不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    39

    たまには泣いてしまうコピペでも貼ってみようと思うんだ

    5


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 13:10:45.21 ID:Yxcoe2jN0
    お昼だがちょっとこういうのもいいかなって思ってみた


    貼っていくから頼んだ。

    引用元: 見ると泣いてしまうコピペ







    10: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:23:55.01 ID:gFhiTwhy0
    237 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/10/26(金) 19:06:27.85 ID:Y1O2bH6d0
    半年ちょい前の俺へ

    そっちは午前4時だな。
    部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ
    今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。

    音をたてないようにしろ、気づかれるから。
    まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。
    そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行き
    ドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。

    バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。
    そうしないとバカ兄貴が首吊って死んじまうぞ。
    発見した時の光景と母さんの悲鳴はたぶん一生お前の頭から離れなくなる。
    前日まで普通に相談に乗ってもらってた兄貴が次の日には死んでんだぞ
    いなくなるんだ

    あと兄貴に言ってやれ。
    「さんざんアンタをバカにしてきたが、学校じゃ自慢しまくるくらい好きなんだよ。」って

    頼む。頼むよ。
    頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ。
    頼むよ。お願いします

    「おやすみ。また明日な。」
    って言ってたじゃねえか
    バカ兄貴。

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 13:25:40.18 ID:ymXuu+t+O
    >>10
    これリアルタイムで見た

    13: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:26:10.62 ID:gFhiTwhy0
    98 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2007/10/26(金) 17:52:15.03 ID:Y1O2bH6d0
    京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
    認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
    事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
    片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
    片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
    母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
    片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
    生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
    介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
    06年1月31日に心中を決意した。

    「最後の親孝行に」

    片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
    「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
    「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
    「すまんな」と謝ると、母は
    「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
    「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
    この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
    自分も包丁で首を切って自殺を図った。
    冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
    眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
    裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
    殺害時の2人のやりとりや、
    「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
    目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

    16: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:28:23.98 ID:gFhiTwhy0
    小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
    でも、絵が上手な子だった。
    彼は、よく空の絵を描いた。
    抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

    担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
    冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
    N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
    私はN先生が大嫌いだった。

    クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
    全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
    生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
    先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
    お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

    私は、A君の言葉を忘れない。

    「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

    A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
    水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
    放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
    その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
    N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした。

    19: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:30:33.88 ID:gFhiTwhy0
    私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず、人付き合いをしない堅物でした。
    誠実公平、どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、堅過ぎて近寄りにくい雰囲気がありました。
    そんな課長の机の上には奥さん、子供四人と写った写真が飾られてて、
    「あの朴念仁でも家族は愛してるんだな」と微笑ましく思ったものです。
    何年経っても同じ写真が飾ってあったので、理由を聞いてみたら、
    「一番かわいかった頃の写真だからね」と照れ笑いを浮かべながら答えてくださいました。
    それが私の見た唯一の課長の笑顔でした。

    そんな真面目一徹、入社以来無遅刻無欠勤の課長が三日続けて無断欠勤。
    家に電話しても誰も出ず、親族の連絡先も分からなかったので、
    部長が直接課長のマンションを訪ね、管理人さんにお願いしてドアを開けていただきました。
    課長は玄関で倒れていて、既に冷たくなっていました。急性心不全だったそうです。
    部長が管理人さんに課長の家族がいつ戻ってくるか聞くと、「○○さんには家族はいないですよ」という返事。
    あわてて人事部の資料をほじくり返すと、確かに課長には家族がいません。
    課長は10年前に中途入社した人なので、それ以前に家族に逃げられていて、
    写真を見て幸せだった時代を懐かしんでいたんだと思い、少し悲しくなりました。
    結局、課長の葬儀にも家族も親族も顔を出さず、血縁の人たちの冷たさにもっと悲しくなりました。

    後日墓参りに行くと、立派なお墓が立っていました。死んでやっと家族と和解できて、
    立派なお墓を立ててもらえたのかと安心して墓石を見てみると、愕然としました。
    お墓は古びていて、課長と同じ名字の名前が墓誌にいくつも彫ってありました。
    課長以外は全員十数年前の同じ日に亡くなっていました。

    家族を一度に亡くしてからの十数年の歳月を、彼はどんな気持ちで過ごしていたんでしょうか?
    二度と会えない家族の写真をどんな思いで毎日眺めていたんでしょうか?
    人を遠ざけ、自分のことを決して語らなかった課長の姿を思い出し、涙が止まりませんでした。

    21: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:33:00.53 ID:gFhiTwhy0
    大学が決まり一人暮らしの前日の日
    親父が時計をくれた。
    金ピカの趣味の悪そうな時計だった。
    「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」
    そういってた。
    二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。
    ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。
    紛れもない偽者であることが判明した。
    すぐに親父電話した。

    俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」
    親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ
       最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」
    親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」
    俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」
    親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」
    親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

    正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。
    今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。
    そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が
    また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。
    親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」
    オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。

    俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」
    二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・
    親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。

    23: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:35:33.37 ID:gFhiTwhy0
    中三の頃、母が死んだ
    俺が殺したも同然だった・・・

    あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった
    学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つからなかった
    母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った

    その時楽しみにしていた俺は、すごく怒った
    母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も食べずに部屋に篭った
    それから何時間か経った
    俺は寝てしまっていたが、父親が部屋に飛び込んできたので目が覚めた

    「母さんが轢かれた・・・!」
    あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう
    俺達が病院に着いたとき、母親はどうしようもない状態だと言われた
    医者は最後に傍にいてあげてくださいと言い、部屋を出た
    それから少しして、母親は息を引き取った

