まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

5億年前の最強生物アノマロカリス!古代の生物ってなぜこんなにも魅力的なのか

2016年10月13日:16:06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 22 )

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:52:37.16 ID:UBmdg0gT0
no title

s

アノマロカリス

アノマロカリスは、約5億2,500万- 約5億0,500万年前の海に棲息していた捕食性動物である。アノマロカリス科(en)の模式属で、突出して著名な1属である。

バージェス動物群(約5億0,500万年前に棲息)の代表的動物として広く一般に知られるようになったが、更に古い時代に属する澄江動物群(約5億2,500万- 約5億2,000万年前に棲息)にもその姿を見出せる。一方で、バージェス頁岩累層より新しい地層からの出土はほとんど無い。

現在知られている限りカンブリア紀最大の動物であり、当時の頂点捕食者(生態ピラミッドの最高次消費者)であったと考えられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アノマロカリス

カンブリア紀

カンブリア紀(カンブリアき、英: Cambrian period)は地質時代、古生代前期における区分の一つで、約5億4200万年前から約4億8830万年前までとされる。

カンブリア紀では、先カンブリア時代によって形成された海洋が地球上のほぼ全てを覆い尽くす。海中では様々な種類に至る海洋生物が現れ、中でも三葉虫等の節足動物が繁栄し、藻類が発達した。むしろ、これ以前の時代からは化石がほとんど得られなかったことから、化石に頼って時代区分を行っていた頃にはこの時代までしか区分ができなかった。そのため、カンブリア紀が従来はもっとも古い名前の付いた区分であり、それより古い地層はカンブリア紀以前というしかなかったのが、「先カンブリア時代」の名の由来である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/カンブリア紀

引用元: 5億年前に世界の覇権を握った最強の生物wwwwwwww







2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:53:27.82 ID:X9PfIY3q0
つよい

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:53:37.26 ID:UBmdg0gT0
no title

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:53:58.65 ID:UBmdg0gT0
no title

54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:03:44.37 ID:QA/Ka5gDd
>>5
楽しそう

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:54:44.63 ID:D5gWUFRc0
言うほど覇権か?

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:55:15.68 ID:kEfQWsy50
勝因はなんや?

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:56:03.04 ID:UBmdg0gT0
>>9
この時代で一番デカい

全長40cm

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:58:48.71 ID:0EWYE4mvM
>>13
え、そんなもんだったっけ
1mくらいなかったか

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:00:07.67 ID:49YCnMFwd
>>23
2mの化石が中国で見つかってたような

アノマロカリス

バージェス動物群の中で最も大きな動物であり、中国の澄江動物群としては体長2mのアノマロカリス (A. saron) の化石も確認されている。

全体はやや扁平な狭い楕円形で、頭部と胴部の間がややくびれて区別できる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アノマロカリス

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:55:44.38 ID:DiIXWB3u0
この頃の人類や魚類の祖先は、いわゆる背骨のついたナメクジだった

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:56:31.35 ID:UBmdg0gT0
>>11
ピカイアやな

ピカイア

ピカイアは、約5億0,500万年前(古生代カンブリア紀中期)の海に棲息していた原始的脊索動物。バージェス動物群に属する。ピカイアの存在は、脊索動物が他の多くの動物門と同様、カンブリア爆発の時期に登場したことを示唆している。

1911年に多毛類として記載(学術的発表)された化石種であるが、1979年に始原的脊索動物に分類し直されて以降、より古い時代の動物群(澄江動物群)が知られていなかった1980年代後半までの10年弱の間は、脊椎動物の直接的祖先もしくはその近縁と考えられていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ピカイア

Pikaia_Smithsonian

wst1606030091-p3

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:56:06.58 ID:HxOIcLka0
イッチはなんでピカイアが生き残ったと思っとるん?聞かせてくれ

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:58:45.15 ID:X9PfIY3q0
>>14
光を感じる受容体があったとかやなかったか

