不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    27

    精神分析学者が割と真面目に質問に答える



    3: 各無し ◆DoRiANFOUo 2016/02/04(木) 00:34:02.298 ID:8gIhHqu30.net
    自分の分析したら如何?

    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:35:20.893 ID:xZzucZYv0.net
    >>3
    呼吸と同じくらい当然にしてる

    17: 各無し ◆DoRiANFOUo 2016/02/04(木) 00:37:00.842 ID:8gIhHqu30.net
    >>11
    うらやましい

    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:35:26.804 ID:Dm/eVEW10.net
    仕事のない日は引きこもりになるんですけど、どうしたら子供の頃のように外で遊ぶのが楽しいと思えるようになるのでしょうか?

    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:39:36.903 ID:xZzucZYv0.net
    >>12
    まず、君の抱く「外」のイメージは?

    君にとって、外が象徴しているものね。

    29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:42:40.769 ID:Dm/eVEW10.net
    >>23
    「内」のイメージは「家、守られている空間、誰にも会わなくていい空間」
    外のイメージはその逆。別に引きこもってて平気だと割り切ればいいんだけど、人が怖い気持ちと人恋しい気持ちの両方があって勝手に心が疲れます

    36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:47:12.658 ID:xZzucZYv0.net
    >>29

    なるほど。

    「外」は他者であり、他者は脅威というイメージがあるんですね。

    では、君にとっての「他者」が象徴するものをもう少し噛み砕いて表現できそうかな?

    43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:51:32.113 ID:Dm/eVEW10.net
    >>36
    他人とは、自分を監視している存在、自分が相手にとって都合のいい限りは自分を脅かさない存在

    56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:00:28.889 ID:xZzucZYv0.net
    >>43
    では、君は他者にとって都合よく振る舞うかどうかを他者から監視されているんだね。
    それに反すると、どのような形で脅かされるのかな?

    69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:08:14.609 ID:Dm/eVEW10.net
    >>56
    無視される、陰口を言われる。
    付け加えると、多分これは両親を投影してるんじゃないかと思ってます。

    82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:25:39.447 ID:xZzucZYv0.net
    >>69
    つまり、否定される予感に苛まれるという事かな。
    幼少期における両親(最初の他者)との関係性は、以降の対人関係に影響するので、その考察は正しいと感じます。

    85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:28:56.207 ID:Dm/eVEW10.net
    >>82
    やはりそうですか。
    それを少しでも改善するためには、具体的にどのような行動、あるいは動機づけが有効だと思いますか?

    94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:40:16.150 ID:xZzucZYv0.net
    >>85
    アーロンTベックの認知行動療法が有効だと思いますが、一人で実践するのは難しいです。
    本気で治療を検討されているならば、臨床心理士がいる心療内科へ一度行かれる事をオススメします。
    誰しもが健康である事を望みます。
    セラピーを受ける事は、はずかしい事でもなんでもありません。

    98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:44:31.496 ID:Dm/eVEW10.net
    >>94
    ありがとうございます。

    14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:35:54.898 ID:pK3yaHl+0.net
    パニック障害治したい

    15: 漆黒烏龍茶 ◆XLARGE//0c 2016/02/04(木) 00:36:44.476 ID:Cfe8P8V30.net
    カウンセリングうけたい

    18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:37:26.851 ID:c9DoqNpP0.net
    強迫性障害治したい

    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:41:31.939 ID:IH8xzBkRa.net
    ユングって最終的にヨガやってたって本当?

    31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:43:07.465 ID:xZzucZYv0.net
    >>26

    本当だよ。
    ユングは宗教やアジア哲学や非常に強く関心を持っていたから。

    39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:48:06.882 ID:IH8xzBkRa.net
    >>31
    本当なんだな

    催眠術って現代でも有効な手段?
    催眠術の悪影響で一番大きいものは何だとおもってる?

    32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:43:10.372 ID:9MGtE9Fca.net
    6歳くらいまでの育児の影響って大人になってから取り戻せる?

