まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

皆で無知な俺に神話の面白い話教えてくれ

2015年08月22日:16:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 4 )

695d028f85934135b307c577a5a4f3f8



1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)18:53:32 ID:XcR
どこの神話でもいいからお願い






5: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:00:50 ID:n0X
ケルト神話には1振りで3つの丘の頂を切り落とす剣を所有してる人間がいる
ちなみにその剣はアーサー王の剣カルブリヌスと語源が同じ

7: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:03:04 ID:XcR
>>5
そんな剣があるのか 神器ってやつ?

9: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:04:59 ID:5RW
>>7
エクスカリバーの事じゃね

エクスカリバー

エクスカリバー(英語: Excalibur)は、アーサー王伝説に登場する、アーサー王が持つとされる剣。
魔法の力が宿るとされ、ブリテン島の正当な統治者の象徴とされることもある。同じくアーサー王伝説に登場し、アーサーの血筋を証明する石に刺さった剣と同じものとされることがあるが、別物とされることもある。

エクスキャリバー、エスカリボール、エクスカリボール、カリバーン、キャリバーン、コールブランド、カリブルヌス、カレトヴルッフ、カレドヴールッハなど様々な異称があるが、これらは英語、フランス語、ラテン語、ウェールズ語の発音の違いや写本の表記の揺れで生じたものであり、すべて同じ剣を指す言葉である。エクスカリバーはアーサー王伝説の初期から登場している。
wiki-エクスカリバー-より引用
関連:アーサー王の剣とは?

c45227b7

11: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:07:39 ID:XcR
>>9
エクスカリバーってアーサー王のもんだったか
名前はよく聞くけど実際どんなものかわかんねんだよね

13: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:10:05 ID:n0X
>>9
カラドボルグだぞ(ボルグには雷という意味がある)

カラドボルグ

ケルト神話に登場する魔剣(魔法剣)の一種。 英雄フェルグス・マック・ロイの愛剣で、無尽に伸縮する刃を持つ。

その名は『稲妻(硬い稲妻・稲妻の一撃)』を意味し、一説にはカリバーン(エクスカリバー)の原形ともいわれ、それに並ぶ名剣であるともされる。

登場は『クアルンゲの牛捕り』で、フェルグスがアルスターを義憤から裏切って敵軍であるコナハトに付き、「クーリーの牛争い」にて怨敵であるクルフーア王を前にした時である。
目の前にいるクルフーア王をカラドボルグで討ちとろうとするも、同じくコナハトに寝返ったクルフーア王の子息に嘆願されてこれをやめる。
その後フェルグスは、クー・フーリンとの盟約に従って戦場を去ったという。

このとき一度だけカラドボルグが魔力を発揮して振るわれるのだが、その力と言うのが刀身が一瞬にして無限に伸びるというもの。それなんて星薙の太刀?
この力でフェルグスは、フルクーア王の首の代わりにその場から見える虹の間にあった丘の頭三つをこの剣でぶった切ったというから、凄まじいリーチと切れ味である。
カラドボルグ-ピクシブ百科事典より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/カラドボルグ

fb1772fc

14: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:10:33 ID:XcR
>>13
格好いいな名前

15: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:12:34 ID:n0X
この武器で付いた傷は絶対に癒えない→傷が癒える前に殺されるから

16: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:14:10 ID:XcR
>>15
さらに格好いい
たまらんなあ

18: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:15:11 ID:bM9
お酒で酔わせてぶった切ったスサノオ

ヤマタノオロチ、頭8つに尾も8つ

高天原を追われたスサノオノミコトが出雲に降り立つと、老夫婦と美しい娘・・・・奇稲田姫(クシナダヒメ)が泣いていました。理由を聞くと、夫婦のは8人の娘がいたが、毎年ヤマタノオロチがやってきて、一人づつ食べ、今年はクシナダヒメがその犠牲に。

スサノオはヒメを妻とする約束でヤマタノオロチを退治する事になりました。
ヤマタノオロチは、一つの胴体に8つの頭、8つの尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤であり、体にはコケやヒノキ、スギが生え、8つの谷と8つの丘にまたがるほど巨大で、その腹は、いつも血でただれているという恐ろしいオロチです。

まず、8つの桶に強い酒を入れ、現れたオロチは桶にひとつづつ、頭を突っ込み、酔いつぶれたところを、スサノオは剣で切り裂いて殺しました。

切り裂いたオロチの尻尾で何かが刃先に当たり、中を裂いてみると、剣が出てきました。この剣を、スサノオは姉の天照大神にこの剣を献上したと伝えられています。太刀は今も皇室に伝わる三種の神器の一つ、「草薙の剣」とされています。
ヤマタノオロチ、頭8つに尾も8つ

500bd743

34: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:35:34 ID:XcR
>>18
策士だなあ

19: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:16:51 ID:Hrg
東南アジアやニューギニアの各地にバナナ型神話というものがある
各神話に共通して登場する重要なアイテムがバナナ。

おおまかな流れは
神が人間に石とバナナを差し出して、どっちか選べという。
人はバナナを選ぶ。
石は不変の物であり、永遠の象徴だった。
しかしバナナは子を残すと枯れる、またすぐ腐ってしまう。
よってバナナを選んでしまった人類は死ぬようになった。

これによく似たした神話が世界中にある
例えば日本神話のニニギとイワナガヒメとコノハナノサクヤビメ
創世記のエデンの園のある知恵の実と命の実
他にもたくさん

41: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:37:25 ID:XcR
>>19
なんかの果実とかは結構絡んでくるのか
バナナ選んで正解じゃないか?増えすぎるとあれだし

6: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:02:31 ID:BtW
日本神話
主神がへそ曲げて引きこもる
壮大な夫婦(兄妹)喧嘩に民草が巻き込まれて一日1000人死んで1500人生まれる
大国主、三回死ぬけど復活する
他にも見どころいっぱい

8: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:04:21 ID:XcR
>>6
イザナギとイザナミ?だったか
前本で読んで怖かった思い出

国生み

天と地が初めて現れ、天の高い所にある高天原に神々が生まれた時、まだ地上の大地はできあがっていませんでした。やがて高天原に生まれた男神のイザナキと女神のイザナミは、地上に降りて結婚し、国を生みました。最初に淡路島、次に四国、そして隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、最後に本州を生みました。この八つの島を大八島国といいます。その後、大小の小さな島々を生み、風の神、木の神、山の神など多くの神を生みました。
国生み-神話博しまねより引用
関連:【意外と知らない】日本の神話【わかりやすい】

e17917a6

10: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:07:23 ID:Xik
ナギ「お?なんか出っ張ってるわ」
ナミ「せやね」
ナギ「おまえ凹んどるな」
ナミ「せやね」
ナギ「なら俺の出っ張りをおまえに突っ込んで子作りしよかw」←用途は知ってるようだ

12: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:08:19 ID:XcR
>>10
面白いw本能か

20: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:19:47 ID:Xik
ナミ「子供産まれたよー」
ナギ「は?なんやこの化け物は?ノーカンノーカン」カワニホウリュウ
ナギ「ヤる時オマエから誘ったやろ?それがあかんかったわ」
ナミ「うん。次は我慢する」

42: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:38:06 ID:XcR
>>20
なにが生まれたの?かぐつち?