24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 02:59:29.81 ID:DiIXWB3u0
未だにオパピニアは、あの形状ではない気がする

まともな化石が見つかっていれば仕方ないけど 納得はしてないな

オパビニア

オパビニアは、約5億2,500万- 約5億500万年前(古生代カンブリア紀前期中盤[カエルファイ世アトダバニアン末期]- 中期後半[セントデイヴィッズ世メネヴィアン中期])の海に生息していた動物。バージェス動物群に属するものの一つ。 オパビニア属は O. regalis (オパビニア・レガリス)の1種のみで形成されている(2009年時の知見)。

属名は発見地近くのオハラ湖の南東部にあるオパビン峠から命名された(「オパビン」は現地の言葉で「岩」を意味する)。オパビン峠はハンガビー山とビッドル山の間に位置する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/オパビニア

737px-Opabinia_BW

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:00:29.88 ID:HxOIcLka0
バージェス動物群すき
エディアカラ動物群嫌い

37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:01:20.32 ID:X9PfIY3q0
>>33
エディアカラはほんま生きてるだけって感じやな
つまらんわ

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:01:12.43 ID:RmHpuGTGa
エビかと思って化石集めたら化け物だったってのがおもろい

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:04:18.06 ID:Faa4V21b0
カンブリア生物大爆発からの大絶滅
怖E

64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:04:23.03 ID:E6H09NEU0
地学の資料集に載ってたわ

65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:04:53.86 ID:UIDfQTY70
500万年後に派遣を握る生物wwwwwwwwwwwww
no title
5000万年後の生物やばすぎワロタ
http://world-fusigi.net/archives/7437287.html

72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:06:22.37 ID:Cuv5Iln00
>>65
マンアフターマンすき

74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:06:36.62 ID:HxOIcLka0
>>65
フューチャーイズワイルドやな
ワイは人類なんてとっくに滅んでると思うわ

67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:05:27.58 ID:DpoJ5QdRa
深海の淵のこういうの居そうだな
海は謎多いし新発見楽しみ

69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:05:58.72 ID:IASyG2ND0
この時代の生き物の試行錯誤感ある造形好き

70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:06:00.28 ID:X5wGT/2d0
no title

81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:08:45.26 ID:j2rV3+4Ua
>>70
漂流教室すこ

79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:08:19.77 ID:D5gWUFRc0
ワイはシルル紀デボン紀がすきや
ダンクルオステウスとかいうパワー系ガイジほんとすき

93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:10:45.32 ID:zsfphHpI0
こいつNHKで出てたな
鮫の先祖みたいな奴にやられてなかったか?
目の性能が違いすぎるとかで

95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:11:16.53 ID:X9PfIY3q0
>>93
生命大躍進やろ
ワイも見とったでそれ

97: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:11:53.36 ID:i2HFJMJr0
>オーストリアの動物行動学者だったコンラート・ローレンツ(Konrad Lorenz)( 1903年~1989年)は、「アノマロカリス」が温暖な古生代に絶滅してしまった理由は、ただただ本能の中で
>「殺しつくすこと」「獲りつくすこと」「食べつくすこと」に対しての「歯止め」が効かなくなってしまったからだと想像しています。
http://taira710.exblog.jp/19715201/

110: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:14:23.35 ID:NB6LLqc4M
>>97
ヒエッ…

98: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:12:05.38 ID:9PeSvniF0
アノマロカリスは成長のストッパーが存在しない(生きてる限り無限に巨大化する)から強いんだゾ
生まれたばっかは他の生き物と同じぐらいだけど数メートルの大きさにもなるんだゾ

112: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:14:39.55 ID:HxOIcLka0
>>98
本当だとしたら面白過ぎるやろ
確かにアノマロカリス系統多いもんな

162: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:26:31.48 ID:6KRSTc9c0
>>112
甲殻類はみんなそんな感じやろ

