まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

ワクワクするような日本史の謎とかミステリー教えてくれ

2016年07月21日:23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 49 )

s


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:17.67 ID:+d6EAbXL0
天武天皇は実は天智天皇の兄だったとかそういうの
明智光秀と天海は同一人物だとかそういう有名なのでもいいから

引用元: ワクワクするような日本史の謎とかミステリー教えてくれ







3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:20.00 ID:BPsbNJywP
天海春香はかわいい

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:21.00 ID:UUPiT9e+0
悪魔の飽食

悪魔の飽食

『悪魔の飽食』(あくまのほうしょく)は、小説家の森村誠一が下里正樹との共同取材に基づいて、関東軍731部隊が行った人体実験の実態を明らかにしたノンフィクション作品である。

旧満州国で関東軍731部隊が行っていたという人体実験の実態を詳しく描いたとして、話題を呼んだ。その1981年(昭和56)の5月に、常石敬一が海鳴社から『消えた細菌戦部隊』を刊行してはいたが、有名出版社から、高名な推理作家の名前で出た本著は、731部隊を初めて一般に知らしめた著作であり、国内で広く731部隊の存在が認識されるターニングポイントとなった。
wiki-悪魔の飽食-より引用

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:23.00 ID:+d6EAbXL0
>>4
あの本って載せてた写真とかがインチキだったんじゃないっけ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:25.00 ID:sSsJ/d+Q0
徳川家康はウンコしかぶった

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:28.00 ID:NtUNQEfq0
一休さんは皇族

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:32.00 ID:+d6EAbXL0
>>11
これはほぼ100%本当だな
確か後小松天皇だっけ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:29.00 ID:osGohiPh0
源頼朝は東国武士の合意で北条氏に殺された
これは謎というよりほぼ事実だろ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:30.00 ID:sys4M1B00
チンギスハン=義経説

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:33.00 ID:osGohiPh0
>>13
使ってた弓の形とか似てるんだっけか

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:35.00 ID:IDelOvQfO
戦国時代の妻たちはスパイ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:36.00 ID:E1ch2MTR0
明智光秀天海説

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:37.00 ID:yg7ZDOpIO
浪岡北畠氏配下の"蝦夷奉行"の一族に承継されたアイヌ王の血筋

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:39.00 ID:iB0BXGpH0
写楽の正体はオランダ人

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:42.00 ID:+d6EAbXL0
>>20
なにそれ気になる

>>22
そういう説もあるのか
写楽は絵師集団のペンネームだって聞いたことある

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:58.00 ID:yg7ZDOpIO
>>25
安東氏が蝦夷将軍と言われているのは有名だけれど
安東氏以上に津軽で清華を誇った浪岡北畠氏(北畠顕家の子孫)は現青森中南部のど真ん中を支配したが、
一方で、同じ室町~戦国期には現在の津軽地方中部から北部にかけて
アイヌ人がそこそこの数住んでいて所々にチャシ(砦ないし城)を築いていた。
そして、浪岡北畠氏は配下のある一族に津軽のアイヌ人との交渉を委ね(蝦夷奉行の由来)、
その一族は北畠氏支配地の東北端を支配し、
その一族は津軽のアイヌ首長層から代々妻を貰って、血縁関係を維持しながら一族の権威を保持した。
室町末期にコシャマインの乱が現北海道で起こった際には、逃れて来たコシャマインの子弟を受け入れ、彼らと一族の数名が通婚し、
北畠氏が津軽氏(大浦氏)に滅ぼされたあとも、津軽氏は、"蝦夷奉行"の一族を津軽統治の具に使うために上士扱いにして遇した。
以降もシャクシャイン戦争の折には、シャクシャインの敵であった
シュムンクル大首長オニビシの子弟をその一族を匿い、彼らと女系で通婚し血を後世に残したそうな。

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:59.00 ID:+d6EAbXL0
>>41
知らなかった
てかアイヌと和人って普通に混血してるんだよな

