まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

よく考えたら即身成仏ってすごいよね?

2016年09月15日:14:07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 46 )

1


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:20:06.17 ID:jDEmZpz4p
最後飲む漆って塗装に使う漆でええんか?

引用元: なんj即身成仏部








2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:20:38.09 ID:jDEmZpz4p
あれって飲んだら毒やろ?
飲んだらすぐ死ぬ?

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:21:36.32 ID:zKZbq7YX0
>>2
あれは死ぬために飲む物ちゃうぞ

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:23:13.88 ID:jDEmZpz4p
>>7
防腐剤やろ?
ある程度の期間飲み続けるのか、
それとも最期に一度飲むんかな

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:25:38.98 ID:zKZbq7YX0
>>11
飲んで吐いて水分を出すんや
飲むだけじゃ防腐剤にはならんやろ

18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:26:41.51 ID:jDEmZpz4p
>>16
下剤みたいなもんか?
吐くために飲むってこと?
ワイはてっきり殺菌剤なのかと思ってたわ

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:20:41.90 ID:Lm5kZra30
土にこもるンゴ

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:21:20.17 ID:jDEmZpz4p
>>3
これマジ?

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:22:35.50 ID:GKMnxalR0
>>6
穴の中に桶入れて
その中に入って死ぬんやろ?
鈴鳴らしながら、鈴の音止まったら死んだ合図みたいな

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:23:04.58 ID:2YUC7dib0
>>6
ファッ?当たり前やろミイラ舐めんなよ
穴掘って部屋作って埋めて死ぬまで読経やぞ

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:21:09.11 ID:Rg8yBm9rd
しかも即身仏になるために数十年修行やぞ

【例】即身仏になるために

http://www5f.biglobe.ne.jp/syake-assi/newpage209.html

湯殿山の仙人沢で山籠りを行う

千日行という千日単位の厳しい修行を行う

五穀断ち、十穀断ちの木食行を行う

生きながらにして土中入定する

土の中で鉦を打ち鳴らし読経しながら即身成仏する

三年三ヶ月後に掘り出される

衣を着せられ厨子に安置され、即身仏として祀られる

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:23:53.62 ID:7GaIHC0m0
即身仏と即身成仏間違えてへん?

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:24:30.05 ID:jDEmZpz4p
>>12
ん?そうかも
どう違うの?

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:29:09.15 ID:7GaIHC0m0
>>14
たぶんイッチが言ってるのは即身仏のことや
即身成仏はこの身のまま悟りを開くことや

即身成仏

即身成仏(そくしんじょうぶつ)は、仏教で人間がこの肉身のままで究極の悟りを開き、仏になることである。即身成仏の思想は、主に真言密教の教義であり、真言宗において説かれる。空海の『即身成仏義』により確立される。また、天台宗・日蓮宗においても『法華経』に基づき説かれる。即身仏(修行者が瞑想を続けて絶命し、そのままミイラになること)と混同されがちであるが、即身成仏とは全く別物である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/即身成仏

即身仏

密教系の日本仏教の一部では、僧侶が土中の穴などに入って瞑想状態のまま絶命し、ミイラ化した物を「即身仏」(そくしんぶつ)と呼ぶ。仏教の修行の中でも最も過酷なものとして知られる。

この背景にあるのは入定(“にゅうじょう”ないしは生入定)という観念で、「入定ミイラ」とも言われる。本来は悟りを開くことだが、死を死ではなく永遠の生命の獲得とする考えである。入定した者は肉体も永遠性を得るとされた。

日本においては山形県の庄内地方などに分布し、現在も寺で公開されているところもある。また、中国では一部の禅宗寺院で、今もなおミイラ化した高僧が祀られている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ミイラ

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:28:54.16 ID:mRclysP9p
昔csの密教特集でやってたわ
杉の木の皮とか食ってたで

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:30:11.22 ID:jDEmZpz4p
>>21
そうらしいなぁ
今風にいうと低糖質ダイエットってことやんな?

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:29:05.67 ID:GKMnxalR0
うるし飲んで水分完全に出しつつ、防腐剤の役割もするんやと

30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:30:53.40 ID:jDEmZpz4p
>>22
やっぱ防腐剤効果あるんよな?

