不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    20

    江戸時代の日本人の世界観ってどんな感じだったの(・ω・)?

    s


    1: ジャンピングカラテキック(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 15:51:11.26 ID:Uu+CBi2M0.net BE:532994879-PLT(13559) ポイント特典
    日本型華夷秩序が形成された!?江戸時代の日本人の世界観

    江戸時代の日本人は世界をどのようにとらえていたのか。またそれが、世界の実情と比して、はたして本当に正しかったのか。
    『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)のスペシャル講師としてもおなじみの河合敦先生に話を伺った。

    鎖国というシステムから生まれた世界観

     政権が二百六十年間も平和的に続くというのは、世界史的にも稀な現象である。
    おそらく百五十年続いた戦国という殺伐とした時代に日本人が懲りた反動だと思われるが、鎖国というシステムが政権安定の一助となったのもまた確かであろう。


     幕府はキリスト教を厳禁し、それまでつきあいのあったスペインとポルトガルを駆逐し、中国、朝鮮、オランダ以外とは交際しなかった。
    これを鎖国と呼ぶが、この外交制限によって江戸期の日本人に独特の世界観が生まれることになった。
     それが「日本型華夷意識」とか「日本型華夷観念」と呼ばれるものである。
    原始・古代の日本は、中国の冊封下に入って国家の発展を遂げてきた。中世に明が成立すると、室町幕府も貿易の利益のためにあえて冊封を受けたという経緯がある。
    「あえて」としたのは、離脱する自由を有していたからだ。

    view

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160430-00001843-besttimes-cul

    引用元: 江戸時代の日本人の世界観ってどんな感じだったの(・ω・)?







    7: TEKKAMAKI(栃木県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 15:55:56.17 ID:3O6ihEch0.net
    中国、朝鮮、オランダとしか交際してなかったといっても、
    それらの国は世界各国と貿易してたわけで…
    間接的にいろいろ入ってきたんじゃないの?

    11: ニーリフト(庭)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 16:02:26.06 ID:4G9MFn5H0.net
    外界からの情報シャットアウトして完全にひきこもり状態だろ。黒船襲来は「外出ろ!働け!」みたいな感じでさぞ衝撃的だったろう

    19: TEKKAMAKI(栃木県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 16:10:09.53 ID:3O6ihEch0.net
    >>11
    黒船来航(1853年)の50年以上前にロシア船が根室に来たり、
    その後、イギリス船が現れたりしてる。

    18: 32文ロケット砲(庭)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 16:08:56.84 ID:zLW4LyVE0.net
    東南アジアをインドみたいに思ってたんじゃないか?
    カンボジアを祇園精舎と勘違いした侍とかいたし

    20: かかと落とし(中部地方)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 16:11:36.08 ID:wU0uCYmp0.net
    現代で言えば火星に人が住んでるぐらいの感覚でしょ
    なんか珍しいものとか技術とかあるなー程度の感覚
    宇宙艦隊がやってきて米軍が負けるまでは平和

    21: ツームストンパイルドライバー(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 16:14:48.57 ID:YJzsJUiA0.net
    青煙突のバッタンフルでお馴染みその昔から
    外国船が日本の男女を買って奴隷や娼婦にしてたんですね。
    それを知った秀吉がバテレンを追い出した。後の鎖国ですね。

    25: TEKKAMAKI(栃木県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 16:43:54.69 ID:3O6ihEch0.net
    織田信長はポルトガルの宣教師に地球儀を献上されたとき、
    「地球は丸い」とすぐに理解できたそうだが、
    その後、そういう認識は日本人に定着しなかったのかな?

