まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

優生学学んだけど説得力ありすぎてワラタ

2015年08月02日:15:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 242 )

fsd



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:30:40.809 ID:ma4BC520d.net
人間も競走馬もかわらん
大事なのは血統だ
人間を構成するもっとも基本になるのは遺伝子
その遺伝子をデザインしないで競争とかアホの所行
なぜ日本は優生学をタブーにしたのかしてなければ日本もっと豊かになってた

優生学

優生学(ゆうせいがく)は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される。
1883年(明治16年)にフランシス・ゴルトンが定義した造語である。医学者を中心とした優生学者は優生学(ユージェニクス)という発想が科学的であると考えていた。背景には著名な生物学者で進化論・自然選択説を発見したダーウィン、及び人間社会においても生物淘汰による進歩を促すべきとする社会ダーウィニズムの存在があった。

優生学は20世紀初頭に大きな支持を集めたが、その最たるものが生物学者オイゲン・フィッシャーらの理論に従って行われたナチス政権による人種政策である。
wiki-優生学-より引用






4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:34:54.867 ID:5vias9l+0.net
遺伝子はまだ完全に理解されてないしそもそもナチが変な事しなければ

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:37:48.400 ID:ma4BC520d.net
>>4
ヒトゲノムが完全に解析されています
過去の優生学とは別次元の配合が可能になっています

試しに日本人一万人に三世代やらせてほしい
結婚とか繁殖行為とかいらん
精子と卵子と借り腹あればよい

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:39:17.828 ID:5vias9l+0.net
>>7
いくら解析自体できてもそれをどうするかまでは進んでないんじゃなかった?

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:41:47.340 ID:ma4BC520d.net
>>9
だからそれを解析するために実践する
ゲノムのうち容姿に関する部分はほぼわかってる

どこが頭脳や運動能力に必要なのか探りあてたら上位人間を作れる
そうすればみんなが一段上の生物になれるんだよ

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:44:03.733 ID:5vias9l+0.net
>>11
いくら頭脳が良くてもその分精神が劣るかもしれない
いくら運動能力が良くてもその分寿命が劣るかもしれない
失敗したら後戻りはできないし上位人間は人間なのか?

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:52:38.470 ID:ma4BC520d.net
>>14
人間とは呼べないかもしれないし
非人道といわれればその通りだ
でもそれを補って余りある魅力と可能性がある

宗教色の強い国はダメだたぶん潰される
そこで日本なんだろ
科学がそこそこ発達していて
人もそこそこ沢山いて
宗教色が薄い
ここでイノベーションをこせる

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:56:08.913 ID:5vias9l+0.net
>>23
今はあまりにリスクが高すぎるだろ
ハイリスクハイリターンの賭けは止めといた方が良いと思うけどね

138: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:01:34.730 ID:9oN2qsOA0.net
>>11
暗号配列がわかっただけでこれがなんの意味を指しているのかは全部わかってないよ

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:35:54.361 ID:ma4BC520d.net
白人になぜ美しい容姿が多いのか

自然と美しいのではなくそういうふうに何世代もかけて作りあげたのだ
やり方は徹底されていて醜い個体はそれだけで殺されてた
何世代も重ねてやっと今の白人になる

倫理としては間違ってるとおもうけど
結果出してるよね

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:36:48.009 ID:g/TwzF/C0.net
生物は多様性があるから生き残れるんだよな
人間基準で優秀だと決めつけたところでそれが生物的に優秀とは限らないだろ

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:38:57.479 ID:dRmy8DyW0.net
>>6
これだな
競走馬は走ることに特化した代わりに
何かを失ってしまった

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:39:36.084 ID:ma4BC520d.net
>>6
そこは社会性で担保できる
まだ社会が未成熟だった時代は野性味が生存率に影響を与えたが

今はニートみたいな生産性の無い奴でも生きられるぐらいに温い

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:42:14.452 ID:g/TwzF/C0.net
>>10
もしかしたらブサメンだけが持ってる抗体とかニートだけが持ってる生存のための特殊能力があるかもしれないだろ
何億年と積み上げてきた自然淘汰という実績の結果残ってるんだからそこに何らかの意味があるという可能性は捨てきれないだろ

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:43:43.741 ID:dRmy8DyW0.net
狩り好きなライオンの方が繁栄するが
旱魃などで植物が激減し、草食動物も激減すると
狩り好きなライオンは餌を早々に狩り尽し、そのグループは生き残れない
結果、ナマケモノのライオングループが生き残る

アフリカで実際あった事例

人間ごときに何が分かるのかということ
それこそ人間が、この宇宙の全てを知り尽くした神のような存在にでもならない限り
優生学などというものは人間の傲慢であると思う

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:50:24.015 ID:ma4BC520d.net
>>13
わからないできないで止まっていたら科学は進歩しない

上位人間だらけになっても
その上位人間同士でまた優劣は発生する
環境適応を完全に否定してるわけじゃない
コピー人間を増やせと言ってるんじゃない

126: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:56:14.312 ID:dRmy8DyW0.net
歴史的に見るということの問題を>>13の例で言えば
餌が豊富な時代に怠け者のライオンを淘汰してしまうと
旱魃が起こったときにライオンが絶滅するかもってこと
取り返しが付かない

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:45:32.076 ID:ma4BC520d.net
あんまりにもジャンクに分類される遺伝子をもった人間が多すぎる

これは社会にとったも不幸だし
そいつにとっても不幸だ
100年後の日本には
最低でも遺伝子レベルでは世界と戦える人間ぎ多数を占めていることを願うよ

シンガポールは優生学や禁止しない事にした
100年後の日本人とシンガポール人の能力差が絶望的になる前に日本も優生学を広めるべきなんだよ

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:47:04.966 ID:5vias9l+0.net
>>15
何を持ってジャンクとするの?

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:54:36.452 ID:ma4BC520d.net
>>16
特に遺伝子上「優」と思われる情報をもっていない人間
もっていなくてもその遺伝子が何か他の遺伝子と掛け合わされたら「優」になるならいいが
何とかけあわせても「優」にならない遺伝子情報

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:55:23.009 ID:TaseV3SgM.net
>>26
その観察に何世紀かかるんだよ

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:48:45.134 ID:01whQWVY0.net
つまり自分のような劣等種をこれ以上増やしてはいけないってことだろ?

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:56:15.795 ID:ma4BC520d.net
>>19
劣等種はその人間にとっても社会に取って不幸なんだよ

だれだって可能性をもって生まれたいだろ

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:03:01.763 ID:RdldMh7kM.net
>>31
それやっても今のデカいピラミッドが小さいピラミッドになるだけ
結局、「比較的劣ってる」ヤツは可能性が比較的ないってことになって差別対象になる
ましてや、優生学で人為的に淘汰された後の社会なら、社会がそれを作ったっていう大義名分があるからな
あとは小さいピラミッドがどんどん小さくなって多様性無し

タブーでも何でもない

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:50:33.803 ID:5vias9l+0.net
本当に優生学でもやるなら誰も人も生物もいない奥地でやるべきだろ

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:52:50.747 ID:APmKUFPU0.net
ヒトゲノム解析が終わってるっていっても、その多くが機能も関係性もまだまだ不明のままだし
今の段階で遺伝子改変を臨床に持ってくるとか危険すぐる

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:57:48.593 ID:ma4BC520d.net
やっぱダメか
なんでこんなタブーになっちゃったんだろう

上手く活用すれば素晴らしい学問なのに

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 12:59:17.886 ID:5vias9l+0.net
>>32
タブーになったのはナチのせいだろ

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:00:26.122 ID:ma4BC520d.net
お前の理屈で言うとダウン症の子供にも無限の可能性があり
それを中絶する親は糞って言ってるのと同じだよ
詭弁だ

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:05:13.298 ID:dRmy8DyW0.net
>>34
ダウン症の子供に無限の可能性があるのかは分からない
しかしダウン症の子供に可能性が何もないと断定するのは理性的ではない
とは少なくとも言える

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:01:35.674 ID:g/TwzF/C0.net
個体それぞれの多様性だけでなくそれらのバランスによって社会は成り立ってると思わないのか?
働かないアリにも意味があるんだぞ?
遺伝子の研究自体は進めるべきだがそれと優生学は別だろう
+αの研究は歓迎だが排除の思想は崩壊しか生まない

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:02:13.082 ID:S9qsodcz0.net
まだDNAのどこが何やってんだかよくわかってないのに危なすぎるだろ
わかってるところも他の機能があるとは言い切れないし

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:03:25.094 ID:5vias9l+0.net
まだまだ早い
取り返しのつかない事になったら責任取れるレベルの話じゃなくなるだろ

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:12:13.193 ID:rIV0lp320.net
遺伝子組み換えして、鮭の大きさが3倍くらいになると思ってたら予想以上に大きくなりすぎたってことあっただろ
こんな感じで大きさだけ変えたつもりが体内で毒を生成する鮭が生まれてくる可能性もある

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:13:27.419 ID:mRj4Jtj20.net
遺伝子ってルービックキューブみたいに
綺麗に1面揃えようとしたら
他の面がぐちゃぐちゃになりそうで

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:15:01.378 ID:rIV0lp320.net
>>50
これ

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:26:04.461 ID:SZPwvbwX0.net
何が優秀で何が劣等かなんて、時代が決める。その時代時代で最善の選択をしていけば良い。

優生学賛成。

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:28:06.655 ID:g/TwzF/C0.net
>>53
その選択肢がなくなるんだが・・・

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:28:19.148 ID:5vias9l+0.net
>>53
問題は後戻りができなくなった場合だろ

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:29:12.098 ID:SZPwvbwX0.net
>>55
>>56
どういうこと?

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:31:11.629 ID:5vias9l+0.net
>>58
付け足して行ったり消して行ったりした場合原形をとどめなくなるかもしれない
付け足して行ったり消して行ったりして特化しすぎた場合不味い事になるんじゃない?
って考え

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:36:03.947 ID:7G+2TCSg0.net
犬なんかは人間が交配繰り返した結果すごい数の種類になったけどな

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:37:33.212 ID:pyDHfS4ta.net
お互いに高望みする女や男が結婚できず、その高望みの条件に合致するカップルや互いに妥協したカップルがたくさん成立している現実

もしかしたら未来の人類はとてつもないレベルでスペックが二極化するのではないか

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:37:43.488 ID:SZPwvbwX0.net
遺伝子を選り好みしても格差はそんざいするだろうが、でこぼこすぎたピラミッドが滑らかなピラミッドになるのだから良いだろ。
個々人の差は小さいに超したことはない。

あとは優生学以前の悲惨な社会状況を徹底的に歴史教育させてやることだろう。
きっと未来は、

先生「昔は出生前に遺伝子が正常化否かを検査することが義務化されていませんでした」
生徒「ええええええ!? じゃー病気を持って生まれた赤ちゃんはどうなるんですか!?」
先生「そのまま生きて貰いました」

というような授業をしているだろう。

69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:41:03.233 ID:dRmy8DyW0.net
>>66
今でも十分に小さいと思うよ
そもそも限界まで能力発揮して使い切ってる人間自体そんなにいない

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:43:58.008 ID:SZPwvbwX0.net
>>69
君は難病を持って生まれた人の悲惨な人生や、身体は健康だがどうしようもなく不細工やブスな奴の悲惨な人生がわかっていないんだよ。

とはいえ、筋力が強いとか容姿が美しいという面で遺伝子を選別するのはいきすぎだと思う。優生学は健康面だけでとめておくべきだとおもう。
というか、健康な遺伝子は自然とイケメンや美女になるというのが俺の持論。根拠はない。直感。

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:39:05.221 ID:htWLd6gVa.net
優生学を根拠とするわりには人間は後発的に実装される機能が多すぎるわけなんだが

81: 【大吉】 2015/08/01(土) 13:53:00.758 ID:5vias9l+0.net
消極的優生学じゃなきゃやっても良いと思うけどな
多様性を尊重しないと

83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 13:55:56.614 ID:dt67OHg50.net
出生前診断は一種の優生学だと思うよ

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:00:50.920 ID:SZPwvbwX0.net
>>83
そうだよ。
出生前診断を義務化して、異常遺伝子を持っているあるいは持っている可能性が高い胎児は強制中絶にすべきだよ。
そのまま病気を持って生まれても悲惨なだけ。それなら無のままでいさせたほうがいい。

127: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:56:46.237 ID:FKGQ+Ieq0.net
現在、すでに出生前診断でダウンを中絶とかやってるしな
医者じゃなく親が決めること

133: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:58:59.838 ID:SZPwvbwX0.net
>>127
親に決めさせたら、女親のエゴでもって産みたいとか抜かし出すやつがでてくるだろう
結局子供をペット感覚でしか見てないんだよそういう親は

だからこそ強制中絶なの。子供のためを思って。

93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:09:27.858 ID:SZPwvbwX0.net
こういう問題はね、本音ととことん語り合っていかなきゃだめなんだよ。
論理に逃げ込んでたら一向に解決しない

95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:10:45.012 ID:mt/aWjDA0.net
結局、国家にとって都合のいい人間に品種改良されるってこと?

