まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

特攻隊ってマジであったんだよな…隊員の遺書や写真を見ると複雑な気持ちになる

2016年10月06日:18:23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 110 )

cached


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:12:55.982 ID:/CRZ1k1Q0
今の日本を考えると信じがたいがマジであったんだ……
日本も昔はキチってたんだな

引用元: 特攻隊ってマジであったんだな……







2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:15:35.159 ID:zlGtLabQ0
今の過労死とそう変わらんくね

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:16:20.410 ID:z36htOLl0
母上様御元気ですか
永い間本当に有難うございました
我六歳の時より育て下されし母
継母とは言え世の此の種の母にある如き
不祥事は一度たりとてなく
慈しみ育て下されし母
有難い母 尊い母
俺は幸福であった

ついに最後迄「お母さん」と呼ばざりし俺
幾度か思い切って呼ばんとしたが
何と意志薄弱な俺だったろう
母上お許し下さい
さぞ淋しかったでしょう
今こそ大声で呼ばして頂きます
お母さん お母さん お母さんと
s

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:18:15.273 ID:zlGtLabQ0
>>3
歌謡曲みたい

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:18:43.140 ID:z36htOLl0
僕はもう、お母さんの顔を見られなくなるかも知れない。
 お母さん、良く顔を見せて下さい。
 しかし、僕は何んにも「カタミ」を残したくないんです。
 十年も二十年も過ぎてから「カタミ」を見てお母さんを泣かせるからです。

 お母さん、僕が郡山を去る日、自分の家の上空を飛びます。
 それが僕の別れのあいさつです。
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/isyo/isyobun/mogiisho.html

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:19:31.995 ID:f713pFc/0
嫌な話だわな

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:22:27.897 ID:z36htOLl0
大石伍長・遺書

なつかしい静ちやん!おわかれの時がきました。
兄ちやんはいよいよ出げきします。
この手紙がとどくころは、沖なは(縄)の海に散つてゐます。
思ひがけない父、母の死で、幼ない静ちやんを一人のこしていくのは、
とてもかなしいのですが、ゆるして下さい。

兄ちやんのかたみとして静ちやんの名であづけてゐたいうびん(郵便)通帳とハンコ、これは静ちやんが女学校に上るときにつかつて下さい。
時計と軍刀も送ります。
これも木下のをぢさんにたのんで、売つてお金にかへなさい。

兄ちやんのかたみなどより、これからの静ちやんの人生のはうが大じなのです。
もうプロペラがまはつてゐます。
さあ、出げきです。
では兄ちやんは征きます。
泣くなよ静ちやん。がんばれ!

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:22:31.429 ID:2Swe+uTS0
これから死にに行くのになんでこんな優しい笑顔ができるんだよ・・・(´;ω;`)

no title

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:23:54.049 ID:JyO5h5goa
>>11
これ悲しい
けど美しい

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:10:17.683 ID:OCmdCU5n0
>>11
ある意味、生への執着を捨ててるからこそ出切る芸当なんだろうな
生きるってのは自分を守るために他人を傷つける嫌な行為だからね

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:23:52.212 ID:z36htOLl0
はじめありて 終りあるもの 鮮し
永らくのご厚思を謝す。何一ツ親孝行らしきことなき小生も、最初の最後の親孝行を致します。
忠孝一致、とは古人、実によく云ったものと感心します。ご両親の長命を切に祈ります。

日の本の空征くものの心なれ 散るを惜しまぬ桜花こそ

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:24:21.194 ID:f713pFc/0
俺には無理だ
何で他人の為に死ねるんだ

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:25:10.375 ID:z36htOLl0
一足さきに天国に参ります。
天国に入れてもらえますかしら。お母さん祈つて下さい。
お母さんが来られるところへ行かなくては、たまらないですから。 お母さん。さよなら。




やっぱカーチャンへの遺言がキツイなあ

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:25:47.919 ID:zlGtLabQ0
やっぱ特攻隊精神ってのは日本人の心にまだあるんじゃないかな
きっと時宜が合えばまた同じことをして散っていくんだろなあ

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:27:18.537 ID:JyO5h5goa
>>17
なんだかんだもしもだけど国が窮地に立たされたらやる人いるかもね
俺も国に貢献したいがいざ特攻するとなると普通に怖いし

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:27:15.755 ID:f713pFc/0
無駄死にでしか無い
最良の人間を最悪の人間が殺すんだろ?

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:27:37.825 ID:z36htOLl0
お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。胸は日本晴れ。本当ですよお母さん。少しも怖くない。しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。

それは、今日私が戦死した通知が届く。お父さんは男だからわかっていただけると思います。が、お母さん。お母さんは女だから、優しいから、涙が出るのでありませんか。

弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

お母さん。こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。しかしお母さん。考えて見てください。今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。

戦争はこの日本本土まで迫って、この世の中で一番好だった母さんが死なれるから私が行くのですよ。 母さん。今日私が特攻隊で行かなければ、年をとられたお父さんまで、銃をとるようになりますよ。

だからね。お母さん。今日私が戦死したからといってどうか涙だけは耐えてくださいね。
でもやっぱりだめだろうな。お母さんは優しい人だったから。お母さん、私はどんな敵だって怖くはありません。私が一番怖いのは、母さんの涙です
http://iinee-news.com/post-1180/

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:28:00.205 ID:fyQvjkfn0
アメリカも自国の兵士ボロクソに扱ってるけどね

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:28:37.860 ID:/2iVD8WO0
知覧の平和会館に特攻隊員が書いた遺書が多数保管されてるけど見るのかなり辛かったよ
http://www.chiran-tokkou.jp/

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:30:52.623 ID:bjw+vW/Sr
特攻隊の手紙には残された人の後の人生について語ったの多い。
つまりその人たちの為に死ぬという公の心があったという事だね。
決して日本が滅びるからという前提ではないのに、何でこれほどの覚悟を持てるのだろうか?

