まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

信長を狙撃失敗した人の殺され方がすごい痛そう(´;ω;`)ブワッ

2016年05月16日:14:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 89 )

d


1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:05:40.28
>生きたまま首から下を土中に埋められ、竹製のノコギリで時間をかけて首を切断する鋸挽きの刑に処された。

杉谷善住坊 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/杉谷善住坊

谷善住坊

杉谷 善住坊(すぎたに ぜんじゅぼう)は、安土桃山時代の人物。織田信長を火縄銃で狙撃したことで知られる。

元亀元年(1570年)4月、越前朝倉氏攻めの途中で浅井長政に挟撃され一時京都に逃れていた織田信長は、翌5月に岐阜城への帰還の途についていた。5月19日、善住坊は伊勢方面へ抜けるため近江国の千草越え(千種街道)を通過していた信長を狙撃するが失敗に終わった。12-13間(20数m)の距離から2発撃ったとされるが、信長はかすり傷のみで済んだ。

その後、善住坊は逃亡生活を送るが、暗殺されかけた事に激怒した信長の厳命で、徹底した犯人探しが行われた。その結果、近江国高島郡堀川村の阿弥陀寺に隠れていたところを、領主・磯野員昌に捕縛される。織田家へ引き渡された後は、菅屋長頼・祝重正によって尋問された後に、生きたまま首から下を土中に埋められ、竹製のノコギリで時間をかけて首を切断する鋸挽きの刑に処された。
wiki-谷善住坊-より引用

引用元: 信長を狙撃失敗した人の殺され方がすごい痛そう(´;ω;`)ブワッ







2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:08:04.45
タケノコで殺されるなんてな

3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:09:58.23
通行人は必ずノコギリ1回ひかせられる
ひかなかったら同じ罪になる
通行人は嫌だから優しくやる
結果なかなか死なずに苦しみは長く続く

101: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:54:01.47
>>3
やだな

6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:15:17.94
やめろよー痛そうだろー

7: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:17:07.60
横からでも前からでも後ろからでもすぐ死にそうだけど

10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:19:34.42
これでひくのか?

20120413210137

13: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:21:06.33
だから竹ノコなんだら
切ると言うより擦り傷の繰り返し

14: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:21:15.87
no title

処刑方法
囚人を箱に入れて縛り、そのまま土に埋め
首だけ出した状態(穴晒し)にし、
そばに竹の鋸(のこぎり)と普通の鋸を置き、
誰でもその鋸で首を引いてもいいという
状態にしていた。
実際に引いた人もいたというが、誰もしなくなった為
江戸時代には形式的な刑となり、穴晒しにして
三日目に刑場で磔刑とした。

411: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 17:50:49.96
>>14
>誰もしなくなった為

なんかちょっと安心した

15: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:21:16.31
それが執行された当時ですら残虐なんじゃねーのって風潮で
江戸時代には罪人を埋めた現場に監視を置いたらしい

17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:21:49.59
なんで竹なの?

22: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:23:26.56
>>17
切れ味悪いの使って簡単に死なせないため?

19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:22:42.33
昔から権力者はサイコパスだから

【話題】実業家にも意外に多い『サイコパス』 性格に表れる5つの特徴
http://world-fusigi.net/archives/8341501.html

50: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:33:53.51
>>19
これな
権力志向の奴はだいたいこの性向なのが世の中の諸悪の根源

21: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:23:18.36
河原で石を投げるやつとかあったんだよね

24: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:23:58.62
馬で引きずり回したり
手足を牛で引っ張って引き裂いたり
頭おかしいな

牛裂き

罪人の両手、両足と、2頭または4頭のウシの角とを縄でつないだのち、ウシに負わせた柴に火を点け、暴れるウシを2方または4方に走らせて罪人の身体を引き裂き、死に至らしめる処刑法である。

wiki-牛裂き -より引用

usi

25: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:24:23.04
信ちゃんが総理大臣だったらカメラの前で人を平気で殴ったりしそう
でも嘘や隠し事は言わなそう

26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:25:15.81
楯突くとこうなるという脅しだから大々的にやるのさ

27: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:25:23.25
中国よりは人道的だと思う
三国志の劉備とか客人をもてなすために嫁殺して料理して一緒に食うくらい
【超・閲覧注意】カニバリズムの話教えてくれ『ブルックリンの吸血鬼』 他・・・
http://world-fusigi.net/archives/7100328.html

416: KD182251251048.au-net.ne.jp@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 19:04:20.16
>>27
それ、もてなされたのは劉備のほうだぞ

71: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:40:21.22
>>27
中国の古典てたまにそういうエゲツナイ事サラッとやるよね

