不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(3日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    20

    実はこんなことが書いてあった!『百人一首を現代語に訳していく』【後編】

    12


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:37:53.70 ID:JgE32RjJ0
    前回からかなり間が空いてしまって申し訳ない、
    どんどん貼っていくので、ご覧になって下さると嬉しいやで~

    かくとだにえやはいぶきのさしも草さしも知らじな燃ゆる思ひを

    このように愛しているとだけでも、貴女に言う事ができようか。
    伊吹山に生えるさしも草ではないが、そのように燃えている私の思いを、貴女は知らないのでしょうね。
    実はこんなことが書いてあった!『百人一首を現代語に訳していく』【前編】
    http://world-fusigi.net/archives/8588288.html

    引用元: 百人一首を現代語に訳していくやで~【後編】







    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:38:05.50 ID:JgE32RjJ0
    明けぬれば暮るるものとは知りながらなほ恨めしき朝ぼらけかな

    夜が明ければやがて暮れるものとは知っていながら、やはり名残惜しく恨めしい夜明けであることよ。

    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:38:15.64 ID:JgE32RjJ0
    嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る

    貴男が来ない寂しさを嘆きながら、独り寝る夜を過ごす私にとって、
    夜明けまでの時間がいかに永いものか、貴男には分からない事でしょうね。

    5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:38:26.92 ID:JgE32RjJ0
    忘れじの行く末まではかたければけふを限りの命ともがな

    忘れまいという誓いが、いつまでも変わらぬというのは難しい事なので、
    そのように誓った今日を最後として、死んでしまいたいものですわ。

    6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:38:37.29 ID:JgE32RjJ0
    滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ

    滝の水音が聞かれなくなって久しいが、その名声だけは今もこの世に伝わっている事だ。

    7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:38:50.10 ID:JgE32RjJ0
    あらざらむこの世のほかの思い出にいまひとたびの逢ふこともがな

    私は死んでいる事でしょう。あの世への思い出として、今一度貴男にお会いしたいものですわ。

    8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:39:01.26 ID:JgE32RjJ0
    めぐり逢ひて見しやそれともわかぬ間に雲隠れにし夜半の月かな

    久しぶりに巡り合った方が、幼馴染の貴女だとはっきり分からないうちに、
    まるで雲に隠れる夜半の月のように、慌ただしく帰ってしまって、残念だこと。

    10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:39:12.84 ID:JgE32RjJ0
    有馬山猪名の笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする

    有馬山から猪名の笹原に風が吹くと、そよそよと笹が音を立てますが、
    そのように、私は決して貴男を忘れませんわ。

    11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:39:24.39 ID:JgE32RjJ0
    やすらはで寝なましものを小夜ふけてかたぶくまでの月を見しかな

    ためらわずに寝てしまえばよかったものを、貴男をお待ちしたばかりに、
    夜が更けて、山の端に月が傾くのを眺めてしまったことですわ。

    14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:39:36.73 ID:JgE32RjJ0
    大江山いく野の道の遠ければまだふみもみず天の橋立

    大江山の生野を通って行く道が遠いので、まだ天橋立には行った事もございませんし、
    母からの和歌の手ほどきの手紙なんか、受け取ったこともございませんわ。

    16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:39:49.89 ID:JgE32RjJ0
    いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな

    太古の奈良の都に植わっていた八重桜が、今日は京の都の宮中に咲き誇っている事ですわ。

    18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:40:01.86 ID:JgE32RjJ0
    夜をこめて鳥の空音ははかるともよにあふ坂の関はゆるさじ

    夜の明けぬうちに、鳥の鳴き声の真似をして私をだまして開けようとしたところで、
    逢坂の関が、そんな不実を許すものですか。

    19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:40:22.83 ID:JgE32RjJ0
    今はただ思ひ絶えなむとばかりを人づてならでいふよしもがな

    今はただ、貴女への思いは断ち切った、それだけを、人づてではなく、お会いして言える術があったならば。

    20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:40:37.26 ID:JgE32RjJ0
    朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木

    朝焼けに、宇治川にかかる霧がとぎれとぎれに晴れてきて、瀬という瀬の網代木が次々に見えてくることだ。

    22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:40:50.15 ID:JgE32RjJ0
    恨みわび乾さぬ袖だにあるものを恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ

    男の不実さを恨み嘆いて、涙の乾く間もない袖すらあるというのに、
    恋に朽ちていく私の名誉が惜しい事ですわ。

    24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:41:02.86 ID:JgE32RjJ0
    もろともにあはれと思へ山桜花よりほかに知る人もなし

    お互いに、懐かしく思いあおう、山桜よ。お前のほかには、私の心の内を知ってくれる人もいないのだから。

    25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:41:16.39 ID:JgE32RjJ0
    春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそ惜しけれ

    春の夜の夢のように儚い貴男の腕枕の為に、つまらなく浮名が立つのは残念なことですわ。

    27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:41:29.16 ID:JgE32RjJ0
    心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな

    心ならずも、この辛く苦しい世に生きながらえたならば、
    今夜の月よ、その時はお前が恋しく思われるであろう事よ。

    28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:41:42.03 ID:JgE32RjJ0
    あらし吹く三室の山のもみぢ葉は竜田の川の錦なりけり

    山風が吹き、三室山の紅葉の葉があちこちに散って、その有様は竜田川に錦がかかっているかのようだ。

    29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:41:56.72 ID:JgE32RjJ0
    さびしさに宿を立ち出でてながむればいづこも同じ秋の夕暮れ

    寂しさに耐えかねて、家の外に出て眺めても、どこも同じく寂しい秋の夕暮れであることよ。

    31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:42:12.81 ID:JgE32RjJ0
    夕されば門田の稲葉おとづれて葦のまろやに秋風ぞ吹く

    夕方になると、門前の稲葉をそよそよと鳴らしながら、芦で吹いた小屋に秋風が吹き渡る事だ。

    33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:42:28.59 ID:JgE32RjJ0
    音に聞くたかしの浜のあだ波はかけじや袖のぬれもこそすれ

    高師の浜にかかる波のように、悪名高いプレイボーイでいらっしゃる貴男の求愛は受けません事よ。
    波に濡れるように、涙で袖が濡れてしまっては困りますもの。

    35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:42:47.66 ID:JgE32RjJ0
    高砂の尾上の桜咲きにけり外山の霞立たずもあらなむ

    高砂の、遠い峰のあたりに桜が咲いている。近くの山の辺りに、桜を遮る霞が立たないでほしい事よ。

    36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:43:03.09 ID:JgE32RjJ0
    憂かりける人をはつせの山おろしよはげしかれとは祈らぬものを

    私につれなく振舞った人が、せめて私に優しくしてくれるようにと初瀬に祈ったのに。
    初瀬の山を吹き下ろす風のように、その人がいよいよさらにつれなく振舞うようにとは祈らなかった筈なのに。

    37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:43:18.40 ID:JgE32RjJ0
    契りおきしさせもが露を命にてあわれ今年の秋もいぬめり

    さしも草に滴る露のように、あなたが約束して下さった言葉を頼りにしていたのに、
    悲しいかな、今年の秋も何の瑞祥もなく過ぎ去っていくらしい。

    38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:43:33.00 ID:JgE32RjJ0
    わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの雲居にまがふ沖つ白波

    海原に舟をこぎ出して見ると、遠くの空に浮かぶ雲と見まごう沖の白波が見える事よ。

    39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:43:47.46 ID:JgE32RjJ0
    瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ

    瀬の流れが速いために、岩にせき止められた滝川が、二つに分かれても、
    再び合流し一つの流れになるように、あなたとの仲が隔てられていても、いつか一緒になりたいと思う事だよ。

    40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:44:10.80 ID:JgE32RjJ0
    淡路島かよふ千鳥の鳴く声に幾夜ねざめぬ須磨の関守

    淡路島をわたってやってくる千鳥の鳴き声を聞いて、須磨の関の守り人は、幾夜目覚めた事だろう。

    42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:44:24.29 ID:JgE32RjJ0
    秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ

    秋風にたなびく雲の切れ間から漏れ出る月の光の、何と清澄で美しい事か。

    43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:44:36.51 ID:JgE32RjJ0
    長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝は物をこそ思へ