24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:29:10.23 ID:+zZxWsRpa
空気のよく通る涼しい洞窟お勧め

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:30:08.46 ID:3nJvmBEw0
生前に嫌われてたら掘り起こさずそのまま埋められてまうらしいぞ

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:33:03.45 ID:jDEmZpz4p
>>28
なるほどなぁ
やっぱ働きもせんと意味わからん授業やってキモいとか言われてしまうんやろか

37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:33:48.72 ID:NcJ6bVWS0
餓死するだけやろ

51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:37:57.40 ID:jDEmZpz4p
>>37
そうなんやけど普通なら腐ってしまうところそのまま腐らずに天然ミイラ化するそうや

45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:35:32.77 ID:QSWu11I60
空海さんは今でも生きてるんだよなぁ

空海 - 入定に関する諸説

高野山の人々や真言宗の僧侶の多くは、空海が死んだと言うことは半ばタブーとなっており、高野山奥の院の霊廟において現在も空海が禅定を続けていると信じている。奥の院の維那(ゆいな)と呼ばれる仕侍僧が衣服と二時の食事を給仕している。霊廟内の模様は維那以外が窺う事はできず、維那を務めた者も他言しないため一般には不明のままである。
wiki-空海-より引用

57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:39:43.06 ID:jDEmZpz4p
>>45
うせやろ?

46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:36:06.73 ID:bbSyxrA5d
東北のくっそ寒い山で何十年も木の根とか食って生活しなきゃいけないから、まずその時点でほとんど死んだっぽいな

60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:40:21.09 ID:jDEmZpz4p
>>46
そうやろなぁ
低血糖で死んでしまう人が圧倒的に多そう

81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:46:51.19 ID:399Qqq/Na
>>60
天狗の麦飯とか絶対苦し紛れに土食った低血糖が美談になっただけやろな

90: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:50:43.89 ID:jDEmZpz4p
>>81
あれ凄いよなぁ
やっぱ最初に食った人は飢えて死にそうな状態やったんやろか

53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:39:06.20 ID:+zZxWsRpa
だからゴータマシッタルダは施しでもらったきのこ粥?に当たって下痢って死んだって

65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:41:46.50 ID:HKVO15Tu0
>>53
仏滅を迎えた刻と悟りを開いた時期は全然違うぞ

68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:42:25.39 ID:jDEmZpz4p
>>53
はえ^~
そんなんで当たるってことは明らかに腐ってたんやろうに
貰ったもん捨てるのが悪いと思ったんやろか

55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:39:28.35 ID:GKMnxalR0
詳しい奴多すぎやろ

56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:39:30.15 ID:bbSyxrA5d
日本人の文化の中で一番マジキチだよな

何十年も苦しみ続ける自殺

72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:43:46.33 ID:mRclysP9p
>>56
長い間断食すると幻覚見えるからそれで宇宙を垣間見るんやろ
インドの修行僧の脳波がLSD食った状態と似てるらしい

64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:41:18.83 ID:GKMnxalR0
今ぐぐったら70年も木食してた坊さんおるとか、気が滅入るわ

70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:43:09.90 ID:jDEmZpz4p
>>64
すごいなぁ
若い頃からずっと修行やったんや

66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:41:47.13 ID:bbSyxrA5d
死ぬ時が一番楽という地獄

71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:43:32.80 ID:jDEmZpz4p
>>66
ほんとにそのレベルやろな

67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:42:05.19 ID:Mdc/lNR80
仏像の中に即身仏おったって話があったな
仏像をスキャンしてみたら中に1100年前のミイラがいたらしい
http://world-fusigi.net/archives/7812794.html

no title

73: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:44:20.28 ID:jDEmZpz4p
>>67
すごい
でも成功者って崇め奉られるレベルの偉人やんな

69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:42:58.70 ID:WI3OeCZl0
ワイ、鉄門海上人に会ったことあるで
所詮はミイラというか死体やが神々しさ半端ない
即身仏「真如海上人」ミイラの衣替え映像 : カラパイア:
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52036337.html

 真如海上人は朝日村越中山に生まれ、純真な性格の持主として育った。幼い頃から仏門に帰依し、一生を捧げてこの世を不公平のない仏の国にしたいと願っていた真如海は、20代の時に遭遇した天明の大飢饉で飢えに苦しむ地獄のような世のありさまを見て、人々を救うために空海のように自ら仏となり「即身仏」となって衆生を救う決心をしたという。

7c152ad2

75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:45:07.73 ID:jDEmZpz4p
>>69
やっぱオーラ出てるか?
ワイも会ってみたいなぁ