28: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:25:41.11
切腹は大体腹を切る直前に介錯が入るので実質斬首
正式な作法は横からの十文字または横に二回
幕末のテロリストとして有名な武市半平太は三回腹を裂いて絶命したと言われてる

32: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:27:19.47
子供の頃に見た時代劇でなんかの罪人が
関所に埋められて関所を通る人はノコギリを引かないと通れないみたいな話があって
なんか強烈にそのシーン覚えてるわ

33: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:27:40.39
それでは御覧いただきましょう
http://www.youtube.com/watch?v=HeYrOWZobeQ


56: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:36:26.61
>>33
きっつ

36: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:28:51.36
怖すぎ!

39: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:29:54.73
信長って敵の頭蓋骨で酒飲んだり完璧なイカレ野郎だったらしいね
暗殺未遂も1度や2度じゃない何度も試みられてついに殺された
本能寺まで生きていられてこと自体が奇跡中の奇跡でたまに言われる
もし生きてたらなんて仮定がアホらしくなるようなカスだったようだ

https://ja.wikipedia.org/wiki/髑髏杯

225: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:30:20.23
>>39
ドクロの酒盃の話は中国の神話かなんかに出てくる残忍な王の話がモデルの与太

116: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:00:23.98
http://gigazine.net/news/20110218_cannibalism/
人の頭骨でできたコップ髑髏杯(どくろはい)といえば、日本では織田信長が浅井長政の髑髏を杯に
したという話や、敵の髑髏を杯にした古代中国の武将たちを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、髑髏杯の
風習はそれよりはるかに長い歴史を持っていたようです。
イギリスで発掘された石器時代の人骨の一部が食器として使うため加工されていたことが判明し、世界最古の髑髏杯
であると明らかになっています。
東欧のスキタイ人や北欧のヴァイキングなど敵の骨から髑髏杯を作る風習は歴史上世界各地で見られるほか、チベット密教で儀式の際に
使われる髑髏杯カパーラをはじめ、オーストラリアのアボリジニやフィジーなどのオセアニア諸国の先住民、インドのヒンドゥー教のアゴーリ派など
19世紀から現代へ至るまで各地で儀式的な髑髏杯の使用が確認されています。

40: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:30:03.08
そう考えると死刑廃止してた平安時代ってすげーな

41: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:30:18.95
江戸時代の刑罰調べてみたら結構重くてワロエナイ
例えば盗みは4回やるか1度に10両以上盗んだら(凡そ60万両)死刑とか
関所破りや偽金作ったら磔だとか

43: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:30:53.98
戦国時代に活躍した武将なんてみんな狂ってるよ

45: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:31:49.80
思わず首さすった

46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:32:02.97
今のイスラム国も楽しそうに首切ってるじゃん
戦争が当たり前になった世界じゃそれが普通なんだろう

68: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:39:25.87
大河ドラマで本当にリアリティを追及した作品を作ったらゴールデンタイムには放送できない

109: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:57:46.69
>>68
このシーン大河ドラマでリアルにやってたよ
川谷拓三が演じてた
子供だったからトラウマになったw

77: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:42:36.34
戦国時代に今の基準持ち出してもな
当時は農民も凶暴だった時代だし

79: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 14:43:39.95
比叡山焼き討ちで数千人
https://ja.wikipedia.org/wiki/比叡山焼き討ち_(1571年)

信長が二万人を焼き殺した
長島一向一揆
https://ja.wikipedia.org/wiki/長島一向一揆

144: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:08:37.41
中国とか西洋の拷問に比べたら全然生ぬるいな

162: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:14:21.96
信長ってちょっと城あけた間に実家に帰った下女全員殺したりしてなかったっけ身内にすらカス

271: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:47:16.46
>>162
誰かと勘違いしてるだろ
ほとんど無用な殺しはしてないぞ
やるからには徹底的にやるけど
身内と言っても信長に戦臨んだ奴ぐらいだし

274: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:49:33.14
>>271
有名な逸話じゃないか

173: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:16:35.35
古代ローマだったかな
罪人やら敵兵を首だけ出した状態で土に埋めて芝刈り機みたいな機械を使って首を刈り取る事を楽しんでた皇帝が居たんだよね

184: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:19:12.22
諸澄家代々の言い伝えで武田の黄金は千馬の槍にきけっていうのがあって
明治に入って槍調べたら埋蔵金のありか示す文書がポロっとでてきたっていう

186: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:19:43.03
>>184
実話?

