まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

ギロチン考案した奴って狂ってるよな

2016年01月14日:20:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 62 )

ギロチン


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:01:17.29 ID:v/LJBMmN0.net
それを採用する奴も頭おかc






6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:02:04.87 ID:8TKj3AFda.net
せやろか
ギコギコ首切るよりよっぽどええやろ

138: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:29:03.86 ID:LlFjjnR30.net
>>6
江戸時代の死刑で竹製ノコギリで首切りとかあるんやろ
その発想が恐ろしいわ

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:02:28.74 ID:KXA3o1bo0.net
わりかし人道的やぞ

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:02:50.99 ID:aNyGdrV6a.net
あの時代はみんな頭おかしかったよな
ワイもそれが当たり前やと思ってた
フランス革命とかいう超野蛮な革命wwwwww
http://world-fusigi.net/archives/7992475.html

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:02:57.20 ID:aTfQ/oCvM.net
フランスやったなたしか
ギロチンにビビって対仏大同盟結成されたくらいやし

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:02:57.65 ID:WSppn6ZE0.net
地味に絞首刑が一番狂ってる
たまに死なないらしいし

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:03:18.77 ID:EzANVJBH0.net
自分も処刑されたんやなかったっけ

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:04:17.24 ID:0daunKN6a.net
>>13
1789って舞台ではこれで苦しまなくても済むってセリフ言って
最後の方死ぬで

147: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:30:49.94 ID:qN9sn3jhd.net
>>13
導入提案者のギヨタン自身がこの装置で処刑されたという俗説が有るが、事実ではない。ギヨタンは人道主義者の医学博士で、フランスの保健政策に尽力した後、1814年に肩の腫瘍が原因で死亡した。

ジョゼフ・ギヨタン

ジョゼフ=イニャス・ギヨタン(1738年5月28日 - 1814年3月26日)はフランスの内科医、政治家、博愛主義者である。処刑器具のギロチンは彼の姓に由来しているが、彼はギロチンの発明者ではない。このような断頭装置は少なくとも13世紀にはすでに存在した。また彼は後述するように開発者でも製造者でもない。

1789年10月10日、彼はフランスの死刑に機械的な装置を使用することを議会に提案した提案者である。

ヨタン自身がこの装置で処刑されたというのは広く知られた都市伝説で、間違いである。彼は帝政期まで医療福祉の分野で活躍し、その実際の死因は左の肩の癰であった。
wiki-ジョゼフ・ギヨタン-より引用

Joseph-Ignace_Guillotin_cropped

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:03:35.51 ID:nZop5dFF0.net
ファラリス「おっそうだな」

18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:04:08.84 ID:KwflYMcZF.net
そもそも首チョンパが人道的かどうかはともかく、苦しまずに首を切るという点では失敗もないし一番人道的ではないか

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:04:17.12 ID:jaCa3oQm0.net
良心的かどうかなんて本人しかわからんやろ

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:05:54.46 ID:Ty19LwVRd.net
初期ギロチンは首落とし切れなかったり相当な苦労があったらしいけどな…

32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:06:45.72 ID:fwTJliMNa.net
ギロチンって、切られた後も10秒くらい意識あるらしいぞ
斬首 ― 切断された人間の頭部は意識を有するか
http://x51.org/x/06/05/0417.php
斬首-

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:11:37.30 ID:IC90OAM5a.net
>>32
んなわけないやろ
10秒ってめちゃくちゃ長いぞ

121: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:23:26.09 ID:/OfNO+B+a.net
>>63
瞬きいつまで続けられるかという実験があって17秒ぐらい続けられた

128: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:25:56.90 ID:hGCUGxuAd.net
>>121
斬ったあとすぐに呼びかけると声する方に目線行くらしいな

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:06:46.51 ID:+hRh2bp1H.net
絞首刑とか電気椅子は死刑用具としては残酷すぎや
睡眠薬からの毒注入かギロチンにしてどうぞ

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:07:28.94 ID:PdQ+9GDa0.net
サクッと逝けるし失敗したりしないし処刑人の負担も軽くなるからいいもんらしいで
ソースはダンスマカブル

40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:07:49.29 ID:0daunKN6a.net
薬物で殺すのもアメリカの製薬会社が嫌がってなかったっけ

62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:11:24.46 ID:zaUg3ixhM.net
>>40
ヨーロッパの製薬会社や
死刑廃止してる国が本社やのに
死刑用の薬販売してるって非難囂々やから

47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:09:10.92 ID:PvyWjgvk0.net
処刑人がヘタクソだとなかなか死ねずに苦しみまくる・・・
せや!全自動処刑機械作ったろ!

