まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

募集終

怖い話!

第一回 怖い話グランプリ  結果発表!!

締め切り:2018年8月12日(受付終了しました)

拷問かよ! 聞いただけで背筋が寒くなる「古代の医療」がコワすぎる

2016年08月28日:20:08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 44 )

1: ニカワ ★ 2016/08/28(日) 02:22:04.31 ID:CAP_USER9
no title

聞いただけで背筋が寒くなる"古代の医療"について、動画サイト<Facts Verse>が紹介している。

1800年、ドイツの外科医ジョー・ハンド・フリードリッヒ・ダイヴォンバック医師は「"吃音"は咽頭に原因があり、舌の長さが影響している」と考えた。そして、吃音は舌の一部を切除すれば治るという考えに基づき、ドイツやフランスで何百人もの患者に麻酔無しで手術を行い、多くの患者が出血死したという。

中世では"痔"を治療するために、医師が赤くなるまで熱した鉄の棒を直腸に挿入していたらしい。焼いた鉄の棒による治療を受けたくない場合は、かつて僧が座ったところ痔が治ったと言われる石の椅子に座るように言われたとか。のちにギリシャの内科医によって「入浴する」というマトモな治療が提案された。

(中略)

そして最も恐ろしいのは"食人治療"だ。世界にいくつか例が見られるが、かつてローマでは戦死した剣闘士の血はてんかんに効くと考えられ、12世紀にはエジプトから盗まれたミイラで作った粉薬が販売されていた。17世紀のイギリスではチャールズ2世が砕いた人間の頭蓋骨とアルコールから作られた液体を飲んでいたとか。死者の身体と魂を取り入れることで健康になると考えられていたようだ。

※詳細、全文はソース元で
http://news.aol.jp/2016/08/27/medical-treatments/

https://www.youtube.com/watch?v=OkF-W07Asn4
人志松本のゾッとする話の『吉田くん』とかいう話怖すぎやろ・・・(動画あり)
http://world-fusigi.net/archives/8560118.html

zo

引用元: 【国際】拷問かよ! 聞いただけで背筋が寒くなる「古代の医療」がコワすぎる







5: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:27:25.59 ID:RRiQtjow0
今の医療も
未来人から見れば
ぞっとするような内容だと思うよ

264: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 13:45:11.60 ID:2Gj/d84d0
>>5
「刃物で腹を切り開いて病変部を切り取った後縫い合わせる?マジ基地www」
「ガン細胞殺すのに放射線浴びせる?引くわー…」
とか言われてそう

16: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:36:09.37 ID:LehBfVz/0
>>5
虫歯の治療は虫食い部分をドリルで削り取り空いてしまった穴は型を取り金属を代わりに埋めていた。

46: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:04:21.99 ID:C+t2vF6m0
>>5
未来の歯医者はどんな感じだろ?
麻酔の入ったエナメル構築剤のカプセルを虫歯に被せて10分ほどで外したら元通りとかになってたりしてなww

62: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:10:25.87 ID:2BtG192I0
>>5
昭和時代までの部活やスポーツ練習中に水分摂取は禁止!とか言われていたけど
あれも凄かった思想だよな。
当時は水分補給すると余計にバテて体に悪いと言われていたけど全くのデタラメで
実際は熱中症がますます酷くなって死の道へ急行だから。

256: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 12:54:16.59 ID:Ua0cqzZt0
>>62
あれは地獄だった。

165: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 08:09:35.58 ID:Poy5mJQ60
>>5
「スタートレックIV 故郷への長い道」だな
ドクターマッコイが「透析?なんという原始的な」つって
ベッドのおばちゃんに錠剤あげると腎臓が再生してたりして

170: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 08:18:48.16 ID:Poy5mJQ60
>>165
Star Trek IV: Zuruck in die Gegenwart - Hospital
https://www.youtube.com/watch?v=e9ATDtrTRNU


あったあった

208: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 10:42:40.64 ID:nDGmJbhu0
>>5
人工透析なんて恐ろしく面倒だけどどこまで進化するかな。

6: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:27:59.97 ID:YIw7Tcck0
子供の頃に読んだ「学研の学習」で
頭頂部に直径五センチほどの穴の開いた頭蓋骨の写真があった。
古代の脳手術の跡だそうだ。
古代インカの穿頭術、成功率は70%を超えていた | ナショナルジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/070400041/

no title

53: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:07:00.66 ID:MjkiMd0XO
>>6
開きっぱなしだったんだっけ

