まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

傷ついたDNAを修復するソルフェジオ周波数と言うものがある。他、音楽にまつわるオカルト

2016年10月17日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 28 )

1: 本当にあった怖い名無し 2012/03/15(木) 22:45:12.63 ID:s5pmVtQm0
なかったので立ててみた

123






3: 本当にあった怖い名無し 2012/03/15(木) 23:41:43.85 ID:mO4QmRPiO
特定のリズム(危険だから書かない)と特定の位相(危険だk を組み合わせると、人は容易に恍惚状態にも恐慌状態にもなる。

特定の周波数帯と特定のリズムを組み合わせると、自律神経系に支障が現れる。
特定の周波数帯と特定の音圧を位相差を起こし発生させると、人体に有害な効果をもたらす。

5: 本当にあった怖い名無し 2012/03/15(木) 23:52:58.76 ID:iuuTiYNI0
>>3
それやったのがビートルズじゃなかったっけ?
どっかの研究所とグルになって。

13: 本当にあった怖い名無し 2012/03/16(金) 17:10:24.56 ID:JNel7+v90
>>3
何も知らない人ですがなんとなくわかりますよ
ああこれはノイローゼになる音楽だ。。。ああ、これは気持ちよくなるように作ってる音楽だとか
海外のほうがそういう技術はすごいですよね

日本は技術があまりないのか歌詞に洗脳を刷り込むのが多いです

7: 本当にあった怖い名無し 2012/03/15(木) 23:59:19.31 ID:mO4QmRPiO
正確にはオックスフォード大学の音響工学研究所とBBC。

初歩的な科学的アプローチを始めたのはナチス、と言われてるがわからない。
ただ、音響機材の進歩とビートルズは密接に絡んでるのは業界では有名な事実。

12: 本当にあった怖い名無し 2012/03/16(金) 12:45:01.93 ID:8F4SqGR80
「暗い日曜日」はテンプレ   かな

暗い日曜日

暗い日曜日は、1933年にハンガリーで発表されたヤーヴォル・ラースロー作詞、シェレッシュ・レジェー作曲による歌である。初めてレコーディングされたのはハンガリー語で1935年。英語での最初のレコーディングは1936年である。ハンガリー語の原題のSzomoru vasarnap(ソモルー・ヴァシャールナプ)の意味は「悲しい日曜日」。自殺者の出る曲として有名。
https://ja.wikipedia.org/wiki/暗い日曜日


14: 本当にあった怖い名無し 2012/03/16(金) 21:06:23.92 ID:LwMUa5QY0
音楽好きとしては期待したいスレだが、ぶっちゃけ音楽にまつわるオカルトってあんまりないよな・・・

17: 本当にあった怖い名無し 2012/03/17(土) 01:45:05.42 ID:rEzRkyaZ0
>>14
けっこうあるよ。
ヘンデルのメサイアは自動書記的にかかれた、であったりモーツァルトのレクイエムは死宣言されて書かれたとか、リストのある曲(題名忘れた)はワーグナーの葬式のビジョンを見て書かれた(その後本当に死んだ)とか逸話は腐る程ある。

サティは薔薇十字団だし、有名な作曲家はメーソンが多い。

29: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 17:59:54.76 ID:mpWvA5KQ0
>>17
一応言っておくけど今のメーソンと昔のメーソンは全然違うぞ

15: 本当にあった怖い名無し 2012/03/16(金) 21:08:05.66 ID:ShBuaK4Y0
和音が心地よく聞こえるのはなぜ? 科学で説明できるか?
このあたりからして、すでにオカルト。




18: 本当にあった怖い名無し 2012/03/17(土) 01:50:33.80 ID:rEzRkyaZ0
>>15
協和音と不協和音は時代によって違ったりする。
昔はドとファの4度が不協和音扱いされてた時もあるし。
和声法の学術的基礎を築いたラモーでは、自然倍音率から科学的に和声の進行を説明しとりますね。

25: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 14:20:38.57 ID:QlVVXPdN0
>>18
時代によって違うのって興味深いな。
人間の精神状態が違うってのが理由かな。

26: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 14:39:51.31 ID:nowq9bQd0
>>25
>人間の精神状態が違うってのが理由かな。

少なくとも科学的には説明は厳しいかと。
科学的に協和音と不協和音は明確に定義できるので。
変わってるのは文脈(曲)の中における協和音と不協和音の定義。
この変化は感性/情緒的な事柄が原因なので、精神状態の変化に確かに対応してるのかもね。

20: 本当にあった怖い名無し 2012/03/17(土) 05:30:45.42 ID:nFDVeH6B0
それより黒板を爪とかで引っ掻いた時の音。
あれって何で苦手な人が多いんだ?
スレチだけど不協和音より気になる。

