まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

人類史上最高の天才wwwwwwwwwwwww

2016年03月06日:14:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 66 )

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:19:25.89 ID:vK/TwSpK0.net
ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ

・生後6ヶ月で「ドア」と言った。2ヵ月後、母親に向かって、ドアと人々、動くものが好きだと言った。
・1歳で綴り方を覚えた。
・3歳でタイピングを憶えた。タイプライターに手が届くよう高い椅子を使った。初めてタイプしたのは、百貨店に玩具の注文を出す手紙だった。
・4歳の時には、誕生日の贈り物として、父親からラテン語版のガリア戦記を贈ってもらい、読みこなした。
・4歳の時にはホメロスを原書で読んだ。

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ

ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ(1898年4月1日 - 1944年7月17日)は、アメリカ合衆国の数学者。幼い頃は神童として知られたが、長ずるに及んで隠遁生活に入り、数学の世界から引退してしまった。晩年はジョン・W・シャタックやフランク・ファルーパなど、複数の偽名を使って数学以外の領域で仕事をしたが、その詳細はほとんど判明していない。

wiki-ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ-より引用

William_James_Sidis_1914

引用元: 人類史上最高の天才wwwwwwwwwwwww





17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:23:49.28 ID:ExeHhV050.net
赤ん坊「ダアッ」
馬鹿親「今ドアって言ったわよ!!!!」

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:24:42.93 ID:zQvbBPWc0.net
>>17

ありえそう



4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:20:09.07 ID:vK/TwSpK0.net
・6歳の時には、アリストテレスの論理学を修得した。
・6歳の時、ロシア語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語を修得。さらにトルコ語とアルメニア語も修得した。
・6歳の時には、歴史上のいかなる日付でも曜日を計算し、当てることができた。
・6歳でグレイの解剖学を修めた。大学レベルの数学の試験で合格点を取った。
・6歳でグラマースクールに通い始めた。あまりに上達が速いので、3日で3年生に進級。7ヶ月で卒業した。

56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:31:02.27 ID:GUdov/P2M.net
>>4
>6歳でグレイの解剖学を修めた。
ロズウェルかな?

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:21:00.17 ID:vK/TwSpK0.net
・8歳の時、数学の力で父親を追い越した。
・8歳の時、E・V・ハンティントンが書いた数学の教科書のゲラを校正した。
4歳から8歳までの間に、4冊の本を執筆した。解剖学と天文学の本も書いたが、紛失し、現存していない。
・7歳の時、ハーバード大学医学部の解剖学の試験に合格した。
・8歳の時、MITの入試に合格した。
全米最高の中等学校の教師たちよりも勉強がよくできた。
・10歳の時、ハーバード大学の論理学教授ジョサイア・ロイスの原稿を「段落がおかしい」と言って訂正した。
・11歳の時、高等数学と天体の運動を習得

61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:31:20.19 ID:T2Hz76Nq0.net
>>7 続き

ハーバードと大学生活
8歳でハーバード大学に願書を出した時、学力は充分だったにも拘らず入学を拒否されたが、やがて早熟児のためのプログラムが始まったため、11歳で再度ハーバードに志願して入学を許された。

数学教授たちの前で四次元体に関する講義をおこない、高く評価された。彼は当時、ハーバード入学者の中では史上最年少だった。
この講義の後、MIT教授のダニエル・コムスティックは、ウィリアムこそ20世紀最高の数学者になるに違いないと予言した。

計量心理学者エイブラハム・スターリングは、ウィリアムの知能指数を250から300と測定した。

ハーバードには当時ノーバート・ウィーナー、リチャード・バックミンスター・フラー、ロジャー・セッションズといった複数の神童が在籍していたが、いずれもウィリアムには及ばなかった。

1914年、ウィリアムはハーバードをcum laude(3段階の優等中、第3段階。大学卒業生の大半はこの成績)の成績で卒業したが、 この時まだ16歳に過ぎなかった。

64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:32:12.38 ID:T2Hz76Nq0.net
>>61
教授生活、そしてロースクール

1914年、テキサス州ヒューストンのライス大学で数学教授に就任。
しかし1年もしないうちに大学や学生たち(ウィリアムよりも遥かに年長だった)への不満が募り、辞職してボストンに帰郷した。

1916年9月、彼はハーバード大学ロースクールに入学したが、
1919年3月、成績優秀だったにも拘らず中退している。

68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:33:14.54 ID:T2Hz76Nq0.net
>>64
政治活動と逮捕

