不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    31

    『永遠の0』のモデルになったエースパイロットたちかっこよすぎワロタwwwwwwww

    40446544



    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:21:44.550 ID:R6ig7b8Q0.net
    『 零戦撃墜王 』 岩本徹三
    tetuzou_edited

    岩本徹三 - tetuzou iwamoto -

    1916年6月14日 - 1955年5月20日

    大日本帝国海軍戦闘機搭乗員。

    樺太出身。

    最終階級は海軍中尉。


    自ら「虎徹」と称し垂直降下一撃撃墜を特技とした空戦の達人だった。

    操縦練習生を卒業後、航空隊勤務を経て、第13航空隊に配属され中支戦線に進出し、昭和12年2月25日の南昌攻撃で初空戦ながら単機にて敵機5機撃墜し、9月に帰国するまでに計14機を撃墜,日華事変のトップ・エースとなった。

    昭和16年4月空母「瑞鶴」乗組となり、零戦訓練を受ける。

    永遠の0

    祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。
    http://movies.yahoo.co.jp/movie/永遠の0 あらすじ






    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:31:59.658 ID:R6ig7b8Q0.net
    10月新鋭空母「瑞鶴」戦闘機隊に転じハワイ作戦・インド洋・サンゴ海海戦に参加した。

    昭和17年8月、大村航空隊教員に転じ本土へ帰還、横空、追浜航空隊勤務を経て昭和18年3月、新編成の第281航空隊付に発令され、
    北千島方面の防空任務ののち11月にラバウル派遣隊に加わり、激戦のラバウルに進出、翌年2月末トラック島へ後退するまでの3ヶ月間、第201・204・253航空隊に転じ連日の迎撃戦に健闘し142機を撃墜した。


    昭和20年3月、第203航空隊戦闘303飛行場に転属し、南九州防空戦、沖縄航空戦に参加して岩国基地で終戦を迎えた。

    総撃墜機数216機、協同撃墜機数26機、地上撃破2機。

    戦後、2年間の闘病生活、元気になったらもう一度飛行機に乗りたいと念願したという。

    “零戦撃墜王”岩本徹三氏は日華事変から終戦までの回想録を大学ノート3冊にぎっしりと書き残し、昭和30年5月20日逝去。

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:22:38.152 ID:JQDBQG8K0.net
    徹っちゃんは正味最強だった

    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:22:41.200 ID:pLenbx7r0.net
    零戦虎徹なら仕方ない

    5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:23:12.054 ID:GyACivima.net
    岩本さんがモデルだったのか
    昔は世話になったなあ

    7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:32:28.492 ID:R6ig7b8Q0.net
    『 ラバウルの魔王 』 西澤廣義
    Nishizawa_lifevest

    西澤廣義 - hiroyoshi nishizawa -


    1920年1月27日 - 1944年10月26日

    大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員。

    長野県上水内郡小川村出身。

    海軍中尉(戦死後、飛曹長から二階級特進)

    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:32:53.752 ID:R6ig7b8Q0.net
    昭和14年(1939年)操縦練習生課程修了。

    台南空、太田二飛曹とともに坂井一飛曹から鍛え上げられ、
    3人共に台南空の主力となっていった。

    1942年8月7日のガダルカナルへの長距離作戦では、アメリカ軍艦載機との空戦においてF4F6機を撃墜した。自らも被弾したが無事に帰還している。

    11月に台南空は部隊改称により251空となり、これ以降も西澤はP-40やP-38、そして逆ガル翼の新鋭機F4Uを相手に次々と撃墜を重ねていった。

    1943年9月に、不足し始めた戦闘機搭乗員養成のため一時的に本土へ帰ったものの、
    練習生を「戦闘機に乗るなど3年早い」と不合格にしたというエピソードも残されている。

    その後、再度戦闘員としての任務を希望し、フィリピンの201空に配属される。

    1944年10月25日の神風特別攻撃隊の初出撃の際には、関大尉率いる敷島隊の直掩として零戦4機を率いて出撃し、哨戒中のF6F2機を撃墜して敷島隊の突入進路を切り開くという重要任務を遂行した。
    この際、西澤自身も神風特別攻撃隊への参加を再三直訴したが、彼の抜群の技量ゆえに却下された。