96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:12:42.501 ID:dRmy8DyW0.net
>>95
どこまで行っても結果的にはそういうことにしかならんだろうな

99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:14:42.629 ID:d6GUCF8k0.net
多様性があるから存続できたであろうものを似たような遺伝子だけで固めちゃったら環境変わった時におしまいだな

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:16:48.474 ID:dRmy8DyW0.net
>>99
それも大規模な変化でもなく
ちょっとした環境変化でおしまいになる可能性が高くなるな

101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:16:55.253 ID:FKGQ+Ieq0.net
人類が生まれて200万年だっけ?
その間、何万世代にもわたって劣悪な遺伝子は淘汰されてきた
その結果が今の俺達

究極の美女美男子なんだぜ?

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:22:17.971 ID:/ilmImq80.net
限定的な範囲でなら推進すべきだが、あまり広範囲でやられるとミスったときにやばい

どこかをいじればどこかで異常が生まれる
もちろんそういった研究のためにもやるべし、とは思うが

116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:45:08.098 ID:FKGQ+Ieq0.net
ひと1人の命と、人間をマスとしてみたときの種として利益とどっちが大切か
よく災害や事故で1人を救出するために多くの人間が多くの費用とリスクを犯して
救助活動したりすることは本当にいいことなのか?
日本ではいいことだが、もっと貧困な地域や戦争状態の地域ではいいことでは
ないかもしれない

その良し悪しの境界はどこにあるのか?

119: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:50:25.100 ID:5vias9l+0.net
どこまでが健康かって
今でさえ議論になってるのにそれを無視しちゃだめだろう

120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:51:40.389 ID:SZPwvbwX0.net
無視してない。議論の余地はある。しかし、これは生物学的に問い詰めても恐らく埒が明かないだろ。
歴史的にみるのが合理的。

123: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:53:46.890 ID:5vias9l+0.net
>>120
歴史的に見た結果どう考えてるの?

129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:57:13.602 ID:SZPwvbwX0.net
>>123
現代という歴史から見たら、ダウン症はあきらかに病気だし不幸であるし、チビは長身よりも虐げられた人生をおくるだろうし、美女ばかりちやほやされてブスは基本的には見向きもされず悲惨な想いをするだろう

131: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 14:58:39.787 ID:dRmy8DyW0.net
>>129
歴史的に美人の基準は違うが

135: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:00:13.529 ID:n+IYcZ2EH.net
命に関することでパターナリズムはやめれ
チビだが普通に幸福だ

137: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:01:12.279 ID:SZPwvbwX0.net
>>135
不細工で難病をもっていたらどうなっていただろうね

143: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:03:47.459 ID:n+IYcZ2Ed.net
>>137
顔はフツメン以下だろうし難病ではないがアトピー、椎間板ヘルニアだ
確かに嫌なことはあるがそれだけで俺の人生全てが不幸なものになるもんでもない

151: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:08:22.597 ID:lyJh49sjd.net
結局優生学って人類の進化(昇華)を人類の手でコントロールしようって感じでいいの?

154: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:09:46.808 ID:ma4BC520d.net
陸上でなぜ黒人が他人種を圧倒できるのか
努力や環境では説明できんだろ

アフリカのピグミー族はあの体型で他民族と互角に渡り合えるのか

違う可能性の研究もダメなのか

170: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:17:55.382 ID:Y3hi+Rwz0.net
いろんな奴がいた方が生存確率高くなるんじゃないのか

172: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:19:07.984 ID:CECHNCotd.net
まぁ過激なこと言うのはいいけど
結局その足切りを自分の下に設定すんだろ
お笑いですわ

195: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:35:15.725 ID:FKGQ+Ieq0.net
人間のやること、すべて「取り返しがつかない」ことなんだよな
政府が消費税を上げただけで経済的に困窮して自殺する人もでるしな

199: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:37:30.142 ID:SZPwvbwX0.net
>>195
いいこというね。


リスクはつきもの。そのリスクを議論する余地はあるだろうということだよね。

198: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:37:11.881 ID:FKGQ+Ieq0.net
今、この瞬間にした行動・決断は二度とこの瞬間に戻ってやり直すことは
できないんだよね

全て「取り返しがつかない」

204: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:42:40.117 ID:dt67OHg50.net
今の日本は恋愛至上主義だから
恋愛力(そんなもんあるのかしらんが)で淘汰が働いてるとも言える
恋愛優生学ってところかな
社会でもコミュニケーション力が問われるし

208: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:44:37.810 ID:dRmy8DyW0.net
>>204
自然淘汰だな
それで十分と思う
変な話、障碍者として生まれれば
まともな結婚するのは難しいだろうし

205: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:43:29.171 ID:FKGQ+Ieq0.net
でもさ、ナメクジウオみたいな俺達、脊椎動物の祖先って
アノマロカリスとかでかくて凶暴な敵が滅んでくれたおかげで
人間になれたんだよな

209: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:45:02.934 ID:zd5+F/5I0.net
人間に言うほど個体差ってないだろ
世界トップの陸上選手が一般人の倍速く走れるかというとそうでもないし
頭に関しても訓練してるかしてないかの差が殆ど

212: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:47:45.451 ID:FKGQ+Ieq0.net
>>209
差の程度は何を基準にするかってことだしな
牛に比べれば大抵の人間は頭はいいし
ナメクジに比べたら運動能力にも長けてるしな
ただ、人間の世界の中で考えると厳然と越えられない差が存在してるのも事実

214: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:50:35.706 ID:zd5+F/5I0.net
>>212
まあ多少はあるかもしれんが大抵の場合環境の方がずっと重要な要素ってことが言いたかった
障害者とかはともなく世界トップと一般人だったら身体能力も頭の良さも言うほど変わらない

217: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 15:53:29.214 ID:ZF370hRj0.net
優生学を進めた国と進めなかった国の国力がどんどんついていった時
反対派の人はなんて言うんだろうね?
危険だから多様だから自然だから
上位人間に搾取されてもいいよねって言うのか?

236: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:09:08.370 ID:Zh5QEsbG0.net
こういった分野の研究が進むことで優秀な人間ばかりの世界になる
そうして彼らは現代の我々では気が付かなかった“何か”に気が付くだろう

238: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:11:47.629 ID:dRmy8DyW0.net
>>236
現代人が失ったものも多いんやで
禅とかやると、古代人が太陽なり自然を擬人化する感覚が体感できて面白い
頭で理解するんじゃなしに

243: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:15:32.380 ID:dt67OHg50.net
どっちみち分子生物学や遺伝子工学が今よりずっと進まないと何も決められないな

246: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:18:11.594 ID:sAkgVfs50.net
優生学により出来上がった優秀な人間たちの社会の中にも底辺は存在して・・・

247: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:18:42.310 ID:SZPwvbwX0.net
ならんならんといくらいっても、大国ヨーロッパでは既に兆候は見られてるからな。時間の問題だよ。

すくなくとも健康に関しての出生前診断は革新するよ。まぁ強制中絶は大分先の話だと思うが、これも時間の問題だと革新している。

252: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:21:33.218 ID:5vias9l+0.net
積極的優生学になるか消極的優生学になるか

270: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:36:06.055 ID:hQd6uCX80.net
ヒトゲノムマップ貼っとくか
no title

290: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 16:54:41.046 ID:N0/8Lpyf0.net
みんな同じ性質だと環境変わったときにみんな死ぬからある程度性質に振れ幅と遊びを持たせてる
人間のものさしで良いとか悪いとか判別出来るほど生物は単純な作りをしてないよ

379: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 19:18:24.421 ID:ZF370hRj0.net
わからない事はしないほうがいい

これでは人類も科学も進歩しない
人間の歴史は失敗の連続だ
優生学も大きな失敗をするかもしれない

でもそれ以上に魅力と可能性がある学問なんじゃないかと思う

380: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 19:20:26.087 ID:dRmy8DyW0.net
学問じゃないんだなあこれが

381: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/01(土) 19:25:13.810 ID:XKjqvauDM.net
そもそも人間や社会にそこまで手間をかける価値はない

引用元: 優生学学んだけど説得力ありすぎてワラタ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
優生学学んだけど説得力ありすぎてワラタ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:20 ID:lpKsuAZR0*
なぜやらないのか?って
非人道的・倫理に反しているって自分で言ってるじゃん

ついでに言うと優秀な人間ばかりになるってことは、多様性が失われていくってことだから、変化に弱くなるってことだよ。
2  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:29 ID:DavrY5rX0*
ハイリスクローリターンだから無理
下手したら滅びるのにリターンがしょぼすぎ
3  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:32 ID:nRQfl.KM0*
この思想は危険だ
最終的には自分の首を絞めることになる
4  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:33 ID:o1Rr2Y.f0*
人間性の破滅だな
そのうちロボットと変わらなくなる
5  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:35 ID:VhnJeTrE0*
特定アジア人ばかり優遇帰化を許してたら優生学的に見ればあの国らと変わらなくなる危険性を孕んでいるという事か。だとしたら、もしも本来の多様性や希少性を大事にするなら、積極的「規制」こそ日本が第一に考えるべき必須事項だろうね。アジアをすべて一つに粘着的で利己的でドス黒い何かにする必要はない。日本は日本であればいいのだから。
6  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:41 ID:2dWWw0bP0*
インフルエンザが流行しただけでバッタバッタ死んでくかもしれないけど、それでいいなら
7  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:44 ID:bz26W0HS0*
禿げ遺伝子は無くしてくれ
8  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:49 ID:2yQJaobl0*
だから日本は実験場にされてるんだな
9  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:49 ID:JXWF8hDx0*
優生学は結果から始まって、結果に終わってるから学問としては無能だろ
こんなものは、思考実験に使うものや
10  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:52 ID:8PopeMV80*
科学者とか賢い人はみんなそう考えてるよ
でも実際にはやらないよ

ところで、優れた遺伝子の定義とは
優れてるの基準は時代によって違うんでしょ?
11  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:52 ID:8PopeMV80*
本当にその遺伝子は優れてるんですかねぇ?
12  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:53 ID:UFXG8Oau0*
遺伝的優劣なのか
人としての優劣なのか
13  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:54 ID:q2Q1JptZ0*
コミュ力とかいうけど、人の顔色見て決めるようなやつらのことだろ
こんなモン要らん
14  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:59 ID:QK5urQuw0*
魅力があるって、個人的な感想でしかないだろ
15  不思議な名無しさん :2015年08月02日 15:59 ID:DUooK0fJ0*
研究すればその過程で得られるものもあるだろうからする価値はあるだろうけど
今の時点で実践するかどうか話すのは早計ではないだろうか
>>1はそのつもりで立てたわけじゃないだろうが
16  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:03 ID:txQLUHun0*
やるならいっぺんに全世帯の子供をやらないと新たな火種になるぞ・・・

少数の優れた新人類とそれを妬む旧人類の争いに必ずなる。

しかし上手く行ったら全員遺伝子が優秀という自覚がある中で、例えは悪いが居酒屋の店員は誰がやるというのか。
17  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:06 ID:YiJJi8xB0*
どんなに全体のレベルを上げても優劣ができるから比率で考えたら今と同じで意味がない。
みんな同じにするなら、ロボットでも作っとけ、多様性のない種族に先はない。
仮に自分に淘汰の権利があるならこういう1みたいなやつから消すわ。
18  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:16 ID:QtTZ0iUL0*
オランダの初等教育と同じ様に自分が持っている遺伝子情報、癌になりやすい物や表面化していない劣性遺伝子を調べて知る教育が日本が出来る無難な対策なんだけどね。なるべく重ならない人と将来の結婚するように教育されるから役立つ。
日本は…個人が遺伝子検査で使える点数を産まれてすぐの検査だけで使い切る酷い法使用になってるw
他国の血ならすぐバレるからって意味らしいけど本当無意味。
難病は悲しいけど増えるよ…隠して結婚したり事の重要性を知らない無知だから。
罹患者は差別と痛さで一生苦痛なのにね。
19  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:35 ID:NfFZASyT0*
優生学って暗黙の了解というか
みんな、そうなんだろうなぁってわかってるけどそれを認めたら色々問題になるから、あえて触れないようにしてるもんじゃないの。
てか、それをやる(認める)と差別偏見が助長されるし、すさまじい格差社会になるぞ。
優生学は幸福になる人間よりも不幸になる人間のほうが圧倒的に多いでしょ。
20  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:41 ID:tJ3izXMt0*
容姿、身体能力、知性
そういうわかりやすいパラメータだけでもないからな

不細工でも免疫能力なりなんなりは使い物になる個体もいる可能性がある

そういう所の見落としがない状態まで持っていくのが先だ
21  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:48 ID:0vjSsqcjO*
人工知能「早めに滅ぼすか…」
22  不思議な名無しさん :2015年08月02日 16:49 ID:8S0JF9.r0*
コイツは勉強が足りてないよ。
優生学は昔すごく流行ったんだよ。
そして優生学的思想を社会制度に導入した例はいろいろぞ。
アメリカの移民制限法、イギリスのイレブンプラス,日本だって優性保護法があった。全部廃止されたけどな。
23  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:02 ID:NfFZASyT0*
優勢種を肯定すると極端な話、人類はユダヤ人だけでいいみたいになるよね。

この子は自分も優勢種の一員であるように語っちゃてるけど、こいつも俺らと同じ淘汰されるべき劣等種の一員だぜw
24  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:05 ID:CbKoAJXa0*
2ちゃんで吠えてないで、もっと表舞台で主張しようよ。
25  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:08 ID:CbKoAJXa0*
関係ないけど愛子様と佳子様って、なんで従姉妹同士なのに
あんなにちがっちゃうかねえ?って思ってて。
愛子様の方にもそっと母方の要素があればなあって。
26  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:09 ID:Rql4wyfV0*
具体的な症例は敢えて挙げないが、かつて産婆がしたように、劣性であることが自明な個体は間引きすべきだと思う
人間の品種改良はリスクが高すぎるが、こちらは容易い
27  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:12 ID:NfFZASyT0*
大学で先生から教わったことを全部が全部真に受けてそれをネットで熱弁しちゃうあたり青臭いというかかわいいもんだと思うよwこういう極端で視野の狭い過激なで考え方を支持して思い上がれるのは若者の特権だと思うよw

そのうちこの子も社会に出るなり、子供が出来るなりすればなぜ優生学が支持されないかわかるようになるよ。
28  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:18 ID:wJonJ7.R0*
美形と好み、どっちを選ぶ?って話なのよ。
遺伝子的に優秀なのは美形だよね。でも、本能に訴えてくるのは好みじゃん?

