不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    33

    160年前に消息を絶った英国探検船を発見…北極の氷に閉ざされ、共食いし、悲惨な結末を迎える?

    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:07:00.28 ID:???0
    160年以上前…1840年代に北極の氷に閉じ込められ行方知れずとなっていたイギリスの探検船の一隻がカナダ沖で見つかりました。
    船には探検家であるサー・ジョン・フランクリンをはじめ129人が乗っていたとされ、原住民の記録によれば死ぬ前に「共食い」をしていたとのこと。

    船の残骸は日曜日、ビクトリア海峡で発見されました。
    当局はどの船なのか分からないとしていますが、研究者は英国の探検船2隻のうちの1隻ではないかと言います。
    「1845年。フランクリンと将兵たちは北極海航路の発見のため出発しました。
     しかしキングウィリアム島付近で氷に閉ざされてしまったと考えられています。
     船は放棄せざるを得なかったでしょう。」
    「イヌイットの記録によれば、食料のため船員たちは”共食い”していたようです。」
    しかし船員のほぼ全てが餓死したと考えられています。

    北極海航路はその後、1497年にジョン・カボットにより発見されました。

    ソナー画像
    no title


    http://www.dailymail.co.uk/news/article-2749408/Canada-finds-1-2-explorer-ships-lost-Arctic.html
    【超・閲覧注意】カニバリズムの話教えてくれ『ブルックリンの吸血鬼』 他・・・
    http://world-fusigi.net/archives/7100328.html






    2: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:07:59.66 ID:BN5/vHC50
    時系列がめちゃくちゃじゃね?

    10: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:10:32.06 ID:???0
    >>2
    訂正


    北極海航路はその後、1497年にジョン・カボットにより発見されました。

    北極海航路探検は1497年にジョン・カボットが発見して以降、続くことになります。

    163: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:08:41.29 ID:w+9bsQ7u0
    >>10
    うん、>>1は事実関係が間違ってるよ。
    カボットはなんとか北米大陸にたどりついたというだけで、航路を発見できたわけじゃない。

    日本史に関係する話としては、江戸時代初期に日本に帰化した三浦按針(ウィリアム・アダムス)は、
    カボットより一世紀後の人間だが、北方航路の開拓を志していた。

    166: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:10:13.53 ID:BqC/wbuy0
    >>163
    らしいね、三浦按針と家康は日英直接貿易の夢を懐いてたとかなんとか

    5: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:09:27.25 ID:Pvn7UaUS0
    今のソナー画像ってこんなに鮮明に見えるんだ
    すげーな

    9: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:10:10.86 ID:o7O50E/E0
    そして封印に閉ざされたゾンビVirusが目覚める

    14: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:12:34.76 ID:vTD38aJEO
    確かダンシモンズのテラーのネタ本になった事件?

    15: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:13:09.21 ID:IX+Ki8Gi0
    これエブレス号とテラー号のどっちなんだろう

    16: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:13:17.44 ID:x6yXd3IP0
    人間、極限まで腹減ったら共食いするのかな
    【超・閲覧注意】カニバリズムの話教えてくれ『ブルックリンの吸血鬼』 他・・・
    http://world-fusigi.net/archives/7100328.html

    39: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:19:39.35 ID:Y/MP7qJr0
    >>16
    鳥取城 渇殺し
    でググれ
    鳥取城の戦い 鳥取の渇殺し(かつえごろし)
    http://www.junk-word.com/taiga-drama/鳥取の渇殺し.html

    41: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:20:23.52 ID:Y1zfSDEh0
    >>16
    最近でも飛行機の墜落事故かなんかで、生存者が死者の肉を食って生き延びた話があったような

    49: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:23:37.32 ID:53XtyYvz0
    >>41
    生きてこそ

    80: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:37:32.50 ID:zQK55CEH0
    >>55
    生きてこそもアンデスの聖餐も元ネタは同じやん。
    前者は再現映画、後者はドキュメンタリーなだけや。

    354: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 15:02:04.09 ID:/Fnt12eG0
    >>41
    自分もそれ何かの番組で見たわ
    最初は拒んでた人達もそのうち食べるようになるとかさ
    食べない人は餓死まっしぐらだろうしね

    18: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:13:22.19 ID:sxiJycRH0
    押川春浪の南極の怪事が現実の物になるとは思わんかった

