まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

古代日本人「まっすぐな刀作ったったwwww」

2015年05月13日:15:47

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 50 )

katana



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:17:10.079 ID:vQWbBSwP0.net
古代日本人「まっすぐな刀作ったったwwww」
中世日本人「反りのある刀になったったwwwwコレめっちゃいいやんけwww」

古代中東「ギリシャ、ローマと同じようにまっすぐな剣で闘うんじゃ~」
中世中東「…シミターとかの曲刀の方がいいっぽい」
近世中東「ヤタガン、キリジ、タルワール…色々な剣が生まれたけど全部曲刀やな」

古代ヨーロッパ「直剣で戦うぞうおおおおお」
中世ヨーロッパ「十字型の直剣って格好いいよな!」
近世ヨーロッパ「切るより刺す方が大事だわ。細い直剣つくろ」
近代ヨーロッパ「……サーベルとかの刀の方がいいんじゃね?」

ヨーロッパ気づくの遅過ぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww






2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:18:46.821 ID:Y6Asj3Gl0.net
切るって感覚も気迫なイメージ

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:22:31.490 ID:f07gqiLqp.net
五条霊戦記って映画の解説で荒俣宏が
直刀(仏刀)と曲刀(日本刀)の説明してたっけ

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:22:48.439 ID:2qudTr3mp.net
日本と中東で鎧が進化しなかっただけだろ

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:31:29.350 ID:aNrskm0l0.net
>>8
日本の鎧はめちゃくちゃ進化してるだろ
全身を覆うと重くなって動きづらくなるからな

Samurai

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:37:44.524 ID:vdZ8s5dLK.net
>>8
攻撃は最大の防御ってことわざがある

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:23:21.152 ID:xYffPYO/r.net
インド強そう

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:24:26.001 ID:DfG4J0ncd.net
韓国刀だろ。

韓国刀

古くから朝鮮半島では中国の影響を受けて両刃直剣のものや、「環刀」という直刀が用いられていた。
秀吉の朝鮮出兵で17世紀以降、日本刀の優秀さが朝鮮でも広く知られるようになると日本から日本刀を輸入し、基本的な構造はそのままで一部改良を加え倭刀と呼び使用した。
wiki-韓国刀-より引用

6fff2868

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:25:24.887 ID:fPzrRE3Xa.net
ヨーロッパの鎧は防御力に特化しすぎてて扱いにくそう
Maximilienne2

Maximilienne-p1000557

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:26:33.450 ID:A1EvRb3e0.net
青竜刀はかっこいい

kct-004a

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:29:56.546 ID:KhJsRsAfd.net
ガチガチの鎧にした結果wwww



切るとか刺すとかより殴るの方がいいお

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:34:38.988 ID:0yW9/oKF0.net
>>18
その結果重さでかち割るような剣が生まれるんだよな

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:20:28.033 ID:hs464QgP0.net
レイピアは鎧によっては有効

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:22:51.876 ID:vQWbBSwP0.net
>>4
ゲームの話か?
レイピアなんて決闘用、護身用の剣だろ

レイピア

レイピアとは、細身で先端の鋭く尖った刺突用の片手剣である。16-17世紀頃のヨーロッパで、主に護身あるいは決闘の際の武器として用いられた。

(中略)
刃の付いたレイピアでは切ることも可能であるが、レイピアによる剣術の基本は、相手を突くことである。刀身が細すぎる為、普通に斬っても、下手に突いても、曲がったり、折れたりする事が多く、それ故、擦り斬りなどの刀身に負担が掛からない剣術が発達した。
wiki-レイピア-より引用

Rapiere-Morges-1

Rapiere-Morges-2

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:30:11.277 ID:aNrskm0l0.net
レイピアは銃の時代になってたので念のためにもつナイフみたいなもんだろ
しかも鎧の隙間をつくっていっても、当時の鎧は顔の大きく開いた下部とと胴体に
鎧ついてる程度で隙間というかあいてる部分多すぎるだけ

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:31:34.499 ID:j3a6b8xPM.net
メイス好き

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:33:16.035 ID:kzeadNT60.net
中世の鎧ってめちゃ重いから転んだりしたらもう起き上がれないんさ
だから剣で切るなんて無理で撲殺で相手を叩いて転ばすってのが主流

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:34:06.116 ID:aNrskm0l0.net
>>22
それはジョストって競技用の甲冑の話だろ
スポーツ用の鎧で戦争では使わない
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョスト

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:39:21.965 ID:6CqIenHtK.net
>>23
あれは再現して作ったもんだから当時はあれに近い鎧だったんじゃないの?