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:31:06.735 ID:/2iVD8WO0
戦争を美化しているだのなんだのって実際前線に出て散っていった青年兵士達の母宛の遺書見ても言えんのかっては思うよね

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:34:34.730 ID:zlGtLabQ0
>>25
美化できるじゃん
特攻隊は日本人の神話だよ

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:45:35.845 ID:/2iVD8WO0
>>29
そういうことじゃなくてわかりにくかったけど靖国の参拝くらい文句言うなって話
別に美化はせんでいいクソキチガイなことやってたのは事実だから

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:32:13.877 ID:z36htOLl0
志願者が多くて機体が足りなかったらしいな

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:35:28.635 ID:f713pFc/0
自己犠牲が出来る人間なんて大小の差はあれど頭おかしいだろ自分が生き残るってのを放棄するんだから
ISISがどうかは知らんが

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:37:33.121 ID:fyQvjkfn0
志願って言われてるけど半強制
ヒロポンやってただけ救い

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:40:55.178 ID:f713pFc/0
>>33
そこらへんは諸説あるけどどうなんだろうな
当時は一応ヒロポンの影響は士気向上や疲労回復って感じで過小評価されてたっぽいが

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:44:09.890 ID:32fBRM4Zd
>>35
むしろ、ヒロポンくらいさせないと途中で怖くなって狙いはずしたら怖いだろ

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:49:25.425 ID:fyQvjkfn0
>>35
特攻隊志願しなかったら馬鹿にされまくったんだって
末期だから若者が多くて逆らえないのもあるみたいで上官も恐ろしい
別の話では大陸に乗り込んで明日前線で突撃の前夜は酒振る舞われて皆泥酔だったそうな
生き残りの兵隊の爺さんとかに直接聞いた話だよ

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:50:54.995 ID:f713pFc/0
>>45
まあ負けた軍隊なんてそんなもんだよな
本土決戦になればどうなった事やら
彡(●)(●)「本土決戦したろ!」【第二次世界大戦の史実と闇】
http://world-fusigi.net/archives/8495065.html

ダウンフォール作戦

ダウンフォール作戦は、太平洋戦争時にアメリカ軍とイギリス軍をはじめとする連合国軍が計画した「日本本土上陸作戦」の作戦名である。発動前に日本が降伏したために、この計画は中止された。

ダウンフォール (Downfall) とは、英語で「失墜」「滅亡」などといった意味であり、1944年以降、太平洋やアジア各地で敗退を続けても、頑なに抵抗を行い続けていた大日本帝国に対し、その本土での陸上作戦を行い戦争を終結させるために検討された作戦である。

ダウンフォール作戦は次の2つの作戦(←wiki参照)から構成されている。
両作戦では、徹底的な海上封鎖を実施して資源の乏しい日本を兵糧攻めにするとともに、広島長崎に続く原爆投下、及び大規模な化学兵器の使用、農地への薬剤散布によって食料生産を不可能にする事(すなわち、NBC兵器の無差別投入や、マスタードガス、サリン攻撃も検討されていた)。

wiki-ダウンフォール作戦-より引用

Operation_Downfall_-_Map

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:40:57.447 ID:8tSX4je3K
回天
神風
桜花
伏龍
震洋
どれもキチガイ

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:44:59.000 ID:Fa4q9VnSd
惨めな自己陶酔やんな

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:45:17.707 ID:bjw+vW/Sr
1日に3000人ぐらいの民間人が米軍によって殺されてたからね。
特攻隊によって米軍の進撃が鈍る場合も結構あったから無駄死じゃないし、損害だけみても戦死者は五分だから。
でも数字の話したら誤解されるけど戦法としては下の下なのは否定できないな。

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:46:38.839 ID:DdoQ9/5w0
残れば残ったで生き地獄だろどうせ
なら誇り高き死を選ぶっていう精神状態
まあ今の感覚からしたら狂人だが当時を生きてたらそうおかしくない考え方だろう
ようは戦争は悲惨だってことだ

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:46:56.116 ID:f713pFc/0
結局戦争目的は達成出来なかったんだしそう言った観点では無駄死にだろう
結局悪いのは上層部とそれを支持した

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:49:47.536 ID:bjw+vW/Sr
>>42
一般人も支持してたね。マスコミによる刷り込みかも知れないけど

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:48:00.198 ID:VsLCWT4H0
餓死と爆死どっちが良いか天秤にかけた奴もいるだろうな

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:55:13.584 ID:hwkXqZxid
特攻隊組まれる前にも雷撃するときに墜とされそうになったら突っ込んでたらしいな
あとアメリカのパイロットも角度とか調整したあと脱出して戦闘機だけ突っ込ませたりしてた

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:55:30.925 ID:/2iVD8WO0
一応敵艦隊に恐怖を植え付けて上陸を遅らせた効果はあったから一概に無駄死にとは言えないよな

本来だったら相手の爆撃雷撃に耐えて少しでも敵機に損傷与えれば帰ってくれるのに
特攻目的で来られると絶対に1機も漏らさずに撃ち落とさないといけなくなったからな…

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 00:58:13.046 ID:bjw+vW/Sr
負けると無駄死と言われるのはベトナム戦争のアメリカもそうだからね。
勝てば正義負けたら無駄死というのはどっちも極端な考えだけど、それが戦争なんだと思うしかない。

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:04:28.076 ID:zNIqDEyf0
勝たなきゃ死んだだけ

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:09:55.691 ID:g+LtA1QO0
特攻隊って神風ばっかり有名だけど

回天(人間魚雷)は知られてないよね
回天とかいうマジ基地兵器
http://world-fusigi.net/archives/8249160.html

回天

60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:13:31.125 ID:OCmdCU5n0
あまり知られてないけど、気球に爆弾積んでアメリカ大陸まで風に乗せて届かせる作戦もひっそりとやってたよな
ダメージは0に等しいが一応いくつか届いてたらしい

風船爆弾

風船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争において日本陸軍が開発した気球に爆弾を搭載した兵器である。秘匿名称は「ふ号兵器」。「風船爆弾」は戦後の用語で、当時の呼称は「気球爆弾」である。戦果こそ僅少であったものの、ほぼ無誘導で、第二次世界大戦で用いられた兵器の到達距離としては最長であり、史上初めて大陸間を跨いで使用された兵器であり、実戦に用いられた兵器としても約7700km(茨城県からオレゴン州への概略大圏距離)は、発射地点から最遠地点への攻撃である。

