まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

亡くなる前の不可思議な行動

2013年06月12日:11:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 117 )

死の前

1:本当にあった怖い名無し2010/04/17(土) 14:32:51 ID:DHVBZo0P0
人やペットが亡くなる前に、
あれ?っと思うような、普段はしないようなちょっと不思議な行動言動を
取ることとかってたまに聞くけど、そういうのを語りましょう。



元スレ:http://anchorage.2ch.net/occult/kako/1271/12714/1271482371.html


8:本当にあった怖い名無し2010/04/17(土) 18:59:15 ID:DHVBZo0P0
とりあえずしょぼいけど先陣切って・・・

義理の母は、いつ会っても笑うことのない人だった。
話すのが好きなのでまあ人との会話の流れで笑う事はあるけど、
自分からニッコリとしたり、笑うような話をする事は決してなかった。
ある日義母の家に来ていた俺が、俺が自分の家に帰る旨の挨拶した時、
その義母が、何も言わずにコクンとうなずいてニッコリ笑った。
??いつも怒ったような表情で二言三言言って送り出す義母が、
何も言わずに笑ってなんて、珍しい事もあるもんだ・・・なにかの予兆かなwとか冗談で思いながらその場は帰宅した。
案の定?数ヶ月経って、義母が風呂場で溺れたという知らせを受けた。
すぐに義母の運ばれた病院に向かったが、時すでに遅く義母の亡骸と対面。
当人が予測していたとは言わないけど、偶然にしても不思議だったなあ・・と今にしても思う。


11:本当にあった怖い名無し2010/04/17(土) 19:33:41 ID:c06eDVwa0
見慣れた木に鳥が止まっていた。
見たことのない鳥で、なんだろう、と思って長いこと見ていた。


気にして調べて種類は分かった。
へえこの鳥、どこにいたの、ときかれ、あの木ですと答えた。
あの木?…ああ芽が出てない木だろ、あれ立ち枯れてるから近寄っちゃ駄目だよ
と返された。倒木の恐れがあるので、もう切り倒すのだという。
三日ほどで本当に切られ、切り株を抜かれ、地均しされてしまった。

普段気にしたこともなかった木だが、注意を引きたかったように見えてならない。


12:本当にあった怖い名無し2010/04/17(土) 20:32:01 ID:O1Mcm1Qf0
借りたものを返さないだらしない友人が、
ある日貸していた本とかゲームとか、
金まで(数千円だけど)きっちりと返してきた。
今返さないとまずい気がしてさ・・・・と意味不明なことを言っていたけど、
心境が変化した照れ隠しなのかなと歓迎していた。
その友人は翌週、事故で亡くなった。


13:本当にあった怖い名無し2010/04/17(土) 21:21:04 ID:hi1RRAq20
死亡フラグ・・とでも申しましょうか


16:本当にあった怖い名無し2010/04/17(土) 22:34:11 ID:PtAAdhgUO
私の姉が死ぬ間際(癌)意識もないのに、急に両手を合わせて『 ありがとうございます』と、一言言ったと思ったら亡くなりました。 誰に言ったの?


20:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 00:01:21 ID:X8m2RXmhO
うちのお父さん
突然実家に帰り旧友や昔お世話になった先生等に会いまくっていたらしい
その後多臓器不全で病死

まあ自分の死期に気付いたのかな
病院なんかは本当に嫌いで調子悪くても行かなかった人だったけど


21:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 10:49:48 ID:F/I2HWHI0
>>20
そういうのあるらしいね。
何十年も疎遠な人がふと尋ねて来たりとか。


48:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 22:21:30 ID:KY0e2E4KO
>>20
うちの父みたい。
珍しく自分から母を誘ってドライブに出掛けたんだって。
んで、道中、疎遠になってた友人宅に寄ったり、母方の親戚宅に寄ったりして、その翌日、父は脳溢血で他界。

スレチだったらごめんだけど後日談。
父が亡くなって数年、父の叔母の法事があって、母を連れて出掛けた。
その叔母が住んでる所に父の好物があって、「明日命日だし、仏壇にでも供えてやるか」とお土産購入。
帰り道、「どこかで晩ご飯食べなきゃね」と、旦那とたまに行く店へ。

店に着いて母が一言。
「そう言えば、お父さんと最後に来た店、ここだわ」

なんだか、父に誘導されてるような気がした。


22:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 11:08:57 ID:EhbNzclo0
(家族が)亡くなる前の行動でよければ・・・

叔母が「今寝ておかないと」といって睡眠をとっていた。
その2,3日後、他県の大学にいってた息子が、事故で急死。
眠るどころではなくなった。後で、そういうことか・・・と思った。


24:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 13:21:36 ID:VZbw0OJ4O
整理整頓&贈り物


26:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 13:59:35 ID:wlQIrsIyO
ニュースで見たけど
事件に遭って死亡した男性の奥さんがインタビューで言ってたが 
「当日の朝、珍しく部屋中を片付けてから出かけた」って。


32:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 14:21:56 ID:b9SR/U5ZO
昔住んでた家の裏に雑木林があって、宅地にするからと伐採が決まった。
ある日やたら鳥(カラスやスズメを始め諸々)が一気に集まり鳴いている。
翌日、伐採だった。
鳥の声しか聞こえなかったけど、その他そこに暮らしていた小動物達も、別れを惜しむような行動取ってたんだろうなぁ。


44:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 21:29:23 ID:Mo54O1UyO
>>32に似たような似てないような話しなんだけど、
昔住んでた家を立ち退く際大きな合歓木を伐採することになった。
すると合歓木はちょっと時期外れにも関わらずたくさんの花を一気に咲かせて、
しかも今まで見たこともないくらいたくさんの揚羽蝶が群がっていた。

合歓木は伐採されるのがわかっていたんだろうか…。


67:本当にあった怖い名無し2010/04/19(月) 12:34:10 ID:LaRXL6STP
>>32,44
そういう場面に立ち会いたいものです。


45:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 21:44:03 ID:LBt6jns/0
よくカメレオンが背景の色に体の色を変化させるというけど、
実はカメレオン自体なんにも色のことなど考えてないと思う。
カメレオンが知らないうちに体の色が背景の色に変わっているんだと思う。

このように生き物自体が意識しなくても不思議な自然のパワーが
働いて、生き物を最適化しようとするのである。

さらに言えば、「動物の体を生殖細胞を使わないで、たんぱく質などの
分子から創造しなさい」といわれてつくれる人間は
この世にだれもいない。しかし、単細胞生物がそれを実際にやって
のけたのだ。

結論:人は単細胞よりバカだった。


74:本当にあった怖い名無し2010/04/23(金) 23:45:23 ID:Jm04dv0/0
>>45
それは言えるかもw


46:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 22:15:40 ID:+fxov3OGO
父親が末期の肺がんで亡くなる数時間前に、それまで頑張って禁煙してたタバコを「一本だけくれ。」と、急に言ったから「?まさかね?」と思い吸わせてあげた。吸い終わり昼寝したまま亡くなった。とても穏やかな顔だった。わかってたと思う


49:本当にあった怖い名無し2010/04/18(日) 22:30:09 ID:ymLzG3JpO
>>46
良い最期だね。
あなたも本当にお疲れさまでした。


68:本当にあった怖い名無し2010/04/19(月) 20:02:34 ID:V5z2wKfF0
六年前に死んだ親父は猫嫌い。でもうちには二匹の猫がいた。胃癌をわずらって、胃全摘手術をうけたけど、死期が迫っていた。
死ぬ少し前に外泊許可もらって帰宅してきた時、あんなに嫌って追い払ってた猫を手招きして(なぜか猫も寄って行った)ひざにチョコンと乗せて煙草をふかしていたから
天地がひっくり返る位驚いた。
外泊を終えて病院帰って行った親父は、二日後の深夜三時頃誰にも看取られなかったけど、苦しむこともなく寝ている間に静かにあの世へ旅だって行ったよ。
死後、親父の携帯に猫の写メが一枚残されてるのをお袋が発見、号泣してた。


69:本当にあった怖い名無し2010/04/20(火) 10:38:53 ID:SFvDSHCQ0
>>68
好きではなかったけど、家族として大切に思っていたんだねえ>猫


70:本当にあった怖い名無し2010/04/20(火) 12:38:30 ID:2QY29lcZO
>>68
イイハナシダナー


71:本当にあった怖い名無し2010/04/20(火) 17:00:01 ID:6XbgCQ8AO
>>68
泣いた


76:本当にあった怖い名無し2010/04/26(月) 10:19:55 ID:lGBngqVt0
77:本当にあった怖い名無し2010/04/28(水) 20:34:05 ID:9cq5lVr10
>>76
アメリカかどこかのドキュメンタリーで見た。
確かにもうここで終わっても満足だという内容で?と思った人が多かったみたいだね。


