不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    33

    人が死なない泣けるコピペ貼ってく(その2)

    ノスタルジック6


    305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 16:29:20.13 ID:87FHd7sw0
    お前らは本当にバカだな

    むかしカーチャンに反抗しただろう? それ以来カーチャンはお前に気を使ってんだぞ

    誕生日か母の日を一度でもすっぽかしたことがあるだろう? カーチャンはすげー楽しみにしてんだぞ

    連絡せずに夜遅く帰ったことがあるだろう? カーチャンは心配しながら待ってんだぞ

    「生んでくれなんて頼んでねえ!」って言ったことがあるだろう? カーチャンはその言葉に、半年は苦しんだぞ。一生の傷になるぞ

    家事の手伝い、最近してないだろう? やってもらうのは当たり前じゃねーぞ。カーチャンはさも当然のようにやってくれるが

    お前らはバカだ。だが、救いようのあるバカだ。
    俺は救いようがない。孝行する相手がいないからな

    なあお前ら。とりあえずパソコンを離れて、今すぐカーチャンに電話でもしろよ。近くにいるなら会いに行け。「育ててくれて有難う」くらい言ってみせろ。カーチャンは「何だい急にw」って言うだろうが、見えない所で泣いて喜ぶぞ

    矮小な恥ずかしさなんか捨てて、小さな親孝行してきな。お前らが受け取ったものに比べれば、まだまだちっぽけな愛だがな
    前回:人が死なない泣けるコピペ貼ってく
    http://world-fusigi.net/archives/8329112.html
    管理人です!
    スレタイトルが『人が死なない泣けるコピペ』となっていますが、スレが進むに連れ死に関するコピペも混ざっています。
    悪しからずご了承ください。






    308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 16:44:50.76 ID:sg5N8h5C0
    しえん

    310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 16:49:24.33 ID:87FHd7sw0
    520 名前:離婚さんいらっしゃい[sage] 投稿日:2008/07/01(火) 14:14:37
    先週の日曜子供と少し遠くのホームセンターに行った時、10年前に別れた
    元嫁とばったり会ってしまった。
    他県に住んでるはずなんだがどうしてここに?
    確か裁判所で最後に会ってから9年ぶりぐらいか・・・?

    俺を見て子供をじっと見ていてこちらがやっと気が付いたほど
    変わっていたなあ・・・
    俺も人の事は言えないんだろうけど老けていたなあ。

    みすぼらしくしかも小さく萎んでいたよ。
    子供に満面の笑みで
    「○○君、まあ大きくなって・・・」
    と言って涙ぐみそうになるところも痛痛しかったなあ・・・
    少しだけ立ち話をしたが家出してまで一緒になった間男旦那と別れて
    実家に帰って来ているとの事。
    もう3年になるらしいが全く知らなかった。

    恩讐も10年ひと昔、もううらみつらみは無かったなあ。
    ただ
    「頑張って」
    とだけ伝えた。

    帰りの車で息子に
    「あのおばさん誰?僕の知ってる人?」
    って言われた。
    不憫に思うがもう時計の針は逆戻し出来ない。
    「ああ、昔の知り合いさ」
    と俺は答えた。

    321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 18:09:50.34 ID:87FHd7sw0
    とある病院の病室で耳にした会話。

    入院中の認知症のばあちゃん(常にニコニコ顔)と、
    会いに来たじいちゃん(強面で、足を引きずりながらやってきてた)。

    じ「こんにちは○○さん」
    ば「あらまた来た!あんた、いつも来るけど誰なのさ」
    じ「さぁ?誰でしょねw」
    ~途中略~
    ば「あんた、よく見るとうちの父ちゃんになんだか似てるねぇ」
    じ「そうですか、旦那さんは良い男なんですね」
    ば「なーにを言いだすかww」
    ~のほほんと会話~
    じ「ところで旦那さんは?」
    ば「・・とうの昔に死んだよ」
    じ「そうかそうかwww」
    じ「なら○○さん、今は独身なんねw」
    ば「そうだよぉへへへ」
    じ「・・・ゴホンッ、○○さん」
    ば「・・・・?」

    じ「ならば、僕とお付き合いしてくれませんか?」

    ば「・・・・・・・喜んでw」

    そう言いながら嬉しそうに泣きだすばあちゃん。

    喜びながらもちょっと複雑に微笑んでいたじいちゃん(旦那さん)が切なくて、自分も泣いてしまった。
    伝わりにくい文章でごめんよ。

    322: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2010/10/10(日) 18:12:43.42 ID:tjz5hI/Z0 BE:143390232-PLT(15000)
    |A-) ばあちゃん…

    323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 18:18:57.75 ID:87FHd7sw0
    258 名前:バカ息子を持ったパパ 投稿日:2010/06/30(水) 20:05:13 ID:5E/UIeXe0
    オレ、さっき仕事から帰宅たんだけど、嫁がなんか知らないけど泣いてんのよ。
    ビックリして「どうしたんだ!?」って聞くと、俺の小3で9才の息子が「ママ、お手紙出したいから郵便局に連れて行って」って言うらしい。
    で、嫁が「誰にお手紙書いたの?」って聞くと「こまの!サッカーの!」って言ったんだって。
    嫁が息子の書いた手紙を読むと
    『こまのせんしゅへ。なかないでください。ぼくはサッカーとこまのせんしゅがすきです。
    こまのせんしゅがいじめられたらぼくがたすけにいきます。ぜったいにいきます。
    ぼくはこまのせんしゅがすきです。なかないで。おねがいします。』
    って書いてるんだって。。。
    さっき俺も読ませてもらったけど、きたねぇ字でホントに書いてんのw

    でも、なぜか俺まで涙出てるw
    JFA宛てに出せば駒野に届くだろうか。


    注:
    2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会。
    決勝トーナメント一回戦でパラグアイと対戦するが、同点のためPK戦となる。
    この時三人目のキッカーであった駒野がゴールを外し、敗北となる。
    泣き崩れる駒野をチームメイトが抱きしめ、あるいは肩を抱き慰める姿が国内で共感を呼んだ。

    325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 18:30:09.66 ID:87FHd7sw0
    894 :名無しステーション:2010/03/23(火) 23:53:02.99 ID:J7KIZMxq
    アイドル時代によく握手会に行ってて、 AV女優になってからは気まずくて行けなったんだが、
    何回か目に行ったら、 「お久しぶりですね」って覚えててくれたんで、
    なんて言っていいか分からないんで「頑張ってください」って言ったら、
    「はい!ありがとうございます!」って言ったあとに、
    小さい声で「こんなになっちゃってごめんなさいね。嫌いにならないでくださいね・・」 って
    言われた時は心臓を掴まれたような気持ちになった。 あれから握手会に行けないでいる。


    994 :名無しステーション:2010/03/23(火) 23:54:28.43 ID:dTeXNBlt
    >>894
    その人は君に救われたことがあると思うよ。
    できれば応援して欲しい。



    なんかじーんときた。

    326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 18:41:25.14 ID:87FHd7sw0
    父親が借金を残したまま失踪。母兄俺妹の4人で生活してた。

    母は夜まで仕事で帰らないし毎日の様に借金取りが来るから3人でいつも押し入れに隠れてたなぁ。

    ある日、学校から帰ると入り口に偉そうなオジサン&借金取りが居て、顔を知られてた俺は逃げようとしたけど捕まえられた。

    殴られるのかと思ったら、そのオジサンが兄弟はどうした?飯食ってるのか?と今まで見たこと無い位のハムや野菜とかの食材と何故か子供服をくれた。

    夜になって母親が帰ってきた。何故か手には駄菓子やたくさんの食材が。

    そう、ついに母は約5年かかって完済したのだった。

    これからはたくさん食べようね、いっぱい遊びに行こうねと母が初めて俺たちの前で泣いた。俺達も何も言えずにただ泣いた。

    そして中学に入った頃、父親が現れた。金をせびりに。帰ってきた兄は激怒し父親をボコボコに殴った。泣きながら。

    騒ぎを聞いた近所の人が通報し警察が来て母と兄が連れて行かれた。

    俺と妹は部屋で待ってた。妹は部屋の隅で何かを泣きながら作ってた。

    2人が帰ってくると妹は母俺兄と自分に作ったメダルを首にかけた。

    メダルには、『みんななかよし』と書かれていた。4人何も言わずに泣いた。

    残業して帰ってきて自分の子供が作ったであろう黄色い首からかけるメダルを見て思い出したので書いてみた。

    469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:38:24.87 ID:TtQqWQ/K0
    ずっと読んでて涙ぐんでたが、>>326で涙腺決壊した。

    328: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2010/10/10(日) 19:06:41.98 ID:tjz5hI/Z0 BE:286780234-PLT(15000)
    |A-) カーチャンってすごいなあ…

    329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 19:17:06.34 ID:1oASDN7pO
    良い話が多すぎて辛い…
    みんなみんな幸せになれば良いのに

    332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 19:43:10.53 ID:ZUWHRTdhO
    >>329も幸せになればいい
    たまの保守が何より泣けるのは私だけか

    330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 19:33:21.74 ID:I7FHsjEeO
    ほしゅ

    333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 19:43:33.69 ID:87FHd7sw0
    弁当男子になろうと思って作ってみた

    ゆうべの残りのからあげ(市販の惣菜)
    イオンに売ってた竹の子の煮物
    赤いタコウインナ
    たまごやき(甘いの)
    ブロッコリー

    彩りも栄養もなかなかいいものができたと思う
    でもちょっとめんどくさかった
    うちはカーチャンがいなくて、歳の離れた兄ちゃんが毎日弁当を作ってくれていて
    それを思い出しながらおかずを考えたんだけど
    毎日茶、赤、緑、黄色、日によっては白黒のも入ってた
    兄ちゃんはがんばってただなーと思った

    それなのに俺は、誰々の弁当はハンバーグが入ってただのカニのウインナーが入ってた、いいなーだの
    要望ばっか言ってた
    兄ちゃんはその翌日はそのおかずを入れてくれてた
    俺ならそんなガキフルボッコにするのに、怒らなかった兄ちゃんはすごいんだと思ったら
    出社までの道がなんだかぼやけて見えた

    338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:00:53.11 ID:87FHd7sw0
    救急車進路確保って言ったらあれ思いだした

    アメリカだったかな、移植手術用の臓器を鮮度の
    都合で緊急に運ばなきゃいけないんだけどその日は
    最も混むといわれる魔の金曜日の時間帯。
    交通で絶望的と思われたとき、ダメもとでラジオ局に協力を
    要請、放送で訴えかけてもらったんだ。

    そして空輸中継地から病院に向かった救急車の眼前に広がった光景
    それは、全車路肩によせて車一台動いていない、病院へと続く幹線道路だった…。

    341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:07:05.45 ID:87FHd7sw0
    681 :1/2 :04/11/30 13:54:55 ID:V/rgnY4Q
     二度の脳梗塞で重度の障害が残った夫は、狭心症発作を繰り返しながら
    自宅療養を続けている。人との接触を求めて、時々外出する。

     冬の一日、急に思い立って遊園地へ行った。
    広場の隅に車椅子を止め、私は傍らに立って元気に走り回る
    子供達を見ていた。思ったより寒く、早く帰らねばと思った。
     その時広場に歓声があがった。ドナルドダックの着ぐるみを着た人が
    現れ、子供達がどっと駆け寄ったのだ。
     ところがそのあひるさんは、子供達をかき分けてどんどん駆けて、
    こちらへ近付いてくる。広場の隅にいる私たちの方へ……。
     車椅子に乗った夫の前へ来ると、大きく一礼して大きな手で
    夫の背中を撫でてくれる。
    二度、三度、突然の出来事に私達も周りの人も驚いた。
     夫の背中を大きく撫でて、今度は私の腕をさすり、両手で包み込んでくれる。

    343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:09:51.94 ID:87FHd7sw0
    682 :2/2 :04/11/30 13:56:10 ID:V/rgnY4Q
    大きな白い温かい手で……。優しさが老二人を包み、その温かさが
    周りに広がり、見ていた人達の間から拍手が起こった。
     夫の顔を見ると、涙がほろほろ頬を伝っている。風の冷たさを忘れた。
    「優しさをありがとう」と言うのが精一杯の感謝の言葉。
    あひるさんはウンウンと頷いてもう一度夫の背中を撫でて、
    子供達の方へ駆けていった。

     思いがけない出来事だった。着ぐるみだからお顔は見えない、
    お声も聞けなかった。けれど、優しさと励ましのお心はしっかりと
    いただいた。病む夫にも、介護の私にも元気をくださったあひるさん、
    ありがとう。




    24日の新聞に載っていたものです。・゚・(ノД`)・゚・。

    371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:40:04.59 ID:Jxwcbj60O
    >>341
    こういうの大好きだ

    344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:11:32.14 ID:87FHd7sw0
    470 :名無しの心子知らず:2008/08/02(土) 23:15:37 ID:pRwI8dGv
    高熱で寝込んでいた私のところにきてトントンしながら子守歌うたってくれ、熱を下げようと氷がたくさん入った桶とタオル(じゃなくて雑巾だったけど)を持ってきてくれた4才。
    冷たいのに一生懸命氷水の中でタオル絞ろうとしてて、小さな手も赤くなって…熱のせいもあるのか泣いた…
    いつも母ちゃんがしてることちゃんと見てくれてるんだなと。

    早く治すぞ!