■戦果
約9300発の放球のうち、アメリカ本土に到達したのは1000発前後と推定され、アメリカの記録では285発とされている。最も東に飛んだ記録としてミシガン州で2発が確認されている。 1945年5月5日、オレゴン州ブライで風船爆弾の不発弾に触れたピクニック中の民間人6人(女性1人と子供5人)が爆死した例が確認されている唯一の戦果である。放球は1945年3月が最終であるため、この5月の事故は冬の間に飛来したものが雪解けによって現れたのではないかと言われている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/風船爆弾

288px-Japanese_fire_balloon_Moffett

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:16:35.322 ID:/2iVD8WO0
>>60
2,3人死んだらしい確か


65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:20:16.608 ID:f713pFc/0
洗脳ってのは流石に無理がある
せめて強要くらいだろ有り得るとしたら

69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:22:38.172 ID:qqkCHgPG0
特攻隊は志願だったらしいな
もちろん同調圧力はあったろうけど

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:25:43.279 ID:g+LtA1QO0
軍艦1500隻が沖縄を包囲
no title

no title

日本軍「特攻してこい」

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:28:49.034 ID:2ObOJEh+0
別に普通に行っても落とされて死ぬ結果は変わらないのにね
特攻の異常性よりも勝ち筋なくなってもなお継戦を叫んでいた国内世論の異常性を論じるべきなんじゃないんですかね

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:30:05.302 ID:eu5CwnxP0
>>72
脱出できるかどうかは大きいだろ
回天なんか外から溶接されんだぞ

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/06(木) 01:21:21.129 ID:/2iVD8WO0
もう洗脳の域に近いし戦争とかいう異常な状態で精神が正常でいられるわけがない



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特攻隊ってマジであったんだよな…隊員の遺書や写真を見ると複雑な気持ちになる

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:28 ID:Bt18kJ5m0*
堺正章
2  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:31 ID:Z4vI0tdR0*
あの時代、世界全体が狂ってたからしゃーない
3  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:34 ID:Y0Rh5H7UO*
過労死と同じって書いてる馬鹿いるな、タヒりたくてタヒる訳じゃないんだぞ、軍から強制的に遣らされるし、NOっていえば非国民扱いで独房行き、更に戦争の最前線にGOだからな
4  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:37 ID:KxZARN750*
特攻作戦を決定した上層部は叩かれてしかるべきだと思うけど、行った人たちやその周囲を今の価値観で非難するのは、ね……。
5  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:38 ID:n4CqmXzj0*
もし自分の子供が殺されかけていたら、命に代えて親は守りに行くと思う
根幹にあるのはそういう心だったんでしょう
国を戦争に勝たせなくちゃ!っていうより本土にいる家族を守らなきゃならないっていう気持ち。

戦争と個人では規模はもちろん違うけど、そう考えれば納得できるし、現代のどこの国の人間でも同じことを選ぶ人が大多数なんじゃない?
そうやって散っていった人を狂ってるとかとても言えない。
6  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:43 ID:2UhxURJJ0*
やっぱこんな悲しいことはせめて日本では起きて欲しくない
中東アフリカ東欧ではまだあるからな
我に返ってくれんか
7  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:50 ID:l.kQ2mW90*
戦争に行きたくないのに行かないと村八分の時代だった。
美化してるって言うヤツの美ってなんだ?って思う。
自分死んだら愛する身内助かると思えば命出すのは自然だと思う。
8  不思議な名無しさん :2016年10月06日 18:53 ID:YyqA30fZ0*
しかも命中率激低でまさに人材の無駄だったという
9  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:02 ID:JOkEEcA20*
知り合いの爺さんの祖父が満州で切った中国人の首並べて記念に撮った写真が
出てきたって言ってた。
そういう時代。
10  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:07 ID:sOdspaKa0*
日本人の話だから俺らはことさら感傷的になるが、古今東西、兵士自身を誘導装置に使ってその命もろとも敵を倒す戦法がなかったわけでもないだろうよ。
というか、ちゃんと敵を多数殺せるなら極めて合理的な戦法だ。
士気が下がるからどこの軍も切羽詰まってからしか採用しないだけで。

特攻だの民間地原爆被弾だのをしたくないなら、戦争に楽勝で勝てるだけの軍備を整えましょう。
11  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:14 ID:DY6A.2.g0*
特攻隊員は同調圧力の被害者だろ
同情はするし馬鹿にもしないが賞賛するのはなんか違うと思うわ
12  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:21 ID:yCJqZ..V0*
家族の為だからと、そうでも思わないと飛行機ごと突っ込むなんて、とてもできないだろうよ
13  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:24 ID:J8xE.F4i0*
負けそうになってやむを得ず特攻を始めたのではなく
開戦初日の真珠湾攻撃から人間魚雷で特攻していたことには注意が必要。
そういうことを含めて、今日、戦前の国策を批判しようとすると
英霊を冒涜するのか、といって口封じに利用されるのは納得できない。
14  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:24 ID:g.pgU1Rq0*
今の感覚で「行きたくない」というのと当時の感覚で「散ってきます」は
同じ気持ちなのではないかと思う