74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:44:50.80 ID:bbSyxrA5d
即身仏よりはマシだが、補陀落渡海という自殺もある

補陀落渡海

補陀落渡海(ふだらくとかい)は、日本の中世において行われた、捨身行の形態である。

この行為の基本的な形態は、南方に臨む海岸に渡海船と呼ばれる小型の木造船を浮かべて行者が乗り込み、そのまま沖に出るというものである。その後、伴走船が沖まで曳航し、綱を切って見送る。場合によってはさらに108の石を身体に巻き付けて、行者の生還を防止する。
wiki-補陀落渡海-より引用

Fudarakusanji02s1024

78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:46:07.26 ID:7GaIHC0m0
>>74
絶対に生還してはいけない船旅24時

84: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:47:33.42 ID:jDEmZpz4p
>>74
こっちは割とすぐ死にそうやな
場合によっては1日で沈んで死にそう

88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:49:06.92 ID:bbSyxrA5d
>>84
これのこわいのは、ある寺の住職になると強制的にやらされることだな

102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:53:41.60 ID:jDEmZpz4p
>>88
えぇ...
それが本人の幸せやという思想やろか

111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:55:46.24 ID:bbSyxrA5d
>>102
慣習だから仕方ないね
本人も坊主見習いの頃から何人も見送ってるだろうし

106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:54:43.23 ID:399Qqq/Na
>>88
いじめ無医村みたいなとこなんやろなあ

79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:46:07.48 ID:5H27I/mS0
釈迦「苦行なんて意味ないぞ」

96: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:52:26.53 ID:jDEmZpz4p
>>79
そうなのですか?
じゃあ即身仏は釈迦てきには異端か?

105: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:54:43.01 ID:bbSyxrA5d
>>96
俺が知る限りは、神仏習合思想の日本仏教特有の苦行やな

118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:57:46.27 ID:jDEmZpz4p
>>105
インドとかネパールとかそっちの本場の人は修行しとるイメージあるけどキツイのはやらんてことか?

125: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:59:19.37 ID:bbSyxrA5d
>>118
苦行はあるだろうが、あっちはより原始仏教に近いからここまでのマジキチはないだろうな

80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:46:45.28 ID:T3Dextpda
確か山の中で何年か草だけ食べてその後さらに何年間か木の皮だけを食べて脂肪を完全に無くして骨と皮みたいな状態にするんやなかったか?
元々は日本発祥やなくて日本の気候でミイラにならずに死体が腐敗してしまうから考えられた方法らしいけどな

85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:47:41.27 ID:bbSyxrA5d
>>80
何十年やな

129: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:00:17.97 ID:jDEmZpz4p
>>116
オウムよろしく覚せい剤飲ませたりでハマる人増やせばええ金になるやろな

107: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:54:50.81 ID:pLu1ZcMC0
相棒であったな

108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:54:53.42 ID:PzCAhsS20
人殺しの農民から坊さんを経て即身仏になるという壮絶な人生を送った人とかいたんだってな

134: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:01:41.25 ID:jDEmZpz4p
>>108
ワイもいつか自分でなったろ思う日が来るやろか

115: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:57:07.15 ID:PzCAhsS20
即身仏になるには誰かの協力が必要だけど自殺幇助になってしまうという

120: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:58:01.26 ID:bbSyxrA5d
>>115
明治時代からはそうやな

131: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:00:51.92 ID:Yx/jjE8a0
ほんま頭おかしい

1年目から3年目までは、1日に約30キロの行程を毎年100日間、行じます。行者は定められた260カ所以上のすべてで立ち止まり、礼拝して、峰々を巡ります。

4年目と5年目は、同じく1日30キロを、それぞれ200日間。

ここまでの700日を満じると、“堂入り”をむかえます。比叡山無動寺谷の明王堂に籠もり、9日間、断食・断水・不眠・不臥(食べず、飲まず、眠らず、横にならず)で不動真言を唱えつづけます。

149: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:07:53.90 ID:jDEmZpz4p
>>131
これ何なん?
即身仏の方法の一例?

