まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

アドルフ・ヒトラーが独裁者となった経緯←神か悪魔からか知らんが選ばれた感あるよね

2016年10月23日:18:08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 51 )

s


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:26:11.61 ID:VpBgdwRY0.net
ヒトラー、オーストリアに生まれる

母が絵を見るのが好きなので芸術家になることを決意

母が癌で死去、ヒトラー悲しみに打ちひしがれる

芸術大学を受験、教授に才能を認められず落ちる

「もう人生どうでもええわ」浮浪者へ転落

ドイツが第一次世界大戦に参戦

引用元: アドルフ・ヒトラーが独裁者となった経緯wwwww







2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:26:36.48 ID:VpBgdwRY0.net
「マジか!」ヒトラー、ウキウキで憧れのドイツの兵士になる

兵士として優秀な成績を残す、しかし

「何でや!?」ドイツ降伏

ドイツ、ヴェルサイユ条約によって天文学的な賠償金を課せられる

ドイツ、歴史上最大の窮地に追いやられる。崩壊へ

ヒトラー、政治家となり憧れのドイツを救うをことを決意

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:27:02.22 ID:VpBgdwRY0.net
当時弱小政党であるナチ党に入る

ヒトラーの魅力によって、ヒトラーの下へ有能な部下たちが次々と集まっていく

ヒトラーらの活躍により、たちまち政党が力をつけていく

遂にナチス党が政権を獲得。ヒトラー、首相へ

当時大統領であったヒンデンブルクが死去「あとのドイツは全てヒトラー君に任せる」

ヒトラー首相、大統領の権限も獲得。ドイツの全権掌握

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:27:12.66 ID:VpBgdwRY0.net
総統へ

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:28:02.50 ID:r3ckHkUN0.net
親を亡くして挫折してるにも関わらず虐殺をしていく畜生

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:28:09.80 ID:3AAQ8z2Xa.net
美大に落ちて世界を変えた男
【悲報】ヒトラーの描いた絵、そこそこ良い
http://world-fusigi.net/archives/8161768.html

17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:29:36.66 ID:b2xaBx58M.net
これは美大の教授が悪い
ユダヤ虐殺も美大の教授が悪い

18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:30:28.00 ID:zCIQ6gB0a.net
総統も相当冗談がお上手で

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:31:07.27 ID:4cYCuhYL0.net
よく民主的な手段で政権奪取とかいうけど
敵対勢力に圧力・暗殺しまくりで
選挙で勝ったから民主的といわれると腑に落ちんわ

50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:47:01.92 ID:0R3cfYac0.net
>>21
共産党も暴れてたから当時はあんなもんなんやろ

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:33:09.28 ID:dt22tnBw0.net
ヘスってどんなやつやったんやろ

32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:38:29.52 ID:KcWLbzGY0.net
>>26
ナチズム理論ばっかりこだわる頭でっかちで政権取ったら干されてたらしい

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:33:36.84 ID:Qo2K1Hhh0.net
星新一のユダヤ人の画商にボロクソ言われたから反ユダヤになったって話すき

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:39:11.36 ID:oFwynjYdp.net
実際は緊急命令権で首相になって共産党ボコって政権やけどな

47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:45:17.79 ID:6CHa6JR50.net
しかし権力ゲットから性急過ぎたよな
経済政策が成功し財政立て直して地盤固めすりゃ良かったのに
ドイツが復活した直後から全世界に喧嘩売るのはいただけない

49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:46:54.35 ID:lK3YEi6Wa.net
>>47
自分一代ですべてを完成させる気でいたから事を急ぐ必要があった
本人は大分回り道をしたと感じていたし、寿命との戦いだと思っていた

52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:47:30.59 ID:AVJugNns0.net
>>47
その経済政策が、戦争で他所から分捕ること前提のもんやからしゃーない

54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:48:05.84 ID:TYQR/wXQ0.net
賠償金を踏み倒すとかいう神采配

57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:48:24.84 ID:hZIoT8Gj0.net
というか借金と世界恐慌のせいで戦争せざるを得なかったやろ
戦争で勝つ以外にドイツを立て直す方法はなかったしゃーないわ

61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:49:45.70 ID:qfi3W0uk0.net
浮浪者から一国のトップやから日本で言うと秀吉みたいなもんやな

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:52:11.58 ID:eg8x8O+O0.net
>>61
浮浪者(遺産が無いとは言ってない)
実際は親の遺産で遊んでた高等遊民やぞ

68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:55:33.21 ID:qfi3W0uk0.net
>>63
秀吉の家も豪農やったから多少はね?

