まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

江戸時代のメシって食っても普通にうまいんかな

2016年01月08日:18:24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 41 )

b9078e1c


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 04:56:33.15 ID:xUNS36jUa.net
わりと最近やん






2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 04:56:54.78 ID:6kGp61xU0.net
味うっすいやろ

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 04:57:15.55 ID:4H12LLW7a.net
米と沢庵とかやで

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 04:58:04.65 ID:Vgfv/syYa.net
団子は食いたい
現代のは砂糖入れすぎ

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 04:58:44.89 ID:xUNS36jUa.net
>>7
茶屋にある団子とかええなぁ

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 04:58:31.16 ID:ARV0Vw2k0.net
食中毒頻発してそう

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 04:59:28.56 ID:Kqrad9njp.net
今の食い物と違って素材の味を大切にしてるぞ

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:00:27.67 ID:zHWucD9Ya.net
>>13
マグロのトロが捨てられたりしてたし
塩分や脂肪分が少ないものが美味しいとされてたんやろな
現代人には合わなそうだわ

310: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:02:10.66 ID:n3o92pGc0.net
>>21
マグロが捨てられてたのは冷凍技術がなかったからだろ
釣り上げても身焼けしてすぐダメになる

511: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:15:35.12 ID:NiTBqI+Wa.net
>>21
トロは漁師たちは珍味としてその場で食ってたんやぞ

518: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:17:18.24 ID:vhR0Ey+Aa.net
>>511
トロは冷凍技術ないから食べられなかっただけやもんな

540: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:25:06.89 ID:XTo/+yA20.net
>>518
よく食べてたのはコイみたいやしな

551: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:33:53.95 ID:VqAoWNOt0.net
>>540
鯉の煮付けは今でもうまいよな
ただ砂糖たっぷりは使えなかっただろうし味は違うかもなあ
よく考えたら今の和食って砂糖中心だし、昔は同じ料理でも味違ったかもな

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:01:25.77 ID:6WTidLQT0.net
再現料理なら旨いやろうけど
本当に当時のなら野菜も米も品種改良もろくにしてないし肥料もしょぼいしで糞みたいな出来やろうしまずいんちゃう

27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:01:44.83 ID:xUNS36jUa.net
農民か武士かでちゃうよな
酒とツマミは相当うまそう

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:03:19.29 ID:zHWucD9Ya.net
60年前が舞台の漫画ですら
こんな質素なもん食ってるから
江戸時代はさらに質素やろなあ

no title

no title

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:04:47.86 ID:nT7fomDW0.net
>>39ちゃんの普段の食生活がボリューミーなだけちゃう?

43: おい@ニコ生@co2287874 ◆puK6.k5z5z5f 2016/01/08(金) 05:04:33.45 ID:y7N6UIvA0.net
寿司屋にのれんがあるじゃん
みんな、あそこで手ふいてたらしいで
くっそ不衛生や

45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:05:00.71 ID:l9oFJWor0.net
昔の人間って虫歯になったらどうしてたの
詰み?

48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:05:42.56 ID:hVg1pu5Q0.net
>>45
はい、詰みです

57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:06:57.40 ID:IQSl6DBD0.net
>>45
詰みやで
ポックリ死ぬ奴が多かったのは歯周病由来の心筋梗塞が多かったんちゃうか

98: (大阪府) (ワッチョイ a459-HLfL) 2016/01/08(金) 05:16:31.63 ID:6QPwo+jJ0.net
>>57
なんで人間の歯って進化せえへんのやろうか

124: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:21:36.45 ID:IQSl6DBD0.net
>>98
人体は食生活と生活習慣で変化するから
「予防」という観念が進化を妨げてるんとちゃうか

予防を全部やめれば虫歯にも肥満にも性病にもハゲにも強い奴しか生き残れんから
そういう遺伝子のみが選別されて生き残る
人口激減するやろけどw

50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:06:05.36 ID:Xmz+RsHE0.net
味噌汁にうどん入れて味噌煮込みうどんとか言ってた時代の奴らだぞ、うまいわけない

51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:06:20.15 ID:7uf/gcrjd.net
てか現代の食事は味濃すぎるんだよなぁ