結果がいまいちだった部分だけを取り上げて特攻をディスるやつは小心者だな
もし効果てきめんな作戦だったとしたらお前は賛成し行くのか
15  毛魔王 :2016年10月06日 19:25 ID:FISS0.UY0*
当時の日本は若者達が命を捧げても構わないと想われるほどの国だったってことだな
しかし今はどうだろうか
汚職政治家、若者を酷使する経営者、有事の際こぞって海外に逃げ出そうとする腰抜けのために命を捧げれるという若者が何人いるんだろうな
16  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:27 ID:Bsd7KJ7m0*
YouTubeの動画見てたら、周りもよく旗振って見送る事出来るなぁと思う。
昔の日本って北朝鮮と似てる
17  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:28 ID:RtUi7mm90*
韓国の馬鹿どもはこういう事実も綺麗事とぬかすんだろうなぁ。これだけで戦争全ては語れないしこれは悲惨な戦争の1面にしか過ぎないけど過去を歪曲して現代に持ち込む事の罪深さと愚かさを世界はもっと知るべきだと思う
18  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:30 ID:Jo2a1Vgq0*
余命宣告された人と同じで死が確定すると最後は清々しいまでに達観できる
19  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:30 ID:cvERjwnH0*
戦後まもなくに教育受けた連中は「もしせめて来たらみんなで死のう。憲法9条素晴らしい」だからな。小さいころになにかを強烈に教え込まれると、ああなるんだよ。
多くの人間が「人殺しちゃいけない」って考えてるのも洗脳だからな。何も教え込まれず、争いの中で育ったらそんな考えにならない。

※8
俺はそれなりに成果があったから続いた、という風に聞いた。
20  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:30 ID:Jo2a1Vgq0*
余命宣告された人と同じで死が確定すると最後は清々しいまでに達観できる
21  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:33 ID:Jo2a1Vgq0*
死ねば家族を守れるとでも思わないとやってられないよ
本当は無駄死にとわかってたのか完全に洗脳されてたのかはわからないが本当に可哀想
22  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:36 ID:N1dtNx9v0*
今の平和は激動の時代に国へ命を捧げてきた人達の上にある。
その英霊を祀っているのが靖国神社である。

首相や政府の官僚が参拝するのは
「二度とあのような間違いはしませんから」という反省の意と
国のために徴兵され命を失った兵士への哀悼の念からである。
それを韓国や中国、朝日新聞、毎日新聞は
官僚が靖国へ参拝した!などと騒ぎ立て、マスコミは批判として
書きまくる。日本国内でも反日が良しとされる時代があった。それは戦争、軍事アレルギーから平和ボケを発症し左翼に肩入れする。

しかし、今日の平和があるのはやはり自衛隊が国を守っているからである。航空自衛隊は常に日本の主権を守り、中国やロシアの領空侵犯に備えてスクランブル発進している。平和は武力で守られる。
これを忘れてはならない。武力を持たない国はチベットやウイグルのように併合されて自治区になるのがオチである。
23  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:38 ID:o5zVlfkX0*
牟田口みたいなクソ無能が生き残ってるのが胸糞悪いよな。
24  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:38 ID:NRq9FHyM0*
想像力のない人へ

もし家族や愛する人を少しでも守ることが出来る可能性のある手段が目の前に一つだけあったらどうする?
日本人が時として鬼にもなるとはそういうことだろうよ。
25  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:39 ID:gB97AWRv0*
生き残った元特攻隊員の話を聞いたことあるけど
周りから批判されて何度も死にたいと思ったと、、

悲惨な歴史で美化しちゃいけないよ
26  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:39 ID:czNSkAo.0*
祖母の兄が特攻隊だった
他の隊員と盃交わしてる時に玉音放送があって生き残ったらしい
27  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:40 ID:Mx1nqYda0*
沖縄戦における特攻の命中率はおよそ13%
与えた損害は撃沈40隻、損傷270隻
作戦参加1900機で与えられる損害としては大きく、ミサイル実用化前での命中率を上げる手段としては十分に効果的なのがわかる
ドイツもソ連も自国の都市部で女子供老人まで駆り出して戦闘を行っているあたり、国家総力戦時代において特攻はそこまで特異な精神で行われた作戦ではない
アメリカだってもし本土に攻め入られていたらどんな手でも使っただろう
28  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:41 ID:8T40l..o0*
喧嘩売って特攻までして負けてんだから笑えるw
29  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:42 ID:gB97AWRv0*
※24
圧倒的に負けていたのに特攻で無駄死する必要あったのか?
これは戦況を有利に進めてたと偽っていた国に問題があるけどね
今も昔も国は国民のことを考えちゃいない
30  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:43 ID:MobJGxO10*
>>3
最初の2行はマスに埋めて書いてあるけど途中からはみ出て書いているのはこの時代はそういう書き方があったの?
31  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:43 ID:N1dtNx9v0*
日本は喧嘩を売ったんじゃなくて買ったんだよ。
なぜ?って思うならそこまでだけど。
32  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:44 ID:cvERjwnH0*
※15
政治家や経営者のために戦ったのではなくて家族のためとかだろ。外国に侵略されたら男は殺され、女は凌辱されると思われていた。
俺の生まれ育った地域は戦争被害をほとんど受けてないからか国を悪く言ったり「悲惨な戦争をくりかえしてはなりません!」っていう人間はみたことないけど、戦争に負けたらひどい目にあうと思って、終戦をしって泣いたという話は聞いた。
33  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:47 ID:qdgnqdo.0*
※22自衛隊も憲法のせいで自衛能力が奪われてる感があるし
自衛の為の武力をちゃんと使えるように改正してもらわんとな

34  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:47 ID:AeO8.G8z0*
来世のオマイラの為に亡くなって逝ったんやで…ところが…今を生きるオマイラときたら…
35  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:47 ID:Jo2a1Vgq0*
日本人の精神とか言って舞い上がっちゃってる人いるけど軍上層部がアホ過ぎただけだぞ

自爆命令出せばどこの国でもやる
36  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:49 ID:Mx1nqYda0*
WW1の結果からすると、負けた方は国家解体、国土分割、軍備凍結、天文学的賠償金のフルコースだからね、おまけで共産化の可能性も
判定負けしそうだからこうさーん!とか出来ないし、相手も降参させない
そもそもね、戦力的に負けてる側が開戦したり終戦したりの決定権を持ってると思うのが間違い
戦う前から負けてる日本が出来たのは開戦のタイミングを数ヶ月前にするか後にするかだけ
あとは全部勝ってる側の都合
37  不思議な名無しさん :2016年10月06日 19:56 ID:SJQDtCQ60*
過去の事実だ。
美化もしないし利用もしない。
38  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:05 ID:7B9qPeHE0*
カタミは残しませんと言っておきながら自己陶酔な遺書はしっかり遺すとか
出撃前に投与された薬で頭アボンしてたんかコイツ