    19: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:14:01.75 ID:JvHCJutW0
    http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・フランクリン
    これか

    ジョン・フランクリン

    サー・ジョン・フランクリン(Sir John Franklin, 1786年4月15日 - 1847年6月11日)はイギリスの海軍将校で北極探検家、王立地理協会員。カナダ北極圏の北西航路を開拓する探検の途上で行方を絶つ。乗組員は全員死亡したが、消息はその後14年間謎のままだった。

    ジョン・フランクリン

    56: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:27:55.64 ID:9C2Vym+p0
    >>19に書いてある。
    他の探検隊や、捜索に向かったイギリス人らが現地のイヌイットから聞き取り調査したそう。その記録のことだろ。

    21: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:15:04.89 ID:fENZtejV0
    ダーク・ピットを呼べ

    78: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:36:59.79 ID:UBe2u5AM0
    >>21
    ここで出ていたか
    懐かしいな
    最初の頃のはワクテカして読んだは

    358: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 15:12:47.04 ID:CMuPe5yL0
    >>22
    助けてあげればいいのに

    23: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:15:08.47 ID:3noTZOZs0
    ミステリーなロマンがある話だ

    27: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:16:04.14 ID:z2KEGOY80
    >>1
    > イヌイットの記録によれば

    イヌイットって、文字が書けたっけ?

    氷の表面にでも文字を刻んだのか?

    35: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:17:41.63 ID:JvHCJutW0
    >>27
    ウィキ張ったの読めば分かるけど聞き取り調査

    56: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:27:55.64 ID:9C2Vym+p0
    >>27
    >>19に書いてある。
    他の探検隊や、捜索に向かったイギリス人らが現地のイヌイットから聞き取り調査したそう。その記録のことだろ。

    28: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:16:10.01 ID:oADxnPWu0
    本能の蓋が開いたらそうなるわな
    獣じゃ、所詮人は獣じゃ

    34: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:17:40.34 ID:x8WcxF3g0
    やっぱり白人さんは凄いわね。

    36: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:18:04.83 ID:o7O50E/E0
    飛行機墜落ドキュメント映画でも共食いしてたよな

    38: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:18:27.84 ID:EO7Cv2GC0
    こりゃすごい

    42: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:20:59.39 ID:nlXrK4QaO
    後のDIO誕生の地である

    97: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:43:48.74 ID:nzkHcuMY0
    DIOネタが >>42 しかなくてちょっと寂しい

    45: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:22:55.97 ID:+Q9m1sPS0
    映画化決定か?

    46: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:23:11.44 ID:p4zv6Hes0
    共食いというと、生きてる相手を殺して食うのを思い浮かべるが、
    別の原因で死んだ他者を食うのも共食いになるんだろうか・・・・

    50: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:23:58.69 ID:jlmH7OLE0
    何で近くに住んでるイヌイットに助けを求めなかったんだろ

    134: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:57:46.72 ID:HH+CH66Q0
    >>50
    ヨーロッパ人特有の変なプライドと、イヌイットは狩猟民で定住してないからどこにいるのか不明だったため
    ついでに言うとイヌイットが発見したときにはフランクリン自身は既に死んでたし、
    飢餓と缶詰の鉛中毒で皆正常な判断が出来なくなってた可能性が高い

    54: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:26:13.17 ID:lt1DauZE0
    ガダルカナルでも日本兵が飢餓の挙げ句、先に倒れた将兵の肉を食った。
    これは仕方が無い。生きる為だ。兵站を軽視し過ぎた軍部が悪い。

    57: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:28:16.16 ID:nAJVqzK10
    wikiを読むとなかなか悲惨だな

    60: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:31:44.62 ID:5oAXgAXl0
    イギリスでは結構有名人みたいだね。

    ジョン・フランクリン
    http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・フランクリン

    夫人の歌まで作られてる
    Lady Franklin's Lament
    http://youtu.be/fiXD6kH7sXI

    64: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:32:50.70 ID:xcO0o/Qb0
    >>1
    すげー
    本当にソナーこんなに見えるんだ
    http://www.engan.jp/machine/images/system3000.pdf
    CropperCapture[23]

    66: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:33:01.61 ID:9C2Vym+p0
    こっちの方が悲惨(親兄弟食ってる)だし、人食いの様子が記されてて凄いよ。
    アメリカ開拓時代の有名な話(閲覧注意)↓
    http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ドナー隊

