まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

死んだら無になるという感覚が理解できない。お前ら理解できてんの?

2014年05月24日:16:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 101 )

死んだら無になるという感覚が理解できない。お前ら理解できてんの?

元ネタ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370112487/

タイトル:死んだら無になるという感覚が理解できない


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:48:07.85 ID:1g7GO/OS0
無ってなんだよ






3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:48:34.74 ID:FeRxBSXs0
死んでみたら分かるんじゃない?

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:48:38.41 ID:Pgt2BjV20
死後の世界はあるんですか?

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:49:35.05 ID:PdAwx+lF0
死ぬのが怖いってのが理解できない

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:49:40.20 ID:eZcwdQdM0
ちょっとくらい幽霊として彷徨いたいよね

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:50:14.21 ID:Wbv/a8Fs0
寝てるとき
意識のない状態が
永遠だろ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:51:02.89 ID:bL1otpMZ0
無にはならんだろ

植物になったりする

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:51:09.35 ID:4ketpLLz0
この説を盲目的に信じてる人いるけどなんで?
実際に体験したわけでも証明されたわけでもなし
宗教じみてて怖い

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:53:14.16 ID:T2FPyZMBI
>>14
この説以外だとどうしても宗教じみてて怖くなるからだろ。

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:51:59.83 ID:HUM3M8wa0
寝れば分かる
死んでも数時間は脳波があるらしいから無になるとは限らない

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:52:04.13 ID:zgFMgxh00
死ぬのはいいけど火葬が怖い

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:52:55.63 ID:bL1otpMZ0
>>17
怖いったってぇ兄さんよ、あんたもう死んでるんですぜ?

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:52:14.83 ID:6UjxIJhm0
死後に待ってるのが無にせよあの世にせよ
誰も証明できない以上無だろうが無じゃなかろうが関係無くね?

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:53:02.05 ID:PWgzIJ2PO
極楽浄土や地獄のほうがよっぽど宗教的でしょ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:53:41.77 ID:EGXudc550
色即是空空即是色

これだろ?
形をしている今が色
その形を無くした時が空

一緒だよって言う意味らしい

俺は命は水みたいな物だと思っている
集まって川になって海に行って
雲になって雨になって集まって川になる

無じゃないと思うけど無なのかな?

色即是空,空即是色の意味を猿でも分かる言葉で教えてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310319453
【コラム】色即是空・空即是色とは
http://space.geocities.jp/gjdtk960/human/056.html
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:38:23.58 ID:8SKUgbnK0
机の上に本が置いてありました
それを取りました

この時本がなくなった場所は無なんだけど無じゃない
本を置く前の状態が無


どっちも無であることには変わりないんだけどこの違いが色即是空と空即是空の違いって
誰かが言ってた 本当かどうかは知らん

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:54:56.96 ID:u7bAN6IW0
死後の世界を知ったらみんな自殺してしまうから
死後の世界は理解できない程度に人間の知能は設定されている
と考えてる

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:55:06.18 ID:/gYEDAEt0
マジレスすると死んだ瞬間に2周目の世界に突入するよ
ここは全員一周目だからわかんないと思うけど2周目は皆2周目だからそれはそれで色々とブツブツ言ってる

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:55:11.02 ID:NZpHFyha0
どっちかと言うとキリスト教(特にモルモン)の理念が理解出来んな
「死後魂は天国で神と一緒に暮らす」って、それだと今頃天国はイモ洗い状態になってるんじゃね?

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:56:16.18 ID:eyivgpVW0
死後も痛覚残ってたら嫌だ

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:56:37.03 ID:Xctp9rA/O
死ぬってことは要は肉体の機能の停止だろ
脳が停止して意識が途切れる
二度と脳が動かない←最終的にはこういう状態を死と呼ぶだろ
その場合、個体の主観では何も動いてない、だから無であるという風に言えるんじゃね

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:56:44.52 ID:auI1CDab0
たぶんそれ理解できたら悟りを開いたってことだぞ
勘違いとか見当違いはしやすいだろうが

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:56:59.84 ID:GJK9+q560
死んだ後に『無』になるのか『次』があるのかは誰も知らないからな
「あの世だとか輪廻転生なんて何の根拠もないしあるわけねーだろwwただの人間の想像wwww」
とか言ってる奴をよく見かけるが
『死んだ後は無』っていうのも結局何の根拠もないし人間の想像でしかない
だからどっちが待ってるかなんて死なない限り絶対に解明できないことなんだよなぁ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:00:44.81 ID:NZpHFyha0
>>34
でも、輪廻転生で考えれば『次』があったとしても『前』は余程の事がない限りリセットされる訳だから
“リセット=(今迄の事は)無”って考えたら『死んだ後は無』でもあながち間違いじゃないと思うんだよな

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:02:54.58 ID:4ketpLLz0
>>40
輪廻転生で考えればって言うけど
『死んだ後は無』ってのは単純に「死んだらそのまま終わり」
って意味なんだから輪廻転生を絡めて考えるのはおかしかろう

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:10:24.67 ID:NZpHFyha0
>>41
いや、否定派ってオカ系の人は大抵転生説だったり天国(or地獄)説を唱えてくるんだわ
「人は死んでも魂は永遠に~」みたいなさ
後、肉体に関しても骨って概念はちょっとおいといてもらう事になるけど
土葬にせよ火葬にせよ肉塊は消えてなくなる訳だから、その時点でも『無』じゃないのかなって思う
まぁ、精神世界の話されちゃったらそれこそ話は平行線のままだから悪魔の証明状態なんだろうけど

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:14:07.99 ID:GJK9+q560
>>40
>>41の通り、『死んだ後は無』説を推してる連中は文字通りに
「意識が完全に途絶えて永遠に何もない」状態が続くって言ってるからなぁ
俺は輪廻転生というか、記憶は引き継がれなくリセットされても生まれ変わりみたいな事は絶対にあると思ってるんだけどな

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:29:30.63 ID:NZpHFyha0
>>52
文献だったり映像だったりで転生の話は多々あるから頭から否定するつもりはないんよね
ただ、転生後の人物で『前』の記憶を持ってる人ってかなりレアケースだから
「輪廻転生はアリ」だとしても「輪廻転生≠魂の継続」じゃないんかなーと思ってるんで『無』って言ったんだわ

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:45:39.46 ID:GJK9+q560
>>74
なるほどな
そういう考え方だと、確かにそれも無だな

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:57:35.09 ID:eDR1/gTt0
誰も証明できないことを真剣に悩むことが理解できない

人の言うことなんて、適当に聞き流せよ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:57:49.54 ID:Ua8quUw30
証明のしようがない

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:58:02.24 ID:bL1otpMZ0
セッ○スと一緒だよ
童貞にはどんだけ考えたって、疑似体験したって、
セッ○スがどんなもんか分からんだろ?

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 03:59:21.70 ID:MG62cyDAO
死んだら感覚なんてないんだから無って感覚すらない
もう何もない
まぁ何もないって感覚もないんだけど

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:06:40.74 ID:T2FPyZMBI
ループ説:死んだらその人が産まれた瞬間からやり直し、記憶は持ち込めない。

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:10:34.34 ID:XHLEQZQk0
現代の科学的見地から考えれば死んだ後の自我は無になるのが1番根拠のある答えだろ
人の全ての感覚、思考は脳によるもの何だからそれがなくなったら個人としての感覚は無になると言わざるを得ない

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:11:41.63 ID:8SKUgbnK0
>>47
最近それに異を唱えた学者がいなかったっけ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:13:34.53 ID:T2FPyZMBI
>>49
kwsk

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:18:33.19 ID:8SKUgbnK0
>>51
>脳の中には、われわれが発見していない、意識を説明する何かがあるのかもしれません。
>あるいは、意識は脳とは別個の存在なのかもしれません。

「脳波停止の後」に残る意識:蘇生医療の最前線から
http://wired.jp/2013/05/02/consciousness-after-deathall/

