まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

魔術って実在したの?資料とかも残ってるし嘘とは思えないんだが

2017年01月21日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 52 )

科学と魔法の違いってなに?


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:21:33.30 ID:XF/YFBzB0
資料とか膨大に残ってるし、嘘とは思えない
でもなんで今じゃ魔術は都市伝説みたいな扱いされてるの?




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:22:01.69 ID:4B41XFJr0
メカニズムが解明されてないから

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:23:31.89 ID:XF/YFBzB0
>>2
なんで科学者たちは魔術について研究しないんだろう

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:24:19.50 ID:4B41XFJr0
>>5
魔力うんぬんが信じられない脳だから

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:26:22.27 ID:XF/YFBzB0
>>6
でも、科学的な現象も昔じゃあ魔法と変わらないくらい理解不能なものだったのに、
なんで科学だけを研究対象にしちゃったんだろ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:38:24.67 ID:wMBgIDUJ0
>>7
古代、魔術として一緒くたにされてた奴のウチ、種や仕掛けが説明つくやつが
科学や手品として分離されて、今の魔術と科学に別れたって感じだったはず



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:23:29.58 ID:GOtnuqt10
まじないのたぐいも魔術扱いだったんだろうな

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:26:26.79 ID:iwckn8OE0
資料が正しいのか分からないし、実験再現が難しいからな

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:26:35.23 ID:Mguv/paH0
はっきりと認識できないから、たとえ定義しても証明へと辿りつけない。
だから幻想と切り捨てられる

先に確立すべきは、それを認識する手法だな。

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:31:28.86 ID:8tYxgcuYO
大昔は研究機関あったんだろ。多分今もあると思う。証明出来ないと怖いし、科学より優れた結果が出たから表向きは抹消って感じじゃね?

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:33:00.55 ID:tPVb6pWZ0
黄金の夜明け団だろ?

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:34:06.91 ID:Mguv/paH0
そもそも魔術の定義が曖昧だな。
魔術が「魔力操作により、現象を起こすもの」であれば、まずは魔力自体を見つけなければならない。
「不思議なことを起こす」であれば、その原理を解明すれば、それは科学になる。

まずはそのあたりからはっきりさせようか

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:36:37.26 ID:REuU/72g0
>>15
一応個人的に研究しているものだが、魔術の定義としては、「事象を起こす」がもっとも中心的な考え方だな

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:39:33.52 ID:Mguv/paH0
>>19
「事象を起こす」が魔術なら、今の機械操作で行ってるようなことも広義で言えば魔術に当てはまっちゃうよね?
やっぱり「何かよく分からない新たな原理」で「事象を起こす」ってことかね?

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:37:49.55 ID:Hnz5vBBF0
>>15
そもそも昔は科学も魔術も一緒のもんだよ。ごちゃ混ぜ
錬金術でなんか色々してるうちに、医学や科学が生まれた

数学や哲学はもっと昔からあったし、多分に魔術的な要素を含んでいたけどね
ピタゴラス教団とかもっと厨二的に注目されるべき。秘儀を洩らしたものは死あるのみだったんだぜ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:37:21.60 ID:z+DpdL3a0
不可思議な現象=魔術
昔のほうが魔術云々言われてたのは文明レベルがその程度ってことだよ

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:37:26.40 ID:NCzTEk6y0
俗にいうおまじないだって見方によっちゃあ魔術だしな
日本古来から伝わる「おまじない」
http://world-fusigi.net/archives/8718669.html
実際に叶うおまじない教えて
http://world-fusigi.net/archives/7219424.html

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:37:58.75 ID:yDQfTTGEO
エリファス・レヴィって人の『高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇』(Dogme et Rituel de la Haute Magie)と
『高等魔術の教理と祭儀 教理篇』って本が尼で買えたと思うから読んでみれば

高等魔術の教理と祭儀 (教理篇)
高等魔術の教理と祭儀 (教理篇)

高等魔術の教理と祭儀 (祭儀篇)
高等魔術の教理と祭儀 (祭儀篇)

