まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

意味がわかると怖い話

2014年04月03日:12:24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 20 )

意味がわかると怖い話

元ネタ:http://hayabusa5.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1396407041/

タイトル:意味が分かると怖い話


1: 名無しさん 2014/04/02(水)11:50:41 ID:eFj0U9Zcy
意味が分かると怖い話です。
何気ない文章に隠された真実を考えましょう




2: 名無しさん 2014/04/02(水)11:51:21 ID:eFj0U9Zcy
ニュースを見ていると、友人の家が映った。

何があったのかと思うと、壁の中から少女の遺体が出てきたらしい。

すぐに友人に電話して事情を聞いてみた。

友人は既に引っ越していて、もうその家には住んでないらしい。

「んで、お前が住んでたあの家、壁の中から遺体が出てきたらしいぜ。」

「え、マジかよ。」

「今の住人がリフォームしようとして、見つけたんだと。」

「うわぁ……怖ぇな……」

「怖いよな。殺して壁に埋めるって、正気の沙汰じゃないもんな。」

「いや、その子も可哀想だけど、オレ何も気づかずその家に住んでたんだぜ。」
「確かにそうだな。」
「それが怖ぇよ。考えるとゾッとしてきたわ……」
確かに、自分の家に遺体が埋まってるとか、考えただけでもゾッとする。
友人にとっては自分の身に起きたことだ。しばらく辛いだろうな……



3: 名無しさん 2014/04/02(水)11:51:35 ID:euvmq8OnR
未だにナポリタンは意味不明だわ

4: 名無しさん 2014/04/02(水)11:52:14 ID:xdFhUZ9lk
殺したなんて誰も言ってないのに知ってる

5: 名無しさん 2014/04/02(水)11:53:18 ID:eFj0U9Zcy
>>4
惜しいです

6: 名無しさん 2014/04/02(水)11:53:49 ID:euvmq8OnR


7: 名無しさん 2014/04/02(水)11:54:12 ID:eFj0U9Zcy
>>6
正解です。そこです

8: 名無しさん 2014/04/02(水)11:54:44 ID:eFj0U9Zcy
正解。

『壁の中から遺体が出てきたらしいぜ』

としか言っていないのに友人は

『その子も可哀想だけど』

と、はっきり分からないはずなのに子と言っている

9: 名無しさん 2014/04/02(水)11:55:11 ID:xdFhUZ9lk
なるほど
次はよ

10: 名無しさん 2014/04/02(水)11:55:14 ID:ia9Sa1p5E
そういえことか

11: 名無しさん 2014/04/02(水)11:55:25 ID:eFj0U9Zcy
お兄ちゃんが『見たら絶対に家族が死ぬビデオ』を一緒にみようといってきた。

僕は家族が死ぬのがいやだったので断りました。


お兄ちゃんは『もうお前しか残ってないから大丈夫だよ』といいました。

僕は安心してみました。

16: 名無しさん 2014/04/02(水)11:57:09 ID:ia9Sa1p5E
>>11
兄と僕は親と血がつながってないってことか?

19: 名無しさん 2014/04/02(水)11:59:36 ID:eFj0U9Zcy
>>16
そういう考え方もありですね。しかし、兄の言ってるセリフと。見たら家族が絶対に死ぬ(全員が死ぬわけでは無い)という点から考えると

12: 名無しさん 2014/04/02(水)11:55:40 ID:GWsRhwwmB
女の子とは言ってないのに
その子って言ってる
殺して埋めたのは友人

13: 名無しさん 2014/04/02(水)11:55:52 ID:xdFhUZ9lk
何回見たんだよ

14: 名無しさん 2014/04/02(水)11:56:23 ID:euvmq8OnR
お兄ちゃん誰や

15: 名無しさん 2014/04/02(水)11:56:58 ID:eFj0U9Zcy
>>14
そこポイントですね

17: 名無しさん 2014/04/02(水)11:57:32 ID:5VOhJD8Es
この場合はお兄ちゃんが死ぬのか僕が死ぬのか

18: 名無しさん 2014/04/02(水)11:57:59 ID:xdFhUZ9lk
くっそ!悔しい

20: 名無しさん 2014/04/02(水)11:59:48 ID:uPJ6HfT0M
僕も死んで家族のところに行けると思い安心した?