203: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:24:32.23
>>186
穴山梅雪の埋蔵金伝説として有名
http://www.shingenlife.com/yukari/maizo.html

223: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:29:38.19
ファラリスの牛とか言うのに比べたらこんなの大したことないだろ

ファラリスの雄牛

ファラリスの雄牛(ファラリスのおうし)とは、古代ギリシアで設計された拷問および処刑のための装置である。アテナイの真鍮鋳物師であったペリロスによって、シチリア島アグリジェントの僭主であったファラリスに献上された。ファラリスは死刑に新たな手法をとりいれたがっていた。それにこたえてペリロスはすべて真鍮で雄牛を鋳造し、中を空洞にして脇に扉をつけた。有罪となったものは、雄牛の中に閉じ込められ、その下で火が焚かれる。真鍮は黄金色になるまで熱せられ、中の人間を炙り殺す。

ファラリスは、音響設備を製作者であるペリロス自身で試せと命令した。言われた通り、ペリロスが自ら雄牛の中に入ると、直ぐに外から鍵が掛けられた。それは、二度と生きては外に出ることのできない残酷な罠であった。程無くして下から火が焚かれ、ファラリスはペリロスの悶え苦しむ叫び声を聞くことができた。こうしてペリロスはこの雄牛の最初の犠牲者となった。ペリロスは、まさか自分自身が製作した雄牛によって自らの命を奪われることになろうとは想像もしていなかったであろう。ファラリス自身も、僭主の地位を奪われた時、その雄牛の中に入れられて焼き殺され、最後の犠牲者になったと伝えられている。

wiki-ファラリスの雄牛-より引用
関連:古代ギリシャの拷問器具、ファラリスの雄牛の内部構造がわかる映像

no title

227: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:31:28.38
このころの大河ドラマは勉強になったな
北条の時政義時泰時も名前全部大河で覚えたし

228: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:31:33.66
昔の処刑はちょっとずつ殺すのばっかだよね

231: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:31:52.62
よくある領民の妊婦の腹を引き裂く母子殺しも「残虐な領主ですよ」っていう記号でしかないと何かで読んだ

238: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:36:58.49
>>231
信玄の親父とか越前忠直とか後世悪く言いたい人物によくあるもんな

243: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:38:42.67
>>231
法がゆるすならやってみたいっていう潜在的な需要はあると思う
だから記号的な創作だって決めつけるのもどうかと思う

258: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:43:45.51
斬首が野蛮だったら1980年代までギロチン刑があったフランスとかどうなるんだ

273: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:49:10.91
>>258
あれは罪人にできるだけ苦しみを与えないようにという目的で作られたものだし
落ちた首を晒すようなことはなかった

反政府の政治犯などはもっと苦痛を与える車裂きで処刑された
反キリスト教は火刑に処されたあと本当に死んだ(悪魔は簡単には死なないので)証明のために
焼死体が公開されてからセーヌ川に流した
だからまぁ火刑が一番打ち首獄門に近いかな

277: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:52:15.80
wikiみたらギロチンの最後の公開処刑は1939年で
最後の処刑は1977年だって
結構すごいなおフランス

263: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 15:45:09.42
wikiいよると石川五右衛門の時は大釜に油を満たして処刑したんだと
茹でるよりも揚げるに近いね
当時は植物油が大変貴重だった為に贅沢な処刑法に京都の民衆は驚き&飽きれた

石川五右衛門

石川五右衛門(いしかわ ごえもん、生年不詳 - 文禄3年8月24日(1594年10月8日))は、安土桃山時代の盗賊。文禄3年に捕えられ、京都三条河原で一子と共に煎り殺された。

従来その実在が疑問視されていたが、近年発見されたイエズス会の宣教師の日記などを史料として、同名の人物の実在が確定した。

wikiより引用

ごえもん

392: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/15(日) 16:49:45.10
八つ裂きにしてやる
の八つ裂きの刑っていうのが実際にあったと知って調べたら萎えた思い出

431: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/16(月) 07:35:09.50
魔女狩りはもっと悲惨だし100年ちょい前までヨーロッパでもやってる

429: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/16(月) 05:21:14.31
昔は残酷だからね
白雪姫とかカチカチ山とかのおとぎ話も今風にマイルドになってるけど本当は残酷な話だし






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
信長を狙撃失敗した人の殺され方がすごい痛そう(´;ω;`)ブワッ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年05月16日 14:35 ID:.CxCP6ii0*
石川五右衛門は茹でるというより、フライにされたというところだな。
ギロチンによる処刑はフランスが有名だが、ナチスの政治犯とかは大半がギロチンで首チョ.ンパだよ。
2  不思議な名無しさん :2016年05月16日 14:36 ID:j5eKfFvw0*
残酷だけどそうでもしないと好き勝手に悪がはびこるのだろう
処刑の酷さと民度は比例するのではないかね
3  7743 :2016年05月16日 15:00 ID:IF.becpz0*
>>1
犬神の儀式かな? 