78:本当にあった怖い名無し2010/04/28(水) 23:20:00 ID:991/EOXeP
怖い話系の本で読んだな。

東京で親戚の家に下宿して学校へ通っていた女の子が
有名な電車事故で亡くなった。
親戚のおばさんがその子の部屋に入ったら、別に普段汚く
していた子ではないが、それでも不自然に片付いていて不思議に思った。
服はきっちり折りたたんで、本はヒモで結んで、部屋の片隅に
まとめて置かれていた。
まるで家族が部屋の引き揚げに来たら、荷物をそのまま運べるような感じ。

おばさんは
「あの子前日に、わざわざ私の部屋に来て、ありがとうございました
 って三つ指ついて頭下げるのよ。だから急に何よって笑ったら、
 あの子、何か今お礼を言わなきゃいけない気がしてっていうのよ」

のがれることができない運命ってあるんですよね。


79:本当にあった怖い名無し2010/04/29(木) 00:05:47 ID:6YPleZ0sP
臨死体験中は時空を超えてアプローチ出来るという話があるから
取り合えずそっから今際の自分の意思が促してくるという解釈をしてる


80:本当にあった怖い名無し2010/04/29(木) 01:28:07 ID:XofHajwu0
>>79
臨死体験は、まだ自分が死ぬかどうかすら不確定だから、確定している未来の出来事は見せてくれないよ
変わる可能性のある未来と、いくつもの断片だけを垣間見る事が出来る

と、生還経験のある俺が言ってみる


85:本当にあった怖い名無し2010/04/29(木) 09:31:49 ID:LuQkSp6e0
>>80
むしろ生還できずに三途の川渡っちゃった人だけが
あの世から過去に遡ってアプローチできるのでは
と異説を唱えてみる


84:本当にあった怖い名無し2010/04/29(木) 09:29:12 ID:i1uv9Bgb0
何か良からぬことが自分に降りかかる、ってのはなんとなく感じて
気がワサワサするんだけど、それが具体的に何か?ってのはわかん
ないのよね。その不安が、日ごろ気になっていてはいるのにできて
ないことを実施させる動機となるんだろう。

意識っては遍在してて、その中から何を取り出すかが個人の能力。


86:本当にあった怖い名無し2010/04/29(木) 18:26:15 ID:9lhc9kES0
まあ、自分でも「これが最後だから・・」なんていう意識はもちろんないだろうしね。
親戚で、旅行嫌いの人がいたんだが、突然無理やり家族を連れ出すように3,4泊の旅行に出た。
帰ってきてしばらくして、がん告知→結構短い期間で死去・・・というのがあったな。


95:本当にあった怖い名無し2010/05/10(月) 14:47:23 ID:Ds2PDEhb0
祖母の話。

亡くなる少し前に、何十年と書きためた日記を焼き、
嫁入り道具として持ってきた鏡台もたたき壊して同じく焼却。
(→自分でたたき壊せる程元気だった)
昼間に布団を敷き、そこに倒れるようにして亡くなっていたそうです。


96:本当にあった怖い名無し2010/05/10(月) 15:55:22 ID:v65kBV4e0
>>95
それはすごい・・・


99:本当にあった怖い名無し2010/05/17(月) 09:23:56 ID:zprSjHSq0
うちの父親なんだけど
死因はアル中による肝不全、急死だったんだけど。
晩年の赤塚不二男にそっくり

普段は一人で立ってまっすぐ歩けないくらいフラフラで
お年寄りと話してるみたいな感じだったんだけど
亡くなる1週間前からいきなり車を運転して生まれ故郷(車で1時間くらい)へ行って
写真を撮りまくって帰って来て、ここはお父さんが~~とか説明したり(事故でもしたらどうするんだと母親に説教されてた)

普段そんな事なんてしないのにいきなり膝の上にすわれと言われ、
そして父の手の上に私の手を重ねさせ
「お父様、愛してます」と言わされたり
なんだこの酔っぱらいのオッサンwwwwとか言いつつも言われた通りしてあげたり。

それが最後
お昼くらいに自分で救急車呼んでその日の夜に死んじゃった
死期を悟っての行動だったんだなと思いました

まぁ死後は死後で葬式中の写真にあちこち写り込んだりetcと
相変わらず酔っぱらいな父でした。


101:本当にあった怖い名無し2010/05/18(火) 23:55:28 ID:uV0oKrS70
>>99
最後の二行で不謹慎ながらワロタw

でもまあ、シルバーバーチの霊訓とか読んでたら、
死なんて肉体という着古した衣服を脱ぎ捨てるようなもんだと実感するからなあ。
葬式に訪れたご尊父は、死んでも自分は未だ生きてる感覚だったんじゃないかなと思うよ。


102:本当にあった怖い名無し2010/05/19(水) 05:14:02 ID:wWAESWgS0
>>101
やはりそうなんですかね。
↑にも書いたとおり、自覚してないのかなと思う点もいくつかありました。
行きつけのスナックの開店前、そこのママのお子さんが目撃してたり。。。
初七日の日、お寺さんの大きい仏様の横に現れたのかな?
なんか泣きながら一生懸命涙をぬぐいながら横切る父を姉が見たそうです。
今思えば、その時自覚したのかな?


103:本当にあった怖い名無し2010/05/19(水) 07:37:54 ID:vKUHM92e0
事故死病死を問わず手鏡と平衡感覚が鈍る事は確認した


104:本当にあった怖い名無し2010/05/24(月) 03:58:54 ID:P1OXjTLc0
手鏡って手を見るって事?


105:本当にあった怖い名無し2010/05/24(月) 21:16:33 ID:nYQnP8mA0
>>104
そう


109:本当にあった怖い名無し2010/05/27(木) 01:15:34 ID:6x6snkyq0
いつもと正反対の行動すると注意


122:予感2010/06/01(火) 13:04:17 ID:cATGVj2H0
キング牧師の話があったが、あの演説以前に公民権運動していたのでずっと
脅迫されていた。家族とも脅迫について話していて、いずれ殺されるだろうと
話題にしていたそうです。
ケネディも暗殺される前に厭な予感がすると云って、ダラスに行くのを厭がっていたが
公的な予定があるのでダラスに行ったら暗殺された。マルコムX(暗殺された)
も暗殺された土地に行く前、非常に厭な予感がして行きたくなかったが、予定が
あったのでいったら、そこで暗殺されたそうです。
全てテレビできいた話です。


125:本当にあった怖い名無し2010/06/01(火) 14:24:22 ID:DVGcwL340
>>122
そういう話ならオレも一つ。
今確認したら、五島勉の「ノストラダムスの大予言・日本編」に書いてあったエピソード。

アキノ大統領の夫だった、故ベニグノ・アキノ氏がフィリピンの空港で暗殺される一週間前、
亡命先のアメリカで、TBS特派員のインタビューに応えた。
そのとき氏は、インタビュアーに防弾チョッキを見せ、
当日はこれを着てフィリピンに帰国するが、
でもこんなもの、背後から至近距離で頭を撃たれれば何の意味もない、
それは一瞬で終わるだろうから、あなた方は片時も目を離しちゃいけないと言ったそうだ。
そして氏は、自らの予言どおりの非業の死を遂げた。

氏は友人の話によれば、むしろカンは鈍いほうだったそうだ。


123:本当にあった怖い名無し2010/06/01(火) 13:21:38 ID:MOrWNGzu0
いやな予感には敏感にならないとなあ・・・


126:本当にあった怖い名無し2010/06/01(火) 17:26:27 ID:rfdU413L0
日航機事故で亡くなった坂本九が、当日奥さんに「今日の飛行機嫌だな」といい、寸前まで全日空のキャンセル待ちをしていたそう。結局お盆時期でキャンセルは出ず123便に乗って亡くなってしまった。
忍び寄る死の影ってやっぱりあるんだな。


127:本当にあった怖い名無し2010/06/01(火) 18:24:08 ID:Yy0RuN1SP
末期ガンで入院してた父のお見舞いに行くと、普段は一時間もたたないうちに「もう帰っていいぞ」といって来てたのに、ある日突然「まあ、座れ。」といって長居させられた。
しかも幼少の頃に別れた母親の話や(今まで一度もしたことがなかった)、別れた時の親権問題の裁判のはなしなんかまでしてきた。
3時間くらい居たら親戚がお見舞いに来たから「そろそろ帰る」と言ったら
「今日はまたくる?」と聞かれた。もう夜だったから「明日の午前にくるよ」って言ったら少し黙ってから
「わかった。頑張る。」

って言って別れた。
その日の夜中に急変。

翌朝の8時前に他界した。
余命より三ヶ月も早かったし、やっぱり何か気付いていたんだなあって思った。


131:本当にあった怖い名無し2010/06/02(水) 21:58:14 ID:7FdE6Sbf0
昔,コンビナートに勤めていてそこで爆発事故に遭って上司が亡くなった。
その日の朝,一緒にコンビニで昼食を買った。その上司は普段は雑誌か新聞
しか読んでいるのを見たことが無かったが,その日たまたまコンビニで「死後の世界が
分かる本」というのを買っていた。昼休み昼食を食べながら「死んだらあの世でこうすれば
いいんかー。」などと言って読んでいた。
 昼休みが終わって,1時間もしないうちに爆発事故に巻き込まれて亡くなった。