38: 本当にあった怖い名無し 2012/03/19(月) 15:39:45.45 ID:5wwKVmQo0
>>20
トリビアかなんかでやってたけど、
猿が危険を知らせるときかなにかに
発するキッーという鳴き声
その周波数に酷似してるとかなんとか
猿の進化形の我々がすごい嫌悪感を感じるのはそれの名残だって。

21: 本当にあった怖い名無し 2012/03/17(土) 13:54:28.19 ID:rEzRkyaZ0
人は2000-4000Hzが最も不快と感じるから。この周波数帯の音は、特に外耳道の中で増幅されやすい。
特定の周波数帯をもつ音が外耳道の中で増幅され、その成分を多く含む音が、不快な音として感じられやすい、が定説っぽい。

脳が記憶している、潜在的危険信号に似てるからってのもあるけど。

22: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 03:01:45.08 ID:EFMdXYQO0
音楽のオカルトって
音楽に幽霊の声が入ってるとかのことじゃねーの?

23: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 07:44:14.07 ID:hpQR6+200
>>22
それでもいいんじゃないか?

24: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 14:11:20.86 ID:Ai4HjIpfO
>>22
幽霊の声なんてのは大概はマスタリング時のミスやノイズ。
ただ、スタジオによく出るのは割とマジ。
看護師や医者についで見れてるんじゃないかな、て個人的な経験からは思う。

30: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 20:21:43.16 ID:mGWFYY9m0
人間をコントロールする「国家標準音」に隠された謀略
『ジョン・レノンを殺した狂気の調律A=440Hz』
レオナルド・G・ホロウィッツ著 徳間書店
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198633436/

音楽学者やクラシックの音楽家たちは、『デビルス・トーン』(悪魔の音)または『デビルス・インターバル』(悪魔の間隔)が、
『528Hzのミ』と『741Hzのソ』から成ることを知っている。そしてマイケル・ウォルトンはソルフェジオ(音階)の741Hzが、
「平均律A=440Hz」の「F#」と完全に一致することを発見した。そしてこの平均律、つまり国家標準音は、
ロックフェラー財団によって制定されている。なぜなら彼らの戦争研究の中で、その音が発する周波数が心理的社会的ス
トレスや病気を作り出し、「集団ヒステリー」を作り出すことが判明したからである。

32: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 21:54:26.10 ID:TwEiTvjn0
>>30
え、つまりソルフェジオ音階って悪魔の旋律ってことか?
よく聞いてるんだけども

33: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 22:58:36.17 ID:mGWFYY9m0
>>32
ソルフェジオ自体が悪ではなく、あくまで741Hzの強要が問題みたい
上に引用した本は528Hzをプッシュしてるよ

人体に存在する7つのチャクラの一番下にある尾てい骨のチャクラを、C=528Hzで始まるスケールにチューニングすると、
F#(741Hz)は喉(意志)と心臓(直感)の間を分断する位置にあります。ホロウィッツ博士は、741Hz(平均律=440Hz)の強要には、人間から超人的な直観力を切り離そうという意図があると言っています。


528Hzの持つパワーについては、以前から日本でも一部の人たちの関心を集めていましたが、日本語の情報がほとんどないことなどから、ごく限られていました。2011年大震災以後、原発事故により大量の放射性物質が放出されたことで、我々日本人は放射性物質との共生を余儀なくされています。そこでにわかに注目されたのが、528Hzの「傷ついたDNAを修復する」働きです。

放射性物質により外部、内部から被爆すると、DNAが損傷します。損傷したDNAは、癌や白血病を引き起こします。その損傷を528Hzが修復するというのです。そのメカニズムについては、第12章に掲載されています。

35: 本当にあった怖い名無し 2012/03/19(月) 08:37:33.71 ID:GWHI0Isi0
>>33
なるほど、安心したありがと

31: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 20:34:49.10 ID:mGWFYY9m0
放射線で傷ついたDNAを修復する周波数528Hz
http://www.youtube.com/watch?v=TNiyCZ_9nL0&feature=player_embedded


396ヘルツ・・・罪・トラウマ・恐怖からの解放
417ヘルツ・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進
528ヘルツ・・・理想への変換、奇跡、細胞の回復
639ヘルツ・・・人とのつながり、関係の修復
741ヘルツ・・・表現力の向上、問題の解決
852ヘルツ・・・直感力の覚醒、目覚め
963ヘルツ・・・高次元、宇宙意識とつながる
トラウマ解放からDNAの修復まですごい作用を持つ音「ソルフェジオ周波数」
http://world-fusigi.net/archives/7242893.html

ソルフェジオ周波数

34: 本当にあった怖い名無し 2012/03/18(日) 23:42:57.19 ID:sHHpXamD0
カールマイヤーってどういう曲なんだ?
悲鳴とかしか聞こえなかったがどういう意図があってあんな曲作ったんだ?

