不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    12

    同じ楽曲なのに指揮者によって変わってくる不思議。どう違うか聴き比べてみる

    CWGs



    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:39:06.748 ID:s4x/aVh9a.net
    メジャーな曲で




    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:39:41.742 ID:s4x/aVh9a.net
    1.ラデツキー行進曲 J.シュトラウス1世

    a.バルビローリ ハレ管弦楽団 1956年
    http://wktk.vip2ch.com/dl.php?f=vipper3768.mp3
    バルビローリとハレ管弦楽団は、戦時中の苦楽を共にしたイギリスの名タッグ
    ハープを効果的に用いた演奏で、最初から最後までテンポアップし続けている


    b.フリッチャイ ベルリン放送交響楽団 おそらく1961年
    https://www.youtube.com/watch?v=6dwzfzOJ1Ek

    フリッチャイは白血病で夭逝した天才で、手兵ベルリン放送交響楽団との演奏
    拍子のはっきりした打楽器、ハーモニーを意識した金管楽器のアレンジがよく分かる



    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:40:08.948 ID:s4x/aVh9a.net
    c.ボスコフスキー ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1979年
    https://www.youtube.com/watch?v=4R1UK7ahJBI

    ニューイヤー・コンサートの黄金時代を指揮したボスコフスキー、
    その最後のニューイヤー・コンサートのアンコール
    コントラバスを始めとする低音部を意識した、落ち着きのある優雅な演奏


    d.アーノンクール ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 2001年
    https://www.youtube.com/watch?v=m_clP7RmLs4

    古楽演奏に造詣が深いオーストリア貴族、アーノンクールによる原典版の演奏
    長年にわたるアレンジを一掃した新鮮で高貴な演奏

    7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:42:11.990 ID:s4x/aVh9a.net
    ちなみにカラヤンは登場しない

    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:51:55.381 ID:s4x/aVh9a.net
    2.シューベルト 交響曲第8番(7番,特に第1楽章)


    a.ベーム ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1975年(-13:50)
    https://www.youtube.com/watch?v=jiz2U4QShLo

    ドイツ音楽の古典的解釈に定評のあるベーム、75年来日時の映像
    晩年のベームらしいロー・テンポで、構造的厚みのある演奏
    金管と木管を効果的に対比させている


    b.ムラヴィンスキー レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 1978年(-14:55)
    https://www.youtube.com/watch?v=N1XEzTzsifE

    ソ連時代のロシア音楽界の第一人者であったムラヴィンスキー
    ロシア音楽以外にも造詣が深く、レニングラードフィルとは50年にわたる名コンビ
    冒頭から刺すような緊張感のある演奏で、弦楽器のリズム感が、他の演奏とは一線を画している


    c.ヴァント 北ドイツ放送交響楽団 1995年
    https://www.youtube.com/watch?v=br6qsZOxxoI

    ブルックナーを始めとするドイツ音楽を得意としたヴァント
    低弦を重視した深みのある音、重厚さが際立つ
    ホルン、オーボエなどの登場時に、ハーモニーの重厚さがよく分かる

    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:53:19.735 ID:HG7hEIAH0.net
    指揮者ってレコーディングスタジオで出来ることを一人でやってるって感じか

    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:59:34.793 ID:s4x/aVh9a.net
    >>9
    テンポ、ダイナミクスレンジなんかはレコーディングスタジオでもできるな

    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:04:08.650 ID:s4x/aVh9a.net
    3.ベルリオーズ 幻想交響曲(特に第5楽章)


    a.ミュンシュ パリ管弦楽団 1967年(36:30-)
    https://www.youtube.com/watch?v=gfI9da_bwXY

    アルザス生まれで、ドイツ、フランスの音楽に精通したミュンシュ晩年の超名演
    圧倒的熱量と疾風怒濤の勢いでオーケストラが躍動している
    ティンパニの大胆な補強、トロンボーンを始めとする金管楽器に力強さを感じさせる演奏


    b.ストコフスキー ニューフィルハーモニア管弦楽団 1968年(39:25-)
    https://www.youtube.com/watch?v=DLg-j6JbaqM

    想像もつかないような大胆な編曲で有名な「音の魔術師」ストコフスキー
    前半は控えめだが、後半、特に第5楽章ではその奇才を発揮している
    自由奔放なアゴーギグ、楽器の付け加え、どれも新鮮味のある若々しい解釈


    c.デュトワ NHK交響楽団 2002年 (43:10-)
    https://www.youtube.com/watch?v=eBskPuM7uUI

    日本とも縁の深いフランス人巨匠、デュトワ
    奇をてらわないオーソドックスで、粒の揃った演奏
    N響にしてはいい音が出ているが、如何せん金管が弱い

    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:06:02.010 ID:db9J4DVT0.net
    外人と比べたら体格が違いすぎるからな
    プロオケの先生もやっぱタフさが違うわって言ってた