65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:52:25.88 ID:q4g9cYy00.net
ドイツ数年前までww1の賠償金払ってたやろ

67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:53:55.28 ID:u1pbQvm80.net
>>65
ギリシャ「WW2の賠償金を払うんだよ」

71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:56:39.44 ID:flPb0VKb0.net
なぜこの経歴でカリスマ性とあの演説力を身につけられたのか

72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:56:58.31 ID:l1N3ezATK.net
幼少期に池で溺れかけてんだよなぁ
たまたま助けてくれた人がおったみたいやけど

75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:59:08.45 ID:pHFyVLuQ0.net
こいつがおらんかったら多分今ドイツという国は存在してないやろ?

77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:00:48.17 ID:6WBuadov0.net
ただし虐殺はNG

81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:03:52.11 ID:xsqNhm1I0.net
枢軸国がなんで戦争に活路を求めたのか
どこの国も教えん模様
なお、欧米じゃ植民地支配の歴史も
まとも義務教育で教えない

86: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:06:10.26 ID:ks5zpIX00.net
欧米諸国だとヒトラーの話するときは批判から入らなきゃ逮捕なんだよな

95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:08:40.05 ID:TQ/jegYla.net
>>86
そんなことないけどな
フィンランドとかヒトラーのTシャツ売ってるぞ

105: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:15:18.61 ID:q3uiTY2np.net
>>95
フィンランドは枢軸国やしセーフ

88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:06:44.07 ID:XQkgYGBJ0.net
戦争しなくても耐えてればそのうち楽になってたわな
ドイツにはそれだけの工業力あったし

100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:11:59.01 ID:pHFyVLuQ0.net
民衆政治が独裁を選んだのに民主政治サイドから独裁者糞やわって言われるのはおかしい

108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:16:34.13 ID:pHFyVLuQ0.net
軍人の駒は有能揃いやったしもうちょっと耳を傾けるべきやった

118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:32:49.34 ID:eHiY2nCg0.net
ほんで天文学的な賠償金はすべて払ったんかいな

120: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:33:41.01 ID:86benrgxp.net
>>118
何回も軽減されとるで

135: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:39:08.70 ID:T20lxZaGa.net
>>118
天文学的ではなくなってるで

121: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:33:54.21 ID:/hdXxCEX0.net
結局のところ天文学的な賠償金払わせようとした周りの国のせいやね

128: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:36:10.23 ID:MXo6fgMi0.net
>>121
なおその天文学的な賠償をもってしてもフランスの損害を補填しきれない模様

123: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:34:38.03 ID:86benrgxp.net
あの時代って想像以上の不況やったんやろ?世界中で

132: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:36:56.42 ID:C7qKCDQWK.net
>>123
特に日本なんか金融恐慌→世界恐慌やからな

59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 07:48:56.29 ID:0R3cfYac0.net
描いた絵が売れなかったのがよくわからん
得意の話術でセールスできたはず

131: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 08:36:51.86 ID:2jEGSRI/a.net
美大に合格してたら世界の歴史は変わってたのかな







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドルフ・ヒトラーが独裁者となった経緯←神か悪魔からか知らんが選ばれた感あるよね

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:13 ID:b3JUDVvM0*
負け犬の逆切れ
ヒトラーに共感した奴は負け犬
2  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:29 ID:L6rol3Ej0*
メディア操作でミンスを抹殺した後にアヘが首相になってやりたい放題してるのと一緒だな
3  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:31 ID:p59g27P40*
メフォ手形って事実上の国債頼みの経済回復だったしな
4  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:33 ID:JVS4HdcD0*
負け犬にすらなれないガキは黙っとけ。
5  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:35 ID:qFoxAXyT0*
ヒトラー失明時にガチで悪魔と契約説あるで
6  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:41 ID:wr4Dq.WN0*
※2
そんだけのことが出来る政治家ならむしろ大歓迎だわ。
7  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:44 ID:oB3b93WIO*
戦争行為は外交手段の一つだから