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:39:35.71 ID:j3svO6xZ0
昔の人の前でライター使って見せたらそれはもう魔術にしかならんわけです

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:40:13.71 ID:REuU/72g0
ちなみにアレイスター・クロウリー氏によると、簡潔に言えば魔術は行動で行動は魔術だそうだ

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:40:54.53 ID:+gOSh3bJ0
場所によっては都市伝説じゃねーぞ
普通に先進国でも拝み屋で食ってる人居るし
現代魔術や魔女術を実践してる人なんて日本にも腐るほど居るだろ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:41:08.83 ID:4B41XFJr0
魔術が発達したパラレルが存在するのなら、そこでは2chは無くなっているのかね

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:45:57.23 ID:o0tMKVO90
>>33
パラレルは無限に存在するはずだから魔術が発達したうえで2chがある世界もあるんじゃないのか

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:41:17.36 ID:iwckn8OE0
まぁ科学はあらゆる現象について研究してるんだから魔術的現象について研究してるな
まぁ解明された時点でそれは科学なんだろうが

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:46:20.37 ID:Hnz5vBBF0
ていうか数学ってほとんど魔術と一緒でね?って気がする
文系の俺からしたらもう訳わからん。どういう脳してんだよマジ

あまりにも多くの偉大な発見をし、数学の発展に多大な貢献をしたかのフェルマーは
ガッチガチの文系であるはずの裁判官だか判事だかで、数学は趣味の娯楽として
一人でコソコソやってたんだぜ・・・。死んだ後に訳解らん走り書きだらけのノートが
発見されて、マジパネェってなった。当時で言えばもうオーパーツみたいなモンを、
趣味、娯楽として一人でクロスワード感覚でしてた訳だ・・・

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:46:48.41 ID:n/FsLiJT0
十字架を掲げることも魔術の一種

大事なのは信心ですよ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:47:35.25 ID:REuU/72g0
>>42
行動は魔術だからな

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:48:42.07 ID:AOgbTm42O
言葉遊びじゃなく、具体的にどういうのが魔術なのよ?

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:50:21.94 ID:REuU/72g0
>>47
そうだな、分けるといろいろあるのだけど代表的なやり方は念を送ることかな

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:51:02.49 ID:QZ4h32qx0
>>47
現代の定義で言うなら
現代科学では説明できない物事の因果関係、なんてどうでしょう

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:48:54.17 ID:QZ4h32qx0
何を持って魔術というのかがまず問題
それこそ星の数ほどある数多の因果関係を研究しようと思う研究者が居ないのが最大の問題

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:51:24.28 ID:Mguv/paH0
定義が「なんだかよく分からないもの」で事象を起こすってことは、
「なんだかよく分からないもの」が不可欠である以上、認識不可能なものになってしまう。それなら”偶然”と何ら変わりがないよね。

ここで終わったらツマラナイから魔術を「新概念を上手く駆使して事象を起こす」と定義してみる。
こう見ると、古代で言う"魔術"においては「電気」を用いる今の"電化製品"は十分に魔術と言えるはず、
この論理でスレタイには存在した、と言い切ってみる。

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:54:06.75 ID:REuU/72g0
>>52
偶然を引き起こすも魔術の一種

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:58:59.56 ID:Mguv/paH0
>>62
だから偶然と魔術をどう分けるんだよ。
「なんだかよく分からないもの」ってことは「認識できない」ってことが絶対条件になっているだろ?
多分、新概念生みだしゃいいんだよ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:00:58.87 ID:PNyVgM3T0
>>75
だから統計取ればいい

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:04:07.48 ID:Mguv/paH0
>>80
統計的に知られていないことが「なんだかよく分からないもの」だったら、
一部の人間はどうやって起こすか知っているってことじゃん?

それは魔術というより秘術じゃね?両者は等しいことになってるの?