1919年、社会主義者、無神論者、ソビエト政治の支持者だった彼はメーデーの反徴兵パレードに参加したために逮捕された。

1918年の治安妨害法が適用され、良心的兵役拒否者として懲役18ヶ月の実刑を言い渡されたが、両親の奔走で収監は免れた。
しかしその代わり、両親がカリフォルニア州に所有する夏の別荘に1年間幽閉された。

1921年、東海岸に戻ると、彼は殻の中に閉じこもり、計算機の運用といった半端な仕事に従事するようになった。
そして、路面電車の切符や鉄道雑誌を蒐集する趣味に没頭した。
少数の友人と共にサークルを結成し、独自の視点による米国史を内輪で講義することもあった。

77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:35:00.73 ID:T2Hz76Nq0.net
>>68
晩年
このことを「かつての神童の没落」として面白おかしく書き立てたのが「ザ・ニューヨーカー」誌だった。
彼はプライバシー侵害で同誌を提訴し、7年間争った末、1944年に連邦最高裁で勝訴した。
地裁と高裁では、彼は公人と判断され、プライバシー権を認められなかったのである。

その後まもなく、1944年に彼はボストンで脳卒中により死去し、父の眠るポーツマスのサウス墓地に埋葬された。
彼はしばしば、大人になってから成功しなかった神童の見本として引き合いに出され、早期英才教育の無意味さを裏付ける材料として論じられることがある。

しかし彼の能力が成人した後も猶天才的であったことは事実であり、能力面では早期英才教育の意味がなかったとは到底言えない。
寧ろ精神的な有害さが指摘されている。

47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:29:24.41 ID:T2Hz76Nq0.net
>>1
なお、大学で燃え尽きた模様

>幼い頃は神童として知られたが、長ずるに及んで隠遁生活に入り、数学の世界から引退してしまった。
晩年はジョン・W・シャタックやフランク・ファルーパなど、複数の偽名を使って数学以外の領域で仕事をしたが、
その詳細はほとんど判明していない。

悲しいなあ・・・

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:23:25.31 ID:9GlxsPBy0.net
新しい時代に生まれた時点でダヴィンチとかを超えるのは無理やろ

25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:25:27.80 ID:N40Zwn4Y0.net
>>15
新しい物理法則の仮説とか建てて証明したらいけるんちゃう
あるんかどうか知らんが

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:23:47.13 ID:G+79XGcO0.net
怖すぎる
周囲の人間と付き合えるのかこんだけの超人

30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:26:27.75 ID:vK/TwSpK0.net
>>16
なお16歳で大学教授になったものの
能力をやっかんだ周囲の奴らから虐め抜かれ辞職
その後不遇の人生を送った模様

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:26:58.89 ID:Z2qA6XDDp.net
>>30
出る杭は叩きのめされるんやね

36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:27:36.95 ID:OyUFpkoK0.net
>>33
日本だけやないみたいやね

265: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:12:28.31 ID:SAEKv6uda.net
>>30
悲しいなあ

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:25:51.11 ID:4Gq+1AVf0.net
で、そいつは成人してから何か人類に貢献するような偉業を成し遂げたんか?

32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:26:51.74 ID:4AfWBGSX0.net
>>26
切手集めしてたら脳卒中で死んだ

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:27:42.57 ID:9GlxsPBy0.net
既存の知識を一杯得ただけならいくら天才でもあんま意味なくないか
それがなんの役に立つんや

42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:28:09.44 ID:UXk7nmJ4p.net
エヴァリスト何ちゃら言う人おったよな

43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:28:48.30 ID:eSUiU0y00.net
>>42
ガロアか

エヴァリスト・ガロア

エヴァリスト・ガロアは、フランスの数学者および革命家である。フランス語の原音に忠実に「ガロワ」と表記されることもある。

数学者として10代のうちにガロア理論の構成要素である体論や群論の先見的な研究を行った。彼はガロア理論を用い、ニールス・アーベルによる「五次以上の方程式には一般的な代数的解の公式がない」という定理(アーベル-ルフィニの定理)の証明を大幅に簡略化し、また、より一般にどんな場合に与えられた方程式が代数的な解の表示を持つかについての特徴付けを与えた。ガロアが天才的だと言えるのは、数学史上初めてカテゴリー論的操作をして完璧な理論を作ったということ。
wiki-エヴァリスト・ガロア-より引用

