不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    38

    お前らの地元の神話とかお伽話、オカルトネタ聞かせろ

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:11:53.05 ID:6s1bZMv90
    滋賀の姉川と妹川に伝わるお話で、その昔に地元の人間が干ばつにあえいでいたところ、見も知らぬ双子の姉妹が現れてその土地の龍神様に乞うて川を二つ創ってもらってくれた
    その双子は神様だったのかそれとも我が身を犠牲に願ったのかはわからないけど
    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:13:21.86 ID:8OtR4CGQO
    杉沢村

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:13:34.85 ID:9AiuzOZW0
    三叉路の分岐点にある大きな岩の話なんだけど
    それを取り除こうとするたびに人が死んだらしい
    邪魔だけど、そのせいでまだ残ってる
    http://tanteiwatch.com/18033

    201505201501481

    201505201503271

    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:46:44.89 ID:/PtOjIzNI
    >>4
    書こうと思ったら既にあった
    西宮だよな



    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:13:52.39 ID:CmhHnsE60
    山の中にある池に住んでた蛇はお経を読み続けて竜になったそうな

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:14:26.33 ID:U1dMHtAv0
    諏訪市です

    29: 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:15) 2013/02/15(金) 01:40:31.53 ID:5Ni5jIWPI
    >>7
    諏訪湖の御神渡り?

    諏訪湖の御神渡り

    諏訪湖(すわこ)は、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖。

    ■御神渡り
    冬期に諏訪湖の湖面が全面氷結し、氷の厚さが一定に達すると湖面の氷が昼夜の気温差に応じて膨張と収縮する為、昼間の気温上昇で氷がゆるみ、気温が下降する夜間に氷が成長するため「膨張」し湖面の面積では足りなくなるため、大音響とともに湖面上に氷の亀裂が走りせりあがる。

    この自然現象を御神渡り(おみわたり)と呼ぶ。御神渡りが現れた年の冬に無形民俗文化財に指定されている御渡り神事(みわたりしんじ)が八剱神社の神官により諏訪湖畔で執り行われる。
    wiki-諏訪湖-より引用

    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:41:38.17 ID:U1dMHtAv0
    >>29
    御神渡りもそうだよ
    諏訪には実際に生きてる神様の子孫がいるしな

    40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:44:36.66 ID:6s1bZMv90
    >>35
    神様の子孫とか胸アツ過ぎる
    なんとかして俺も神話に組み込んでくれねーかなー

    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:19:49.92 ID:6s1bZMv90
    あと、滋賀のどこかに信長が殺した女中がたくさん埋められてる小さな林があるそうな
    シガイの森だったかで、確かな話じゃないけど

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:20:18.55 ID:IWcd4Bgq0
    ちょうど手元に民俗学の資料があった
    地名と関連してるのとか面白いよな

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:21:48.40 ID:6s1bZMv90
    >>10
    本当に面白いと思うしそういうのを研究してる人が羨ましい
    生活気にしなくていいなら全国の神話訪ねてまわりたい

    あと面白い話無いか?

    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:23:07.18 ID:IWcd4Bgq0
    >>11
    死ぬほど載っててどれを選んだら良いのかわからない
    ちょっと待っててくれれば適当に選んで書き出してみる

    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:24:32.59 ID:U1dMHtAv0
    >>11
    諏訪市は中々面白い
    元々住んでいる土着神と出雲から追い出された神の戦争とかな
    御柱祭が有名だけど、御頭祭という動物の頭を切り落として並べて土着神に捧げる行事が今も残っている

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:28:44.14 ID:6s1bZMv90
    >>14
    どこの神様もなかなか気性が荒いよな

    あと琵琶湖についてだけど、琵琶湖の穴を掘った時に出た土を盛ったのが富士山であるとか
    琵琶湖に浮かぶ竹生島は山の神が他所の山のが高く雄々しいから自分の山より低くしてやろうと吹き飛ばした時にできた
    なんて神話もあるみたい

    53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:48:14.53 ID:QFkCcgUP0
    >>14
    諏訪神話と旧約聖書の共通点とか好き
    比較神話学とか大好物

