まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

性善説と性悪説ってあるけどさ

2015年11月28日:23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 58 )

性善説と性悪説


1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:43:59 ID:WJJ
性善説信じてる人は物凄く恵まれた人間関係で育った人
性悪説信じてる人は自分の思ってる善人とほとんど会えてない人だと思う

もちろん例外もあると思うけど、性悪説と性善説に詳しい人いたらいろいろ教えて欲しい






2: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:45:15 ID:ARl
孟子と荀子読め

4: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:45:44 ID:WJJ
>>2
概要頼む

17: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:56:17 ID:YW6
>>4
性善説(孟子)
人間ってさ、やっぱ生まれながらにいい部分とか優しいところあると思うよ
だって、もし井戸に子供が落ちようとしてたら助けるじゃん?報酬とか抜きにしてもさ
だから、勉強していいとこ伸ばしていこうぜ。
そんで伸ばすんだったらやっぱり、内面から伸ばしていきたいよね。仁とか義を学んで内面良くしようぜ

性悪説(荀子)
人間ってさ、やっぱり生まれながらに欲望に従って動いちゃう部分あると思うんだよね
赤ん坊とか見てみろよ、人の気も知らずに乳をくれだの泣きわめくじゃん?
だから、そういうとこ教育でなくしてったほうがいいよな
そんでやっぱり、他人に迷惑かけないように、まずは礼儀を教えとルールを守らせること、これが重要だと思うワケ

こんな感じだったと思われ

19: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:57:40 ID:WJJ
>>17
どっちも収束するところは同じ感じだね
どっちも両立できそうな感じだなー
ありがとう

20: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:00:14 ID:oYa
>>17の説明が、高校の頃習った記憶に合致する。
人間はぜんぶ悪い←→人間はぜんぶ良い
という議論じゃないよねこれ。

3: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:45:35 ID:WJJ
あと性善説を信じてる人は物凄くアクティブだと思う
性善説で進められるものは、躓くまでは物凄く進化を遂げるけど、躓くと完全に止まってしまう

性悪説は逆

そんな感じがする

6: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:48:25 ID:WJJ
>>3に関しては、科学の発展をみてそう思った
小保方女史の問題があるまで、科学って性善説を基準にやってきたらしい
だからここまで発展したって部分があるんだとおもう

逆に性悪説でやってたら、間違いなくこんなに発展せずに足の引っ張り合いになってたと思う

疑うのは簡単だから

9: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:49:49 ID:Zxg
>>6
科学はエビデンスを基準にやってるからあんま関係ないと思うよw
何でもかんでも否定しまくる科学者もいるしね

7: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:48:59 ID:ACy
人間の根っこは複雑で良いとか悪いとか単純に割りきれるものじゃないが 長い歴史のなかで失われていない暴力性はある どんな人間も見方によっては 場面によっては悪になりうる おっぱいだって大きすぎれば正義ではなく 悪になりうる

10: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:50:05 ID:WJJ
>>7
まあそれはそうだね

でも、他人を信じられる社会は発展するとおもう
ただし、つまずいたら一転完全に止まるけど

8: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:49:28 ID:uZS
簡単に要約すると

生まれ付いて
良いものを持って生まれているというアプローチからの人間評と
悪く生まれついたというアプローチからの人間評なんであって
どっちも本気で正しいとは信じてないぞ

12: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:51:37 ID:oYa
悪い から 信じられない に至る論理がわからない。
悪くてもべつに信じられるのでは?

14: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:53:22 ID:WJJ
>>12
自分の中で物凄く簡単に言えば、他人を完全に信じる前提が性善説、他人を完全に疑ってかかるのが性悪説だと思う
もちろんある程度ではあるけどね

13: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:53:15 ID:Qx1
まあ、笑って酒飲めるか
酒飲まなきゃ笑えないかってことやね

16: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)02:54:56 ID:WJJ
>>13
言い得て妙だね

個人的には匿名掲示板は物凄く性悪説に溢れていると思う
もちろん性悪説が悪いっていってるわけじゃなくて、必要以上に性悪説がまかり通ってるなって感じ

22: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:01:19 ID:WJJ
教育ってさ、現実的な話すると教師に全てを求めすぎだよね
しかも縛りプレイ付き

このへんどうにかならねーのかね?

23: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:03:05 ID:WJJ
あとつぎに、インターネットの悪い点もある
これは匿名掲示板ではなく、情報の多さ

情報が多すぎて、実際は自分に都合のいい情報をピックアップして、全能感を覚えてる人が多いと思う

24: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:03:38 ID:WJJ
>>22
>>23についてよかったら意見欲しい

25: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:05:42 ID:oYa
性善説性悪説の話はどこいったん? と思いつつ、
>>22
過度の一般化が問題なのではないかしらん?
誉めて伸ばして可能性を広げる教育をすべき子供もいれば、
ぶん殴ってしつけてまともにさせるのが限界の個体もいる。
両方を同じメソッドで教育するのは、不可能なんじゃん?

29: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:09:49 ID:WJJ
>>25
性善説性悪説があったから>>22 >>23が出てきたのよw
正直ぶん殴って教育もありなはずなのに、完全否定する人多いよね
もちろんぶん殴り全てがいいとは言わない

31: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:11:12 ID:Cqe
>>29
横からすまんけど、暴力は指導。
教育とは似て非なるものだと思う

33: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:12:20 ID:WJJ
>>31
指導は教師がしていいと思う?