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:01:50.10 ID:REuU/72g0
>>75
そこは根本的なので、もう少し勉強してから聞いてくれ

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:13:38.42 ID:+gOSh3bJ0
統計を取る事は無意味だな

・本当に魔術が行使されたのか、を確認する手段がない
(術そのものが不発・失敗している可能性を排除できない)
・魔術の効果が発揮されるまでにかかる時間は不定
・そもそも統計を取ったところで、それが魔術の効果であるというロジカルな実証にはならない
(魔術を使った側で成功率が高まったとして、イコールその偶然を引き起こすのが魔術と言う結論は出せない)

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:17:25.54 ID:REuU/72g0
>>92
確かに魔術には不確定要素が多いんだ
実際の経験に基づくが

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:18:57.14 ID:Mguv/paH0
統計の意味をちょっと誤解してたな。ごめん

見てるとやっぱり「精神から、外界に干渉を引き起こす」なのかな。
まずは精神、魂あたりの証明か・・・

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:51:56.87 ID:zDttZP8l0
出来杉くんが何かの大長編で、「人類は科学を選んだけど、何かの間違いで今頃は魔法の未来に
なっていたとしてもおかしくなかった」みたいなこと言ってた
http://up.gc-img.net/post_img/2016/12/UUELQ2WfiaYJd1S_fr16P_79.jpeg

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:54:53.91 ID:4T4qPIGS0
ヨーロッパやロシアなんかで現在もされてる悪魔祓いとかも魔術に関係するんじゃ?

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:56:28.93 ID:+gOSh3bJ0
数学って理系だと思うだろ?
でも数学って哲学の一種なんだぜ
哲学って文系だろ?
つまり理系とか文系って分け方って頭悪いだろ?

魔術は数学的であり文学的であり哲学であり音楽的であり科学的であり宗教的であり云々
勉強じゃなくて学問の視点で各分野を見ると、ほんの入門の時点でどれも魔術と共通点がある
昔「よく分からないけどなんかすごいもの(技術・思考法問わず)」を魔術とひっくるめていたのが分割したんじゃないかってくらい

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:58:12.43 ID:J9vWY7n+0
>>69
それは哲学が文系、というのがおかしいだけ
哲学は文系と理系に分かれる前の何かなんだから

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:59:04.54 ID:zDttZP8l0
>>69
そういう全体包括的な時代に研究者として生きたかったって人は結構いると思う。
今は一生学問で行こうと思うと凄い細かいところに行かないといけないから。

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:00:04.86 ID:04cYJTvd0
そういや中世イギリスでは薬剤師的な役割の人が魔法使いて呼ばれてたらしいもんな。
常人の知り得ない技術=魔術なのかも

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:19:52.44 ID:dROyX5sIO
>>79
自然物に固有の神秘的な力があると考えられていた

全ての事物に霊魂やら精神やら"見えない何か"が存在すると信じる、いわゆるアニミズム
これは原始宗教の形態の1つだから、世界各地に薬草やら鉱物(特に宝石)に対する何らかの信仰はあるな

83: 【15.3m】 2011/09/12(月) 01:02:23.68 ID:AmKlMy2c0
静電気で物動かして魔術やらとか言ってただけだろう

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:15:56.45 ID:9RbRmZqa0
マクスウェルの悪魔というモノがあってだな…

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:24:59.14 ID:YB3PiuxNO
昔「魔術」と呼ばれていたものは現代では科学として姿を変えつつあって、占いやおまじないや霊関連が現代でも魔術的だと思えるものだと思う
さらに時代が進めば科学として認められるものが出てくるはず

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:31:35.14 ID:4vEBoXzy0
魔術も科学も都市伝説もよく分からないんだけど
三国志とか読んでたら妖術で竜巻を起こしたりしてるし仙人とかって不思議な奴もいるよね
仙人がやってるのは今でいうマジックみたいなもんか?と思ったけど妖術とか意味分からん

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:52:35.05 ID:dROyX5sIO
>>104
・魔術に確定した定義は無し
・宗教-魔術-科学は表裏一体であり、人と自然の関わりあいに全ての事の端を発する