    349: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2010/10/10(日) 20:19:02.03 ID:tjz5hI/Z0 BE:1935762899-PLT(15000)
    >>344
    |A-。)

    350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:29:06.70 ID:87FHd7sw0
    644 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 21:00:50 ID:dyuloFgb0
    子供さんのいるご夫婦はやっぱりいいですね。
    うちは嫁さんが体質的に子供無理っぽいんで、とにかく2人で頑張ってます。
    子梨だ子蟻だってスレには怖くて行けませんw ROMって論争を読んでるだけで凹むw

    というか2人ともネタじゃなくて天涯孤独の身の上なんで、家族というと本当に夫婦だけなんです。
    俺も彼女も学生時代に親亡くしてます。無理に探せば遠い遠い遠い親戚くらいいると思いますけどね。
    男の俺でも相当ショックでけっこう引きずったくらいですから、嫁はどれだけ心細かったかと思います。
    救いはそんな境遇でも嫁さんが明るい性格と優しさを失わなかったことでしょうか。
    あとは「お互い厳しい身の上だねえ」と、恋愛のときに意気投合しやすかったことくらいw
    狙って同じ境遇の女性を探したわけではないんですが、割れ鍋に綴じ蓋でした。

    嫁さんが取り乱したのが、病院で子供は止めとけと診断されたときでした。
    「もうずっと1人で生きていく。あなたに家族団らんがあげられなくてごめん」などと別れ話まで持ち出したくらいで。
    それを「俺と一緒にいれば一生寂しい思いはさせない」とか大きなこといって籍を入れたので
    今でも時々は思い出して責任感じたりはしてます。
    外からはラブラブの馬鹿夫婦に見えてるらしいですが、これで内面はけっこう真剣な生き方をしてますw

    もう結婚して10年、俺は30代半ばを過ぎ、嫁さんも35になりました。今さら子供がどうのこうのもありませんし
    お互いの趣味を優先させつつ、夫婦でも一緒に遊ぶ気楽さもすっかり身につきました。
    ただ、たまに嫁さん自身が子供みたいにじゃれついて読書やPCの邪魔してくることがあります。
    最初は擦り寄ってくるくらいですが、そこで放置しておくと俺の周囲を踊って回ったり、後から首を絞めたりしてきますw
    俺と一緒にいても、それでもたまに寂しくなるのかもしれません。
    捕まえて抱きしめてやると暴れるのをやめますw
    そういう時は、笑うでも泣くでもなく穏やかな表情を浮かべて遠くを見るような表情をしてます。
    黙って心ゆくまで静かに抱き合っていることがあります。2時間くらいw
    俺としては抱きしめる手に、嫁さんをいかに大事に思ってるか、思いを込めているつもりです。

    352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:39:42.41 ID:87FHd7sw0
    461 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/01/03(木) 15:57:02 ID:EXRlxiHW
    昨日、母ちゃんにお年玉あげた。
    2000円札だけどね。
    そしたら、涙流して泣いてた。
    そしたら、父ちゃんが来て、
    「なんだよ、お前正月早々母親泣かせんな!」って怒鳴った。
    俺は「うっせー。死ね。」と呟いて、また部屋に戻った。
    5分後、父が部屋の前で「すまなかった」と呟いて降りていった。

    そんだけだ。

    353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:48:01.07 ID:87FHd7sw0
    637 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2007/08/29(水) 13:21:23 ID:8X2E6LDc
    昨日頭が痛くて頭が痛くて、明るいうちから布団に入って朦朧としてた。
    4才の娘、完全放置。ご飯も買ってきた納豆巻きをテーブルにおいただけ。

    「かーさん、口開けて。一個だけでもね、食べたらね、元気になるんだよー」
    と言いながら、ちょっとお醤油をつけた納豆巻きを私の口に入れていった娘。
    ちゃんと歯を磨いてパジャマに着替えて、居間の電気も消してから、
    「よーし、○○も一緒に寝てあげるからね」ともぐり込んできた娘。
    「なっとまき、まだ残してあるからね。後で起きたら、
    きっとお腹空いてるから食べるんだよ?」って言ってから眠りについた娘。
    ちょっと泣いた。

    夜中だいぶ回復して起きたら、テーブルの上に納豆巻きが無い。
    あちこち探してみたら…冷蔵庫の野菜室の中に、
    輪ゴムでぶきっちょに封をした納豆巻きのパック。
    冷蔵庫は最近買い替えたばかりで、
    普通の冷蔵室には手が届かなくなったから、
    どこに仕舞ったらいいか娘が一生懸命考えている様子を想像してまたちょっと泣いた。

    今朝目覚めて最初に「おかあさん、もう頭痛くない?」って訊いてきた娘。

    ああ、私が産んだ子なのに、なんであなたはそんなに優しいのだ。
    毎日可愛い可愛いと思ってるけど、昨日から何というか、
    可愛いというより愛しくて泣けてたまらないのです。

    354: 毒男 ◆B.DOLL/gBI 2010/10/10(日) 20:53:43.56 ID:tjz5hI/Z0 BE:1290509069-PLT(15000)
    |A-。) 親孝行しよう…

    355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:58:13.84 ID:87FHd7sw0
    役員「では自己紹介を手短に」
    剛田「はい。ハーバード大学院経済学修士課程から参りました、剛田たけしです」
    役員「では、アピールポイントを3分で」
    剛田「はい。2点あります。一つはリーダーシップ、二つ目は体力です。
       リーダーシップに関してですが、小学校の頃にジャイアンズという野球チームを
       立ち上げ、何度ものメンバーチェンジ、選手交渉、トレードを経てNYヤンキース
       に勝利するまで育て上げました。
       体力に関してですが、先に申した野球を始め、サッカー、アメフト、柔道など
       幅広いスポーツをこなしました。体力なら自信があります。
       またMorgan Stanleyで事務のアルバイトを経験し、不眠不休でエクセルの表を
       作っていました。」
    役員「では学生時代に頑張ったことは?」
    剛田「先ほど野球チームとアルバイトの話をしたので、アイビーリーグの学生をまとめて
       大規模なビジネスコンテストを主催した経験について話します。
       ハーバードの院に入った年から活動し始めたのですが、GE、P&G、AT&T、IBM、Merrill Lynch
       などの企業の役員にアポを取ることから始め、スケジュール管理、各大学への訪問などを繰り返し最終的に
       アメリカの5000人もの学生を集めることに成功しました。延べ一年半を費やしてようやく実現にいたりました」
    役員「いやあ、君は優秀だね。なんだっけかな・・・君と出身小学校が同じ子が面接に来たんだが
       奇妙奇天烈な学生でね。選考には進ませなかったんだが。」
    剛田「その学生・・野比という名前では?」
    役員「ん、まあ名前は言わないけど。“無能”な子だという印象を持ったよ」
    剛田「・・・・謝れ」
    役員「なんだって?」
    剛田「謝れと言っているんだよ、俺の友人に」
    役員「内定あげようと思ったのに」
    剛田「こんな会社の内定なんていらない。   だから野比に謝れ」

    356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 20:59:14.65 ID:87FHd7sw0
    370 名前:水先案名無い人  投稿日:2007/08/04(土) 12:42:25 ID:oXvKqjwa0
    昔知的障害をもった子がサッカー部にいてな
    でも皆から邪険にされず(それでも子どもの障害者意識みたいなものはあったけど)仲良くしてて
    そいつはゴールがどっちかもわからないのにがんばってて・・・
    ある日接戦で2-2の試合をしていたんだ
    でも大切な試合じゃないし、良い経験になるからって全員とっかえひっかえで出してたんだけど
    試合の終了直前、俺がバックパスをその子にだしたのね
    そしたらその子見事にオウンゴールきめちゃったわけ
    敵もその子が障害者だとしってたみたいでクスクス笑ってた
    んで、サッカーのことになると切れだすキャプテンが発した言葉が
    「すげえよ○○!大逆転だ!!」
    皆それに続いて「ナイス○○!」とか言ったりハイタッチしたりしてた
    相手のポカーンとした顔とその子の嬉しそうな顔は今でも忘れられない

    357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:05:33.64 ID:csy/aqUs0
    >>356
    これはグッとくる

    359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:24:28.89 ID:bl/q9WQ4O
    今日はお腹の赤ちゃんと家で過ごす最後の日。
    何より大切で誰より愛しかった。初めて人の命が大事だって思えた。
    なのに産んであげることできなかった。
    ダメなママで本当にごめんね。
    先生に無理言って最後のエコー見せてもらったら、
    小さな身体全部で一生懸命頑張ってとっても大きくなってたね。
    ママ本当に涙が止まらなかった。心から嬉しくて誇りに思えたよ。

    いまどんな夢見てるのかな。どうかせめて最期まで幸せな夢を見ていてほしい。

    このあいだ一緒に見た盲導犬クイールの映画、感動したね、
    天国でクイ-ルに会えるといいね。きっとぺろぺろ舐めてくれるよ。
    いつか私が抱っこしにいってあげられる日まで少しだけ、待っててね。
    絶対に、会いに行くよ。どこにいても探し出してみせるよ。
    でもママ地獄に行っちゃうかもしれないけど…そしたら代わりにママの妹分の
    わんこにベビを守ってくれるようにってお願いするから。
    どうか寂しい思いだけはしないように…。・゚・(ノД`)・゚・。

    360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:27:15.28 ID:bl/q9WQ4O
    967 :本当にあった怖い名無し :2006/03/08(水) 18:11:24 ID:3zMPfJwJ0
    母方の祖母は私が3歳の時に亡くなったが、その死の直前の出来事だった。

    ある夜、叔母(母の妹)が病室で付き添っていたら、祖母が突然立ち上がって部屋を出て行ってしまった。
    祖母は末期がんで立つ事すらままならなかったのに、驚くほどしっかりした足取りだったそうだ。
    びっくりした叔母が追い掛けると、かなり歩いた廊下の突き当たりで祖母は立ち止まっていた。

    追いついた叔母に
    今ね、黒いマントを着た人が来て、付いてきなさいと言われたのよ」
    と祖母は話した。その後、祖母はもう歩くことはなく、間も無くして亡くなった。

    それから十数年後、
    私が母とテレビで心霊番組を見ていたら、祖母の死の直前にそういう不思議な事があったと母が語ってくれた。

    「黒いマントの人って、きっと死神よね。母さんは無事に成仏できたのかしら」
    と母が言うので、どこかの漫画の台詞の思いっ切り受け売りだけど、
    母を慰めようと言ってあげた。

    「死神が鎌を持っているのは、
    あれは偉い神様に仕えている農夫だからだよ。
    死神はあの鎌で魂を刈り取るんだよ。
    死神だって神様なんだし、
    お祖母ちゃんは神様が迎えに来てくれたんだから、
    まっとうに生きてちゃんと天国に行けた証拠だよ」
     
    私がそう言うと母は急に涙ぐんで、良かった良かったと繰り返した。

    361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:29:51.51 ID:bl/q9WQ4O
    616 :病弱名無しさん :03/03/19 17:03 ID:pRk3Z9Ln

    糖尿病を患ってて、目が見えなかったばあちゃん。
    一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。
    思えば、小さい頃の記憶は殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母が仕事で家に居なかった為)。

    一緒に買い物行ったり、散歩したり。
    だけど、ばぁちゃんが弱っているのは子供だった私でもわかっていた。

    高校に入ると、友達と遊ぶほうが多くなっていて、ばあちゃんの家に行くことが少なくなっていた。
    たまに行くと、「さぁちゃんかい?」と弱々しい声で反応してた。
    もう、声だけじゃ私だってわからなくなっていた。

    「そうだよ、さぁちゃんだよ。ばーちゃん、散歩行こうかー?」

    手を取って、散歩に行ったけれど、もう昔歩いた場所まで、ばぁちゃんは歩けなくなっていた。
    それから、あまりばあちゃんの家に行くことは無くなってた。

    暫くして、母さんから「ばぁちゃんがボケちゃったよ」と聞いた。
    誰が誰だか、わからないんだって。
    私のことも、わからなくなってるらしい。
    なんとなく、覚悟は出来ていた。けれど、悲しかった。

    363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:31:43.03 ID:bl/q9WQ4O
    それから。半年くらい過ぎた頃。
    ばぁちゃんが死んだっていう報せが届いた。
    泣くこともなく、通夜、葬式が終わった。

    葬式が済んだあと、私は叔父に呼び出された。
    叔父はばぁちゃん達と最後まで暮らしていた人だ。

    「箪笥の中にな、『さぁちゃんの』っていう封筒が入ってたんだよ。」

    そう言って、私に封筒を手渡した。
    ばぁちゃんの字で、さぁちゃんのって書いてあった。
    中身は、通帳だった。私名義の。
    二十万ほどの預金が入っていた。
    働いてないばぁちゃんが、こつこつ貯めたお金。

    そういえば、昔、ばあちゃんが話していた。
    「さぁちゃんが結婚するときのために、ばーちゃん頑張ってるからね。」
    「だから、ばぁちゃんにも孫抱かせてね。」


    その夜、初めて泣いた。
    ばぁちゃん。
    あれから5年も経っちゃったけど、さぁちゃん、来年結婚するよ。
    孫抱かせてやれなくてごめんね。

    でも、喜んでくれるよね。

    365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:33:25.49 ID:jJOjHio7O
    スレタイ通り、"人が死なない"コピペを貼ってほしいな

    367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:35:07.74 ID:bl/q9WQ4O
    >>365
    すまん

    ヘタレプログラマーは,今日も仕事で疲れきって,遅くなって家に帰ってきた。すると,彼の5歳になる娘がドアのところで待っていたのである。彼は驚いて言った。
    「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
    「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
    「なんだ?」
    「パパは,1時間にいくらお金をかせぐの?」
    「お前には関係ないことだ」

    ヘタレプログラマーである父親はイライラして言った。

    「なんだって,そんなこと聞くんだ?」
    「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」

    女の子は嘆願した。

    「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。ただし残業代はタダだ」
    「わあ」女の子は言った。「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」

    「なんだって!」疲れていた父親は激昂した。
    「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」
    女の子は,黙って自分の部屋に行った。


    しばらくして,父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない...。たぶん,娘はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。それに,今まで娘はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・

    375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:01:30.03 ID:bl/q9WQ4O
    >>367の続き

    男は,娘の部屋に行くと,そっとドアを開けた。
    「もう,寝ちゃったかい?」彼は小さな声で言った。
    「ううん。パパ」女の子の声がした。少し泣いているようだ。
    「今日は長いこと働いていたし,ちょっとイライラしてたんだ・・・ほら。お前の10ドルだよ」
    女の子は,ベットから起きあがって,顔を輝かせた。
    「ありがとう。パパ!」
    そして,小さな手を枕の下に入れると,数枚の硬貨を取り出した。

    父親はちょっとびっくりして言った。
    「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」
    「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」女の子は答えた。

    そして,10ドル札と硬貨を父親に差しのべて...
    「パパ。私,20ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」

    366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:34:50.29 ID:BpXSaZov0
    まだこのスレおわってなかったか
    さすがだな

    370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:39:30.27 ID:87FHd7sw0
    さっき実家から救援物資が届いた。
    お米とか缶詰とかカルピスとか、うっほほーいと喜んでいたら封筒が入っていることに気付いた。
    中には5000円札と、メモ一枚。
    「これでお刺身でも食べなさい。
    赤唐辛子入れておいたからお米に入れておきなさい」
    とのこと。
    5000円もする刺身ってどんなだよと突っ込みを入れながらも、こないだの電話で刺身高くて
    買えねえよと言っていたのを思い出した。お母さん、漏れの仕送りのために月5000円かかる
    お花習うのやめたのに、こんなとこで使ってんじゃねえよ。
    眠いからって1限サボったりしてて、
    お母さんはその間もせっせと仕事していて、
    漏れ、明日の1限は何があっても行こうと思ったぞ。
    前期のテストすげぇがんばってやるぞ。見てろお母さん。ありがとう。

    373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 21:48:07.45 ID:rEdTK4mQ0
    まだ残ってたよ…(TωT)…ありがとう神様
    もう保守でもなんでもするよ
    このスレも死なないんだね

    374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:01:04.91 ID:1oASDN7pO
    >>373
    保守よろ
    今日は皆さんのお陰で優しい気持ちになれた一日でした
    会えたらまた明日ノシ

    377: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:11:51.61 ID:rEdTK4mQ0
    うちもビンボーだったから何かあるんじゃないかと
    記憶を呼び戻してみたが文才がない事に気がついて絶望した

    379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:22:49.93 ID:rEdTK4mQ0
    支援age

    383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:45:19.40 ID:87FHd7sw0
    私は耳が聞こえない。だから誰がどんな悪口を言っても知ったこっちゃない。
    でも「追い返せよおい、なんかあった時お前どーすんだよ。しゃぁねえなー、
    お客様恐れ入りますが…」位の話はなんとなく雰囲気でわかる。
    そんなわけで同じ店の同じ方をいつも指名する事になる。
    そんなわけでいつもの方を指名すると辞めたとの事。新人ですがとの事で始めての人についた。
    例によって「楽しかったです。また来ます」と書いたメモを渡した。
    しばらくしてまたその店で同じ方を指名した。帰りしなに彼女の手が動いた。
    「有難う。た の し か ぬ た よ」
    下手糞な手話に小さな子供が玩具を見せびらかす時のような飛切りの笑顔がついてきた。
    私はいつものメモを渡して店を出て路地を曲がって号泣した。