38: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:16:37 ID:Cqe
>>33
学校の教師の場合なら、できないしすべきでないと思う。
一概にはいえないけど、教育ってもっと人間の根底の部分にある好奇心とか探究心を掘り起こしてやることで、推しつけとかじゃないと思うんだ。
だから国とか文化で決められたカリキュラムをなぞるだけの授業しかさせてもらえない教師は、それを仕事としてこなせばいいと思う。
だからつまり教育はできない。
ただ指導に関しては、スポーツ等で強豪になればせざるを得ないこともあるんじゃないかと思う。個人的には暴力は不必要だと思うけど、桑田さんも言ってたし。
でもそういう分野においては身体で分からなくちゃいけないこともあるから仕方ない部分もあるかもしれない。 答えになってないかも、すまん。

40: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:17:54 ID:WJJ
>>38
では指導は誰が必要だと思う?
例えば学級崩壊といかなくても、教師をなめて授業妨害なんていくらでもある話だよね
そういうあいてに対する指導はどう思うかな

47: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:28:50 ID:Cqe
>>40
あんまり詳しくないから理想論になるけどそれでもよければ。
指導も教育も前提として「教えを乞う」人がいて初めて成り立つものだと思うんだ。
教えるかどうかはそのひと次第、みたいな。

大きく二点が違うところとすれば
指導は教育者から盗む部分が多い。
教育は教育者からの疑問提起に答える形で自身の探究心や好奇心を加速させていくもの、だと思ってる。
つまり指導は最終地点が指導者(を超える形もある)になり、教育は自身が執着地点となる…ってイメージを俺はもってる。

話を戻すと、学級崩壊させる児童や生徒について、だったけど。
この生徒、上記の「教えを乞う」人間じゃないことは明らかであるから、俺は教育、指導のどちらもふさわしくないと思う。
まだそれを求めるほど精神が発達していないがゆえに情動でのみ動いている、そんな生徒が多いんじゃないかと思う。経験上だけど。
だから理想を言えば「教えを乞う」人間以外に手を煩わせること、そうしようと思うこと自体が不要だって結論に行き着くんだけど、これじゃ理想論すぎるよね。

現実的に出来ることは教えないことじゃないかと思う。
むしろ崩壊したクラスの「崩壊させられた存在たち」に目を向けるべきだと教師のブログに書いてあった。
確かにそうだと思うよ。数人の核となる生徒に目を向けるんじゃなくてその他大勢の生徒に目を向けることで、結局は学級経営という視点で言えば成功につながると思う。

49: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:33:50 ID:oYa
>>47
見ている事象は正しいと思うが、
議論するためには、ゴールがどこにあるのかを、もうすこし定めないと厳しくないか?
学校が機能する
教えるに値する生徒に、ちゃんと教える
クズの被害を抑える
の3つを、同時に問題提起してない?

50: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:34:19 ID:WJJ
>>47
なるほど、教えないことか
でもそこで問題は、教えないのはともかく教えを乞うはずの人間にとっても良くない環境になってしまうことだよね
教師が権威をもっていないと、それはクラスに伝播してしまう
かといって教師の権威を手に入れる方法は、そういった生徒を黙らせるのは必要不可欠だと思う
授業に集中できないと教えを乞う生徒が教育を受けららない
かといって権威をみせるのとは同時にするのは不可能に近いんだよか

57: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:43:26 ID:Cqe
>>49
>>50
多分同じような内容のレスだと思うから同時に返す。
けっこう前に読んだ内容だから忘れた部分も多いんだけど、実際に学級崩壊したクラスの担任の先生が対処を残してくれていたんだ。
で、その人が言うには「その他大勢の目が死んでいる」らしい。
崩壊を起こす子供は「怒られること」を他の生徒とは一味違った受け止め方で見ているから、指導は逆効果になる。かといってなめられてはいけないんだけど。
対して崩壊を起こされた側の生徒は怒られることを怖がり、異常に真面目になっていたそうなんだ。その雰囲気は独特のもので、そう簡単に変わるものでもない。
しかししかるだけでは逆効果だし、悪化するだけ。手をだすのもご法度だし、なにより生徒達には生徒達の世界があるから、大人から見たら小さなことでもその世界じゃ核弾頭並みの影響を持っていることだってままある。

だからこそ導き手として出来ることは「教えを乞う」人間の相手をこれまで以上に丁寧に行うこと、これに尽きるらしい。
詳しい理屈は忘れてしまったけど、崩壊させる側の生徒のペースから教師、ひいては「教えを乞う」生徒のペースに引きずり戻す感じかな。
影響力をこちら側に手繰り寄せる、これが崩壊を立て直したその教師が言うコツらしい。

内容としては「個人に合わせたレベルのテストを作成してあげる」とか、そういったものでいいらしい。
しっかりとあなたを見ていますよっていう意思表示にもなるし、それがより教師への信頼向上にもつながるそうな。
そしてそれに取り組む生徒は教師側の力となり、いずれはペースを戻せるそう。

26: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:06:15 ID:Zxg
>>23
調べない奴は、情報があろうとなかろうと調べない
情報の多さのせいというより、情報の処理の仕方にもんだいがあるんだろうな
23 名前:名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/11/28(土)03:03:05 ID:WJJ
あとつぎに、インターネットの悪い点もある
これは匿名掲示板ではなく、情報の多さ

情報が多すぎて、実際は自分に都合のいい情報をピックアップして、全能感を覚えてる人が多いと思う

32: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:11:42 ID:WJJ
>>26
なるほど
情報の処理か
なんか自分は頭悪いです!って人は少ないよね
見栄張りたがってるというか

男女差別は嫌いだけど、男が多い感じはする
知らないことは恥!みたいな人

34: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:12:42 ID:oYa
>>32
そりゃだって、自分より頭の良い状態は理解できないが、
頭の悪い状態は理解できるわけだから、
マイナス方向のバイアスがかかるだろ。

37: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:16:16 ID:WJJ
>>34
意味的には、教えを乞うとかを負けたと感じる人が多いことに疑問を感じるんだよね

28: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:08:42 ID:ACy
教師の負担が大きいのは分かる
現実的には3~4人で担任するのが望ましいね
インターネットのことだけどそれは本にしたって同じで片寄った情報しか選ばない人間は片寄った本ばかり読むよ 全能感というのは 文脈から飛躍してる気がする

41: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:18:46 ID:oYa
おもしろくカオスになってきているな。
基本のトピックが主のパーソナリティに立脚しているから、
並行して3~4の主題が論じられていて、なおかつそれがすべて
聖徳太子=主向けになってきている。
論題を絞ったほうが良いのでは?