117: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:16:21.80 ID:V67pkGb+0
>>98
伊勢エビもそんなんだっけ

103: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:12:53.15 ID:yMXsNvK/0
こんなんが実在した現実
no title

114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:15:10.84 ID:/qs0/i6f0
>>103
こいつ確か燃費悪すぎて滅びたんだよな

106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:13:02.20 ID:X9PfIY3q0
ダンクルオステウスは咬合力生物史上最強やぞ
ダンクルオステウスとかいうでっかい魚wwwww
http://world-fusigi.net/archives/8322132.html

ダンクルオステウス

ダンクルオステウス(Dunkleosteus:ダンクルの骨 の意)は、古生代デボン紀後期の北アメリカ大陸、及び北アフリカに生息していた板皮類の属の一つ。日本語ではダンクレオステウス、ダンクレオレステス、ダンクルオレステスとも呼ばれる。

体長は6-10m程と推測されており、現在発見されている限りでは最も大きな板皮類の一種である。
この魚は、当時の生態系の頂点に立っていたと考えられている。
wiki-ダンクルオステウス-より引用
no title

no title

107: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:13:05.57 ID:pGNsny3a0
クソデカいのに木の上のもん食べるためだけの奴おるよな

113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:15:00.07 ID:HxOIcLka0
>>107
メガテリウムか?

メガテリウム

メガテリウムは、新生代第四紀更新世(164万~1万年前)ごろ、南アメリカ大陸に生息していた巨大なナマケモノの近縁属である。和名は大懶獣(だいらんじゅう)またはオオナマケモノ。

地上性のナマケモノとしては最大級であり、成長すると全長6~8m、体重3tにもなった。
wiki-メガテリウム-より引用

Megatherum_DB
メガテリウム復元想像図

no title

111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:14:36.11 ID:6rTGN+FR0
こんなん見てるとハンマーヘッドシャークとかも当たり前のように受け入れられるな

115: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:15:38.36 ID:1MRVEoyZ0
でもシロナガスクジラよりでかい生き物って過去の合わせてもあんまりおらんのやろ?
現代もやるやんけ
8dc4788f

232: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:59:05.80 ID:FfgIGWJbd
>>115
セイスモサウルスでも勝てんな

でもあの頃の海の中ならまだ発見されてない超巨大な爬虫類いそうな気がする

118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:16:42.04 ID:NB6LLqc4M
シロナガスクジラはロマンある

123: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:18:45.79 ID:8P3bJtka0
一億年後はイカが上陸してくるらしいな

124: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:18:51.26 ID:Faa4V21b0
海サソリを襲うダンクルオステウスとガッキー
no title

128: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:19:37.41 ID:HxOIcLka0
>>124
こいつ胴体わからないやろ
板皮類やから

189: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:33:59.85 ID:24ecs1Pka
>>124
こいつ好きやけどこんなん海を徘徊してるとか怖すぎやわ

125: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:19:06.05 ID:+MGJTHqx0
昔は蛇ももっと大きかったんか?
にょろりさん大好きや

150: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:24:02.29 ID:1MRVEoyZ0
>>125
調べてみたらティタノボアとかいうやつらしい
でも最大で12~15mやって
思ったよりしょぼい

ティタノボア

ティタノボア Titanoboa はヘビの属の一つ。学名は「巨大なボア」を意味する[1]。K-T境界の1000万年ほど後となる、約6,000-5,800万年前に生息していた。Titanoboa cerrejonensis の1種のみが知られており、これは既知の種の中で史上最大のヘビである。

