まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

アメリカ人が考察した「登場が早ければ歴史が変わっていたかもしれない日本の兵器10選」

2016年02月25日:10:36

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 49 )

1: 的井 圭一 ★ 2016/02/24(水) 18:47:05.81 ID:CAP_USER*.net BE:511393199-PLT(15073)
ナチスには独創的な兵器があったことで知られている。これが戦争の初期に、あるいは大量に投じられていれば、連合軍はもっと苦戦を強いられていたことだろう。
では日本はどうなのか? アメリカ系のまとめサイトにて、その登場が早ければ第二次世界大戦の行方も変わっていたかもしてないとされる日本の兵器が10種ほど紹介されていた。
その考察と共に見ていくことにしよう。

冒頭にはこう書かれている。
日本軍は、神風特攻隊に代表されるより原始的な手段を使用していたと思われがちだが、旧日本軍が開発した一部の兵器は米軍すら凌駕するハイテク兵器であった。
これがもっと早く登場していれば、歴史が変わっていた可能性もある。
それでは早速見ていくことにしよう。

10. 伊二百一型潜水艦

no title
第二次世界大戦中、海中を高速で航行する潜水艦はナチスだけのお家芸だったわけではない。
大日本帝国海軍の伊二百一型潜水艦の水中速力は20ノット以上で、ナチスのUボートにも匹敵した。
水中速力が10ノット程度であった当時の大半の潜水艦と比べれば、革新的なまでの性能である。水中のノイズを低減するラバーコーティング、長距離潜行を可能にする巨大バッテリー群など、登場がもっと早ければ連合軍の頭痛の種になっていたことは間違いない。
8隻が起工され、1945年に3隻が就役したが、そのまま日本は降伏した。戦後米軍によってハワイに運ばれ調査されたのち、ソ連に渡ることを防ぐために破棄された。

9. 伊号第四百一潜水艦

no title
第二次世界大戦当時の最大の潜水艦である。当時の米軍が保有していた最大の潜水艦よりも6割大きく、航続距離は2倍あった。
しかし本当に恐ろしいのはその大きさではない。各艦は3機の航空機を離着陸させることができたのだ。さらに二重殻構造を有し、のちのソ連の潜水艦の設計に影響を与えた可能性がある。
近代的なミサイル潜水艦の先駆けでもある。アメリカのサンフランシスコやパナマ運河に密かに接近し、航空機を発進させて、爆撃するために設計された。
1942年、山本五十六は米国本土を叩く方法として、伊号第四百一潜水艦を考案する。しかし1945年、最初の1隻が竣工したとき、日本の敗北はほぼ決していた。
竣工した伊号第四百一潜水艦は、大西洋太平洋間の米海軍の運行を妨害するために、パナマ運河の爆撃に向かう予定であった。
しかし結局、米海軍の泊地であったウルシー環礁へ向けて出港し、攻撃開始となる直前に終戦を迎えた。
降伏を受け入れた米兵たちは、伊号第四百一潜水艦の巨大さと先進性に感嘆したという。伊二百一型潜水艦とともに米軍に接収され、同じくソ連に渡ることを防ぐために破棄された。

8. 紫電改

no title
帝国海軍最高の戦闘機、紫電改には少々変わった開発経緯がある。
もともとは川西航空機が水上機として考案していた機体を、水上機の需要低下を見越して陸上戦闘機化する提案をしたことから開発が始まっている。
急遽開発され、1944年に配備された紫電は、鈍重で米軍の最新兵器にまるで歯が立たず、F4Fワイルドキャットに酷似していたため誤射の危険もあるなど、様々な問題に見舞われた。
またブレーキの効きが左右で異なり、着陸が容易ではないという欠陥もあった。
しかし、着陸装置を短くし、エンジンも強化された紫電改は非常に優れた機体に生まれ変わった。12機のヘルキャットとのドッグファイトで1機で4機のヘルキャットを撃墜するなど、その優れた性能が証明されたが、戦争の勝敗に影響するほど生産されることはなかった。


アメリカ人が考察した、登場が早ければ歴史が変わっていたかもしれない日本の10の兵器 - グノシー 2016/02/23
https://gunosy.com/articles/a9BP9