※1
石川五右衛門の死因は窒息死やで
4  不思議な名無しさん :2016年05月16日 15:02 ID:mviTosrz0*
たまに劉備が人肉を食べたと言って批判する人がいるが、現代の道徳で考えすぎ。
古代中国において人肉を供することは文献に出てくることがよくあり、それも最大級の饗応として認識されていたと思われる記述もある。
一例として有名なのは、春秋五覇に数えられる斉の桓公に関する記述で、宮廷料理人である易牙が自分の息子を料理して桓公に供したところ、桓公は感動して易牙を重用した旨の記述がある。
本当の出来事かどうかは定かではないが、菅氏を著した人は少なくとも人肉は普通のことだと認識している。
(菅氏の中で管中が易牙のことを批判しているが、批判内容は人肉料理についてではなく、実の息子を料理の材料にしたことについて批判している)
5  不思議な名無しさん :2016年05月16日 15:22 ID:V3UOHFLt0*
はなっから、伝説のマタギにでも頼んどきゃあ、
失敗なんかなかったものを・・・。
6  不思議な名無しさん :2016年05月16日 15:43 ID:EIwwVgFM0*
この大河ドラマ小学生のときに見て深いトラウマとなって今だに残っている・・・。
7  不思議な名無しさん :2016年05月16日 15:54 ID:lWJthWeD0*
鋸挽きの刑は、徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑って映画で知った
8  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:09 ID:F9rzsiWQ0*
このエピソード、ゴルゴで知ったな
9  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:10 ID:F9rzsiWQ0*
あ、首引きじゃなく狙撃のエピソードの方ね
10  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:19 ID:WiLWllMO0*
別に信長だからやったって訳じゃないからなあ
11  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:19 ID:bMbqBenw0*
親の七光りは基本録でもない
12  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:21 ID:CG8svNEs0*
まだ日本人同士の抗争なだけマシだし温和なほう
異民族の侵入・略奪が頻繁・長期間に亘る欧州とかマジ勘弁
13  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:34 ID:m48bvjYp0*
中国には18世紀まで人肉レストランがあったとさ。
14  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:38 ID:Rk0ph6vo0*
キリスト『罪を犯したことのない人だけがこの鋸を引いてもいい』
15  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:42 ID:sPOI1Kji0*
まぁそりゃ放置したらへたれ扱いされるし類似が出るだろうからな
抑止力の意味でも厳しきくせにゃならんかったろう
誘拐殺人やったテロ犯のおいを誘拐して殺し返したロシアみたい
16  不思議な名無しさん :2016年05月16日 16:59 ID:nvcV1.4f0*
こんなことやってるから殺されたんじゃね。ま、都民的にはどうでもいい奴だな名古屋の織田ちゃん
17  不思議な名無しさん :2016年05月16日 17:14 ID:ijgqlWB70*
信長のと切る部分違うけど西太后の壷女もインパクトあったな
18  不思議な名無しさん :2016年05月16日 17:16 ID:ZFCCjnfh0*
山口三代目を撃ったヤクザも
凄まじいリンチの末に殺されて映像も撮られてたし、
まあこんなもんじゃね?
19  不思議な名無しさん :2016年05月16日 17:59 ID:K3XKIXhN0*
鋸引きって聞くと真っ先に藤原経清と源頼義を思い出すな。信長もやってたんだね。
20  不思議な名無しさん :2016年05月16日 18:20 ID:wE8Fazuu0*
お湯でグツグツやったのかと思ったらフライにしたのね
21  不思議な名無しさん :2016年05月16日 18:37 ID:4Yphuasr0*
wikiの牛裂きのページにある
「牛裂、釜煎等の厳刑は将軍家之不及行処也」
これの意味誰か教えてくれませんか
22  不思議な名無しさん :2016年05月16日 18:52 ID:r5JubVUi0*
「黄金の日日」は鋸引きと秀吉の死ぬシーンがエグいが、石川五右衛門の釜茹では
サラッとしてた印象。
23  不思議な名無しさん :2016年05月16日 19:11 ID:4Zxulsuf0*
髑髏杯も敬意を表す物だし焼き討ちも別に虐殺ってものでもないし下女皆殺しも眉唾説だぞ