68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:09:02.17 ID:WrGuidT70.net
身分高くても良い食事できるにしても
出てきたときにはめっちゃ冷めてそう

88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:14:09.32 ID:pBey3wqJ0.net
>>68
冷めてるのはしゃあないとしても、量がね・・・

将軍が食べるお魚は、御年寄(大奥の偉い人)がむしってあげるやで
んで、一箸でも食べると、
「おかわり」といって御中臈(専用メイドさん)がお次のものから同じお魚をうけとる
このおかわりは三度までで、
ぶっちゃけ量がほとんど食べられなかったりするやで

106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:17:53.15 ID:nT7fomDW0.net
>>88
魚の片側だけやと思っとったわ
教育マンガで不漁やった時にタイをひっくり返して殿様騙し取るシーン思い出した

129: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:22:57.28 ID:pBey3wqJ0.net
>>106
それはお殿様ちゃうかな

将軍はタブーに囲まれた暮らしなんで、めっちゃ不自由やで

食べ物も、野菜ではネギ、ニラ、にんにく、らっきょう、わかめ、ひしきが許されない
魚介類では、いわし、さめ、ふぐ、なまず、どじょう、ふな、牡蠣、あさり、赤貝が許されない
獣肉はすべて厳禁
鳥で食べてええのは、鶴、雁、鴨、なぜか鳥扱いの兎の四種のみ

言うまでもなく、他にもぎょうさんしきたりがあって、めっちゃ制限が多いんや

77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:11:17.80 ID:Tlzo9Xa80.net
そもそもここ20年くらいでも劇的に料理はうまくなってると思うで少なくとも平均レベルは
昔のコンビニの弁当とかクソまずかったもん

80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:11:40.17 ID:50Kc9XWoa.net
白米が贅沢ってあたりでもうお察しよ

81: おい@ニコ生@co2287874 ◆puK6.k5z5z5f 2016/01/08(金) 05:11:50.11 ID:y7N6UIvA0.net
水戸黄門が日本で最初に食ったラーメンより
今のラーメンの方が絶対うまいわ

93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:15:17.01 ID:GOV4u5of0.net
白米ばっかり食ってたから脚気になっとんたんやなかったか江戸ッ子は

99: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:16:57.23 ID:Tlzo9Xa80.net
>>93
米もりもりでおかずはたくあんと煮干しちょろっととかやったらしいな

114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:19:44.26 ID:koZr6lSu0.net
>>99
宮沢賢治の雨ニモ負ケズで米食い過ぎやろって突っ込まれるとそう説明されるやね

101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:17:03.64 ID:mDFrAIWL0.net
>>93
それを解消するかのようにビタミンが豊富な蕎麦が江戸自体から爆発的に流行した

95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:16:09.53 ID:au4xIosF0.net
料亭とかは今からみても
かなり凝った料理があったらしいな
庶民の普段の食事とか喰えたもんやないやろうけど

96: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:16:25.84 ID:zHWucD9Ya.net
玄米って別にまずくないと思うんやけどな
まずいのは炊飯器で白米と同じ炊き方しとるからやろ
この時代はちゃんと玄米に合わせた炊き方してくれるはずや

108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:17:57.33 ID:6WTidLQT0.net
>>96
むしろ時代が古ければ古いほど炊き方なんかに拘らんやろ
米をちゃんと炊きはじめたこと自体が江戸の中盤とかからやで

111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:18:40.70 ID:72Fk+2xA0.net
剣客商売の時代の食というページによると

○普段の食事
一汁一菜が基本で御飯に味噌汁、香の物におかずが一品つく。現在のように普通の家庭でも日常の食事に何品もおかずが並ぶようになったのは戦後の話である。

腹減りそう
昔の人は少ないおかずで米ばかり食べてたみたいだが(貧乏なとこは麦飯)
http://homepage2.nifty.com/kenkakusyoubai/zidai/taberu.htm

118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:21:09.88 ID:iVzqolZM0.net
なお宮沢賢治は三ツ矢サイダー飲んでる金持ちのもよう
貧乏人は米すらそんなに食ってなかったやろなあ

165: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:31:02.46 ID:Vgfv/syYa.net
>>118
実家は呉服屋のボンボンやぞ

173: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:33:47.91 ID:+jiDiCRy0.net
一般国民
雑草と虫とアワ

上級国民
米米アンド米

178: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:34:46.04 ID:nT7fomDW0.net
>>173
糖尿病不可避

186: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:36:23.76 ID:wd7OyncLr.net
>>178
むしろ米ぐらいしか糖分とれなかったんわないか?