36: 本当にあった怖い名無し 2012/03/19(月) 10:55:44.95 ID:2RZ6kHc10
>>34
いわゆる現代音楽かと
前衛的な表現を求めた結果不気味な雰囲気になったりすることもある

↓余談だけどこんな例があったりするw

タモリと灰野敬二
ttp://tjmhndrx.seesaa.net/s/article/221333506.html


45: 本当にあった怖い名無し 2012/03/30(金) 17:50:34.86 ID:HPDLkStp0
♪センパ~イ

50: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 18:45:30.43 ID:zopV0KwE0
プログレは聞いてて気持ちいい

56: 本当にあった怖い名無し 2012/04/26(木) 10:28:50.09 ID:mVLb1Ntz0
ジャムセッションつって何も取り決めのない状態からアドリブやなりゆきで
徐々に音楽の体をなしていき、仕舞いには恍惚感を伴う高揚まで昇れることが極々稀にある。
大の大人数名が目に見えぬ『音』を縫い合わせ鳥肌立てて恍惚としていく様は心霊現象に近いと言える。
ただ、狙えばいつでもそこまで逝けるってもんでは決してない。
用語ではその瞬間を終奏後「…今、降りたろw」というくらい音楽の神様は気まぐれ。
時に世界的天才のステージで微笑み、時に裏通りのガレージバンドのそばに降り立つ。

61: 本当にあった怖い名無し 2012/04/30(月) 20:08:26.47 ID:4PkQ/Alw0
>>56
あるねぇ、ライブでの真島昌利のギターでそれを実感したことがある
ファンの間でもちょっとした伝説になってる

68: 本当にあった怖い名無し 2012/05/16(水) 16:44:29.21 ID:EUds+E9U0
バンド名が漢字三文字なバンドは必ず事故に遭う

酔奴隷、藍華柳、我覊道、確か全て高速道路上でのバンド車の横転
酔奴隷と我覊道はその事故によりボーカルが亡くなってる

後はロックミュージシャンはやたらと早死に

84: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 08:51:21.27 ID:bV5oeGsn0
王道な話しだけど
・27才クラブ?(最近だとエイミーワインハウスさんが亡くなりましたね)
・レッドツェッペリンのクロウリーの屋敷関係?とか、星座について
こんなんもありますよね

87: 本当にあった怖い名無し 2012/06/11(月) 10:56:23.50 ID:6+PYtP4R0
音大生は、
バッハの平均律又はショパンのエチュード(木枯らし)、
をやっている時に、
自殺してしまう人が多いそうな。

やたらと難しいのに暗くて弾き映えしない曲なので、
限界を感じてウツっぽくなってしまうのだとか。

88: 本当にあった怖い名無し 2012/06/11(月) 22:42:03.70 ID:/jHPf0xhO
>>87
難しい、の定義が両者は少し違う。
共通するのは脳の回路調整。技術や技巧て呼ばれるとこ。

違うのは、平均律は精密なモノクロ写真や水墨画。
ショパンのエチュードは真逆のカラフルな世界。

弾けないんじゃなくて、それらの完成度の高い世界に入り込んで調整しなくちゃいけないから難しい。

97: 本当にあった怖い名無し 2012/06/14(木) 15:35:30.98 ID:rF3CK/zUO
イーグルスの「ホテル・カルフォルニア」が、実は悪魔教の賛美歌だという話を昔ムーか何かで読んだんだが、これホント?

111: 本当にあった怖い名無し 2012/07/26(木) 09:05:41.00 ID:IwNi+rmxO
心霊ドラマだとピアノが勝手になるってパターンが多いよね

119: 本当にあった怖い名無し 2012/08/16(木) 11:59:09.81 ID:+x5VRUWsO
80年代PVの不気味さは、聖飢魔Ⅱみたいにオカルト風味を芸風としてるメタル(当時も今も世界中にいっぱいいる)ならまだしも、
全然オカルト関係ないサザンとかユーミンとかまで揃ってオカルトなシンボルを散りばめてる点にあるのだよ

125: 本当にあった怖い名無し 2012/09/30(日) 20:51:59.44 ID:akSPm7HFQ
前の旋律が終わってないのに次の旋律が被さると
聴く者が不安を感じる…みたいな話を昔テレビでやってた
うろ覚えの上に説明が下手でゴメン
図で説明すると

――
  ――
   ――

こんな感じ
例えば危険を報せるサイレンとか
ヒッチコックのサイコのテーマとか

131: 本当にあった怖い名無し 2012/10/25(木) 11:36:09.00 ID:JeW5IPau0
>>125
バッハのフーガなんて全曲そんな感じじゃん。


132: 本当にあった怖い名無し 2012/10/30(火) 05:14:48.17 ID:1OLKRZDx0
古い話で恐縮だけど
阪神大震災の3日ほど前に、掃除してたら急に「そして神戸」って歌の
「神戸~」っていう鼻歌が口を突いて出てきた
続きが思い出せなかったけど、「あれ?なんでこれを歌ってるんだ、自分?」って不思議に思ってたら
3日あとに神戸で地震が起きてビックリ
そもそも、その歌が全然好きでもなんでもなかったし、演歌にも全く興味がなく
周囲にそのファンがいるわけでもなく。

133: 本当にあった怖い名無し 2012/10/30(火) 11:15:26.30 ID:iDye9Hge0
>>132
ひえ~怖いね。
東北の時は何か前触れありました?

