まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

善悪って生まれ持ったものじゃないよな?

2016年12月09日:20:02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 46 )

s


1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:14:42 ID:qpT
所謂道徳とか倫理観ってやつな。先天的なものではなく、教育や周囲との関わり、環境によって育まれる後天的なものだと思うんやがどう?

引用元: 善悪って生まれ持ったものじゃないよな?







4: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:16:36 ID:njf
ある程度はあるんじゃね
闘争本能の強弱とかそういうの遺伝で決まるんじゃね

5: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:16:54 ID:Liy
いやあ
違うと思うよ
ガキは普通じゃないやついるから

6: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:17:31 ID:Liy
性善説は誤り
人による

7: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:17:32 ID:PRp
8割ぐらいは後天的
残り2割は先天的

8: ■忍法帖【Lv=10,おおくちばし,YOT】 2016/12/09(金)03:17:46 ID:lTw
根元的な所は生まれつきだろ
きちがいは生まれたときからキチガイ

9: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:17:59 ID:njf
闘争本能、性本能、これらが強いと我が強くなって思いやりに欠ける様にかると思う

10: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:18:14 ID:A9h
サイコパス(精神病質者)とソシオパス(社会病質者)の違い

サイコパスは先天的という説が有力でこれは生まれながらに悪に染まる
ソシオパスは環境によって悪へ変質した者

15: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:19:50 ID:wKl
例えばカントは最上善を道徳的行為としながらそこに普遍性がある事を考えてたわけだが

21: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:25:38 ID:qpT
>>15
すまんもう少しかみ砕いて教えてくれないか?哲学に興味はあるんやが何分明るくないんや

29: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:35:30 ID:wKl
>>21
カントはその著作「純粋理性批判」で道徳的な事をするのが一番いい事(最上善)だよね、と言います
これはもうとにかくベストオブベスト
時間や状況、場合によらずいかなる時でも、どんな人でもこれが一番いい事
つまり普遍的な性質を持っていると
そしてこの普遍性を保証できるのは経験によらない認識であるとして先の「純粋理性批判」の前半を使って説明していったわけさ

35: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:45:43 ID:qpT
>>29
なるほどさんくすだいぶわかりやすくなった。どんな人でも善いことは善いことだと認識できる。だから普遍性があるってことかな?

43: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)04:01:09 ID:wKl
>>35
普遍性がどういう時に成り立つかは厳密にはすごく難しい問題だと思う

ところで善悪の尺度を別にしたところの、ビックファイブなどの性格因子における遺伝の影響を一卵性双生児を使って調べた研究がいくつかあって、まぁそのどれもが性格って4-5割は遺伝って結論づけてる(例えばこれが見やすくていいかとhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/8776880/?i=4&from=/9008379/related)
誠実性もご多分に漏れずそんな感じ
んで残りの5-6割は大部分を非共有環境、すなわち家庭外での影響が大きい
まぁ人生のステージにおいても環境の大きさとかは変わってくるんだろうが少なくともいい人間になるかは遺伝と環境が半々って事で

51: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)04:26:23 ID:qpT
>>43
興味深いわさんくす

17: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:20:09 ID:qpT
今俺が一般的に社会で悪とされてる事に憤りを感じたり、弱者を憐れんだりするのも人間本来の感情じゃなく
そういう風に育てられた結果なのかな

20: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:22:19 ID:A9h
>>17
それは半々といえる
人は生まれながらに同族に愛情を感じたり哀れみを本能的に抱く
そして人類が築いたモラルや方を後から身に付けていく

21: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:25:38 ID:qpT
>>20
それって証明しようがあるの?小さい頃の記憶は鮮明ではないし

24: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:28:07 ID:A9h
>>21
脳科学の分野になってくるから割愛するがそういう本能は備わっているのは科学的に証明済み
そしてお前が信号を守ったり万引きをするのを躊躇うのはそれが悪だとどこかで学んだからだろ?