    どうやら私の泣き声はえーんえーんとかしくしくといった音で表現できるものではなかったらしい。
    二人組みのお巡りさんが飛んできた。(そのうちの一人の口はキャンユースピークジャパニーズと動いていたように思う)
    私はなんとかメモに書いて渡した。「なんでもないです。ただ幸せだったんです。」
    今思えばなんでそんな一文を付け足したのか、でもそう思った。
    その後彼女も引退したようで、私も結婚してそういう店には行っていないしもう行かないと思う。
    でもどこかで楽しく過ごしてんだろうなと思う。

    530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 11:57:43.02 ID:1+QlQ3QCO
    >>383見て迷いがなくなった。相手を傷つけたら嫌だから手話を使っていいか悩んでた。
    厨房とカウンター内の彼氏にもありがとうの手話だけ教えよう

    384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:45:30.88 ID:NaBs8zLhP
    534 名前: 素敵な旦那様 [sage] 投稿日: 2006/07/02(日) 19:21:20
    380 :おさかなくわえた名無しさん :2006/07/02(日) 17:42:17 ID:LHgFBPXG

    普段俺のことをバカにしまくってるドーベルマンのロッキー
    しかし小学生のとき、ロッキーは俺を助けてくれた

    当時お袋の実家に帰省していたとき、近所のデカい川にロッキーと一緒に
    遊びにいったんだが、川の石を渡って真ん中までたどり着いたとき、
    足元のコケに滑らせて転落してしまった

    落ちた場所はギリギリ足が着く深さだったんだが、流されるうちに深い場所に
    いってしまい、パニくった俺は泳ぐことも忘れ溺れていった

    釣り人はもっと上流の方に行かないといないし、道路からも遠いので
    溺れながらも必死で叫んでも、誰も来ない状況

    しかも川の水は冷たく、段々力が抜けていって、死を覚悟し始めた頃、
    目の前にロッキーがいて、俺のシャツを噛んで川の岸に運んでくれた

    正直ロッキーが来るのはありえないと思ってた
    だって俺はロッキーが逃げないようにリードを階段の手すりに結んでいたから

    どうやってロッキーは来れたんだろうって思って水を吐いて落ち着いてから
    ロッキーを見ると、リードが噛み千切られていた
    首からも余程暴れたのか血が出ていて、こんなに必死になって俺のことを
    助けてくれたのかと思うと、小学生ながらも感動して、号泣した

    それ以来ロッキーは俺のヒーロー
    もしロッキーに何かがあったら次は俺が助けてやりたいと思う

    385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:45:50.95 ID:bl/q9WQ4O
    飼っていた猫がウイルス感染で白血球減少症になった。
    餌も食えず、水も飲めず、うずくまったまま動くこともできず
    時折苦しげなうめき声を上げて血の混じった胃液を吐くだけの猫。
    獣医さんに連れて行ったら正常なら一万あるはずの白血球が
    百しかない、もう助からないと言われた。

    獣医さんからの帰り道、助手席の段ボール箱に入れた猫。
    動けないはずなのによろよろと這い出して私の膝に乗った。
    そして動かなくなった。嗚咽どころじゃない、ダーダー涙が出て
    前が見えないくらいだった。

    家に着いたらまだ息があった。つーか、今も生きている。
    紛らわしいまねすんじゃねーよ。ホントに死ぬときは泣いてヤラネ。

    386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:47:30.91 ID:bl/q9WQ4O
    何年か前、スタンフォード病院でボランティアとして勤務していた医者の体験したことです。

    彼はエリザベトという難病の女の子を診ていました。
    この女の子の病気を治す唯一の方法は、5歳の兄からの輸血しかありませんでした。
    兄は同じ病気を奇跡的にも乗り越えて、免疫体を持っていたからです。

    医者は、5歳の兄にわけを説明してから、妹に輸血してもよいかどうか尋ねました。
    男の子はちょっとためらってから、苦しそうに大きなため息をついて、
    「血をあげるよ。エリザベトが助かるのなら!」
    と答えました。

    その子は妹のベッドのそばに横たわって輸血をしながら、妹の顔色をみて満足そうに
    微笑んでいましたが、しばらくすると、だんだんその微笑みが消えて、顔をこわばらせ、
    青ざめてきました。そして、震える声で医者に尋ねました。

    「……いつ、ぼくは死ぬの?」

    男の子は、医者の説明をよく理解していなかったのです。
    輸血とは自分の血を全部あげることだと思って、「いいよ」と答えたのでした。
    男の子の決死の覚悟が祈りとなって天に通じたのか、手術は成功に終ったそうです。


    387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:51:31.58 ID:bl/q9WQ4O
    19: 12/22 23:55
    三人兄弟の末っ子だったオレ。オレが消防だった時に兄貴が高3だった。
    車好きの兄貴は自動車会社に就職したくて大学に行きたかったみたいけど、頭は決してよく無かったので私立の大学にしかいける大学がなった。
    兄貴は親父に大学に行きたいと言ったが、親父は

    『家には金が無い。残りの兄弟もいるし、我慢してくれ。すまん。』
    と言った。

    影でその話を聞いていた俺は、それまで自分の家が貧乏だと思ってはなかったので驚いた。
    話を承知した兄貴は、肩を揺らして泣いていた。親父も自分が不甲斐無いのか泣いていた。


    その後、兄貴は高卒で就職した。数年後、同様に二番目の兄貴も高卒で就職した。
    そして、俺が高3になった時、俺も大学に行きたいと思っていた。自分でもいうのはなんだが、学校での成績はかなりいいほうだった。
    しかし、親兄弟には迷惑はかけれないと進学は諦めていた。迷惑をかけないように、『オレも高校卒業したら就職するから。』って家族にいつも言っていた。
    そんな時、2人の兄貴が『お前は安心して好きな道を歩め。大学に行きたいなら、はっきり言え。オレがどうにかしてやる。
    お前は頭もいいし、オレの出来なかった夢を叶えてくれ。』と言ってくれた。嬉しかった。大声で泣いた。


    数年後、オレは無事に大学を卒業、兄貴の夢でありオレの夢であった自動車会社に就職することができた。兄貴は喜んでくれてはいたが、さぞ悔しかっただろうと思う。申し訳ないことをしたと思っている。
    面と向かって言うのは照れるので、ここで言わせてもらいたい。
    兄貴、ありがとう。いつか、最高の車を造るからな。

    388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:52:24.71 ID:87FHd7sw0
    507 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/07/18(水) 15:23:28 ID:fiJjYZrt0
    NHKのラジオで外食大手によるカレーの提供~みたいな事言ってたんだけど
    やっぱココイチかな?

    あまり取り上げられてなかったけど、前回の地震の時にもココイチのカレー車が
    何百食も無料配布してくれたんだよな
    恐ろしく寒かったから、本当あったかいカレーが有り難かったのを覚えてる
    めっちゃ忙しそうな中「頑張って下さいね!」って声掛けられたのも嬉しかった

    特にプレス発表する訳でもなく
    ただ黙々とカレーを作り
    すっからかんになった車に
    弁当の容器とかのゴミを詰め込んで帰る
    その企業姿勢に心を打たれた


    注:
    その後のスレでのやりとりによると、
    災害発生時にはチキンラーメン号とココイチ号が
    出動するそうです。

    389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:52:34.83 ID:bl/q9WQ4O
    495: 05/17 22:17
    ここ数ヶ月いろんな意味で忙しかった。25で自営をはじめて10年ちょいやってきた店をたたんだ。利益が出ず、嫁の収入が主な生活費になっていて、いつやめるかのタイミングをみていただけだったからな。
    そんな俺を嫁は「13年間お疲れ様でした」と優しく迎えてくれた。
    最後の2年くらいは全然仕事にならず、イライラして嫁に当り散らしたこともあった。
    でも、そんな時でも嫁は俺のストレスのはけ口になってくれて、夜には抱きしめて眠ってくれた。
    一時、共同経営してたやつに騙されて借金を負わされたとき、死のうと思ったこともあった。色んなものが残ってたら嫁が俺を思い出してつらいだろうと思って、写真や身の回りモノを処分してた。
    すると、嫁がそれに気づいてこういった。
    「もし、本気で死ぬんなら私も一緒に連れてって。その代わり一週間だけ時間を頂戴。私も身の回りを整理してから死にたいから」
    結局、その一週間の間に嫁と何度も話し合い、二人で乗り越えていこうと決心した。あの時、嫁が気づいてくれなかったら、一週間待ってといわなかったら、俺は今ごろ死んでただろうな。
    何度も泣きながら嫁と話し合ったのも、今じゃいい思い出だ。
    この年で手に職もなく無職になったから、これから大変だろうけど、俺には嫁が残ってるから。
    一番大切なものが残ってる以上、頑張っていこうと思う。

    意味ワカラン文章スマソ。
    明日から就職活動だ!

    390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:52:46.07 ID:snMLNVbOO
    支援

    391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:53:43.15 ID:bl/q9WQ4O
    151: 04/06 00:16
    販売業に従事しています。
    ある日、注文の品を取りに来たと思しき土木作業員風の若いいまどきのあんちゃんが来店。
    仕事帰りらしく作業着でした。
    なぜか店に入らず、入り口で立ち尽くしているので不思議に思いつつも中に入るのを促すと
    「自分が入ると店が汚れるのでここで受け取ります」
    というのです。
    目頭が、というか喉が熱くなりました。
    あなた全然汚くなんかない!という言葉がホントに喉まででました。

    695: 10/02 14:53
    去年の秋ごろ、「いまどきの」と表現するのにピッタリの女子高生の3人組が会社(小さな工務店)にやってきた。文化祭で部活の展示用に余った角材やベニヤ板が欲しいんだと。

    ルーズソックスとムッチリした生足に気を取られながらもアホが集まる高校の制服だったのでものすごく適当にしゃべってたんだけど、彼女らの熱心さが伝わってきて協力してあげた。
    最初は「やばくねー?」みたいな言葉だったのが、しゃべってるうちにけっこうちゃんとした敬語に変わり、クギとか木ネジをわけてあげたら「お金払いますよ」という気遣いも見せてくれた。
    おれは見下していた自分を恥じた。紙袋いっぱいに材料を入れて本当に嬉しそうな表情で帰っていった。

    それから1ヶ月ぐらいした頃、その3人がお菓子を持ってやってきた。文化祭で作って近くの養護学校や老人ホームに配ってなんとお礼にうちにも持ってきてくれたのだった。将来は看護学校に進んで老人や病気の人の世話をしたいんだと熱心にしゃべってった。
    やっぱり見た目はいまどきの女子高生だったが、「今の若いの」も馬鹿にしたもんでもないね。おじさん、応援してます。

    393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:55:47.81 ID:cjGqDiDJ0
    がんばれ、支援!!

    394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:57:44.95 ID:87FHd7sw0
    188 名無しさん@HOME sage New! 2007/07/09(月) 10:51:49 0
    そうだね、面倒見切れないなら残念だけど施設に行ったほうが幸せかもしれない。

    数年前、私の夫が99さんと同じくいきなり前妻の子供を引き取りたいって言ってきた。
    前妻さんが、再婚する時も言われたそうだけど、もう私と結婚していて
    「それは出来ない、お前が養育費出せ、子供を寄越せと言って来たんだから無理」
    と私が知らない間に断ってた。
    でも今回は再婚した前妻さんと前妻さんの現夫が子供を虐待してると聞いて
    私に相談してきた。
    私も、前妻さんの子供と仲良くやっていける自身はなかったけど、
    初顔合わせの時、子供の顔を見て前妻さんに「私が引き取ります!」と言った。
    面倒そうに連れられた前妻さんの子、長女は夏なのに長袖で、
    腕と足には古いのと新しいのと混ざった、やけど、タバコの跡、赤と青の打撲痕。
    暗い表情、汚れた服、虐待のオンパレードだった。

    最初はご飯でさえ、びくびくしながら食べてた。
    中にガラスや絵の具、ゴキブリが入ってたり、腐ったのを食べさせられてたから。
    でも今は私の産んだ子(引き取った時に中にいた)を面倒見てくれてる。
    はっきり言って夫より仲がいい。
    「あなたは私の大切な子よ、生まれるところを間違えただけだからね。お帰り。」
    と言ってます。

    397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:04:12.48 ID:rEdTK4mQ0
    >>394

    >お帰り

    ぐぅっ…くぅ…涙腺のスイッチ入ってもうた(TωT)

    395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 22:57:52.96 ID:bl/q9WQ4O
    281: 04/07 21:56
    最近中学の頃友達と過ごした日々が夢に出てくる
    バカな事やってたな

    俺の事親友だって言ってくれたな


    今はどうしてる?

    あいつらは俺と違って面白い話が出来て友達も沢山いたな
    きっと今も楽しい人生を送ってるんだろうな

    俺は何をしているんだろう?

    みんな周りのせいにして何もしようとしないできっと俺はもうこれから生きてても楽しい事なんて無いんだろうな

    283: 04/08 01:33
    >281
    懐かしいな281。中学の時以来だが、どうだ元気にしてるか?
    にしてもお前どうやらレス見かけた限りでは、自分のいいとこだけはすっかり思い出から抜け落ちちまってるようだな。そうやって抜けてるとこがお前らしいんだけどな。アハハハハw

    ま、そのうち徐々に思い出すだろうよ。だってお前は俺にとっても大事な思い出の一部なんだしな。忘れようったってさせねえぞ。じゃ、またな。


    396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:01:48.95 ID:87FHd7sw0
    257 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2007/07/04(水) 08:19:38 ID:2bUXyy9z
    2歳半の息子に妹ができた。
    妹が泣き出すと「ママあっち行って」と言って妹をヨシヨシするが
    当然泣き止むはずもない。
    するとヨシヨシしながら自分も泣き出して泣き声の合唱がはじまる。
    ついこの前までオッパイ飲んでた赤がこんなに優しいお兄ちゃんになって
    母ちゃんも泣きそうになるよ。

    399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:21:44.25 ID:jJOjHio7O
    支援

    400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:21:52.08 ID:rEdTK4mQ0
    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2010/09/28(火) 16:41:28.52 [夕方] ID:lseL31Sw0 (PC)
    工房の頃欲しいわけでもないのにゲーム感覚でコミックを万引きした
    友人数名と「(コミックのタイトル)を全巻揃えようぜwwww」とかそんなくだらない理由で何十冊も盗んでろくに読みもせず捨てた
    悪い事だとは思っていたが当時悪ぶっていたし友人とのノリもあって
    それから何年も経って社会人になったが色々あって会社を辞めて無職になり実家に戻った
    就職活動中にふとその本屋の前を通った時店の規模が小さくなっている事に気が付いた
    元々おじいちゃんとおばあちゃん二人でやっている店でそれほど流行っていなかったが心臓が痛くなるほど罪悪感を感じた
    その足で銀行に行き貯金から3万おろして店番をしているおじいちゃんに若気の至りを謝罪し3万差し出した(盗んだ総額が3万くらいだったから)
    おじいちゃんはその3万を俺に返してこう言った

    「自分がした悪いことをちゃんと告白して謝罪できる立派な大人になったんだね
     万引きは悪い事だし許される事じゃないけど僕は許してあげようと思う
     その気持ちを忘れないでいてくれたら僕は万引きされた事くやしくも何ともないからね
     その3万円は君の将来の為の使いなさい」