    諏訪神社

    諏訪神社(すわじんじゃ)は、「諏訪」を社名に持つ神社。

    全国に約25,000社あり、長野県の諏訪湖近くの諏訪大社(旧称:諏訪神社)を総本社とする。また、諏訪神社を中心とする神道の信仰を諏訪信仰(すわしんこう)という。諏訪信仰は日本全国に広まっており、特に北条氏の所領に多い。鹿児島県では祭神名の建御名方命から「南方神社(みなみかたじんじゃ)」としているものもある。

    諏訪大社の祭神は諏訪大明神ともいわれる建御名方神とその妃・八坂刀売神で、他の諏訪神社もこの2神を主祭神とするほか、「諏訪大神」と総称することもある。
    wiki-諏訪神社-より引用

    58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:51:06.29 ID:6s1bZMv90
    >>53
    めちゃくちゃ気になるなにそれkwsk

    63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:54:59.58 ID:QFkCcgUP0
    >>58
    日ユ同祖論的な話だから冗談半分だけど御頭祭で思い出した
    御頭祭とイサクの伝承とか
    モリヤ山と守谷山とか

    他にもあった気がするけど、詳しくは覚えてないけどね……

    15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:28:27.47 ID:zF3Lg7AQ0
    地元の人から神聖視されてる小島があるんだけど、その地域によそ者が深く関わると死ぬ
    毎年何人かの大学教授や好奇心旺盛な観光客が事故死してるけど、もしかしたらその土地の人間が事故死に見せかけて色々やってるのかもねって話

    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:31:10.26 ID:6s1bZMv90
    >>15
    そういうのがまだ日本には残ってそうでワクワクするよね

    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:38:04.91 ID:zF3Lg7AQ0
    >>18
    今年まだ始まったばかりなのに3人も亡くなったらしくてさ…
    地元の人間でさえも近づかない所にわざわざ行くから罰が当たるんだ!って周りの人は言うけど、そういうのも全部ひっくるめて怖いなって思う

    31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:40:36.23 ID:6s1bZMv90
    >>24
    だいぶ最近な話なんだな…
    そこまでさせちゃう怖さもあるよなぁ

    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:32:20.93 ID:/VsD8W9t0
    岩本の長者岩って云う血が流れ出す岩が地元にある
    祟られるからいまも田んぼの真ん中にデッカい岩が2つある

    岩本の長者岩

    昔、上内に岩本長者が住んでいて、田畑の山林のほかに沢山の財産を持ち、裕福な日々を送っていました。

    そして、いつの頃からか誰かが運んだか分からない大きな岩が、長者の屋敷にデーンと据わっていた。

    長者は、この大きな岩を庭石にして、泉水を掘って河から水を引き入れ、四季の草花や樹木を植えて見事な庭園を作り上げた。

    このように、何不自由ない暮らしをしていた長者であったが、天命には勝てずとうとう亡くなってしまいました。

    歳月が流れ長者屋敷も庭園も荒れ果て、跡形もなくなったが庭園の大岩だけはちゃんと残っていました。

    後世になって大岩が邪魔になるということで村人たちの合意で取り壊すことに決まりました。

    大岩を金槌で叩くと、岩の割れ目から真っ赤な血が流れてきたので、中止したと言われています。
    岩本の長者岩 ( 福岡県 ) - 2014年度 事業報告 - Yahoo!ブログ:-より引用
    関連:http://riki82.blog78.fc2.com/blog-entry-444.html

    img_1

    20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:34:46.73 ID:6s1bZMv90
    >>19
    長者岩ってことはなにかしらご利益ももたらしてくれそう
    こういうのには科学のメスを入れて欲しいような神聖なものとしてほっといてほしいような…

    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:36:46.64 ID:/VsD8W9t0
    >>20
    その名前がついた理由がちゃんとある
    詳しくはググってくれ

    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:36:07.15 ID:JzEIorux0
    恋人か妻が実は大蛇でその眼球をおしゃぶりにしたら赤ん坊が泣き止むみたいな話聞いたことある奴いる?
    小学校の時読んだ話だからうろ覚えなんだけど
    ちな福岡

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:38:50.14 ID:6s1bZMv90
    >>21
    なんか日本昔話で見たことある気がする