    末永く愛すると誓った貴男の心が測りがたいので、乱れた黒髪のように、
    私の心も思い乱れ、今朝は思い悩む事ですわ。

    44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:44:49.42 ID:JgE32RjJ0
    ほととぎす鳴きつる方を眺むればただ有り明けの月ぞ残れる

    ほととぎすが鳴いた方向を眺めれば、そこにはただ有明の月が空に残っているだけであった事よ。

    45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:45:02.96 ID:JgE32RjJ0
    思ひわびさても命はあるものを憂きに堪へぬは涙なりけり

    思い悩み、それでも人は生き続けるものだが、その辛さを抑えられず、あふれ出るものは涙であることよ。

    47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:45:18.11 ID:JgE32RjJ0
    世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

    世の辛さから逃れる術もないのだなあ。
    思いを決めて、深山に入ったが、その深山にも、鹿が悲しそうに鳴いている事だ。

    49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:45:33.49 ID:JgE32RjJ0
    ながらへばまたこの頃やしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき

    生きながらえたならば、辛いと思っていたこの頃を懐かしく思い出すのであろうか。
    辛いと思っていた昔の事が、今となっては恋しく思い出されるように。

    50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:45:50.13 ID:JgE32RjJ0
    夜もすがら物思ふころは明けやらで閨のひまさへつれなかりけり

    一晩中思うこの頃は、夜もなかなか明けてくれず、閨の戸の隙間さえも、白んではくれぬ事だ。

    51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:46:07.69 ID:JgE32RjJ0
    嘆けとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな

    思い嘆くがよい、と月は私に物思いをさせているのだろうか。
    月のせいであるかのように、溢れては流れる私の涙よ。

    52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:46:23.99 ID:JgE32RjJ0
    村雨の露もまだひぬまきの葉に霧たちのぼる秋の夕暮れ

    村雨のしずくが乾ききらない木の葉に、霧が立ちのぼってくる秋の夕暮れである事よ。

    53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:46:45.36 ID:JgE32RjJ0
    難波江の葦のかりねのひとよゆえみをつくしてや恋ひわたるべき

    難波江の芦の刈り根の一節のように、たった一夜の契りのために、
    澪標ではないが、命をかけて一生貴男を恋い慕う事になるのかしら。

    54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:47:06.72 ID:JgE32RjJ0
    玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする

    この命よ、絶えるものならば、絶えてしまいなさい。
    これ以上生きていたら、心に秘めた思いを忍ぶ力が弱って、
    この思いが人に知られてしまうかも知れないもの。

    55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:47:22.59 ID:JgE32RjJ0
    見せばやな雄島のあまの袖だにも濡れにぞ濡れし色はかはらず

    貴男に見せたいものですわ、この袖を。
    雄島の漁夫の袖すら、潮水に濡れても色は変わらぬというのに、私の袖は涙に濡れて色さえも変わっているのですもの。

    56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:47:35.74 ID:JgE32RjJ0
    きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む

    こおろぎが鳴く、寒々とした霜の降りる夜、
    むしろの上に片袖を敷いて、私は一人寝る事であるなあ。

    57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:47:49.56 ID:JgE32RjJ0
    わが袖は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らぬ乾く間もなし

    私の袖は、すっかり涙に濡れてしまっている事ですわ。
    潮が満ち引きしても見えないほど沖にある石が、人には知られることはないが、濡れて乾く暇もないように。

    58: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:48:02.70 ID:JgE32RjJ0
    世の中は常にもがもな渚漕ぐあまの小舟の綱手かなしも

    この世がいつまでも変わらないでいてほしい事だ。海に漕ぎ出す、漁夫が小舟の綱手を引くさまが、愛おしいから。

    59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:48:16.22 ID:JgE32RjJ0
    み吉野の山の秋風小夜ふけてふるさと寒く衣うつなり

    吉野の山から秋の風が吹き、夜が老けて、旧都の里は寒く、衣を打つ音が響く事だよ。

    62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:48:29.37 ID:JgE32RjJ0
    おほけなくうき世の民におほふかなわがたつ杣にすみぞめの袖