21: 名無しさん 2014/04/02(水)11:59:55 ID:eFj0U9Zcy
『もうお前しか残ってないから大丈夫だよ』

つまりもう家族は全員死んでいる。

語り手は兄の幽霊に驚かずに普通に会話しているということは、

兄が死んだことはまだ理解していないのかもしれない。


少し無理矢理かもしれませんが、、

22: 名無しさん 2014/04/02(水)12:00:06 ID:eFj0U9Zcy
どんどん貼ってきますね

23: 名無しさん 2014/04/02(水)12:00:34 ID:euvmq8OnR
お兄ちゃんは殺人犯(他人)か幽霊なのか…
これムズい

24: 名無しさん 2014/04/02(水)12:01:03 ID:euvmq8OnR
幽霊で良かったのか

25: 名無しさん 2014/04/02(水)12:01:23 ID:eFj0U9Zcy
今朝、バイト行く途中で交通事故の現場にでくわしてしまった。

ついさっき起こったばかりみたいで、壁にめり込んだ車から煙が上がってる。

車は酷い状態で、こりゃ乗ってた人ヤバいなと思ってたら声がすんの。

よく見たら窓があっただろうひしゃげた部分から女の人が顔出して呻いてたのよ。

思わず駆け寄って、大丈夫ですかって声を掛けても「痛い…痛い…助けて…」って繰り返すだけ。

とにかく意識があるのにホッとした俺はすぐに110番して、到着した警察の質問に2、3答えてバイトに向かった。

休憩時間にバイト仲間に事故の話をしてたら、案の定テレビのニュースでやってた。

『今日午前、○○町でスリップした乗用車が壁に衝突する事故があり、運転していた女性が死亡しました。

女性は大破した車体に挟まれて首が切断されており、即死した物と見られています。』

26: 名無しさん 2014/04/02(水)12:02:30 ID:HxkLMpz7Y
首がはなしてた

29: 名無しさん 2014/04/02(水)12:03:18 ID:eFj0U9Zcy
>>26

28: 名無しさん 2014/04/02(水)12:02:35 ID:GWsRhwwmB
単純に生首がしゃべってたから怖いってことか?

29: 名無しさん 2014/04/02(水)12:03:18 ID:eFj0U9Zcy
>>28
正解です。


30: 名無しさん 2014/04/02(水)12:03:42 ID:eFj0U9Zcy
『大丈夫ですかって声を掛けても「痛い…痛い…助けて…」って繰り返すだけ。』

『女性は大破した車体に挟まれて首が切断されており、即死した物と見られています。』

つまり語り手は切断された首と話していた。

31: 名無しさん 2014/04/02(水)12:04:45 ID:nDkNDpOda
実は轢かれた人がいて喋っていた、という話の方がよかった

32: 名無しさん 2014/04/02(水)12:05:12 ID:euvmq8OnR
>>31
そっちかと思った

33: 名無しさん 2014/04/02(水)12:05:15 ID:eFj0U9Zcy
深夜にコンビニに行く途中で男に追いかけられた
男は「傷…傷…」っていいながら追いかけてきた

必死に逃げる俺に男は「痛…痛…」っていいながら追いかけてきた

さらに必死に逃げる俺に男は「ラシ…ラシ…」っていいながら追いかけてきた
大きな交差点まで来たところでやっと追いかけるのを諦めたらしく

男は恨めしそうに「ぬ…ぬ…」っていってた


あの男はなんだったんだろう…
そうか、わかったぞ!

俺は車に跳ねられた

34: 名無しさん 2014/04/02(水)12:05:50 ID:xdFhUZ9lk
気づいたら死ぬ  か

35: 名無しさん 2014/04/02(水)12:06:10 ID:eFj0U9Zcy
>>34
早いですね。正解です

36: 名無しさん 2014/04/02(水)12:06:28 ID:eFj0U9Zcy
『傷痛ラシぬ』 → 「気付いたら死ぬ」



その言葉の通り、車に跳ねられて死んでしまった。

37: 名無しさん 2014/04/02(水)12:06:46 ID:jspEwLlNw
簡単すぎ

38: 名無しさん 2014/04/02(水)12:08:41 ID:eFj0U9Zcy
1.
誕生日に、ホームパーティを開いた。
その時、家の中で皆の写真を撮っていたら、
変なものが映った。
背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、
こちらを睨みつけてる。
「これやばくないか?」と思い、
霊能力者に写真を鑑定してもらった。

「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」
それを聞いた僕らは安心した。

2.少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
少女は泣いていました。

「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚ますと、いつものようにお母さんと
お父さんとお兄ちゃんがいました。
少女は後悔する。