これはまず押さえといて

妖術は中国では「妖かしの術」という程度の意味で「妖術」という体系は無い
ただ、訳語としての「妖術」とか「魔術」なんかの言葉には注意が必要

高度に体系化された魔術と口伝的・土着な低級の魔術が訳者によって区別されてしまっていないか、現代の視点で直感的に捉えた不思議な術をまとめてしまっていないか、文字の語義上の意味から善悪の区別がされてしまっていないか等。

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:32:31.44 ID:PNyVgM3T0
雨乞いとかな

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:40:56.16 ID:Mguv/paH0
発表してみたい自説があったりするけど、日本でこういうこと真面目に研究してる機関とかあるの?知りたい。

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:42:38.77 ID:REuU/72g0
>>108
混沌黒魔術集団青狼団かな
ちなみに俺は彼らがいるからどでかい事は自粛している

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:47:18.83 ID:Mguv/paH0
>>110
thx
って秘密集団か、コンタクトとか無理そうだ。

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:50:12.77 ID:REuU/72g0
>>111
九曜木秋水という東洋魔術研究家もいる
生存しているかなんともいえないが

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:56:29.40 ID:Mguv/paH0
>>112
私は神や魂、祭儀あたりに重点置いてるからなぁ。普通に哲学やらで論文出す形かなぁ。
魔術自体とは反りが合わないかも…

色々ありがとう!

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 01:42:27.60 ID:+gOSh3bJ0
クロウリーは別に現代魔術の祖じゃないとおもうの
確かに功績はあるし頭が良くて面白い人だけどそれ以上に中二病の問題児だし

妖術も仙術も魔術も巫術もその他諸々も、本質的には魔術と同じじゃないかね
いわゆる科学的な学問がそれぞれ分岐して異なった体系を持ってるのと同じように、用法とかが違うだけでは

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 02:11:02.53 ID:dROyX5sIO
>>109
高度に体系化された魔術を基にした魔術団体が近代に入って一気に湧き出したしな

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 02:17:44.05 ID:+gOSh3bJ0
>>122
そういう意味では、近現代の特に「魔術」と呼ばれる「よくわからないもの」っていうのは
科学になろうとしてるよくわからないものなんじゃないかと思う
魔女術なんかがあえてよくわからないもので居続けるのと対照的に

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 02:07:23.24 ID:gkAIuE6P0
宗教が国を支配していた時代もあったわけで、国民全員が神とか悪魔とか信じさせられてたなら魔術もあると思わされたでしょう
だから資料もたくさんでてくる

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 02:10:26.74 ID:REuU/72g0
>>119
いや、むしろ魔術は迫害されていた
魔女狩りをみればわかると思うが
その中で生き残った魔術は少ないんだ。今ある魔術はどちらかといえば迫害が弱くなった頃に作られた魔術が流れている

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 02:16:08.26 ID:gkAIuE6P0
>>121
だからこそ共通の敵として存在し得たんじゃない
魔女狩りも魔女関係なく一般人も殺されてたわけだし
更に言えば、魔女と判断された理由に精神病持ちだったからってのもあるから、そういう当時の人に理解出来なかった異常こそが魔術かもね

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 02:19:08.08 ID:REuU/72g0
>>123
確かにそうも考えられるか

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 02:18:00.69 ID:BzxLsvz50
科学も突き詰めれば魔術というしな
それに魔術ってのはキリスト全盛期の時代には儀式として行われていたのもだろ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/12(月) 00:54:12.25 ID:sxEETYKE0
お椀に味噌汁入れてテーブルに置くとツツーって滑るのは魔術でいいんだよな?