つづく

引用元: 【軍事】アメリカ人が考察した「登場が早ければ歴史が変わっていたかもしれない日本の兵器10選」







3: 的井 圭一 ★ 2016/02/24(水) 18:48:04.80 ID:CAP_USER*.net BE:511393199-PLT(15073)
>>1つづき

7. 五式十五糎高射砲

no title
1944年には米軍のB-29が継続的に日本を空襲するようになっていた。B-29は日本の対空砲と戦闘機が届く高度以上の高空を飛行するため、日本側は手も足も出なかったのだ。
その対策として1943年に開発されたのが五式十五糎高射砲である。これは当時の帝国陸軍が所有していた最大の高射砲、三式十二糎高射砲を上回る大きさであった。
砲弾は高度20,000mで、炸裂し、200mの敵機を撃墜することができた。
不運なことに、1945年に五式十五糎高射砲の生産準備が整ったときには、すでに手遅れだった。
日本の都市や工業施設の大半が焼け野原となっており、その生産能力が奪われてしまっていた。
新型の標的装置を装備した2門が生産され、東京の井の頭線久我山駅付近に配備されると、2機のB-29を撃墜に成功している。
もう少し早く配備されていれば、B-29による空襲は非常に危険なミッションとなっていたはずだ。

6. キ83

no title
旧日本軍で史上最高速を記録した機体である。1944年に初飛行に成功し、操作性、機動性ともに優れた性能が証明された。
武装は機首に集中し、強力な30mm機関砲2門と20mm機関砲2門を備えていた。しかし日本本土が空襲されたことで、飛行試験が思うように行うことができず、3機の試作機も破壊されて、
実用化されることはなかった。
日本の降伏後、米軍は未確認の機体を発見し驚くことになる。米軍の調査では、最高時速760kmを記録し、上昇速度も極めて優れ、同サイズの機体としては非常に機動性が高いことが判明している。
調査の後、解体された。

5. 震電

no title
旧日本軍が開発した中では最も奇抜な外観だろう。第二次世界大戦中に大量生産が許可された唯一のカナード機である。
ジェット機として設計されたが、適切なエンジンがなかったことから、プロペラ機に転換された。
1943年に小型の実験機の飛行に成功し、手応えを得たことから、1944年に本来の大きさの試作機開発が着手された。
苦戦を強いられる帝国海軍は、試作機の試験が完了する前にその生産を決定する。すでにB-29による爆撃が予測されており、これを食い止める機体が必要であったからだ。
しかし空襲によって震電の生産は大幅に遅れ、終戦前に行われた試験飛行は8月3日、6日、8日のみであった。
45分間の試験飛行では、破損の恐れがある振動など、様々な問題が確認された。いずれも対応可能な問題であったと思われるが、その時間が与えられることなく終戦を迎えている。
なお、米軍による飛行試験の記録はない。

4. 橘花

no title
ドイツが開発した世界初の実用ジェット戦闘機メッサーシュミット Me262の成功を受け、
帝国海軍もジェット戦闘機の開発に乗り出すことになった。ドイツの駐在将校と技術者がメッサーシュミット Me262の設計図を入手し(ただしごく一部を除き、日本に届くことはなかった)、
それを基に中島航空機に開発指示が下された。
開発チームはMe262を一回り小さくし、後退翼ではなくテーパー翼を採用した。また制御フラップも金属版ではなく、布を貼ったより原始的なものだった。
エンジンにはBMW 003Aジェットエンジンが採用される予定であったが、設計図が失われたために、その尺縮断面図を基に国産のジェットエンジンが開発された。
最初の試作機が完成したのは1945年8月である。わずか2回の試験飛行では、初回は成功したものの、2回目には離陸でオーバーランして擱坐している。そして、その3日後に終戦を迎えた。
これほど複雑なエンジンを搭載しながらも、特攻機として開発許可を得ている。花の名称がつけられているのも特攻機であることを表している。


つづく

4: 的井 圭一 ★ 2016/02/24(水) 18:48:32.05 ID:CAP_USER*.net BE:511393199-PLT(15073)
>>3つづき