140:本当にあった怖い名無し2010/06/03(木) 21:36:22 ID:Rr0yTJyk0
>>131
不謹慎だけど、その上司は、旅行に行くにしても、ガイドブックで予習するタイプだったのではw


148:本当にあった怖い名無し2010/06/13(日) 23:47:58 ID:4gRuMszs0
14年近く飼っていて3月に死んでしまった我が家のペット(犬)の話。
もうだいぶ老衰していて、冬に入ったくらいからは1日中寝てばかり。

死ぬ3日前に、よく遊びに来るうちの親の友達に「○○(犬の名前)生きてるー?」
って言われる夢を見た。その日くらいからよく小屋から出てきては構ってほしそうに吠えるようになった。
私が離れようとすると嫌がって、なかなか小屋に戻ろうとしない。
いよいよご飯も食べなくなってきて、水をちょっとしか飲まない。死期が近いのがなんとなくわかった。
死んでしまった時は、もっと甘えさせてあげればよかったと思って泣いた。

ちなみに亡くなった後の話で。
亡骸を丁寧に箱に入れてあげて、供養しに火葬場へ父が連れて行った日。
父の車はリモートコントロール式でボタンひとつでロックの解除ができるんだけど
車のトランクに入れて、火葬場に着いてトランクをあけようとボタンを押したらロックの解除ができなかったらしい。
もちろん車にはなんの故障もなく、行く前は普通に開けられたのに、その時だけは何度押してもダメだったとのこと。
仕方なくキーを直接差し込んで持っていったのだが、帰り際もう一度確認した時はちゃんと開いたらしい。
その話を父から聞いて、家族みんなで「離れたくなかったのかねぇ」なんて話をした。


あんまり、亡くなる前の不可思議な行動じゃなくてごめん。


150:本当にあった怖い名無し2010/06/14(月) 00:31:35 ID:m/C8B8CpO
>>148
なんか涙が出てきた。わんこは天国から家族の事、見守ってくれてそうだ。


182:名無しさん@そうだ選挙に行こう2010/07/11(日) 05:41:27 ID:wbKIOn5F0
少し前になるんだが、ペットが亡くなったんだ
その時の話

そろそろ危ないかなとは思ってた
食事も取らないし、大好きなお菓子あげても食べない
水だけは少量飲む
全く動こうとしない

だがその日は違った
朝から父の座る場所まで行き撫でられてた
その後、俺の背後にいつの間にかいて撫でてやった

そして仕事に行ったんだが夕方頃に亡くなったと聞いた
後から聞いたら
妹の膝の上で昼寝もしてた
母から貰ったお菓子を数日ぶりに嬉しそうに食べてた
兄の周りをぐるぐる回り遊んだ

後から全部知ったんだが
亡くなる前に家族に挨拶してたのかと思って、泣いた
今でも最後に撫でたの時のことを思い出すよ


183:本当にあった怖い名無し2010/07/15(木) 21:38:58 ID:uxG3vCOt0
俺も泣きそうになった


176:本当にあった怖い名無し2010/07/02(金) 20:10:24 ID:asyzhR9aO
人間、やっぱ本能ってあるんだってね。
例えだけど臨月の妊婦が家中を大掃除するとか。
後の大変さを考えての事だろうね。


180:本当にあった怖い名無し2010/07/09(金) 00:04:10 ID:fdsVGjFu0
自分が幼稚園の頃に死んじゃったお爺ちゃんの話。

滅多やたら物をくれたりする事がなかった人だったのに、
母と病院にお見舞いに行った時、缶のドロップと100円玉を自分に持たせてくれた。
爺ちゃんから何かをもらった事の無い自分は、嬉しくて大喜び。
(母は、いつも誰かに何かをあげたりする事の無かった爺ちゃんに違和感を覚えていたらしい)

それからじきに爺ちゃんは亡くなった。

あの時の事は何十年経った今でも記憶に焼きついている。
缶のドロップを見る度に爺ちゃんの事を思い出す。
いつまでも憶えていて欲しかったのかな…


181:名無しさん@そうだ選挙に行こう2010/07/10(土) 13:35:40 ID:0x7ozoGx0
本当は可愛い孫にいろいろとあげたかったけど
しつけのこととか考えていつもは我慢してたのかもね

いいじいちゃんだ


187:本当にあった怖い名無し2010/07/22(木) 23:51:07 ID:Q1V6Z8fH0
>>181
いい人だね・・・私もそういう言葉を選べるようになりたい





