まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

日本のルーツは何?(シュメール、古代ヘブライ、アルタイ語族、百済、扶余族など)

2014年04月20日:12:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 82 )

アジア人のルーツ

元ネタ:http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1396853767/

タイトル:日本のルーツは何?(シュメール、古代ヘブライ、アルタイ語族、百済、扶余族など)


1: 名無しさん 2014/04/07(月)15:56:07 ID:apXYurkrX
謎は多いが民族としての日本人の元ってどこから来てるんだろうか?






3: 名無しさん 2014/04/07(月)16:13:31 ID:FT6CQHIpy
文化は古代中国の長江系やらミャオ族なんかの影響があるって聞いた気がするな

チベット方面から移動してきたのかな

7: 名無しさん 2014/04/07(月)17:18:46 ID:a6jlYoeve
>>3
長江に住んでいたのは日本人

ざっくり書くと
シルクロードを通って日本に戻ったグループ
中国、朝鮮半島経由で戻ったグループがある
途中であちこちに住みついている
ローマやモンゴル、中国、東南アジア
アメリカに渡ったグループはインディアンと呼ばれた
遺伝子的にも、証明されているし、宗教でも証明されている
今の中国北部と朝鮮半島には日本人の遺伝子は無い
人間の始まりまで辿れば神社で伝承されているのは
日本が始まりなんで人類皆兄弟ではある
豆知識
太秦(うずまさ。日本にある)という地名は中国ではローマと読むらしい



5: 名無しさん 2014/04/07(月)16:33:32 ID:9MkoQWUsl
日本人とチベット人と黒人にしかない遺伝子があると云う事実は着目に値する。

6: 名無しさん 2014/04/07(月)16:42:40 ID:KH62vq3U6
インポ帝国のトップも日本人だったとか
ユダヤの一部が日本に来てるとかあるな
日本の原住民と朝鮮系からの移住の混合が現実的か

9: 名無しさん 2014/04/07(月)21:49:48 ID:vdJFxF1JI
アイヌはともかく蝦夷(えみし)ってどれくらいの勢力だったんだろ?

11: 名無しさん 2014/04/08(火)13:17:46 ID:V4ldNQyg1
古事記って予言書らしいよ

12: 名無しさん 2014/04/08(火)16:58:22 ID:JuI3fRp8r
世界の旗を並べて見ても太陽をモチーフにした国ってほとんどなくて
日本だけが太陽信仰の象徴を使ってるんだよな

太陽神と言えばアマテラスだが

26: 名無しさん 2014/04/08(火)23:48:22 ID:1IfumKXrp
>>12
太陽信仰は世界各地にあるし、太陽神で擬人化された者はギリシャ神話のヘーリオスとかあるし
それに、日本は少々特殊でアブラハム系宗教の発祥地である中東とは距離があったため影響が少ないかった。

エジプトだって立地条件が違えばいまだにラーなんかを崇拝していたかも知れない。

14: 名無しさん 2014/04/08(火)17:30:27 ID:JuI3fRp8r
古代のユダヤ人の影響が日本にあっても何ら不思議ではないからな

古代ユダヤがシルクロードを通って一番遠くへと逃避すると東の果ての日本に辿り着く

15: 名無しさん 2014/04/08(火)18:03:44 ID:V4ldNQyg1
シルクロード=ユダヤの道とも言います

祇園祭のルーツは古代イスラエルのシオン祭!? ~日本人とユダヤ人のつながり編~
http://ameblo.jp/welcome-elohim/entry-10592980075.html
16: 名無しさん 2014/04/08(火)19:22:57 ID:jX4BysPOV
祇園祭り=シオン祭り
エッサ(御神輿を担ぐときの掛け声)=古代ヘブライ語で運べの意味
ヒトフタミヨイツムナナヤココノタリは古代ヘブライ語
日ユ同祖論の話は沢山ありますね。

http://youtu.be/N4TR32mPxrs


17: 名無しさん 2014/04/08(火)20:33:31 ID:cEBRN7l7B
俺のような日本の下層階級市民はルーツなんて知れば知るほど絶望するんだよね。
もうほぼ完全に知識、階級社会が固定化されているかがわかるから。

大昔に栄華を極めた人たちが現在も衰えること無く存続している事実。

18: 名無しさん 2014/04/08(火)21:44:25 ID:qKlv3eGXJ
日ユ同祖論は眉唾感抜けないよね。
もし渡来してたとしても、少数が渡来して縄文時代から弥生時代の変化時に一部に影響を与えたかもだけど、起源とは言い難い感じ。

日ユ同祖論

日ユ同祖論(日猶同祖論、にちゆどうそろん)は、日本人とユダヤ人(古代イスラエル人)は共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説。
主に、日本人とユダヤ人によって提唱されている。

wiki-日ユ同祖論-より引用
関連:日本人ユダヤ同祖論

19: 名無しさん 2014/04/08(火)22:00:19 ID:gTHsgeVBF
>>18 そうですか?天皇家のルーツがユダヤの一族だとしたら十分日本のルーツといえると思いますがね

20: 名無しさん 2014/04/08(火)22:15:04 ID:qKlv3eGXJ
天皇家を日本人全体に当てはめるのは無理があるよ。
てかもしそうなら、定義的にもはや天皇家すら意味をなくすと思われ。
少なくとも、ユダヤ直系の血が渡来したとは考えずらい。朝鮮、中国らと混血してなら、時代の経過から考えて分かるけど。
そうなると、もう血は皆無なんだけどね。
多神教なんかも日本だけではないし、酷似文化はあるよ、所詮人間だもの。
血筋でなら、やはり中国、朝鮮からの渡来人と考えるのが、妥当だと思う。
まあヒトゲノム解析にすがるしか、ないんだけどね。否定も憶測だわね。

21: 名無しさん 2014/04/08(火)22:27:38 ID:gTHsgeVBF
>>20 それだと日本人のルーツですよ?スレタイは日本のルーツとあるんですが、僕は天皇家が日本を作ったという解釈でルーツをユダヤの一族という考えです

22: 名無しさん 2014/04/08(火)22:30:08 ID:qKlv3eGXJ
天皇家が日本を作った?

23: 名無しさん 2014/04/08(火)22:49:54 ID:gTHsgeVBF
>>22 天皇は三世紀くらいからいますしそれ以前からなにかしら干渉していてもおかしくありませんし、今でも天皇家の権威が高いことをふまえたうえでの結論です

24: 名無しさん 2014/04/08(火)22:54:44 ID:qKlv3eGXJ
じゃあ、神武天皇の存在証明無理からになるな

神武天皇

神武天皇(じんむてんのう 紀元前711年? - 紀元前585年?)とは、古事記・日本書紀に記されている日本の初代天皇である。

神武天皇:ニコニコ大百科-より引用
25: 名無しさん 2014/04/08(火)23:03:09 ID:gTHsgeVBF
>>24 神武天皇が存在するかは分かりませんがいきなり天皇家が出てきて現代まで続くとは思えないです

27: 名無しさん 2014/04/08(火)23:50:38 ID:yCuvMhhWC
最近どっかの島の原住民がD遺伝子だとかいうニュース出てたね

アンダマン諸島の人 - akidu ページ! - Y-DNAと日本語
D遺伝子 アンダマン諸島
http://ja.wikipedia.org/wiki/ハプログループD (Y染色体)

32: 名無しさん 2014/04/09(水)00:32:15 ID:w40N3vruF
>>27
アンダマン諸島だったと思うよ。

33: 名無しさん 2014/04/09(水)00:36:25 ID:doaxC6RDK
>>32
ああそう!それそれ。見た目とか全然違うよね
分岐してかなり経つらしいけど

28: 名無しさん 2014/04/08(火)23:53:12 ID:1IfumKXrp
おおもとを言えば日本人のルーツはアフリカでしょう。

ここでの論点は、日本人の民族的ルーツ? それとも文化的ルーツ?それとも言語?
日本のルーツだけだと大雑把すぎやしないだろうか?