46: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:39:52 ID:Hrg
>>42
ひるこでしょ

他の神話でも第一子は不具の子ってのは結構あるらしい

ヒルコ

ヒルコ(水蛭子、蛭子神、蛭子命)は、日本神話に登場する神。蛭児とも[1]。

『古事記』において国産みの際、イザナギ(伊耶那岐命)とイザナミ(伊耶那美命)との間に生まれた最初の神。しかし、子作りの際に女神であるイザナミから先に男神のイザナギに声をかけた事が原因で不具の子に生まれたため、葦の舟に入れられオノゴロ島から流されてしまう。次に生まれたアハシマと共に、二神の子の数には入れないと記されている。棄てられた理由について『古事記』ではイザナギ・イザナミ二神の言葉として「わが生める子良くあらず」とあるのみで、どういった子であったかは不明[2]。後世の解釈では、水蛭子とあることから水蛭のように手足が異形であったのではないかという推測を生んだ[2]。あるいは、胞状奇胎と呼ばれる形を成さない胎児のことではないかとする医学者もある[3]。
wiki-ヒルコ-より引用
関連:古事記で記載のあるヒルコとは、いったいどんな人物か知りたいです。

50: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:43:23 ID:Xik
>>46
ひるこは最初に川に流した奴な
かぐつちは最後でその前に何人も産まれてるよ

24: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:23:47 ID:Xik
ナギ「ナミに会いたい…よしゃ会いに行くわ」
ナミ「はろー」
ナギ「は?何この化け物?もう知らんわ」
ナミ「ちくしょーーーーーーー!」

イザナミを追って、イザナキ地の底へ

イザナミを失ったイザナキは、あきらめきれずに、ただただ会いたい一心でイザナミのいる “黄泉(よみ)の国”へと出かけていきました。
「イザナミ…イザナミ、私のイザナミはどこにいる?」
イザナキはいっしょうけんめいにイザナミをさがしました。
そして、イザナミをようやく見つけると、こう言いました。
「いとしいイザナミよ。まだ国づくりは終わっていません。さあ、一緒に帰りましょう」
すると、イザナミは答えました。
「私は、黄泉の国の食べ物を口にしてしまったので、帰ることができなくなってしまいました。でも、あなたが、こうしてわざわざ迎(むか)えにきてくれたので、この国の神に相談してみます。その間、決して私の姿を見ないでください」
イザナキは長い時間イザナミが出てくるのを待っていました。
しかし、いくら待っても出てきません。イザナキはとうとうがまんできずにイザナミのいる御殿(ごてん)に入り、中をのぞいてしまいました。
そこでイザナキが見たものは…あまりにも変わり果てたイザナミの姿でした。
顔や体中にウジ虫がはいまわり、体のあちこちには、それはそれは恐(おそ)ろしい姿をした化け物たちがうごめいていたのです。
すっかり恐ろしくなったイザナキは、いちもくさんに逃げ出しました。
イザナミを追って、イザナキ地の底へ-ひむか神話街道より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/イザナミ

09dc981b

47: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:41:34 ID:XcR
>>24
これはしょうがない気がしなくもない

27: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:24:58 ID:Xik
ナギ「あーやばかったわ顔洗お」
アマ「はろー」
ツク「はろー」
スサ「うす」

みそぎの地は日向の地

ようやく黄泉の国から戻ることができたイザナキは、イザナミに会いにいったことをとても後悔(こうかい)していました。
「黄泉の国で、私の体は大変けがれてしまった。きれいに洗い清めなければ」

こういうと、イザナキは“筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の阿波岐原(あわぎがはら)”に出かけ、そこで“みそぎ”をすることに決めました。

裸になったイザナキは、チャポン…チャポンときれいな水の中へと入っていくと、中に潜(もぐ)って体を洗いはじめました。
体がすっかりきれいになったイザナキが、最後に顔を洗ったときのことです。

左の目を洗うとアマテラス。右の目を洗うとツクヨミ。そして鼻を洗うとスサノオが生まれました。
みそぎの地は日向の地-ひむか神話街道より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/ツクヨミ

52: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:44:38 ID:XcR
>>27
神様の生まれ方ほんとすげえな

28: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:27:44 ID:Xik
スサ「やっべ母ちゃんに会いたいわ」←ナギ一人で産みました
アマ「我慢しろニート」
スサ「なんやて」ウンコブリー
アマ「いやぁぁぁぁぁぁ!もう引きこもるうーーーぅ」

スサノオ

スサノオはイザナギに海を治めるように命じられますが、髭が生える様な大人になっても、母イザナミに会いたいと駄々をこねます(実際にはイザナギが一人で生んだのですが…)。
スサノオの力は凄まじく、泣きわめき駄々をこねると、山々がうねり、海はあれ、疫病が蔓延しました。あまりに駄々をこねるのでイザナギは怒って、海の統治者を解任。スサノオは黄泉の国へと行くことを決心します。
最後に姉のアマテラスにあいさつに行こうと高天原へと向かうと、高天原は荒れました。アマテラスはスサノオが高天原を占領しようと来たと想い、臨戦態勢を取りました。スサノオは誤解を解こうと、誓約を提案します。誓約とは身の潔白を証明するギャンブルのようなもの。互いの持ち物を交換して、そこから神を生み、スサノオが男神を生んだら賭けは勝ちということになり、見事スサノオは誓約に勝利し、無実を証明します。

するとスサノオは突然、乱暴狼藉を働き始めます。
神殿でウンコをまきちらし、アマテラスの田の畦(アゼ)を壊し、赤馬の皮をむいて織物小屋に投げ込んで、そのショックで織女が死んでしまいます。最初は多めに見ていたアマテラスでしたが、織女が死んだ際にはついにブチ切れ、天の岩戸に隠れてしまいます。
スサノオ-日本神話・神社まとめより引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/高天原

52: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:44:38 ID:XcR
>>28
ウンコぶっかけたのか 引きこもってもしゃあない

31: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:30:24 ID:Xik
カネ「アマが引きこもったら夜になったお…宴会やるぜ!」
ウズ「わたし脱ぐー」
カネ「おっしアマ出てこんように押さえとけ」
タヂ「まかせろw」

54: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:47:14 ID:XcR
>>31
この場に居合わせたかった

35: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:35:36 ID:Xik
アマ「ちょ裸見せぃ!開かない?なんで?」
ウズ「くぱぁ」
カネ「うひょーwwwwwww」
タヂ「ぐは」ハナヂブー

60: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:54:00 ID:XcR
>>35
アマさまは女性の裸体にも興味がおありで?