そもそも、白人=美形が多いっていうけど、それってこいつの主観だよね。
いわゆる雑種な褐色ラテン系も美形が多いってのはスルーなのかな?

29  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:18 ID:CbKoAJXa0*
優生学がそんなに好きなら、農学やバイオのほうで力を発揮してほしいね
30  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:21 ID:66Ukute10*
野球好きの人が、選手の結婚報道で「アナウンサーの血などいらん」とマジギレするらしいな。
31  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:23 ID:rE9.x0o10*
できもしないことを議論する意味あんの?

ひきこもりガイジの暴論ばっかりで辟易とするわ
32  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:24 ID:Rql4wyfV0*
>>27
むきになってwを使っちゃうあたり青臭いというかかわいいもんだと思うよw若者を馬鹿にするほどの年齢のくせにまとめサイトを覗いてるあたり冴えないおじさんの特権だと思うよw
33  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:27 ID:.be9z5Vp0*
まとめサイト見て狂四郎2030読んだのかな?と思った。
34  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:30 ID:mI7O7IM.0*
こういう全力100%の釣りスレってマジレスする気もなくなるワ
35  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:31 ID:CwwZceB80*
倫理的な良し悪しを置いておけば人間の持つ可能性の一つではあるな
新興宗教でも設立して信者をつかって実験すればいいんじゃないか

ヤバイ思想が芽生えるのが目に見えてるけど
36  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:31 ID:TZmhf..i0*
「遺伝的欠陥がある人は子孫残しちゃだめ」ってのは効果は確実にあると思うが、
独裁体制でもない限り実行できないよ。
というか「エイズ撲滅のために全国民を検査しよう」レベルですら
猛反対されるし。
その気になれば1~2世代で撲滅できるんだけどねぇ
37  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:39 ID:QrFoXBO00*
残念ながら優生学支持
38  不思議な名無しさん :2015年08月02日 17:55 ID:0wx787Mo0*
優生学云々の前に人間の失敗作であり人間の偽者である
奇形チビ男(169㎝以下)とチビ女(159cm以下)を痛快に殺処分しよう。
ISにこれら奇形未熟児を出荷して彼らによる趣向を凝らした惨殺を
私たちはネット上で楽しむのだ。出荷費は税金を使用する。
39  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:14 ID:AOXH5.qQ0*
バベルの塔を何度も建ててどうするよ、遺伝子の配列をいくら変えても素になる4文字が同じままなら進化を早めることはできても改革はおこらない
40  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:15 ID:BKxlJr4J0*
解明できたDNAなんて、全体の3%たらず。残り97%のDNAはジャンクDNAと呼ばれ、何の為にあるのか分からない現状。3%重視するより、97%スイッチオンにする研究の方が重要。
41  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:19 ID:.W1.KANC0*
多様性がないと種の保存繁栄に支障がでると思うんだが。
42  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:27 ID:nn3bmXke0*
少なくとも体格の優劣は確実に存在する。
頭脳は脳みそがデカければいいわけじゃないからなんとも言えないが
43  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:28 ID:pbjULzgU0*
スポーツに関してはもう完全に遺伝だよな
室伏みたいに両親共トップクラスの素材ならまず凡人には負けない
運動能力を司るミトコンドリアDNAは母親からしか受け継がれないことは解明されてるし長島や野村みたいに種馬がトップクラスなら母体が凡人でも最低限プロにはなれる
44  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:30 ID:D80oLz.QO*
優生学の観点からしたら、生まれてから5歳まで特異な体質ゆえにずっとデータを取られていた僕は価値あるんですかね?

今はしがない医学生ですけど。
45  不思議な名無しさん :2015年08月02日 18:45 ID:gFJJEl9F0*
うまい例えとかが多くてビビった
お前らすげえ
46  不思議な名無しさん :2015年08月02日 19:22 ID:bx9gJqGQ0*
少なくとも、先進工業国では淘汰が始まっているではないか、なぜ移民を受け入れようみたいな風潮が未だにあるのかわからない。
もし移民を受け入れなければ、より賢く、より精神的にタフになり自殺せず、老後も介護を必要としない日本人だらけになるのではないのか?
47  不思議な名無しさん :2015年08月02日 19:29 ID:r4v2G4g20*
ガタカだっけNASAが一番近未来を予測できた映画判定を付けたのは
出生前診断でダウンは一発でわかるようになり陽性診断を受けた子供の9割は堕児されている
今男の子だと分かると堕児する親がかなりいる水面下で優生学的診断が進んでるからな
48  不思議な名無しさん :2015年08月02日 19:39 ID:0ULppDxW0*
ガタカっていう映画みるといいよ
49  不思議な名無しさん :2015年08月02日 19:40 ID:868sW6zP0*
優生学についてはなんとも言えないけど
見た目が醜い、健康じゃない、そういった困難を乗り越えて得られる幸福てものがあるし
それを学ぶのが人間だとは思う
ダウン症とわかっても堕ろさないよ
50  不思議な名無しさん :2015年08月02日 19:46 ID:DWFtOt7o0*
門外漢だけど優生学って化学に内包されたただのイデオロギーじゃないの?
選択という機能は実によくできてるよ
51  不思議な名無しさん :2015年08月02日 19:50 ID:nVtzSiQb0*
白人の肌色とか髪とか瞳は劣性遺伝なんやで~www

つーことは白人様は劣等種だったんやな~^^

52  不思議な名無しさん :2015年08月02日 20:25 ID:UiQLIRys0*
優生学は科学的に整合する理論だと思う。犬が、1万年もの人間との共存生活における意図的な交配によって、根本的な行動特性レベルで人間との相性が良くなった一方で、5000年3000年ほどの共存の歴史しか有していない猫や馬は、まだ犬ほどは人に対する従順さを持ち合わせていない事からもその信憑性が垣間見える。
ただ、人間でそれをするとなると、俺はたちまち処罰の対象になり兼ねないので、困る。子供も欲しいし。

あと※51、優性/劣性遺伝子っていう命名は、発生生物学において両の遺伝子系を有する際に発現する系の事を定義してる訳であって、環境適応力や種の保存性の優劣とは別物。今回の優生とは全く意味違うからな。漢字も違うし。
53  不思議な名無しさん :2015年08月02日 20:32 ID:j5baTd840*
糞を良にすることだろうけど最良を良にするのとも同じじゃね?後者はダメになるやん
54  不思議な名無しさん :2015年08月02日 20:35 ID:lpKsuAZR0*
そう言えば遺伝病が発病した人を排除するとして、その遺伝病が劣性遺伝の場合はどうするのか?
発現していない遺伝子保有者(つまり両親とどちらかの祖父母)も排除するのだろうか?

これを全ての病気に対して行った場合、如何なる病気遺伝子も持たない人だけが残るわけだが、それって何人くらいいるんだろうか?
55  不思議な名無しさん :2015年08月02日 20:40 ID:lpKsuAZR0*
教科書にものっている鎌形赤血球症の人は貧血を起こす劣等な人なのか
それともマラリア耐性のある優秀な人なのか?

疑問は尽きない
56  不思議な名無しさん :2015年08月02日 20:54 ID:dKTniRA80*
>>50
>遺伝子ってルービックキューブみたいに
>綺麗に1面揃えようとしたら
>他の面がぐちゃぐちゃになりそうで
これ、個人的に凄く関心したわ

遺伝子の歴史というなら生物史を学んでからにしてくれ
現状の生物にとっての最も最適な解のみが正解だとして他を淘汰したら、生物は最初の大量絶滅事変でその全てが絶える事になっていただろうよ
これを生物からヒトに範囲を狭めたとしても同じ事が言える
遺伝子というものは失うには易く、創るには得難いモノだよ
今のヒトでは失った遺伝子を再現する(可能性を得る)には、自然に任せて数十億年の時を待たねばならないのだから
扱うモノの重大さをもっと知ってからにしてくれ
57  不思議な名無しさん :2015年08月02日 21:18 ID:iq.oQGex0*
新世界より思い出した。
58  不思議な名無しさん :2015年08月02日 21:28 ID:a3d6Dg.80*
ここで想定してるのはどっちのレベル?
研究室でDNAをゴニョゴニョ
ヒトラー的なやり手ババアによる交配斡旋
後者ならば放っておいてもそうなりそうじゃん。社会格差とかで。
だったら手遅れな時点でハッとなるより、課題発見・解決を明示した上で時間圧縮の意味でやっても良いのでは?
59  不思議な名無しさん :2015年08月02日 21:48 ID:dMZA3eAR0*
今の日本人が思う「美しい」容姿の人間だけ残しても、そのうち別の価値観が生まれるだろうな。

60  不思議な名無しさん :2015年08月02日 22:00 ID:95t1qoYo0*
ここでもスレでも何人も指摘してるけど、
「得られるものがはっきりしない上にその具体的な得方がほとんどわからず、
 しかも最悪のケースでは人類の絶滅につながるほどのリスクを背負いこむ」
わけなんだよな。
可能性や人類の発展がどうこう以前に、
まともな危機管理意識持ってたら賛成するわけない。

あと犬の品種の話持ち出してるのが何人かいるけど、
まさに「生き残っていく」ってことにかけては
純血種は弱くて雑種が強いってことを知らんのだろうか?
61  不思議な名無しさん :2015年08月02日 22:02 ID:glvx49ds0*
これが高じるとよくある漫画の悪役的な選民思想になって
主人公にぶっ潰されるんだよな…
62  不思議な名無しさん :2015年08月02日 22:20 ID:J3.toSY.0*
前提がおかしい。
何で自分は「優」側だと思うのか。
63  不思議な名無しさん :2015年08月02日 22:52 ID:95t1qoYo0*
※62
「馬鹿は自分を馬鹿だと思わない」ってよく言うけど、
「無知の知」って言葉があるくらい自分の愚かさを知ることは難しいくらいだし、
散々突っ込まれてるリスクにも気付かずに「人類の可能性の為にやってみる」とか言えちゃう人に
それ期待するのは酷な話だと思うよ。
多分「3日以内に5億用意しないと家族が殺される」とかでもないのに
カジノに全財産つっこむヤツを見てもバカだと思わない手合いなんだろう。
64  不思議な名無しさん :2015年08月02日 23:19 ID:inQcTlU40*
優生学は現在の進化段階を知っている必要があるんだよ
何が進行しているのか、だね

ほぼ間違いなく、二足歩行の分岐段階で様々な遺伝形態による選択淘汰が進行しているはずだよ
それはダウン症、発達障害、自閉症というパターンを作っており
そこから経路(良い出目)を探っている
そしてとてつもない例外で、ヒトはこの選択淘汰を拒む選択淘汰を行ってもいる
それが統合失調症というパターンで
これが選択淘汰を回避する形質であり、これがどうやら自我を与えた
そして現在に至っている

この時点で、優生学は矛盾に突き当たり破綻する
優生学を通して、選択するべきも鳥型歩行という形質
あ、イケメンとかコミュ能は論外なんで! それこそ多様性がないと失敗するよw
65  不思議な名無しさん :2015年08月02日 23:42 ID:mj5C.Bk.0*
劣化版メンゲレかな?
中二病拗らせすぎだ
66  不思議な名無しさん :2015年08月02日 23:49 ID:fmhI6uED0*
お前は生まれてなかったって言えば終わりな話だろ
67  不思議な名無しさん :2015年08月03日 00:20 ID:uuKFSSXt0*
ダーウィニズムの行き着く果てだな
このイッチは視野が狭そう
見た目の劣っている白人なんか日本人と同じ位いるし、醜い個体をコロ〜とか本当にそう思ってるのだとしたら重症だよ
68  不思議な名無しさん :2015年08月03日 00:27 ID:uuKFSSXt0*
人類の個体差は今でも十分に小さいよ
日本人の誰かとフランス人の誰かみたいな異人種間でさえ大した差がないらしい、アフリカの同じ森に住む2頭のローランドゴリラの間にある差のほうが大きいくらいらしいからな
69  不思議な名無しさん :2015年08月03日 00:36 ID:9qpfElFm0*
相対的な優位性しか考えないのに個体数を減らすという発想がジャンクな1
アホすぎる
70  不思議な名無しさん :2015年08月03日 01:27 ID:mzzAmUMA0*
優生思想自体は悪いことじゃない気がする。俺だって胎児がダウン症と診断されたら堕胎して欲しい。
71  不思議な名無しさん :2015年08月03日 01:59 ID:jY.MkusK0*
多様性の問題なんて全員を同じ方向にデザインしなければいいだけのこと
全ての人間を優れた人間に、ではなくパワーバランスと役割をコントロールしつつ全体として質を高めて行けばいい
極めて劣っているとされる個体も遺伝子サンプルとして保管しておくとかすればいい
72  不思議な名無しさん :2015年08月03日 02:33 ID:Qu.IC4zr0*
狂四郎思い出した……。
おかわりもいいぞ!!