29: 名無しさん 2014/04/08(火)23:58:31 ID:1IfumKXrp
>>28
面白い学説で日本人のルーツはムー大陸に住んでいた人というものもある。

根拠としては、ミクロネシア系の人種と日本人は遺伝子配列?が近いらしい
それと、ミクロネシアで日本の縄文土器が見つかっとかいうが、どれもトンデモ説ですよね。

30: 名無しさん 2014/04/09(水)00:07:04 ID:6pyaQFQh2
一番先に定着してた民族
後あと流入してマジョリティ化した民族他
なんか区分曖昧な感じに地味に色々混じり合ってはいそう

34: 名無しさん 2014/04/09(水)00:39:50 ID:leY7VOtQW
アフリカから生まれた人類の中で、
最も遠くへ、新しい地へと移動したあげくに
やっとこさ「はぁここならいいかな?」と
腰を落ち着けた人達だよ♪
隣の国々が大嫌いで海を渡った人の末裔。

35: 名無しさん 2014/04/09(水)00:46:43 ID:pwEg5KheR
>>34
日本に人類が最初に定住したころはまだ大陸と陸続きだったんですが・・・


36: 名無しさん 2014/04/09(水)04:54:47 ID:bOvPTc82D
大ざっぱに、
南洋系
大陸系
シベリア系
みたいなざっくりしたやつが言われすぎてて、細かいとこがほんとわかんないよなー
顔立ちが似てるとかってのも、住んでる土地の気候とかで収斂してそうなっただけかもしれないしなー

38: 名無しさん 2014/04/09(水)07:32:45 ID:yQysAhYI6
文化、言語の観点からの推察は色々あるね
民族学の岡正雄氏はメラネシア系、アウストロジア系、ツングース系、アルタイ系が縄文~弥生にかけて
流入してきたと推察してる


47: 名無しさん 2014/04/11(金)10:26:07 ID:W2OdXgnUr
日本全国にある神社で五色人の発生を伝承している。
日本から世界にちらばった。
最初に向かったのは中国、インド。
五色人でググると出ると思う。
そこから考えると、神社の神様は世界の皆の神様である。
イスラエルの神については仏教の祇園精舎、京都の八坂神社の祇園祭を調べるとわかる。
祇園祭はユダヤの過越の祭り。

五色人祭

この五色神祭は太古の時代、この地において地球上の全人類、つまり、赤色人種(ネィティブ・アメリカン)、青色人種(アジア南部)、白色人種 (ヨーロッパ人)、黒色人種、黄色人種の祖神(大祖先)が集まり、御霊の和合をはかるための儀式を行ったという伝承に基づく、魂の目覚めの聖なる儀式である。

幣立神宮(へいたてじんぐう)- 五色人祭の項 -より引用
関連:https://www.google.co.jp/search?q=「五色人」検索結果

五色人祭
48: 名無しさん 2014/04/11(金)12:13:18 ID:FKEwllYmr
>>47これw

49: 名無しさん 2014/04/11(金)15:51:42 ID:Az5veB4iM
日本人が全ての民族的な起源だって
どこの論調だと思ったら朝鮮だった

……だけどもし朝鮮が日本(ヤマト・和)の子文化だとしたら納得がいく
それは捏造だとか安易に笑ってられん

50: 名無しさん 2014/04/11(金)16:20:04 ID:W2OdXgnUr
>>49
え!?朝鮮も言ってんの?
じゃ何で神社を燃やそうとするんだろ・・・

51: 名無しさん 2014/04/11(金)16:32:11 ID:cPKfIZP3I
>>50
韓国でも「すべての民族の起源は朝鮮韓国」と言っている

52: 名無しさん 2014/04/11(金)17:57:18 ID:W2OdXgnUr
あっ・・そっちの意味ね

53: 名無しさん 2014/04/11(金)20:35:45 ID:LVthlCwxC
日本で意味の通らなくなった古い単語が、ポリネシア古語で説明できるらしい
○○ツヒメとかの「ツ」が「そこに居る、住んでいる」
志摩 → チマ → 複雑に入り組んだ地形
…ただ、文法は日本語の順番と違うそうだ

はじめにこういう短い単語を使う部族が入って(ポリネシア系)
次に文法が組まれ、
最後に漢字で文字を書く、という順番なら納得が行く

日ユ同祖も面白いんだけど、彼らが来たとして
いつごろの日本に来たんだろうな

54: 名無しさん 2014/04/11(金)21:52:12 ID:4VJcP3ehu
日ユ同祖論は眉唾だって、日本文化は中国などの大陸文化が伝来しそれが独自に昇華した結果

ましてや五色人などは、ネタの域でしょ、韓国紀元説と同じだし

アフリカを出た人類が、ユーラシア大陸を通って日本に来たのちちょくちょく大陸の動乱
など日本に渡った渡来人もいたが

55: 名無しさん 2014/04/11(金)21:58:34 ID:4VJcP3ehu
それに、もしも日ユ同祖論が事実でも、現在の日本人は大陸人の子孫か混血

ユダヤの失われた十支族が日本に来ていてもアイヌとかの祖先じゃないの?
まあ、このスレにアイヌ人がいないとも限りませんが

56: 名無しさん 2014/04/11(金)22:12:59 ID:E3WiMnZzS
ユダヤが渡来してきてた場合
ユダヤの血は大分薄まるのは当然のことだ

けど文化的な観点でユダヤの影響があった場合でも祖先は祖先だろう?

58: 名無しさん 2014/04/11(金)22:41:09 ID:4VJcP3ehu
いや、文化的影響を一番受けてるのは中国文明だから。

神道とユダヤ教との共通点があるなら、それは宗教的影響ではないのですかね
日本で、キリスト教が独自解釈で新宗教ができた過程に似ていることが古代日本でもおきたと?