    泣いた 人前なのに泣いた
    親にメチャクチャ怒られた時よりも彼女にフられた時よりも泣いた
    すみませんでしたすみませんでしたと泣きながら何度も頭を下げる俺の肩に手を置いていいから大丈夫だよとやさしい言葉をかけてくれた

    先日その本屋が閉店したと聞いて思い出した

    401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:23:07.45 ID:bl/q9WQ4O
    326: 10/09 03:32
    漏れは特に親を大切にしてきたわけでもなく、親に大学まで行かせてもらってる。両親共働き苦労してるよ。まぁ兄弟3人だしな。

    毎年、漏れの誕生日には2000円くらいのものではあるけどカーチャンがプレゼントくれるんだよな。20歳の誕生日って、なんとなく区切りの歳だろ。漏れ、逆に何かプレゼントしてやろうと思って一日かけて探した。
    カーチャン、コーヒー飲むのが好きだから、結局買ったのがコーヒーミル(コーヒー豆挽くやつ)とコーヒー豆。
    まぁ、それでも二つあわせて4000円くらいだ。我ながら良い物買ったなとか思ったよ。

    いつもよりちょっと豪勢な晩御飯の時に例年通りプレゼントもらった。

    漏れも照れくさかったけど、
    「まぁとりあえず20年ありがとうということで・・・これ」
    ってプレゼント渡したんだ。

    そしたら不思議そうな顔して大粒の涙をこぼした・・・
    今まで、馬鹿なことして泣かしたことは何度かあったけど、喜んで泣いてもらったのは初めてだったな。
    さすがに驚いた。こんなことでも泣いてくれるのかって。逆に自分はこんなこともしてこなかったってことだよな。

    今漏れは22歳、無事就職も決まって卒業を待つばかり。
    これからはもう少しカーチャンを大切にしようと思う。無償でこんなに大切にしてくれる親って、やっぱりすごいよな。

    402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:24:31.17 ID:mClfO+NSO
    なんだよ、このスレ(´;ω;`)
    パートスレにしてくれ
    良スレ杉て死にたい

    409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:56:32.46 ID:rEdTK4mQ0
    >>402
    死んじゃダメだぞ
    スレチになるから死んじゃダメだぞ!
    約束だぞ

    403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:27:51.07 ID:87FHd7sw0
    60 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/07/01(日) 04:57:05 ID:pmR9eUPm
    3年前の自分へ。

    樹海まで行ったけれど、死ぬことが怖くなってくれてありがとう。
    冬で1人木々の中を進むことに恐怖を感じてくれてありがとう。
    そこで意地張らないで戻ってくれてありがとう。
    世界は貴方が考えるより優しいよ。
    貴方は貴方が考えるより愛されてるよ。
    あんまり他人に心配掛けるなよ。
    「自分はいらないんだ」って思い込むのは止めた方がいいよ。
    あと1日帰ってくるのが遅かったら卒業できなかったし、
    そこで首吊ってたら今大学に進んでないよ。
    相変らずデブだし頭も良くないし駄目な人間だけど、
    それなりに楽しくのんびり生きてるよ。
    死にたい気持ちも分かるけど、もうちょっと緩く生きていきな。
    世界は貴方も含めて輝いているよ。

    404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:30:13.28 ID:754YtuEt0
    こないだの話。

    電車で高校の時の担任と教頭に偶然会った。
    卒業してからだから2年ぶり。

    「お久しぶりですー」
    なんて言葉を交わしたあと、何故か教頭がヒートアップ。
    教頭は「大学は楽しい?」「サークルは何やってるの?」などと質問攻め。
    それでも私はサークルの飲み会あとで機嫌もよく、ニコニコしながら受け答えしていた。
    そしたら教頭、さらにヒートアップ。
    最近の就職状況がどうだの、政治がどうだのと批判の嵐。
    私はそういうオジサン特有の批判じみた発言が苦手なので、途中からあんまり頭にも入らず、ただ苦笑いで話を聞いてた。
    で、私が「あ、次の駅で降りるんで」と言って、立ちあがったとき
    「私は悲しいんだ。こんな輝いた笑顔の子たちの活躍できる社会が、未来が、危ぶまれてるなんて。」
    と言って涙を流していた。
    私も思わずもらい泣きしてしまいそうになった。

    「がんばります」とだけ言って電車を降りた。
    ぶっちゃけ高校時代、教頭とは全然関わらなかった。
    それを少し悔んでしまった。

    407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:54:28.41 ID:87FHd7sw0
    170 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 2007/03/06(火) 11:50:45 ID:F1KrAoLq

    ささいな事で旦那と喧嘩をして家の中でお互い無視三日目。

    二歳の娘がおもむろに私の手を引っ張り旦那の所へ。
    旦那の手を取り、私の手と旦那の手をくっつけ

    『あーくしゅ』

    と言いながら泣いていた。

    数秒の沈黙の後、三人で号泣。
    きっと子供心にずっと辛かったんだろうな。

    ごめんね。ありがとう。

    410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/10(日) 23:58:35.49 ID:87FHd7sw0
    死なない縛りでの泣けるコピペも結構いいモンだね
    こんな縛りのある泣けるコピペスレは珍しいんじゃない?

    414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:09:01.09 ID:Y5xUHN7d0
    >>410
    いいもんだね~(´∀`)
    それと乙
    沢山の感動をありがとう
    少なくとも俺の胸には生きる希望が沸いた

    411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:01:19.96 ID:79D08FfW0
    814 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/17(日) 09:57:43
    この前息子の通う保育園で遠足があった。
    弁当持参だったのだが、嫁が出産のため入院していたので俺が作ることに。
    飯炊くぐらいしかしたことないのに、弁当なんて無理!
    嫁にアドバイス貰ったり、弁当の本を買い朝5時から弁当つくりをした。
    案の定不細工な弁当が出来上がった。申し訳ないと思いながらもそのまま持たせた。

    夕方子供を迎えに行くと空になった弁当箱と手紙を渡された。
    字は書けないはずなのに、「とうちゃんありがとう」
    俺の似顔絵付きで。
    先生が言うには、午後の外遊びの時間に教室にこもって手紙をずっと書いていたんだと。
    帰りの車中で「なんか食べに行こうか?」と尋ねると
    「とうちゃんのたまご焼き食べたい!」と。
    涙堪えるの必死だったよ。

    415: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:11:00.29 ID:j+k71h/M0
    338 バカは氏んでも名乗らない 04/03/24 08:00 ID:nyI08Pj9
    ちょっと聞いてくれ。昨日、ブスな女と話したんです。ブス女。
    そしたらなんかめちゃくちゃ好きな人ができたらしいんです。で、よく見たらなんかほんのり化粧してて、アイラインとか引いてるんです。もうね、アホかと。馬鹿かと。
    お前な、好きな人ができたぐらいで普段してない化粧なんてしてんじゃねーよ、ブスが。
    つくりの問題だよ、つくりの。
    なんかリップも引いちゃってるし。女の子らしくメイクってか。おめでてーな。ちょっとは見られる顔になったでしょ、とか言ってるの。もう見てらんない。
    お前な、鏡やるからその化粧落とせと。ブス女ってのはな、すっぴんでいるべきなんだよ。
    席替えで隣になった男子からボロクソ言われてもおかしくない、私は女を捨ててます、そんな雰囲気がいいんじゃねーか
    ピエヌだのメイベリンだのは、すっこんでろ。
    で、やっと話がそれたかと思ったら、はぁ~恋って切ないね、とか言ってるんです。
    そこでまたぶち切れですよ。あのな、お前にはそんなもん必要ねーんだよ。ブスが。
    得意げな顔して何が、恋は切ないね、だ。お前は本当に恋をしているのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
    お前、恋してるって言いたいだけちゃうんかと。情報通の俺から言わせてもらえば今、お前のアノ人には、カワイイ恋人がいるんだよ。残念だったな。
    気づかずラブレターでギョク砕。これがブスのコクり方。
    ラブレターってのは顔を合わせることがない。そん代わりショック少な目。これ。
    で、返事がいつまでも来ないで自動あぼーん。これ最強。
    しかしこれをやるとクラス全員にばれる危険も伴う、諸刃の剣。素人にはお薦め出来ない。
    まあお前みたいなブス女は、早いところオレの気持ちに気付けってこった。

    419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:21:04.58 ID:UwdDSJS+0
    >>415
    最後の一言に泣いた

    416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:14:11.18 ID:iYW7KotaQ
    泣いた
    正直、スレ見たときにコピペ程度に俺が泣くわけねーだろとか思ってたけど、泣いた

    心が洗われた気分だ
    みんな幸せになってくれ

    417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:19:00.79 ID:yQNJFOyY0
    ほしゅ

    418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:20:35.42 ID:79D08FfW0
    582 名前:水先案名無い人  投稿日:2007/05/16(水) 01:15:32 ID:SUWoydfN0
    幼稚園の頃の話。

    俺の家族は借金を背負い、田舎の農家の畑を売り払い
    一家4人安定した収入のある街へと出てきた。

    当時の生活は苦しく、毎日その日食べるので精一杯な状況。
    両親は借金の返済のため、そして何とか俺と弟には栄養のある
    ものを食べさせるため、朝から夜まで仕事をする毎日だった。

    クリスマスの夜、弟と紙に欲しいオモチャを書いてサンタクロース
    が来てくれるのを心待ちにしていたが、その夜は来なかった。
    次の日、隣のアパートの友達が新しいオモチャを手にした光景を
    弟と羨ましそうに見ていた。
    俺たち兄弟は、その日も紙を枕元に置いて眠ったが、結局サンタ
    クロースは来なかった。

    次の日の夜、俺はアパートのベランダに出て空を見あげて
    サンタクロースに問いかけた。
    「サンタクロースのおじいちゃん。どうして僕のところへは
    プレゼントを持ってきてくれないの?僕は何も悪いことを
    していないのにどうしてなの?隣の○○クンは悪いことしてた
    のに、なんできてくれないの?」
    そう問いかけた。
    そのとき、隣の部屋でシクシクと泣き声が聞こえた。
    そっと隣の部屋をのぞくと、父と母が涙を流して抱き合っていた。
    あの時はなぜ泣いているかがわからなかったが、
    今思うと非常に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

    420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:22:44.23 ID:ErW5ffWcQ
    369 :就職戦線異状名無しさん :04/08/16 07:15
    内定0の状態が延々と続き、しかも本命の最終落ち・・・と鬱なときに親に電話してみた。
    その日はおやじの誕生日。「内定をプレゼントしたかったんだけどね」と漏れ。
    いつもはあんまりしゃべらないおやじが一言、「それでもがんばるおまいの姿が今年の誕生日プレゼントだ」。
    親の前(電話口だけど)ではじめて号泣しますた。悔しいのとうれしいのと、たかがシュウカツでここまで弱ってる自分が情けなくて・・・
    でも、本当に親を大切にしなきゃっておもった。「ありがとう」・・・

    423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:29:13.78 ID:79D08FfW0
    中学生のころ日常的にいじめを受けてました。
    作ってもらったお弁当を捨てられたり、メジャーで怪我をさせられたりしました。
    試験前なのに荷物持ちとして遊びに付き合わされたことも何度かありました。
    その他いろいろなことがあって成績は急落し、対人関係が怖く登校拒否になり、今はいわゆる引きこもりを続けてる状況です。
    精神科に通っているのですが、先日帰り道で私をいじめていた人と会いました。
    話しかけられたので応じましたが、あちらはいじめのことをあまり覚えていない様子でした。
    今何やってるの?と聞かれて、家で過ごしていると答えると「ふーん、要するにニートなんだろ?」と言われました。
    彼は都のニート対策の企画に携わってると言い、私のことを根掘り葉掘り聞いてきました。
    それからと言うもの定期的に家を訪れては、社会にとってのニートの存在の害などを説教していきます。
    もし社会復帰したら自分のおかげであることを投書してほしいと言われました(そっちが本音?)
    お前は周りの同世代と比べて人生をほとんど楽しめてないんだぞ、このままでいいのかと言われた時は、彼が帰った後泣きました。
    あなたにいじめを受けていたせいだとは言えず、今日までずるずると生き延びてきました。
    構図としては引きこもりのニートとそれを説得する都の役員。周囲の人間がどちらに味方するかはわかっています。
    彼からの圧力がだんだん増してきていてもう耐えられないので、明日から自分でもできるバイトを探したいと思います。
    これだけかまってやったんだから、初のバイト代が入ったらおごれよと言われています。おごることになりそうです。

    424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:32:39.06 ID:4EyjP4zT0
    がああああああああ

    425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:35:10.17 ID:79D08FfW0
    518 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2007/04/05(木) 10:50:33 ID:pZMOAPMM
    ネカフェで寝てたらなんかNGOと名乗る女性が個室に尋ねてきた。

    就業支援だそうだ。

    及川奈央を地味にした感じのべっぴんさんだった。

    最後に人と雑談したのいつだったっけ。

    そんな事思いながらその人と話してたらいつの間にか泣いてた。

    ―俺本当にこのままじゃダメになる。

    そんな事考えながら初対面の女性の前でワンワン泣いた。

    周りの事も気にせずに泣きまくったら心が軽くなった。

    NGOのおねえさんありがとう。

    426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:35:13.07 ID:VPP9z2aVP
    アメリカの、とある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。 
    少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。
    少年はその選手へファンレターをつづりました。

    「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。
     しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、こわくてたまりません。
     あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」

    少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。
    カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。
    今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と。

    そして、その試合、ヒーローの最後の打席。
    2ストライク3ボール。テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで
    固唾をのんで見守り、少年自身も、テレビの中継を祈る思いで聞いています。

    ピッチャーが投げた最後のボールは・・・、大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。
    全米から大きな溜め息が漏れようとした、その時、スタジアムの実況が、こう伝えました。

    「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」

    525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 10:58:32.35 ID:ErW5ffWcQ
    89 :おさかなくわえた名無しさん :03/02/07 04:23 ID:6div1mXN
    わたしのママンは教育ママンだった。
    対面を何よりも重視して、たとえ90点をとっても「なぜ10点分間違えたのか」を
    聞いてくるようなママンだった。
    私はそんなママンが嫌いで、あんな大人にだけはなりたくないと思っていた。
     10歳のとき、わたしはとあることから、プチ登校拒否を試みた。
    何もかもが嫌で、学校になんて絶対行くものかと思っていた。
    ママンは激怒した。「対面」「成績」と毎日毎日怒ってわたしを怒鳴りつけた。
    根競べが一週間くらい続いたのだが、ある日急に、ママンは怒るのをやめた。
    部屋にいる私のところに来てただ、「買い物行くよ」とだけ言った。
    ママンは私を連れて、近所のスーパーで生活用品の買出しをした。
    普段学校以外に出歩かない昼間だったから妙な感じがした。
    ママンは、もう怒らなかったし、学校についても何も言わなかった。
    ただ無言で手をつないで、大根だのにんじんだのを買った。
     今思えば、きっとあれはママンなりの精一杯の愛情だったんだと思う。
    二日後、私は学校に行った。
    少しだけ、照れくさかった。