    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:33:15.420 ID:R6ig7b8Q0.net
    その翌日。

    乗っていた零戦を別の搭乗員に譲るため、西澤は輸送機に乗りマバラカット基地へ向かう。
    しかし、F6F2機の攻撃を受け撃墜された。

    抜群の技量を持ち、日本海軍搭乗員のなかでもトップクラスであった彼が、
    戦闘機搭乗中ではなく、輸送機の中で為す術もなく死んでいった事実に、
    当時の同僚たちは激しい無念を抱いた。


    彼の生涯での撃墜数だが、
    公式記録では協同撃墜429機・撃破49機、この内単独撃墜36機・撃破2機となっている。
    だが、詳細な数は不明。
    家族への手紙では143機、戦死時の新聞報道では150機と書かれている。
    草鹿任一司令長官より100機撃墜記念の感状と軍刀を受預していることから少なくとも海軍航空隊内部では、100機以上の撃墜王として認識されていた。
    一般に認識されているのは87機であり、これは岩本徹三の撃墜数80数機、とほぼ同数。
    80機を超える撃墜数を達成したエースパイロットとして認識されるようになっている。

    嘗ての敵国であるアメリカ合衆国の国防総省とスミソニアン博物館には、
    西澤の肖像が飾られている。

    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:33:43.146 ID:R6ig7b8Q0.net
    『 大日本帝国海軍のエース 』 坂井三郎
    Sakai_Cockpit_A5M

    坂井三郎 - Saburo Sakai -


    1916年8月26日 - 2000年9月22日

    大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員。

    佐賀県佐賀郡西与賀村出身。

    太平洋終戦時は海軍少尉、最終階級は海軍中尉。

    戦後に海軍時代の経験を綴った著書『大空のサムライ』は世界的ベストセラー。



    故郷で飛行艇の旋回を見て、飛行機に対しての憧れをもち海軍へと入隊する。
    当初は艦の砲塔砲手に命じられるものの、飛行機パイロットへの道を志すべく、操縦練習生を目指すことを決意する。
    そのことで上官からの嫌がらせや体罰などに苦しむも、無事、最後のチャンス(年齢制限)をモノにして、搭乗員になる。
    練習生時代から才能を発揮したようで、主席で卒業。戦闘機パイロットとなった。

    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:34:03.786 ID:R6ig7b8Q0.net
    日中戦争時に坂井三郎は中国大陸に展開する部隊に配属。ここで歴戦のパイロットたちからの教育を受けつつ、経験を積む。
    1940年には当時の最新型であるゼロ戦に乗ることになった。
    沈着冷静、巧みな操縦技術や冷静な戦闘機動など才能を発揮。
    当時指導にあたった先輩の中には、笹井醇一中尉の姿もあった。

    1941年の開戦後、彼の所属する部隊は南方を転々としつつ、彼も戦果を重ね長躯ラバウルまで進出し、ソロモン海、ニューギニアでの戦いを繰り広げることなる。
    が、1942年8月、ガダルカナルでの最初の航空戦の際、敵機と戦闘中、頭部を負傷し右側の視力を失い、半身不随のような状況になる。しかしその後不屈の意思で4時間という長時間飛行を行い、無事ラバウルへと帰還するという奇跡を起こした。

    帰還後は内地へと撤退することになるが、その際、親友であった笹井醇一との別れを惜しむ。

    正確な数字は定かではないが、当時の彼の敵機撃墜数はかなりのもので、
    「撃墜王」として当時の海軍から崇められた。

    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:34:28.267 ID:R6ig7b8Q0.net
    『 ラバウルの貴公子 』『軍鶏』  笹井醇一
    Ens_Junichi_Sasai_May1941

    笹井醇一 - jyouichi sasai -


    1918年2月13日 - 1942年8月26日

    大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員。

    東京都青山出身。

    海軍少佐(死後、中尉から二階級特進)

    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:34:43.414 ID:R6ig7b8Q0.net
    造艦大佐の長男として東京に生まれる。

    父親の転勤に伴って各地を転々とするも、18才で海軍兵学校に入学。

    1941年11月に訓練課程を終了、台南空に着任。世情既に一面暗雲立ちこめており、翌12月には太平洋戦争開戦。
    即戦力のみが求められる最前線において、先任の搭乗員である坂井三郎の指導の元、メキメキと技量を延ばしていく。