    28: ファイナルカット(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 16:56:03.81 ID:52S4LazF0.net
    no title

    聖徳太子の地球儀

    聖徳太子の地球儀(しょうとくたいしのちきゅうぎ)は、兵庫県太子町の斑鳩寺に伝わるソフトボール大の地球儀のこと。

    表面には南北アメリカ大陸や、ユーラシア大陸などがレリーフのように描かれている。また、1800年代に発見された南極大陸に相当する大陸や、ムー大陸に相当する部分にも大陸が描かれている。西暦607年に聖徳太子によって建立されたと伝わる斑鳩寺には、聖徳太子ゆかりとされる宝物が所蔵されており、江戸時代に目録『常什物帳』が作成された。その中の「地中石」と記載されているのがこの地球儀であるといわれ、少なくともその頃から存在していたと考えられている。
    wikiより引用

    31: カーフブランディング(catv?)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:04:33.93 ID:Sv7v1UJR0.net
    ケンペルのスケッチとかすげー貴重だよな。

    32: イス攻撃(茸)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:05:13.24 ID:5OJLJ/S10.net
    上流階級の人間は知識として地球が丸いことは知ってただろうね
    江戸時代前にヨーロッパに渡ったのも一人や二人じゃないし
    少年使節団まで訪問してるんだもんな

    35: 急所攻撃(宮城県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:14:55.89 ID:8JOqBZwP0.net
    まあ当時の藩が今いまでいう国家で
    幕府中心にした連邦政府みたいな感じだったんじゃないのかな
    とは推測できるけど

    庶民は田植えの人手貸し借りしたり年貢の取り立てや
    一揆や祭りの日取り決めたり世界観とかそれどころじゃなかったんじゃねーの

    36: ストマッククロー(中部地方)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:18:04.16 ID:Trfoa5Tb0.net
    毛唐人に近づくと血が穢れるので会わない
    牛痘ワクチンを使うと血が穢れるので天然痘で死んだ方がマシ

    これが当時聡明と言われた孝明天皇陛下のお考えです

    37: イス攻撃(茸)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:21:54.90 ID:5OJLJ/S10.net
    >>36
    それ考えると信長ってほんとに奇妙な人だ
    神学と新しい知識のバランスうまく両立してる

    38: 急所攻撃(大阪府)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:27:36.14 ID:K4u9gCsh0.net
    世界及日本図 六曲屏風 安土桃山時代

    no title
    伊能忠敬「出来たで」
    http://world-fusigi.net/archives/8335306.html

    40: 中年'sリフト(庭)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:32:02.59 ID:DPpwzbB70.net
    >>38
    概ね合ってるな
    まともな測量技術もないのによくぞここまで纏めたと感心するわ

    101: ファルコンアロー(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 10:15:18.76 ID:PWr7zzws0.net
    >>38
    この地図もマッパムンディスを基に作ったのか?と想像するとロマンが広がるな
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ピーリー・レイースの地図

    ピリ・レイスの地図

    1929年、イスタンブールのトプカプ宮殿でこの不思議な地図が発見された。 この地図はトルコの海軍提督ピリが1513年に作製した地図である。

    この地図の右側にはイベリア半島とアフリカ大陸西端が描かれていて、そこまでは普通なのだがこの地図の驚くべきところは南部分には当時未発見だった南極大陸が描かれている点である。
    しかも、地図に描かれた海岸線は南極が氷結して厚さ1600mもの氷に覆われる以前のものだった。

    ピリ・レイスはこの地図を作製する時に紀元前4世紀ごろの古代ギリシャの古地図を参考にしたという。
    また、この地形がエジプトのカイロ上空から人工衛星で地球を計測したときの地形と一致するのも注目したいところです。
    http://www.nazotoki.com/map.html

    acf9cb06


    39: ニーリフト(西日本)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:27:47.10 ID:EhxFrAk40.net
    人によって知識量が全く違うから一概には言えない。
    幕府の老中連中はかなり正確な世界情勢把握してたし。
    黒船来航で大騒ぎってことになってるけど幕府中枢は可能性を予期してたはず。
    あっさり日米和親条約を締結したのもアヘン戦争の結果を知ってて絶対勝てないと分かってたから。

    44: ナガタロックII(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:44:27.58 ID:BtikDl8j0.net
    >>39
    そうだよ。
    幕府はアメリカ艦隊の動向を掴んでましたし、ペリー以下、首脳陣も把握してました。
    何を求めてわざわざ日本へ来たのもね。