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:35:11.323 ID:8T7jyuMH0.net
ヨーロッパの鎧は文字通り重装
一方日本の戦国時代の鎧は軽くておしゃれ

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:36:05.413 ID:1uFSkesoa.net
トゲ付きモーニングスターの万能性

モーニングスター

英語名 morning star は、「明けの明星」を意味すると同時にこの武器の名でもあるドイツ語 Morgenstern に由来する意訳語で、柄頭の形状を輝く星の形に見立てている。そこから同型の頭部をもった武器を広く morning star と呼び、星型の柄頭を備えたフレイルなどを同様に呼ぶことがある。
wiki-モーニングスター-より引用
モーニング1

モーニング2

Boeheim_Morgenstern_01

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:36:20.804 ID:oBG+iwTWp.net
重装歩兵好き

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:36:54.921 ID:WYa8KVofp.net
刀より棒の先に錘付けたので殴った方が強い気がする

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:38:23.906 ID:fwbhZoN20.net
日本山森ばっかで戦場狭いのに重装備なんてして機動力殺すとか自殺行為だわ

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:38:49.545 ID:/Va/vTtv0.net
日本・中東・ヨーロッパ「まあ、槍のほうが強いんだけどね」

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:39:51.993 ID:DfG4J0ncd.net
まぁマジレスすると狩猟民族と農耕民族の違い

狩猟民族→狩猟による打撃が発展=ボクシング、レイピア

農耕民族→農耕等で引きつけるのが発展=柔道、刀

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:44:43.285 ID:KNVFcDadd.net
>>38
その見方ちょっと時代遅れだぞ
ヨーロッパ人が肉ばっか食ってるとでも?
小麦や豆を栽培してるのには農耕って言わないんですかね?
日本人も獣捕ってる人いたし
海沿いだったら魚しか食ってない人ばっかりだけど?
まぁ海沿いで魚捕りまくるのはヨーロッパも同じなんだけど
ていうかヨーロッパって貴族しか狩りできない地域もあったんだけど?
その辺どうなの?
っていうね

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:50:04.676 ID:wCtsRsmP0.net
ヨーロッパの人はそのへんの石を思いっきり投げつけてくるから
刀で切りあって戦うとか絶対しない

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:52:52.560 ID:KNVFcDadd.net
>>47
いつのヨーロッパの話してんの?

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 07:52:12.643 ID:KNVFcDadd.net
ヨーロッパの板金鎧って
厚さは数ミリしかないんだぞ?
つまり重さに関しちゃ中東とかの鉄札鎧とさして変わらないんだよ
動きやすさに関しても関節の可動域が保証されてる

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:01:07.322 ID:aNrskm0l0.net
単純に騎馬民族の文化だと曲がった刀になるだけ

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:03:05.846 ID:KNVFcDadd.net
>>52
実際、中東に曲刀が現れたのもトルコ人、モンゴル人が来たからだしな~

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:01:32.371 ID:KNVFcDadd.net
ヨーロッパの鎧は
古代は皮やら鎖鎧やら真鍮やらがあったが
ローマが滅びると鎖鎧や鉄札鎧ばっかりになった
十字軍でも多くのヨーロッパ騎士は鎖鎧+サーコートという組み合わせであった
板金鎧が台頭するのはだいたい百年戦争が始まるくらい
14世紀になってからだ
その時のヨーロッパは水から動力を得る水車小屋が普及して
ちょっとした技術革新が起きていたのだった

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:02:14.162 ID:aNrskm0l0.net
>>53
ちょっとまて、真鍮ってかなり新しい部類の合金だぞ

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:04:49.759 ID:KNVFcDadd.net
>>54
すまん青銅の間違いだった

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:02:43.673 ID:wjSF4XjOd.net
刀剣よりも武器としてはメイスの方が優れている予感

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:08:13.258 ID:KNVFcDadd.net
>>55
打撃武器の弱点を上げるとすれば
先が重くて疲れやすい
スピードが乗らなきゃ痛くない
刺せない
くらいだよなまぁ
メイスの類は歴史上のイスラム帝国兵士にも愛用されてたからな
戦場の武器として優れたものであることに間違いない
しかしそれだけ使っていればよいというわけでもない

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:08:43.030 ID:kpPvU/u80.net
中世ヨーロッパは北欧の剣すげー!北欧の剣すげー!イスラムの剣すげー!って感じ
あそこは遅れてる