ちょっとでも調べりゃわかる事なのにいつまでたってもこの手のアホがいるって信長を悪の権化に仕立て上げたい勢力でもいるのかよ
24  不思議な名無しさん :2016年05月16日 19:16 ID:CwM8kk8k0*
うちの近所の城址公園の城主(源平合戦の時代)が
鋸挽きの刑にされたって小学校の先生が言ってたな

・・・結構生々しく語ってたが今の時代だと問題になりそう
25  不思議な名無しさん :2016年05月16日 19:19 ID:ZrNd8qr.0*
イスラム国も独創性という意味ではまだまだだよな
もっと中東オリジナルの処刑法を考えて欲しい
26  不思議な名無しさん :2016年05月16日 19:36 ID:QRlP70bT0*
※13
中国人は今でも人間の胎児を食ってるよ
人肉入りカプセルが摘発されたのも2011年のことだし
我々とはまったく違う倫理観で生きてるんだろうな
27  不思議な名無しさん :2016年05月16日 19:45 ID:uSm3ppUV0*
>妊婦の腹を引き裂く母子殺し
これは兵隊の住民に対する虐殺行為の方がポピュラー。
というより虐殺行為の代名詞。
28  不思議な名無しさん :2016年05月16日 19:59 ID:MSBftLCS0*
馬で手足をバラバラにするような刑罰も、一見残酷だけど、たとえば強い馬を選び思いっきり拍車をかけることでほぼ一瞬で終わらせることは可能だと思う。
逆に残酷に長引かせることもできるが。
29  不思議な名無しさん :2016年05月16日 20:20 ID:swXNPf35O*
どこの国か忘れたけど内向きに釘とか差した大きな樽に人間入れて坂転がすというのを前に本で読んだな
30  不思議な名無しさん :2016年05月16日 21:10 ID:xVuzq0k.0*
当時の信長を知るものが今の英雄扱いの風潮を知ったら驚愕するだろうな
今でいうとワタミのサイコパス社長が国民に慕われているボざつのような存在といわれるような違和感
31  開花神道 :2016年05月16日 22:07 ID:xUPI3Lqn0*
信長は、見せしめの為に残酷な処刑をする様に指示しただけなわけだし、真に残酷なのは、竹鋸引きの処刑方を最初に考え出した人間なんじゃ無いか?
一向一揆を苛烈に処断したのだって、万を超える規模の武装集団に4年ぐらい苦しめられてて、身内にも犠牲者がたくさん出てたんだから、憂いを断つ為の根切りを考えても別におかしくは無いだろう。
一向一揆と武田の根切りは、何が違うと言うんだ?
32  不思議な名無しさん :2016年05月16日 22:16 ID:UCHjp.A.0*
※21
「将軍家之不及行処也」将軍家の行うこと及ばざる処(ところ・所)なり
だから、牛裂、釜煎等の残虐な刑罰を幕府は行わなかったということじゃないのかな。
まぁ歴史書を書いているのが昔の勝ち組たちの血を引く人々だから自分たちの先祖が残虐なサイコパスでしたと書くわけがないわな。
ワタミの社史がそのまま歴史書になっているようなものだろ。
33  不思議な名無しさん :2016年05月16日 22:20 ID:UCHjp.A.0*
※31
そもそも当時では律令という一応の法度を破って好き勝手に他国を侵略していた暴力団の頭目だぞ>信長
そんな連中が侵略して来たら何されるかわからないから、普通は女子供まで武装して自国をまもるために必死に戦うわな。
34  開花神道 :2016年05月16日 22:35 ID:xUPI3Lqn0*
長島の一向一揆は、信長の本拠地近くで近隣の反信長大名・勢力とも秘かに結び付きつつ、織田方の城に攻撃を仕掛けて城を攻め落として信長の親類等を殺したりしたんだから、根切りにされても仕方がないわな。
信長が暴力団の頭目なら、それに真正面からちょっかいを出して戦い続けた側もマトモではないし、カタギでもないわな。
35  不思議な名無しさん :2016年05月16日 23:02 ID:ByWkAF9J0*
鋸引きの刑は江戸時代でもやっていたよ