    42: ジャンピングカラテキック(内モンゴル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 17:35:46.56 ID:88wWlIYtO.net
    江戸の学者先生は、オランダを通じてナポレオンのヨーロッパ制覇などを知っていた
    鎖国とか言いながら、輸入書籍などで世界情勢を知ってる人は知っていた

    46: ダブルニードロップ(庭)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 18:35:09.04 ID:SRYXgVvf0.net
    仇討ちも合法なんだよな
    https://ja.wikipedia.org/wiki/敵討

    48: イス攻撃(茸)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 18:38:37.80 ID:5OJLJ/S10.net
    >>46
    仇討ちは色々と決まりがあって面倒くさい
    女の仇討ちは認められないし、相手が誰でも認められるもんじゃない

    49: キドクラッチ(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 18:46:11.17 ID:VqQSzuVx0.net
    そもそも仇討ちは士分だけに許された制度だから庶民にとっては芝居の中の出来事
    仇討ちに限らず刀を抜いての斬り合いなんてたまたま目撃したら孫の代までの語り草レベル

    53: ニーリフト(西日本)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 19:00:33.27 ID:EhxFrAk40.net
    仇討ちが認められてるというより仇討ちが義務なんだよなあ。
    武士は大変だよ。
    刀置き忘れたら切腹だし斬り捨て御免とか言っても本当に斬り捨てたら切腹食らうこと多かったし。
    だからと言って町人のふざけた態度を放置しても切腹だったり。

    102: 稲妻レッグラリアット(静岡県)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 10:30:56.13 ID:1sPFR0ok0.net
    >>53
    背中を切り付けられても不覚悟で切腹だから武士も大変だよな。

    55: サッカーボールキック(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 19:09:31.03 ID:xzzUjKV50.net
    杉浦日向子の江戸カルチャー本読んだら
    昔の庶民はその日暮らしで、金がなくなったら仕事する感覚だったっぽいな
    ちょっと気が楽になった

    59: 32文ロケット砲(宮城県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 19:31:21.84 ID:LxzN2E8n0.net
    江戸時代の百姓が一生で得る情報は
    今の新聞の一枚にも満たないとか聞いた事あるな

    60: ストマッククロー(中部地方)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 19:33:40.22 ID:Trfoa5Tb0.net
    >>59
    百姓が余計な知恵を付けることを警戒して
    農作に関係ない勉学を禁止している地域もあったというね
    勤勉は罪なんて変な話だ

    66: フェイスロック(庭)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 22:28:45.64 ID:/OgusWJa0.net
    >>60
    今の中国かよww

    72: サッカーボールキック(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 22:47:48.27 ID:xzzUjKV50.net
    >>60
    女なんか未だに余計な知恵つけたら厄介と考えるヤツ多いし
    それの延長だろ
    自分にとって邪魔な存在が生活圏にのさばって儲けだしたら迷惑

    74: フェイスクラッシャー(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 23:03:02.84 ID:jf1nwaA+0.net
    >>72
    いやいや数学できない百姓はだまされて土地や作物クソ値で買い取られるから
    知識は高い 四則計算、読み書きできて当たり前
    女もたしなみで勉学励んでいた読み書き出来ないのは今で言う池沼くらいだ
    鎖国しているとはいえ一部の国と貿易していたから百姓でも海外情勢は掴んでいた
    江戸末期の百姓ですらミイラやピラミッド、スフィンクス アマゾン川 ナイル川などの知識あった

    鉄の船に驚いた原因は発明禁止されていたせいもある
    禁止されていなければペルリが来る前に作っていただろう
    もっとも文明発達でクーデター恐れての発明禁止なんだが

    78: サッカーボールキック(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 23:34:25.34 ID:xzzUjKV50.net
    >>74
    そういやこんだけ文明も技術も独自に発達していた日本で
    銃がもたらされるまで誰も「ねじ」を思いつかんかったのは今だに納得いかんな
    逆オーパーツって感じ