39  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:14 ID:ihDZtDVB0*
特攻を立案、命じた高級将校には重大な罪がある。
でも特攻で命をなげうった英霊を批評するな。
戦争がどんなに残酷なものかを後世の我々に伝え、
連合国の上陸を慎重にさせてくれたのだ。
負ける戦いに出るのはおかしいとか言っているが
昔の弁慶や楠木正成や真田幸村や土方歳三は
負けて死ぬのを承知で戦ったのだ。
今、生きている我々に残してくれたものに気付いてくれ。
40  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:19 ID:uySsB19P0*
勘違いがいくつかあるな。
①特攻を志願制にしてるのはかなり恩情があると言っていい。あくまで当時の感覚だけど。後ろから銃を持った兵士を並べて、「自爆せんかったらどうなるかわかっとるなゴラァ」した国は最低でも2国ある。
②アメリカ兵にレイポされた日本人女性は多数いる。捕虜となって人間扱いされなかった人たちも。
③日本はかなり早目に降伏を決断したと言っていい。国民がガンガン亡くなるのを尻目に上層幹部のみ逃げ回って『粘り勝ち』した国だってあるんだから。
④形見は残さんでいいってのは金に換えれるものは遠慮せんで売れってことだろ。遺書が金になるんかいノータリン。シャブでも打ってんじゃねえのか。
41  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:22 ID:6kOKiByi0*
彼らは日本人が生き残るために死んでいったのです
生きるために死ぬ
現代人に理解できる人がいたらまだまだ日本人も捨てたものでは
ないですね
42  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:39 ID:09l30XkV0*
殆ど効果もない特攻で死に追いやられた若い命。さぞ生きたかったろう、悔しかったろう。でも当時のクソ軍事政権下ではそう言う声を出せない。
当時のクソ政治家、昭和天皇は特攻を含む多くの軍人、日本人市民の戦死者を出したにも関わらず、責任は取ってない。彼らはもっと早く戦争を終わらせた事が出来たはず。
43  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:39 ID:05ntemdh0*
自分が母になってから読むと涙が止まらない。。
44  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:42 ID:TrrQFXK50*
私はいわゆるネトウヨだが肯定してはいけないのもの代表として特攻をまっさきに挙げたい。
これは絶対に許してはいけない愚行だった。
これは譲ることができない。
45  不思議な名無しさん :2016年10月06日 20:48 ID:TrrQFXK50*
>>13
>開戦初日の真珠湾攻撃から人間魚雷で特攻していたことには注意が必要。
知らなかった・・
新たな怒りがわいてくるよ・・
初めから人の命をもてあそんでいたんだな。
もちろんすべての軍人が狂っていたとは思わないが、旧日本軍には絶対に肯定してはいけない部分がたしかにあった。
ネトウヨだからこそこういうことをちゃんとみつめないといけないと思う。
46  不思議な名無しさん :2016年10月06日 21:04 ID:rxgwC6Dn0*
特攻隊は欧米諸国に恐怖を植え付けた。死を恐れない民族だと奴等は心底恐かったらしい。
今日、日本が一目置かれてる理由の1つと言っても過言ではない。
47  不思議な名無しさん :2016年10月06日 21:04 ID:w.55.KIr0*
>>45
「甲標的」でwikiを見よう
回天とは違うぞ
48  不思議な名無しさん :2016年10月06日 21:19 ID:SO1WiHSP0*
※24
死んじゃったら守れないよ。
特攻隊が10代20代の若年層中心にされたのも、悲しいかな世帯主ではなかったからだ。
49  不思議な名無しさん :2016年10月06日 21:25 ID:po4iHpFd0*
全体主義の悲しき犠牲者
特攻隊員は徹底的に弱者だった
彼らを虐げたのは米軍ではなく特攻作戦を立案した軍上層部とそれを許した日本国民
そして隊員たちを戦地へ送り出した彼らの父母
50  不思議な名無しさん :2016年10月06日 21:26 ID:eZWFB4C40*
何で親より子供の方が先に死ななきゃならんのよ
おかしい
51  不思議な名無しさん :2016年10月06日 21:31 ID:9L289BYs0*
特攻隊の人ならブラック企業だろうがなんだろうが余裕だろうな
52  不思議な名無しさん :2016年10月06日 21:34 ID:uSD5sium0*
特攻実行者は被害者であり悪く言うのは許さん

特攻をするほど戦局が悪化する前に降伏する必要があった
この責任から逃げた軍司令部の罪は糾弾されるべき

53  不思議な名無しさん :2016年10月06日 22:02 ID:SbWEEZCC0*
特攻隊の生き残りの爺さんはTVで特集とかあると決まって怒ってた
あんな悲壮感ばかり膨張した話は嫌いだってさ
54  不思議な名無しさん :2016年10月06日 22:18 ID:7UTxt2hE0*
強制に近かったとか思ってる人多いけど、拒否するぅ→そうかしゃーない、で終わりなんやけどな。
当然クレイジーな奴がいたのは否定できんけど、ソ連が味方を機関銃で追い立てて突撃させてたのより相当まともやで。
55  不思議な名無しさん :2016年10月06日 22:21 ID:3e9ndR8o0*
関東軍とかいう無能とそれに踊らされた国民
56  不思議な名無しさん :2016年10月06日 22:48 ID:3obugjul0*
イエスは言われた。
「国のために国民がいるのではなく、国民のために国があるのだ」
57  不思議な名無しさん :2016年10月06日 22:50 ID:sXYBFnfz0*
こうゆう作戦を考えだしたバカ上層部にはキチンと責任を取らせるべきだったな
58  不思議な名無しさん :2016年10月06日 22:55 ID:zcddJa890*
この国に色々と嫌気がさしてしまうこともあるけど、この国の未来は明るいと信じて散っていった人達を思うと申し訳なくなった
自分の子供たちをまともに育てるくらいしか出来ないけど、特攻隊で散った子供たちとその母ちゃん達のためにも子育てしっかり頑張るわ
59  不思議な名無しさん :2016年10月06日 23:07 ID:sUh9lbOX0*
こういうのを見ると、国の為、天皇の為とかそんな狂信的な事じゃなくて、ただ家族を守る為に出撃したんだと思う。
60  不思議な名無しさん :2016年10月06日 23:09 ID:EVKggBNt0*
ギャラはなんぼなの?残された家族不自由しない位はもらえるの?
61  不思議な名無しさん :2016年10月06日 23:14 ID:SaZJ9QNS0*
スレ主の子供の世代は徴兵制になるから、今のうたによく理解しとけ。
62  不思議な名無しさん :2016年10月07日 00:24 ID:LD48QkIk0*
無能な上が最も許せん
63  不思議な名無しさん :2016年10月07日 00:38 ID:8DXfDvuc0*
大戦について何といってくれても結構だが、
当時の人間だって大正までは下らない話題を追って、
悪所にも行けばより悪い妄想もする普通の人間だったんだ。
但しその「普通の暮らし」には致命的な欠陥があって。