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:04.00 ID:yg7ZDOpIO
>>42
津軽と下北の人間は、北海道のアイヌ並みにアイヌ系統の血が濃いね

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:40.00 ID:H/MUwvNDO
・東照宮に明智の桔梗紋多数
・明智縁の者に対する徳川の厚遇
・家光、秀忠→家 光秀 忠

教授…これは!!(´゚'ω゚`)

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:47.00 ID:EscHGzl0O
青森県にあるキリストの墓

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:48.00 ID:M/fC7ebkP
どー考えても変な死に方してる孝明天皇

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:51.00 ID:+d6EAbXL0
>>31
孝明天皇と徳川家茂が同じ年に死んでるっていうのがなんとも怪しいよな

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:49.00 ID:DVqcG2nw0
邪馬台国
弥生時代に日本のどこかに存在した国である

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:50.00 ID:uzY6ITsy0
本能寺の変は
信長が光秀に自分を討つように命令した説

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:52.00 ID:fK+Eozrg0
>>33
目的は?

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:54.00 ID:uzY6ITsy0
>>35
自分を死んだ事にしたかったから

まぁ、仮に生きていたとして、意味なかったかも知れねーけど
秀吉が「信長さま落ち延びてるだろ首ねーし」とか騒ぎ出したから

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:53.00 ID:sv68q7R50
本能寺の変は
秀吉の家来が信長を討った説

その後、秀吉が光秀のせいにして討った

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:55.00 ID:H/MUwvNDO
芭蕉は公儀の人間

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:56.00 ID:fK+Eozrg0
>>38
隠密って話もある
伊賀出身だし

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:05.00 ID:H/MUwvNDO
>>39
うむ
公儀から密命を受けた隠密だったのだよ!!

そういや北斎もそんな説あったな…
富獄三十六景描く旅のついでに
その土地その土地を調べて公儀へ伝えてたとか

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:45:57.00 ID:bGaOn5200
本能寺の変は明智の突発的な行動で理由としては明智の割には計画が甘すぎるとか
経緯的にはこんな感じらしい

明智光秀が領地を大事に納めていた

信長が激励の意味で領地を取り上げる代わりに次の戦で活躍したらもっとたくさんの領地をやると言う

明智光秀が信長が自分の領地を取り上げると誤解

明智「信長死ねよ(憤怒)」

本能寺の変へ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:00.00 ID:0t06YyOg0
後白河の黒幕っぷりに引く
やべえよあの陰謀屋

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:02.00 ID:uzY6ITsy0
日本刀の原型を作ったの蝦夷(アイヌ系民族)だって説もあったなそういや

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:07.00 ID:O7+nCjh30
>>45
蕨手刀を作ったのは蝦夷〈えみし〉だな
蝦夷〈えみし〉と蝦夷〈えぞ〉は違う
エミシは民族集団というよりは大和朝廷が自身にまつろわぬ北方の民を一くくりにしたもの
エゾはエミシの中の一集団の子孫であり、後のアイヌの祖となる集団

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:08.00 ID:uzY6ITsy0
>>50
蕨手刀と言うより、岩手県南部の舞草刀のほうで言ったつもりだった
岩手県南部って平安くらいまで蝦夷系と和人を分ける場所だったろ
岩手の県南部ってアテルイとか言う有名人居たじゃん
だからアイヌ系の民族(蝦夷/えぞ)が居た(関わっていた)んじゃね、と思ったんだが違うか

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:11.00 ID:O7+nCjh30
>>51
それでいいんじゃね
エゾ呼称の使用はAC1100前後以来らしいけど

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:16.00 ID:lJnm06V90
高校で世界史とってた俺に邪馬台国の位置論争を基礎からわかりやすく教えてくれ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:19.00 ID:+d6EAbXL0
>>59
昔は近畿説と畿内説があったが、今は学会の99%が畿内説を支持してる
奈良にある纏向遺跡っていうのが、邪馬台国らしい
邪馬台国がそのまま大和王権になったってことだな

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:28.00 ID:lJnm06V90
>>62
ほうほう
俺が聞いた話だとお偉いさんが近畿って言い張ってて
学会の意見がまとまらないって話だったけどそれってマジ?