1

49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:29:55.34 ID:UXk7nmJ4p.net
>>43
それや
ガロアかガリエかよう分からんくなるんや

50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:30:00.39 ID:jq14em3c0.net
現代数学の扉を開いたのはガロア
なお20歳で決闘により死んだもよう

302: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:24:49.52 ID:AZP/qIWAd.net
ガロアくん

15歳…中流階級のヤンチャボーイ
16歳…とりあえず高校いく
17歳…勉強、部活、恋愛と青春する
18歳…数学史に残る革新的理論をぶち上げ名だたる学者を驚嘆させる
19歳…女を取り合いケンカして死亡

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:28:54.69 ID:MZwcrGh50.net
100年間解けなかった問題を解いたグリゴリー・ペレルマンやぞ

グリゴリー・ペレルマン

グリゴリー・ヤコヴレヴィチ・ペレルマンまたはペレリマン(1966年6月13日 – )は、ロシアの数学者である。

ミレニアム懸賞問題の一つであるポアンカレ予想を、多くの数学者が位相幾何学(トポロジー)の観点から挑戦する中、微分幾何学や物理学的アプローチで解決したことで知られる。
wiki-グリゴリー・ペレルマン-より引用

Perelman,_Grigori_(1966)

45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:29:13.62 ID:M5EOK+34a.net
>>44
あっちにキノコ生えてるぞ

48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:29:48.87 ID:1JHRFC1L0.net
ベルの功績はもう少し称えられていい

何でエジソンとかに知名度で差がついてるんや

https://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンダー・グラハム・ベル
Alexander_Graham_Bell

153: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:50:21.42 ID:wcskC67lp.net
>>48
ベルって名前からして電話をつくるために生まれてきたような存在だよな

51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:30:06.36 ID:ZmAHsK+e0.net
脇から生まれた瞬間天上天下唯我独尊言うてる釈迦の勝ちやな

179: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:54:19.37 ID:G23mTJefa.net
ブッダ「おぎゃー」
ブッダの親「この子天上天下唯我独尊って言ったわよ天才!」

59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:31:14.55 ID:wyUCQpv10.net
出る杭を打つのは万国共通なんやね

69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:33:29.14 ID:dYSn+KHg0.net
マリリン・ボス・サバント

モンティーホール問題で解答だしたら所詮女は馬鹿だ、確率が分かってないと言われたエピソード好き
海外でも女は分かって無い直感でしか答えられないと言われるんやな
モンティ・ホール問題とかいうの見てるんだけどクッソ面白いなこれ
http://world-fusigi.net/archives/7808944.html

モンティ・ホール問題

svg
「プレイヤーの前に3つのドアがあって、1つのドアの後ろには景品の新車が、2つのドアの後ろにはヤギ(はずれを意味する)がいる。プレイヤーは新車のドアを当てると新車がもらえる。プレイヤーが1つのドアを選択した後、モンティが残りのドアのうちヤギがいるドアを開けてヤギを見せる。
ここでプレイヤーは最初に選んだドアを、残っている開けられていないドアに変更してもよいと言われる。プレイヤーはドアを変更すべきだろうか?」

1990年9月9日発行、ニュース雑誌Paradeにて、マリリン・ボス・サヴァントが連載するコラム欄「マリリンにおまかせ」において上記の読者投稿による質問に「正解は『ドアを変更する』である。なぜなら、ドアを変更した場合には景品を当てる確率が2倍になるからだ」と回答したところ、読者から「彼女の解答は間違っている」との約1万通の投書が殺到したことにより、この問題が知られるようになった。投書には1000人近い博士号保持者からのものも含まれており「ドアを変えても確率は五分五分(2分の1)であり、3分の2に非ず」と主張。同年12月2日、サヴァントは数通の反論の手紙を紹介した。

wiki-モンティ・ホール問題 概要-より引用

75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:34:53.20 ID:SDjKeudSp.net
折角の頭脳を活かせずに死んだのは勿体無いンゴねぇ

82: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:37:01.51 ID:KR+8zwfg0.net
親も天才なんか?
バカや凡人から天才は生まれんよな

86: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:37:22.46 ID:hNWN4xCmM.net
ニュートン
フォンノイマン
アインシュタイン