43: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:21:24 ID:oYa
教師の不遇と教育の限界
インターネットで歪んだ全脳感を持つ人たち
の2つという理解でいい?
おまえ学校の先生?

44: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:23:00 ID:WJJ
>>43
違う
周りにたまたま教師が多い
特に客で仲良い人に教師が多い

45: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:23:16 ID:WJJ
あと論題はその二つだね

46: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:25:58 ID:oYa
教師は、大人としての知り合いがいる人といない人とで、
印象が大きく異なるのではないかと感じている。
いろいろズレているところはあるにしろ、
知的で善良な人が多いのではないかな、と個人的には感じる。
かわいそうな事多いよね。

48: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:29:31 ID:WJJ
>>46
なるほど
確かに印象は同じ
自分の客はものすごく真面目な人が多くて、精神的に疲れてるんだなって人が多い印象
自制心もものすごくもってる

殴れば済むであろう場面ですら、手を出すデメリットも高すぎて気の毒だよね
手を出さないとなめられるし、不自由な2択が多そう

51: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:36:10 ID:oYa
優秀な犬>>>劣等な人間
という前提で書き込みしていい?

54: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:37:53 ID:WJJ
>>51
問題ない

56: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:43:09 ID:oYa
>>54
サンキュス
おそらく、現行の「クラス」という単位に問題があるんじゃないかと想像する。
おれが子供の頃には、それでもうまくやる先生はうまくやっていて、
「教育」と「訓育」とを、相手によって使い分けていた。
ちなみにその頃は「不当な差別はいけません」と先生たちは教えていて、
ぼくはとても納得していた。
が、いつの間にか「不当な」が抜けて「差別はいけません」になっている。
優等生と劣等生の教育に差をつけるのは、もちろん差別なんだが、
不当だとは思えない。でもそれは「差別」なので、現代では自動的に
いけないことになっちゃってるんじゃないかしら?

58: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:45:55 ID:Cqe
>>56
現実的でいい指導法だと思う。
すっごく簡単にひとことで言ってしまうと現在の学校は生ぬるいし評価基準が社会とかけ離れすぎている。
不当でない差別ってつまりは区別だよね、それを知らずに世に出る生徒達はある意味被害者だと思うわ。

60: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:47:53 ID:WJJ
>>56
まず最初に思ったのが、不当にがなぜ抜けたと思う?
個人的には匿名掲示板とか見てると、不当なことすらもこれは正当だ!っていってるのもよく見る
世代の違いかね

例えば朝鮮人差別
もちろん反日教育が正しいとは思わないけど、イコール朝鮮人に何をいってもいいとは思わないんだよな

成績別クラス分けってなんでしないんだろうなぁ
絶対いいと思うわ

63: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:52:33 ID:Cqe
>>60
不当は「誰」が「どこ」から「いつ」見るのかによって変わる流動的なものだからじゃないかなと思った。
つまりどこかから見れば裏でどこかから見れば表の紙があって、表面にのみ印刷された「正当な差別の理由」があったとしても
裏面をみせられている人間からは不満が出ると思うんだ。
それでも世の中そういう風にできているどうしようもない「現実」があるわけだから、俺はそれが正しいと思う。
それがなければむしろ誰も頑張れないんじゃないかなとも思った。

65: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:53:28 ID:oYa
>>60
なぜ抜けたかは、おそらく、社会心理学的問題だと思うね。
このスレで論じられている「劣等生」たちは、理屈を追跡することはできないが、
教義を覚え込むことはできる。
そうしたら、自分の感覚にそぐわない/理解できない「不当な」は、簡単に抜け落ちるんじゃないか?

71: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:59:02 ID:WJJ
>>65
なるほど
なんだか悲しいね

理屈ってすごく大事なはずなのに、現実はこうだから!っていう自分なりの現実を自分なりの理屈として、それをもう共通の理屈だとしてる感じはあるね

74: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:00:47 ID:oYa
>>71
そこで今更スレタイに戻ると
性(頭)悪説vs性(頭)善説
の話をおれらはしているんだと思うなw

53: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:37:53 ID:Zxg
おーぷんらしからぬ知的なスレ…
ついていけぬ

59: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:46:38 ID:IP6
性善説は「後天的に悪行を覚える」性悪説は「後天的に善行を覚える」だけでしかなくてさ
どっちも「善行を心がけなさい」に繋がる考え方でしかなくってさ

ようやく歩けるようになった位の子が障子を破いちゃったとして
「まだ物の善悪も理解できない子供なんだし、仕方がないよね」
と笑いながら眺めてる瞬間は性悪説に基づいた理解だったりもするのよね

信じるとか信じないとかではなく、単にそれだけなのよね

69: 名無し 2015/11/28(土)03:57:17 ID:h1f
先生の労力をいろんな職種に分担すべきだと思ってたな

72: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:59:53 ID:WJJ
>>69
面白いけど学校減ってクラスあたりの人数が増えそうだな

73: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)03:59:58 ID:AtS
学級崩壊の話か?

それなら原因は簡単で
・躾をしない親が居る
・しかし教師の躾は、「人権団体」や「モンスターペアレント」の圧力で禁止に追い込まれた
・だから動物のままの子供が暴れている
ってだけの仕組みだと思うね

あんまり難しく考えすぎるのは自分を納得させるためのこじつけに陥りやすいと思うね

76: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:02:53 ID:WJJ
>>73
以前おーぷんで教師の暴力の如何の話をしたことがあるんだけど、何があろうと全面的に暴力禁止って意見が多かったんだよな

子供だという証拠はないけれど、若い人が多そうなおーぷんでは、教師の躾は存在しなくて当然のものとなりつつあるのかな

なお自分は女だけど教師に顔張られたことある
その時は物凄く憎んだけど、今考えたらそれでよかったと思ってる
女だから顔張られたりしないだろって傲慢はあったね

80: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:07:56 ID:AtS
>>76
今の教育体制は躾をできないようになってるし
その結果として育った自分勝手な動物なら、そりゃ躾なんてされたくないからそうなる

躾ってのはそもそも、言葉で理を説く「教育」と違って
言葉のわからない動物相手に、痛みや恐怖を与えることで身体に覚え込ませるものだろう
ペットの躾を考えれば分かること

その、物心つく以前の、動物レベルでの集団行動における
やっていいことわるいことの躾が、意図的に成されないようになっているのが
現在の教育体制だと思う

83: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:09:04 ID:WJJ
>>80
その躾をできるようになる教育体制になるには何が必要かな?