200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:39:59.87 ID:bX2Dn5Tq0.net
>>186
飴は麦から作れるし茶屋みたいな甘味処もあったやろ
砂糖は貴重品やったろうけど

218: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:42:39.42 ID:pBey3wqJ0.net
>>173
いや、江戸時代は料亭文化がえらく発達しとるで

京都、大坂、江戸の三都を比較した『守貞謾稿』によれば、
すでに当時の料亭に、西の食文化と、東の食文化の違いがハッキリ出とるらしい

京坂は、諸白酒(にごり酒)と醤油による味付けがメインで薄味
江戸は、みりんと砂糖、醤油でくどい味付けとのこと

でも『守貞謾稿』では、総合的に、江戸の料亭の方が一番合理的だと褒めてる
京坂だと鯛は丸ごと焼いて出すんでかなりムダがあるけれど、
江戸はちゃんと三枚に下ろし、値段もボラないらしい

289: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:56:02.07 ID:XTo/+yA20.net
>>218
そんなん富裕層やで
丁稚奉公や農民という多数は超質素やろ

301: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:00:18.03 ID:6Q7279280.net
>>289
どっかの商家の記録には奉公人は毎食汁物無しで大根の醤油漬け程度のおかずで飯を大量に食ってたとか残っているらしい
あと宮本常一の本で日本の地方の農民はほとんどが単食だったとか書いてあった

174: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:33:55.74 ID:72Fk+2xA0.net
江戸じゃなくて鎌倉時代に関する研究者の本では
昔は娯楽が少なくて普段は博打に興じるか勢い酒を飲んで騒ぐかするくらいしかないので笠懸のようなスポーツ的な催しは人気があったと書いてあった
平安貴族なら香合わせとか貝合わせとかやってただろうけど
武士でも歌会とかはやってた人もいるけど庶民には一般的に縁がないし武士でも好みが分かれそう
あと舞や田楽を見るとかそれより時代が下ると能とかさらに下ると歌舞伎とか読み本とかやな

189: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:36:59.08 ID:72Fk+2xA0.net
まあ当時は移動も大変だし人と集まるのも苦労するからな
遊びも時代が下ってから登場する読み本とか浮世絵鑑賞とか以外は大半がイベントのようなときしかできないもの
庶民なら祭りとかそういうときくらいしか遊ぶ機会がないんやろな

210: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:41:32.04 ID:ZdzKQa970.net
>>189
こうしてみるといかに現代が娯楽に恵まれてるかわかるなあ

184: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:36:09.66 ID:Dla/+jrT0.net
江戸時代は感覚的には今よりずっと平和な世の中なんやろな
と思ったけど飢饉とかあるし微妙やな

190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:37:07.39 ID:7kRHY+cua.net
言うても大量に米を食って信じられない程に動けばコレぐらいの身体になったらしいで

no title

196: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:39:16.50 ID:mgx14gDB0.net
>>190
江戸時代に筋トレとか無いだろうにバキバキに仕上がってるやん・・・

204: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:40:55.58 ID:teZOOAWu0.net
>>190
背筋メッチャすげえ

208: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:41:27.74 ID:wd7OyncLr.net
>>190
引き締まってるンゴねえ

269: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:52:53.98 ID:9aKbV7hj0.net
>>190
何よりもこの構図センスが粋やわ

484: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:08:01.53 ID:7SJhqVfed.net
>>190
右は元犯罪者か?