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
魔術って実在したの?資料とかも残ってるし嘘とは思えないんだが

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:10 ID:.lCZEKDH0*
現象は観測しまくってるけど原理が何一つわからないで、それじゃ不安だから魔術って言うことにした感じ?
2  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:11 ID:qPKiMTZn0*
こいつらまじでいってんのか・・・?
3  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:17 ID:KrV1a.Z.0*
錬金術って現代科学の基礎になってるよね
それを否定すると今の科学を否定するのと
同義なので意味無いよね

ニュートンも錬金術師だったらしいし
科学と魔術のボーダーラインの引き方は
意外と難しいかもしれない

たとえば「電気」これ昔なら魔力の一言で
片付いちゃう、今は言い回しが違うだけ

我々は異常なほど理解して物事を見てることに
気がつかないとダメだよね
それでも、わからない事だらけだしね
4  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:30 ID:Q1qx9tPs0*
※2
『ネタにマジレス恥ずかしい』って言葉が有ってな…
5  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:31 ID:9BiByU7K0*
昔の魔女狩りって魔女狩りやっていた方が悪魔的に思えるがね
おそらく科学信仰の奴らが嫉妬でやっていたのだろう
日本が戦前に官僚達が大本教を潰したみたく
6  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:33 ID:oFpQ7AMg0*
この世が仮想現実の世界が始まりだった。
当時の設定では魔力が存在したが仮想現実の外側の世界が何らかの理由で破綻したが、仮想現実の世界は何らかの理由で消えずに残った。
そして残った世界でGMみたいな存在なのかAIなのか知らないけど、この世界を作り変えた。
魔力を設定から削除して、破壊不可能にされていたオブジェクトは破壊可能にしたのが今の世界。
破壊可能になったオブジェクトっていうのがピラミッドとかね。
オーパーツとかもその当時のアイテムとか呼ばれる名残みたい話あったら面白いよね。
7  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:35 ID:wTua8lar0*
錬金術=科学
退魔=病原菌の除去(火)消毒、食中毒の予防(塩)
今でも風水位はある
ダウジングは実際手が静電気で動いて開く
猫が聖なる生き物(鼠退治、鼠は病気の元)
ゾンビパウダーは麻薬、
星や太陽の動きで天候を予測は普通にある
動物や、植物の変化で環境の変化を見分けるのもある
青カビは抗生物質
8  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:44 ID:BB7hZD1I0*
キリストも病を治したんだっけ?
宗教自体が魔術やね
9  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:47 ID:LIv.IIGv0*
今となっては科学で説明がつくものと、21世紀になつても説明がつかないものとがあるよね。

説明がつかないものは「魔」の領域なんじゃないかなあと。

じゃあUFOは?となると、…難しいね!
だだっ広い宇宙でさえ地球人には完全に把握てきてない訳で。
10  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:53 ID:UWsLMx.m0*
※3
色々な実験を行うことや、物質の成り立ちを究明しようとする姿勢は、現在の科学に受け継がれている。
しかし、錬金術のアプローチは、「金を精製する」という目的に対しては完全に間違っていた。それは知識の蓄積が十分じゃなかったからしょうがない。

魔術も同様に、目的を達成するためのアプローチが間違っているため、廃れるべきして廃れた(一部の後進国ではそうじゃないが)。
このスレのやつらは、生贄と天候の因果関係を真剣に検証するべきだと本気で思っているのか?

11  不思議な名無しさん :2017年01月21日 22:53 ID:zLwtip5X0*
黄金の夜明け団がやってた事にいたっては単なる自己催眠だから話にならないわな
12  不思議な名無しさん :2017年01月21日 23:09 ID:OE4CK7qK0*
錬金術か、懐かしいな。パラケルススと小人作って遊んだっけ。
13  不思議な名無しさん :2017年01月21日 23:15 ID:.emmAp5l0*
魔女が薬剤師でキリスト教に迫害されてた事考えると魔術は理屈で説明できなかった頃の薬学の呼び名じゃないのか
仙術の方も健康体操や性教育入ってるらしいしこれも医学に通じてるんだろう
14  不思議な名無しさん :2017年01月21日 23:46 ID:CRf.UXm20*
脳は考える臓器じゃないぞ
テレパシーを受け取ってるんだ
今の科学ではまだ荒唐無稽扱いされるけど
15  不思議な名無しさん :2017年01月21日 23:57 ID:QKFP3w640*
まほ~(syamu感)
16  不思議な名無しさん :2017年01月22日 00:03 ID:zN3aPt0v0*
実践で言えば
自己催眠以外はオマケ
で終わりでいいと思うよ
オマケ部分は語りようがない
17  不思議な名無しさん :2017年01月22日 00:36 ID:wPcsOErX0*
カルト宗教見れば分かるだろ。
奇跡を起こせる教祖様を信じて全財産なげだすやつがいっぱいいる。
それだけ見れば嘘とは思えないけど、調べてみると奇跡っていうのは嘘でただの奇術だったというオチ。