頭の良さの10%でもコミュ力にふったらええのに損しとるよな

88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:37:46.01 ID:1JHRFC1L0.net
>>86
アインシュタインってコミュ力ぜってえあるわ

93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:38:17.19 ID:UXk7nmJ4p.net
>>88
ユーモアに満ちてるよな

91: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:38:00.58 ID:Xm76hur70.net
>>86
だからこそ天才なんやぞ

101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:40:19.63 ID:dYSn+KHg0.net
>>86
ノイマンとアインシュタインはお互いあいつの方が凄いでというぐらいやしそれなりに社会の中でやれてた気はする
アインシュタインが不遇って感じるところも若いときにちょっとひねくれて教授に嫌われたぐらいやろうし

92: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:38:01.53 ID:T2Hz76Nq0.net
この人のこと このスレで初めて知って検索したんやが
具体的にIQ250-300と計測された人だったんやね
ちょっと悲しすぎる末路や

まあ普通に天才で何かを生み出した人では
ワイはフォン・ノイマンが前世紀トップやないかと思うで
世界で最も高いIQを持つ天才ランキング アインシュタイン9位でIQ160~190
http://world-fusigi.net/archives/7236829.html

97: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:39:34.12 ID:gPaow7wj0.net
アインシュタインは天才の上に若い頃は割とイケメンで女にモテモテだったという怪物ぶり

100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:40:18.60 ID:UXk7nmJ4p.net
>>97
マリリン・モンローから告白されたんやっけ?

99: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:39:56.37 ID:IjjshbyL0.net
IQ250とか常人と話できるんか
IQが20違うと話が合わないって本当だよね
http://world-fusigi.net/archives/7537089.html

106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:41:17.01 ID:1JHRFC1L0.net
>>99
それよりIQ100低いから参考になるかわかんねえけど
バカと自覚してるバカとは楽しく話せる
バカと自覚してないバカとは衝突してストレスたまる

109: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:41:59.67 ID:5fyCAAPUa.net
こういう桁はずれの天才にユダヤ人が多いのは何でなんやろ

113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:42:38.03 ID:+GKGjCuj0.net
>>109
そら神に選ばれし民族だからよ

127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:44:32.50 ID:Xm76hur70.net
>>109
そりゃ教育に掛ける情熱が桁違いやからやろなぁ
勉強しろ!と強制するんやなくて、家に専門書を仰山置いといたり
勉強すればどれだけ知識がついて、その知識をどの様に生かせるかを説いて自ら勉強するように仕向けるんや

132: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:46:41.80 ID:+GKGjCuj0.net
やっぱり教育は産まれたらすぐに超詰め込みが正しいな
同時に、たとえ落ちこぼれても決して冷遇しない社会にする
これで大量の天才が生まれるはずや

131: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:45:37.72 ID:kPpyubnO0.net
ダヴィンチは一説によるとフィジカルもすごかったらしい
ガチの万能

173: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:53:48.28 ID:/62h7A0ba.net
ダ・ヴィンチは万能家すぎて草生える
才能いくつもっとんねん

178: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:54:18.03 ID:4SpcvV9y0.net
>>173
あれタイムトラベラーやで

184: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:54:49.30 ID:/62h7A0ba.net
>>178
そマ? 信じるで

134: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:47:18.00 ID:T2Hz76Nq0.net
ユダヤでわけわからんのは 白人系ユダヤってのは
中世にウクライナ辺にあった国(ユダヤ教国家)の子孫で
エルサレムに住んでいたユダヤ人とは人種的にあまり関係ないんやな

それなのに何故か白人系ユダヤに天才が多い

旧約聖書は宇宙人との契約やで(錯乱)

155: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:51:27.56 ID:a9IIaofoa.net
教科書は一回読んだら全部暗記できて
授業中ずっと校庭見てたけど先生に「続きから読んで」って当てられたら教科書見ずに全部読めた

国語の先生にメチャクチャ嫌われた模様

181: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:54:20.88 ID:t3coaZLr0.net
>>155
授業聞いて無いし塾も通ってない勉強もしてないのに学年トップとか
進学校にたまに居るらしいけど
漏れなくコミュ症らしいな

166: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:52:44.32 ID:hNWN4xCmM.net
ニュートンの逸話
学会に発表した論文が叩かれて論文を発表しなくなる

