不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    38

    優しい気持ちになれるコピペ貼ってください

    DSCF2626-Edit_TP_V


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 01:23:50.34 ID:He0P3s240
    お願いします

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 01:30:07.37 ID:A/out+PO0
    646 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 11:18:40

    この間あった会社での忘年会。
    くじ引きであたった人は幹事が用意したパーティーグッズを身に付けなければならなかったのだが
    今年入社したばかりのA君(25歳)に、メイド服が当たってしまった。
    A君はルックスが良いわけではないが、オシャレには気を使うタイプだったので
    誰もが嫌がって着ないだろうと思っていた。
    ところが、「ちょwww どうしようwww サイズ合うかなwww」と言いながらトイレへ向かうA君。

    数分後、トイレから戻って来たA君はネコ耳メイドになっていた。
    A君は大学までラグビーをやっていて、ガッチリした体型。
    サイズ的にもピチピチにはちきれそうになっていて似合うわけもなく、全員が大爆笑。
    本人はからかわれ、照れたり困ったりしていたが「スカートってすーすーするんですね」
    などと素で答えていた。
    さらに言われるままに「お疲れ様です、御主人様★」とビールをついで回り、どこでもすっかり大人気に。
    普段は控えめでおとなしく仕事をする人だったので、誰もが驚いた。

    帰り道、同僚が「A君、嫌なときは普通に断って良いんだからね」と言うと、
    (女の子で動物の着ぐるみが当たった子がいたので、交換することもできた)
    A君は「僕があそこで断ってたら皆が嫌な雰囲気になるじゃないですか。それに
    僕が断ったものを他の人に回したら、その人だって気分良くないだろうし」
    とさらっと答えた。

    なんていい人なんだ…!
    昨年メイド服を必死で拒否した自分が恥ずかしくなってしまった。



    6: 1/2 2009/11/19(木) 01:31:01.71 ID:A/out+PO0
    851 :番組の途中ですが名無しです :2006/05/22(月) 22:17:50
     幼稚園の時弁当の時間に仲良かったTちゃんがとなりに座ってて、
    「おかずとっかえっこしよ」といってきた。 「うん、いいよ」と私。
    そしたらTちゃんの反対側に座ってたAってコが聞こえよがしに耳打ちしたんだわ。
    「Nちゃんのお弁当、ごはんばっかだから損だよ。 やめなよ」

    たしかに私の弁当箱はご飯を入れるスペースが広かったんだけどね。
    母の実家は米どころ宮城でさ。 いつもササニシキのとれたてを送ってもらってて。
    しかも釜炊きだったから、私にとってはうちの白飯はご馳走だったわけ。
    おむすび弁当だって大好きだった。
    別にTちゃんには普通にその日のおかずのコロッケとかそういうのあげるつもり
    だったんだけど、Aのこの一言でカーっと頭に血が上ってね。

    次の瞬間号泣しながらAに掴みかかってった。 楽しいはずの弁当タイムに
    突然女の子同士のつかみ合い勃発に大慌てで引き剥がす担任。
    押さえつけられながら
    「おかあちゃんのおべんとう美味しいもん!Aちゃんなんか大嫌いだ!」
    とか延々さけんでた。 …弁当ひっくりかえしちゃったんだけどさ…

    その後私とAは別々に呼ばれて事の発端を説明させられた。
    その日のお迎えのときに担任が母と少しの間話してた。
    (Aの親も同様になんかいわれてた)

    帰り道、いつ怒られるのかとびくびくしてる私に母はなにも言わなかったよ。
    いつもと全く変わらんの。 ただ、その日の晩御飯はいつもより時間が早く、
    メニューは私の大好きなハンバーグだった。もちろん炊きたてご飯たっぷり。

    7: 2/2 2009/11/19(木) 01:31:43.32 ID:A/out+PO0
    852 :番組の途中ですが名無しです :2006/05/22(月) 22:20:17
    で、次の日持たされた弁当がいつもと様子が違うわけ。
    なんか包みがごつい。
    「お弁当の時間まであけちゃだめだからね」と念を押された。

    午前のお時間がすぎて弁当タイム。
    中から子供の自分の顔なんぞすっぽり隠すくらいでっかいおむすびが1個出てきた。
    おかずは卵焼き、唐揚げ、いぶりがっこ…だったかな。
    もう周り中から羨ましがられたよ。
    「いいなあー!さるかに合戦みたい!」
    「僕もママに同じのつくってもらう!!」
    照れ笑いしながら一生懸命食った。 たらこだの梅だのねりおかかだの
    色々入っててさながらビックリ箱おむすび。
    途中で腹くちくなったけど最後まで休み休み平らげた。 