    81: フォーク攻撃(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 00:01:09.37 ID:eIuLJnqM0.net
    >>78
    材木の伸縮性をみいだして、それを利用した組み木が建築の基礎となったから
    ねじのような小物を使用する要所がなかった
    もっとも、ねじの摩擦の原理を応用しなくても材木の組み木建築が発達してたし、鉄を製造するタタラバは神聖な場所だった

    62: リバースネックブリーカー(庭)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 19:52:21.42 ID:Dxm4RPYV0.net
    でも本百姓とかなら農閑期に伊勢参りとか旅行してるな
    旅に出れば自然と他国の情報にも触れる機会もある
    自分の在所にはない作物を見たら育て方聞いたり種を分けて貰ったり
    お蔭参りなら道中の施しもあるから商家の小僧でも小作人でも伊勢参り行ってたし

    73: フルネルソンスープレックス(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 22:55:05.19 ID:g1MunmFe0.net
    俺が驚いたのは「算額」だな。
    江戸時代の日本人は読み書きそろばんはできても
    知的水準はそれほどでもなかったろうと思っていたが、
    江戸時代の日本人は、町人でも数学を趣味としてたしなむ人々がおり、
    自分で問題を作ったり、他人が作った難しい問題を解いたり
    優秀な先生がいると聞けば入門して通信教育で指導を受けていた。
    明治以降の日本が大きく発展したのはこういった素地があればこそだな。
    江戸時代の日本の数学のレベルって知ってる?
    http://world-fusigi.net/archives/7605197.html

    no title

    77: ブラディサンデー(石川県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 23:19:52.28 ID:ca3YJsJ/0.net
    なんか、百姓一家がヒマ潰しで連歌会をする江戸小噺があったな

    80: パイルドライバー(dion軍)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 23:55:59.31 ID:B6+uMWkn0.net
    日本以外は絵的には竜宮城みたいなイメージだったろうな
    ヨーロッパも中国も

    84: レッドインク(東京都)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 01:27:05.82 ID:/J3EgQBe0.net
    ペリーが開国迫りに来なかったら日本も独自の進化してただろうなあ

    86: ストレッチプラム(庭)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 06:09:27.96 ID:2xQdRVZN0.net
    >>84
    むしろあの時代は捕鯨船の補給メインのアメリカが最初の開国相手で良かった
    領土欲のかたまりのイギリスやロシアが最初の開国相手だったら日本はもっと危ない目にあってた
    アメリカとの交渉内容が前例になったからあの程度の不平等で済んだ

    95: 目潰し(福岡県)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 07:30:34.58 ID:jgFCT/3I0.net
    >>86
    ローマ法王が日本の上半分はスペイン 下半分はオランダにやるぞって言ったらしいからな

    97: ハーフネルソンスープレックス(関東地方)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 08:29:59.79 ID:xWX6teGyO.net
    江戸時代の着物に超興味あるわ
    生活着だった頃の実用性や気安さが排除されてる取り澄ました現代の和服って
    なんか無理してるって言うか本質的な美を感じない

    98: ラダームーンサルト(大阪府)@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 09:18:22.89 ID:Ip3Congg0.net
    出島経由で外国の情報はかなり入ってきてた
    途中から「キリスト教の本以外は輸入して良い」って事になってたからね
    知識人から庶民に知識が流れた
    黒船が来ることも判っていたがどうして良いか判らないで混乱しているうちに黒船が来た
    〔外交能力の低さは今と変わらず〕

    70: ブラディサンデー(石川県)@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 22:35:42.08 ID:ca3YJsJ/0.net
    「いいかい、海の向こうにゃ、モロコシという国があって唐人が住んでるんだ」
    「へえ」
    「そのまた遥か西にゃ、お釈迦さまの産まれた天竺って国もあるんだ。世界ってのはこれで全部さ」
    「さすがはご隠居、博識だねえ」






    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2016年05月01日 13:04 ID:JyieIR9p0*
    ロシア、イギリス、アメリカと選択肢はあったが当時のアメはまだ新興国で他の列強に比べればそこまで強硬な方法が取れなかったから開国する相手としちゃ相対的にはだが、安全な相手だったとは聞いたことがある
    2  不思議な名無しさん :2016年05月01日 13:27 ID:ezSZgsVW0*
    >江戸時代の百姓が一生で得る情報は
    >今の新聞の一枚にも満たないとか聞いた事あるな

