まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

万葉集の中から、優れた歌を選んで現代語訳していく

2016年12月01日:14:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 17 )

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:12:41.49 ID:2m0tcSsA0NIKU
簡潔に、分かりやすく訳していくやで~
何分数があまりにも多いもので、
全ての秀歌を網羅するスレではないという事をご了承しちくり~

新版 万葉集 一 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

万葉集

『万葉集』は、7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後とみられる。

日本文学における第一級の史料であることは勿論だが、方言による歌もいくつか収録されており、さらにそのなかには詠み人の出身地も記録されていることから、方言学の資料としても非常に重要な史料である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/万葉集

引用元: 万葉集の中から、優れた歌を選んで現代語訳していくやで~





2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:12:52.04 ID:2m0tcSsA0NIKU
あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る

そんなに紫草の野と標野を往復なさって、野の番人が見てしまいますわ。貴男が袖を振っていらっしゃるのを。

64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:19:27.34 ID:/lZ8agFL0NIKU
>>2 ←ワイはこれが好きかも

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:13:05.23 ID:2m0tcSsA0NIKU
紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻故に吾恋ひめやも

紫草のように、匂い立つばかりにお美しい貴女を憎く思っているならば、
どうして貴女が他人の妻だからといって、私がこんなに貴女に恋い焦がれる事があろうか。



4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:13:16.64 ID:2m0tcSsA0NIKU
いにしへの人に吾あれや楽浪の古き都を見れば悲しき

私は古代の人間なのだろうか。滋賀の旧都を見ると、わけもなく悲しくなる。

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:14:15.35 ID:c1UcVP+r0NIKU
>>4
良いな、これ

19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:15:00.77 ID:SF+Yq7ZO0NIKU
>>4
タケモトピアノ「そのとお~り!」

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:13:29.48 ID:2m0tcSsA0NIKU
英虞の浦に船乗りすらむをとめ等らが珠裳の裾に潮満つらむか

伊勢湾の浦に船に乗り込む乙女たちの、珠のように美しい裳裾に潮がかかっていることだよ。

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:13:40.38 ID:2m0tcSsA0NIKU
葦べ行く鴨の羽がひに霜降りて寒き夕べは大和し思ほゆ

葦の間を行き交う鴨の羽の根元に霜が降りるような、このように寒い夕べには、大和の国が偲ばれることだ。

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:13:52.35 ID:2m0tcSsA0NIKU
吾はもや安見児得たり皆人の得がてにすとふ安見児得たり

私は、皆のアイドルを手に入れたよ。世の人皆が求めて得られぬ、アイドルを手に入れたよ。

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:14:03.26 ID:2m0tcSsA0NIKU
磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君がありと言わなくに

岩の上に生えている、アセビを手折っては見るものの、それが何になりましょう。
この花を見せるべき貴男は、もうこの世にいらっしゃらぬと言うのに。

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:14:15.31 ID:2m0tcSsA0NIKU
石見のや高角山の木の間よりわが振る袖を妹見つらむか

島根の、高角山の木々の間より、私が袖を振っているのを、愛しい妻は見ただろうか。

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:14:16.65 ID:fYRvpzEe0NIKU
百人一首を現代語訳するスレみたいなのあったよな
実はこんなことが書いてあった!『百人一首を現代語に訳していく』【前編】
http://world-fusigi.net/archives/8588288.html
実はこんなことが書いてあった!『百人一首を現代語に訳していく』【後編】
http://world-fusigi.net/archives/8624860.html

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:14:28.94 ID:2m0tcSsA0NIKU
磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた帰り見む

磐代の浜に生えている松の枝を結んだ。私の身に何事もなければ、帰りにこの枝をまた見よう。

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:14:41.63 ID:2m0tcSsA0NIKU
北山につらなる雲の青雲の星離りゆき月も離りて

北山に続く青い雲が、どんどん明けて、晴れてゆく事ですわ。星が消え、月も沈んでいくのですもの。

18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:14:53.29 ID:2m0tcSsA0NIKU
あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも

日が昇るのは嬉しいが、真っ暗な夜をかけて行く月が隠れてしまうのが、惜しい事だ。

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:15:06.71 ID:2m0tcSsA0NIKU
大宮の内まで聞こゆ網引きすと網子ととのふる海人の呼び声 

宮中にまで聞こえる事だ。「網を引くぞ」と、網を引いては整えている漁師たちの呼び声が。

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:15:21.40 ID:2m0tcSsA0NIKU
田児の浦ゆうち出でて見れば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける

田子の浦を経由して、浜に出ていて見たらば、真っ白に富士山の高い峰に雪が降り積もっている。

49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:17:47.67 ID:JdxpEbcF0NIKU
>>22
これすき