64: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:58:43 ID:Xik
>>60
楽しげにしてても出て来なくて
カネが機転利かせて急に静かにしたらアマが「どしたん?」聞いて来て
カネが「偉い人キター」言ったら挨拶しに出て来たなんて説もある

74: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:08:40 ID:XcR
>>64
女の裸体で出てくるよかこっちのが威厳ある気がする
まあウンコぶっかけられて引きこもってる時点で

40: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:37:22 ID:Xik
アマ「お、開いたw」
カネ「ちっ…出て来たからお開きな」
ウズ「おつかれ~」
アマ「え?え?え?」

61: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:55:25 ID:XcR
>>40
かわいそう

68: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:02:54 ID:Xik
ちなみに>>31>>35>>40は嘘だ
カネの提案でウズが裸踊りしてたら覗こうと開けた隙にタヂが馬鹿力で岩戸こじ開けたのが通説

暴れ神スサノオに困り果てたアマテラス

日の神アマテラスが隠(かく)れてしまったから大変です。高天原(たかまがはら)はあっという間にまっ暗やみになり、神々がザワザワと騒(さわ)ぎ始め、悪いことが次から次へと起こり始めました。
困(こま)った神さまたちは“天の安河原(あまのやすかわら)”に集まり相談をはじめました。すると知恵の神オモイカネがアマテラスを岩屋から引き出す作戦をたてました。

「まず、アマテラスに夜が明けたと思わせるために、ニワトリを集めていっせいに鳴かせましょう。それから、アメノウズメは岩屋の前でおもしろおかしく踊(おど)って、ほかの神々はそれをはやし立てるのです。外の様子をふしぎに思ったアマテラスが、岩屋の戸を少しでも開けたときに、タヂカラオはアマテラスを外に引っぱり出すのです」

さっそく、ニワトリが集められ、アメノウズメは踊るしたくをととのえました。力の神さまタヂカラオはこっそりと岩屋の戸のわきに隠れました。いよいよアマテラスを天の岩屋から呼び戻す作戦が始まりました。
暴れ神スサノオに困り果てたアマテラス-ひむか神話街道より引

74: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:08:40 ID:XcR
>>68
通説はそれなのか
筋肉は大事だねえ

25: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:23:57 ID:rBH
日本神話は主に大和朝廷のものなんだけど、それ以外の失われた氏族の神話もあるという
巨大な蛇の神話が日本のどこかにあるらしい

32: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:33:59 ID:Hrg
>>25
他の地域にもそういうのがあるかもって考えるとワクワクするよな
ギリシャ神話のタイタン族とかそれっぽいし

57: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:49:06 ID:XcR
>>32
分かる夢が広がる

33: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:34:53 ID:AYf
オリオン「うおー!サソリぶっ殺す」

サソリ「負けるか死ね」

カニ「~♪」トコトコ

グシャ

カニ「」

オリオン「あっ、踏んじゃった」

神々「カニかわいそうカニ」

かに座誕生

37: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:36:02 ID:AYf
>>33
ごめん、ヘラクレスだった

かに座

ゼウスの子勇者ヘラクレス(ヘルクレス座)は、誤って自分の子を殺した罪を償うため、12の冒険を行うことになった。そのうちの1つがヒュドラ(うみへび座)の退治である。
化け蟹カルキノスは、最初はヘラクレスとヒュドラの戦いを見ていた。次第に同じ沼に住んでいる友人であり異父兄弟でもあるヒュドラが形勢不利になったため、飛び出してヘラクレスの足を挟んだ。しかし、ヘラクレスは振り払い踏みつぶした。一部始終を見ていた女神ヘラは、兄弟思いのカルキノスを哀れに思って、天に上げて星にした[1][2]。

なお、別のパターンとして以下のような説もある。ゼウスの妻である女神ヘーラーは、ゼウスの愛人の子であるヘラクレスを快く思っておらず、巨大な化け蟹を使いに出した。化け蟹ははさみでヘラクレスの脚を切ろうとした。しかし、ヒュドラとの格闘中のヘラクレスは、全く気付かずに化け蟹を踏み潰して殺した。しかし、この捨て身の勇気を認められ化け蟹は天に昇りかに座となった[2]。
wiki-かに座-より引用
関連:超シュールで切ない蟹座の神話-星座の神話より引用

73a47db4

60: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:54:00 ID:XcR
>>37
ヘラクレスだったかありがとう

38: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:36:44 ID:Hrg
>>33
なおオリオンさんサソリに負けて星になってもビビって逃げ回る模様

39: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:37:20 ID:AYf
>>38
彼女に殺されたり散々だよな

61: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:55:25 ID:XcR
>>39
耐えられねえ…

43: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:38:50 ID:chQ
聖☆おにいさんでも読んどけ

聖☆おにいさん

『聖☆おにいさん』(セイントおにいさん)[注 1]は、中村光による日本の漫画作品。

ブッダとイエスが、下界のバカンスを満喫しようと、日本の東京都立川の安アパート(風呂なし・ペット禁止)の一室で「聖」(せい)という名字で暮らすという設定で描かれる日常コメディ。

本作ではキリスト教と仏教をはじめ、オリンポス神や神道、ヒンドゥー教などの民族宗教や、地域信仰をふくむ様々な神々が会話の中などで登場しており、古典宗教が全て実在していたという世界観となっているものと考えられる。ただし、現在までの所、世界三大宗教の一角を占めるイスラム教は言及すらされていない。
ブッダやイエスを代表に、各宗教の逸話や設定が、俗説や後世の創作物を含めて、ギャグとしてアレンジされつつ豊富に引用されているのが特徴。
wiki-聖☆おにいさん-より引用
関連:聖 おにいさん 1巻【電子書籍のソク読み】豊富な無料試し読み

f11080b0


62: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:57:13 ID:XcR
>>43
読んでみるわ

49: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:43:06 ID:n0X
大焦熱地獄の炎は豆粒ほどの大きさでも地上全てを焼き尽くせると言われている

65: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:00:16 ID:XcR
>>49
えっ怖っ…

51: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:43:45 ID:AYf
神々「うたげじゃーwwwww」ワイワイ

怪物「お、おでもながまにいれでおぐれよーwww」

神々「いやあああああああああ!!!怪物がいるううううううううう!!!」

パン「そうだ!魚になって逃げよう!」バシャ

パン「あっ、あわてて魚になったので上半身はヤギのままだ!」

やぎ座誕生

やぎ座

やぎ座(山羊座、Capricornus, Capricorn)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

神話
古代メソポタミア
上半身は牡(または若い)ヤギで、下半身はコイのエンキであるとされる[2]。

ギリシア神話
『カタステリスモイ』が引くエピメニデスの説では、アイギパーンが神々とともにティーターンと戦った際に、貝殻をホラガイのごとく吹き鳴らしたところ、ティーターンたちはその轟音にパニックを起こして潰走した。そのため、ゼウスがその戦功を嘉して星座とした。下半身が魚であるのは、魚と化して海に潜り、貝殻を手に入れた際の姿であるという。
しかし一般の説では、神々がナイル川沿いで宴会を開いていたところ、突然、怪物テューポーンが現れ、驚いた神々は動物に姿を変えて逃げた[1]。ヤギ頭の牧神アイギパーンはナイル川に飛び込んだところ下半身だけが魚になり、その姿が大神ゼウスによって星座とされた[1]。この神話から、ヨーロッパでは、角のある海ヤギという想像上の動物とされることが多い。
wiki-やぎ座-より引用
関連:これはひどい!神々に笑われたやぎ座の由来

493c2e2d

65: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:00:16 ID:XcR
>>51
普通に笑ったわ 下半身魚の山羊て

55: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:48:02 ID:AYf
エロス「ママ-今日ねー沢山カップル作ったよー」

アフロ「まあいい子ねさすがママの子だわ」キャッキャッ

怪物「あははーwwwwおでとあそぶじょーwwwwあははーwwww」

エロス「ママ怖い!」

アフロ「魚になって逃げましょ!」

アフロ「離れないようにしっぽをひもで結びましょ」ギュッ

うお座誕生

うお座

うお座(魚座、Pisces)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

神話
うお座は古代メソポタミア文明に由来する星座と考えられ、はっきりしたギリシア神話がない。
通例、リボンで結ばれた2匹の魚として描かれる(初期は人魚とツバメ、魚とツバメなどとする図画もあった)。
そのため、ラテン語や英語などの名称は複数形である。なお、アラビア語名では al-Samakatān (アッ゠サマカターン)といい双数形をとっている。現代中国名(中文名)の双魚座も、双数形ではないが双数表現といえるであろう。
2匹の魚とそれから伸びる紐は、チグリス川とユーフラテス川をあらわし、紐が魚繋がっているのは2本の川が合流することを表している。2匹の魚の間にあるペガススの大四辺形は、2本の川の間にあるバビロンまたは農地を表している[1]。