    ドナー隊、食人とかで検索してもいっぱい出てくる。かなりエグい。

    76: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:36:15.93 ID:xcO0o/Qb0
    >>66
    バージニアのロアノーク植民地もな

    ロアノーク島集団失踪事件

    107名の開拓民と守備要員が忽然と消えていた事件。
    捜索隊は島に上陸して捜索したが小屋や防護柵は雑草に覆われているばかりで、娘も、孫娘も、他の仲間も、誰一人姿を見出せない。
    一体、皆はどこに行ってしまったのか。やがて一つの標識が見つかり、きれいな大文字ではっきりこう記されていた。

     「CROATOAN」
    関連:ロアノーク植民地集団失踪事件:未確認生物大陸より
    関連:ロアノーク植民地集団失踪事件の現場をGoogleMapで見てみる
    ロアノーク植民地集団失踪事件

    212: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:36:52.74 ID:V7+WyBge0
    >>66
    人が人を食うという極限状態の中でも女子供が優先的に生き残っているっていうのはなんか感動するな。

    病気の親に息子が太ももの肉を食べさせたり家計を助けるために嫁が自らを人肉市場に売りに行くことが
    最高の美徳とされたという韓国なら真っ先に女子供が食われそうだ。

    218: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:39:58.47 ID:Hzxpd0A50
    >>66
    2ヶ月くらい前だったかJ-COMのディスカバリー見逃せナイトだったかででドナー隊の話やってたな。

    68: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:33:20.08 ID:16AYIXlW0
    映画化決定

    69: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:33:23.12 ID:p1UviH6M0
    焼き人肉なら生き延びるために食べれるかもしれないけど生はいやだな
    極限状態なら精神的におかしくなって食えるのかな

    129: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:56:18.19 ID:ONmEh10MO
    >>69
    全員が全員そうなるかは知らんが、脳がなんとかしてくれるらしいで。
    何十日も漂流した人が生きた海鳥や魚を生でバリバリ食べれるようになるのも脳のおかげとか。
    生きるためだ、とかそういう本人の強い意志とは別に、旨いマズいとか苦味とか、そういった感覚を取っ払ってくれるんだとよ。すげーね。脳って。

    175: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:12:49.44 ID:RsM5NuSY0
    >>129
    北極なんだから、火でも焚かないと寒さ凌げないでしょ。
    だから生で食う必要はない。

    184: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:15:34.78 ID:QDioMX7C0
    >>175
    肉はともかく、生血飲まないとビタミン不足で壊血病になる

    255: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 12:07:31.77 ID:ONmEh10MO
    >>175
    いや、俺が言ってるのはそういうことではなくて…。

    70: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:33:44.06 ID:+p/8vnUe0
    まぁ誰にも気づかれなかったり、騒がれてないだけで
    こんな話は古今東西腐るほどあるんだろうな。

    74: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:34:28.99 ID:QpSnm9ai0
    >何千個もの缶詰を準備する際の時間不足により内側のはんだ付けが雑になり、はんだに含まれる鉛が内容物に溶け込むことになった
    >缶詰に肉を納入した業者が実は悪徳業者で、納入したうちの1000個以上の缶は、腐った肉やオガくず、小石などを詰めて目方をごまかしたもの

    そりゃ餓死するわ

    84: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:40:09.05 ID:LhPiP8xb0
    >>74
    このときの絶望感たるや相当のものだろうな

    88: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:41:24.89 ID:v9GVhjEM0
    >>74
    なんで北方極地を探検するのに缶詰なんか持っていったんだろう?ww
    全部燻製や天日乾燥させとけば日持ちするのにww

    102: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:46:00.72 ID:QZYhw/bi0
    >>88
    >2隻は頑丈な作りで、快適な船員生活のためスチーム暖房が備えられ、大量の読み物や学習資料、3年分相当の保存食料が支給されていた。
    >この保存食には伝統的な保存方法によるものと缶詰とがあったが、後者については特価販売業者であるステファン・ゴールドナーから供給された

    伝統的な保存食料が燻製とかだと思う
    3年分与えたと言うことは、後半部分は缶詰の出番なのかも

    150: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:04:50.34 ID:WZe0Dvew0
    >>102
    塩漬け肉だろ
    イギリス海軍では毎日決まった量の塩漬け肉が配られてそれを食う
    水は貴重なのでビールが配られる
    あとカビない固いパンとか