24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:15:34.22 ID:2m0tcSsA0NIKU
吾妹子が見し鞆の浦の室の木は常世にあれど見し人ぞ亡き

愛しい妻が見た、鞆の浦の榁の木は変わらず存在しているが、木を見た妻はもうこの世の人ではないことだ。

25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:15:34.56 ID:M6As4sBCdNIKU
古典常識がないとただ現代語訳されてもようわからんな

42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:17:17.46 ID:ImUDgDzg0NIKU
>>25
ただの(小並感)になってまうしな

27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:15:46.36 ID:AR7EEXOKKNIKU
なんか昔のなんJ思い出したわ

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:15:50.09 ID:2m0tcSsA0NIKU
妹として二人作りし吾が山斎は木高く繁くなりにけるかも 

妻と一緒に、二人で作り上げた私の庭は、木々が高く育ち、茂るようになったことだ。

30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:16:05.73 ID:2m0tcSsA0NIKU
妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干ひなくに

妻が見た栴檀の花は、もう散ってしまった事だよ。私が妻を思って流した涙が、まだ枯れぬというのに。

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:16:25.29 ID:2m0tcSsA0NIKU
福のいかなる人か黒髪の白くなるまで妹が声を聞く

どれほど幸福な人であろうことか。黒髪が真っ白になるまで年老いて、なお奥方が健在で、その声を聞くことができる人は。

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:16:38.32 ID:2m0tcSsA0NIKU
春の野に菫採みにと来し吾ぞ野をなつかしみ一夜宿にける

春の野に、スミレを摘もうとやってきた私は、スミレの花咲く野に心惹かれたので、そこで一晩夜を明かした事だよ。

36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:16:51.77 ID:2m0tcSsA0NIKU
夏山の木末の繁にほととぎす鳴き響むなる声の遙けさ 

夏を迎えた山の、梢に、ホトトギスがしきりに鳴く声が響いている、その声の遠い事よ。

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:17:06.58 ID:2m0tcSsA0NIKU
夕月夜心も萎に白露の置くこの庭に蟋蟀鳴くも

月の明るい夕べ、心がしおれることだ。白露が下りている、この庭にこおろぎが鳴くのを聴くと。

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:17:21.95 ID:2m0tcSsA0NIKU
吾背子と二人見ませば幾許かこの零る雪の嬉しからまし

愛しい夫と一緒に二人で見る事ができたならば、どんなにか、この降り積もる雪が嬉しい事でしょうか。

47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:17:40.85 ID:2m0tcSsA0NIKU
朝にゆく雁の鳴く音は吾が如くもの念へかも声の悲しき

朝、飛んでゆく雁の鳴き声を聴くと、雁も私のようにもの思いに沈んでいると思われる。鳴き声があまりにも悲しいから。

50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:17:48.05 ID:GwrUw6C0rNIKU
戦国武将の辞世の句現代語訳とかしてくれへんかな
だいたい分かるようなの多いけども

51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:17:53.95 ID:2m0tcSsA0NIKU
吾背子が来べき宵なりささがにの蜘蛛のふるまひかねてしるしも

愛しい夫が、いらして下さる夜だわ。蜘蛛がそのようにふるまって、このように予兆があるのですもの。

54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:18:31.03 ID:ojCBKsWcENIKU
>>51
これすき

52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:18:09.48 ID:2m0tcSsA0NIKU
筑波嶺に雪かも降らる否をかも愛しき児ろが布乾さるかも

筑波山の峰に、雪が降ったのだろうか。いや違う、愛しい女の子たちが真っ白な布を干しているのだ。

60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:18:51.72 ID:GwrUw6C0rNIKU
>>52
これ女の子というより男の子やないんかな
でも爽やかで好きやわ

53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:18:23.17 ID:2m0tcSsA0NIKU
おもしろき野をばな焼きそ古草に新草まじり生ひは生ふるがに

趣深い野に、火を放たないでおくれよ。去年生えた草に交じって今年の草が生えているのが、とても魅力的だから。

55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:18:37.16 ID:2m0tcSsA0NIKU
ご覧になって下さってありがとう
これで〆やでー

雪の上に照れる月夜に梅の花折りて贈らむ愛しき児もがも

雪の上に光が降りて照らしているこの月の夜に、梅の花を手折って、贈る愛しい彼女がほしいものだ。

僕も万葉集について一緒に語れる彼女が欲しいです(届かぬ想い)

70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:20:42.10 ID:C3IKCJtt0NIKU
やっぱ今も昔も感性は変わってないんやなって

69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 18:20:26.32 ID:tOAbXMzM0NIKU
昔の人の隙あらば歌詠んでいくスタイルわりとすき




