不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    19

    日清戦争が日露戦争よりも重要度が低いという風潮

    日清戦争



    1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:32:50 ID:0ut
    一理ない

    日清戦争

    日清戦争は、1894年(明治27年)7月から1895年(明治28年)3月にかけて行われた主に朝鮮半島(李氏朝鮮)をめぐる大日本帝国と大清国の戦争である。
    wiki-日清戦争-より引用
    関連:開戦から120年「日清戦争」ってどんな戦争?

    日露戦争

    日露戦争、(1904年(明治37年)2月8日 - 1905年(明治38年)9月5日)は、大日本帝国とロシア帝国との間で朝鮮半島とロシア主権下の満洲南部と、日本海を主戦場として発生した戦争である。両国はアメリカ合衆国の仲介の下で終戦交渉に臨み、1905年9月5日に締結されたポーツマス条約により講和した。
    wiki-日露戦争-より引用






    2: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:33:54 ID:JL1
    日清同盟とか組んだら最強だったのだろうか

    4: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:36:38 ID:0ut
    >>2
    そもそも同盟に近い関係にあったんやで
    でも朝鮮半島での内乱でそれが崩れた

    5: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:36:52 ID:Nhe
    近代日本の初戦やし重要なんやないか

    7: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:38:32 ID:0ut
    >>5
    それ以上に古代から続いた中国王朝の優位が完全に崩れたというところが重要

    8: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:40:41 ID:Nhe
    >>7
    世界史詳しくないのだけど
    中国ってなんで近代化遅れたんや?

    9: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:43:25 ID:0ut
    >>8
    正直日清戦争の時点で日本よりも進んでいた

    10: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:44:33 ID:Nhe
    >>9
    はじめて知ったは
    じゃあなんで負けたのやろ?

    12: 三河の侍 2015/09/02(水)23:46:29 ID:WrI
    >>10
    士気が低すぎる事とまともに訓練してない

    14: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:46:50 ID:Nhe
    >>12
    サンガツ

    15: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:48:25 ID:0ut
    >>10
    清側は李鴻章をはじめとする一部の軍閥しか戦っていない
    清側の士気が低かった
    日本軍はあらかじめ準備ができていた

    16: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:48:50 ID:rWh
    >>15
    李鴻章ぐう懐かC

    17: 三河の侍 2015/09/02(水)23:50:05 ID:WrI
    >>15
    おじさん下関で切りつけられたらしいね

    7: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:38:32 ID:0ut
    >>6
    それ以上に古代から続いた中国王朝の優位が完全に崩れたというところが重要

    18: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)23:52:30 ID:smi
    重要というか、世界的に衝撃を与えたのは日露戦争だと思う

    19: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:00:04 ID:phe
    >>18
    それはあると思うけど、あまり差はない気がするやで
    日清戦争の時点で清国有利予想が絶対数やったと思うし
    日露戦争の際にはイギリスをはじめとする国々の妨害があったからね

    23: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:09:03 ID:phe
    ちなみに日本海海戦で失った艦船の数は露33-3日の模様

    24: 三河の侍 2015/09/03(木)00:10:27 ID:zuv
    >>23
    やはり大日本帝国海軍は神だと思うんですが(名推理)
    なお40年後

    26: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:13:14 ID:phe
    >>24
    太平洋戦争序盤で航空兵力が巨砲に勝ることを実証したのは日本やからね
    なお

    27: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:14:44 ID:v9G
    >>26
    不沈艦を航空機で沈めたのに
    不沈艦を建造する模様

    34: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:26:01 ID:Yxj
    日清戦争の賠償金でいっぱい国立大学つくれたんやっけ?
    日露戦争はすげーけどあんま得してへん感じ?

    39: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:43:48 ID:Owh
    >>34
    最近日露戦争の借金返せたんやで

    35: モンゴル侍◆RSbo4ukU6BVd 2015/09/03(木)00:29:44 ID:3Xq
    >>34
    戦費完済するのに82年も掛かったしね

    36: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:29:58 ID:phe
    >>34
    せやね
    当時の国家予算の何倍もの金を使ったにも関わらず、1円ももらえなかったからね
    運良く10年後に一次大戦が起こったからよかったものの、もし大戦がなければ日本は絶対破産していたやろうね