    428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:41:36.15 ID:VPP9z2aVP
    小学生の頃、母親が入院していた時期があった。
    それが俺の遠足の時期のちょうど重なってしまい、
    俺は一人ではおやつも買いに行けず、
    戸棚にしまってあった食べかけのお茶菓子とかをリュックに詰め込んだ。
    そして、夜遅くオヤジが帰宅。
    「あれ・・・明日遠足なのか」と呟き、リュックの中を覗き、しばし無言。
    もう遅かったので、俺はそのまま寝てしまった。

    次日、リュックを開けて驚いた。
    昨日詰めたおやつのラインナップがガラリと変わっている。
    オマケのついたお菓子とか、小さなチョコレートとか・・・
    オヤジ、俺が寝てからコンビニ行ったんだな。
    俺、食べかけの茶菓子でも全然気にしてなかったんだけどさ。

    あの時、オヤジがどんな気持ちでコンビニへ行ったかと思うと、
    少し切なくなる。

    429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:42:42.38 ID:79D08FfW0
    458 名前:ななしのいるせいかつ[] 投稿日:2007/03/17(土) 14:36:24
    老人ホームで実習した時の話。
    そこは認知症のおじいちゃんおばあちゃんばかりの所で、
    5分前に話した話は覚えてない、1ヶ月居ても私の顔は覚えてくれない。
    かなしいな、とは思いつつも精一杯介護させていただいた。

    1ヶ月の実習が終わっていよいよ最後の日。
    一人一人に挨拶をして回る私。
    すると、かなり重い認知症を患ったおばあちゃんが目いっぱいに涙溜めて
    「あの時はありがとう。怪我した小指に絆創膏貼ってくれたね」
    ってそう言って抱きしめてくれた。
    その後、聴いたことも無いメロディーに乗せて涙ポロポロ流しながら
    「別れは辛いけどあなたに会えてよかった。」と歌ってくれた。

    あんなに泣いたのはいつ振りだろうってくらいに声を上げて泣いたよ。

    430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:44:17.83 ID:0JnfJtlN0
    いい話だな

    431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:47:26.63 ID:79D08FfW0
    263 名前:774号室の住人さん[sage] 投稿日:2007/02/27(火) 21:50:31 ID:sOFsjgYg
    地元から遠く離れた所で就職して、過酷な仕事と職場のイジメで鬱になった。
    通院治療しながら、家族のお荷物と思われるのが嫌で、家には内緒にしてメールで「元気にしてるよ」って送ってた。
    そしたらある日、イジメが酷くてもうどうにも死にたくてたまらなくなった。病院に行ったら、先生が親に電話を掛けた。
    何て言われるだろう。怒られるだろうか。そう思いながら、受話器を取った。
    電話口で母ちゃん、「ずっと気付かなくて、ごめんね」って言った。
    俺は、電話を手にしたまま声を上げて泣いた。

    次の日には、母ちゃんが実家からやってきた。
    「しばらく仕事休んで、母さんと温泉巡りしようよ。ずっと行きたかったんだ」
    ふとすると死ぬことばかり考えてしまうくらい酷い状態だったが、母ちゃんがあちこち連れ回してくれて、嫌なことから全部遠ざけてくれた。

    一度だけ、真顔で言われた。
    「母さん、あんたが死んだら困るな…」
    そんな悲しい顔、もう見たくないよ。
    ずっと笑っててよ。

    親孝行、したいよ。
    ありがとう、って何度言っても言い足りないよ。

    433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 00:54:31.89 ID:ErW5ffWcQ
    56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:10:24.60 ID:Jg+AcEeL0
    生きててもさ、無駄なんだよ、俺。
    きっと何しても上手くいかないんだよ。
    ただダラダラと生きててさ。
    いっそ本気で死んじまおうかな。

    58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。2007/07/05(木) 08:12:48.05 ID:peSyhKq70
    死んでもいいけど。とりあえず、自分のレスを縦読みだな。
    自分の心の声に気付いてやれよ。

    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:14:34.40 ID:Jg+AcEeL0
    …もっかいバイト探して見る。
    ありがと。

    434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:00:54.16 ID:LUv07KM50
    今まで一回も母さんの誕生日祝ってやれなかったけど
    来年は祝ってやりたい

    まだ間に合うよな

    465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:24:54.00 ID:ErW5ffWcQ
    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします []:2010/04/10(土) 20:37:48.72 ID:r8fAYSO1O
    腹違いの兄貴が居る。
    俺小学5年、兄貴大学生の時に子連れ同士の再婚。
    一回り近く年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないまま。
    大学入試の時、入学金の事親に言えないでいたら、兄貴が知らない内に払っていた。
    俺「気を遣わないでよ。いざとなれば働けば…」
    兄貴「馬鹿野郎。俺はお前の兄ちゃんだ。」後でちょっと泣いた。
    姪っ子が大怪我した時、限界まで輸血した。
    兄貴「もういい止めろ。死んでしまう」
    俺「うるさい。俺は○子の叔父さんだ」義姉共々泣かした。お返しだ。ザマミロ。

    姪っ子の結婚式の時、「私にはお父さんとお母さんと、叔父さんの血が流れています」
    って言われて図らずも号泣。兄貴夫婦以上に号泣。大恥かいた。
    ○子綺麗だったなあ…。

    435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:02:12.65 ID:79D08FfW0
    908 :ほんわか名無しさん :2007/01/21(日) 01:42:18 O
    私の母親は、私の友達に「うちの子に関わらないで」とか平気で言うような人だった。
    そのせいでたくさんの友達をなくしてた私は、そのうち友達と距離を置くようになった。
    ある日、友達から電話で「なんで最近距離おくの」と言われた。
    そいつは一番仲が良かったから母親から何度も嫌がらせを受けていた。
    「もう嫌な思いさせたくないから」とだけ言うと、友達は黙ってしまった。
    また一人大事な人が減ると思うと苦しかったが、図々しく「嫌いにならないでね。ずっと友達でいてね」なんて言えなかった。
    無言の時間が長く続くと、受話器から鼻の啜る音が聞こえてきた。
    どうしたの、と聞くと友達は息を荒くして
    「うちはお前と一緒にいて、嫌な思いなんかしたことない!」と怒鳴ってきた。
    「うちが必要としてんだから、お前は余計な事考えるな!」と震える声で怒鳴るのだ。
    「大丈夫だから!」と。
    涙がでた。
    今までそんな事言ってくれる人なんていなかった。
    私のために泣いてくれる人なんていなかった。
    私は泣きながら「うん」とだけ言った。

    それからどれだけ母親に嫌がらせを受けてもそいつは友達でいてくれる。

    ありがとう。

    恥ずかしいけど、いつか言ってみようと思う

    436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:02:16.48 ID:ErW5ffWcQ
    79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/19(木) 19:42:24.25 ID:wi3T6MXxO
    御歳84になるおじいちゃんが言いました。
    「僕はね、昔、まあ今もだけど。運動も勉学もロクにできなかった」
    「友達もいないし。顔も悪い。いつもひとりぼっち」
    「だから、死のうと思ったことがある」
    「でも、死んでしまったら僕の葬式代がかかるだろう」
    「役立たずの僕のためにそんな無駄なお金を使ってほしくなかったんだ」
    「そこで僕は考えた。これ以上迷惑をかけないように今は死なないでおこう」
    「生きて生きて、僕が死んで迷惑になる人たち皆死んでから、死のう。と」
    「どこかの海か崖にでも身を投げて・・・ね」
    「でもね、気付いたんだ。僕には両親がいる。兄弟がいる」
    「兄弟はやがて結婚して子供を持った」
    「僕も運良く結婚できて子供をもてた」
    「僕が生きている以上、つながりが消えることはないんだ・・・ってね」
    「そして、僕は僕の大事な妻のため、子供の為に今まで生きてきた」
    「その、僕の大事な子供の子供が、君です」
    「ありがとう、君がいるから僕は生きています」

    病院で自傷による出血多量の手当てのため入院していた、僕に向かって。


    438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:08:55.57 ID:79D08FfW0
    《いじめられている君へ》広い海へ出てみよう
    東京海洋大客員助教授・さかなクン

    中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。
    いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん無視されたこともありました。
    突然のことで、わけはわかりませんでした。
    でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。
    せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。
    けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。
    すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。
    助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。
    いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。
    広い海の中ならこんなことはないのに、
    小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。
    同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。
    中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。
    ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。
    でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。
    学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。
    話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。
    ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。
    大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。
    外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。
    (朝日新聞2006年12月2日掲載)

    443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:19:17.66 ID:j+k71h/M0
    >>438
    これ好きだ。
    あいつはヘンな奴だけど凄い奴だと思う。尊敬してたりする。

    439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:09:45.37 ID:ErW5ffWcQ
    21 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2009/08/18(火) 18:39:42 ID:a3cvB98l
    先月用事があって普段乗らない電車に乗ったら
    沿線で花火大会があったらしく
    浴衣の女性がいっぱいいて思いがけず目の保養。

    そこへ乗ってきた「愛読書は小悪魔アゲハです」なふたり。
    金髪にギャルメイクで
    「おまえそれ千円ショップで揃えたろ」な
    安っぽい趣味の悪い浴衣を下品に着こなしておりました。

    早速携帯が大音量で鳴る。
    携帯いじりまくりだろうどうせと思ってたけど、
    「いやだ、切るの忘れてた。恥ずかしい」と囁いて
    千円ギャルは即効で電源を落とした。

    乗客がだんだん増えてきて、
    ギャルズの右隣のひとり分しかないスペースに、
    オシャレでステキなカップルの女性が座った。
    カップルの男性の方は離れた席に座った。

    しばらくしてギャルズの左隣が一つ空いたとき、
    ギャルズは何も語らずお互い目だけで合図し、
    すっと左に詰めてカップルの女性の隣を空けてあげていた。

    カップルは何も言わず会釈もせず並んで座った。

    そうか、千円ショップ浴衣なのは
    この子達が円光も万引きもカツアゲも親のすねかじりもせず
    自分のお小遣いやバイト代だけで浴衣揃えようとしたからなんだ、
    そう思った私はものすごく恥ずかしくなりましたとさ。

    440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:14:24.62 ID:ErW5ffWcQ
    12 名前: すずめちゃん(関東・甲信越)[] 投稿日:2009/02/02(月) 19:54:58.95 ID:vPljhsGC
    去年の青学の受験の時に間違って青山に行ってしまってあたふたしてたんだ。
    もうすぐ試験が始まる時間だし、近くにいる人に聞いても知らないとか言われるし、どうしていいか分からなくて途方に暮れてたら、わざわざタクシーを拾って大学まで送ってくれた人がいたんだ。
    その人は「早く行け。試験頑張れよ」と言って、タクシー料金も払ってくれたんだ。

    俺はギリギリで試験に間に合い、合格した。

    その人にお礼が言いたいんだが名前も何も聞いてない。激しく後悔したよ。
    でもある時テレビを見たらその人が出てたんだ。その人の事務所を調べてお礼の手紙を送ったら、丁寧に「合格おめでとう。ここからがスタートだから頑張れよ。俺も頑張るから」みたいな返事もくれた。

    江頭2:50さんには今でも感謝している。

    445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:25:13.89 ID:6wf99CI2O
    俺も久しぶりにカーチャンとトーチャンに会いに行くか…

    446: 1/2 2010/10/11(月) 01:26:00.79 ID:5j6YOtKk0
    先日小6の息子の運動会を見に行って、息子が自閉症の子と二人三脚をしている姿を見て、26年前を思い出しました。
    当時は身障の子もハンディなしで、皆と一緒に走ってた。
    あれは小5の運動会で100m走の時。
    1組から6組までの6人が背の順に走るのだが、オレは1組
    2組は浜田、3組は和田リョウちゃん、4組と5組は忘れた。
    6組が体にハンディを持つ子だった。そしていよいよオレ達の
    番が回って来た。距離のハンデは当然なしで、皆一斉にスタート
    した。所がオレがコーナーにさしかかった頃、リョウちゃんは少し前を走っていたが
    突然止まり、逆走しだした。そしてオレも走るのを止めて、後ろを見ると、
    6組の水口クンがコケてうずくまってた。それを見てオレも水口クンが
    倒れてる所まで走り出した。(その時のオレは、こんなことしたら
    先生に怒られるかも・・)と思ってた。しかし、なんと、他の組のヤツらも
    水口クンの所へ駆け寄ってきた。そこでの会話は多分こうだったと思う。
    和田「泣かなくてもイイって、さぁ立てよ」
    水口「・・・」
    オレ「水口クン、オレにつかまれ」
    水口「ゴメン・・」
    和田、他の全員『みんなでゴールしたらええやん』

    447: 2/2 2010/10/11(月) 01:26:42.82 ID:5j6YOtKk0
    そして、オレとリョウちゃんは水口クンの脇を抱え走り出した。
    そして、他の組の4人も一緒にゴールテープを切った。
    ゴールで待っていた先生の中には、人目をはばからず涙を流す先生もいて、
    『お前らよく頑張ったな』と言ってくれた。 (オレは内心ホッとした)
    あとで聞いた話だが、その時の歓声と拍手は凄かったらしい。
    オレにはそんな歓声も拍手も聞こえてこなかったが。
    そして夕方、閉会式で校長先生が目を真っ赤にして、
    『先生は今日の運動会を死ぬまで忘れません』と言った。
    6年生になり、リョウちゃんは転向してしまった、オレが
    同級生で唯一認めた男、和田りょうじは今どこで何をしてるのだろう。
    夏ごろ水口クンも大きな病院へ入院してしまい、
    6年生の運動会はリョウちゃんも水口クンもいない運動会になって
    しまった。確かあの日も雲ひとつない快晴だった。
    オレもあの日の逆走は死ぬまで忘れない。

    449: 1/4 2010/10/11(月) 01:30:16.39 ID:5j6YOtKk0
    61 :名無しの心子知らず :2006/10/22(日) 00:11:49 ID:utXt6Lcj
    ~私があなたを選びました~
    おとうさん、おかあさん、
    あなたたちのことを、こう、呼ばせて下さい。
    あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、
    わたしは地上に下りる決心をしました。
    きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。
    汚れのない世界から地上に下りるのは、勇気がいります。
    地上での生活に不安をおぼえ、途中で引き返した友もいます。
    夫婦の契りに不安をおぼえ、引き返した友もいます。
    拒絶され、泣く泣く帰ってきた友もいます。
    あなたのあたたかいふところに抱かれ、今、わたしは幸せを感じています。

    450: 2/4 2010/10/11(月) 01:31:00.52 ID:5j6YOtKk0
    62 :名無しの心子知らず :2006/10/22(日) 00:12:28 ID:utXt6Lcj
    おとうさん、
    わたしを受け入れた日のことを、あなたはもう思い出せないでしょうか?
    いたわりあい、求め合い、結び合った日のことを
    永遠に続くと思われるほどの愛の強さで、わたしをいざなった日のことを
    新しい”いのち”のいぶきを、あなたがフッと予感した日のことを
    そうです、あの日、わたしがあなたを選びました。
    おかあさん、
    わたしを知った日のことをおぼえていますか?
    あなたは戸惑いました。あなたは不安に襲われました。
    そしてあなたは、わたしを受け入れてくださいました。
    あなたの一瞬の心のうつろいを、わたしはよーくおぼえています。
    つわりのつらさの中でわたしに思いをむけて自らを励ましたことを、
    わたしをうとましく思い、もういらないとつぶやいたことを、
    わたしの重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを、わたしはよーくおぼえています。
    おかあさん、
    あなたとわたしはひとつです。
    あなたが笑い喜ぶときに、わたしは幸せに満たされます。
    あなたが怒り悲しむときに、わたしは不安に襲われます。
    あなたが憩いくつろぐときに、わたしは眠りに誘われます。
    あなたの思いはわたしの思い あなたとわたしは、ひとつです。
    おかあさん、
    わたしのためのあなたの努力を、わたしは決して忘れません。
    お酒をやめ、タバコを避け、好きなコーヒーも減らしましたね。
    たくさん食べたい誘惑と、本当によく闘っていますね。
    わたしのために散歩をし、地上のすばらしさを教えてくれましたね。
    すべての努力はわたしのため、あなたを誇りに思います。

