まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

俺が統合失調症を発症した時の話をする

2014年04月22日:21:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 293 )

統合失調症

元ネタ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1397826641/

タイトル:俺が統合失調症を発症した時の話をする


1: 名無しさん 2014/04/18(金)22:10:41 ID:nOrYKPrgj
ちなみに今は寛解(薬を飲まないと再発リスクがある)状態ね。




2: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:11:22 ID:dwjmFjtFL
しねよファッション鬱病

5: 名無しさん 2014/04/18(金)22:13:21 ID:nOrYKPrgj
>>2
甘いな、俺も精神疾患を罹患する前は「精神病者ってwww」と思ってた。
そんな甘いモンじゃないぞw

6: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:14:40 ID:dwjmFjtFL
>>5
甘いもんだよお前メンタル雑魚すぎ

7: 名無しさん 2014/04/18(金)22:15:18 ID:eYu8hT0GB
お前のパソコンの中に監視カメラありそう

10: 名無しさん 2014/04/18(金)22:18:50 ID:nOrYKPrgj
>>7
ちなみに俺の場合は、そういう被害妄想はなかった。
統合失調症の誰しもが「監視されている!」とか「悪口を言われている!」とか、
そんな感じじゃないわけだ。

俺の場合は「この宇宙の秘密を知った俺は、宇宙から命を狙われている!」だった。
なんじゃそりゃ。



13: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:20:05 ID:dwjmFjtFL
>>10
なんじゃそりゃの部分から感じたけどお前まだ病気だわ

11: 名無しさん 2014/04/18(金)22:19:16 ID:frhXhNbIb
良かったね^^

12: 名無しさん 2014/04/18(金)22:19:33 ID:eYu8hT0GB
めでたしめでたし

14: 名無しさん 2014/04/18(金)22:21:18 ID:nOrYKPrgj
いや、本題はここから。
ちなみに、この「監視されている!」とか「命を狙われている!」という妄想、
これらを「陽性症状」と言うんだけど。
これに至る前に、俺は変な体験をした。

って言うか、おまえら厳しすぎだろ俺にw

15: 名無しさん 2014/04/18(金)22:22:08 ID:OqpHiysNh
ここも病んでる奴ばっかだからなw

16: 名無しさん 2014/04/18(金)22:22:38 ID:BQSZcS4GZ
>>15
いつものことだろ

23: 名無しさん 2014/04/18(金)22:26:07 ID:nOrYKPrgj
>>15
いや、本当に病むってのは、こんなモンじゃない。
統合失調症は体験すれば分かるけど、
ホラー映画かSF映画の世界に迷い込んだようにすら感じるからね。


18: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:22:43 ID:dwjmFjtFL
精神病がなおったと思ってる精神病なんじゃねえの?

23: 名無しさん 2014/04/18(金)22:26:07 ID:nOrYKPrgj
>>18
そう、この病気は自分が罹患していることに気づけない。
治ったかどうかのバロメータとして、血液検査とかで値を評価することも出来ない。
これが、この病気の早期治療を阻んでいるんだよ。

20: 名無しさん 2014/04/18(金)22:24:20 ID:9VH5BZ0hJ
そんなんで陽性なのか それなら俺も陽性だわ

24: 名無しさん 2014/04/18(金)22:26:37 ID:qyvVnoMVs
むしろ宇宙の秘密の詳細が気になる

25: 名無しさん 2014/04/18(金)22:27:24 ID:t4iVlYAUQ
面白い、続けてw

26: 名無しさん 2014/04/18(金)22:27:35 ID:1pgyZHFVh
だからお前は元々病気じゃないって経験したことが全て真実だよ

29: 名無しさん 2014/04/18(金)22:31:23 ID:nOrYKPrgj
>>26
いや、真実ではない。
でも、その時の俺には真実だった。
これがこの病気の恐ろしい所で、実際の真実が、自分の真実にすげ替えられてしまうんだよ。

27: 名無しさん 2014/04/18(金)22:30:04 ID:nOrYKPrgj
宇宙の秘密の前に、俺が発症した時の話しをしないといけない。
2012年2月14日、職場で昼寝をしていた時のことだった。
目を閉じて、じっとしていると、自分と周囲の空間が同化したような。
もっと適切な言い方をすれば、自分が周囲の空間に広がって行くような、
不思議な感覚を覚えたのが、ことの発端だった。

28: 名無しさん 2014/04/18(金)22:31:17 ID:HNZ7pXMV0
そんな話、誰も興味ねーんだよ、宇宙の秘密の話しろよ、宇宙だよ宇宙

31: 名無しさん 2014/04/18(金)22:35:21 ID:nOrYKPrgj
話しの続きね。
俺はその時の感覚が忘れられず、再び体験したいと思った。
かと言って、それが必ずいつも体験できるわけではない。
それには条件があって、

1.空腹であること
2.ひどく疲労していること
3.寝るわけじゃないけど、ちょっと休みたいという微妙な状態

が揃っていないとダメだと言うことが、少しずつ分かってきた。
あのまま、自分が広がり続ければ、一体どうなってしまうのだろう。
それは怖くもあったけど、とても興味があった。
人間、恐怖よりも好奇心が勝った時ってのは、本当に危ないんだなって今は思う。

32: 名無しさん 2014/04/18(金)22:35:22 ID:PFGJ0Kotj
空気に体がすうっと溶けていくような感覚ならわかるがそれとはまた違うのだろうか

34: 名無しさん 2014/04/18(金)22:36:39 ID:nOrYKPrgj
>>32
空気と言うより、自分という「個」が、周囲の「全」に一体化していく感覚かな。
それは、後でより詳しく書けると思う。

33: 名無しさん 2014/04/18(金)22:35:23 ID:1pgyZHFVh
もったいないな、もう少しで悟り開けたのに、現実という幻に引き戻されたか

35: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:37:42 ID:dwjmFjtFL
真理はいつごろ登場予定?

37: 名無しさん 2014/04/18(金)22:38:52 ID:OqpHiysNh
近親者に糖質いた?

42: 名無しさん 2014/04/18(金)22:40:36 ID:nOrYKPrgj
>>37
それが俺だけなんだよね統合失調症。
まあ、うちの家系について思う所としては、みんなちょっと変わってるってことぐらいか。

38: 名無しさん 2014/04/18(金)22:39:01 ID:nOrYKPrgj
試行錯誤を繰り返しながら、俺は「自分が広がって行く」という感覚のコツを掴んで行った。
目をつぶり、何も考えず、ただ心の奥から沸き上がる
「どこまでも広がり続けたい」
という気持ちに身を委ねる。
それは、恐ろしいほどに心地よく、陶酔するほどの幸福感に満たされていた。

このまま、自分は消えてしまっても構わない。
ただ、どこまでも広がり続けたい・・・そんな風にすら思ったよ。

39: 元歌舞伎ホス 2014/04/18(金)22:40:00 ID:dwjmFjtFL
物書きモドキの書き方やめろよ。わかりやすく書けねぇのか

44: 名無しさん 2014/04/18(金)22:42:06 ID:nOrYKPrgj
>>39
努力するけど、抽象的に書かないと表現できんのだ。
俺だって初めての体験だし、前例がない以上、この辺りは分かりやすく書かないといけない。
このバランスが難しいんだよね。

40: 名無しさん 2014/04/18(金)22:40:15 ID:1pgyZHFVh
元々自分を「個」と感じさせてるモノはプログラムされた自我だからな
そもそも本質は全てと一体なんだよ

41: 名無しさん 2014/04/18(金)22:40:21 ID:BmQgFQ0Zn
興味深いな。当事者の体験なんてあまり聞けないしな

47: 名無しさん 2014/04/18(金)22:43:35 ID:PFGJ0Kotj
3つの条件が揃っていれば場所はどこでも可能だったの?

49: 名無しさん 2014/04/18(金)22:46:47 ID:nOrYKPrgj
>>47
どこでも、というわけじゃない。
静かな所や、一番成功率が高かったのは、午前中の公園とかだった。

48: 名無しさん 2014/04/18(金)22:45:27 ID:nOrYKPrgj
そして、ある日、俺は目を閉じ、あぐらをかいて、
自分の中から沸き上がる「広がりたい」という思いに身を委ねていた。
その頃には、俺は自分の周囲、半径数メートルぐらいまでには広がることが出来るようになっていた。
自分の思いに忠実に、それはまるで「自分の内なる声に身を委ねる」ような感覚だ。
少しずつ、少しずつ、自分が周囲の空間へと溶け込んでいく。
溶け込んでいくけれど、決して薄まることはない。

「ここまでしか広がれないのか・・・」
そんなことを思った時、目を開けた俺は不思議な光景を目にした。

50: 名無しさん 2014/04/18(金)22:49:05 ID:nOrYKPrgj
目を開いた時、俺は自分ではなくなっていた。
目を開いたはずなのに、俺は目でものを見ていない。

これは例え方が見つからないので、少し冗長な言い方になってしまうけど、
目でも肉体でもなく、広がった自分そのものが、周囲のすべてを見ていた。
その時に、俺は気づいた。
俺は広がっていたのではない。
周囲の空間に、俺はなっていたんだってね。

51: 名無しさん 2014/04/18(金)22:50:45 ID:5wR8TlsNi
興味深い毛深い

52: 名無しさん 2014/04/18(金)22:52:01 ID:1pgyZHFVh
一体になって自分に戻ってこれなくなるようじゃ確かに危険だな
こっちの世界では死のようなものだしな

54: 名無しさん 2014/04/18(金)22:52:29 ID:M2g1gh6na
もしかしてブッダの生まれ変わりじゃね?

57: 名無しさん 2014/04/18(金)22:56:22 ID:nOrYKPrgj
>>54
残念ながら、俺は無宗教。
無神論者じゃないけど、神様はほどほどに信じてるって感じかな。

55: 名無しさん 2014/04/18(金)22:54:20 ID:nOrYKPrgj
それを、まるで起爆剤とするかのように、
俺は突然に、周囲の様々なものと同化するような感覚を体験した。
草や木や、草やベンチ、腰を下ろしている土すらも自分になり、
それが連鎖的に、どんどん結びついていく。

「もっと、もっと、広がりたい」

そう思った瞬間、俺は周囲の空間を一気に満たす、
まるでエネルギーのようなものになっていた。

すべての物が、自分でありながら自分ではない。
しかし、それらも実はすべてが同じであり、同じではない。
とても理解しがたいかも知れないけれど、その感覚を感じた時、
エネルギーとなった俺は、さらに上空へ、空へと広がって行った。

58: 名無しさん 2014/04/18(金)23:01:12 ID:nOrYKPrgj
空に広がった俺は、既に「個」としての自分を忘れていた。
エネルギーとなった自分は、既に自分では制御できない速度で、どんどんと広がって行く。
地球を満たし、太陽系を満たし、さらに遠縁の宇宙空間をも満たした俺は、
すべての物質、あるゆる力が、物理法則だけでなく、
「抽象的な概念」とでも言えば良いのか、事象を構成している「理由」とも結びついていることを感じた。

恐ろしいほどの幸福感、このまま広がり続ければ、一体どこへ行くのだろう?
このまま戻ることは出来ないかも知れないけれど、それでも構わない。

「もっと広がりたい」

そう思った瞬間、俺の存在は宇宙全体へと広がり、そこを満たして行った。
宇宙を満たし、すべてと同一になった俺は、その先へと向かう。
そこは、宇宙の外側だった。

59: 名無しさん 2014/04/18(金)23:04:08 ID:BmQgFQ0Zn
なんか壮大だな

61: 名無しさん 2014/04/18(金)23:06:35 ID:nOrYKPrgj
俺はそこで、信じられないものを目撃した。
宇宙の外側には何かがあった。
それは言葉では到底表現できるものではなく、
その一部を例えるとしたら、無数の「12の構造」に満たされていた。

12の構造が無限に続く世界、その1つ1つの構成要素に何かの意味があるように思った。
それを知りたい、そこまでたどり着きたい。

「もっと、もっと広がりたい」

そう思った時、俺は声でもなく、思考でもない、
音としか表現できない言葉のようなものを聞いた。

「帰りなさい」

その途端、突如として大変な恐怖に襲われた。
俺は、自分が「個」である存在であることを思い出し、
エネルギーとしてすべてを満たしている状態から、たちまち自分へと戻って来た。

63: 名無しさん 2014/04/18(金)23:09:36 ID:1ujpBTdkR
私も統合失調症に診断されているんだけど嘘くさくて困っている
本当の統合失調症の人に質問するような事じゃないけれども
どうすれば良いんだろ?

66: 名無しさん 2014/04/18(金)23:17:02 ID:2VSnbaZ3B
>>63
生活に支障がないくらい自分をコントロール出来るなら問題ない
出来ないなら薬で抑えるのも仕方ないが
病院は誰でも病人にする

67: 名無しさん 2014/04/18(金)23:17:07 ID:nOrYKPrgj
>>63
この病気は、自分が発症していることに気づけない。
加えて、薬を飲むことで「陽性症状」の顕在化が薄れることで、
病状としての「考えがまとまり辛い」「記憶能力の低下」と言った認知機能障害が顕在化する。
主治医から病名を告げられたということは、
それを理解する能力が>>63にはあると判断されたからだと思う。

まず、この病気に関する正確な知識を持つことが第一歩。
自分を知る前に、敵を知る。

どうしても納得できない場合は、主治医と腹を割って話しをする。
自分を信じる前に、医者を信じられる状況を作る。

この2つを押さえれば、適切な判断ができると思う。

73: 名無しさん 2014/04/18(金)23:32:25 ID:1ujpBTdkR
>>66-67
それがさ、統合失調症は誤診率が高くて8割~9割らしいんだよね
納得以前にどうもヤバそうな感じがする、話してくれる気配がちっともないし

75: 名無しさん 2014/04/18(金)23:41:16 ID:nOrYKPrgj
>>73
医師は>>73の言動を客観的に判断して、統合失調症だと判断したのだと思う。
ただ、このセカンドオピニオンしたとしても、この病気は「隠される」場合がある。

俺も通院当時はそうだった。
自分が統合失調症のハズがない、この医者は信用できない!ってね。
今では、先生と世間話したり、休日のデイケアでパソコンの講師やったりしてるよ。
先生に「根拠」を聞くには、ちょっとタイミングは早すぎるかも。
誤診と思うなら、それを先生に実直に(それも愚直なまでに)伝えることが第一歩かも知れないよ。
医者を変える検討は、その次のステップかも。

77: 名無しさん 2014/04/18(金)23:44:56 ID:1ujpBTdkR
>>75
なんか話が抽象的過ぎて実態がなくない?
例を出すのに抵抗ないのなら具体的に話して欲しいのだけど

80: 名無しさん 2014/04/18(金)23:47:19 ID:nOrYKPrgj
>>77
いや、それは無理。
だって、俺は1ujpBTdkRのことを知らないから、
いい加減なことは言えない。

81: 名無しさん 2014/04/18(金)23:49:56 ID:1ujpBTdkR
>>80
私のことじゃなくてもいいんだけど
そんな状態でどうして医者を信用するに至ったのか、とか