ギリシア神話では、美の女神アプロディテとその子エロスがエリダヌス川(エリダヌス座)のそばを歩いていたところ、突然、怪物テュポンが現れ、驚いた2人は魚の形になって逃げた[2]。2人ははぐれないようひもをつけて逃げた、という神話がある[2]。ただし、ほとんど同じ神話が、みなみのうお座にもある[2]。
wiki-うお座-より引用
関連:うお座の神話

e7376c8d-s

67: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:02:34 ID:XcR
>>55
感動した

63: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)19:57:54 ID:n0X
古代人「絶対に敵に命中する武器って最強じゃね?」

現代人「ミサイル強すぎワロタ」

72: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:04:55 ID:XcR
>>63
ゲイボルグ?

ゲイ・ボルグ

ゲイ・ボルグ(Gae Bolg)は、ケルト神話に登場する槍。ゲイ・ボルガ(Gae Bolga)、ゲイ・ブルグ(Gae Bulg)、ゲイ・ブルガ(Gae Bulga)ともいい、「Gae」は「ガエ」とも転写される。

2頭の海獣「Coinchenn」と「Curruid」が争い、敗れた方の骨をつかってボルグ・マク・ブアインがこの槍を作り上げた。その後、影の国の女王スカアハによって若きクー・フーリンに授けられる。

ゲイ・ボルグは銛のような形状をしており、投げれば30の鏃となって降り注ぎ、突けば30の棘となって破裂する。そのためこの武器を紹介するときに銃の項目でなされることもある。クー・フーリンは足を使ってこの槍を投擲したと言われており、ゲイ・ボルグを槍の名ではなくこの投擲法の名とする説もある。ゲイ・ボルグは怪力無双のクー・フーリンにしか扱えないほど重いとされる話もあるが、他の人物が手に持つことがあり、重量に関する逸話は後世の彩飾の可能性が高い。
投げた場合の能力は前述の他に、敵軍に残らず刺さる、敵を逃さず命中する、稲妻のような速さで敵をまとめて貫くなどがある。突き刺した場合の能力はより多岐に渡り、敵の全身の細胞へ毒を残す、全身の内臓と血管の隙間に大釘を残す、どんな防具も貫通する、奇妙な軌道で突き刺さる、無数に枝分かれして刺さる、この槍でつけた傷は直らない、刺された者は必ず死ぬなどがある。その能力の通り、ゲイ・ボルグで刺された相手は必ず一撃で致命傷を負っている。どちらの能力も、通常の武器にあるまじき破裂を基本としている。このためかは不明だが、クー・フーリンが通常の戦闘において振るう武器は光の剣クルージーン・カサド・ヒャンやありふれた投擲物であり、ゲイ・ボルグを用いることは少なく、同格の敵との決闘でも最後の最後に用いるのみである。
wiki-ゲイ・ボルグ-より引用


66: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:01:25 ID:AYf
カシオペア「私の娘は世界一美人wwwwwざまああああああああ」

ポセイドン「うぜぇから娘いけにえにするわ」

アンドロメダ「いやああああ!!いけにえなんていやああああ!!」

怪物「あはーwwww彼女だじょーwwww食べちゃうじょwwww」

ヘラクレス「メデューサ倒して疲れたわ」ヒュー

ヘラクレス「あっ、女の子ピンチ!必殺メデューサビーム」ズビビビ

怪物「ギャーやられた」ブクブク

アンドロメダ「ありがとうマジ愛してる」ブチュー

ヘラクレス「やったぜ。」

69: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:03:12 ID:n0X
>>66
それペルセウス……

ペルセウス

ペルセウス(古希: Περσεύς, Perseus)は、ギリシア神話に登場する英雄である。英語読みでパーシアスとも呼称する。
ペルセウスはゼウスの血を引く半神であり、魔術的な武具を駆使してメドゥーサ殺しを成し遂げ、その後も多くの困難を乗り越えた。また彼はミュケーナイ王家の創始者となった。死後は星座になったとも言われる。

アンドロメダーとの結婚
メドゥーサの首を袋に入れて飛行中のペルセウスは、母カッシオペイアのために海神ポセイドーンの怒りを買い、生贄とされかけていたエチオピアの王女アンドロメダーを見つけた。ペルセウスは彼女の父ケーペウスにアンドロメダーと結婚する許可を得ると、海の怪獣と戦って倒し、アンドロメダーを救った。ところがアンドロメダにはもともとピーネウスという婚約者がおり、仲間を率いて婚礼の宴に現れ、ペルセウスを亡き者にしようとした。宴は戦争のような混乱に包まれたが、ペルセウスはピーネウスら一党にメドゥーサの首を見せて石と化した[7]。
アンドロメダーと結婚したペルセウスはセリーポス島に戻ると、ポリュデクテースに約束の首をつきつけて石にし、祭壇に逃れていた母とディクテュスを助け出した。そして恩義あるディクテュスを新たな王に就けた[8]。
wiki-ペルセウス-より引用
関連:ペルセウスとアンドロメダ;助けた王子・助けられた姫。

70: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:04:01 ID:AYf
>>69
ごめんヘラクレス見てたから混同したわ

75: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:10:56 ID:XcR
>>70
ペルセウスか イケメンぽい名前だ

71: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:04:10 ID:HCv
キリスト「自分らの利益のためなら多少の犠牲はね」

75: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:10:56 ID:XcR
>>71
しょうがないね

73: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:05:42 ID:Hrg
黙示録にはメテオストライク使える奴が登場する

75: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:10:56 ID:XcR
>>73
強い(確信)

76: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:12:34 ID:Hrg
キリスト「ほーん46年かけて建てた教会?ぶっ壊せ!俺が3日で立て直してやんよ!!」

78: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:13:59 ID:XcR
>>76
頼もしいさすが神の子
で、できたの?

80: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:16:11 ID:Hrg
>>78
いや、結局壊さなかった
なお新しい教会ってのがキリスト本人とかいうナルシスト一休さんな答えを用意してた模様

81: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:20:14 ID:XcR
>>80
神の子は言うことが違うな
ちょっと思ってたのとちがくて面白い

77: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:12:54 ID:yGc
イザナギ、イザナミ以外の日本建国前神々「建国よろ!じゃね~」
イザナギ、ナミ「しゃねぇ、建国すっか」

82: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:24:38 ID:yGc
神話って他国のもの同士で似たりよったりなのって結構あるよね

83: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:26:56 ID:Hrg
>>82
日食とか大水とかならまだ分かるんだけど
なんでこんなのが?ってのが似てたりするのがまた面白いし不思議だよな

84: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:28:25 ID:XcR
>>83
さっきのハイヌウェレ型神話とかか
(それしかわかんない)

86: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:32:48 ID:ktI
>>84
冥界のもの食べちゃったから地上にもどれないとか

88: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:33:43 ID:XcR
>>86
確かにそれはけっこうあるかも
ハデスだのなんだのか

89: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:35:43 ID:ktI
>>88
そうそう
食べたのはペルセポネーだけど
イザナミもそうだし

91: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:39:35 ID:XcR
>>89
ググったらあったわイザナミも冥界のものくっちゃったから
帰れなかったのか

85: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:32:04 ID:AYf
アルテミス「オリオン愛してる」チュッチュ

オリオン「私もさアルテミス、お前は美しい」チュッチュ

アポロン「ぐぬぬ、あんな乱暴者と結婚は許せん」

アポロン「アルテミス、あの海で光るアレを射止められるか?」

アルテミス「余裕ですわお兄様」ビュッ

オリオン「ぐえ」バシャ

アルテミス「いやあああああああああああああああああ」

アルテミス

この自分の言葉にも耳を貸さなくなるほどに彼女の心を占めてしまった憎き男に対して、彼は今全身が燃えるほどの嫉妬を覚えたのです。
(おのれ、ただではすまさないぞ……今に見てろ、オリオンめ!)