自転車の乗り方をいつどこでどうやって教わったのか記憶が曖昧でも人は乗り方を忘れることはない

28: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:34:48 ID:qpT
>>24
なるほど備わってるんやなよかった。二行目が言いたかったことに近い。そうだと教えられたからまたは周りがそうだったからそう思うようになった。こういう原理だと
思ってしまったんや。これだと一種の洗脳やないかって。

22: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:27:13 ID:gyl
>>20
ゴリラのエリアに柵から落ちた子供をゴリラが飼育員のとこに届けるのはゴリラの性善説だろうか?

25: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:30:51 ID:A9h
>>22
それは分からない
本能的に子供に情愛を抱いたのか
または子供を返すことで見返りを期待したのかもしれない

27: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:32:35 ID:PRp
ナチが一卵性双生児で実験したやん
それぞれ環境変えて育てたらどうなるかって
言うほど変わらんかったらしい
サンプル数が足りないのかな(ゲス顔)

双子への実験

強制収容所にいた双子の子供に対して行われた実験の目的は、人体を人為的に操作できるかどうかを観察するのと同様に、双子の遺伝子の類似性と相違性を示すためであった。実験の中心的なリーダーはヨーゼフ・メンゲレであり、彼は1943年から1944年にかけて、アウシュヴィッツに収容されていた双子1,500体に対して実験を行った。わずか100人の被験者のみが生き残った。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ナチス・ドイツの人体実験
エヴァ・モーゼス・コール - 双子実験の生残者①
http://blog.goo.ne.jp/hanamamagon/e/9dd1

a4a5b5e37ea49ba99912f2cff1998d65

35: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:45:43 ID:qpT
>>27
まじか。そういうデータ見たかったんやちょっと調べてみるわ。

生後から食事だけ与えて何も教えなかったどういう風に成長するかみたい

31: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:38:25 ID:H68
洗脳でも別にええんやない

32: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:38:33 ID:Liy
子供が弟にハイキックしてたの見かけたら、ね
ヤバイよ

30: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:37:37 ID:PRp
道徳的な事をするって異文化間では混乱しちゃうね

33: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:43:23 ID:Zmf
言うて道徳の大半は本能の延長線上にあるもんよ
対立することもあるけどそれは本質的なものというよりは
進化の最前線における試行錯誤の結果
本能自体互いに相反するものもあるしね

34: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:45:12 ID:vhn
でも実際犯罪者の子供が犯罪犯すってのは、大抵周りの見る目とかが原因だったりすると思う
犯罪者の子供ってレッテルで、変な見方されるせいで倫理とかがわからなくなるんだよね

38: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:50:59 ID:kS8
そもそも絶対的な善悪はないから、生まれ持つことができない
道徳や倫理観は体系的だから、そりゃ身につくのは後天的だろうさ

40: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)03:55:03 ID:qpT
>>38
ああ最初思ってたことを言い表してくれた!善悪じたい作り出された概念じゃないのかって

42: ■忍法帖【Lv=10,おおくちばし,YOT】 2016/12/09(金)04:00:39 ID:lTw
>>40
善悪は社会が決めることだが、一つ一つの行動は個人の衝動的な部分と打算的な部分の結果だろう

46: ■忍法帖【Lv=10,おおくちばし,YOT】 2016/12/09(金)04:18:07 ID:lTw
犯罪=悪 それ以外=善
という単純な思考は確かに洗脳されているのかもしれない

49: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)04:24:53 ID:qpT
すまんそもそも善悪ってなんやって考え出したら思考がこんがらがってきたから一服してきた。一服しながら考えた結果、絶対的な善悪なんて考えようがない。そもそも善悪って概念自体が人間から発生したものだから。真の善悪なんてものがあるとしたら
それこそ神とか超越的な存在を設定しないといけなくなる。だから人間の世界でいう善悪について考えてみたんだけど、善悪という概念は集団の中でしか発生しない。世界に人が1人しかいなかった場合善悪なんてないと思う。
人が集団を作るのは共通の利益を得るため。だから悪とは集団の中で他者を害する行為(殺人、盗み、欺瞞etc)。悪が定義されると善も見えてくると思ううんだけどどう?