これから書くのなら待つ

64: 名無しさん 2014/04/18(金)23:12:26 ID:nOrYKPrgj
「個」としての自分に戻って来た俺は、その時に聞いた「音のような言葉」に怯えていた。
一体、自分は何を見たと言うのだろう。
この時に自分の中で分かっていたことは、

1.すべての存在の「始点」は1つである
2.無数の物体がある宇宙は、実体のあるホログラムのようなもの
3.この世界は複数の世界が重なり合っている非常に曖昧なもの
4.「曖昧」という状態は、複雑化された現象によって「そう見えているだけ」

ということだった。
すべては同一であり、しかしすべては同一ではない。
この「2つの矛盾する事象」が重なり合っている状態が、
この宇宙には隠されている、あるいは宇宙が隠したかった事実なのだと、
その時、俺は信じて疑わなかった。

65: 名無しさん 2014/04/18(金)23:15:42 ID:BmQgFQ0Zn
孫悟空と釈迦みたいだな

68: 名無しさん 2014/04/18(金)23:21:29 ID:nOrYKPrgj
その体験をした後の俺は、それまで「幸福の行為」だった「自分が広がり続ける」感覚を、
ひどく恐れるようになった。
俺が知ったものは何だったのか分からず、ただ漠然とした恐怖がある。
目を閉じれば、再びあの場所へ行ってしまいそうな気がして、
眠ることもできなくなっていった。

自分の中にある「宇宙の秘密」は、本当は気づいてはいけないものだったのではないか。
その存在してはいけない「秘密」が、自分の脳の中にはある。

恐ろしかった、この宇宙が秘密を知る自分を、放っておくはずがないってね。

70: 名無しさん 2014/04/18(金)23:28:23 ID:2VSnbaZ3B
疑いを抱いたことでバッドトリップのようなことになったんだな
自我が開放の邪魔をしたってことだ
さて俺も宇宙と重なってくるか

71: 名無しさん 2014/04/18(金)23:29:48 ID:9Xd3xieP3
おいおい、下手な小説より面白いじゃないか
続けて下さいお願いします

72: 名無しさん 2014/04/18(金)23:30:35 ID:nOrYKPrgj
ことあるごとに、俺は恐れおののいていた。
すべての行動、すべての思考、言葉すらもが
自分の中にある「宇宙の秘密」という「本当はあってはいけない情報」を帯びているように感じた。

自分は「世界」にケンカを売ってしまった。
このままでは、自分はこの世界の「物理法則」によって殺されてしまう。
睡眠も取れず、無闇に行動もできなくなり、食事もできなくなった。
2週間で体重は10キロ落ち、食べないと死ぬと分かっていても、
食事が喉を通らない。

自分の状況を、仮に物理学者や神学者の先生に話しても理解してもらえない。
どうすれば良いのか分からず、自分の頭の中が捻れるような孤独感。
その時、俺は、自分の人生を左右する幸運に恵まれる。

「精神病院の先生なら助けてくれるかも知れない!」

74: 名無しさん 2014/04/18(金)23:36:45 ID:nOrYKPrgj
宇宙に命を狙われている自分の「思考」という抽象的な事柄は、
物理法則をも操作して、自分を殺すためのトラップになる。
そして、既に睡眠を取ることが出来なくなっていた自分は、
おそらく、じわじわと世界に兵糧攻めで殺されてしまう。

この「思考」を取り除いてくれるのは、精神医療しかない。

当時、俺は精神病院には強い抵抗があった。
一度行けば、一生レッテルが貼られてしまうのだろうと。
薬漬けにされて、隔離病棟で一生過ごすことになるのではないかと。
しかし、そんなことを言っている場合ではなかった。

俺は妄想の帰結として、幸いにして早期に通院することができた。

78: 名無しさん 2014/04/18(金)23:46:08 ID:nOrYKPrgj
通院してから薬を飲み始めたものの、やはり眠ることが出来ない。
睡眠剤を出してもらっても眠れない。
食欲は戻らず、栄養は点滴で補給していた。
俺はこのまま死んでしまうのではないか。
ただ、それも仕方の無いことだと、当時は思っていた。

俺は「宇宙の秘密」を知ってしまった。
それは「存在してはいけなかったもの」であり、それに触れた自分は、
神様にケンカを売ったのだろう。
それなら仕方ないんだろうってね。

そして、ある夜、俺は眠れないけれど目を閉じてベッドに横になっていた。

79: 名無しさん 2014/04/18(金)23:47:05 ID:PFGJ0Kotj
これがSEKAI NO OWARIのHAJIMARIか……

82: 名無しさん 2014/04/18(金)23:57:05 ID:nOrYKPrgj
目を閉じていると、暗闇の中で光りが無数に沸き上がってくるのを感じた。
それはまるで星空のようで、それはいびつな網目状の形を取り始める。
やがて、それらは少しずつ形を変えながら集まり離れを繰り返し、
暗闇の中で光りは、人間のような形を象って行った。

それは、顔が顔面にいくつもあり、肩や腹にも顔があった。
裸体と呼ぶには、その姿は抽象的で、例えば胸部や陰部は省略されていた。
俺は直感的に「あの音のような言葉の主だ」と気づいていた。

「・・・連れて行くなら連れて行ってください、覚悟はできています」

俺が言うと、その光りで象られた人体は浅く微笑みを浮かべたように見えた。
そして、再び光りは四散し、暗闇へと消えていく。

「また会いましょう」

と言うようなニュアンスの音を聞いた俺は、目を開いた。
当然、そんな人物がいるはずもなく、俺は漠然と思っていた。

俺は、宇宙に許してもらえたのかも知れない、と。

83: 名無しさん 2014/04/19(土)00:01:14 ID:Gu3cnVDOc
もちろん、そのことを先生には話した。
「幻視だと思うけど、うーん、あるって言えばあるんですけどね」
と言う反応だった。
俺は思った、この先生はまるで自分のことを理解しようとしてくれていない。

統合失調症を発症後、俺はこの世界が極めて不吉で、極めて奇妙であるという、
強い妄想に苛まれながらも、仕事を続けていた。
職場では、なるべく普通に振る舞おうと努め、居酒屋に行って出来るだけ人と接する機会を増やそうとした。

この時点では俺は「自分は統合失調症ではなく、宇宙の秘密に触れただけ」という認識を持ち、
決して治療に対しては積極的ではなかった。

84: 名無しさん 2014/04/19(土)00:06:48 ID:Gu3cnVDOc
薬を飲み始めて1ヶ月が経った。
未だに妄想はあったものの、様々な出来事に対して抱いていた
「奇妙な感覚」は消失しつつあった。

それでも、俺の中には「宇宙の秘密」があるのだと言う妄想だけは残遺しており、
これによって自分は殺されるようなことはないけれど、
極めて危険な状態である、という確信すら持っていた。

この頃から、陰性症状と言う「気力が湧いてこない」「自殺願望」などを伴う、
統合失調症の症状が顕在化してきたけれど、
病気に関する知識を持っていた俺は、ここが踏ん張りどころだと、仕事は休まなかった。

確かに自分の中から様々な妄想が消失していくのを感じ始めた頃、
現在の主治医は信頼できるのではないか、そう思い始めていた。

85: 名無しさん 2014/04/19(土)00:10:15 ID:uB7ZZyfYR
薬の効果あったのか

87: 名無しさん 2014/04/19(土)00:16:07 ID:Gu3cnVDOc
>>85
健常者の人には分かりづらいかも知れないけど、
精神薬は効果がある。
特に、自分の意志ではどうやっても抗えない「意欲の低下」等にも
効果がある薬が最近は登場して来ているよ。

確かに全員が全員ってわけじゃないけど、
精神病って、本当に自分ではどうすることも出来ない状態があって、
それが健常者からは「怠けている」「考える努力をしていない」って見えちゃう。
それを緩和してくれるんだよ。

86: 名無しさん 2014/04/19(土)00:12:21 ID:Gu3cnVDOc
治療を初めて半年、薬が多すぎると自己判断し、
処方された薬の半分しか飲まなかったところ、
何も考えられない(思考が湧いてこない)状態に陥る。
仕事も出来ず、日常生活にも支障を来すようになり、
そのことを先生に相談した。

当然ながら、怒られると思っていたが、先生は笑って、
「んー、薬を飲まなかったのはマズいけど、ちゃんと言ってくれて良かったです」
と言ってくれた。
俺は、腹をくくることに決めた。
この先生になら、自分の命を預けることが出来る。

「俺はまな板の上の鯉だ、先生、よろしくお願いします!」

そこから、先生のことを信じられるようになって行った。

88: 名無しさん 2014/04/19(土)00:23:35 ID:Gu3cnVDOc
2014年4月現在、完全に妄想は消失しており、幻覚もない。
今となっては「宇宙に殺されるってwww」とか思ってしまう。

ただ、俺が体験した「自分が広がり続ける感覚」を、俺は忘れることが出来ない。
それが妄想だったとしても、宇宙の外側に広がっていた無数の構造。
あの先には一体何があったのだろうか、今も思う。

世界は秩序的で、おそらく量子力学が言う不確定性原理すらも、
曖昧さによって世界が隠している「変数」があるのかも知れない。

まったく関係の無い事象因果が、別の事象に影響を与えているのかも知れない。
すべては同時で、すべては同一。

果たして、俺は宇宙に殺されることもなく、今は明日の花見の準備をしている。
俺の体験したことを、すべからく「統合失調症」の一言で片付けることは簡単だけど、
こういう体験をした人がいるということ。
そして、統合失調症が決して「謎めいた神秘性のある悪意」ではないことを知ってくれたなら嬉しいです。

89: 名無しさん 2014/04/19(土)00:25:52 ID:JIGBI1dXE
いまいちよく分からない

例えば、腕が痛いとします
普通は腕に怪我しているとか異常を疑うわけですよ
そこで「腕が痛んでいるんじゃない、腕が痛いと感じるあなたの心に問題があるのです!」みたいな
ことを言われれば、この医者は頭がおかしいんじゃないかと考えるのが普通でしょう

で、その後に外科に行って「ああ、骨折してますね」と診断されればそれで終わる話じゃないですか

ところが統合失調症の場合は一生薬を飲むことになるので飲まなければならないんですね
この統合失調症の薬は(他もそうかもしれないけど)メガネに似ているんですよ
眼鏡は視力が悪い人が付けると視力が上がります、では視力の良い人が付けたらどうなるでしょう?
変わらない・・・ではなくて視力が落ちるんですね
同様に統合失調症の薬もそうでない人が飲むと統合失調症の症状が出てしまうらしく
既成事実が作れてしまうとか

91: 名無しさん 2014/04/19(土)00:30:50 ID:Gu3cnVDOc
>>89
薬について誤解がある。
「統合失調症様症状」が出るのではなく、
「統合失調症の主症状」を顕在化させる。
これが、誤解の元。
ちなみに健常者が飲んだり、薬が合わなかったとした場合、
ものすごいフラフラしたり、明らかな症状が出る。

>>89が統合失調症と判断された経緯は分からないけど、
そこまで信用できないのなら、セカンドオピニオンした方がいいかも知れない。

ちなみに俺が通院しているのは、メンタルクリニック。
幸いにして入院はしなくて済んだ。

92: 名無しさん 2014/04/19(土)00:34:35 ID:JIGBI1dXE
>>91
いたいた
フラフラしている人がいたわ、しゃっくりも出ていた

95: 名無しさん 2014/04/19(土)00:40:39 ID:Gu3cnVDOc
>>92
フラフラしている人、しゃっくりをしている人が、
誤診された結果、薬を処方されているとは限らない。
統合失調症の第一歩は、陽性症状を乱暴な言い方をすれば「抑え込む」ことから始まる。
その人たちは、薬を比較的多量に投薬されていただけかも知れない。

ともかく、自己判断で色々やってはいけない。


94: 名無しさん 2014/04/19(土)00:40:06 ID:JIGBI1dXE
>>91
セカンドオピニオンっぽいことやっても統合失調症の診断されちゃうんですねー
解説もされないからよく分からないままだし

96: 名無しさん 2014/04/19(土)00:43:40 ID:Gu3cnVDOc
>>94
複数の医師が同一の診断結果を導き出してくるのだとしたら、
とりあえず、治療を継続した方がいいと思う。

この病気が恐ろしいのは
1.自分が病気であることを認められない
2.自分が罹患していることに気づけない
3.回復に時間がかかるため、改善を体感し辛い
だから、先生の判断を信じた方が良いと、俺は思う。

101: 名無しさん 2014/04/19(土)00:52:31 ID:vlwJLCBsD
誰でも罹患する可能性のある病気だけに>>96は貴重な意見
お疲れさん

104: 名無しさん 2014/04/19(土)00:55:11 ID:JIGBI1dXE
>>96
でも、申し訳ないけどこれって明らかに黒だよね
循環しているじゃない
統合失調症ではない可能性(つまり誤診ね)を疑うことが出来ないことになっている

105: 名無しさん 2014/04/19(土)01:02:30 ID:Gu3cnVDOc
>>104
俺も最初は疑った。
でも、明らかに陰性症状、認知機能障害が顕在化して来て、
「あ、これ統合失調症だ」
と納得の上、今も薬を「維持量」として処方してもらっている。

薬で脳は器質変化しない。
でも、治療を正確に継続しないと、
人格荒廃って言う回復不可能な状態に陥る場合すらある。

セカンドオピニオンしてもらって複数の医師が同じことを言うんだから、
治療は継続した方が良いと、俺は思うけどね。

93: 名無しさん 2014/04/19(土)00:36:30 ID:MfMbAQmp5
ちなみに薬ってなにを処方されてたん?

95: 名無しさん 2014/04/19(土)00:40:39 ID:Gu3cnVDOc
>>93
俺は最初はエビリファイ、次にジプレキサ。
現在はジプレキサ3.75mgを飲んでる。
1粒と半だから、薬局でもらうまでに結構時間かかるんで、本当は2.5mgにして欲しいんだけど。

98: 名無しさん 2014/04/19(土)00:49:31 ID:JIGBI1dXE
ところで、近くに大学病院はあるの?