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:11:39.827 ID:L1j07TLd0.net
no title

一方、宮本武蔵「強度が足りない」

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:16:08.706 ID:X/eWcH5d0.net
欧米は肉食ってるからか筋肉の付き方が違うからなあ
日本より重い物でも大丈夫そう

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:24:27.264 ID:KNVFcDadd.net
>>67
栄養状態で言えばヨーロッパは近代まで日本以下の水準だった
何故ならヨーロッパは乾燥してて土地が貧しく
生産性の低い穀物が主流だったから

対して日本は湿潤な気候で米という小麦の6倍の収穫量な穀物が主流であった

近代以前のヨーロッパは常に飢えとの戦い
日本の大飢饉レベルのが頻繁する世界だ

だがヨーロッパ人は日本より多くとってる栄養素がある
それはタンパク質

タンパク質は体格を良くするのに必要な栄養素であるが
日本の米が持つタンパク質は小麦よりずっと少ない
肉に関しては日本も同じくらい魚食ってるだろうけどな

まとめると持ってるエネルギーに関しては日本人が上
体格の良さはヨーロッパ人の方が上
ってところか

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:16:14.702 ID:KNVFcDadd.net
製鉄伝わってから500年ほどで独自の製鋼法を編み出した日本と
ルネサンス期まで木炭でショボい製鉄しかできなかったヨーロッパ

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:18:01.380 ID:L1j07TLd0.net
no title

青龍刀=包丁代わり

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:33:17.161 ID:KNVFcDadd.net
>>70
青龍刀じゃなくて柳葉刀だろ?
それは刀ってより斧みたいなもんだろ
先太りで遠心力がつく
ヨーロッパの剣は重さで叩き切るとか言ってる奴いるけど
こっちの方がまさに叩き切るって感じだよ
ていうかヨーロッパの剣って基本的に柄が重く先細りだから
刃に重さがあまり乗らない
中世中期とか、例外的なものを除けばね

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:31:35.369 ID:ataN58MJ0.net
よく知らんが切るより突く方が楽だよね

75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:36:47.343 ID:KNVFcDadd.net
>>72
せやな
だから近世ヨーロッパでは細剣が流行った
斬るより刺す闘い方が主流になると
決闘、ケンカでの死亡者が増加したそうだ
刺す攻撃は加減が難しいし傷が深くなるからね

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:36:05.490 ID:kpPvU/u80.net
中国の刀剣は変な形してるの多いから面白い
刃が何本も生えてる麟角刀とか9つのリングがついてる九環刀とか
http://www.gaopu.com/111TT.html

柳葉刀・りゅうようとう
1

双刀・そうとう
2

対練双刀・たいれんそうとう
3

南刀・なんとう
4

鬼頭刀・きとうとう
5

雁翅刀・がんしとう
6

八卦刀・はっけとう
7

環刀・かんとう
8

九環刀・きゅうかんとう
9

侠家単剣刀・きょうかたんけんとう
10

九鈎刀・きゅうこうとう
11

苗刀・びょうとう
12

倭刀・わとう
13

麟角刀・りんかくとう
14
15
16

77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:38:01.889 ID:j3a6b8xPM.net
柳葉刀を青龍刀って言う奴おおいね
どこで勘違いしたんだろうか
偃月ってついてないと柳葉刀と同じ意味になるのか?

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:42:22.720 ID:OfgRsqMjr.net
これも全部刀狩りのせいなんだろ

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:42:57.714 ID:KNVFcDadd.net
no title

中華の刀剣の形も面白いなぁ
しかしこうして見ると日本刀って中国の影響でも何でもなく
日本人が独自に練り上げたものなんだなぁ

84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:45:03.618 ID:KNVFcDadd.net
>>80は間違って中世ヨーロッパの剣を貼っちゃったけど
こっちも面白い

81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:44:03.249 ID:KNVFcDadd.net
おっとこっちだった
no title

82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:44:24.784 ID:hp4J7aerd.net
なかなか面白い

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:46:38.274 ID:aNrskm0l0.net
中国は土地が広いから場所によって風土に差があるってのと
鋳造技術が高かったので変な形の刃物でも簡単に作れたってのはあるんだろ

91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/13(水) 08:50:47.163 ID:kpPvU/u80.net
日本刀は曲刀で両手持ちってのが世界的に稀だしな
面白い進化を遂げてくれたわ