90: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:13:55 ID:AtS
>>83
革命だね
そもそも教育だけの問題じゃなく、日本社会全体の問題で
教育もそのあらゆる社会的矛盾の表出している、一部分に過ぎないだろう

革命した後の、あるべき教育制度の具体像ってのなら語ることは出きるたろうけど
まず社会全体が、少なくとも「国の発展、国民の幸福」を目的として動き出さない限り、
現状が変えることはないと思う

82: 名無し 2015/11/28(土)04:08:28 ID:h1f
暴力が絶対駄目とされるのも倫理観だと考える
暴力による解決って精神論で良いように語られることあるけど、本当に上手くいったことなんてない

86: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:09:56 ID:WJJ
>>82
暴力の程度によらない?
怪我させるのは論外として、痛みを与える程度の暴力は時に必要だと思うけど

93: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:18:23 ID:oYa
たとえば、馬に鞭を当てれば、速く走る。
暴力によって、社会的な幸福を増しているわけだ。
だが、もし馬が言葉と論理を理解できるのであれば、
鞭を当てる必要はない。言えばわかる。
優秀な犬>>>劣等な人間 前提であれば、鞭を当てるべき人間と、
話せばわかる人間を、同列に扱うこと自体がおかしいわな。

103: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:24:53 ID:AtS
>>93
言葉のわからない人間
話の通じない人間
他人の言うことを聞かない自分勝手な人間なんて、いくらでもいるがな

たとえ彼らであっても、自分の身に危害が及ぶという現実的なコスト意識が身につけば
少なくともその場では他人の言うことに従うだろう
それを身体に覚えこませるのが躾だよ

108: 名無し 2015/11/28(土)04:27:43 ID:h1f
>>103
今でこそ歴史を取り出せるけど、暴力による躾って全部失敗したんやで

109: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:28:31 ID:oYa
>>108
ええー、スパルタとかあるじゃん?

120: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:32:06 ID:AtS
>>108
そんなん証明できないだろ
殴られもしないで一人前になった奴はいないともいうけどね

111: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:29:03 ID:Cqe
たまにこういう話しないと脳みそが鈍る感覚になるわ、日常が鈍ってるせいで。
そろそろ眠いからちょっとROMって寝よ、楽しかったわおやすみ。

112: 名無しさん@おーぷん 2015/11/28(土)04:29:30 ID:WJJ
>>111
おやすみー
自分も半分寝てた

引用元: 性善説と性悪説ってあるけどさ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
性善説と性悪説ってあるけどさ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:06 ID:LN.nrHFo0*
>>2で既に出てるけど
性善説ってのは、人間悪い事しませんよねって思い込むことじゃないから

日本では部下や外部業者をチェックしなかった事の言い訳になってるけど
全然関係ないから
2  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:36 ID:Qd5pCx2c0*
高校の倫理の授業のとき、クラスで統計をとったら圧倒的に性悪説の人ばっかりだったわ。
その時の先生いわく、性善説を押す人は少し変わっていると。
3  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:39 ID:oNK.UKEu0*
>>1の性悪説の赤ん坊のくだりは違うと思う、赤ん坊は気がついたら産まれてきてたわけで親はそれを承知の上で産んだんだから。そもそも赤ん坊に事の善悪はおろか自分のまわりの環境すら理解できてないだろうに。
4  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:40 ID:6s0FQsGI0*
性善説、性悪説は、人間の本質を分析する社会学的な学問として生まれた言葉ではなく、
あくまで統治論や君主論に属する「手段」を指す言葉であって、
根本的にはどちらも、集団行動のルールの方針をどこにおくかの違いでしかない。

過去の為政者が好み、そして現代の経営者をも虜にするのは性善説的な考えだ。
なぜなら、この論に拠れば、自国・自社の発展は自身の徳によるものと断じれるからだ。
同時に、これらは押し付けられて初めて機能し始めるものであり、
押し付ける側を縛る理論では一切ない。
まこと、為政者にとっては耳障りの良いものになっている。

〇〇セミナーとかでイケイケの経営者が来ると、必ず儒教を加味した話に持っていくのが腹立たしくて仕方がない……のは完全に個人の意見か……。
5  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:43 ID:Q6hUaiab0*
よくわかんないけど優しい人と便利な人って紙一重か同じだよね
6  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:50 ID:6s0FQsGI0*
米3
親が、いわゆる動物的な子供を産んだとしても、
その後どうやって育てるか(支配するか)という過程の話が性善説・性悪説かな。

この二つが議論の訴状に上ったときは、どちらも「礼」という社会的ルールの制定に拘っていた。
では「礼」とは何かというのを考えたとき、
人間の行動として当たり前に発露するものなのか、
それとも礼を制定するから人間性が保たれるのか、で大きく意見が二分された。