    その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた
    買い物に行くと言って出て行き、その帰りに車に轢かれた事
    現場のビニール袋の中には、アイスが一つだけ入っていた事
    救急車の中でずっとごめんねと呟いていた事
    その時、俺のために母はアイスを買いに行って事故にあったとわかった

    通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた
    そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある
    母さん、ごめんよ
    俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、今でも悔やみ続けている

    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 13:41:42.96 ID:JRDsHzQGO
    >>23
    ふざけんな
    仕事の休憩室で涙ぐんじまったじゃねえか

    29: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:38:06.25 ID:gFhiTwhy0
    別にこんなスレたてたのは、つらいことがあったわけじゃないからな

    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 13:40:45.57 ID:S/r3auYA0
    >>29
    無理すんなよ

    34: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:41:27.47 ID:gFhiTwhy0
    私の父は、高校の時野球部の投手として甲子園を目指したそうですが、「地区大会の決勝で9回に逆転されあと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」と、小
    さい頃良く聞かされていました。
    そんな父の影響もあってか、私は小さい頃から野球が大好きで、野球ばかりやっていました。父も良くキャッチボールをしてくれました。
    そして私は、小学5年から本格的に野球を始め、高校に入った私は迷わず野球部に入部しました。
    ところが、高校入学と時を同じくして、父が病に倒れてしまいました。
    その後入退院を繰り返し、高校1年の冬からはずっと病院に入院したきりになってしまいました。
    父の体がどんどん細くなっていくのを見るにつれ、なんとなく重大な病気なのかなとは感じました。
    父は、病床で私の野球部での活動内容を聞くのを一番楽しみにしてくれていました。

    そんな高校2年の秋、私はついに新チームのエースに任命されました。
    それを父に報告すると、一言「お前、明日家から俺のグローブ持って来い!」と言われました。
    翌日病院にグローブを持っていくと、父はよろよろの体を起こし、私と母を連れて近くの公園の野球場に行くと言いました。
    公園に着くと父は、ホームベースに捕手として座り、私にマウンドから投げるように要求しました。
    父とのキャッチボールは、小学校以来でした。しかも、マウンドから座った父に向かって投げたことはありませんでした。
    病気でやせ細った父を思い、私は手加減してゆるいボールを3球投げました。
    すると父は、怒って怒鳴り、立ち上がりました。
    「お前は、そんな球でエースになれたのか!?お前の力はそんなものか?」と。
    私はその言葉を聞き、元野球部の父の力を信じ、全力で投球することにしました。
    父は、細い腕でボールを受けてくれました。ミットは、すごい音がしました。
    父の野球の動体視力は、全く衰えていませんでした。
    ショートバウンドになった球は、本当の捕手のように、ノンプロテクターの体全体で受け止めてくれました。
    30球程の投球練習の後、父は一言吐き捨てるように言いました。「球の回転が悪く、球威もまだまだだな。もう少し努力せんと、甲子園なんか夢のまた夢だぞ」と。

    37: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:43:42.23 ID:gFhiTwhy0
    その数週間後、父はもう寝たきりになっていました。
    さらに数週間後、父の意識は無くなりました。
    そしてある秋の日、父は亡くなりました。病名は父の死後母から告げられました。
    ガンでした。

    病院を引き払うとき、ベッドの下から一冊のノートを見つけました。
    父の日記でした。あるページには、こう書かれていました。
    「○月○日  今日、高校に入って初めて弘の球を受けた。弘が産まれた時から、私はこの日を楽しみにしていた。
    びっくりした。すごい球だった。自分の高校時代の球よりはるかに速かった。
    彼は甲子園に行けるかもしれない。その時まで、俺は生きられるだろうか?できれば球場で、弘の試合を見たいものだ。
    もう俺は、二度とボールを握ることは無いだろう。人生の最後に、息子とこんなにすばらしいキャッチボールが出来て、俺は幸せだった。ありがとう」
    私はこれを見て、父の想いを知りました。それから、父が果たせなかった甲子園出場を目指して死に物狂いで練習しました。
    翌年夏、私は背番号1番を付けて、地区予選決勝のマウンドに立っていました。
    決勝の相手は、甲子園の常連校でした。見ていた誰もが、相手チームが大差で勝利するものと思っていたようでした。
    ところが、私は奇跡的に好投し、0対0のまま延長戦に入りました。
    10回裏の我がチームの攻撃で、2アウトながらも四球のランナーが1塁に出ました。
    そのとき打順は、9番バッターの私でした。
    相手のピッチャーの球は、140KMを超えていました。打てるはずもありませんでした。
    あまりの速さに怯え、目をつぶって打とうとしたとき、亡くなった父の顔が一瞬まぶたに見えたように感じました。
    気が付くと、目をつぶって打ったはずの私の打球は、左中間の最深部に飛んでいました。
    私は夢中で走りました。相手チームの二塁手が、呆然として膝から崩れるのが見えました。サヨナラ勝ちでした。
    チームメイトは、感動で皆泣いていました。
    応援に来てくれていた父の当時のチームメイトも、泣いていました。
    スタンドの母が両手で持った父の遺影が、静かに笑って、うなずいているように見えました。
    甲子園では、結局1勝もできませんでしたが、父のおかげで甲子園に出ることがで
    きて、とても楽しく野球が出来ました。
    そのときもって帰った甲子園の土は、全て父のお墓に撒きました。
    甲子園に出れたのは、父のおかげだったような気がしました。
    これから、どんなに辛いことがあっても、父のことを忘れず努力していきたいと思っています。
    ありがとう、お父さん!!