割と人道的やん

53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:10:12.39 ID:1eFgxVQkd.net
火の中入れれば片付けも楽なのにな

56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:10:37.28 ID:aZCgo+G80.net
なお死刑廃止論者の模様

60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:11:20.53 ID:D2kk86UEa.net
ワイが怖いのはギロチン窓よ
あんなん外に首出せんわ

64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:11:39.66 ID:CpUl8PPB0.net
首切り人「あっしにはもう出来ません」
王様「しゃーない、機械にたよろか」

めっちゃふつうの流れやん

69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:13:10.86 ID:QzLyobzwd.net
サンソンは死刑廃止について何度も嘆願してるし自分が刑罰によって傷つけた人達の治療に熱心だったり面白いよな

74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:14:03.97 ID:0daunKN6a.net
ヤギに足裏延々なめられるとかも嫌やで

87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:15:57.01 ID:zaUg3ixhM.net
チャールズ1世とか首切り役人の不手際で無駄に苦しめられて
さらに死ぬ直前の王者の態度もあって
凄い同情集める事になったし
民衆に変な気起こさせない為にも
失敗しないギロチンのがいい

105: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:19:34.93 ID:fIGODxBm0.net
ギロチンのおかげで死刑くっそ効率的になってフランス革命捗った

107: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:20:36.20 ID:ssJorQCY0.net
>>105
はい王政復古

113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:21:45.25 ID:K8/l+DQB0.net
ギロチン自体より衆目の前でやるってのが狂っとる

119: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:22:58.77 ID:2kin3IxW0.net
>>113
あれガス抜きでやるんやぞ

145: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:30:27.08 ID:McCDfGbq0.net
>>113
昔は処刑見物が娯楽やったっていうやん日本でも

114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:22:09.97 ID:U0JN5VKKd.net
最初は刃が地面に平行でスパっと切れずに首の途中で止まったから無理やり刃押し込んでたんだっけ
刃斜めにしたらキレイに首落とせたとかなんとか

116: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:22:37.75 ID:7wg7LR6g0.net
金持ちも貧乏人も人道的に死なせてやるための大発明やぞ
残酷処刑みたいな扱い受けてる現在をみたら開発者ブチ切れやろうなあ

124: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:25:03.15 ID:68WbYi7m0.net
暗黒街のふたりって映画でアラン・ドロンがギロチンで処刑されるとこがグッと来るぞ

127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:25:50.24 ID:xnfnfxZGd.net
武士なら切腹なんだよなぁ
自分で死ななあかん方が嫌や

129: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:27:08.10 ID:IEDo4To9d.net
考案した奴も自分の首を切断する装置になるとは思ってなかったやろな

133: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:28:38.19 ID:z4ik0ru9a.net
>>129
それ都市伝説

135: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:28:45.04 ID:lonQyfiTd.net
処刑人に斧で首落とされるよりはギロチンのが良いンゴ

137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:28:59.62 ID:vykxIXkFM.net
ギロチン家「改名して…改名してクレメンス…」

144: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:30:01.51 ID:8lzHaQiK0.net
ものすごい中世のイメージやったが
死刑廃止される直前の1970年代くらいまでは
処刑方法として普通に使われてたんやな

59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 13:11:08.69 ID:CX4fcBT2d.net
そんなギロチン刑を嬉々として見に行く観衆が一番狂ってるぞ

ギロチン

ロチン(仏: Guillotine)とは、2本の柱の間に吊るした刃を落とし、柱の間に寝かせた人の首を切断する斬首刑の執行装置。フランス革命において受刑者の苦痛を和らげる人道目的で採用され、以後フランスでは1792年から1981年まで使用された。