134: 本当にあった怖い名無し 2012/10/31(水) 10:48:21.65 ID:6N3hzP+v0
>>133
東北のときは、2か月ほど前に大津波らしき夢を見たぐらいですね
歌でどうこうってのは、神戸のときだけだったな

142: 本当にあった怖い名無し 2012/11/22(木) 07:10:56.34 ID:LpqPddUX0
ジーザス&メリーチェインというイギリスのバンドは聴いてると体調崩す

151: 本当にあった怖い名無し 2013/01/08(火) 17:40:25.56 ID:bJyT6QAO0
BSの動揺・日本の歌番組で
例のてるてるぼうずの首ちょんぱと、浦島太郎が帰ってきた後の
歌をやっていた。

152: 本当にあった怖い名無し 2013/01/28(月) 14:44:25.28 ID:nE0GHyiR0
>>151
童謡の歌詞って怖いの多いよね。
【童謡】歌にまつわるうすら怖い逸話【民謡】
http://world-fusigi.net/archives/6599873.html

157: 薔子 2013/02/23(土) 03:37:23.43 ID:sflhTwTn0
現代音楽って理解まではできないけど中毒になるね

159: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 22:06:22.05 ID:PX8su/+i0
大体において音楽の12音、これがすでに聖書を読み解くキーワード。

キリストの12使徒、ユダはトライトーン。
これが分かる人はいるかな?
音楽の勉強をしたことがあるなら分かるのだけれど。
ドからオクターブ上のドまでの中間の音、完全5度の半音下
♭5thこそが、クラシックの世界では忌み嫌われる
デヴィルズノート。悪魔の音。
これを多用した音楽がブルース、ジャズ、ロックンロール。
悪魔の音楽と呼ばれる。
その音はトニック=神に対して全く相容れない要素を持つ
反目の音。最凶の不協音

完全5度とはトニック=神と一番相性の良い音で
ドミナントと呼ばれ、トニックの次に支配力がある音なのだ。
それすなわち神の子、キリスト。

神とキリストの橋渡しをする聖霊の役目は完全4度。
サブドミナントと呼ばれ、キリストの次に支配力のある音。
これすなわち、ホーリーゴースト。

これがキリスト教で言う「神と聖霊と息子」

160: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 22:14:35.36 ID:PX8su/+i0
では、♭5thは?

キリストを売ったユダであり、神に反目する堕天使、ルシファーでもある。

パーフェクト4thミカエルとパーフェクト5thキリストの
真ん中にあって最凶の音。

これはキリストが荒野をさ迷った際の最後の誘惑ともとれよう。

人が聖霊の導きにより神の子へと至るその道筋に
悪魔は手ぐすね引いて待ちかまえているということに他ならない。

161: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 22:21:24.46 ID:PX8su/+i0
聖書の黙示録に出てくる7つの教会。

音楽にはチャーチモード、教会旋律
という物があって、7つに分類されている。

イオニア(アイオニアン)
ドリアン
フィリジアン
リディアン
ミクソリディアン
エオリアン
ロクリアン

これらにはそれぞれの役割があって、その音階は
それぞれの地方の教会に対応している。

ここで言う教会とは、あなた方の身体にある寺院、すなわちチャクラである。

神の住む宮=人体とキリストは説いている。

162: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 22:35:19.18 ID:PX8su/+i0
このスレでもフレクエンシーによる癒しとか語られているが
それらのHzはチャクラ(教会)に対応しているのだから当然のことといえる。

極論を言えば

この世はすべて幻だ。

すべて実在しているように見えているだけ。

音楽を学ぶこととは神の力=「この世をあたかも本当に存在しているかの如く現している力」
その基礎を学ぶことに他ならない。

163: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 22:45:14.11 ID:PX8su/+i0
全ては光によって造られている。

その光の波動を音楽のようにハーモナイズさせ、様々な事象を絵画の如く
目視できるフレクエンシーレベルにまで下げたのが、この世の中。

それが神の御業、全ての天使が学ばなければならない事柄。

だから、堕天使が魅せるヴィジョンは不完全で落とし穴があるのですよ。

例の秘密結社がプロデュースするような世界にはね。

164: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 22:56:01.64 ID:PX8su/+i0
素晴らしい風景が脳裏に思い浮かぶような、優れた音楽家の作品は
かなりその神学音楽の学びのレベルが進んでいるといっていいでしょう。