死んだら無になるしwwwwww
つってた学者が実際に臨死体験しちゃって180度意見変えちゃったかなんかそんなんだった
ググってたら遅くなった

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:11:40.13 ID:6VBfe5Rg0
全身麻酔経験者なら分かるんじゃ無いかね。
あれは寝るのとはまったく別。
時間が切り取られてる感覚。

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:14:22.73 ID:8fyxywDSP
死んだら記憶を消されて適当な時代に生まれ変わるんじゃ無いだろうか

原始時代かもしれんし、江戸時代かもしれんし

未来かもしれん

こう考えてる

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:21:12.96 ID:i+y73shDP
>>53
時間軸以外にも、パラレルワールド的な可能性もあると思ってる

地球じゃない別の文明が栄えた惑星とか

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:22:10.37 ID:8SKUgbnK0
>>59
輪廻転生があるにしても
それが地球上でしか起こらないと思うのはいささか早計だよな

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:18:38.38 ID:XHLEQZQk0
雷、地震、台風が単なる物理法則に従った自然災害と現代ではわかってる
わからないものに対して物語を作るのがにん
だいたい記憶が消された時点で個人としての意義は

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:19:02.61 ID:4ketpLLz0
というかいっつも思うけど
死後の事やら心霊現象やらを科学目線で見ようとするのって滑稽だよね

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:26:27.41 ID:Xctp9rA/O
>>58分からないことについてただの妄想を持ち出すのも十分滑稽だろ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:24:45.92 ID:hhf5bhWD0
物理学的に無だろ
脳内の電気信号により意識や感情がある
それが途絶えたら?つまり永遠に電気を消されたランプ
希望的観測は夢があるけどリアルじゃない

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:33:02.28 ID:g3H07Lsh0
>>63
その場合の「無」は観測者の概念だろ。
「0」って意味解る?

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:36:25.23 ID:hhf5bhWD0
>>82
観測者から見て無で意識や思考、感情を科学的に持てない理由が証明出来る
それは無だろ
世界がどう流れ時間や空間の概念が変わっても意識を持てないという事実は変わらない

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:25:11.30 ID:zpmH3O9H0
死んだら脳の中の何らかの部分が死ぬ寸前に残っていた記憶を焼き付けて保存して再生する
つまり精神だけ人生無限ループ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:28:27.43 ID:hhf5bhWD0
>>64
再生する材料がない

おまえらのパソコンのHDD壊したり電気通わないようにしてデータ引き出せるか考えたらわかるだろ

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:26:13.33 ID:6UjxIJhm0
劇場版ファイナルファンタジーの敵って
はるか昔に爆散した惑星に住んでた連中の魂だったよな

そういう事が有っても良いような気はする

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:27:56.73 ID:CGtmgsNJO
実際転生があったところで、今の自分が残るわけじゃねえ他人もいいとこだろ
死が不可逆的な変質である事になんの変わりもない

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:28:02.62 ID:i+y73shDP
同じ地球上としても、過去や未来じゃなく、IFもしもの別の時間軸へ行くかも知れない

本能寺の変で織田信長が死ななかった世界
WW2で日本が勝った世界
韓国併合しなかった世界

一個一個の事象に全て逆のパターンがあり、たまたま俺が生きてる世界では、こんな歴史になってるけど、同時進行で違う世界も存在するんじゃないかな?
とか考えたりする

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:30:45.63 ID:8SKUgbnK0
>>70
量子力学の世界に「多世界解釈」なるものがあるから
その妄想は間違いと言い切ることはできんだろうな

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:37:15.83 ID:NZpHFyha0
>>70
「足を1cmずらすだけで別次元」って言葉をどっかで聞いたな
虫の知らせみたいな意識が働いたお陰で事故に巻き込まれずに済んだとかってのは
本人が気付いていないだけでもしかしたら本来進むべき次元からずれたのかなーとかって思ったりする
確実に「ここは別次元だ!」って事象に出会った事がないから何とも言えんけど

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:32:21.36 ID:4ketpLLz0
既存のもので考えると「一番有り得そう」な説は生まれるけど
あくまで「有り得そう」なだけで滅茶苦茶な説叫んでるオカ系の人と大差ないんだよな

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:34:52.45 ID:sNzN6a1Yi
死後の世界があるなら死とは意味があるのか

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:35:37.95 ID:8SKUgbnK0
>>83
むしろ死後の世界がないと生の意味を見出せない
って考える人がいるから宗教が捗る

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:37:08.72 ID:Xctp9rA/O
今更だけど無になるか否かってのは感覚の問題じゃないだろ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:38:39.34 ID:4ketpLLz0
>>89
お前の中ではそうってだけだろ

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:40:09.28 ID:QqlK3A5Y0
死んでからまた新たな生物としての一生が始まったとしても記憶の引き継ぎなんてあるはずないし前世は何とでも言えそうな気がするから転生と呼ぶのは何か違う気がする

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:46:37.58 ID:i+y73shDP
>>97
記憶の引き続きはあるかも知れないよ
高所恐怖症は高い所から転落死した人が転成した結果かも?
記憶ってか奥底に怖いって感覚だけが残されてたりはするんじゃないかなとか

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:50:30.79 ID:hhf5bhWD0
>>108
動物的本能

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:41:08.83 ID:Rf3r56CH0
眠ってるときは無じゃないのけ?
もしくは眠る瞬間
眠る瞬間はどんな感じなのか、何を考えてるのか知ろうとすると絶対寝られない

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:05:43.76 ID:VvDMhMWUO
意識が脳の電気信号によらず魂に依存するという考え方は分かるが
その魂が死後残ると考える理由はあるのか?
心霊については俺の検索スキルじゃいまいち分からなかったすまん

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:17:57.33 ID:GJK9+q560
>>125
今まで考えたこともなかったが確かにそれもそうだな…
魂の頭数が一定なら、生物の頭数も常に一定じゃないとおかしいし
それこそ冥府だとかで魂がストックされてるのかもしれんがオカルト過ぎるな
やっぱりこれだけはいくら調べ尽くしてもわからないからもどかしい

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:26:22.55 ID:VvDMhMWUO
>>134
魂は現世(生物+幽霊)にしかいないって考えなのか?
冥府というか魂の集まる場所があってもいいと思うが

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:36:02.66 ID:GJK9+q560
>>144
まぁそうだよな
やっぱりあるのかなぁ

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:15:38.08 ID:8SKUgbnK0
心霊現象というのを「科学で解明されていない不思議な現象」という解釈でいいのなら
いろいろあるんじゃないかな

今は科学が発達してあれだこれだと解明していってるけど
やっぱり未だ解明できないのって沢山ある

呼び名が違うだけで「何がどうしてこうなったかわからない」ものは心霊って呼ぶ人がいるかもしれんね
つか、昔はそうだったわけで

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:22:44.84 ID:g3H07Lsh0
>>132
ただそれを「死後のなんちゃら」というのは相当無理があるだろ。
証明出来ないものは存在しない。
実は理解してるくせに、逃げてるだけだろ。

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:33:14.52 ID:8SKUgbnK0
>>136
確かに今は証明できていないだけかもしれんが
そんな今だからこそ信じるに値するとも言えるんじゃないか
まだ解明できていない限りは相当無理な話と言い切ることができないわけで
もしかしたら科学が発達して魂の存在を見つけることができるかもしれん

余談ではあるが海外では「幽霊」と「未知」は一緒ごたに考えてる節があるらしく
UFOも幽霊と同じように考えてるらしい
未知なるものに対してそれを妖怪の類のせいにするも、科学的に究明していくも
幽霊の仕業にするも フリーダム

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:20:24.71 ID:i+y73shDP
生まれ変わったら、また自分のループ説って、記憶を引き継げないと同じ選択を繰り返して延々と同じ人生を歩みそうだな

てか、そもそも今の人生も何回目か分からんしな

そして、意識があり自分の意思で決定した行動も、実はこれはゲームの中の世界で俺を操作しているプレーヤーが居るんじゃないかと考えたりもする

何か発想が電波っぽなってきたなw

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:22:46.19 ID:9/id+mdH0
例えばさ
お前今何も考えずぼーっとしてみ
そういうことだよ

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:29:29.65 ID:IdX9DvdE0
死=肉体の機能停止。魂なるものが存在すると仮定しても、記憶や感覚や意識は肉体に宿っている訳だから何も感じない、過去も未来も無い、意識も無い状態になる。それは無。

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:31:25.14 ID:VvDMhMWUO
>>147
肉体に宿っているって根拠は?