2009年、フロリダ大学の脊椎動物を専門とする古生物学者Jonathan Blochとパナマのスミニアソン熱帯研究所の古植物学者であるCarlos Jaramilloが率いる国際科学者チームの遠征によって、28個体の化石がコロンビア、ラ・グアジーラ県にある炭鉱内のCerrejon累層から発見された。この発見以前には、南アメリカの暁新世の熱帯地層から脊椎動物化石はわずかしか発見されていなかった[4]。この脊柱の化石を現存するヘビと比較した結果、T. cerrejonensis は最大全長12-15メートル、体重およそ1,135キログラム、最も太い部分の直径は1mと見積もられた。
wiki-ティタノボア-より引用

no title

no title

182: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:32:40.34 ID:+MGJTHqx0
>>150
わざわざ調べてくれたんやなサンキュー
思ったほどでかくはないけどそんだけあれば見応えありそうやな

132: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:20:39.63 ID:1wt2WzgDM
何度見ても吹く

134: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:20:47.62 ID:Ot3W6gned
ワイら人間ってものすごくコンパクトサイズになったんやな……

137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:21:31.79 ID:ciCtVWPL0
なんで進化で生物ってコンパクト化するんだ?
ゴキブリも30cm以上はあったんやろ?

143: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:22:58.88 ID:HxOIcLka0
>>137
体が小さくなるって事は燃料も少なくなるってことやからな

144: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:23:05.12 ID:X9PfIY3q0
>>137
地球の自転がトロくなって重力がでかくなったのと
酸素が薄くなって体型を維持出来なくなったとか
コンパクトの方が必要なエネルギー小さいし理に適っとるやろ

142: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:22:34.35 ID:dXTu59Le0
カンブリア紀の生物って自然淘汰は機能してたんか
おかしな生物多すぎやろ

153: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:24:17.92 ID:HxOIcLka0
>>142
生物の実験場って言われてるしな
ちな一億以上続いてる

149: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:23:55.43 ID:BQ5/b63s0
no title

no title

195: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:36:26.75 ID:tFbCTHxXd
>>159
というか絶対に恐竜の想像図現物と大きく違うわ
シャチのこの骨から見たらワニみたいな顔でもっとスマートだと思うもん

158: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:25:33.76 ID:laRGiyWUa
いうてもシロナガスクジラだって一億年前行ってもそこそこ通用するデカさやん
あいつだけなんかおかしくね

161: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:26:02.99 ID:n1z+HWf/d
子供の頃この手の図鑑読んでるだけで楽しかった

169: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:28:11.08 ID:HxOIcLka0
>>161
ボロボロになるまで読んだ本は後にも先にも図鑑だけや

173: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:29:15.72 ID:DiIXWB3u0
カンブリア~シルル・デボン紀のファンは、恐竜はあまり好きじゃないんだよな。

ロマンの感じ方が違うというか、進化における形状がまるっきり違うからな。

175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:30:50.28 ID:dgUI4uvkd
絶滅した生物ってかっこいいフォルムしてる奴多いンゴねぇ
古代生物のフォルムってワクワクするよな
http://world-fusigi.net/archives/7916557.html

no title

176: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:30:54.39 ID:tx+JGUDsa
人間の最終形態wwwww
no title

no title

no title

179: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:32:05.58 ID:399pplc80
>>176
ありえない

190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:34:09.83 ID:1T0FET4NM
>>176
たまにこんなおっさんおるやろ

205: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:41:49.55 ID:Wtxyzz900
>>176
これ確か事故っても死なないようにって構造考えただけやで

交通事故が起きても人類で唯一生き伸びることができる人物「Graham」 - GIGAZINE

移動や輸送に便利な自動車でも、いざ事故が起こってしまうと怪我をしてしまったり、場合によっては命を落としてしまうこともあります。人間の体は自動車事故に耐えるようには作られていないのがその理由のひとつではあるのですが、それでは実際に人間が自動車事故に耐えられるように進化したら?というテーマで生みだされたのが、架空の人物「Graham(グラハム)」です。
http://gigazine.net/news/20160722-graham/

no title

187: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:33:43.50 ID:399pplc80
いくら頭と首が大切だからといってこんなんなるか?