    75: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:34:52.32 ID:suOi+K3l0
    ドナー隊はカニバリズムを抜けられず救助を断る人まで出た一番怖い実話
    今回のもそうだけど、オーストラリアでも遭難した探検隊の横で原住民は芋虫掘って食ったり普通に暮らしてるのが笑える

    79: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:37:29.51 ID:njwky4ST0
    原住民は共食いしてたの見てたなら
    助けてやれよww

    92: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:41:53.45 ID:OqzVl62X0
    >>79
    見つかったら身の危険が及ぶと思ったんだろうさ。

    98: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:45:12.18 ID:44p4FaHT0
    >>79
    当時の大英帝国の偉い人だったから、プライドが高くて、原住民に助けてもらおうとしなかったんだとよ。
    しかも本国では汚職が当たり前で、食料納入業者との癒着が酷く、
    持ってきた食料はゴミが入っていたり、腐った肉だったりで、目方を誤魔化したものだったんだと。

    85: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:40:15.23 ID:5oAXgAXl0
    ミイラ化した遺体(微グロ)

    【閲覧注意】
    Franklin Expedition Mummies
    http://www.youtube.com/watch?v=MW_HjhO-cCY

    93: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:42:21.49 ID:BqC/wbuy0
    1497年に既に見つかっていた北極海航路のために、1845年に探検して遭難したのか

    99: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:45:19.58 ID:EW5Nchn30
    寒さの極限で腹ペコになると猛烈に肉が食べたくなるらしい
    角幡さんも野生の麝香牛殺して食べてた…
    あの描写はすごかった

    103: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:46:00.91 ID:KzcludcT0
    ゆかいな話じゃねえな

    106: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:47:55.88 ID:9C2Vym+p0
    wikiより
    一時は10隻ものイギリス艦、2隻のアメリカ艦が北極に向かった(皮肉にも、フランクリン隊よりかえって多くの船と人命が捜索のために失われた)。


    あーあ…

    110: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:48:12.61 ID:UBe2u5AM0
    初期の極地探検は悲惨だお
    スコット隊遭難を書いた「世界最悪の旅」は涙無くして読めません

    123: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:52:52.25 ID:EW5Nchn30
    >>110
    それも読んだなぁ
    橇を引く馬だったか?をどんどん殺して食糧にしていくんだよね…
    それははじめからの計画だったみたいだけど

    128: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:55:53.23 ID:+9dgX+2U0
    >>110
    極地じゃないけど、ドナー隊の物語もなかなかえぐいです。

    113: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:49:50.36 ID:2X1Kxhs30
    日本だって戦争中に知床岬で商船が難破して、共食いがあったしな。
    武田泰淳のヒカリゴケの元になった奴。
    裁判になって、死体遺棄で懲役が付いたはず

    124: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:53:09.01 ID:BqC/wbuy0
    wikipediaを信じるとすると、骨に切断跡があるから、共食いはガチなんだろうな
    まあ、緊急避難なので仕方ない

    137: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:59:29.97 ID:LPov/5Qu0
    日本でも江戸の飢饉の時に人の手足を切って売ってたでしょ。
    あとガダルカナル島ね。

    140: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:00:27.92 ID:kazaF8FY0
    白人のこういう命知らずの冒険魂が
    人類の進化上では俺ら黄色人より古く脳容量平均も少ない人種にもかかわらず
    彼らを世界の頂点に君臨させたことは認めざるをえない

    日本がアジアを植民地にしたっつってもどこも白人がすでに開拓した後の地で
    白人みたいに何がでてくるか、どんな伝染病があるかわらからない未開の地を開拓できる度胸なんてなかった
    黄色人のエース中国人にもそういう趣味はなかった。その勇気の差が500年にわたる黄色人と白人の地位逆転につながった

    148: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:04:07.32 ID:+9dgX+2U0
    >>140
    欧州の経済的閉塞とか人口圧力がベースに合ったんじゃないですか(´・ω・`)
    っていうか、きっと昔からあって、ハーメルンの笛吹きからおんなじことしてるんじゃないのかとか 思いつきを言ってみるw