マジックを魔術とか奇跡って思いたい人はどうぞ勝手に。
18  不思議な名無しさん :2017年01月22日 00:45 ID:j4lnBIRB0*
いつの時代にも>>1みたいな阿呆がいて、いろいろ騙しやすいって話だなw
19  不思議な名無しさん :2017年01月22日 01:04 ID:7iSRbgZ50*
ノーベル文学賞詩人のW.B.イエイツはGolden Dawnに所属していた。
20  不思議な名無しさん :2017年01月22日 01:06 ID:tLtjwXMr0*
魔術が実在したかと言われればしたんじゃないの。
ただし、ほとんどの人が思っているものとは違うってだけで。
21  不思議な名無しさん :2017年01月22日 01:21 ID:ocLgBSPw0*
葬式して墓も作るしお参りや願掛けもする
おまじないや占いは常に新しいものが紹介されるし
古くからあるものもありがたがれれる
験も担げば縁起も気にする
数え上げればきりが無い程に現在進行形で実在してる訳だが?
22  不思議な名無しさん :2017年01月22日 02:32 ID:YbhSAkH80*
拝み屋とはちと違うが、占い師なんかは先進国でも今でも余裕で立派なイチ職業として存在してるしなあ
信じない人でも虫の知らせや三途の川的なことを経験してる人は山ほど存在するし
どの時代もそういうのを信じてる人が沢山おるってことやね
23  不思議な名無しさん :2017年01月22日 02:58 ID:7qePseH00*
イタい>>1にみんなが付き合ってあげてるってスレだろ?
24  不思議な名無しさん :2017年01月22日 03:25 ID:vm5L0T0y0*
魔術が実在すると言う資料が膨大にあるからそれを信じる?
実在しないと言う資料も膨大にあるだろ。そっちは信じないの?

世界には天動説を指示する資料だってある。
でも天動説と地動説が共存できない以上、どっちかは間違ってる事になる。
昔の誰かが書いた事をいちいち信じる事など不可能だろ。

それに確かな歴史の資料の中で、魔術が実在する根拠となる物がどれだけあるのかね?
神話や伝説、宗教書には神秘的な事柄は山ほど書かれてるけど、それらの大半は伝聞とかで同時代の身元のはっきりした人物による記録じゃない。
錬金術なんかはあくまでも自分はこう考えると言う説として書かれているだけで、今の時代に検証不可能な特別な事柄が書かれてるわけじゃないと思うが。
魔術の存在をはっきりと支持する資料って、それほど多くはないんじゃないか?
25  不思議な名無しさん :2017年01月22日 03:49 ID:n8.ZdTP90*
何が魔術で何が科学かの定義によっても変わるけど、電気とか重力とかは昔の人にとっては魔術みたいなもんでしょ。
その仕組みを解き明かしたのが科学ってだけで、今でも解明されてない事は大体魔術だと言えるよ(ダークエネルギーとか幽霊とかもオカルト寄りだけど完全に解明されたら立派な科学だしね)
26  不思議な名無しさん :2017年01月22日 04:48 ID:FckCkt9O0*
資料があれば信じるとかそりゃ宗教が廃れないわけだわwwwwwwww
27  不思議な名無しさん :2017年01月22日 06:24 ID:jNYOuAAu0*
魔術はともかく呪術なら今でも近所の神社の裏で藁人形釘に打ち付けてる
女性いるけど、呪われてる本人より金づち持って夜中の神社に入って行く
奴を見かける自分が呪われそうやわ
28  不思議な名無しさん :2017年01月22日 07:12 ID:zbJNBODI0*
わかっていることが全てで知覚できないものは存在しないのとかわらないのであれば魔術はないといえるがそうでなければあるといえるが同時にまだないだけで永遠にない 魔術の正体は好奇心とか知識欲みたいなものじゃない?知ったらなくなるものだし
29  不思議な名無しさん :2017年01月22日 09:36 ID:jyYQsNcM0*
現代のクローンなんかはおもいっきりホムンクルスだし、やっぱり魔術と科学は=かそれに近いものだよな
日本の刀鍛冶だって錬金術師みたいなもんだし