その夜、再びお星さまは少女の目の前に現れた。
「気に入ってもらえたかな」
少女は言いました。
「昨日のお願いを取り消して」
お星さまは言った。

「一度叶えたお願いは取り消せない」と。
少女は泣きました。

3. 今日9800円で買ったイヤホンが壊れた。
大音量で聞いていたせいかいきなり途切れやがった。
くそ。9800円もしたのに。

腹が立って45万円のプラズマテレビを叩きつけた
ハッと我に返りあわてて壊れていないか確認した。
画面が映る。良かった。と思ったら音が出ない
くそ。
45万円のプラズマテレビも壊れてしまった

それにしても今日は静かだな
気晴らしに散歩にでも行こう。


ちょっとお昼食べるので。
3問貼っときます。

44: 名無しさん 2014/04/02(水)12:12:20 ID:hAJEY8t1C
>>38
1.本当に知らない人が潜り込んでいた
2.義理の家族と暮らしていた
(本当の家族死亡)
3.耳が聞こえなくなった(逆さむらごうち)

130: 名無しさん 2014/04/02(水)12:51:11 ID:mLHS6O8oO
>>44
逆さむらごうちワロタwww

39: 名無しさん 2014/04/02(水)12:09:08 ID:4ZoPzBC64
子供とわかってる

40: 名無しさん 2014/04/02(水)12:09:34 ID:00wUZZInk
3は耳が聴こえなくなったかな

42: 名無しさん 2014/04/02(水)12:10:03 ID:MjBbi2qUv
2は本当の家族じゃなかった・・?

43: 名無しさん 2014/04/02(水)12:10:38 ID:GWsRhwwmB
1.霊じゃないってことは本当に人がいる
2.少女は死んでいる
3.耳がやられてる

47: 名無しさん 2014/04/02(水)12:18:19 ID:SNQpk3weu
遅れました。お昼急いで食べました。回答です

1.
背後の押し入れから、
見知らぬ青白い顔をした女が
こちらを睨みつけている写真・・・
鑑定結果は心霊写真じゃない。

では、なぜうつっていた?
その理由は簡単。
女は霊じゃなくて普通の人間。

つまり、その女は語り手のストーカーで
押し入れに隠れていたところ、
写真にうつってしまった
ということ。

2.
少女は家族が消えてほしいと願った。
しかし、消えてはいなかった。
お星さまが願いをかなえたのは事実。

ではなにが起こったのか?
実は一緒に住んでいたのは、
本当の家族ではなかった。
本当の家族はお星さまによって消されてしまったので、
少女は一生憎き家族たちと暮らしていくことになった。

3.イヤホンをつけて大音量を聞いていたら
新品のイヤホンが壊れた
テレビの画面は映るが、音は聞こえない。
そして、妙に静かな日

この条件に全て当てはまるためには、
大音量で聞いていた際に、鼓膜が破れた
という考え方が自然と思われます。

語り手は鼓膜を破れたことを知らずに、
これからの人生を歩んでいきます。

48: 名無しさん 2014/04/02(水)12:18:44 ID:hAJEY8t1C
地縛霊だろ常考

49: 名無しさん 2014/04/02(水)12:19:21 ID:SNQpk3weu
一気に3つ貼ると少し混乱しますね。ごめんなさい。また一つづつ貼っていきますね!

51: 名無しさん 2014/04/02(水)12:20:25 ID:SNQpk3weu
いつものように

俺はコンビニで買ったおにぎりを持って

一人屋上へ向かった。


その日は珍しく一人先客がいた。


色の白い可愛い女の子だった。

その子と目が合った。

俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。

55: 名無しさん 2014/04/02(水)12:21:02 ID:hAJEY8t1C
ただの飛び降り自殺

52: 名無しさん 2014/04/02(水)12:20:43 ID:KW4luwLDZ
>>51
飛び降りか

54: 名無しさん 2014/04/02(水)12:21:00 ID:SNQpk3weu
>>52
正解です

57: 名無しさん 2014/04/02(水)12:21:16 ID:SNQpk3weu
こい →恋

ではなく

こい → 故意

です

58: 名無しさん 2014/04/02(水)12:21:35 ID:GWsRhwwmB
故意に落ちた
飛び降り自殺

59: 名無しさん 2014/04/02(水)12:22:12 ID:hAJEY8t1C
こうなるとただの大喜利ですな

60: 名無しさん 2014/04/02(水)12:22:26 ID:SNQpk3weu
オバケって本当にいるとおもいます。
小さいころ、わたしにはお姉ちゃんが見えていました。
同じきたない服をきて、いっしょに住んでいました。