韓非子辺りが思想書・歴史書としてはとても楽しいから、読んでいないなら一読すべきだけども、
当時の潮流の歴史的帰結としては、
さっさと「法律」を制定して、システマティックにやるほうが効率的な社会発展を呼ぶ、という感じだった。
韓非子の性善説の、あまりに統治に向かないでしょという意味合いのディスりっぷりは中々のものがある。
7  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:56 ID:FdgBw3UU0*
歳をとって寛容になったりその時の感情や記憶が風化したから、その女教師に張られたことを良かったと勘違いしてるんじゃないのか?
恐怖で教え込まされたことは一般性を持たないから、大人になるために必要な躾としては微妙じゃないか
8  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:56 ID:PiCPPl9G0*
難しいことは分からないけど法律がなかったら大抵の人は法律がある基準で言う所の悪いこと必ずするとは思ってるなぁ
9  不思議な名無しさん :2015年11月28日 23:58 ID:d6hPfBTm0*
細けぇこたぁいいんだよ
10  不思議な名無しさん :2015年11月29日 00:19 ID:utgYiBOL0*
学校での暴力はある程度は必要であると思う。
学校は学びの舎であり、若者がツッパる所ではない。
数人がちゃらつき、欲望のままに暴れれば残りの数百人が被害被るのだ。
社会全体が異常な方向に傾いていると言っていいね
11  不思議な名無しさん :2015年11月29日 00:24 ID:cStF.wjz0*
性善説と性悪説の説明として
農家でよくある無人販売所を例にしてみたい。

無人販売所は当たり前だが
性善説をベースにしていると言える。
利用する人間が、ちゃんと金を払い続ける限り
無人販売所というのは続くわけで、
これには人件費がゼロであるためとても安く買うことが出来る。

さて、無人販売所の商品を金を払わずに
もっていく人間がまわりの1割でも居た場合はどうだろう?
言ってしまえばこいつらは商品のほとんどを金を払わずに
もっていくことで得をしたなどと考えるだろう。

だが、これによって全員が安い金額で商品を手に入れることが
出来なくなるわけだな。

社会として、性善説を前提に出来る方がいいのか?
性悪説を前提にしなければいけないのか?

どちらがいいかは
考えるまでも無いと思うのだがどうだろう?
12  不思議な名無しさん :2015年11月29日 00:52 ID:SQ8f6Kph0*
せっかく性善説と性悪説の正しい意味を教えてくれてるのに
無視して間違った捉え方で議論してる奴らは何なの?
全部無意味だから
13  不思議な名無しさん :2015年11月29日 01:07 ID:8NTe4kP80*
基本的に、人間社会において「本能のままに」行動すると〈悪〉とみなされる場合が多い。例えば、眠いから仕事があるにもかかわらず昼まで眠る、街で見かけた魅力的な異性に対して性欲のおもむくままに襲い掛かる、など。
そして、「本能を理性で制御して」行動したところに初めて〈善〉とみなされる行動が生まれる。
つまり、本能が行動を支配する野生動物の世界には〈善/悪〉の概念は無く、理性が存在する世界にのみ〈善/悪〉の概念は存在する。
また、〈善/悪〉という概念は決して自然を貫く絶対普遍の摂理などではなく、観測者の立つ位置によって変わる程度の概念であるということも忘れてはならない。
14  不思議な名無しさん :2015年11月29日 01:12 ID:wLF.4LsI0*
科学は、どちらかと言えば性悪説だろう
ある仮説が科学的事実と認められるまで
凄い時間が必要とされるぞ
それは足の引っ張り合いとかいう低次元の話じゃなくて、
次の科学的進歩の土台になり得るシロモノだからこそ、みんなが納得できるような
結果を残さないといけないってことだし

ってやっぱり科学を性善・性悪説で語るのは変だな
>>1はどこで科学は性善説でやってきた、なんて聞いたんだろう?
15  不思議な名無しさん :2015年11月29日 01:36 ID:jkojn7lg0*
※14
だね
科学において、健全な猜疑心ほど必要なものはないものね
16  不思議な名無しさん :2015年11月29日 01:42 ID:68zleAeF0*
米11の長文の寝言より米7の短い指摘の方が説得力あるな
17  不思議な名無しさん :2015年11月29日 01:43 ID:68zleAeF0*
*8
同感だわ
18  不思議な名無しさん :2015年11月29日 01:46 ID:2aWyp3b10*
>>1は性善説と性悪説の意味を間違えてるだろ
大人になってしまえば、どっちの説であっても躾や悪行を学んでるから良い人間も悪い人間もいるわけだし
19  不思議な名無しさん :2015年11月29日 02:10 ID:ahHIUZrI0*
軍隊式の教育すりゃいいんだよ
社会規範を身に着けるって意味では基本的にはあの方式でうまくまわるだろ
実際の軍隊ではじさつするような事も相当あるみたいだけど、指導者・上級生の機嫌に起因する無意味な私的しごきや、旧軍にあった員数合わせみたいな現代社会にそぐわない事案が排除できれば効果的だとおもう
20  不思議な名無しさん :2015年11月29日 02:14 ID:3SBeMAIc0*
めっちゃうろ覚えなんだけど

Qあなたの目の前にそれなりのお金が入った財布が落ちてます。

性善説:人間の本性は善→だから財布を交番に届ける

性悪説:人間は本来は欲望に負けて財布をネコババする生き物である→でも人間は教育で道徳の心を養う事ができる→よって財布を交番に届ける

財布を交番に届けるという結果は同じだけど、その結果に至るまでのプロセスが違うのが性悪説と性善説だよね?
21  不思議な名無しさん :2015年11月29日 02:15 ID:FSNImmXs0*
性善説と性悪説の対立は、どちらの説が正しいと仮定しても矛盾が発生する難しい問題です。
これは一見、馬鹿馬鹿しい考えかもしれませんが、実は前提そのものが間違っているのではないでしょうか。
例えば、
テーゼ:四角い円の内角は360°である。
アンチテーゼ:四角い円の内角は360°ではない。
これら二つの命題は、どちらも正しくはありません。
なぜなら、命題の前提部分である『四角い円』という概念が存在しないからです。
だから、真偽を証明する以前に命題そのものが誤りである以上、論議するのは不可能といえます。
同じように、
テーゼ:人間の本性は善である(性善説)
アンチテーゼ:人間の本性は善ではない(性悪説)
この二つの命題も、前提が誤りであるから、決着がつかないのではないでしょうか。
つまり、論議の前提部分である『善』や『悪』といった概念そのものが存在しない、あるいは不正確であるから、矛盾が発生しているように思えるだけなのではないでしょうか。
22  不思議な名無しさん :2015年11月29日 02:31 ID:zc21j9DE0*
そもそも絶対的真理な「善」と「悪」ってあるのか?
例えば「殺人」でも状況に応じて「善」になったり「悪」になったりする。
そもそも人種、宗教、文化で「善行」や「悪行」は違ってくる。
この手の問題は正直「不毛な問題定義」であろう。
所詮各個人の「価値観」でものを判断するのはそれこそ争いの元凶でしかない。