胡散臭さを含めて一番近いのは雑誌に広告載ってるモテる香水とかかな
30  不思議な名無しさん :2017年01月22日 11:20 ID:uvhYIK9A0*
錬金術で金は作れなかったが
非常に品質の良い新しい合金を
開発する事が出来るようになり
金儲けが出来たなんて話を
聞いたことがあるぞ
31  不思議な名無しさん :2017年01月22日 11:37 ID:xEReqrJI0*
はえ〜すっごい
32  不思議な名無しさん :2017年01月22日 11:51 ID:5Z6CViIg0*
魔術と一言で言っても、宗教的儀式や行事、未知の技術や知識、中近世の魔術師たちが目指した魔術、現代人が思い浮かべるようなフィクションの中の魔法、これらは全くの別物だ
そもそも言葉は国や地域あるいはコミュニティ、時代によっても変わってくる
訳すことが出来るというだけであって、中近世ヨーロッパの魔術師と現代の一般的な日本人が同じニュアンスで魔術という言葉を使っているとは限らない
まずはそれぞれどういうニュアンスで魔術という言葉が使われていたかを考えなければならない
33  不思議な名無しさん :2017年01月22日 11:58 ID:vwO3dljt0*
>>1を釣りがみ様みたいな手の込んだ釣りに引っ掛けて反応をみたいな
嘘を嘘と見抜けない人は騙されて痛い目を見ればいいよ
34  不思議な名無しさん :2017年01月22日 13:15 ID:PGswpPYU0*
よ・・・ようやく、これがケツ論。やはり尻!ということで最凶呪文はしりとりに決定。
35  不思議な名無しさん :2017年01月22日 13:16 ID:OYwIrBP.0*
そういうものがあると知らなければ(そういう文化の国)、マジックも魔術だしな
36  不思議な名無しさん :2017年01月22日 13:17 ID:4rk.fS4u0*
「チョウチンアンコウってどうして光るの?」科学者「さぁ・・・」みたいなのが自然界にも沢山あるわけだし、魔法使える生き物がいても面白いと思うの
37  不思議な名無しさん :2017年01月22日 13:41 ID:lKICIOSe0*
魔術ってそもそも何よ。
漫画とか映画に出てくるような魔術師が目の前で魔術見せてくれた信じるわ。
38  不思議な名無しさん :2017年01月22日 13:47 ID:OFmC1SvE0*
現在の科学や占いの類いが当時は魔術と呼ばれていただけでしょ
39  不思議な名無しさん :2017年01月22日 13:49 ID:xXREwMpD0*
観測されているけど原理がわからないものが魔術とよばれているだけで
魔女も現代なら科学や心理学では説明できるけど
よくわからないもの混ぜて薬作った→魔術だ!
よくわかんないこと言ってきて怖い→呪いだ!
みたいに昔の人は思っちゃったんだろうね

科学の反対が魔術、ではなく科学のその先の未知の部分を魔術と呼ぶだけ
魔女狩りも科学の信奉者が行った訳でなく宗教にとって魔術が邪魔だったので行われたのでは?
40  不思議な名無しさん :2017年01月22日 16:13 ID:aOdpvxtv0*
まるっとお見通しだ!
お祓いして貰って安心感を感じるのは気休めだけど魔術だよね。
ハリポタ並みのやつを魔術って言うんなら魔術じゃないけど。
こういう無益なこと話し合うのって楽しいけど、あんまりヘンなほうには行かないように気をつけろよ、って言いたくなる。