    37: 三河の侍 2015/09/03(木)00:36:58 ID:zuv
    日露にはマンネルヘイムもいたらしいね
    ロマンがひろがるなぁ

    カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム

    カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム(フィンランド語: Carl Gustaf Emil Mannerheim、1867年6月4日 - 1951年1月27日)は、フィンランドの軍人、大統領。フィンランド軍の最高司令官としてフィンランド内戦、冬戦争、継続戦争を指揮した。

    士官候補生としてロシア帝国陸軍に入隊し、日露戦争などで実績を積み将軍となった。第一次世界大戦中にフィンランドが独立すると、その後の混乱から起こったフィンランド内戦で、白衛軍(英語版)の司令官として闘った。独立早期、フィンランドが君主制を目指した際には摂政として連合国に独立承認を求めた。

    その後、一時は公職を離れたが、第二次大戦突入前の情勢不安の中で先の実績を買われて国防委員長となり、軍の装備の更新などに力を入れた。その後のソ連との戦争である冬戦争、継続戦争においては最高指揮官となり、フィンランドの防衛を行った。

    継続戦争の戦況悪化とナチス・ドイツとの同盟の責任から大統領を辞したリスト・リュティを継いで、1944年から1946年にかけて第6代大統領となり、ソ連との難しい講和を成し遂げ、独立を保った。 2000年のフィンランド国内の調査においてフィンランドで最も偉大な人物として選ばれた。
    wiki-カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム-より引用
    関連:【名言】フィンランド救国の英雄、マンネルヘイムの残した名言

    Carl_Gustaf_Emil_Mannerheim

    42: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:48:49 ID:frT
    でも日露がなけりゃ国際的地位とか低いままやろ
    目に見えない利益は大きかったんちゃうの?

    44: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:55:21 ID:LFu
    >>42
    五大国扱いされるようになったのは日清より日露の影響やと思うわ
    あと朝鮮半島の権益を確定できたことは安全保障に大きく貢献したし
    大連、旅順の租借権譲渡も大きい

    ただ賠償金がとれなかったことが争点になったせいでそこまで好意的には捉えられてない気がする

    45: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:56:26 ID:phe
    >>42
    国際的地位や利益とかよりも、東アジアにおける古代から続く封建制度が崩壊したというのは大きな出来事やったんやで
    この前提がなければ日本は国際社会に足を踏み入れることはできなかった訳やし
    何より、2000年以上続いた秩序なんて後にも先にもこれしかなかったんやけど、それが崩壊したことの歴史的意義は何より高いと思うで

    46: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)00:58:43 ID:MeS
    日清のが重要性高いのは当然やろ
    そっから本格的に列強が中国分割し始めたしそれこそこれが無ければWW2が違う勢力図になってたやろ

    52: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:06:30 ID:rlD
    原田重吉とかいう悲しい英雄がおったらしい

    55: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:09:37 ID:phe
    >>52
    まあ金の使い方がわからない人が大金もらったらどうなるかという一例やろな

    59: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:18:20 ID:9di
    日清戦争勝利

    遼東半島権益獲得

    三国干渉により返還

    日露戦争勝利

    山東省権益獲得

    9カ国条約により放棄

    ほんと不条理

    60: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:29:10 ID:phe
    >>59
    まあ遼東半島に関しては日清戦争終了時点で日本が持っていても
    当時の国力では宝の持ち腐れやったやろうな

    61: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:29:56 ID:rlD
    戦艦を持って無い艦隊が東洋一の戦艦を持ってる艦隊に勝つって滅茶苦茶すごいことやんな

    62: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:35:19 ID:phe
    >>61
    大きな戦艦をもっていても結局は使いこなせるかどうかやからね
    でも、すごいことやと思うよ

    64: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)09:30:36 ID:tFL
    日露戦争の方が影薄いイメージあるんやけど
    教科書でもそんな感じだし

    67: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)11:15:23 ID:lNh
    小学生の頃はよく図書室に置いてそうな歴史マンガ読みまくって覚えた知識やけど、日清日露戦争辺りは普通の戦争っぽく描かれてたけど、第二次大戦辺りの日本国って何かと他国にイチャモンつけて戦争ふっかける屑って印象があるけど間違ってるやろか?