100: 名無しさん 2014/04/19(土)00:51:14 ID:Gu3cnVDOc
>>98
俺の家の近くにはないかな。
わざわざ遠い病院を選択して、継続できない方が問題だし。

97: 1 2014/04/19(土)00:46:08 ID:Gu3cnVDOc
というわけで、そろそろ寝ます。
話しを聞いてくれてありがとう。
おやすみー

103: 名無しさん 2014/04/19(土)00:54:10 ID:MfMbAQmp5
おつかれー
実に面白かった

99: 名無しさん 2014/04/19(土)00:50:20 ID:uB7ZZyfYR
乙。貴重な話だったな



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
俺が統合失調症を発症した時の話をする

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2014年04月22日 21:23 ID:GA8fygm90*
神が>>1の口を封じるのに殺す必要は無く、
思い込みだったと思い込まさせれば良い。
2  不思議な名無しさん :2014年04月22日 21:34 ID:7qLCavdd0*
アイザック・アシモフ「人間培養中」を読みたまえ
3  不思議な名無しさん :2014年04月22日 21:40 ID:U6.RcozZ0*
みんなにもっと関心持ってほしい
そんで身近な人があやしかったら早めに病院に連れてってやってくれ…
治療が早いほど効果が出やすいらしいから
4  不思議な名無しさん :2014年04月22日 22:07 ID:WfJC2xpaO*
病院どこ?
5  不思議な名無しさん :2014年04月22日 22:57 ID:f5eb3DGRO*
例えばこの体験が、脳のリミットが解除されたりした状況で得た真実だったりしたら、実に惜しい。
6  不思議な名無しさん :2014年04月22日 23:26 ID:Q6AjR14BO*
本当おかしいと思ったら病院へ
うちも身内が発症して大変だった
・物理的に恐怖から逃げだそうとしてこっそり夜中に家出
・訳分からないことを叫び出す、見えないモノと会話し始める
・被害妄想で誰かが見張ってると言い出す、人を疑う…暴れる

流石に病院に行って入院、それまでこっちの精神がヤバかった
最近やっと快方に向かった所。正直、支える方も疲弊するし、もし知らないうちに自分もいつか…と思うと怖い
7  不思議な名無しさん :2014年04月23日 00:02 ID:I.wz8gBv0*
おもしろかったけど、こんだけ難しい言葉使っておいて"話"をなんで"話し"と書くんだよ。
8  不思議な名無しさん :2014年04月23日 01:01 ID:U4Hq2l7q0*
ちょっとこれは羨ましいと感じてしまう。
9  不思議な名無しさん :2014年04月23日 01:31 ID:tgIJn6y30*
ふーむ、実に興味深い。
宗教の起源を彷彿とさせるけど肯定していいものやらどうか。つまり彼が見たものは真実なのか否か、結構判断が難しいなぁ。本腰入れて考え出すとカルトに踏み込みそうだから頭の隅に置いておくかな。
10  不思議な名無しさん :2014年04月23日 01:43 ID:l.4zW0Ee0*
自分が広がっていく感覚は普通にあるんじゃないの?
病院は病気じゃないと行っちゃだめだから難しいね
11  宇宙の名無し :2014年04月23日 02:33 ID:tH.zN2Js0*

映画「 2001年宇宙の旅 」の後半の、スター・ゲイトを進むボーマン船長のようだ。
12  不思議な名無しさん :2014年04月23日 02:37 ID:VW0sR14Q0*
自分もこれの初期段階って診断されたことがありましたが まぁ信じられなかった。そもそも病名すら知らなかったし。
声が聞こえたり わけもわからず泣き出したりはしてたけど、軽い鬱状態だっただけだと今でも思う。
誤診も多いって言ってるから>>1みたいに自分の症状語れる(くらいに回復してる)患者の話は参考になるし貴重。
13  不思議な名無しさん :2014年04月23日 02:40 ID:XJxZHyuG0*
色即是空だな
この世界は所詮仮想空間
14  不思議な名無しさん :2014年04月23日 04:33 ID:Jry9Un750*
この話読んで無性に怖くなって眠れなくなった。
15  不思議な名無しさん :2014年04月23日 04:50 ID:vmTUp8Rd0*
いいね。すごく面白かった
16  不思議な名無しさん :2014年04月23日 05:25 ID:dyWmOFMd0*
学生のときに一週間ぐらい断食したら広がるというより、
境界線(空間との)が薄れる感じはしたな。
断食した理由は自由研究です。
17  不思議な名無しさん :2014年04月23日 08:01 ID:yfzhBd4r0*
この人が頭おかしくなった→薬飲んで治った。みたいになってるけど
実はトウシツの人が宇宙の本質とかこの世の真理に近づいていて、
それが一般社会の中では奇異にうつるのでキ○ガイ認定されて
薬でぼやかされて元のなんの変哲もない無害な人に戻された、
みたいに捉えることもできるかも。

宇宙はホログラムのようなものはよく言われてることだけど
12がいっぱいってのはおもしろい。多次元世界を体験した感覚
なのかな。
18  不思議な名無しさん :2014年04月23日 08:25 ID:KwbyFe0c0*
食欲なくなったり不眠症や監視されてるとかが病気と見なされるポイントなんじゃないかな。
19  不思議な名無しさん :2014年04月23日 09:17 ID:prDbOujr0*
帰りなさいの一言がそんなに怖かったのか・・・宇宙ヤバイ
20  不思議な名無しさん :2014年04月23日 10:08 ID:hTj631dJ0*
こいつ、本当は仏陀になる寸前だったのに勿体無い
精神病院って罪深いなぁ
無我の境地、宇宙即我、といわれる状態だよね
仏教と言うのは大乗仏教除けば大衆宗教とは違い仏陀になるために修行する
こいつが少しでもオカルトの知識があれば同じような状態に先人たちが多くの言葉を残してくれているのに気付いた
こいつなら般若心経も理解できたし
本当の宗教とは大衆向けには何の言葉も残してはいない
こういう状態になった者達のためにヒントを残してくれている
そして修行とはこういう状態になるために行うものだ
21  不思議な名無しさん :2014年04月23日 10:28 ID:r2VfO1Se0*
瞑想のやり方みたいで、素晴らしいw
>>31-61のあたりは参考にしたい。
22  不思議な名無しさん :2014年04月23日 10:45 ID:.c1XcBHg0*
俺も小さい頃似たような感覚があった
ガラスの仮面の1シーンで「この感覚」って場面があるんだが
あんな感じかな

23  不思議な名無しさん :2014年04月23日 12:16 ID:r7xskLNs0*
※19
そりゃー人類未踏の地(?)でいきなり声かけてくる存在なんかいたら怖いわーw
この世界は異世界含めてネトゲのようなもので、この世界はその中の1つの鯖で、
うっかりゲーム内の1キャラの分際でサーバーのディレクトリ構造を
覗いてしまったようなものなんだろうな。
知ったところでどうにもならん。
24  不思議な名無しさん :2014年04月23日 12:40 ID:G6T0lsBH0*
このスレ主が将来瞑想や坐禅の世界に触れたら
この体験こそ彼らの目指しているものだと確信するだろうね
25  不思議な名無しさん :2014年04月23日 13:05 ID:ySf1rfuBO*
真理の世界に近づこうとしたからおかしくなったのか
おかしくなったから変な世界を見たなのか
26  不思議な名無しさん :2014年04月23日 13:19 ID:IB7uHAjR0*
                 ∴
         ∵  ∴  ∴∵∴    ∴
     ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴∵
       ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
   ∴∵∴∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
      ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵/ ⌒ヽ∴∵∴∵∴
    ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵| |   |∴∵∴∵
  ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∪ / ノ∴∵∴∵∴∵
..  ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵| ||∵∴∵∴∵
.∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∪∪∴∵∴∵∴∵
.∵∴∵∴∵∴∵∴∵:(・)∴∴.(・)∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴/ ○\∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
..∵∴∵∴∵∴∵∴∵/三 | 三ヽ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
. ∴∵∴∵∴∵∴∵ | __|__ │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵     tanasinn
.∵∴∵∴∵∴∵∴∵|  ===  │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
.∵∴∵∴∵∴∵∴∵\___/∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
..∴∴∵/ ̄.. \∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∴∵∴/    ,. i ∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵∴|    /.| |.∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
  ∵∴|   | :| |.∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
    ∴| |  |::| |.∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
    ∴| | |∵U∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
      | | |∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
     / / / ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ ∵
    / / /       ∴∵∴∵∴ ∴
   .しし’          ∵
27  不思議な名無しさん :2014年04月23日 15:07 ID:kqZdUc2t0*
すごい読みやすくて面白かった。
頭がいいんやろうなあ。
偉大な哲学者ほど自殺か発狂してるって聞いたことあるし、知らないほうがいいことってあるんやろね。
でも知りたい~!
12の構造とかめっちゃ気になる~!
28  不思議な名無しさん :2014年04月23日 19:30 ID:BCa8d.zg0*
良い体験レポートだった。
宇宙を体験できたのは統合失調じゃないかもだけど
その後の「命をねらわれている」は被害妄想だからやっぱ病気なんだろうな。
残念ながらこの人は宇宙体験に過剰反応して
発症の引き金になってしまったように思う。

ただ普通の統合失調は絶対病院行きたがらないし
なんとか連れて行っても薬を嫌がって飲まないし
>「精神病院の先生なら助けてくれるかも知れない!」
とか思わないよ。
この人はかなり変わった統合失調?だよ。
29  不思議な名無しさん :2014年04月23日 20:31 ID:SMZjM0xj0*
だが体は正直なようだな
30  不思議な名無しさん :2014年04月23日 21:21 ID:1wJ5zDwz0*
SAN値減少による不定の狂気って、こんな感じなのかもな
ロールプレイの参考になった。ありがとう
31  不思議な名無しさん :2014年04月23日 23:22 ID:zfaK3SEt0*
病気ではなく本当に宇宙の真理に触れたのかもw
でもやっぱり凡人がそこに行くと正気じゃいられなくなるんだろうね
妄想でも夢でも宇宙の真理でもあまりに圧倒されるような体験には
それなりの耐性?器みたいなものが必要なんだろう
32  不思議な名無しさん :2014年04月23日 23:24 ID:TIQy6Eqo0*
本当にただの妄想だったんだろうか
宇宙を理解しようとすると世界からは異端として映るだけで、異端である思考を揉み消された可能性も否めない…難しいところだ
33  不思議な名無しさん :2014年04月24日 00:35 ID:LBQc2Gzq0*
ブッタは、マーラ、悪魔を退けたけど、彼は負けちゃったね。惜しい。
34  不思議な名無しさん :2014年04月24日 01:24 ID:O1Z306Rj0*
恐怖が伴わないのなら体験してみたい
35  不思議な名無しさん :2014年04月24日 08:24 ID:ThHFxgmD0*
この人の「自分が空間と一体になる」という症状になった人の小説がある。
作者は自殺してしまったけど、この話と同じように「自分が膨大に広がっていく」感覚を“トランス状態”としていた。
自発性トランスという病気だったか、その状態になれる人はそういう才能のある人でないとなれない、快楽のような心満たされた感覚なのだと小説では描かれてた。
興味がある人は“トランストランスフォーエバー”で探してみて
36  不思議な名無しさん :2014年04月24日 11:31 ID:YDRrQxK40*
途中の ID:dwjmFjtFLが果てしなくウザく感じた。
37  不思議な名無しさん :2014年04月24日 21:10 ID:rQwM3may0*
同じく…せっかくスレ立てたんだから聞いてやろうぜ。読んでどう思おうが勝手だけど、途中で話を折るなっての。
38  不思議な名無しさん :2014年04月24日 22:38 ID:tI.zfeHH0*
何というか…お大事に。
39  不思議な名無しさん :2014年04月25日 02:50 ID:E4zBi8af0*
面白かった。
40  不思議な名無しさん :2014年04月25日 02:54 ID:E4zBi8af0*
宇宙に許して貰えたとスレ主が思えて良かった。
てゆーか、何でか感動した。ありがとう。
41  不思議な名無しさん :2014年04月25日 19:39 ID:ZsbcsPYo0*
この話って2ch.net オカルト板の「酒・タバコ含むドラッグやって悟った事、考えた事」スレの>>30氏の話を丸パクりしてね?管理人氏に知らせないとマジでやべぇぞ。
42  不思議な名無しさん :2014年04月25日 19:45 ID:gO.3t5A80*
>>41
某1だけど、その>>30って実は俺だったりして。
なんかすみません、誤解与えてしまって。
おーぷんで全容を書き記しておきたかった。
あと、色んな人に考察してもらってしまって恐縮です。
43  不思議な名無しさん :2014年04月25日 20:05 ID:ZsbcsPYo0*
そうでしたか。お騒がせして申し訳ありませんでした。
44  不思議な名無しさん :2014年04月26日 06:00 ID:D08Q0z6k0*
私はLSDでこの主が言ってるようなイメージをみたよ。
シラフであそこまで行けたんならすごいと思う。
45  不思議な名無しさん :2014年04月26日 10:07 ID:U.ASqaCJ0*
行った後はどうなる?
1度それを見て恐怖にのまれることがなかったらその後には何がある?
この世界の見方が変わる以外で。
気持ちいいからそこを目指しているかな
いつの時代にもそこを目指す人がいるのが不思議。
46  不思議な名無しさん :2014年04月27日 01:22 ID:3ZM21LK40*
アートマンというか梵天という言葉で表現されているものを見たのかも。
「私が本当に信じた唯一の臨死体験実話~窓際からの奇跡の生還」でググると読める話にも同じような体験をした人の話が読める。
47  不思議な名無しさん :2014年04月27日 03:44 ID:l7ODmqPd0*
自分の内面だけの事象だと、どうしても病気としか言えないよね。