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:30.00 ID:+d6EAbXL0
>>71
普通の古代史研究者ならほぼ畿内説
未だに九州説となえてる学者は異端っぽくて学会では相手にされてないらしい

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:17.00 ID:M/fC7ebkP
アマテラスとアルテミスとミトラスがそっくり

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:21.00 ID:yg7ZDOpIO
>>60
アルテミスとアポロンは同母兄妹なのを考えると、皆光明神だな
アルテミスは月神だが

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:29.00 ID:M/fC7ebkP
>>64
ギリシャ神話が出来る前は
豊饒を司る地母神だったらしいよ
ストーリーに取り込まれて月の女神って設定になったとか

65: ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 2013/08/03(土) 20:46:22.00 ID:WW11NQ200
銅鐸っていまだに使用用途が不明なんだっけ?
sec

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:26.00 ID:+d6EAbXL0
>>65
たぶん鐘なんだろうけど詳細は謎だな

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:24.00 ID:E4ALaifX0
俺は邪馬台国は九州にあったと思ってる

でアマテラスとスサノオが分派してスサノオ側が高天原からくだり
東征していった先の畿内で起こしたのが大和朝廷で
アマテラス側は力をなくして結局分派したスサノオ側に併呑された
って考えるとなんか古事記のストーリーっぽい

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:27.00 ID:p6+yF3CMP
ヘブライ語と日本語の共通点、伊勢神宮にあるダビデの星
ユダヤと日本は交流があったのではないかという説
・・・偶然の範囲もいいところ、白人コンプ強すぎだろ
日本語とヘブライ語が似すぎている件
http://world-fusigi.net/archives/7237056.html

日本語ヘブライ語

75: ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 2013/08/03(土) 20:46:32.00 ID:WW11NQ200
豊臣秀吉は被差別民の可能性がある。

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:35.00 ID:O5gd+YbS0
この前出雲行ってきたけど、出雲と東北が交易してたというのにびっくりした
めちゃくちゃ距離あるのになぁ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:37.00 ID:E4ALaifX0
>>78
水運ができますしお寿司
だから昔は文化的に裏日本の方が栄えてたな

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:39.00 ID:O5gd+YbS0
>>80
どっちにしてもすんごい距離だよな~

81: ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 2013/08/03(土) 20:46:38.00 ID:WW11NQ200
明治以降でミステリーってないの?
どうしても古代偏重になる気がする。

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:40.00 ID:+d6EAbXL0
>>81
沢山あるぞ
江藤新平が処刑された理由とか。佐賀の乱で江藤はそんなに悪くないのに殆ど釈明の余地も与えられないまま処刑された

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:41.00 ID:C4OCD3jK0
>>81
明治天皇の顔
Meiji_Emperor

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:42.00 ID:M/fC7ebkP
明治以降のワクワクといえば
空襲で焼けた増上寺の仏塔の跡地に建てたのが東京タワー
で、仏塔その物はは再建されてない
だから東京タワーは実は仏塔でもある
南極犬の慰霊碑も宗教的モニュメントであり何らかの結界

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:43.00 ID:yg7ZDOpIO
第二次大戦期の将官の出身地を地方別でまとめた場合、
一番将官の数が多いのは東北

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:48.00 ID:+d6EAbXL0
>>86
石原勘治とかも東北だしな

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:49.00 ID:+d6EAbXL0
完爾の間違いだ

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:45.00 ID:H/MUwvNDO
>>86
やはり会津を始めとするとーほぐの人らは逞しいということか

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:46.00 ID:E4ALaifX0
>>88
どっちかというと産業があんま発達してないから職業軍人で生計を立てるしかないってのが正しい
従順で忍耐力があるから軍隊向きってのもあるかもしれないが