アインシュタインの逸話
興味を持たない必修科目の勉強はやりたくないのでしなかったため成績が下がった

ノイマン
1日前にあった人の名前を思い出せなかった

172: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:53:44.31 ID:kPpyubnO0.net
ガチの天才たちの中でキチガイじゃなかったのってゲーテだけらしい
天才の99%はどっかしら頭イカれてる

194: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:56:31.60 ID:/62h7A0ba.net
0から1を産み出すタイプの天才と
1を100に発展させるタイプの天才とがいるよな

216: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:58:54.20 ID:jq14em3c0.net
インドの鬼才ラマヌジャン
https://ja.wikipedia.org/wiki/シュリニヴァーサ・ラマヌジャン

寝てる間にインドの女神が公式を教えてくれるというインド人も驚きの天才

224: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:00:46.92 ID:t35hyaki0.net
>>216
そういうのって後付けで言ってるんだぞ
そっちの方がかっこいいからな

250: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:05:39.51 ID:q6rdf1B10.net
天才は悲しい末路をたどるんやな
エニグマのヒと思い出した

288: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:20:28.46 ID:wDFltOgG0.net
サヴァン系の描写能力や記憶能力は全く評価されないっていうね

業績評価主義キライ
【サヴァン症候群の脅威の能力】記憶のみで描いた街の風景画が写真のようにリアル!
http://world-fusigi.net/archives/8278528.html

1

182: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:54:27.61 ID:1JHRFC1L0.net
孔子が一番すごいとおもうわ

なんで2500年たっても考え方に共感できるんやと思う

190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:56:05.69 ID:lBVFgxgZ0.net
>>182
ただ単に人間社会の本質が変わってないからやろ

196: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:56:50.65 ID:1JHRFC1L0.net
>>190
本質をついてるともいえる

230: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:01:21.55 ID:QAAwb6Tn0.net
>>182
古代中国思想は時代を先取りしすぎやなどう考えても

248: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:05:34.52 ID:T2Hz76Nq0.net
>>230
釈迦とか孔子とかの頃の人類って
今よりIQが高かった説があるんやが
本当かも知れんと思えてくる

261: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:09:22.38 ID:jq14em3c0.net
>>248
枢軸時代(BC800-200)ってのがあって
その時代の中国インドギリシャの天才達が
現在でも主流な思想や哲学や宗教をほとんど作ってしまったんやで

264: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:11:26.61 ID:T2Hz76Nq0.net
>>261
そうなんよね
何でこんなことになるのか
やっぱりIQが高かったのか
ホンマ不思議や

269: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:13:54.90 ID:SAEKv6uda.net
>>248
生存の為により全力で生きなアカンから知能も発達していたってのを読んだわ

274: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:17:20.72 ID:T2Hz76Nq0.net
>>269
なるほど
逆に衣食住が足りてると能力が衰えるんやろうな

382: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 03:46:44.52 ID:UpacOmYj0.net
世の中にはこんな天才がおるのにワイときたら英語もまともに喋れんわ
天才達にワイらのiq上げるスーパーマシーンを発明してほしいわ

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 02:27:18.27 ID:f3tMnlCGK.net
我が家の猫達は、ちゃんと名前を呼ばれると駆け寄ってくるし賢いよ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人類史上最高の天才wwwwwwwwwwwww

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:10 ID:jW0AkbOD0*
周りからの嫉妬で虐められるのが
悔しい
2  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:21 ID:Sq9Tc8Ht0*
記憶力が抜群だったから大学で学習するまでは神だった
応用力がゼロだったから知識を発展できず没落した
こんな感じ?
3  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:25 ID:R.9krF100*
「反知性主義」によるあからさまな民衆支配は、人類の限界なんじゃないのか? 安倍とかトランプとか
4  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:44 ID:HIt.v7gb0*
※2
サイディズが応用力ゼロなら、俺らはマイナスになってまうで?
オヤジの極端な教育、社会に出てからの圧、嫉み嫉みなどなどが
精神を崩壊させたんやろね
5  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:46 ID:V.GatqYt0*
イミテーションゲームは少し悲しい映画だった
6  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:49 ID:ktEMKZew0*
知名度低いけどラマヌジャンだと思う
天才って言うかもはや化物の部類やぞ
7  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:52 ID:rn4SofM90*
>17
ドアのくだりはこれだろうな