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
万葉集の中から、優れた歌を選んで現代語訳していく

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年12月01日 14:49 ID:cPMrLjzA0*
読み仮名振ってほしい
2  不思議な名無しさん :2016年12月01日 14:49 ID:cPMrLjzA0*
管理人さん頼んだ!
3  不思議な名無しさん :2016年12月01日 15:43 ID:yNBBHh9C0*
小学校のとき万葉かるたしてたから懐かしかったな
4  不思議な名無しさん :2016年12月01日 17:15 ID:eo6ukAV50*
>昔の人の隙あらば歌詠んでいくスタイルわりとすき

今だったらツイッターみたいな感じじゃない?
まったく趣がないけど
5  不思議な名無しさん :2016年12月01日 17:40 ID:romJKpzM0*
結構いけない恋愛ちっくなお歌がならんでいることであるよ いとおかし
6  不思議な名無しさん :2016年12月01日 18:01 ID:AGa0CWoS0*
個人的に好きなの5つ

・石走る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも/志貴皇子
・采女の 袖吹きかへす 明日香風 都を遠み いたづらに吹く/志貴皇子
・稲つけば かかる吾が手を こよひもか 殿の若子が 取りて嘆かむ/東歌
・二人ゆけど 行き過ぎかたき 秋山を いかにか君が 独り越ゆらむ/大伯皇女
・君が行く 道の長手を 繰りたたね 焼き滅ぼさむ 天あめの火もがも/茅上娘子
7  不思議な名無しさん :2016年12月01日 18:25 ID:PLhXsrNe0*
良い歌だなぁとしみじみしている裏で妹(よめ)がついつい頭をよぎってしまう悲しさよ
8  不思議な名無しさん :2016年12月01日 18:31 ID:ixZD.n.l0*
(万葉集の歌もとられているけれど)百人一首におさめられた歌と比べると、素朴な感じがするね
9  不思議な名無しさん :2016年12月01日 18:42 ID:q1fTeYr20*
信濃なる千曲の川の細石も君し踏みてば玉と拾わむ
夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものそ

いじらしくて可愛いよね
10  不思議な名無しさん :2016年12月01日 19:12 ID:XFgdghkp0*
俺は防人歌が好きだな

ちはやぶる 神の御坂に 幣奉り
斎ふいのちは 母父がため 

父母が 頭かき撫で 幸くあれて
いひし言葉ぜ 忘れかねつる
11  不思議な名無しさん :2016年12月02日 03:32 ID:JadwtEmd0*
本編でもコメント欄でも出てるが、弟を処刑(濡れ衣説濃厚)された大伯皇女の、

うつそみの人にあるわれや明日よりは二上山を弟とわが見む

が切なくて響く。
12  不思議な名無しさん :2016年12月02日 16:45 ID:XgUCsKpF0*
万葉のいにしえ思い夢を見る 遠く大和の三山ぞ恋し

おれ作

だれか評価してくれ
13  不思議な名無しさん :2016年12月03日 04:50 ID:edCxxw5R0*
俺の愛する歌は出なかったか
14  不思議な名無しさん :2016年12月03日 18:59 ID:D.Gn9SnA0*
万葉集ってなぜ千年以上もベストセラーを保っている理由。今の時代には絶滅した植物や動物もいただろうし、物流の流れも今よりはるかにスローだから時間の感覚も我々と異なる。我々が失った感覚や自然環境が懐かしくて万葉集で面影を見ようとしているのかもね。
15  不思議な名無しさん :2016年12月11日 01:35 ID:U4o..g4H0*
天の海に雲の波立ち月の船
星の林に漕ぎ隠る見ゆ

が好き
16  不思議な名無しさん :2017年01月02日 00:38 ID:g.UtYNQ50*
※12
上句と下句が内容的に重複している気がするから
→万葉の大和三山(やまとさんざん) 〇〇〇〇〇 心もしのにいにしへ思ほゆ
〇に季節感ある言葉入れると(雪降れば、霞めれば、装ほへば・・・とか?)、人麻呂の本歌取り

そういうの好きじゃなければ
→万葉の大和三山恋ひ夢む
で、※12の言葉残しつつ下句でもう少し何か遊べるはず

「~さんざん」読みだと字余りになるから元歌は「やまとのみやま」かと思って読んだけれど
この響きの方がいいなら「大和三山(やまとみやま)し」で字数ぴったり

ちなド素人なので、読んでくれたら嬉しいが真に受けないで
17  不思議な名無しさん :2017年01月05日 23:06 ID:812ttn900*
※12
いいと思う。
ちょっと変えて
「万葉のいにしえ思い見る夢の 遠き大和の三山恋しき」
こんなのどうかな。
一か月前のコメントだけど。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る