ちなみに「本能」のまま生きるのが悪なら野生動物は全て「悪」な存在になる。
23  不思議な名無しさん :2015年11月29日 02:48 ID:o6k3Nhbd0*
先行後知か先知後行かって感じ
24  不思議な名無しさん :2015年11月29日 02:51 ID:07iynz4D0*
性善説・性悪説は、本来は、
性善説
人間は最初は善で、次第に悪を覚えていく。

性悪説
人間は最初は悪で、次第に善を覚えていく。

という感じだったと思うんだが。
人は善か悪かという話ではなくて、善と悪のどっちが先かというだけの話であったと記憶している。
25  不思議な名無しさん :2015年11月29日 03:22 ID:Rohohqcf0*
いいスレ

※19
それ難しいんじゃないかな。
軍隊式教育って日本では管理教育って呼ばれたりするけど、この教育方法では教員の決定に生徒が従うことが求められるんだよね。
管理教育では社会性を育むことを目的としていて社会全体の統制に適用させるのに有用とされてたんだけど、同時に生徒の自主性や個性を否定するんだよ。

例えば、校則って多くの場合が学校側から生徒に与えるもので管理教育的なんだけど、ここ最近は生徒の自主性を育むために校則を生徒たちに作らせようって流れもある。まぁ、これについてもいろいろ議論があるけど。

ただ反管理教育が行き過ぎる放任主義も教育として破綻してるから、一概には管理教育がダメとは言われないし、今でも議論が進んでる。
要はバランスなんだろうけど、どちらか一方に偏るのだけは避けるべきじゃないかな?
26  不思議な名無しさん :2015年11月29日 05:54 ID:0IS6bhdR0*
性悪説の悪は「悪い」の意味では無く「足りないところがある」って意味だと思う。また性善説・性悪説は「人間とは本質的に善or悪である」と定義する話ではなくて、「人をより良く導く」という共通のゴールのための、アプローチの仕方の違いじゃないのかな。
性善説は人の良いところに焦点を当てて伸ばしていくアプローチの仕方で、性善説は人の足りないところを躾やルールで補っていくアプローチの仕方じゃないのかな。現実的には両方を臨機応変に使い分けてる人が多いと思う。
27  不思議な名無しさん :2015年11月29日 05:58 ID:DnyLl.rZ0*
赤ちゃんの実験があって白人の赤ちゃんと有色人種の赤ちゃんがいて
白人の赤ちゃんは白人の赤ちゃんの味方するっていう実験があったけど
詳しい内容はググればでると思う 性悪説っていうか
肌の色、人種、民族で争うのは生まれ持って(DNA)レベルなんやなあって思った
28  不思議な名無しさん :2015年11月29日 06:26 ID:CL3NU.u70*
時代に受け入れられたのは性悪説だから、もはや当時では性悪説は善だよね
だから当時も性悪説と呼ばれていたのかはとても気になる
29  不思議な名無しさん :2015年11月29日 06:30 ID:.VHQy6ZZ0*
※25
その自主性ってのが「人の話を聴けること」を前提にしなけりゃ成立しない概念だしな。
その「人の話を聴けること」を躾けられないまま学童年齢に達してるのが大半だから、今の問題があるわけで。

水は低きに流れるんだよ。誰が「自分らが気に入らない校則」自分らで作る?
俺はアナーキストで形成されたコミュニティには住みたくないな。
30  不思議な名無しさん :2015年11月29日 08:01 ID:XDxHbFJ20*
性善説も性悪説もトドの詰り勉強しない(教育を受けない)と偉い人にはなれないよってこと
31  不思議な名無しさん :2015年11月29日 09:27 ID:mo3eXAFc0*
グノーシス派
人間は世界の映し鏡で、人間世界は全知全能なる神が作った完璧世界を
偽の神が真似て作った不完全世界なんだぜ。
でも、俺達はその事知ってるから完璧世界を目指して日々努力しようぜ。
みたいな感じ。
32  不思議な名無しさん :2015年11月29日 10:02 ID:gjvo9I6R0*
善悪は所詮人の間の利害からの視点でしょうに・・・
親子丼好きだし子持ししゃもだって、バリバリ食うしね

33  不思議な名無しさん :2015年11月29日 10:15 ID:c0SsyUWUO*
キカイダーにワルダーってのが出て来るのを思い出した。

彼は善悪の判断が出来ないから正義に生きようとしても正義を挫き悪を助ける結果になってしまう。

結果から考えると悪なんだけど正義の意志から行った結果なんだよね。

関係無いけどワルダーむちゃくちゃ好きだわ。
あの報われない不遇っぷりがたまらん(笑)
34  不思議な名無しさん :2015年11月29日 10:43 ID:t.jQVwor0*
教師に全てを求めすぎな上に学校教育が縛りプレイってのは納得がいくな
なんだか権利ばかりが声高に叫ばれてるような印象
35  不思議な名無しさん :2015年11月29日 11:24 ID:b1SDr8tf0*
※11
無人販売所とはいえ何時誰が見てるかわからないからね〜
たった数百円の物を盗むのに警察沙汰になったら割に合わないから盗まないだけ。
そしてバレなきゃ何をやってもokと考えている奴らが世の中にはたくさんいる。
vw然り旭化成然り
36  不思議な名無しさん :2015年11月29日 13:00 ID:HoE0yHRi0*
>>86
例えば社会のメンバーが2,3人だけなら、それでも通じると思うが
社会のメンバーは一億人ほどいると、「他人の痛みを理解できない極端な奴」が必ず現れる。そいつが「痛みを与える程度なら体罰は許される」と考えてしまうと、そいつの匙加減はとても危険なので、
「やっぱり原則として暴力はやめようね」というメッセージに落ち着く(あるいは均衡するとか収斂すると言ってもいい)