その反対に人々を混乱と狂気に誘うようなサウンドは
悪魔側の影響を多大に受けているといえる。

165: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 23:04:56.87 ID:PX8su/+i0
さて、そろそろこの世も終わりに近づいてきましたね。

私も行かないと。

ここに書いたことは私がピタゴリアン教団で教わった事柄で
これこそが宇宙、この世の真実です。
これは門外不出で、世が世なら私は破門されているところですが
終わりの時に少しでも多くの方々がこの真実に気づき
本当の光を理解できるようにとシェアしました。

本当のアセンションとは意識の改革、心の出す波動のシフトに他なりません。

この真実をもとに、既存の悪夢からあなた方が脱出できますように
心からお祈りしています。

聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな。 

166: 本当にあった怖い名無し 2013/02/28(木) 23:14:40.38 ID:nFgUOZa6O
参考になりました。
ありがとう。

168: 本当にあった怖い名無し 2013/03/01(金) 16:33:38.58 ID:LzGl3M+T0
最近のロックはあまり知らないけど
♭5thを使ったブルースやロックンロールなんて
想像がつかない。ジャズだとモダンから。
ブルーノートスケールだと♭するのは、3と7だし。

169: 本当にあった怖い名無し 2013/03/02(土) 01:21:23.53 ID:IuY/6m3N0
ビバップやハードバップのアドリブソロなんて♭5thバリバリやん。

178: 本当にあった怖い名無し 2013/03/04(月) 02:43:07.45 ID:Ls306Yo90
このスレすごく面白い!語ってくれてる方々に感謝

179: 本当にあった怖い名無し 2013/03/04(月) 04:05:44.90 ID:POnYhZSF0
今までありそうでなかったスレだな
タイトルに惹かれて来てみたらとんだ良スレでワロタ

なんかしっかりと音楽を学んで、多分人より秀でた感性の領域に達した人達の前で
自分が怖いと思ったサウンドの話披露するのも恥ずかしいけれど…

自分のお気に入りのホラー映画の恐怖演出サウンドはサスペリアと死霊のはらわただ
ああいうのはなんか良く勉強したってよりは、人の本能的に嫌悪感のある音だったり
不安になる音だけ集めて無教養に作られたように聞こえたけど
実際はやっぱり計算されてるのかねえ?

180: 本当にあった怖い名無し 2013/03/04(月) 08:51:40.74 ID:rrx58VqD0
>>179
そうだよ。ホラーな音や音楽は、ある程度計算できるよ(・∀・)

186: "" 2013/03/08(金) 00:28:43.70 ID:cBrpx9Rr0
単なる好みと言ってしまえばそれまでなんだが
クラシックだと同じ音を大体同じように弾いてるのに
片方は気持ち悪い、片方は心地よいという現象が生じる。

よく陰謀論でビートルズの曲は、アドルノが作っていて
若者を堕落させるために…というんだけど、アドルノが
どっかでトスカニーニを批判してるのを読んで、共感したんだけどな。

ま、俺自身が堕落してると言ってしまえばそれまでだが。

191: 本当にあった怖い名無し 2013/03/12(火) 12:28:16.96 ID:uBhg82s90
サイマティクス音源の周波数をある"数値"に設定すると
古代シュメール文明の同じ模様が描かれる

196: 本当にあった怖い名無し 2013/03/28(木) 23:38:46.26 ID:ZQEo/RAl0
かぐや姫の解散コンサートで収録されていた謎の声

あれ今まで見た動画で一番怖かったんだけど。
震えが止まらないよぅ、、、、

「私にも聞かせて」が頭にこびりついた・・・


198: 本当にあった怖い名無し 2013/03/29(金) 10:57:48.99 ID:pK1nJghL0
>>196
逆再生すると、私もイキタカッタって聴こえるやつか

197: 本当にあった怖い名無し 2013/03/29(金) 08:56:14.12 ID:sjdPVfml0
マドンナオフィシャルのUチューブの映像
Nobodys Knows Me
ぱっと見、イスラム教が悪いようにみえるけどいいのかな。

201: 本当にあった怖い名無し 2013/04/07(日) 02:07:25.37 ID:WG2HSHhBO
音楽じゃなくて申し訳ないんだけど、アポカリプティックサウンド聞いた事ある?
つべにあるのを聞いたけどなんか怖いのな…
あれって本当になんだろ
最後の審判を告げてるようで不気味
世界終了か 【謎の怪音】アポカリックサウンド(終末の音)再び
http://world-fusigi.net/archives/5103921.html




202: 本当にあった怖い名無し 2013/04/09(火) 09:51:36.46 ID:V2kB6z3b0
youtubeで聞いてみたけど気持ち悪いね
自分音楽やってるんだけどみんなシンセで作れる音でそれが逆に気持ち悪い
実際に聞いた事無いから生音で聞いてみたい