例えば、遠く離れたモノを感知できるとか、未来を予知できるとか、最低でも異常に感覚が研ぎ澄まされて反射速度が上がるくらいの現象の発露はあってほしいな。
48  不思議な名無しさん :2014年04月27日 05:07 ID:9GB2aO7tO*
幽体離脱した、感覚と似てるのかな。…まるで瞬間移動してるかのような。
49  不思議な名無しさん :2014年04月28日 11:35 ID:uMD.a6790*
ユング派の心理学の話に似てるなあ。
あと宇宙の秘密に触れるという行は瞑想法の効果と非常に似てる。
意識が拡がってゆく感覚の説明は色即是空、空即是色といった、修験者にはなじみの感覚だな。
50  不思議な名無しさん :2014年04月29日 00:58 ID:y9Hhkh9Z0*
これでおしまいなのかよ
12の構造のほうに興味を持ったのでもっと話してほしかったな
集合無意識の奥にすらたどり着ける真実だったかもしれないのに
51  不思議な名無しさん :2014年04月29日 04:18 ID:jMMs7OQ50*
12の構造についてもっと詳しく聞きたい。
52  不思議な名無しさん :2014年04月29日 10:44 ID:bBUzZEVM0*
クトゥルーみたいだな
神秘なるものに触れたものは正気を失ってしまうっていう。SAN値
53  不思議な名無しさん :2014年04月29日 11:13 ID:bhW.Kbfu0*
この>>1が不思議な話掲示板で書き込んでる
読んだけどもはや哲学だなw
本当に>>1は等質だったんだろうか
54  不思議な名無しさん :2014年04月30日 08:01 ID:OEZvAOYH0*
勇気ある発言でした。私も対人不安神経症でもう10年近く通院しています。
社会復帰してどうにか踏ん張っています。
病気かどうかはその社会の判断基準によるかと。なにか想像するに自分の意識が外界の対象に没入したかと。自分の意識が対象そのものになったのかと。
ただ自我には自己防衛本能があるのであわてて引き戻して再び同様の状態に
ならない様に恐怖心で自己防衛をしているのかと思います。
人間には守るべき分があるため分を超えようとするのは危険かと思います。
オーソドックスなアプローチに切り替えてスピリチャリズム的アプローチは
お辞めになって下さい。心配です。自分から高みへ登ろうとするのでなく
高みにあるものが自然に顕現してくれるのを望む方を勧めます。
55  不思議な名無しさん :2014年05月05日 03:12 ID:4bNG4o4n0*
TEDで、ジル・ボルト・テイラー (Jill Bolte Taylor)って人が言ってることと、
LSDをやったときに体験したことが、ほぼ相似してて驚いた。
ここリンク貼れないから興味ある人は是非。
56  不思議な名無しさん :2014年05月09日 07:26 ID:IFNHHzCw0*
前から思っていたけど罵倒とかのレスを無駄に乗せていて読みにくい。たいして必要のないものはカットして欲しい
57  不思議な名無しさん :2014年05月09日 20:56 ID:8kt1hWu.0*
>>55
ジル・ボルト・テイラーと同じだよね。
悟りを開いた人って大体こんな感覚・・・
58  不思議な名無しさん :2014年05月10日 06:37 ID:NfodTmxP0*
現代日本において比較、競争から完全に脱した健常者はいるのかしら
ある意味大半が病気じゃなかろうか
59  不思議な名無しさん :2014年05月11日 18:45 ID:O.rfaISP0*
この人深い瞑想状態に入って森羅万象と一体化しかかったんだろうな
その途中何らかのリミットがかかって、情報量が脳の許容を超えちゃったんじゃないか
すごく興味深い
自分も一体化してみたい
だが生半可な興味で飛び込むと戻ってこれなさそうで怖いな
60  不思議な名無しさん :2014年05月11日 23:21 ID:OzSFp18d0*
病気と言ってしまえばそれまでなんだが、
想像力が乏しいオレは漫画【デストロイ】を思い浮かべてしまった。
哲学や瞑想に詳しい人はどう受けとるか意見を聞いてみたいですね。
61  不思議な名無しさん :2014年05月16日 08:54 ID:Ty.IeoVp0*
ID:dwjmFjtFLがうっとうしかった
1がそいつにレスしてる分だけ残して消しても良かったんじゃね
62  不思議な名無しさん :2014年05月19日 08:15 ID:kFSgIahb0*
羨ましがったりする人がもし成ったりしたら、めちゃくちゃ後悔するんだと思う。耐えきれなくて死んじゃう人も居ると聞くし、この病気を知る機会がこうやってないと…
ちなみに、こうなった人達は、神などをあまり信じたくなく成るようだ。アーティスト気取りでも何でもなく、本当にこの病気を怖いと思っている。
63  不思議な名無しさん :2014年05月26日 20:30 ID:GuITGu.60*
ID:dwjmFjtFLが一生懸命煽ろうと必死すぎて憐れwww
64  不思議な名無しさん :2014年06月05日 16:02 ID:CAlY1uE80*
アホの煽りは本当にうざいな
65  不思議な名無しさん :2014年06月05日 16:10 ID:CAlY1uE80*
12って重要な数字だからなあ
66  不思議な名無しさん :2014年06月05日 20:03 ID:CAlY1uE80*
元スレも読んだけど3ヶ月あんな食生活+運動なんか無理だよ
カロリー的に
67  不思議な名無しさん :2014年06月08日 19:59 ID:Dp.DifHu0*
68  不思議な名無しさん :2014年06月08日 20:03 ID:Dp.DifHu0*
いろんな物理学者達が発表していた宇宙幕理論という動画を思い出した。
宇宙の外側は巨大なまくが幾重にもあって、それが別の宇宙を構成しているという内容で、宇宙ひも理論が進展したものだった。

69  不思議な名無しさん :2014年06月08日 20:05 ID:Dp.DifHu0*
この内容を知らないで体験したのならこれはすごいことだ。
理論を体験しちゃったのだから。

けどこれは釣りでしょう。

70  不思議な名無しさん :2014年06月12日 14:43 ID:dWN.yrzn0*
釣りじゃないと思う。

人間が「個」で存在する(いなきゃいけない?)理由って 何だろう?

私は 思う。全体でいいんじゃないか・・って。
71  不思議な名無しさん :2014年06月16日 05:40 ID:4hZAHAQo0*
本当に信じ始めているという意味では釣りじゃないかもね
72  SAN値直葬 :2014年07月04日 04:34 ID:ep9fVeA60*
>>17
>>23
そう考えた方がおもしろいし、流れとしては
神秘体験後にSAN値が低下した…SAN値低下して実生活に支障来した辺り…
からが統合失調とも思える。本人は神秘体験も含めて
妄想と言い切っているけれど。それ位否定しないと精神を保てないんだろうな。

”不都合な真実”が必ずしも”妄想”だとは限らない訳で。
だからこそ、彼は本当に怖かったし、
だからこそ、”妄想にする”ことで現在の治療が効果を
上げているとも考えられる。

たまたま垣間見た、たかがひとつの世界構造程度でパニックになったってことか。
子供が動物園でライオンに吠えられて、大人になるまでトラウマを認められなくて
以降不眠症になったようなもんだけども…まぁ同情できなくはない。怖かったね。

また会いましょう 笑
73  不思議な名無しさん :2014年07月25日 19:52 ID:IjPblVS80*
自分も瞑想やってるからわかるけど、この手のオカルト修行って自分の魂部分に直にダメージ与えてSAN値減少させるようなイベントが多数あるからねえ。スレ主は妙に才能がありすぎるせいで、耐性付ける前に前に進みすぎたせいでこうなったのかもしれん。
74  不思議な名無しさん :2014年07月28日 01:35 ID:vcCnXBsD0*
本来、統合を失調しているのは、我々多数の常識人ではないのか??
75  不思議な名無しさん :2014年08月07日 03:58 ID:kX3ZPNJ00*
頭のいい人なんだろうな。
自分がトウシツになって宇宙体験とかあったとしても、いかんせん想像力が貧困なので、タコの形した宇宙人に会った、とかになりそう。
76  不思議な名無しさん :2014年08月18日 12:41 ID:EoQisgRA0*
>>75
タコの形した宇宙人てw
殺せんせーかよw

神秘的で美しい話ですね…
夜の妄想に取り込みますw

77  不思議な名無しさん :2014年08月26日 14:39 ID:t5BHGo070*
この1にとっては、エビリファイやジプレキサのような非定型精神病薬よりも、宇宙体験を理解して、恐れなくてもいいことを教えてくれる人がいたら症状は緩和したのではないだろうか。経験したことが、異世界体験した人や瞑想体験でみることやいわゆる悟りの境地に至った人と一致してるのに、比較するものがなく自分だけと思って、いろいろ勘違いして病気と思い込んでしまった しかも世間的にはそう見るし、精神病診断でもそうとるし。でも、当初薬が聞かなかった時点でもうちがうやん。。特に身近にある最近できたっぽいメンタルクリニックなんて投薬で医療報酬かせぐくらいでしかたってないだろうし。その証拠にエビリファイやジプレキサを安易に投薬。誤診が8-9割というのは正しい。創診断されて薬飲んでも本当によくなるのはせいぜい三割。しかも薬というのはそもそも陽性症状を抑えるだけ。院生には効かない。1が陰性症状が出てきたのは薬の副作用。それで病気と確信して薬の続けないとといわれるけど、薬やめてもちゃんと徐々に減薬できたら再発するのは低い研究結果がでてる。1が薬減らしたら具合悪くなったのは離脱症状。もともと日本の精神科医は診療報酬のために多剤処方するのが問題になってる。
本当に勉強している医者ならもう訴訟問題起こしてるエビリファイやジプレキサとか処方しないし、そもそも患者が勝手に減らしたいと思うくらいの大量処方しない。1はへんな医者につかまってるし、そもそも周りに理解があって1に知識があれば病院いかなくてもよかった 世論も気軽に以下ナイトみたいな風潮になったし、本当に製薬会社の陰謀だと思う。みんなせめてウィキでも向精神薬やこう鬱剤について詳しく乗ってるから調べてから飲んでほしいと思う。大方の精神科医は勉強不足か、確信犯。
78  不思議な名無しさん :2014年09月13日 13:48 ID:xIIGivBo0*
リアルSAN値減少を体験したのか。ちょっぴりうらやましい・・・
79  不思議な名無しさん :2014年09月16日 11:17 ID:PfuUKGIW0*
病気じゃなくて精神意識の拡大だ。
なんでもかんでも病気にしちゃいけない。
自身が経験した事、体験した事は全て真実だ。
サイケデリクス(トリプタミン系)の覚醒状態や脳内DMTの放出状態になると
精神意識の拡大、普段は見えない波長の観測(音でも光でも)、次元の認識等が可能になる。
全ては体験した人にしか分からないけど、妄想おつとか言ってる人も体験すれば認識できる。
80  不思議な名無しさん :2014年09月21日 17:58 ID:3lZ9vDFV0*
俺も宇宙の外側知りたいからちゃんと見てきてくれればよかったのに
81  不思議な名無しさん :2014年09月22日 10:21 ID:kd.2x9H50*
異端や“ヨクワカラナイ”ものは片っ端から病気にされる。
そんな現代の風潮こそ病気なんじゃないのかね?
必要なのは薬で症状を無理矢理抑え込むことではなく、日常生活とのバランスを上手く取れるようコントロール出来る強い精神を養うこと。
人間の動物らしさがどんどん失われてる。
82  不思議な名無しさん :2014年09月25日 13:06 ID:hIkKh4wG0*
「ワンネス体験」だ。。
83  不思議な名無しさん :2014年09月30日 01:50 ID:DfH5TXlE0*
エビフリャイ
84  不思議な名無しさん :2014年10月09日 08:11 ID:C8OvArSf0*
77 に私は、共感しました。
85  不思議な名無しさん :2014年10月14日 07:07 ID:TkKHYTxt0*
うらやまし

岩に沁居る蝉の音
86  不思議な名無しさん :2014年10月15日 00:38 ID:sS8fshkQ0*
俺は舌がぶみょーーんと大きくなって部屋を満たす感覚がするなあ時々
87  不思議な名無しさん :2014年11月01日 19:19 ID:IfOynQwj0*
そんな能力使えるなら宇宙まで行かなくても地球内のもの見ればいいのに
気になる女の風呂場とかセX最中とか立ち入り禁止区域とか
やばそうな組織や研究室とか深海とか・・・
こっちの姿は誰にもわからないんだろ?やりたい放題だろ
まぁ他人のセXなんかAV以外別に見たくねぇけど

88  不思議な名無しさん :2014年11月14日 01:10 ID:.DJIKiLS0*

この人は精神疾患というわけではなく、真のたましいの旅を経験したのだろう。

本当に貴重な話でした。

ありがとうございます。
89  不思議な名無しさん :2014年11月17日 17:30 ID:Bdzymz8L0*
悟りと発狂は似てるのか
90  不思議な名無しさん :2014年11月20日 15:13 ID:ZCENhlRS0*
77さんに同意。
91  不思議な名無しさん :2014年11月23日 22:13 ID:VsGjJwTO0*
空腹で眠りが浅いって明晰夢見てたんじゃないかな~?
何度か本明晰夢見たけど、本当にプールで泳いでるみたいな感覚あったしそれを別の物と思い込んで拗らせちゃったんだな~
92  不思議な名無しさん :2014年11月24日 22:35 ID:TYpQuGgo0*
興味深い。顔が沢山の光りの存在?って、そういうビジュアルの神様いたよね。同じ体験した昔の人が描き残したのかな
93  不思議な名無しさん :2014年11月25日 17:23 ID:YOexbpy70*
雑魚!
94  不思議な名無しさん :2014年12月03日 18:41 ID:JpJdPpdY0*
悟りを開いたのかと思った
本当に興味深くて面白い内容だった

こういうタイプもあるんだね
95  不思議な名無しさん :2014年12月03日 21:25 ID:8WPRjTTR0*
その、「殺しに来るであろう全宇宙の物理法則の一部」である精神科医を
信じられたのはよかったな。

そこまで頭が回らないバカでよかったと思う。
96  不思議な名無しさん :2014年12月07日 20:47 ID:ixWkYkcWO*
俺は眠りにつく前に超高速の車が突っ走ってる感覚を感じる時があるんだがあれは何なんだ。
97  不思議な名無しさん :2014年12月15日 02:01 ID:PLVnkSVt0*
「精神病患者」と一括りにしていた人たちが真理に辿り着いていたかもしれないと思うと興味深いね

ただ、それが原因で日常生活が営めないのであれば、現代社会では異端者として扱われるのだろう。
98  不思議な名無しさん :2014年12月15日 20:42 ID:cxMAmbcI0*
純粋に面白かった
クトゥルー神話の1エピソードとして充分に成立するね
99  不思議な名無しさん :2014年12月25日 12:58 ID:uZre41Wk0*
面白い&興味深い
100  不思議な名無しさん :2014年12月31日 00:22 ID:HrpLe6VO0*
コリンウィルソンとか立花隆がそういう体験の研究してるよな
101  不思議な名無しさん :2015年01月01日 00:46 ID:aYuGevlR0*
宇宙って、脳って、すごい(超絶こなみ)
102  不思議な名無しさん :2015年01月04日 22:38 ID:fMs7yb820*
高熱出してるときに見る幻覚とかに近いのかな?
なぜか幻覚と気づかないんだよな。
熱が冷めると、なんでアレを現実と感じてたのかと思う。
103  不思議な名無しさん :2015年01月07日 10:18 ID:2q0ZbuA40*
何で負けたんだ
恐怖に負けるな
104  不思議な名無しさん :2015年01月12日 16:05 ID:TvHBvzId0*
投稿者の気持ちわかるわ…
俺も病気や妄想だとわかっているんだけど
ホラー小説の内容と類似した夢を見て
妙にその夢の中の自分が現実の自分とリンクしている感覚に陥って
目覚めると吐き気と動悸、浮遊感
さらには何かに狙われていると言う
恐怖感に襲われるんだよな…
しかも、その恐怖の印章が強すぎて
また、悪夢を見る…で、その連鎖…
マジで地獄だ…
105  不思議な名無しさん :2015年01月25日 23:53 ID:ulcB0X2q0*
胎蔵曼荼羅って12の院で構成されるよね
106  不思議な名無しさん :2015年01月28日 20:15 ID:BAmM4UKA0*
くせえラノベを実話として話すなよ
それはそれとして面白かった
107  不思議な名無しさん :2015年02月21日 22:41 ID:Aj0i3gVS0*
そういえば、本編の内容とは関係ないけど、「すべからく」を「すべて」という意味で使用するのは誤りなんだってさ。「すべからく~~~すべし」というふうに「すべし」と呼応させる形で使う言葉なんだって。このスレ主の誤用のおかげで調べて勉強になった。大辞林には近年ではすべての意味で使っている人も多いからという理由で一応、誤用のほうも載ってるらしい@文化庁
108  不思議な名無しさん :2015年02月23日 17:36 ID:2SQIiZPz0*


それ、仏教でいう見性体験(悟り)だから喜ぶとこなんだけどなぁ・・・。

ちなみに恐れているのは自我(普段自分だと思っている存在で実は幻想)でね、その自我が一時的になくなったときに体験することなんだよ。

心配無用。

すばらしい体験をしましたね。

瞑想は続けてください。

109  不思議な名無しさん :2015年03月04日 00:24 ID:ZC2mQ8AXO*
自分は肺炎で入院する前に妖精と妖精の羽音が聞こえたな。
ああ自分はお迎えが近いのかなと思ったけど、入院したら見えなくなったから普通に幻覚と幻聴だったんだろうな。