    41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:48:55.073 ID:xZzucZYv0.net
    >>32
    幼少期に形成されたフレームワーク(外界≒他者との関係の持ち方)を変えるのは難しいけれど、不可能ではない。

    34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:44:18.956 ID:2ovC921I0.net
    退屈なんだがどういう心理なの?ちな半年前までは精神が不安定で退屈なんて微塵も感じたことなかったんだが

    44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:52:08.945 ID:xZzucZYv0.net
    >>34
    環境の影響も考えられるから、その情報だけでは退屈感情の原因を一概に分析できない。

    38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:47:23.650 ID:9MGtE9Fca.net
    人間以外の動物と人間に精神的な面で違いってあんの?

    49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:55:16.728 ID:xZzucZYv0.net
    >>38
    精神をどのように定義付けるかによる。
    とりあえず、人間の心は言語の発生、発展と共に比類なき複雑な構造が生まれたのは間違いない。

    52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:57:59.219 ID:5clwd0Bba.net
    >>49
    アスペって本当に障害なの?

    70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:10:24.824 ID:xZzucZYv0.net
    >>52
    発達障害の類。
    障害と言う言葉は基本的に、社会に適応する上で支障をきたす事を指して設けられている。

    42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:50:08.675 ID:AUj267hh0.net
    壊したくなる心理
    大切にしたいから壊す心理

    53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:58:31.529 ID:xZzucZYv0.net
    >>42
    破壊衝動は積極性や能動性への源水であり、自然な感情だよ。
    要はそのエネルギーをどのような形態へ変化させるかが問題。

    大切にしたいから壊すというのは、具体的にはどんなもの?

    104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:50:33.214 ID:GZH9V+Dkr.net
    自己愛性人格障害に精神分析は効果がありますか
    それとやっぱり治療法は今でも連想法とか感情転移とかなんですか?

    112: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:01:19.869 ID:xZzucZYv0.net
    >>104
    他レスでも出しましたが、パーソナリティ障害に対して比較的用いられる事が多いのは認知行動療法です。
    精神分析といっても、アプローチ法は無数にあるので、連想法や転移はセラピーの工程や過程に属するものです。

    126: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:30:55.774 ID:xZzucZYv0.net
    >>118
    もちろん治療可能性はあります。

    50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:55:48.596 ID:9MGtE9Fca.net
    ゲーム理論って10年位前にいろんなジャンルに飛び火したけど精神分析学には何か影響あった?

    66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:05:55.257 ID:xZzucZYv0.net
    >>50
    軽くwikiで見たけど、どちらかと言えば心理学の領域。
    精神分析学は全体よりも個別志向の傾向があるから。

    60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:02:23.052 ID:zeY5/48l0.net
    精神分析学者って、精神科医と哲学者とどう違うの

    77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:20:44.190 ID:xZzucZYv0.net
    >>60
    ザクッと言えば、
    精神科医=病名を診断する人、何を投薬するか決める人
    精神分析学者=セラピスト
    心理学は英訳のpsychologyで、psychoはラテン語でプシュケ(魂)ね。
    魂に関する探究は哲学において古代から思索的に行われていたけれど、心理学はそれを自然科学を用いて探求する学問。

    90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:34:35.434 ID:zeY5/48l0.net
    >>77
    じゃあ、>>1は臨床の現場に出てるってこと?
    自然科学なら脳科学と関連すると思うのだけど、帰納的な研究ばっかじゃない?
    演繹的な仮説検証型の研究ってあるの?

    100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:45:32.272 ID:xZzucZYv0.net
    >>90
    脳科学的なアプローチもありますが、それもアプローチ法や判断基準の一要素でしかありません。
    心理学で重要なのは実証性なので、帰納的な研究になるのは致し方ない所があります。
    演繹的な仮説検証型は、ユング派で少なからず見られます。

    110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:59:05.035 ID:zeY5/48l0.net
    >>100
    脳機能をあまり考慮しない心理学(笑)に対して前々から疑問なのだけれど、
    見えもしない心を対象として、妄想に近い色々な理論を立てたり前提に立ったりするのは、自然科学なのかい?
    それは、宗教とか哲学の分野に近しい気がするんだが
    または、漢方みたいな似非統計学と言い換えてもいいかもしれない

    119: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:12:08.182 ID:xZzucZYv0.net
    >>110
    心理学が脳機能を考慮しないという根拠が不明ですが、少なくとも心理学は実験・実証性に重き、心の機能に関する構造や一定の法則性を研究している学問です。

    62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:02:39.335 ID:HxtrrEXE0.net
    戦争してた昔もPTSDとかあったの?