59: 名無しさん 2014/04/11(金)23:09:41 ID:FKEwllYmr
>>58ユダヤ教の影響は、日本にはほとんど見えない気がする。

時代は違うけど、耶蘇教の影響下にあった集落なんかはちょっと興味わく。遠野物語なんか。
影響力は、やっぱり一神教はでかいなと思う。

60: 名無しさん 2014/04/12(土)07:30:02 ID:1pDF4NuUs
日本人だけじゃないけど、人間のルーツは母方のDNAを調べていけばミトコンドリア・イヴでしょ。

例えば遺伝子的にどこの民族と一番近いのか?とか。
人種的な話ではなく、どこの文化からの影響が強いのか?とか。
そういった方向が書いてる人それぞれバラバラだから全く話がまとまらない。


61: 名無しさん 2014/04/12(土)22:11:56 ID:8bKzoKmqm
>>60ミトコンドリアイブに関しては、ちょっと違う。ただ、話が逸れるね。

62: 名無しさん 2014/04/12(土)23:17:10 ID:11IYLeZSH
>>61
ご指摘ありがとう
調べてみる

63: 名無しさん 2014/04/13(日)12:59:04 ID:nfvBUvaO7
ひょっとして、日本人って、遺伝子的な近さと、文化的な近さと、言語的な近さが一致しないんじゃ無かろうか

65: 名無しさん 2014/04/13(日)16:12:54 ID:iVeX96AyP
DNAの観点からは日本人の遺伝子は地球最古って言われてるよね
アフリカが起源ならアフリカ人の遺伝子が地球最古でないと
おかしい事になるんじゃないの?
専門家じゃないんで、その辺どうなってるか知らないけど
てか、どうなってるか知りたい

67: 名無しさん 2014/04/13(日)16:53:02 ID:n5Sw75Ula
>>65
日本人が最古ってことはないでしょ。
アフリカの黒人は一回アフリカ大陸の外へ出て中東辺りをウロウロして
それから他の大陸へ広がっていった組とまたアフリカへ戻った組があるらしい。
アフリカ大陸にずっと留まった黒人と戻っていった黒人の遺伝子は遠い。

69: 名無しさん 2014/04/13(日)17:50:56 ID:bosdn8XoI
ID論とは異なり進化論的な話になるが
黒人の肌の色が黒くなったのは結構後の時代らしく
アフリカで人類が発生してからしばらく
黒い見た目の人間はいなかった可能性がある

ID論

インテリジェント・デザイン説とは、知性ある何かによって生命や宇宙の精妙なシステムが設計されたとする説。
しばしば、ID と略される。またID を信じる人を IDer (インテリジェント・デザイナー)と呼ぶ。

wiki-インテリジェント・デザイン-より引用

70: 名無しさん 2014/04/13(日)18:14:54 ID:Ar7QIJok0
右脳は抽象概念を、左脳は言語を司ると言われているが、
なぜか日本語だけは右脳が言語処理に関係している。
これは全世界を見渡しても特異なことで、中国語や朝鮮語も
言語は左脳であって、日本語だけが独立した分布になっている。

ところが日本語以外でひとつだけ右脳優位の言語があるのが
わかっている。 それがポリネシア語。

右脳で言語処理が行われると、鳥や虫の声が言語として認識
される。それに対して欧米人(言語=左脳)の場合は鳥や虫の声は
雑音の一種としてしか聞こえない。

実はポリネシアの人が作ったゲームというのがある。
その中にはきっと虫の声とかが出てくるシーンがあるに
違いないと思って、入手してやってみたことがある。
そしたら確かにそういうシーンがあった。

主人公が敵の城砦に夜中に進入していくところで、秋の虫
みたいなのが鳴いていて、それによって情景を表現している
のだが、これは日本人でないとわからんだろうなあと思った。

71: 名無しさん 2014/04/13(日)18:23:49 ID:k4lqlY9Um
>>70
へえ中々面白い説だなあ
漢字は絵が由来だけど中国語は関係ないの?
不思議だ

84: 名無しさん 2014/04/13(日)20:40:23 ID:fC3sJFcvm
>>70
そういや似た成り立ちの言語で環太平洋的に広がってる(残ってる?)とかなんとか

映画パシフィック・リムは日本文化特盛りしてるけど
そういった意味合いもあったりしそうだなと思ったり

91: 名無しさん 2014/04/14(月)05:27:38 ID:iESJix8vI
>>70
雨の音が、欧米ではただのノイズに聞こえるけど、
日本人には癒し効果のある環境音に聞こえるという話も聞いたことある
ちょっと似てるな、これも右脳がらみで、ポリネシアン達もそうなのかな

74: 名無しさん 2014/04/13(日)18:54:32 ID:kVa6EKOZn
日本か和か倭かは対して問題ではないよな
流石にアイヌ、蝦夷は違う系統の民族かもしれないが

75: 名無しさん 2014/04/13(日)19:05:18 ID:ierYvoSnl
だからまず、議論してるのは日本人のルーツなのか日本文化のルーツなのか教えてくれ

76: 名無しさん 2014/04/13(日)19:09:14 ID:kVa6EKOZn
日本の『民族』のルーツって>>1に書いてるやん
要するに文化だよ

79: 名無しさん 2014/04/13(日)20:15:30 ID:Jm02QzrOu
3万年前の調理場が日本にあるとか

80: 名無しさん 2014/04/13(日)20:32:37 ID:60ijgPQ8K
>>79
調べたらどうやらマジっぽい
本当なのか……?

以下引用

横峯遺跡
1992年に発掘調査された
種子島で初めて発見された旧石器時代の遺跡であり、
旧石器時代、縄文時代にヒトが住んでいた跡が見つかっている。
約3万年前の地層からは、日本国内最古の調理場跡が発見されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/横峯遺跡
81: 名無しさん 2014/04/13(日)20:35:09 ID:ierYvoSnl
種子島だから隼人の先祖とかじゃねえの

82: 名無しさん 2014/04/13(日)20:36:46 ID:Jm02QzrOu
87: 名無しさん 2014/04/13(日)21:08:24 ID:Jm02QzrOu
こういうのもメッケ
モルモン教ではアメリカ原住民が
イスラエル12部族のひとつ
って話になってる
面白いでしょ

90: 名無しさん 2014/04/13(日)21:25:23 ID:ierYvoSnl
そもそも、出アフリカした後、部族単位ぐらいで移動したんでしょ?

それでそれぞれ定住したんならそれがルーツで、途中で別れた同部族がいたってそれこそ人類みな兄弟みたいなもんだし

92: 名無しさん 2014/04/14(月)05:33:58 ID:iESJix8vI
ある程度文明的な民族として形成された段階で、既に人種的にも文化的にも、
大陸系(朝鮮半島経由)、シベリア・ツングース系(樺太経由)、南洋系(沖縄経由)
辺りが混合されてたんじゃないか

93: 名無しさん 2014/04/14(月)14:02:53 ID:aq2JZ7Q6V
>>92
大陸系は江南から直接渡って来てるみたいで朝鮮半島経由では無いみたいだよ。
揚子江文明の子孫じゃないかな。

95: 名無しさん 2014/04/14(月)19:46:11 ID:pmlkpTdhc
あとマレーシアで笙そっくりの楽器売ってた。
東南アジアでは普通にあるらしい。
ロシアのサハ族のムックリは日本のムックリと同じものだしね。

96: 名無しさん 2014/04/15(火)13:32:53 ID:ACzPJzxzM
三種の神器の八咫鏡の裏側には、ヘブライ語の文字が書かれていると
1954年に三笠宮殿下が新聞に投稿なされています。

これでだいたい日本人のルーツが想像つくのではないでしょうか。
失われたユダヤ十氏族がシルクロード渡り、辿り着いた最果ての地。

だからこそ世界の支配層たちは、日本にとても興味をもち、同時にとても恐れたのでしょう。



99: 名無しさん 2014/04/17(木)00:12:28 ID:TU0nFPmqJ
日本の正史は日本書紀。
内容に照らせば、つまるところ日本人は無から始まったのだよw

100: 名無しさん 2014/04/17(木)09:10:43 ID:HUNC36ITV
日本は現存する世界の国の中で最古の国って意見もあるよな
古事記日本書紀をどこまで信用するかで変わってくるらしいが