でもある日お姉ちゃんは見えなくなりました。
パパと、ママが宝くじをあてました。
貧乏だったから、そんな白昼夢を見たのだと言われました。
今はとっても幸せです。
でもそろそろ宝くじのお金がなくなっちゃいそうです。

(ちょっと捻くれた問題です。想像力を使ってください)

61: 名無しさん 2014/04/02(水)12:22:59 ID:KW4luwLDZ
>>60
ざしきわらしか

62: 名無しさん 2014/04/02(水)12:23:05 ID:xdFhUZ9lk
>>60
保険かけて殺した

63: 名無しさん 2014/04/02(水)12:23:35 ID:SNQpk3weu
>>62
良い線いってます。ただ、殺しては無いです

65: 名無しさん 2014/04/02(水)12:24:05 ID:g5UhhXj1l
妹逃げて!

66: 名無しさん 2014/04/02(水)12:24:13 ID:hAJEY8t1C
売ったか

69: 名無しさん 2014/04/02(水)12:24:36 ID:SNQpk3weu
>>66
正解です。

68: 名無しさん 2014/04/02(水)12:24:29 ID:xdFhUZ9lk
人身売買か

70: 名無しさん 2014/04/02(水)12:25:12 ID:SNQpk3weu
お父さんとお母さんは宝くじを当てた。
しかし、その時にお姉ちゃんは見えなくなった。

ここから読み取れるのは、
両親が姉を人身売買し、
多額のお金を生み出した
ということです。

しかし、そろそろお金も尽きてきた。
では、もう一度多額の金を一度に手に入れる方法とは?
もちろんそれは、語り手になっている妹を
姉と同じように人身売買することです。

つまり、このままでは妹は人身売買されてしまう
ということである。

71: 名無しさん 2014/04/02(水)12:26:00 ID:SNQpk3weu
クリスマス、
トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。

朝起きるとクリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つほどあった。
窓からサンタが中を覗いているのが見える。
サンタはニタニタと笑いながらトムを見ている。
トムはニタニタ笑っているサンタを見て
少し不機嫌に思いながらもプレゼントの置いてある所に行った。

トムはまず一つ目のプレゼントを手に取った。
サンタは更にニタニタと笑っている。
プレゼントの箱を空けると中から長ズボンが出てきた。
トムは少しがっかりしたような表情をしながらも
次の箱を手に取った。
サンタは腹を抱えて笑っている。

二つ目の箱を開けると中からサッカーボールが出てきた。
トムはますます不機嫌になり、とても腹が立った。

トムは続けて一番大きな最後の箱を開けた。
すると中から自転車が出てきた。
サンタは雪の上を転がりまわって笑っている。
トムはとうとう耐え切れなくなって泣き出してしまった。


これはけっこう有名ですね

72: 名無しさん 2014/04/02(水)12:26:29 ID:xdFhUZ9lk
足がない

73: 名無しさん 2014/04/02(水)12:26:40 ID:mstld4hID
>>71
足がない

74: 名無しさん 2014/04/02(水)12:27:24 ID:SNQpk3weu
>>73

正解です。

76: 名無しさん 2014/04/02(水)12:27:51 ID:SNQpk3weu
トムという人物は足がなかった

もしくは

足が不自由だった

が正解です

77: 名無しさん 2014/04/02(水)12:28:57 ID:SNQpk3weu
小学生の頃、
5人ぐらいで構成されたいじめのグループがあり、
そのターゲットになってるA君がいた。
勉強もスポーツもダメでいつもヘラヘラしているから、
いじめられやすかったのだと思う。
性格もおとなしく、いじめられても反撃せずに
「やめてよぅ、くちゃーに」と言うだけだった。
この「くちゃーに」ってのは彼の口癖のようで、
いじめられる時はいつも決まり言葉のように言っていた。

ある日気の毒に思ったので、
彼にどうしてやり返さないのか聞いてみた。
彼はヘラヘラ笑いながら
「平気だよ、だって…」
と言うだけだったが、
その目は笑っていないように思えた。
何しろ人の目を見て鳥肌が立ったのは、
後にも先にもその時だけだったから。
翌年彼は転校し、みんな彼のことは忘れていった。

それから20年ほど経ち、
同窓会でほどよくアルコールが回ってきた頃
「そういえば」と友人が話し始めた。
どうもA君をいじめていたグループが
全員亡くなったらしい、しかも全員自殺…と。
その友人も詳しくは知らないが、
いじめグループは中学に入った頃から
精神的におかしくなり始め、 強制入院させられたが、
半年以内に院内で自ら命を絶ったらしい。
そんなことがあったのか、
なんか怖いなと思ったとき彼の口癖を思い出した。

くちゃーに…

くちゃーに…


ちょっとだけレベルが高いです

79: 名無しさん 2014/04/02(水)12:30:15 ID:KW4luwLDZ
>>77

怖すぎww

80: 名無しさん 2014/04/02(水)12:30:45 ID:SNQpk3weu
>>79

すごいですね!正解です!