    68: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)11:21:22 ID:dUZ
    >>67
    日本だけじゃなくてみんなそうや。
    十字軍とかお前は俺たちの宗教信仰してないからぶっ殺すとかやでw

    69: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)11:23:02 ID:MeS
    >>67
    ふっかける方はいつでも不条理やぞ

    70: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)18:17:53 ID:phe
    >>67
    実は日清戦争も日露戦争も吹っ掛けたのは日本の方なんやで(小声)

    75: 名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金)10:29:21 ID:5u4
    >>70
    日露戦争の発端は、義和団の乱以降ロシアが満州に勝手に居座ったんが発端で日本がふっかけたわけではない。
    サンゴ鑑賞、もとい三国干渉で日本に放棄させた遼東半島をロシアの拠点としつつあった。
    日本としては日英同盟を結んでイギリスを通じなんとかロシアとの戦争は回避しようとした。
    が、ロシアが引かなかった。
    むしろ常にロシアの脅威にさらされてた。

    71: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)18:27:23 ID:UUA
    そう考えると日本ってあんまり他国から戦争吹っかけられることないな

    72: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)18:51:00 ID:Jgy
    >>71
    やっぱ島国なのが大きいんやろか

    76: 名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金)10:34:46 ID:nll
    日露、日中の日本の工作員は優秀すぎやで
    日露でやられたのをソ連が日米相手にやってのけてけしかけた

    74: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)18:57:30 ID:nl6
    おんjの歴史スレぐうすき。ためになるンゴねぇ

    引用元: 日清戦争が日露戦争よりも重要度が低いという風潮



    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2015年09月05日 19:40 ID:BfNLpFYc0*
    ヨーロッパにボコボコにされた支那がそれでも日本に対して調子乗ったから返り討ちにあった戦争
    2  不思議な名無しさん :2015年09月05日 19:53 ID:budGVnBy0*
    支那はアヘン戦争アロー戦争でフルボッコされたのに舌の根が乾かない内に日本ならいけんべみたいな感じで行ったら返り討ちにあった。袁世凱とかいう山賊が戦ったほうがまだマシだったな。出向で一番鬱になってた時期だったけど生で見て一番面白かったな。今は地球の出向からはよ帰りたいけど
    3  不思議な名無しさん :2015年09月05日 20:03 ID:4RWnR21V0*
    そもそも、鎖国してた日本に軍艦で脅して開国させたのは
    欧米だってのを知らない奴居そう。
    日本が富国強兵しなければならない事態になったのも有色人種
    の国々の大半が白人の植民地に成ってて富国強兵しないと
    日本も大半の有色人種同様に植民地に成る恐れが有ったから。


    日本が沢山の植民地を持った、奴隷を使ってた国々とあそこまで
    善戦したことがまず奇跡。
    日本のおかげとまでは言わないけどあの戦争の後、疲弊した白人達に
    植民地だった有色人種の国々が白人の宗主国に独立戦争を仕掛けて、
    独立を勝ち取ったの流れは良い流れだった。
    当時、敗戦国だった日本の元軍人が独立戦争に独立戦争に
    加担して自由を勝ち取る協力したのかっこよすぎる。
    4  不思議な名無しさん :2015年09月05日 20:06 ID:4XnSKUya0*
    清と露じゃ格が違う
    日清戦争なんか欧米からしたらしょせん田舎もんの争い
    清はまさにただの狩場状態だったしな
    中国王朝の優位が~なんてのは典型的な井の中の蛙
    相手が露西亜だったことが絶対的なポイント
    5  不思議な名無しさん :2015年09月05日 23:10 ID:ai16vh6d0*
    でも当時の清って人口は日本の7倍以上、経済も規模だけなら列強全てを合計したくらいあったんだろ?
    いくらアヘン戦争とかで弱っていたとはいえ日本が負けるって予想されても仕方ないわ
    6  不思議な名無しさん :2015年09月05日 23:27 ID:ES.0.iMN0*
    日本人はむしろ日露戦争の重要性をまるで理解してないよな
    当時、白人欧米国家に世界中が植民地化されていて、名実ともに独立を保っていたのは日本くらい(他は辺境の小国か、傀儡国家)
    世界の風潮として、有色人種は白人には勝てないっていう絶望の中にあったのに、白人に唯一勝つことができたのが日本(なお、賠償問題等がうまくいかなかったで日本の疲弊もすごかったが)
    これによって、各国の有色人種による白人への独立機運が一気に高まった。まさに世界の一大転換期
    だからこそ、いまだにアジアの人の間で、日本がロシアに勝った日露戦争は語り草。同じ有色人種の日本が勝てたというのは、それだけ世界に衝撃を与え、希望を与えた