    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 18:23:25.56 ID:49s4lYQg0
    >>37
    泣いた

    39: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:45:58.08 ID:gFhiTwhy0
    56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:10:24.60 ID:Jg+AcEeL0
    生きててもさ、無駄なんだよ、俺。
    きっと何しても上手くいかないんだよ。
    ただダラダラと生きててさ。
    いっそ本気で死んじまおうかな。

    58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。2007/07/05(木) 08:12:48.05 ID:peSyhKq70

    死んでもいいけど。とりあえず、自分のレスを縦読みだな。
    自分の心の声に気付いてやれよ。


    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:14:34.40 ID:Jg+AcEeL0

    …もっかいバイト探して見る。
    ありがと。

    41: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:47:58.58 ID:gFhiTwhy0
    私がホテル勤めをしていた頃の話。
    ある披露宴、新郎が海自の方でした。同僚上司達は制服で出席。
    披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
    自分が海軍にいた事。孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
    自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の海上勤務の方達には
    苦労を掛けていると思う事。
    たとたどしくですが話されました。
    同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが
    段々背筋が伸びていき神妙に聞き入っていました。
    挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」
    と尋ねると、新郎は小声で「大和です」
    それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり
    直立不動で敬礼を送りました。
    おじいさんも見事な答礼を返されました。
    私はその後は仕事になりませんでした。

    43: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:50:29.52 ID:gFhiTwhy0
    以前、母がデジカメを買って嬉しそうに色々撮ってたけど、
    そのうちメモリがいっぱいになったらしくてメカ音痴な母は
    「ねえ、これ写らなくなっちゃったんだけど…」
    と遠慮気味にメールしてきたけど、俺は面倒くさかったから
    「なんだよ、そんなの説明書読めばわかるよ! 
      忙しいからくだらないことでメールするなよな!」
    と罵倒返信してしまった。

    その母が先日事故で亡くなった。
    遺品を整理してたら件のデジカメを見つけたので、
    なんとなしに撮ったものを見てみた。
    俺の寝顔が写っていた。
    涙が出た。

    45: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:53:09.74 ID:gFhiTwhy0
    私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
    母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。
    友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
    ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
    私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。
    すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、
    とても食べられなかった。
    家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
    私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
    「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
    母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。

    それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。
    母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
    中を見ると弁当のことばかり書いていた。
    「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。
    後悔で涙がこぼれた

    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 13:54:28.34 ID:MMuLDOw80
    親関係はキツいな…

    47: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:55:15.39 ID:gFhiTwhy0
    自殺考えていた頃におふくろから電話

    ( ´・ω・`) 「かあさん・・・。オレが生まれた時どう思った・・・?」
           「そうねえ・・・。やっと会えたねって・・。それから・・。」(゚-゚*)
    ( ´・ω・`) 「・・・・・・?」
           「この子の為なら自分の命は捨てられるって思ったかなww」(゚-゚*)
    Σ( ´・ω・`) 

    ( ´:ω;`) 「・・・・・・・・・・。」
           「・・・・・?どうしたの アンタ?」 (゚-゚*)

    ( ´・ω・`) 「な・・・なんでもないよ じゃあね・・・。」

    電話切ったあとひたすら泣いた・・・・。オレに自殺する権利などない・・・・。
    オレは生きる・・・・。せめて親が死ぬより後に

    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 13:55:30.19 ID:hRXWqNq/0
    私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
    母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない質素で見映えの悪い物ばかりだった。
    友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
    ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
    私は生返事でそのまま高校へ行き、こっそり中身を確認した。
    すると確に海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし
    彩りも悪いし、とても食べられなかった。
    家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
    私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
    「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
    母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
    それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
    中を見ると弁当のことばかり書いていた。
    「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。

    69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 14:27:07.65 ID:7FEa9cdzO
    >>48
    あああああああああああん

    49: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:57:22.37 ID:gFhiTwhy0
    父が入院中の時の事

    酸素マスクを着けなければいけない状況だったんだけど
    少し元気になってくると、「家に帰る!」と言い出して
    酸素マスクを外してベッドから起き上がろうとする。
    で、母に「だめでしょ、お父さん、酸素マスク外したら
    死んじゃうよ?大人しくして早く直して退院しようね」
    と言われると、とりあえず大人しくなる。

    でも30分ぐらいすると「家に帰る!」と、起き上がろうとする。
    で、母が「だめでしょ、お父さん(ry

    で、また30分ぐらいすると「家に(ry

    そんなことを何回も繰り返して、母にたしなめられるたびに
    (´・ω・`)な顔をしてた父に萌えてしまった。





    ・・・ってことを退院したらこのスレに書こうと思ってたのに
    なんで死んじゃうんだよ。元気になったら一緒に
    好きなカツ丼を食いに行こう、って約束したじゃないか。
    父ちゃん・・

    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 13:58:20.53 ID:zdrIwBVyO
    昼間から泣かすなよ…

    52: 1 投稿日:2011/10/28(金) 13:59:23.12 ID:gFhiTwhy0
    私には、兄がいました。 3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。
    ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。) 勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。
    バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。 苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。
    おもしろかった。 たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。
    とても、強かったので、大苦戦してました。 ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。
    「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」
    私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、 なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。
    そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。 葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えてます。
    お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。 でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。
    だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。 私は、くる日もくる日も時間を見つけては、砂漠でレベ上げをしてました。
    ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。
    そして、なんとなく、強くなったら、ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。
    兄は、とっても強くなりました。とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。
    それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。
    その時、初めて私は、泣きました。 ずっとずっと、母の近くで泣きました。
    お兄ちゃんが死んじゃった。やっと、実感できました。
    今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。

    53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 14:00:44.72 ID:w7En60w7O
    先週母さんと喧嘩してから話してない
    帰ったら謝ろう

    55: 1 投稿日:2011/10/28(金) 14:06:22.68 ID:gFhiTwhy0
    232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 09:56:54 ID:qvhak+dx