78: 名無しさん 2014/04/02(水)12:29:41 ID:xdFhUZ9lk
口兄
呪い

80: 名無しさん 2014/04/02(水)12:30:45 ID:SNQpk3weu
>>78

81: 名無しさん 2014/04/02(水)12:31:18 ID:SNQpk3weu
くちゃーに

くちゃ ーに

くち あに

口 兄




ということですね

82: 名無しさん 2014/04/02(水)12:31:34 ID:Y8sN5zOPI
こえー

83: 名無しさん 2014/04/02(水)12:31:38 ID:xD4V7nHGj
ゾーーッとした

85: 名無しさん 2014/04/02(水)12:32:34 ID:SNQpk3weu
休み時間ヒマだったので、上司のパソコンに

「うんゆ」→「運輪」

「こくどこうつうしょう」→「国土文通省」

「せんじつは」→「先曰は」

「けっさん」→「抉算」

「ねんどまつ」→「年度未」

「しゃちょう」→「杜長」

「おくえん」→「憶円」

などを辞書登録しておいた。
辛いまだバレていないようだ

怖い話では無いですが頭を使います

86: 名無しさん 2014/04/02(水)12:33:04 ID:mstld4hID
>>85
こいつもいたずらされてる

96: 名無しさん 2014/04/02(水)12:35:12 ID:KW4luwLDZ
>>85
あなる
漢字を間違って登録したのか
でもバレてて自分もやられてるんだな

99: 名無しさん 2014/04/02(水)12:36:40 ID:mstld4hID
>>96
違うと思うぞ

92: 名無しさん 2014/04/02(水)12:34:25 ID:SNQpk3weu
>>87

92: 名無しさん 2014/04/02(水)12:34:25 ID:SNQpk3weu
>>88

89: 名無しさん 2014/04/02(水)12:33:45 ID:zx7pgoVCp
辛い

92: 名無しさん 2014/04/02(水)12:34:25 ID:SNQpk3weu
>>89

良いですね。わかってますね

90: 名無しさん 2014/04/02(水)12:33:47 ID:EqJCM9b05
あーなるほど

91: 名無しさん 2014/04/02(水)12:34:10 ID:hAJEY8t1C
細かいイタズラ
誰も間違いに気づかないだろ…

94: 名無しさん 2014/04/02(水)12:35:05 ID:SNQpk3weu
幸い が 辛い

となっている。

つまりこのイタズラをした本人も誰かにイタズラで辞書登録させられていた

ですね。

98: 名無しさん 2014/04/02(水)12:36:14 ID:SNQpk3weu
あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、
私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。
「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。
「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、
顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。

次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。
年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。
「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「あなたは勘違いをしています。

私に見えているのは、その人が死ぬ年齢だけです」

100: 名無しさん 2014/04/02(水)12:37:07 ID:EqJCM9b05
その電車が間も無く事故で乗客全員死ぬってことか

101: 名無しさん 2014/04/02(水)12:37:09 ID:GWsRhwwmB
5分いないに皆死ぬ

102: 名無しさん 2014/04/02(水)12:37:30 ID:xdFhUZ9lk
もうすぐ事故る

103: 名無しさん 2014/04/02(水)12:38:13 ID:SNQpk3weu
>>100
>>101
>>102

良いですねー。すごいです

105: 名無しさん 2014/04/02(水)12:38:45 ID:SNQpk3weu
特殊能力を持つ男は、
「相手が死ぬ年齢」をあてていた。
しかし、乗客は全員、
「自分の年齢」を的確にあてられていた。

最後の女性に関しては
男の予言は「50歳」
そして、女性は残り5分後に
「51歳」になる・・・といった。

もしも、男の特殊能力が本物だとしたら・・・
女性が50歳に死亡するので、
51歳になるまでの残り5分の間に・・・。

つまり・・・乗客は残り5分以内に
全員命を落とすことになる。
もちろん、男も含めて…。


ということですね!