    37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:41:45.47 ID:4CNzkt1xO
    >>21
    蛇嫁や蛇婿は変化形が全国にあるな
    通ってくる相手に針を刺して糸を辿ったら大蛇だったとか
    菖蒲湯に入ったら蛇の子は流れるとか
    蛇の子は怪力とか

    38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:42:38.09 ID:CoRmZgmB0
    >>21
    たぶん俵藤太物語の百足

    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:36:28.59 ID:CoRmZgmB0
    祟られると言えば平将門さんのお墓
    まさにタタリ神!現代にも続く「平将門の呪い」が怖すぎワロタwwwww
    http://world-fusigi.net/archives/4847613.html

    Taira_no_masakado_kubiduka_2012-03-22

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:38:50.14 ID:6s1bZMv90
    >>22
    そろそろ鎮まってくれてもよいのではないでしょうか…

    41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:44:41.79 ID:CoRmZgmB0
    >>26
    昔は将門さんの力を使って日本を守ってたけどね

    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:45:44.86 ID:6s1bZMv90
    >>41
    崇徳天皇のような御霊信仰みたいなもんかな

    25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:38:25.31 ID:IWcd4Bgq0
    あんま珍しいのはないな
    地元の風習を皮切りにした民俗学の入門書みたいな感じだ

    うちの近くだと、
    小浜市遠敷川中流の鵜の瀬で
    「若狭神宮寺に渡ってきたインド僧実忠は、その後東大寺に二月堂を建立し、大仏開眼の2ヶ月前から祈りの行法(修二会)を行った。
    初日に「新名帳」を読み上げて日本国中の神々を勧進したが若狭の遠敷明神だけが漁に夢中になって遅れ、あと2日で終わるという日に現れた。
    そのお詫びとして、二月堂のご本尊にお供えする「閼伽水」(清浄聖水)を献じる約束をして地面を割ると白と黒の2羽の鵜が飛び出して穴から清水が湧き出した。
    若狭の「鵜の瀬」より地下を潜って水を導かせたのである。この湧き水を「若狭井」と名づけ、1250年の長きに渡って守り続けられているその井戸より「閼伽水」を汲み上げ本尊にお供えする儀式が、
    大和路に春を告げる神事「東大寺二月堂のお水取り」である。若狭小浜の神宮寺では、奈良に先立つこと10日、3月2日にお水送りの神事が執り行われる」

    とかがあるってのが有名

    34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:41:33.78 ID:6s1bZMv90
    >>25
    おお!サンクス!
    やっぱりこういうのって地元じゃないと身近に感じられなくてもどかしいな

    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:39:42.85 ID:Kh3+TqzhO
    黒髪山に居たデッカい蛇を、去年の大河ドラマに出てきた源為朝が殺した

    39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:43:06.55 ID:6s1bZMv90
    >>28
    蛇ってよく神格化されるけどネガティブなイメージ多いな
    祟られたりとかさ

    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:40:39.28 ID:U1dMHtAv0
    閉鎖的な土地柄って凄いゾクゾクするわ

    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:41:09.77 ID:IWcd4Bgq0
    あと海辺の町では朝鮮から流れ着いた異人を叩き殺したり、
    隣の集落と漁業権の奪い合いで血みどろの闘争を行ったり
    割と生々しい話も多いな
    一方で、海岸に流れ着いたエビス様を崇め奉るといった伝承が残ってたりもする
    よくわからんね

    43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:45:17.56 ID:/VsD8W9t0
    日本昔話の三陸での津波の話
    たしかYouTubeにあったような


    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:46:08.86 ID:IWcd4Bgq0
    割と東北以外では熊にまつわる伝説って少ないような気がするな
    日本って害獣面では意外と安全だから、必然的に蛇とか蛸とか
    小動物チックな動物に象徴性を求めたりするのかもしれない

    これが朝鮮とか中国とかなると、虎とか出てくるからな
    そっちもなんとなく興味深い

    56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:50:30.96 ID:6s1bZMv90
    >>46
    本当にもっと寿命長ければ全部見て回れるのにね
    海外は広すぎ

    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:49:49.52 ID:CoRmZgmB0
    かごめの歌やいろは歌の謎を解けたら埋蔵金のありかが・・・!?