自分の場合、咳が止まらなくて眠れないのに、高熱で意識朦朧としてて、どこもぶつけてないのに谷岡ヤスジのマンガみたいな鼻血が出て、白血球が通常の三倍どころか十倍あって、片肺真っ白でかなりヤバい状態で、ようやく幻覚幻聴があったくらいだから、普段から見えるとかいってる自称霊感少女とか、ホントにそんなものが見えるんだったら、脳に腫瘍か何かないか、脳外科で診てもらった方がいいんじゃね?
110  不思議な名無しさん :2015年03月04日 00:31 ID:ZC2mQ8AXO*
谷岡ヤスジのマンガみたいに鼻血ブーして妖精さんが見えるぉ妖精さんの羽音が聞こえるぉ(゜∀゜;ノ)ノ
111  不思議な名無しさん :2015年03月05日 12:50 ID:wB0.FdWK0*
俺も同じものを見たよ。俺の場合はついでに生命の周囲にある場を肉眼でも見れるようになった。
重なる次元構造をふらふらほっつき歩くのは楽しいものだが、惜しいことをしたもんだ。ある程度の知力がある人間が我を外側に解放したら見えるってことなんだなぁ。昔に比べるとできる人も増えたことだろう。
112  不思議な名無しさん :2015年03月06日 16:45 ID:at5Qmapj0*
もったいない。悟りを開いて欲しかった。
113  不思議な名無しさん :2015年03月09日 18:25 ID:V94pudgn0*
私も中坊時代に似たような体験したことあるわ。
拡大して一体化する感覚。瞑想状態に入るとそうなってた。多幸感も一緒。
神様というか愛の塊に会ってからそういう経験したから、無神論者にはならなかった。
今は当時から10年以上経ってて、現世の忙しさにそんな経験しなくなってるけど、定期的に強い虚無感とか来る症状だけ残ったままだ。ふと我に返った時、宇宙や生を茶番と感じるから。
あと、そういや虚無感だけと書いたものの、ちょっと前は巨大な手のような何かに撫でられる感触をよく感じてた。心地良いからウェルカムだったけど。
でも、これ見て精神疾患持ちなのか不安になったわ。幸いにも今の所、現世に問題ある類の妄想は無いけどな。
114  不思議な名無しさん :2015年03月15日 10:16 ID:JTF2Cp4PO*
UFOも幽霊も見たことがあるよ
幻覚はこの世では幻覚だけど、別次元をたまたま映し出したものって思ってたけど、どうだろうか
幽霊やらUFOを操ってるのは人間の方だったことはわかったよ
115  不思議な名無しさん :2015年03月27日 00:45 ID:EDPe.6L30*
自分は死後の世界とか、死ぬことを考えていたら
黒い世界の殻の外に居て、上にもさらに殻があるって妄想に
やられてた。今もたまにやられる
116  EEL009 :2015年04月09日 01:04 ID:SVd2VydJ0*
臨死体験の場合、臨死というある意味ネガティブな体験を反動にして、エネルギー上昇(意識拡大)を一時的に体験する。
この人の場合、それとは逆に、意識拡大を先にしてしまったので、後にネガティブを体験することになってしまった。
振り子をポジティブ(統合)に大きく振ってしまったことにより、ネガティブ(分離)に振り子が大きく戻ってしまったのだ。
それが感情面では恐怖であり、智慧においては錯誤なのである。
彼が意識拡大で感じていた至福感、万能感、気づきは、臨死体験者があの世で感じていることと、基本的には同質である。
117  不思議な名無しさん :2015年04月13日 07:08 ID:bFkqkMEQO*
嫁さんと同じね 君は単に想像力豊かなのだね。
118  不思議な名無しさん :2015年04月14日 04:24 ID:K2jT7byO0*
神秘の数は13って言われてるけど
1が見たのは12なんだよね。
神は音であり光であり愛であると
言われてるけど、これは実は
ルシファーだったりして。
神はもっと上にあったりしないのかな
119  不思議な名無しさん :2015年04月14日 04:54 ID:K2jT7byO0*
自分も臨死体験をしてけど、自分の場合は死にかけてるのかわかんなくて
でも周りの空間はなんかおかしくて
…。そんでそんな事は無視して今ある状態やら色々分析していったら
あらゆる物事や秘密がわかってきて
悟る毎に宇宙に飛んだ。周りに家族がいたんだけど、自分が瀕死状態って事に気づいてなくて話しかけたら何故か
自分と同じ言葉を喋ってた。んで自分は「これが可能性で真実なのか?」と聞いたら母さんや妹が「そうなんだよ。永遠に永遠に永遠に永遠に」とか
みんな相槌しながら「永遠に」を
連呼していた。怖くて自分の部屋に閉じこもって目を瞑ったらまた悟り出して止まらなくて宇宙の外まででて
そしたら、あらゆる色、感情、光と影、音が完璧に組み合わさってどんな事をしても全ての可能性に辿り着くようになっている物事の流れが視覚化できた。そうしてる内に違和感があって
自分を見ると光になっていた。このスレみてわかったことだが、その時自分の周りに三角形?のような形に数字やら色々みえた。真ん中には黒い点があった。多分この時に神と同化してたと思う。気づけば心配そうに妹が見ていた。けど妹の過去未来がみえてしかも
時間が停止していた。目を合わせると
周りにの呼吸がコマ撮りした映像を
何度も再生、巻き戻しを繰り返してるようにみえた。そのあと視界がくるくる回って心臓が異常に早くなっていた…以下略。長文すぎごめんm(_ _)m
最後に、妹が言うには何か声とは言えない(自然に出てる感じ)謎の音をだして鼻歌?を歌ってたらしい。あと神に戻って感じた事は愛は素晴らしいく心地いいんだけど何故か悲しさもあった。思った事は他の人の事知りたいなぁだった。他には神は可能性の塊って感じた。
120  不思議な名無しさん :2015年04月14日 05:25 ID:K2jT7byO0*
119の続き

眠いので文章変になるかもだけど
神に戻った後何故か発狂しそうになって全ての物事は永遠に繰り返されると
感じると精神崩壊しそうでとりあえず
三角形(ダイヤ型でもあった)の中心にある点に集中して無になろうと決めて
文字通り無になったらとてつもない心臓の鼓動が「ドクン‼︎‼︎‼︎」と一回鳴り、身体?全細胞が震えるようなピリピリしたような感覚があり、急にあたりはしばらく真っ暗になった。しばらくしたらとても優しい銀のような白のようなピンクのような表現出来ない光があって、それを見た瞬間自我や心にこびり付いてた嫌な何かを瞬間吹き飛ばされて超純粋な赤ちゃんに戻った。感覚的には赤ちゃんの頃に自分の優しいお母さんに甘えてる感じ。今までに無いくらい素晴らしく心地よかった。あれは宇宙とか宇宙の外とかわかりやすいものじゃなく、本物の純粋と無条件の愛だった。光以外のとこは宇宙?のようなやっぱり光のような夕日のような感じ。夕日とか見て懐かしく感じたのはここが自分のいた場所だったからかも。
121  不思議な名無しさん :2015年04月23日 08:08 ID:f5PvGbgw0*
仏教や量子力学をアニメやSFをつなぎにしてまとめた団子って感じだったな
もう一捻りして上手いオチをつけたら良い作品になりそう
122  不思議な名無しさん :2015年05月01日 14:45 ID:gmQt8ULA0*
使う単語がイラっとくるわ
難しい言葉を使いたいならもっと正確な意味を勉強しようぜ
123  不思議な名無しさん :2015年05月01日 23:42 ID:afHELydt0*
宇宙から狙われると思ったのが思考の誤解だったんだろうな。
あまり遠くに行き過ぎるなよ、と注意されただけなんでは?
…で、案の定身体や精神がついていかなかったと。

一般的統合失調とは何か違うなとちょっと期待はずれ。
宇宙の真理が本題かと思っちゃう。

沖縄では病気発症後、ユタになる人もいるらしく、難しい所だと聞いた話。
124  不思議な名無しさん :2015年05月05日 11:50 ID:bz91HoP20*
非常にもったいない。
この人の体験は悟りだよな。世界中の人が求めてやまない悟り。
ブッダ・キリスト。
完全に悟りきってはいないから、以前の観念との整合性から恐れが生じ、
恐れゆえ元に戻ったのだろう。

大川リュウホウなんて全く話にならない、講壇の上からただただ語るだけで、世界中で周りの人がお世話して話を聞かせてくれと懇願するレベル。


精神科とかは、普通の人になるのが目的の施設なのに、非凡な領域に入った人があそこにいったら凡人に戻るだけ。


超、もったいない。すっげーもったいない。
125  124 :2015年05月05日 12:05 ID:bz91HoP20*
これに遠くても、この手の経験をすると、神を信じなくなる。
いわゆる神と呼ばれるものを「知った」から。

信者の「信じてる」とは「考えてる」に過ぎず、要するに「何も知らない」と分かる。

神を知ってしまうと、大半の宗教や聖典にあるエッセンスが分かると同時に、大半の宗教が(そのエッセンスを除いて)ウソであるというのも分かる。

すっげーーーーーーーーーーーーもったいない。
色即是空もナントカ経も、その実を体得してる偉人になれただろうに。

とはいえ、個人的な選択だったのだから仕方ないのだろうし、迂闊なことはいえないが。
126  不思議な名無しさん :2015年05月22日 21:19 ID:a6MZwmd.O*
俺も不思議な体験してる
涼宮ハルヒの「エンドレスエイト」みたいな事起きてる
みんな同じ事してるのに少しも変だとは思わないのだろうか
127  不思議な名無しさん :2015年05月24日 21:56 ID:KTgj838o0*
この>>1は頭ええんやろなーって思った。
トウシツの人は自分が病気だということに気づけない(認めれない)のに>>1は結果的に、気づけているし、文章も読みやすい。
元のIQが高いんやろなーって思った。
トウシツの患者でこんなに話が通じる人はそうそういないし、色々な意見を聞かせてくれたので貴重なスレだと思う。
128  不思議な名無しさん :2015年06月02日 08:54 ID:zWX1XWOXO*
社家(神社の家柄)に生まれたオカ板住民の俺に言わせればマジで憑依されてるやつもいる
・こっくりさん
・心霊スポットで肝試し
・夕方以降に寺社仏閣に立ち入る(祭・正月以外)・河原(処刑場多し)・史跡(戦場多し)・パワースポット(聖域)の石や植物を持ち帰る
・墓参りの帰りに墓場を振り返る
・無縁仏に手を合わす
・死亡事故現場で(ry
・殺人事件現場で(ry
・車などにひかれた動物を憐れむ
こういうことをすると行き場のない寂しいのや苦しいのが寄ってくる
あの世に正しく送ってやれない素人が情を寄せるのは、飼えない動物を拾うよりも残酷なことだと知って欲しい
事件事故の現場では、自分には何もできません、ごめんなさい。と謝ってその場を離れること
石は拾った場所に返すこと
いつの間にか憑依されてじわじわおかしくなる人が多い
何のきっかけもなく急に飲食の好みや本などの趣味が変わったら要注意
とはいえ、やはり生者は生身の肉体からアプローチするのが一番効く
病院で薬を貰って飲み続けることだ
間違っても宗教やら手かざしやらだけでどうにかなるとは思わないように
129  不思議な名無しさん :2015年06月08日 00:24 ID:FQai43MK0*
羨ましがってる奴、そんな良いもんじゃないって…
友人が糖質発症した時に会話したけど、本人は理路整然と真理を話してるつもりの事が
内容があっちこっちに飛び散ってて、とんでもなく気持ち悪くて誰も5分と聞いていられなかった
つまり放って置けば、人間社会の中でまともに人として生きていけないって事
陰性症状の方がメインみたいだし、そっちは本人がものすごく辛いらしい

そもそも悟りって、そんな労せずして降ってくるものじゃないと思うがね。
ブッダにも真面目な宗教人にも失礼だわ。
130  不思議な名無しさん :2015年06月09日 00:24 ID:bWDgxXI00*
俺自身発達障害(注意欠陥多動障害から悪化して広汎性発達障害)持ってて、精神病に興味を持ってDMS-5(?)と呼ばれるWHOが策定した診断治療手順書らしき文書について調べた。
統合失調症の症状はいろいろあるが、共通しているのはやる気が一切起きなくなる陰性症状と被害妄想&攻撃性が出る陽性症状。後者では加害事件に発展するので要注意だが・・・。
最初は炭酸リチウム製剤を約1年投与して自己認知機能を改善していく。注意欠陥多動障害で中度以上の初期治療でも同じことするけど、自己診断で正答するような軽症患者には先ず必要ないからカウンセリングと出ている症状に対処療法を行うだけでいいと言われた。
131  不思議な名無しさん :2015年06月18日 19:44 ID:JYajO4A0O*
お前が見ているモノがお前だ
132  不思議な名無しさん :2015年07月05日 20:53 ID:eswtpb.N0*
途中で、あちこちで糖質診断されたけど信じられない!って奴が明らかに糖質で草生えるw
133  不思議な名無しさん :2015年07月13日 21:15 ID:uhCp8KJf0*
ID:dwjmFjtFLみたいな奴が精神病で苦しめばいいのに
134  不思議な名無しさん :2015年07月16日 02:53 ID:il7OehFG0*
勿体無いとは思わないな、確かにいわゆる糖質の症状とは一線を画してる体験ではあると俺も思うけどこの体験から何を持って帰るかは千差万別なんじゃない?
正直現代社会で宗教家になるってのは色々非現実的だしね。
上手く実社会で生きていく為にバランスをとるには、>>1はその辺の知識などがあまりに不足していたように思える。受け入れてしまってたらそれこそ大変危険な事になってたかも。(医者でありながらオウムに入信してしまった某氏みたいに)
全部病気だと割り切れてるからこそここまで明瞭に書けた部分もありそうだし。これはこれで縁でしょう。
なんだかんだ体験した事は本人の中に残り続けてるようだから良いじゃん。
135  不思議な名無しさん :2015年07月23日 19:11 ID:y0ceeAzO0*
ヘルシングのアーカードにシュレディンガーが混ざった状態、自己の多様性が爆発したが最終的には自己の肉体と体験を持った唯一の現実に戻るしかない。
因果の終点であり始点
136  不思議な名無しさん :2015年07月29日 17:47 ID:w98v4yzW0*
>>129
うんにゃ。その思い込みを捨てるのだよ。
修行が必要だとか、ブッダにはなれないとか。長い時間がかかるとか。得なきゃならないとか。
(ちょっとした悟りを経験したから分かる。)