53: ■忍法帖【Lv=10,おおくちばし,YOT】 2016/12/09(金)04:30:42 ID:lTw
一人の世界でも善悪はあるだろう
自分の手首を切り落としたとして、それは良いことなのかどうか。
恐らく悪いことだろう 、なぜなら不快だから。
善悪というのは感情的なもの

54: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)04:31:42 ID:Zmf
善悪っていうとどうしても何か神秘的なイメージが付きまとうよね
単なるルール以上の何かみたいな
それは速すぎる社会の変化に対応しきれない本能との折り合いをつける
ための緩衝材のようなもんだと思う

55: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)04:33:41 ID:K3I
動物ですら群れの規範から逸脱すればボスから制裁を受ける
群れに寄与する者ほど地位と信頼は上がる
それは別に、善悪という概念を知っているからでも洗脳されているからでもない

58: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)04:40:36 ID:K3I
暴君は倒され、民衆から支持される王権が存続するのが歴史の一般であって
露骨な悪党が権力を握り続ける例はほとんどない
信長やヒトラーだって「正義」によって民衆から支持されていたわけだ

63: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)05:00:36 ID:Zmf
例えば目の前に食べ物があるとする
目の前に所有者がいれば動物でもおいそれとそれに手を出しはしない
手を出せば所有者に攻撃されるということは本能レベルでも分かるからだ
しかし目の前に所有者がいなくても人間は手を出さない場合がある
所有者がいるものに勝手に手を出してはいけないというルールがあるからだ
このルールは社会を上手く回すための仕組みなのだと理性では理解できるが
本能レベルの感覚として感じる事はまれであり中には本能に負ける者も出てくる
そこで所有者がその場にいなくとも神という超越者がいつでも点から見張っている
という設定を作り信じ込ませる
こうする事でそのままでは本能でカバーしきれない社会的ルールを本能の仕組みを
利用して守らせることが出来る

64: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)05:12:26 ID:K3I
>>63
そこは必ずしも神の概念を利用しなくとも
「見つかったらどうしよう」という因果関係に対する想像ができる知性があるだけで
既に本能に訴えかける事はできてるんじゃなかろうか

67: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)05:26:40 ID:Zmf
>>64
まぁ例にあげた場合くらい単純なものだとそうだな
でも法律も含む社会のルールって複雑なものも多いよね
いくつもの利害関係を折半して導きだれたものとか
あと現状の世界を見るに単純な想像が出来ない人間も多数いるのも確か
想像が出来ないというよりも本能的な誘惑がそれだけ強力ってことだとも思うが
それに昔は今よりも見つからないシチュエーションが多かったと思う
監視カメラも無ければ広い土地に家々が点在してたりとかね

68: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)05:46:40 ID:K3I
>>67
確かにだだっ広い空き地だらけの世界なら
そもそも他人との折衝を気にかける頻度自体が少なくて、
多くの人間が共有する倫理観とかは成立させること自体難しいのかも
でもそんだけ土地があるならそもそも単純な窃盗自体が少なくなる気もする

ユダヤ教やキリスト教の成立過程は、どっちかというと狭くて不毛な土地や
ギリシャ、ローマの都市というむしろ隣人との関わりが密な場所なんじゃないかと

同じくどこに行っても他人と顔を合わせなきゃ暮らしていけない日本は
「世間」という神にその規範を支配されることになったわけだけど
それがかなりの特殊事例なのかもな

69: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)05:49:03 ID:CZ2
人間の行動に善悪という概念を植え付けたのは人間である

70: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)06:41:36 ID:NVR
生まれもった場合もある
サイコパスだってあるでしょ

あと遺伝もあるよ
そうじゃなきゃ人種によって性格の差があったりしない

71: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)06:43:15 ID:NVR
日本人は恐怖遺伝子を持ってる割合が多いとかね
ロシア人は少ないからかぶっ飛んでるしな