488: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:09:40.78 ID:ZQ2JIg3Ed.net
>>484
大工、石工、漁師、鳶は入れとったもよう
死にやすいやつは大概

499: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:12:40.25 ID:7SJhqVfed.net
>>488
はえー昔の人の刺青は犯罪者しか入れんもんかと思ってたけど当時からファッション感覚で入れとったのか
勉強になったで

504: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:13:38.38 ID:50Kc9XWoa.net
>>499
顔が潰れてたりしても身元が分かるようにやで

517: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:16:44.47 ID:NKdExjEn0.net
>>499
もうちょい遡ればそもそも刺青って坊さんが入れとったんやで
仏さんを彫ることでご利益がある、みたいな
今の時代でもタイとか行くとこんな感じで坊さん刺青入りまくっとる
no title

で、建築とかそっち系は寺とか神社つくるやん?せやから寺からそっち方面に伝わったんちゃうかって説もあるらしい

530: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:21:54.65 ID:ZQ2JIg3Ed.net
>>517
菩提寺持たずの人が入れるんはそういう流れがあったみたいや
我が身が菩提寺というか死に場所が墓みたいな

223: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:44:27.99 ID:ERPuS/2L0.net
西洋だと蜂蜜が砂糖より早い時期から甘味として重要な役割占めてるけど
日本の養蜂の歴史がようわからんな
やってたんかね養蜂

234: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:46:58.24 ID:pBey3wqJ0.net
>>223
古代からやっとるで

麦芽を利用した水飴は平安時代からつくられとる

237: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:47:12.66 ID:72Fk+2xA0.net
都市部で一日三食が定着したのはだいたい元禄年間かららしい
要因としては新田開発や元禄期の経済成長で夜でも明かりをつけられる家が増えたことが大きいとか
それよりずっと古い時代は1日2食だったしたいしたもん食えなかったし夜に暗くなるとほとんど何もできないから現代人よりも朝型の生活だったっぽい
朝廷の仕事も昼には終わってたみたいやしな
ただ鎌倉期からすでに武士は戦闘時には5食くらい食べてたらしいが

242: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:48:37.49 ID:mDFrAIWL0.net
江戸と一言にいっても初期か後期かで全然違うわな

259: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:51:10.53 ID:teZOOAWu0.net
>>242
飯は不味くても魚の乾物とどぶろくがあればイケるぜ

253: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:50:21.12 ID:pQo9BoEn0.net
うなぎのかば焼きとか絶対現代と大して味変わらんやろ

273: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:53:16.32 ID:ZQ2JIg3Ed.net
>>253
ワイらは養殖の脂ノリノリに慣れてるからな
どうやろ

279: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:53:40.94 ID:p+YCRfG7D.net
>>253
蒲焼って明治とかそのあたりじゃなかったっけ

291: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:56:51.52 ID:bX2Dn5Tq0.net
>>279
江戸東京博物館に当時の蒲焼きの模型あるで
開いてなくて筒状やけど

292: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:56:51.73 ID:S6yndFcx0.net
飯と漬け物と梅干しとみそ汁
こんなもんやろ?
余裕でいける、むしろ普段のワイの飯よりいい

298: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:58:56.28 ID:S6yndFcx0.net
納豆は江戸時代にあった?
納豆とみそ汁ありゃワイはまじで江戸で生きれる

302: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:00:27.18 ID:teZOOAWu0.net
>>298
もちろんあったで
肉類無いときにビタミンB類とれるから貴重やな

307: ◆pe5a2XkkHI 2016/01/08(金) 06:01:42.12 ID:JQOkDKlX0.net
>>298
納豆はかなり一般的な食材だったらしい。

317: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:04:36.95 ID:L3xicNdRa.net
ワイのイメージする江戸の食事
https://m.youtube.com/watch?v=44tQfAY60xg


320: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:06:50.39 ID:PiM1bynkp.net
江戸の庶民って米ばっかり大量に食ってたんやろ?
流石に飽きるわ

333: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:14:22.76 ID:pBey3wqJ0.net
>>320
米より、お醤油、味噌、光熱費の方が高かったみたい

文政年間(1818~1830)の大工さんの収入・銀一貫587匁6分を、
現代の円になおすとおよそ202万円

そして米代が44万円で、調味料と薪炭代が88万円
お米をたいて調味料をかける程度ですでに家計の70%が使われている

334: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:14:30.12 ID:wd7OyncLr.net
アイヌ民俗とかはどんな食事してたんや?ゴールデンカムイ読んでると肉が美味しそうに描かれてるけど

342: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:17:10.27 ID:72Fk+2xA0.net
>>334
鹿鹿アンド鮭、ユリの鱗形、山菜、畑で栽培された雑穀やジャガイモ、味付けは油脂
農作物がなかなか育たない地域なので米は貴重品で日本人との交易で手に入れてた