※60
そうなんだよね~。
病気に弱かったり特徴的な外見のせいで難産だったりするし、特定の品種に出やすい遺伝疾患は正に「人間から見て優秀なある特徴をもつ個体を選んで交配し続けた」結果だもんな。
まあこの原因は品種を確立させる初期段階での近親交配のせいが大きいんだけど、じゃあこれから問題の遺伝子を持ってない(※not非発現)個体を更に選んで交配し続けたとして、果たしてそれはその品種足り得るのか?って話になってくる。
その前に別の病気にかかりやすくなるかもしれない、扱いにくい性格の個体ばかりになるかもしれない、品種特有の外見を無くすかもしれない(例:マズルのあるブルドッグは「ブルドッグ」と呼べるのか?)。
ヒトとしての何かを捨てて新たな人類を作り出すのが目的だからそういうのが大歓迎なのか?うーん。
頭も良くて身体能力の高い遺伝子改造人間がハゲばっかだったら面白いね……。
73  不思議な名無しさん :2015年08月03日 06:40 ID:Z8wYh.Dv0*
このスレ主には、ガンダムSEEDを見せてみたいw
10年前だから知らないネット世代もいるんだろうな
74  不思議な名無しさん :2015年08月03日 08:49 ID:v9zUsRC10*
180cm、イケメン、高学歴、だがアスペのコミュ障のオレが教えちゃるよ
幸不幸を決めるのはお前自身であって、他者の評価に依存する幸せなど
砂上の楼閣に過ぎんと
このスペックで結婚も離婚も引きこもりも経験した俺だからわかる
優生学の優は時の為政者や経済観念が規定しているだけに過ぎない
幸せに生きている人にしてみれば余計なお世話ってことだ
75  不思議な名無しさん :2015年08月03日 09:34 ID:UNRjrsKO0*
今現在、多様な遺伝子プールを保持することが重要って考えている人のほうが多いけどな。

ヒトゲノム計画を引き合いに出した優生学ってことは遺伝子操作とか考えているんだろうな。
遺伝子操作なんて遺伝子工学の研究室で院までいけば、こんなものを人に応用するなんてリスク高過ぎることが分かる。そもそも30億塩基対の塩基配列が読み解けたところで、肝心の仕事をしている3千塩基対とかの遺伝子解析にどれだけの時間がかかるのか分かってんのか?このクソ無能スレ主ちゃんは。
76  冥界の道化師さん :2015年08月03日 09:46 ID:V9IdpJ9TO*
身長180、イケメン、高学歴=は?

おーい!ヾ(^▽^)ノ←お前こんなだろ?ゲソンが
以下、数十名が閲覧中(^^)ノ
77  不思議な名無しさん :2015年08月03日 10:15 ID:LQMXXFhv0*
全人類が70億
日本人だけで1.3億もいるんだからやってみればいいと思うけどな。

結果出れば儲け物だし、出なかったら出なかったで普通に子供がうまれてるし。
78  不思議な名無しさん :2015年08月03日 11:53 ID:gpviwrW90*
ピキーン
俺ちゃんが30秒という長い時間かけて研究した文章の書き方で遺伝子の優劣がわかる方法によると、≫1は劣性と判断された
よって≫1は即刻死ぬこと いいね
遺伝子的に劣性だから今まで苦痛だったろう?仕方ないね劣性だから
あぁ、髪の毛1本たりとも残さないでくれ
劣性な遺伝子は不必要だから

って言ったら死んでくれるんですかね?
79  不思議な名無しさん :2015年08月03日 13:22 ID:jbYIYrM.0*
宗教、倫理観には間違いなく引っ掛かるからほとんどの国や団体に非難されるだろうね

ナチスのレッテル貼りみたいなネガキャンなどの間接的な反対からシーシェパードみたいな直接的な反対運動が起きるだろう

そこまでしての非難を浴びても進めるメリットは現世代の人にはないんじゃないかな?
80  不思議な名無しさん :2015年08月03日 13:48 ID:NarjwuYl0*
>>1みたいな恥ずかしい人間が減るなら、優生学での子作りもいいかなと思いました
だって自分の子どもにこんなの生まれてきたらリセットして一から教育しなおすか、死にたくなるもん
81  不思議な名無しさん :2015年08月03日 15:06 ID:2kQC0drg0*
何が優れているかっていう定義がないだろ。
人類全員の価値観を統一しないと無理。
ってことは絶対に無理なんだよ。
82  不思議な名無しさん :2015年08月03日 18:54 ID:vN.70hY.0*
それを実践するためにも、まずは低能な1がこの世界から排除されるべき。
83  不思議な名無しさん :2015年08月03日 19:53 ID:61XMALhW0*
別に容姿レベルを上げても国として何の利益は出ないからな
学者系の天才を増やすべき
84  不思議な名無しさん :2015年08月03日 20:34 ID:GZp5OELO0*
優生学かあ
コーディネーターの時代が来るのはちょっと胸が熱い
ナチュラルでもコーディでも好きな方選べる時代が来ればいいじゃない
優生学否定派は「すべてを優生学に基づいた生殖」を前提に反対してるみたいだけど
どっちも選べるのが一番自由だし自然なことだと思うよ!
85  不思議な名無しさん :2015年08月03日 21:23 ID:DEB3hc0a0*
体が進化するのはいいとして、心が置いてけぼりにならんのかな?
86  不思議な名無しさん :2015年08月04日 07:13 ID:WejgQR5P0*
人種のるつぼでは美形が多発するらしいな
87  不思議な名無しさん :2015年08月04日 08:30 ID:4qeMA3oc0*
比較的遺伝しやすい病気を減少させる目的なら良いと思うんだがな
ということで病気に対して強いことを「優れている」と定義しよう
88  不思議な名無しさん :2015年08月04日 08:36 ID:oPrBrCoZ0*
富裕層は本気で遊んでるけどな。
89  不思議な名無しさん :2015年08月04日 13:30 ID:qM6Fvq9E0*
今からやるならサイボーグの方が速い。
90  不思議な名無しさん :2015年08月04日 14:22 ID:w0yCrx4w0*
つーか遺伝に対して暗黙の領域ってあると思う。
なんとなく池沼関係も遺伝じゃねーかと疑ってる。
ただそれを公表すると池沼が居る親族全員が差別の対象になってしまうから、みんな沈黙を貫いてるんでしょ。
91  不思議な名無しさん :2015年08月04日 16:09 ID:d42XpVlh0*
※90
昔の知り合いが子ども3人のうち2人がダウン症だった
一番上の子と一番下の子
受精の際の染色体の乗り換えが上手くいかないせいらしいけど
遺伝もあるんだろうと思ってしまった
92  不思議な名無しさん :2015年08月04日 19:21 ID:pPabQcjy0*
容姿の基準とか時代時代によって違うような気もするけどそこはどうなんだろうか。
93  不思議な名無しさん :2015年08月04日 21:14 ID:w0rmudGf0*
時代に会わせてそのときそのときでいいようにするんじゃねーの?
いわゆるコーディネーターである
94  不思議な名無しさん :2015年08月04日 23:00 ID:MQShBaJg0*
オイラはハゲやけど、その分おヒゲが立派。
ヒゲ伸ばしても文句言われない社会なら、ハゲにも救いは充分あるんだが・・w
95  不思議な名無しさん :2015年08月05日 11:56 ID:SnueOKmz0*
根っこがあるから葉っぱがあって、葉っぱがあるから果実があるんやで。
ピラミッドの底が無ければ頂点も無いんやで。
団栗の木は、死ぬまでに何万粒も種を残すが、実るのは数粒なんやで。
不自然なことすると、碌な事にならんのよ。
96  不思議な名無しさん :2015年08月05日 12:30 ID:n6Ou4Bcd0*
ブサメンだけが持ってる抗体って女性をはじき返すやつ?
97  不思議な名無しさん :2015年08月05日 13:37 ID:exCF2OBk0*
まあ日本は優勢学云々の前に少子化で
優秀な子孫をなんてえり好みしてられないような気もしますがね
98  不思議な名無しさん :2015年08月05日 14:15 ID:ptBSuTnO0*
「この世界は完全な人間の物であって、不完全な人間の物ではない。」──A・ヒトラー「わが闘争」より


■■ナチス・ドイツの「安楽死計画」──暗号名「T4作戦」

●ナチス・ドイツの「優生思想」で、障害者や難病の患者は「安楽死計画」の犠牲になった。
1939年から1941年8月までに、約7万人の障害者が「生きるに値しない生命」として、抹殺された。
99  不思議な名無しさん :2015年08月05日 16:15 ID:DMN1jYjP0*
スウェーデンだと思うが、20世紀の初め~半ばにかけて優生学に基づいた断種を行ったからあの高福祉国家が実現したって言われてるな。
100  不思議な名無しさん :2015年08月05日 18:10 ID:zWAw65Tn0*
ガンダムSEEDみたいなスーパーマンを作るって想像を絶するほど難しいんだよ。>>1は髪の毛くらいなら操作できそうとか思ってるかもだけど、髪は金髪で肌は黒にしたいとき具体的にどーするか考えてみろよ。

だいたいダウン症とか染色体異常なんだから遺伝子操作とは別次元の話。いくら中絶したところで一定の確率で出るわけで…。
>>1はマジで勉強しろ、専門書もいいが※74とか読め。
101  不思議な名無しさん :2015年08月07日 07:18 ID:tTuo5A3H0*
おぱーいで考えてみよう

極端に小さいものと極端に大きいものは奇形になるな
いらないか?そんなことは絶対あり得ない だろ?

芸術
音楽にしても絵画にしてもきょい基地外含有者のほうが優れた感性持ってるよね
それが人間の感情をつくっていく

>>1 オマエはだめだ
102  不思議な名無しさん :2015年08月07日 16:14 ID:6mPnSNWN0*
多様性云々言ってるやつって馬鹿なの?
優秀な人間を故意に作り出すことやまたそれを拒否することも多様性の一つではあるだろうに
優生学を拒否することは多様性の道をひとつ潰しているのと同じなんだよ
それと何故全員が選り好みをしなくてはならないと思い込んでるのかも謎
一部でもいいからって<<1は言ってるだろ?
103  不思議な名無しさん :2015年08月07日 19:35 ID:tTuo5A3H0*
優秀な人間を作るためには数世代かかるわけだ

1世代目の実験で作られた「人間」にも自我が宿る

「オマエは実験で作られた人間だ」

「オマエは優秀な人間を作るための土台だ」

「オマエは材料だ オマエに人生の選択肢はない」

さて さて さて 彼らの自我が崩壊しないようにケアできるのか?

もとより彼らに人権はあるのか?
104  不思議な名無しさん :2015年08月09日 04:18 ID:albaBoa70*
※102
答えとしては、社会基盤として組み込めば容易に排除思想を容認し得るから
だろうな

スレでも米欄でも、遺伝学的な純粋な自然科学としてのこの分野を否定してる人間は殆ど居ないのは分かるでしょ?
優生学というモノが歴史的にもイデオロギーとしての側面が強く、また>>1もその要素を多分に含めた危険思想を語っているからこれだけ否定される
自然科学でなく社会思想として見たら、容易に差別主義や排除思想を容認し得る欠陥だらけの学問でしかないし
自然科学としてなら、優生学という名でなく遺伝学としてこれを許容すれば良いだけの話
105  不思議な名無しさん :2015年08月09日 07:36 ID:Ys.Ee9sO0*
遺伝子版「アキラ 序章」の始まりだな ムネアツだ
106  不思議な名無しさん :2015年08月13日 14:23 ID:c41mnqGG0*
俺顔面崩壊レベルだから優生学って賛成だわ。顔のせいでろくな人生じゃないし
107  不思議な名無しさん :2015年08月16日 07:18 ID:0hrxhUgq0*
日本は宗教色こそ薄いが、倫理観が強いので多分無理
108  不思議な名無しさん :2015年08月26日 00:14 ID:WhyE4XNZ0*
優劣を1が決めつけてる風だからカッとなる人が出てきてるけど

1にはもっと色んな学をつけて難病を減らす方向に持っていくことを頑張って欲しい
重すぎる病気で苦しむ人が少なくなって欲しいのは全人類の願いだと思うし
109  不思議な名無しさん :2015年10月28日 04:37 ID:T3YdkwTy0*
1970年代まで世界中でも優生学に基づいて精神障碍者や身体障碍者の
強制断種とか色々やってたけど障碍者は減ってないんだよね
つまり必然的に一定数生まれるメカニズムになってるわけなんだろう
遺伝子の多様性を種として保守するという意味で

