まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【動物】死を予言する超能力のあるネコ

2014年11月24日:15:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 16 )

1: 幽斎 ★ 2014/11/22(土) 11:53:05.11 ID:???.net
米国 死を予言する超能力のあるネコ
http://www.xinhuaxia.jp/social/53155
no title

米サイト「odditycentral.com」の19日付記事では、
米国の療養所に住むネコ、オスカーは死を予言する超能力をもっている。
オスカーは病気の患者の側に付き添い、患者がこの世を去るまでずっといる。

ブラウン大学の老人病学専門家、副教授のDavid Dosa博士はこのネコのことを発見し、
「過去の6年間で、オスカーの予言はほぼ的中した。絶対に偶然ではない」
と確信している。Dosa博士は、オスカーの療養所での経験について本を書いた。
本によると、オスカーは特定の患者を選んで、その側にいる。特定された患者はいつも短期間で亡くなった。
扉の外にいても、オスカーは瀕死状態の患者の部屋の扉を開け、そこへ入ろうとした
と述べている。
この「超能力」について確固たる科学的な説明はない。
ただ、ガンのにおいをかぐことができるとされる犬のように、
オスカーは細胞が死ぬときの独特なにおいを発する
ケトン類のにおいをかぎわけることができるのではないかと考えられる。

動物が特殊な環境下で習得した行為だという意見もあるが、療養所にいる他のネコ5匹は同じようなことをしたことはない。
不可解な体験、謎な話 『猫の墓守』 他
http://world-fusigi.net/archives/5878500.html






2: やまとななしこ 2014/11/22(土) 11:55:02.02 ID:Bth1FWj+.net
なんだ死神か

3: やまとななしこ 2014/11/22(土) 11:55:38.37 ID:S4mxLsC/.net
最後にもふらせるという愛情

4: やまとななしこ 2014/11/22(土) 11:55:39.99 ID:zPH7SxUh.net
>オスカーは細胞が死ぬときの独特なにおいを発する
>ケトン類のにおいをかぎわけることができるのではないかと考えられる。

猫「うわー!なんかこのおばあちゃん、いい香りがするー!」

ってことだろうね。

6: やまとななしこ 2014/11/22(土) 11:57:21.95 ID:Bth1FWj+.net
ケトン臭とは、一般では

「ダイエット臭」などとも呼ばれていて、
主にダイエット中に発する臭いです。

無理なダイエットを始めた途端、
甘酸っぱい臭いを感じる事はありませんか?

それは、代謝機能が狂い始めている典型的な症状です。

ケトン臭の初期の段階では
口臭、そして少し汗臭くなっていって、

脂っぽい臭いを発する様になり、
最終的には全身から鼻につく刺激臭と進んで行きます。
ケトン臭とはどんな匂い?ダイエットや加齢臭と深い関係が!!
http://トレンド豆知識.com/4389.html

9: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:06:56.73 ID:dq8/S6G5.net
つまり今にも餌になりそうな獲物を近づいてる、って事ですね

10: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:11:07.99 ID:otgZa/rR.net
もうすぐ死ぬやつのそばにいて、何得なんだろう。

11: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:11:33.07 ID:7gi2qU97.net
ネコが寝ている間にベッドをひっくり返すんだ

61: やまとななしこ 2014/11/22(土) 18:39:17.69 ID:Hlz5Ugqr.net
>>11

よぉ~、落語通だなw。

14: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:15:30.14 ID:7gi2qU97.net
超能力のあるヤツって人間もネコも似た顔だな
冷たい目つきに下膨れ

15: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:16:13.35 ID:SsIfyaVD.net
クローン病持ちなんだけど、腹具合が著しく悪くなると狭い場所に独りでいるときに
たまに水を溜めた中にタバコの吸い殻を浸したような臭いが鼻をつくことがある
あれも体臭の変化かいな

16: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:19:45.14 ID:QBmXHkOT.net
死にたてホヤホヤなら、狩りをする必要がないからである
肉食動物の本能

31: やまとななしこ 2014/11/22(土) 13:52:24.07 ID:EhjSv44H.net
>>16
納得のいく説明だな

19: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:28:31.95 ID:Vt14R/pd.net
ふむ。この猫、どことなく見覚えのある顔のような気がし
てきた。