フランス革命勃発後、内科医で立憲議会議員だったジョゼフ・ギヨタンは受刑者に無駄な苦痛を与えず、しかも身分や貧富に関係せずに名誉ある斬首の刑が適用できる、「単なる機械装置の作用」によって「人道的」な処刑を行うよう議会で提案した。ギヨタンの提案は初め嘲笑を以て迎えられたが、彼の再度の提案と説得によりその案が採択され、ギロチンは、1792年4月25日に議会で正式に処刑道具として認められた。これは従来の処刑器よりも苦痛を与えないとされた。

wiki-ギロチン-より引用

090306entiere




引用元: ギロチン考案した奴って狂ってるよな



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギロチン考案した奴って狂ってるよな

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:17 ID:qxX.EXvL0*
イノサンを読もう
2  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:17 ID:.AnPikwtO*
ギロチン、発明者の名。
3  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:19 ID:.AnPikwtO*
苦痛ないが、階段昇るまで
4  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:24 ID:koBtnV5F0*
でもギロチン拘束はいいよね
5  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:25 ID:nEUc39ko0*
逆に楽に殺してやるための開発されたんだよね。苦しまないように。
今だにイスラム系の国では代々首切り役人の家があって死刑執行してるよね。
因に35年前ぐらいまでギロチンでの死刑がフランスで行われてたから、あの頃人間はって言うほど昔じゃなく、現代人の過去の話しだよね。
6  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:26 ID:bfj.Zl1l0*
鈴の音が…
7  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:38 ID:neB8xv.y0*
世界で行われている死刑の例

絞首刑:日本・韓国
薬物投与:アメリカ
銃殺:中国・北朝鮮
石うち:アフガニスタン
斬首:サウジアラビア

その他歴史的処刑法:ファラリス、串刺し、はりつけ、牛裂き

牛裂きや磔とかに比べれば、ギロチンって大分人道的だよね
8  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:41 ID:WMix34dd0*
刃を斜めにしたら斬れ味良くなんじゃね?、ってアドバイスはルイ何世?(アントワネットの旦那)じゃなかったっけ?
9  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:41 ID:I5MNGaGA0*
※1
マリーが出しゃばり過ぎてお腹いっぱい
10  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:47 ID:es6KS6lC0*
日本の場合は切腹じゃすぐには死○ないから
切腹した後 介錯人が首を斬る

最初から介錯人に斬ってもらうだけでいいのにと思うが
11  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:50 ID:7n.FnRz60*
ダンス・マカブル読んでみんしゃい。
12  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:55 ID:Yt09uAb30*
ファラリスのが一番残酷だと思う
火炙りならまだ分かるが鉄板の上でとか考えられない
13  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:56 ID:4pHgsUa30*
拝一刀「よんだ?」
14  不思議な名無しさん :2016年01月14日 20:57 ID:T.vd6u98O*
アンリ・サンソンだっけか
15  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:09 ID:k.vBv1Ac0*
首が飛んだからとて0秒で死んだりはせんやろ
数秒かかるわな
16  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:13 ID:RPyXze2z0*
日本の切腹も介錯人が下手こくと地獄らしいし
首落とすのって難しいんだろうな
17  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:23 ID:.eCW2f.w0*
ここまで来ても山田浅右衛門の話題は無しか・・・

15代続いた斬首人で、最も腕が良かったのは13代目。
傘を差しながら片手打ちで罪人の首を切り落としたという・・・
18  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:26 ID:neB8xv.y0*
※16
そりゃ、切腹の際の介錯人ってのはその腕を認められたってことで誉れだからな。余程信頼されてなきゃ務まらん

首に限らず、刀で人を切断するってのはかなり高度な技量が必要だから、江戸時代は首切り浅右衛門って、御様御用っていう刀の試し切りおよび死刑執行のプロフェッショナルがいたくらいだしな