赤ん坊「まぁんな」
母親「ママって言ったわ!」
父親「まんま!?飯か!?」

みたいなことだろう
8  不思議な名無しさん :2016年03月06日 14:55 ID:JYd8PqeR0*
ラマヌジャンの意味不明さは当時の数学者すら認めてるんだよなぁ
9  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:07 ID:jKsFKKxN0*
やっぱり社会主義はインテリの物だな
こういう天才は本質を理解する
ネットの愚民は只叩く
10  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:08 ID:naVe15Mo0*
天才だからといって幸福な人生とは限らないね
11  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:10 ID:ur9vXeqV0*
最高の天才?俺だよ。
12  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:20 ID:Dm3iPKBF0*
わかりすぎるから、何もかも退屈に感じてしまうんだろうな
無気力で鬱になりそうやわ
13  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:23 ID:mk1NEbTz0*
イミテーションゲームはフィクション度高めの作品やぞ
本物のチューリングはもっと明るい性格だったし、周りの連中も映画で悪人化されてたりする。
14  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:28 ID:gdKHAzey0*
雑魚が天才として持て囃されてる程度のコミュニティに於いて
本当の天才が理解される筈が無い
別に天才じゃなくても、並以下の知能でも理解できる事なのになあ
15  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:57 ID:xMwiR0MU0*
うちのクラスにも記憶力ゼロで思考力全振りした奴がいたな。
教師が例題解く前から問題文見た時点で答えが分かって
(基礎習った後の練習問題じゃない、基礎例題を初見でだ)
応用問題はそいつ一人だけ一問も漏らさず正解してくる奴だった。
とにかく理解が早くて応用も利いて教科書で分からない箇所はゼロ。

一方人の名前を五回聞いてやっと覚えるほど記憶力は悪く、
英語や社会の抜き打ちテストはクラス最下位争いをしていた・・・
今考えたら一芸特化の池沼だったのかな。
16  不思議な名無しさん :2016年03月06日 15:58 ID:tH91eTAZ0*
誰かが彼の仲介役とか支援者とかマネージャーになっていれば、
遺憾無く能力を発揮できていた・・・かもしれない
17  不思議な名無しさん :2016年03月06日 16:06 ID:YWXDsmVA0*
天才エピソードで天才性が語られてるようなやつは過大評価
ラマヌジャンやガロアはその典型例
本当にすごいやつらは業績で語られる
数学者ならオイラーやガウス、ヒルベルトのようにな
18  不思議な名無しさん :2016年03月06日 16:11 ID:cKMiWzX20*
影響力を考えたらニュートンがダントツじゃないかな
19  不思議な名無しさん :2016年03月06日 16:18 ID:iWWFha7Q0*
天性の才能とコミュ力は反比例するのってホント凄いよな
逆に言えば人間に一番必要な力はコミュ力であって
そのコミュ力が最もある、つまりお喋り上手なのが殆ど女ってのも面白い
20  不思議な名無しさん :2016年03月06日 16:26 ID:j0Q52Yi80*
学歴厨発狂
21  不思議な名無しさん :2016年03月06日 16:48 ID:CCXLBIab0*
コミュ力=他人について考えてる時間だろ
内に籠るのが思考なんだからコミュ力なんてつくわけない

貧困層にも天才は生まれているだろうけど教育の機会がないから見つからないわな
22  不思議な名無しさん :2016年03月06日 16:54 ID:gb7FIifz0*
こんな怪物が近くにいたらそりゃ捻りつぶしたくもなるわ
23  不思議な名無しさん :2016年03月06日 17:02 ID:ZXg0a1uT0*
精神的にはまだ子供なのに大人に苛められたら辛いよね