    俺は高校までずっと都立で給食だったし、大学も学食やらコンビニやらで
    済ませて来た。
    母親の手作り弁当の記憶なんて、運動会か遠足、それも遠すぎて覚えてない。
    就職しても、社食が当たり前で妻も俺に弁当を作ったことはない。
    俺自身も、弁当箱持って歩くのも荷物になるし弁当への思い入れも何もなかったある日
    今年中学生になった娘が、「はい。オヤジさん(←娘は俺をこう呼ぶ)」と
    バンダナで包まれた弁当箱を手渡した。
    「なんじゃ?これ?」と俺が言うと
    「だって、今日オヤジさんの誕生日じゃん」と・・・・。
    俺、絶句。
    「何だ、お前弁当作ってくれたのかよ。食えるのか?」と、恥ずかしさのあまり悪態をついてしまった。
    だが、娘は「一生懸命、早起きして作ったよ」と笑顔だった。
    素っ気無い顔しときながら、気になって弁当箱の中身を会社について確認したら
    ご飯には、鮭フレークでハートが描いてあった。
    おかずはハンバーグと、ウインナーと、ベーコンポテト。俺の好きなチーズも入っていた。
    胸が詰まった。
    2450グラムと小さく生まれてきた日のこと、夜中熱を出して夜間診療所に駆け込んだこと
    運動会の徒競走で転んだこと、父の胸に幼い日の娘の姿がよぎる。
    あいつ、こんなに大きくなりやがって。
    食べた弁当の味は、しょっぱい、勿論俺の涙の味だ。

    56: 1 投稿日:2011/10/28(金) 14:08:23.36 ID:gFhiTwhy0
    俺は小さい頃、家の事情でおばあちゃんに預けられていた。
    当初、見知らぬ土地にきて間もなく当然友達もいない。
    いつしか俺はノートに自分が考えたスゴロクを書くのに夢中になっていた。
    それをおばあちゃんに見せては
    「ここでモンスターが出るんだよ」
    「ここに止まったら三回休み~」
    おばあちゃんはニコニコしながら、「ほーうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。
    それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。
    やがて俺にも友達ができ、そんなことも忘れ友達と遊びまくってた頃
    家の事情も解消され、自分の家に戻った。
    おばあちゃんは別れるときもニコニコしていて
    「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」
    と喜んでくれた。


    先日そのおばあちゃんが死んだ。
    89歳の大往生だった。
    遺品を整理していた母から「あんたに」と一冊のノートをもらった。
    開いてみみるとそこにはおばあちゃんの作ったスゴロクが書かれてあった。
    モンスターの絵らしきものが書かれてあったり、なぜかぬらりひょんとか
    妖怪も混じっていた。
    「おばあちゃんよく作ったな」とちょっと苦笑していた。
    最後のあがりのページを見た。
    「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に
    「義弘(俺)くんに友達がいっぱいできますように」

    人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。
    おばあちゃん、死に目にあえなくてごめんよ。

    119: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 投稿日:2011/10/28(金) 17:46:14.60 ID:YbBvBWqA0
    >>56
    これ読んでなぜか号泣した

    57: 1 投稿日:2011/10/28(金) 14:10:25.60 ID:gFhiTwhy0
    俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。
    すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、
    「ファミコン持ってない奴が怪しい」なんて、真っ先に疑われたっけ。
    貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!って悪態ついたときの
    母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。
    どーしても欲しくって、中学の時に新聞配達して金貯めた。
    これでようやく遊べると思ったんだけど、ニチイのゲーム売り場の
    前まで来て買うのやめた。そのかわりに小3の妹にアシックスの
    ジャージを買ってやった。いままで俺のお下がりを折って着ていたから。
    母にはハンドクリーム買ってやった。いっつも手が荒れてたから。
    去年俺は結婚したんだけど、
    結婚式前日に母に大事そうに錆びた ハンドクリームの缶を見せられた。
    泣いたね、、。
    初めて言ったよ「生んでくれてありがとう」って。

    58: 1 投稿日:2011/10/28(金) 14:12:26.48 ID:gFhiTwhy0
    今日は兄の誕生日だ。私より10才年上の兄は、
    私が10才の時に両親を事故で失って以来ずっと私を育ててくれた。

    兄は私を育てるために大学をやめ、働きながら私を育ててくれた。
    口癖は「お前は俺の半分しか父さんや母さんとの思い出がないんだから」だった。
    授業参観にも学校祭にも体育祭にも三者面談にも、いつも兄が来てくれた。
    周囲のおばさま方の中で、明らかに兄は浮いていたが
    それでもいつも兄は会社で休みをもらって学校に来てくれた。

    初めて作った料理とも言えないようなものを、美味しいと言って全部食べてくれた。
    仕事で疲れているだろうに、家に帰ってきてから私の学校での話を聞いてくれたり
    宿題を見てくれたり、学校への連絡ノートも毎日欠かさず書いてくれた。
    土日も私と遊んでくれて、色々なところへ連れて行ってくれた。

    そんな兄には自分の時間なんてなかったように思う。
    友達のを見て、お団子ヘアにして欲しい、友達のお母さんならやってくれたと、
    わがままを言った時慣れない手つきで一生懸命作ってくれたのに、
    こんなんじゃない、お母さんに会いたいとと兄をなじってしまった。

    兄はそれを聞いてごめんと泣き出してしまった。あの姿を思い出すたびに、
    兄も両親を事故で失った子供だったんだと今でも泣きそうになる。

    60: 1 投稿日:2011/10/28(金) 14:14:27.21 ID:gFhiTwhy0
    続き

    その兄が、一年前両親と同じように事故で突然この世を去った。
    兄が死んだ時、私は兄が両親を失った時よ り一才年上だった。
    兄はこの状態でまだ小学生の私を育ててくれたのかと思うと、
    それがどれだけ大変だったかと思って涙が出る。