あと徳川家康なんか自分の信仰してる仏教の宗派を批判した日蓮宗の坊さんの耳と鼻をそぎ落としてる
36  不思議な名無しさん :2016年05月17日 02:24 ID:BRG.C5VI0*
あまりにも凶悪な奴は人道人権無視してるのに、そいつに人権ありとか訳わからんよ。
37  不思議な名無しさん :2016年05月17日 09:43 ID:ei.crYFB0*
stew引き回しの刑
38  不思議な名無しさん :2016年05月17日 10:37 ID:2fHF5TS20*
民衆だって昔は十分残酷だろ。処刑が娯楽だったんだぜ。
権力者はサイコパスっていうけどやらないともっと多くの人間が死ぬ時もある。
人権派の馬鹿に無駄死に増やされるよりさせられるよりはよっぽどマシだと思うんだが
39  不思議な名無しさん :2016年05月17日 13:14 ID:q7KXUQui0*
子供の頃に大河ドラマで見て、めちゃくちゃ怖くて忘れられない。川谷拓三はずっとこの時のイメージのまま。
40  不思議な名無しさん :2016年05月17日 13:41 ID:lqGX7cQ80*
江戸時代の処刑法は「罪を犯せばこんなに怖い方法で殺されるぞ!」
が目的
実際はほとんど行われてない

切腹も形式的な物になって、プロに痛みのないよう介錯してもらうのが主流だし(意思を示すために自ら本当に腹を切る人はいた、勿論その後すぐ介錯されるが)
41  不思議な名無しさん :2016年05月17日 15:52 ID:bo9R9Ojj0*
処刑方ではないが放射線関連で死ぬのだけはごめんだな
ちょっと前にチェルノブイリで被爆して亡くなった消防士の奥さんのドキュメント見たけど
何の罪も犯したわけじゃ無いのにこのスレのどの処刑方よりも酷く無残なものだった
42  不思議な名無しさん :2016年05月17日 18:19 ID:CITtlHHj0*
信長は畜生だったの?良い人だったの?
43  不思議な名無しさん :2016年05月17日 21:12 ID:UCuPB1cw0*
現代人だって 戦の経験すれば そうなる 憎しみは憎しみ生み
敵は許せないってなるはず お花畑脳な現代 そう 怖がるなよ 今生きてるだからご先祖様たち凄い時代生き抜いて来たんだぞ
あと 磔刑は槍で突くんだけど あれ 刺す役 にお金払わないと 何回も刺されるんだぞ 心臓 頸動脈等急所外して 突くんだぞ
44  不思議な名無しさん :2016年05月17日 21:33 ID:s4LWroa70*
日本は今でも法治国家ではなく人治国家だからな。法律がどうではなく権力者次第で刑が軽くなったり重くなったり、同じ刑罰でも惨くなったりならなかったりする。切腹で腹を思い切り突き刺したのに介錯役がわざと傍観したり切り方が下手で何度も刀を振り下ろしたりということがあったらしいな。
45  21 :2016年05月17日 22:48 ID:ZjA.CqQ20*
※32
なるほど有難う
ワタミよりはまだ徳川の言い分の方が信用できそう
46  不思議な名無しさん :2016年05月17日 22:49 ID:D3NaZrIL0*
長島一向衆は現代のイスラム国なみかそれ以上の狂信集団だからなあ
戦って死ねば極楽行きだけど逃げたら地獄に落ちると洗脳された集団
悪いのは洗脳した本願寺さんでは?

信長さんとしては殲滅戦やるしか選択肢がないだろ
47  不思議な名無しさん :2016年05月18日 06:49 ID:vSXnIgwO0*
罪人を処刑できる上、市民に潜んだサイコパスも見つけられる有能
48  不思議な名無しさん :2016年05月18日 10:42 ID:4M6OUK0l0*
殺されかけたんやししゃーない
49  不思議な名無しさん :2016年05月18日 17:38 ID:Mic7MmDt0*
この頃の鉄砲なんか狙撃に適した精度なんか無かっただろうに
スナイプしてこいって任務はちょいと酷だと思うのよね
50  不思議な名無しさん :2016年05月18日 17:42 ID:AtuVkYoV0*
うわ、「黄金の日々」動画あったか…。
※6 同じく。小学生だったが「ノコギリ引きをやらされるぞー!!」のところからしっかり覚えている。昭和の頃の大河ドラマや時代劇って、普通に拷問だのなぶり殺しだののシーンあるんだよな…。
「黄金の…」は、ともかく処刑される川谷拓三が迫真の演技だった。恐くて身動きも出来ずに画面見てた…。
51  不思議な名無しさん :2016年05月18日 19:05 ID:kEEolZYV0*
川谷拓三...
あれ見た日、苦しくて苦しくて長い間寝付けなかった記憶がある
52  不思議な名無しさん :2016年05月19日 07:25 ID:g7vrLbcc0*
逆に考えると当時の日本人が優しすぎて一気に殺さないから成り立つ刑だよな
世が世ならタケノコ盗まれた上に5分で踏み殺されてるわ
53  不思議な名無しさん :2016年05月25日 01:21 ID:sq.x6M8G0*
実際自分を殺しにきた人間なんだから普通は捕まえて殺すだろ。そうでもしないとまた殺しにくるかもしれんのだし
54  不思議な名無しさん :2016年05月26日 11:52 ID:Liu3u5.20*
※243の法が許せば潜在的な需要がありそうって一言に寒気がするんだが?
妊婦の腹かっさばくのに需要があんのか・・・(´・ω・`)
55  不思議な名無しさん :2016年05月27日 23:00 ID:gQ84AStj0*
>>27
敵から送られた自分の息子の肉で料理されたスープを飲み干した楽羊とかね
結局敵を打ち負かしたが主君には避けられるようになったという・・・
56  不思議な名無しさん :2016年05月28日 00:28 ID:idqzAwL00*
ちなみにこの「たけのこの刑」は
自分の奥さんをたらしこんだ上に武田と内通した家臣に対して、徳川家康が下した処分だという説もある。