ちな、山田浅右衛門は代々襲名する首切りの名前で、最高峰のヒト斬りの名手であり、さらに死刑囚の肝を薬として売ることで莫大な富を築いた家系でもある。それくらい、試し切りおよび死刑執行人は特別扱いされてた
19  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:27 ID:nEUc39ko0*
※10
斬首と切腹はまた別。
切腹が許される場合はそうすることにによって名誉が守られる意味があって家も守られたり家族も保護されたりする場合もある。
切腹が許されない重罪や敵対関係等の場合に斬首や磔等がされたはずでお家取り潰しだの家族は追放だのされたり。
あと、武士以外の身分は磔等の刑だよね。
20  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:42 ID:nEUc39ko0*
※18
ある意味特別扱いには違いないだろうけど、名誉のある役目じゃなく穢れた役目と見なされてたんじゃないかな。
浪人としての非正規の役目な訳だし。
穢多頭なんかも穢れた身分とされながら凄い豊かで力あったみたいだし。
※17
イスラエルの首切り役人も片手で切るよね。長い片手剣で。動画何個見たことあるけどほんとポロって首が落ちるんだよね。 まるででかい野菜でも切るみたいに。
21  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:44 ID:uy1R5QDh0*
イスラム国動画見てると切る側も血まみれになって大変そう
残酷だが効率的
22  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:46 ID:Bdsrn7mW0*
苦しまないように・・・ってのはガセだからな

ギロチンはフランス革命の思想である「平等」を体言するために作られた
王政時代の刑法では貴族は斬首(名誉刑)、平民は絞首刑(侮辱刑)だったが
革命で平民の政治犯が増えたために首切り処刑人の数が足りなくなったので
機械的に処刑が実行できるようにとギロチンが導入された
ちなみに直線だったが刃を斜めに改良したのは他ならぬルイ16世だった
23  不思議な名無しさん :2016年01月14日 21:58 ID:KA9c.ntS0*
一瞬で死ぬのが1番いいかな
24  不思議な名無しさん :2016年01月14日 22:03 ID:uGeRgUjE0*
飛び降りや人身事故の写真取りまくってる連中おるし現代人も十分狂っとる
25  不思議な名無しさん :2016年01月14日 22:07 ID:IfQkV55u0*
首切り人っていいよな
人の首はねて金がもらえるんだから
26  不思議な名無しさん :2016年01月14日 22:11 ID:neB8xv.y0*
※20
山田浅右衛門に関しては、確かに穢れとして見る説もあるけど、それだけではなく諸説ある

一つは技術水準のため。山田浅右衛門を襲名するには、人を両断できる技術力が必要であり、後継者がその水準に達しなかった場合は処刑人を遂行できないため、技術があるものがいる間だけの臨時雇いという扱いだったという説

もうひとつは収入源のため。山田浅右衛門は幕府から知行を受けるそこらの武士よりもはるかに高額な報酬である「死体」の扱いという特権を受けていた。なので、死体収入と知行を天秤にかけて「死体」の方を選んだという説もある

そもそも、山田浅右衛門は幕府からは金銀拝領設けてたし、各大名家から処刑代行の依頼も受けていたし、各大名からの刀剣鑑定依頼も受けていた。名刀の中には、「山田浅右衛門に鑑定を受けた」ってことがステータスになっているものもある。

それだけその技術には幕府や各大名が一目置いていたのは明らかだと思うし、処刑人がそれだけ特別視されていたって証明だとも思う。まあ、もちろんその特別の中には「穢れ」も含めた特別さがあったとはおもうが
27  不思議な名無しさん :2016年01月14日 22:41 ID:PINSGHcN0*
※1
※22
車輪裂き刑という残酷。
28  不思議な名無しさん :2016年01月14日 22:51 ID:GG4Lm5280*
※1
本誌からどっか移ってから見てないけど、どうなったんだ?
29  不思議な名無しさん :2016年01月14日 23:14 ID:iGUTwB080*
>首を切った後も意識はあり、呼びかけに反応する
家族の処遇を条件に実験されたのは事実
ただし一瞬でコミュニケーションが成立しなくなったという報告の方が現実的な内容であり
呼びかけに応じたとする記録を残した人間は利害関係があるので信用に値しない
また、斬首に限らず胴体の負傷でも同様の結果になるケースが多い事はローマが多数の事務的な記録を残している事からも明らか
30  不思議な名無しさん :2016年01月14日 23:20 ID:nVU.lxvM0*
死刑を、反対してる奴らは自分の身内が惨殺されて、犯人が逮捕されて犯行の動機が人を殺して見たかった!誰でも良かったってなった時に同じように死刑反対っていえるの?
31  不思議な名無しさん :2016年01月14日 23:53 ID:WrchUwx00*
1791年に刑法が改正されて身分関係無く死刑は斬首になったんやけど、
現場サイドからそんなん無理って反発が来たからギロチンが作られたんやで
同時期の北欧とドイツは身分関係無く斬首やから恐怖政治さえ無かったら
剣や斧でも間に合ったと思うけど