    78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:21:16.465 ID:xZzucZYv0.net
    >>62
    どれくらい昔の事を言っているの?

    83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:25:41.258 ID:HxtrrEXE0.net
    >>78
    PTSDが発見される前
    戦争じゃなくても何かしらのショックからでもいいや
    そんでそれに対してどういう対処や治療がされたか

    91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:36:30.673 ID:xZzucZYv0.net
    >>83
    存在するにはしたと思いますよ。
    ただ、歴史的に見ると殺人に対する禁忌が近代になるほど良心への浸透が深まっています。
    PTSDは心的外傷なので、心が何によって傷(悪い影響)を受けるかというのは、良心の在り方とも関係しています。

    124: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:21:30.974 ID:HxtrrEXE0.net
    >>91
    そういう昔からの対処法に精神分析学は解釈を与えたり場合によっては取り入れたりしてないの?

    68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:07:14.970 ID:CRIbutyu0.net
    精神分析学者から見たニーチェとかの評価はどんなもん?
    善悪の彼岸とか道徳の系譜とかあそこらへん
    結構精神的な側面についても言及してる気がするんだけど
    個人的な意見でもなんでもいいんでお願いします

    79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:22:16.927 ID:xZzucZYv0.net
    >>68
    ニーチェは類まれなる心理学者。
    尊敬しているよ。

    72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:11:31.087 ID:xcEv7JyUx.net
    精神分析って廃れてきてない?

    84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:28:51.579 ID:xZzucZYv0.net
    >>72
    廃れてきてるという感覚は全くない。
    魂の領域は広大で未開の地の宝庫であり、常に新鮮な発見がある。
    これからいよいよ必要になってくる学問だと感じている。

    80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:23:56.686 ID:TxlBwtuQa.net
    数学の分野からアプローチしてみたりしたりする?

    86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:31:01.860 ID:xZzucZYv0.net
    >>80
    ラカンなんかは数学的なアプローチをしていますね。
    どちらかと言えば、私はユング派よりなのでアプローチの方法は少し異なります。

    89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:33:59.435 ID:I6TX5zDua.net
    >>86
    そういう派閥があるのか
    複数の派閥からアプローチしてみて何かが繋がったと感じた事はある?

    96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:42:33.117 ID:xZzucZYv0.net
    >>89
    究極的には全て繋がりますよ。
    精神分析学の派閥だけではなく、全ての学問に言える事ですが。
    とかく、どのアプローチを体得するかは、後は気質と相性の問題です。

    93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:39:23.199 ID:2ovC921I0.net
    進化論(生物学)と精神分析学は反目してると思う?

    101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:46:20.625 ID:xZzucZYv0.net
    >>93
    特に反目しているとは思いませんよ。

    105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:51:26.548 ID:2ovC921I0.net
    >>101
    たとえば進化論的に言ったらPTSDとかは全く不合理だと思うんだけど、この点についてはどう思う?なんのためにPTSDが必要だったのか?こう考えるとPTSDとかはただ文化的に形成されたものなのでは?一部で多重人格が医原病と考えられているのと同じ感じで。

    117: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:07:30.423 ID:xZzucZYv0.net
    >>105
    進化論の唯物的側面からのみ見れば不合理に感じるからもしれませんが、今では進化論を心に適応された学説も提唱されています。

    120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:14:03.088 ID:2ovC921I0.net
    >>117
    いや、それも考慮に入れたうえでおかしいと思うんだよね。心に応用しようがなんだろうが適応度的にどうかが進化論の肝なんだから。PTSDにどんな適応度があるの?
    俺はトラウマの存在とか信じてないんだけど。少なくとも社会構成主義的な産物だろうと思うわけ。

    128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:40:29.564 ID:xZzucZYv0.net
    >>120
    一度、読んで見られると腑に落ちる点が多々あると思いますよ。
    ここで一言では説明できるほど単純な説ではないので、実証例などを参照のもと、ぜひご覧ください。

    95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:41:59.923 ID:2ovC921I0.net
    精神分析家になるための試験は必要だと思う?いまは自分で名乗ればなれるわけだけど

    103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:48:06.085 ID:xZzucZYv0.net
    >>95
    臨床心理士があるので、特に必要は感じませんよ。
    精神分析学もサイコセラピーにおける一つのアプローチ法であり、職業として独立する必要性は感じません。

    97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:43:28.426 ID:2ovC921I0.net
    やっぱりフロイトには批判的?それとも肯定的?