    146: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:03:50.72 ID:JvHCJutW0
    良栄丸事件も有名だね。
    日本の漁船が遭難して1年後にアメリカに漂着したけど全員死亡で食人のあとも。
    途中でアメリカ船に発見されてたのに、なぜか無反応だったという。

    良栄丸遭難事故

    漁業従事中にエンジンが故障、北太平洋をおよそ11ヶ月間漂流した。その間に乗組員は全員死亡したが、船体は北アメリカ大陸西岸に漂着した。海難事故で生存者がいなかった場合は、一般にその遭難の原因や経過を知ることが困難な場合がほとんどだが、当事故においては船体が沈没せず、克明に記された航海日誌が残されており、その漂流の経過が判明している。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/良栄丸遭難事故

    関連:良栄丸遭難事件1-発覚
    関連:良栄丸遭難事件2-不思議
    関連:良栄丸遭難事件3-恐怖(動画)
    関連:良栄丸遭難事件4-航海日誌

    176: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:13:04.99 ID:+9dgX+2U0
    >>146
    wikipedia読むと、藤原さくへい(たぶん新田次郎の叔父)が、調査結果として漁船にて米国に達せんとするは、コロンブスのアメリカ大陸発見以上に困難なりと心得べし
    と述べているようだけど、 これよりずうっとまえ日本音吉漂流記で 三人アメリカにたどり着いてる事実を落としているかもとか思ったわ

    306: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 13:16:23.66 ID:ZoJWBYr20
    >>146
    これか…遺書の文面が辛いな…orz

    http://ja.wikipedia.org/wiki/良栄丸遭難事故 船長の遺書
    「さて、私の事は仕合せの悪いことです。私のためにあなた等に苦労をさせまして、真にすみません。あなたもこれからは苦労です。子供等二人を頼りにして人に頼みます。イサクの爺さんや婆さんに宜しく言うてください。私もあと12、3年生きたかった。二人の子供頼みます。キクオが大きくなりても必ず漁師にだけはさせぬよう頼みます。尾鷲の人等に頼み、学校だけ入れてもらいなされ。キクオが大きうなりましたら、商売のことはトラキチさんに任せなされ。いつまで書いても同じこと。私のすなは、そうめんと餅でしたな。三鬼登喜造の妻、おつね様。

    カツエ、お前の学校の卒業式を見ずにトッタンは帰れなくなりました。情けない。お前はこれから賢くなりて孝行もしたり、母に足しになりてやってくだされ。頼みます。賢く頼みます。母の言うことを聞いてくれ。トッタン。

    キクオ、トッタンの言うことを聞きなさい。大きくなりても漁師はできません。賢く頼みます。母の言うことをよく聞きなされ」

    310: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 13:19:30.11 ID:ZoJWBYr20
    >>146
    良栄丸事件の食人は誤解らしい

    147: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:04:04.98 ID:lTsybduO0
    この人トラファルガー海戦にも従軍してた人なんだね
    なんか歴史を感じる話しだな

    158: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:07:25.70 ID:/PtII60l0
    普通に、凍死した同僚の死肉を食べてたのでは

    159: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:07:50.28 ID:pFGQzU+xi
    >>158
    人はそれを共食いと呼ぶ

    161: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:08:11.84 ID:ogiOGCGr0
    やっぱり強力な通信機器を持って冒険しないと駄目だな。
    つうか、飛行機にも壊れにくい携帯用通信機器を数個常備しておくべき。

    177: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:13:10.43 ID:wDNF+C8c0
    極地探検隊の死因は殆んど肺結核と鉛中毒(当時の缶詰材料官の鉛)が常識。

    人肉喰いは三国志読めば出てるじゃないか。籠城中の士気向上のため妃を殺して
    その肉を部下の戦士に振る舞う王達の話。…・・・・シナの常識。多分ユーラシアの常識だろ。

    179: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:13:35.57 ID:WhcehiRJ0
    南極海で遭難したエンデュアランンス号の漂流記が超おもしろかった。
    28人全員生還するんだけど、嘘のような本当の話。

    199: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:25:55.44 ID:+9dgX+2U0
    >>179
    シャクルトンの話だよね
    ドラマになってたのみたわ いい話だった
    危機管理として、八甲田山と待避される話だと思う

    193: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:22:26.41 ID:QDioMX7C0
    それから餓死の岬?とかなんとかいう場所があるらしく
    イヌイットがやせ細ったイギリス人の幽霊を今でも目撃することがあるみたい