107: 名無しさん 2014/04/02(水)12:39:46 ID:SNQpk3weu
ある年上の女と知り合った。
40になったばかりというが20代後半にみえるくらい若々しく、
美人で妖艶でいい女だった。
何度か会う内に俺の部屋に来る事になった。

部屋で映画見てたら、
彼女が「トイレ借りていい?」と言った。
トイレに行った彼女が悲鳴をあげたので急いで
トイレにかけつけたら
「用をたそうと思って便座上げたら縁にゴキブリがいたの!」
ちょっと可愛いとこもあるんだなぁ?と思った。
その時は。

109: 名無しさん 2014/04/02(水)12:40:28 ID:hq6uclxJM
段々有名なのが増えてきたな

110: 名無しさん 2014/04/02(水)12:40:47 ID:EqJCM9b05
便座あげたってことは、そいつち○こついてるで

112: 名無しさん 2014/04/02(水)12:41:25 ID:SNQpk3weu
>>110

ですね。ホモです

113: 名無しさん 2014/04/02(水)12:42:05 ID:SNQpk3weu
女の人が用をたすときは、便座を上げませんよね。つまり…


ということですね!

115: 名無しさん 2014/04/02(水)12:42:45 ID:SNQpk3weu
昔公園で友達らとかくれんぼをした。
かなり広い公園で隠れるには困らないけど、
問題は鬼になった時、
只でさえ広くて大変なのに友達4人とも隠れ上手。
鬼には絶対なりたくなかった。

ジャンケンに勝ち、
なんとか鬼を免れた僕はケンちゃんと一緒に
公衆トイレの屋根の上に隠れた。
「皆どこに隠れたのかな」
「さあ?皆隠れるの上手いからな」
「でもター君は身体が大きいから
ショウ君達より先に見つかっちゃうかもね」
僕達は息を殺して、そこに隠れていた。

どの位たった頃だろうか・・・
ケンちゃんが
「トイレ行ってくる」と僕に小さな声で言ってきた。
見つかるからと止めたけど我慢出来なかったのか
ケンちゃんは下に降りて行ってしまった。
その時「みーつけた」と声が聞こえた。
どうやらケンちゃんが鬼に見つかってしまったらしい。
その日から鬼はケンちゃんの両親になった。

122: 名無しさん 2014/04/02(水)12:47:56 ID:yIf7Z4SdN
>>115
ケンちゃん行方不明。
親が発狂。

116: 名無しさん 2014/04/02(水)12:42:47 ID:zx7pgoVCp
ぎゃーーーーー

117: 名無しさん 2014/04/02(水)12:43:24 ID:GWsRhwwmB
有名なのばっかだな

119: 名無しさん 2014/04/02(水)12:46:30 ID:zx7pgoVCp
誘拐された

120: 名無しさん 2014/04/02(水)12:46:59 ID:zx7pgoVCp
みーつけたと言ったやつは誘拐犯

121: 名無しさん 2014/04/02(水)12:47:48 ID:SNQpk3weu
>>119
>>120

正解です!

123: 名無しさん 2014/04/02(水)12:47:59 ID:SNQpk3weu
この物語、最後の一文が最も重要になる。
序盤は前フリとして見たほうがいいだろう。

最後のほうに、ケンちゃんは鬼に見つかった。
実はその鬼は誘拐魔で、
ケンちゃんは誘拐されてしまった。

そして最後の文章の
その日から鬼はケンちゃんの両親になった。
この文章は
鬼がケンちゃんの親になってくれた
というわけではなく、
ケンちゃんの両親がかくれんぼの鬼になった
という意味だ・・・。

つまり、ケンちゃんの両親は
誘拐されたケンちゃんを捜すため、
かくれんぼの鬼になったというわけだ。


ということですね

124: 名無しさん 2014/04/02(水)12:48:32 ID:SNQpk3weu
公衆便所に入った。
和式だった。
和式は嫌いだ。でも仕方ないのでしゃがんでみると、
目の前に落書きがあって【右ヲ、ミロ!!!】と指示された。
なんだコレ?と思って右の壁を見ると【左ヲ、ミロ!!!】とあって、
私はずいぶん命令口調だなぁ・・・・などと思いながらも
その通りに左を見てやると今度は
【上ヲ、ミロ!!!】というので
おそるおそる天上を見るとそこには物凄く大きな赤い文字で
【ウシロヲミルナ!!!】と書かれてあってドキッ!
としました。
怖かったのですが、ゆっくりとウシロに振り返ってみると
・・・・・
特に何も書かれてなくて安心しました。