今と同じく当時の日本も貿易で食っていたのだけど、
それを担保するものが今のように信用や技術ではなく、
武力と領土だった上に、富の総量も金本位等色々あり制限があった。
制限のある富に無限の物欲がぶつかるとシステムが破綻する。
公共事業であった軍が幅を利かす良く知られる方の昭和前期は、
日本の選択と言うより世界の動きに対する対症療法という面が強い。

大恐慌の発端でもあるアメリカが一番の金持ちだったこともあり、
誰も新しい経済体制への展望と責任を負えないまま旧秩序の拡充が当座の対策となる。
つまり、植民地のある国はそこからの収益を。
植民地のない国は重工業振興と在来権益確保を。
両者ともにいつかは行き詰るから、
その時にはどこかを潰してその分け前を─19世紀への回帰ともいえる

独ソ戦のような絶滅戦争はそうした動きの帰結でもあり、
日本はこういう物騒な世界で有色人種なのに最後まで残ったが、
45年からの数年は毎日のように究極の選択を迫られることになった。

初めに言ったように当時を何といっても結構だが、
特攻は俺らと同じ人間が、後世俺らをこき下ろすであろう人々にも、
普通の生活をしてほしいと決断したからこそ選ばれた行動なんだ。
それを忘れないでくれ。
64  不思議な名無しさん :2016年10月07日 00:39 ID:x59.Dkx30*
同じ事思っていますが今でもそのような国があることに胸が痛みます
65  不思議な名無しさん :2016年10月07日 01:25 ID:MD2cr8k20*
これを洗脳というなら今の時代も相当洗脳された社会だわな
66  不思議な名無しさん :2016年10月07日 01:29 ID:FJnKO7870*
開戦初日から人間魚雷

しっかり勉強してから書いてね。
回天と甲標的は違いますよ。
甲標的も回収不可能だから十死零生ではあるが。


風船爆弾を馬鹿にするのも如何なものかと。
当時アメリカも発見できていなかった季節型偏西風(ジェット気流)を利用した真っ当な作戦。
今でも天気予報で「季節型偏西風」の言葉を聞けるのは当時の大発見があったからこそ。
67  不思議な名無しさん :2016年10月07日 01:32 ID:PNOno.Ub0*
今の日本人にはこんな事できないと思うわ
俺にもできん
いくら異常な時代だったといえそんな覚悟を持てた人は凄いと思う
68  不思議な名無しさん :2016年10月07日 02:01 ID:gDSr2Ssy0*
精神が異常だとか高潔だとか、特攻した兵士の心情を推察したところでわかるはずもない。決行する日の朝どんな気持ちで目覚めたのかなんて本人以外知り得ないことじゃないかな。
推察が無駄とは言わないけど、推し量ろうとするのはどうしてか侮辱しているように思えてしまう
69  不思議な名無しさん :2016年10月07日 02:21 ID:lrVdscCB0*
無駄かもしれないとわかっていてもそれで家族や恋人の命の危険がほんの少しでも軽くなると信じて戦うのが男なんだよ

そんなこともわからんのかお前らは
70  不思議な名無しさん :2016年10月07日 02:24 ID:lrVdscCB0*
ゆとりとさとりで男が死に絶えたのかなこの国は
情けない
71  不思議な名無しさん :2016年10月07日 02:51 ID:8DXfDvuc0*
>69
一部の意見に反駁する為に全員を敵に回す物言いをするのは、
共同体の防衛に責任を負わんとする男子にとって愚策と思うがどうかね
72  不思議な名無しさん :2016年10月07日 03:58 ID:qdkwNF7B0*
この間知覧で一通り見てきた
遺書にはやっぱり「母上」「親不孝者でお赦し下さい」「華麗に散つてゐきます」「日本萬歳」「必中必殺」そういうものが多かった
中でも心に残ったのがいくつかの事柄を綴っていたもので、第一に「天皇陛下萬歳」第二に「先立つ親不孝者をお赦し下さい」第三に「母上へ感謝の言葉」と「家族を心配する言葉」が綴られたものだった
館内を見て回って涙が止まらなかった
73  不思議な名無しさん :2016年10月07日 04:27 ID:EzQeK2IN0*
その時代が日本として正しい姿だって言う人が政権運営してるのはおまえら的にどうなのよ?
74  不思議な名無しさん :2016年10月07日 04:30 ID:tDwAxg2Y0*
※70
戦争で色男が死にすぎたからな
75  不思議な名無しさん :2016年10月07日 04:31 ID:f00lp6VL0*
うちの亡くなった爺さんが特攻隊員で、8月17日に特攻予定だったので助かった。
終戦が遅れてたら自分は存在するしなかったんだなと思うと共に、特攻で亡くなった隊員が生きていたら…と考えてしまう。
戦争はいかんね。
76  不思議な名無しさん :2016年10月07日 04:32 ID:HOZRN0js0*
当時の上層部や政治家が悪いって?まあ正しくもないけど戦争なんてそんなもんだよ。1兵士の命なんて虫けら同然。まだ神風特攻部隊は遺書を残せたりして英霊として祀ってもらえるが、ソ連を見てみると、ソ連のジューコフ将軍はドイツ戦で歩兵に地雷を抱かせて戦車に突っ込むように指示、ゼーロウ高地では戦車数を保つために歩兵に横一列で対戦車地雷原を歩かせて、その後を戦車が進むという作戦を取った。この残虐な作戦がスターリンに気に入られスターリンの大粛清を生き残った。敵よりも味方を殺した方が多いと言われている。そんなジューコフも日本軍と戦っている。日本軍の青年将校は勇敢だが、ステッキを持った高級将校はどれも無能とこき下ろしている。