死刑執行人の腕前や精神状態に依存しないし、確実で一瞬やから悪い発明じゃ無い
32  不思議な名無しさん :2016年01月15日 00:05 ID:ejBe41zy0*
そのうち遠い未来で
『絞首刑は狂ってる!!』って言われるよ
33  不思議な名無しさん :2016年01月15日 00:30 ID:PFy5Q13J0*
エフエル塔ができた後に、前の広場でギロチン公開処刑していたはずだけど。
ギロチン処刑は1981年までやっていたんだよな。
34  不思議な名無しさん :2016年01月15日 02:01 ID:.TLHNrEY0*
運用開始 1792年
最後の公開処刑 1939年
最後の執行 1977年
法律で廃止 1981年

絞首と比較してどちらがより残酷かは考え方の違いに過ぎないが、
1939年まで公開していたのはヤバいと思う
35  不思議な名無しさん :2016年01月15日 03:38 ID:P.GWpnin0*
※30

そりゃ当たり前よ
ある意味「意地」だから
36  不思議な名無しさん :2016年01月15日 07:57 ID:piMZb0Xs0*
三島由紀夫も介錯がうまくいかずに、なんども首を切りつけられたって言うしな
人間の首って結構頑丈だから、上手い奴がやらないと地獄を見る
37  不思議な名無しさん :2016年01月15日 08:52 ID:XJlWmVQp0*
当時の時代背景も碌に知らんのに現代の価値観で狂ってるって片づける人って…
38  不思議な名無しさん :2016年01月15日 09:01 ID:arNp.jf40*
その前は斧で首切ってたんやろ、
ギロチンが異常とは思えないわ。
39  不思議な名無しさん :2016年01月15日 09:22 ID:n9PnwFaM0*
イノサン読むとスレの見方が変わるなぁ
40  不思議な名無しさん :2016年01月15日 09:55 ID:gTWB7.MM0*
死刑執行人が斧で首落としていた時代なんだから、十分人道的だろ。
下手な執行人だと、ちゃんと首に当たらなかったり、斧が途中で止まってゴリゴリ切ったり、何度もやり直したりと、そういうのがよくあったらしいから。
41  不思議な名無しさん :2016年01月15日 11:16 ID:WRaMOZPv0*
*15
生命活動が即座に停止しなくとも、頸動脈切れた時点で即座に意識は無くなるからな。
動いてたとしてもただの反射運動に過ぎない。
42  不思議な名無しさん :2016年01月15日 11:17 ID:WRaMOZPv0*
*24
人間なんていつの時代も狂気を孕んでるものよ。
43  不思議な名無しさん :2016年01月15日 12:04 ID:QHyDtIPW0*
斬首刑はギロチンとかの機械的断頭装置がないことは剣とか斧で叩き切ってたけど下手糞な処刑人が何度も切りつけても撥ねられないのに業を煮やして観衆が処刑人を逆に処刑したって話があったな
44  不思議な名無しさん :2016年01月15日 12:59 ID:.IhlA3hpO*
首斬り役人の剣を見たことがあるが刃がなかった
西洋の剣は殴る使い方で、生身用に特別に刃を付加する考えはなかったのだろう
「金定規」でいくら打っても首は落ちまい。ギロチンは良心的だと思うわ
45  不思議な名無しさん :2016年01月15日 14:35 ID:jis65SG70*
エクスキューショナーソードの話だったら突かないから刃先がついてないだけで刃はついとるで?
46  不思議な名無しさん :2016年01月15日 14:49 ID:eZadVE8B0*
スペインの頭にネジで穴開ける処刑法より人道的なんだよなぁ
スペインのも人道の観念から決められた処刑法だけど
47  不思議な名無しさん :2016年01月15日 16:50 ID:gK0mjqYl0*
ナチスの頃でもやってたみたいだな
なんかの映画で見た
48  不思議な名無しさん :2016年01月15日 16:58 ID:QPdyqQ3i0*
やったことあるが意外と痛い
49  不思議な名無しさん :2016年01月15日 17:14 ID:2gB0lqqb0*
スパーンと切れるならいいけどなあ
途中で止まるとかやだなあ
50  不思議な名無しさん :2016年01月15日 20:29 ID:kK6o4HJx0*
切断された後の頭部は20~30秒程は刺激に反応するようですよ
切断面を粗末に扱うと、痛がる表情をしたり
意識があるのか無いのかは不明
51  不思議な名無しさん :2016年01月15日 21:46 ID:j2l1qOV40*
アサシンクリードユニティでギロチンがあったけどあれはスパッと切れてた。でも本当は何回も落として切るのか…
人道的つってもやっぱ苦しそう
52  不思議な名無しさん :2016年01月15日 23:43 ID:nUigvQyb0*
※50
切断した手足だって数十秒から数時間反応はするし
首を切り落とした鳥だって一週間くらい生きてるそうだよ
53  不思議な名無しさん :2016年01月15日 23:55 ID:3UyqNkJc0*
※51
何回もってのは初期の試作型ギロチンね。後期の完成形ギロチンはスッパリ行く
54  不思議な名無しさん :2016年01月16日 01:47 ID:QJiN55tTO*
そもそも苦しまずに一瞬でコロす為に開発されたのがギロチンと聞いたが。