矯正可能であっても、一応生まれもった物でもあるよ性格は

47: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)04:20:08 ID:PRp
善行とは何か、社会生活における潤滑油()







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
善悪って生まれ持ったものじゃないよな?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:06 ID:Tle01Z6b0*
話が曖昧すぎなんだよ
もっと具体的に考えていくと
人には善も悪もある結果がわかる
一つ一つの行動を善か悪か判断していくとかならず全て悪になるわけがないんだから
2  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:16 ID:xeheIeNn0*
善悪は行動の中にあるものではなく、人々の頭の中にある概念だろ。それらの行動自体はその時の意思によるもので、生まれつきかどうかと言うようなものでは無い。問題は人がそれらの行動を善と捉えるか悪と捉えるかで、それは生まれたばかりの人間には存在しない思考だ
3  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:17 ID:.2McGZ9k0*
道徳や倫理なら後天性だな。
カッとなって○したりするのは本能的な衝動だろうし。

ただ獲得しやすい倫理観とかは生まれた時からある程度決まってるだろう。
脳の構造は人によって違うから。
4  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:23 ID:.dwU6wYr0*
ソニー・ビーン?っていう一家の話が色々面白いよね。
5  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:26 ID:yVg.sPEg0*
赤ん坊は社会が概ね悪としていることに否定的な反応を示したり性善的傾向を示すことが多いぞ
自然状態の人間は善性から社会を欲しその過程で悪を獲得する
6  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:39 ID:QtgfO2am0*
昔、オオカミに育てられた子供がいたらしいけど、発見された時には行動がオオカミの
それだったそうな。
7  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:52 ID:6.Y3XGp40*
半島から来てる人を考えると、
どうしようもなく DNA に刻まれているものもあるよな。
善悪がそもそも理解できないとか、
自分が悪意しかないのも気づけないとか。

いいかげん、
他国の連中が日本人的な発想や思考をするとか
教育すればよくなるとか言うね間違ったことを
前提にするのはやめるべきだと思う。
8  不思議な名無しさん :2016年12月09日 20:58 ID:1.4OvkY50*
亀が倒れた仲間を必死に起こして助けようとしてる動画よくあるよな
あれは善意だよね
先天的にそういう「善意」をもっていない種は生存競争に残れないんじゃないか
9  不思議な名無しさん :2016年12月09日 21:00 ID:Tle01Z6b0*
>>2
だからその概念が善か悪って何で偏ってるんだ?
善の部分もあれば悪の部分もあるだろう
そしてその概念が思考に影響して行動に繋がってるんだから
その時の意思と概念を全く別のものと分けちゃダメだろ
10  不思議な名無しさん :2016年12月09日 21:00 ID:qd3TKFG50*
赤ちゃん使った実験で9割性善説だったって見解じゃなかった?
残り1割は追い掛け回されるの見て楽しんでたとかw
でも9歳までに教え込めば後天的にコントロールできるし、むしろ生まれとは違った世界を学んだ子たちの方が後々伸びそうではある
11  不思議な名無しさん :2016年12月09日 21:02 ID:Tle01Z6b0*
善ってのは人間種にとって都合の良いことを善って人間が勝手に決めてるだけだろ
そら赤ん坊も人間なんだから赤ん坊も善の方が好きに決まってるだろ
12  不思議な名無しさん :2016年12月09日 21:08 ID:pfCGZVuC0*
そもそも善悪を決めてんのはまわりの人間だろ
生まれ持ったもなにも元々あやふやなものたから計りようがねーよ
13  不思議な名無しさん :2016年12月09日 21:10 ID:Tle01Z6b0*
自分だけに都合が良いものは自分にとって善だが周りにとって悪