344: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:18:18.73 ID:pBey3wqJ0.net
>>334
シシャモのうまさを日本人に教えてくれたアイヌの人びとには、何度感謝してもしたりないで

最高やでシシャモ

343: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:18:09.05 ID:9fobmNrj0.net
江戸時代は人口増えるに連れて燃料需要も爆発的に増えて山がどんどん禿げとったからな
明治に入ると工業化で更に禿げまくって当時の写真とか見るとほんま悲惨やで

348: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:22:30.11 ID:72Fk+2xA0.net
>>343
昔はエコだったとかじゃなくて単に人類の勢力による自然破壊の進行度が自然の回復力に追い付いてなかっただけって感じなんやろな

350: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:23:20.64 ID:IDJj3YlGd.net
江戸時代の寿司は食ってみたいンゴねえ

358: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:26:31.62 ID:72Fk+2xA0.net
>>350
おにぎりくらいの大きさがあった模様

no title

362: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:27:36.22 ID:pBey3wqJ0.net
>>350
わいは江戸第1の料亭といわれるお店、八百善のお茶漬け食べてみたい

一両二分(今だと5万円くらい)もするンゴねえ・・・

365: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:29:13.60 ID:W2HyAedA0.net
>>362
米粒から厳選し、漬物は促成栽培した野菜を用意するとかいう
注文してから出てくるまで5、6時間は掛かるという
成金御用達の茶漬けのことか

376: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:31:45.89 ID:pBey3wqJ0.net
>>365
それですわ

水まで選んどるんで、もうわいには理解できん世界

353: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:24:29.44 ID:KNtBjXBX0.net
前にタモリの番組か忘れたけど江戸時代のお店のレシピみたいのが残ってて
普通に美味しそうなレシピで江戸時代の江戸の庶民は裕福だったんだなぁと思ったよ

364: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:28:29.85 ID:dH8gXSNJH.net
味は薄い罠

379: ◆pe5a2XkkHI 2016/01/08(金) 06:32:58.92 ID:JQOkDKlX0.net
>>364
いや、むしろ大量の飯を少量のおかずで食うために味付けは濃い目だったらしい。
西洋料理を食べた幕末の侍たちの感想で多いのは「油っぽい」と「塩気が薄い」だったそうな。

拙者は食えん!―サムライ洋食事始
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103057734/ex-news-22

367: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:29:39.52 ID:nT7fomDW0.net
>>391
さっき映像の世紀見とったで

473: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:05:24.72 ID:YY0a524X0.net
ある日の伊達政宗の膳の献立

・赤貝焼き
・ふくさ汁→仙台味噌と京都の合わせ味噌を使うように指定。具は雉肉と豆腐、青菜の茎
・ご飯→一回の食事で二合半、丼にして三杯ほど食べていた
・雲雀(ひばり)の照り焼き
・鮭のなれ寿司
・香のもの(大根の味噌漬け)
・海鼠腸(このわた)
・栗と里芋(デザート)

普通にうまそう

249: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 05:49:45.72 ID:10nzq10k0.net
あと150年後には同じように語られるんだろうな
平成の食い物wwwwとか