絞首刑はかなり試行錯誤あったらしい。
紐が短いと窒息死で長く苦しむし、長いと首が千切れる。
55  不思議な名無しさん :2016年01月16日 03:22 ID:cTwuUGl.0*
民衆「今日ギロチン行くんだけど一緒にどお?」
民衆「いいね!その後パプみたいとこで一杯飲もう!」
56  不思議な名無しさん :2016年01月16日 08:40 ID:gAR6.8b20*
人の苦しむ姿見て喜ぶ民衆が怖い
罪人だしええやろって感じなんだろうけど何が面白いんや
57  不思議な名無しさん :2016年01月17日 01:43 ID:o6B861kx0*
※56
他人の不幸は蜜の味って言葉があるんやで
人間の本質は動物やから血が見たくなるものなんや
現代人なら他のことに精一杯で原始的な欲望は食欲、性欲を満たせば済むが
58  不思議な名無しさん :2016年01月18日 04:20 ID:7hopEdlG0*
気持ち悪いからそろそろ終わりにしておくれ。
59  不思議な名無しさん :2016年01月19日 14:30 ID:kcKy5PCf0*
血や苦しむ姿を見たいんじゃなくて、生存本能からくる興味じゃないか
いまでも刑事ドラマなんかで殺人事件ものが受けるのと同様に
こうすると人は死ぬ、というのを学習する
60  不思議な名無しさん :2016年01月19日 23:33 ID:CV4nuzfDO*
そもそもギロチンでは苦しまないだろ。
安らかにシねる道具なのに政治的に利用されたのが問題。
61  不思議な名無しさん :2016年01月26日 05:09 ID:hoVY1AJA0*
ファラリスのキ○ガイ具合に比べれば大分人道的
62  不思議な名無しさん :2017年03月19日 19:10 ID:.pwou24Z0*
処刑確定の人からしたら、見せしめのために時間と手間をかけてじわじわと殺されるよりは、ギロチンでスパッとのほうがどんだけありがたいか、だわな。

あと、当時のフランスは斬首刑は貴族(男)だけが受けられる「名誉ある死」だったそうだから、貴族でも平民でもギロチン(斬首刑)ってことは「平等で人道的」ってことで、ギロチン導入は喝采ものだったらしい。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る