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:33:33.15 ID:IdX9DvdE0
>>149
魂があると仮定して、そこに感覚や記憶があるなら肉体の損傷で感覚麻痺や記憶障害が生じるのはおかしな話だろ

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:34:56.92 ID:8SKUgbnK0
>>154
ソフトが正常でもハードが壊れたらアウトプットできんだろ
なんか俺ルー大柴みたい

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:41:06.41 ID:IdX9DvdE0
>>156
じゃその考え方でもいいけど、ソフトが壊れた状態が死なんだからハードだけの状態になったら無だろ?

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:41:33.08 ID:VvDMhMWUO
>>154
それは肉体と魂が繋がってるだろうから仕方ないんじゃないか
肉体への出力が損傷によってできなくなったとも考えられるし

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:47:53.01 ID:IdX9DvdE0
>>161
上にも書いたけど、その考え方でも、死は肉体の完全な損傷なんだから、何の出力も出来ない状態が死なんだよ。それって結局は感覚も記憶も意識も出力出来ないって事じゃん

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:52:40.40 ID:VvDMhMWUO
>>170
それは転生やらがないと考えた場合だろ
幽霊、生まれ変わりがあるなら以前の肉体を必要としないから問題ない

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:58:59.22 ID:IdX9DvdE0
>>174
いや、転生や魂については別問題だよ。俺が言いたいのは、とにかく一回無になるって事

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:10:19.23 ID:VvDMhMWUO
>>177
魂が無くならないなら無にとは言えないだろ
無が何なのか分からんが魂だけで思考できてもおかしくない

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:17:27.11 ID:IdX9DvdE0
>>184
思考のメカニズムは知ってる?人間我々がなぜ他の動物より高度な思考が出来るかとか

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:20:32.83 ID:VvDMhMWUO
>>191
知らん。というか判明してんのか?
軽い説明をくれ

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:24:45.10 ID:IdX9DvdE0
>>194
言語化された世界があるからだよ。言語って習慣と記憶で作られるんだけど、習慣と記憶は肉体に依存してると俺は思う。魂だけで思考出来るなら、魂に記憶能力が無くてはならないんだけど、魂に記憶能力があるならみんな前世の記憶があるはずだよね

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:38:08.75 ID:VvDMhMWUO
>>197
新しい肉体はその記憶を呼び戻すことができないとも考えられないか
魂が記憶を持たない証拠にはならないと思う
あとすまない転生について話したのはズレていた

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:45:46.05 ID:IdX9DvdE0
>>203
じゃ記憶は海馬が司ってるって言う脳科学は無視していいの?ソフトハードの話を持ち出すなら、魂が肉体から離れた時点で、出力出来ないから魂は記憶にアクセス出来ない事になるけど

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:49:25.98 ID:VvDMhMWUO
>>209
それ証明されてんの?
自分の浅い知識だと思い出す時に多く働くとしか聞いたことないが
後半の話は記憶が肉体に依存するって仮定だろ?

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:00:42.26 ID:IdX9DvdE0
>>212-213
よし、じゃこの際、記憶を保管するのを魂だと仮定しよう。でも、保管した棚には鍵がかかっていて出せないんだよ。鍵は海馬ね。海馬は肉体ね。魂側に情報があったとしても肉体側の助けが無くてはそれは荷物にしかならないって思うけどね

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:08:38.78 ID:8SKUgbnK0
>>217
・魂も肉体も両方に記憶を司るものがある
・アウトプットするためには肉体の助けが必要である
・魂だけが記憶を持っていたとしてもそれは機能しない

ってことは結局魂に合った肉体が用意されなければされるまでは不要なものになるな
前世があったとしてその記憶が俺らにないってことは 適合した肉体ではないから、とも言えるかも

オカルトすぎる話にはなってしまうし、本当かどうかわからんけど前世の記憶をもってると自称する人がチラホラ居る
その人達ってのは要するに「適合した肉体を手に入れることができた人」ってことなのかもしれん

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:14:33.61 ID:VvDMhMWUO
>>220
個人的にその考え好き

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:31:31.47 ID:Z5XHytME0
つうか遺伝子、有機物で人間ができる不思議

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:38:16.23 ID:6UjxIJhm0
>>150
遺伝子って工業機械動かすシーケンスみたいなもんだからな
よくもまあこんなもんが自然発生したもんだと感心するわ

これを神の御業と言う連中も居れば宇宙人がどうたら言い出す奴も居るわけで
つか、神はともかく宇宙人が関与してんなら、その宇宙人はどうやって発生したのよ?
って言う疑問が浮かぶんだけど、そこまで言及する奴のまあ居ない事
笑えるよね

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:42:11.05 ID:GJK9+q560
もし人生が本当に1度っきりしかないとしたら
アフリカだとかに生まれた人や、病気や事故で生まれてすぐに死んだ人たちがあまりにも可哀想すぎるので
やっぱ転生はあってほしいわ
てか俺自身が糞みたいな人生送ってるから次があってほしいと心から願ってしまっている

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:45:32.59 ID:NVIKRfav0
>>162
次があったとしても逆転はねーよ
最低の両親のもとに生まれて、殴る蹴るだけの躾を施され
怒られないようにピエロのように振る舞って
当然コミニュケーション能力は皆無なまま学生になって
周囲から浮く存在となっていじめられ引きこもって
引きこもりの反動で学業は疎かで体は弱く最低な人生

繰り返したいのか?いっそ終わってしまえ

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:50:34.88 ID:+VvzAFzZ0
転生するしないってのは現在の科学では証明できない
まあ転生するメカニズムが多少なりとも解明されない限りは転生しないってことになるわな
転生が100%ありえないとは言わないけど限りなくオカルト

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 05:59:08.77 ID:VvDMhMWUO
俺の考えでは魂はPC、肉体はその他デバイス
死ぬと入力出力できないから無くなったと感じるだけ

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:12:49.20 ID:g3H07Lsh0
ただ、死後の世界はちゃんとあるよ。
ちょっとした仮死状態で見てきた。
それは覚醒の状態で脳が感じた事かもしれんが、
俺の場合は光の中だったよ。
とても汚れのないなんというか、
100wの電球みたいな、ふわふわ浮いた光源だった。
気が付いて人間の体に戻るのが汚らわしいくて嫌だった。

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:14:43.63 ID:I0DgyQKp0
夢も見てない
自分が死んでることさえ分からない
わからないといういしきすらない
全0

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:17:08.55 ID:g3H07Lsh0
>>187
うん、そうだけど、でもちゃんとあるんだ。
信じたかないけど。

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:19:47.53 ID:I0DgyQKp0
無になったって
どうせ無から生まれてきたんだから宇宙は

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:24:57.74 ID:g3H07Lsh0
思考だとか、もっと先の心だとかいうものは人間の意識が複雑に絡み合って滲み出てくる状態だろ。証拠に痴ほうなんかは心も欠損してきている。ただ、魂=心ではないよね、

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:30:24.73 ID:g3H07Lsh0
朽ち果てて「0」になってしまうのは思考や心までであって、
魂まで消滅する訳じゃないんだよ。
定義できないけど。

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:42:35.42 ID:dxn5gimk0
そもそも無なんだから考えるだけ無駄

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 06:55:11.73 ID:BCX/xTSC0
>>1みたいな事を言う奴が理解できない。
受精する前を覚えてるとでも言うの?
その状態に戻るだけだろうが。
要は「存在しない」んだよ。

何で自分という存在が永遠に続くと思うのか
その過剰な自身はどこから来るのか理解できない。

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:00:32.94 ID:Y07iu5+W0
死後の世界とかそういうのは人間の尊厳のためにあるんだよ

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:08:56.68 ID:VpVK+kzHO
あと二千年くらいしたら脳ミソのバックアップ取れるようになんじゃね?
個人の記憶と思考パターンをデータ管理
肉体が死んでもデータ呼び出せばいつでもそいつとお喋りできる

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:10:54.45 ID:8SKUgbnK0
>>221
二千年も何も、もうすでに研究は始まってて2025年には可能になるって言われてるぞ

『不老不死』のいま:脳のバックアップが2045年に実現するかも!!
http://world-fusigi.net/archives/7278569.html
236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:34:03.72 ID:VvDMhMWUO
バックアップ取れたら楽しそうだな
不完全性定理的には取れなそうなのが悲しい

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:47:45.24 ID:VvDMhMWUO
人格ってそのまま引き継げるのか?
分子はそのまま組めても電子の状態までは組めないと思うんだが

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:51:43.39 ID:Xm3Pm4ZB0
>>241
俺はその辺を学んでないから判らんけど
脳って電子の挙動レベルで判断が異なってくるんかね?