    兄は私がいたせいで友達と遊びにも行けなかった。
    恋人も、出逢う暇さえ私が奪ってしまったんだ。
    たくさんたくさん、ごめんなさいとありがとうも言えないままだった。

    「ちゃんと幸せになれ」っていつも言ってくれたけど、
    兄の幸せはどこにあったのだろう。今も考えてる。

    もう兄に何も返すこともできないけど、兄のおかげでここまで来れた人生、
    恥ずかしくないように生きられるように頑張ろうと思う。

    お兄ちゃん、天国で見ててね。
    今からでもお父さんとお母さんに甘えてるといいな 。

    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 14:13:27.70 ID:dkrGxlUr0
    このてのスレで泣いた事無かったのに見たことあるコピペですら泣ける
    年とったな俺も

    62: 1 投稿日:2011/10/28(金) 14:17:30.92 ID:gFhiTwhy0
    母は、僕を女手一人で育てた。
    僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。
    そのマンションからは、夏に花火をみることができる。

    父と母が過ごした街の花火。
    毎年花火の時には、窓際にテーブルを移動して、母と一緒に父を偲んだ。
    花火はいつもきれいで、母はうれしそうだった。
    父は、母に素敵なものを残したなっと思った。

    でも、それは長くは続かなかった。
    僕が高校の時に、うちのマンションの前に、もっと高層マンションが建設されたのだ。
    僕は、景観が悪くなるなぁって、思ってた。

    その年の花火の日、いつものように、テーブルを移動して準備してた。
    花火みれるかな?って、心配だった。

    花火みれなかった。見事にマンションで見えなくなってる。
    音だけの花火。
    あんなに悲しそうな母の横顔を見たことがない。

    僕は、母を連れて、川辺に歩いていった。
    母と見上げた初めての花火。

    父さん、心配するな。これからは僕が母さんを笑顔にする。

    65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 14:22:54.98 ID:WJhyP/PC0
    糞が画面みえねーぞ

    73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 14:45:28.22 ID:yL89ZY3LO
    画面が滲んでもう読めない…

    78: 1 投稿日:2011/10/28(金) 15:13:52.07 ID:hUANwWtH0
    小1の秋に母親が男作って家を出ていき、俺は親父の飯で育てられた。
    当時は親父の下手くそな料理が嫌でたまらず、また母親が突然いなくなった
    寂しさもあいまって俺は飯のたびに癇癪おこして大泣きしたりわめいたり、
    ひどい時には焦げた卵焼きを親父に向けて投げつけたりなんてこともあった。
    翌年、小2の春にあった遠足の弁当もやっぱり親父の手作り。
    俺は嫌でたまらず、一口も食べずに友達にちょっとずつわけてもらったおかずと
    持っていったお菓子のみで腹を満たした。弁当の中身は道に捨ててしまった。
    家に帰って空の弁当箱を親父に渡すと、親父は俺が全部食べたんだと思い
    涙目になりながら俺の頭をぐりぐりと撫で、「全部食ったか、えらいな!ありがとうなあ!」
    と本当に嬉しそうな声と顔で言った。俺は本当のことなんてもちろん言えなかった。
    でもその後の家庭訪問の時に、担任の先生が俺が遠足で弁当を捨てていたことを親父に言ったわけ。
    親父は相当なショックを受けてて、でも先生が帰った後も俺に対して怒鳴ったりはせずにただ項垂れていた。
    さすがに罪悪感を覚えた俺は気まずさもあってその夜、早々に布団にもぐりこんだ。
    でもなかなか眠れず、やっぱり親父に謝ろうと思い親父のところに戻ろうとした。
    流しのところの電気がついてたので皿でも洗ってんのかなと思って覗いたら、
    親父が読みすぎたせいかボロボロになった料理の本と遠足の時に持ってった弁当箱を見ながら泣いていた。
    で、俺はその時ようやく、自分がとんでもないことをしたんだってことを自覚した。
    でも初めて見る泣いてる親父の姿にびびってしまい、謝ろうにもなかなか踏み出せない。
    結局俺はまた布団に戻って、そんで心の中で親父に何回も謝りながら泣いた。
    翌朝、弁当のことや今までのことを謝った俺の頭を親父はまたぐりぐりと撫でてくれて、
    俺はそれ以来親父の作った飯を残すことは無くなった。
    親父は去年死んだ。病院で息を引き取る間際、悲しいのと寂しいのとで頭が混乱しつつ涙と鼻水流しながら
    「色々ありがとな、飯もありがとな、卵焼きありがとな、ほうれん草のアレとかすげえ美味かった」とか何とか言った俺に対し、
    親父はもう声も出せない状態だったものの微かに笑いつつ頷いてくれた。
    弁当のこととか色々、思い出すたび切なくて申し訳なくて泣きたくなる。

    81: 1 投稿日:2011/10/28(金) 15:33:00.94 ID:hUANwWtH0
    182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[1/5] 投稿日:2007/10/26(金) 18:32:38.28 ID:Y1O2bH6d0
    Saga2は思い出のソフトなんだ……今でもよく思いだしては切なくなってます。

    俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。
    夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、
    小学校あがって更に病状が悪くなって。もちろん体育なんかでれないし、
    みんなと外で遊ぶ事すらできなかった。

    んで、小五になってからほぼ毎日病院行って吸入するくらいまで悪化しちゃって、
    そのまま3週間入院する事になって。。。

    んでね、そん時4人部屋の病室だったんだけど
    二人はおばあちゃんとおじさん、んでもう一人は俺と同い年くらいの女の子だった。
    俺、昔からすげぇ人見知りが激しい上に物凄い照れ屋で、なかなかその同室の人達と仲良くなれないで
    一人で勉強してるかゲームボーイやってるかだったのよ。
    そん時家から持ってきたソフトが「Saga2」で、もう一回クリアしたやつだったんだけど
    ヒマだしもっかいやるかな、って毎日やってたワケさ。

