まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

こんな墓なら入りたい?世界の美しいお墓が文字通りこの世のものと思えない

2016年10月20日:08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 13 )

人は死んだらどこへいくのか。世界の美しい墓地を眺めつつ死を想う

Recoleta-tower-TM

昔のジプシーの中では、死ぬとその人自体「いなかったこと」になる思想が一部あったらしい。
死んだ人の名前も思い出も口に出さないし、遺品も遺さないのだとか。

少し寂しいですが、死後に黒歴史がつまったHDDとSNSもなかったことにしてもらえるなら、考えちます。


さて今回は、世界の美しいお墓をご紹介します。

「この世のものと思えない」程美しいのですが、今回ばかりはちょっとこの形容詞が洒落にならないかもしれない。そんな場所です。

国や地域が違えば、死に対する姿勢も思想も、当然違います。

日本では日常的に死が語られることはあまりないようです。
「死をタブー視」していると言われることが多いですが、昨今では葬儀やお墓、遺言などがいわゆる「終活」として関心が高まっているそうです。

少子化の影響かと推測されているそうですが、個人的には少しだけ自由に死を考えられる環境になってきた気がします。

そんな今だからこそ、少し世界の死後の世界を覗いてみましょう。


恐らく誰もが、「死んだら魂が抜ける」と聞いたことあるのではないでしょうか。
この思想は非常に古く、原始時代からあったようです。

人間の体には「魂」が入っていて、死ぬとそれが体から抜け、実体を持たない「霊」になります。
世界的に最も広く信じられている死に対するイメージなのではないでしょうか。


またユニークなものでは、古代北欧のバイキングの思想があります。
彼らにとって人間の価値は戦うこと、戦場にありました。

よって、死後も戦場で戦い続けるものと信じていたそうです。
すみずみまで筋肉が行き渡っていそうな種族です。

viking-wallpapers
Credit: therubybutterfly

その戦場は「ヴァルハラ」と呼ばれています。ファンタジー世界を扱ったゲームなどで聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

しかも昼は戦い、夜は酒宴で飲みまくるのだとか。
まさに死んでもガチムチ体育会系。


一方フランス・ブルターニュの民間信仰では、死んだらハエなどの身近な生き物に生まれ変わるとされているそうです。

文化系・虫苦手な筆者としては、死後の世界にバイキング式かブルターニュ式の二択を迫られたら、転生を拒否したくなるレベルです。


他にもチョウや鳥に生まれ変わったり、生前と変わらぬ日常を送ったりとされる思想もあるそうです。
本当に所変われば死も変わりますね。

そんな知識を踏まえつつ、日本では見られないような世界のお墓をみて死を想ってみましょう。

1. レコレタ墓地 (アルゼンチン・ブエノスアイレス)
 Argentina

1982年に開設された、ブエノスアイレスで最も有名な、歴史ある墓地です。

政治家や作家など、富と栄誉のある人達がここで眠りについています。 
土葬ではなく、防腐処理をしただけで、小さな教会のような場所の地下に安置するようです。

Recoleta-tower-TM
Credit: wikipedia

まるでそれぞれが死後の家を建ててしまったかのような豪華さで、あまりお墓特有の寂しい感じがしません。 

そして狭い路地に建物がひしめきあっており、静けさの中にも荘厳さを感じます。
とても雰囲気のあるお墓です。


2. ノヴォデヴィチ墓地 (ロシア・モスクワ)
 Novodevichy Cemetery, Moscow

1524年に建設された、ノヴォデヴィチ女子修道院に併設された墓地です。
 
この修道院内にある湖は、かの有名な『白鳥の湖』のモデルになった場所。
周囲は壁が張り巡らされており、過去幾度となく外敵の侵入を妨げたのだとか。

Novodevichy_Convent_Night
Credit: therichest

200px-Novodievivhi-Tumb-p1030362
Credit : wikipedia 

作家のツルゲーネフゴルバチョフ婦人など、数多くの著名人がここで眠っています。


3. ハイゲイト墓地 (イギリス・ロンドン)
highgate3

1839年に開設された、現代式の墓地。
こちらにもイギリスの哲学者、ハーバード・スペンサーなど、数々の著名人が眠っています。

ただこちらの墓地、ハイゲイト吸血鬼なる吸血鬼が出没すると言われており、超常現象も多発しているのだそうです。

地縛霊ならぬ自縛吸血鬼ということでしょうか。ただ、ただのメディアの悪ノリではないかとも言われており、真相はよくわかっていないとのこと。


highgate2

highgateEngland-3-1


4. 世界一陽気な墓 (ルーマニア・シゲット・マルマッツィエイ) 
6031606451_1b5a0f082a_o
Credit: discovervillagelife.eu