218: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 11:17:03.36 ID:69IpFi8F0
>>6
その人どうなったんだろうな

223: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 11:22:14.17 ID:7xGpLMuw0
>>218
昔の棍棒で殴り合ってた時代から頭開く手術はやってたみたいよ
溜まった血を抜いて穴は薬草で消毒してたとか
でも数年しか生きられなかったみたいってのを前にテレビで見たよ

7: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:28:25.97 ID:mKKttymt0
古代じゃなくて、19世紀以前の医療と言うべきだろう

10: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:31:41.49 ID:9wzSYRnq0
ロボトミーはつい最近まで行われていた。

ロボトミー

前頭葉の一部を切除するか破壊してしまうことで患者の感情は壊死したように働かなくなり完全におとなしくなる、凶暴な精神病患者や自殺癖のある鬱病患者に絶大な効果があるとされた手術

1935年にアントニオ・デ・エガス・モーニスという神経学者が考案した療法で、ノーベル賞を受ける
1950年代に入って後遺症などの欠陥が次々と指摘され、1960年代には人権思想の高まりもあってほとんど行なわれなくなった
カオスちゃんねる : 【閲覧注意】ロボトミー手術とかいう実際にあったキチガイ医療 -より引用

ロボトミー

11: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:31:48.94 ID:yyy/wl5x0
古代どころか江戸時代でも歯を抜くのなんて拷問レベルじゃなかったっけ?

42: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:01:55.77 ID:C+t2vF6m0
>>11
まぁ、木を全力で噛ませて痛みで痛覚を麻痺させてやっとこで抜くだけだからなww
虫歯で痛いから困ってるのに、全力で木を噛まされるとか拷問でしかないわなww

15: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:33:48.88 ID:yyy/wl5x0
瀉血って身体に悪いんだ
いまだに聞くから効果あるのかと思ってたわ

瀉血

瀉血(しゃけつ)とは、人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つである。古くは中世ヨーロッパ、さらに近代のヨーロッパやアメリカ合衆国の医師たちに熱心に信じられ、さかんに行われた。だが、現代では実は医学的根拠は無かったとされる。

現在の瀉血は限定的な症状の治療に用いられるのみである。方法としては17ゲージ前後の注射針を血管に穿刺・留置してチューブを通し吸引機を使用して血液を抜き去る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/瀉血

596px-Blood_letting

18: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:36:34.51 ID:hsyNh5Sb0
>>15
献血のあとって調子いいしね

231: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 11:36:17.84 ID:j+6tzjma0
>>18
凄く分かる
けどあれって、体の防衛本能でハイになってるだけらしい

25: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:45:27.48 ID:A/mlmtZDO
あれ、でも第二次ぐらいまでは麻酔なしでの手術だったような

29: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:51:58.47 ID:ummKwPKi0
外科手術なんてのは、野蛮な治療法になるな

34: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 02:56:41.60 ID:2L0zaUFb0
鍼灸は古代医療が現代まで続いてる稀有な例だのう

43: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:01:56.27 ID:JTZ/BABS0
>>34
5000年前の遺体から鍼灸治療をしてたと思われる痕跡が見つかったんだっけか。

49: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:06:02.19 ID:SQifVorcO
こんな失敗を経て今の医療があると思えばいいんだよ
失敗無くて事が進む事は無いんだから

55: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:07:14.92 ID:r0tjAOcL0
一方、日本では漢方薬としてミイラを輸入していた。

薬用としての人肉食

死者の血肉が強壮剤や媚薬になるとする考えも欧州はじめ世界中に見られ、これは族内食人の一環として説明する研究者もいる。人間のミイラには一種の漢方薬として不老不死の薬効があると信じられていて、主に粉末としたものが薬として飲用され、日本にも薬として輸出されていた。また中国や日本では肝臓や脳などを薬にして摂取していた。現在でも胎盤は健康や美容のために食されたり、医薬品として加工される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/カニバリズム

58: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:08:27.99 ID:QwDbliB10
今だって根拠の無い治療とか健康食品おおい

68: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:17:30.02 ID:xFzykdny0
知り合いが胃カメラのんであまりに苦しくて、こんなものやるくらいなら胃がんで死んだほうがマシだと言ってたわ