3. 五式中戦車

no title
米軍のM4中型戦車への対抗を念頭に設計された中戦車。
四式中戦車のシャシーを長くしたものがベースで、重量は35t(37t説もある)であった。
75mm戦車砲を搭載し、前面装甲は75mmである。また副武装として37mm戦車砲と7.7mm機関銃も搭載されていた。エンジンは航空機のエンジンがベースであり、最高時速45kmである。
1943~44年に主砲なしのままの試作機が1台だけ製作された。車高が高く、相手からの視認性を上げてしまっていた。
戦闘能力はあくまで推測にすぎないが、資料から見る分には極めて優れていたようだ。就役を待つことなく、歴史の中に消えている。

2. 連山

no title
第二次世界大戦の開戦当初、旧日本軍は遠距離爆撃機と戦闘機で幾多の戦果を挙げたために、太平洋を縦断できるほどの遠距離爆撃機が望まれた。
エンジンを4機搭載した重爆撃機、連山は国産戦闘機並みの最高速度、3,700~7,470kmの航続距離、最大4,000kgの爆弾搭載能力を誇っていた。1944年の処女飛行は成功裏に終えている。
しかしその生産準備が整った頃に必要とされた兵器は、遠距離爆撃機ではなく、戦闘機や対空兵器などの防衛用のものであった。
実戦に投入されたことはなく、軽量アルミ合金も不足していたことから、生産は中止された。

1. 島風

c6ffe3b459cd360bccef76c514eb64e7_content
史上最大の戦艦を開発した大日本帝国海軍であるが、より小さな軍艦を軽視していたわけではない。1941年に起工した駆逐艦、島風は艦隊型駆逐艦の最高峰を目指し開発が進められたものだ。
13mm連装機関銃や15本の魚雷艦などを装備し、40ノットを達成するという、第二次世界大戦中で最速かつ最重武装の駆逐艦であった。
この最高速度を実現するために搭載された実験的な蒸気タービンは、実に8万馬力を発生した。またレーダーを初めて搭載した日本艦でもある。
戦争の混乱下で建造は困難なほどの複雑さで、実際に生産されたのはわずか1隻のみである。
竣工したのは1943年で、日本はすでに劣勢に立たされていたため、強力な攻撃力があっても、それが発揮される機会はほとんどなかった。
1944年、レイテ島北西で米軍の空襲に遭い撃沈した。

via:10 Japanese Weapons Invented Too Late To Win World War II/translated hiroching
no title
おわり

12: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:51:21.48 ID:q0nYN+N10.net
名前がカッコイイな

20: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:52:48.67 ID:QBOzenJ90.net
島風はガンダム
贅沢品すぎて量産は見送られた

22: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:53:45.66 ID:U3+1Z6/E0.net
実現不可能な夢と希望の兵器も結構混じってるが良いのかw
あと戦いは数だよ兄貴

28: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:56:10.47 ID:imovsKqZ0.net
どうあがいても核兵器には敵わないだろ

32: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:57:02.81 ID:nlW2HK/40.net
どっちみち原爆で吹っ飛ばされておしまい

34: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:57:10.53 ID:L/8c+Pwc0.net
ナチスのエレクトロUボートは1年早く開発されていたら
戦局は大きく変わった、

性能もそうだが、建造するのに14日しか要しないというのは驚異的な
生産性だったから、1つのドッグで1年で26隻も生産されたら
大西洋はUボートだらけになった。

35: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:57:13.42 ID:tAixuFVN0.net
現実の日本兵の死因の半数は栄養失調餓死なんだけどな
兵器よりも糧食、兵站だよ

42: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:59:14.26 ID:ChTWUq/Y0.net
紫電改って海軍のだったのか
艦上機や飛行艇だけだと思ってた

44: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 18:59:39.53 ID:cAJbtv9Z0.net
物量が違いすぎてなんともしようがないんじゃなかったの

49: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:01:26.80 ID:l57hflI60.net
まともな液冷エンジンが作れたら全然違ってたかもな

51: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:01:58.35 ID:ouW/T3lF0.net
40年時点で軍事力や科学力の差はともかく国力の差が大きくてなあ。
数十年前にバルチック艦隊を沈めた実績でアメリカが日本を勝手に脅威に思い過ぎた。