  ――それから数日後。
  アポロンは何事もなかったように、アルテミスを弓比べに誘いました。面白い的を見つけたというのです。
「沖の彼方にちょこんと突き出た小さな岩なんだ。いくら弓の名手のおまえでも、あれは射抜けないだろうよ」
「どれ? ……まあ、馬鹿にしないで。あれくらい朝飯前よ」
  アルテミスはさっと黄金の弓に矢をつがえ、弦を引き絞りました。点にしか見えないほど遠い標的にぴたりと狙いを定めた刹那、バシュッ!という弦音と一条の光跡を残して矢は空を裂き、あやまたず命中しました。
「ほらね! どう?」
  波間に沈んでいく標的を指さして勝ち誇るアルテミスに、アポロンは実に満足げな極上の笑みを返しました。 「いやあ、侮って悪かった。見事だよ。さすがは俺の姉上様だ」
  俺の……ね、という低い呟きは女神の耳に届かぬまま消えていきました。

  その後、頭を黄金の矢で射抜かれたオリオンの遺体が浜辺に打ち上げられ、アルテミスは悲嘆のどん底に突き落とされます。海を渡っていた彼の頭を岩だと偽ってけしかけたアポロンの卑劣さにも、それを鵜呑みにして矢を放った自分の迂闊さにも腹が立ちますが、神の手で消された生命はもう戻りません。せめて彼の姿をこれからも見続けることができるようにと、女神はゼウスに頼んで恋人を天に引き上げ、星座にしてもらいました。これが冬空の王者オリオン座です。
アルテミス
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/オリオン座

9bb4e767

87: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:32:55 ID:XcR
>>85
アポロンhideeeeeeeee!

92: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:40:02 ID:Hrg
見ちゃダメって言われたら大抵見ちゃうしね
昔は「見る」って行為になにか呪術的な意味があったのかね

95: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:45:45 ID:XcR
>>92
決まりは守れみたいな教訓もあったかもしれぬ

97: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:52:17 ID:ktI
>>95
「こっちの宗教に入れよ」

「いや俺元々いる神様信じてるし」

「実はその神様、うちの神様の別の姿なんやで」

「まじかそっちの神様sugeeeeeee!んじゃ今までの神様信仰してるのと同じやな」

「せやな」ニヤリ

っていう
仏教とかヒンドゥー経とかでよくある
あと他の宗教の神だったけど、こっちの神が倒したからこっちの宗教の素晴らしさに気付いてこっちに入ったよ!とか

98: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:54:17 ID:XcR
>>97
宗教の世界も大変になんだなあ 策士

93: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:40:45 ID:yGc
世界各地で火を使い始めた時期が被っていたり神話が被っていたり世界はよくわからんよな

94: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:43:13 ID:ktI
>>93
神話は土着神だったりを吸収してるせいもあるかもね
火を使い始めた時期被ってたのは知らんかった

95: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:45:45 ID:XcR
>>94
土着神はまあわからんでもないけど
火を使い始める時期が被るってのはすごいな

神か…

96: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:46:03 ID:AYf
ゼウス「女ばかり飽きたわ、たまには男だよな♂」

ガニメデ「~♪」スタスタ

ゼウス「ウホッ!いい男♂」

ゼウス「ワシになってさらっちゃえ♪(てへぺろ」

ガニメデ「いやあああああああママああああああパパあああああああたすけてえええええええええええええええ」

ゼウス「これから俺のしもべだ♂」

ワシ座とみずがめ座の誕生

なるがままの美少年 水瓶座の話

オリュンポス山に住む神々だちは、毎晩のように宴会を行っていました。
酒をお酌する給仕としてヘベという美しい女性が勤めていましたが、ヘラクレスと結婚することになったため、オリュンボスから離れることになりました。

神々の王であるゼウスはヘベに変わる給仕を探すため、下界を飛び回って探していました。ヘベはとても美しい娘だったので、次の給仕も美しい人がよいと思っていました。
そしてついて、都市トロイの王子であるガニメデスを見つけました。ガニメデスは男の子でしたが、身体が金に輝くほど美しい美少年でした。

ゼウスは大鷲の姿に変身し、ガニメデスの首元をくちばしでつかむと、そのまま大空へ連れ去っていきました。
驚いたガニメデスにゼウスはこう言いました。「心配するな、私はゼウスだ。あなたがとても美しいので、神々の住むオリュンポス山で給仕の仕事をしてくれないか?」と。そして「もし給仕をやってくれるなら永遠の若さと命を与える」とも言いました。
なるがままの美少年 水瓶座の話-星座の神話より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/みずがめ座

79b9bff2-s

98: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:54:17 ID:XcR
>>96
ゼウス…ゼウス…!

112: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:23:31 ID:AYf
ヘラクレス「弓かっけーwwwこんなん余裕で撃てるわえええ」ビュッ

ケイロン「ぐわあああ!!!」

ヘラクレス「ん?間違ったかな?」

ゼウス「何やってんだ!バカ息子」

ヘラクレス「ごめんなケイロン、まじごめん」

ケイロン「ぜ、ゼウス…俺は不死身だ、止めを刺してくれ…お前なら俺を殺せる」

ゼウス「おk兄弟」

いて座の誕生

とばっちりのケイロン 射手座の神話

上半身が人間、下半身が馬であるケンタウロス族には、ケイロンという弓の名手がいました。
ケイロンは弓の神アポロンと月の女神アルテミスから、音楽や弓の技術、医療などさまざまな、技術を授けられました。
ケイロンはこの技術を広めようと、若者たちに教育していました。その生徒の中に人間のヘラクレスもいました。

ヘラクレスは他のケンタウロス族に交じってケイロンの指導を受けていましたが、ある日、ヘラクレスと他の生徒との間で喧嘩が起き、ヘラクレスが弓を無作為に撃っていました。
ケイロンはそれを止めに入ろうとしたところ、ヘラクレスの矢がケイロンに当たってしまいました。

なんと、ヘラクレスの矢にはヒドラの猛毒が塗ってありました。通常なら毒を受ければ即死ですが、ケイロンは神々の王ゼウスの父クロノスの子だったので、不死身でした。
ケイロンは死ぬことができないので、永遠にヒドラの猛毒により苦しみ続けなければなりません。もだえるケイロンを見てヘラクレスはどうするこもできず、ゼウスにケイロンを安楽死させるよう懇願しました。
とばっちりのケイロン 射手座の神話-星座の神話より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/いて座

8faa007c

115: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:33:01 ID:XcR
>>112
友情!