126: 名無しさん 2014/04/02(水)12:49:00 ID:zx7pgoVCp
あーあ閉じ込められた

128: 名無しさん 2014/04/02(水)12:50:43 ID:SNQpk3weu
>>126
閉じ込められては無いです

129: 名無しさん 2014/04/02(水)12:50:56 ID:zx7pgoVCp
いつの間にか一つ消えてる

131: 名無しさん 2014/04/02(水)12:54:34 ID:SNQpk3weu
公衆便所に入って、しゃがむと目の前に落書き。
その落書きには【右ヲ、ミロ!!!】と書かれていた。
右をみると、今度は【左ヲ、ミロ!!!】と書かれていた。
普通ならば、ここで無限ループにならないとおかしいのだが・・・
左を見てみると、【右ヲ、ミロ!!!】の文字が
【上ヲ、ミロ!!!】に変わっていた・・・。



回答貼りますね!

134: 名無しさん 2014/04/02(水)13:01:42 ID:ajPtc7xe4
>>131
は?
右ヲミロ! は目の前に書いてあったんじゃないの?

132: 名無しさん 2014/04/02(水)12:55:25 ID:SNQpk3weu
http://s.ameblo.jp/tonkatsu123/entry-11155955647.html

http://imikowa.com/


今回、コピペ引用させてもらったサイトです。

135: 名無しさん 2014/04/02(水)13:10:23 ID:t2doQbko9
左をミロで反対側を見たと考えてしまった
正面からみて左ね

133: 名無しさん 2014/04/02(水)12:57:02 ID:xD4V7nHGj
夜は見たくないスレだったな

▼合わせて読みたい






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意味がわかると怖い話

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2014年04月03日 14:45 ID:ihRL7LD.0*
分からないばかは調べようね!
2  不思議な名無しさん :2014年04月03日 15:34 ID:jr3nRZto0*
その子ってリフォームした住人の事言ってるのかと思ったんだけど
3  不思議な名無しさん :2014年04月03日 18:18 ID:mGQ8QnuBO*
オッサンやBBAを壁に埋める趣味を持ってる人は多くないだろうし、
被害者が子どもか若い女だと思い込んでもさほど奇異ではなかろう。
4  不思議ちゃん :2014年04月03日 22:34 ID:yI4SxXba0*
小学生の頃、
5人ぐらいで構成されたいじめのグループがあり、
そのターゲットになってるA君がいた。
勉強もスポーツもダメでいつもヘラヘラしているから、
いじめられやすかったのだと思う。
性格もおとなしく、いじめられても反撃せずに
「やめてよぅ、くちゃーに」と言うだけだった。
この「くちゃーに」ってのは彼の口癖のようで、
いじめられる時はいつも決まり言葉のように言っていた。

ある日気の毒に思ったので、
彼にどうしてやり返さないのか聞いてみた。
彼はヘラヘラ笑いながら
「平気だよ、だって…」
と言うだけだったが、
その目は笑っていないように思えた。
何しろ人の目を見て鳥肌が立ったのは、
後にも先にもその時だけだったから。
翌年彼は転校し、みんな彼のことは忘れていった。

それから20年ほど経ち、
同窓会でほどよくアルコールが回ってきた頃
「そういえば」と友人が話し始めた。
どうもA君をいじめていたグループが
全員亡くなったらしい、しかも全員自殺…と。
その友人も詳しくは知らないが、
いじめグループは中学に入った頃から
精神的におかしくなり始め、 強制入院させられたが、
半年以内に院内で自ら命を絶ったらしい。
そんなことがあったのか、
なんか怖いなと思ったとき彼の口癖を思い出した。