24  不思議な名無しさん :2016年03月06日 17:04 ID:sPNO5MGxO*
アスぺかな?
25  不思議な名無しさん :2016年03月06日 17:16 ID:dEl5zZ9v0*
天才はその名称の前に但し書きが必要だと思うよ、その時代での天才と言う称号がふさわしいと思う、この人が生きていた時代のすべてを理解していても、今の時代にタイムマシンで来れば、知らないことが多すぎて劣等感の塊になるじゃないかな、日本人に置き換えるとハヤブサがほかの天体から石を持って帰ってくるとかiPS細胞で治療するとか、リニアで500㎞で路線を作るとか、人工知能で自動運転だとか、GPSだとか、スマートフォンだとか、重力波の発見だとか、ニュートリノ天文学だとか、あまりにも知らないことだらけで自分が原始人みたいに思えるんじゃないかな、天才はあくまでもその時代限定の天才でしかないよ。
26  不思議な名無しさん :2016年03月06日 17:16 ID:lKdFJmFt0*
天才や秀才、はたまた周りよりちょっとだけ優秀な奴、そういう奴らってのはすごい沢山いるけれど、周りに叩かれて日の目を見れてないんじゃないかって思う。
27  不思議な名無しさん :2016年03月06日 17:36 ID:pi9pXg020*
106に唐突な自分語りニキが湧いて草
28  不思議な名無しさん :2016年03月06日 18:31 ID:bRgDDjVz0*
人類はいつになったら早熟≠天才だと気がつくのだろう…
29  不思議な名無しさん :2016年03月06日 18:58 ID:eK6a.f4n0*
俺らみたいな能なしの口たたきには理解できな人たちだよな
30  不思議な名無しさん :2016年03月06日 19:13 ID:7mjF.j5u0*
東京ビートルズ
31  不思議な名無しさん :2016年03月06日 19:23 ID:vBjZ6eJU0*
成果を出さないと天才とは言わんな。
32  不思議な名無しさん :2016年03月06日 19:24 ID:xQMXJWcv0*
早熟らしいけど何か残したん?
33  不思議な名無しさん :2016年03月06日 19:58 ID:QAmBerZk0*
孔子は基本人から聞いたのを言ってるだけだぞ
34  不思議な名無しさん :2016年03月06日 20:03 ID:1aGtlhTg0*
女性の取り合いでケンカしてしぬとかどんな中二病なんだwwww
かっけーww
35  不思議な名無しさん :2016年03月06日 21:23 ID:8TJsZ2Kx0*
このスレタイは何を笑ってる体なの
36  不思議な名無しさん :2016年03月06日 22:31 ID:IBlVG8SR0*
俺はラマヌジャンを推したい
37  不思議な名無しさん :2016年03月06日 22:31 ID:1aGtlhTg0*
しかも19 歳だぜ、もうなんかうんかっこよすぎる‼
38  不思議な名無しさん :2016年03月06日 22:50 ID:OxjzE3Im0*
IQ300の人類最高レベルの天才の趣味が鉄道オタクだったんでしょ。
やらされる事じゃなくてやりたい事に全力使う事が人間の幸せとすれば、鉄オタって趣味があって良かったよ。
天才の頭でどんなコレクションをしていたか?
そこらへんは案外凡庸で人に後れを取ってたりして。
39  不思議な名無しさん :2016年03月06日 23:25 ID:b5Sj09bA0*
自分の周りの同僚上司、同級生、全員幼稚園児か精々小学生だったらどうする?
話があわずテンションもあわず非論理的で意味不明な行動ばかりして感情が先立って行動する。
そんな連中に囲まれてその上、妬みや嫉みで余計なことされたらそりゃ無理
俺なら確実に発狂する。
周りにいる人間を見下せる程度に頭がいい東大生程度が幸福に生きられる天才の上限なんだろう。
40  不思議な名無しさん :2016年03月06日 23:26 ID:YkP.zgr30*
武蔵坊弁慶「やあ、あかや(やけに外は明るいな)」
生まれた直後の話
41  不思議な名無しさん :2016年03月06日 23:32 ID:2sUfE1FU0*
ダヴィンチは運動はダメだったと聞いたような
42  不思議な名無しさん :2016年03月07日 00:27 ID:cSpcf9Rg0*
俺の高校から東大文系首席で入った奴は数年前解いた数学の問題覚えてたり、授業はじめにちらっと言った化学物質名を授業終わりに聞いたらスラスラ答えたりする能力持ってたな。そいつ今は日本経済に尽くしてるらしい。一向に日本経済良くならないけどな。
43  不思議な名無しさん :2016年03月07日 00:29 ID:ZrYd3Ofv0*
3歳タイピング位までならうちの娘もやってるわ
その後の軌跡がやばい
44  不思議な名無しさん :2016年03月07日 01:01 ID:jvC63BxU0*
いやでも一番の天才はアインシュタインだろ……
45  不思議な名無しさん :2016年03月07日 01:03 ID:ZpJ633oQ0*
天才だからって研究しなきゃいけないってことはないだろ
能力と性格趣味趣向は別次元なんだよ
46  不思議な名無しさん :2016年03月07日 01:03 ID:ZKlgUA3S0*
今は理論科学じゃなく実験科学の時代だから、こういう天才はあまり必要とされてない
ノーベル賞なんかも実験科学の業績に対してばかりだろう
47  不思議な名無しさん :2016年03月07日 01:30 ID:rfCFDGoZ0*
凡人だけでは世界は動かない
天才だけでは世界は回らない
48  不思議な名無しさん :2016年03月07日 01:44 ID:z8X4CXD20*
※46
勘違いされることが多いがノーベル賞は学問的な賞ではないよ
社会的意義の方に重点おいてるから実験科学とかの方が多い
49  不思議な名無しさん :2016年03月07日 02:57 ID:jv0HBXea0*
こんだけ 良かったのに何も社会に貢献せず、政治活動して死んだのかよ、馬鹿だな。
50  不思議な名無しさん :2016年03月07日 03:35 ID:dDnayfJ9O*
わー北の将軍様みたいにすごいにだー
51  不思議な名無しさん :2016年03月07日 03:58 ID:UZ0YLD360*
やっぱガウスでしょ
52  不思議な名無しさん :2016年03月07日 04:52 ID:M1ImtlvL0*
1歳まではワイと同じやないか
どうしてこうなった…
53  不思議な名無しさん :2016年03月07日 05:23 ID:ncVluLXD0*
俺も六ヶ月でしゃべったけどな
54  不思議な名無しさん :2016年03月07日 06:49 ID:yY3.H.mg0*
※46