101: 名無しさん 2014/04/17(木)10:38:08 ID:v7tYg4JNZ
信用できないだろあんなもん

103: 名無しさん 2014/04/18(金)15:34:28 ID:mTcB5vyVI
日本人と古代ユダヤ人は果たして関係があるのかどうか

105: 名無しさん 2014/04/18(金)16:19:04 ID:idzvpNAdH
そもそも、進化論自体が間違っているから、ルーツとか探っても意味無いと思うよw

異次元人より







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本のルーツは何?(シュメール、古代ヘブライ、アルタイ語族、百済、扶余族など)

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

過去の人気記事ランダムPICK UP

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2014年04月20日 12:51 ID:3ulZFyse0*
良く言えば、西から東から新天地を求めて来た開拓心旺盛な者達が集った国。
悪く言えば、各々の社会から逐われて逃げて来た食い積め者達が集った国。
・・・そんな感じかな。


2  不思議な名無しさん :2014年04月20日 12:53 ID:QIMovvuF0*
東の端の国なんだから
あらゆる民族が移住したカオスだと思うけどな。
地域ごとにルーツが違うというのが実情じゃないの?
「日本人」のくくりで考えても無駄。

3  不思議な名無しさん :2014年04月20日 12:53 ID:QIMovvuF0*
東の端の国なんだから
あらゆる民族が移住したカオスだと思うけどな。
地域ごとにルーツが違うというのが実情じゃないの?
「日本人」のくくりで考えても無駄。

4  不思議な名無しさん :2014年04月20日 13:09 ID:df3VdNm20*
なんか最近フィリピンのどっかの島の住人と同じ系統で、中国も朝鮮も関係ないような話なかったっけ?
5  改革新党 :2014年04月20日 13:22 ID:xQjoFl.k0*
 日ユ同祖論だけども、ユダヤの失われた支族がやってきて、日本人全体の祖先になったというよりも、高い知識・技術を有した「山の民」として定住したユダヤ人が、文字とか信仰といった日本固有の文化創出に、重要な役割を果たしたんじゃないのかな。
 鼻が高くて山伏の格好してる「天狗」が「虎の巻」(トーラー?)を義経とかその他英雄に授ける物語とかが数多く今に伝わってるけど、天狗=ユダヤの可能性は大いにあるよね。
6  不思議な名無しさん :2014年04月20日 13:27 ID:1xfigHyp0*
DNA検査すると日本人に一番近いのはチベット人
現代中国人韓国人とはカスリもしない
7  不思議な名無しさん :2014年04月20日 13:29 ID:WAR.Zi2o0*
ポリネシアやミクロネシアとの共通点が多いのは、中国南部〜東南アジアにいた彼らの祖先に縄文人が合流したのか、そもそも彼らの祖先が縄文人なのかのどっちかな気がする。日本文化の基礎にある縄文文化は相当古いので、日本の文化が「南洋系」ってのは順番が逆じゃないのかな。小笠原あたりなら、あとからポリネシア人がやってきててもおかしくないけど。

蝦夷は、
・窯業や製鉄の技術を持ってて、有力者が葬られた古墳がある
・アイヌ語に近い言葉を話し、狩猟採集にウェイトを置いた生活をしてる
って感じで、見ようによっては大和民族の一派だし、アイヌの一派とも言えるんでないの
北海道に追いやられてアイヌになったってよりは、単純に東北人の祖先になってるだけ
ただ地理的に切り離されてたアイヌと違って、現代まで独自性を保てなかったってことじゃない

個人的には、日本列島に古いルーツを持っていて、他に類似する言語がないアイヌ語と日本語が互いにかけ離れてるのが謎なんだよな。縄文人が話してた言葉はどっちに近いの?それとも当時から西と東で全然違う言葉話してたんだろうか。
8  不思議な名無しさん :2014年04月20日 13:33 ID:AcJLsY0B0*
終わりはなんかわかる気もするけど始まりはほんとすごい不思議
9  不思議な名無しさん :2014年04月20日 14:07 ID:9EjJ8mxM0*
かおすチャンネルからいい記事見つけて漁るだけの楽なサイト運営、それがここwwww
10  不思議な名無しさん :2014年04月20日 14:21 ID:NwBGIq.O0*
日本の祖先や遺伝子的な祖は南方ルートである海上移動と文化を持った一族が今は主流。
朝鮮系や中国からの血脈は殆ど無し。そちらから渡って来たのは日本に土着の人類が増え文化や生活が備わってかなり時間が経ってからで、文化や文明を持った一族が追放、または招き入れられる形で日本に渡ったと思われる。この中にユダヤ系文化や知識を持った血脈があったと思われる。
これにより出来た文化圏を持った一族が豪族や皇族に近しいものになった可能性はある。しかし、またその一族が迫害された記録も後々多く出て来ているのでこれを一緒くたにしていいかどうかは未だ判断に苦しむ。
以上の技術、知識等を持つものを山の民と区別する件もあるようです。
また南方系の海上移動の知識や技術、高じて航海術を得た者が黒潮に乗り更にアンデス地方にまで移動している可能性が多くある。DNA的に近しいまたは類した血脈がある。
以上のことから海上技術、知識からも日本人が古くから海に固執し海産物を多く摂取しているのはその所為であるかもしれない。
またこれらの知識を有する者が日本土着の海の民であるとされる。
11  不思議な名無しさん :2014年04月20日 14:30 ID:JT4sYoV10*
なんかさ、「ニホンジン」と言えば、唯一無二のDNAが定義出来るような物言いの人が多いけど、実際は、1億2千万人いるニホンジンの遺伝子パターンを一つの類型に押し込んで、あの国と似てる、この国と似てるって言っても意味ない。何%の人に見られるパターンが、そこそこの国の人の何%と類似してるくらいの話の積み上げでしか語れないと思う。
だから、どこそことは全く関係無いなんていうのはナンセンス。
12  不思議な名無しさん :2014年04月20日 14:43 ID:M2SMBC2F0*
中国大陸南部の江南地域がルーツじゃない?
半島を経由せず、直接海を渡ってきたのでは?
13  不思議な名無しさん :2014年04月20日 14:48 ID:QIMovvuF0*
どうしても韓国と関係ないってスタンスで居たいんだな。
14  不思議な名無しさん :2014年04月20日 15:47 ID:QIMovvuF0*
日本人のルーツを考えるのは
アメリカ人のルーツを考えるぐらいばかばかしい話だ。

あと民間遺伝子を入れてもなかなか薄まらない
強烈な天皇家の遺伝子は
どう見てもユダヤ人ではないwww





15  不思議な名無しさん :2014年04月20日 15:50 ID:R9IB1DH.0*
まあ、韓国人とは40%は確実に違う人種らしいから、100%違うんでもいいんじゃない?
日本と韓国って香某が好きだね。
16  不思議な名無しさん :2014年04月20日 15:50 ID:QPD9.DAW0*
くっさ
17  不思議な名無しさん :2014年04月20日 16:01 ID:zHHTaUmfO*
ルーツは普通に日本だろ。
18  不思議な名無しさん :2014年04月20日 17:00 ID:dWQdoexF0*
タミルあたりに近似してる言語体系から、
南方から来た人間がルーツじゃねえかって説があったな
19  不思議な名無しさん :2014年04月20日 17:13 ID:4ouBtE7O0*
馬鹿洞人
何てのも居たな。
20  不思議な名無しさん :2014年04月20日 18:15 ID:IUIU0q8P0*
この話題になると決まって出てくる
朝鮮半島の人たちの主張w
21  不思議な名無しさん :2014年04月20日 21:33 ID:9oyRfU.50*
白人系、黒人系、黄色人種系っていつごろから分岐したのか分かる?
黒人系が最初だと思うんだけどそこが知りたい。
22  不思議な名無しさん :2014年04月20日 22:24 ID:5.ST8ntZ0*
>11: 名無しさん 2014/04/08(火)13:17:46 ID:V4ldNQyg1