    200: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:26:08.79 ID:QDioMX7C0
    人間の肝臓を食べる風習は結構あるんじゃないかな
    元気がでるとかなんとか
    太平洋戦争とか、ベトナム戦争とかのエピソードであったような

    209: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:35:39.37 ID:nTp1W2nEO
    エンデュアランス号は密航した若者が1人いて、発見された時に
    「仕方ねぇな~、乗せてやっけど遭難して食い物無くなったらまずお前から食べるからなハハッw」
    とか言ってたら実際に遭難したんだよな
    結局食べられなかったけど、密航者はガクブルしたろうなw

    219: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:40:10.95 ID:LH3F/KI50
    八甲田雪中行軍遭難事件はあまりにも寒すぎて
    人を食ってる暇もなかったんだな

    221: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:42:17.79 ID:Hzxpd0A50
    >>219
    あの事故、寒すぎると脳が熱いと勘違いして服を脱いで全裸になって死んだ兵士とかも居たそうだね。

    225: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:44:27.52 ID:+J0TAqa20
    >>221
    ジャック・ロンドンの火を熾すって短編にもそんな描写あったな
    凍死寸前になるとみんな同じようなことするのか

    227: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 11:46:06.53 ID:Hzxpd0A50
    >>225
    その小説知らなかった。こんど探して読んでみるわ。ありがと。

    258: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 12:10:17.35 ID:PpNRaF5O0
    230万人死んだといわれる日本兵の半分以上が餓死

    たとえばドキュメントの「ゆきゆきて神軍」で事件が起こった舞台の
    ニューギニアのウェワクではたった4キロ四方の範囲に
    1万人以上の日本軍が1年以上も孤立した極限状態だった

    そこでは白人はしろぶた原住民はくろぶたといって食べられ
    「友軍の肉は食うな」と舞台に通達が出され

    脱走者や食料を盗むなどの規律の乱すものから
    処刑され食われる過酷な世界だった

    286: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 12:42:13.50 ID:PKUAAnx40
    母ちゃんが何をみて言ったのかはしらないが、人食い人種が味の素を嘗めて「人の味に似てる」とか言ったらしいが

    314: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 13:22:31.84 ID:HKn4KWJk0
    鯨食べてれば、生き残ってたのに、
    きっと「鯨さんが、可哀そうだ」とか言って食べなかったんだろう。自業自得だよ。

    318: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 13:32:16.75 ID:ZoJWBYr20
    >>314
    1840年代なら欧米でも捕鯨やってた時代だよ
    1841年に漂流したジョン万次郎らを救助したのもアメリカの捕鯨船。


    420: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 18:52:43.24 ID:jdfLbOI00
    普段不味い物を食べていると何でも美味しく食べられるものです。ましてや空腹なら。

    428: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 19:12:25.52 ID:UHuI8h2o0
    ドナー隊は革靴とかも食ってたらしいし
    極限状態の時に遺体が目の前にあったら
    食わずにいられないんだろうな

    426: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 19:05:09.32 ID:Vd6bnc7T0
    これよりも消えたマレー機を探そうよ

    121: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 10:52:27.03 ID:1453zwWC0
    マレーシア航空機も、自動運航の船にソナー積んで探せば見つかったりして
    何年後になるかわからないが・・・

    380: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 16:34:05.77 ID:8prG0Yg30
    >>121
    安心しろ。
    1944年にタイムスリップしてアメリカを爆撃してる

    ▼合わせて読みたい




    生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
    パラマウント ジャパン (2006-04-21)
    売り上げランキング: 23,030






    引用元: 160年前に消息を絶った英国探検船を発見…北極の氷に閉ざされ、共食いし、悲惨な結末を迎える?