スレ主の経験は凄いから、ちゃんとした指導者がいたほうが良かったろうな。


曼荼羅を見る人じゃなくて、描く側の人のレベルだったのにw


137  不思議な名無しさん :2015年07月31日 09:27 ID:DtPoki720*
うんにゃ
138  不思議な名無しさん :2015年08月02日 11:37 ID:8.NM7vXU0*
幽体離脱か?
139  不思議な名無しさん :2015年08月17日 17:04 ID:2.Y0Ygqa0*
悟りなんてものをしらないけどコレを悟りだと言うなら
オウムがLSDつかって神秘体験させてるのも同じだとおもうが
140  不思議な名無しさん :2015年09月17日 13:14 ID:6I6Egvk20*
例の宇宙と同化したのを元に小説書け
141  不思議な名無しさん :2015年10月09日 15:23 ID:gKU8A7Qm0*
月の光
142  不思議な名無しさん :2015年11月05日 11:13 ID:f8i4fNuJ0*
>>138
これを人工的に・強制的に経験したくて薬物を用いるのだろう。
143  不思議な名無しさん :2015年11月07日 01:52 ID:6MHE9gd40*
ケタミン系の幻覚剤やったら分かるけど現実なんて脳が作り出してるだけだからな
その脳の機能を意識的にコントロールして精神世界で宇宙を作り出してるだけ
幻覚剤やってればこれは幻覚剤のせいだって意識できるからパニックにはならないけど障害を持った異常な脳だと無意識にそうなるんだろうな
144  不思議な名無しさん :2015年12月04日 13:08 ID:YCek9MGr0*
12がいっぱいって何、怖い
145  不思議な名無しさん :2016年03月01日 14:27 ID:OmVI3qO10*
文章見ただけでも>>1は学があることがわかるし
勉強しすぎて狂っちゃったんだろう

宇宙に行った何人かの一人も狂っちゃったっていうし
146  不思議な名無しさん :2016年03月11日 07:41 ID:WaB3SqLh0*
面白かった
本当に病気?これは全て本当で秘密を知られてしまった何者かに病気だと思い込まされているとかない?
147  不思議な名無しさん :2016年03月17日 10:31 ID:1EiGuJSw0*
もし本当に宇宙の真理に近づいていたとしても、
本人の精神と肉体、日常生活に支障があるならそれは病気だし
治さなければ生きていけないし、ここで語ってもいなかった
本当にまともなら修行僧のように、落ち着いて生活していられるだろうし
そういう人達の方がきちんと真理に向き合えていると思う
148  不思議な名無しさん :2016年03月27日 07:44 ID:rBYf7UkI0*
怖い
149  不思議な名無しさん :2016年03月28日 23:20 ID:VEazww8n0*
つまりは瞑想すると憑依されるって事ですね?怖いわ
150  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:11 ID:tO0ubhHZ0*
dwjmFjtFLみたいな煽りしかできない無能はまとめに入れなくてよろしい
151  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:11 ID:rSuivN7FO*
ラノベや漫画といった低俗な物ばかり目にしているとこのようなことになるんだね。怖い怖い
152  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:15 ID:n08vrcpv0*
瞑想だね。EVAの映画版でもそれっぽい記述があったと記憶
153  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:15 ID:oba4SWX00*
紙食べたでしょ?
154  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:23 ID:T0aiRkyc0*
脳の自我を意識する場所が壊れると宇宙と一体化するんだよね
普通に脳梗塞とかの病気だったのでは?
155  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:23 ID:qP3GwvhI0*
糖質は他人に迷惑かけるからさっさと駆除すべき
156  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:26 ID:LgTjH6l20*
統合失調症ではないよ。この人。
自我をもってなにかやるべきが本来だから
ひきもどされて、精神病だという解釈による現実を創らされただけ。
そしてそれを(神経症)信じ込むという現実を。
157  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:26 ID:JcYW7z2.0*
もともと脳のバクとしてポピュラーなのか
本当にそういう何かがあるのかはわからんけど
臨死体験とか瞑想からの悟りとか麻薬やってる人の話とか
大体こんな感じのイメージになってるのがちょっとワクワクする
158  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:42 ID:E6O8f8jy0*
1が言ってる、「すべて同一」「個が全体」っていうのは
インドのウパニシャッドみたいだね。

===
ブラフマン(ब्रह्मन् brahman)は、ヒンドゥー教またはインド哲学における宇宙の根本原理。自己の中心であるアートマンは、ブラフマンと同一(等価)であるとされる(梵我一如)。
159  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:47 ID:JRGGyFTU0*
後の神であるってかんじやなw
160  不思議な名無しさん :2016年04月21日 22:55 ID:ZNbcnA..0*
精神病ってだけで脊髄反射で甘え!とか叩く奴こそ病気だよな
自覚してないだけ迷惑
161  不思議な名無しさん :2016年04月21日 23:24 ID:yXn0jZo10*
脳内麻薬を故意に出せる方法を見つけたけど、続けてたらバッドキメちゃってトラウマになり心的外傷(PTSD)から統合失調症を誘発したんだろ
もう一度、今度は薬でキメて同じ現象に遭えば勘違いだったと納得できそう
162  不思議な名無しさん :2016年04月21日 23:55 ID:o1EAut770*
俺も医者に行ったら病名付けられちゃう感じかな
163  不思議な名無しさん :2016年04月22日 00:00 ID:P5L81lwf0*
これっていわゆる覚醒だと思う。
友だちも朝イチでなんか会社行かねばと思い、仕事してたら、急にすべてに浸透している自分になったっていってた。

一さんは、ただ何かを思い込み、自ら恐怖を生み出して、それに囚われたんだと思います。

その体験自体は、普通?だったんじゃないかなと思います。

164  不思議な名無しさん :2016年04月22日 00:08 ID:Xl9IZDMe0*
俺も何となくだけど、自分が周囲に溶け込む感覚わかる。
でも、一度そういう状態になって俺は気持ちよさも感じると同時に怖かった。
だから、もうやらない。
165  不思議な名無しさん :2016年04月22日 02:32 ID:TFOVc9tf0*
これは統合失調症というよりは解離に近いのでわ?
いい加減な知識でそれっぽいものを書くなよな
不思議の国のアリス症候群っていうのもあったな
166  不思議な名無しさん :2016年04月22日 03:02 ID:sRYgbuT00*
あぁこの世界でいう神っていうのが1に申し訳ないと伝えたかったみたいよ
167  不思議な名無しさん :2016年04月22日 03:18 ID:xuNzeTWg0*
何かを低俗だと罵ることが崇高なことだと思っているのか?
168  不思議な名無しさん :2016年04月22日 04:47 ID:DxcfK2vH0*
病気としてでなく、瞑想として体験してみたいな
無我の境地を体験できれば、
小競り合いのような今の悩みにももっと広い視野で立ち向かえそう
169  不思議な名無しさん :2016年04月22日 05:13 ID:Dako1eWZ0*
LSDなんかの幻覚剤でも同じような自他未分の体験ができるよ。ただ誰だって赤ん坊や幼児の時には、同じような感覚で世界と接している。ひとつの例として、赤ん坊はお腹がすくとそばにいる母親の口を開けようとする。これは自分と母親との区別を明確でないことを意味する。誰かと信頼関係を築くことは、人生の喜びのひとつだけれども、赤ん坊や幼児期の自他未分の認識によらない形での他者との繋がりは、もっと強い幸福感を与える。幼児期に幸せなのは、こういった意識のあり方も一因としてある。意識は言葉の習得とともに変容するんだけど、そのへんのことに興味ある人はジョルジュバタイユとか読むといいよ。
170  不思議な名無しさん :2016年04月22日 06:25 ID:fFuuAcBT0*
この人は不幸にも「鏡」を失った人か、もともと鏡のない人か、どちらか、多分前者だと思う。
統合失調症は、ネットの精神科医の挙げる特徴から対照すると、病のことだし私には分からない。
ただ、彼は鏡がない。こうやって人の反応を窺いながら、永遠に探し続けるんだろうな。
171  不思議な名無しさん :2016年04月22日 07:47 ID:7zQeUu9Z0*
僕が少ない知識と知能で言えることは、わからないことを考えるより目の前の幸せを選択する人生を歩みたいってことかな
172  不思議な名無しさん :2016年04月22日 09:26 ID:0gEXr.gj0*
何度挑戦しても皇居の下は真っ暗闇w
173  不思議な名無しさん :2016年04月22日 09:47 ID:lJJ16GaX0*
理解できない基地外ばっかでワロタ。健常者は普通に読める文章なのにね。
174  不思議な名無しさん :2016年04月22日 10:25 ID:vtwG4OE10*
薬飲んで居酒屋とか大丈夫なの?
175  不思議な名無しさん :2016年04月22日 10:54 ID:pv1s0cKC0*
アニメのように体から四方八方に光がドドーンと出て精神に稲妻が走る感覚をよく感じてたけどいつの間にか無くなった
俺も大人になったんだなw
176  不思議な名無しさん :2016年04月22日 11:29 ID:mKgWGuoU0*
>目を閉じて、じっとしていると、自分と周囲の空間が同化したような。
>もっと適切な言い方をすれば、自分が周囲の空間に広がって行くような、
>不思議な感覚を覚えたのが
あ~知ってる知ってるガンダムのニュータイプでしょ
177  不思議な名無しさん :2016年04月22日 11:53 ID:X.KnQZrq0*
バーナデット・ロバーツという人の本などを見るとわかるけど
悟るというのは「自我が消える」ことにほかならない。
彼女の場合、一時期記憶障害みたいになっていて日常生活
にも支障をきたしている。
病院に行っていたら何らかの病名をつけられていただろう。

インドなんかは悟った人を尊敬する文化があるようだが、
この人もちゃんとした寺で修行していれば糖質ではなく
僧侶にでもなっていたかもしれない。
178  不思議な名無しさん :2016年04月22日 12:19 ID:zqnD8BXX0*
フィリップ・K・ディックの神秘体験を彷彿とさせるな。
非常に興味深い。
179  不思議な名無しさん :2016年04月22日 13:20 ID:cbY5dyJV0*
自分なら体験に客観性を求めるな。周囲に意識が広がるなら
見えないはずの隣の部屋の何かを見て、後で検証するとか
そしたら、その宇宙の秘密もより信憑性が増すのに。おしい
180  不思議な名無しさん :2016年04月22日 13:46 ID:dw94B56uO*
会社に行けて働けて‥うつ病よりましなのかな‥軽度なら‥。
181  不思議な名無しさん :2016年04月22日 15:12 ID:m0e11sWv0*
山田正紀の神狩りみたいで興味深い。
182  不思議な名無しさん :2016年04月22日 16:30 ID:WBnSa6J50*
ジメチルトリプタミンと内視現象の合わせ技ってG・ハンコックが言ってた
俺もドバドバ出すぞー
183  不思議な名無しさん :2016年04月22日 17:34 ID:sNPB.Ms70*
同じ病気になった友人も幻聴と幻覚に苦しんでいたなぁ
遺伝するらしくそいつの父親も総合失調症だったよ
184  不思議な名無しさん :2016年04月22日 17:41 ID:UT7RlyQB0*
統合失調症と鬱の区別ついてない奴に草
185  不思議な名無しさん :2016年04月22日 18:35 ID:3eIYltoh0*
一言で言うなら、「師」がいなかったことが原因。
体験する現象をきちんと説明し不安を取り除いてくれる師がいたら、
悟りかどうかは分からんがそれに近いところまで行けば可能性がある。
186  不思議な名無しさん :2016年04月22日 19:19 ID:keTDnYDv0*
はいはい、厨二病厨二病
187  不思議な名無しさん :2016年04月22日 20:29 ID:Tj4Mzmwi0*
なんで糖質って句読点しっかりつけたがるの
188  不思議な名無しさん :2016年04月23日 00:19 ID:C2Y.MwT00*
統合失調の世界ってすごいんだな

複雑な心境だけどね
発達障害なのに統合失調と誤診されて何年も棒に振った身としては
薬が強すぎて大変だったし記憶がだいぶ飛んでる
189  不思議な名無しさん :2016年04月23日 05:28 ID:WZxeoJc60*
病気という陳腐なものと定義してしまうところが残念でならない
190  不思議な名無しさん :2016年04月23日 09:07 ID:mOYaxsQp0*
糖質の本質は精神というより脳の病気で鬱病とは全然関係ないんだが、よくわかってないやつがいるな
191  不思議な名無しさん :2016年04月23日 10:59 ID:f6RVEA4V0*
んーこれって、マイケルムーア型の宇宙人のまとめと繋がってるんでないの?
192  不思議な名無しさん :2016年04月23日 12:00 ID:tDP42j4TO*
等質の陰性と鬱は似てる場合もあるんだよね、陽性症状が
193  不思議な名無しさん :2016年04月23日 18:17 ID:wJkaZOUz0*
すべては同一、は仏教の第一原理。
この>1にその予備知識が元からあったのかだけ気になる。

>1に対して否定的では無いのだけれど、仏教や東洋哲学をチラッとかじった奴なら誰でも書ける内容ではある。言葉で言い表せないかもしれないけど>1の感覚でちょっとズレててもその先を書いて欲しい。惜しいな。
194  △さんかく :2016年04月23日 22:44 ID:dL5FtnGr0*
個人的な意見なのですが、薬で抑えてしまうのは勿体ないです。統合失調症ではないと思いますよ。神秘的な体験だなとうらやましいかぎりです。私は宗教を信じていませんので誤解しないでくださいね。しかし貴方の感じた感覚はホンモノだと思います。宇宙の法則というものをみれば本当のことが見えてくるはずです。宇宙は誰のことも迫害しないし恐怖も与えません。ネガティブな方向に考えても何もはじまりません。自分というものを信じてあげてください。
195  不思議な名無しさん :2016年04月24日 17:34 ID:5e0L1SMk0*
絶食したりずっと何日も禅を組んでいたりすると
脳内物質の具合のせいでこんなふうに神秘体験をすることがあるそうだが
それは悟りとは呼ばないそうだよ。魔境っていうんだってさ
そこで悟った気になっちゃってる奴は未熟者なんだそうだ

って話を聞いたことがあるから
ここで悟りだの真理だの宇宙がどうのこうの持ち上げてる奴は全員偽物なんだろうなと思ってる
196  不思議な名無しさん :2016年04月25日 14:31 ID:pH99Oyhw0*
真理を精神病と呼ばせる事でそこに辿りつく者を篩いにかけようとする
この世界の真の支配者=宇宙の外側にいる誰か、が我らに与えた試練

もう少しだったのに下らない俗物に成り果ててしまったな
197  不思議な名無しさん :2016年05月09日 22:04 ID:yU.LRJi10*
諸星大二郎のSFコミック「生物都市」
198  不思議な名無しさん :2016年05月13日 13:43 ID:oZZEmWXO0*
この話、エベンアレキサンダーのproof of heavenに出てくる死後の世界にすごく似てる。
1は本当にエベンがいう世界を体験したのかも。
199  不思議な名無しさん :2016年06月27日 15:02 ID:idcRqt8l0*
子供の頃にハマった「那由他」っていう漫画を思い出したよ。
その後、恐怖から糖質になっちゃったのは気の毒だけど、
興味深い話だった。
宇宙への広がりを感じるとか、一体化するって、瞑想や宗教に興味がある人なら体験してみたいのではないかな。12って何だろう???
200  不思議な名無しさん :2016年06月28日 19:52 ID:wNDoeTEi0*
うらやましいな。入院せず、寛解とは。
病跡学的に○○○。○は、統合失調症ではなかったか?
という研究もあるぐらいですからねえ。
201  不思議な名無しさん :2016年08月15日 05:20 ID:I57VnxyN0*
>>195も書いてるけど禅宗では座禅やってると
ある時点で「宇宙の真理を体得した!」みたいな神秘体験をするこ段階があって
「それを魔境に入る」という表現をする