>古事記って予言書らしいよ

古事記はこういう妄言が出ないように書かれたんだよ^^

23  不思議な名無しさん :2014年04月20日 23:07 ID:DG9Dhecw0*
日本人のルーツは日本です。
遡ること100万年前以上。
日本で五色の神人が産れ 各地に移動。
そこで 人類の祖となる 営みを行う。

現行で遡っている人類史はせいぜい1万5000年前まで。

アフリカの骨はあくまでも 原人であり
今の人類の祖とは 別物。
24  不思議な名無しさん :2014年04月20日 23:13 ID:5yZDmON00*
米21
白人系、黒人系、黄色人種は分岐なんかしてない。
最初から同じ素材で3種類作られて配置された。

分岐したなら、あんなキレイに生存圏で人種が違うわけないだろう。

生存適応なんか学者の妄想。
黒人はヨーロッパで生きていけないか?そんなわきゃない。
白人が寒冷地地適で鼻が高くなったなら
アフリカ人と同じ緯度に住んでいるインド人の鼻が高いままなのはなぜだ?
逆に寒冷地に住んでるモンゴロイドの鼻が低くなったのはなぜだ?

犬はどこかのたった1頭に遡るか?
犬は世界中で狼から犬になったんだよ。

25  不思議な名無しさん :2014年04月21日 05:20 ID:1jYshkIG0*
宇宙人だろ
ガラパゴスだし
26  不思議な名無しさん :2014年04月21日 08:04 ID:d5t.SKuu0*
天皇陛下は宇宙から来たとかって話もある、地球に5人程降りてきた人の一人が所謂アマテラスとかって話なw
だから天皇陛下や世界で皇室の有る国家は潰せないらしいw
Y染色体D系統も日本人が元でチベットが次に多いらしい、信じるか信じないはあなた次第!ww
27  不思議な名無しさん :2014年04月21日 08:37 ID:ALITwHT60*
まじめなスレだと思って開いたのに…
28  不思議な名無しさん :2014年04月21日 14:24 ID:tl.LJ1ZP0*
普通に北海道は北方系
沖縄は南洋系
本州大半が大陸系だろ

弥生文化が西日本から入って北海道、沖縄まで行かなかったんだし
そこで系統が変わってるでしょ
29  不思議な名無しさん :2014年04月21日 18:01 ID:4pXlCQwh0*
>>6 イン.ポ帝国のトップも日本人だったとか

で笑ってしまったじゃねーかww
30  不思議な名無しさん :2014年04月21日 20:09 ID:BL6uNcmVO*
このスレ見て昔よくポリネシア人って言われたのを思い出して今画像検索したら…ワロタ 日焼けしたら今もポリネシアンだわ私
31  不思議な名無しさん :2014年04月22日 15:58 ID:Hf.wx0Yu0*
俺もイン.ポ帝国でワロタwwww
32  不思議な名無しさん :2014年04月22日 20:40 ID:XRzI1XNS0*
yap遺伝子で調べると色々面白い。
33  不思議な名無しさん :2014年04月23日 01:04 ID:dT7UdqAT0*
魏志に、倭人は「呉の太白の末裔」だと名乗ってるとある。
中国の長江流域の民族が、海を渡ってきたんだろう。
さらに、ポリネシアン系と合流。
「今の」中国人とは違うから注意。

半島?w そもそも米も作れない土地で、前方後円墳も日本式。
半島は明らかに日本より後に出来た文化、民族だよ。しかもその後、ツングース系と混血して別物に。
34  不思議な名無しさん :2014年04月25日 10:00 ID:Uqn6aaur0*
※23
それと同じ主旨で北京原人を調査してた中国の大学教授がいたな。
曰く「中国人のルーツは中国人で他の原人とは違う原人から進化した」
結果はお察しw
35  不思議な名無しさん :2014年04月25日 18:18 ID:VqEfswx.0*
なんだか、やたらと日本人、ひいてはその中にいる「自分」を特別視したがるやつらが多いな
漫画みたいな設定じゃないと気がすまないのか?
36  不思議な名無しさん :2014年04月26日 05:24 ID:ZoBPKFse0*
察しろ
37  不思議な名無しさん :2014年04月28日 01:43 ID:C0jFQFnVO*
日本人で、本当に良かったと思うよ。
38  不思議な名無しさん :2014年04月30日 03:36 ID:JstWaSMX0*
君と一緒にされるのはやだ
39  不思議な名無しさん :2014年05月04日 01:36 ID:znA7W8ZG0*
アジア人と白人は宇宙から来た
黒人はマジで猿からの進化系
という説
40  不思議な名無しさん :2014年05月04日 23:42 ID:jStTmn2f0*
日本人の渡来ルートは2種類有って、1つは12000年前の氷河期後の海面上昇以前に日本に移住してきた縄文系、2つ目は3000年前の寒冷期に中国大陸揚子江以北に住んでいた人たちが揚子江以南に侵入し、押し出された人たちがベトナムやポリネシアや日本に移住したのではないか?
日本で弥生時代が始まるのも水田稲作が始まるのも3000年以降であり、それ以降日本で縄文系と弥生系の混血があって日本人のルーツになっているのでは?
41  不思議な名無しさん :2014年05月08日 03:57 ID:m2GD717w0*
※20
お前は糞だ
42  不思議な名無しさん :2014年05月13日 15:15 ID:bRpq.CH90*
なんでアフリカから出て地の果てまで移動しようと思ったんだろう。
大陸だけならまだしも海を渡ってまでさあ。
43  不思議な名無しさん :2014年05月15日 19:24 ID:.QNYGmyt0*
東の端っこだから
いろいろなところを経由して集まった雑種だよね。
あえて分類する意味わからん。
44  不思議な名無しさん :2014年06月03日 00:42 ID:VDFE.Eyq0*
陸路のシルクロードを重視しすぎ。海や川のルートをもっと重視すべきだ。船があれば、日本とチベットは近いんだぜ。チベットから流れる揚子江に船で下れば、上海から東シナ買いに出る。海面が低下していたら、大陸棚の末端までいけて、そこから沖縄、九州までは非常に近い。揚子江流域に住んでいた民族が船で漕ぎだせば日本に用意に到達できたんだよ。

朝鮮半島南部はむしろ、縄文人が船にのって進出したと考えたほうがいい。生活で船を使う南方系文化は簡単に海峡を渡れるが、生活に船を使わない北方系の文化は、海を渡れない。大陸から移住者が入ってきたのは陸続きの北海道経由が先で、朝鮮半島からはかなり後だと思う。
45  不思議な名無しさん :2014年06月06日 09:22 ID:LpZ8ga3v0*
日ユ同祖論だのカゴメだのは調べりゃ普通に年代的にも
おかしいと分かるはずなのにそれすらもしないからな、こいつらは
人は真実よりも楽しい嘘に、ってやつの典型だ
46  不思議な名無しさん :2014年06月18日 14:03 ID:Q6.SpgaK0*
いきなり天皇家なんて出ていない
諸豪族の中で4世紀ごろに最有力者が大王と称し飛鳥時代に天皇を称しただけ
何ら不思議はない
47  不思議な名無しさん :2014年06月18日 14:06 ID:Q6.SpgaK0*
※7
いや、あのさ、日本人のルーツの一つならわかるが日本人じゃないからな?
じゃあ縄文人はどうなるんだよと