    部隊の進出に伴い、フィリピン・蘭印・ラバウルと転戦。坂井・西沢といったエース達サポートをうけ撃墜数を増やしていき、いつしか名実共に 「台南空の中隊長」 へと成長していった。

    1942年8月
    戦況が悪化する中、
    師であり部下であり、そしてまた親友であった坂井が負傷し内地に帰還。
    (別れの際のエピソードは有名だが、ここでは割愛。)


    同年8月25日
    笹井中隊が連日推して出撃。この日の敵基地上空航空戦で、遂に未帰還となる。
    彼の撃墜は誰一人見ていなかったが、戦後米国の証言により彼の最期が明らかに。

    その日、米海兵隊撃墜王のマリオン・カール大尉と一騎打ちとなり、
    敵機を失速、墜落寸前まで追い詰めるも、カール大尉の捨て身の反撃を受け、爆散した。

    14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:34:45.627 ID:GyACivima.net
    おれ西澤さんが一番好きだな

    15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:36:09.871 ID:R6ig7b8Q0.net
    特に笹井醇一さんかっこよすぎるだろwww
    なんだよ、敵のエースパイロットと一騎打ちして散るとかwwwかっこよすぎるwwwwwww

    16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:36:28.960 ID:pLenbx7r0.net
    坂井さん年下の隊長に嫌み言ったからなぁ
    それまで結構好きだったけどなんか萎えた
    でも僚機被撃墜0は純粋にすごいと思う

    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:37:34.472 ID:GyACivima.net
    坂井氏はいろいろ知っていくとちょっとね
    悪く言いたくないが俺は好かん

    18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:38:13.002 ID:iOibrOqF0.net
    のちにカール大尉は笹井の墓参りに来日してる

    19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:38:52.434 ID:gdEDOtvp0.net
    岩本さんは戦後の平和な日本に馴染めず傷心のまま死んでったとか哀しいわ

    20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:39:21.906 ID:UhVkZ7Mf0.net
    撃墜数って実際のところ信憑性はどうなん?

    22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:42:12.150 ID:iOibrOqF0.net
    >>20
    多少は盛ってるだろうけど、このスーパーエース達がそれだけ活躍したことは本当だろう

    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:44:15.462 ID:GyACivima.net
    >>20
    胡散臭いのもあるけど一応相手方の記録ってのもあるから照会できるから
    まあ全くの嘘ってのはほとんどないかと

    25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:46:45.806 ID:pLenbx7r0.net
    >>20
    途中から部隊ごとの戦果報告で隊員それぞれの手記なんかを確認してる
    戦後はアメリカの報告書とも照合してる
    結構信憑性はあると思う

    21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:41:48.081 ID:dvx0wU14p.net
    こういう人たちの頑張りを知ると、余計軍の上層部のクソさ加減に腹が立つわ

    24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:45:27.104 ID:SvOg58c90.net
    ドリフターズ好きの俺は菅野デストロイヤーが好きだわ

    27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:49:11.971 ID:pLenbx7r0.net
    >>24
    俺もデストロイヤー好きで最後の撃墜王買って読んだらさらに好きになった

    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:47:44.755 ID:UhVkZ7Mf0.net
    日本のパイロットは少なめだから信じられるけど
    ドイツの面々がマジかよってなるから

    30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:54:31.094 ID:gdEDOtvp0.net
    赤松さん大好きだわ
    単機でムスタング75機に突っ込んで1機落として帰るとかキチガイ染みてる
    アル中で死んだってのも好感持てる

    32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:57:09.188 ID:tU5XJ/q80.net
    撃墜数検索してみて
    ドイツすげえってなってたら
    なんか日本にも人間やめてるやつがいた

    34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 01:01:33.312 ID:Dhs0cC1Q0.net
    砂漠から凍てつくロシアまで戦ってたとかドイツすごいな

    35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 01:02:22.150 ID:R6ig7b8Q0.net
    なんか調べてみたが枢軸国に化け物染みたパイロットが多いのは連合国に比べてパイロット一人に対して出撃数が多かったからなんだろ?