    57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:50:53.93 ID:zF3Lg7AQ0
    >>55
    どんな歌だったか思い出したら眠れなくなったじゃないか

    64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:55:31.11 ID:CoRmZgmB0
    >>57
    後ろの正面だぁれぇ!!!

    61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:54:02.09 ID:bwTOSnLYO
    俺の住んでる地域では龍神様を奉っていて蛇を殺したり池を掘ると祟られるとか

    67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:57:30.91 ID:6s1bZMv90
    >>61
    龍神様からしたら生きづらくなったろうしテリトリーは守りたいのかな

    68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:58:39.91 ID:CoRmZgmB0
    そういや日本って龍神様地味だよな
    神武天皇の母なのにね

    73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:02:02.09 ID:IWcd4Bgq0
    >>68
    龍神伝説って基本的に人の寄り付かない秘境の地に成り立つものだからじゃないか?

    75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:02:52.95 ID:6s1bZMv90
    >>68
    滋賀が湖の国、水車の国だからか知らんけどこっちじゃ基本的にそこそこ大きい沼や湖にはいるとされてるんだ
    そこの土地の風土にあった存在が大きいのかな

    74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:02:03.64 ID:CoRmZgmB0
    君が代をヘブライ語に訳すと・・・・!
    国家「君が代」がヘブライ語に翻訳 その解釈がネットで話題に - ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/9490208/

    495cb77334d2d4679cb37f58fcca83ae

    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:04:57.84 ID:QFkCcgUP0
    あんま地元のお伽話は聞いたこと無いけど、知ってるのは山の神さま同士のケンカ
    ケンカした結果、それぞれの山の麓に住む人達は左右の目の大きさが違ったり、肩の高さが違ったりするようになったっていうお話

    81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:06:55.51 ID:U1dMHtAv0
    >>80
    山の神って喧嘩大好きだよな
    近所に富士山と喧嘩して八等分にされた山があるわ

    88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:12:56.72 ID:QFkCcgUP0
    >>81
    分が悪い戦い挑んだな
    八等分とか富士山も手加減してやれよ

    94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:17:55.41 ID:U1dMHtAv0
    >>88
    元々は八ヶ岳の方が富士山より高かった
    富士山の木花咲耶姫はプライドが高く自分より高い山は許せなかったので一方的に蹴り飛ばした
    みたいな話

    102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:23:22.31 ID:QFkCcgUP0
    >>94
    なんというお転婆

    あとちょっとドキっした
    喧嘩した山がそれぞれ近くの神社にコノハナサクヤヒメ祀ってるから

    コノハナノサクヤビメ

    コノハナノサクヤビメ(ヒメ)は、日本神話に登場する女神。一般的には木花咲耶姫と記される。

    神話では、コノハナノサクヤビメは日向に降臨した天照大神の孫・ニニギノミコトと、笠沙の岬(宮崎県・鹿児島県内に伝説地)で出逢い求婚される。父のオオヤマツミはそれを喜んで、姉のイワナガヒメと共に差し出したが、ニニギノミコトは醜いイワナガヒメを送り返し、美しいコノハナノサクヤビメとだけ結婚した。

    オオヤマツミはこれを怒り「私が娘二人を一緒に差し上げたのはイワナガヒメを妻にすれば天津神の御子(ニニギノミコト)の命は岩のように永遠のものとなり、コノハナノサクヤビメを妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約を立てたからである。コノハナノサクヤビメだけと結婚すれば、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」と告げた。それでその子孫の天皇の寿命も神々ほどは長くないのである。

    コノハナノサクヤビメは一夜で身篭るが、ニニギは国津神の子ではないかと疑った。疑いを晴らすため、誓約をして産屋に入り、「天津神であるニニギの本当の子なら何があっても無事に産めるはず」と、産屋に火を放ってその中でホデリ(もしくはホアカリ)・ホスセリ・ホオリ(山幸彦、山稜は宮崎市村角町の高屋神社)の三柱の子を産んだ(火中出産を参照)。ホオリの孫が初代天皇の神武天皇である。
    wiki-コノハナノサクヤビメ-より引用
    関連:コノハナサクヤヒメとは【ピクシブ百科事典】