    身の程をわきまえぬ事ではあるが、辛い現世を生きる人々に、覆いかけましょう。
    私が寄って立つこの比叡山から、墨染めの袖を人々にかけ、御仏の加護を祈りましょう。

    63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:48:42.18 ID:JgE32RjJ0
    花さそふ嵐の庭の雪ならでふりゆくものはわが身なりけり

    花を誘って嵐が吹き付け、雪のように花が積もっているが、
    その花ではないが、年をとっていくのは私自身である事だよ。

    65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:48:56.32 ID:JgE32RjJ0
    来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ

    いくら待っても訪れてこない思い人を、いつまでも待ち続ける。
    松帆の浦の夕凪時に、藻塩を焼くように、この身を焦がしながら。

    66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:49:09.97 ID:JgE32RjJ0
    風そよぐならの小川の夕暮はみそぎぞ夏のしるしなりける

    楢の葉に風のそよぐ、奈良の小川の夕暮れは、まるで秋のように涼しいが、
    人々のみそぎの姿に、夏であることを実感させられる事よ。

    68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:49:25.42 ID:JgE32RjJ0
    人もをし人もうらめしあぢきなく世を思ふゆえに物思ふ身は

    他人が愛おしいとも、恨めしいとも思われることだ。
    思い通りにならぬこの世をつまらぬものと思うゆえに、思い悩む私には。

    73: これでおしまい、見てくれて有難う 2016/10/21(金) 20:49:47.71 ID:JgE32RjJ0
    ももしきや古き軒端のしのぶにもなほあまりある昔なりけり

    宮中の古い軒端に生える忍草を見るにつけても、偲びきれぬほどに、昔の天皇の御代が懐かしく思われる事だ。

    74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 20:49:56.21 ID:JDbTher20
    百人一首すこ

    実はこんなことが書いてあった!『百人一首を現代語に訳していく』【前編】
    http://world-fusigi.net/archives/8588288.html






    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2016年10月23日 08:33 ID:18voxzWO0*
    この時代の人は恋愛のことばっかりだなー
    2  不思議な名無しさん :2016年10月23日 08:39 ID:KoASJjlE0*
    なんか高校出やったような内容だわ
    3  不思議な名無しさん :2016年10月23日 08:39 ID:SoCOhDlGO*
    よをこめて~は清少納言の歌だね。
    鳥の空音は函谷関の番人(朝にならないと開かない)を孟嘗君の部下が(朝に鳴く)鶏の鳴き真似をして門を開けてもらった故事によるもの。
    あふさかの関は滋賀県と京都府の境にある関のことで、“あふ”に掛けて恋人達の逢瀬を意味する。
    行成と清少納言が贈答した和歌の中の一つ。
    4  不思議な名無しさん :2016年10月23日 08:40 ID:BH2M96rp0*
    テレビとかネットとか楽しい事があまりないもん、しょうがないよ。
    5  不思議な名無しさん :2016年10月23日 08:41 ID:SoCOhDlGO*
    >>3(※)
    恋のせいでしぬ時代だからな
    6  不思議な名無しさん :2016年10月23日 08:43 ID:2uQBCrrr0*
    恋愛のことばっかりってそもそもその恋愛のための連絡手段に使ってたからだろ
    7  不思議な名無しさん :2016年10月23日 08:46 ID:SoCOhDlGO*
    つ蹴鞠、舟遊び、管弦、和歌、源氏物語、詣で、祭
    8  不思議な名無しさん :2016年10月23日 10:02 ID:qg6JtOE80*
    現代人が同じ内容をLINEで書いて送っても恥ずかしさで死にたくなるものばかり
    当時の階級や役職というしがらみの中での表現だからこそ生きるものが多い
    今よりも平均寿命が短いから無常観を歌っても様になる
    共感を示す現代人がいたとしたらかなり胡散臭い
    わざわざ国語の古典の授業でわざわざ時間を割いて教えるほどの内容ではない
    今も昔も古典ヲタの女子がひっそり楽しむ程度のものだわ
    9  不思議な名無しさん :2016年10月23日 10:55 ID:lM83aJ7PO*
    最近沖方丁の『はなとゆめ』を読んで古典に興味持った俺にはとてもタイムリー
    ちょうど百人一首読んでる
    10  不思議な名無しさん :2016年10月23日 11:02 ID:qXIPjGII0*
    これが古代ヘブライ語で別の意味になったりするのか?
    11  不思議な名無しさん :2016年10月23日 11:08 ID:9gr.R.Xj0*
    朝から晩まで恋愛のことを考えていたから恋愛のうたばかりになったのでは無くて
    恋愛の時にうたを唄うのが慣わしになっていた延長線上だからだよ
    上の句を読んで相手に渡し、相手が下の句を読んだらお付き合いOKとかね