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:56:26.97 ID:VvDMhMWUO
>>242
電気信号で感覚運動を伝えてるから変わるんじゃないかな
俺も学んで無いんで妄想ですまん
今さらだけど分子の正確な位置も定める方法なさそう

251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 08:06:52.33 ID:Xm3Pm4ZB0
>>246
電気信号と電子って、関わりこそあるけどこの場合視点が違うで
例えば車のオイルを同種の別のオイルに変えても、クルマの挙動が変わるわけじゃないし

っていうか、これは「もし完全に俺と同種の分子配置をしたモノがあったとしたら、そいつは生きてんのか」って話になってくるな・・・

【疑問】記憶は再構築出来るか
http://world-fusigi.net/archives/7213355.html
245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:55:53.34 ID:8SKUgbnK0
>>241
人間の動きというのが丸っとパターン化されているのならできるんじゃね
だからこそ成長となると難しいんじゃないかって思ってる

人間の動きのパターンの元となるのが記憶なのであれば
それを元に作り出すことが可能、みたいな

もっとも、俺は魂の存在肯定派だから魂が付与されてなけりゃ
ただのそっくりさんであると思うけど
スワンプマンみたいな話だな

スワンプマン

スワンプマン(Swampman)とは、1987年にアメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンが考案した思考実験。「私とは何か」といった同一性やアイデンティティーの問題を考えるのに使われる。スワンプマンとは沼 (Swamp) の男 (man) という意味の英語。

ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。

この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。スワンプマンは原子レベルで、死ぬ直前の男と全く同一の構造を呈しており、見かけも全く同一である。もちろん脳の状態(落雷によって死んだ男の生前の脳の状態)も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える[1]。沼を後にしたスワンプマンは、死ぬ直前の男の姿でスタスタと街に帰っていく。そして死んだ男がかつて住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みふけりながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。

wiki-スワンプマン-より引用
関連:思考実験 スワンプマン
244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 07:55:18.88 ID:ET1nQRXT0
>>1には一生かかっても理解できないよ

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 08:01:49.09 ID:ZhNJJkbk0
死んだら苦しむ脳もないから別にいい

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 08:02:30.71 ID:SAd7HlNg0
死んだら無にいく
ソースはデスノート

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/02(日) 04:40:23.42 ID:OO/nHCpf0
無に関しては友人と死ぬ程話して無という何もない状態が有ると言うよくわからない結論に至った



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死んだら無になるという感覚が理解できない。お前ら理解できてんの?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2014年05月24日 16:30 ID:A3JhrpAs0*
ぼくが死んで幽霊になったら映画やコンサートを毎日タダで見て、勝手に飛行機や電車に乗って世界中を旅するんだ。ロケットに乗り込んで宇宙にも行けちゃうね。
2  不思議な名無しさん :2014年05月24日 16:37 ID:6TOXcCNOO*
電気が通っていないハードディスク
それを思い浮かべれば?
3  不思議な名無しさん :2014年05月24日 16:39 ID:r4LwwwUd0*
魂はUSB、体がパソコン本体的な?
4  不思議な名無しさん :2014年05月24日 16:41 ID:87.4U7xN0*
ある意味宇宙に帰って行くんだよ。
5  不思議な名無しさん :2014年05月24日 16:55 ID:247D.ZJP0*
死後の世界について詳しく知りたければ「シルバーバーチの霊訓」で検索してみろ
6  不思議な名無しさん :2014年05月24日 16:56 ID:yXrm.kCc0*
証明のしようがないのに輪廻転生が正しいって主張してるヤツ何なんだよ
7  不思議な名無しさん :2014年05月24日 16:58 ID:7fcmjUbh0*
繋がりがない状態が無だと思う。
どんなに引きこもっていても脳と体、心もしくは魂と脳、体と心もしくは魂とは繋がっている。虚無感は感じても虚無感を感じるつながりがある。よくアニメで無の世界にとか虚無の世界を描くために次元のない黒い世界でただ一つ存在してる主人公とかあるけれど、思考したりしてる時点で無ではないんだよね。だからこその虚無の世界なんだろうけど。無を描くためには描こうとする意志が滅失しなくちゃいけない。
そんで死んだら無になるかというとそれは無によると言ったらおかしいけれど、感覚がある時点で無にならない。体と脳が繋がっているから。だから理解した時点でそれは無じゃなくなるとかそんなパラドックスの問題になるのがオチ
8  不思議な名無しさん :2014年05月24日 17:10 ID:16l98N7d0*
この>>1って、ちょっと前に「死んだら全部無になってしまうのに生きることに意味あんの?」って言ってた奴だろ? 思考が退化しとるな。
9  不思議な名無しさん :2014年05月24日 17:35 ID:wuD3yRGK0*
死んだ霊が人に憑依して事件を起こしている

死んだら無になんかならないよ 多くの魂は霊界に行く
そしてまた いつかこの世に生まれ変わって来る
10  不思議な名無しさん :2014年05月24日 17:41 ID:VQj6Z3IA0*
このなかにせいかいあります
11  不思議な名無しさん :2014年05月24日 17:42 ID:VQj6Z3IA0*
ららららららららららら
12  不思議な名無しさん :2014年05月24日 17:51 ID:evDFrBeX0*
真面目な話・・死んだあとの世界とは
無ではない。寝た状態が永遠に続くのでも無い。

火葬されて、肉体が消え、火葬場の煙突から気体となって出る。
その気体もさらに細かくなり、ナノレベルまで小さくなる。

それが地面に落ち、微生物の要素になり、植物の栄養になり
全ての源になる。

これこそ、(宗教でもなく本当の意味の(輪廻転生)です。)
死後から(本当の意味で戻ってくる(一部になる)のです。)

・・現実的なサイクル輪廻転生です。
この説を僕は強く信じます。
13  不思議な名無しさん :2014年05月24日 18:01 ID:QFP.lQen0*
どうしてそこまで個人の自我を絶対視できるの?
昨日の自分と今日の自分との違い
あなたと私の違い
私の脳と私の足の違い
どれもそこまではっきりと区別されるものだろうか?
自我なんて曖昧なものに過ぎない
しかもそれは遺伝子の道具に過ぎないんだよ
そしてその遺伝子も自らの存続と複製を目標とする自然現象に過ぎないと思う

14  不思議な名無しさん :2014年05月24日 18:13 ID:68ClIqcl0*
金と宗教は超優秀な支配ツールですからなぁ
15  不思議な名無しさん :2014年05月24日 18:57 ID:6ZZ5.nkH0*
HDとかUSBとか言ってるけど
実はクラウドに似てるよ。

魂は一つで端末機を俺らが「自己」と認識しているだけ。
集団意識とか潜在意識では人はつながっているっていうのも
もとが一つだから。認識はできないけど。

端末機が死んでも自分のデータはそのままだから
自意識はあるんだよ。
転生の時は新しい領域とパスワードを与えられるから
その端末では呼び出せないけどね。
死んだらまた自分の全部が見渡せる。