    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:30:46.91 ID:U1dMHtAv0
    >>102
    かぐや姫のモデルはコノハナサクヤヒメらしい
    そして八ヶ岳の麓の諏訪市博物館には何故か竹取物語の絵巻物がある

    怖すぎ

    119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:34:21.02 ID:6s1bZMv90
    >>115
    富士山が不死の薬を燃やしたからみたいな話も聞く
    なにかしらあったに違いない

    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:45:47.91 ID:QFkCcgUP0
    >>115
    良くそう言う話聞くよね
    そういった話に詳しくは無いけど、個人的にはかぐや姫とコノハナサクヤヒメって
    そんなに共通点無いのに、どうしてだろうって思う

    98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:21:46.85 ID:mwuNJhhS0
    侍が野武士に襲われたとき助けてくれる人がいた
    その人は胸をばっさりやられたが、なんとか野武士を追い払うことが出来た

    次の日、近くのお地蔵さんが斜めに血まみれになってて
    お地蔵さんが侍を助けたって話

    牛窪記にそんな話が乗ってた

    牛窪記

    牛窪記(うしくぼき)は、室町時代から安土桃山時代、東三河地方における土豪の様子や、伝説を記載した地域史料。編著者は不明。

    ■けさがけ地蔵の伝説
    旧宝飯郡牛久保村字石仏には、「けさがけ地蔵」と呼ばれる地蔵尊がある(現住所は豊川市光揮町)。 牛窪記にこの地蔵尊と牧野家与力渡辺氏の説話があり、「野中地蔵」・「牛久保の石仏」として登場している。

    牛久保牧野氏の家臣・渡辺太郎左衛門と従兵は、安城方面での合戦から帰陣する途中に、本野が原付近で「野臥」(野武士)の群れに襲われた。渡辺太郎左衛門が小勢と戦疲れのために、苦戦と死を覚悟したときに、俄に石地蔵の方角から若武者が現れて野武士を撃退したので危難を逃れたが、太郎左衛門が信心を寄せていた石地蔵に切り傷と血が付いていたので、その若者は石地蔵の化身であったと気付いたという伝説。
    wiki-牛窪記-より引用

    101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:23:14.48 ID:CoRmZgmB0
    お地蔵様が助けるって話よくあるよね
    安部清明だっけ?の本でもあった

    104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:23:50.83 ID:IWcd4Bgq0
    >>101
    地蔵尊って確かそういう神様だしね

    111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:28:24.12 ID:bwTOSnLYO
    お地蔵様って閻魔大王のことなんでしょ?

    113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:30:19.65 ID:6s1bZMv90
    >>111
    地蔵って守ってくれる神様の依代みたいなイメージあるなー
    でも呪われてたり首が折れたまんまになってたりと穏やかじゃないよな

    107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:25:54.17 ID:FnW+fTh90
    地元の稲荷神社の近くで白い狐を見ることができらしい
    一回も見たことないけど

    133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 03:03:21.60 ID:vwkl62Fr0
    静岡東部にある大渕小僧 怖いけど結構悲しい話 この大渕小僧の墓も実際にある

    大渕小僧

     静岡県富士市大渕にある「□火自然公園」の東端にひっそりと建っている祠がある、ここに「大渕小僧」(史跡)という子供が祭られている。

    ずっと昔の事、大渕新田に大渕小僧と呼ばれる手に負えない悪ガキがいた。その子供は、両親と死に別れ、おばあさんに育てられた。両親がおらず寂しい上に近所の子供からは、親なし子だと言われ、遊んでもらえない、そんな事から、徐々に心がすさみ、畑を荒らしたり、人を騙したりするようになった。そして、人に嫌われれば嫌れれる程、子供とは思えぬ悪さをした。

    困った村人は、おばあさんに注意をするよう言ったが、知らん顔。村人の中に、小僧を殺してしまえと言う者が現れた。名主は反対したが、村の中が殺気立ち、殺すことに決まった。