>豆知識
>太秦(うずまさ。日本にある)という地名は中国ではローマと読むらしい

あのなあ…
ローマの中国読みは大秦だ。太秦じゃないっての

ドヤ顔で野比のび犬みたいな間違いすんなよ恥ずかしい
48  不思議な名無しさん :2014年06月18日 14:24 ID:Q6.SpgaK0*
※40
3ルートだぞ、南方から琉球-九州経由のルートがある


100: 名無しさん 2014/04/17(木)09:10:43 ID:HUNC36ITV
>日本は現存する世界の国の中で最古の国って意見もあるよな
>古事記日本書紀をどこまで信用するかで変わってくるらしいが

つエチオピア
つエジプト
49  不思議な名無しさん :2014年06月18日 14:34 ID:Q6.SpgaK0*
※24
>アフリカ人と同じ緯度に住んでいるインド人の鼻が高いままなのはなぜだ?

アーリア人がインドに入ってから高々3000年しかたってない
たったそんだけで体は変化なんかしない
もっと前からインドに住んでるドラヴィダ人は鼻が低いぞ
50  不思議な名無しさん :2014年06月20日 19:03 ID:R.DqVLxh0*
俺たち日本人が火星から移住して来た事は内緒。
51  不思議な名無しさん :2014年06月25日 01:09 ID:9KFJMYNd0*
DNA的に日本と一番近いとされるチベットが中国にめちゃくちゃにされてるのが嫌だわ。
何とかできないもんか。
52  不思議な名無しさん :2014年06月26日 11:47 ID:sUlPX6.e0*
>>24
確かに昔はその説が有力だった
だけど今は遺伝子解析技術が進んで人類は枝分かれした説が有力
白人というかコーカソイドは中東あたりだかそこらへんでフォームができた
そこからヨーロッパに向かったグループや西に向かったグループがあって
西に向かったのがインド人(の一部)
だからインド人の鼻は高い
53  不思議な名無しさん :2014年06月26日 11:47 ID:sUlPX6.e0*
西じゃないか、東だな
54  不思議な名無しさん :2014年07月29日 17:49 ID:aQvPjCNC0*
大陸のアホ共と半島人のクズ達とルーツが同じってだけで鳥肌が立つのはどうして?
55  不思議な名無しさん :2014年08月11日 10:19 ID:f64p5F7T0*
民族(人種)、言語、文化、いろいろミックスされて、その中で調和が取れるように進化して来たのが日本なんだね。
私の先祖はオランダ人だったと聞いたけど、長崎の人は、確かに彫りの深い人がポロポロいるんだよね。美輪明宏さんみたいな感じ?
DNAの話は知らないけど、古代日本人も余所から来た人を隔離せず、交わってると思うな。自分も苦労してたどり着いた地だから、旅人に対して、「よく来たなぁ」と迎え入れたんだと思う。
で、みんなと合わないと感じた人は出て行ったかもしれない。
ロマンがあるね。
56   :2014年08月21日 16:41 ID:EurnLhaLO*
たかだか表面的なもんなど、所詮ただの俗説程度。アメリカオハイオ州と「おはよー」とか神社の構造とソロモン神殿の構造がそっくり、外庭、聖所、至聖所の三段階だ!古今東西何でも大体三つに分けるだろうによ。こういう幼稚で浅はかな愚な俗説程度なんぞは相手にはせず、遺伝子情報のみを唯一無二のものとして期待をするが。これは、アダムとエバからの人類の情報が正確に間違い無く連綿と書き込まれている。ただ、まだまだ、研究の歴史が極く浅いから、もっと時を経れば、詳細な情報も読み取れる様に成るので、その内に、個人のルーツなんぞも自宅のPC一つでアダムエバに辿り着く事が出来る様に成るだろう。100年後なんぞはそう成る。
57  不思議な名無しさん :2014年08月29日 22:05 ID:sRMs6GC.0*
民族主義的な考えが染み付いていて、自分たちのルーツをまとも考えられないやつがいるな。
お隣の国の歴史教科書をあざ笑っているくせに、自分たちのルーツについて同じような過ちを犯しているのに気づいていない。
58  不思議な名無しさん :2014年09月01日 15:40 ID:mIHNrWbL0*
奈良時代や平安時代の貴族なんてのはみんな過去に天皇家の血筋から分かれた人たちだったわけで、
そんな人たちが地方へ行って土地を治めるようなこともあったわけで、
そんな人たちの子孫がその土地で武士になったり商人になったり農民になったりもしたわけで、
しかもそういう出の人らは純正田舎者よりも生き残りやすかったわけで。

ネズミは鼠算式に増えていくものだけど、人間だって2000年もあれば同じように増える。
平凡な俺らが、渡来人の血や天皇の血や武将の血を引いてたって不思議ではないんやで。
59  不思議な名無しさん :2014年09月05日 20:58 ID:tDEiPmiY0*
日本人は、自分を誇りを持つといい。
なんせ日本人には、の血が流れているんだからね。
優れた存在だよ。いつか、日本の誕生までの道筋が解明され多くの人々に知れ渡ることだろうね。神の国というのはあながち間違いじゃない。

60  不思議な名無しさん :2014年10月15日 20:29 ID:rq.EwXvh0*
これは沖ノ島とかの近くに沈んでる陸とかアトランチスの地理関係の人達と一緒に考えれば面白そう
61  不思議な名無しさん :2014年11月06日 03:18 ID:xUtrjbc1O*
北イスラエル王国の支族は徒歩南ユダ王国の支族は船で日本へ
62  不思議な名無しさん :2015年05月22日 00:14 ID:qEeJ6dYV0*
こんな島国に住んでるんだから、異民族同士の戦いを経験できていない。それで、他民族に比べて体格が貧弱で、ベビーブームが発生したような未熟な社会が維持されてた。
グローバル化した現在、そういう弱さを持った日本人は、世界で負け続ける、消えていくだろう。ルーツがどこであったとしても弱過ぎる。
63  不思議な名無しさん :2015年06月12日 20:48 ID:ekzoJ2Fx0*
秦氏はヒッタイト(ハッティ)であり、ユダヤ。だから、日本人のルーツの一つは、中東というかトルコだね。藤原氏は、唐渡来だから、これも、スキタイとかトルコ系の突厥とかの民族。蘇我氏はサカ族かな。あとは、高句麗、扶余、百済、新羅、加羅(任那)古代中国からの移民。だから、日本人のルーツは、大陸、半島渡来、色々だよ。倭人のルーツも中国だし。大和は古墳の形を考えると、扶余とか騎馬系のスキタイかな。クルガンっていう古墳に似た風習は大陸の騎馬系民族に見られる。

64  不思議な名無しさん :2015年06月12日 20:51 ID:ekzoJ2Fx0*
>>62 幼稚園からずっと異民族との戦いだったが。六本木とか横浜とか大阪とか異民族との戦いばかりだが。
65  不思議な名無しさん :2015年10月19日 19:15 ID:653ygy3Z0*
※48