    451: 3/4 2010/10/11(月) 01:32:32.28 ID:5j6YOtKk0
    63 :名無しの心子知らず :2006/10/22(日) 00:13:04 ID:utXt6Lcj
    おかあさん、
    あなたの期待の大きさに、ちょっぴり不安を感じます。
    初めての日に、わたしはどのように迎えられるのでしょうか?
    わたしの顔はあなたをがっかりさせるのでしょうか?
    わたしの身体はあなたに軽蔑されるでしょうか?
    わたしの性格にあなたはため息つくでしょうか?
    わたしのすべては、神様とあなたたちからのプレゼント
    わたしはこころよく受け入れました。
    きっとこんなわたしが、いちばん愛されると信じたから。
    おかあさん、
    あなたにまみえる日はまもなくです。その日を思うと、 
    わたしは喜びに満たされます。
    わたしといっしょに、お産をしましょう。
    わたしがあなたを励まします。あなたの意志で回ります。
    あなたのイメージで下りてきます。
    わたしはあなたをこよなく愛し、信頼しています。

    452: 4/4 2010/10/11(月) 01:33:50.81 ID:5j6YOtKk0
    64 :名無しの心子知らず :2006/10/22(日) 00:13:41 ID:utXt6Lcj
    おとうさん、
    あなたに抱かれる日はまもなくです。
    その日を思うと、わたしの胸は高鳴ります。
    わたしたちと一緒に、お産をしましょう。
    あなたのやさしい声が、わたしたちに安らぎを与えてくれます。
    あなたの力強い声が、わたしたちに力を与えてくれます。
    あなたのあたたかいまなざしが、わたしたちに励ましを与えてくれます。
    わたしたちはあなたをこよなく愛し、信頼しています。
    おとうさん、おかあさん、
    あなたたちのことを、こう、呼ばせて下さい。
    あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、
    わたしは地上に下りる決心をしました。
    きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。
    おとうさん、おかあさん
    いま、わたしは思っています。わたしの選びは正しかった、と。
    わたしがあなたたちを選びました。

    作者 ・ 鮫島浩二  (中山産婦人科クリニック

    454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:37:41.74 ID:PIu2/oZMO
    泣いた

    455: 1/3 2010/10/11(月) 01:41:32.18 ID:5j6YOtKk0
    871 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/11/10(金) 21:33:21 ID:mQ77WECI
    うちのばーちゃん
    優しくて、綺麗好きで、山中にある小さなパーマ屋さん
    (美容院といえるほどのものでもないw)で働いていた働き者のばーちゃん
    兄妹で遊びにいくと『ひろ君(仮)とゆきちゃん(仮)が来たからビフテキにしようね』
    と必ずでっかいステーキを焼いてくれた。
    私の幼稚園の迎えにいつもいつも来てくれていた。
    私の好物だった牡丹餅をいつも作ってくれた。
    私の名前の漢字(小学生には小難しい)を教えてくれた。
    米の研ぎ方やだご汁の作り方を教えてくれた。
    優しくって、でも毛の長い絨毯のとこでお菓子を食べると怒るんだw

    そんなばーちゃんがちょっとおかしくなってきたのが私が中一の頃だ。
    同じ話を何度も繰り返し、いま自分が何処にいるかわからなくなり、私たち兄妹にお小遣をやった事を忘れて繰り返し渡す。
    これが呆けってやつ?と思いつつも、なんかまだよく理解できていなかった私は
    家にばーちゃんが来る度に「ここは何処だったかねぇ」「家に帰らんと…」
    と繰り返されるのがうんざりで、半ば恐怖でもあった。

    872 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/11/10(金) 21:34:55 ID:mQ77WECI
    それからばーちゃんの認知症は進んで、ついにはドアの開け方も、靴の履き方も、ボタンの掛け方も解らなくなってしまった。
    それで、介護…というか祖父の手伝いをしに、よくばーちゃんの家に行くようになった。
    でもそん時まだ高校一年生だった自分はそれが嫌で嫌で仕方なかった。
    同級生にばーちゃんの介護してる奴なんかいなかったし、
    何より、支離滅裂な話を繰り返されるのに嫌気がさしていた。

    456: 2/3 2010/10/11(月) 01:42:31.30 ID:5j6YOtKk0
    873 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/11/10(金) 21:35:49 ID:mQ77WECI
    で、ある日。いつもみたいにばーちゃんのトイレの世話をしてた時だ。
    はいはい終わったらティッシュで拭いてね、で、立って、ズボン履くよ、ってばーちゃんの背中を支えた
    そしたらさ、ばーちゃんがちっさい声で言うんだ。
    「ごめんねぇ、もうばーちゃんわけが解らんようになってねぇ…」
    小さい、泣きそうな震える声で言うんだ。ごめんねぇって何回も。
    全部ばーちゃんが悪いんだねぇ、ごめんねぇ。お小遣もやれなくなったねぇ。ごめんねぇ。ありがとねぇ
    ってさ。もうね、心臓わしづかみにされたみたいに苦しくなった。
    違うよ、ばーちゃん。私嫌々やってたんだよ。めんどくさいって嫌な顔して車に乗ってきたんだよ
    内心、ばーちゃんなんか早くいなくなればいいのにって考えたことあるんだよ
    謝んないでよばーちゃん。ばーちゃんが悪いんじゃないんだよ。
    謝んないでよばーちゃん。本当は本当に大好きなんだよばーちゃん。
    ばーちゃん。ばーちゃん。大好きだから。大好きだからやってるんだよ。

    ばーちゃんのズボン掴んだまんま泣きじゃくった。

    457: 3/3 2010/10/11(月) 01:43:32.81 ID:5j6YOtKk0
    884 名前: 871 [sage] 投稿日: 2006/11/11(土) 21:37:36 ID:W0vhXo7g
    あれ?なんかばーちゃん死んだことになってる?(´・ω・`)
    まだ生きてるよwボケは進みまくって少女になってるけどw
    今看護学校に通っててばーちゃんに会いにいけないけど
    夏冬春休みはほとんどばーちゃんのところにいってる。
    もう私のこともほとんど解らないみたいだけど、
    ばーちゃんには人一倍お世話になったし、なにより大好きだから(゚ε゚)キニシナイ!!

    458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:45:29.20 ID:VPP9z2aVP
    小学校6年くらいの時の事
    親友と、先生の資料整理の手伝いをしていた時、
    親友が「アッ」と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった。
    その時まで実の両親だと思っていたので心底衝撃を受けた。
    帰り道、どんな顔で家に帰っていいか分からず、
    公園のブランコに座って立てなくなった私に、親友はずっと付き添っていてくれ、
    「よし、じゃあ私と姉妹の盃を交そう」とか言って、
    カバンからメロンのアイスの容器(メロンの形のやつ)を出して、水道の水をくんで飲んだ。
    一体何のテレビを見たのか、「盃の契りは血のつながりより強いんだよっ」なんて
    メロンのカップ片手に言う親友がおかしくて、思わず泣きながら笑いあった。
    十数年たって私が結婚する事になり、結婚直前に二人で酒でも飲む事にした。
    『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って、あの時もらったメロンのカップを
    カバンにこっそり忍ばせて飲んでたら、突然親友がポロポロ泣き出して
    「あの時、あの時、気付かせてしまってごめんね」と。
    『養女』の文字を隠さなかった事をずっとずっと悔やんでいたと泣いた。
    そんな事、反抗期に親に反発しそうな時も、進学の学費面で親に言えなくて悩んだ時も、
    机の上でメロンのカップが見守っていてくれたから、
    あなたがいてくれたからやってこれたんだと伝えたかったのに、
    ダーダー涙流しながらダミ声でドラえもんのように「ごれ゛ぇ~」とメロンのカップを出すしかできなかった。
    親友もダーダー涙流しながら「あ゛~ぞれ゛ぇ!」と言って、お互い笑って泣いて、酒を酌んだ。
    もちろんメロンのカップで。
    もうすぐ親友の結婚式があるので思い出した。

    459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:47:54.98 ID:5j6YOtKk0
    856 :名無しさんの初恋 :2006/10/16(月) 01:35:46 ID:vyZaQ6EH
    ずっと好きで好きで片思いだった従姉が先週、急に温泉にいこうって誘ってきた
    金曜の夜から二泊三日でさっき帰ってきたんだ
    旅館じゃ夫婦みたいにずっと一緒で混浴もして最後までして夢のようだった
    しかも従姉、初めてだった

    夢が叶ったって、つきあえるって思ってたのに・・・・ 

    従姉の家に送った時に叔父さんから従姉が叔父さんの取引先の息子さんと婚約したって聞いた
    来年早々にも挙式をするから来てくれって叔父と叔母に言われたよ
    従姉は目を伏せて俺と話してくれなかった
    帰りに車の窓越しに「ごめんね」って一言だけ・・ 
    どういうことなんだよ・・・

    460: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 01:54:38.59 ID:VPP9z2aVP
    学生時代、書類の手続きで1年半ぶりに実家に帰った時のこと。
    本当は泊まる予定だったんだが、次の日に遊ぶ予定が入ってしまったので
    結局日帰りにしてしまった。
    母にサインやら捺印やらをしてもらい、帰ろうとして玄関で靴紐を結んでいると、
    父が会社から帰ってきた。
    口数が少なく、何かにつけて小言や私や母の愚痴を言う父親のことが苦手で、
    一緒に居ると息苦しさを感じていたの私は、父が帰宅する前に帰って
    しまいたいというのも、日帰り、ひいては通えない距離の学校を選んだの理由の一つだった。
    父が、「お前、泊まるんじゃなかったのか」と訊いたので、
    「ちょっと忙しいから」とぶっきらぼうに答えると、手に持っていたドーナツの箱を私に差し出し、
    「これやるから、電車の中で食え。道中長いだろうから」と言った。

    駅に着くと、電車は行ったばかりのようで人気がなく、30分は待たされるようだった。
    小腹が減ったので、父からもらったドーナツの箱を開けた。
    3個ずつ3種類入っていた。家族3人でお茶するつもりだったんだなぁ。
    でも、私が9個貰っても食べきれないよ。箱の中を覗き込みながら苦笑した。
    その直後。あぁ、あの人は凄く不器用なだけなんだろうな―。
    ふとそう思うと、涙がぼろぼろ出てきた。
    様々な感情や思い出が泡のように浮かんでは消えるけど、どれもこれも切なかったり苦かったりばっかりで。
    手持ちのポケットティッシュが無くなっても、ハンカチが洗濯して干す前みたいに濡れても涙は止まらなくて、
    結局、一本あとの電車が来るまで駅のベンチでずっと泣き続けていた。

    463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:07:40.67 ID:5j6YOtKk0
    350 名前: 名無し職人 [sage] 投稿日: 2006/09/23(土) 16:14:05
    先日の給料日に、新入り数人に声かけて俺のオゴリで飲みにいこうと誘いかけたんだが、
    その内の一人が用事があるからと謝ってきた。
    聞くと、給料日は両親と外食してるらしい。更に毎月仕送りもしているんだとか。

    「お前、まだ給料だってそんなに貰ってないだろう?若いんだし、もっとやりたい事ないのか?」
    と尋ねると
    「だって、今のうちから返しはじめないと、親が死ぬ前に返しきれませんから」
    と笑顔で答えた。



    もう親孝行ができない俺にとって、お前が心底羨ましいよ。

    464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:18:52.54 ID:yQNJFOyY0
    ほしゅ

    466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:26:35.38 ID:JP/vapPK0
    320 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/12/07(月) 21:08:04 ID:JKnm4DJt
    月並み?だが、自分が養子だった事。
    高校の修学旅行でパスポートが必要になり、戸籍謄本を取った時に愕然とした。
    その日は何も手に付かず、夕飯で両親が揃った時、思い切って問いただした。

    最初は鳩が豆鉄砲食らったような顔をしてた父が、みるみる目と口を開いていき。
    「忘れてた!!」
    今度は私が豆鉄砲を食らいました。

    結婚当時、子宝に恵まれず、まだ赤ん坊だった私を施設から引き取った事。
    年頃になったら説明しなきゃいけないなあ…と思いつつ、3人で生活している内に
    養子という意識も薄れ、私が中学生になった頃にはすっかり頭から抜け落ちていた事。

    「いや、小学校卒業した時に説明するかどうか悩んだ記憶があるから、それまでは覚えてたんだよ」
    などとしどろもどろで言い訳する両親を見てると、ああ、二人は間違いなく私の両親なんだなあと
    思えて、なんだか泣き笑いになってしまった。

    あれから10年近く経つけど、私たちの関係に変わりはない。
    今日が両親の結婚記念日だったので、ふと思い出した。

    467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:33:30.70 ID:5j6YOtKk0
    258 名無しさん@恐縮です New! 2006/08/03(木) 23:22:04 ID:V7KoDVKJ0
    ガッツの話

    芸能界に入った時は、オレも1年生。演技もしたことないし、セリフも覚えたことない。
    だからみんな先輩、楽屋では子役のところにも挨拶に行った。

    お芝居なら覚えられないセリフも必死で、本番まで覚えたよ。
    バラエティならみんなが読まない脚本も読んで、きっちり自分の役割をこなした。
    だから、「ガッツさんちょっとおかしい」ともいわれたね。
    ケーキは顔に塗られるし、馬鹿な役もやらされる。
    「チャンピオンも引退したら悲惨だね」って言われたよ。

    でもね、『おしん』というドラマの時にいきなりセリフの多い役で大抜擢された。
    聞くと橋田 壽賀子先生じきじきの指名だよ。

    「先生、何でボクを選んだの?」って聞いたの。そしたら
    「あんた一生懸命やってるじゃない」
    「普通、ボクシングのチャンピオンでこの業界に来るとみんな天狗で鼻持ちならないのよね」
    「あんたはチャンピオンのガッツ石松じゃなくて、役者の、芸人のガッツとして頑張った。
    だからこの役はガッツ石松のために用意したのよ。あんたが一生この業界で食っていけるように」

    オレは人目もはばからず泣いたよ。見てる人は見てるんだって思ってさ…

    468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:34:24.24 ID:JP/vapPK0
    313 名前:まい 投稿日:2000/04/04(火) 16:57
    幼稚園の頃お絵描きの時間に先生が
    「大好きなものを描いてね」といういやに抽象的なテーマをだした。

    みんなは、「おかあさん」とか「愛犬」とか「お花」を描いていたが、
    私は画用紙一杯に茶色の丸を何個も何個も描いた。

    先生の「これ、なあに?」の問いに
    「とりのからあげ!」と元気に答えた私。
    教室内は大爆笑、「だって、好きなものって言ったやん」と子供心が傷ついた。