    うたにセンスが無い奴は顔が良くてもフラてていたんだし、それくらい恋愛に教養が求められていたんだ
    ハイソな遊びだよ

    12  不思議な名無しさん :2016年10月23日 11:14 ID:9gr.R.Xj0*
    ※8
    日本が中世において、うたが成立しないと恋愛に発展しなかったくらい教養があったことを学ぶのは大切なこと
    つか、現代語に約してやっと意味が通じた程度の人は「なんだ恋愛のうたばかりだし大した内容でも無いじゃん」で終わるけど、元の文はかなりのテクニックが使われていたりするんだよ
    頭がよくないと教養のあるうたは読めないし、従って恋愛も成就しない

    ※10
    それは万葉集

    13  不思議な名無しさん :2016年10月23日 12:21 ID:p55wXFct0*
    歌を詠めるほどの教養のある人がどれほど特別な存在だったか分かっていないようだな
    軽んじるようなことを書く奴は自分がいかに無教養であるか白状しているようなものだ
    14  不思議な名無しさん :2016年10月23日 14:43 ID:NyHQOWitO*
    むしろ歌を詠む事は教養やらセンスがいるからオタクよりリア充な方々の文化では?
    15  不思議な名無しさん :2016年10月23日 15:11 ID:NSz5ZQa40*
    歌の評価は別として、人間、食うに困らなくなると色のことばかり考えるというのは事実だわな。要するに当時の歌を詠む力=現代ヤリサー内でのコミュ力、と捉えて間違いじゃないでしょ。源氏物語とか壮大な絵路小説なわけで、古典だと無意味にありがたがるのは笑える。
    16  不思議な名無しさん :2016年10月23日 17:21 ID:58LBdFllO*
    お互いの教養高さを嫌らしくなく探ったりアピールできる事は仕事や出世にも繋がる時代だったから
    今みたいに医療も充実してなくて死にやすいから子孫も沢山もうけなきゃならないし
    四方八方にアンテナ張って対応できる頭いい人しか生き残れない時代
    17  不思議な名無しさん :2016年10月23日 17:42 ID:3QEVYU7O0*
    こんなの不思議ネットでまとめる
    意味あるんかいな
    18  不思議な名無しさん :2016年10月23日 22:38 ID:u45AI9wu0*
    百人一首の理由はよく知らない。
    けれど和歌自体はよんだ人やその人に使える人、同じような思いを持つ人
    土地も含めでの日本鎮魂の為でありましょう。
    非業の死や酷い境遇に追い落とされた人の歌も含めて(例:崇徳院)
    いろいろ選択されてる様子。

    特にコメント欄の方々で
    それらの歌をまとめて切り捨てるとは凄いですね。
    よほど肝がすわった方々です。ぐっすりお休みください。
    19  不思議な名無しさん :2016年10月24日 09:12 ID:LhiMr5gL0*
    米18
    間違いを修正。 誤)使える⇒正)仕える 
    20  不思議な名無しさん :2016年10月30日 22:12 ID:.TYmitWy0*
    ワイのご先祖様、政治のゴタゴタに巻き込まれ罪を着せられそうになり潔白を証明する為に出家するも
    別荘暮らしが暇すぎて趣味友達の藤原定家(多忙)に「インテリアとして歌を飾りたいから選んで」と依頼

    なお定家直筆の色紙は分家と分かち合い大切にしていたものの、戦国時代に豊臣秀吉に目をつけられ譲渡を断ったところブチ切れられ
    九州の分家が黒田官兵衛・長政親子の騙し討ちによって滅ぼされた模様

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!

    カテゴリ一覧
    カテゴリ一覧