    14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:15:19.434 ID:s4x/aVh9a.net
    >>12
    ホルン以外の演奏は丁寧で上手いんだけどね
    スヴェトラーノフなんかが指揮したときはおもしろいくらいよく鳴った

    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:14:40.747 ID:s4x/aVh9a.net
    4.ヘンデル オラオリオ「メサイア」より「ハレルヤ」

    a.ガ―ディナー イングリッシュ・バロック・ソロイスツ モンテヴェルディ合唱団 1982年
    https://www.youtube.com/watch?v=kLvHbLmGEMQ

    古楽器演奏で数々の名盤のあるガ―ディナーの演奏
    初演240周年記念の年の録音で、初演時代のオリジナルを復元した厳格な演奏
    最初の入りがpで、非常に新鮮な感じ 
    合唱もking of kings~の部分など非常にはっきりとした発音で聴き心地が良い


    b.ビーチャム ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ・合唱団 1959年
    https://www.youtube.com/watch?v=doZH1ANfdhk

    イギリスクラシック界の大物、ビーチャムと彼が創設したロイヤル・フィルの演奏
    グーセンス版で、その豪華絢爛さを遺憾なく発揮した演奏 
    冒頭から打楽器、ホルンの轟音が響き、フィナーレまで聴けば気分爽快


    c.アンドレ・リュウ ヨハン・シュトラウス管弦楽団 ハーレム・ゴスペル・コーラス 2004年
    https://www.youtube.com/watch?v=76RrdwElnTU

    イロモノだが、楽しくクラシックを聴くには丁度いい実力もある指揮者、アンドレ・リュー
    快活なテンポで、威勢の良いオーケストラと圧倒的な合唱
    テノールが無駄に張り切っていておもしろい

    16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:20:58.040 ID:db9J4DVT0.net
    バーンスタインもチェリビダッケもがっつりねっとりしすぎで
    金管やってた身からすると聞いててしんどくて仕方ない
    ゲルギエフくらいあっさり目の方が好きだな

    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:25:57.681 ID:s4x/aVh9a.net
    11.ショスタコーヴィチ 交響曲第5番(特に第4楽章)

    a.バーンスタイン ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラ 1979年(40:10-)
    https://www.youtube.com/watch?v=tmDEuFaoSC0

    20世紀後半、カラヤンと人気を二分したバーンスタイン来日時の名演
    第3楽章など、全体的には59年盤の怒涛の勢いと比べると、年の分だけ落ち着いた演奏
    第4楽章は、終始裏のない明るさで一貫しており、西側の演奏だと感じさせる


    b.ムラヴィンスキー レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 1984年(33:35-)
    https://www.youtube.com/watch?v=qM66JmIJdRc

    ショスタコーヴィチとは無二の親友であったムラヴィンスキーと、手兵レニングラード・フィル
    1966年のものが最良だが、著作権がまだ残っているのでうpできない
    リンクは1984年の最晩年のもので、やはり統率に乱れが出ているところが所々ある
    しかしながら切れ味の鋭さは健在で、奥行のある重厚なコーダは流石


    c.バルシャイ ケルン放送交響楽団 1995年(34:20-)
    https://www.youtube.com/watch?v=1H5aDEYul_c

    室内楽やドイツ音楽にも才のあるロシア人バルシャイ
    ショスタコーヴィチの交響曲全集の中の一曲で、半音音程をあげたり、奇抜なアレンジがみられる
    ショスタコーヴィチ特有の悲愴さをうまく引き出している

    20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:35:05.336 ID:s4x/aVh9a.net
    6.ベートーヴェン 交響曲第7番(特に第4楽章)

    a.クレンペラー ニューフィルハーモニア管弦楽団 1970年(35:30-)
    https://www.youtube.com/watch?v=fiIh80jYeGE

    不倫、全身大やけど、脊椎骨折、脳梗塞、言語障害など事故の多いクレンペラー
    晩年の満身創痍の指揮ぶりが見れる
    終始ロー・テンポ、曲の構造をはっきりと示した演奏で、スコアを見ながら聴くとおもしろい
    木管楽器、特にファゴットを下敷きとする細かいハーモニーまで構造が明確で、
    異次元の重厚さが出ている


    b.C.クライバー ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 1983年
    https://www.youtube.com/watch?v=2Sw97NzvvsE