関連記事:もうすぐ死ぬ人に見えるもの・・・











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
亡くなる前の不可思議な行動

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2013年06月12日 11:42 ID:SNLh5BMA0*
死期が近づくと悟る、ってことか
2   :2013年06月12日 12:55 ID:BJVvmES.0*
近所の百歳越えた、ぬらりひょん みたいな爺いが、今迄一度もうち来た事なかったのに、突然来て、昔の話し、した事あるのな。帰る時、充分過ぎる程生きたなぁ…今迄有難う…って 呟いたんだが…
近所中、尋ね歩いて昔の話し したらしい。2日後隣の家から出火した火事でなくなった… 今にして思えば、なんか、予感みたいなモンか、本能で死期悟ってたのかな…
3  名無し :2013年06月12日 13:03 ID:VZS.usMp0*
死ぬ前に友人や親戚の家を訪ねてまわったり家族に対していつになく優しかったり…
そういう話は良く聞くな
偶然なんだろうけど、どこか本能みたいなもので自分の死を解ってたんじゃあと思うよ
4  不思議な名無しさん :2013年06月12日 13:41 ID:Lv5VPJsm0*
シンクロニシティ
5  不思議な名無しさん :2013年06月12日 16:48 ID:ETKSQgeE0*
手鏡は有名だよねl自分も入院したときに家族の話しかけに聞こえてないふりして無意識をよそおって手鏡してたら母親がすごい動揺してガタガタ震えて泣いてた
6  不思議な名無しさん :2013年06月12日 17:37 ID:.B07psva0*
>>95のおばあさんは見事な締めだな
感心した
7  名無しのガンダム好き :2013年06月12日 17:39 ID:BLAPSRGm0*
普段目立たないキャラにスポットライトが当たると死亡フラグ
8  名無しのはーとさん :2013年06月13日 11:24 ID:fEX5GQm.0*
うちのウサギ、病でなくなったんだけれども
鼻の頭を撫でられるのが好きだったんだよね
病でしんどそうにしているから鼻の頭を撫でてやると
なんかふにゃっとしてほっとしているのが感じられる気がした
それでもう良いかなって思って
手を離そうとするとものすごい力で鼻を押しつけてくるんだよ
普段はそんなことしたこと無かったんだよ?
でまた撫でてやって、また離れようとすると押しつけてくる
そうこうするうちにいつしか亡くなった
それからだよ
その押しつけてくる感覚が手にずっと残って
それを思い出すとぎゅうっと手を握らずには居られなくなった
そしてそれが怖くてもうしばらくの間ウサギが飼えなくなってしまった
でもそれでもいつしかまた飼いたくなって
前のウサギとは全然違う感じのウサギを飼おうとして
家族の了解を取るべくいったん家に帰り
また店に行ったらもうそのウサギは居ない
残念と思いながらケージを覗いたら目を疑ったね
前のウサギそっくりなウサギが居るじゃないか・・・
これには家族もビックリ当然のごとく買って帰ったら
今はそのウサギが普段から鼻を押しつけてくるよ^^
9  名無し :2013年06月13日 20:36 ID:WDqnit0f0*
8さん
それほんとですか?
感動しました
10  ウサ :2013年06月14日 04:41 ID:BhJ0I7pz0*
ウサギの話……ダメだよ~泣けてきた。
11  このコメントは削除されました :2013年06月14日 07:10 ID:5f9sf6PR0*
このコメントは削除されました
12  名無し :2013年06月14日 09:42 ID:hNHT9BPk0*
>11
こういう話がでたあとって絶対に
脳に異常がある頭おかしいって言う奴
そもそもここはあなたが言う脳に異常がある人の話なのに
何でここきてるの?
まあ信じる信じないは自由だけど
何かの根拠がない限り
いちいち否定しなくてもいいとおもうよ
13  不思議な名無しさん :2013年06月14日 21:17 ID:CYhzQpz50*
ちょw
最近何故か物の整理がしたくなって、いらないものは処分
大量の本もブックオフに売りに行くためまとめたばかり
そして久しぶりに小学校の時の友人に会ったし俺しんじゃうの?
14  不思議な名無しさん :2013年06月14日 23:50 ID:6gDJkjFs0*
親戚のおばさんは結婚前に大病院の看護婦をしていたのだが、
入院していて死ぬ人は、1週間くらい前からなんとなく今までと違う
感じになると言っていた。生気が抜けるらしい。
つまり俺の考えだが、重い病状で死にそうに見えても、生気が
抜ける感じがなければ死なないことが多いということだ。
逆に病状が改善しても生気が抜けていれば、お気の毒なことに…
それからおばさんが結婚後、夫婦でオペラを見に行ったのだが、
結核で死にそうな登場人物(役者)が歌を歌うのを観て、「あんなに
太っている結核患者がいるわけがない!」と怒っていた。
15  名無し :2013年06月15日 19:06 ID:EIcDfEuK0*
動物の話はアカン
16  不思議な名無しさん :2013年06月15日 23:50 ID:HrLFkrrU0*
伯父さんが亡くなる前。
突然 かなり酔って電話をよこし、出た私に世間話をしたあと
「おじさん 間もなく死ぬから、お父さんとお母さんよろしくな。」
と言い出した。
「伯父さん 何言ってるの~ まだまだ長生きしなきゃだめだよ~」
と軽くいなして電話を切った。
が、すぐまたかかってきて同じようなことをいう。
奥さん亡くなってから、お酒に溺れがちなのは聞いていたけど、
父と「昼間から酔って困ったもんだね。」と言って笑っていた。
・・が数時間後 亡くなったと電話が。
耳を疑った。
酔ったままお風呂に入ってそのままだったらしい。娘さんが発見。
他にも兄弟に電話をしていた。
みんなに最後の挨拶したようだ。
17  名無し :2013年06月16日 00:08 ID:HjqaHkN10*
うちの爺ちゃんの話。
90歳過ぎてほぼ寝たきりになってたが、夕方に突然「刺身が食べたい」と言い出した。それを美味しそうに食べ、何年も飲んでなかった大好きだった焼酎を一杯少しづつ飲み干して、満足そうにニコッと笑った。
その場にいた俺は珍しいな、今日は体調いいのかな?としか思わなかったど、婆ちゃんと母ちゃんは「いよいよお別れか」と感じてたらしい。
その晩爺ちゃんは亡くなった。
18   :2013年06月16日 00:27 ID:HjqaHkN10*
大学生の頃、先輩から車を安く譲って貰った。安くとは言っても一括では払えずバイトして少しづつ返してたら、ある時「そんな無理せんでいいよ、古い車やけど大事にしてな」って言われた。それまで結構催促されたりしてたのでびっくりした。
それから一週間ぐらいにその先輩がゼミでスキーに行くことになっていてしきりに「行きたくないなぁ」と前日まで嫌がってた。帰りのバスが高速で事故を起こしその先輩は亡くなった。
亡くなる直前の様子を知ってた俺は悲しさと少し不思議な感じがした。
19  名無し :2013年06月16日 06:33 ID:BXcgROY80*
ちょっと違うけど俺が久しぶりに帰省した時の話
本当に久々に婆ちゃんに会ったけど、ほぼ寝たきりだった婆ちゃんは俺のことが分かってない感じだった
あんなに可愛がってくれたのに忘れてしまったのかと悲しくなったが年齢も年齢だったから仕方ないと思い、そのまま久しぶりの地元を2日ほど楽しんだ
そして、いざ会社がある県に戻る予定の日
朝起きると身体がとてもダルく熱もあり、とても動ける状態ではなかったため、やむを得ず早朝帰る予定を変更して、その日の夜に帰ることにして寝ていたのだが昼頃になって婆ちゃんが亡くなったと連絡がきた
風邪をひいたおかげで俺は地元を離れられず結果として婆ちゃんの葬式に出席できた
あれは婆ちゃんが俺に最後の別れをするために引き止めてくれたのかなぁと勝手に嬉しく思った出来事だった
20  不思議な名無しさん :2013年06月16日 14:24 ID:eg78vGLZ0*
最近何となく××本・××DVDを処分してPCの×画像・動画を全て削除した
彼女が出来た訳でもないし×欲がなくなった訳でもない
でも何か急に夜中に目が覚めて眠れなくなってゴソゴソと軽く掃除を始めたら
目の前の×本を見た瞬間に賢者モードになって1日で全て処分した
これでいつ死んでも大丈夫だぜ
21  このコメントは削除されました :2013年06月16日 17:59 ID:ya1VzWof0*
このコメントは削除されました
22  アイゴー :2013年06月19日 11:20 ID:mcbILOsI0*
>あんなに太ってる結核患者が
現実と物語の区別がつかねぇのか 大変だな
23  不思議な名無しさん :2013年06月21日 05:13 ID:S.1dCXVc0*
とりあえずHDDと大人のおもちゃがある限り死ぬに死に切れない、情けなくて
24  ドレミファ名無し :2013年06月21日 12:39 ID:.o8cc7y30*
普段、絶対に来ることのない問屋さんの社長が営業回りのように来て、その日の
夜に社長一家全員が自宅の火事で亡くなってたのはショックだった。
一家心中でも放火でもなかったそうだけど、どういうわけか自分は社長の顔を見て
なんとなく「死ぬってどういう気持ちなんだろう?」と想像してしまった。
そんなことを感じたのは今まで自分の親父も含め4人いる。
25  不思議な名無しさん :2013年06月23日 21:10 ID:13wsHAMw0*
※5
何の本で見たか覚えてないけど手鏡の話、入院してる同じ部屋の人が自分の手を
手鏡を見るようにじっと見たり、裏表何度もひっくり返したりしていてその数日後
その人は亡くなった。
その事をお見舞いに来た身内の人に「あれは手鏡と言って、死期が迫ってる人が
無意識に取る行動なんだ」と教えてあげたら、それから暫くしてお見舞いに行った
ら、その事を教えてくれたその人がその行動をしているので、まさかと思ってたら
それからすぐにその人も亡くなったという話。
26  不思議な名無しさん :2013年06月23日 21:41 ID:1LIdODhB0*
虫の知らせは前後の事柄を結びつけたがる人間の性だと解明されてただろ
27  不思議な名無しさん :2013年06月25日 16:00 ID:yNoMqvlt0*
虫の知らせはあるよな
1.いつもは一緒に遊ぶ友達(大人数でどこどこ行こうと自分から言わない)
経由で誘われるのにその日はなくなた友人から直接遊ぼうと誘われた
次の日結構大きい交通死亡事故に巻き込まれた
2.専門学校の同級生の時は、その場に居ないのに(亡くなった)本人の話で盛り上がった
後日交通事故死
摩訶不思議な話です
28   :2013年07月07日 06:15 ID:2F9nBzLf0*
そうであったら嬉しいかなって事で
子供のころから一緒に大きくなった猫が学生を終えた年に亡くなって、実家の庭に骨壺を埋めた。
んでしばらくしたら夢枕に立つようになって、最初は遊びに来てくれたのかななんて思ってたけど、あんまり頻繁に見る。
夢ん中での様子もおかしくて
火葬した時の骨の姿のまんま歩いてきたりして。
これちょっと供養になんかあるんじゃないかなあと思って色々調べたら
《長く生前住んでた敷地に埋めるのは心配や未練が断てなくて成仏出来ないみたい》な事が書いてあって、
まあ飼い主のエゴだけど本当だったら可哀想過ぎるからってんで、
もっかい骨壺掘り起こして家の裏山に今度はちゃんと土に帰れるように埋め直す事にした。
でいざ当日掘り起こして、
運ぶ為に胸に骨壺抱えて半分冗談で『よ、久しぶりw』とか言った本当その瞬間
滝のように涙が溢れてきた。
その時もう亡くなってから五年以上経って自分も実家離れて、全くそういう泣くようなシリアスモードじゃ無かったのに 、
自分の気持ちに関係無く、自動的に蛇口捻ったみたいに涙が出てきてすごい不思議だった。
結局埋めに行ってる間中ずっと涙が止まらなくて、家に戻ってきた瞬間にこれまた嘘みたいにピタリと止まった。
その2日後くらいにまた夢枕に立って
今度は一番若くて元気だった頃のふっくらした姿だった。
それを最後に亡くなった飼い猫の夢は見てないから、今度はちゃんと成仏できたのかな。
そして気のせいかもしれないけど それから街歩いててぬこに遭遇する率が格段に上がった
しかもほぼ必ず向こうから目の前横切ったり声掛けてくるからびっくりする
前はこんな事なかった。
29  つくつくほうし :2013年07月13日 17:20 ID:2vGi.Dnm0*
黒トラと茶トラのハーフのような柄の猫です。
もしも捨てた方、心当たりがあれば幸い。
12年前に迷い込んで来て、それ以来、家族の一員。
今年の正月明け就寝中、深夜、唐突に小生の首に猫が頭を載せてきまた。
元々、甘え好きな猫でしたが、そうした態度は初めてでした。
翌朝、小生の横で亡くなっていました。
きっと、長らく面倒をみてもらった感謝の表現だったのでしょうか。
とても嬉しそうな、愛くるしい表情でした。
30  つくつくほうし :2013年07月13日 17:49 ID:2vGi.Dnm0*
追伸
かくれんぼして見せたり、窓の外から「入らせて」と言わんばかりにニャンニャン騒いでいたり。
おちゃめな女の子。
半年たった今でも、かつて隠れた場所を「いるかな?」と思って、つい、のぞいたりします。
いるはずないのに。
31  引きこもりな名無しさん :2013年09月07日 19:25 ID:j7eG1swY0*
姉の話で1年前の話
 姉が私と家で遊んでるといきなり、
泣いたことがないと言えるほど笑顔を絶やさない姉が急に泣き出して
本人も理由がわからないと言いながらずっと泣いてた。後々泣き止むと
滅多に手伝ったりしない家事をやったり、いつもより笑顔だったりして
その翌日に死んだ。なんか意味不明だったなw
32  不思議な名無しさん :2013年09月29日 11:54 ID:P4QDs84e0*
家族に礼なんか言ったことのないモラハラ気味の父親が
去年の秋ごろから急に優しくなり
特に母には何かにつけて「ありがとう」「本当に助かるよ、いつもすまないね」と言うようになった
それから半年後、父は急な病気で逝ってしまった
長年苦労してきた母だけど、あの半年のおかげで、努力が報われたという気持ちになったらしい
33  不思議な名無しさん :2014年11月14日 22:27 ID:u19fCIKS0*
一つの命が終わるって特別だね・・・
34  不思議な名無しさん :2015年02月16日 09:14 ID:vSQ6b0f00*
死の直前つくられる物質を動物はにおいで感知できるらしい
癌はいたいらしい
35  不思議な名無しさん :2015年07月31日 22:27 ID:uy3AA0VC0*
ウロで申し訳ないが・・・。
神戸児童連続事件の被害女児も亡くなる数ヶ月前から家族でピアノを弾きたがって、1曲終わっても何度も何度も弾いてたらしい。
それでサカキバラに遭ってしまった日も母親が大切にしてる真珠のネックレスを首に掛けたいと言いだし、でも食事中だったので「あれは〇ちゃんかお嫁に行く時ねカラー~」と嗜めたという(普段はわがままを言う子じゃないのに)
そりゃ最後の日(ハンマーで殴られても数日は生きていたが)に宝物のネックレス身につけたかっただろう、なんであの時掛けてあげなかっただろうって母親は後悔したらしい。
36  不思議な名無しさん :2015年10月06日 22:22 ID:2mhXkJ5i0*
死んだから関連付けてるだけ、死ぬ前に起こした印象深い行動を繋がりがあると思い込んでる。特別な意味があるって思いたいのは分かるが身勝手に感謝してるだの天国にいるだの病気だよ一種の。
自分が世界の中心だから起こった事象は必然性があると思いこむ妄想に近い考え方。
37  不思議な名無しさん :2016年03月21日 03:26 ID:PxMkSmgz0*
※36
かわいそうな人だな、きみは。
記事やコメントを読めるなら、空気も同時に読んでほしいものだがねえ。
理論や理屈じゃないんだよ、「死」と向かい合うということは。
38  不思議な名無しさん :2016年03月21日 13:45 ID:yAJNGK3d0*
私の祖母、去年の5月に亡くなったんだけど、普段あんまりありがとうとか、ごめんね、とか言わない人なのね。あ、なにかやって貰ったりとかしたら言うけどね。亡くなる2週間くらい前から頻繁に「いつもありがとうね〜!」とか「いつもごめんね〜」とか言うようになったなあ。後ものをあんまり捨てない人だったんだけど亡くなる前に「もう全部捨てていいわよ〜」って。私の母に「あと3日後くらいに死ぬわ〜(笑)」って言ってたな。本当に3日後に亡くなったよ。亡くなる前日の夜中の3時頃?かな?「女の人と男の人が来てるから玄関開けなさいっ!!」って。玄関開けたけど誰もいなかったらしい。多分、先に亡くなった祖父と祖母の大親友だったんじゃないかな、と思います。文章力なくてすみません、、
39  不思議な名無しさん :2016年04月30日 21:50 ID:LR1uBugM0*
どんな所にもかわいそうな人はいるもんだな。相手の幸せを祈るのが病気?
見守ってくれてると思うのが病気?ふざけてんのか?その空気の読めなさと、
想像力のなさ、身勝手と言いつつ、人の気持ちを病気と言う性格のほうが病気だよ。
40  不思議な名無しさん :2016年06月05日 22:34 ID:dKzWX94h0*
親戚の父親が癌で面会謝絶の時に
話がしたい。って突然言って見舞いに来た人と
話してたな。
やっぱ本人は絶対そろそろだって分かるんだろうな
41  不思議な名無しさん :2016年06月05日 22:38 ID:2UoxASFH0*
死亡フラグみたいなことって実際あるよな
逆に喜ばしいことが起きるフラグ てのもあるのかな
42  不思議な名無しさん :2016年06月05日 22:58 ID:gyEtM3n5O*
あんな太ってる結核患者は~