156: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:11:58.51 ID:Yx/jjE8a0
>>149
そういうことやな
これをやった人間がさっきの人

165: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:16:26.04 ID:jDEmZpz4p
>>156
すげぇぇぇ!
尊敬するわまじで

145: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:06:24.34 ID:bbSyxrA5d
即身仏になるための修行とは?
http://www5f.biglobe.ne.jp/syake-assi/newpage209.html

ここが詳しいな

161: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:14:30.51 ID:jDEmZpz4p
>>145
めちゃ分かりやすくかつ詳細やな!
これは良いものを教えてもらったで
サンガツ

153: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:09:16.86 ID:GKMnxalR0
詳しい奴多すぎやろ

159: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:13:37.92 ID:Yx/jjE8a0
なんだかんだ石室に爪ついとるとかいうし最後は生に執着する模様

169: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:18:09.98 ID:jDEmZpz4p
>>159
そういうもんか
実際にやった人にしか本当の心境はわからんしなぁ

172: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:19:35.79 ID:9zljQYfq0
生から逃げるな

176: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:21:58.46 ID:StOdERapa
昔は人間が簡単に死んだから
なんとかして救ってやりたい、駄目でも励ましになってあげたい
という思いで身を捧げたんやろな
本当の僧侶だと思う
あんま関係ないけど、ワイは身欠きニシン好きやで

185: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:26:04.90 ID:jDEmZpz4p
>>176
生死観は今とは違うんかな?
己を高めるための修行やと思ってたけど、
身近な人間のためっていう側面があったんかなぁ
ワイは鮭とばが好きや

178: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:23:16.32 ID:5QnBLp7sa
千日回峰やっけ?あれもヤバイやろ

180: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:23:58.54 ID:Yx/jjE8a0
https://youtu.be/EWwhlR7ZY_0


https://youtu.be/Qr2g0J8ZIvY


お囃子が詳しく説明してくれとるわ

175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 03:21:49.97 ID:bbSyxrA5d
こういうのが、人々の考え方とかがかなり現代人に近づいてきた江戸時代でも行われてたっていうのが恐いね







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
よく考えたら即身成仏ってすごいよね?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年09月15日 14:17 ID:dSTji2koO*
ここまでしても救えない人類とか滅びたほうがええんちゃう?
何千年苦しんどんねんアホらし
やっぱ生ってクソやわ
2  不思議な名無しさん :2016年09月15日 14:20 ID:HpNm0uqu0*
魂が抜けたら倒れそうなものだけど座ったままの形を保ってるのがすごい
3  不思議な名無しさん :2016年09月15日 14:36 ID:34cGyHLuO*
即身仏を作っちゃう話が「月山」(森敦)に出てきたな。
4  不思議な名無しさん :2016年09月15日 14:40 ID:bQ.aNasdO*
生ビールはクソではない!
5  不思議な名無しさん :2016年09月15日 14:51 ID:rTamgf9R0*
ばりばり明治時代でも即身仏はあったんやで
6  不思議な名無しさん :2016年09月15日 14:56 ID:M37DR5.K0*
ただの自己満足
7  不思議な名無しさん :2016年09月15日 14:59 ID:8CPu05zc0*
苦行は意味がないと馬鹿のひとつ覚えで繰り返す馬鹿がいるが
苦行かどうかはその人の感覚次第。
たとえば上座部系の修行でも苦行と思える人には苦行である。

日本の断食というのは先史時代以来の信仰の影響が考えられる。
実際、食事制限は精神集中(シャマタ、サマーディ)を助ける効果もあるようである。

また、土着信仰との習合がいけないなら、神道などは様々な要素の
習合だから、真っ先に否定されるべき宗教ということになる。
8  不思議な名無しさん :2016年09月15日 15:06 ID:KHcxHo3.0*
真に宗教的感情でやっているんだから、本人にとってはベストな選択だし
至上の幸せなんだろう
9  不思議な名無しさん :2016年09月15日 15:33 ID:sjpVoU4u0*
※6
そりゃそうだ、究極の自己満足。
仏教ってのはリスペクトしあってより高いステージに上る
それにファンが付いてフェスを開くそういうロックな宗教。
10  不思議な名無しさん :2016年09月15日 15:35 ID:vU.JfEwA0*
クレイジージャーニーに出てたお坊さんは現代の即身仏になってもおかしくないと思う。
11  不思議な名無しさん :2016年09月15日 15:36 ID:Gs9NhQky0*
すごいとは思うけど尊敬はせんわ
12  不思議な名無しさん :2016年09月15日 15:49 ID:2Kq06UcR0*
衆生を救わんとする志は尊びたいけど、飢饉が解消されたり、生活が楽になったりしたわけでもないし、実際のところは救われない所に一抹の虚しさを感じるね