178: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:32:02.42 ID:HxOIcLka0
生物って絶滅する直前に変な形になるよな
ニッポニーテスとか

ニッポニテス

ニッポニテス Nipponites (「日本の石」の意)は中生代白亜紀末に日本列島・カムチャツカ半島などの沖の浅海に生息していたアンモナイトの一種である。いわゆる異常巻アンモナイトとして知られる。

種として認識された後も、このような異常巻アンモナイトは、アンモナイトが進化の袋小路に入り系統としての寿命が尽き、異常な巻きが生じた奇形的なものと解釈されてきた。発見者の矢部は巻き方に規則性があるという見解を示したが、この説は長く顧みられることが無かった。後になってコンピュータシミュレーションによってアンモナイトの殻の成長を再現することにより、規則性が発見された。類縁種であるユーボストリコセラス・ジャポニカム(螺旋がほぐれてコルク抜き状になっている)が、螺旋の成長を左右へ定期的に蛇行させることにより、この形状が再現される。現在では異常巻であるという見解は訂正され、むしろアンモナイトが様々な環境に適応して進化した例とされている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニッポニテス

799px-Nipponites

nippo2

192: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:34:47.25 ID:Px0a9GWja
ダウン症とかって進化の兆しだったりするんやろか

198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:37:43.65 ID:o8A7KPxZd
海洋生物とかいうロマンの塊

200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:38:09.43 ID:N5KYFpk+0
アノマロカリスが凄いのは口の形なんだよなあ
非常に優れているくせして現代には似たような形状が存在しない摩訶不思議やで

204: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:41:09.75 ID:I2F2bJVe0
>>200
構造が複雑過ぎるんだよなぁ…
シンプルイズベストやぞ

211: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:44:36.00 ID:u2IJWpGPa
>>200
摂食機関としては優れとるかも知れへんけど合理性では攻撃用の道具も兼ねた今の上顎下顎+歯の方が優秀やない?

210: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:44:01.80 ID:YwUsBuIX0
海泳いででアノマロカリスとか海サソリおったら死ぬほど怖いよな
なんであの時代の生き物揃いも揃ってキモいねん

218: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:48:16.98 ID:foqVzCOx0
所属タクソン(分類群)不明。現生のどの動物群とも類似していない

これ完全に地球外生命だろ

220: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:49:05.74 ID:nqZTJbMa0
何故古代生物は巨大化してしまうのか

221: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:50:08.70 ID:PJco1gRX0
>>220
酸素が豊富だから

215: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 03:47:26.26 ID:d13ippax0
つかティラノが毛むくじゃら説ってあり得ないよね







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5億年前の最強生物アノマロカリス!古代の生物ってなぜこんなにも魅力的なのか