役作りをきちんとしろや!ってことですかね
43  不思議な名無しさん :2016年06月05日 23:01 ID:QK1q0WeUO*
うちの祖母。
一人暮らしの祖母の家に訪問し、祖父の遺影にほこりが被ってるのを見たが、その日は拭きもせず帰った。
その二日後にまた訪問した時に祖母は亡くなっていた。
警察が来て一緒に家の中を見て回っていた際、ふと祖父の遺影を見ると、綺麗に被っていたほこりにくっきりと撫でたような指のあとが残ってた。
ボケかけで掃除などしないし、祖父の遺影があった辺りは多分何年も祖母は触ってはいない。
祖父のところに行くとわかったんだろうなと思うと泣けて仕方なかった。
他にも今思うと少し「あれ?」と思う行動もあったし、何かしらあるんだろうな…
44  不思議な名無しさん :2016年06月05日 23:11 ID:Ykqgch600*
隣の婆さん
深夜3時に我が家にやってきて、お袋に「お茶しようよ」と誘ってきた。
お袋曰く「ボケたのかな」と思いながらお茶を出したそうだ。
1時間程茶を飲んで帰宅。
俺も帰り際少し話をしたが、ボケた風には感じなかったが、その日の晩他界した。
45  不思議な名無しさん :2016年06月05日 23:41 ID:5nKstBjAO*
自分の死を感知できる人はみんな最期は感謝と愛なんだね
46  不思議な名無しさん :2016年06月06日 00:12 ID:U5Rn35w.0*
中二のとき母がなくなったときは自殺だったからかそんなことは全くなかったなあ
強いて言えば鬱になってた・・・ってかそれはただの死因か。
47  不思議な名無しさん :2016年06月06日 00:40 ID:b.X0XChZ0*
小学校の頃に飼ってて、長く生きたセキセイインコ。
鳥カゴは玄関の郵便受けのすぐ下にあった。
まだ薄暗いある早朝に、ピンポーンとインターホンが鳴った音がして、さらに友人の声で「○○(私の名前)ちゃーん」と呼ばれた声がしたのでビックリして飛び起き、玄関に走った。
ドアを開けても当然誰もいないので、寝ぼけてるんだなと思い、また布団に戻った。
いつも起きる時間になって母に起こされ、鳥カゴに行ったらインコが亡くなってた。
最後に呼んでくれたのかな、何で玄関に走った時インコの方を見下ろしてあげなかったのだろうと悔やんで泣いた。
48  不思議な名無しさん :2016年06月06日 00:55 ID:UXSt0Sln0*
※37
36は正論でしょ?
虫の知らせや予知も当たった現象だけが印象が強いから記憶されているだけの話
49  不思議な名無しさん :2016年06月06日 00:57 ID:ST6.6y80O*
年取って立てなくなった犬が深夜にすごい鳴いて呼ぶから抱き上げに行ったら
抱き上げた瞬間首をがっくりして死んでしまった
最後のお別れのために呼んでくれたのかなと今でも思い出す
50  不思議な名無しさん :2016年06月06日 01:19 ID:pp6IWDPh0*
このまとめを見た後に実家から飼い犬の訃報が届いた
51  不思議な名無しさん :2016年06月06日 02:44 ID:Bsli01aS0*
※48
空気も文脈も読めないんだね
52  不思議な名無しさん :2016年06月06日 08:04 ID:xROMcFkD0*
皆キレイな話しで羨ましい。
うちの祖父は百歳近くて老衰で半年くらい寝たきりだったけど、死ぬ前の3日間くらい「死にたくない」って寝ずに大暴れしてたよ。
死んだ知り合いの幻覚を見てたみたいだけど、戦時中パプアニューギニアに行ってた祖父には恐怖しかなかったみたい。
53  不思議な名無しさん :2016年06月06日 08:16 ID:I4C9.TDp0*
自分が体験していないことや現在の科学で証明できないことは、全て妄想・脳のエラー・偶然で片付ける奴、そう考える人がいるのは知ってるから、否定コメントはせず、鼻で笑ってほっといて欲しい。
54  不思議な名無しさん :2016年06月06日 09:45 ID:PwB.5FhE0*
>53
悪いけど逆やわ。説明できないことを、心霊現象だの、超常現象で語ろうとする人間のほうがバカすぎて笑えるよ。
55  不思議な名無しさん :2016年06月06日 10:15 ID:UXSt0Sln0*
>>54
全く同意
普段起きない事があれば違和感を憶えるのは当然で
ほとんどの場合は何も無いから忘れ去られる
後から死と言う衝撃的な事実を知ることにより関連付けられて記憶に強く残るだけの話
56  不思議な名無しさん :2016年06月06日 11:41 ID:oBJ0kYHZ0*