引用元: 江戸時代のメシって食っても普通にうまいんかな



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
江戸時代のメシって食っても普通にうまいんかな

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年01月08日 18:35 ID:WVbO.VJ.0*
ワカメって野菜なのか?
2  不思議な名無しさん :2016年01月08日 18:48 ID:Zu1kP.kb0*
砂糖は超貴重品でも、甘酒、米飴、水飴、蜂蜜、みりんとか甘味は色々あったんだよなぁ。
廉価品とは言えないけど。
3  不思議な名無しさん :2016年01月08日 19:05 ID:2q84.3x00*
昭和初期の主婦向け料理雑誌とか見ると、割と裕福だぞ。
太平洋戦争で一気に落ち込んで、食い物のレベルが昭和初期相当に戻るのは昭和50年代以降だ。
4  不思議な名無しさん :2016年01月08日 19:25 ID:G6QD1h340*
超絶しょっぱいよ
あと量をきっちり測らないので出来に差がありすぎるかな
5  不思議な名無しさん :2016年01月08日 19:34 ID:KfbMX0Eh0*
※1
ワカメは藻類だな。モの仲間だ
6  不思議な名無しさん :2016年01月08日 19:47 ID:9XQe.8AV0*
この時代って香辛料系があんまり使われてなさそうだし、塩味だけじゃちょっと・・・
醤油や味噌はあるから最初は何とかなるかもしれんが絶対に飽きる
7  不思議な名無しさん :2016年01月08日 19:50 ID:3U0KLPkv0*
タイの坊さん?めちゃくちゃイケメンだな
8  不思議な名無しさん :2016年01月08日 19:55 ID:G6QD1h340*
というか江戸時代の飯と言っても、都市部か地方か武家などの上流階級か庶民かで全然違うよな
米なんて換金作物だから農村でもそうそう食べられなかっただろうし
9  不思議な名無しさん :2016年01月08日 20:00 ID:cBl1e.i00*
江戸時代以降なら武士だろうが町人だろうが
その日に何を食べたかわかるような日記とか帳簿が
いくらでも資料として残っているのでそういう文献読みあさるのも楽しいよ
基本的にご飯汁物野菜が一品でタンパク質は豆腐や納豆などの大豆が主だったのよ
今日は魚もらった。とか皆でタニシとってきたとか
飢饉でもない限りそれなりにまともな食生活だったと思われるよ
10  不思議な名無しさん :2016年01月08日 20:34 ID:tMW9jNrn0*
レシピを見る限り江戸時代はかなり美味しそうよ?
百珍ものは作るというより単に楽しむための読み物で作れなそうなのも多いけど。
11  不思議な名無しさん :2016年01月08日 20:50 ID:Tt.sDSU50*
昔の塩ジャケなんてもう塩味しかせえへんかったやん・・・
塩塩アンド塩ほんのり魚味。
そりゃあ嫌でもご飯進みますわ
12  不思議な名無しさん :2016年01月08日 20:56 ID:AHKYuMMU0*
味よりまず量・保存性だしの
レパートリーも少ないし、最初は良くても続かんよ
13  不思議な名無しさん :2016年01月08日 20:59 ID:uwe9sNY30*
歯って歯の遺伝子書き換えれば再生するようになるんじゃね?
まあもうどっかで研究してるんだろうけど
14  不思議な名無しさん :2016年01月08日 22:05 ID:OB.wyVRE0*
伊達政宗は自分で料理の研究までする食通大名だから、他の大名もこのレベルだったわけではないよ
(美食がたたって晩年はメタボに……)
15  不思議な名無しさん :2016年01月08日 22:06 ID:ZEPyTF180*
現代のはというが、そんなの作る人のさじ加減じゃん
16  不思議な名無しさん :2016年01月08日 22:10 ID:VnCSSZyIO*
たくわんはいいかもな
17  不思議な名無しさん :2016年01月08日 22:10 ID:DxKjlp9l0*
銀平飯科帳見ろよ
18  不思議な名無しさん :2016年01月08日 22:11 ID:fBaalf.60*
江戸時代の漬物はすごい塩辛いよ
保存食だから今みたいに減塩なんてしていないから
19  不思議な名無しさん :2016年01月08日 22:37 ID:KEb0mFgs0*
>あと150年後には同じように語られるんだろうな
>平成の食い物wwwwとか