もうノーベル賞なんか意味ないよ。  スゴイ研究なのはわかるけどだいたいほとんどが偶然の産物じゃない。 フィールズ賞こそもっとも洗練された賞だよ。

それに君は純粋数学とか理論物理の天才が必要とされてないって言ってるみたいだけど、基礎理論がないと実験すらできないのは知ってるのかな。。。
55  不思議な名無しさん :2016年03月07日 08:21 ID:1vMnQSOW0*
エルデシュなんかはコミュ力があったといっていいのかよくないのか
56  不思議な名無しさん :2016年03月07日 11:51 ID:QGjJhJhL0*
25
凡人の思考だな
天才の天才たる所以は、物事の本質を捉えることが異常に早く上手いところにある
今の時代に来たとして、最初は困惑したとしてもすぐに順応して世間をあっと言わせるような事を成してしまうよ
それはお前みたいな凡百の人間には想像すらできないことだろうが
57  不思議な名無しさん :2016年03月07日 14:00 ID:g0zG2Mi00*
※56
俺もそう思う。
天才ってのは莫大な冊数の辞書であると同時に、新たな巻をものすごいスピードで増刷する編集者の能力もあるし、むしろ編集者としての能力がものすごい。
東大なんて暗記じゃんというやつが多いのは頭の良さ=辞書だと思ってるやつで、実際の東大生がすごいのは知識を取り込もうとするモチベや処理能力だと思う。
58  不思議な名無しさん :2016年03月07日 19:27 ID:jq.gBmru0*
大脳皮質は生まれて3年間で作られる
生まれて3年の教育で全て決まるんだなぁ
59  不思議な名無しさん :2016年03月08日 01:25 ID:h4.lUIjU0*
聖徳太子か諸葛亮孔明だろうなあ
60  不思議な名無しさん :2016年03月08日 12:08 ID:1ZUwMppf0*
スポーツならレブロン
61  不思議な名無しさん :2016年03月08日 18:38 ID:a1RQu.cM0*
固有名詞や社会的位置付けなんか恣意的であり思考の邪魔でしかない
62  不思議な名無しさん :2016年03月08日 19:13 ID:a1RQu.cM0*
>>57
皮相的なノイズを遮断して思考できるんだろうなぁ
ある意味、昏睡状態で生きてるようなもの
63  不思議な名無しさん :2016年03月09日 17:24 ID:5YWT0MS70*
この人、長年親とは没交渉で、父親が死んだときに知らせた知人を「どうでもいいことを知らせてくるな!」って怒鳴りつけたって本で読んだな。
64  不思議な名無しさん :2016年06月25日 01:06 ID:TjDK6LPs0*
孔子なんて出されたらドン引きですよ
65  不思議な名無しさん :2016年08月25日 00:31 ID:FLGySzmc0*
バナナを品種改良した大昔の誰かさん
66  不思議な名無しさん :2016年08月25日 09:27 ID:C26VeQ.70*
孔子は儒教が権力者に都合がいいから神格化されてるだけで実像は色々アレな人だぞ。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る