    83: 1 投稿日:2011/10/28(金) 15:40:58.24 ID:hUANwWtH0
    184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[2/5] 投稿日:2007/10/26(金) 18:34:25.08 ID:Y1O2bH6d0
    んで入院して一週間立った頃、俺がゲームボーイやってる時は
    なんかその同室の女の子がじーっとこっち見てる事に気づいたんよ。俺が彼女の方みると慌てて目逸らすんだけどね。
    もしかしてやってみたいのかな?と思って、「良かったらコレ借そうか?」って聞いたのよ。
    そしたら目ぇ輝かせて「いいの?」っていうもんだから、「もう飽きたからな」とか照れ隠しして借してあげたさ。

    でも案の定操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから
    俺が操作教えながら一緒にゲーム進めることにしたんよ。
    パーティーは人間・男の主人公「リョータ(俺の名前)」で、仲間は人間・女「さやか(彼女の名前)」
    あとはエスパーガールとロボットにそれぞれ同室のばあちゃんとおじさんの名前つけたっけ。

    それからどんどんそのコと仲良くなって、二人でゲームボーイやるだけじゃなく、色んな話もするようになった。
    学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…

    84: 1 投稿日:2011/10/28(金) 15:43:58.31 ID:hUANwWtH0
    186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[3/5] 投稿日:2007/10/26(金) 18:34:57.46 ID:Y1O2bH6d0
    それからの時間はあっという間だった。すぐに俺が退院する時がやってきた。
    看護婦や同室のおじさん、ばあちゃん達が口々に「おめでとう」って言ってくれてる中
    彼女だけ泣いてた。それ見て俺も泣きそうになったさ。でもグッと堪えて
    「オマエ退院するまでコレ借してやるよ。退院したら連絡くれよな」ってそのままゲームボーイとSaga2置いていったのよ。

    それから何回もお見舞しに行こうと思った。…でもいざ行こうかと思うとなんか照れくさくて行けなかった。
    連絡がないまま1年半が過ぎて、俺も小学校を卒業する頃になった。
    せめて卒業前にもう1度会っておきたいな、と思って意を決してお見舞に行く事にしたんよ。

    85: 1 投稿日:2011/10/28(金) 15:47:11.30 ID:hUANwWtH0
    188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[4/5] 投稿日:2007/10/26(金) 18:35:36.97 ID:Y1O2bH6d0
    病室に行ったけど彼女はいなかった。病室入口の名前欄にもない。
    もうとっくに退院してたのかな…?と思ってとりあえずナースセンターで聞いてみた。

    「遠い所にいった」とかうまくはぐらかされたけど、俺も小6だったし、そこまでバカじゃない。
    その場の空気や後ろの看護婦が泣き出したのを見ても明らかだった。
    俺がショック状態で呆然としてる中、その看護婦が
    「ああ、そういえばさやかちゃんから、リョータ君が来たら渡しといて、って言われた物があるのよ」
    と言って俺にそれを渡してくれた。借してあげたゲームボーイとSaga2だった。

    俺はそれを受けとって家に帰った。
    帰るなりメシも食わないで、暗い自分の部屋でゲームボーイのスイッチを入れた。

    87: 1 投稿日:2011/10/28(金) 15:50:54.15 ID:hUANwWtH0
    189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[5/5] 投稿日:2007/10/26(金) 18:36:09.40 ID:Y1O2bH6d0
    もう一つのデータはやたらレベルの低いデータだった。
    最初から始めてすぐ飽きたんかな?と思ってそのデータをロードしてみた。

    パーティー四人の名前がこうなっていた。

    「リョータ」

    「いろいろ」

    「ありがと」

    「バイバイ」

    …今でもSaga2のOPの曲を聞くと涙が出るよ。
    お見舞行ってあげられなくてゴメンな…。

    91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 16:05:16.53 ID:r+orElazO
    saga2はヤバいマジで

    92: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 投稿日:2011/10/28(金) 16:05:38.04 ID:g7RLAJ2G0
    涙が止まんねえ

    101: 1 投稿日:2011/10/28(金) 16:41:18.47 ID:Yxcoe2jN0
    357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/10/26(金) 21:56:42.61 ID:MN4uG8aZ0
    4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
    どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。


    ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

    「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、
    「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
    と書いてあったそうだ。
    旦那は去年、交通事故で他界した。
    字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
    受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。

    「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
    最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。


    娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない。

    102: 1 投稿日:2011/10/28(金) 16:44:54.43 ID:Yxcoe2jN0
    若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。
    隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。

    その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。隣のリーマンが
    「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」と言った。
    兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」
    逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ)

    見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。
    「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ!それ以来誰も送ってこないんだよ!
    今更誰が送って来るんだよ!!!俺から送る相手もいないんだよ!!!」

    みんな黙り込んだ。しかしその中に一人だけ、
    無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。
    彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。

    男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。
    しばらくして、男の携帯が鳴った。
    男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。

    もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。
    世界は愛によって回っているんだと実感した。

    ばあちゃんは死んだ。

    103: 1 投稿日:2011/10/28(金) 16:49:39.44 ID:Yxcoe2jN0
    俺は母親が嫌いだ。大嫌いだ。
    おせっかいなとこが嫌いだ。何よりも子供を一番に考えるとこが嫌いだ。
    大学に入り、一人暮しを始めて二年も経つ俺を赤ちゃんみたいに心配するとこが嫌いだ。
    今まで付き合った彼女より誰よりも俺を心配してくるとこが嫌いだ。
    金が無くなって「もっと金を送れ!」と、言うと
    結局送ってくるくせに しぶるとこが嫌いだ。
    「こんな家に生まれてこなければよかった」と、言うと
    電話越しに本気で泣くとこが嫌いだ。