    そりゃ生き延びる人たちは爆発的にスコア伸びるわな、いやそれでもその人たちが凄いことに変わりはないんだけど

    36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 01:03:49.906 ID:arr4K65Ad.net
    >>35
    米軍パイロットはローテーションでフロリダにバカンスに行ってたからな

    38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 01:10:27.522 ID:dvx0wU14p.net
    普通はエース級のパイロットが戦死すると士気に響くから後方へ下がらせるからな
    それが出来なかった日本とドイツはジリ貧だったって事だよな

    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 00:49:58.800 ID:rBE70bJJ0.net
    海軍の戦闘機乗りとか最前線も最前線だよな
    岩本って人生き残った上に撃墜数も上げてるとかすげーな

    引用元: 永遠の0のモデルになったエースパイロットたちかっこよすぎワロタwwwwwwww



    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2015年08月01日 20:35 ID:pqkfPH.u0*
    坂井さんて2000年まで生きとったんか
    2  不思議な名無しさん :2015年08月01日 21:28 ID:hYydjg.o0*
    海軍にも陸軍にも呆れるような優秀な人がたくさんいた。
    知らない人も含めればどれほど多かったかと。

    でも、いつの時代もいるんだよね。
    ありがたいね。
    3  不思議な名無しさん :2015年08月01日 21:39 ID:N2gF1SnO0*
    『零戦燃ゆ』のモデルになった杉田庄一さん…
    「和製リヒトホーフェン」奥村雄さん

    撃墜数の過多だけではないと思う
    我々が彼らの名を憶えていることに意義があるのかも
    4  不思議な名無しさん :2015年08月01日 21:46 ID:AGjY.JP30*
    大尉と一騎打ちとかラスボス戦かよ…
    5  不思議な名無しさん :2015年08月01日 21:51 ID:13Sq1Kts0*
    赤鼻のエースがいないな
    二つ名かっけえのに
    6  不思議な名無しさん :2015年08月01日 22:25 ID:3LM65RH10*
    映画自体はヘタクソなドキュメンタリ-タッチのクソ映画。
    ジャニ-ズ主役にしなきゃ、誰も観ないレベル。
    7  不思議な名無しさん :2015年08月01日 22:37 ID:qgv6H1zA0*
    雷電赤松の破天荒な生き方
    8  不思議な名無しさん :2015年08月02日 00:02 ID:k5xHqt.i0*
    物語の上でも元ネタで一番大事な米海軍一の幸運艦で武勇艦な空母エンタープライズに特攻して行動不能にした富安中尉がないとは
    9  不思議な名無しさん :2015年08月02日 00:04 ID:mSJFwpTa0*
    うちの爺さんも飛行機乗りだったと聞いたが詳しいこと聞く前に亡くなってしもうた…
    10  不思議な名無しさん :2015年08月02日 09:30 ID:W1JqEAV60*
    祖父達の零戦、という本を読んでみてくれ。
    もの凄く良い本だ。
    11  不思議な名無しさん :2015年08月02日 12:05 ID:BexqwEjC0*
    坂井三郎 が ひで に見えて草
    12  不思議な名無しさん :2015年08月02日 12:43 ID:PkthXtia0*
    ドイツ軍人の撃墜数は異常だけど、下が陸地だからね。太平洋のど真ん中よりは生還リスクが飛躍的に増す。
    中華民国に7、8回撃墜されても無傷なエースパイロットがいるくらいだから
    13  不思議な名無しさん :2015年08月02日 13:35 ID:wY.JYOPg0*
    かっけえ
    なのに今の日本男児ときたら...
    14  不思議な名無しさん :2015年08月02日 13:47 ID:1ZFGff2V0*
    特攻隊の話も中々だよ。
    妻からもらったマフラーを巻いて出撃して死んでいった人とか、もうね。
    15  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:12 ID:J.z5bxqe0*
    坂井三郎の話は、どうも大風呂敷っぽくって全部信じられん
    目を根性で治したって本当かよw
    根性あれば医者いらねーじゃんwwwww
    朝生は出るべきじゃなかった。価値観下がったよ
    16  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:12 ID:YjlAFAHg0*
    飛行機は気迫で落とすものなんだが?
    17  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:33 ID:PmWVEH.T0*
    百田のまるでノンフィクションかのような口ぶりに草生える
    まあ嘘八百田のことだからミスリード狙いなんだろうけど
    18  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:36 ID:mI7O7IM.0*
    スレタイにいつも、ワロタ、ワロタ、ワロタ .... って、笑うほど可笑しいスレは一度見た事無い。
    19  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:37 ID:RnbXeIoS0*
    この間テレビで見たけど、なんか肝心の部分のセリフが
    聞き取りにくい、というか何言ってるのか解らないってのがやたら多かった
    一番感動したののはラスト近くの、あの人が死んでも必ず帰ってくる
    って言ったのは嘘じゃなかった、というところのやり取り
    20  不思議な名無しさん :2015年08月03日 07:59 ID:h4mksxACO*
    日本を押したいがルデルかな
    21  不思議な名無しさん :2015年08月03日 10:33 ID:10EOGwbx0*
    ドイツの撃墜数がとんでもないのは、ロシアのへっぽこ量産機を少ない人数フル稼働して撃墜してったからだぞ
    日本はアメリカのハイパースペックと戦うことが多かったから数が少なくてもすごい
    22  不思議な名無しさん :2015年08月04日 19:02 ID:FebW8oHH0*
    坂井さんは目を根性で治したなんて言ってないし、治ってねーよ。
    何の本読んだんだ?
    23  不思議な名無しさん :2015年08月05日 01:55 ID:4TuZW7zP0*
    ドイツ:鉄十字勲章各種
    アメリカ:銀星章 議会名誉勲章
    イギリス:殊勲十字章 ヴィクトリア十字章
    ソ連:赤色英雄勲章 ソ連邦英雄の称号