88: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 03:48:32.32 ID:8eRky+nI0
太陽王ルイ14世は、侍医アントワーヌ・ダカンの主張する「歯はすべての病気の温床である」という説に基づき
12回にわたる手術の末、全ての歯を抜歯した
しかも当時は麻酔が無いため全て無麻酔にて行なわれ、抜歯後は真っ赤に焼けた鉄棒で歯茎を焼灼し消毒した
その後は約8時間以上煮込んだホロホロ鳥や雉などしか食べられなくなった
また、常に胃腸の調子が悪くトイレにも頻繁に駆け込み時にはトイレから家臣達に命令を下すこともあったという
余りにもトイレに行く回数が多かったため、衣服にも悪臭が染み付き
家臣達は香水を染み込ませたハンカチを鼻に当てながら閣議に臨んでいたという

93: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 04:00:08.17 ID:maBz7AQ8O
>>88
治療や予防がヤバいだけで、説自体は現代医学的にも正しいでしょ
歯は万病の元だよ

154: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 07:46:20.05 ID:YmiXd5rn0
>>88
「歯はすべての病気の温床」
まちがっちゃいねぇよ
だからきれいにしなくちゃならねぇのに抜いちゃうというところが愚かなだけの話だ

現実に、風邪をこじらせたときにしっかりハミガキすれば直るからな
オマイラ、試してみろ

104: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 04:58:29.22 ID:RzNhO65E0
ブラシーボまで含めれば大抵はある程度効果あったんだろうな

114: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 05:42:05.63 ID:pXYtwI6/0
>>104
プラセボは何やっても3割の人に効果が出るからな

107: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 05:18:53.41 ID:x1MVTsn40
母乳の出が悪い時、各地方によって色々な民間療法があるらしいが
うちの地域では、生きたメダカを飲むだった。
俺が子供の頃、近所のオバサンがそれを実践していた記憶がある。

109: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 05:22:11.56 ID:fxOnG7Gr0
世界で最も進んでたと言われてたイギリスでも
ジョンハンター以前と以後で大きく変わったからな

115: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 05:43:29.79 ID:ui6IOu6p0
100年後の人類が現代医療を見たら拷問と思うだろうな。
特に日本の薬漬け医療見たらな。

117: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 05:49:39.49 ID:qzrkWyOJ0
高齢者の胃ろうなんて拷問そのもの
口から飯が食えなくなった爺婆を無理矢理生かすことは本当に必要なのか考えてみるべき
ついでに高齢者の透析もな

胃ろう(PEG)とは?

PEG(ペグ)とは、内視鏡を使って「おなかに小さな口」を造る手術のことです。 (PEG=Percutaneous Endoscopic Gastrostomy : 経皮内視鏡的胃瘻造設術)

造られたおなかの口を「胃瘻(胃ろう)」と言い、取り付けられた器具を「胃ろうカテーテル」と言います。(カテーテル=管、チューブ)

口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れる栄養投与の方法です。
http://www.peg.or.jp/eiyou/peg/about.html

1

120: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 05:51:21.06 ID:AN+5wlTN0
中国の皇帝は不死の薬として水銀飲んでたよな

126: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 06:03:31.93 ID:falcjlZM0
昔の人を笑える立場でもないな。
最近は見なくなったけど、ちょっと古めの映画で、
病院のシーンには良くロボトミー患者が立ってたよね。

精神疾患に対する外科的治療法。

159: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 07:57:32.42 ID:mFbgMrie0
アメリカの初代大統領のワシントンは、瀉血して死んだ。

なんだか身体の調子が悪いから瀉血しよう

瀉血したら、もっと身体の調子が悪くなったから、もっと血を抜こう

ご臨終です

168: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 08:14:41.59 ID:VRwEwkje0
ギランバレー症候群の疑いがあって、
検査の時にやった脊髄注射は拷問だった。
あと、電気流されて手がビクンとなるヤツも痛かった。

192: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 09:33:55.26 ID:AON9UWY20
日本も昭和時代は蜂に刺されたら小便かけろって信じられてたろ マムシに噛まれたら傷口ちょっと切り裂いて血を吸うとか

197: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 09:42:42.63 ID:ReF/tzed0
精神外科

言葉だけでも恐ろしい

216: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 11:13:55.80 ID:YJmqo/7M0
瀉血はあまり意味なさそうだが、
なんとなく血液ドーピングに通じるものがありそう

244: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 11:59:19.47 ID:m5pH64iC0
天然痘が不治の病とかいわれてたように
癌もそのうち簡単に治るだろう。

254: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 12:39:56.00 ID:cugvqPG+0
古代エジプトの金歯を見てこれ作った技工士もまさかこれ残るとは思わなかっただろうなと想いを馳せた