111: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:15:14.66 ID:AWOWkmHR0.net
>>51
日本人は教科書にある数行で、バルチック艦隊を破ったとしか知らないけど、
バルチック艦隊は横暴な帝政ロシアのバルト海最強艦隊だからね

世界中の白人国家は、日本が勝ったという情報を誤報だと思って新聞が遅れたらしい
アメリカも衝撃を受けただろうに

465: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:59:16.37 ID:65tJqbcC0.net
>>111
バルチック艦隊なんて長旅の疲れでヘロヘロで最強でもなんでもないよ
そもそもウラジオ艦隊の援護に来ただけで連合艦隊と決戦するつもりもないし
日本海海戦というのは戦う意志も能力もなかった人たちを日本人が海賊のように襲って沈めただけのこと

52: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:02:13.94 ID:ChTWUq/Y0.net
烈風とか艦上機があったよね
あれより紫電改や震電のほうが上なのかな

60: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:04:16.85 ID:NkaU3w2H0.net
原爆を陸軍と海軍で別々に開発していたことを知ったとき
本当に本気で戦争やる気があったのかと思った

64: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:04:52.06 ID:OB4f0bwzO.net
アメリカに原爆の資料渡した湯川秀樹がいなかったら

67: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:05:26.53 ID:L/8c+Pwc0.net
この中で活躍できる可能性があったのはキ83だけだろうな

92: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:10:02.07 ID:928by2IL0.net
終戦後に紫電改を米軍が検証して、米軍機が一機も勝てなかったのは有名な話だよな
だが日本にはすでに燃料がなかったw

94: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:10:41.38 ID:PLCCR4rUO.net
紫電改こそ過大評価の典型だよな
いくらでも有望な試作機あるじゃん

95: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:10:47.35 ID:urTuT9am0.net
仮にこれらが配備されてたとしても、アメリカはそれ以上の物を持ってくるんだけどね~。
工業力の差は、埋められない。

99: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:12:47.11 ID:6Ddp2Acz0.net
こんなのちょっと生産したからって変わるかよw

100: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:12:49.62 ID:6DsMZcKd0.net
性能はよくても量産がきかないから結局負けるでしょ

130: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:18:11.62 ID:v8BWW5MC0.net
15センチ高射砲が量産されていれば、相当な数のB29を打ち落としていたはず
実際にやる気になれば、もっと早く大量生産されて全国の都市に配備されていたよなあ

685: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 20:22:58.52 ID:wkuQLzfRO.net
>>130
ほんとうは 現在でも迎撃戦はむつかしい
高速ミサイルを迎え射つのはB29より困難

135: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:18:52.28 ID:L/8c+Pwc0.net
つうわけで、安くて簡単に大量に作れるリアカーを装備していたら
どの戦線でも状況は大きく改善したと思う。
92式重機関銃なんてリアカーで運んだ方が断然に楽だし。

192: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:27:04.21 ID:ib427agF0.net
>>135
南方のジャングルで役に立つかは謎だがw
内燃機関付きのパワーアシストみたいな半人力リアカーあれば、
山に入って逝けたかもな。

269: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:36:36.24 ID:L/8c+Pwc0.net
>>192
> 内燃機関付きのパワーアシストみたいな半人力リアカーあれば、
> 山に入って逝けたかもな。

それが後年開発されたこれ。

no title

327: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:42:52.69 ID:L/8c+Pwc0.net
>>192
リアカーならば捨ててしまっても惜しくないしな。
安いから幾らでも使い捨てにできる。

149: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:20:32.93 ID:mUaTUzEB0.net
改良止まりなのがいかにも日本だよ
革新的なアイデアは皆無

157: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:21:48.49 ID:tNhMJebf0.net
>>149
レーダーだけだな
それもつくらなかった
どうかしている

159: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:22:10.41 ID:QBOzenJ90.net
連射できる小銃を大量につくるべきだった

166: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:23:25.45 ID:6DsMZcKd0.net
そもそも動かす燃料が無いんだから話にならん

247: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:34:00.88 ID:IEUgnOQ80.net
核爆弾には勝てませんよ