別に社会が許すんならいいよ
「我々はたとえサイコパスが現れても、そのリスクを許容する。リスクを許容しても、体罰で得られる教育的利益がある!」と社会が考えれば、その選択もありだと思う。小さな社会ではあり得るかもしれない。
でも一般的に巨大な社会はリスクを嫌うから、「原則・不暴力」に流れて落ち着く。
37  不思議な名無しさん :2015年11月29日 13:17 ID:Rohohqcf0*
※29
自分たちで選んでやり遂げるっていう達成感が教育には必要なんだよ。
校則だってそう。学校生活を送るために必要なことと不必要なことを自分たちで考えて守ることで達成感を得、さらに自分たちで考えたものだからしっかりと守らなければならないって意識も持つようになる。
あなたの言うように荒れてる学校では自分勝手な校則をつくるかもしれないな。
だからどの学校も工夫をするわけで。

「人の話を聴けること」が本当に躾けられてないと思う?
ほぼ全ての子が躾けられてるよ。
躾けられてるけどそのことから目を背けてる子が大半。
だからこっちからしっかりと接すれば素直に受け答えするし、荒れてた子も自重するようになる。

だからバランスが大事なんだよ。
そのためにどの学校も模索してるから。


あと、、なんでアナーキストを持ち出したの?
自主性をもてば無政府主義者になると思ったの?なんで?
38  不思議な名無しさん :2015年11月29日 13:27 ID:Rohohqcf0*
※36
やっぱり教育において暴力は否定的だね。
その暴力は本当に必要?って言いだすとどの暴力も必要ではなくなる。
暴力による躾け?矯正?がその後の人格形成にどう影響するか、そして体罰を受けて育った子が後々暴力をどう捉えるか。
これらを考えたら教育における暴力に対して肯定的にはならないと思うけど。
39  不思議な名無しさん :2015年11月29日 14:21 ID:lvz5weku0*
教師の行動は子供の将来に大きな影響を与えることは言うまでもない。教師が暴力振るって育てた子供が大人になったとき人に対してもそれをやるようになる。それが「当たり前」として刷り込まれる可能性があることも考えないと。もし暴力を受けた子供があれは必要なことだったんだと大人になって認識したとしてもそれを他人にする理由になる。
さらに暴力によって支配する教師も出てきて子供が意思や疑問を心の内から出せなくなってしまうこともある。
理論上の話において暴力が全く要らないとは言わないけど、現代の教育に組み込まれるべきではないと思う。
40  不思議な名無しさん :2015年11月29日 14:22 ID:JzjGICpX0*
誰が言ったか忘れたが性楽説ってのがあってね。
人間は楽したがる生き物らしい。
性善説は、それが良い方向に向かうと信じて行こうという考え方。
性悪説は、それが悪い方向に行くから正して行こうという考え方。
41  不思議な名無しさん :2015年11月29日 14:36 ID:ulhGW8uQ0*
暴力を否定的は人は体罰しか頭にないから教育はできない
会話で注意することは言葉の暴力だよ
42  不思議な名無しさん :2015年11月29日 14:55 ID:Rohohqcf0*
※41
相手を傷つける言い方をするかしないかがあるだろ
諭すような注意は言葉の暴力とは違う
会話で注意することを言葉の暴力と一括りにするのは暴論だよ
43  不思議な名無しさん :2015年11月29日 15:26 ID:WbWbXF9b0*
最近は間違った性悪説が流行してる気がする
人間は本来悪なんだから
エゴイズムに身を委ねて他人を傷つけるのも当たり前の事で
それについてとやかく言う方がおかしい みたいな
本来の性悪説の観点から観ても間違ってるよな
44  不思議な名無しさん :2015年11月29日 16:04 ID:db.orHTk0*
種の保存の為に、脳の特性タイプが大きく分けると二種類ある。

協力しあい、多くの個体(=団体)を生き残らせるように考える脳(性善説=利他的)と、共食いをしてでも個体として生き残らせようと考える脳(性悪説=利己的)の2タイプ。

性善説側は脳(前頭葉)が高度に発達していないと完成しない(=幼少期は未発達な為、身勝手な行動も目立つ)。

性悪説側は所謂サイコパスと呼ばれる者達。こちらは前頭葉に欠陥があり、本当の意味での善が理解出来ない。

どちらも過酷な状況下で種を保存するように出来ているわけで、現在までの社会の主流は性悪説側が支配する社会だった。今後、地球規模での災害が起きる時、現在とは違う社会になるかもしれない。
45  不思議な名無しさん :2015年11月29日 16:35 ID:3lsqthOB0*
後半にあった躾に関する話だが体罰はあった方がいいよ。
いい、悪いを言葉で諭して理解する子供もいれば言葉だけでは絶対に理解出来ない
子供がいる。そういう子供に対して体に覚えさせる、体験として実感させるってのは必要だよ。そりゃその時はわからないから憎む事もあるだろうが年を取って
精神的に成熟すれば何故殴られたとか理解できるように自然になるだろうから。
それと躾をすべきは本来は親の役目だよ。教師に委譲してやるものではない。
だけど親の前でだけいい子を演じてやり過ごす可能性もあるため社会的に
悪い事をするとどういう罰を受けるのかを教える必要があるんだよ。
スレにもあったように今はそれの逆をいく、躾を出来ないように動かされてる気がするよ。こうなった原因も知ってるがそれをまだ続けるつもりなら国じたいが
傾くだろうね。
46  不思議な名無しさん :2015年11月29日 16:47 ID:6wtkFPlJ0*
間違って使われてる言葉の一つだよな
スレ内でツッコまれてるのにその意味自体が分かってないのかその後も延々と持論述べてるアホも多いし
47  不思議な名無しさん :2015年11月29日 17:07 ID:ahHIUZrI0*
※25
すべてを管理教育じゃなくて、時期を区切ったらどうかな?今の中学生の期間をいわば徴兵期間みたいにするとか
何か顕著な才能のあるものは除外する規定とかを設けてもいい
48  不思議な名無しさん :2015年11月29日 17:23 ID:7qFb5sn7O*
毒親育ちだけど性善説派なんだけど?
>1はただの偏見
49  不思議な名無しさん :2015年11月29日 18:15 ID:Rohohqcf0*
※45
社会性についてだけど、やっぱり社会性を身に付けさせるべきだよね。
人間が社会性の生き物である以上社会的に悪い行動は自重すべき。
ただそれを分からせるのに体罰を使うってのは賛成できないな。
もちろん諭しても理解しようとしない子どもに対しても。