    106: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:51:59.387 ID:xZzucZYv0.net
    >>97
    特に肯定も否定もありません。
    ただ、無意識の発見者(概念の創始者)であるフロイトの功績は計り知れないと感じます。

    99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:44:37.509 ID:2ovC921I0.net
    「自己嫌悪」についてどう思う?過剰な自己愛の裏返し?

    108: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:53:31.294 ID:xZzucZYv0.net
    >>99
    一概には言えませんが、単純に解すならば理想自己と現実自己の葛藤でしょうか。

    114: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:02:52.187 ID:2ovC921I0.net
    >>108
    なるほど、俺もそう思う
    だから理想自己が極端に高いとまずいんだよね。最近俺自身が実感したことだわ

    102: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:46:43.809 ID:BtRTYrqAa.net
    ある存在を肉体、精神、魂と3つに分ける前提とする時
    精神と魂の違いって何だろう?

    107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:52:39.096 ID:7jIu0HdB0.net
    >>102
    横レスやけどこれ最近よく考えてるわ
    精神は機能で、魂はその機能の在り方(と肉体の在り方)を決めてるより根源的な性質のことだと思う

    109: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 01:56:39.574 ID:xZzucZYv0.net
    >>102
    その分け方が極端な気もしますが、意識、無意識でいかがでしょう。
    これ等は不可分であります。

    111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:00:03.166 ID:BtRTYrqAa.net
    >>107
    >>109
    機能と機能のあり方
    意識と無意識か

    ありがとう!参考にする!

    116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:03:50.835 ID:7jIu0HdB0.net
    >>111
    もうちょい書いてみると
    精神つったら理性とか知性とか悟性とか直観とかそういう認識に関する"働き"のことかなと、少なくとも伝統的には
    魂とか霊性ってのはそういう精神の働き方、用い(られ)方のクセとか個体差みたいなのを指す、という感じでとらえてる

    121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:17:19.167 ID:BtRTYrqAa.net
    >>116
    詳しくありがとう!
    本当に些細な疑問だった故に語る言葉を特に持っておらずなんか申し訳なくなった

    113: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:01:31.397 ID:2ovC921I0.net
    ・精神分析家として人間と動物を区別する最大の違いはなんだと思う?
    ・精神医学という名の権力の暴走を止めるにはどうすべきだと思う?
    ・メディアによくでる心理学者のように、勝手に人が人を分析することに対してどう思う?例 : 「家庭環境がうんぬん…容疑者には心の闇があったと考えられます」

    125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:29:35.880 ID:xZzucZYv0.net
    >>113
    回答1、"人間"は象徴に過ぎず、言わば宗教における"神"のようなものです。
    人間の発生は、人間という偶像の発生及び、この偶像に対する信仰が起源です。
    心象を象徴化する力、すなわち言語、またこの言語を体系化する思考、これらの発展並びに発達によって、我々は動物から自らの像を分離せしめました。

    回答2、暴走しているという認識がありませんでした。

    回答3、あれは心理学者ではなく、エンターテイナーだと感じます。

    127: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:36:09.439 ID:2ovC921I0.net
    >>125
    なるほど、ありがとう

    129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 02:42:05.407 ID:xZzucZYv0.net
    そろそろ眠ります。
    参加者の皆さまに感謝します。
    また、機会があればご参加下さい。



