まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

英語の歴史を学ぶスレ

2016年02月21日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 17 )



4: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:25:50 ID:4zn
前史
イギリスに初めて人類がやってきたのは約3万年前と言われています
この頃にやってきた最初の人類をイギリス先住民と呼びます

( ‘j’ )「あ!動物追いかけてたら変なところについたど!」

この頃は大陸と陸続きになっていたようです

それから2万5千年後
( ‘j’ )「あ!今日土器つくるど!」

この頃地球が温暖化しイギリスが島になりました
彼らは暖かい土地で農業を初め土器や青銅器を作るようになります

48e76de0d6dd73443b3346201b1775d0

6: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:26:43 ID:4zn
それからまた2千数百年後、大陸からケルト系の民族が侵入してきます

(´・ω・`)「せいどうき(笑)何が楽しいの?」

( ‘j’ )「ジェ…」

(´・ω・`)「そんなもの作ってないで一緒に鉄器を作ろう!」

彼らは新しい技術を伝えるとともに先住民を同化していきます

やがて彼らは支配層になっていきます

(´・ω・`)「僕たちの村を守るために武装するよ!」

(´・ω・`)「戦争で勝ったから村を束ねて国を作るよ!」

(´・ω・`)「もう僕が王様になるよ!」

こんな感じでイギリスにいくつかの国が出来上がりました

10: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:28:04 ID:4zn
しかしやっと国家ができたイギリスに新たな侵略者がやってきます

それがあの有名なローマ帝国です

5d7ebdbee7f83660e865d81607f7626b

彼らは紀元前55年から侵略を始め西暦43年にはブリテン島(イギリスの大きいほうの島)のほとんどを征服しました

13: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:29:11 ID:4zn
そのころ、英語の祖先にあたる言葉を話していた民族(ゲルマン人)は今のドイツやデンマークあたりに住んでいました

彡(゚)(゚)「いかんのか?」

彡(^)(^)「ええんやで」
かれらの話す言葉は今のドイツ語に似ていたようです(ドイツ語もここから分かれた)
格変化や動詞の活用が滅茶苦茶多く、名詞が男性・女性・中性に分かれていて、さらにそれに伴って形容詞や分詞も変化します
今もこんなんだったら単語の変化を覚えるだけで英語を見るのも嫌になるでしょう

そんなゲルマン人はあるとき大移動を始めます

それは…

15: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:30:08 ID:4zn
0c07c966eaf5fea428bd8417ed32f104

フン族と呼ばれる騎馬民族が襲来してきたためです

J( 'ー`)し「私のために働きなさい」
彡(゚)(゚)「ヒエッ…」

彼らはゲルマン人の住んでいる場所を攻撃し服従させようとしました

そのためゲルマン人はそこから逃げ出すようになります

最初に逃げ出した先はローマ帝国でした

彡(^)(^)「お邪魔するやでーよろしくやでー」

/|i、゚ヮ゚ハレ「ふぇっ…!?なにこの蛮族は…(ドン引き)」

ゲルマン人の侵入のせいでローマ帝国は混乱し、やがて滅亡してしまいます
しかしこの後もラテン語はローマの文化とともに宗教や学術用語として不死鳥のように残り続けます

17: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:32:16 ID:4zn
一方、ローマ帝国がいなくなったブリテン島は支配者がいなくなったことで大混乱に陥ります

そして、その混乱をいいことにゲルマン人がブリテン島にも侵入してきます

彡(^)(^)「まあここは暫くの間使わせてもらうって形なので
原住民の方々に感謝しながら使わせてもらうしかないな
住民には申し訳ないけど、少しの間(多分フン族の侵略終了まで)いさせてください」

このとき、イギリスに来たゲルマン人をアングロサクソン族といい、この「アングロ」という名前からEnglishやEnglandという言葉が生まれました
また、言葉が表す通り、彼らが移り住んだのはブリテン島のなかでもイングランド地方です

20: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:33:12 ID:4zn
もともと住んでいたケルト人はゲルマン人に抵抗しましたが、
(´・ω・`)「げるまんのお兄ちゃん達は僕らの秘密基地から出ていってよ!」

彡#(゚)(゚)「じゃかしいわボケナス!」ボコー

(´。ω゚`)「もうここは駄目だ。北や西に逃げよう」
こうして原住のケルト人たちは北のスコットランドや西のアイルランドなどに逃げていきました

この時のケルト語は地名の中やごくわずかな英単語の中に残っています
彡(^)(^)「やきう」
彡(^)(^)「風吹けば名無し」

22: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:34:14 ID:4zn
ケルト人と同様アングロサクソンもイングランドの中で国をいくつか立て覇権を競いました
彡(^)(^)「ち~ん(笑)」
彡#(゚)(゚)「なんでや!阪神関係ないやろ!」