それは現在でも

249: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:34:11.55 ID:2bBfxe680.net
あと当時の日本は原爆も研究してたからな。
実際は結構な技術力不足と物資不足だったが
もしアメリカよりも早く完成したとしたら歴史は変わっただろう。

282: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:37:32.23 ID:PwE5FtCK0.net
>>249
それはリアルで変わったと思う
実際、湯川博士らの研究はそこそこすすんでいた

伊号第四百一潜水艦とのコンボで
ロスやシスコに原爆を投下すれば、
間違いなく違う歴史になっている

319: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:42:22.80 ID:SvPNOIqs0.net
>>282
伊400に搭載可能な小型機に載せられるサイズの原爆作れればそれこそ世界を支配できてたわ
要するに不可能ってこと

250: 名無しさん@1周年 2016/02/24(水) 19:34:12.49 ID:xhDNvBUQ0.net
どっちにしても物量で負けでしょ
物と金が多い方が勝つに決まってんじゃん



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ人が考察した「登場が早ければ歴史が変わっていたかもしれない日本の兵器10選」

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年02月25日 11:05 ID:xAtQjPyi0*
最後の4枚の写真がばらばらで島風の写真が2枚だわ
管理人さんは写真入れ替えた方が良いよ
2  不思議な名無しさん :2016年02月25日 11:18 ID:zLrFMx4D0*
潜水空母って概念は、考えるのはわかるけど
実際に作るのが凄いわw
3  不思議な名無しさん :2016年02月25日 11:26 ID:liNlSAH0O*
いつでもそうだよ。 早ければ…量産されてたら…な兵器なんて山ほどあるだろ。 それが出来た国が勝っただけ。 逆にもし米にB-29を作る力がなかったら? と考えることも可能。
4  不思議な名無しさん :2016年02月25日 11:34 ID:x0LuxaCo0*
伊400型に原爆つめたらやってる事は今の原潜と変わらん
5  不思議な名無しさん :2016年02月25日 11:42 ID:fqY5iaXk0*
戦争って絶対やってほしくないけど、こういうの見るとワクワクするよね。そして、全部ネーミングがカッコイい。
もしも日本が勝ってたら、台湾も朝鮮も満州もその他東南アジアとオセアニアとも同盟組んで言葉も通じて仲良く出来るのが理想だった。
6  不思議な名無しさん :2016年02月25日 11:50 ID:acS2xkGz0*
「登場が早ければ」ほど意味がないIFは無いよなぁ
大人が「小学生の頃に今ほどの頭脳があれば」というようなもので

どこだって早く開発したいし実用化したいわけで
それができたかできなかったかこそが実力ってやつだ
7  不思議な名無しさん :2016年02月25日 12:18 ID:qbihWNVp0*
当時、革新的な技術はドイツと日本が大抵やったんだよ