ヨーロッパの歴史家の考え方では、王家が変わったら国が変わったとするという捉え方をするものがある。
その場合、1500年前から王家が変わっていない日本は現存する世界最古の国であるということになる。
「国」の定義に依るってこと。
66  不思議な名無しさん :2015年11月29日 07:56 ID:Q.ooRTR80*
神武天皇とヨセフの系図を見てみて下さい。
系図と伝承がそっくり同じです。
カムヤマトイワレヒコノスメラミコトとは何の意味があるのか明白でしょう。
67  不思議な名無しさん :2016年01月08日 04:51 ID:2AlE5Pj80*
めちゃくちゃな知識でひどいぞこのスレ
68  不思議な名無しさん :2016年02月11日 01:17 ID:mkE5VqL10*
※14
今上陛下も皇太子殿下も、香淳皇后のお顔立ちによく似ておられる。
昭和天皇のご兄弟や明治以降で写真が残っているご皇族や宮家の方たちは、また少し違ったお顔立ちをされているよ。
69  不思議な名無しさん :2016年03月05日 04:10 ID:9od4.acJ0*
天皇の血筋は北朝と南朝が争って交互にやってる。俺の爺様はもとは皇室だったと聞いている。けど、爺様は妾の子供で他にも大勢こどもがいたらしいから…
爺様は皇室を嫌っていた。だから皇室から離れるために莫大な財産も相続せず、つっぱねたという…普通の人とは違う考えの人だった。つまり何が言いたいかと言うだな…天皇の血筋は今までに何回かは途絶えてるってことが言いたい。私は南朝or北朝、両方の血筋を引いていると思うが…南朝系の支配が終わったら北朝系が台頭するんじゃないか?
70  不思議な名無しさん :2016年05月08日 21:59 ID:W6kBNwOy0*
昔がどうだったか?とか、どこの国の人の祖が何であったか?ってのはわからないことだらけだよね

自分は、竹内文書に書かれてる五色人のくだりは好きだな
あとは、日本書記は 藤原不比等らが古事記をいじくりまわして作られたって話もなかなか面白かった

現代の人の血を判断する時に、耳たぶをみるとおよそルーツが見えるっていうのも、自分の周りではそこそこ当たってた印象だよ
耳たぶある人とない人ってやつね
71  不思議な名無しさん :2016年05月08日 21:59 ID:AHFnaQk70*
日本人のルーツは中国、朝鮮系にあって漢民族ではない民族だって聞いた事あるな
普通に考えてそれが自然だよな
72  不思議な名無しさん :2016年05月08日 22:02 ID:1Mof0Vsd0*
朝鮮は関係なくて中国南部じゃ…
73  薄弱 :2016年05月09日 00:55 ID:62mBJ2Br0*
日本ルーツ論がいつもグダグダなのは「雑種のルーツは複数」とゆう前提をつい忘れるから。ルーツはひとつと言うなら、それこそミトコンイブやY染アダムまで遡るしかない。

なので日ユ同祖論も騎馬民族説も長江も南島も、別にウソではない。
原産地アフリカから、世界の東の果てに棲息域を拡げるまで、どれほど多様な面ルートが有り得、どれほど多彩な営みが交差したか。むしろ日本に影響を与えなかった文化を探す方が難しい。
さらに東へ行ったネイティブアメリカンにはベーリンジアというボトルネックがあったが、
日本は世界最大の暖流と寒流が交差し、洋の東西をまたぐシルクロードの終着駅でもあり、南北に長く山海も多様で、北はバイカルアムール、西は大陸半島、南はスンダランドから流入できる。
しかも適度に隔離され適度に狭い島国で、流入と配合と培養に丁度よかった。純血培養のガラパゴスともまた違う、究極のハイブリッド実験場だった。

日本語は言語とゆうより音楽に近く、意味より情緒を表すのに適し、左脳言語野だけでなく右脳も使う。
一方的に拡散しただけの印欧語族が作った近代言語学は、共通祖語を求めて分岐クラスタを単純に遡る事しか出来ず、混成言語を認めないので、この豊かな日本語は、出自不明の「孤立した言語」になるらしい。
あまりに多くから影響を受けた結果、特定の誰とも似ていないとゆう、奇跡のオリジナリティ。
世界の東の果てまで逐われるほど負け続け、それでも死ななかった最強の負け犬たちが、自然災害ばかりで天然資源もない島国に吹き溜まり、カラード唯一の先進国になったスーパーハイブリッド。
俺がユダヤや中共でも、確かに畏怖しいよ日本民族てのは。潰せないなら骨抜き懐柔したくなるのも判る。
74  73.薄弱 :2016年05月09日 01:56 ID:62mBJ2Br0*
磨製石器と玉と土器、つまり研磨と焼成とゆうテクノロジーを、世界に先駆けて開発したのは、日本人または日本に到達する直前の原日本人だが、
灌漑農耕と王権を基準に四大文明(笑)とかブッこいてる大陸史観では、日本は後発文化らしい。
原産地アフリカから遠いので「入植は」後発だが、アフリカで産まれてからの年齢は、どんな後発地帯の「新型」民族も同じ。
そして日本に人類が到達した時、それは最も遠く旅し、最も多彩な環境を経験し、最も多様な血をハイブリッドした、最新型の人類だった。
中華文明は、世界の東の最前線、日本文化からのリフレクトを受けて成立した。日本に磨製石器を、玉を、土器を、教えてもらった。そしてそれらは「大陸では」灌漑農耕と製鉄と王権を発生させ、日本にもフィードバックされた。
まるでウリジナルのようなトンデモファンタジーに聞が、これがなにひとつ事実に反する事は言ってないとゆう驚愕の事実。やはり真実は事実から見出ださにゃいかんよコリア君w





それらは王の仕事ではない。
75  73.薄弱 :2016年05月09日 02:31 ID:62mBJ2Br0*
磨製石器と玉と土器、つまり研磨と焼成とゆうテクノロジーを、世界に先駆けて開発したのは、後に日本人と呼ばれる人類集団だが、
灌漑農耕と王権を基準に四大文明(笑)とかブッこいてる大陸史観では、日本は後発文化らしい。
原産地アフリカから遠いので「入植は」後発だが、アフリカで産まれてからの年齢は、どんな後発地帯の「新型」民族も同じ。
そして日本に人類が到達した時、それは最も遠く旅し、最も多彩な環境を経験し、最も多様な血をハイブリッドした、最新型の人類だった。
中華文明は、世界の東の最前線、日本文化からのリフレクトを受けて成立した。日本に磨製石器を、玉を、土器を、教えてもらった。そしてそれらは「大陸では」灌漑農耕と王権を発生させ、日本にもフィードバックされた。
まるでウリジナルのようなトンデモファンタジーだが、なにひとつ事実に反する事は言ってないとゆう驚愕の事実。やはり真実は事実から見出ださにゃいかんよコリア君w

磨製石器や土器の開発は王の仕事ではない。日本の能力実体は草の根にあり、民度一流政治三流、米提督に「下士官は最高だが将校がクソ」とまで言われるリーダー不毛の地だが、
そんな日本民族は、何の能力も権限も思想もない、テンノーケとゆうフレキシブルで便利な仮想アイデンティティを生み出した。御輿は軽い方が担ぎやすい。
共産主義が崩壊したらソ連邦も崩壊し、資本主義が崩壊すればア合衆国も崩壊するだろう。それらは彼らのアイデンティティだから。
しかし日本はナニ主義とも心中せず、テンノーケとゆうアイデンティティを軽く担ぎながら、國造から律令から封建から帝国主義から民主主義まで、最も成功した社会主義国家とまで揶揄されながら、
そんとき最もトレンディでオンデマンドな主義思想を無節操にとっかえひっかえしながら、世界最古の国体を護持してきた。敗戦直後の手の平クルーとか音速超えてた。
流石最強の負け犬である。
76  75.73.薄弱 :2016年05月09日 03:24 ID:62mBJ2Br0*
74は誤送信