    C.クライバーは、華麗な指揮ぶりと流麗な音作りで一世を風靡したオーストリア人
    7番にはもっといい録音もあるが、やはり映像でみると楽しい指揮者なので
    終始流れるような演奏で、第4楽章からは圧倒的な高揚を楽しめるが、音の厚みに欠ける。
    クライバーのリンクは28:05-が第4楽章


    c.テンシュテット ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1989年(29:07-)
    https://www.youtube.com/watch?v=5WwlnoMij5s

    マーラーでは伝説的な名演がいくつかあるテンシュテット
    クレンペラー程ではないが、非常にスケールの大きな演奏で、個人的な愛聴盤
    第1楽章冒頭の木管の力加減が程よく、非常に魅力的
    また、第2楽章をここまで劇的に演奏する指揮者は他にいない

    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 16:49:35.049 ID:s4x/aVh9a.net
    3.ドヴォルザーク チェロ協奏曲(特に第3楽章)


    a.チェロ:フルニエ セル ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  1961年(26:16-)
    https://www.youtube.com/watch?v=slfFBc0ckcM

    イギリスでは「チェロの貴公子 aristocrat of cellists」と呼ばれたチェロの第一人者、フルニエ
    気品のある音色だが、東方独特の哀愁もしっかりとこめられている
    第3楽章後半の滑らかな高音が実にフルニエらしい
    また、セルの伴奏も上手く、フルニエの美しい音を邪魔していない


    b.ロストロポーヴィチ ジュリーニ ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1977年(29:23-) 
    https://www.youtube.com/watch?v=Do3YJ2djH7E

    他の追随を許さない、圧倒的技巧を持っていたロストロポーヴィチ
    特徴ある滑らかなボウイングから出る力強い音色と、
    ジュリーニのねっとりとした歌い上げがうまくマッチしている
    第3楽章中間部(37:00-)、ヴァイオリンとの掛け合いを聴けばよく分かる


    c.G.カピュソン P.ヤルヴィ パリ管弦楽団 2013年(28:25-)
    https://www.youtube.com/watch?v=FVKb3DwPFA8

    フルニエと同じフランス生まれの若手、G.カピュソン
    第2楽章など、チェロ、オーケストラとも澄んだ美しい音色が出ている
    土臭さに欠ける演奏

    25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 17:02:12.584 ID:s4x/aVh9a.net
    8.ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲


    a.フルトウェングラー ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1949年
    https://www.youtube.com/watch?v=STDskpYZ1GY

    フルトウェングラーは、20世紀前半にベルリン・フィルを率いたドイツ音楽の第一人者
    戦後の録音で音質もよく、得意としたワーグナーの演奏
    冒頭から快活さを失わず、熱烈なカンタービレ、特にフィナーレの盛り上がりは流石


    b.ムラヴィンスキー レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 1977年
    https://www.youtube.com/watch?v=hmsNUGd74MM

    意外にもワーグナーもこなすムラヴィンスキーと、その手兵レニングラード・フィルの演奏
    1977年来日時の名演で、冒頭のアインザッツは不一致だが、
    フィナーレまで、スケールの大きい音を作っている


    c.シノーポリ シュターツカペレ・ドレスデン 1998年
    https://www.youtube.com/watch?v=vrd0qTjp2rY

    精神医学、人類学で博士号をもつなど、幅広い才能を発揮した鬼才、シノーポリの演奏
    イタリア・ドイツ双方のオペラに通じており、若くして亡くなったことが悔やまれる
    終始、暑苦しさを感じるほどの熱気があり、それでいて繊細な解釈を見せる

    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 17:15:09.000 ID:s4x/aVh9a.net
    9.リスト ハンガリー狂詩曲第2番 


    a.ホロヴィッツ 1953年
    https://www.youtube.com/watch?v=v95I6kGghmk

    20世紀のピアニストの金字塔、超天才ホロヴィッツ
    瑞々しい技巧、低音の轟音、鋭い音の入りなど、脂ののっていたいい時期
    演奏活動中止直前の2月25日の演奏会での録音
    大胆なアレンジと、他と隔絶した表現力が光る演奏


    b.シフラ 1956年
    https://www.youtube.com/watch?v=fnChH3cFPnY

    リストの再来と言われた圧倒的技巧で有名な、ハンガリー生まれのピアニスト、シフラ
    左右のバランスの取れた音色で、ペダルの踏みなど、おもしろい解釈をしている


    c.ランラン 2008年
    https://www.youtube.com/watch?v=jYO9gTmCJTE

    イロモノ扱いをされることが多いが、実力は確かなランラン
    冒頭から珍しい解釈による演奏で、聞いていて飽きが来ない
    独自の解釈が続き、終始非常に熱っぽい演奏