    他国の撃墜王はこんだけ顕彰の対象になってるのに、
    日本軍は評価の対象としての撃墜王という定義すら
    設けていなかったんだよな。

    しかも「撃墜競争させたら却って士気が下がる」という理屈で
    個人撃墜すら正式記録に残してなかったりする。
    (個人撃墜は部隊としての戦果扱い)

    表彰らしい表彰と言えば、死んでから全軍布告するか
    軍神の称号を与えるだけ。



    24  不思議な名無しさん :2015年08月05日 09:53 ID:HpLrstLO0*
    今手間は考えられんような忍耐力とか人間としての強さ、頭とか運動とかもできた人たちがこんな戦争で死んでいったと思うともったいなさすぎる
    25  不思議な名無しさん :2015年08月06日 10:43 ID:pnjJZCWi0*
    坂井さんは2000年までの間に手記や言論なんかで、一部不安にある部分はあっても最後まで戦友のために闘ってたイメージがあるから好感が持てる。
    26  不思議な名無しさん :2016年04月16日 15:13 ID:oQkiKLwi0*
    俺のじいさんは、予科練上がりの戦闘機乗りで終戦迄生き残ったが、最後の方は特攻隊の直援で、

    ある時出撃前に若い少尉が挨拶に来たら、近所に居てよく遊んであげた子で

    ○○さんの援護で行けるなら、安心です!と言われ返す言葉がなかったと言っていたよ。
    27  不思議な名無しさん :2016年07月15日 10:46 ID:UplZaigK0*
    ※11
    全く同じこと考えてるヤツがいて草
    28  不思議な名無しさん :2017年03月02日 13:13 ID:meuDT8np0*
    西澤さんはエースパイロットの中では若手のせいか寡黙だったせいなのかわからんけどもうちょい自身の伝記残して欲しかったなあ
    29  不思議な名無しさん :2017年03月28日 15:32 ID:wi7rsIOj0*
    ※28
    そうですよね。私も西澤さん自身の伝記をもう少し残して欲しいと思います。
    数年前に某慰霊祭に西澤さんの甥御さんがお見えになりましたが、西澤さんのよく似たお顔で長身の方でした。
    30  不思議な名無しさん :2018年02月20日 22:51 ID:MGI.l8bv0*
    こうして見ると、みんな男前だよなあ。
    命がけで戦う男たちって、自然にかっこ良くなるんだろうな。
    31  不思議な名無しさん :2019年07月25日 15:24 ID:sdLHwQ7l0*
    メインは岩本さんだろうね…実際、戦中のエース対談で「岩本さ~ん、俺達が戦ったおこぼれを狙うってwそりゃないよ~」なんて言われて「実戦に卑怯も糞もない、スポーツじゃありませんからw…」ってあった。
    映画の台詞の元ネタ、すぐわかったわ…

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!