自分の家族に都合の良いことは家族にとって善、周りにとって悪

自分の国にとって善ならば、他国にとって悪
結局範囲の問題なんだよ
14  不思議な名無しさん :2016年12月09日 21:17 ID:.gJleivq0*
善あるいは悪に傾きやすい性質というものは生まれながらにあるだろうけど
生まれ持った性質が発現するかどうかは後天的なものだろう
15  不思議な名無しさん :2016年12月09日 21:31 ID:zjWuTthW0*
人殺しが善という時代も長かったからなあ
ヒロポンだって合法だったわけだし。
教育や洗脳のパワーは大きいんじゃね?と思う
16  不思議な名無しさん :2016年12月09日 22:01 ID:ZTjjEFh.0*
善悪で行動を決めるとすれば、それは知識の範囲内だと思われる。突発的な行動は受動的な反応に過ぎないので善悪の範疇ではない。

現実にあるとされる善悪は結果ではなく過程なのだろう。脳が意識の先にある不完全な人間に決められるはずがない。決める事ができる超意識の代用に法やモラルや宗教が出来たと思う。

17  不思議な名無しさん :2016年12月09日 22:02 ID:W8zPdMwH0*
『人間』は『人間』に育てられて初めて『人間』になる

って言ったの狼に育てられた少年を診た医者だったっけ?

要はそういうことなんでしょ
18  不思議な名無しさん :2016年12月09日 22:03 ID:AP7azChq0*
生まれ持ったものプラスアルファで育った環境かな
19  不思議な名無しさん :2016年12月09日 22:21 ID:.406mBlS0*
社会的な善も悪もない僕は、人間じゃないのかな。
人間になるために生きてるわけじゃないから人間になりたいとは言わないけれど、人間について知りたい。
20  不思議な名無しさん :2016年12月09日 22:55 ID:8C6v6aWH0*
米19
まずその中二病から卒業することを考えよう
21  不思議な名無しさん :2016年12月09日 22:55 ID:MvfnFppR0*

亀が、倒れた亀を助けるから「善意」なんて寝ぼけたこと言っている奴がいるがw

それは人が勝手に「観察」して「善意」と名付けているだけの話

亀自体は「善」とも「悪」とも思ってねーよw

あらゆる物事に「意味」なんて元からない。

勝手に人が解釈しているだけだろう。

これは「いいこと」これは「悪いこと」とな。


これは「善だ」と思う瞬間にだけ「善」は存在するし、

これは「悪だ」と思う瞬間にだけ「悪」は存在する。

四六時中「善」や「悪」が存在しているわけではない、

寝ている時に、「善」や「悪」なんて考えもしないだろう?