262: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 13:21:57.43 ID:GJ5kA2Zw0
一方、日本は1804年に全身麻酔を成功させていた

華岡青洲

華岡 青洲(はなおか せいしゅう、(1760年11月30日 - 1835年11月21日)は、江戸時代の外科医。記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術を成功させた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/華岡青洲

417px-Image_from_-Surgical_Casebook-_by_Hanaoka_Seishu

277: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 17:22:48.61 ID:cD5lsbv90
今の最先端の、外科手術、抗がん剤も拷問に値する治療になるかもな


時代によって色々

227: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 11:27:18.12 ID:TaOcZLNX0
現代だって大腸内視鏡検査は拷問に近いと思う

188: 名無しさん@1周年 2016/08/28(日) 09:27:10.90 ID:4UuFkfyO0
漫画の南方仁は麻酔なしの手術を何度かやってるけど、麻酔なしの帝王切開は「さすがにそれは無理だろう」と思った






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
拷問かよ! 聞いただけで背筋が寒くなる「古代の医療」がコワすぎる

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  1 :2016年08月28日 20:29 ID:IO3BoC5k0*
昔は便利な道具があまりなかったから余計怖い
2  不思議な名無しさん :2016年08月28日 20:33 ID:oMNrDOJp0*
???「頭痛い?頭パカー開いて脳みそをハチミツで洗ったら治るで!」
???「お、死んでしまったけどこれは寿命だったんや!」
なお、王家の主治医だった模様
3  不思議な名無しさん :2016年08月28日 20:36 ID:CoypyxmJ0*
昔は治療を受けられるだけで幸運だったんだろうね
4  不思議な名無しさん :2016年08月28日 21:15 ID:Vm5pXXL10*
ブラック. ・ジャックの宇宙人の回とかだな
優れた医療もそれができないとなると原始的療法に頼らざるをえなかった
5  不思議な名無しさん :2016年08月28日 21:24 ID:xi1xhkRP0*
リアルで
もうウンコできないねぇ
じゃん
6  不思議な山井さん :2016年08月28日 21:31 ID:mzgDRoZt0*
ゆっくり時間をかけて直すべき。
7  不思議な名無しさん :2016年08月28日 22:16 ID:YAyxeoWs0*
※2
ブッダぁぁぁぁぁ
8  不思議な名無しさん :2016年08月28日 22:32 ID:.43WPTAqO*
ルイ14世は健康法でやってた毎日の浣腸のせいで肛門が開きっぱなしだったんだよ
玉座も糞まみれ
9  不思議な名無しさん :2016年08月28日 22:39 ID:d5TqtxSgO*

麻酔が全く効かない俺にとって、胃袋全摘手術は拷問以外の何物でもなかった。


10  不思議な名無しさん :2016年08月28日 22:51 ID:B2vCtCtG0*
ケガに対する整復技術が発展したのは世界大戦がきっかけとか聞いた
その少し前くらいまでは腕の良い外科医=手際よい切断みたいな
11  不思議な名無しさん :2016年08月28日 22:58 ID:6in5yA6uO*
痔の治療に関してはさほど間違ってなくね?ようするに、裂傷などを加熱接合させてるわけで、現在でも鼻炎などではレーザーなどで傷を焼き固めるって治療は行っている


根本にして最悪の誤りは、幹部のみを焼却することがでくる技術も道具も存在しなかったということだ
12  不思議な名無しさん :2016年08月28日 23:07 ID:13sVcV8w0*
俺はその現代医療の外科手術でミス、それを発見できなかった医者達により
小中学校の放課後の全てを、地獄そのものなリハビリ(全く意味がなかった)に費やした
今も昔も、人生棒に振らされた山ほどの患者たちの屍の上に医療があることは変わらない
13  不思議な名無しさん :2016年08月28日 23:32 ID:Sd4KhzXn0*
今から手術するから、碁でもやっててくれや
その間にやるから
14  不思議な名無しさん :2016年08月28日 23:44 ID:wuLuGfh90*
医者「いちいち洗面台まで行くん面倒やな・・・・ 洗面器(みたいな器具)に水ためといて洗えばいいやんけ!」