    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2016年02月04日 23:13 ID:Iw.YDmI40*
    分析はできるけどそれがあっているかどうかは誰にも分からない。
    当然何かに対する対処法など的外れでしかない。
    生きててなにか価値あるの?
    2  不思議な名無しさん :2016年02月04日 23:43 ID:xDDy3IbT0*
    心の病気とかで自分の心をしょうがなく掘り下げて探究した人なら、対処法がないなんて思わなくなるだろう。結構、心の動きって法則性があると思うし、それに気づいて、それまでの経緯関係なく改善を目指すこともできる。人によって環境や生い立ちは千差万別だけれども、逆に言うなら全く同じ条件で育つこともない。生まれ持ったものは変えられないし不可抗力だけど、そこから動くのは自分の力でも可能。自分の場合、無理だと思う心や、病を一発で簡単に解決しようと思う意思こそ、心の不健康の根本的な原因だった。つまり、深層心理での無意識的な甘え(あまり使いたくないけど)があったからだと気づいた。その原因は親の教育や環境だったろうけども、解決策はまた別の次元の話だった。
    3  不思議な名無しさん :2016年02月04日 23:44 ID:RL.r.06c0*
    精神分析学者=セラピストって何なの?
    臨床の現場に出てるかどうかも答えてないし
    4  不思議な名無しさん :2016年02月04日 23:55 ID:apfuIyJh0*
    なんか適当に煙に巻いてる感じ。
    実社会でどういう仕事しているんだろう
    5  不思議な名無しさん :2016年02月05日 00:38 ID:6i36XXw40*
    こういう胡散臭いのってもう昔ほど流行んないんだろうな
    6  不思議な名無しさん :2016年02月05日 00:43 ID:sHLbYQO90*
    フロイト先生のウソ


    これ嫁
    7  不思議な名無しさん :2016年02月05日 01:05 ID:chRuPkXQ0*
    終始礼儀正しくて感じが良かった
    便所の落書きはすぐ喧嘩売ってくる奴が多いから困る
    8  不思議な名無しさん :2016年02月05日 01:58 ID:BFG2BTSP0*
    なにこの気持ち悪い言葉遣い
    9  不思議な名無しさん :2016年02月05日 02:11 ID:s3fTRFe40*
    医者じゃなくてCPだな。こんなところで油売ってないで、とっとと心理検査のレポート上げろや!
    10  不思議な名無しさん :2016年02月05日 02:32 ID:XfUkyxFD0*
    絶賛勉強中の大学生かな
    11  不思議な名無しさん :2016年02月05日 04:25 ID:NZvXZnQE0*
    治療としての心理学はもうオワコンなのに何言ってんの?今更
    12  不思議な名無しさん :2016年02月05日 08:10 ID:q0qzpvPh0*
    ユング派の精神分析家など存在しない
    それくらいユングは精神分析とはかけ離れている
    13  不思議な名無しさん :2016年02月05日 10:43 ID:BEihKVyQ0*
    何かすげー古い
    現役感とか現場感が全然無いのは
    学生だから?
    14  不思議な名無しさん :2016年02月05日 11:04 ID:wtsVK5U20*
    「精神分析家」になるには他の分析家から教育分析を受けなきゃいけないんだけどな
    15  不思議な名無しさん :2016年02月05日 11:55 ID:kVn7qUW.0*
    精神分析学はともかく、最近の哲学や心理学は神経科学と接近しつつあるだろ。
    日本の心理学科・哲学科は文系が多いからそう思われても仕方ないけどな。
    16  不思議な名無しさん :2016年02月05日 13:55 ID:U..WVxG30*
    こういうのに簡単に流される層がいるからコンスタントに自己啓発の本が売れるのよ
    17  不思議な名無しさん :2016年02月05日 16:18 ID:kUQ.IKVW0*
    いくつか違和感を感じたけど、いくつか流派みたいなものはあるからね……
    例えばPTSDのくだりだとか進化生物学のとこだと、自分なら第一次大戦の戦争神経症→死の欲動(『快原理の彼岸』)のとことか説明して、精神分析の独自性の部分を説明するけど。
    ちなみに死の欲動について、フロイトは生命の起源から存在する(あらゆる生物に死の欲動がある)とし、ラカンは言語に由来する(人間にのみある)とし、自我心理学系はそもそも基本的に存在を認めない立場だったと思う。
    18  不思議な名無しさん :2016年02月05日 18:00 ID:.p8QcMkk0*
    けっきょく、いろいろ分類して過去の成功例を言い立てるだけで、まったく役に立たないのが精神分析。
    精神科医には、文学だ、とか言われる始末
    そらそうだよ、薬投与すれば治る奴の話をグダグダ聞いてたって時間ばかりかかる
    精神を触るのだって医療行為
    よってカウンセラーとかいうエセ医療行為は禁止してほしいわ
    19  不思議な名無しさん :2016年02月05日 18:50 ID:XV5TFXLj0*
    すげー偉そうなのは伝わった
    君よばわりとか
    ですよ。ご参加ください。とかな
    みんな素直やな
    20  不思議な名無しさん :2016年02月05日 19:14 ID:CmtdhBpI0*
    精神分析はハッタリだらけ。科学的根拠も全くない。
    分析する側の主観が入りまくってるから、全員が同じ人をみて同じ所見が出せない。それを、セラピーと称して介入し高額もっていくから尚タチが悪い。占い師と同じ。
    広がっていくどころかどんどん廃れていくと思うし廃れるべき学問。
    21  不思議な名無しさん :2016年02月05日 23:03 ID:lhEYR1H00*
    エンターテイナーよりは匿名で身元もわかんないけどこういうスレ主のがまだ身近に感じてしまう。。
    22  不思議な名無しさん :2016年02月05日 23:31 ID:l.VG31OC0*
    ※20
    誰しも自分の精神、心理には関心を持ってるから、何だかんだ言って精神分析が廃れるってことはないとは思うがね
    変な商売や宗教に引っかかる人間がいるくらいだ。いつまで経っても人間は盲目だよ
    科学的根拠というが、その科学ですら日進月歩で塗り替えられているんだから、精神の在り方がどういうものかだなんて言える日は到底こないだろう
    23  不思議な名無しさん :2016年02月06日 08:02 ID:BiRo4c.B0*
    ※22
    だからこそ目に見えない、分析しようのない精神面を分析するのは危険な行為。
    臨床心理士の資格をとるために精神分析を勉強したけど結局教授たちに突き詰めた事を聞くと
    そんなものわかるか!の一点張り。
    でも我々は治療してます!治せます!だからね。費用対効果の話を出すと
    我々は治療してるわけではなくてクライエントの自己治癒力がーと言い出す始末で
    言うことコロコロ変える。