絶対的で永久不変な善悪なってないってこと。

22  不思議な名無しさん :2016年12月09日 23:07 ID:flSKugEQ0*
犯罪=悪とするなら
遺伝と環境によって犯罪をするかどうか決まるって結論出てるんじゃないの
逆に遺伝だけで全て決まるという考えを持つ奴がいる意味がわからない
23  不思議な名無しさん :2016年12月09日 23:27 ID:iejkMaG80*
幕府に従うのが絶対的善だったはずなのに滅ぼされてる藩とかあるからな
善悪は状況によって変わる
悪人とされているのは変わり目に乗り遅れたやつだろ
でもそれがおかしいかっていうとそうじゃないと思うね
24  不思議な名無しさん :2016年12月09日 23:34 ID:..FcewEm0*
グダグダ取り繕う必要などない
すぐキレてすぐ相手を傷つけるやつは間違いなく悪
そしてそういう奴が特定の地域に多く住んでいることを我々は知っている
25  不思議な名無しさん :2016年12月09日 23:39 ID:bOwUNioQ0*
善でも悪でもなく、ただ罪だけを持って人は生まれる。罪に振りまわされれば悪となり、罪とうまく付き合えば善となる。人への無償の思いやりこそ正義であり、人の正道である。思いやりを忘れ不義に走れば、それを人は外道と呼ぶ
26  不思議な名無しさん :2016年12月10日 00:37 ID:EHdlBrOx0*
今の倫理規定は社会正義だから学習しないと身につかないわな
社会は人間が作ったものだからな
27  不思議な名無しさん :2016年12月10日 00:49 ID:d4uaj.yZ0*
妖怪人間ベムが混ざってるな
個体には善悪があるかもしれんが概念や理には善悪はないやろ
28  不思議な名無しさん :2016年12月10日 00:53 ID:cilagCq60*
障害の有無は抜きにするとして、善悪は後天性だろ。善性として生まれてきてもDVしまくって暴力に囲まれた生活を送らせれば暴力的に育つだろうし、さらにそこに悪友を加えれば完全な非行ルートだと思うな。
逆に悪性として生まれてきても感動系の物語で涙を流す事だってあるだろうし、良心とか善の部分はあるだろうな。
善性悪性は生まれつきだろうが善になるか悪になるかは育つ環境次第ってところだな
29  不思議な名無しさん :2016年12月10日 01:02 ID:aHzEntlo0*
テレビで見聞きした影響かねえ(必殺仕事人の切ない感じが好きだった)
仕返しするそれを判断するのも難しいなって思ったし、すごい捜査が必要よなって子供ながら思ってたしなぁ
それでもそれに興味が出るって事は、元からあるからなのだろうしな。
30  不思議な名無しさん :2016年12月10日 01:44 ID:YoGsQ2CA0*
善と悪の基準自体が 作られたものだし、どうしようもないべ。
31  不思議な名無しさん :2016年12月10日 04:09 ID:20h2N.Ag0*
最初は無邪気で善も悪もなく、善悪は他人から見た評価だよ
第二次反抗期までに他人の苦痛か幸福のどちらに喜びや発散を覚えるかで決まると思うけど、それもまた他人からの評価で、本人が善悪を自覚するまでそれは無邪気なのだろうと思う
32  不思議な名無しさん :2016年12月10日 07:12 ID:HV7Lr.SU0*
同種の争いを避けようとするとか
致命的なケガを負わせるのに罪悪感を覚えるとか
倫理の根本的な所は先天的な本能から来ていると思うよ
人間以外の動物にもあるからね
33  不思議な名無しさん :2016年12月10日 07:15 ID:ihvg2Cgp0*
俺がこの間考えたことと一緒や
俺は1だった...?
34  不思議な名無しさん :2016年12月10日 08:43 ID:k.66K8SJ0*
※32
俺もそう思う
付け加えるなら、人間の善悪という概念自体が元々本能に沿ったものなんだよね
35  不思議な名無しさん :2016年12月10日 14:08 ID:zZoq1yHR0*
※32
自分、生存本能と道徳がごっちゃやんけ。
36  不思議な名無しさん :2016年12月10日 15:58 ID:1AsuTf2p0*
ハズレ脳を引かされたら最悪他人を殺してムショ暮らしとかね
アホかと
37  不思議な名無しさん :2016年12月10日 17:31 ID:E.WjXSRx0*
そんなことはない、生まれた時点でその人の善悪は決まっている

と、主張したとしよう
その「善」の定義が、いわゆる道徳観などで「差別をしないこと」などが含まれていた場合、主張した人は自分は生まれつき「悪」である、と主張したことになるんだよね
優生思想を主張する人はほぼ必ず自分が優生だと思っているんだよね
彼らが主張する「優生」の基準は、多分彼らにしか通じないものなのだろうけど
38  不思議な名無しさん :2016年12月10日 22:46 ID:7DE4BjEl0*
生まれ持ったものに決まってるだろ。
「環境や親のせい」っていうやついるだろけど
じゃあなんで親や周りの人を反面教師にして育つやつがいるの?