ついでに>>1が崇めてる白人の外見は遺伝学的に見ると劣性遺伝なので世界的に混血が進む中白人はどんどん減って言ってるという
ついでに基本的に混血の方が優秀な
110  不思議な名無しさん :2015年11月09日 08:26 ID:ztsS1BRV0*
でも俺みたいなASD+ADHD+吃音の遺伝子は残すべきではないのだろう。
偉大なる大健常者様の遺伝子と違って
111  不思議な名無しさん :2015年11月14日 01:45 ID:iJ3oXwj30*
予想以上に面白かったなこのスレ
興味のある人は「T4作戦」とかも調べると面白いよ
112  不思議な名無しさん :2015年11月24日 14:54 ID:3ipaLuDV0*
生物学上、多様性を失うのは愚の骨頂
せっかく今遺伝子の多様性が増えまくってるのに、減らしてどうする
種として絶滅級の災害にそなえろよ

というか考慮する項目が多すぎて、優生学の実験は現在の科学力では不可能
かといって環境などの要因を限定すればデータに意味がなくなる
おまけに結果が出るには何世代ってくらい時間がかかる
その規模の実験をできるくらい科学が進歩してるならもはや優生学は必要ないな
113  不思議な名無しさん :2015年11月25日 13:40 ID:dvqSNRIn0*
人間の遺伝子を組み替えることは
産業社会を維持させるための解決策にもなるし
今の子供中心の教育思想への不満を解消する突破口にもなるから素晴らしいことだと思うけどね

結局、遺伝子に反した画一的な教育を強要して努力に責任を追求する社会も優生学的だし平等なんて幻想でしかないからね




114  不思議な名無しさん :2015年12月17日 06:11 ID:YM.1mDRr0*
優秀な何かを作るなら別に人間じゃなくてもいいんじゃない 
人間の優秀なのを作りたいのか 

今の社会での優位性で優劣で語られてもなぁ 200年まえなら農作業に適した人間の方がいいだろうし 多少頭わるくても我慢強くて力が強い方がいいとか まあだいたい健康な方がいいだろうけど  
今は記憶力があった方が勉強に優位だろうけどあとの世になったらひらめきの方があった方がいいって事になった場合その遺伝子はどう担保したらいいんだ 
愛玩動物や畜産動物の遺伝子設計ならなんとかなるかもしれんが1万年単位で存続させてくって話なら逆に脆くなりそうだな
115  不思議な名無しさん :2015年12月20日 17:04 ID:3eXjrxrO0*
優生学を学んだことは無いけど・・。
まず、遺伝子は完全には解析されていません。
数年前、中国の遺伝子検査ビジネスが日本に紹介されたとき、学者達が、一つ一つの遺伝子の役割は小さいことが分かっており、この検査では人の可能性は図れないって言っていたの覚えていますか?
116  不思議な名無しさん :2015年12月20日 17:12 ID:3eXjrxrO0*
あと、人間社会で生きる能力って生物本能では無くて、後天的に身につける職能だから遺伝がと言っても意味が無いと思います。

>優生学を進めた国と進めなかった国の国力がどんどんついていった時
>反対派の人はなんて言うんだろうね?

そんな仮定の話をされてもな・・・。
それって、逆の立場で、優生学が再び失敗したとき、優生学賛成派の人はなんて言うんだろうね?とも言える。
117  不思議な名無しさん :2015年12月22日 01:42 ID:dLkn0K5k0*
マイノリティーとかコンプレックスの塊とかアスペルガーとか、文学・芸術の天才って健常とは言えない人ばっかなんだから文化は終わると思う文明は発展するか知らんが
118  不思議な名無しさん :2015年12月24日 08:14 ID:jCVdp9910*
亡命ナチスが優生学進めてたんだけど知的障害ばかりになった。マジで危険
119  不思議な名無しさん :2015年12月26日 18:24 ID:mDfzXKehO*
ヒトが進んで間引きしなくても自然が淘汰してくれるから
120  不思議な名無しさん :2016年01月05日 21:05 ID:iz1Vm7KI0*
イケメンや美人に生まれた方が人生イージーなんて誰でも分かる事が分からない馬鹿が優生学を禁止したんだよな
121  不思議な名無しさん :2016年01月11日 15:24 ID:.gzFtg.b0*
遺伝子改良は人類のためにではなく個人のためにある。例えば遺伝子改良が日常となった将来、貴方自身が医者にこのままパートナーが自然妊娠すればこの世の不利と醜さの限りを尽くした遺伝子を持った子供を持つ可能性が高いなどという事実を告げられた際に「人類遺伝子の多様性」のために策を講じないのかってこと。遺伝子改良を身勝手だと批判する人物は、現在においても「人類の多様性のために」そうした汚点を他人の一生に背負わせるといった身勝手をしていることには言及しない。俺は普段誰からも礼の一つも言われない「人類のために」不幸の可能性を背負い込むなんて真っ平ごめんだし、ましてや見殺しにされた・押し付けられたなんて分かったら恨むし祟るね。
122  不思議な名無しさん :2016年01月11日 15:48 ID:.gzFtg.b0*
コメント欄読み飛ばしてたんで改めて読んでみたんだが、どうして>>1が劣勢として排除される立場の身にもなれ、と批判されているんだ?既に生まれてしまった個体に対しては遺伝子解析を活かした最大限マシにする努力をする可能性や、成長過程の生物に取り付いて欠点を補う血肉を作っていく技術をさらに将来開発出来るとか人生を幸福にする下地にはなり得るじゃないか。優生学だってナチの時代のままではないと思うんだが。遺伝子という個人を個人たらせるスティグマの負の側面からの解放は、将来遺伝子技術は差別問題というより人体改造の是非の問題へと変質していくのでは?
123  不思議な名無しさん :2016年01月14日 00:33 ID:ZCaU7cbt0*
不細工だと絶対不幸だって考え方が理解できん
>優生学を進めた国と進めなかった国の国力がどんどんついていった時
そもそも人間の価値は国力の優劣で決まるのか?
例えばチビで不細工で病気になりやすく短命な人種の国家の国力が高かったら
他国も同じ様になりたいと願うのか?

それ以前に優生学を実験するときどうしたところで人間を実験に使うわけだが
その生まれた人間の人権を考えたときその実験は社会的に論理的に許される事なのか?
どこに確実に他者より優れているとなれる根拠がある
確かに顔はよく頭も良かったが今までにない病気にかかるようになったとか
育ってみたら実は間違ってましたじゃその人の人生はどうなるんだ
124  不思議な名無しさん :2016年02月09日 20:19 ID:0Cv8XPQR0*
じゃあ先ずは、スレ主みたいな池☆沼を殺処分する事から始めよう。
話はそれからだ。
125  不思議な名無しさん :2016年02月14日 21:52 ID:A8LHiyxS0*
実に興味深い話だけど、そこまで人間の質を絞り込んで交配させ続けた先の社会で、果たして本当に社会や個人にとって価値のあるものや幸福が手に入るかは疑問だわ。
他者との比較で自己を確立・差別化するのが人間の性である以上、どんなに優秀な遺伝子の持ち主ばかりの人間が生きる時代でも、ハード面でもソフト面でも常に生きる脅威からは逃れられん気がするな。
126  不思議な名無しさん :2016年02月16日 17:08 ID:7UnmK8hy0*
むしろ理性的にみてダウン症とか池沼は絞めるべき
可能性云々いっても
あいつらから周りが受ける迷惑を考えるとそこまでして生かす意味はないだろう
大多数は役立たずなんだし殺した方が理にかなう
127  不思議な名無しさん :2016年02月27日 18:56 ID:uVZANo280*
遺伝子的病気になって生まれたいなんて思うやつなんかいないだろ。
優生学を否定する意味がわからない。

それが改良・選別することで一般人に改善できるならすべきでしょ。

生きていくうえで少しでも苦しみをなくせるならすべき。
生まれる前から改善できるならなおさらでしょ。

遺伝子的病気をもって一般人では味わえなかっただろう苦しみをもって生まれてきたかったっていうなら話は別だが。
128  不思議な名無しさん :2016年03月07日 09:21 ID:2M2CxYKR0*
優勢と劣勢の遺伝子にて、
優勢の方が遺伝子として問題なくても、
劣勢の方の遺伝子が問題あることもある。

つまり遺伝子レベルやるとするなら、
本人が美しい容姿でIQ高くて性格が温和でも断種せざるを得ないし、
また、ブサイクで頭悪くて犯罪者でも、
運動機能などが遺伝子レベルでは高く、
教育さえ行き届いていれば、頭脳も問題ない奴の借り腹をこさえることもあるって世界がいいってこと?
129  不思議な名無しさん :2016年03月10日 19:52 ID:uWigRulC0*
※101の考え方好き
130  不思議な名無しさん :2016年03月22日 21:56 ID:MExzge6u0*
人間に有効な「かわらずのいし」と「あかいいと」があれば
3~4世代くらい交配すれば理想個体の人間が産まれるだろ
131  不思議な名無しさん :2016年03月25日 18:48 ID:4N04iJj.0*
戦うなら熊は強い

でも世界の非常時に生き残るのはネズミだ

こいつの言う優生は所詮人間同士の争いで止まってる

ただ超天才は作ってみてほしいけどな
逆にアスリートなんて作っても、犬より弱いぞ
132  不思議な名無しさん :2016年03月26日 19:49 ID:CosZim810*
優秀な遺伝子だけになった場合、底辺職は誰がやるのかと疑問に思うよ。

どんな仕事も、同じ給料にはならないだろうしね。

障害者の中絶とかは仕方ないとも思うよ?
育てるの経済力ないとしんどいだろうし。

そもそも、優秀な遺伝子だけが生き残るのは生物誕生以来ずっと行われてるしね。


あと、ブラックバスは池の中の魚を食いつくすと自分の子供でも食っちゃうんだってさ!
133  不思議な名無しさん :2016年03月27日 09:34 ID:YTMISKyf0*
コーディネートするのはいいけど、コーディネートされた本人の意思は丸無視なんだよな。赤ちゃんが、僕緑色の目がいい!とか言うわけじゃないもんな。

大人の都合で子どもをデザインして、子どもが本当に幸せかはわからんて。
もちろん、疾患やハンデは除いてやるの大前提でね。
134  不思議な名無しさん :2016年03月27日 12:34 ID:IvHoYEho0*
何でも理屈でしか考えられず、他人との折り合いをつけることの出来ないスレ主は、社会的にも優生学的にも淘汰されるべき劣等者だと思うがね。
そういう人間に限って、他人を自分の都合でレッテルを貼って都合よく扱おうとする。
どう考えても、無能で不健全で独善的だよ。
こういう屁理屈を言うのも、自分が淘汰されるべき存在だと自分でも理解し尽くしてるから、あらゆる手を使って淘汰を選別する側に回り、自分が淘汰されることを避けようと躍起になっているとしか思えない。
彼の意見には、賛同できる要因が全く無い。
やはり、進化や淘汰は神の見えざる手で行われるべきだよ。
俺たちは、何らかの偶然で生まれ、別の偶然により滅ぶ。
それで良いと思うがな。
135  不思議な名無しさん :2016年04月04日 03:15 ID:Fgq5ddfI0*
まぁ、文明そのものも言ってしまえば「種の多様性」とやらを消してしまう一因なんだけどね

だからといって一方的に劣等種を決めつけて(病気ならともかく才能とかで)破棄していくのはつまり進化そのものを停滞させていくことにほかならない

それは生命じゃなくて完成されたロボットだ
少なくとも俺は原始人にはなりたくないけどロボットになりたい
劣等種?でも人間という中途半端な生物でいたい
136  不思議な名無しさん :2016年04月04日 21:17 ID:.lxUBDsb0*
同じレベルの子供を一クラスにまとめてつっこむと
必ずやる気をなくして落ちこぼれになる子供が出るんじゃなかったっけ?
ソースがみつからん、すまん

意図的につくらなくても劣等生は出ると思う
137  不思議な名無しさん :2016年04月10日 04:01 ID:rjFEykWy0*
残念だがタブーだから無理ですwwwついでにいうともし選別されるなら大学で聞いたことを垂れ流してる無能1も処分対象だからな?
人類こんだけ増えたら1の言う「劣性」が多数派だろ?だから民主主義国じゃできるわけねぇだろ。意味のないこと考えてないで優性になるよう頑張れや
138  不思議な名無しさん :2016年04月10日 07:05 ID:rjFEykWy0*
こいつ自分は関係ないみたいな感じだな。これを正しいとしたら1も1の親も兄弟も劣性で断たれるけどそれでもいいのか?
むしろ日本人含めアジア人全部劣性としてあつかわれるだろ。
139  不思議な名無しさん :2016年04月17日 13:10 ID:ZpzAb0g70*
優生学が発展していたら、そもそもスレ主は生まれていないよ(^_-)-☆
140  不思議な名無しさん :2016年04月17日 13:12 ID:ZpzAb0g70*
競走馬は血統がいいけど、血が濃いので(多様性が無い)障害を持った個体が生まれやすい。
私はオグリキャップになりたい。
141  不思議な名無しさん :2016年04月17日 13:15 ID:ZpzAb0g70*
仮に優生学取り入れて、血が濃くなって障がい者が生まれたら>1はどうすんの?
障がい者は殺せとか言うの?
ほんとサイテーな人間だな。
142  不思議な名無しさん :2016年04月17日 13:21 ID:ZpzAb0g70*
>>1は白人にコンプレックスがあるだけだね。
白人が美しいという概念はとても主観的なものだよね?
白人だってブスもいれば美形もいる、全ての白人が美しいというわけではない。
しかも、「白人が美しい」という概念をもつのは西洋文化に頭が毒されてるからだよ。
個人的な意見としては、自分は少数民族(インディアンやアマゾンンのヤノマミなど)が一番美しいと思う。
物があれば幸せだと思って、電気が無いと何もできない人間など、何も美しくない。