あと良く言われる髑髏杯の酒飲みは信長の宗派のれっきとした「葬法」で
遺骸を薄濃(はくだみ)で飾り立て、周りで酒宴を開き死者をもてなすように弔う。現代では「おくりびと」のワンシーンにもあるが、コレが曲解されて広まった。
57  不思議な名無しさん :2016年05月29日 14:54 ID:v06dAP5r0*
舛添もこの刑に
58  不思議な名無しさん :2016年05月30日 10:39 ID:T5c6NW7u0*
ギロチンとか流れ作業的に効率良く何百人も首を切るための道具だったからな。
あれは良いものだ。
59  不思議な名無しさん :2016年06月01日 18:18 ID:Q.qwUgDq0*
フランス革命で国王をギロチンにかけた時、刃が首の途中で引っかかり、国王の悲鳴が響いたらしいな。
60  不思議な名無しさん :2016年06月01日 23:50 ID:mjQXjtzy0*
髑髏杯は別にそんな特別残酷な訳ではないんや
散々悩まされた敵将を打ち負かした次の正月やったかな?
当時敵将の首の塩漬けを肴に祝勝の酒盛りをするのなんて普通やし
正月までとっとくと劣化も激しいってんで信長は髑髏杯にしたんだけど、神棚に保管したりしてて案外丁重
秀吉がそれはあかんで、みたいに諫めたという話も後世の創作で別に忌避感を持ったような人が居たとか、信長の残酷さを示す逸話みたいな記録ではないんやで
61  不思議な名無しさん :2016年06月02日 22:24 ID:mcQObJLI0*
坊主の頭に焼けた鍋を被せたのは酷いだろ
62  不思議な名無しさん :2016年06月08日 10:11 ID:zJOy0r.R0*
>>39の言うことが全てやね
俺も信長きらい。本能寺でぶっ殺された時はざまあみろと心底思ったわ
63  不思議な名無しさん :2016年06月08日 10:17 ID:zJOy0r.R0*
「ナメられないために厳しい刑にする必要があった」とかほざいてる輩が数名いるけど、
その結果どんどん悪評が広まって暗殺未遂も止まらず、とうとう殺されちゃったわけで。
何をしようがカスはカスの末路しかないってことね
64  不思議な名無しさん :2016年06月13日 17:06 ID:vurHpGG.0*
※63
悪名高いから殺そうとかそんなアホな理由で暗殺するわけないだろ
信長と利害が衝突するからだよ
65  不思議な名無しさん :2016年06月13日 17:15 ID:YK0cWqmC0*
※10 
ありがとう。面白かった!
66  不思議な名無しさん :2016年06月14日 21:34 ID:XVy6IBXV0*
日本残酷なんとか的なグロ映画で町民は誰もノコひかないのに
キ○ガイがやってきて楽しそうにギコギコして主人公が死ぬの見たことあるわ
67  不思議な名無しさん :2016年06月14日 21:38 ID:XVy6IBXV0*
※28
そう思うけどなかなか千切れないんだなこれが
フランスで最後に行われた例では千切れないから
受刑者がまだ生きてるのにナイフで切れ目入れたんだぜ・・・
68  不思議な名無しさん :2016年10月09日 13:22 ID:w.j.Ail80*
髑髏杯…朝倉・浅井の供養
比叡山焼き討ち…ない

信長は敵にしたら怖いけど仲間なら超優しい
69  不思議な名無しさん :2016年10月23日 16:41 ID:QbcvQxaW0*
信ちゃんが現代の政治家になったら嘘や策謀はお手の物かもしれない>スレ内
歴史話で見てきたように言うのはアカン
70  不思議な名無しさん :2016年10月25日 07:41 ID:dMmibdDV0*
サイコパズが諸悪の根源って頭悪すぎるわ
サイコパスではないが生産性も何もないクズと有能の例腐るほどある
アフリカの女王ンジンガとか調べてみるといい
サイコパスのおかげで人類の今があると言ってもいい