    27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 17:26:07.357 ID:s4x/aVh9a.net
    10.プッチーニ 「トスカ」より「星は光りぬ」


    a.モナコ プラデルリ指揮 聖チェチーリア音楽院座管弦楽団 1959年
    https://www.youtube.com/watch?v=rfO3cToIRIw

    イタリア・オペラに迫力ある名演を残したテノール、モナコ
    対訳つき、ステレオ高音質
    最後のE muoio disperato! E non ho amato mai tanto la vita!
    などで決してぶれない重厚な声質と声量、劇的な余情を見せる


    b.ドミンゴ シノーポリ指揮 メトロポリタン歌劇場 1985年
    https://www.youtube.com/watch?v=_HBcvE8PB6I

    パヴァロッティ・カレーラスと共に三大テノールとして親しまれたドミンゴ
    モナコなどに比べると声質は軽いが、哀愁のある歌いをしている
    シノーポリの伴奏が無駄に良くて笑ってしまうが、ロマンティックな良い演奏


    c.クーラ ガグリアード指揮 プラハ交響楽団 2003年
    https://www.youtube.com/watch?v=_voz38gdFiw

    一昔前によく話題に上ったアルゼンチン人、クーラ
    モナコを思わせる重厚な声質で、温かみのある歌いをしている
    クーラにしては、中高音の響きが薄く、全体的に物足りない

    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 17:39:58.986 ID:s4x/aVh9a.net
    11.ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番(特に第3楽章)

    a.バックハウス ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1950年
    第1楽章 https://www.youtube.com/watch?v=rCB5mXD8qcE


    第2楽章 https://www.youtube.com/watch?v=YpcbUA5wEjU


    第3楽章 https://www.youtube.com/watch?v=bZCEU2LvIqA


    ベートーヴェンを始めとするドイツ音楽の名手、バックハウス
    伝統的なドイツ音楽の解釈がベームとうまくマッチした、堂々たる演奏


    b.アシュケナージ ショルティ指揮 シカゴ交響楽団 1972年(27:04-)
    https://www.youtube.com/watch?v=WPsus3po1hM

    最近は指揮者としての活動の方が多くなったアシュケナージ
    冷静で、粒を意識した演奏、ショルティの伴奏が非常に熱いのと対照的でおもしろい


    c.内田光子 M.ヤンソンス バイエルン放送交響楽団 2011年(27:50-)
    https://www.youtube.com/watch?v=AlCGX4_3C3M

    モーツァルトやドビュッシーのの繊細な演奏に定評がある内田
    やや構造的な厚みにに欠けるが、流れるようないい演奏

    29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 17:52:50.123 ID:s4x/aVh9a.net
    12.パガニーニ カプリース24番 

    a..ハイフェッツ エマニュエル・ベイ(ピアノ) アゥアー編曲版
    https://www.youtube.com/watch?v=vPcnGrie__M

    技巧、表現力共に超一級であったハイフェッツの、珍しいパガニーニ
    純粋なロシアの音色だが、ビブラートが非常に独特
    左手でのピチカート、ハーモニクスでの技巧は流石


    b.アッカルド 1977年
    https://www.youtube.com/watch?v=TXnda3aWtis

    最近、名前を耳にすることが少なったが、パガニーニの演奏と言えばアッカルド
    ミスもあるが安定した技巧で、澄んだいい音を出している


    c.ミンツ 1981年
    https://www.youtube.com/watch?v=4TOlOmilwQY

    ここ30年カプリースの決定盤となっている、天才、ミンツの演奏
    パガニーニならこう弾いたと思わせるような隙のない技巧
    ボウイング、左手遣い共に常軌を逸しており、滑らかさを失わない演奏

    30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 18:05:20.763 ID:s4x/aVh9a.net
    13.ブラームス ヴァイオリン協奏曲(特に第1楽章)


    a.ヌヴ― イッセルシュテット指揮 北西ドイツ放送交響楽団 1948年(-22:15)
    https://www.youtube.com/watch?v=9FM2_krep7U