天皇アングルにも影響を与えたであろう倭国は、日本とゆう多元地域のある一面でしかないが、
まだクニが区切られた面でなく、点と線のゆるやかな集合だったころ。そして高原山黒曜石や糸魚川翡翠の出土範囲を見れば判るように、ヒトがまだ行き来を区切られぬ、古代人とゆう名のコスモポリタンだったころ、
倭国は対馬海峡の「両岸分布国」だった。
日本列島に人類が到達したころ、朝鮮半島は無人の荒野だったが、あすこは倭国の植民地ではなく倭国そのもの、前方後円墳もある単純に北日本だった。
やがて国が国境で区切られた面になってゆくと、行き来を水運で助けてきた川や海峡は、行き来を濠として遮断する国境線として、逆の認識をされ始める。
白村江で大陸民に破れた倭国は、対馬海峡を国境の濠として、半島でなく列島を北上する方向に転換し、その前線基地だった瀬戸内海の突き当たり、山の戸(大和)に拠点を移す。
半島を北上していればそれは釜山かソウルだったかも知れないし、後の江の戸(江戸)はソウルか平壌だったかも知れないが、その後の半島の惨状を見ればラッキーだった。
あの半島はしょせんは経路、通り道、ストリートファイトのリングみたいなモノで、三韓征伐、秀吉朝鮮出兵、日清日露、朝鮮戦争まで、まるで同じ臓器の血管のように似ている行軍図を見ても、
「乞食みたく道になんか住み着いてるからストリートファイトに巻き込まれるんだよ」と言ってあげたくなるような、風水的に国とか置いちゃダメな感じの、
もうエルサレムと朝鮮半島は、南極みたいな入会地でいんじゃね?
77  76.75.73.薄弱 :2016年05月09日 04:31 ID:62mBJ2Br0*
江戸幕府でゆえば三代家光が「爺や親父と違ってオレ生まれながらの将軍だから」とかブッこくぐらいの段階に、山戸朝廷が達したころ、
テンノーケ正統論のために書かれた神権政治御用達の御都合ファンタジーが、古事記や日本書紀なわけだが、
それにしては出雲とか、多方面に気い遣ってんのが面白い。
印欧語族のように、征服した異教徒の神を悪魔にしてしまうのではなく、むしろ対立勢力までみんな親戚にしちまう協調主義。

もとより倭国連の豪族たちが、春秋五覇の会盟や経団連の会長みたく、持ち回りで幹事決めてたようなユルユル体制だったので、
それを昨日までの同僚さしおいて世襲王やっちゃうのは、由伸が監督やるぐらい気まずいモンあったろう。そりゃ気も遣うわ。
おそらく山戸さんがやる前に世襲化失敗例が何度かあって、とは言え持ち回りも毎回コンセンサス形成メンドいとみんな思ってて、
過去も踏まえて慎重に、初代オホド王(俗称継体天皇)と血縁のないイリ王朝やミワ王朝も系譜に取り込みつつ、ケンカにならんよう初代は誰でもない架空の人物にして、玉虫色に仕上げてったんだろけど。

そのまま一度は通る道として、律令とか中2コントロールフリークな中央集権に走るのだが、
日本で中央集権が成立してた時期はほんとに短く、律令初期と戦中ぐらいで、テンノーケが傀儡の二重権力じゃなかったのは律令初期の一瞬だけ。
中国ぐらいバカっ広いと、逆に始皇帝とか共産党一党独裁ぐらいやんないと五胡十六国になっちゃうんだろうし、
実際中国は自治区全部独立さした上で、三國志+満州ぐらいが丁度いいと思うけどね。面積と人口だけならEUなんだし。
78  77.76.75.73.薄弱 :2016年05月09日 06:16 ID:62mBJ2Br0*
よく日本は山地ばかりで平野が少ないとハンデみたいに言われるが、灌漑農耕やる前は平野なんてのは不毛の地で、文字通り海の幸山の幸で縄文人は生きてきた。
縄文の首都、諏訪盆地は今でこそ堆積平野だが、弥生色の強い下社が湖岸からそう遠くないのに対し、縄文色の強い上社は、堆積平野を挟んで湖岸から離れた山沿いにある。
上社ができた頃はまだ堆積が進んでおらず、そこは湖岸だったと考えると、諏訪盆地に大した平野はなく、多くが湖面だったと想像できる。
ちなみに諏訪上社下社や香取鹿嶋神宮のような最古級の神社が、諏訪湖や香取の海を挟んだ、いわば上記のような両岸分布なのは興味深い。

弥生人は、縄文人が省みないニッチだった平野に、灌漑農耕で進出した。インディアンとカウボーイとは違い、山海の縄文と平野の弥生はワリとナチュラルに共存しつつ、じわじわ交雑していった。
日本の山地面積と平野面積の比率は、遺伝子プールにおける縄文と弥生の影響度に比例する(嘘)。
ただ日本の灌漑農耕のメインは稲で、水田は面積あたり収穫量や連作耐性で麦より優れるが、熱帯性なので北方適応に時間が掛かり、稲と弥生人がナチュラルに進出できたのは北関東のケヌあたりまで。

それより北は、山戸朝廷による侵略を待つことになる。その頃には灌漑農耕の副作用である王権が発病してしまっているので、ナチュラルな共存や交雑はあまり期待できず、
縄文の血は蝦夷、ひいてはアイヌとして孤立化し、数を減らしていく事になる。
79  不思議な名無しさん :2016年05月14日 23:55 ID:7SSJbCFA0*
日本人が民族的なルーツを複数もつことは疑いようがない。日本列島の地理的にも現在の日本人の顔立ちが多様であることからも容易に想像ができる。
地政学的に見て山岳地帯は少数民族が独自性を保ちやすい傾向にある。山に逃げ込んだ集団を相手に殲滅戦をすることは現代でも不可能に近いからだ。その点日本は山がちな国土であって、
現在よりも人口の密集していない縄文時代には部族単位の国家が日本列島内に複数あったと考えるのは妥当だろう。その民族の全てがグレートジャーニーの中で現在の中国や朝鮮を住処に選ばなかった人たちなのだから、これらの国と心情的に反りが合わないのも致し方ないところか。
80  78.77.76.75.73.薄弱 :2016年05月20日 04:35 ID:li.VQ.mo0*
合ってんのかは判らんが視点は2~3あるな。
81  不思議な名無しさん :2016年05月24日 04:31 ID:VB3Ote640*
日本の米作は陸稲が6000年以上前、水稲が4000位前から始まっているのがプラントオパールの研究で証明されている、
日本に人類が到達した時期は寒冷ではあるが陸続きではなかった事が最近判明したそうな。
82  不思議な名無しさん :2016年06月03日 01:14 ID:jLTNAr6J0*
面白かったけども、徹夜で5時間もかけてなにやってんだと思ってしまった

 
 
上部に戻る

トップページに戻る