引用元: 古代日本人「まっすぐな刀作ったったwwww」 中世日本人「反りのある刀になったったwwwwコレめっちゃいいやんけwww」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古代日本人「まっすぐな刀作ったったwwww」

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2015年05月13日 15:59 ID:NxJV9TNG0*
日本はまず温度の高い炉が作れなくて、どうやって純度の高い鉄を精錬するかから始まった
そこからほぼ経験則のみで日本刀にまでたどり着いたのだから、まことに失敗や困難は成功の母である
2  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:01 ID:LJBboQFt0*
刀よりもかりんとうの方が好き。
3  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:04 ID:dg5G.gU20*
13
中学生の時にこれ通販で買ったな(笑)
4  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:21 ID:ZcSUvJAX0*
日本刀は叩いて伸ばしただけじゃなく折りたたんで叩いてを繰り返し幾層にもなっているらしい。
中華はただの延べ板っぽく見えるが実際高度な技術があったんだろうか。
5  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:30 ID:mYl4Ckiw0*
元スレの>>20にあるような鎧は大将とかだけが着るもので、
普通は着用してない。
6  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:31 ID:d5rAGY360*
中国の武器パターン見ると三國無双の武器思い出す
7  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:32 ID:CdrvHVBA0*
ゆーてもイギリスの弓とか鎧貫くほど強かったらしいし
団体で戦う戦場では武器の有効範囲の長さの方が大事だから
8  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:34 ID:gd0MIybM0*
ヨーロッパはキリスト教との関係も有りシンボルだから仕方ないね。
9  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:38 ID:owT.q2Vc0*
金のある武士ならある程度の鎧は着けてたろうけど
合戦になって自分の領地の農民連れ出すときは
ほとんど足軽程度の格好しかさせられんかっただろうなあ
10  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:46 ID:6mADa1oY0*
アルミで鎧できないっすか?
11  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:50 ID:h7J2qvbR0*
刺すのは技術いらんしな、
アホでも使えるから兵隊の数が揃えやすいからかも。
日本でも足軽は主に槍だよね。
12  不思議な名無しさん :2015年05月13日 16:54 ID:CdrvHVBA0*
織田信長はだから天才なんだよな
13  不思議な名無しさん :2015年05月13日 17:05 ID:ZMZwUN9g0*
昔の人のおかげでゲームが楽しい
14  不思議な名無しさん :2015年05月13日 17:12 ID:CdrvHVBA0*
おそらく日本で刀が進化したのは近接戦闘になりやすい山や森での戦闘が多かったからだろうな
ヨーロッパに多い平野での戦いでは断然弓が有効
15  不思議な名無しさん :2015年05月13日 17:59 ID:NNciWvFMO*
石弓強過ぎて禁止は笑える

鎧貫通で確殺しちゃうから身の代金取れないので駄目とか絶対無視する奴いたろw
16  不思議な名無しさん :2015年05月13日 18:00 ID:QLwiY5D10*
ヨーロッパの武具ってきちんと鍛造してないガバガバ品質のイメージあるわ。
それでいて形状も道具としてガバガバなブロードソードやらメイスやら。
ちゃんと作れば刀剣でも実戦で戦えてただの飾りにはならないのに。
柳生宗矩が大阪夏の陣で“武装した”兵士七人を刀で瞬殺してる例もあるし。
プレートメイルが相手だって、鍛造した刀剣なら突きで貫けるはず。
17  不思議な名無しさん :2015年05月13日 18:18 ID:UaPrDDM80*
銃刀法の前、爺ちゃんは刀持ってて、マジ怒らせるとやばかったという。
18  不思議な名無しさん :2015年05月13日 18:19 ID:CdrvHVBA0*
武器の歴史ってそのまま人類の歴史と密接に絡み合って進んでるからおもしろいよなぁ
19  不思議な名無しさん :2015年05月13日 18:55 ID:gCACtsx20*
戦国時代の刀は接近戦の最終手段かつ鈍器であったとな
20  不思議な名無しさん :2015年05月13日 19:39 ID:kzABSzzT0*
アダガとかいう意味不明な武器w
21  不思議な名無しさん :2015年05月13日 20:43 ID:NNciWvFMO*
インドと中国がセンス狂ってる
22  不思議な名無しさん :2015年05月13日 21:14 ID:Up226HGQ0*
防具の歴史は武器の歴史以上に複雑で時代による変化が大きいから、大抵の人は「西洋の鎧は頑丈だけど重い」の認識で止まっちゃっているのが遺憾。
23  不思議な名無しさん :2015年05月13日 22:36 ID:itf62Y5x0*
サンドロックが持ってる刀好き
24  不思議な名無しさん :2015年05月13日 22:55 ID:dCTH..EY0*
※2
野菜のやつがいいぞ
25  不思議な名無しさん :2015年05月14日 01:33 ID:DSUj1x3o0*
日本で採れる鉄とヨーロッパで採れる鉄では
成分が違うから反り具合が違ってきちゃうって聞いたことがある
26  不思議な名無しさん :2015年05月14日 04:23 ID:cyADlXji0*
>>13
画像のは青龍刀じゃなくて柳葉刀な。
間違えて覚えている日本人多いけど。
27  不思議な名無しさん :2015年05月14日 05:42 ID:SnM33GBV0*
※4
プレス加工と削り出し加工の違いみたいなもんで中国刀は安っぽいぶん大量生産に向いてる
戦争の規模と環境の違いで必要なモンが変わるんだな
28  不思議な名無しさん :2015年05月14日 08:49 ID:q8GbVlD90*
ギャグ漫画の刃牙道をまとめに入れないでほしいな。
一気に胡散臭くなる。
29  不思議な名無しさん :2015年05月14日 11:45 ID:GkpicMio0*
日本刀は、正確には蝦夷の刀をパクっただけだけどな
製鉄や鉄製品に関しては蝦夷のほうが技術水準が高かった
なお、忍者が使うのは突き刺す直刀
30  不思議な名無しさん :2015年05月14日 12:04 ID:31xxJGPNO*
切れ味では普通のオルファカッター、強度では床屋の剃刀が最強と聞いた事があるが(独特の形状なので下手な日本刀から受けて切断可能)