「そんなんしたらデータが増え続けてパンクするじゃん」って
思うかもだけど
あの世に物理は無いから心配無用。
16  不思議な名無しさん :2014年05月24日 19:43 ID:PjSFjkmw0*
『生まれる前は俺は居なかった』って世界。
『死んだ後は俺は居なかった』って世界。
前者が想像できて、後者が想像できなって、
ちしょう?
17  不思議な名無しさん :2014年05月24日 19:49 ID:O1utDEoi0*
死ねば解決
さぁ逝ってみよぉ
18  不思議な名無しさん :2014年05月24日 19:55 ID:onH8ilXx0*
とりあえずいやな現実から逃げる時に考えることの定番
19  不思議な名無しさん :2014年05月24日 20:12 ID:LCe65tE30*
明日から働かなくていいやという感覚。だけど恥ずかしい過去は見られないように処分しておきたい。
20  不思議な名無しさん :2014年05月24日 20:18 ID:fQs6bxKL0*
死を予測するのは死の不安を解消するための逃避
死を妄想するのは死を克服した後の暇つぶし
妙に批判的な奴は逃避だから自覚しておこうか
21  不思議な名無しさん :2014年05月24日 20:49 ID:PApzU1ix0*
こういう説を唱えてる人はまさに"人"が基準だが
生きている以上魂があるのなら虫だって動物だってそうだよな?
輪廻転生で次はハチに生まれたりするのか?
今日踏み潰されたアリが次はどこかの惑星の超エリートビジネスパーソンになるのか?
俺の前世は織田信長だったのか?
死んだら無ですよ。そりゃ。永遠に。
地球や太陽が爆発する日を迎えないで、幸せだろう。俺達は。
それまでに終わっているかもしれないけれどな。人類自らの手で地球を滅ぼしているかも。
その瞬間に立ち会えないのも、なんか悲しいかもしれんが幸運であるともいえる。
輪廻転生論の奴、地球が滅んだ後は何に生まれる事ができるんだ。
22  不思議な名無しさん :2014年05月24日 21:32 ID:0MuFI5ppO*
む.むむむ.むむ.日々の、寝る直前のアノ感じなんじゃない??ま、今一緒に楽しもう世!てな感じ.
23  不思議な名無しさん :2014年05月24日 21:57 ID:iH80cw0.0*
すべての命はあの世からやってきた。
あの世に帰るだけの話だよ。
水の循環と一緒。
魂の循環だよ。
24  不思議な名無しさん :2014年05月24日 22:23 ID:pb0h6pdj0*
輪廻転生を理解してる奴がいない
輪廻は自分という存在はどう変わろうとも自分であり続けるという論理から出た帰結なんだよ
赤ん坊の時の自分も子供の頃の自分も成人した自分も老人になった自分も同じ自分だ
どんなに変化しても自分というものはなくならないんだから生まれてくる前も死んだ後も自分という存在は永遠に続くのだろう
という古代インドの思想が輪廻転生だよ
25  不思議な名無しさん :2014年05月24日 22:52 ID:ZKcWEb.hO*
宇宙のほとんどを占めるものは魂なんだよ
生命には等しくみんなに魂があるんだよ
死ぬとみんなの魂は空間に放り出されるんだよ
宇宙は膨張してるよね
宇宙にいる生命から小さな生き物、植物みたいな生き物、みんなが宇宙空間にほうりだされてくから、宇宙はひろがるんだよ
26  不思議な名無しさん :2014年05月24日 23:15 ID:mf25.pUT0*
無になった事は無いからわからんな
27  不思議な名無しさん :2014年05月25日 00:11 ID:HM..I0QM0*
昔電車で通勤途中、胸が痛くなって意識が遠のいて気絶してたらしい
ことがある それはまったくの暗闇な
テレビとかでよく取り上げられる臨死体験なんてものは全くなかったな
結局意識とりもどして生きてるんだが
それが死だと思ってる 無というより暗闇が正しい
28  不思議な名無しさん :2014年05月25日 02:11 ID:VzC5tHQy0*
人工知能が人間のように思考でき喜怒哀楽を表現出来たとして
全ての思考が停止することに恐怖を感じるだろうか
自分が無くなるということに対してどう認識するのか

そんなところにヒントがあるかも
29  不思議な名無しさん :2014年05月25日 07:20 ID:XBmnMhoG0*
みんな語尾に「らしい」を付けたら解決
30  不思議な名無しさん :2014年05月25日 07:50 ID:CfMZu6AX0*
「無にはなれない」で終了
31  不思議な名無しさん :2014年05月25日 08:54 ID:QnB5jOQP0*
「天国とか地獄とか信じられないから無い」という論理上の話だ。感覚を理解なんかできるはずないだろ。
32  不思議な名無しさん :2014年05月26日 14:17 ID:d4VZz8Z00*
死んだら無になるのが怖いってのもわかるけど、死んでも必ず何かに生まれ変わって終わりがないっていうほうが、俺は怖い
適当な寿命の区切りがあるだけで、五億年ボタンどころか無限ボタンじゃねーか
33  不思議な名無しさん :2014年05月26日 15:58 ID:sYrxRMLN0*
今の自分が無くなるから、無になるのかと思ってたが。

魂は電気のようなもので、肉体が死を迎えればそこから抜け出て、
また新しい肉体に入る。
ただ魂に記憶をセーブする機能は基本的に無いので
器ごとの記憶は存在しない…というのを気に入っている。

魂は死後数日~数か月は記憶しているが、順々に消えていき、
新しい器の記憶で満たされるのだとすると
色々な現象に説明が付く気がするな。
34  不思議な名無しさん :2014年05月26日 19:01 ID:nqdWOhKm0*
今現在の自分こと"自我"がそもそもなんなのかがよくわからんのに
死んだ後のこと考えてもなあ

自我ってなんなのさ
35  不思議な名無しさん :2014年05月26日 21:00 ID:c.SYRVDc0*
俺の前世は確か人間じゃなかったww
何かはわからん。神とかw
それより二次元行きたい
36  不思議な名無しさん :2014年05月26日 21:10 ID:KJn18izYO*
死んだら先があるって信じてる人は怖いから言ってるように思う。
眠る直前の意識がない状態が永遠に続くってのはやっぱり怖いからね。


でも自分はこの無になるってのが正しいと思う。臨死体験した人の殆どが心臓停止後数分で生き返った人ばかりで厳密には死んでない。だからその体験は夢みたいなものって言われたりする。脳がそう見せてるってね。周りの景色が~っていうのも耳や体感で情報取り入れててそれが脳内で映像化して見せてるとなんかで知ったな。


死後に期待しても何もないよ。だから今をしっかりと生きるしかない。
37  不思議な名無しさん :2014年05月26日 22:52 ID:89ZWLowZ0*
死んで忘れ去られる事が無だと思うなぁ・・・
それまで死ねないよ永遠に♪
38  不思議な名無しさん :2014年05月27日 02:16 ID:qxoAR0qqO*
いやむしろ無でいいと思うんだが、死んでからまで何するの?