やがてイングランドが統一されると、、、

再び侵略者がやってきます
北の海からやってきたデーン人と呼ばれる人たちです

彡(゚)(゚)「お前ら誰やねん」

(゚)(゚)ミ「そらもうアレよ」

彼らはイングランド人と似た言葉を話していました
それもそのはず、デーン人も同じゲルマン人から分かれた部族だったからです

23: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:34:25 ID:iO1
へーえ

24: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:34:52 ID:4zn
彡(゚)(゚)「くっさ!お客さんやんけ、戦ったろ!」

(゚)(゚)ミ「これは教育やろなあ」

応戦するイングランドでしたが、結局負けてしまいます

彡(。)(;)「許して…許してクレメンス…」

(゚)(゚)ミ「格の違いを知らな(アカン)」

これが11世紀の頃です

イングランドはデーン人に支配され、デーン人の言葉が英語へたくさんはいっていきました
彡(^)(^)「そうなれば、そうなるやろ」
彡(^)(^)「そらそうよ」

デーン人に支配されたイングランドでしたが、その支配を脱する間もなく再び新たな侵略者が大陸からやってきます

25: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:35:00 ID:JwC
身内で争うのか...

26: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:35:37 ID:4zn
イングランドから海を隔てたところにご存じフランスという国があります
ここももともとローマ帝国の支配下でしたが、ローマ帝国がいなくなった後はラテン語から派生したフランス語が話されていました
フランスの王族はデーン人の力が弱くなるのを見計らってイギリスを乗っ取ろうとします

27: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:36:00 ID:4zn
(≧Д≦)「いいすかぁ?(ゲス顔)」

彡(゚)(゚)「何しにきたんや」

(≧Д≦) 「お前の土地が欲しかったんだよ!」

彡(゚)(゚)「これは教育やろなあ」

(≧Д≦)「いいよ来いよ!」

こうして戦争が始まり…

28: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:36:32 ID:4zn
(≧Д≦)「ホラホラホラホラ」
(≧Д≦)「イキ過ぎィ!イクイクイク……」
(≧Д≦) 「ンアッー!」

彡()()「ほな…また…」

(≧Д≦) 「フゥー↑」

また負けてしまいます

彡(。)(;)「王様になってええで…」

(≧Д≦) 「なろうと思えば(王者の風格)」

この後13世紀までフランス人の支配が続き、上流階級はフランス語のみを話していたため系統が違うフランス語由来の単語が大量に入ってきました
彡(^)(^)「ファッ!?」
彡(^)(^)「あっ…(察し)」
彡(^)(^)「そうだよ(便乗)」
彡(^)(^)「イキスギィ!」

29: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:37:37 ID:4zn
この時フランスから入ってきた言葉には特徴があります

それは、支配者の言葉という点です

つまり当時支配者だったフランス人が管理した法律、政治、財産系の単語にはフランス語由来が多いのです
例としてcourt(法廷),judge(裁判官),parliament(議会),council(地方自治体の議会),tax(税金),money(金銭)などがあげられます

その他にもbeef(牛肉)はフランス語由来でcow(牛)は古い英語由来、mutton(羊肉)がフランス語由来でsheep(羊)が古い英語由来だったりします
これは家畜を育てるのが下層のイングランド人で、その肉を食べるのが支配者であるフランス人だったためです

30: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:38:44 ID:4zn
13世紀になると、イングランドはブリテン島のケルト人国家ウェールズを征服し、フランスに内政干渉したり戦争をしかけるなど国としても強くなっていきました
国として強くなっていくにつれて英語の地位も上昇し、14世紀には貴族も英語を話すようになりました

この時代は英語という言語が完成されるまでの過渡期のような時期でした
英語の地位は上昇しましたが地域や階級ごとの言葉の違いが大きく、その時代ごとにどんどん変化していったため非常に流動的でした

31: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:39:32 ID:4zn
そして15世紀になると今の英語に一気に近づく”ある現象”が起きます
それは発音の変化です

今までは「フィーヴェ」という単語をfiveとつづり、「ロート」という単語をrootとつづっていました
つまりローマ字読みをしていたわけです
まあ、わざわざ綴りをややこしくしようとする人なんかいないので当然です
しかし英語では、この時代に発音が変わったことに加えて綴りを新しくしなかったため、fiveを「ファイヴ」と読みrootを「ルート」と読むような滅茶苦茶な綴りが誕生してしまいます