正体はなんだろうね
地球の軋みかな

204: 本当にあった怖い名無し 2013/04/13(土) 06:33:16.89 ID:AVSYU1s5O
地震の一分前くらいにトラックのブレーキ時のタイヤのような、密室で金属を摩擦したような上下する篭った重低音を聞いた
部屋の中からかと錯覚するくらい大きな音だったんだが
調べたらどっかの国のアポカリプティックサウンドの動画と同じ音だった
怖くて最後まで聴けなかったけど生音は黒板を引っ掻いた音を聞いたみたいに寒気がして本能的に嫌悪する音だった
ちなみに三重県中部です

208: 本当にあった怖い名無し 2013/05/01(水) 19:38:55.37 ID:JUVsNxcn0
バッハのフーガはどれもオカルティック。
バッハの子供たちが十数人次々亡くなっているのもオカルティック。

210: 本当にあった怖い名無し 2013/05/22(水) 19:31:22.14 ID:sWURb9iE0
私もギター弾きで即興でやったりしますが、人の少ない狭いライブ会場などで、
全員が耳を傾けてくれてる時、その聴衆の気分を、自分の音ひとつで変えることができるんだな、
と思うとその空間を支配してるのではないかと思ったりします

214: 本当にあった怖い名無し 2013/05/26(日) 23:07:59.46 ID:vMlruZM60
Infected Mushroom - Suliman
http://www.youtube.com/watch?v=UuZNLKTUlsY



この曲を聴いてると心不全起こしそうな気がする…

215: 本当にあった怖い名無し 2013/05/27(月) 01:56:44.86 ID:eWyJKF/b0
>>214
このアーティストはドラッグでもやってるんだろうなw

216: 本当にあった怖い名無し 2013/05/27(月) 03:58:16.15 ID:uymIx3M00
70年代に活躍したサックス奏者 阿部薫。
ファンの間では有名な逸話で……


初台にあったジャズスポット”騒”店主の証言。

 ”実際に音が出てないのに、そこに音が在る”。

演奏中、阿部が楽器をくわえて、じっと立っている。
しかし、一部の人には音が聴こえるらしく
客席がざわつく。
”騒”のママは疲れすぎで、ありもしない音が聴こえてるのかと思ったらしい。
しかし、演奏後、阿部に確認すると、音は出ていたと答えた。
ママがどういうことか説明してくれと食い下がると…
「時間。時間てわかる?それがわかれば答えが出るヨ」とだけ言ったらしい。


映画監督の若松孝二氏も同様の体験をした旨を語っていた。

217: 本当にあった怖い名無し 2013/05/27(月) 12:05:36.06 ID:5Yh2raCgO
60年代のイギリスにいた別のニルヴァーナのほうがオカルトじみてる

218: 本当にあった怖い名無し 2013/05/30(木) 05:05:15.33 ID:E4io50A10!
カート・コバーンのトリビア
①アメリカ南部テキサス州のコンサートでステージダイヴ→スタッフに注意されるが無視→ライブハウスの警備員にフルボッコにされる

②ニューヨークの廃墟となったロッジでトランクス一丁でライブ

③Heart-Shaped Boxの歌詞の「プライスレス」は当時、クレカ会社の諷刺ではないかと誤解を招いた

④カートが愛用してた「Flipper」のバンドTシャツを鏡に映すと911の数字と飛行機が映る

⑤SappyのPVは存在する

⑥カートが他界後、数日で友人が踏切で人身事故、一週間後ホールのバンドメンバーが薬物過敏症で死亡、数ヶ月でニルヴァーナファン数十名自殺

221: 本当にあった怖い名無し 2013/06/19(水) 23:10:11.47 ID:IQW2szle0
あるかもね。
自分がいい声だと思えるヴォーカルがいるバンドのアドバンテージは非常に高い。

222: 本当にあった怖い名無し 2013/06/20(木) 23:57:34.70 ID:z34xt+Y60!
良い声=1/f(エフブンノイチ)のゆらぎだな
音楽業界で企業秘密的に取り扱われており
一流会社のカリスマA&Rも把握済みだろう

ジャック・エンディーノはタビストック研究所が生んだ
音楽業界の仙人だろうな

226: 本当にあった怖い名無し 2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:bdkWGuZu0
臨死体験者の多くが、J.S.バッハのオルガン宗教曲みたいな音楽を聴いている。
試しに死の直前のみ電荷が上がる脳の領域に電流を流すと、同様の音楽が聞こえるってのが実験で証明された。