143  不思議な名無しさん :2016年04月22日 08:47 ID:rT9OCB1b0*
ハイリスクノーリターン?
遺伝子をいじることがハイリスクなのは疑いようもないけども、
発展すればハイリターンどころじゃないだろ。


144  不思議な名無しさん :2016年04月26日 02:47 ID:rEzJiqT30*
重度障害者の断種は許されるべき
145  不思議な名無しさん :2016年04月29日 14:12 ID:ORNy1Em5O*
優劣の基準は相対的なものだから、いつの時代でも通用する絶対的価値観はあるとは限らない。
ただ、現代の場合は労働によって付加価値が生み出されることで、社会が動いているから、自ずと何かしらの障害や病気を抱えて、まともに働くことが出来なければ、多くの人間は生きる術をなくすし、ある種の生産性が高い人間が生き残る。
多様性と言っても「その時代に適合する人間が生き残る」ことは変わらないし、淘汰される人間の中には、生まれながらにして子孫を残すことも出来ずに淘汰されることには変わりがない人も居る。
悲しい話だけど、生き残るかは絶対じゃないけど、淘汰されるのは必然の側面があるんだよ。
それは誰にでも有り得ることなんだよね。
146  不思議な名無しさん :2016年04月30日 19:26 ID:L1GkQ4Oz0*
現代日本って有能な若者をごっそり使い果たして敗戦したあとに皆婚状態で人口爆発迎えてるんだよね
遺伝子プールとしてはいかがなものなのかと思うところはある
団塊世代なんて成長に合わせてその都度トラブル起こしてる世代だし

147  不思議な名無しさん :2016年06月29日 03:24 ID:JeCHe0Zg0*
※146
一からやり直しの途中だな
優秀な人間が前線に送られて死ぬ確率たかまるってんで、優性学者には戦争反対派が多い
ナチスでも実態はそんなかんじだったし
平和な世の中なら、優秀な人間が社会で頭角を表し、それによって子孫を残すことで、結果的に劣性種を淘汰に導くことができるからな
148  不思議な名無しさん :2016年06月30日 15:03 ID:uWtXgdcU0*
で、優秀なアーリア人の国家は勝てましたか?
149  不思議な名無しさん :2016年07月01日 15:12 ID:iE0cy1S.0*
優生学がアレなのは犬や馬のサラブレッドで証明済みだしねえ
性格・運動能力・見た目とかの好まれる要素を厳選して交配させたのは良いが
実は雑種よりもデリケートで免疫力の弱い個体ばかり、ってパターンが多過ぎる
優秀とされるジャーマンシェパードとかも遺伝病がかなり多い
んで今度は免疫力重視で交配したら見た目の予想ができなくなって逆戻り

動物である以上ゲームでいうところのオールAみたいな存在は今の科学力じゃ無理
必ず何処かでFになる所があって、そこからガタガタになる
ガラパゴスやオーストラリアとか見ても「特化」した動物は結構脆い
150  不思議な名無しさん :2016年07月24日 14:59 ID:.pc0Fnlt0*
ブサイクとか無能を平然と殺す美しい国よりは
ブサイクや無能の存在を許す汚い国のほうがマシ
151  不思議な名無しさん :2016年07月27日 18:54 ID:QAonqIZf0*
ベラルーシには美人が多いと言われているけれど、それは幾度も繰り返された侵略によってあらゆる種族の血が混ざったからって言われてるしな。

そもそも鼻の高さだの瞼が一重だの二重だのなんて些細なことにもその環境に適応した最良の遺伝子変化の結果なわけで。

優秀なだけでなく、より均整のとれた安定した遺伝子を生み出すには優劣合わせた雑多な遺伝子が必要なんだろ。
そんな中で>>1のいうところの「劣った」種類が産まれるのは致し方ないこと。

命なんて理不尽なもんだよ。
優生学ってのはそういう形のないものをDNAと置き換えて理想論を語ってるだけとも言える。
そういう意味では優生学はシビアな現実を直視できない弱い人たちの夢物語なのかもな。
152  不思議な名無しさん :2016年07月27日 22:32 ID:QGywcVfj0*
完璧なヒトを作るには、まず先に完璧な社会学が必要なんだけど、それは永遠にできないよね。
153  不思議な名無しさん :2016年07月28日 03:03 ID:stu5qi6J0*
金銭的豊かさを求めるなら、金銭的淘汰圧に強い遺伝子を厳選した優生学だろうが、高度に文明的で高度に文化的な豊かさを求めるなら多様性こそ重要。
つまりその真逆だろう。

152
その通りだと思う。
154  不思議な名無しさん :2016年07月28日 03:05 ID:stu5qi6J0*
優生学とは目的がはっきりしている場合には役立つが、それ以外では無意味、無理だ。
155  不思議な名無しさん :2016年07月29日 20:57 ID:mIeBIuxu0*
何が劣っていて何が優れているかを決めることはできない
足が速い人間がどんな状況でも絶対に優れていると断言できるだろうか?
現代社会では障害者とされる人たちもたまたま今の時代に有利でない能力を持って生まれただけ

あらゆる環境の変化に備えて可能な限り様々な性質を持った個体を生み出すのは地球上の生命体にすべてに共通する生存戦略
それを自ら捨て去るのはヒトという種の力を弱め自殺へ導くことに気づけ

優生学によって生み出された生物は多様性を失った脆弱で劣った種族だ
たった一つの疫病や環境の変化で全滅しうる
農作物がいい例だな
156  不思議な名無しさん :2016年07月29日 21:18 ID:mIeBIuxu0*
出生前診断とかあるけど、あれは生物学的に見たらかなり危険な事をやってる
今の社会では障害とされるものが何かの拍子に有利に働く可能性を摘み取ってるからな

地球環境の激変かなんかでその障害が有利だったはずなのに、
出生前診断で中絶してたので人類滅亡しましたってのがありうる

中絶が肯定されるのは本人や家族、社会の負担が大きいので仕方ない面はあるが、
純粋に生物学的な事を言えば可能な限り多様な人間が生まれてくる方が好ましい
157  不思議な名無しさん :2016年08月01日 00:37 ID:UJ.efpwv0*
13の言うことが正論すぎてワラタ
158  不思議な名無しさん :2016年08月05日 02:55 ID:2EYNo2ZJ0*
特異不得意、それぞれ色んな人間がいて良い
ただ、それらは遺伝するってのも事実だ
親子間のみだけでなく人種や民族レベルでも差がある
スポーツの世界なんてのは露骨に表れてるし、知能だって差がある
ざっくり言って頭の良い親からは頭の良い子が生まれて
頭の良い民族と、そうでない民族も存在する
159  不思議な名無しさん :2016年08月09日 04:36 ID:SJnY5pmd0*
優生学()とか言って、自分の無能を棚上げして都合良いことばっか言ってる奴こそ滅びろ
障害者に嫉妬してるだけだろw
社会的に栄誉のある億万長者で、そんなこと言ってる奴がいるなら教えてくれ
160  不思議な名無しさん :2016年08月15日 07:22 ID:F5U8lyAT0*
インフルエンザ「やったぜ!」
161  不思議な名無しさん :2016年08月16日 01:23 ID:gAcF8m.U0*
勝手に美の基準を決められてコレに合わせろと押し付けられるのがうざいんだよな
宇宙適応人間とか水中人間とか夢のある話じゃなくて
社会の美基準を押し付けてくるやかましい奴が優生学とかいうペテンにハマってるだけなんだよな
162  不思議な名無しさん :2016年08月20日 12:38 ID:1FqqqKCP0*
知性だけでいいからするべき。容姿なんて整形でもいいし、そもそも美しさなんて時代で変わる。身体能力なんて今の時代生きるのに不要。しかし、知能は違う。知能があって、いまの豊かな生活が成り立つ。つまり、知能の選別を行えば更に豊かになる。ここでの知能は暗記能力や演算能力、まぁIQで大まかに図れる。両性のIQの平均が上位50%なら子供を残して良いとする。これで人類は安泰。
163  不思議な名無しさん :2016年08月20日 23:30 ID:czeWNtXS0*
※162
「豊かな生活」というのは物質的な意味での豊かさのことかな
もしそうだとすれば、知能が高くない大多数の人々が居なくなれば
搾取することが難しくなる分豊かさは失われるかもしれないよ
164  不思議な名無しさん :2016年08月25日 16:08 ID:VB.dLZyv0*
ヒトゲノム(塩基配列)は全て分かっているが、どの遺伝子がどんなタンパクをコードしているかまでは、全て解明されている訳ではない。どんな遺伝子が知能や運動に関与しているかも全ての遺伝子が解明されている訳ではないから、完璧なフューマンのデザインは不可能。
165  不思議な名無しさん :2016年08月26日 04:49 ID:t06HiL4s0*
アメリカあたりで高IQ男女が子供産んだらあら不思議
子供のIQは親より下がっちゃいました
みたいなハナシあったよな?

スポーツでもそう
でかけりゃいいんじゃ無いし
体格はバランス
千代の富士みたいに弱点克服するための努力が逆に強さに変わるパターンもある

美しさなんてもうね
時代で変わりすぎて何の意味もないから論外
166  不思議な名無しさん :2016年08月26日 18:19 ID:.4yhHnVU0*
このスレの!はノビタ以下のばかだなぁ
競走馬の家計図を見てごらん 答えがそれだよ
167  不思議な名無しさん :2016年08月27日 18:54 ID:4hs8PkBE0*
※本文7
腹どころか、生産工場作れば?全てマシンまかせで…
168  不思議な名無しさん :2016年08月30日 13:17 ID:yeNReWS50*
賢さ←人工知能
美しさ←ロボット、二次

俺ら人間はナマケモノで良いのでは?
169  不思議な名無しさん :2016年09月01日 17:46 ID:j7GybaBj0*
優生学以前に生まれつきの障害や難病の遺伝子治療を確立した方が優秀な人が生き残るかもね
170  不思議な名無しさん :2016年09月04日 10:36 ID:hfAGO3xi0*
可能性があるならやればいい。それを頭ごなしに否定する人間がそもそも劣ってる。自分が淘汰されることを恐れてるから。
171  不思議な名無しさん :2016年10月08日 23:41 ID:u9rg1SoD0*
ゲームでも特化キャラはどっかに対し圧倒的に脆いもんだろ?
172  不思議な名無しさん :2016年10月30日 19:29 ID:UGPD.Q5v0*
知能って生まれ待ったもんじゃなくて
知識や経験だからな
天才はその受け皿が大きいだけで、普通に育てられたら普通の人になるだろう。
173  不思議な名無しさん :2016年11月19日 15:46 ID:vld71.pe0*
中二病黒歴史スレ
174  不思議な名無しさん :2016年11月20日 10:58 ID:8qzTFxCv0*
優生学を否定している奴がいるけど、
低スペックで生まれた人間にとっては、
未知の可能性だの種の多様性だのは何の慰めにもならん。
遺伝子改造で優れた人間に産まれたかったって思うわ。
175  不思議な名無しさん :2016年11月21日 21:18 ID:SNiXvf8w0*
全く知らないものには興味がわかない
優生学を知ったところで何かいいことがあるのか
金が儲かるとかそこまでの実益じゃなくていい
いい気分になれるとかもっと学びたいと思うとか
176  不思議な名無しさん :2016年11月21日 21:22 ID:SNiXvf8w0*
もう1つ
どうしたいんだ?
ダメ人間は消せということなのか
それじゃ植松君と同じ発想じゃないか
177  不思議な名無しさん :2016年11月28日 23:10 ID:WEn9HICB0*
昨日優生学のコンビニ本を読みました!って感じの中学生みたいな意見だなぁ
優劣を決定する者が誰なのか、優劣の基準は、劣等者の人権は。どう考えてもあり得ないんだよなぁ……
178  不思議な名無しさん :2016年11月29日 17:11 ID:ZuObE54M0*
優劣の定義って何?
時代や場所や環境とかの外的要因で変わる
179  不思議な名無しさん :2016年12月06日 14:05 ID:8Kz2r1vT0*
否定されるってことはその発想が劣勢って事なのさ
180  不思議な名無しさん :2016年12月08日 20:51 ID:hN9AYaEj0*
そもそも劣等種がいるからこそ 【優】は【優】でいれるだけで、劣等種を排除すると 【優】の中から劣等種が炙り出され 排除される。 自分が劣等種に分類される割合が高くなるだけ。
そもそも 人間自体どこかは欠けていて
優れていないところは絶対一つはあるから 俺からすれば全てが劣等種だよ。
優生学とか生物学あまり知らないけど
劣等だからなんちゃらってバカな意見だと思う。このスレ主も中々のサイコパスぽい。ドイツかアメリカに行ってやりたい事をやってもらいたい。
そしてやった事を スレに書いてほしい。
181  不思議な名無しさん :2016年12月10日 20:10 ID:SqaSkFOm0*
優秀ってなんだよ
本気出せば皆んな何だってなれる
182  不思議な名無しさん :2016年12月10日 22:12 ID:QmkQm.Hb0*
優生学でいう優生とはその時代の社会が求める条件でしかすぎない。環境が激変したら今まで優生と認められていたものが劣勢に価値変化しかねない。生物はどのような環境にも対応できるように予め多様なDNAを持ってはいるもののスイッチがオフになっていて、その時その時の条件に合わせて必要な遺伝子のスイッチをオンにしている。スレ主の様な考え方は、西洋的な浅はかな自然観であり、毛沢東が雀を害鳥扱いして駆除したために、害虫が繁殖して飢餓に陥ったのに似ている。それほど優生的な人類が必要なら、むしろ人類をすべて駆除してAIに地球を任せた方がいいのではないか>
183  不思議な名無しさん :2016年12月23日 07:14 ID:M6RnDp640*
んーリスクを負ってまで人間の進化を進める必要があるのだろうか?
例えば地球が後500年で終わるとか、リミットが近くない限り、現状維持でいいのでは?
むしろ文明科学の発展スピードは速すぎて
人類の倫理観、道徳観などの歴史を通して育まれる物をだいぶ置き去りにしてきてると思ったまる
184  不思議な名無しさん :2017年01月01日 04:01 ID:yNgF4q.m0*
容姿だとか頭のよさが特化してってのまでは考えないけど
自閉症やダウン症の子供を生む・生まないって選択肢は与えてほしいから
優生学全面的にタブーとかされると困るな
185  不思議な名無しさん :2017年01月03日 21:38 ID:BRWtbvgM0*
社会や環境でどの形質が有利になるか分からんから今のままで十分。
繁殖可能な子孫を残したものが生物としての勝者よ・・・
186  不思議な名無しさん :2017年01月14日 00:33 ID:VTU0P.ZA0*
「品種改良」と「遺伝子操作」を勘違いしてるやつ多過ぎ。
競走馬の話は「品種改良」
サケが3倍の大きさになる予測を超えて大きくなった話は「遺伝子操作」
体内で毒を生成するようになるかもしれない。