この原因はよくわかってない部分も多いのですが
一説によると

彡(^)(^)「ちょwwWADAがENGURISSHUに!?wwwwww」
彡(^)(^)「ンゴゴゴゴゴwwwwww」

彡(゚)(゚)「ほんま底辺はくっさい英語使いよるなあ」

彡(゚)(゚)「せや、最新の印刷技術でワイら知識階級の正しい英語を広めたろ」

ペスト「よろしくニキーwwwwwww」

彡(゚)(゚)「お、ペストやんけ!死んだろ!」

彡(^)(^)「グエー知識階級死んだンゴwwww」
彡(^)(^)「ンゴゴゴゴゴwwwwww」
彡(^)(^)「知識階級が死んだ結果wwwwwwww」

彡(^)(^)「お、印刷物があるンゴねえwwww」

彡(^)(^)「綴りと発音が違ゥー!wwww違ゥー!wwwwwwwwww」

彡(^)(^)「まあこれからはワイらの時代や、よろしくニキ」

41: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:44:38 ID:I2h
>>31
これホンマに戦犯よな
ワイ英語できない一因や

55: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:53:03 ID:4zn
>>41
綴りはほんまに厄介やね

32: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:39:49 ID:4zn
つまり、印刷技術の発達→知識階級の言葉で印刷をする→ペストが流行して知識階級が死ぬ→底辺の発音が広まる→印刷した大量の文章の綴りは変えられないのでそのまま残る
ということらしいです
あくまで一説ですが…
なので英単語が覚えられないときはペストとこの時代の底辺を恨んでください
この頃は格変化や動詞の活用も簡略化、名詞の性別もなくなり、今の英語とほとんど同じになります

33: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:40:14 ID:iO1
ワラタ

34: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:41:02 ID:4zn
その後、イングランドはウェールズ以外のケルト人国家のスコットランドとアイルランドも併合しグレートブリテンおよびアイルランド連合王国が誕生します
また、世界中に船を送り戦争をして勝っていきます
植民地はインドからアメリカ大陸まで及び大英帝国が成立します
植民地からも大量の単語が入ってきます
彡(^)(^)「ガイジかな」
彡(^)(^)「優しい世界」

37: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:41:48 ID:4zn
当然、植民地でも英語が話されるのですがそこにいた原住民たちやイギリス以外の移民たちの言葉の影響で方言ができます
例えば、スコットランドやアイルランドではケルト語の影響を受けた英語が方言になっています

38: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:42:08 ID:4zn
その方言でも特に大きな勢力となったのがアメリカ英語でした

彡(゚)(゚)「本国臭いし新大陸来たわ」

(o'ω'n)「アメリカによくきたおん!」

彡(゚)(゚)「お、ここの原住民か?」

(o'ω'n)「そうだおん!ここでの生活でわからないことがあったら聞くおん!」

彡(^)(^)「サンガツやで」

アメリカにはインディアンが住んでいたため彼らの言葉が英語に入ってきました
彡(゚)(゚)「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」

40: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:43:59 ID:4zn
アメリカへの移民にはイングランド人以外もたくさんいました

移民してきた白人たちは黒人奴隷を使役しました
彡(゚)(゚)「ちゃんと働くんやで」

(*^◯^*)「頑張って働くんだ!」

移民はヨーロッパの色々な国からも来ました
フランス人も(≧Д≦)、ケルト人も (´・ω・`)、色々な国の人々が(●▲●)('ω`)(●゚◇゚●)<珍`Д´>(;(。);虚;(゚);)新天地アメリカへとやってきました

彼らは英語を母語としていなかった者もいたのでガバガバ英語を使うこともありました
そのため、アメリカ英語ではさらに文法や綴りが簡略化されていくことになります

42: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:45:27 ID:4zn
時代が下ると、アメリカの住民は税金などを巡って本国イギリスと敵対するようになります

彡#(゚)(゚)「税金高杉内!ムカつくんじゃ!!」

王松「また上げておいたぞ」

彡(゚)(゚)「」

こうしてイギリスからアメリカは独立します

43: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:46:02 ID:4zn
2c2a11ed7a33ef1cb177ed249cec7033

独立すると、アメリカ人は最初仲良くしていたインディアンたちを殺しまくって「開拓」を始めいきます

領土が広がり、国力も上がり、色々な文化が生まれます

それに伴ってアメリカ英語も新しい表現が増えていきます
彡(^)(^)「はよ書けゴマ」
彡(^)(^)「ごっごごごに殴るぞ」
彡(^)(^)「お前の根源を破壊した」