何を言いたいかと言うと、J.S.バッハは作曲時に変なクスリをキメてたってこと。

242: 本当にあった怖い名無し 2013/11/09(土) 08:30:48.78 ID:8McVbbyP0
>>226
バッハはまじめな人で、
薬のたぐいはやっていないよ。
健康で長生きしているし、
作曲も計算されつくした配列だし。

薬をやっていたので有名なのはシューマンだけど、
若いうちに狂死しているよねw

247: 本当にあった怖い名無し 2013/12/18(水) 17:10:47.67 ID:bm8V8KYh0
>>242
シューマンはアブサンにはまっていたらしいよね。
やっぱり薬中は長生き出来ないよね。

249: 本当にあった怖い名無し 2013/12/22(日) 02:04:33.04 ID:xp4VHEfY0
>>242
天才と薬物使用者の脳の状態ってある種近い状態なんだよね
ある薬物では超人的な活力を生んだり、ある薬物では共感覚のように音が映像に見えたり
それがナチュラルな状態だと生活にも支障が出るけどその分野ではものすごく才能を発揮するんだろうな

241: 本当にあった怖い名無し 2013/10/28(月) 07:13:52.60 ID:Xmt4Pfay0
興味深いなあ






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
傷ついたDNAを修復するソルフェジオ周波数と言うものがある。他、音楽にまつわるオカルト

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年10月17日 22:16 ID:SJxDNU930*
>>214の曲そんなにオカシイか?
2  不思議な名無しさん :2016年10月17日 22:52 ID:irsceLvb0*
そろそろこういうのから卒業しろよ
3  不思議な名無しさん :2016年10月17日 22:57 ID:Lf7xcLro0*
ツラくてツラくて潰れそうなときでも思い浮かべるだけで凄く気持ちが楽になる曲ってあるよな
俺にとっては昔NHKでやってたロビンフッドの大冒険の主題歌がそうだ
4  空缶 :2016年10月17日 23:06 ID:qIBmyxsH0*
いいからトリスタンとイゾルデ聞こうぜ。
家事や雑事を終わらせて、灯りを暗くしてじっっっくりと。
5  不思議な名無しさん :2016年10月17日 23:28 ID:godm6L4V0*
発想が逆だよね
進化の過程でヒトの感情が揺さぶられる音や旋律を利用して体系づけてきた結果が音楽
かなり研究も進んでて和音の周波数構成で緊張感や安心感がコントロールされるとか色々判明してる
6  不思議な名無しさん :2016年10月17日 23:46 ID:KltMIP.C0*
バンプのオンリーロンリーグローリー聞くと何度でも泣く
7  不思議な名無しさん :2016年10月18日 00:23 ID:KW5hVmEx0*
実はあまり公になっていない分野だよね。
まだ「夢」を語れるうちは問題ないけど。一部でも知ってしまうと大変だよ。
8  不思議な名無しさん :2016年10月18日 04:35 ID:TN6a0rkQ0*
お薬の量、増やしておきますねー。
9  不思議な名無しさん :2016年10月18日 05:13 ID:XezqBoMB0*
言葉より音楽の方が説得力あるよね
10  不思議な名無しさん :2016年10月18日 06:34 ID:Suq626bUO*
歌詞に洗脳を入れてくるパヨク徒党アイドルさん´sですが、あの一本調子はソレなりに洗脳効果を計算しているんだろう。ドルオタ脳にしか何故か効かないが。
11  不思議な名無しさん :2016年10月18日 07:04 ID:7m2xQYRm0*
泣いている小さい子供がアンパンマンの歌で笑顔になるから
子供は一番素直な個体だし一理あると思う
12  不思議な名無しさん :2016年10月18日 07:05 ID:fJ9MnDAC0*
この世は幻で光によってあるように見えてるだけだって言う奴よくいるけどさ
これ、目の見えない人はどうなるの?
目の見えない人だって立ち上がれば足の裏に地球を感じてるわけだ
光とか幻とか関係なく、そこには地球が存在しているんだよ、やっぱり
13  不思議な名無しさん :2016年10月18日 07:44 ID:ujH1dp4w0*
DNAが修復とかはよく分からないけど
猫のゴロゴロ音は骨折とか傷の修復を早める効果あるらしい
14  不思議な名無しさん :2016年10月18日 07:53 ID:STnfE8le0*
人間はもちろん、この世の物質は揺れているから
周波数は物凄く重要だよな
15  不思議な名無しさん :2016年10月18日 08:22 ID:fJ9MnDAC0*
女が美味いもの食ったときの
顔の揺れは何ヘルツなの?
あれでDNAを修復してんの?
16  不思議な名無しさん :2016年10月18日 09:03 ID:qyzO2QyD0*
※222
日本だと森本レオの声に多く含まれている。ミスチルなんかからも検出されている。
まだ認められていないけど近年音楽療法士なんて職業も生まれた。音楽は理系的なアプローチもされているから、医学、科学的に人間に有意な音の研究が進むのを願っている。
17  不思議な名無しさん :2016年10月18日 09:20 ID:lqgcSt040*
ショパンあたりで鬱にはならないよ
18  不思議な名無しさん :2016年10月18日 09:25 ID:0AcivA950*
イングランドの作曲家でリュート博士と呼ばれるジョン・ダウランド(John Dowland, 1563年 - 1626年2月20日)の曲は良いよ〜。でも実家で聴くと私以外の家族の具合がソッコー悪くなる(泣)
今は嫁ぎ先のパソコンのYouTubeで誰もいない時にこっそり聴けるから良いけどさ。何なのあれ。
19  不思議な名無しさん :2016年10月18日 10:11 ID:SHWfi.Zz0*
弦楽器特にチェロはF#(ファのシャープ)で「ヴォルフトーン」という音が出る。唸るような音で何かを拒否するような音。いい楽器ほどこの音が顕著になる。何かあるんだろうね。
20  不思議な名無しさん :2016年10月18日 10:25 ID:LOhfxwy.0*
黒板を引っ掻いた音は大丈夫だけど、紙を指とかで擦るような音はダメだわ
ぶん殴ってでも止めたくなる
小学校とか中学校では苦労した
21  不思議な名無しさん :2016年10月18日 12:44 ID:V7LdAUNIO*