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:44.00 ID:I4+xmAVI0
じゃあ、有名なエピソードを一つ
津田三蔵がニコライ二世を斬りつけたのは
実は西郷がロシアで生き延びててニコライと共に日本へ来たから

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 20:46:25.00 ID:Ke/QMK700
東北にイエスキリストの墓がある

http://matome.naver.jp/odai/2137670774676495901
img_1458923_39396910_2-20060718205330






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワクワクするような日本史の謎とかミステリー教えてくれ

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年07月21日 23:25 ID:s8tgJfQF0*
青森にあるのはあくまでもキリスト(救世主)の墓。イエスの墓とは言ってない。
日ユ同祖論のユダヤは古代イスラエル人。白人コンプ以前に、白人関係ねえ。
2  不思議な名無しさん :2016年07月21日 23:42 ID:Ern0qDP.0*
戦後にGHQ主導で、マルクス主義者をプッシュして教育刷新委員会&日教組を立てる。
マルクス主義者連中がGHQの意向に沿って、日本史の焚書坑儒を行う。
日本史がマルクス史観に沿ってズタボロに。

神話はファンタジーだ~(栄えある日本史の隠滅)
天皇制は庶民と王政による階級闘争史だ~。
戦前戦中は侵略戦争だ~。
米ソを悪く言ったり、中韓の歴史を尊重しない教科書はNGだ~。

・・・・とインチキ史観を構築。
これこそ最大のミステリーを生んでるんじゃね!?
3  不思議な名無しさん :2016年07月21日 23:53 ID:nNp7CEv30*
日ユ同祖論唱えた人はイギリス人なのに・・・
4  不思議な名無しさん :2016年07月22日 00:25 ID:3TBeJY0I0*
この手の話だと、『偽書「東日流外三郡誌」事件』って本がムチャクチャ面白かった。
5  不思議な名無しさん :2016年07月22日 00:31 ID:IckeHpqs0*
GHQも薩長政府も歴史改悪と洗脳政策は同じだわな
で、共に国民は呪縛から解放されず、と
6  不思議な名無しさん :2016年07月22日 00:34 ID:pfs8wHMn0*
松下村塾は暗殺者とテロリスト養成機関だった。
孝明天皇を暗殺し明治天皇を長州人にすり替えたのは長州。
いまでも長州閥はでかいツラをしている。
死刑を免れてCIAからの資金で自民党を創った岸信介も長州人。
岸は米国工作員なので、当然日本をアメリカの属国とした。
護憲である今上陛下は反憲法の長州人である安倍晋三が大嫌い。
最後の抵抗として、陛下のご判断で退位されようとしている。
7  不思議な名無しさん :2016年07月22日 00:44 ID:a0cdTDxj0*
北斎は富嶽描くのに旅なんてしてねーんだよなぁ…
8  不思議な名無しさん :2016年07月22日 01:11 ID:cHnFOzPW0*
平清盛は実は白河法皇の落とし児

故に平安時代の貴族全盛で太上大臣になっても藤原の反対も少なかったとか
9  不思議な名無しさん :2016年07月22日 01:11 ID:hwx2QARKO*
13は民衆の妄想ではなく本当の話
10  不思議な名無しさん :2016年07月22日 02:25 ID:kACFL7pi0*
古代日本には、漢字伝来以前に様々な文字があった。>という記録あり
諸豪族がそれぞれ、様々な文字で独自の歴史書を書き、所有していた。>という記録あり
元明天皇の勅命、「正史日本書紀以外は認めん。全部回収し破棄する。独自に隠し持ってるヤツは処罰する」>上記記録の裏付け