世の中に「悪い親の影響そのままに育つやつ」と「悪い親を反面教師にして育つやつ」の2種類の人間がいるんだから生まれ持った物なんだよ。

あとは犯罪やって捕まるのが遅いか早いかの問題でしかない。
39  不思議な名無しさん :2016年12月11日 17:03 ID:ek064tii0*
マジレスすると憧れと感動による解釈でしかないし善悪を判断されるのはアウトプットなのだろう。これが善悪の彼岸なのかなと。
例えば尾崎豊を盗んだバイクで窓ガラスを割って薬中になって死んだだけだと解釈したならば憧れはしないがそれがカッコいいと思って憧れて窓ガラスを割る奴もいる。俺は尾崎豊が好きになってジャクソンブラウンやブルース・スプリングスティーンとか聞くようになったし、逆に洋楽のパクリだと失望する奴もいたし、晩年の「優しい陽射し」は聴くと複雑な気持ちになるよ。

キリスト教だってそうだ。カリスマを磔にされたからルサンチマンになって磔てやると思う奴もいればもうあんな馬鹿げた悲劇を起こしたくないと祈る奴もいるし、人それぞれの解釈でしかないけどその背景には憧れや感動がありアウトプットしたときに善悪が判断されるわけで、またこの善悪の濃さは影響力の強弱で決定されるだけだろうかと。

しかし感動や憧れの背景を求めすぎると今のテレビ業界みたいになってしまうのが良い例でこの世界の価値や憧れも万物流転なんだなぁと。
まぁ折角自分の中の絶対的価値を見つけたら流転させないために群れたくはないしシェアなんてしたくないなと。これが密教の原理だろう。俺も世のため人のための知識を蓄えようとは思うが非道徳な獣のような贅沢病の人間ばかりならシェアをしたくないし逆に滅亡した方が良いなと。これが道徳でなければならない理由だろうな。

40  不思議な名無しさん :2016年12月11日 17:05 ID:ek064tii0*
この世に価値がないとわかっている人間はディズニースタッフになって元気付けようとする。それが同情だが。同情されるとされた方が惨めな気持ちになり、逆に同情した奴が気持ち良くなるという糞みたいな教えだし、奴隷一揆の発端になるから群れない方が良い。あと確かめようとそいつのことをあれやこれや詮索すると弱味を握る集りになるだけだから本当にどうしようもない。こいつらがいることで勘繰り深くなり結果つまらない感じになる。らしい。
41  不思議な名無しさん :2016年12月11日 17:08 ID:4O5JDcwh0*
どんな人間でも、他人から優しくされたら嬉しいし冷たくされたら悲しい。
それは生まれたての赤ん坊でも同じ。
つまり優しさは良いもの「善」で、冷たさは嫌なもの「悪」であるという感覚は先天的なもの。
それは道徳の根元なんじゃないだろうか。
42  不思議な名無しさん :2016年12月11日 17:22 ID:ek064tii0*
※41
それが本当に助けたいとかもしくは助けたことによって自分の成長を促すものならば良いと思うけど。友達がディズニースタッフだったけど知ったときはぬるぬるの優しさにヘドが出そうだったよ。こいつは俺のことを見下しているんだなと。男の下心より嫌いだね。
43  不思議な名無しさん :2016年12月11日 17:24 ID:ek064tii0*
それと生まれたての赤ん坊は生みおとされたんだから育てなきゃいけないだろ。優しさではなく義務だ。
44  不思議な名無しさん :2016年12月12日 07:52 ID:d.wzZoIV0*
善悪という感覚がなければ
善悪という観念は生まれようがないだろうw
その内容については後天的な要素に大部分依存するだろうが

少し違うが、赤外線を見る能力がないから赤外線が見えないのさ
思考的なもので言えばなんだろうな
植物ほどの日光に対する飢餓感とか?
45  不思議な名無しさん :2016年12月21日 16:14 ID:7sbDKgd30*
最近死刑廃止論者をはじめとした、鶏と卵のような疑問を投下する投稿が目立つけど、人権屋とプロ市民の作為と工作と感じるのは気のせいかね?
46  不思議な名無しさん :2017年07月08日 15:34 ID:8t0gl3Ps0*
先天性で善悪が付いてたら、赤ん坊は置いてある花瓶を落とさないだろ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る