米国は遅れていたからイギリスから技術導入し、ドイツから戦争で技術者をロシアよりも先に収奪し、原爆とミサイルを作った
8  不思議な名無しさん :2016年02月25日 12:34 ID:zjksfF5n0*
(晴嵐にそれだけの搭載能力は無いことを承知の上で)
もしもイー400型が雷撃機を搭載できていたら、パナマ運河
に対し(連合軍がダムバスターを使用したように)閘門を
深水深雷撃されたら、米海軍当局は頭を抱えただろうなぁ。
9  不思議な名無しさん :2016年02月25日 12:41 ID:3tty.ePG0*
原爆でオシマイとかアホか
当時の原爆はミサイルポチーじゃなくて爆撃機からの投下やからある程度防備を潰してからじゃないと使えんぞ
10  不思議な名無しさん :2016年02月25日 12:58 ID:y9.DY47x0*
B29 による原爆投下作戦は、搭乗員が決死隊だった件
11  不思議な名無しさん :2016年02月25日 12:59 ID:M3k0PtpA0*
ifなんて意味はないが、だからこそロマンを感じるんやろ
あまり無粋な事言うなよ
12  不思議な名無しさん :2016年02月25日 13:28 ID:Weo1SdLx0*
序盤はいいチョイスだったんだが、最後にいくにつれてちょっと…
島風が数年早くて10隻あっても大勢に影響ないと思う
むしろ松型駆逐艦のほうが納得いくなあ
13  不思議な名無しさん :2016年02月25日 13:31 ID:ErmZBKjP0*
バルチックがへろへろなのは日本の外交の成果だろ
14  不思議な名無しさん :2016年02月25日 13:49 ID:5HGTI1DX0*
大戦中、リヤカーは前線に持ち込まれてるし、アメリカ軍に鹵獲されたりもしてるんだが
本スレのやりとりを見るとリヤカーがなかったことになってるのか
あと、補助動力付きのリヤカーがとの書き込みがあるが、くろがね3輪(不整地走破性はなかったが)とかもアメリカ軍に鹵獲されてることをどう思うんだろうな
15  不思議な名無しさん :2016年02月25日 13:53 ID:24OqYPG40*
あんまりたらればにすがるなよ
どのみち工業力違いすぎて圧倒されるだけだろ
16  不思議な名無しさん :2016年02月25日 14:08 ID:ckPsxnzM0*
考察だなんて大袈裟な。ちょっと思っただけのくせに
17  不思議な名無しさん :2016年02月25日 14:11 ID:gduaG27r0*
島風の最期はガンダムよりもヅダに近い紀ガス
単艦で囮になるも、機銃で削られ力尽きて大爆発
無念だったろうな…
18  不思議な名無しさん :2016年02月25日 14:35 ID:YuJtpR6h0*
スレの34はド素人

兵器は数だが、最後は乗り込む人間の能力。
たとえ大西洋を埋め尽くせるU-Boatを作ったところで
運用できる歴戦の乗組員がいなくなっている時点で
まったく戦力としての効果は発揮できない
19  不思議な名無しさん :2016年02月25日 14:56 ID:5aEzK9qO0*
核兵器だって実現のメドなんてまったく立ってなかったじゃん。
妄想の中じゃいくらでも戦争に勝てるよね・・・
20  不思議な名無しさん :2016年02月25日 15:21 ID:Xmv8fQZx0*
前半は空母も艦載機も日本の方が優秀だったの知らんやつだらけだな
21  不思議な名無しさん :2016年02月25日 15:36 ID:b5lV9Y2p0*
過去にこだわっても仕方ない
あーだったよかったこうしたらよかった
とか女々しいこと言ってんじゃねーよ
22  不思議な名無しさん :2016年02月25日 16:12 ID:OHe3IblW0*
どんな兵器があっても動かす油と兵がいなきゃ意味無いだろ。

仮にここに挙げられた兵器全てが10年早く完成してたとしても
せいぜい相手の損害が数割増えるだけで結果は変わらんわ。
23  不思議な名無しさん :2016年02月25日 17:11 ID:u77bT1XN0*
※21-22
アメリカ人が旧日本軍の技術的な事を
纏めた資料のスレで何ムキになってるの?
単に技術的な事に興味無いならスレを
閉じれば良いだけ。

それに当時の技術は、現在日本が先進国
に居られる礎にはなってる。
あの時、列強中に入れなければ今頃、
白人の植民地だった東南アジアや
アフリカ、南米レベルまで落ちてるよ。
24  不思議な名無しさん :2016年02月25日 18:09 ID:XbbFvui.0*
伊四〇〇はいっぺんぐらい米本土爆撃してなかったか
25  不思議な名無しさん :2016年02月25日 19:56 ID:OHe3IblW0*
※23
「僕の好きな日本軍の兵器10選」なら別に何もいわんよ。
「これがもう少し早くあれば歴史が変わったのでは」と言ってるから
「それは疑問だ」と意見を述べただけ。
別に反対意見を述べちゃいかんという決まりはなかろ?
26  不思議な名無しさん :2016年02月25日 20:52 ID:yczzdFZL0*
開戦時連山量産できるなら、それはもう日本ではない
27  不思議な名無しさん :2016年02月25日 23:02 ID:kizWLE0U0*
日本兵器の名前センス好き
28  不思議な名無しさん :2016年02月26日 03:43 ID:EJ05rUwC0*
グノシーっておいおい…
29  不思議な名無しさん :2016年02月26日 03:53 ID:CZK.QXfKO*
登場が早くても歴史は変わってないよな
それらを量産する金と資源があれば変わってたと思うけど
30  不思議な名無しさん :2016年02月26日 08:20 ID:tHCt52.o0*
そもそも日本がそんなに資源に余裕があったら
最初から戦争自体起きてないだろう品。