と思ったけど
本編>>6みたいに彷徨うのも少しの間ならいいかもしれない

絶対いたずらしにいくよね変な意味じゃなく(笑)
死んでからもしどこでも行けるなら、ちょっと行きたい気分満々だ
そんな人が大半じゃないの?
39  不思議な名無しさん :2014年05月27日 21:52 ID:.P4xrgFC0*
死んだあとも続きがあるだなんて、勘弁してくれよ
映画か漫画の見すぎだろう
40  不思議な名無しさん :2014年05月28日 00:05 ID:CJYbOHhK0*
輪廻転生は絶対にあるよ。下の2つの著作を読んでも、輪廻転生がないと思う人は、真のバカか、または、他人を絶対信用せず自給自足してる人のどちらか。
「生きがいの創造」(決定版) 飯田史彦 著
「プルーフ オブ ヘブン」 エベン アレグザンダー 著
41  不思議な名無しさん :2014年05月28日 09:07 ID:d2b49MOx0*
死後があるという人は逃げているとか、
死後は寝ているときの感覚だと無を信ずる者は言うが、
全く逆の場合も多いのではないか。

死後も存在し続けたら嫌だ、という考えから
無を肯定する奴もいるだろうし、彼らを一概に
逃げていると批判するのはどうだろうか。
寝ているときでも脳は活動している。
それを死後と同意義に考えているのはおかしいだろう。


タナトスとヒュプノスは兄弟だががそれは神話上の話であって
現実ではない。死は死。眠りは眠り。眠りの無を経験したから、
それを死と想像するのは死後の世界があると想像する奴と変わらない。
証明出来ないのはいないのと同じなのではない。
証明できないからこそ、そこに存在する余地がある。
無も存在し得るし、死後も存在し得る。
それは逃げではなく、思考停止ではなく。
未だ未知なる世界の余地ではないか。
42  不思議な名無しさん :2014年05月29日 01:30 ID:7HfNfwvE0*
肉体と魂を分離されて別々のものとして見るのがそもそもおかしい
生物ってのはパソコンと電気みたいに例えることはできない
魂に対して肉体が依存してるわけ 肉体ってのはいわば魂の副産物のようなものであり表現体なんだよ 肉体の中に魂が宿ってるんじゃなくて、魂の動きに対して肉体が反応してるわけ 肉体を形作っているエネルギーが非物質的存在だから実際には肉体なんてはっきりとしたガチガチの物体は存在しないと言っていいかもしれない なぜならそれは魂や精神といった非物質的存在の在り方に依存するから。内面の変化によっていかようにもその姿形を変えることができる
だから人間はパソコンと違って自ら姿形を変え進化する
43  不思議な名無しさん :2014年06月05日 04:47 ID:ScqR.cGDO*
去年お袋が死んだけど、みごとに関わりが遮断された感じ。
もう少し残像みたいのがあるように思ってたから、ちょっと唖然としてる。
「片思い」みたいな一方通行の感覚、しかし100%の空振り、万一AKB付き合う確率より、お袋と握手できる確率の方が低い現実。この「無」感覚てか。
44  不思議な名無しさん :2014年06月10日 14:57 ID:qkB07T.c0*
人間の体の中でいろんな化学的、電気的、物理的な現象が起こってるけど
その現象の一つ一つに魂の微少な単位見たいのが発生してて、複雑になればなるほど大きくて高度な魂になっていくとか。

なので火が燃えるとか風が吹くとか水が落ちるとかそういう単純な現象にも
微少な魂が宿っててかすかな人格見たいのがあるのかもとか考えると
この世の中が魂とかに満たされてるとか思えてちょっとアニミズムっぽくて
好きだが

こういうネタでSFともファンタージともつかない小説でも書いてみたいけど話を考える頭が無い。
45  不思議な名無しさん :2014年06月25日 07:31 ID:Lut2pxuM0*
睡眠時に夢も見ていない、自意識も感じない、体の感覚もない、当然時間の感覚も感じない。
気づいたときには夢を見ている。気づいたときには朝起きている。
あの何もない状態こそが一番身近な無だよ。
46  不思議な名無しさん :2014年06月29日 00:25 ID:jUtJXu6v0*
意識が亡くなるっていう感覚は人間っていう入れ物だから起こるわけで
もし睡眠がいらない生物とかだったら、意識が消える感覚が死後の世界だと思わないだろうな
意識が無い状態ってのは人間の入れ物に留まるための手段であると俺は思ってる(生きるために睡眠が必要とか、意識をなくして痛みを和らげるとか)

むしろ死んで脳っていうフィルターが無くなれば永遠に意識があり続けるかもしれない

まぁ妄想なんだけどね
47  不思議な名無しさん :2014年07月08日 14:39 ID:PnKAOQvK0*
死んだ後に無の方がマシだって
最近思うようになった
48  不思議な名無しさん :2014年07月26日 20:39 ID:OLPmeLVf0*
「パソコンの電源切る時と同じ」って言う奴いるけど、
人間と電化製品を一緒にすんなや。
49  不思議な名無しさん :2014年08月04日 03:10 ID:jPcburMnO*
何億年も意識も何もない暗黒世界が無 人間全員にいつか必ず来る
50  不思議な名無しさん :2014年08月05日 14:54 ID:OpfvABKs0*
面白い話。
死後の世界否定論者だった弟。
8年前に逝去。葬儀後、残された3歳の娘と会話してた。
家計周り一切仕切っていたようで、嫁さんオロオロしてたところ、娘通じてほぼ解決。
信じようと、信じまいと、あなた次第。
51  不思議な名無しさん :2014年08月15日 04:06 ID:ZqJsAYbh0*
死んだら
何にも無い
楽も無い
苦も無い
ようは、死んだら終わりです
無なのです
天とか地とかは人間が(宗教)
作り上げた話です!
仏教ならば坊主が頭を抱えて
作り上げた天と地獄
三途の川、あの世、49日、法事すべて金を得るために(坊主)作り上げた行事です
人間が(魂)生まれ変わる?
200%作り上げた話です
すべて人間が金を得るための
悪知恵 です
般若心経が物語ってます
すべて無なのです
52  不思議な名無しさん :2014年08月20日 22:22 ID:0cEb2c140*
主題とは関係ないけど
眠りより麻酔の方が無に近いんじゃね、って言ってる奴は目の付け所が鋭いな
確かにあれは眠りとは違う何かだ
眠りだと時間の経過は感じられる
PCがスリープでも時計は動いてる的な何かがあるが
麻酔は時計まで止まるんだよね、本当に時間が飛ぶ
53  不思議な名無しさん :2014年08月23日 01:29 ID:4jeTdzhs0*
ひとつのものに帰っていくとか

天国地獄だとか

無になって消えるとかあるが



実際はわりとフリーダムかもしれんな
光を遥かに越える早さで魂だけで宇宙旅行とか

そのへんさまよってるとか

転生するとか


どうなってるかはわからんが
案外そんな感じなのかもしれんな

54  不思議な名無しさん :2014年08月26日 17:31 ID:tLduzBXd0*
※41の論理的思考力の高さに感心した。
断定している連中よりも、1コ上の人間。
55  不思議な名無しさん :2014年09月01日 09:12 ID:WildfMxs0*
昆虫の遺伝子に勝つにはあの世があるかなーないかなーとか考えることができる頭の良さが必要だから並行世界とか存在しないものを考える空想能力を身につけて絶対的存在の昆虫に対抗したのであった
56  不思議な名無しさん :2014年09月04日 01:21 ID:q0Kgm.h.0*
死んだら無っていうのも人間の妄想であって真実では無いんだよな・・・
これは生きてる限り分からない問題だ
57  不思議な名無しさん :2014年09月07日 15:08 ID:pX0LLB6e0*
死んだら無になる。死んだら生まれ変わる。死んだら幽霊になる。死んだら天国or地獄に行く。死んだら別の時代に生まれるかもしれない。死んだらどうなる?
別の星…人間の知らない星の生物に生まれ変わるかもしれない。0と1XとY
地球の心理、宇宙の神秘、未知なるもの、待ち受けているものは何か。死ねばわかる、死なないもの、生まれて生きている者には想像できないものである、と考える。
58  不思議な名無しさん :2014年09月08日 23:45 ID:DuGDKkjT0*
意識をXとし、無を0とすれば
f(X)=0X
でいいんじゃね?