    おばあさんは、小僧に「粟の粒ほど祟ってやれ」と言った。 翌朝、小僧は村人に殺された。そんな事が遭ってから、小僧を殴った人が次々と急死、又、原因不明の病気が流行り、死人が出た。 誰言うことなく「これは小僧の祟りだ」と言うようになった。村人は「悪い事をしたな」と悔やみ、子供の霊を神として奉った。
    大渕小僧 | 廃異不思議探検隊-より引用

    middle_1258227643


    139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 03:40:32.12 ID:vmki9PX50
    1999年だったかな? 当時7歳
    逗子の葉山ってとこに行ったとき、従兄弟と住宅街を探検して変な家を見つけたんだ
    塀で囲まれてて、窓しか無い家
    近年になってとある話をネットで見つけてゾッとした

    141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 03:50:22.35 ID:9A9TadMsO
    祠を綺麗に掃除すると何故か怒って祟ってくる第六天様






    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2016年06月04日 20:12 ID:jZLQIUbX0*
    オレの地元の病院、移転させるって事で取り壊されたんだけど、駐車場に立ってた大木だけはまだ残されている。
    撤去したくても、作業員に異変が続出してそのままにされたって話し。
    他は完璧に更地にされたのに明らか邪魔な場所に大木が残されてるのは不気味。
    2  不思議な名無しさん :2016年06月04日 20:12 ID:vIoI347EO*
    杉沢村はもう見つかってる、探偵ナイトスクープで発見されて放送された
    3  不思議な名無しさん :2016年06月04日 20:35 ID:trDlvcf20*
    21は蛇、島原、目玉、噴火あたりで検索すれば出てくる
    噴火を抜けば類話も
    4  不思議な名無しさん :2016年06月04日 20:56 ID:yZhfCxsJ0*
    盆踊りがナニャトヤラな事くらいかな
    5  不思議な名無しさん :2016年06月04日 20:59 ID:NOdZrVPw0*
    羽白熊鷲という豪族を討伐する話。その者は羽根を持ち高く跳んだという。二つの珠により、枯らした川に誘い込み、川蜷が集まり築いた城に攻め込んだところを水攻めで討ち取られた。
    おそらく天狗よりも古い日本の鳥人伝説だと思う。こういった人外じみた豪族を倒す伝説は両面宿儺とかもあるけど、当の地元だと英雄視されてたりするよね
    6  不思議な名無しさん :2016年06月04日 21:16 ID:yPbpgv7e0*
    >>21の話は子どもの頃本で読んだな。
    細かい所は覚えてないけど、

    ・大蛇の姿がばれた母親は山の中の沼へ帰る
    ・その際子どもが生まれていたので、父親に自分の片目を渡し、これであやしてくれと頼む
    ・子ども(名前はぼうたろう)はしばらく目をなめたりしゃぶったりしていたが、次第に小さくなり消えてしまい、火が付いたように泣きじゃくる
    ・困った父親はもう片方の目をもらいき行き、盲目になった母親が時刻だけはわかるようにと朝と夕に鐘をつく
    ・時は流れ、大きくなったぼうたろうは山へ母を迎えに行き、家に連れて帰りうんと親孝行をして暮らす

    こんな感じだったはず。最後は母親も人間の姿になっていて、ハッピーエンドだった。
    7  不思議な名無しさん :2016年06月04日 21:21 ID:3P4LIN740*
    うろおぼえ河童地蔵。
    昔、河童が二手に分かれて争いを起こしてた。
    死ぬと悪臭を放ち住民は困っていた。
    そこで修験者だかお坊さんがお経を唱えながら石の地蔵に鉄の杭を打ち込む。
    すると河童達は地中に吸い込まれる様にいなくなる。
    今でもそのお地蔵様はあります。
    時々、河童がその鉄の杭が抜けていないか地の底から確かめに来るので杭の頭が丸くなったそうな。
    8  不思議な名無しさん :2016年06月04日 21:49 ID:7vG4bUPj0*
    21のは、龍の子太郎じゃね?
    9  不思議な名無しさん :2016年06月04日 22:18 ID:5kI0f5Db0*
    岩手沿岸の閉伊頼基公の伝説。全長50キロ以上の龍が登場する。
    10  不思議な名無しさん :2016年06月04日 22:38 ID:JZ9Nwyaa0*
    宮崎出身だけど日本神話のスポットがたくさんあるよ
    11  開花神道 :2016年06月04日 22:43 ID:SQdQStn20*
    地元の山にヤマトタケルの兄ちゃんの墓がある。
    ヤマトタケルに手と足をもがれてバラバラにされたんだそうな。
    12  不思議な名無しさん :2016年06月04日 23:04 ID:dTSL.h4w0*
    どこの坂だったか分からなくなったから
    真実はわからないが、車が勝手に登る坂があった。
    地元では幽霊坂と呼んでた
    子供ながらに嘘つけ!て言い続けてたら
    親父が車のキー抜いて、ほらな 幽霊が押してるんだよ と言った。