全体主義っていうけども、戦時下になれば国が一つになるしかない。戦時下で個人主義がどうとかなんて、とても無理。
当時は覇権の時代。アジアで欧米列強の植民地にならなかったのは緩衝地帯のタイ王国と日本ぐらいなもんだろう。
全てにおいてアメリカに圧倒的に負けているのに戦わざるをえなかった苦渋の決断、葛藤。あの時代の歴史は近いようで非常に奥が深い。教科書に載っているような薄っぺらい内容ではない。

全体主義アレルギーや戦争アレルギーで反日になったり平和ボケになるのはお門違いだと思うが、戦後の日本はそうなってしまった。でも戦後から今日まで、日本の平和と主権を守りたいという自衛隊員達のおかげで今日の平和がある。
77  不思議な名無しさん :2016年10月07日 05:26 ID:BBs89asF0*
追い込まれる前の開戦当初からやってたいたから酷いとかいう理屈はおかしいだろ。そもそも一番最初の開戦前から、とてつもなく不利な状況で始まった戦争なんだから。不利な状況ならやむを得ないという理屈ならば、特効をする理屈としては十分通ってるだろ。
78  不思議な名無しさん :2016年10月07日 05:39 ID:BBs89asF0*
68
自分達が何を思い、何を守りたくて戦い散っていったのか。それを孫やその次の世代が考え、心を寄せてくれている。
それを知れば、当時の人たちも報われる思いになるんじゃないかな。
少なくとも忘れられるよりかはずっと良いと思うよ。
79  不思議な名無しさん :2016年10月07日 06:43 ID:VsHlQkIv0*
むしろ日本は初期から積極的に特攻すべきだった
桜花のような急造品ではなく、専用のパイロットと機体を準備して
第二次世界大戦はその後の世界を左右するあまりに重要な戦争だった。日清や日露で勝てたとしても、ここで負けては意味がない
アメリカは当時から正義と人権の国だったから、特攻作戦なんて間違ってもできない。つまり、特攻は日本がアメリカに対して優位にたてる数少ない要素だった

戦争は勝たなければ意味がない。負ければ全てを否定される。当時の日本を守るべくたたかった兵士達すら、海外では洗脳されたバカボム扱いだ。
戦後70年、日本は未だに負けたツケを払うことを強いられている
80  不思議な名無しさん :2016年10月07日 07:13 ID:acnQxYfV0*
今の大卒とは偉い違いだ
昭和平成生まれに大日本帝国を叩く資格はない
ましてやヘイトスピーチなど許されない
そんなに戦後派は高潔なのか?
81  不思議な名無しさん :2016年10月07日 07:21 ID:NAhs.Xku0*
日本のために死んで行った人を無駄死にだとか、上官がバカとかいうのはおかしい。あの犠牲の上で今の日本が成り立っているのに。そりゃ今の価値観で語れば特攻は馬鹿げたものでしょう。日本人の戦前の価値観は敗戦で消えてなくなったんだよ。
82  不思議な名無しさん :2016年10月07日 07:41 ID:qksH0Raa0*
その意思は日本の会社がしっかり受け継がれてるよな
弱いものほど犠牲になる

>>81
バカはお前だよ

>>日本のために死んで行った人を無駄死にだとか
弱いものいじめで特攻させられただけ

>>上官がバカとかいうのはおかしい
バカなんてもんじゃないゴミくずだよヒトラーに似てる

>>あの犠牲の上で今の日本が成り立っているのに
その結果得たもの、原子爆弾と今でも続くアメリカの奴隷

>>そりゃ今の価値観で語れば特攻は馬鹿げたものでしょう
今も昔もないバカ、バカな国ほど弱いものいじめが強い

>>日本人の戦前の価値観は敗戦で消えてなくなったんだよ。
しっかり残ってる、同調圧力連帯責任奴隷労働弱いものいじめ

83  不思議な名無しさん :2016年10月07日 08:33 ID:RlzVC0y60*
ここまで日本にさせたアメリカこそがキチだとなぜ気付けないのか・・・。
84  不思議な名無しさん :2016年10月07日 09:03 ID:5UA2frmvO*
アメリカンスナイパーってイーストウッドの映画を見ると
私もこう思うだろうな
って思えた
この感情は特攻隊の人の中にだってあったと思う
家族がいる場所を守りたいって強い気持ちだよね
85  不思議な名無しさん :2016年10月07日 09:21 ID:efSHFIu90*
回天は特攻の島でやってなかったっけ?
86  不思議な名無しさん :2016年10月07日 09:26 ID:GU7ZVYia0*
茨城にある予科練博物館行ってきたけど一緒に行った家族と号泣した
予科練は狭き門で、入れたら給料も入るし家族のためになる!と
大喜びで入学したんだそうだ
それが最終的に手紙を残して死にに行ってしまうだなんて悲しすぎた。
87  不思議な名無しさん :2016年10月07日 10:32 ID:zv7XhjPG0*
巷で言われているよりも成果があった。
だからと言って肯定はしないが。

特攻隊員の生き残りに話を聞いたというのがよくあるが、いつ聞いたんだろ?つい最近も生き残りから聞いたと騙った左翼が居たね。辻褄が合わないのも都合よくスルー。当てはまる人は存在しなかった。
88  不思議な名無しさん :2016年10月07日 10:40 ID:zv7XhjPG0*
デマを真実のように書き、それを鵜呑みにする人。ちょっとは自分で調べたらどうですかね?自作自演してる人も居そうだね。本当に醜い
89  不思議な名無しさん :2016年10月07日 11:15 ID:NBrZ0zxs0*
臨戦時は回天内で待機だけど敵を発見できなかったら一旦出るんだから
ハッチをわざわざ溶接するわけねえだろ
発見していざ出撃って時はスポット溶接すらする暇もない