そもそも、世の中解明出来てないことの方が圧倒的に多いことに気付けよ馬鹿。

で、その解明出来てない部分を超常現象とする事に矛盾はないだろうがクズ。

57  不思議な名無しさん :2016年06月06日 11:42 ID:ZMtzeRin0*
たまたまだよ
58  不思議な名無しさん :2016年06月06日 11:45 ID:ZMtzeRin0*
※56
お前矛盾って言葉の意味知ってるか?
59  不思議な名無しさん :2016年06月06日 12:10 ID:hACvH8Ga0*
客感的な観測データがないから、思い込みや幻覚で説明できる現象、個人的な感想でしかない

60  不思議な名無しさん :2016年06月06日 12:31 ID:UXSt0Sln0*
目の前を黒猫が横切る、ほとんどの場合は興味も無いし実生活に関連が無いから忘れる、忘れる事もヒトの脳の重要な機能だから
でも、横切ったその日に不幸な事が起こると”黒猫が横切ったから不幸が起きたかも?”と思う←コレが関連付け
上記の現象が何度も起きれば、他の横切った場合は忘れているので不幸に関連した記憶だけが強化されていく
結果として”黒猫が横切ると高い確率で不幸が起きる”と言い張る人が現れる
61  不思議な名無しさん :2016年06月06日 13:02 ID:56Zw2nkN0*
53を書いた者です。
54さんには、意味を違って捉えられてしまったのかもしれません。

53のコメントの後半を別の表現にすれば、
「否定する人達は、肯定する人達を鼻で笑っていてください。また放っておいて下さい。」
です。
笑う動作をするのは否定派で、笑われる対象は肯定派。
肯定派の人に「否定派を鼻で笑ってください」と書いたのではなく、否定派の人に「肯定派を鼻で笑ってください」と書いたのです。

だから54さんが「笑う」ことは「逆」ではありません。
簡単に言うと、笑って良いから、否定コメントは勘弁してよって話です。
私は不思議否定派から笑われる肯定派ではありますけどね。
62  不思議な名無しさん :2016年06月06日 13:32 ID:dfV5plAVO*
ないな
祖母が亡くなった時によく祖母の家に来て世間話する人が「(祖母が倒れた日は)珍しく話を普段より早く切り上げて帰った」って言ってたけど、祖母が倒れたからそういう印象が後で植え付けられたんだろうなって思った

あとはオタな話で申し訳ないが、病気で亡くなった声優の生前最後のラジオ番組で、リスナーから寄せられた話がどれも死関係のものが多くて正直笑えなかった…あの時点で病気療養中の体をおしてのラジオ番組に臨んでたからリスナーから寄せられるメッセージもそれに近いものばかりが多くなるのはわかるけど、あれは誰がチョイスしたのか考えると複雑な気分になる
声優本人がリスナーのメッセージをチョイスしてたとしたら、あの時点で色々わかってたんだろうなぁと思うけど
63  不思議な名無しさん :2016年06月06日 14:35 ID:.JAKmShL0*
先日、同棲している彼氏のおばあちゃんが夢に出てきた。会ったこともないし、すごく遠くに住んでるはさ、写真を一度見たくらい。夢の中では彼の電話がなって、彼のお父さんからだったので、挨拶がてら私が出た。そして彼のおばあちゃんが危篤だって告げられた。その話を聞いているときに映像としておばあちゃんの姿をチラッと見た。朝起きて、彼に夢の内容を伝えた。初めて他人のおばあちゃんが夢に出てきた!って。そしたらその夜に、本当に亡くなってしまった。同棲してるから、彼に挨拶に来たのに間違って私の方に出ちゃったんだろうか。私に「孫をよろしくね」って伝えに来てくれたんだろうか。なんだか不思議で、ちょっとだけ泣いた。
64  不思議な名無しさん :2016年06月06日 16:12 ID:2OfLM7z7O*
身の回りを片付けたり、とても寂しがったりするとだいたい・・・
65  不思議な名無しさん :2016年06月06日 17:37 ID:PZP46Qyr0*
社会人になって疲れてて、祖母に会いたくなって泊まりにいくことになって、何十年かぶりに珍しく兄も一緒に行くことになった。夏祭りも畑の手伝いも夕陽も思い出になった。一ヶ月後に祖母は事故で亡くなったけど、なぜか私は帰り際に祖母に抱きついてたんだよね。だからなんかちゃんとお別れできてた。
66  不思議な名無しさん :2016年06月06日 18:38 ID:KMD.JpK.0*
義父が亡くなり家業を継いでから、急に天気に恵まれるようになったわw

晴れて欲しい時は晴れるし雨が欲しい時は降るし、遊びに行く時も晴れるし。

なんか先祖代々、色々憑いててくれてそうで励みになるよ笑
67  不思議な名無しさん :2016年06月06日 22:59 ID:NNlrgxvU0*
米13は生きてるよな?生存報告しろや(`;ω;´)
68  不思議な名無しさん :2016年06月07日 06:55 ID:pjuS45Xv0*
うちの祖母は叔母と叔父と同居していた。
そしていつものように定時後に「これから帰るから」と連絡を入れると、なぜかその日だけ「あんたらは働かなさすぎだ。たまには残業の1時間くらいしたらどうだい」と怒られたそうだ。そういったことは今まで一度もなかったらしい。