金で勝てない、話術で勝てない、人脈で勝てない、なら武力でひっくり返すというのも手段の一つ

ただ、武力による交渉はおわらせ方も重要で、皆殺しでおわるか、痛み分けでおわるか、見極めないといけない

ドイツは初期にボロ勝ちしてたから、戦争をすること自体は選択肢として「間違ってなかった」
でも引き際を間違えたからアウト
8  不思議な名無しさん :2016年10月23日 18:51 ID:vmwzvdHr0*
ヒトラーを政権に押し上げたのは敗戦国に対する天文学的な賠償だからな
第一次大戦の戦勝国が引き起こした災害といえる
9  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:00 ID:YVTNDPhC0*
グローバルでぐちゃぐちゃになってる現状を見れば
新たなヒトラーの存在が必要だとわかるね
まあだからトランプやら
欧州での右派政党の躍進があるんだけど
(ナチは左派だっけ?まあどっちでもいいけど)
10  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:01 ID:2aECGQ160*
ドイツでナチス式敬礼やったら捕まるだろうな 冗談でも許されないイメージ
11  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:09 ID:yCOve1oI0*
ヒトラーってユダヤの資本家をどんな感じで扱ってたの?
イスラエル建国反対してたし
12  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:16 ID:k5EoleCF0*
ぶっちゃけ、何度もナチ票潰せる機会があったのに
同じリベラル陣営の2党がやばい状況になっても手を組まなかったのが原因。
ヒンデンブルクも精神的に弱って腹心に説得されるまで嫌ってたのに…
13  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:20 ID:8S1xSR3U0*
ヒトラーを頭ごなしに批判するやつ嫌い
あの時代あの環境が生んだ化物なのに
14  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:22 ID:7dgx7.o20*
凄い話だよな。たった一人の男が美大に受かっていれば違う世界になった可能性があるなんて
15  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:22 ID:vE7Yyo3c0*
ヒトラーが総統になるのは、運命。第一次世界大戦中毒ガスで死にそうになるも生還。その後、クーデターもどきを起こした時に、軍隊の右腕撃たれるも生還。
総統閣下になったあとと銃で撃たれそうになったり劇場を爆破されたりと2回暗殺未遂に会うけど精悍。
戦争中は飛行機の中に爆弾を仕掛けて殺そうとしたけど、乱気流のため高高度を飛んだため時限爆弾が凍ってしっぱい
戦争末期に最後の暗殺警戒をたてて会議室に爆弾を入れたバッグを入れるも、爆発する数分前に会議に参加していた一人が動かしたため、ヒトラーだけ軽症、他はほとんど死亡または重症。
ヒトラーの悪運というか幸運はやばい
16  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:30 ID:U3ZeaHlm0*
ヒトラーには予言の基に成る神霊が憑いていたから・・・

「ヒトラーは並々ならぬ大きさを持った指導者としての人格を
備えていた、誰と何について議論しても彼の知識と知性、
雄弁と意志が最後には勝利を占めた、論理と冷静な思考、
しばしば来るべきものを予知する不思議な能力、彼は
決して山師ではなく巨大な偉人であった、最後は地獄的な
巨大さに成ってしまったが、ともかく1938年までは
無条件に偉大な人物だった」アルフレート・ヨードル大将
17  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:39 ID:.iLz78F20*
ナチ党は国民還元が凄かったからな
政党員になれば幸福を次々と提供されてた
こんなこナチ賛美になるから絶対地上波じゃ流せないけどな
18  不思議な名無しさん :2016年10月23日 19:44 ID:FjdjFZhy0*
ユダヤぶちころ路線はどう見てもNGだったけど、ガイジを許可もらって安楽死させてその浮いた税金と手の空いた医者を他に回す政策はよかったよな。なんだかんだで六割近くのオーストリア人は「ヒトラーの政策はすべて悪かった訳ではない」って言ってるし。
19  不思議な名無しさん :2016年10月23日 20:05 ID:NELsclWG0*
劇画ヒットラー 水木 しげる (著)

これ読んで、水木しげるは偉大な人だと思った
この一冊を書くためにものすごく調査している
しかも分かりやすい

おすすめの一冊
20  不思議な名無しさん :2016年10月23日 20:19 ID:M.pnfojA0*
開戦前に強運使い切ってしまった人物
バトルオブブリテンまでは破竹の勢いだったのに以後やる事なす事悉く裏目に出た
あげく自殺のあえない最期
21  不思議な名無しさん :2016年10月23日 20:22 ID:9mD2a6TA0*
独裁者になるまでの経緯の細かいところはj民のまとめがいい感じだったな
22  不思議な名無しさん :2016年10月23日 20:26 ID:G.szuqYQ0*
オカルトにハマって脇道に逸れたのが労力の無駄だった
急いで戦線を広げず占領下の内政を固めていれば結果は違っていた
23  開花神道 :2016年10月23日 20:58 ID:aKgfs4C00*
おそらく入党前の諜報畑での経験(訓練)と人脈が、ナチ党での活躍を後押ししてたんだろうな。
KGB出身のプーチンがロシア大統領まで上り詰めたけど、影の情報組織の影響力は計り知れない物があるよね。
秀吉なんかも、山の民だか森の民だかを束ねてて、その情報力を活用してたと言う様な説があるし、古今東西異例の出世をする人って、大抵ミステリアスな出自・背後が有るもんだわな。
24  不思議な名無しさん :2016年10月23日 21:07 ID:v6wfSRFZ0*
デスラー総統 ドメル将軍 万歳
25  不思議な名無しさん :2016年10月23日 21:28 ID:RdMc0l9O0*
そのときを生きていたドイツ人たちには救世主だったんだろ
当時を生きていない未来人があーだこーだいうのは意味が無いだろう