医者「調べてみたら不衛生だったンゴ」

今でも医療は進歩しているのだ
15  不思議な名無しさん :2016年08月29日 00:46 ID:5iSB.Lj90*
米13
やせ我慢するなよヒゲ。
16  不思議な名無しさん :2016年08月29日 02:41 ID:OGL4pwb30*
精神病は目から針を入れて脳を直接いじることで興奮が治まり借りてきた猫のように大人しくなる、という話しを何処かで見たけど…おっかないよ
17  不思議な名無しさん :2016年08月29日 06:23 ID:Hesgkoit0*
もう二度と
ウンコできないねえ
18  不思議な名無しさん :2016年08月29日 10:51 ID:dfsAPXtc0*
>62
運動中水飲むなってのは当時としては間違っちゃいない。
現代の清潔な水がいくらでも飲める環境なら飲めばいいが
一昔前まで水道水でさえ生水は飲んではいけなかった。昭和以前は水を好きなだけ飲むなんてとんでもない贅沢だったんだよ。
その後も戦争あったからね。戦場で水をがぶがぶ飲めるわけもなく、水がないから戦えないじゃそれこそ全滅する。
つまり訓練時から水なしで動ける体を作るしかなかったんだ。その教えが戦争世代が現役だった昭和末まで引き継がれてた。
現代の基準で先人たちをアホ呼ばわりするもんじゃない。
19  不思議な名無しさん :2016年08月29日 11:42 ID:fdMbFwfJ0*
※18
真性のアホなのか、釣りなのか
20  不思議な名無しさん :2016年08月29日 13:47 ID:xBGTTkXd0*
精神安定剤と発達障害は後世残る黒歴史。

なんか以前にめっちゃ偉い医者の先生がアウトデラックスで人間の体について結局のところ分からんって言っていたけど、確かにあんなに勉強しても人間の体についてなんか分かるわけないもんなと思ったわ。
「頭パッカーン(なんでこうなるんや?? でもお金集めな病院は維持できへん。宗教家に支援受けようと思ってもペテン師だとバレてもうてるし…。金融に支援を受けたらマフィアや弁護士が揺すってくるに違いない、どうしよう…せや!わいがお金を集めるシステムを作ればええんやぁああ!!)」
実際にこんな感じだろうと思うわ。

ロボトミー手術だって
医「…こ、これで、も、もう大丈夫、鬱にならへんで。(震え)」
患「ファー」
医「(その他の機能も低下してしもうた…)」
だろ。
まぁこれでうるさい奴を黙らせていたのかもしれないけどなw

そして人工知能とインターネットの出現により今後医療ではお金儲けできなくなるという。今後医者たちは今まで解明しても事例が少なすぎて何の利益にもならない病の治療方法を研究してほしいけどディープな世界だからなぁ。無理なのだろう。
21  不思議な名無しさん :2016年08月29日 14:34 ID:kELwmoLr0*
>日本も昭和時代は蜂に刺されたら小便かけろって信じられてたろ
>マムシに噛まれたら傷口ちょっと切り裂いて血を吸うとか

↑これは根拠あるだろw

アンモニアは蜂毒の中和剤だし
マムシ毒の吸い出しと瀉血は別だw
22  不思議な名無しさん :2016年08月29日 14:43 ID:q8fE98G80*
>>9
よく生きてたな。
少しは効くんだろ、局部麻酔程度は。
23  不思議な名無しさん :2016年08月29日 15:18 ID:zEmvIYlt0*
※20そのマイナーな病気の研究も研究費が潤沢にでるならそりゃ進んでやるだろうさ
研究費もない給料も少ないけど善意で頑張ってねは無理
24  不思議な名無しさん :2016年08月29日 15:38 ID:xBGTTkXd0*
※23
そこは行政じゃないか?
いや、それもAIのシミュレーションに持っていかれるのか。
25  不思議な名無しさん :2016年08月29日 16:40 ID:gIS1q1Cv0*
※18
こういう先人()とかに浸ってるバカが

諸悪の根源なんだろうがな

26  不思議な名無しさん :2016年08月29日 17:12 ID:dQRko.jq0*
※21
尿自体にアンモニアは含まれてないし蜂の毒はタンパク質だから中和も何もない
毒蛇に咬まれたからといって素人が傷口を切開して血を吸ったりしたら感染症の危険性があるし虫歯など口内の傷から毒が侵入する恐れもある
27  不思議な名無しさん :2016年08月29日 17:58 ID:UKSE7COx0*
つ分娩台
28  不思議な名無しさん :2016年08月29日 19:41 ID:X6qJHx5s0*
それが、どれだけの犠牲者を残したのか?
29  不思議な名無しさん :2016年08月30日 00:20 ID:KlsnbO5u0*
近年でも精神療法だが人の肝臓を食べると胆力がつくというので
皇軍の陸軍参謀の辻政信という人物は敵軍捕虜で死んだ人の肝を食べることを推奨していたらしい
30  不思議な名無しさん :2016年08月30日 01:44 ID:ADQ4wbF9O*
近年?近代じゃね?