今日の歴史学会、「漢字伝来以前に独自の文字はなかった。古史古伝は全部偽書」
先生方よ。あんたらホントに学者か!? ちゃんと精査しろよ。
11  不思議な名無しさん :2016年07月22日 03:46 ID:RG6vupwr0*
俺の田舎に楊貴妃の墓がある( ・∀・)
12  不思議な名無しさん :2016年07月22日 04:28 ID:ChSPLy1M0*
伊藤博文暗殺とかも裏側はっきりさせて
13  不思議な名無しさん :2016年07月22日 04:30 ID:U172m8HO0*
俺も何かの墓を作ってひと儲けしようかな。
14  不思議な名無しさん :2016年07月22日 04:43 ID:lATlNmiU0*
最後のキリストの墓とピラミッドのカオスっぷりにワロタ
15  不思議な名無しさん :2016年07月22日 05:29 ID:tz4lKoH.0*
西郷隆盛と高杉晋作が同じ時期に同じ旅館に宿泊しているのにお互い言及していない
16  不思議な名無しさん :2016年07月22日 06:47 ID:Ku83Sj9t0*
誰も言及してないので言うけど、「邪馬台」国なんて魏志倭人伝で魏の人間が記述してるだけなんだぞ。国内の遺物に邪馬台と書いてあったワケじゃない。
当時なんて遠くから来た異民族に「お前なんて国からきたの?」って聞いて回答あった「音」だけ聞いて、テキトーに当て字で書いてるだけだろ。漢字なんて当時の僻地の日本になかったんだからw

普通に「邪馬台」=「ヤマト」だろ。

当時の日本人がヤマトをどう発音してたかわかんし古代中国の発音もわからんけど「台」を「ト」と見ても違和感ないと思う。


以上、妄想でした笑
17  不思議な名無しさん :2016年07月22日 07:51 ID:IKAEKGdY0*
たった一人の妄想が、引用に引用を重ねられて
あたかもそんな可能性もあるんじゃ?と思わせるような説になってしまった
日湯同祖論とか日本のピラミッドとか。

実際には内容ガバガバ
18  不思議な名無しさん :2016年07月22日 07:54 ID:u5vbG0bj0*
初代天皇はどうやって統一(即位)したのか。
物部、蘇我はいつから興って、どうやって力を持ち得たのか。
19  不思議な名無しさん :2016年07月22日 07:55 ID:u5vbG0bj0*
神代文字の真偽
20  不思議な名無しさん :2016年07月22日 07:57 ID:u5vbG0bj0*
「か~ごめ、かごめ~」「と~りゃんせ、と~りゃんせ」の唄はいつ、誰が作ったのか。どのようにして広まったのか。
21  不思議な名無しさん :2016年07月22日 08:29 ID:kACFL7pi0*
>>16
日本中に、「やま~」って地名が何箇所あると思ってる?
「やまと」だろう、と推定する根拠は何一つないよ。

そもそも隋書倭国伝では「邪靡堆」の文字が当てられている。
「やまたい」という読みで正しいのはほぼ間違いない。

「やまと」説は学者の捏造。
22  不思議な名無しさん :2016年07月22日 08:40 ID:W203Wqrf0*
>普通に「邪馬台」=「ヤマト」だろ。

そこまではおかしくないんだが、卑弥呼とか壹與はどうするよ。
当て字としておかしくない名前の人間が大和朝廷にいれば筋が通るんだが・・・。
23  不思議な名無しさん :2016年07月22日 09:07 ID:zSJIuqB90*
米16
そんなのみんな知ってるぞ
24  不思議な名無しさん :2016年07月22日 09:14 ID:KYTJI1tl0*
何で持論をあたかも、実はこうだよ…て発言しちゃってるの?コイツ等※欄ウケるwww
25  不思議な名無しさん :2016年07月22日 10:00 ID:lmyle3ls0*
織田信長は生き延びてバチカン行った説が好き
26  不思議な名無しさん :2016年07月22日 12:14 ID:WANd0lyz0*
>>25
夢幻の如くかよw
27  不思議な名無しさん :2016年07月22日 14:53 ID:wPgHHr7o0*
秘観呼
28  不思議な名無しさん :2016年07月22日 17:49 ID:CJRNH7CF0*
中国大返しの手際のよさも怪しさ抜群。