    怖かったよ
    13  不思議な名無しさん :2016年06月04日 23:37 ID:MFwqCWu10*
    1は四十八とかプレイしてみたら楽しいんじゃないかな
    14  不思議な名無しさん :2016年06月05日 01:19 ID:8TcZIVQK0*
    米8
    龍の子太郎の内容見てきたけど、多分「蛇の目玉」っていう話のほうだと思う。
    15  不思議な名無しさん :2016年06月05日 01:54 ID:3c1qzKsA0*
    近くに封鎖された神社がある
    広い敷地で裏に竹林があるんだけど
    その神社の敷地に入ると神隠しにあって二度と出て来れなくなという言い伝えがあって厳重に管理されてる

    あと、迷いの森と言われてる場所がある
    住宅街の中にあって家々に囲まれるように存在してる
    入るには他人の家の塀を越えるしか無い
    入ると不気味なくらい薄暗く中心まで行くとボロボロの廃墟がある
    そんなに広い森じゃないけど何故か迷う

    16  不思議な名無しさん :2016年06月05日 03:45 ID:2ls41RvIO*
    ネットだけの風潮か知らないが、他人に物事を頼むのに、言い方もわかんないのか?リアで他人にそんな口のききかたされたら鉄拳制裁くらわせるぞ…
    17  不思議な名無しさん :2016年06月05日 08:58 ID:SWrztPya0*
    中国では共産党の悪口を言うと神隠しに遭うらしい
    18  不思議な名無しさん :2016年06月05日 10:52 ID:fyhs8C2a0*
    ※12
    それ本当は下り坂だよ
    検索してみたらいろんな地域のが出てくる

    科学的に解明されてるのもあれば、いまだに祟りだなんだってあるの不思議だよなぁ
    19  不思議な名無しさん :2016年06月05日 12:23 ID:7uW64yXQ0*
    お化けっていると思う?
    いるとしたらどんな原理だと思う?
    なんのためにいると思う?
    20  不思議な名無しさん :2016年06月05日 14:40 ID:X9jCaJ1c0*
    郷土に伝わる民話集みたいな本に「夕方には火の玉が飛び交い深夜には首の無い馬が駆け回る呪われた場所」の記述があった
    ご先祖様から受け継いだうちの土地だった・・・
    21  不思議な名無しさん :2016年06月05日 15:56 ID:T9rKtcVj0*
    山形の東根市ってとこには市内にタイパラ地蔵って呼ばれてる大きい五輪の塔が7つあるんだけど、何の為なのか誰が建てたとか全くわからない。山には磨崖仏があったり誰か解き明かしてくれ
    22  不思議な名無しさん :2016年06月05日 16:19 ID:k91.fH4W0*
    近所でワロチ
    23  不思議な名無しさん :2016年06月05日 19:52 ID:0.XTBxmQ0*
    >>139のやつは、パンドラか?
    けど、あの話って関西弁だったような,,,
    24  不思議な名無しさん :2016年06月05日 21:18 ID:6J2sEc.b0*
    大渕小僧は今でもありそうな話だな……
    親がいないせいでハブられは気の毒だが、その一方で三文安を地でいって
    婆が孫可愛さにしっかり諌めなかった為に、なまじ若死にするはめになった
    その上またもや婆に余計な事吹き込まれて、死後も冥福とは程遠い祟り神と化した
    25  不思議な名無しさん :2016年06月06日 22:07 ID:AWMQBzRr0*
    イッチの言ってる伝承は日本昔話であるね
    神秘的な雰囲気の絵の回だからおすすめ
    26  不思議な名無しさん :2016年06月07日 23:07 ID:OFlYsKx50*
    滋賀県民だけど挙げられてるの全然知らなかった
    皆どこで知ってくるんだろ
    27  不思議な名無しさん :2016年06月10日 15:09 ID:ixnKCfEW0*
    海岸に流れ着いたエビス様を崇め奉るってのは妖怪ハンターで読んだな
    ああゆう民俗学テーマにした漫画最近読んでないから読みたい
    28  不思議な名無しさん :2016年06月18日 18:44 ID:.eqp3UWD0*
    諏訪は建御名方に落とされてもぶれずに土着信仰貫いて涙目になってぼくも混ぜてクレメンスってなった奇妙な土地だよな
    29  不思議な名無しさん :2016年06月21日 00:55 ID:36W9Vnd20*
    西宮の道路を分ける巨岩 感じたのは荘厳さよりもふれてはならない畏れみたいなのを感じた ヤバイやつだってことはわかった
    30  不思議な名無しさん :2016年06月28日 08:25 ID:j5Yrt1vD0*
    菅原道真が流されたことで有名な太宰府市在住だが
    道真関連の神社とか墓が多すぎて萎える
    あと大宰府関連の史跡も多いね
    神話逸話だらけのオカルトシティや
    31  不思議な名無しさん :2017年01月25日 22:23 ID:duS1wuC80*
    平将門が首を斬られて、その首が関東恋しくて飛んでいた時、
    美濃国一宮・南宮大社の隼人が将門の首を弓矢で射落とした。
    将門の首が関東に戻らぬよう、その怒りを鎮め霊を慰めるために創建されたのが、
    御首(みくび)神社と言われている。