祖父母は不思議に思いながらも1時間ほど明日の分の仕事をこなし、帰宅してみると祖母はちゃぶ台に座ったまま事切れていた。

また、もともと潔癖な祖母だが、シンクの中からゴミ箱まで全て空になっており、まだゴミの日でもないのに全て自治体のゴミ出し用の袋にまとめられていたそうだ。

「残業しろ」というのは、自分がちょうど死ぬところをみられたくなかったのではないか、ということになっている。
69  不思議な名無しさん :2016年06月07日 08:51 ID:t8Yjsvr40*
祖母なのか叔母なのか
70  不思議な名無しさん :2016年06月07日 13:18 ID:pjuS45Xv0*
祖父母が間違い。死んだのは祖母で、叔父叔母が祖母を看取った
71  不思議な名無しさん :2016年06月08日 08:43 ID:w.sCua.z0*
母方のじいちゃんが亡くなった後すぐに頼んだはずのない”黒いエプロン”が届いた
母は頼んでないと言って真相はうやむやになったけど、何か感じるものがあったのかな
72  不思議な名無しさん :2016年06月09日 14:36 ID:7wtztx8N0*
実家を家出同然に出たんだけど、ふと家に帰ったんだよね。そうしたら飼い犬(8歳)の調子が悪くて、獣医さんもお手上げって知った。見に行ったらゼエゼエ息していて、もう死ぬなって思った。けど、散歩用のリード出したら嬉しそうに歩いてきて、いつもみたいに私を引っ張って走り出したもんだから、矢っ張り獣医にもう一度...と思ったところで足腰が立たなくなってしまった。 本当に死ぬのか、って抱き上げていつもの道を首輪を外して歩いた。中型犬だったし重かった。その後私が帰る準備をしていたら死んだ。 凄く泣いたけど、最期に会えて良かったと思う。呼んでくれたのかなー?
73  不思議な名無しさん :2016年06月10日 06:19 ID:LjLXyZhv0*
うちもウサギなんだけど、私が小学生4年生の頃の夏休み、
茶色いミニウサギで、平均的な寿命で亡くなったんだけど、亡くなる2.3日前くらいは衰弱が突然だった
絶対にウサギの力だけじゃ開かないようなゲージだったんだけど廊下のゲージからリビングの私のところまで脱走して来たんだ。私はなんで脱走できちゃったんだろうとしか考えなくてそのままゲージに戻したんだけど、そのあと夏期講習から帰ってきたらウサギが亡くなってた。最期に会いたかったんだよなあきっと。その時まで一緒に居てあげたらよかったなぁ。
74  不思議な名無しさん :2016年06月12日 22:31 ID:zJE6jJHM0*
皆いいはなしやな・゜・(つД`)・゜・
うちはこんなことならあったぞ
うちには姉がいたんだ。いっつも喧嘩してた。
いやなやつっていっつも思ってたけど
ある日「いつも喧嘩ばっかしていい思い出作ってあげれなくてごめんね。
でもたとえあんたが私のこと嫌いでも私はあんたのこと大好きだよ!私のたった一人の
可愛い妹だから。今まで本当にありがとう。またいつか絶対に会おうね!」
っていったんです。急にどうしたんだろって思ったんだけどそしたら次の日
家で首吊りをして亡くなりました。だから、そのとき思いました。
もしかしてあれは死ぬ予言だったのかなって。
75  親父を亡くした :2016年06月13日 11:03 ID:PsahEroV0*
親父がなくなる8か月ほど前に母に対して「自分ももうそんなに長くないと思う。母さん一人で片付けが大変だから、今のうちにやっておく」と言ったのが10月頃。年が明けて実家に行くと父が延長コードにコンセント(ホコリ防止扉の付いた奴)がうまく入らなくて困ってた。その手は震えていた。父はその月末に父の甥っ子が決件するので東京に行ったが、現地で目が見えないと病院に行った。医師は原因は視覚ではないかもしれないという。実家に帰ってすぐに入院。以後、俺も週末は見舞いというパターンになった。ある日のこと。俺が見舞いに行くと父が看護師と話をしている。「明日、皆と神戸でお別れ会をして生家に元どる」と。看護師「それだともっと元気にならんとね」。父、俺を見て「運転頼むぞ。しっかり睡眠をとれ」。俺「全部、分かっとるから任して」。父は満足そうに笑った。その数日後、意識不明に陥って3か月で他界。父に遺品を整理すると、ノートに色々書き留めてある。それが去年の10月で途絶えていた。このころに何か死期を予感する出来事があったのかな?葬儀も法要もすべて俺夫婦が準備した。父は一度も夢枕に立ってくれない。夢の中で父の気配を感じることはあるのだが、姿も声もない。夢枕に立たないのは故人がその人に対して満足している時だという。本当にそうであって欲しい。
76  不思議な名無しさん :2016年06月15日 11:13 ID:FdtkH9hy0*
うちのインコも普段はびびって人に近寄らないのに
珍しくスリスリしてきたと思ったらその日に死んじゃった
77  不思議な名無しさん :2016年06月16日 12:50 ID:8.Ua0YyN0*
コメ見てたら飼ってたわんこを思い出したから書かせてほしい。
3年前に亡くなったうちの犬は16歳とかなりの高齢だったんだけど、晩年は流石に目も見えないし足も悪く、高齢の為に切除できなくなった腫瘍がお腹にあったり、人間でいうところの認知?もあって一番なついてた私が呼んでも、餌を見せても起きてくることが無くなってた。
とある日、何故か判らないけど「今日は良いおやつを飼って帰ろう」って気持ちになり、仕事帰り購入し、夜遅くに帰宅した。
いつものようにわんこに声をかけると、耳をぴくぴくと動かし、身体をゆするような動作を見せた。
普段はどんなに大声で呼んでもピクリともリアクションしないのに。
夜中だったから、家族が起きてはいけないと思い、その夜は撫でてそのまま寝たんだけど、わんこが亡くなったのはその翌朝だった。
ちなみにおやつはそのまま御供え物になりました。
その日は仕事も休みだったし、ゆっくり看取ることが出来たんだけど…
今思えば、いつも帰りが遅い、なかなか家にいない私が看取れるときまで待っててくれたのかな。
亡くなった日の夜、私含む家族全員に御別れを言いに夢に出てきたし、犬らしい、律儀なわんこでした。
78  不思議な名無しさん :2016年06月18日 12:57 ID:3y6z1Fle0*
自分でも理由が分からないんだけど
なぜか身の回りを片付けたくて仕方ない衝動に駆られて
いらない物をひたすら処分して家の中を綺麗にした。
クローゼットに空きスペースができるぐらいに片付けた。
自分でもまるで身辺整理してるみたいだな、もしかして死ぬのか?と思ってたら
その後311の震災が来たから、これだったのかと思ったよ。
79  不思議な名無しさん :2016年07月28日 02:56 ID:KNVhdAD6O*
うちにエサだけもらいに来てた触れない野良猫ちゃん、初めて膝に乗ったからなついてくれたのかなと思ったけど翌日から来なくなった。。
80  不思議な名無しさん :2016年07月29日 15:35 ID:EYQd76yJ0*
10年以上前にいたペットの話し。
数日間帰って来なくて「家族と諦めよう」と話していた。
がある日の夜ひょっこり帰って来た。少し衰弱している感じもしたので、翌日になったら病院に連れて行こうとなった。
が、その夜に虹の橋に旅立った。
あの夜、挨拶に来てくれたのかも。
81  不思議な名無しさん :2016年10月09日 13:16 ID:5FovbdHk0*
>>78
俺もね311の前日の夜中に突然目覚めた
なぜか車のガソリン満タンしときたい衝動に駆られてまだ半分近くも残ってるのにいそいそとスタンドに行って給油した
当方福島住み、原発事故で物流が途切れスタンドには長蛇の列
それを尻目に車走らせてなんか不思議な思いがした
82  不思議な名無しさん :2016年12月31日 11:53 ID:5ac3QXyF0*
亡くなる本人の行動じゃないけど、父が検査入院した時に
あちこちの親戚が偶然やってきてお見舞いしていった。
ただの検査だからって誰にも伝えてなかったのに
えらい遠くの人までたまたま旅行に来てたとかで。
で、父は入院から半月足らずで急激に衰えてそのまま亡くなった。
難病認定されてる病気だったらしい。
まさかこんな唐突に死ぬとは本人も思ってなかっただろうに、
入院当初の元気な状態で近しい親戚と笑って話せたのは
せめてもの慰めかなと思うと同時に
虫の知らせってあるもんなんだなあと感心した。
83  不思議な名無しさん :2017年01月19日 02:46 ID:5IPpp5QC0*
実家から出て10年以上年賀状送っても絶対に返さないの、正直むかついてたけど親だからしょうがないと思ってたら初めて年賀状よこした
あと2010年の春に初めてなんとなく二人きりで花見に行こうって言って見に行った
最後に会ったのが3/9でした
年賀状は未だに取ってある。初めてだったから、何したんだろ???って思った
花見も、子供の頃は家族で行ってたけどおとなになってからは花見なんか行かないからなんで行こうと思ったのか
あそういえば、2011年の初詣もそうだった、あのときも、行こうってなったんだった。この3つかな、今思うと最後の~だったって思うのは。一番はやっぱり年賀状だな、いつも不満に思ってたのが急に2011年に来たもんだからびっくりした
母親のことです
84  不思議な名無しさん :2017年01月19日 02:46 ID:5IPpp5QC0*
投稿時間が2時46分だった…
85  不思議な名無しさん :2017年02月07日 19:04 ID:OTrdt2y.0*
死んだわけではないが私の父が大学生の頃いつものように友人とツーリングに出かけるときに「なんだか嫌な感じがするなあ」と友人に呟いたらしい
そしてその日父のバイクは事故を起こし父の体は宙を舞った
その結果一週間入院しましたとさ
86  不思議な名無しさん :2017年06月11日 23:34 ID:LIIEQNA.0*
みんないつか死ぬからいつそうなってもいいように行動してるが、自分の死ぬ前にはもっと違う行動するんだろうか。
87  不思議な名無しさん :2017年06月11日 23:53 ID:CBnkosYj0*
この間も似たような記事が上がってたよね…?
管理人さん大丈夫かな
88  不思議な名無しさん :2017年06月12日 00:16 ID:S8gWSP9T0*
飼ってたフェレットが病気になり、死ぬ1週間前からしゃべるようになりました。
私の名前を読んだり、「抱っこして」「~ちょーだい」「どこ行くの?」等々

獣医からもうダメと言われていたため、死ぬ間際までずっと抱きしめていたら引き潮の時間に、私の名前を呼んで「愛してるよぉー」と言って息を引き取りました。

フェレットは犬や猫のようには鳴いたりはしませんが、死ぬときは判るのでしょうね。
89  不思議な名無しさん :2017年06月12日 00:29 ID:h.N.d3Yp0*
物の片付け=過去の変更=聖剣伝説LOMのアーティファクト設置=ハウルの動く城のハウルの部屋=リチャードファインマンの経路積分

ま、信じなくても良いけど、納得させるのに上のイコールは便利だわ。別に便利ってなだけで、科学的根拠なんかいらねえよ。実用世界はスッキリすりゃOKなのよ。
90  不思議な名無しさん :2017年06月12日 01:15 ID:5QtNx9S80*
長年連れ添った母のことが好きな愛犬が病気でしばらく入院した時に、ある日に母が久しぶりに愛犬のお迎えに行って家に帰ってきた時に亡くなってた。母が来るのわかってて、家に帰れるの待ってたんだろうなって思う。
91  不思議な名無しさん :2017年06月12日 01:26 ID:AQG.mspU0*
感動的だったりするけど、全て偶然、たまたまの出来事が重なっただけだよ