150年後は食糧危機
一日とうもろこし一個
20  不思議な名無しさん :2016年01月09日 00:02 ID:DU5xD9Mz0*
当事のレシピの多くは分量やコツも含め正確に残ってるけど
現在の外食より遥かにレベルが低くまずい事がはっきりしているし
世界的に有名な高級料理や調理スタイルについても同様
オタクが好む例だと魯山人の感覚もお前らとさして変わらない事が周知されつつある
もちろん知識基盤や美的感覚の違いはある
21  不思議な名無しさん :2016年01月09日 00:39 ID:KxHJaUM.0*
何このタイのぼうさん、めっちゃイケメンなんですがww
タイプ。。
22  不思議な名無しさん :2016年01月09日 01:09 ID:yXbOXiKo0*
今の方が余程いいわ
殿様より良いもん食ってるわ
毎日ではないにしろ、政宗位の食生活なら生活保護でも出来る
23  不思議な名無しさん :2016年01月09日 01:23 ID:84KEnK1w0*
田舎は調理場が囲炉裏だけの家ばかりで釜戸有る家は裕福なくらいだから鍋一つでできる雑穀の雑煮ばかりだぞ。
24  不思議な名無しさん :2016年01月09日 01:29 ID:.Hi.1vR20*
やっぱり、今が一番いいな。
25  不思議な名無しさん :2016年01月09日 01:42 ID:pc8MD3Ps0*
江戸の武家では毎日毎日なます食ってたらしいよ。
26  不思議な名無しさん :2016年01月09日 02:05 ID:Tf1tCAiS0*
飯二合半食った上に寿司まで食ったんか
27  不思議な名無しさん :2016年01月09日 03:00 ID:2pEVIA0S0*
江戸時代の江戸の料理がうまいわけ無いだろw
何のために菱回船があったとおもってんだw
28  不思議な名無しさん :2016年01月09日 03:30 ID:uOiyDYpv0*
やっぱ藤子不二雄aの絵柄って不気味やわ
29  不思議な名無しさん :2016年01月09日 04:24 ID:Aju6s12C0*
野菜も今ほど品種改良してないから全然別の味しそう
30  不思議な名無しさん :2016年01月09日 07:46 ID:4UZtIn76O*
>96
炊きたてならともかく昔は温かいご飯は朝だけで昼と晩は冷や飯だから玄米は美味しくないよ
31  不思議な名無しさん :2016年01月09日 11:14 ID:tPg5ZkZ3O*
風が吹いてきたな
32  不思議な名無しさん :2016年01月09日 14:42 ID:tfAMpdGM0*
鬼平犯科帳観てみろよ。
33  不思議な名無しさん :2016年01月09日 14:56 ID:4BWapVd.0*
池波正太郎の著作にはチョイチョイ出てくるね
一宿一飯の恩義っていうけど根なしの旅人にメシを振る舞う時
やはり米を2合山盛りでどんぶりに盛ってた

いまの食生活に慣れちゃうとメシだけ食いは辛そうに思えるけど
白米なら案外いけたんではなかろうか
34  不思議な名無しさん :2016年01月09日 17:15 ID:Td5FpiS.0*
冷蔵庫が偉大すぎる
35  不思議な名無しさん :2016年01月09日 21:32 ID:t8.uLPrA0*
戦後や明治時代は貧困層激増だからな。
お前ら江戸期に農民がいたと思い込んでるしそう習ったはずだ。
それが嘘で洗脳なんだよ。

百姓に生まれても男性は、大人になったら農業はやらないんだよ。
だから識字率が高かったんだけど。

ちゃんと己で一級史料を調査してね。教授もキャリアから底辺から幼児に
至るまでね。そうやって洗脳していくんだよ。
36  不思議な名無しさん :2016年01月11日 23:37 ID:smUrnyyk0*
ハゲに感染すると死ぬみたいなレスわろた
37  不思議な名無しさん :2016年02月19日 20:14 ID:mf3KvyY50*
裕福だったのは江戸とかの都市部だけ
中国で上海とかが豊かなのと同じ
38  不思議な名無しさん :2016年06月06日 01:33 ID:jsfhtqKy0*
脱穀技術も違うし
そもそも小さな石とか取り除けない
39  不思議な名無しさん :2018年03月21日 11:17 ID:cjZuWGKV0*
>戦後や明治時代は貧困層激増だからな。
明治期や戦中戦後が、国家が国民から富を吸い上げて使いまくりの時代だったからな
国民食うや食わずにしてもやらないといけないことがあったが
それにかこつけてぼろもうけした人らもいたわけで
なお安倍総理周辺はそのあたりの亡霊が
40  不思議な名無しさん :2019年04月06日 01:20 ID:Z3gJmp1O0*
日本人が脂の旨みを美味しいと認識出来たのは明治以降や、マグロのダンダラ(トロ)も江戸っ子からしたら不味くて喰えないから捨ててたんや。
41  不思議な名無しさん :2019年11月11日 16:27 ID:6XU7o.MV0*
宮部みゆきの時代小説を読むたびに腹が減る

 
 
上部に戻る

トップページに戻る