江戸時代の結核の治療薬として絶大な支持を集めていたのは山田浅右衛門が処刑した罪人の死体から作りだした浅右衛門丸というお薬

これで山田浅右衛門はへたな大名クラス以上の収入を得てる
31  不思議な名無しさん :2016年08月30日 09:18 ID:cSno4swF0*
※19,25
水飲まないことを推奨してんじゃなく、現代とは違う環境で生きる知恵だったんだからそこんとこ理解しようよってはなしなんだけどな。
お前らみたいな読解力ないオタニートこそ諸悪の根源だろ。
32  不思議な名無しさん :2016年09月04日 23:52 ID:lH7xTRkQ0*
※31
昔はそうかもしれないけど、上水道の整備された現代でもそんな理屈でやってた奴を批判してるんだろ。
昭和どころか平成の10年になるかどうかくらいの頃までそんなの山ほどあったんだしさ。
そもそも誰もお前が「水を飲まないことを推奨してる」なんて書いてないし、お前の読解力の方こそどうなってるんだよ。
見ず知らずの他人をヒキニートとか言ってるし、回りから思い込みが激しいとか、被害妄想が多いとか言われたことない?
33  不思議な名無しさん :2016年09月06日 08:51 ID:nCHHYCKO0*
筋肉のコリのある部分の血を蛭に吸わせるのは民間療法である
34  不思議な名無しさん :2016年09月13日 22:29 ID:59745HD30*
どの部位でも悪くなったら
本人の細胞からコピー作って付け替えるのは一瞬で終わりますとかそういう時代が来そう
35  不思議な名無しさん :2016年09月18日 01:27 ID:zY240r100*
昔も熱中症で死んでた人います
遺族はみんな泣き寝入りですよ
36  不思議な名無しさん :2016年09月29日 15:16 ID:s6ddcwYw0*
麻酔無しの帝王切開って、医療の進んだ今の日本でも、たまにあるんだよ。
従姉妹がそれだった。
37  不思議な名無しさん :2017年01月12日 18:44 ID:bJXvTnW.0*
水飲んだらバテるとは言われていたが体に悪いとは言われてなかったぞ
飲まないと体に悪いってのは当時から分かってたが根性でなんとかしろってやつだっただけ
38  不思議な名無しさん :2017年01月13日 01:36 ID:e6gdLiIa0*
※9自分語りかっこいいね
39  不思議な名無しさん :2017年02月26日 13:54 ID:JRKNGqOY0*
今のがん治療は間違いなく後世だと拷問扱いだと思うわ
てか今でも患者が苦しむのみてるとこれ拷問じゃね?ってなるし
40  不思議な名無しさん :2017年07月04日 18:48 ID:Xo7JhhaC0*
現代も後の世に水素水とか信じられていたと言われるんだろうか
41  不思議な名無しさん :2017年08月07日 19:25 ID:ziQFaOMh0*
親が総合病院勤務だったので、麻酔なしで帝王切開した妊婦さんの話とか
していてびっくりだった。(20年くらい前のことだが)
本当に麻酔がきかない体質の人っているんだね。。
なんでも手足を手術台に縛り付けての手術だったとか。

いやはや、、腹部は神経が集中してるから・・・想像するだけで卒倒しそう。
42  不思議な名無しさん :2017年08月10日 14:06 ID:w9nRJ3fN0*
※41
事務か清掃の人のお子さん?
手足を縛るのが特殊ですか?
43  不思議な名無しさん :2017年10月24日 22:38 ID:0qVv.v2H0*
麻酔なしの帝王切開はいまだに緊急時はやるし、麻酔効かないこともよくある
あと静脈麻酔は痛みをなくすわけじゃなく眠らせるだけだから寝てても痛い人は痛い
自分は寝てて体が動かさないけど確かな痛みの中流産手術をした
44  不思議な名無しさん :2018年04月13日 22:20 ID:zYRueA.X0*
最近のオプジーボみたいなガンに対する分子標的薬の登場みてると、今のモルヒネ漬けにする放射線ガン治療は将来絶対拷問扱いされると思うわ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る