鳩山を総理にした日本国民はほんとアホだけど
26  不思議な名無しさん :2016年10月23日 21:50 ID:rrQplyaQ0*
神か?悪魔か?
背景的に出てくる要素ムンムン。
ヒトラーだったから、戦争が勃発した、長引いたとかアレがあった、なかった何だとかはあるだろうが。
そしてヒトラーぐらいのやつが出なかったら、多分ドイツは今の位置にないだろうよ。ドイツ抜きでEUが出来たとして、果たして…

歴史のifだよね。
27  不思議な名無しさん :2016年10月23日 21:54 ID:dxcFSN1l0*
あの時代のあの状況ではヒトラーがいなくても別の誰かが独裁者になっていただろう。
ドイツ以外でも強権的なリーダーばかり誕生している。
28  不思議な名無しさん :2016年10月23日 22:04 ID:gCM95gNe0*
途中まで英雄だったが、調子こいちゃうんだな。
信長秀吉ヒトラー他
29  不思議な名無しさん :2016年10月23日 22:08 ID:46lfs.GK0*
WW2がなかったら植民地時代まだやってたんちゃうかな
30  不思議な名無しさん :2016年10月23日 22:43 ID:BnrvuCh.0*
賠償金は払ってないけど実際はマルクを大量に刷らせて大暴落を起こさせ、その隙にあらゆるものをただ同然で買い叩いてる黒幕がいた。
ヒトラーはマルクを刷るのを即刻停止させたけども、国を超えた国際金融資本家が暗躍していることは知っていた。
そいつらの価値感とはマネーによる支配であり、ヒトラーの理想とする道徳観とは絶対に相容れない思想をもつ敵だった。
それは国を持たない浮浪の民。マネーにより力をもった人種。
(ヒトラー曰く)こうした価値感をもつ寄生虫どもを一掃することはナチの主要課題の一つだった。
本当かどうかはわからないが、まだ深い闇がありそうだ。
31  不思議な名無しさん :2016年10月24日 01:03 ID:i4mTSkXw0*
龍馬と同じで操り人形でしょ?
ユダヤ人迫害のおかげで中東にイスラエルが出来て、石油は欧米メジャーのモノになった。
迫害がなければユダヤ人は欧米から出ていかず、石油はアラブ人のものだった。
欧米がバカンスやマネーゲームに興じていられたのはヒトラーのおかげじゃないのかな。
もうそれも終るからまた何かやらかすんだろうけど。
32  不思議な名無しさん :2016年10月24日 01:26 ID:S7RD7RRu0*
やっぱり、人じゃないものっているんだな。出会ってみたいなぁ…。
33  不思議な名無しさん :2016年10月24日 01:52 ID:mjIaXu4U0*
神か悪魔=国民である。
神のようにも悪魔のようにもなる。
34  不思議な名無しさん :2016年10月24日 03:38 ID:N56KW9jH0*
その前に仕事しなさいや。アルバイトでも良いから。要するに逆恨みやん。全部自分が間違ってるんやん。貧しくても正直に生きたら良いのよ。ね、ヒトラーさん。
35  不思議な名無しさん :2016年10月24日 05:54 ID:f7wVT8z00*
ヒトラーが浮浪者施設に入ってたのはオーストリアの兵役から逃れるための偽装やぞ。若い頃は親の遺産もあったがイラストレーターとして生活してたんやで。あとナチスがドイツ経済を立て直したってのも話し半分でシュトレーゼマンとシャハトの功績のが大きい。ヒトラーの放漫財政のせいで戦争に突入した面があるぞ。
36  不思議な名無しさん :2016年10月24日 06:40 ID:gBFKRlg30*
建築系の絵に行けばよかった感
人物描けないんだよな顔の違いを認識できなくて
37  不思議な名無しさん :2016年10月24日 08:28 ID:W.cRmOvE0*
神か悪魔か人間か…
実際にドイツ軍とドイツ諜報機関が祭り上げに関与していたことは知られているとおりだが、
これに広く共産党が協力していたことも事実だ、更にそれだけでもないようだな
ヒトラー計画の根本はもっと深くそして広い
そしてその側の者達が自作自演を行ってそれを利用してきたし今も利用している
38  不思議な名無しさん :2016年10月24日 09:43 ID:xnAWW7720*
誰か一人(および一派)に全部押し付けた方が、
いろいろと都合が良いもんね
39  不思議な名無しさん :2016年10月24日 11:18 ID:hH0.XT3k0*
※10
冗談どころか正真正銘の民衆扇動罪って犯罪