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

過去の人気記事ランダムPICK UP

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年10月13日 16:38 ID:NMBzzLZ70*
>>97
人間のこと?
2  不思議な名無しさん :2016年10月13日 16:49 ID:yaG3qe.G0*
※1
お前は何を言っているんだ
3  不思議な名無しさん :2016年10月13日 16:57 ID:q4VuM6XP0*
アノマロカリスもハルキゲニアもワケわからん。
なにをどうしたらあんな形になるのか?
4  不思議な名無しさん :2016年10月13日 17:08 ID:yaG3qe.G0*
※3
奴らが我々を見たらきっと同じことを思うさ
5  不思議な名無しさん :2016年10月13日 17:39 ID:udn5Jq930*
進化が進んで段々洗練された形になったのが今なんだろうな
先祖帰りしてアノマロカリスみたいな口のエビとか発見されないかな
6  不思議な名無しさん :2016年10月13日 18:27 ID:UjT.BZWV0*
イッチは去年の国立科学博物館の「生命大躍進」に行ったのかな?
アノマロカリスが主役でヌイグルミまで売ってたで
進化に大きく貢献したのは目だと言ってたな
ワイは昔から大絶滅のところで泣いてしまうんやで
科博は良いよね
そろそろ野鳥グッズに新作出てないか観に行こうかな
7  不思議な名無しさん :2016年10月13日 19:32 ID:A27K.QMi0*
アノマロカリスの頭なんかに似てると思ったらフォーク投げる時の指の形か
8  不思議な名無しさん :2016年10月14日 01:21 ID:nPsLitUV0*
アノマロカリスとかオパビニアとか
形が異様過ぎて未だにどうにも信じられない つか信じてない
ありゃ共生関係にあった複数の生物が寄り添ったまま化石になった姿なんだと...
ハルケギニアなんて当初考えられていたのと上下と前後が逆だったって言うじゃねぇか
いかに考古学者の想像力というか妄想が当てにならないか物語っていると思う
9  不思議な名無しさん :2016年10月14日 02:36 ID:BJO.IcGw0*
シーモンキーって形だけならアノマロカリスに似てると思う
10  不思議な名無しさん :2016年10月14日 08:32 ID:HICT0XCc0*
215は何を根拠にありえないって思ったんだろう?
11  不思議な名無しさん :2016年10月14日 13:25 ID:.vOTcU2B0*
絶滅で泣いてしまう※6と友達になりたい
アノマロカリスかわいいよね
12  不思議な名無しさん :2016年10月14日 13:39 ID:n4MpBgpa0*
ありえない(俺様が納得できない)
13  不思議な名無しさん :2016年10月14日 18:56 ID:j3csEQXj0*
古代生物ってごま油で炒めてナッツ和えたら美味そうだなっていつも思ってしまう
コリコリしてそうなんだよなあ
14  不思議な名無しさん :2016年10月15日 07:13 ID:RFSeoizL0*
オパビニアの化石みたけどアレって結構小さいのね。三センチくらい。
それでちょっと苦手克服できたかな。
海サソリはヤブァイ。二メートルくらい。
化け物や。
15  不思議な名無しさん :2016年10月15日 12:44 ID:EXoGryxK0*
ピカイア起源説なんてもう否定派が大勢なんだけど
16  不思議な名無しさん :2016年10月15日 12:50 ID:PVTgyA160*
マンアフターマン
>体は物凄い変化してるのに顔だけ人って無理があるだろ?
17  不思議な名無しさん :2016年10月15日 12:52 ID:VGv6T1mY0*
本能のまま食いつくす、頃しつくす。
人類が絶滅して地球環境が古代化したら
エビが大型化して同じようになるんや。
18  不思議な名無しさん :2016年10月15日 22:49 ID:0iK8IKZw0*
充分現代でもオーバースペックな怪物揃い
19  不思議な名無しさん :2016年10月17日 02:34 ID:sEyOTkq80*
※8
古生物学者と考古学者の区別も出来ない野郎の粗末な脳みそがどんな大した想像力してるのか興味深いですなぁ
アノマロカリスなんてアノマロカリスだけじゃなく近縁の化石がいくつも見つかってるからたまたまそう見える化石しか出てきてないということはない
アノマロカリスもオパビニアも体制としては節足動物に近いとされているから実はそこまでぶっ飛んだフォルムしてるわけじゃない
むしろ元スレで小馬鹿にされてたエディアカラ生物群の方が現生のどの生物にも似てないぶっ飛んだ形してる
20  バーミリオン :2016年11月12日 13:07 ID:STXOK.rS0*
アノマロカリスの口は今のカギムシの口がほぼ同じ形だが?
21  不思議な名無しさん :2016年12月04日 08:13 ID:WW4ylc.90*
アノマロとか三葉虫とかすきだな

こち亀の日暮の家にアノマロとか三葉虫がわいてたのみて
心底うらやましく思ったものだ
22  不思議な名無しさん :2017年01月05日 23:35 ID:jOy.1nu70*
未だにピカイアが人間の祖先だと信じてる奴おんのか
それより古い地層から魚類の化石が発見されてるのにな

 
 
上部に戻る

トップページに戻る