44: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:47:11 ID:4zn
また黒人たちが解放されると、黒人たちの話す風変わりな英語もアメリカの一つの文化となっていきました
(*^◯^*)「英語しゃべるゥーんだ!」

45: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:47:34 ID:4zn
近代に入り列強として植民地を増やしアメリカは大国となります
イギリスが凋落すると今度はアメリカが世界の覇者となり、世界中の人間がアメリカ英語を使うようになりました

こうして英語は僻地に追いやられたゲルマン人の言葉から世界語と呼べるほどにまで成長しましたというわけです

彡(゚)(゚)「おんJもアメリカみたいにネット界の覇者になれたらいいンゴねえ…」

おしまい

47: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:47:57 ID:4zn
改めて見返すと文章酷いンゴねえ…

48: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:48:14 ID:iO1
>>47
トピ主乙!!!! 面白かった

50: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:49:09 ID:pxx
すごいなあ 一乙

個人的にはコックニー訛りが好きや

略しまくりで聞き取れんことも多いが・・・

52: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:50:21 ID:4zn
見てくれてうれしいやで

53: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:50:49 ID:I2h
しかしまぁ綴りよな英語の弱点って
日本語も表記と発音が違うっていうのは多少あるけどな

55: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:53:03 ID:4zn
>>53
綴りはほんまに厄介やね

56: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)20:57:51 ID:4zn
英語は語彙も綴りも複雑やし方言も多いけど、さかのぼるとラテン語とかドイツ語とかと深い関連があって奥が深い言語やと思うで

57: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)21:02:34 ID:YNL
英語にも敬語があるって聞いたけどどんな奴なん?

58: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)21:04:19 ID:4zn
>>57
日本語でもよくあるけど婉曲表現を使うんやで

69: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)21:13:36 ID:h71
勉強になったわ
ありがとうやで

70: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)21:14:26 ID:4zn
>>69
こちらこそ読んでくれてありがとうやで

74: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)21:16:58 ID:YNL
英語の綴りがおかしなったのが伝染病って面白いわ 
敬語を婉曲だけで済ます英語は賢い
イッチはお疲れ様やで

73: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)21:16:53 ID:hxz
普通に世界史なんやね、まあ当たり前やが

面白かったで乙





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語の歴史を学ぶスレ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年02月21日 21:35 ID:gC.FalnX0*
おっ、ペストやんけ!死んだろ!に草
2  不思議な名無しさん :2016年02月21日 21:57 ID:339aBBCA0*
>今もこんなんだったら単語の変化を覚えるだけで英語を見るのも嫌になるでしょう

おうドイツ語とロシア語やってるけど英語のほうが嫌い
3  不思議な名無しさん :2016年02月21日 22:10 ID:.iHzOtJL0*
歴史を知ると納得
4  不思議な名無しさん :2016年02月21日 23:31 ID:KS7X0NZF0*
イギリスも島国だけど大陸と近いから異民族の侵入激しいよね
5  不思議な名無しさん :2016年02月22日 00:35 ID:Ucx.H0wE0*
なんで英語の歴史にシェイクスピアが出てこないんだ
6  不思議な名無しさん :2016年02月22日 02:32 ID:nLgVlhvm0*
※2
独語も露語も基本綴り=発音やからね
というより西洋言語の根幹のラテン語からして綴り=発音な中で
英語と仏語の発音だけガバガバなんだよなぁ
仏語はまだ規則性があるけど、英語なんか母音も一部の子音も特に強いルールも無しに変わりまくるし、世界言語としては致命的だと思うわ
7  不思議な名無しさん :2016年02月22日 03:30 ID:XpyeQeoB0*
pen-palはロマ語から、glitchはイディッシュ語からの輸入語だったり、語源を深く知ると面白いよ

more/most+形容詞, -or(する人) はラテン由来
形容詞-er/-est, -er(する人), ch「チ」 はゲルマン由来
ch「ク」はギリシャ由来

言語オタクとして、10か国語くらいマスターしたうえでクレオール言語だと気づくと綴りの意味が一通り分かるようになる

オランダ語、スウェーデン語、デンマーク語、スコットランド語、フリジア語、クリオ語、ネオメラネシア語、と親戚言語が意外と多くて、類似性を比較しているうちに多言語制覇できる