敗戦で軍はほぼ解体、経済ボロボロ、図に乗ったフランスには
無茶な要求ばかり押し付けられ餓死者まで出る始末
今の日本の比じゃないくらいドイツ人たちの自尊心はズタズタにされてた。
そこに現れたのがヒトラー

今の日本に「竹島・北方領土奪還、中韓に謝罪の必要なし、軍事力行使も辞さない」
って政治家出てきたらヒトラーみたいになれるのかな?

40  不思議な名無しさん :2016年10月24日 11:38 ID:z.FMLI2Z0*
時代が生んだ怪物だからヒトラーじゃなくても結局誰かがその立場になってた
41  不思議な名無しさん :2016年10月24日 11:39 ID:z.FMLI2Z0*
※2みたいな政治的なこと言いたがるの早めにアク禁しないと荒れてアクセス減るよ管理人さん
42  不思議な名無しさん :2016年10月24日 11:44 ID:z.FMLI2Z0*
実際のところビアホールで演説してた頃は鳴かず飛ばずで
みんなの知ってるカリスマの姿はナチのブレーンによる演出
軍事的には電撃作戦と言えば聞こえはいいけど
後のことを考えない軍事セオリー無視の行為で案の定数年で兵站を破たんさせ
幹部は好き嫌いで選び作戦の遂行もできなくさせたただの無能
鬼気迫る表情でデカい声出せる人間なら誰でも良かったんだよ
43  不思議な名無しさん :2016年10月24日 11:46 ID:.S3YsOve0*
>親を亡くして挫折してるにも関わらず虐殺をしていく畜生

末期乳がんの母親を看取ってくれたユダヤ人医師には生涯感謝しとったんやで。
ナチス政権奪取後もこの先生は身辺警護で保護してアメリカ亡命もみとめてる。
44  不思議な名無しさん :2016年10月24日 11:50 ID:.S3YsOve0*
ヒトラーの反ユダヤはイデオロギー的なもので、個人的な怨恨はない。
絵を売ってくれた画商も一級鉄十字章に推薦してくれた上官もユダヤ人。
45  不思議な名無しさん :2016年10月24日 11:57 ID:.S3YsOve0*
※42
ミュンヘン一揆の裁判でルーデンドルフ将軍のような大戦の英雄まで他の首謀者達が責任回避に終始する中、ヒトラーだけが自分の責任を認めてその後の裁判がヒトラーの演説会のようになり、判事達まで感服させてから大物と見做されるようになったのよ。
46  不思議な名無しさん :2016年10月24日 12:09 ID:.S3YsOve0*
>なぜこの経歴でカリスマ性とあの演説力を身につけられたのか

若い頃は図書館に通い詰めて興味あるものを大量に読みまくってた。飯代を浮かしてでも観劇してた。全くオ.ナニーもせんほど修道士のように禁欲的な生活をしてたらしい。
思索や芸術に身を捧げてたんやろな。
なお、最初の演説はしどろもどろ引っ込み思案気味だったもよう。
47  不思議な名無しさん :2016年10月24日 17:35 ID:TbM7xAfX0*
よくヒトラーって演説で政権即取りしたような感じで語られることあるけど
実際はナチス入ってから政権獲得までスゲー長いんだよな
その間もずっとナチス優勢だったわけじゃないし
そんな中でずっと自分のイデオロギーを叫び続けられるモチベーションは尋常じゃない
ただ、そのモチベーションの元となったものが必然的結果に行き着いたわけだけど
48  不思議な名無しさん :2016年10月24日 23:13 ID:VfNQ6moz0*
ナチに資金援助してたのもユダヤ系の財閥なんだよね
実際の所はヒトラーって人はドイツの救世主でも何でもなく単なる虚栄心の塊だったんだろうと思う
49  不思議な名無しさん :2016年10月26日 17:54 ID:OUqY2yMa0*
ヒトラーをナチスに誘ったやつが大戦犯
50  不思議な名無しさん :2016年11月05日 17:18 ID:gCOXADpv0*
 アウトバーンとフォルクスワーゲンにヒトラーが関わっていたと初めて知った時は驚いた。
51  不思議な名無しさん :2016年11月18日 15:04 ID:vy7qahjw0*
ナチスの科学力は世界一だからしゃーない

 
 
上部に戻る

トップページに戻る