故ホロヴィッツ氏のポロネーズ第六番を聴くと、何故か気分がヒャッハー!になる。

彼がドラッグやってたのと関係あるのかな?

22  不思議な名無しさん :2016年10月18日 14:15 ID:hZ5G44vA0*
結局は自分の好きずきという所に落ち着くんでしょwビートルズが教会方面から敵視されたのは、パンツ脱いで投げるとかやってたイカレポンチどもの所業が魔女集会を連想させたからじゃないか?女性の方が集団ヒスに感染しやすいとか、トランスしやすい音楽があるってとこまではわかるが、DNAを修復するとかチャクラがどうとか言われると、モチツケとしか。
23  不思議な名無しさん :2016年10月18日 14:30 ID:Z3xReQ1NO*
知り合いで、何故か特定の男性グループの歌声に対してのみ拒絶感を示す人が居て、そのグループの歌手を調べたら、偶然そのほとんどがジ●ニーズ系だった。
歌に対する知識が無いのに、他の系列のグループで似た歌声が有っても、違うと解るらしい。
何だろう、その系列独特の音の要素って?
24  不思議な名無しさん :2016年10月18日 15:34 ID:OpzAefIH0*
>>♭5thこそが、クラシックの世界では忌み嫌われる デヴィルズノート。悪魔の音。
これを多用した音楽がブルース、ジャズ、ロックンロール。

とりあえず、ドミナント7には憎4度が含まれる。クラシックもそうだね。
Jazzは古いJazzは7thが多いけれど、別に4度も多いからJazzが特別とは言えない。

つまり、このスレにはバカな事しか書かれていない。

25  不思議な名無しさん :2016年10月18日 17:21 ID:YemyejHZ0*
音楽ではないけど、お経とモンゴルのホーミーの発声の仕方が似てる気がする。日本の歌謡曲のビブラートも。昔の怖い話では真夜中にお経が聞こえる!とかあったけど、お盆の法要なんかで読経聞いてると眠くなる。こういうのって、人をリラックスさせる発声方だったりすんのかな?
昔の怖い話の、夜お経が聞こえて怖くなる意味があんまりよくわからん…
26  不思議な名無しさん :2016年10月18日 23:15 ID:1yyK.aSI0*
キネシオロジーに音叉で体の調整をするというのがある。
弱った筋肉に力が入る音がある(体の状態によって変わる)
別に音叉じゃなくても楽器ならなんでもいいけど
27  不思議な名無しさん :2016年10月18日 23:54 ID:MI6Yee3k0*
聖馬蹄形惑星の大詐欺師ばかりだ
28  不思議な名無しさん :2016年11月28日 19:40 ID:Gx4BcsDF0*
バッハの子供がバタバタ死んだのは、その時代の疫病や栄養状態のせいだし、
「木枯らし」は引いたことある人ならわかるけど別に難しくもなんともない
自殺者が出たのも戦後すぐまで
当時日本はクラシックを学ぶのに急になっていたが、邦楽に親しんできたピアニストが西洋音楽に慣れるのは大変難しかった
国費留学なんかでピアノを習わせたが、当然国や家族の期待を背負っても、付け焼き刃の西洋音楽が入賞できるはずもない
ショパンの木枯らしなんかよりリストの方が数倍難しいが、難曲につまづいてノイローゼになり自殺する学生もでるようになった
おかしくなった学生の1人に若い時のフジ子・ヘミングもいる
オカルトオカルト騒ぐ前に時代背景を勉強すべき場合は多々ある

 
 
上部に戻る

トップページに戻る