あ、確かにその意味では歴史が変わったといえるかw
31  不思議な名無しさん :2016年02月26日 14:34 ID:0BzVqkwn0*
日本海海戦でいくら言い訳しても負けは負けだから
32  不思議な名無しさん :2016年02月26日 22:22 ID:sqVdey1G0*
資材さえあればなぁ、海軍は絶対互角には戦えただろうに。陸軍はわかんねえけどw空軍はミッドウェーがなけりゃなぁ
33  不思議な名無しさん :2016年02月28日 00:55 ID:MDlyTCW70*
紫電改の戦績はエースで集中運用したのもあるだろう
それにカタログスペックってメーカー、軍、敵で全然違うし
評価基準も国事で違う

あらゆる面でバランスの取れた良機体は五式戦闘機じゃないかな
34  原爆研究 :2016年03月01日 12:09 ID:u5qYyy.d0*
そこそこすすんでねーよ
カスだよカス
35  不思議な名無しさん :2016年03月02日 14:58 ID:oCj22pPC0*
まぁ、もしこれらが作れたとしても燃料ないわ食いもんないわ原爆落とされるわで終戦が延びただけだろうな
終戦間際の艦載機の燃料はガソリンじゃなくて松からとった油だったんだっけ?
いくら質が良くても物量が違いすぎると負ける
原始時代と現代レベルの差があるならまだしも質でも量でも負けてるしね
36  不思議な名無しさん :2016年03月06日 04:35 ID:AY1PZxuv0*
解体された
の無情感パネェ
37  不思議な名無しさん :2016年03月06日 18:19 ID:FfsRawfU0*
おいがないやりなおし
38  不思議な名無しさん :2016年03月08日 09:26 ID:aXc7SQ.J0*
何もかも遅すぎたなぁ
39  不思議な名無しさん :2016年03月10日 20:03 ID:ScKUTRPy0*
ここでの原爆の話とか見てると、普段は無慈悲な大量殺りく兵器を使用したアメリカを非難してる人たちも、もし開発できていたら迷いなくアメリカ本土の重要都市に投下していただろうね。こりゃ戦争はいつまでもなくならないわな。
40  不思議な名無しさん :2016年03月18日 20:11 ID:G2OnIPDx0*
ド素人の意見で申し訳ないが、油がない食い物がないっていう指摘は、先進的で強力な兵器を大戦初期の多少余裕のある時期に運用してアメリカを圧倒してれば資源国が日本側に傾いた可能性もあるんだから、ちょっと違う気がする
41  不思議な名無しさん :2016年03月19日 16:57 ID:6mv2.wGT0*
しかしまぁ、負けたのは、だめだったね。良い事ひとつもない。70年ちかくたっても、世界中からタカられるだけなんだし。勝たなきゃ、戦争は。どんなことがあっても。
42  不思議な名無しさん :2016年05月10日 04:26 ID:yy7NGzFa0*
アメリカだからごまかせてるけど、日本が原爆投下やったら全世界からバッシングで日本残らないんじゃないかと思えてくる・・・
絶望的にそういうのごまかすの下手だし日本
43  不思議な名無しさん :2016年05月21日 13:58 ID:Km1.LQvj0*
こんなところで現実見ろだの過去を振り返るなだの言ってどうすんだよアホか
44  不思議な名無しさん :2016年06月26日 00:50 ID:IvyvtXXT0*
※24
米本土に爆弾落としたのは伊25の偵察機だけ
これは量産された大型潜水艦で、小型偵察機1機を運用できる
焼夷弾を投下できるように小改造されて作戦に当たったようだ
伊400型はもっとすごいが、初出撃の道中で終戦を知り帰還している
45  不思議な名無しさん :2016年11月02日 01:57 ID:wN55b4p40*
極論すればたった三つの部分が違うだけで引き分けには持ち込める。