    俺は母親が嫌いだ。とにかく嫌いだ。
    そんな母親がこの間死んだ。毎日のように俺を心配してかけてくる電話が
    ただただウザくて、俺は携帯の電源を切っていた。だから、通夜にも行けなかった。
    死因は働き過ぎでの過労と、電話が繋がらない俺を心配して体調を悪くした併発だった。

    俺は母親が嫌いだ。自分の給料の倍以上の仕送りをする為に、働き過ぎるとこが嫌いだ。
    こんな俺のために死んだ母親が嫌いだ。五十年近くの人生の半分を俺に費やしたとこが嫌いだ。
    死ぬ直前まで、俺の声を聞きたがっていたとこが嫌いだ。

    俺が毎日2chに入り浸っているとも知らず、死ぬまで働いた母親が嫌いだ。
    今日をもって、俺は2chを引退する。嫌いだった母親にしてあげれなかった
    親孝行を今更だがしたい。受け止めれない程の愛をくれた母親の為に頑張って生きていきたい

    124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/28(金) 18:05:48.95 ID:wc/3OgDJ0
    しえん

    146: 1 投稿日:2011/10/28(金) 19:18:37.92 ID:Yxcoe2jN0
    夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
    国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
    ペダルを漕がなくても。何もしなくても。
    ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
    子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

    しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
    当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
    交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
    蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
    でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

    今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
    家から電車でたかだか10個目くらい。
    子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
    でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

    今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
    彼らもいつの日にか思うのだろうか。
    今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、

    あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
    もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
    あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。

    147: 1 投稿日:2011/10/28(金) 19:21:47.13 ID:Yxcoe2jN0
    近所に昔からある古い駄菓子屋がある。

    経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった)。
    いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんでお金が無い子にはコッソリ駄菓子をあげていた(漏れも昔もらった)。
    そんな感じで近所の評判がとてもよかった。

    ある日、お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた。なんでも亡くなったお爺ちゃんに少し借金があったらしく、
    コツコツ払い続けて完済したはずなのに更に80万請求され、払わなかったら立ち退いてもらうと脅されたらしい。

    お婆ちゃんのピンチにまわりが黙ってられるはずもなく、3丁目の人々が一致団結、集会を開くまでに至り、893が来たときに駄菓子屋の前に整列、そして猛抗議。
    漏れは学生だったので様子を見守ってたが、あれは圧巻だった、30人ほどが声張り上げてるんだもの。
    893もはじめはなんか言ってたが、すぐに戦意喪失、スゴスゴと引き上げてった。

    お婆ちゃんは泣きながら、ありがとう、ありがとうとずっと言っていた。
    そんなお婆ちゃんは今日もお店でニコニコしている、長生きしてもらいたい。

    150: 1 投稿日:2011/10/28(金) 19:32:40.92 ID:Yxcoe2jN0
    俺は親父が好きじゃなかった。
    お袋とだったら何でも話せるのに、
    親父と本音で話したことなんてなかった。
    親父は俺が18のとき死んだ。
    心臓が急に止まったらしく、何の処置もできないまま死んだ。
    その時は涙は出なかった。
    ただ、泣きじゃくるお袋を可哀想だとは思った。

    俺が21のとき、いい加減親父の部屋を
    片付けようってなって家族で片付けていた。
    俺はワインを見つけた。
    俺が中学の修学旅行で土産に買ってきたものだ。
    お袋は言った。
    ―お父さんな、それアンタと飲むのを楽しみにしとったんやで。
    なぜか涙が出てきた。

    俺は親父の墓前でそれを飲んだ。

    151: 1 投稿日:2011/10/28(金) 19:40:24.15 ID:Yxcoe2jN0
    アメリカの、とある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。少年はその選手へファンレターをつづりました。
    「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。 しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、こわくてたまりません。 あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」

    少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。 カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。
    今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と。


    そして、その試合、ヒーローの最後の打席。2ストライク3ボール。テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、少年自身も、テレビの中継を祈る思いで聞いています。

    ピッチャーが投げた最後のボールは・・・、大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。
    全米から大きな溜め息が漏れようとした、その時、スタジアムの実況が、こう伝えました。


