    行動分析、応用行動分析っていうクライエントにも分析する側にも優しい心理学があるから
    こちらの方が今後主流になってほしいんだけどな…
    米国では既に沢山の心理士が取り入れてるけど日本は60年くらい遅れてるからなぁ
    24  不思議な名無しさん :2016年02月07日 17:17 ID:kkV0vByO0*
    牧師さんぽいな。
    25  不思議な名無しさん :2016年02月15日 05:17 ID:sWlHnsaS0*
    ひらがなで話してほしい。
    小難しいこというのは現実逃避なんじゃない?

    具体策を!
    26  不思議な名無しさん :2017年01月28日 15:32 ID:5RQuvZSt0*
    精神分析なんてアメリカじゃ30年ほど前から下り坂だろう??
    日本でももうあんまり聞かないよ。
    認知行動療法は大流行だけど。
    27  不思議な名無しさん :2019年05月22日 19:47 ID:UdsJ4t7U0*
    わい、精神病理学研究する院生。スレ主の言ってることはガバガバなので、 ファミレスの隣の席に座ってる人が話してる内容を聞く程度の気楽さで読み流すことを推奨。

    ちなみにここのコメントにもあるように、精神分析(精神病理学)は各治療者の裁量が大きすぎて、診断のコンセンサスをとるのが難しかったのは事実。そこでアメリカ精神医学会が編纂する診断マニュアルDSMは第3版から精神分析的色合いを脱色してより確実に観察できるものだけを取り上げるスタイルを取り始めた。

    診断を機械的にできるようになると治療者間のブレが少なくなり、統計とって薬の効果見たりする面ではメリットがあった。しかし、今度は診断チェックリストの中の該当項目がほとんど被ってなくても同じ病名で呼ばれる人が出てきた&病名の線引きが難しくて結構カテゴライズが苦しいことからマニュアルの妥当性が疑問視されるようになった←イマココ

    って感じ。

    ついでに、精神分析(精神病理学)は確実に廃れてきてる分野だけど、一応擁護を。

    周りの人の中に、自分が苦しんでいること(酒、ギャンブル、交際相手のDV)から距離をとれずに、あたかも苦しみ続けたいように振る舞う人がいるのを見たことがあるかもしれない。こういう人への治療はなかなか結果につながらないことが多い。

    この人たちをそう振舞わせている「台本」はなんなのか、それがわかると対処の仕方がわかって見違える様に良くなるケースがある。精神分析(精神病理学)はこの辺の筋書きを紐解くのには、まだ使えるところがあったりするわけで、「全くもってオカルトですよ」と言うのは実情をよく知らない人の妄断。まあ、個人的にユング派は認めんけど笑

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!

    カテゴリ一覧
    カテゴリ一覧