13  不思議な名無しさん :2016年09月15日 16:01 ID:bNt7KzyD0*
自己を犠牲にしてまで他者を救いたいから出来ただけで我執があれば途中で逃げ出すだろうな
その救いようのない時代だからこそできた荒業だと思う
14  不思議な名無しさん :2016年09月15日 16:28 ID:VqpWzGJa0*
即身仏直接見に来いよ
15  不思議な名無しさん :2016年09月15日 16:38 ID:v2Sdnfmi0*
壮絶だな
そうまでして衆生を救いたいって気持ちはとても尊いけど
苦しみが地上から消えることはないもんね…
16  不思議な名無しさん :2016年09月15日 16:51 ID:JJX81qX50*
何が即身成仏だw。餓死しただけのこと。
密教では死ぬために修行をするわけで
マトモじゃないw。本来仏教では
自殺したものは無限地獄に落ち永遠に成仏など出来ない
と教えている。命の大事さを解いてるんだけどね。断食修行でどや顔決める
くそ坊主より、現実社会を生き抜く方が大変だし偉いよね。所詮現実逃避の思想にすぎんのよw
17  不思議な名無しさん :2016年09月15日 16:52 ID:f3sgo7zj0*
色即是空、空即是色の境地。

悟りを開くためには全ての欲を失くす事が必須だが、
その欲を失くしたい、という欲求さえも昇華させた
のが、この即身仏修行。

こんな荒行、頭おかしんちゃう?と凡人は思うが、
この荒行により、高次の霊界へ行ける。そして、もう
この世に生まれ変わらずに済む。つまり輪廻から解放
される。

ほとんどの魂は欲、執着から幽界へ引っ張られる。
そして記憶を消され、この世へ舞い戻る。この転生
をエンドレスで繰り返す。

この荒行により究極の快楽が得られる。それを知って
いるからこその行。
18  不思議な名無しさん :2016年09月15日 17:00 ID:g.Wf4XNo0*
自己満足もあるとは思うけど、世の末が来たら弥勒菩薩と共に人類救済に来る為に空海はミイラになった訳だし、やはり根幹は救世だろ。北欧神話の英雄が天国でラグナロクに備えるようなもん。ただしワルキューレじゃなく坊主が迎えに来る
19  不思議な名無しさん :2016年09月15日 17:06 ID:bQ.aNasdO*
お釈迦様はだれかをこえようとしたんだよ…誰だっけ…。見よう見まねのアホどもが死ねば済むと勘違い。結果的に、見よう見まねのアホどもはキリストさえもこえられず…。ただのムダ死に。