お掃除屋さんが使う三枚刃も凄い切れ味なんだよね。
刃が細いから。
31  不思議な名無しさん :2015年05月14日 14:08 ID:gNivdeK50*
日本は製鉄技術が低くて工夫が必要だった
中国は鉄が良かったので工夫要らず
なので中国製の鉄で作った日本刀が最強だったみたい
32  不思議な名無しさん :2015年05月15日 00:33 ID:0QkmJ7Up0*
あれ、曲がっているから鞘から抜けるんだぜ
真っすぐだと常に抜き身でもっていないとイザというとき役に立たない

で、曲げる行程は粘度を斜めに塗り固め
熱しておいて一気に冷ます
粘度の厚みをまちがえると奇麗に曲がらないでヨレヨレに
失敗すると一度潰してやり直し
33  不思議な名無しさん :2015年05月15日 00:43 ID:JVdW0cVVO*
素人だと鞘に納めるだけでも難しいからね。

よく時代劇なんかでは誤魔化してるよね(笑)
34  不思議な名無しさん :2015年05月15日 01:40 ID:i3HnnXpO0*
三國無双の孫堅の刀って本当にあるんだw
35  不思議な名無しさん :2015年05月16日 00:03 ID:N3z0Rkt00*
いまだにヨーロッパもほとんどが農耕民族だって事を知らない時代遅れがいるのな
36  不思議な名無しさん :2015年06月27日 09:08 ID:SS80uH8w0*
モーニングスターとか振り回してた奴を見てみたい
ゲームやアニメの世界のワザとらしいのではなくて本物を
37  不思議な名無しさん :2015年11月27日 12:39 ID:XP4vkMha0*
反りのある刀の方が簡単に作れのに、まっすぐにこだわったのが不思議
焼き入れで反りが出るから、直刀は難しい
38  不思議な名無しさん :2016年01月16日 11:35 ID:RczocSrL0*
欧米人は日本の鉄が砂鉄由来だからという一点で野蛮扱いして
冶金が遅れてる=日本刀クソザコとか主張する奴多いけどな
39  不思議な名無しさん :2016年04月12日 23:49 ID:hI9oV73D0*
玉鋼は欠陥品、純度はよろしいが炭素多すぎ
美術刀の刃部の折り返し鍛錬は八回以上やると逆に弱くなる
心鉄を中心にした組み合わせ構造も最悪の欠陥(御飾りならまあ良いか?)
振り回したり叩き付けたりしたらへし折れたりバラバラになる恐れも有る

古刀は造りがバラバラ心鉄入ってる物も有れば無い物も有る
一つの方法に纏めようと言うのが間違い
素延べもしくは一回折り曲げ形が出来たら刃部に炭素含浸これが基本みたい
中にはチタンが含浸している古刀もあるみたい昔の冶金技術って凄い