    「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」



    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2016年04月22日 23:09 ID:NvzdPMW.0*
    何度も見たコピペなのに泣いてしまう
    2  不思議な名無しさん :2016年04月22日 23:16 ID:9d3GE4nP0*
    家族の大切さ再認識
    泣いたぁぁぁあ
    3  不思議な名無しさん :2016年04月22日 23:41 ID:.T1bLVgu0*
    >>16のコピペ大嫌い。大嫌いと思うくらい反応してるから忘れられない。
    4  不思議な名無しさん :2016年04月22日 23:44 ID:.x16EIpO0*
    俺、母親系弱すぎだわ…
    涙枯れた…
    てか鬱になった…
    5  不思議な名無しさん :2016年04月22日 23:51 ID:Nub4wlk60*
    ティッシュが足りません。
    6  不思議な名無しさん :2016年04月23日 00:06 ID:nPWM4.lh0*
    アイスのコピペと自転車のコピペほんとすこ
    そしてこのスレを読んでいたのが5年前、
    2006年、2007年ははや10年9年前という事実に泣いた
    7  不思議な名無しさん :2016年04月23日 00:11 ID:raR7UsRF0*
    母子家庭の俺には号泣不可避だ。
    8  不思議な名無しさん :2016年04月23日 00:19 ID:cPWrf7U.O*
    泣けるコピペを泣かないで読む我慢大会が私の中でブームなんだけど、子供を妊娠してから出産した後も連敗続きなんよ…
    9  不思議な名無しさん :2016年04月23日 00:25 ID:Bi4YwHpO0*
    良かったわ。
    お父さん、おばちゃん思い出した。
    10  不思議な名無しさん :2016年04月23日 01:27 ID:z57Lf6.L0*
    目見えないのに、なんでスラッガーのファンになるんだろうな
    11  不思議な名無しさん :2016年04月23日 01:56 ID:eOzkw6lP0*
    ※10
    バカなの?
    ラジオとかテレビ中継の実況とか聞いてたらわかるだろ
    推測できないの?バカなの?
    12  不思議な名無しさん :2016年04月23日 02:19 ID:5wfnPyKJ0*
    伏見の事件は、ほんと最後の被告の言葉だけで涙出てくるからやめてくれ
    13  不思議な名無しさん :2016年04月23日 02:48 ID:HNzoKawf0*
    >>39が一番印象に残った
    14  不思議な名無しさん :2016年04月23日 03:00 ID:zed15UA.0*
    それでも私は母親が嫌いだ。父親も嫌いだ。愛人の子として生まれた自分も嫌いだ。
    15  不思議な名無しさん :2016年04月23日 07:07 ID:RgKsxvNx0*
    19で折れたわ
    16  不思議な名無しさん :2016年04月23日 09:05 ID:ztsP8NBL0*
    母ちゃんネタは卑怯だわ
    こんなん泣いてしまうに決まってる
    17  不思議な名無しさん :2016年04月23日 10:37 ID:Y6qFMC0h0*
    くっさ
    18  不思議な名無しさん :2016年04月23日 10:42 ID:W34eHKYVO*
    読み進めているうちに、婚約していた彼女を思い出して泣けてきた。
    まだ22歳だったのに…。
    19  不思議な名無しさん :2016年04月23日 12:33 ID:7ApdOXaI0*
    心凍ってたと思ったけど最後のホームランで泣いた。
    20  不思議な名無しさん :2016年04月23日 12:40 ID:zs73VBwt0*
    どうしてくれるんだ。
    何の気なしに読み始めただけなのに、、、

    昼から打合せがあるんだが、

    読まなきゃ良かった。くそ、、涙止まらなくなったじゃないか、、、m(_ _)m
    21  不思議な名無しさん :2016年04月23日 12:50 ID:29hd10u.0*
    母ちゃん系の話は破壊力ヤバい。涙腺が壊れる。
    ここには無かったけど最近読んだ転生して母ちゃんに会いに行く話もヤバかった。
    22  不思議な名無しさん :2016年04月23日 14:33 ID:bXw.H5130*
    アカン
    最初の2、3個読んだだけでもうダメ
    涙と鼻水で読めない
    ティッシュどこだ
    23  不思議な名無しさん :2016年04月23日 22:05 ID:xywviFSM0*
    携帯電話とばあちゃんのやつは後味悪いな……。
    24  不思議な名無しさん :2016年04月23日 22:31 ID:huw3B0Xl0*
    親系はキツイなぁ
    (昔、無茶やって、後々に後悔するとかね)
    25  不思議な名無しさん :2016年04月24日 00:20 ID:vH7otMke0*
    こいつらに分かりやすい説明を求めても
    激寒な玄人っぽい説明もどきをされるから結局わからん
    26  不思議な名無しさん :2016年04月24日 01:13 ID:Sq5NFH240*
    本当に自殺したい人は親に自分が生まれた時のことは聞かないよな
    思い直したのはよかったとは思うけど
    27  不思議な名無しさん :2016年04月24日 01:33 ID:Sq5NFH240*
    いくつか変な話が混じってますねぇ…
    28  不思議な名無しさん :2016年04月24日 16:00 ID:JVk3RGwQ0*
    この手のスレ読んでよく涙ぐんでるけども、本当に泣いたのは初めてだわ
    何回も見たやつなのに
    29  不思議な名無しさん :2016年04月25日 01:19 ID:TCKo60kg0*
    親子物やめろや
    子の立場から親の立場になった今やたら沁みるわ
    30  不思議な名無しさん :2016年04月25日 18:44 ID:4c95.rQg0*
    歳取ると涙脆くなって困る
    31  不思議な名無しさん :2016年04月26日 01:33 ID:VjHH9.UJ0*
    自分に出来ること何かしたいなと思いました。
    32  不思議な名無しさん :2016年04月26日 22:52 ID:hJjUpVVP0*
    ううう
    33  不思議な名無しさん :2016年05月03日 20:54 ID:plurIGFSO*
    いくつか初めて見るのがある
    歳取っていろいろ弱くなったなと感じるな
    34  不思議な名無しさん :2016年05月04日 00:13 ID:tNAHirzP0*
    スゴロクの話で涙腺が決壊した…
    35  不思議な名無しさん :2016年05月24日 00:10 ID:WXgmkXsy0*
    将来家族できたら妻を泣かす子供は許さないンゴゴゴゴ
    36  不思議な名無しさん :2016年09月16日 21:47 ID:tHlH0w.40*
    泣くに決まってんだろ
    37  不思議な名無しさん :2016年10月20日 03:53 ID:Oz3MJkvs0*
    いつ泣いたかも覚えてないぐらい泣いてないのにこれ読んですっげー泣いた
    なんかわからんけどほんと止まらん。
    ほんと親の為に仕事頑張ろ
    38  不思議な名無しさん :2016年10月23日 17:33 ID:1989RKhaO*
    泣いたよ…。
    (´;ω;`)ウッ
    39  不思議な名無しさん :2016年12月27日 12:06 ID:sxyG23Px0*
    子供関係だめだー

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!