6月2日の朝本能寺で信長死亡
次の日の夜には信長死亡の情報が入る。
4日に毛利と和睦。戦争してたのに1日で仲直り。
5日には明智に加勢しそうな人に流言の手紙をかいてばら撒き
6日に出発。一週間後に山崎の戦いで勝利。

事前に準備したとしか思えないぐらい手際がいい
29  不思議な名無しさん :2016年07月22日 19:37 ID:TBvpOZrD0*
日本にはレプタリアンとのハイブリッドの一族がいる
蛇姫伝説
30  不思議な名無しさん :2016年07月22日 21:19 ID:gNQFBx6b0*
こういう話大好き
ウソかホントかわからん位が一番ワクワクするw

現代のちょっとした事柄も、将来いろんな伝説になって未来の学者さんたちがああでもないこうでもないと論争するのかな…と思うと楽しみ
31  不思議な名無しさん :2016年07月22日 22:29 ID:B1dsDjZr0*
フルベッキの明治天皇すりかえとか孝明天皇暗殺はもうほとんど解決済みの事案なんだけど。
32  開花神道 :2016年07月22日 22:55 ID:a85rUXuG0*
豊臣秀吉が被差別民って説もあるけれど、秀吉は蘇我氏(蘇我王家)の流れをくむ人間だった可能性が高い様な気がする(蘇我馬子に近い人達は、差別される側に回ってた訳だし)。

豊臣=トヨトミ
聖徳太子=トヨトミミ

聖徳太子・蘇我馬子=法興寺(飛鳥寺)
豊臣秀吉=方広寺

聖徳太子も秀吉も息子の代に家が滅亡してるんだけど、これは蘇我王家の復活を目論んだ秀吉を滅ぼさんとする朝廷(藤原氏)の陰謀のせいなのかも知れんな。
33  開花神道 :2016年07月22日 23:10 ID:a85rUXuG0*
秀吉と明治新政府が海外進出を狙った背景には、朝廷の意向と言うか、朝廷の悲願が影響してたっぽいんだよな。

大昔日本は、朝鮮半島の南半分に多大な影響力を行使する立場だったんだけど、唐と新羅の連合軍に敗北して以来影響力を失ってしまった。

だから、朝廷が中央集権で力を持つとその度に、再び朝鮮半島を取り戻したいと考えてる天皇・藤原氏の画策で、手を伸ばす事になるんだよね。
34  不思議な名無しさん :2016年07月23日 09:17 ID:TNsHPntY0*
山田顕義の死に方とか陰謀っぽい
35  不思議な名無しさん :2016年07月23日 14:09 ID:FaaI4c0L0*
山形で凄くでかい陸軍将校の墓があって
村から出ると凄い事になるのだな と感心したわ
36  不思議な名無しさん :2016年07月23日 15:30 ID:X0s8zoYL0*
中南米各地の遺跡で、縄文土器出土。
世界中の歴史学者が「こいつは縄文土器だ」と認める。
しかし日本の学者だけ完全無視w そんな、太平洋を横断できるような航海術あるわけねーべ、と。

アマチュア研究家日高祥氏、宮崎市でエクアドルのバルディビア遺跡出土の土器とそっくりのものを発見。
南九州人が南米古代文明の祖先か!?