20  不思議な名無しさん :2016年09月15日 17:22 ID:UHwN643f0*
明日あたりやってみるか
21  不思議な名無しさん :2016年09月15日 17:33 ID:R..jfv620*
昔ミイラのひみつみたいな本があって、その中で日本のミイラとして紹介されてたなあ。
日本は湿気がすごいのであまりミイラ作りには適してないとか。
失敗例として、石室に入ったはいいがビビって逃げちゃうとかあったらしいね。
22  不思議な名無しさん :2016年09月15日 17:40 ID:zfun2ors0*
うちの会社に似た人がいるね。
ギャンブルが趣味。
23  不思議な名無しさん :2016年09月15日 17:58 ID:iJLky0sv0*
インドの修行僧は、ガンガン大麻焚きまくってるから
そのせいじゃないだろうか?
24  不思議な名無しさん :2016年09月15日 18:16 ID:mZRQv7YI0*
もっと辛い事に耐えながら生きてる人間が大勢いるが
なんでもうちょっと尊敬してやらんのかなと思う
25  不思議な名無しさん :2016年09月15日 18:34 ID:Yni7Q.wj0*
昔cisがやってたで
26  不思議な名無しさん :2016年09月15日 19:19 ID:qwEVD.2n0*
空腹に負けて粥食っちまった釈迦より精神力高そうに思えるんだが…
27  不思議な名無しさん :2016年09月15日 19:27 ID:MShA4ZfW0*
ここまでしても 所詮は歴史上の発明家や物理学者達による人類への貢献度に比べたらカスみたいなレベルだという事実
28  不思議な名無しさん :2016年09月15日 19:32 ID:JUouTmsQ0*
それだけ東北の農村が貧しく不条理で仏に縋ったって事だ
多くの民の苦行の代わりを纏めて荒行として行ってくれるから協力もし感謝もされている
29  不思議な名無しさん :2016年09月15日 19:45 ID:c.HsVpiG0*
極端な苦行は御免被りたいね
30  不思議な名無しさん :2016年09月15日 19:46 ID:KWKLcMyE0*
そこまでしたくなるってなかなかの
狂信者だよな…?
どんな心境なんやろか
31  不思議な名無しさん :2016年09月15日 19:52 ID:rdT1syfD0*
なんか犬夜叉でこういうのなかったっけ?
人々のために穴に埋まったけど穴の中で後悔して化けたようなの
32  不思議な名無しさん :2016年09月15日 20:40 ID:ppWgBsi50*
皆が幸せな世界には程遠いしなぁ
こういう過酷な死に方は誰が考えついたんだろう
33  不思議な名無しさん :2016年09月15日 21:45 ID:7.qI5j.y0*
即身仏になっても世の苦しみが消えるわけじゃないから意味が無い、というが
扱いとしては即身仏=仏≒救世主(神)なわけで、心の拠り所が一つ増える
しかも形を持ってそこにあるってのは、大いなる救いだと思う
信仰ってそんなもんだろ
34  不思議な名無しさん :2016年09月15日 21:49 ID:zmCl3SJ30*
人をそんなにまでして救いたいと思う気持ちはなにかね?
何か苦労して死ねば自分が幸せになると刷り込まれてるのか?
35  不思議な名無しさん :2016年09月15日 21:52 ID:aNU4KJSe0*
出羽山地の反対側秋田県では、真言宗はポピュラーじゃなくて、曹洞宗ばかりなんだよなぁ。
だから、秋田には近いけど、即身仏はいないんだよ。
36  不思議な名無しさん :2016年09月15日 22:59 ID:uOobhhFV0*
現代では飢饉もないし効果あった説もあっていい
すごく昔の祈祷だって効果があった結果で現在があるのかもしれないし
キリストもだけど自己犠牲が宗教を成り立たせる要素なんじゃないかな
37  不思議な名無しさん :2016年09月16日 15:09 ID:nLgG9pMr0*
神を信じなければ○すぞ!なキリストやイスラムと違って、信じるなら信じろ。苦行すっからな!だからなぁ。
38  不思議な名無しさん :2016年09月16日 16:16 ID:UU.JnIgV0*
一切の救いが無い世界で望める事は死後の極楽浄土しか無いんやで。多少頭が良い奴なら民衆の為に価値の無い命を即身仏になり救済したろ!て楽しみくらいするやろ。
39  不思議な名無しさん :2016年09月16日 19:44 ID:I62dQA7C0*
良く考えなくてもすごい件
40  不思議な名無しさん :2016年09月17日 00:23 ID:YfcLwGkG0*
※24
甘い甘い
41  不思議な名無しさん :2016年09月17日 22:23 ID:Z76Nec.20*
竹筒見ただけで即身仏だってピンと来た右京さんはい
42  不思議な名無しさん :2016年09月17日 22:24 ID:Z76Nec.20*
竹筒見ただけで即身仏だってピンと来た右京さんは異常だと思った。
43  不思議な名無しさん :2016年09月19日 00:05 ID:4u6NLAke0*
※34
お前には一生判らん
44  不思議な名無しさん :2016年09月21日 17:54 ID:eKJRMsCr0*
苦行の本質は自分の中にある欲求をとことん減衰させることでしょう。生きてる限り、肉体的欲求には抗えないわけだから、それを根絶しないと解脱できないというね。仏教には、そういうモーメントが確かにある。仏陀は中庸で悟ったことになってるが、俺ら凡人には無理だから、ミイラ目指す的な。でも、結局解脱に執着してるわけだから彼ら(即身仏)は解脱はできずに転生してるはずですよ。他者救済のための苦行ってのは観音信仰の変化形。後付け。
45  不思議な名無しさん :2016年09月28日 17:19 ID:b5fO4Unl0*
※43 お前分かってんのかよ スゲーな 説明してみろ
46  不思議な名無しさん :2017年02月06日 06:37 ID:rjaHUe1a0*
※45
説明しても理解できんだろお前

 
 
上部に戻る

トップページに戻る