99: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)20:58:29 ID:AYf
神々「ぐぬぬ、このままでは負けてしまう」

カーリー「任せろ」

敵「ぎゃあ」

カーリー「闘いに勝ったあああああああああああああwwwwwwwwwwうぇひひwwwww」

神々「闘いに勝ったはいいが、このままでは世界が滅びる」

カーリー「うぇひひwwwww」ドスンドスン

神々「シヴァなんとかしてくれ、お前の女房だろ」

シヴァ「うい」

シヴァ「喜んで踊るのはこの私の腹の上にしておくれハニー」

カーリー「やだダーリン私としたことがおほほ」

パールヴァティーこええ

カーリー

ある時、戦いの女神ドゥルガーに挑んできた無謀な悪魔がいた。
ドゥルガーは悪魔に腹をたてて、その怒りからもう一つの女神を生み出した。
それがカーリー様。

「あんた、あたしの代わりにあいつ殺しておいで!(激怒)」

戦いの女神から生まれたカーリーは、ドゥルガーの残酷さや強さを凝縮した女神だった。彼女は強すぎて無邪気なので、殺すことが楽しくて仕方ないんだな。
血に飢え、悪魔を殺した後もその殺戮をやめずに延々周りの奴を殺し続けた。
生首をつないでネックレスにして遊んだり。血を飲み干したり。
腰巻は、切り取った腕をつないだものだ。怖いよママン。。
カーリーの暴走は止まらないが、 あんまり強すぎるからほかの神様も打つ手無し。

「なんとかしてくれよ、あんたの奥さん大変だよぅ」
神様たちに泣きつかれたシヴァは、「わかった、私が止めよう」 とカーリーの前にでていった。 何をするかとおもったら、いきなり彼女の足下に横たわった。

夫を踏みつけたカーリーは、ようやく我に返った。
「あ、ごめん」ってぺろって舌をだしたんだそうだ。めでたしめでたし。
カーリー-天竺奇譚より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/カーリー

7355847e

100: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:00:07 ID:ktI
>>99
てへぺろ忘れてるうううううう

101: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:03:16 ID:XcR
>>100
てへぺろおおおおおおおおお

103: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:05:56 ID:ktI
>>101
やだダーリンのところでてへぺろしてるから、カーリーは舌出してるって聞いた
…もしかして最古のてへぺろ…?!

105: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:10:18 ID:XcR
>>103
…最古の…てへぺろ…?
古代から廃れないてへぺろsugeeeeee

102: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:05:45 ID:yGc
カーリーって人の生首とかを腰にぶら下げてる絵と美人の絵がのこってるんだっけ?

105: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:10:18 ID:XcR
>>102
怖いけど見てみたい気もする

104: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:09:56 ID:AYf
パール「私とダーリンには子供いないから、垢で子供つくりましょ」

ガネーシャ「おぎゃー」

パール「まあかわいい、じゃあお風呂に入ってきますから、見張っててねベイビーちゃん」

ガネーシャ「おkママ」

シヴァ「ただいまー、ハニー!」

ガネーシャ「ここは通さん」

シヴァ「は?何このクソガキ死ね」クビスパー

パール「ダーリン私たちの子になんてことを!ひどいわひどいわ」ヨヨヨ

シヴァ「ごめんよ、今探すから泣かないでおくれハニー」

シヴァ「みつかんねぇ、どうしよう」

ぞう「ぱおー」

シヴァ「しめた!」スパッ

ぞう「」

シヴァ「これでいいかいハニー」

インド神話 ガネーシャ誕生のお話

パールヴァティ「あぬぁたぁぁぁ」
シヴァ「お…おまえ…どうしたんだい?」
パールヴァティ「よくも私たちの子供を殺したわね。」
シヴァ「子供?誰の子供だって?誰のことだい?」
パールヴァティ「あんたがさっき首を斬ったあの子のことよ。」

一同絶句です。
怒ったパールヴァティの怖さは全ての神が知っています。
怒り心頭のパールヴァティは怪物を生み出してシヴァにけしかけようとしました。
怪物を天界に持ち込まれては他の神々もたまったもんではありません。
壮絶な夫婦喧嘩です。
遠巻きに様子を見ていたブラフマを見つけた神様達は、なんとか仲裁に入ってくれるようブラフマに頼みました。
しぶしぶ重い腰をあげ、恐る恐る間に入ったブラフマは言いました。

ブラフマ「まぁまぁ奥さん。…ここは老い先短い年寄りの顔に免じて、なんとか赦してもらえんもんじゃろか。」
パールヴァティ「どきなさい!!」
ブラフマ「ひいいっっ!!」
パールヴァティ「あの子を生き返らせない限り絶っっ対に赦さないわよ!!」

神々は慌てて四方に散らばり少年の頭を探すのですが、どこかに飛んで行ってしまい二度と見つけ出すことは出来ませんでした。
首がなければ生き返らせることは出来ません。
そこでブラフマが一計を案じました。

ブラフマ「シヴァよ。今から北に向かって進み、最初に出会った動物の首を持ってくるのじゃ。」

言われた通り、シヴァが北に向かうとまず最初に出会ったのが象でした。
シヴァがブラフマに象の頭を渡すと、ブラフマはそれを少年の身体にのせてくっつけてしまいました。

ブラフマ「ど、どうかな奥さん…」
パールヴァティ「…何よコレ!!」
一同「ひいいっっ!!」
パールヴァティ「…可愛いじゃない!!」

こうして身体が少年、頭が大きな象のガネーシャが誕生したのでした。
インド神話 ガネーシャ誕生のお話-よーさんのアセンションサポート☆ヨガ ブログより引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/ガネーシャ

cbaf2c01

106: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:11:27 ID:XcR
>>104
なんで垢でつくろうとしたんだよ…なんでよりにもよって垢で…!

107: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:16:03 ID:yGc
神話とかって何度も何度も洪水起こして人とか殺してるけどそれらも合わせて考えれたりして

113: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:23:49 ID:XcR
>>107
洪水はね 神さまが起こしてるから ね

108: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:16:26 ID:ktI
信仰吸収のわかりやすい例だと
サラスヴァティー(ヒンドゥー)=弁財天(仏教)=市杵嶋姫命(神道)
とかね

113: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:23:49 ID:XcR
>>108
別に宗教やってねえけど吸収されてなくなっちゃうのは
なんだかなあ

114: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:28:11 ID:ktI
>>113
吸収というか取り込みはされたけど、なくなってはないのがまた面白くない?
ヒンドゥーはヒンドゥーで続いてるし、仏教も神道も
すっごい狭い範囲にいた土着神とかはわからんけどね
ある意味異教の神だから悪魔的扱い受けてたりするし

洪水の話はアレだ、各地で洪水神話あるの面白いねってこと

117: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:35:14 ID:XcR
>>114
そうかんがえるとたしかに面白いな
洪水は理解力足らずだわw

110: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:22:02 ID:C4j
オオヤマツミ「俺の娘二人ともお前にやるから可愛がってやれよ」