    まあ、旧大日本帝国の全てが良かったとは言わんが、世界的に見た日露戦争の重要性はもっと知るべきだと思う
    7  不思議な名無しさん :2015年09月05日 23:58 ID:nyEg.lrdO*
    勝ったとは言えない
    8  不思議な名無しさん :2015年09月06日 04:31 ID:LlzX406c0*
    ちなみに日本が琉球王国支配を完全確定させたのも日清戦争の勝利やで
    それまで琉球王国は清に仲介求めてた
    9  不思議な名無しさん :2015年09月06日 12:28 ID:3Q1DkD9y0*
    日清戦争時の伊東祐亨と丁汝昌の逸話ホントすき。誇張だという話もあるが、いい話なんだよなあ。
    10  不思議な名無しさん :2015年09月06日 19:30 ID:B.xxbLTS0*
    中国王朝の優位を崩した事より白人種の優位を脅かした方が大きいと思うわ
    比較の問題だけどねぇ
    11  不思議な名無しさん :2015年09月07日 00:35 ID:zTd1IcDp0*
    資源もないし狭い日本に戦争ふっかけてもうまみないから残当
    12  不思議な名無しさん :2015年09月07日 00:58 ID:Pjiw2k6P0*
    ※11
    戦争は資源だけが目的やないんやで
    戦略的位置づけってのも大事

    たとえばロシアの場合(当時)、不凍港の確保は大きな意味があったし、日本は中国、朝鮮、東南アジアの足がかりになる地理的条件があった

    現在のアメリカも、沖縄に米軍を配備しているのは朝鮮半島および中国、東南アジアの有事の際に海軍を派遣できるベストポジションだから

    そういった意味で、地理的に独特な日本が戦争吹っかけられる可能性は十分ある

    朝鮮が長いこと戦場になったのも、資源も土地もないさびれた半島だったけれども、日本からしてみれば中国への足がかり。中国からしてみれば本国の防衛線、古くはモンゴル帝国の海洋進出への港と、さまざまな地理的利点があったから
    13  不思議な名無しさん :2015年09月07日 19:17 ID:NNNd.uCGO*
    満州をどう説明出来るかな
    14  不思議な名無しさん :2015年09月07日 19:18 ID:NNNd.uCGO*
    今のものの考えで説明は無理
    15  不思議な名無しさん :2015年09月07日 19:35 ID:Pjiw2k6P0*
    ※13、14の発言の意図がつかめないのは、私の頭が悪いのか、言葉が足りていないのか・・・
    16  不思議な名無しさん :2015年09月09日 00:16 ID:M.6y.kZs0*
    日露の理由はロシアが南下したからで
    日清の理由がまじでわからん。
    朝鮮でのごたごたとか、野望とかで
    負けるかもしれん戦争はせんだろうしなあ?
    17  不思議な名無しさん :2015年09月09日 19:01 ID:U8.Dqodf0*
    見た目はロシアに勝ったようにみえるけど工作員送り込んでロマノフ王朝崩壊させてソ連誕生を後押ししただけなんだよね
    当時の日本はある意味いちばんやっちゃいけないことやってる現代目線だがな
    18  不思議な名無しさん :2015年09月09日 19:17 ID:30BeLGHU0*
    日清も日露もアジアの歴史・有色人種の歴史を激変させたという意味ではどちらも非常に大きな歴史的意義がある
    大日本帝国を悪と見なしたとしても、これは純粋に功績として認めねばならん
    19  不思議な名無しさん :2015年09月09日 22:40 ID:9.cXcp1f0*
    外部から見た戦争と、内部から見た戦争という意味でも色々違いがあるよな

    日清戦争は、日本にとっては中国というそれまでの(文化的)宗主国を打ち破ったということで非常に大きな意義がある。さらには得られたものも非常に大きく、賠償金などで非常に儲かった戦争。しかし、当時の世界的に見ればアジア間での局地的な小競り合いにすぎない

    対して、日露戦争は日本にとってとりあえずロシアの南下を阻止したけれど、賠償金はほとんど得られず失ったものの方が多い。これの負債がかなり国家を苦しめることになったし、戦い自体には意味はあったけど、勝利したことによるうまみはほとんどない。対して、当時の世界的に見れば白人に唯一勝った有色人種という歴史的快挙。アジアの小国が列強に加わるという異常事態

    内部から見るか、外部から見るかで雲泥の差があるな

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!

    カテゴリ一覧
    カテゴリ一覧