    隼人が射た矢が通った場所に「矢道」と言う地名がある(大垣市矢道町)

    地元民の間では、同じ日に南宮大社と御首神社を詣でると、神様が喧嘩すると言われています。
    32  不思議な名無しさん :2017年01月27日 13:44 ID:VxuM127i0*
    地元の山に、大きな石があってその石の窪みに小石を投げ入れると願いが叶うというのがある
    この石は、寺同士の争いで負けそうになったときに自然と転がり落ちたと言われてる
    …現在では心霊スポットになってるけど
    33  不思議な名無しさん :2017年09月12日 00:47 ID:JvHFeeW00*
    長野の七曲にある松の木はもう伐られっちたな
    34  不思議な名無しさん :2018年01月17日 11:18 ID:.IrHVhdO0*
    ※28
    諏訪大社って軍事拠点だったんじゃないか?って思わ
    35  不思議な名無しさん :2018年01月31日 16:17 ID:QtcIHO6H0*
    ところで※16は、いったい誰に向かって怒ってるんだ?
    36  不思議な名無しさん :2019年01月11日 00:07 ID:HiaSlkFr0*
    ある浪人が河辺で握り飯を食べていると、蜘蛛が糸を掛けてくる
    払えども払えども掛けてくるので近くの木に糸を掛けておいた
    すると立派な身なりの士が現われて、御仁の機知に感心した、私は川に住む大蜘蛛である、龍との戦いに加勢してくれないか、と言う
    浪人は、握り飯を食い終わるまで待ってくれ、あと少し…
    ふと先の士は消え、俄かに水面が波打ち、大きな蜘蛛の脚や腹が浮かんで来たとさ

    地元の龍宮淵に伝わるお話し
    37  不思議な名無しさん :2019年01月30日 00:35 ID:SsGfXO680*
    西宮のその岩、家が近所でよく通るけど何もない
    畏怖もクソもないし幽霊も出ない
    ただ盤滝トンネルから下ってくる時は、下り坂でスピード出やすい上に
    岩のとこが急カーブで、しかも入りは岩で先が見えないので運転には気をつけて
    38  不思議な名無しさん :2019年12月05日 04:43 ID:pwckDgOr0*
    道の真ん中に岩。どかそうとするとオカルト案件>>
    ぬーべーにそんなエピソードあったな。
    犯罪者がヨーカイ封印した岩(塚)で事故って、
    異次元の裂け目できてオカルト案件起きまくるやつ

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!