『論語』ではこんな会話がある。
弟子「先生、死んだらどのような世界があるのでしょうか?」
孔子「今生きている事もよく分からないのに、死んだ後など分かるものか」
59  不思議な名無しさん :2014年09月10日 02:19 ID:GAIpb4vq0*
人は死に恐怖するのではなく
死の瞬間に自分に降り掛かっている心理的異常や事象に恐怖するのである
60  不思議な彦根さん :2014年10月29日 02:54 ID:ncBDWn7V0*
体が生きていても認知症・アルツハイマー・脳挫傷とかでものの認知はおろか意識すらない人がいるのに,死んでも意識があると信じてるやつってある意味すごいと思うわ。胎児,とくに無脳症のやつとか,冷凍保存されてる人とかのたましいはどうなってるのよ?精子や卵子にも魂あるの?ただの細胞のかたまりだろ。受精卵が死んでも天国行って楽しく暮らせるの?はたちになって?(笑)死後の世界が無である根拠がない? 根拠だらけでしょ。「死後の世界がある」という,死の恐怖をやわらげるミームがアホの脳に感染して蔓延してるだけなんだよ。
61  不思議な名無しさん :2014年11月05日 01:40 ID:D.nurG0OO*
生まれる前の感覚が無だとすると、やはり生命誕生とともに魂や心ができあがり、でも幼い時には魂や心の意識はあったのか、親の教育や環境で子供の心は違うし、亡くなったらどうなるのか?
62  不思議な名無しさん :2014年12月16日 13:55 ID:l.uBe1ax0*
死んだら無になると信じています。友達が死んで写真加工されてそれ見た時ビックリしたけどそれってIPHONEを脱獄してたから丸見えだったんだろうなとか思う ある程度幻覚剤使ってると脳の知覚によって引き出されてる映像なんだなって慣れるとそれで対処できる 霊がでてくるとか見えるとか時代遅れな事はやめてくださいw
63  不思議な名無しさん :2015年02月14日 21:41 ID:kfTa1FEK0*
俺的には人が死んだ瞬間、ランダムな世界、ランダムな場所、ランダムな時間、ランダムな時代の母親の腹の中にできるのではないかと思う
そして自分自身の魂はまた違うランダムなところにリサイクルされるんだと思うな
64  現世界と異世界に生きる。 :2015年02月17日 15:01 ID:jNoDGCfI0*
輪廻に関してはすべての人間の魂が人間に生まれ変わるわけではないと思います。

夢の話では私の家庭に生まれ変わるつもりだったと言っていた6人の霊、
その6人の霊は私に行っていました。
6人の内の3人は私が飼っていた猫ちゃんから、あと3人は私か娘か息子の誰か・・・

そう言っていた夢を見たことがあります。
ですので人間の魂は人間以外の生き物にも生まれ変わることもあると思います。

65  現世界と異世界に生きる。 :2015年02月17日 15:42 ID:jNoDGCfI0*
ちなみに自殺者でも家族に手厚く葬式などしてもらうと、成仏はできると思います。
ですが次生まれ変わる時期にその人はどこに輪廻するか?
もしかして人間界よりも恐ろしい動物の世界(畜生堂)かも知らない。
細かいことを考える必要のない世界、子孫を残すための生き残りをかけた動物の世界に輪廻転生することも有り得ると思います。

ちなみにこのサイト私が書きたいことがかけないときがあります。ほかのコメントを見ても私のコメントは許される範囲だと思いますが・・・・?




66  不思議な名無しさん :2015年02月17日 16:44 ID:jNoDGCfI0*
一番書きたいこと再度書いてみます。
人間界には生き物すべてが生殖しています。
地球上において畜生道もあります。
畜生道とは、動物の世界自然界で子孫と生き残りをかけた世界です。

その動物たちは常に生死をかけた戦いが繰り返されています。
弱肉強食の世界です。
もちろん人間界も同じ、この世に疲れたということは死を意味します。
それで自殺をしてしまったとなるとその人の精神が弱いからです。
その人の精神を強くさせるための畜生道ともいえるのではないでしょうか?
そして死を何度も繰り返し晴れて人間界へとということも考えられます。
ですが人間界に生まれ変わったとしてもそこから人間として1からやり直し、普通並みの生活ができない、貧乏で学校もいけないなどの修羅場が待っているかもしれません。






67  現世界と異世界で生きる。 :2015年02月17日 17:03 ID:jNoDGCfI0*
ちなみに自殺以外の災害で命を落とされた方々もいらっしゃいます。
それもすべて生きている間の地獄ともいえるでしょう。
生きている間の地獄と言えば戦争もその一環ですね!
なのでこの世に地獄はないのではなくあります。
そしてあの世にも成仏できていない、迷っている霊たちにとってもこの世は地獄なのです。

あの世とこの世の平行線にある世界は人間界というよりも、地球上にいる霊たちの世界でもあるのだと思います。
68  不思議な名無しさん :2015年03月07日 02:31 ID:lULETlit0*
一筋に集中していて、頭の中に何もなく感情も動かない状態になるだけ
それが永遠
宇宙の意志ってやつに戻るだけだからね
69  不思議な名無しさん :2015年04月05日 20:56 ID:ot.i0o.10*
そもそも魂自体ないでしょう いち生物にすぎないのだから
霊だって存在しないでしょう すべてが人間界の想像にすぎないのだから
70  不思議な名無しさん :2015年04月18日 09:40 ID:t87vmu7n0*
寿命で死にたい。痛みがないらしいし
71  不思議な名無しさん :2015年05月13日 17:29 ID:5hgKGCFP0*
>>60
確かにアルツってる人の自我ってアルツる前の自我とは違うよな。
なんとなくだけど。魂とか自我って言葉に宿るんじゃないんかな。
物覚えのある記憶って言葉を覚えた3~4歳くらいでしょ。
でも犬とか飼ってるとコイツに自我がないとは到底思えないんだよなぁ~。
まぁ、確かに上で書かれているとおり、現実がいやでこういう妄想してんだけどさ。
来世に期待ageみたいな。
72  不思議な名無しさん :2015年05月14日 06:39 ID:NqsafdITO*
生まれてくるまで何かかんじましたか?生まれる前が無だよ無死んだら無だよ何も無い無だよ
73  不思議な名無しさん :2015年05月14日 06:42 ID:NqsafdITO*
宗教なんて無いよ何度言えば解るの?無と言えば無何も無いだよ!
74  不思議な名無しさん :2015年06月13日 02:21 ID:hBH05Kag0*
魂なんて、ただの蛋白質や脂肪や水分その他有機物の塊にしか過ぎない人間に存在している訳ないだろう。
あると信じ続けてるならそれはパラノイアだ。

人間の思考は脳の大脳新皮質が、記憶は海馬がそれぞれ司っているというのは一般的な学説だし、その思考も自分の複製を後の時間軸に残す、つまり効率的に子孫を生産するためのツールに過ぎない。
つまり魂なんてものは人間の妄想以外の何物でもないんだよ。
75  不思議な名無しさん :2015年06月21日 08:39 ID:U9VRqhaO0*
死んだら無になるだろ。