そういえばブラジル産の日本刀?土産は向こうの鍛冶屋の作品だけど
硫黄多すぎの鉄で良く出来たもので普通に造ると反りが大きくなりすぎて
かなり工夫して形を造っている様だ。
居合い用に一振り欲しいが輸入は不可だ残念。

日本刀の大半は船載鉄と呼ばれる輸入品、日本刀にして再輸出これ!
鉄が輸入出来なくなったのでしぶしぶ鑪
日本刀にはもっぱらケラを独自に脱炭して玉鋼はその他道具用に
日本刀は美術品と言っている連中はここを勘違いしている。
40  不思議な名無しさん :2016年04月25日 09:44 ID:35Vi.DlO0*
日本刀の起源はー
41  不思議な名無しさん :2016年06月16日 10:29 ID:CS52.Rqk0*
※11
バカかおまえ
刺すほうが技術もいるし
足軽どうこうじゃなくて、そもそも戦場の主戦武器が槍だ
バカかおまえ
42  不思議な名無しさん :2016年06月16日 10:32 ID:CS52.Rqk0*
※16
ゲーム脳もほどほどになw
43  不思議な名無しさん :2017年07月05日 00:00 ID:bbtGYp9g0*
横山光輝三国志で青龍偃月刀を持ってなきゃいけないはずの関羽がただの曲刀を持ってるからたぶん大昔から日本人はそういうのを青龍刀と勘違いしてた
44  不思議な名無しさん :2017年09月06日 01:33 ID:qbTd..RK0*
※43
青龍刀も方天画戟も三国志よりだいぶ後に発明された武器なんだよなぁ
45  不思議な名無しさん :2018年07月11日 18:27 ID:Y0sHtIMV0*
砥石が豊富な日本だからこそ折れず曲がらず切れ味抜群などを追及していくことができたんじゃないのかね。
46  不思議な名無しさん :2018年08月07日 10:52 ID:7V2MdYTs0*
※10
アルミ甲冑とかナポレオン三世乙

※31
中世の中国の鉄なんて鉱石の還元に硫黄だらけのコークス使ってる時点で論外。
アレを刃物に使える鋼にする為には、何度も何度も執拗に折り返し鍛錬して不純物を取り除く必要があると宋代の官僚である沈括が書き残してるがな。

※39
その炭素を減らす為の折り返し鍛錬なんだよ、半可通。

当然、要求される炭素量に応じて鍛錬の度合いを変えるから、八回までとかそういう厳密な決まり事があるわけでもない。
更に言うと日本刀に含まれるチタンは金属ではなく、鉱滓由来の酸化物であって、合金元素としてではなく母材から不純物を引き抜くのに役に立ってるの。
47  不思議な名無しさん :2018年09月12日 10:20 ID:XIDLoeSd0*
盾を持ってる相手に斬りかかるのは無駄

刺すか殴るか
48  不思議な名無しさん :2018年12月29日 09:23 ID:RLkXRUr80*
ヨーロッパ武具にわかばかりかと思えば
それなりに理解してる人がいて安心した
まず基本運用が直剣と曲刀は全然違うし
魂の一作と一般兵用粗造品を混同するな
49  不思議な名無しさん :2019年01月03日 18:54 ID:JokSmFMW0*
本スレ>48
板厚数mmって結構な分厚さだぞ。
車のボディなんか1mmも無い鉄板使ってる。
仮に厚さ2mmの鉄板で鎧造ったとしたら2~30kgくらいの相当な重さになるだろうな。
50  不思議な名無しさん :2019年01月13日 00:13 ID:Ceqn9piS0*
※46
もう来ないかもしれんけど冶金学を修めた人かな?
自分は剣術やってるけど、日本刀は本当に不思議だわ
ピカピカの現代刀が簡単にぶっ壊れる事があれば、古刀は粘り強いのから結構刃がポロポロ欠けるのもあるし、鉄って奥深い
※49
板金鎧は大体15~20kgだね日本の小札縅鎧と大差無い
鎧を着た介者剣術だと刀ってあんまり役に立たない鉄の棒くらいかと思ってたけど、しっかりした鎧って上級将校クラスしか装備してなかったみたいだね
足軽とかの兵卒って胴以外かなりスカスカな装備なんで刀でも十分斬れると思った
自分が良い鎧着てて相手が兵卒なら、なおのこと有利だろうし
刀も実際は結構使える武器だったんだろうなと

 
 
上部に戻る

トップページに戻る