日高祥氏、他にも宮崎において、邪馬台国ドンピシャの時代の巨大前方後円墳(最古級)を発見したり、膨大(数万基)な製鉄炉跡をみつけたり・・・・と大活躍だが、アカデミズムからは完全無視(^^;
37  不思議な名無しさん :2016年07月23日 15:32 ID:woQWpqYF0*
織田信長、豊臣秀吉は天皇の血を受け継いでる説
38  不思議な名無しさん :2016年07月23日 15:35 ID:X0s8zoYL0*
そういえば中南米各地の遺跡では、縄文土器と共に日本の神代文字も出てるそうな。
39  不思議な名無しさん :2016年07月23日 19:12 ID:ISsuW.B00*
ww2の時の機密綸旨の話とか
40  不思議な名無しさん :2016年07月24日 12:35 ID:O.idkXeZ0*
※48
その説定、必殺シリーズにあったね。
41  不思議な名無しさん :2016年07月24日 18:19 ID:MNprWeHj0*
今上天皇が護憲で、安部総理が大嫌い?
GHQが造った現憲法を守る、って事は、今上天皇は左翼って事?
戦後にGHQに洗脳された(バイニング夫人って家庭教師)は、事実だったんだ。
42  不思議な名無しさん :2016年07月25日 00:10 ID:uXXxD5OF0*
写楽はほぼ正体確定してるよな
ていうか元々謎でもなんでもなくて当時の絵師名鑑みたいなのにきっちり住所と氏名まで明記されてた
短期間で消えた理由も今で言うバックに大手企業(蔦屋)が付いて
ビジュアル系みたいな売り方で世に出したごり押ししたけど
あっという間に飽きられたというのが本当のところ
それを開国後に海外で再評価されたもんだから『こいつ誰?』状態になって
誰も昔の一発屋未満の絵師なんて知らないから謎になっちゃったというオチ
43  不思議な名無しさん :2016年07月25日 00:12 ID:CYArcX6wO*
ホンマもんの徳川家康は関ヶ原の戦いで亡くなっていて、実は影武者が家康を演じていた。

織田信長は日本を脱出して明智光秀とイタリアに渡りキリスト教に改宗して枢機卿に成っていた
その後の織田信長と光秀は影武者

影武者が調子に乗って日本を支配しようとしたので殺された
44  不思議な名無しさん :2016年07月25日 21:00 ID:7t9NNRE9O*
秀吉の話がいくつか出てる割には秀吉は手の指が6本あったって話出なかったな
大したことない話なんかな?

光秀の裏切りはいろいろあるけど自分が知ったのは、全国制覇した場合最初光秀は四国を収める予定だったんだけど秀吉が関西制覇に頑張りすぎて結果その予定が崩れ、余った出雲に閉職されそうになった
それに憤りを感じた光秀は…って話

あと光秀と長宗我部が友好関係で四国を標的にされてた時にその事がバレるのを恐れて…ってのもあったけど多分前者の方が戦国時代的に合ってそう
45  不思議な名無しさん :2016年07月26日 14:37 ID:wE2sYrP00*
かごめかごめは行商を装った隠密が全国に伝え歩いた説好き

警察、自衛官は今も東北閥あるわ
工業産業のない出身者が軍人やるしかなかった→前線ばっかりというのは切ない
46  不思議な名無しさん :2016年09月09日 22:20 ID:ai36UWQO0*
ムカデの旗印は金鉱夫の集団と言う事は有名だが
ダビデの星も軍記物の絵で偶に登場する
主に軍事作戦で算術を担当した集団らしい
47  不思議な名無しさん :2017年03月06日 19:04 ID:7i2..XDf0*
個人的には魏志倭人伝をベースにした、邪馬台国=宮崎(日向)説を取りたいがな
畿内説はいろいろ難しいと思うし、国内の学会(笑)、あいつら信用性低いからなぁ
48  不思議な名無しさん :2017年03月25日 03:45 ID:x3SENCIg0*
天皇家の菊のご紋の由来は 承久の乱で敗北して隠岐に流された後鳥羽上皇
刀などに菊花紋を彫り込まれたのが始まりといわれているらしい
49  不思議な名無しさん :2017年08月15日 14:02 ID:dBLkIONX0*
>・東照宮に明智の桔梗紋多数
>・明智縁の者に対する徳川の厚遇
>・家光、秀忠→家 光秀 忠

> 教授…これは!!(´゚'ω゚`)

家康の母方の実家の家督を継いだ
家康の従兄弟が光秀の官職「日向守」を
名乗っているってのも追加してくれ


ちなみのその従兄弟は初代福山藩主水野勝成で
俺は広島県福山市民

 
 
上部に戻る

トップページに戻る