現代の他人を騙す気満々の金儲けの術は、真面目に馬鹿やってた魔術とは別だと思いたい。
41  不思議な名無しさん :2017年01月22日 16:25 ID:aOdpvxtv0*
お金とかいう価値観が一番魔術だとおm
魔術は現代にもありますぞ!
42  不思議な名無しさん :2017年01月22日 17:06 ID:A.DI65YI0*
MPや正気度をコストにするだけならともかく
POWを消費する魔法は使いにくいよね
43  不思議な名無しさん :2017年01月22日 17:40 ID:z.1J7Z3J0*
「ないとは言い切れない」と言うだけで、何一つ証明してないのに勝ち誇れる病
この病気の人は「ないとは言い切れない」を「つまりあると言っても過言ではない」の意味合いで使うのだ…
44  不思議な名無しさん :2017年01月22日 18:43 ID:J6BtMOKe0*
トイレで腹痛くなった時に神に祈るあれが魔術だよ
45  不思議な名無しさん :2017年01月22日 19:42 ID:t3Kqwvwv0*
こういう議論って、まず科学とは何なのかがわかっていないと思う。こういう疑問を持っている人は、映画「コンタクト」の原作者にして物理学者の故カール・セーガンの"Demon-Haunted World"を読んでみてほしい。「悪霊にさいなまれる世界」という邦題で翻訳もされている。

この本の副題である"Science as a Candle in the Dark"(闇を照らす光としての科学)という言葉をかみしめてほしい。。。
46  不思議な名無しさん :2017年01月22日 20:39 ID:UnyYdOOL0*
神がかりや魔術と言われてるものが解明されると科学やら商品になるじゃん
47  不思議な名無しさん :2017年01月23日 03:35 ID:l9yOLget0*
ふぅん
48  不思議な名無しさん :2017年01月23日 12:21 ID:eBx.0SFy0*
現代に生きる現代人でも「なんでこんな事起こるんだろ」とか「不思議やなー!」って事が日常にもある
それらの現象の理屈を聞くと納得はするが、それでも不思議だと感じる、そんなもんだし
昔の人はなぜそれが起こるのか、何故そう感じるのかを判明させる手立てすら持たなかったのだから、そういった現象を納得する為に真実とは違う根拠を見つけ出した筈だ
それらが魔術と考えられる事に何ら疑問は無いけど
49  不思議な名無しさん :2017年01月23日 12:55 ID:gGlGzwxE0*
科学の定義は普遍的な法則の発見だから昔はできて今はできないってのは合理的な理由がこれまた不変的な法則で説明できない限り通用しない

ブルカニロ博士的に考えるなら認識の問題だから昔は確かにあったんだろう
50  不思議な名無しさん :2017年01月23日 20:50 ID:sT8.4gD60*
そもそもが魔術とは何かってことの結論が出ないし、本物と偽物の線引きも出来んやろ?

古くに魔術として残されたとはあるが、例えば5枚あるカードの中から俺が選んだカードを当てる。これを科学的に説明のつかない透視という手法で当てる人もいれば、タネを仕込んでマジックとして当てる人もいた。心理学的にマインドコントロールで当てる奴もおったやろ。どれを魔術と呼ぶ?それとも全部魔術と呼ぶか?

51  不思議な名無しさん :2017年01月24日 18:17 ID:IdiRRzQ80*
たまたま図書館で手に取った民俗学の本の序文に、四国は拝み屋が今でもいて新興宗教に雇われてるとか書かれてたな
ただ赤の他人に呪いなんかかけるから、30~40代までの寿命とか
52  不思議な名無しさん :2017年01月28日 03:53 ID:uk4x4yc80*
わりと真面目に討論してるスレで見てよかったわ。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る