だから「瞑想中に仏が出て来たら仏をころせ」という言葉でそれに取り込まれ
ないように戒めたりするけど、自己流で瞑想とかする新興宗教とかでは
こういう感覚きた時点でそれを覚醒とかと勘違いしちゃうこともある
(小林秀雄も「ひきこもって座禅すれば悟った気分になって当たり前」という表現してたけど)

ただこの手の知覚変容はいろんなケースあるので
ホルモンの異常以外にもヘルペスウィルスによる枢神経系の炎症とかの場合もあるので
この感覚を感じた人は病院に行った方がいいかもしんない
でも宮沢賢治みたいにこの感覚を創作に転化した人もいるんだよなあ
202  不思議な名無しさん :2016年08月24日 09:38 ID:pGjGAVIE0*
分裂病って生涯罹患率が1%らしい(つまり100人に1人は罹る)けど
こりゃ大変な病気(症状)だな。

1%くらいこういう人間がいるとすれば
そりゃ変な事件とか、おこるよねw
203  不思議な名無しさん :2016年08月24日 14:19 ID:qvWnENnH0*
>>1はしっかりとした師がいればうまく導かれたろうに。

病院は凡人を基準に考えてるところだから、病院に行けば凡人になってしまう。
204  不思議な名無しさん :2016年09月14日 14:27 ID:JeWOy50v0*
合点のいくところがいくつかあった。しかしわざわざ難しい言葉を用いているが、度々その使い方を間違えている。レスにも出てるが、読みやすい文章をこれだけ綴れるならそれは1が抽象的な視点を少なからずもっているからだろう。これの有る無しでの文章の違いは判り易い。
あと世界と一体って、体験したことないけど、まどマギかよって思った。もしかすると1はこれから小さくて白い小動物みたいなやつと契約でもすることになるんじゃあないか?ともすると平凡な統合失調症の人は、ゆくゆくは魔女になるのかな!?ともすると精神病患者の多くは資本主義社会が生み出した現代の魔女裁判とも飛躍できそうだ。命までは奪わないかもしれないが。何にせよ時前に理解の伴わない複雑な精神状態や深い瞑想、抽象思考、言語は容易に狂気を生み出し得る。そしてそれは社会にとって、世界にとって脅威となる。あ!そうか、だからそうならないために昔の人は無明を脱し、さらに相応の厳しい修行を積み、それを人々に諭す、そういう人もいたんだネ☆
現代は現代が認めた価値を生み出さない人間は総じてゴミクズ扱い。だからこんなにも表向きは整然としているようで本質的には混沌としているんだネ☆
205  不思議な名無しさん :2016年09月14日 14:57 ID:mDuctr.w0*
専門用語で言う、統合失調症の妄想気分、妄想着想の類だと思うが。被害妄想も出てるし。医者じゃないけど精神医学習った人なら、典型的な陽性症状だなって納得がいくと思うよ。統合失調症に関する知識や治療法も教科書のテンプレかよと思ったほど。運良く早期治療できたからここまで理路整然とまとめられたんだろうね。
206  不思議な名無しさん :2016年09月28日 10:19 ID:A0rmzNXV0*
私も統合失調症だが、共感する部分が多々あった。
207  不思議な名無しさん :2016年10月13日 13:39 ID:s5so0z8C0*
俺の身内に糖質なった人がいるんだけど本当に辛そうだった、本人は「誰かに監視されてる」とか「自分の悪口言われてる」とか言ってた。「テレビにカメラ埋め込まれてる」とかもよくわからないことを言ってたし、こっちから話しかけても反応ないから怖かった、最近はだいぶ落ち着いてきて普通の生活出来てるけど、ちょうど1週間前からまた症状出てきてるかもしれない、話しかけても反応が遅いしじっと押し入れの方見つめたりしてる、俺はどうしたらいいのかわからん、本人は病気じゃないって言って病院2回ぐらいしか行ってなくて薬も全然飲んでない…
208  不思議な名無しさん :2016年10月16日 00:36 ID:OJfhBau70*
※207
今は寛解状態の者より、
薬は飲みつづけないといけない。
もう悪化してるかもしれんから早めに病院へつれてってください。
209  不思議な名無しさん :2016年10月19日 18:19 ID:mU1lWHW70*
若干支離滅裂なところがあったから確かに統合失調症っぽい。
210  不思議な名無しさん :2016年11月18日 05:04 ID:XYPD6W840*
ID:dwjmFjtFL
なんでこんなカスまとめに入れたんだよ、邪魔でしか無い
211  不思議な名無しさん :2016年11月18日 16:31 ID:vy7qahjw0*
こんなん物心ついた時からあったでワイ…
皆がそうじゃないって事にビックリしてたで
いきなりなっちゃう人は現実とごっちゃになりやすいから大変ですわな
212  不思議な名無しさん :2016年12月10日 15:08 ID:vuY..p5m0*
これを病気じゃないって言ってる人がいるのが怖い。
すごくわかりやすい統合失調症だよ。
身内がこうなったら一刻も早く病院に連れていかないといけない。

自分は病気で手術した時に似たような体験したけど、その時は本当に真理にたどり着いたと思い込んだ。
薬物は強制的に脳内を統合失調症のような状態にしてるんだろうなって思ったよ。
213  不思議な名無しさん :2016年12月18日 17:24 ID:uw1MJnT20*
発症の原因は色々あるんだな。
人間は脳全体の2-3%(?)しか使われてないっていうじゃない。
もし突然100%フル活用してしまったら何かしら異常をきたしそうだよね。
この他人みたいに心の病気なりなんなりさ。
214  不思議な名無しさん :2017年01月07日 01:59 ID:sRdFDRZY0*
ちょっと待ってええん?こんなに文才あって
215  不思議な名無しさん :2017年01月08日 22:03 ID:E2ZKWIBK0*
つまり、中二病=糖質?
216  不思議な名無しさん :2017年01月12日 21:16 ID:3oKtckzg0*
精神科で看護師をして居ました。

貴方達が、自分が普通だと思って居るように患者さんも、自分は普通だと思ってるのです。

分かりますか?

自分で気がつく人は、軽い軽い!
217  不思議な名無しさん :2017年01月22日 15:45 ID:qidLKZlp0*
ジャンヌ ダルクもこんな感じやったんやろな
218  不思議な名無しさん :2017年01月27日 03:50 ID:jTaNhHK80*
dwjmFjtFL←こいつのせいで非情に読みづらい、管理人はなんでこんなカスまとめに入れたんだ?同類項か???
219  不思議な名無しさん :2017年01月27日 03:53 ID:jTaNhHK80*
※212
お前だけ病院行って一人でラリってろよ
220  不思議な名無しさん :2017年02月03日 19:36 ID:RBGfSed60*
鬱病とかって、心が弱いからなるんじゃないよ?
脳みその病気なんだよ?
221  不思議な名無しさん :2017年02月28日 03:59 ID:fpLEXjrP0*
何だ…ただの解脱じゃん
222  不思議な名無しさん :2017年04月11日 16:05 ID:xM6bYmlI0*
仏教の本で似たような話を読んだことがあるよ
自分であって自分ではない、全ては自分であって自分ではない、みたいな話
223  不思議な名無しさん :2017年04月24日 01:39 ID:I7vWzkSM0*
とりあえずスレ開始直後からクソみたいな煽りで無駄なレスばっかしてる馬鹿が一番邪魔なんだよ、いい加減死ねや^^
しっかり文返してる1よりゴミみたいな煽りしてる連中の方が精神病じゃねぇのか?www
224  不思議な名無しさん :2017年05月16日 16:08 ID:jx2BZqDo0*
自分から病院受診してるのがまあ珍しいね
うちの家族もその病気だけど、最初は「何言ってるの?馬鹿な事言って」って家族も真剣に取り合わなかったけど
あれよあれよと言う間に悪くなって、まさに気狂いって言葉が相応しい状態になった
肉親であってもその様にはぞっとした
必死に病院に連れてったけど家族の誰か倒れるのではないかと思うほど病人を相手するのに疲弊した
あれが悟りを開いたとか真理を知ったって生易しい状態じゃないよ
人間を捨てた何かだった
225  不思議な名無しさん :2017年05月19日 23:10 ID:Wtthf4kf0*
放送大学がインターネットで公開しているラジオ講座の「精神医学持論('16)」を聞いている途中の私には
タイムリーな話題
226  不思議な名無しさん :2017年05月19日 23:22 ID:f.IKhveh0*
コズミック云々もだけど人間心理に悟りをひらいても人間扱いされなくなるよ
例えば善悪の概念が二択を超えた基準になると速攻で異常者扱い
結局人間なんて馬鹿に合わせる社会しか作れんのよ
227  不思議な名無しさん :2017年05月19日 23:35 ID:NN6fLXko0*
統合失調症を精神病と勘違いしてるアホが多いけど、これは完全に脳の病気。
旦那がそうなんだけど、気の持ちようだの甘えだのよー言われること。
かといって自分のような健常者にも死んでも理解できない病気。可哀想だけど理解しあうことはとうの昔に諦めてる。
228  不思議な名無しさん :2017年05月19日 23:35 ID:tQcOHOvx0*
統失の知り合い沢山いたけど皆会話がぶっ飛んでたしあきらかに障害なんだなって感じがした
この1は違うと思う
30人位色々深く話したけどまともな人居なかったよ
うつ病は話せる
統失はちょっと会話不能
1のこれは妄想じゃないかも
229  不思議な名無しさん :2017年05月19日 23:41 ID:C8CJJm8Y0*
糖質になった時、それまでの常識はどこにいくん?
声が聞こえるとか幻覚が見えるとか、「聞こえてしまうし見えてしまうけど普通に考えればそんなのおかしいからこれは病気だ」っていう常識はどこに行くんだろう?
それがいつも不思議で体験した人に聞いてみたい。
230  不思議な名無しさん :2017年05月20日 00:07 ID:rKrFASfM0*
ギフハフと一緒じゃん
231  不思議な名無しさん :2017年05月20日 00:08 ID:.X7kpIST0*
俺もこの前、宇宙の真理ん家にあそびに行ったよ
ニコ生やってるから帰れって追い出されたけど
232  不思議な名無しさん :2017年05月20日 00:10 ID:6QHyKu4S0*
解るわ。スレ主の状態で普通の生活するのは精神的にちっと辛いよね。体験した者しか解らない宇宙波動とのズレが日常で生じるからバランスがむずかしい。
まあ、それが肉体なんだが。
233  不思議な名無しさん :2017年05月20日 00:38 ID:Jg9ph.u40*
デーヴィッドアイクの話に似てる
234  不思議な名無しさん :2017年05月20日 01:08 ID:KJFR9.j00*
こういうのが昔のキリストとかブッダなんだろうな
宇宙とかの概念はあれども詳しく分かっていない時代だと、1の経験もとりあえず神のお告げ

統合失調って脳内の物質が異常に減ったり増えたりする病気じゃないのかな
薬物の多幸感とか似てる
自分の時はすごい幸せな気持ちになって自分の足の小指は月と繋がってるって結論に至ったし、何度考えても繋がってると信じて疑わなかった
235  不思議な名無しさん :2017年05月20日 01:17 ID:dqIa1wQX0*
面白かった
236  不思議な名無しさん :2017年05月20日 02:18 ID:I6Sziu430*
まさしく、ブッダになる寸前だったみたいだね
オカルトで言われる神秘体験そのものだ
237  不思議な名無しさん :2017年05月20日 02:55 ID:94JoeDA90*
精神疾患の話出すと二言目には甘えとかいうアホってけっこういるんだな
やたら噛み付いて煽ってくるやつにも冷静に対処してて偉いと思った
煽ってるやつのほうが危ないやつなんじゃないかとも思う
238  不思議な名無しさん :2017年05月20日 04:15 ID:wLEbz0Ka0*
これって統合失調症のものだったのか
やっぱりあれは空想と現実の区別つけられなくなっている時の思い込みなんだな
俺からすると思い込みでも脳が事実として体感しているし脳内麻薬もでて強烈な記憶をしていて忘れられんな
人間の脳の起こす面妖な出来事だったなぁ(しみじみ)
239   スキゾとパラノ :2017年05月20日 05:22 ID:Q.gnTqjQ0*

人間の基本的性質には 統合失調質、 執着質、 循環気質が

あるといわれているが、

統合失調質が、芸術・文学の創作意欲を裏付けていると

いう感じがする。
240  不思議な名無しさん :2017年05月20日 06:27 ID:WMBkFo3d0*
なんや知らんけど、知り合いにこういう体験した人いるわ。この世は意識という同一のものによって構成されているとかなんとか。その人の場合は死にかけたときに体感したらしいんだけどどうにも信憑性がある。理系の人間でそういうのとはラインを引いて普段生活しているらしいが、過去と未来にも行ったとか。なんかようわからんけど頭いい人だから疑いはしない。そういう体験をしたのは本人だしオレには確かめようがないからね。ただ死ねばみんなわかるとか言ってたわ。
241  不思議な名無しさん :2017年05月20日 07:41 ID:HyQ.VSXk0*
所謂「正常な人」がなぜこうも必死に攻撃するのか
周囲であってもその対処は理解することから始まる
果たして本当に正常な人間など居るのだろうか
正常と呼ばれたいがために顔も知らないネット上の人間を非正常と罵る
一度非正常とラベリングされた人間もその論理性を吟味することなく容易く下る
一体この世の何処に正常な人間とやらが居るのだろうか
242  不思議な名無しさん :2017年05月20日 07:56 ID:DRQZo7HS0*
陰謀論の参加者名だけ聞いてビビってる人見たい
243  不思議な名無しさん :2017年05月20日 08:11 ID:uL1LJLc90*
TEDのジル・ボルト・テイラーが脳卒中になった話と酷似してるね
タイトルは「パワフルな洞察の発作」
244  不思議な名無しさん :2017年05月20日 09:20 ID:em8N8TLe0*
最初読み始めたとき、この人の話は通常のよくある統合失調症とかなり違っているからあまり参考にならないなと思ったけど、途中から考え直した。

こういう宇宙と繋がっちゃった的な妄想が出る統合失調症も、よくある誰もが統合失調症と聞いたら思い浮かべるような、犯罪組織に監視されているだの陰謀説だのの妄想の統合失調症も、人間として、自分が直接に手が届いて直接的に目で見えて耳で聞ける範囲の小さな世界を何よりも大切にして、その世界を統治していく能力、あるいは小さな幸せを噛み締める能力などといったらまあ大袈裟で、要するに日常の生活を自分の人生を正常に運営していく能力に障害が出ることや、根っこの部分に微妙な自閉症やてんかんの傾向があることはまったく同じだよね。