ニニギ「イエスイエスイエーース姉妹丼ktkrwwwwww」

コノハナサクヤヒメ「優しくしてくださいね…」

ニニギ「うはwwwテラ美人wwwwwwwあの親父神かよwwwwwww」

イワナガヒメ「私もよろしくおn」

ニニギ「ぶっさwwwwwムリムリムリムリ帰れwwwwwwwwwww」

オオヤマツミ「屋上。お前の子孫に短命になる呪いかけたからそこんとこヨロ」


そして寿命が生まれた

面食いだった?ニニギノミコト

娘のコノハナサクヤヒメがニニギノミコトから結婚を申し込まれたことを知ったオオヤマツミは、大喜びです。
「これはこれはめでたいことだ。娘を嫁(よめ)に出すときには、ニニギノミコトのこれからの幸せを祈(いの)って、たくさんの贈り物をしよう」
そして、山ほどの贈り物をコノハナサクヤヒメに持たせ、なぜか、姉のイワナガヒメも一緒にニニギノミコトのもとに嫁(とつ)がせました。
コノハナサクヤヒメを迎(むか)えたニニギノミコトは幸せいっぱいでしたが、ふと見ると一緒に姉のイワナガヒメも来ているではありませんか。

木の花のようにサヤサヤと美しいコノハナサクヤヒメ。反対に姉のイワナガヒメはというと、岩のようにゴツゴツとしたみにくい顔です。ニニギノミコトはひと目見るなりこわくなってしまいました。
「私と一緒に姉を嫁がせたのは、あなたのためを思った父の心づかいなのです」
コノハナサクヤヒメがいくら言ってもニニギノミコトは聞き入れず、とうとうイワナガヒメをオオヤマツミの元へ返してしまいました。

イワナガヒメが帰されたことにおどろいたオオヤマツミは
「私が二人の娘を嫁がせたのには意味があるのです。コノハナサクヤヒメを妻にすれば木の花の咲くようにお栄えになったでしょう。また、イワナガヒメを妻にすれば岩のようにビクともしない永遠の命を持つことができたでしょうに。こうしてイワナガヒメだけ返したことで、ニニギノミコトの命は、いつの日か花のようにはかなく散ってしまうでしょう」
とニニギノミコトを呪(のろ)いました。
面食いだった?ニニギノミコト-ひむか神話街道
関連:オオヤマツミ

6af30c2d-s

115: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:33:01 ID:XcR
>>110
いいお父さんだなあ

119: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:38:47 ID:ktI
ニニギとサクヤが結婚して次の日

サクヤ「できちゃった////」

ニニギ「一晩で出来るわけねーだろ。他の男の子じゃねーの」

サクヤ「んじゃ火の中で産むわ。あんたの子なら無事生まれるはず」

オギャー ホデリ、ホスセリ、ホオリ誕生

サクヤ(疑うとかまじあいつねえわ)

ちなみにホデリは海幸彦、ホオリは山幸彦
山幸彦が豊玉姫と結婚して出来た子供が、神武天皇のおじーちゃん(と言われている)
ホスセリは生まれた時の一文しか名前出てこない子…(´;ω;`)

炎に包まれた悲しみの出産

「私はこれからお産の準備をします。もしあなたが言うとおり、生まれてくる子どもがほかの国つ神の子であるなら無事に生まれてはこないでしょう。しかし、あなたの子であるなら、たとえ火の中でもきっと無事に生まれてくることでしょう」
こう告げると、コノハナサクヤヒメは出口のない大きな産屋(うぶや)をつくらせました。そして中へ入ると、まわりを土で塗(ぬ)りふさいでこもってしまいました。
やがて出産の時が近づきました。
するとコノハナサクヤヒメは産屋のまわりにみずから火を放ったのです。そして、燃えさかる炎の中で三人の男の子が生まれました。
三人の名は、火が燃えさかる時に最初に生まれた子がホデリ(火照)。次に火の勢いがより強くなった時に生まれた子がホスセリ(火須勢理)。最後に火がおとろえてきた時に生まれた子どもがホオリ(火遠理)です。のちに、ホデリは海幸彦、ホオリは山幸彦と呼ばれるようになりました。
こうしてコノハナサクヤヒメは炎の中で無事に三人の子どもを生み、身の潔白(けっぱく)は証明されたのですが、ニニギノミコトから疑(うたが)われたことにひどく傷つき、それからもニニギノミコトに心を開くことはありませんでした。
炎に包まれた悲しみの出産-ひむか神話街道より引

122: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:41:22 ID:XcR
>>119
海幸山幸って神さまだったんか
知らなかったありがとう

116: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:35:00 ID:83W
イエズズ・キリスト40日間断食して祈り続けるやつ

イエス「アーメンアーメンアーメンアーメン…」←祈り中
悪魔「よっ、イエスじゃん。久し振り!食べ物持って来たんだ。お腹…すいてると思って……」
イエス「アーメンアーメンアーメンアーメン…」←シカト中
悪魔「ちょ、ちょっと無視しないでよ!ほら、美味しいパンがあるよ!ブドウ酒も持ってきたしさ…。俺と仲良くしようよ…」
イエス「アーメンアーメンアー…」イラッ
悪魔「これを期に仲良くなれたらなぁとかさwね?w」
イエス「立ち去れ悪魔がぁああああッ!!!!」
悪魔「え…」
イエス「立ち去りなさい!ってんの!」
悪魔「ふん…興が削がれた(´;ω;`)」←立ち去る

そんな俺はカトリック。教会学校でこれを習った

118: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:38:19 ID:XcR
>>116
イエスさすがすぎるw
強いなあ
カトリックなのかやっぱ祈る?

121: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:40:53 ID:83W
>>118
いや、俺は親がキリスト教だったからキリスト教なだけで
正直イエスのこと嫌いなんよ

でも言ってることは好き
「神が好きな人間を好きになれ」ってことだと思うから、神とかイエスとか好きじゃない。
タモリも言ってたように「名言は好きだけど名言を言うやつは嫌い」ってやつやね

祈る奴が居れば祈らないやつも居る。俺は後者。

123: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:43:53 ID:XcR
>>121
そうゆうんで宗教やってる人もいるのね
キリスト教の人って皆イエス大好きラブラブチュッチュ
だと思ってた
勘違いしててごめんよ

125: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:48:56 ID:83W
>>123
どこにでも自分の考えを持っているやつが居れば、盲信しちゃう人も居るよ
仏教もカトリックもプロテスタントもイスラムも、無神論者もね。

スレ汚しすまそ

131: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:16:22 ID:XcR
>>125
いやいやこういう話もっとしてほしい位だよー

124: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:45:57 ID:ktI
イエスにもそんな話あったのか…仏教にもあるよー


釈迦(瞑想中)

マーラ「ほーらかわいい女の子やで」

釈迦(無視して瞑想)

マーラ「んじゃ怪物でどうだ」

釈迦(瞑想)

マーラ「話聞けやあああ」円盤振りかざして向かってく

なぜか円盤が花輪に

マーラ「負けたわ」

釈迦「悟り開いたで」

131: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:16:22 ID:XcR
>>124
強い(確信)

126: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:56:44 ID:yGc
悪魔って言われるとすっげぇ悪い奴を想像する人がほとんどだと思うけど、神話とかで人殺しの数見ると悪魔と神では神の方が圧倒的で、さらに悪魔は神のお墨付きで人殺ししてんだよね

127: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:57:54 ID:AYf
>>126
乳海撹拌の時は悪魔だましてこき使ってたもんな

131: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:16:22 ID:XcR
>>127
無慈悲すぎんよ神さま

128: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)21:58:51 ID:Q0H
>>126
例のグラフですどうぞ