    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2014年09月10日 21:33 ID:wkoA6S3J0*
    314の馬鹿さ加減
    2  不思議な名無しさん :2014年09月10日 23:13 ID:Mh80Rsdm0*
    こういう共食い有りの探検記録を読むと、オーストラリア縦断のバークとウィルズ隊は、
    共食いもせず、仲間の遺体埋葬までしたあげく、合流地点に半日到達が遅れて
    全員死亡という結末は、共食いした方が良かったのかもと思わせられるな。
    3  不思議な名無しさん :2014年09月10日 23:49 ID:h7yiPAhu0*
    生き延びるためならば人肉食っても仕方ないって意見の奴が多くて驚いた
    4  不思議な名無しさん :2014年09月11日 00:10 ID:GXSAOMB90*
    各々の価値観の問題だけど、殺して喰ったならともかく、先に死んでしまった者の肉を
    生きるために已む無く食べるのは罪とは思わないな
    地獄絵図には違いないし悲しいことだけど
    少なくとも責める気にはなれない……
    5  不思議な名無しさん :2014年09月11日 00:15 ID:N.tsn4O00*
    欧米は鯨は食ってたのかな?
    油を取るために捕鯨してたって事だけれど
    油を取った後どうしてたんだろう?
    6  不思議な名無しさん :2014年09月11日 02:19 ID:wwqH8PpO0*
    「なんと我が大英帝国料理より美味ではないか!」
    7  不思議な名無しさん :2014年09月11日 04:16 ID:OuL5Y1610*
    中国には「桃娘(タオニャン)」があったよね
    8  不思議な名無しさん :2014年09月11日 07:10 ID:Wywfz8szO*
    食人が有りか無いかで言えば有りと言いたい。

    出来るなら食いたくないけど。
    9  不思議な名無しさん :2014年09月11日 07:38 ID:QHAeW7uA0*
    米3
    海に放り出されたときの浮き輪やボートの取り合いと同じだよ。
    緊急避難でググれ。
    10  不思議な名無しさん :2014年09月11日 08:12 ID:HLakyql30*
    ※3
    君はこれから色々と学んで考えた方がいい
    11  不思議な名無しさん :2014年09月11日 09:34 ID:dBorF97s0*
    ※3
    死んだら、人肉食うなんてとんでもない!という主張すらできんで
    12  不思議な名無しさん :2014年09月11日 19:14 ID:yFOAfcQB0*
    なんで>>3が叩かれるのか分からない
    そこまで浅ましくして生きる意味あるのか
    13  不思議な名無しさん :2014年09月11日 20:32 ID:Bc3jnJL70*
    ※12
    そりゃ想像力の欠如
    そういう人は一度飢餓を経験してみるといいよ。
    14  不思議な名無しさん :2014年09月12日 12:02 ID:sKuA44Xq0*
    極限状態で先に死んだ人を喰うのが浅ましいかね。
    俺が極限状態で死ぬ寸前になったら俺の肉を食えと勧めるよ。
    魂というものがあるとすれば、食われた人の魂は自分の肉体が食われたことで少しでもその人が生きながらえたならば喜ぶだろう。
    死んじまったら終わりなんだ。少しでも生きたいし、生きてほしい。
    15  不思議な名無しさん :2014年09月12日 17:00 ID:NTLQur3z0*
    ※13
    飢餓経験あるのか?
    16  不思議な名無しさん :2014年09月16日 19:08 ID:mc.FL76kO*
    食っても良いとか悪いとか浅ましいとかの次元の話なの?
    極限状態で理性を保って自分をコントロール出来る人なんてどれだけいるのさ
    意識半分ぶっとんでて気付いたら食ってた、なんて普通にありそうなのに
    17  不思議な名無しさん :2014年09月30日 04:16 ID:U5cIQ7FT0*
    鳥葬がある国では人間の肉体も所詮魂の器でしかないみたいだからね。

    本当にキチなのは朝鮮人 !
    元寇のとき、食料がないワケでもないのに、日本人の皮を剥ぎ、食したんだから。
    18  不思議な名無しさん :2014年11月16日 06:22 ID:Lsk26Ic90*
    何でも嫌韓ネタに話を持ってきたがるキチにだけは言われたくない
    19  不思議な名無しさん :2014年12月20日 08:12 ID:QrtYDZaN0*
    リチャード・パーカーの話も凄いと思ったが
    結構いる名前なのね サトウヒロシみたいに
    20  不思議な名無しさん :2015年03月16日 17:14 ID:M90NPm.30*
    裏話って誰か知ってる?
    なんでもいいから教えて!
    21  不思議な名無しさん :2016年01月19日 04:07 ID:R2.pxJ3R0*
    ちょいちょい出てくるキモウヨは何なの?
    コリアン記事にいけよ
    22  不思議な名無しさん :2016年04月24日 19:22 ID:2w8zOxj50*
    現在オカ板系サイトで読める良栄丸の航海日誌は、
    殆ど後世に面白おかしく脚色されたもの。