自分ばかりが怖い怖いと怯えてばかりで、逆に自分が他人を誰かを怖がらせているのかもしれないと全然考えられないところや、当然誰も自分なんかに興味はなくて、誰しもが、家庭、地域、コミュニティに根差して生活していて、顔と名前をよく見知った人との密な関係性のこと以外はほとんどどうでもいい、他人に関心などないということを直感的に理解できないあたり、統合失調症の人は基本的には100%、根っこの部分に自閉症の傾向を持っていることがわかる。

対処方法としても、服薬と、認知行動療法が効果的という部分も同じだよね。統合失調症の治療には「留保的措定思考」を身につけることが有効だとされていて、真実か妄想か、黒か白か、敵か味方か、みたいに二極的に考えるのではなくて、たとえば、どちらであっても同じようなことだよね、といった風に考えるのがいい。ちょうど、ハリー・ポッターの作品内での死後の世界の描写に似ているかも。
245  不思議な名無しさん :2017年05月20日 09:34 ID:Wr4Z8Y5a0*
仏陀、釈迦のサトリとかはもしかしたら>>1の広がる体験のことなのかもね。本人にしか理解できない境地、文もわかりやすくてよかった。
管理人もまとめてくれてありがとう
246  不思議な名無しさん :2017年05月20日 09:39 ID:nIRJwhGW0*
金縛りにあった時の不思議な感覚に似てる。
247  不思議な名無しさん :2017年05月20日 10:26 ID:Zu.Xen4L0*
ヨガでいうクンダリニー解放の初期症状とよく似てるな
全部病気にされてしまうってのは悲しい話だ
248  不思議な名無しさん :2017年05月20日 10:36 ID:Zu.Xen4L0*
目覚めかけた人を病人として無理やりメクラにしてしまうのは魔女狩りとそっくりだよ
自分にはない感覚が許せないのだろうね
出る釘は打たれるというか
249  不思議な名無しさん :2017年05月20日 10:52 ID:X47aXA330*
目にするすべてのことはメッセージ
250  不思議な名無しさん :2017年05月20日 11:41 ID:jqQk2.KY0*
糖質で死ぬかと思ったし後遺症にも悩まされているが
これもまた成長するには良い経験になった

攻撃的だったり独善的な人が発症すると危ない病気だけど、しっかり教育されていればそう危険な病気ではなくなる
苦痛で自殺する可能性は残るが
251  不思議な名無しさん :2017年05月20日 12:21 ID:7yH0bLG30*
イッチが言ってる個が世界と同化云々の話は、解離症状や統合失調症の初期症状で自分の意識(主に視覚)がググッと内か外かに広がったり沈んだりするんだけど

その場合、自分で意識的に元の正常だった感覚に戻さないと前頭葉等からの精神疾患に発展していく恐れがある(ひどい場合は無意識なので出来ない恐れがある)

良く聴く「病は気から」の元になってる病気だから、根気欲治療を続けていく必要がある(マジレス)
252  不思議な名無しさん :2017年05月20日 12:51 ID:heBOvaeC0*
私は夢でもっとシンプルな状況の宇宙行きを見たことある。
猛烈な恐怖に突然反転するところとかすごくわかる。
強烈な恐怖と不安だったよ。
そのあとに精神病んだ。
病名はわかんなかったけど、かなりの躁状態と長い鬱で長期に苦しんだ。
精神病の一つの特徴的な前駆症状なんだろか。
253  不思議な名無しさん :2017年05月20日 12:56 ID:wnOAIztY0*
この世にいる人は大なり小なりぶっ壊れてる。
で、その壊れ具合を自覚出来れば、大分楽になるし
破滅を避けられるはず。

「俺様は正常でこいつらXX」的な思考は破滅に一直線。
毎度、警告しても無駄なんですけど。。。
254  不思議な名無しさん :2017年05月20日 13:04 ID:wnOAIztY0*
超常現象といっても、それがある法則現れるなら、
それはやぱり只の現象なんですよ。貴いとか偉いとかとは違う。

それが自分に現れたからと言って、おれは超人とか選ばれた存在とか
釈迦の生まれ変わりとか思うのは、仏教でいう慢ですよ。
255  不思議な名無しさん :2017年05月20日 13:04 ID:p8ZueEbe0*
マトリックスで言うところのプラグを抜きかけたようなものだろうか
256  不思議な名無しさん :2017年05月20日 13:13 ID:wnOAIztY0*
自分が無敵の力や神通力を手に入れたり、救世主になりたいというのは
結局、存在への恐怖が理由。
救世主なら世界が自分の存在の認めてくれるはず、
大切にするはずという、只の欲望。

それは悟りとは真逆の方向だと思われます。
257  不思議な名無しさん :2017年05月20日 13:20 ID:Et3Uj3aT0*
宇宙はいつでもお前を見てるぞ
258  不思議な名無しさん :2017年05月20日 13:42 ID:2YTO9BH20*
でもお釣りの誤魔化しは見逃し
259  不思議な名無しさん :2017年05月20日 14:10 ID:GBonY6Sv0*
文才ある
260  不思議な名無しさん :2017年05月20日 17:19 ID:QYKVXRpt0*
身体が広がって行く感覚はわかる。
疲労と寝不足の時。
261  不思議な名無しさん :2017年05月20日 20:04 ID:LsyosbMY0*
自分を広げて行く感覚と同じように自分の願望を宇宙へ広げて行くと宇宙がそれを叶えてくれる
この人に教えてあげたいわ
262  不思議な名無しさん :2017年05月20日 20:23 ID:oU6DtJX90*
瞑想やってる人も光に包まれるとか言うし
脳内ドリップ?なのかな
オレにはわからん
263  不思議な名無しさん :2017年05月20日 22:02 ID:AHCq71j00*
言うだけなら何でも言えるっていう
264  不思議な名無しさん :2017年05月20日 22:31 ID:gAlUz6Xs0*
統合失調症についてもっと分かりやすく面白く知りたいなら映画「ビューティフルマインド」を見てみよう
265  不思議な名無しさん :2017年05月20日 22:49 ID:qo.aD.vj0*
※262
脳内ドリップってなんの汁やねん
266  不思議な名無しさん :2017年05月20日 23:01 ID:Nt4PEGKb0*
オープンダイアローグは一度受けてみたい
267  不思議な名無しさん :2017年05月20日 23:12 ID:63fro4WZ0*
悟りは結局これなのかもしれない
268  不思議な名無しさん :2017年05月21日 09:39 ID:..F.sfFa0*
1の体験が○○○の著作に似ている△△△も同じ体験をしたようだっていうのは、単に1がそれらをぱくって話をまとめただけなんじゃ

1が失調しているというなら虚栄と自己顕示に関してで、統合失調症を騙るのは患者さんに失礼
269  不思議な名無しさん :2017年05月21日 10:10 ID:uhDStXQj0*
何で知ってはいけない宇宙の秘密だと思ったんだろう。
人間が次の次元に進むために知るべき宇宙の真実だったかもしれないのに。
こうして人類の未来は、一人のおっちょこちょいの為に閉ざされたのでした。
-おわり-
270  不思議な名無しさん :2017年05月21日 14:00 ID:1ym4GuB70*
別に宇宙に繋がろうが、宇宙の秘密を知ろうが、
それがどうという事もないでしょう?

大人が子供より知識や力を持っていたところで、どうという事は
ないでしょう。

そういうロマンに浸るのは卒業した方が良いとおもうのだが。
271  不思議な名無しさん :2017年05月21日 16:48 ID:zuuAveEB0*
ヨガの訓練を勝手にやっておかしくなった奴を五人知ってるから、あんまりその方面の修業はしないほうがよい。
272  不思議な名無しさん :2017年05月21日 20:05 ID:hs05OzUm0*
あらゆる行の中でも特に瞑想と滝行は断じて我流で行ってはならない
必ず新興宗教ではない神道あるいは仏教で厳しい行を積んだ先達について行わなければならない
正式な道、正当な師なき修行は修行ではない

正道正師に沿わぬ瞑想は誇大妄想の統合失調症、滝行は傲慢不遜なる自己愛性人格障害を引き起こす

まことの道と師を求める事すら怠ける者に真理が降りてくる事はない
正しきを恐れる者に突然降ってくるものは悟りではない
悟りの道に近道はない
273  不思議な名無しさん :2017年05月21日 21:09 ID:dYwZPVDP0*
無意味な煽りが多すぎて見にくい
274  不思議な名無しさん :2017年05月21日 21:10 ID:VDCYDBHp0*
自他未分とかエヴァとかみると、そうやって広がりつづけれるやつは、なんつーか暇でとくに困ることがないやつなのかな
それか嫌なことを悟りとかそういうのでみんないっしょだから嫌なことはないって暗示するためにやりはじめるのかどっちなんだろ
不良が手を出す危ないもんとかは、退屈だからってかんじだけど
275  不思議な名無しさん :2017年05月21日 22:05 ID:MV.9XrmX0*
嵐になりかけたから後退したけど
お元気かな?

私ゃ、ネットのマナー勉強しないとダメだ~。
・・・なんでこうなった?(汗)
276  不思議な名無しさん :2017年05月21日 22:42 ID:BTKVhLEs0*
俺も思春期はSADだったから笑えないなぁ
277  不思議な名無しさん :2017年05月22日 01:43 ID:zvInKf9D0*
まぁ俺も経験あるから解るがこれってなんていうか
自我崩壊する時に価値観(この世を自分でどう捉えて来たか)に意識を押し潰されるんだよ。
だから大抵聞いたことある様な悟りの内容になる
そして自分と周りとの境界線無くなって結果、
とうしつになる
まあ大抵、生活のストレスだの変化が原因
こいつもやたら解脱したがってたのは
仕事先でうまく他人と馴染んで無かったからだろ
その後、治すために飲みとか参加するようにしたってあるしな
別に神々しい宇宙の真理とか無い
思考の仕組みだわ
278  不思議な名無しさん :2017年05月22日 09:42 ID:EjQs4sOs0*
統合失調症ってどの人種(白、黒、黄色)でも発症するパーセントが決まってる遺伝子の病なんだっけ。不思議だ。
279  不思議な名無しさん :2017年05月22日 09:42 ID:EjQs4sOs0*
鬱は甘えとかって煽りあるけどそもそも鬱じゃなっていうね
280  不思議な名無しさん :2017年05月22日 15:59 ID:Xijdla6e0*
病気って国が認定するものだったりする
こういうものだったらこういう病気で、そういう病気だったらそういう病気ってね

だから、明らかにおかしな症状が出てたとしてもその国で認定されてなければ病気ではないのね

だから、報告者は「認定」統合失調症であることは間違いない
けど実際はどうかわからない
イタコとかの仕事してる人は全員「認定」統合失調症と診断されるだろうしね
281  不思議な名無しさん :2017年05月24日 14:47 ID:IkyzWfI40*
自分で病院に行けたんだから、まだまともだったのかもしれんな。身内はもう、強制入院させるしか無かった。今は完全に回復してすごいと思うけど、ガチの精神病者と暮らした地獄のような日々は、忘れられない。
282  不思議な名無しさん :2017年06月21日 03:25 ID:2d7WHJyB0*
一番警戒してるし絶対に関わりたくないのが糖質の人だわ。妄想を実感して信じてしまう怖い病気。
関わっても何もしてあげられないし、悪化する可能性も有る上、危害を加えられる可能性も有るので関わらないのが最善だと思う。
他の病気は傾向も対策も有るし理解出来るけど、糖質は人によって妄想内容が違うから行動がバラバラな上、色々混ざっている人もいる。乙型甲型両方対応したくない。理解が本当に出来ない。
283  不思議な名無しさん :2017年07月04日 22:57 ID:T.T1tO9O0*
恐いわ。
脳ミソがバグって無いものが発現しただけだろ。
確かに頭が凄く良さそうだけど一般的には痛い人だと思う。
284  不思議な名無しさん :2017年07月05日 19:19 ID:1FZJ0qOv0*
俺さ、医者に【統合失調症】って診察されて、その後メジャートランキライザー漬けになってたんだけど、
喧嘩別れして断薬したのよ。
そしたららくになってさ、辛いことも会ったけどらくになったのよ。

その後、毒親によって心が荒らされてる時に
それを理由に無理矢理閉鎖病棟にぶちこまれたのね。

主治医が変わったら、其の人、俺が統合失調症と明らかに違うって疑いだしたのよ。
事実漢方(抑肝散)でらくになったりしてさ、統合失調症の病名消えたわけ。

誤診で数年苦しんだのが馬鹿らしくなるよね。
脳死で統合失調症扱いする糞医者は存在する。
285  不思議な名無しさん :2017年08月01日 00:59 ID:gtp..ac00*
寝るず食わずで延々運動していれば、
脳内信号伝達物質が足り無くなって、
異様な幻覚を山ほど見れます(断眠等24h以上から)。
宇宙とは関係しないかも知れませんが・・・ 結構楽しいです。
至る段階が凄く大変で、その意味でもう1度見たいと思いませんが・・・
夜の方が見やすいかと。幻覚そのものは楽しかったです。
286  不思議な名無しさん :2017年08月02日 21:02 ID:juK3Gam80*
幽霊見たって言う人の何割かは糖質だったりするらしいからね
オカ板で「視界の外れに黒い影が蠢くのが見えるが糖質でしょうか」って相談があったの思い出した
287  不思議な名無しさん :2017年08月30日 09:21 ID:V1FxunIo0*
ID dwj なんたらがしつこすぎて、もしや1を監視してるんじゃないかとか、怖くなった。
288  不思議な名無しさん :2017年09月16日 09:20 ID:z.RzCxL70*
米欄にまで患者いない?
289  不思議な名無しさん :2017年09月16日 09:40 ID:M6oRQVtW0*
統合失調症なんぞというあとづけではない

これはほんもの
なぜ覚知を目指さなかったか。。。

290  不思議な名無しさん :2017年10月20日 23:48 ID:aYLNt0CP0*
ID:dwjmFjtFLはウザったいけど、糖質が騙りでなく本物なら、なるほど…と思うレスだった

ここの※欄、「糖質は甘え」とか「ただの妄想だろ」とかじゃなく、「本当に世界の真理を覗いたんだ」「悟れたのに勿体ない…」とかばっかりで笑った
流石不思議.net
291  不思議な名無しさん :2017年10月22日 10:37 ID:UH4.DUH50*
なんかウルトラヘブンという漫画を思い出した
292  不思議な名無しさん :2017年10月31日 18:27 ID:8wZ0g9WS0*
報告者は、瞑想で無我の境地に入っただけだと思う
さとりを開いた状態
そこで神と呼ばれる存在か、守護霊に会ったのでは
それ自体は別に病気じゃないと思う
その後の恐怖は、魔境というやつ?

体の境界が無くなり、全てのエネルギーと一体になる間隔は、
脳卒中で倒れた脳科学者の著書にも記述がある
奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき―
ジル・ボルト・テイラー/著
293  不思議な名無しさん :2017年11月13日 02:14 ID:2IWtT0az0*
最近パウロ・コエーリョの小説読んだけど周囲の全てが自分だったって表現あったな
他にもクリシュナムルティとかって思想家も同じこと言ってる
そこは瞑想について語ってんだけどほんとにこの人統失なんかな
どこかそうとは言い切れない感じがする

 
 
上部に戻る

トップページに戻る