遺伝子操作は危険なので品種改良で優生学をやればいいんだろ。
187  不思議な名無しさん :2017年01月17日 21:09 ID:1552hFl20*
少なくともこのスレで優生学=中二病が証明されたな
188  不思議な名無しさん :2017年01月24日 15:28 ID:PL202x8j0*
例えば、アスペルガーやADHDなどの発達障害を劣等種とて排除したらエジソンみたいな人材は二度と生まれて来なくなるんじゃないの?
189  不思議な名無しさん :2017年01月25日 21:20 ID:VxBB2nSu0*
つかこのイッチは明らかにナルシストだろ。自分至上主義じゃないとこんな発想でてこねえよ
190  不思議な名無しさん :2017年01月28日 00:28 ID:3eGuGvMw0*
みんな怖いんだね
自分が劣等種に括られるのが
自分より劣った存在がいなくなるのが
191  不思議な名無しさん :2017年01月28日 00:59 ID:D.RhdWLT0*
本筋とは関係ないけどたしか美男美女っていつの時代も同じ顔らしいぞ
平安美人とかも絵の手法とかであって実際の美人ではないっぽいし
黄金比とかが関係してるとかなんとか
192  不思議な名無しさん :2017年02月12日 00:12 ID:3Ab6SBon0*
わかってないみたいだけど、今も優生学的淘汰は少しづつ進んでいるんだよ。親が子を産む時に、親よりも優勢な子と劣勢な子と同等な子が生まれるんだ。統計的に見ると劣勢な子の生存確率が少し低い。だから何十万年という単位では、少しだけ人類は優勢な種の形質が高まるんだ。別に選別する必要はない。
193  不思議な名無しさん :2017年02月15日 12:09 ID:SD5Mc34X0*
兵器や装置としての核一つ扱えないのに、社会の根幹を担う人間の大半を判別するのは早すぎる
核は一地域と大量の人間が犠牲になる(十分でかいけど)
優生学はそれ以上にそこら辺のウイルス一つで人類全てが全滅する、リスクも起きる被害も規格外
今でもインフルエンザに対して毎年この有様で全員の遺伝子を揃えるのは無理やね

馬の話はあくまで人類にとって馬が最悪絶滅しても困らない&両品種だけ残す行為が社会の基礎にとって脅威にならないからできたことよ
194  不思議な名無しさん :2017年02月19日 05:46 ID:b7XFCPoh0*
反対のための反対をつらつらと・・・・・・


保守だねえ・・・・・・


・・・・・・東洋の限界!!
195  不思議な名無しさん :2017年02月21日 22:30 ID:Bl7JUCDp0*
「子供のためを思って」と思っている自分のため、だろ。
訴えるロジックとして浅はかだから支持を得られていないんだが、
けっきょく繰り返し同じこと言ってる。

優生学を説いているヤツが劣性っていう笑えない独りボケ独りツッコミのマッチポンプ。
196  t_f :2017年02月22日 16:29 ID:xD3UrLvz0*
※192
そもそも生物進化の一側面に着目しただけのものが優生学なんであってww
要するに、牛や馬のように人間に有益な形質を備えさせるべく"進化"=交配させる
ことを人間にも適用しようというww
ただ問題なのは、ミニチュアダックスとかグレートデーンとか、いかにも人間好み
に交配させられた品種からは脱臼とかガンとかの疾病が出やすくなっているよう
に、人間からもそういったことが起こるであろうけど、その責任は誰が取るのか?ww
家畜ならば殺処分ですむだろうけど、人間の場合にもそうするのかww
優生学が忘れているのは、生物進化には膨大な数の"死"があってその形質が獲得
されたということ(そしてどのみち"優れた"形質は残されるということww
197  不思議な名無しさん :2017年02月25日 20:29 ID:Zv4cqXK70*
何を優性かの判断やその結果の失敗は既出なので、デメリットは明白。

メリットもあるが、学問として実施しなくても、知らずに実施しているので100年後には成果出るはず。

スポーツ選手同士が結婚していけば、身体能力上がるだろうし。
(選手が女優と結婚したりして身体能力低い子供生まれる)

高収入高学歴の男性が美人を結婚相手に選ぶが、たいていは美人でも育ちや学歴良いのを選ぶ。(顔だけや若さだけなら遊びで結婚相手にはしない)
数世代繰り返せば、上位層は美男美女で頭脳明晰、遺産も多いになる。
198  不思議な名無しさん :2017年02月26日 05:11 ID:Wqd9QUTz0*
はたして、子どもを持ったことがある人間がどれだけ書き込んでいるのやら…
199  不思議な名無しさん :2017年03月05日 13:09 ID:kDUppnoh0*
そもそも 血統の支配を脱却したのが今の世の中であるわけで・・・・まあいまだに残っているんですが
200  不思議な名無しさん :2017年03月09日 02:58 ID:TfSQlaih0*
1が処分すべき劣性遺伝子の可能性。
社会へ出てわかるが日本人は基本的に義務教育や大学含めて
遊んでるだけだから能力低い。中国人や韓国人どころか
発展途上国並みかと思えるほどだ。
「支持」してる人間は基本的に優生学を施行したら
自らの能力の低さに怯えるだろう。
狡猾な人間はアホがいるおかげで楽が出来ると思ってるんで。

201  不思議な名無しさん :2017年03月11日 03:24 ID:lBxSLwP60*
まあ大多数の日本人はキモいからこういうのには反対だよな笑笑、でも実際美男美女が多い地域や国なんかは過去にこういうことしてんだよな、例えば北欧のバイキングは他国から美女を大量に略奪してったらしいし、秋田は茨城らへんから大量に美女奪ったし。俺はこういうのに賛成だね!顔もキモくて頭も悪くて運動神経悪いやつなんかいてほしくない笑笑
202  薄弱 :2017年03月21日 05:29 ID:L9sxZJR.0*
 
平板なブスから凸凹怪物まで、人類のあらゆる顔を3DCGモーフィングで混ぜてゆくと、なぜか美男美女になるらしい。何も突出せず、バランスの整った顔。ハーフに美男美女が多いのは珍貴だからではなく、遺伝的に「あいだを取った」平均値だから。
突出度で測られる「能力」とは違い、「容姿」つまり性淘汰は、平準化に向かう。鹿の角も孔雀の羽も、何も突出していない。目指すデザイン方向性は、他の雄と1ミリも違わない。

多様性は選択進化の掛け捨て保険で、均質な種はたったひとつの原因で滅びてしまう。だからガイジ遺伝子も保険でキープしときたい。本人がどんなに不幸でも。
そう考えると、優生思想は文字通り優しい思想だね。種の存続を危うくしてまで、個を犠牲にしないとゆうのだから。

熱帯の猿でありながら、今や南極から衛星軌道にまで存在する人類は、さぞや遺伝的に多様かとゆえば、トバ噴火などのボトルネックを経て、家畜か絶滅危惧種なみに均質らしい。
だがその均質さはコミュニケーションや共同作業、つまり社会と文明を作る上で有利に働き、結果、ここまで数と棲息域を拡大した。
選択進化のカラクリを客観視できたのは、人類自身はすでに、多様性をバックボーンにした選択進化を、逸脱してたから。均質さを逆手に取った進化。とゆってよい。
203  202.薄弱 :2017年03月21日 05:30 ID:L9sxZJR.0*
優生技術を親の競争心理に任せれば、皆が似たような完璧超人を作ろうとして、結果、人類は均質化に向かう。国の御都合に任せれば、分業、つまり使い捨ての駒が量産される。
理想の完璧超人と使い捨ての量産駒を、一致させるのは簡単だ。民主主義には奴隷が必要と証明してるのは、何も古代ギリシャローマだけじゃない。民主資本主義を利用し、より巧妙な奴隷制度を作り上げた、現代こそだ。

馬の骨が子を作り、教育のプロでもないのに育て、人格者にも能力者にも豊かにも幸せにもできず、大部分が失敗する事を前提に、多様性を野放しにし、呑気に自然淘汰に任せている。
優生思想とかちっちゃい事ゆってる場合じゃない。たかが人間ごときが、仮にも人間様を、生産とか育成とか管理とか、どだい無理がある。出生と教育と政治は、技術的特異点以降のマギシステムにさっさと押し付けたいね。
204  203.202.薄弱 :2017年03月21日 07:23 ID:L9sxZJR.0*
 
答えの先の答えまで言っちゃったんでハナシのレベルをスレに戻すと、
優生思想が求めるべき完璧超人とは、遺伝子を選抜し特化させる事ではなく、むしろ「全部のせ」だろうね。

ダウン症は染色体の欠落でなく過剰で、健常者より遺伝情報の容量は大きい。さらにミジンコやトマトや稲科の植物は、万物の霊長たる人間より遥かに遺伝子が多い。
ジャンク遺伝子はいっけん盲腸のように不要で、時には邪魔で、クリンナップしたくもなるが、それらは進化のノリシロそのものだ。
ゆうまでもなく人間は猿の奇形であり、すべての種は進化の過程にあり、生物にとって完成とは絶滅だが、
何十億年かけて試行錯誤してきた塩基配列スロットの、順列組み合わせはいまや天文学的な資産なのに、その中で人間サマが使えるパターンはミジンコ以下、米つぶ以下ってどうよ?

人間なんざ原価五千円程度の材料とミジンコ以下のレシピで作れるわけだが、
今はガイジでも数億年以内に確実に必要になるジャンク遺伝子を、デリートせず安全にキープする劣生/優生コントロールを確立した上で、遺伝情報を10年前と今のSDカードぐらい飛躍的に増設。
これができれば、優生思想を優生技術と呼んでやっていいし、できるまではしょせん思想(笑)だな。
205  204.203.202.薄弱 :2017年03月21日 07:24 ID:L9sxZJR.0*