22: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:33:58.26 ID:LRGJPDls.net
このネコ割と有名よね

この子が寄り添うと死期が近いと判るから
家族が看取れるよう呼べるんだとか

24: やまとななしこ 2014/11/22(土) 12:48:46.71 ID:H2/Nch8z.net
イメージ的に黒猫かと思ったけど違った

26: やまとななしこ 2014/11/22(土) 13:02:41.71 ID:YmHn5R6y.net
なるほど。
それでアンドレ死んじゃったのか。

28: やまとななしこ 2014/11/22(土) 13:45:09.58 ID:Kcxj31Co.net
癌になると蚊にさされる確率減るらしいからな。
お外では全く刺されなくなる。
蚊と一対一の密室にいるときは容赦なく刺してくるらしいけど。

なんか匂うんだろ。

32: (^ω^) おぢさん ◆3XNDKmtsbA 2014/11/22(土) 13:59:10.10 ID:tEk3Ppzn.net
匂いで病気がわかるなら

 犬、猫で予防医療ができそうだおw

33: (^ω^) おぢさん ◆3XNDKmtsbA 2014/11/22(土) 14:11:28.31 ID:tEk3Ppzn.net
探知犬、がん患者かぎ分け 呼気実験で成功率9割超
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012901000074.html

むむむ
探知犬

34: やまとななしこ 2014/11/22(土) 14:17:15.62 ID:nuIhi+t9.net
逆に人間は能力なさすぎで萎えるけど
それを補うのが科学なんだよ
それを否定した奴がはまるのが宗教

35: やまとななしこ 2014/11/22(土) 14:21:52.35 ID:YYIjRPmp.net
>>1
家までついて来たら恐怖だな

37: やまとななしこ 2014/11/22(土) 14:22:53.31 ID:WYiWeMlR.net
この猫を刑務所にいれ一月以内に死刑になる服役者の所を離れなかったら
神なんだろうな

40: やまとななしこ 2014/11/22(土) 14:40:07.79 ID:3jf4uKnO.net
>>1、死ぬ2週間前から体内の酵素が体を溶かし始めるって言ってたな

猫からしてみればおいしそうなにおいがしてんじゃにか?

41: やまとななしこ 2014/11/22(土) 15:04:10.05 ID:L8xBFrgg.net
自転車を通ると俺にだけ吼える犬がいる

45: やまとななしこ 2014/11/22(土) 15:16:36.14 ID:qL7IGK3a.net
>>41
すまんが、笑ってしまった。

43: やまとななしこ 2014/11/22(土) 15:08:54.09 ID:P0Tlh4nS.net
オレの予想だけど、ケトン体はニオイがきついので
普通は、避けるニオイ

しかし、人間では、そういうニオイを嗅ぎたがるニオイフェチやマニアがいる様に、ネコにそういうフェチがあってもおかしくないかと

そういうニオイフェチのネコで実験すべき 
わずかなニオイに反応できると早期治療ができるかも 
そもそも病院にネコがいるのはおかしいと思う

46: やまとななしこ 2014/11/22(土) 15:32:42.01 ID:DTlhqYe+.net
オスカー「私にはキミたちがなぜ驚いているのかが解らない」

49: やまとななしこ 2014/11/22(土) 16:22:07.44 ID:jlCT1z1a.net
数年前にTVで死にそうな人に寄り添ってあげる優しい猫として紹介されてたよ
病院に猫を出入りさせて不潔じゃないの?と思った

たいていの猫は飼い主が高熱出して寝込んでる時は寄り添うよね

58: やまとななしこ 2014/11/22(土) 18:09:18.99 ID:UCvamT2a.net
>>49
ホスピスは特別だよ。部屋で喫煙ありだったりもする。

50: やまとななしこ 2014/11/22(土) 16:24:20.32 ID:1IAPYNoV.net
ただならぬ風格を出して感じがするね

55: やまとななしこ 2014/11/22(土) 17:40:00.89 ID:7jNH1qz4.net
毛づくろい中にピタっと止めて、天井の隅の一点を見つめる猫っているよね、アレ怖い...