    30歳で夭折した女性ヴァイオリニスト、ヌヴ―の演奏
    冒頭から途切れることのない緊張感で、鼻で息を吸う激しい音が聞こえる
    濃密で神秘的な音を、イッセルシュテットの伴奏が包み込むように支えている


    b.クレーメル バーンスタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1982年(-22:10)
    https://www.youtube.com/watch?v=JSfb8neBaqs

    来日が多いので、よく聴いているクレーメル
    淡々とした音の中に感情がこめるクレーメルと、直接的に感情を表現するバーンスタインとの珍しい共演
    クレーメルらしい、迷いのない音、特に高音の味わい深さが良い


    c.ヒラリー・ハーン P.ヤルヴィ指揮 フランクフルト放送交響楽団 2014年(-24:00)
    https://www.youtube.com/watch?v=fqqSJfS3Lm4

    最近の聴いた女流ヴァイオリニストでは最も良い音を出すヒラリー・ハーン
    男性的な演奏ではなく、女性らしさが感じられる演奏で、ブラームスっぽくはない
    ヌヴ―やクレーメルは疲れる音だが、ハーンは聞き流せる音を出す

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:40:19.798 ID:55t3Xb4n0.net
    カラヤンでggr

    5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:41:09.918 ID:db9J4DVT0.net
    前期カラヤンと後期カラヤンで聞き比べてもいいぞ

    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/12(火) 15:41:49.751 ID:55t3Xb4n0.net
    >>5
    一緒に酒を飲みたい

    ▼関連記事





    引用元: 指揮者によってどう演奏が違うのか聴き比べてみる



    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2015年05月19日 20:24 ID:Ibqy6iDN0*
    こういう良スレがあるからネットってやめられない。

    thanks♪
    2  不思議な名無しさん :2015年05月19日 20:27 ID:yvbnJYUo0*
    好みの違い。これかな~
    当然、奏者の上手下手もあるけど
    自分の好きなタイミングで演奏しない指揮者のCDは聴かなくなるし
    奏者の技量もあるから

    ホルスト『惑星』の例
    カラヤン:録音が古いものが多い事もあるけど、
    個人的には気分屋演奏という感じw良く言えばメリハリがある
    冒険心がある演奏指揮

    マゼール:しっかり丁寧、まじめに惑星してくれる
    調和がとれていて、心地よい
    3  不思議な名無しさん :2015年05月19日 20:32 ID:n83vdodF0*
    カラヤンの惑星は全体的にも評価が良くないような
    そんな俺はレヴァイン推し
    4  不思議な名無しさん :2015年05月19日 20:38 ID:yvbnJYUo0*
    ※3
    レヴァインの惑星聴いた事ないです~推しなら今度聴いてみます
    5  不思議な名無しさん :2015年05月19日 20:41 ID:hgCZ8sH6O*
    つべにホルスト自身が指揮してる木星が上がってるね。ホルストが描いてた木星を感じる事が出来るかも。
    6  不思議な名無しさん :2015年05月19日 22:55 ID:xATgyZ7a0*
    ドミンゴさんはスピント系にカテゴライズされることも
    あるけど、スレ主の言う通りモナコよりは軽めのリリックよりの声だよね
    バリトンの役もこなすけど、ドミンゴのアクートはいかにもテノールらしくて
    しびれる。2011年の日本公演のGranadaなんかは圧巻
    7  不思議な名無しさん :2015年05月20日 02:48 ID:hEEnfhQj0*
    チェリストでもあるロストロポーヴィチが好きだったな
    8  不思議な名無しさん :2015年05月20日 13:58 ID:S6qzSpcC0*
    素直に感動した
    オーケストラ面白いね
    9  不思議な名無しさん :2015年05月20日 21:59 ID:Ap.ekCPP0*
    虹だ!虹を出してくれ!
    10  不思議な名無しさん :2015年05月21日 18:26 ID:jD1zzDLJ0*
    何当たり前の事偉そうに言ってんだ?
    レシピ見て調理しても全く同じ味になるとは限らないのと一緒だろ。
    11  不思議な名無しさん :2015年05月21日 21:41 ID:m6LoyD3q0*
    交響曲はまだ>>11までしか聴き終えてないけど
    各曲abcとても丁寧に選曲されてるよな
    時間かかるけどじっくり最後まで聴こうと思う
    12  不思議な名無しさん :2016年05月02日 21:08 ID:eaGq06N.0*
    ベートーベンのピアノはアニーフィッシャーを聞け
    時々ミスタッチはあるけど、男前な演奏はサブいぼ物だ。

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!