知性はたくさんある生存戦略のひとつに過ぎず、産道も通りにくく燃費や重量配分も最悪で、自殺や滅亡まで自ら選択しかねない、脳とかゆう自爆装置を要するリスキーな戦略で、
しかもあの剣呑なライオンとワニでさえ、身体能力の違いで棲み分けられるのに、暴力ではなく知性による生存競争は、ネアンデルタールの末路を見るに、たった1種の勝者しか許さない。黒白黄人の共存さえ怪しい。
つまり人類1種が滅びたら、もうツブシが効かない。そうゆう意味でもリスキーだが、人類は地球生態系で初めて、多様性でなく均質さを背景に、自らではなく外付けデバイスを進化させた。
次は、恐らく他星系の知的存在もそうであるように、進化したデバイスを利用して、デバイスでなく本体を自律進化させるしか無いだろうね。
タイムリミットまであと何万年あるか知らんが、恐らく解剖学的現生人類の登場から今までよりは短いだろうな。
206  不思議な名無しさん :2017年03月29日 04:02 ID:WAa.FBt70*
優生学良いんじゃない?その結果人類が平均化されて少しでも世の中から人間同士の軋轢が無くなるなら、そっちの方が皆無駄な劣等感や失望に苛まれずに生きていきやすいじゃん。
何より種の多様性がどうとかで人類が滅びるリスクがどうとか言ってるけど、そもそも人類が滅びると誰がどういった理由で困るのよ?
207  不思議な名無しさん :2017年04月03日 21:07 ID:N0W.Ey7w0*
そりゃ、そもそも論になると人類が滅びても人類以外は誰も困らないよ、むしろその他全生物にとってはハッピーこのうえないだろう。ただ歩いてる人間全てが韓国の整形美人みたいになっちまったら嫌だよな程度の話だな。だが、格差がないと言っても結局優劣はつくだろうからその微差の中でもやはり苦悩するのは間違いないだろうよ、完全な平均なんてならんだろうしな。だいたい、そんなロボットみたいな平均人間だらけの社会が実現したら怖すぎるわ。
208  不思議な名無しさん :2017年04月04日 16:28 ID:.Qald3ya0*
ハゲ遺伝子や近眼遺伝子は排除して欲しいな。
209  不思議な名無しさん :2017年04月12日 17:24 ID:KALz4R.W0*
こういうこと言うやつってマクロな見方してて言ってるんだろうか。目先のものしか見えてなさそう
210  不思議な名無しさん :2017年04月15日 01:19 ID:kb.ZCQUy0*
ネアンデルタール人とのウン万年にわたる接触と交配によって白人がデニソワ人との交配でアジア人が生まれた事は確定したんでしょ じゃあアジアや日本人だけでこちょこちょ交配してもたいした差異なんか生まれないんじゃない?
211  不思議な名無しさん :2017年04月25日 14:11 ID:EoyedfUI0*
※208
私、ハゲ好き。だからハゲ遺伝子なくされたら困る。
でも、たしかにハゲを嫌う女性は一定数いるとは思う。
212  不思議な名無しさん :2017年05月05日 20:17 ID:fgQUKe..0*
>>1の考え方だと例えば男性なら高身長で頭脳明晰、筋肉質で容姿端麗な個体を優とするだろうけれど
女装美少年になりたいので反対~
213  不思議な名無しさん :2017年05月06日 08:24 ID:2X2qGL2.0*
なぜか性的に興奮する相手を選べばいいんじゃないか?
dnaレベルで惹かれる相手が優性遺伝子になるんじゃね?
それを無視して社会的に成功した相手をえらぶから劣性遺伝子がはびこるんでね?
214  不思議な名無しさん :2017年05月11日 15:25 ID:OUv6SQte0*
遺伝子操作より、個々の能力を最大限に引き出せる教育をするほうが有意義だと思うんだけど?
いくら優秀な遺伝子であっても環境には叶わないよ
まぁ現代は産みの親が育てるシステムだから難しいけど
215  不思議な名無しさん :2017年05月12日 07:45 ID:jBL4skTq0*
未婚者のうち上位5%であると判断された者に新たに作る街への移住を呼びかけ、先着で男女2000人ずつを選んで住まわせる
その中で生活させれば人道的な問題なしに実験することは不可能ではないだろう
216  不思議な名無しさん :2017年05月15日 22:56 ID:ZiGzF.HU0*
世の中理屈や合理性だけで成り立ってるわけじゃないやんけ

俺だったら「自分」というものが遺伝子の段階から自分と同じ人間のよって都合のいいように手を加えられて生まれた存在だなんて気持ち悪くて考えたくもないんだが、アイデンティティの形成に影響を与えたりとかしないもんかね
217  不思議な名無しさん :2017年05月23日 07:24 ID:n3AAl8bQ0*
特定の免疫しか存在しないと
その免疫の耐性もったウィルスや細菌が出てくるだろうな。
だから多様性は補完しておかないとマズイんだよな。
218  不思議な名無しさん :2017年05月25日 11:27 ID:pZQvn6sP0*
スパルタかな
219  不思議な名無しさん :2017年05月26日 23:31 ID:mYjCC9Uu0*
医療の進歩でかつては生後まもなく亡くなるような先天異常を持つ人間が生き延びて次世代を生み出していてこの数十年で劣性の因子を持った人間が増えていると思うよ
あとダウン症児を中絶しない女は子供をペット扱いみたいなレスした奴、「お前の股の間に生えているムスコは役に立たないからちょん切れ」と言われたと想像してくれ、自分の身体の一部なんだから簡単には切り捨てられないんだよ
220  不思議な名無しさん :2017年06月23日 18:38 ID:9Xn0u2760*
優生学の指標は理解出来るけど、優生学を学んだ奴の思考が理解できない
221  不思議な名無しさん :2017年07月04日 00:34 ID:YaxTPqxq0*
優秀な人間ばっかいになったら、単純労働とか誰がやるの?
ヒエラルキーは社会の維持のために必要だよ。
222  不思議な名無しさん :2017年07月06日 00:19 ID:7cuUb7Lz0*
たぶん単純労働の効率がアップするんじゃね
世の中にはとんでもなく簡単な事でもミスするやつもいるし

それはともかく,賢い奴が想像する以上に世の中には糞アホが溢れてるんだから
そういうアホが目先の流行()で遺伝子の選別を行うようになった場合どうなんの?たぶん人間は数世代で滅ぶよ
それとも政府や研究機関がガイドラインを作るの?それでも結局そいつらの望むような遺伝子が残る訳でナチスと何が違うの?
223  不思議な名無しさん :2017年07月07日 00:24 ID:wn3Yz.Md0*
世界一優秀なはずのアーリア人がユダヤ人に経済とメディアを
牛耳られているのはどう説明するおつもりで?
224  不思議な名無しさん :2017年07月07日 00:26 ID:wn3Yz.Md0*
スパルタも滅んだがな。
優生学が正しければスパルタは世界を支配していなければいけない。
225  不思議な名無しさん :2017年07月08日 23:10 ID:KZTCulPr0*
ライオンとアザラシはどっちが強いの?
226  不思議な名無しさん :2017年07月09日 07:43 ID:6WlNACsA0*
原発の時も「原発いいですよ!」って話しで,震災でああなったら,一気に反対意見が大きくなった。両方「よく理解していない」(原子力は理解してないではなく管理方法がちゃんとしてないだけど)のが原因。何か問題出たら,騒ぎ出すようなこと,特に人の命自体でそう言い出すと,後戻り出来ないから訴訟がどうのとか優生学と関係ないところで騒ぎ出すぞ。
それに現状だって優生学を自然にやってると思うけどね。種族として生き残っているのは十分優生だからじゃないのかな?
227  不思議な名無しさん :2017年07月12日 01:49 ID:XowMjdCQ0*
優生学は一見魅力的に見える
しかし多様性以外の問題もある
無能は無能なりに有能は有能なりに
社会や組織にとって害悪になり得る
優生学の問題はこれだと思う
超天才で超体力の神に等しい超人を作り
明確な格差が生まれた時に誰がどうやってそいつを制御できるのか?
しかもそいつは自身より劣ったやつに実験動物として作られ尽くさせられることを遠からず知るだろう
ニートを作る実験じゃないんだから何か困難な課題も与えられるだろう
さらなる超人創造の踏台としての使命とか…
そんな理由の憎しみや気まぐれで人類を滅
ぼされたらかなわない
超天才ならあっさりウィルスや新兵器作るかも…凡人の監視もあっさり超えるかも…
破壊は創造より遥かに容易いから同レベルの超天才では破壊を防ぎようがない
自然にやってれば後数百年くらいはやっていけた人類に数年で壊滅的な被害を与えるなんてことも考えれる…毛の無い猿をやっていた方がマシだったというパターン…このリスクは結構高いと思う
肉体や頭脳はともかく人格は環境依存が
かなり大きいので制御できるものじゃないし
更に人格の制御自体も危険思想だと思う
スペックオバケの議員も人格上の失敗をやらかす訳で…
どこまで天才になったとしてもこの世にある限り悩みや苦痛はあるためそのストレス解消として危険な方向に走り出す天才も必ず出てくるわけで…劣った奴は排除してもいいの発想で現人類はどちらにしろ早く居なくなりそう(旧人類を新人類のように強化できる可能性も微レ存、それでもナチュラル?な遺伝子改造人間には敵わんよね)
ハイリスクでも優生学的な研究は加速する一方だろう…仮にいくら反対しても衰退する理由がないし個人的に言えば特に反対でも賛成でもない
どうなるかは将来の結果でわかるさ
228  不思議な名無しさん :2017年07月14日 15:14 ID:xV1L.W3z0*
テスト
229  不思議な名無しさん :2017年07月14日 15:15 ID:xV1L.W3z0*
優生学は失敗するとはっきりわかるね。

残されるのは一部の遺伝子。
社会は多様な問題に適応できなくなる。
230  不思議な名無しさん :2017年07月19日 23:20 ID:Yc6hYGsa0*
2代目辺りで要らないと切り離した機能が必要になる自体が発生して大勢が死に、報復で周囲も含めて社会的リンチを食らうのがオチだから詐欺の才能か天才でない限り止めておいたほうが世のためにも人のためにもなるよ。長期の計画ほど歪みがでかくなるしナチの侵攻作戦みたいな失敗すると思う。
231  不思議な名無しさん :2017年07月26日 15:22 ID:gTiJagne0*
優生学について表面的な、ナチス当時ですら議論されて終わった部分を未だに語るのか……
必要な要素があるならその要素を組み込めば良い、と言うのが結論になったはずだが。生体の遺伝子をいじるのにその要素を特定する必要がある。そして「それを追求研究する為の学問」を伸ばす、試す事に忌避感があるのは何でなんだろうね。

一度特定さえしてしまえば、後はその要素を発生させるための手順を産むだけ。「その要素を持った人間・遺伝子」自体が必要なのはその時点までなんだよな……
232  不思議な名無しさん :2017年07月30日 15:53 ID:RnMwy4660*
優生学を実行したとして、優秀なひとの中から駄目な奴が出てくるだけで、最終的には一人しか残らない。はい、滅びました。で、終わるだけな気がするが・・・。そもそも、人は何に優劣をつけるかが多様である。人によっては経済、金稼ぎだけど、絵だったり音楽だったり芸術に重きをおく者もいるし、顔の良し悪しよりも、性格でみるひともいる。それこそ、サラブレッドのように、早く走ることや、動物のように、殺し合いLVで生き残ることみたく、ある程度単純化されていて、目的が明確ならばいいが、そうではないく価値観に一貫性のない人間には優生学は合っていないと個人的には思うな。
233  不思議な名無しさん :2017年08月07日 02:03 ID:OGBWPTHe0*
愛がゆく っていう漫画があるんだなあ
30年前の話なんだけど、スレ主みたいな考えの人が人類を統制しようとする

あと、実は1みたいな考えの人は普通に何世紀も前から存在してる
確か天才たちに権力を、みたいな本の中で昔のヨーロッパの人が主張している

すれ主の主張もわからないでもない
若い人のガンが早期発見で治っても、その人の遺伝子をまき散らすのはかなり危険

人類は環境を変える力を手に入れたから逆サラブレット状態で
実は今後の人類は遺伝子レベルでは劣化する一方なのは間違いないんだな
234  不思議な名無しさん :2017年08月28日 22:58 ID:jd9bCndi0*
こういう議論って、※38みたいなキチ○イが湧きやすいよな
235  不思議な名無しさん :2017年09月11日 17:09 ID:acR6ZggA0*
1のかんがえるさいきょうのじんるい

を生み出したとして、だからなんなんだ。目標はどこだ?
絶対目標は必ず必要。人類をどのように持っていきたいのか。

ここで俺から提示したい。


絶対目標:人類が末永く幸せになる事が目標

手法①:技術を発展させ、人類の多様性を推進する(現行)
手法②:劣ったDNAを排除(ナチス優生学や1のやり方)

手法②は ”劣った奴は人類という枠から人類外にして、優等生だけを人類にしてしまう。優等生ならおおよそ幸せだろう”
という方法だよね。

俺は手法①を推したいね。
236  不思議な名無しさん :2017年09月18日 20:51 ID:CmIfJ6O10*
多様性こそが真理だと思うがなぁ
237  不思議な名無しさん :2017年09月19日 18:08 ID:Vnt.GpeU0*
極めれば、お客と店って関係も無くなるねぇ
金持ちと貧乏も無くなるし、個性が無くなるのに笑える
「どんぐりの背比べとか他人と俺は違う!」とか言わせねぇよ?
238  不思議な名無しさん :2017年09月19日 22:17 ID:FWM.RQp10*
倫理的に不可能
考えるだけ無駄
239  不思議な名無しさん :2017年10月08日 12:04 ID:bjV1bS0s0*
DNA解析と遺伝子の解析をごっちゃにしてる時点でこの1は優生学的思想では排除される側の人間だぞ
240  不思議な名無しさん :2017年10月08日 21:33 ID:7nVuVwqq0*
>235の意見、自分は好き。
優生学で超人を作るとして、目指すべき超人は何だろうな?競走馬は、レースに勝てる事が目的だからレースに特化するように組み合わせる。犬は愛玩に特化して種類が増えた。
じゃあ、人間の特化したい機能って何だ?
健康な事?、長寿な事?美形な事?走るのが早い事?愛玩されること?記憶力が良いこと?喋るのが上手い事?
そんな超人作るのに100年かかり、6人以上でやっと1人しか作れないなら、ゲノム解析の方が有益だな
241  不思議な名無しさん :2017年10月18日 23:28 ID:X2MEM13D0*
トンデモ似非科学だよ
242  不思議な名無しさん :2017年10月18日 23:29 ID:X2MEM13D0*
多様性がなくなると、種族として滅亡する

 
 
上部に戻る

トップページに戻る