スコットランゴ語はイディッシュ訛りと同じで、英語圏で一定のキャラ付けに使われたり(日本でいう関西弁キャラみたいな)
8  不思議な名無しさん :2016年02月22日 08:02 ID:tQXjNy440*
※7が凄い(小並感)
9  不思議な名無しさん :2016年02月22日 08:23 ID:js9JxyTO0*
※1
俺もそこでワロタ
10  不思議な名無しさん :2016年02月22日 09:10 ID:vYwnIGP00*
歴史的にわかっていないのは、どうして母音大変動が起きたかということ
ここでは農民読み、貴族読みとされている
実はイギリスだけでなく、ドイツでも同じ頃に起こっている
結局ドイツは国語改革で口語体に改めたが、イギリスは文語体のまま直さなかった
11  不思議な名無しさん :2016年02月23日 00:36 ID:nbkS8qUo0*
※10
大母音遷移自体は、現代ドイツ語も含めて、ゲルマン語に広く内在するものだと思うよ。「長母音をちょっと高舌で発音する」。これだけなんだ。なぜそうするのか、といえば、発音時間の長短だけでは、音価の違いを支えきれないと考えられるようになったから。つまり、典型的には現代日本語のような「モーラでカウントする世界」だったのが、徐々に怪しくなった。何のことは無い、古典期末のラテン語やギリシャ語でも起きた、汎ヨーロッパ的現象。
この「ちょっと高舌」のリミッタが外れて、カオス状態に突入したのが、15世紀以来の英語。さらに厄介なことに、この「リミッタ崩壊モード」は今も続いている。広義のコックニー(エスチャリー含む)やNZ英語などは、長母音に関しては標準英語の先を行くアバンギャルドな発音をする。まだ、タコの糸が切れたまま、落ち着いていない。
これは深刻な問題で、事実上の世界語としては、綴りと並ぶもう一つの致命傷ともいえるな。
12  不思議な名無しさん :2016年02月23日 20:30 ID:CxxWGTLP0*
昔は英語にDoが無かった。
「forget me not」昔
「don’t forget me」今
13  不思議な名無しさん :2016年02月25日 06:56 ID:hwibvllR0*
現代ドイツ語は、近年に特定の地域の方言を元にラテン語文法を取り入れながら人工的に作り出されて、 公用言語としてドイツ語圏で同化教育やったから、あまり参考にはならないよ
14  不思議な名無しさん :2016年02月25日 07:42 ID:hwibvllR0*
アングロ・サクソンのアングロは今の北ドイツのデンマークに近いところに住んでいたゲルマン系部族のアングレ人。(たぶん今のドイツにはあまりいない部族かも)
サクソンは、 アングル人居住地の南方から中部ドイツ一円までの大勢力持っていた北方ドイツ人の主力となるザクセン人。南方はバイエル人(オーストリアもバイエルン系が多い)やアレマン人(スイスや仏アルザスなどもこの系統部族)が主力勢力
ザクセン地域でも場所によって方言が千差万別で、現代ドイツ語はハノーファー付近の低地ザクセン地方の方言を基準に作られた。

大陸側において、ケルト人とゲルマン人とは、 どうも明確なものではなく、 部分的に混じっていたようで、 (言語属・文化的意味で)ケルト化したゲルマン人やゲルマン化したケルト人とかもわりといたらしい。
15  不思議な名無しさん :2016年02月25日 08:08 ID:hwibvllR0*
※7
>ch「チ」 はゲルマン由来
ドイツ語にはchの綴り多いけど、 基本的にはハ行の擦過音発音で(Nacht ナハト)、ウェールズ語のそれに近いよ
それかカ行(charakter カラクター)
もしくはラテン語やフランス語読みでのシャ(鼻濁音) chance シャ~ォンセ

チの発音の綴りにするにはtschiやtchi
16  不思議な名無しさん :2016年02月25日 11:27 ID:jE0JHnB30*
※6
まあフランス語の発音と綴りにはかろうじて明確な規則があるにはあるわなあ
ただ現在の発音に則した綴りになっていなくて、 すでに今では消失してたり、簡略化や別読みするようになった発音の旧来からの綴りがそのままなだけで
ありがとうの「う」や「てふてふ」の「ちょうちょう」みたいなもの

英語は本当にグチャグチャだから
17  不思議な名無しさん :2016年02月25日 14:14 ID:VZC7gnIg0*
一応、 文字って全部後付けで作られたものだぞ
話し言葉の言語があって、 後から文字だから
そして長い間に今度は発音や読みが変化した
もちろん欧州内はラテン語を元にしている言葉が多いから、 外来語として単語と一緒に輸入した物もある
同様に更に他国にいったん輸入され、 変化し、 それを外来語として輸入というのも多い
結構頻繁に自国言語整理、 合理化、改変やっていないとどんどんおかしくなってくるのは当たり前

 
 
上部に戻る

トップページに戻る