この一風変わったお墓は、ルーマニアにある1935年に開設された墓地。

これだけカラフルなお墓なら、死んだ後も陽気に過ごせそうですが、なんとここの墓標には、眠っている故人の仕事や生活様式が絵として描かれているそうなんです。

vesal25
Credit: kajipon.sakura.ne.jp

獣医さん。

vesal23
Credit: kajipon.sakura.ne.jp

子どもに囲まれる男性。先生でしょうか。

全く関係ない第三者にも、死後ずっとどんな人だったかがわかってしまうのは少し複雑な気もします。

しかもこんなお墓建てられた日にはどうすればいいんでしょうか。
死んでも死にきれません。

 vesal17
 Credit: kajipon.sakura.ne.jp
 
裸の女性を、二人の男性が見つめています。

一体何があったんでしょうか。

本人たちと神様と、そして絵師のみぞ知る。



[via: tmgenealogy.com, 『死にカタログ』(大和書房)]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな墓なら入りたい?世界の美しいお墓が文字通りこの世のものと思えない

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年10月20日 08:21 ID:5.RwiP1d0*
19882年・・

桁の多さに未来を感じた
2  不思議な名無しさん :2016年10月20日 08:54 ID:wE7i5oth0*
死んだあとの事だからな…。
墓地が綺麗でも分からないなら何処でも良いや。
家族が納得する場所ならどんなとこでも文句言う気ないし物理的に言えないしw
3  不思議な名無しさん :2016年10月20日 09:07 ID:aLpz8DW60*
※2
そういう事をよく言っていたうちの父だったが
妹が「安く済ませてもいいよね」と言ったらムッとしてたから
言うほど本心からわりきれてる人は少ないのかなとも思った
4  不思議な名無しさん :2016年10月20日 10:49 ID:U2yBmXns0*
ルーマニアのは綺麗でいいな
5  不思議な名無しさん :2016年10月20日 11:13 ID:3oSaZ7ry0*
死んだ時はスイッチ切ったみたいに意識がなくなってそれで終わり
って表現した人が凄い秀逸。
気分が凄い楽になって死ぬの怖くなくなる。
6  不思議な名無しさん :2016年10月20日 11:48 ID:XkCKPD3O0*
最後のは子供のお墓なのかな
7  不思議な名無しさん :2016年10月20日 13:15 ID:rQnxX9HN0*
ルーマニアの生前無職ニートは…
8  不思議な名無しさん :2016年10月20日 15:54 ID:DVb2p.J90*
※3 あるある。
9  不思議な名無しさん :2016年10月20日 17:25 ID:fbs9J4Z10*
墓なんぞに金かけるなら死なない方法の模索に金かけたいわ
10  不思議な名無しさん :2016年10月20日 20:53 ID:.6Uq1mjY0*
死んだら墓なんて立てずに荷電粒子砲とかで消してほしい 
これ以上死体で場所取りたくないんじゃ
11  不思議な名無しさん :2016年10月21日 03:50 ID:P3kh3LSW0*
墓は生きてる人のもので、故人のものじゃない。
誰も管理してない墓を見ると、そう思う。
12  不思議な名無しさん :2016年10月23日 13:43 ID:DPYipX6q0*
1はバイオ6で見たことあるな


俺は願うなら木の苗に栄養取られるやつ?みたいなのがいいな
13  不思議な名無しさん :2016年10月28日 22:09 ID:oYsqVQgd0*
山奥に遺灰でも撒いてくれたら、そこら辺の石に名前と生年没年を書いて立てて、あとは放っておいてほしい。

ある山中で朽ち果て倒れた墓を見てそう思うようになった。その人を直接知る者は皆とうに亡く、墓を看る者の足跡も途絶えて久しい。ただ世間や時代から取り残されても、一人の人間が存在したという証は人知れずこの世に残り続ける。星霜の果てに、墓碑に刻まれた名が摩耗して消え去る日まで。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る