID:SmK4vRVA0*
市丸海軍の読んだ
凄いな…涙が出た
9  不思議な名無しさん :2012年06月06日 03:49 ID:pp4mS6MH0*
白い軍服の兵士。
どうして「お稲荷さんが助けてくれた」って結論になるのか、ちょっとよく分からない。
これ普通に考えて戦死した兵士の霊体なんじゃないんかな??(霊体が「普通とかww」とか言わないでくれ!)
自分がまだ戦死してしまっていることに気づいていなくて、魂になっても戦っている。
幽霊だから倒れないし、戦が長引くほど数が増えるのも納得できるよ。
10  不思議な名無しさん :2012年08月09日 17:46 ID:OiptKUhK0*
怖くはないが第二次世界大戦時の兵器には、現代では復元不可能な兵器があったりする。
11  不思議な名無しさん :2012年08月29日 05:30 ID:njApp9qd0*
>>1
その「話1」はギネスブックにまで載ってしまったが嘘。
「ワニに食われて全滅した」事になっている日本軍部隊は
1,000人中450人が生還している。
待ち伏せした英軍の「大した攻撃もしていないのに
何故か日本兵が大量に死んだ」という疑問が噂を呼び、
「ワニに食われた」という伝説になったんだろう。
実際は英軍の奇襲に驚いた日本軍が暗闇で同士討ちに陥り、
攻撃規模に不釣り合いな死者を出したと考えられている。
12  不思議な名無しさん :2013年01月15日 02:11 ID:RHXvqiJq0*
二年ほど前のウチの長女の話
友人のバイクの後ろに乗せてもらっての帰宅途中
時間は日付が変わり、たぶん午前一時頃だったそうだ。
言問橋を渡っていたら、きな臭いというか、焦げ臭いような臭いが
鼻についてきて、気分が悪くなってきた。
橋の中頃でバイクがエンストした。
「橋を渡り始めたら、なんか急にバイクが重くなって…」
と言いながら、点検する友人。
その間ずっと、何かが焼けるような臭いがまとわりついて気分が悪い。
エンジンをかけたらかかったので、その後は順調に帰宅。
嫌な臭いも橋を渡りきったらいつの間にか消えていた。
「あの橋は、夜は行きたくないね。」と言っていた。
ちなみに、その日は三月十日。
娘は東京大空襲の事など全く知らない。
単なる偶然だったのだろうか?
13  不思議な名無しさん :2018年01月25日 13:43 ID:E8iRgWa90*
フィリピンのバギオ近くのアトックという所へ慰霊の旅をした遺族会会員から。
ホテルもないので夜テントで野宿していると血だらけの日本兵がテントの横に
立っており恐怖と驚きのあまり一歩も動けなかったそうです。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る