あまり結びつけるのは良くない
あの世や霊を信じたりしてしまうからね
単なる確率の問題なのでお気になさらずね
92  不思議な名無しさん :2017年06月12日 02:35 ID:KC37cpe60*
いちいち偶然偶然ってコメントしてる人、不快だわ
そう思うのは勝手だよ、
そういう話の記事なんだから、つっこむのは無粋でしょうが
93  不思議な名無しさん :2017年06月12日 03:10 ID:3YpHnQl00*
あの世とかがあるかはわからんが死期を悟るってのは確実にあるな
飼ってた猫は今まで絶対に母の布団でしか寝なかったがあまりなついていない父の部屋に一週間住み着いて不思議に思ってた
次の一週間は自分の部屋
その次の一週間母の部屋で過ごして息を引き取った
94  不思議な名無しさん :2017年06月12日 06:35 ID:T.Ek6hk20*
父親が他界する1年くらい前から、急に菩提寺にまめに行き始めたり
(法事すらプッチするタイプだったw)、家族に対しても「ありがとう」
を多発するようになった。今までと180度違う態度にみな違和感を
覚えたが、最終的に病気で逝った。
人間もなんとなく体調が悪い、と感じ始めてから、本能的に「後始末」を
始めるものなんかね。
95  不思議な名無しさん :2017年06月12日 06:35 ID:4IhBi2aR0*
ふと昔の友人のことを思い出し
あいつ元気かなーと思ってたら
その数日後に自殺したと聞いた
96  不思議な名無しさん :2017年06月12日 06:48 ID:HDJ8FdAw0*
幽霊とか見えないけど、これ系の体験は自分もしたな
大好きな婆ちゃんが亡くなる年の初夢で隕石が落ちる夢(身内や周辺の人間が不幸になる夢らしい)を見たのと、最後に婆ちゃんを触った体温の温もりが手から離れなかった
これは虫の知らせ的なもんだったのだと亡くなってから気づいたよ
97  不思議な名無しさん :2017年06月12日 09:02 ID:zEcMhonO0*
うちの猫もそうだったなぁと思い出した。
もう死期が近く、動くのもやっとだったのに、家中歩き回って、大好きなベランダで日向ぼっこして。
あぁって思ったよ。
98  不思議な名無しさん :2017年06月12日 10:00 ID:nhaBoyZM0*
これ久々やな

去年祖母が亡くなったんだけど、後半ご飯を食べなくなった。
後普段孫には優しかったのに殺伐としてた。
やたらともう金はいらんから持っていけって言ってお金を手放そうともしてた。
欲がなくなる?のかな
99  不思議な名無しさん :2017年06月12日 10:10 ID:z9ofLgfA0*
こういうの見ると人に対してひとつひとつの行動と態度をしっかりしなきゃなと思うな
その人を見るのはそれで最後になるかもしれないし
100  不思議な名無しさん :2017年06月12日 12:07 ID:57xeTxsp0*
否定的なコメントしてる人達って、そもそも何でこのサイト見てるのか凄く不思議。
101  不思議な名無しさん :2017年06月12日 12:28 ID:Hk2WmtA60*
遺品整理士の番組見たけど普通にゴミ屋敷だったお
102  不思議な名無しさん :2017年06月12日 13:22 ID:GhU4zLre0*
スレ176に本能って書いてあってふと思った
死の直前の本能なんて本当にあるのか?
あるとしたらどうやって遺伝するんだ???
それとも本能じゃないとしたら死の直前の行動とは一体何なんだ…?
103  不思議な名無しさん :2017年06月12日 13:29 ID:GhU4zLre0*
これはちょっと違うけど。
老人ホームで脳出血で倒れた祖父は病院で12時間ほど昏睡状態だった
12時間生き続けたのに、病院に祖母が到着して親戚とあれこれ話しだして5分もしないうちに祖父の心拍が急変、そのまま亡くなった。
倒れてから12時間、意識もないのに、ばあちゃんの声を聞くまで持ち堪えてたんだなって思った。
104  不思議な名無しさん :2017年06月12日 14:28 ID:Az.2.1nm0*
うちにいたインコもいろいろ思い出深かったな
親父が10年近く可愛がってたんだが
年齢からか止まり木につかまっていることができなくなって鳥かごの中でうずくまるような状態が続いてた
ある晩ぐっすりと寝っていた親父の耳もとでカサカサという音がした
何かと思って布団の上に起き上がってみると枕元にそのインコがいたそうだ
鳥カゴからどうやって出てきたのかわからないし、そもそもそれまで死にそうにぐったりしてたのに
いったいどうしたんだい?と手を差し伸べたら手に乗ってきてしばらくふるえていたらしい
隣で寝ているオフクロに声を掛けて起こそうかと思った瞬間に
親父の掌のなかでふっと死んだそうだ

もともとこのインコは実家の窓から迷い込んできたものだった
夏の初めの頃、開けっ放しの窓にどこからか飛んできて部屋の中を覗き込んでいたところ居間にいた親父と目があった
声を掛けても手を差し伸べた親父の指に乗ってきたのが始まりで
結局そのままうちで飼うことになった
何故か居心地がよかったらしく窓が開いていても逃げ出さないおかしな鳥だった
親父ももう亡くなったんだけど実家に帰ると親父とインコのことを思い出すよ
105  不思議な名無しさん :2017年06月12日 17:09 ID:mFn5huzv0*
背中を守らない防弾チョッキってあるの?
106  不思議な名無しさん :2017年06月12日 19:09 ID:5v.uyeHP0*
俺は特に何もしなかったな
予感めいたものもなかった
普段からぼけっと生きてたからか
107  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:13 ID:JvEUOeaX0*
※108
えーと…
108  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:13 ID:JvEUOeaX0*
※106だったわ。
109  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:24 ID:hWzfnY0A0*
米103
聞いたとたんもう嫌になっちゃったのかな
110  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:57 ID:pmog4eHR0*
部屋が散らかってるから片付けようと思ったけど、死ぬかもしれないからやーめた。
111  不思議な名無しさん :2017年06月13日 02:33 ID:nFv..2Pk0*
神とこういった行動とは、別だよ
特に、動物とはねw

偶然が重なりすぎたら、それは必然。
また一つの症例しかないと偶然かもしれないが、数が集まれば、それはそれは確立される。

のめりこみすぎるのも良くないが、否定しすぎるのも良くない。
それは「自分の信じたい科学」と言う妄執に囚われているだけ。
112  不思議な名無しさん :2017年06月13日 15:38 ID:h19iSViz0*
自分の父の話をしよう
ある時、電話もなしに突然夜中に自分の家にやってきた。無論、母らにも何も言わずに新幹線でも二時間ぐらいかかる家に突然だ
その後、急に病気でぼけだしてまともに動けなくなり、一年経たずに亡くなった
もしかしたら、薄々悟って動ける内に会いに来たんだろうか、と今にしてみれば思う、というよりそれが生きている父に会った最後だった。あの時もう少し話をしていればよかったな、と後に思ったよ
次のお休みには帰るという話をしてたんだが、その僅かに前に亡くなってしまったんだ
113  不思議な名無しさん :2017年06月13日 21:12 ID:gkYR3VTR0*
猫は自分の死期が近づくと飼い主の前からいなくなるっていうよね。
うちの祖父母の家で飼ってた猫もある日突然姿を消した。
単に逃げただけかもしれないけど、色々と考えてしまうよ……。
114  不思議な名無しさん :2017年06月13日 21:59 ID:kByJ0bfy0*
手鏡ってどうしてするんだろうな
自分は「手鏡する人=死期が近い」ってのを聞く前は、睡眠不足でしんどくなったり心臓がバクバクしたときは、よく手鏡を見てた
なぜかというと、子ども時代にピアノの先生から「死期が近くなった人は生命線が薄くなる」って聞いて印象深かったから、しんどくなると、(自分は大丈夫だろうか)と生命線を確認してた。
後年「死ぬ前に手鏡する」てのを聞いて、(もしかして自分と同じように体の不調がある人は、生命線を確認してるのかな)とも思った
115  不思議な名無しさん :2017年06月14日 15:04 ID:weBzd1AO0*
不思議な体験は、
116  不思議な名無しさん :2017年06月16日 08:06 ID:bOqWkmw20*
母方のじいちゃん、入院中に「看護師さんが観音様に見える」って言ったらしい。普段はそんなこと絶対言わないのに。
で、その日に穏やかに亡くなった。
117  不思議な名無しさん :2017年06月18日 19:09 ID:GP.AWoAN0*
オカルト的解釈はやめてほしい
それこそがタヒという現象に対する無知蒙昧の冒涜だと思う
タヒが近づいた時に脳内で特殊な反応が起きて行動に反映される

それを理解していれば、驚きや躊躇いも無く見送る事が出来るのであって
無粋とかヒネているとかいうのは違うと、身内を亡くしたばかりの自分は強く思う


 
 
上部に戻る

トップページに戻る