    その絵を、返却され家に持って帰る事になり
    「お母さんも笑うかなあ、」と心配になったが、お迎えに来た母に

    「好きなもの、から揚げ描いたら先生も皆も笑ってん…」
    ここまで話すのが精一杯で大泣きしてしまった。

    母は満面の笑みを湛え「そっかあ!」とその足ですぐスーパーに行き、
    鶏肉をいっぱい買って来てその日の夜と、次の日のお弁当にから揚げを入れてくれた。

    年子の弟がいたので、「お姉ちゃん」というプレッシャーがあったのと、
    食が細かったので、「これが好き」とか「これ食べたい」とかあまり言わない子供だったので
    母はすごくうれしかったみたい。

    父も「この子は酒飲みになるぞお」とうれしそうにから揚げをたべていた。
    期待を裏切らず酒飲みになり、あてはいつもから揚げ、
    身長も171センチと大きく元気に育った。

    「から揚げの絵」は、いまも大切に実家に保管してある。
    おかあさん、ありがとう。

    475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:52:05.78 ID:5j6YOtKk0
    242: 2006/08/01 00:03:49 oDv7Az8y
    俺、中学の頃、運動会の時にさ、「こなくていいってば!昼飯は仲間と食うからよ」って言って、適当になんか買って出かけて、ほら、田舎の学校の運動会ってさ、
    父兄も参加のメニューがあったりして親が見に来るなんて当たり前だったし、中学でも。

    でも、かーちゃん、弁当持って来ちゃったんだよ。

    俺が昼飯何にも持たねぇで出かけたのを心配してさ、「だってお前、何にも食べ物持たないで行っちゃったもんだから、母さん心配で」ってさ・・・。

    その頃ちょうどワルがかってた俺は、仲間に、てめぇんとこかーちゃん来たの?って馬鹿にされるのが恥ずかしくて、かーちゃんに 「食いもんぐれぇ買って
    来たからいいよ!帰れよ!」って言っちゃったんだ。

    でも、その後、作ってきた弁当校庭の隅に広げて、独りで座って食ってるかーちゃん見ちゃってさ・・・。それをこの歳になるまでずっと気にして
    生きて来たから、悪ぃことしたなって。免許とって車ころがせるようになってからは、割とかーちゃんの買い物の荷物持ちとかしてやってる。

    運転の途中で季節的に桜なんか咲いてると、「わあ、綺麗だねぇ。今度弁当持って花見に来ないとね・・・」 って言うんだよ、かーちゃん。
    それ聞く度に 「ああ、そうだな」 って言うんだけどさ、この歳になってまさか本当にお袋といっしょに行くわけねぇじゃん。
    お袋だって分かってるとは思うんだよ。

    ・・・だから余計に、何で中学の頃のワルガキだった俺は、かーちゃんが作ってくれた弁当を一緒に食ってやれなかったんだろうって思うと、もう、
    切なくて・・・。切なくて・・・。

    かーちゃん、あん時本っ当にごめんな。今度また重てぇ荷物ちゃんと持ってやっからよ・・・。

    477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 02:55:00.21 ID:Pf207kXD0
    >>475
    花見いってやればいいじゃん
    あと数回しかチャンスないかもしれないぞまじで

    485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:35:14.06 ID:tWOo9FlOO
    >>477
    コピペに話かけてんじゃねーよwww

    478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:07:10.41 ID:QJrGF5Xq0
    こういうの読んでると自分のゴミクズっぷりが再認識できて泣けてくる

    479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:07:16.51 ID:5j6YOtKk0
    844 名前:水先案名無い人  sage 投稿日:2006/07/26(水) 00:19:01 ID:f0qE83TR0
    3歳の娘が、週末の公民館での開放プールを楽しみにしてる
    プールは一人に一つ玩具持ち込みOKなので私も娘に玩具を…
    ケチなのもあるがプールの為だけに買うのも何だしなぁと
    家にある小さいペットボトルで、いわゆるゴミ玩具を作った
    ゴミ玩具とはいえ私なりに手をかけ、ビーズを中に入れたりして可愛らしく作った
    娘もとても気に入った様で、お風呂でもそれで遊んでいた
    で週末プールにそれを持っていった娘、楽しく遊んでいたのに
    どこぞのギャルママに
    『何それ?手作り?ダサいね~、あんたのママ買ってくれないの?ダサイダサイ…』
    と言われ。娘はキョトン…。しかもそのギャルママの子までが、ダサイダサイ騒ぎだした
    娘は無視して私の方にやって来たが、その子がついてきて、ダサイダサイ連呼
    娘は半泣きになって、自分の玩具をプールの外に投げ出してしまった
    娘はその日、今まで無い位におとなしくなって、何も話したがらなかった
    私は少々心が痛かったが『新しい玩具買いにいく?』と聞いた
    しかし娘は無言で、首を横にふった

    そして夜、娘が『ママの玩具、投げたりしてごめんなさい…また遊んでいい?』と言った
    嬉しかった
    少し泣いてしまった

    480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:09:16.72 ID:5j6YOtKk0
    162: 2006/07/29 08:28:56 A0zcYE/c
    近所のマックで外壁の塗装してた時偶然昼食時間帯に通りがかった。
    日陰で職人さん5人が弁当広げて食べようとしてたとき
    一番年寄りの再就職らしきヨボヨボのお爺さんが自分の弁当を落とした。
    泥やペンキがいっぱいの地面にぶちまけてた。
    ご飯とチクワだけだった。
    落としたショックと見られたくないのとで無言で必死に手でかき集めてた。

    その時、
    棟梁らしき中年のオッサンが若いのに1000円渡して
    「サンクス行ってきてやれ、ついでにみんなのプリンもな。」

    若いのはすぐ走って行き、全員食べるの待ってた。
    年寄りと食事が切ないのは誰でも同じなのでは、と思った。

    481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:16:51.87 ID:/PrVYmHpO
    このスレみて、頑張ろうと思った。




    鬱病みたいになって、責任感と義務感だけで大学行ってた頃、あまりにもツラくて死のうと思った。

    一緒に帰ったやつに、「もう俺死にたい。俺みたいなのでも、死んだら誰か泣いてくれるのかな」って言ったんだ。

    そしたらそいつは、「○○が死んだら、私は泣く。だから死ぬなんて言うな!」って、電車の中で泣き始めてしまった。

    その時に、俺は生きていこうと思った。そいつを泣かせないために頑張ろうと決めた。

    今思えば、親のことも忘れた、あまりにもバカらしい、子供の考えだけどな。



    今ではまったく会わないけど、元気にしているのは知っている。

    今度、飲みにでも誘って、感謝の言葉を言おうと思う。

    俺が生きてるのは、お前のおかげなんだと。

    482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:18:13.90 ID:5j6YOtKk0
    大学のとき、高校の同級生の女の子がALSを発症した。
    そう親しくもない子だったし、ALSってどんな病気かも知らなくて
    軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、ひまつぶしで見舞いに行っていた。
    ある日彼女が、病室で言った。
    「あたし処女のまま死ぬのってイヤだなあ、ねえ今度夜這いにこない?」
    その晩実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、病院の寝巻姿ではあったが
    髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、下着も当時流行り始めたTバックだった。
    行為そのものは少々やっかいで、彼女は自分で脚を開くこともできなかった。
    彼女はわざとらしい喘ぎ声をあげて、なんとか無事終ることができた。
    そのあと俺に寝巻きを着せてもらいながら、彼女は嗚咽していた。

    翌日俺の実家に彼女の母親から、「息子さんの優しいお見舞いに感謝します。」と
    電話があったという。俺はまさかと思ったが、しばらくして戦慄した。
    彼女はもう、起き上がることすらできない。トイレだって行けないから
    たぶんおむつの世話になっているはずだ。
    では誰が?
    彼女の髪をとかし整えてやったのか
    彼女に薄化粧を施してやったのか
    彼女のおむつを脱がし、流行りの下着をはかせてやったのか
    それがわかったとき、嗚咽とはいかないが不覚にも涙が出てきた。

    あれから8年、彼女はもはや目も動かせない状態で今も闘病を続けているという。

    484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:32:25.03 ID:/PrVYmHpO
    ほす

    487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:44:44.39 ID:x2K2w0c60

    488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 03:55:24.16 ID:7H45r/UYO
    まだ落とさない
    ほしゅ

    489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 04:04:55.10 ID:yQNJFOyY0
    今日もこのスレで泣いた
    おやすみ

    492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 04:18:10.56 ID:5j6YOtKk0
    大学板

    855 :796:2006/02/21(火) 22:28:57 ID:F58jsT8R0
    長文スマソ。
    さっき落ちた事を母に報告しますた。

    「落ちちゃった!でもまぁ、俺これから仕事頑張るから!俺稼ぐからさ!」悔しさを隠して、立ち去ろうとした。
    「本当に、、、、、、ごめんね。あたしのせいで。」
    「・・・・・・・・・・・・・・」
    言われると思わなかった。言わせたくなかった。18年間それだけは言わせたくなかった。
    親父が居なくたって、借金があったって。暇が無くったって。
    自分を呪った。新聞配達だって家事だってなんだってやった。バイトだって3年ほとんど毎日やった。
    3つ掛け持ちしてやった。生活費を稼ぐために働いた。兄弟の事を思って働いた。

    一度過労で倒れた。ふと愚痴をこぼした。「俺もパソぐらい買える家庭に生まれたかった」「・・・・・」
    次の日机の上にパソと手紙が置いてあった。「ごめん」手紙にはその文字だけが書いてあった。

    泣いた。「恥ずかしくない人間になろう」そのとき、もう2度と言わせないと誓った。

    493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 04:20:04.23 ID:d+Zs7yxVO
    泣きながら追いついたが寝て醒めれば忘れるんだよなこの手のスレは

    494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 04:22:54.15 ID:5j6YOtKk0
    「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく
    自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
     しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
    外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し
    国家が混乱に直面している時だけなのだ。
     言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
    どうか、耐えてもらいたい」
    (吉田茂 昭和32年2月、
     防衛大学第1回卒業式にて)

    496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 04:32:01.51 ID:5j6YOtKk0
    877 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/12/23(金) 18:11:00 ID:7Y0FIeDr
    今日はカーチャンの誕生日
    事前に打ち合わせしてネーチャンはケーキ、
    オレは花を買うことにしてた

    花屋に行って「母の誕生日に予算3千~4千円でお願いします」って旨を伝えて暫くすると
    花なんか興味ないオレにも伝わるほど、本当に綺麗な花束が出来上がっていく

    そんなオレの視線に気付いたのか、店長さん
    「3千円で造ってます」とにっこり

    ウソだろ?その花さっきそこで値札見たら1本400円だったぞ?それなんかは500円だ?
    すかさず店長
    「親孝行ということでサービスしときました」+眩しい笑顔
    「それと…ハイ、メッセージカードとペン。お母さん喜びますよ」

    有無を言わさず渡されてしまった

    へったくそな字で書いたさ「タンジョウビオメデトウ」ってな

    今夜カーチャン喜んでくれるといいな・・・



    んで持って帰って気付いたんだけど、オレ「誕正日おめでとう」って書いちゃってる・・・
    スゴイよ!ジョンイルだよ!将軍様生まれちゃったよ!

    花束だけ渡します・・・

    497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 04:37:07.15 ID:BDKBpJlx0
    837 :本当にあった怖い名無し :04/11/05 21:57:17 ID:7ZRzBvsY

    俺の友達の話しだけど。
    俺の友達は、古風に言えばヤンキーだった。
    高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。
    先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけは、そうじゃなかった。
    かなりの豪傑だったらしく、何事にも熱心に取り組む先生だったらしい。
    幾度となく留学の危機に瀕した友達を叱咤激励してくれたそうだ。
    友達はその分、反抗もしたみたいだけど。
    先生のおかげか、そいつの頑張りかは知らんけど、友達は高校を卒業してとある土木会社に就職。

    そして、去年の10月頃、やつは不思議な夢を見たらしい。
    高校の教室、辺りはぼんやりとしていて、何人かの生徒の姿が見える。
    教壇には、ニカッと笑った先生の姿があった。
    その先生は突然、黒板に「自習」という字を書くと
    「明日から休みになるが、宿題がある!」と叫んだ。
    友達が「えーっ!」と声を上げると、先生は笑って
    「俺からの最後の宿題だ。幸せになれ」と言ったという。
    目が覚めた後、何となく変な感覚があったと友達は言っていた。

    そして、その日のお昼頃、そいつは突然、先生の死を知らされたそうだ。
    原因は俺は知らないけど、急死だったらしい。
    この間、飲みの席で「俺の先公の命日だったんだ」なんて話しから、その話しを聞かせてくれた。
    いつも強気で口調の荒いそいつが、声を殺して泣いているのを見て、
    先生の最後の宿題を、こいつはちゃんと続けているんだなぁ、って思った。

    498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 05:03:09.11 ID:3cFywS360
    ほしゅ

    499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 05:03:21.01 ID:7H45r/UYO
    間隔がわかんないけど
    ほしゅ

    503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 05:15:49.99 ID:Z4qs1ES5O
    ほしゅ

    508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 06:17:23.50 ID:7uUvGxBvO
    まだ途中までしか見てないけど、涙止まらない。
    みんなみんな幸せになりますように!
    笑顔で涙が流せますように!