常識で考えろ馬鹿
90  不思議な名無しさん :2016年10月07日 11:24 ID:QxafRs8n0*
機体価格的には一般庶民にとっては文字道理、個人に取っての生涯棒給先取りの最高級棺桶ではあっただろうけど
91  不思議な名無しさん :2016年10月07日 12:23 ID:rThxK1gE0*
※87
昔は普通にテレビのインタビュー受けてたよ。
92  不思議な名無しさん :2016年10月07日 16:57 ID:ksuCSE1.0*
作戦考えた奴はのうのうと往生したからな
93  不思議な名無しさん :2016年10月07日 18:57 ID:gFLx8L6O0*
余った人員を有効活用する為に作られたのが伏龍(マジで)
ま、他の特攻隊もそういうもんやで
知らなかったとはいえ、そんなもんに自ら志願して死んだんやから救えない話やな
その犠牲者は賞賛するべきじゃないわ
94  不思議な名無しさん :2016年10月07日 19:02 ID:gFLx8L6O0*
笑顔で死んだ人も居たそうやが、実際は何割かは土壇場(文字通り)で泣き喚いて暴れたそうや
人間やからしゃあない話やけど、傍目から見たら明らかに犠牲者やろコレ
95  不思議な名無しさん :2016年10月07日 19:21 ID:gFLx8L6O0*
>臨戦時は回天内で待機だけど敵を発見できなかったら一旦出るんだから
ハッチをわざわざ溶接するわけねえだろ
>発見していざ出撃って時はスポット溶接すらする暇もない
>常識で考えろ馬鹿

人員を有効活用する為に特攻させてたキチ軍が、常識的な感覚を持ってるわけないだろ
96  不思議な名無しさん :2016年10月07日 19:27 ID:gFLx8L6O0*
「何の成果も!!得られませんでした!!!」

あの漫画の隊長は泣いて謝ってる分だけまだマシ
日本軍にはその意識が殆ど無かったよね
部下に玉砕を命じて自分は逃亡した指揮官とか
97  不思議な名無しさん :2016年10月07日 20:26 ID:hfFxisMsO*

今の日本を彼らが見たら、こんなクズ共のために俺達は死んだのか……と嘆くだろうな。
98  不思議な名無しさん :2016年10月07日 21:40 ID:HOZRN0js0*
今日も日本周辺を中国の戦闘機、ロシアの爆撃機が飛行して航空自衛隊がスクランブル発進。これが毎日。
99  不思議な名無しさん :2016年10月07日 21:59 ID:SQqKcJvX0*
戦争なんだから異常な時代だよ。
だから戦争はしたらアカンねんな。
悲しいけど偉大な人達やほんま。
100  不思議な名無しさん :2016年10月07日 22:36 ID:3dSVRCXp0*
※95
狭い潜水艦の中にわざわざ溶接道具持ち込み、わざわざ溶接する理由はなんだよ。発射したらどうせ水圧で開けられるわけもないのに。

特攻にしろ回天にしろ何かしら可能性があるからやる価値がある。溶接は本当になんの意味もない。こういうのを信じてる連中は本当にバカだな。
101  不思議な名無しさん :2016年10月08日 00:27 ID:Jrotb5w70*
通州事件のようなことをされても戦争を選択しないことが正義だったとは思えない。当時の日本は軍人から一般市民まで一丸となって日本のために戦ったのだ。決して洗脳されていたわけでも基地外だったわけでもない。
102  不思議な名無しさん :2016年10月08日 01:09 ID:2wDjluAY0*
状況によっては無理するだろう。その典型例だ。
隊員個々人に対しては畏敬と感謝のみ。
問題はそのような状況に追い込んだ軍上層部の
稚拙な計画と無知無責任。
103  不思議な名無しさん :2016年10月08日 03:36 ID:uURoUujT0*
特攻隊とは関係ない通州事件の話を始めるバカ
104  不思議な名無しさん :2016年10月08日 07:16 ID:JkHqTlut0*
特攻はこの時代の日本ではしょうがないと思うけど、美談にして映画にしたり日本の誇りとか言うのはマジキチだと思うな。
これは日本の恥
105  不思議な名無しさん :2016年10月08日 10:43 ID:o5sbYg3Z0*
若者は特攻で死んでいったのに
東京裁判を逃れて寿命まで全うしたクソ共がいるのが一番腹立たしいな
106  不思議な名無しさん :2016年10月08日 16:37 ID:bm6JhJJY0*
こないだ学徒兵の精神誌って本読んで悲しくなった。
107  不思議な名無しさん :2016年10月09日 12:58 ID:vtQRk2D10*
靖国にはこういった若者たちは祀られてないって聞いたけどね
東条みたいな上層部だけ
108  不思議な名無しさん :2016年10月10日 13:46 ID:fD3Pt.ef0*
命がけで戦ってくださった英霊方に報ゆる道はただ一つ。
経済、外交、防衛あらゆる手段をもって我が国を盤石の安きに置くあるのみ。
109  不思議な名無しさん :2016年10月10日 14:05 ID:ZoANZF0Z0*
最初の写真は穴澤さんだね
すごく恋人の事を大切に思っていたから最後まで女学生が花を振って見送ってくれたよ。
女を大事にする人はそうなんだなとこの写真見るたびに感無量。
110  不思議な名無しさん :2016年11月09日 01:33 ID:4jP81M5K0*
戦果あるとか正気かよ
ほとんどゼロに等しかったそうじゃないか
あと日本人だから特攻精神が芽生えるとかやめてくれ
非常時には環境の変化でみんな頭おかしくなるんだ
監獄実験とかみるとわりと本気でそう思う
だから日本人の性質とか聞くと気が狂いそうだ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る