サイコパス残虐で冷徹とは違う
考え方の問題
71  不思議な名無しさん :2017年05月05日 12:56 ID:JBV5dh080*
残虐なのは信長より道三じゃね?
72  不思議な名無しさん :2018年09月30日 18:49 ID:Y.JB1.q60*
歴史小説の見過ぎなアホが多すぎ
信長がとびきり残虐だったとか現代の創作に過ぎない
信長はまともに調べれば結構甘ちゃんなのが分かるのに
伊達政宗の方が美化されてる割に性格糞だったのが分かるわ
73  不思議な名無しさん :2018年10月01日 12:21 ID:74YpIgA20*
※56
説も何も、善住坊事件の「翌年」に家康は大賀弥四郎を鋸引きにしてるぞ?
74  不思議な名無しさん :2018年10月02日 07:02 ID:GmV6qvys0*
黄金の日日は秀吉が死ぬ時の描き方も怖かったな
75  不思議な名無しさん :2018年10月02日 16:42 ID:JL7Iofnh0*
火縄を燃やしながらずっと待ってたから銃身がまがってはずれたってやつか。
ゴルゴのあの人あとからそんなことになってたんだな。
76  不思議な名無しさん :2018年10月02日 16:59 ID:9tZUFB9a0*
ギロチンが発明されるまでのフランスの処刑が怖すぎ
ギロチンが人道的な発明と言われる理由が良く分かるわ
77  不思議な名無しさん :2018年10月02日 17:11 ID:XaGCXPjS0*
※49
暗殺を命令した側からすれば確実に仕止められる距離から狙えと思っただろうね。
暗殺者なんて使い捨てだろうし…逆に当人は逃げる算段までしてたから失敗したってだけでしょ。
78  不思議な名無しさん :2018年10月02日 17:16 ID:77SSnYux0*
信長ほど現代人からage方向にもsage方向にも誤解・曲解されまくってる日本史の人物はおらんだろうな
革命児キャラも魔王キャラも飽きたわ
当時の朝廷は信長のこと「中興の良士」とか言ってるし信長をオーソドックスな勇将キャラで描いてくれる作品とかそろそろ出てきても良いんじゃないですかね
79  不思議な名無しさん :2018年10月02日 21:26 ID:tv0WcvIJ0*
 ギロチンザウルス。
80  不思議な名無しさん :2018年10月03日 18:36 ID:0rZj5Bbk0*
>1度に10両以上盗んだら(凡そ60万両)
なんだこれ
81  不思議な名無しさん :2018年12月09日 18:13 ID:mInaoqfZ0*
オレオレ詐欺とかもこの刑にして欲しいわ
82  不思議な名無しさん :2018年12月09日 18:27 ID:RlNZ4G7D0*
戦国時代なんて農民から僧侶に至るまで多かれ少なかれサイコだよ
略奪やら処刑やらやってない奴いないだろ
83  不思議な名無しさん :2018年12月10日 08:51 ID:3HyIR2IL0*
ケツにぶっとい杭を突き刺す処刑だけは勘弁して欲しい
84  不思議な名無しさん :2018年12月30日 01:46 ID:lARmhuDb0*
魔女狩りはアフリカではまだあるらしいぜ。
85  不思議な名無しさん :2018年12月30日 02:01 ID:xBZN03k10*
せめてたけのこだよね
86  不思議な名無しさん :2018年12月31日 03:35 ID:yhCurO6i0*
「黄金の日日」懐かしい。このドラマのおかげで
東西の歴史が好きになった。
あの頃の大河は面白い作品が多くて、子供ながら
NHKが気合い入れて制作しているのが感じられたよ。
87  不思議な名無しさん :2018年12月31日 19:47 ID:RkmKtPX30*
信長、残虐って言われいるわりには、許されている武将多くないか
あとさ傾奇者とか言われているが身なりはきっちりしていたとか両極端な話多すぎ
88  不思議な名無しさん :2018年12月31日 20:23 ID:MIWsnnkj0*
今の倫理観で昔の刑罰を残虐だと語るとこまではギリ理解できる
イカレだカスだと罵り始めると頭の足りない子なんだなとしか思えない
89  不思議な名無しさん :2019年01月01日 02:06 ID:vfZv6Ypn0*
※4
支那人は文革まで人食いの習慣が残っていたからね

 
 
上部に戻る

トップページに戻る