    当時の欧米の新聞記事なんかは、
    有色人種=野蛮っていう白人の偏見の下に書かれていることも忘れないように。
    現に縄文人がカニバリストだったって論文出した学者もいたしな。

    とうの日本人が鵜呑みにしてどうすんだよwww
    23  不思議な名無しさん :2016年05月18日 14:20 ID:CdzwMuP50*
    ※12
    若いなーと思ってコメントしてるだけで
    たたいてるわけではないと思うよ
    叩くなら色々学べとか言わないよ
    ※22
    それは知らなかった。ソースくれ
    ソース無しで鵜呑みにしちゃったら君が叩く人らと同じだよねー
    24  不思議な名無しさん :2016年07月06日 01:46 ID:RFLYKGwe0*
    意志なんてものは水の上に浮いてる薄氷のようなものだよ
    25  不思議な名無しさん :2017年01月27日 01:52 ID:hDay2PMT0*
    俺は自分の子どもたちが亡くなったら積極的に食べたいし、自分が死んだら身内にこそ食べてほしい
    そういう弔い方っておかしい?
    26  不思議な名無しさん :2017年02月05日 14:16 ID:uizHg0M.0*
    ※25
    どこだっけ、今はやってないかもしれないけど、外国でそういう弔い方してるとこあったなあ
    俺の叔父は、俺の祖父母や父が死んだ時に骨壺の中の骨を少し貰って口に入れてたよ
    肉じゃないし、飢餓とか食欲ゆえとかでもないけどね
    27  不思議な名無しさん :2018年04月17日 21:40 ID:gX5AB0BK0*
    ※46の勝手な思い込みにワロタ
    28  不思議な名無しさん :2018年04月17日 21:40 ID:gX5AB0BK0*
    ※46じゃなくて>>46だわ
    29  不思議な名無しさん :2018年05月05日 22:48 ID:0nWBHdGV0*
    22
    縄文人の話は本当だぞ
    関東の貝塚からは多数の人骨が発見されていて
    食人の形跡があった
    イギリスやドイツの先住民もやってたことだから
    日本にも同じような文化があったと発表しただけで
    別に日本人を腐す為じゃない
    人類学歴史学的な公平な視点から関東地方にも人食文化があったと発表したんだよ
    30  不思議な名無しさん :2018年06月30日 10:41 ID:EFgf9R3E0*
    ※5
    まるっと捨てていた

    実はクジラが激減したのは、そいつらの所為
    子鯨まで見境なく捕鯨していたからね

    でも「鯨を守ろう」な白人は、そのことをスルー
    31  不思議な名無しさん :2018年07月01日 17:46 ID:vfoDdelX0*
    開拓隊だからこそ女子供は絶対に残さなきゃならなかったのでは、と北海道開拓民の子孫が言ってみる。
    男だけでは子はできぬぅ。男児は成長すれば力仕事もできる。
    32  不思議な名無しさん :2018年07月01日 18:24 ID:vfoDdelX0*
    古代人の貝塚とかから出てくるカニバリズムはエンドカニバリズム(弔いの儀式)じゃないかねえ。
    貝塚から出てるなら飢饉はないだろうし、エクソカニバリズム(威嚇行為、マウンティング)なら戦や抵抗の傷跡や武器が周辺から出なくちゃおかしい。
    宗教的生贄であったなら年齢性別など共通点が見受けられる筈、赤子の生肝は長寿なねなるとかそういうやつな。
    33  不思議な名無しさん :2018年07月01日 18:33 ID:vfoDdelX0*
    ※3
    人間にはそもそも飢饉等になった時に「亡くなった人を食べる」っていう思考回路が内蔵されているので※3もいざ危機になったらそっち方面に偏ると思うよ
    ちなみに葬儀の時に骨噛むのはまんま「骨噛み」という。
    本能の話をすると「愛している」という感情は「美味しそう、食べたい」という感情と脳の働きが似ていて、わかりやすいのは「食べちゃいたいくらい可愛い」という世界各地の表現や「キス、またはその延長の噛みつき」という行為だそうで
    好きな人の肉は食べちゃいたいのだ。嫌いな人の肉は……

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!