    世界情勢とか政治とかそういう上の情報のことで、
    別に知識が浅いって意味じゃないよなぁこれは
    3  不思議な名無しさん :2016年05月01日 13:52 ID:Iniz9jbK0*
    17世紀のオランダはガチ世界の最先進国で、オランダ人はガチ世界の最富裕国民で、オランダは世界最初のヘゲモニー国家だったからなぁ
    日本は19世紀になってようやく西洋の16世紀程度に発展したレベル
    4  不思議な名無しさん :2016年05月01日 13:56 ID:lmo2aoUF0*
    ×黒船来襲「外出ろ、働け」
    ◎黒船来襲「鯨を取る時の補給地になれ」→その後「コイツ等、支配してやるw(不平等条約締結)」

    ※1
    古代ローマ帝国やインディアンみたいな、原住民を滅ぼしたり追いやったりした蛮族由来のゲルマン民族の末裔が安全な相手とは思えないんだが。
    5  不思議な名無しさん :2016年05月01日 14:02 ID:c.NtXddZ0*
    アメリカの進んだ情報ならジョン万次郎がほとんど伝えてたからな
    そらアメリカ一択よ
    6  不思議な名無しさん :2016年05月01日 14:25 ID:xIKUJGBH0*
    ※4
    海洋進出してた他の国に比べたらまだましってことだろ
    ※1は別にアメリカが世界一温和な国って言ったわけじゃない
    7  不思議な名無しさん :2016年05月01日 14:48 ID:6mcTr8Rf0*
    ペリーが来航した段階で
    アヘン戦争で中国が負けてどんな状態だったかは
    既に大体の庶民が知っていたらしい

    あくまで鎖国は貿易制限だっただけで
    情報統制まで積極的にしてたわけじゃないよ
    8  不思議な名無しさん :2016年05月01日 15:34 ID:lZ1eHxfP0*
    ネットの匿名コメント全般を何とか法律で禁止してほしい。誰か「保育園おちたにほん」みたいに、ブログでいいね集めて問題にしてほしい。
    いやな思いしている人はいっぱいいます。と同時にいやな人がたくさん増えて、みんなが疑心暗鬼になると思います。
    9  不思議な名無しさん :2016年05月01日 16:32 ID:b77Zw.Ta0*
    この頃の日本の人って優秀よな。
    今の思考停止はどっから産まれたのか。
    10  不思議な名無しさん :2016年05月01日 17:20 ID:LUoaJxUC0*
    一部を見て昔はよかった今は思考停止なんて言うのは確かに思考停止だね
    11  不思議な名無しさん :2016年05月01日 17:51 ID:5R35e0jK0*
    温故知新は大事、今問題になってることを過去を洗って解決策を見つける事もできそうなのに人は意外と嫌がるんだよねえそういうの。というか日本人限定かなあ。まあ問題を解決することが必ずしもいいこととは言えないのだろう
    12  不思議な名無しさん :2016年05月01日 20:11 ID:WvZPPejP0*
    鉄の船に驚いた原因は発明禁止されていたせいもある
    禁止されていなければペルリが来る前に作っていただろう
    もっとも文明発達でクーデター恐れての発明禁止なんだが

    黒船は木造なんだが
    鉄の船は織田信長が戦国時代に既に作らせている
    13  不思議な名無しさん :2016年05月01日 20:23 ID:BmfXSHqs0*
    当時の絵草紙に
    異国には「腹に大きな穴が開いててそこに棒を通して担ぐ」こんな人がおる、
    というものがあるがあれは信じられていたのか、ムーみたいなもんなのか
    14  不思議な名無しさん :2016年05月01日 20:25 ID:HP0Z6Mua0*
    いいからみんな日向子先生の漫画を読みねえ
    15  不思議な名無しさん :2016年05月01日 21:21 ID:DiiSujfi0*
    外国のことは結構知ってたよ。だいたい鎖国って完全に引きこもっているわけではなく、特定の国としか貿易しませんって事だから。
    鎖国だー引きこもりで国際社会から取り残されるーって言うのは、維新の理由付けもあるんじゃないかね。
    16  不思議な名無しさん :2016年05月01日 22:35 ID:jljNhaqb0*
    97の着物の話めっちゃわかる。
    普通に生活したら着物乱れるはずだし。