57197f1f
神と悪魔が聖書内で殺した人間の数を比較
http://gigazine.net/news/20070405_god_satan_kill/

129: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:03:32 ID:ktI
>>128
圧倒的すぎてワロタ
まぁ神話にもよるけど洪水とか最後の審判とかで一気に殺すもんなぁ

132: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:17:46 ID:XcR
>>129
サタンのこの優しさよ

130: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:14:09 ID:Hrg
うそか本当か
アブラハムの神、聖書に記された神いわゆる「ヤハウェ」は
人が息を吸い吐く時の音って聞いた事がある
だから声にして名を呼ぶことは出来ないとかなんとか

同じようにインディアンにも呼吸音そのものが神の名前となるっていう信仰があるらしい

132: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:17:46 ID:XcR
>>130
呼吸音が神って面白いな
身近にいるかもしれないのか

135: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:25:26 ID:Hrg
>>132
いや、呼吸音を信仰してるんではなく
呼吸の音が神の名前になったってこと

確かに、それだけ神は身近にいるって事でそういう名前になったのかもしれないけど
あるいは名前を呼ぶことはに対する畏れから、発音出来ない名前にしたか……
実際ユダヤ人もヤハウェとはめったに呼ばずに婉曲表現や別名で呼ぶし

133: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:21:25 ID:ktI
キリスト教って唯一神、絶対神ってイメージあるけど
呼吸音が名前って聞くと自然信仰みたいで面白いな
ただ単に人間は神に作られたから呼吸(しないと死ぬ)で崇めてるってことなのかもしれないけど

134: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:22:20 ID:XcR
>>133
なるほどそういう考え方もあるか

136: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:36:24 ID:83W
悪魔ってやつは
ヤハウェは主にエホバが呼ぶ名前だったんじゃないっけ
サタンがカトリック、プロテスタント

新約聖書や旧約聖書、またはマリアを信仰するか、イエスを信仰するか、イエスの父(神)を信仰するかで呼び方は違ってきますな

138: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)22:39:57 ID:ktI
そういや北欧神話の話あんまり出てないな
主的に聞きたい話とか知ってる単語とかあるんかな

139: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)23:32:25 ID:XcR
>>138
んじゃあギリシャ神話お願い
ちょっとだけ知ってるよ!オリュンポス!
あと北欧神話にティールっていなかったっけ

140: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)23:52:09 ID:ktI
>>139

予言「お前の最初の奥さん(メーティス)との子供に王権奪われるで」

ゼウス「まじか。じゃあ妊娠してる奥さん飲み込めば解決やな」ゴックン

ゼウス「なんか頭痛えな…ちょっとお前頭割ってくれや」

ヘパイストス「任せろ」斧で頭パカー

アテナ「完全武装で産まれたったwww」


オリュンポスは神様がいる山だね!
ティール?トールじゃなくて?と思って調べたらいたわww

アテナ

ゼウスの一番最初の后はメティスと言う”知恵の女神”だった。しかし、父を裏切って王位を得たゼウスは、因果応報を恐れ、この有能な女神メティスが懐妊したと知ると、メティスごと食べてしまう。

その結果、不死であるメティスはゼウスの中に生き続け、その有り余る知恵をゼウスにささげた。これゆえにゼウスは全知全能を誇る事が出来たのだ。

しかし、その時の胎児はゼウスの中で成長を続け、ついにはゼウスが頭痛に悩まされ、その治療のために斧で頭を割った時に、金色の武装を纏って産まれる。

その胎児こそが、女神アテナである。
アテナ-ギリシャ神話・ギリシャ神話の神々の物語より引用
関連:https://ja.wikipedia.org/wiki/アテーナー

0e251bf6

142: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)23:58:34 ID:XcR
>>140
この普通に頭かち割ろうとするとこ、ほんと神さまはわからん

146: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)00:03:31 ID:hTU
>>142
その前に奥さん飲み込んでるからな…

148: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)00:04:44 ID:XlE
>>146
そっそうだった
どういう思考回路してんだよまぢ

141: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)23:58:08 ID:UgO
神槍グングニル
魔槌ミョルニル
魔剣グラム
魔剣レヴァンテイン
宝具メギンギョルズ
宝具ドラウプニル
縛紐グレイプニル

何処かで聞いたのある宝具は大体ここから 北欧神話

143: 名無しさん@おーぷん 2015/08/20(木)23:59:45 ID:XcR
>>141
メギンギョルズとドラウプニル以外はわかったわ
ちょっとググってくる

145: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)00:02:25 ID:XlE
メギンギョルズ
神力が倍になる帯
ドラウプニル
9夜ごとに8つ増えるわっか
でおk?

150: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)00:18:05 ID:ARm
エクスカリバー→カルブリヌスを作り直した剣
カルブリヌス→鉄の剣
カラドボルグ→固い雷
ゲイボルグ→雷の投擲
デュランダル→不滅の刃
アッキヌフォート→無駄なしの弓
ゲイ・ジャルグ→紅い槍
ゲイ・ボー→黄色い槍
モラルタ→大怒
ベガルタ→小怒

152: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)00:22:34 ID:XlE
>>150
kakeeeeeeeeeee!
ありがとう!そそる!

154: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)01:49:27 ID:NrP
武器と所持者名も知りたいな

グングニール=オーディーン

ぐらいは知ってるけどもね

155: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)09:52:36 ID:XlE
>>154
トリシューラはルーじゃなかったっけ

157: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)12:14:19 ID:g1L
はい、おすすめサイト
http://www.jiten.info/

158: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)13:14:39 ID:XlE
>>157
ありがとう

159: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)13:26:17 ID:xOG
一覧サイトって名称とか知ってれば「これ聞いたことある名前だから見てみるか」って説明読む気になるけど
そうじゃなければいまいちどっから見れば良いのかわかんないよね
まぁゲームとかで知ってる名前あるだろうけど
とか言いつつ、個人的にはこういうサイトずっと読んでいられる

160: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)14:23:20 ID:XlE
>>159
なんかすげえ分かる
ずっと見てられる

引用元: 皆で無知な俺に神話の面白い話教えてくれ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆で無知な俺に神話の面白い話教えてくれ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2015年08月22日 20:19 ID:qx0njLxBO*
穀物の誕生神話もあちこちで共通してるよな
神の死体から生まれたとか、死体をバラバラにして蒔いたら穀物が生えてきたとか
2  不思議な名無しさん :2015年08月22日 22:39 ID:bGspsqjK0*
北欧神話は中二病的なネーミングも魅力的だけど
神様がろくでなし揃いで、その人間くささが面白いよね
ドラウプニルの話や、ニーベルングの指輪の前日譚とか浅ましすぎて最高に笑える
3  不思議な名無しさん :2015年08月23日 16:15 ID:rHz1eRSJ0*
ティールってフェンリル狼に立ち向かった際に左手無くなって北欧神話で最も勇気のある神と言われているよね。

他にもインドでは吉鳥のガルーダもスリランカぐらいに行くと凶鳥グルルになるとか神話はおもしろい
4  不思議な名無しさん :2016年10月17日 16:04 ID:LWlpLeYn0*
悪蛇ヴリトラ
木、岩、武器、乾いた物、湿った物、ヴァジュラ(金剛杵)が無効というドチート
そこでインドラはヴィシュヌの「骨」で作った刃物で討伐

 
 
上部に戻る

トップページに戻る