57: やまとななしこ 2014/11/22(土) 18:08:02.31 ID:/a49PttZ.net
カラスなんかもこの能力持ってるよね

60: やまとななしこ 2014/11/22(土) 18:18:52.94 ID:n07Zwl+2.net
もともと餌を確実に確保するための能力じゃね。

73: やまとななしこ 2014/11/22(土) 20:41:09.55 ID:jlCT1z1a.net
>>60
つまり、食欲を感じていると

62: やまとななしこ 2014/11/22(土) 18:41:46.47 ID:MFH8qdFF.net
可愛い猫が側に付き添ってくれたら安らかに逝けそうだな
この猫は感謝されてるに違いない

63: やまとななしこ 2014/11/22(土) 18:46:03.00 ID:zmEqM3Vv.net
最近なつかれた野良猫に似てる気がする

67: やまとななしこ 2014/11/22(土) 19:08:29.67 ID:l6WaTqn0.net
ほぼ的中じゃ外すこともあるんだな

69: やまとななしこ 2014/11/22(土) 19:10:10.10 ID:DiFnUmm2.net
猫は霊界とつながっている

70: やまとななしこ 2014/11/22(土) 19:37:11.41 ID:h5ekVj26.net
猫は俗に言うたましいとかを感じるらしいしな。
人生の終わりの準備の為にこの世とあの世をうろうろしてる何かが見えるんだろうか。

▼合わせて読みたい







引用元: 【動物】死を予言する超能力のあるネコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動物】死を予言する超能力のあるネコ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2014年11月24日 15:24 ID:9gi.B0YF0*
この猫にニャウリンガルつけたら
「うまそう」「腹減った」とか表示されるのかもな
2  不思議な名無しさん :2014年11月24日 17:31 ID:KPpNG.hb0*
この猫が死神かもとかは
誰も考えないのか?
3  不思議な名無しさん :2014年11月24日 18:08 ID:oq7bvZZD0*
なんでもオカルトにしようとする奴はなんなのか
4  不思議な名無しさん :2014年11月24日 19:41 ID:EstrAzGyO*
看取り猫か~。
5  不思議な名無しさん :2014年11月24日 20:15 ID:1xEoFFoB0*
目が外斜視気味で怖い
6  不思議な名無しさん :2014年11月24日 20:54 ID:BmcmDCjKO*
この猫が死を予言出来るとしてだ

何故いちいち付き添っているんだ? 死んだら食糧にでもするつもりなのか
7  不思議な名無しさん :2014年11月25日 11:29 ID:SY.AqvbM0*
症例に依るけどおおよそ解明されてんじゃなかったっけコレ

この猫だけじゃなくて、他にも結構いるのよ
8  不思議な名無しさん :2014年11月25日 13:39 ID:cV0WZA4G0*
あまり関係ないかもだが戦艦ビスマルクをはじめとするドイツの名だたる軍艦にもオスカーと呼ばれる猫がいた。
9  不思議な名無しさん :2014年11月25日 19:09 ID:jtOFupmLO*
犬もある
10  不思議な名無しさん :2014年11月25日 19:47 ID:4vkKW6cF0*
じゃ飼い猫や飼い犬は
病院で飼い主が死んだらわからなくて
「捨てられた」って誤解しちゃうけど
家で弱って死ねば理解してくれるんだな。
11  不思議な名無しさん :2014年11月26日 11:48 ID:Rq1hk0bqO*
可愛い(笑)しかもドヤ顔だ。
12  不思議な名無しさん :2014年11月27日 10:18 ID:LnEhoTxA0*
昔テレビでアメリカの終末期の病棟でセラピー犬に急に懐かれる患者がいたら
いよいよだみたいなのやってたな。
13  不思議な名無しさん :2014年11月28日 06:43 ID:K8c4hId7O*
逆に猫がヤバイ時もわかるけど。
内臓やられてると独特の匂いがあるし。
14  不思議な名無しさん :2014年11月28日 13:05 ID:tqobhGu80*
※2
うん?
>>11が言ってるだろ?
窓五百噺 落語「死神」だな
15  不思議な名無しさん :2014年11月28日 22:00 ID:CI0Q959U0*
猫が来る=死が間近って思うと発狂しそう
16  不思議な名無しさん :2014年12月01日 15:17 ID:J.hUwTmO0*
ฅ•ω•ฅドヤッ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る