子どもの悪い行いに対して諭すことは大事だけど、教育の現場であるならば並行して子どもの考えや訴えを聞くべきだよ。
どうしてそういう考えに至ったか、ストレスがあるなら何に起因しているのか、家庭の事情であれば親御さんと連絡は取っているか、教師同士で情報を共有しているか、問題行動以外の逃げ道を作ってあげられるか。
どうすれば健全に成長できるかを考えなきゃ。

結局体罰って逃げなんだと思う。
話を聞こうとしないし叱っても問題行動は減らない。よし体罰だ。
問題行動が子どものストレスに起因するかもしれないけど、とりあえず問題行動が減るから体罰だ。
精神的に成熟する保障はないが体罰だ。
大人になったら理解できるかもしれないから体罰だ。
体罰を与えることでその子どもが暴力を振るうことに寛容になるかもしれないが体罰だ。
体罰を受けた子どもを見て周りの子が教師に対して恐怖を抱き、教師との信頼関係にヒビが入るかもしれないが体罰だ。

これはちょっとね…
個人的には反対。


あと躾の話だけど、>>80のような躾観は間違ってるよ。
もちろん躾の範囲に暴力的なものはあるが、それが躾として正しいかは全然違う。
褒めることも口頭で叱ることも躾だ。
50  不思議な名無しさん :2015年11月29日 18:45 ID:Rohohqcf0*
※47
期間的な管理教育ってこと?
どうだろう。
例えば中学だと委員活動や生徒会があって、それぞれが子どもの自主性や社会性の成長に貢献していると思う。
これらを学校側で管理して子どもが自由意思なく従うなら、自主性や社会性の成長って期待できないんじゃないかなーって思う。

ただ管理する側面も大事だと思うよ。
中学生って言っても自治ができる能力もないし教師側の管理ってのはそこそこ必要だとおもう。
けど完全に管理してしまえば成長に期待できない上、高校進学後の委員活動や生徒会、さらには進路決定に大きな問題がでるんじゃないかな。
51  不思議な名無しさん :2015年11月29日 21:10 ID:Q.1.5Hyf0*
欲望の合理性を信じるのが性悪説
欲望の合理性を信じないのが性善説

組織や社会がなければ人もないんだから
52  不思議な名無しさん :2015年11月29日 22:05 ID:Ym5iTY6L0*
>アプローチからの人間評なんであってどっちも本気で正しいとは信じてないぞ

ほんとこれだよな。
ルールとか行動学を考えるにあたるアプローチであって、思想として性善説と性悪説のどちらかを信じてる人ってのは宗教染みてて偏ってると思う。
53  不思議な名無しさん :2015年11月29日 23:11 ID:W6j1mOSO0*
性善説、性悪説が二元論ではない点に注意。

性悪説は、人間は動物と同じなので教育によって正しい行動ができるようにしなければならないという思想。
54  不思議な名無しさん :2015年11月29日 23:16 ID:frGcuv220*
子供を見ればわかる
善も悪もなくただ「純粋」なだけ
そこから様々な経験をしてくうちに自分で性善性悪を見出すのは人間の本質がどうかとは別問題
そいつが人間をどう見てるかだけの個人的なもの
55  不思議な名無しさん :2015年11月30日 04:03 ID:P05eKJWV0*
性善説云々の本題から外れてるが続けちゃう

>※50
中学生ってのは例えであって、小学生でも義務教育終了後でも適切な時期の一定期間に行われればいいと思う
つまり自主性教育の時期と、管理教育の時期と両方体験させられれば良し

また、完全管理をすることが目的ではなく社会規範を叩き込むことが目的なので委員会などやる分には問題ないだろうと思うが、個人的には委員会活動なんかはクジびきで適当に決まっちゃった連中が前例を引き継ぐだけみたいな印象しかないので教育的価値は薄い気がしている
56  不思議な名無しさん :2015年11月30日 11:57 ID:m5s86wcp0*
善も悪も社会を機能させるための概念にすぎない
人間として見れば社会の一員であり続ける為に必要な観念
自分でモラルを育てさせる教育が大事
大人になっても他人に判断を委ねる人が多い
57  不思議な名無しさん :2015年11月30日 14:38 ID:ze6vEna20*
ごく少数クラスにいる授業の進行を妨げるような人間は特殊学級に入れるべき。犯罪者予備軍には別教育が必要。刑務所内の教育方法とかを参考に指導方法を代えるべき。社会で法律を守らなければ刑務所行きは確定です。学校とは社会の縮図であり 学校内で座って話しを黙って聞くというのは最低限つまりは社会の最低限の法律義務を負うような仕組み。それすら守れないのであれば、通常社会生活は営めない。塀のなかで生きてもらうしかない。現状では善良な市民が被害を受けないと社会的制裁は受けないが、本来なら そういったリスクのある人間は問題を起こすまえに隔離した方が犯罪や犯罪組織化もへるのではなきだろうか?頭の良し悪しではなくて道徳的観念の低い人間は社会に野放しにすべきではない。
58  不思議な名無しさん :2015年12月06日 00:50 ID:qqggV4sc0*
老荘思想でええやん

 
 
上部に戻る

トップページに戻る