くちゃーに…

くちゃーに…


ちょっとだけレベルが高いです
5  不思議な名無しさん :2014年04月04日 12:14 ID:GPZSUP8d0*
↑4はスレ見てないんだね…

トイレの話って完結してないよな?右の壁を見てから左を見ろって書かれたら左の壁を見るのが普通だよな?
俺は上から見た後ろ、つまり下を見るな!って意味だと思うんだが…
6  不思議な名無しさん :2014年04月04日 13:44 ID:bJ47QDYm0*
屁理屈こねれば怖い話ではなくなるのもあるけど
それだとつまらんしな
オチを教えてもらえるのはありがたい
7  不思議な名無しさん :2014年04月05日 23:37 ID:K9A1GrAz0*
最後の後ろ何も無いって、ドアが開いててケツ全開しちゃってゾッとするんだと思った
8  不思議な名無しさん :2014年04月08日 17:23 ID:CZ.BM7Cu0*
レベルが低過ぎる…。
9  不思議な名無しさん :2014年04月10日 06:21 ID:EGEOn.lj0*
こういう話を酒の場とかで、これみよがしに語って
怖いだろ?って言ってる奴ってなんなの?って正直思ってしまう
言葉の揚げ足取りを発展させた謎々なだけなんじゃないの?って
こっち系が好きな人は怪談とかは全然怖くないとか言うから
考え方が違うのかなー…
10  不思議な名無しさん :2014年04月10日 08:15 ID:59i6Zb9p0*
単純につまらない
ただそれだけ
11  不思議な名無しさん :2014年05月25日 13:44 ID:o3unjdaE0*
俺はアイツの存在が許せない・・・
殺したいくらいな。
だから今、俺は憎きアイツを殺すための計画を考えた。

その計画というのはな・・・
まずゴム手袋をしてナイフで心臓を一刺するんだ。
なぜなら指紋が残らないかな。
そしたらあえてナイフは抜かないんだ。
ナイフを抜いたら大量の血がでてくるんだ。
そのあとはその死体を川に投げ入れるんだ。
川に入れてしばらくしたら
体の空気が抜けて沈むはずだ。
あとは逃げるだけだな。

これで計画は完璧だ・・・いや・・・
この計画を俺のほかに知っているやつがいるな・・・?
よし・・・まずはそいつらから始末しにいこう・・・
12  よぉー :2014年07月28日 00:04 ID:asNhzqRl0*
僕は、あるアパートで一人暮らしをする事になった。  この家は、家賃がやすくてとても古い家だった。     ある日、僕は小さな穴を見つけたその穴は、隣の部屋へとつながる穴だった。 僕は、その穴をのぞいてみた、するとそこは、まっかな部屋だった、僕は気になったので、大家さんに聞いてみることにした、僕「ねぇ隣の部屋の人ってどんな人がすんでいるの?」 大家「病気で目の真っ赤な人が住んでいるんだよ」僕「そうなんだー」   
13  よぉー :2014年07月28日 00:10 ID:asNhzqRl0*
解説:隣の人ものぞいていた。ということですね!     怖くナイデスカ?    死死死死死死死死死死死死死
14  不思議な名無しさん :2014年08月03日 18:39 ID:YNlOs8ZQ0*
隠れんぼは4人でしたのに、僕と友人合わせて4人隠れてない?
15  不思議な名無しさん :2014年12月19日 21:30 ID:F9X1tcdSO*
おもしろい
16  不思議な名無しさん :2014年12月19日 21:35 ID:F9X1tcdSO*
おもしろい
17  不思議な名無しさん :2014年12月19日 21:38 ID:F9X1tcdSO*
つまらないコメントしかない
18  不思議な名無しさん :2015年01月11日 13:21 ID:J0lUUVCa0*
>>11
俺は多重人格で,計画を知っているのはもう一つの人格
つまり俺は自分を殺そうとしている

ってこと?
19  不思議な名無しさん :2015年01月18日 17:19 ID:y9ImgZnK0*
12>>
ネットにそれのってなかっさ
20  不思議な名無しさん :2015年08月30日 15:51 ID:53xZAYPX0*
ある田舎から、女優の夢を追って東京に出てきた女性が居ました。



いくつも、オーディションを受けましたが、彼女のもとに合格通知が届くことはありませんでした。

女性は、自分が思い描いていた夢と現実の差に落胆し、いつしか恋人にすがる様な毎日を送るようになりました。
そして女性はとうとう、恋人にどっぷりと依存し、自分の身体に愛する男の名前を刻み『あなたを愛している』と泣き叫び、愛を確かめるようになりました。

やがて、彼女は、恋人だけではなく
自分を取り囲む全ての男からの愛を独り占めにしたいと思うようになりました。



彼女は、寂しかった自分を慰めたかったのでしょうか。
愛を取り違え、不特定多数の男たちと、日々秘密の罪を作り続けました。

自分が他の男と親しくすることで、恋人が嫉妬し、それを見て彼女は最高の幸せを感じることができました。

女性は、男たちの名前を、身体に刻み
血まみれになりながら『私をもっと愛して』と
大勢の男たちと夜を共にしました。

それから、40年後。

彼女は、すっかり年をとりました。
しかし、男たちからの愛を独り占めにしたいという気持ちはおさまりませんでした。

そして、彼女の周囲で若い男たちがこう囁きました。


『あのバケモノは500円なんだってさ。』


 
 
上部に戻る

トップページに戻る