    533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 12:11:54.29 ID:US2dVzJN0
    小1の秋に母親が男作って家を出ていき、俺は親父の飯で育てられた。
    当時は親父の下手くそな料理が嫌でたまらず、また母親が突然いなくなった
    寂しさもあいまって俺は飯のたびに癇癪おこして大泣きしたりわめいたり、
    ひどい時には焦げた卵焼きを親父に向けて投げつけたりなんてこともあった。
    翌年、小2の春にあった遠足の弁当もやっぱり親父の手作り。
    俺は嫌でたまらず、一口も食べずに友達にちょっとずつわけてもらったおかずと
    持っていったお菓子のみで腹を満たした。弁当の中身は道に捨ててしまった。
    家に帰って空の弁当箱を親父に渡すと、親父は俺が全部食べたんだと思い
    涙目になりながら俺の頭をぐりぐりと撫で、「全部食ったか、えらいな!ありがとうなあ!」
    と本当に嬉しそうな声と顔で言った。俺は本当のことなんてもちろん言えなかった。
    でもその後の家庭訪問の時に、担任の先生が俺が遠足で弁当を捨てていたことを親父に言ったわけ。
    親父は相当なショックを受けてて、でも先生が帰った後も俺に対して怒鳴ったりはせずにただ項垂れていた。
    さすがに罪悪感を覚えた俺は気まずさもあってその夜、早々に布団にもぐりこんだ。
    でもなかなか眠れず、やっぱり親父に謝ろうと思い親父のところに戻ろうとした。
    流しのところの電気がついてたので皿でも洗ってんのかなと思って覗いたら、
    親父が読みすぎたせいかボロボロになった料理の本と遠足の時に持ってった弁当箱を見ながら泣いていた。
    で、俺はその時ようやく、自分がとんでもないことをしたんだってことを自覚した。
    でも初めて見る泣いてる親父の姿にびびってしまい、謝ろうにもなかなか踏み出せない。
    結局俺はまた布団に戻って、そんで心の中で親父に何回も謝りながら泣いた。
    翌朝、弁当のことや今までのことを謝った俺の頭を親父はまたぐりぐりと撫でてくれて、
    俺はそれ以来親父の作った飯を残すことは無くなった。
    親父は去年死んだ。病院で息を引き取る間際、悲しいのと寂しいのとで頭が混乱しつつ涙と鼻水流しながら
    「色々ありがとな、飯もありがとな、卵焼きありがとな、ほうれん草のアレとかすげえ美味かった」とか何とか言った俺に対し、
    親父はもう声も出せない状態だったものの微かに笑いつつ頷いてくれた。
    弁当のこととか色々、思い出すたび切なくて申し訳なくて泣きたくなる。

    534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 12:16:19.81 ID:N3LvWP44O
    なんでもいいけど、カーチャンネタだけは貼るなよクソッ

    535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 12:16:21.83 ID:US2dVzJN0
    結婚する前の嫁とシーに行った時の話
    俺はおっさんながら、ドナルドが大好きで、嫁もそれを知ってた

    平日だった為、客も少なくガラガラだった。
    誰もいないゲート前の地球儀の前、2人で写真を撮っていたら、いつの間にかドナルドが近づいてきた
    2人を撮ってあげようか?みたいなジェスチャーで冗談を言ってくれた。2人ともびっくりした
    嫁は喜び抱きつきに行き、俺はカメラを構えた。嫁が俺においでおいでと言っていたが照れて抱きつきに行かなかった。
    俺が嫁とドナルドの2ショットわ一枚撮った所で、ドナルドが近づいて来て俺の手を握り、持っていたカメラをキャストに渡して撮って撮ってとキャストにアピってくれた。
    握ってくれた手は優しいながら力強く、写真を撮った後に抱きしめてくれて頭を撫でてくれた。
    おっさんなのに泣きそうになった。
    ドナルド…大好きだ

    536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 12:28:36.37 ID:7H45r/UYO
    ほすっす
    グーフィーの話も好きだ

    538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 12:53:11.99 ID:US2dVzJN0
    阪神大震災は、モンゴルでも重大ニュースとして報道され大きなショックを与えた。
    モンゴル政府はただちに臨時閣議を開き、救援物資を送ることを決めた。
    それも、ただ送るということではなく、一刻も早く届けようとしたのだ。
    毛布2100枚、手袋500組その他を直ちに政府特別機に積み込み、
    プレブドルジ副首相は国民を代表して見舞いにやってきてくれた。

    モンゴル国は、以前はモンゴル人民共和国と称していた。
    ソビエト連邦の衛星国の一つとして、ソ連共産党の指導下に長きにわたり入っていたが、
    その時代でさえ、モンゴルは日本に極めて好意的な国家として、経済・文化交流などで
    緊密な間柄を保っていた。
    そのことにソ連が不快感を示しても、モンゴル政府は、
    『 血の繋がりは、共産主義の教義よりも強し 』
    としてこれを無視してきたのである・・・・。

    ソ連崩壊後、モンゴルは自由主義国家を目指し、市場経済への道を歩み始めた。
    日本は同国にとっての最大の援助国として全面的に支援してきた。
    同国は日本の長きにわたる援助を多とし、感謝の気持ちを込めて救援に駆けつけて
    くれたのであろう。

    関西空港で出迎えた外務省幹部が感謝の意を表明するとともに、長旅を労って
    休息していただこうとしたが、「長居をしてご迷惑を掛けたくない」と、
    わずか90分だけの日本滞在で機上の人となった。
    日本では「困った時の友が真の友」という。
    モンゴルにも「困難に直面する時こそ、友人の価値が分かる」という諺があるという。
    小さな国からの、大きな贈り物であった。


    539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 12:57:53.02 ID:US2dVzJN0
    姉の結婚式のとき。
    姉と一緒に写真を撮っていたら、不意に、メールが届いた。

    件名「ほしい」
    内容「ちちも しやしん」

    親族控え室を見回すと、何事もないかのように祖父らと談笑する父の姿が。
    でも、時折チラチラとこちらを見る父。
    「お父さんも一緒に撮ろうよ!」と声をかけたら、「写真は苦手なんだけどなー・・・お前たちがそう言うなら仕方ないなー・・・」
    と言いながら寄ってきた。そのときの写真を、携帯の待ちうけサイズにしてあげたら「俺は親ばかじゃないから、こんなのいらん」と言ってたくせに、

    後日
    「しやしん まちうけ ほうほう おしえて」
    と、メールが来た。

    763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/12(火) 09:06:21.60 ID:Mc3AFIvxO
    >>539
    いいちちだ

    540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 12:59:46.93 ID:US2dVzJN0
    うちの両親は昔すごく仲が悪かった。

    母はとても気が強くいつも一方的に怒鳴り散らして父は下を向いて黙ったまま。
    そんな光景を何度も見ながら育った。私は父のことがとてもかわいそうに思えて父の味方だった。幼心に”パパとママが離婚したらパパといっしょにくらす!”ってずっと思っていた。

    私が通っていた幼稚園ではお昼に給食が出ていたんだけど1ヶ月に一度お弁当を持っていく日があってその時は母がいつも腕を振るってかわいいお弁当を作ってくれていたのでとても楽しみにしていた。
    しかしお弁当を持っていく前日、ケンカをした後、母が家を飛び出してしまった。
    明日はお弁当なのにどうしよう。と思っていたがそのことを父に言い出せず、そのまま眠りについてしまった。

    次の日、目を覚ましたが母はまだ帰っていなかったが父が台所に立っていた。私が起きてきたことに気付いた父が「パパがお弁当作ったから」と言って得意気に私にお弁当箱を見せた。
    しかし、中身はパンのサンドイッチがひとつ入ってるだけ。それに妙に腹が立った私は「こんなのお弁当じゃない!ママが作ってくれるのと全然ちがうもんっ!!」って言って泣き出してしまった。

    父は始めビックリした顔をしたがみるみる寂しそうな顔になり「ママみたいに上手に作れなくてごめんな」って言って涙をこぼした。

    幼稚園に行ってお昼の時間になり、お弁当箱を開けるとパンにイギリスの国旗の旗が刺さっていた。
    父なりに工夫をして見た目を良くしてくれたんだと思う。それを見た私は母がいない寂しさや、父が心をこめて作ってくれたお弁当のことなど色んなことが頭に浮かんできて泣きじゃくりながらサントイッチを食べた。

    中身はマーガリンに砂糖がかかっている甘いものだったけど涙のしょっぱい味が今でもすごく印象的です。

    541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 13:08:57.25 ID:US2dVzJN0
    今日正社員の面接行ったのね。もうこれで11社目。
    今まで全部駄目だった。
    それで、その日は車で母も用事があったし、近くだったんで、
    母さんが運転するよ、と付き添ってくれた。
    駐車場の社内に母を待たて面接してもらった。
    出てきたのは社長と人事課長。社長が絵に書いたような悪人顔でさ。
    たばこふかしながら履歴書見て「何この転職回数?あんたもう36だろ?」
    「働いた経験が長いったって、こんなの職歴なしも同然だろう?」
    「精神の病気だかなんだかしらんが、うちでそんなの雇うわけない、
    辞められたら無駄だし、もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」
    車に戻ると母は面接には触れず、「また寒くなるんだって、今ラジオで行ってた」
    「ごはん食べて帰ろうか」って。
    無言のままうどん屋に入って、カツ丼を食べた。
    そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃってさ。
    で、いろんな言い訳考えた末に正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。
    母親、「また次も送っていくよ、カツ丼、あんまりおいしくなかったね」だってさ。
    今頃になって泣けてきたよ。情けねーなー。就職してーなー。
    今まで何やってたんだろう。
    母さん、就職できたらおごってくれたお礼に、今度は何かおごるよ。
    うまくないカツ丼じゃないところに行こう。
    この歳になって言うのもなんだけど、 母さんごめんなさい。

    547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 13:36:33.59 ID:US2dVzJN0
    入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。
    下手したら全員会社に泊まりになるかも知れないという修羅場なのに、結婚記念日なので帰らしてくださいとは絶対に言えなかった。
    5時を回った頃、T課長が俺を呼びつけ、封筒を渡して、
    T課長
    「これをK物産に届けろ」
    と言う。K物産は、隣の県にある得意先で、今から車で出ても8時までに着けるかどうかすら分からない。
    T課長
    「届けたら直帰していいから」
    と言うが、直帰も何も、K物産に届けて家まで帰ったら、きっと11時は過ぎるだろう。文句を言いたかったが、

    「わかりました」
    と言って封筒を預かった。中身を見ようとすると
    T課長
    「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」
    とつれないT課長。
    不満たらたらの声で

    「行ってきます」
    というと、課内の同情の目に送られて駐車場へ向かった。
    車に乗り込み、封筒を開けると、一枚の紙切れが。

    「結婚記念日おめでとう。今日はこのまま帰りなさい」

    と書かれていた。
    会社に入って初めて泣いた。

    前回:人が死なない泣けるコピペ貼ってく
    http://world-fusigi.net/archives/8329112.html


    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2016年02月18日 01:16 ID:.D0lPFs50*
    人死んでるやん
    2  不思議な名無しさん :2016年02月18日 01:18 ID:lM7kzsf00*
    子供系はくやしいけど泣けるよぉ。ボロボロ泣いてたのに「コピペに話しかけるなよ」で声出して笑ってしもたwww
    3  不思議な名無しさん :2016年02月18日 02:21 ID:2Q.VKBg60*
    人シヌのあるじゃん…勘弁して
    4  不思議な名無しさん :2016年02月18日 11:15 ID:Ft97Bx8r0*
    死んでるのは醒める。
    死ぬ寸前とか、瀕死とか、そういうのも勘弁。
    5  不思議な名無しさん :2016年02月18日 14:09 ID:COfMcTom0*
    貧乏と病気のことが無い泣ける話はないものなのかな
    6  不思議な名無しさん :2016年02月18日 14:13 ID:3B979NBZ0*
    3連続人が死んでる
    7  不思議な名無しさん :2016年02月18日 15:05 ID:W5dEkjl80*
    江頭のネタで冷めてしまったわ
    8  不思議な名無しさん :2016年02月18日 16:12 ID:s4joirjA0*
    意味が分かると怖いhなしが混ざってるンgおねえ
    9  不思議な名無しさん :2016年02月18日 16:41 ID:IKXUYHLq0*
    みんないいやつだな

    みんな幸せになれよ
    10  不思議な名無しさん :2016年02月18日 17:10 ID:H3WntBCL0*
    お父さんとお母さんと、叔父さんの血が流れてますのやつと
    お父さんのドーナツのでぽろぽろと涙が!我慢してたのに(;▽;)
    11  不思議な名無しさん :2016年02月18日 18:46 ID:VglP.NmBO*
    心洗われた…
    12  不思議な名無しさん :2016年02月18日 20:19 ID:Tzp7np940*
    やっぱ、親とかおばあちゃん系は弱いんだよな
    13  不思議な名無しさん :2016年02月18日 21:17 ID:VPtNhgSS0*
    自分は家族に虐待されてたところを友人に救われたから友人関連のにはほんと弱い…涙ぼっろぼろ出る。
    14  不思議な名無しさん :2016年02月18日 21:42 ID:FlnzlL4h0*
    思いがけず440の最後の行で「えがちゃあああん!!」ってなった
    やっぱりエガチャン好きだ
    15  不思議な名無しさん :2016年02月18日 22:46 ID:fTywZ1oN0*
    阪神大震災ではスリランカの紅茶二トンがなんかありがたいけど面白迷惑なのがいい

    被災地はすさまじかったし知り合いも死んだけどそれでも人間は生きていくもんです
    16  不思議な名無しさん :2016年02月19日 01:00 ID:bHGouEDy0*
    何人か死んじゃってるじゃんってツッコミは野暮なのかな
    でも感動できた
    涙目になったのは久しぶりだ
    17  不思議な名無しさん :2016年02月19日 02:55 ID:Uwde.J6IO*
    「宿題だ、幸せになれよ」の先生の話、似たようなのでクラスメート全員が同じ夢を見ていたっていう怖い話を読んだことがあるようなないような。
    18  不思議な名無しさん :2016年02月19日 03:04 ID:ftPiKUHt0*
    ごはんとちくわはアカンわ…(T^T)
    19  不思議な名無しさん :2016年02月19日 11:53 ID:TLMiSo.T0*
    親孝行とか全然考えてなかった
    いやああああ
    20  不思議な名無しさん :2016年02月19日 23:39 ID:ZXZiRFiEO*
    両親がもうイイ歳だから親系のは響くねぇ

    なかなか孝行出来なくて情けない
    21  不思議な名無しさん :2016年02月22日 04:12 ID:WM4.INVx0*
    高校の時の校長先生が
    毎回朝礼の時、話するんだけどさ
    何言ってんのか分かんないわけ
    友達とは「あいつ卒業までには死ぬべw」
    とか言ってたくらい
    でも、結局卒業の日にも校長先生の話は
    あって変わらず何言ってんのか分からない
    早く終わんねーかなって思ってたら
    最後にはっきりと一言
    「幸せになってください」
    今までの話もきちんと聞いとけば良かった
    と思ったね
    22  不思議な名無しさん :2016年02月23日 12:58 ID:.hU.TzeG0*
    他人の善意を無碍にしたことを後悔する話はヤバイな
    23  不思議な名無しさん :2016年02月23日 22:09 ID:.li5C0j70*
    小学生の同級生に対する思いやり系はヤバい
    24  不思議な名無しさん :2016年02月26日 05:36 ID:nA0zsy4i0*
    ティッシュがなくなった…
    兄弟姉妹の上が、自分もあまえたい当たり前に下を守ってる系と、子供に見せられない親の影の涙
    25  不思議な名無しさん :2016年02月26日 05:43 ID:nA0zsy4i0*
    ティッシュがなくなった…

    自分も甘えたいだろうに、下を守る兄弟姉妹の上の気持ちや
    反抗されても影でしか見せない親の涙系は、耐えられない位こみあげる

    この歳になって、自分が親になって、子供を姉弟でもって、初めて深くわかった…
    26  不思議な名無しさん :2016年05月06日 15:42 ID:bAkQ48vl0*
    涙腺返せ!
    でも、誕正日で笑った(笑)
    27  不思議な名無しさん :2016年06月06日 11:50 ID:b.uaeFSv0*
    結局いつもいつもこの手のスレはホームランで泣いちまう
    他ので泣かなくても、どうしてもホームランだけは泣いちまう
    28  不思議な名無しさん :2016年12月14日 14:42 ID:1V37A0fj0*
    「留学の危機」が気になった
    29  不思議な名無しさん :2017年04月10日 01:53 ID:MilR2qdw0*
    課長粋やな

    皆程の話ではないが
    あんたのピアノの音は他の子よりやさしいっておかんに言われたの思い出した。
    客観的判断の上かどうかは謎
    30  不思議な名無しさん :2017年08月16日 23:18 ID:cUQCXc880*
    356のやつ英語のリスニングテストで聴いたことある
    31  不思議な名無しさん :2018年01月08日 06:08 ID:XPensoit0*
    中学の頃死んだ父親のことをふと思い出した
    カーチャンに孝行しよう
    32  不思議な名無しさん :2018年09月10日 21:58 ID:Jms35hKq0*
    カーチャンにちょうど反抗して困らせてる時だから、まじで泣いた。誕生日わざとあげなくてごめん。私の誕生日のとき、絶対あげるからね。
    33  不思議な名無しさん :2019年04月17日 21:36 ID:yPTpyGUw0*
    ほしゅっっ


    ....言ってみたかっただけ

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!