第一に史実の二割くらい増しの重工業、つまり大正から1パーセントほど高く成長するか、高橋蔵相のリフレが続けられる程度の政治的安定があれば良い。なぜ二割かと言うと単純に全産業の生産が増えるとして、船腹は年あたり20~30万トンの増加になり、海上護衛隊と戦時標準船舶の建造とあと1個か2個の機動部隊が持てる物量だから。

第二に海上護衛隊を開戦前から組織しておく。輸送船の損失量は負けだすと年に百万トン単位にもなり、戦力を投射できる量は兵站で決まるから資源輸送にも国内向けにも船が必要なところ戦時中の創設なものだから後手後手に回って結局破綻した。史実よりちょっと多い工業力と通商破壊の威力に目を向けるだけのゆとりがあれば敵潜水艦による損害は耐えられる範囲に収まった可能性がある。なお現在の海軍が潜水艦絶対殺すマンになっているのはこの時の経験も理由の一つにある。

第三に敵潜水艦の策源地排除。WW2参戦から半年時点での日本はマラッカ海峡を抑えており、南太平洋のでかい陸地以外は資源地帯に侵入可能なルートを大体潰していた。それで南の陸地も戦争を傍観していてくれたら助かるし何も大陸に兵隊運ばなくても船で港抑えればいいだけですしおすし、と計画されたのがMO作戦とFS作戦、この時五航戦があと一個か二個あれば結果は違ってきたはず。
46  不思議な名無しさん :2016年11月02日 01:59 ID:wN55b4p40*
仮にそうなっていれば日本側の兵站が弱っておらず旧式化しているが中の人が訓練できているので零戦も一応現役、という状況で、戦果は米側としても欲しいのでどこかでマリアナみたいなことをやるとすると戦力比を大体1対1に設定できる。史実みたいに中の人を弱らせたり、通商破壊やらでトラックが空襲されたりする要因を潰したから、艦艇の損失が史実通りでも穴埋めできるようになり穴埋めが出来たとすると日本側の建造した空母が大体マリアナ頃の米軍と拮抗するので、内南洋を一気に抜かれてフィリピンを取られて詰み、とは45年過ぎるまではならない。

その頃には筆髭がチョビ髭を下して満州その他を取ろうかと考えだすが、そこはアメリカが前から狙っていた土地で、表で何と言おうがこの時点で冷戦構造は存在している。イギリスは何よりインドが気になるので日本がそこまで粘るなら大正時代にそうだったような仕事をしてもらおうと、帝国維持を優先するなら考えるだろうし、47年頃になれば大東亜会議の結果が表れて独立数年といった地域も旧植民地から出てくる。

アメリカからするとそろそろ戦時国債も限界に近く、今から日本を除いても領土と権益がソ連丸取りとなることが目に見えているのでどちらに転んでも面白くない。結局相当の言いがかりをメガ盛りに吹っ掛けながら渋々交渉して48年頃手打ち、ということになると思う。

まあそもそもの戦争の理由は主要国が挙って「お前の市場寄越せ、寄越さないならタヒね」という事を言わざるを得なくなった当時の国際社会にあるので本当に面白くなかったのは日本の政策サイドだと思うのだがそれはそれ、これはこれ。
47  不思議な名無しさん :2017年06月30日 04:11 ID:1BsMWoZB0*
過小評価過ぎる本当にやばい兵器は風船爆弾だろう。
積載量は少なく、コントロールは風任せな物の、戦略上の役割はICBMと一緒。
米の情報封鎖が失敗してたら、日米共倒れして、ソ連中心の世界になってたかもしれん。
48  不思議な名無しさん :2018年01月29日 22:16 ID:12LvqQzL0*
うむ、全部検品されて破壊されたもんね。悲しいが今があるんですよ。潜水能力w今日本に勝てるところいないですよw
49  不思議な名無しさん :2019年03月07日 08:36 ID:8Pqk.JzA0*
スレ内465は馬鹿なの?
嘘をついてまで日本を悪者にしたいその歪んだ情熱は評価してやる

 
 
上部に戻る

トップページに戻る