    匿名だから気軽にコメントできることもあるよ。
    不思議ネット好きでコメントするのもここだけだけど、匿名じゃなかったらコメントしにくいわ。
    非難や悪口は別に書かないけど匿名のほうがなんか楽なんだよ。
    17  不思議な名無しさん :2016年05月01日 22:46 ID:pUaxSfx20*
    江戸の中期までは華夷秩序だったよ。ヨーロッパの存在は知られていたが、当時の江戸時代人にとっては「よく分からん宗教信じていて気にかけるまでもない連中」程度の認識だった。
    それが変わるのは18世紀末以降。
    18  不思議な名無しさん :2016年05月01日 22:55 ID:Pch.P1Oc0*
    >>16
    普通におしんの世界じゃね?作品は80年代だけど
    60年代くらいまでは田舎じゃ着物の小学生とかまだまだいたとwikiの和服にあった
    19  不思議な名無しさん :2016年05月08日 01:32 ID:pOZu7EuL0*
    オランダって落ちぶれてたのを
    日本にバレないように
    アメリカ船に頼み込んで
    旗をオランダ国旗にしてもらって
    国威を偽装してたんだよねw

    時の日本の権力者はそういうのも
    見通した上でオランダは扱い易いということで
    オランダとの取引を強化してたそうな

    日本人の時のインテリ層は、先の先まで見通してて
    江戸時代はあえて、イギリス的な発展を
    意図的に食い止めてたわけで
    武器や造船を発展させてしまえば
    内戦が起こり、内戦を避けようとすれば
    イギリスのように国民が海賊と化して他国を侵略しはじめるわけで
    一度戦になれば、止めたく思っても止められないのは
    戦国時代の経験でよくわかってるわけで

    当時の日本人は、進化と退化をちゃんと
    見極める目をもっていた。進化していくようで退化していくものの
    行く末を洞察することができていた。

    ただアメリカが強引に踏み込んできたから、
    これまで食い止めてきたものを一気に解放して
    欧米と同じものを創り始めた。
    ただのモノマネだったら、独自のガラパゴス進化、
    改善改良する力は持てない。つまり素養はすでにあったわけ。
    20  不思議な名無しさん :2016年11月25日 00:02 ID:4KwdfHxK0*
    一応正確な知識をば

    本文36にある孝明天皇の外国に対する「穢れ」の考え方は
    当時において800年継承されてきた皇室の「家法」なんです。

    宇多天皇が息子の醍醐天皇即位時に天皇の心得を伝授した書物があり
    これを「寛平御遺誡」と呼びます。宇多天皇と言われてもピンと来ない人も
    菅原道真の絶頂期といえば「古ッ」と思うと思います。
    そう、安倍晴明が活躍する100年前の話なのですね。

    出勤途中に猫の死体を見かけたから今日は休みだとか言い出す物忌み
    真っ直ぐ行くと凶方位だからとわざわざ遠回りをする方違え
    そういう神秘思想全開の時に、神道のトップである天皇の心得が書かれて
    そこに「外国人と直接会ってはダメ、わしはうっかり会って後が大変だった」とあります。


    これが歴代天皇の行動を何百年間も規定し続けるのであります。
    それに逆らったら天皇失格の烙印が押される家法なのです。

    種痘については江戸時代初期に「針治療を受けたい」という口実で天皇が退位した事例もあるように
    神聖なる玉体に傷をつけるのは罰当たりという根強い信仰のあることですから
    (これは昭和天皇の治療の際にも囁かれた)孝明天皇の頭が固かったわけではないです。
    事実、天皇は皇太子(後の[明治天皇)の種痘についてはお許しになられている。
    天皇だから駄目という理屈なんですね。


     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!