輪廻転生なんてありえない。

地球が崩壊したら人も動物も植物も全てそこで終わりだから、生まれ変わるとか来世などはない。

どっかのアニメの最終回?映画みたいに、魂ごと別の銀河に行くなら別だけど
76  不思議な名無しさん :2015年07月07日 20:32 ID:JWbJVqL60*
死んだら無になるのならなぜ生物は子孫を残したがるのか
77  不思議な名無しさん :2015年08月28日 14:38 ID:.GcO4KSe0*
最初から存在していないものが無くなるだけだろ
78  不思議な名無しさん :2015年12月14日 20:52 ID:B73zxtLN0*
実はダークマターって魂のことなんだ
79  不思議な名無しさん :2015年12月19日 01:08 ID:sxIf3DIO0*
無になるのは救い。
80  不思議な名無しさん :2016年02月02日 20:37 ID:T.t9nBuy0*
死んだら生まれる前の状態に戻ると思う。生まれる前のことは何も覚えてきません。また無意識です。この状態に戻ります。もっと簡単に言えば、宇宙に帰ります。宇宙の一部分、単なる宇宙の物質にもどります。以上。
81  不思議な名無しさん :2016年02月09日 07:14 ID:jCpyrRzRO*
臨死体験ってどうなんでしょうか?まだ脳が生きているから?脳が死んだら、やっぱり無なのかな?
82  不思議な名無しさん :2016年02月16日 06:15 ID:6iwg6FFE0*
俺が死んだら、五次元の世界?からお前らに情報を送ってやるよ。
ちゃんと受けとれよな。
83  不思議な名無しさん :2016年02月18日 17:26 ID:vVpE4tuh0*
※81
脳死状態で臨死体験をした人もいる
84  不思議な名無しさん :2016年03月06日 19:33 ID:3KO1G9LN0*
自分とバイバイすること!それが死。
一番親しい人間とサヨナラするんだから、苦しいのは当たり前。
もしかするとお母さんとの別れの方が寂しいかな?
それでも、ちゃんと死ぬってことの意味をわかってるといいことが沢山あるよ。
85  不思議な名無しさん :2016年06月02日 21:34 ID:dRx1hJJd0*
お前ら、バカな事ばっかいってないで今をもっと楽しみなさい。
86  不思議な名無しさん :2016年08月13日 13:36 ID:7gkG8sG10*
無になりたい。
死後の世界とかあるとして、自分は会いたいと思っていても
相手は会いたくないと思っていたら、好きな人に会えるわけでもなし・・・
その逆もしかり。自分だけに都合のいい自分の作りだした死後の世界なら
あってもいいかなと思うけど、やっぱり完全に消え去る無がいいなぁ。
物理的には火葬した骨を砕いて海にでも蒔いてもらえば、骨のカルシウムが
海の生き物の栄養になってサンゴとか海藻とかに生まれ変わることもできるのかな。
87  hknmst :2016年09月08日 02:08 ID:p50F.8IE0*
「精神」ていう名前がつけられてるから肉体から独立したものみたいに錯覚するが,「精神」と言われるのは肉体が活動して起きる現象だ。それを肉体から切り離せるはずがない。いわば肉体:精神=空気:風だ。「肉体がほろびても霊はのこる」っていうのは「空気がない真空でも風はふく」って言っているようなもの。

34: 『死んだ後は無』っていうのも結局何の根拠もないし人間の想像でしかない。
科学的根拠なら山ほどある。問題は科学的根拠を知らされても,「死は無ではない」と言い張るやつらは「科学で説明できないことがある」と言って耳をかさないことだ。
88  不思議な名無しさん :2016年09月08日 02:14 ID:p50F.8IE0*
<64 その6人の霊は私に行っていました。そう言っていた夢を見たことがあります。ですので人間の魂は人間以外の生き物にも生まれ変わることもあると思います。>

へー夢で見たことを信じちゃうの。ロマンチストだね。

<65次生まれ変わる時期にその人はどこに輪廻するか?
もしかして人間界よりも恐ろしい動物の世界(畜生堂)かも知らない。>

 いつまで大昔のインド人が夢想した輪廻とかいうたわごとを信じてるの?進化しろよ。
89  不思議な名無しさん :2016年09月08日 02:18 ID:p50F.8IE0*
>76 死んだら無になるのならなぜ生物は子孫を残したがるのか

76 その問い自体がまちがってるね。死んだら無になるから生物は子孫を残すんだろ?死んでも魂が死なないんだったら子孫なんて作る必要ないじゃん。
90  不思議な名無しさん :2016年09月24日 03:00 ID:aJEZyoIhO*
死んだら無になる ばかりじゃだめド 無から特定個人の有 が 生まれたこと これが 不自然だ  素粒子論 やって 怨霊平将門信仰してる 答えはゲーデルの不完全性定理だ
91  不思議な名無しさん :2016年12月05日 22:29 ID:PsiVfkhz0*
無になるっていう言い方が悪いんや
意識は生まれる前と同じになると思ってる
死んだら、肉体は残るけど、意識は生まれる前と同じになるということ
自分はこれだと思ってる
スピリチュアルは勘弁な
92  不思議な名無しさん :2017年02月08日 15:22 ID:YFM4pCH.0*
死んで無になるのがなんでそんなに怖いのかわかりません
なんでですか?
自分は死んだら火葬されて考える脳みそも無くなって自動的に無くなるのが当たり前でそうじゃないとその方が怖いし嫌です。
生まれ変わるとか絶対に嫌だしこの辺浮遊したりなんか絶対に嫌ですね、毎日毎日フラフラと浮遊して過ごすなんて冗談じゃないです、夢がないかもしれないけど。
どういうふうに死ぬのかが怖いだけで死んで意識も体も無くなるなら死後は怖くないです。
自分はオカルト大好きで幽霊など全否定はしませんが自分は観たくないし死後は無でいいです。
パラレルワールドがあったら、そっちではぜひこっちでの分も合わせて幸せになっててほしいとは思いますが。ただしきさらぎ駅みたいな、似てるけど恐ろしい気持ちの悪い別次元とか世界とかそういうのは絶対に嫌ですが。
93  不思議な名無しさん :2017年03月30日 18:54 ID:PgCDN6b80*
重なって存在していて、今現在もリアルタイムで死後の世界を生きている状態
とか考える人はいないの?
いくつもの世界をさ。
94  不思議な名無しさん :2017年04月15日 05:46 ID:kpzmz.MA0*
俺もすれぬしと同じ感覚だ・・・
まず冷静に考えてもし死んだ後が無だと仮定すれば生まれてくる前も無だったって言うことになるよな?
でもそれならなんで今の俺が持ってる個というか意識である必要があるんだ?それに意味が無いんだとしたら別にそれは俺という個である必要はなくね?
だからそう仮定したら俺という個である必要があったってことは生まれる前にも俺という個が存在していてそれが天界とか所謂あの世だったんじゃないかって思うわけよ
そんでそこから転生してきたと・・・
だってどう考えてもそうじゃないと辻褄が合わないし俺である個に意味が無いんだとしたらますますこの個が俺であった必要性もわからないんだが・・・皆どう思うよ?
95  不思議な名無しさん :2017年04月15日 15:36 ID:JDLKD4WB0*
94だがついでにもう一個追記あったわ
もし死が終わりだとしてそれが次の生につながらないとしたらさ
『死』が何処かに溜まり続けるってことになるよな?それこそ成り立たないと思うんだが・・・
96  不思議な名無しさん :2017年04月28日 23:27 ID:nhAjbvaz0*
医者の人が死にかけたらデータを分析してわかるんじゃね
97  不思議な名無しさん :2017年04月30日 04:40 ID:tyCj5g2h0*
何と言うか…あなたも僕で僕もあなたでって事で個人と思ってるのは錯覚であって
個性や人格とかは脳のシワや体格の違いに生じてくるもので
肉体や形が有るものが果てると皆一緒の巨大な意識に戻るんだ
ちょい理解しにくいけどね
他人や違いは錯覚なんだよ
98  不思議な名無しさん :2017年06月28日 16:48 ID:dNVSY4YD0*
じゃうなんで宇宙始まったの?
無なら最初からいらねーよ
99  田崎 :2017年06月28日 18:50 ID:0fNwHxAr0*
死んで帰ってきた人はいないから
推測で言うことしか言うことはできないけど
経験から無とういう状況に一番似ていると思うのは
眠っていて夢を見ていない状態。
感情も何もなくなるフラットな状態。
この世を苦しいと感じる人にとっては死んで無になることは救いだと思う。
逆にこの世が素晴らしいと感じていた人にとって絶望だということではなく
何も感じなくなるのだから死ん無になればどちらにとっても同じ。
死ぬ直前の感じ方の違いはあると思う。
100  不思議な名無しさん :2017年08月26日 03:43 ID:j0TUW8Q00*
なんとなく自分の信じてる物によって違うんじゃないかなって思う
天国と地獄信じてる人はそこに行くし、輪廻転成信じてる人は転成する
妄想っていうか夢を見続けるイメージ?
無だと思ってる人は無になる、それでいいんじゃないのかな
101  不思議な名無しさん :2017年10月10日 21:14 ID:Nv.Xc8Kw0*
最近死ぬのが怖すぎてやばいから死後の世界はあって欲しいという願望がある。自分の体が明らかに老いていくのがわかるようになったから今後何がくるか分からない怖さはどうにもできん。自称幽霊が見えるやつが今までに何人かいたが、はっきりと見えるなら死後の世界があるということを確信できるからかなり羨ましい。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る