    帰宅してからっぽになった包み手渡したら、顔中くしゃくしゃにして喜んでくれましたね。
    おかあさん有難う。改めてうちのご飯は世界一だと思ったよ。
    ガキのクセに生意気な感想だけど。

    家を出た今も、米は釜で炊いてるよ。
    でーっかい具たくさんおむすびは私が落ち込んだときに作る
    必殺入魂メニューです。

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 01:44:40.40 ID:A/out+PO0
    高校のとき、冬休みになる少し前の数学の授業で。
    急に腹が痛くなって机の上につっぷしてしたら、先生に
    「おい、なに寝てるんだ!」と怒られて、
    「罰としてこの問題解いてこい。年明けの授業まで待ってやる。」と言われた。
    その問題がとても難しく、手の付けようもなかった。
    正月。あまり話したこともない、頭の良いA君から年賀状が来た。しかも2枚!
    そこには、数学の解答がぎっしりと書かれていた。
    2枚目の終わりに、つけたしたみたいな小さな文字で
    『これ黒板に書いといてやれ。あけましておめでとう』とあった。 年明けの数学の時間に、A君の解答を黒板いっぱいに書いた。
    先生は、まさか本当に書くと思っていなかったのか、
    すごく驚いていたが、解答にマルをくれた。
    授業後にA君にお礼を言うと、
    「うわ、いや、ゴメン、勝手に住所とか調べて……。」
    と、なぜかあせっていた。(話すのは苦手らしい)
    ありがとう、A君。

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:22:19.04 ID:/Sq6rcXzO
    >>11
    Aくんにスカッ

    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:11:06.55 ID:EqFgpE8GO
    Aくんかっけぇwwww

    14: 1/2 2009/11/19(木) 02:30:16.83 ID:DA4ww8770
    804 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 17:31:22

    あるベトナムの村に宣教師たちの運営する孤児院がありましたが、爆撃を受けてしまいました。
    宣教師達と2人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。
    重傷になったものたちの中でも8才の女の子は最も危ない状態でした。
    無線で助けを求めると、しばらくしてアメリカ海軍の医者と看護婦が到着しました。
    大量に出血したことにより危ない状態にあり、早く手当をしないと少女は命を落とすことになります。

    輸血が必要でした。しかしどうやってそれを行うことができるというのでしょうか。
    言葉が通じないため、ジェスチャーを使って子供達を集め、何がおきていたのかを説明し、
    誰かが血液を提供することが必要であることを伝えようとしました。
    沈黙の時間がしばらく続いた後、一本の細い腕が恐る恐るあがりました。

    ヘングという名の少年でした。

    15: 2/2 2009/11/19(木) 02:31:14.47 ID:DA4ww8770
    急いで少年の準備をすると、苦しむ少女の隣に寝かせ、輸血ようの管をとりつけました。
    少年は黙ったまま天井をじっと見つめていました。
    しばらくすると、少年は自由になっている手で顔を覆うと、しゃくりあげるように泣いているのでした。
    医師がどこか痛いのかと尋ねるとそうではないようでした。
    しかし、しばらくするとまた、しゃくりあげ、今度は大粒の涙をこぼしていました。
    医師は気になり、再び尋ねましたが、またもや彼は否定しました。
    ときどきしゃくりあげていたのが、やがて静かに泣き出しました。

    明らかに何かが間違っているようでした。

    すると別の村からベトナム人の看護婦が現れました。
    医師はその看護婦にヘングに何が起きたのか尋ねてくれるように頼みました。
    すると少年の苦しそうな表情はゆるみ、しばらくすると彼の顔は再び平静を取り戻しました。
    すると看護婦はアメリカ人の医師達に説明しました。
    「彼はもう自分が死ぬのかと思っていたんです。あなた達が説明したことを理解しておらず、少女を助けるため、全ての血液を提供しなければいけないと思ったようです。」
    すると医師はベトナム人看護婦の助けを借り、少年にきいてみました。
    「そうであればどうしてあなたは血液を提供しようと決心したんですか。」
    すると少年は単純に応えました。

    「あの子はぼくの友達なんです。」

    38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 05:07:47.71 ID:fXcNwR0sO
    >>15おもっきり声だしてないた いや恥ずかしい 

    ちょpcあげて貰うそれ

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:32:25.55 ID:He0P3s240
    泣いた

    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:33:52.43 ID:DA4ww8770
    234 名前:おさかなくわえた名無しさん sage 投稿日:2007/08/29(水) 07:20:20 ID:VYXdz2Zj
    学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円!
    もう丸一日以上何も食べていない。家に着くのは約36時間後…。
    空腹をどうやり過ごすか考えつつ、駅のホームでしょんぼりしていた。

    すると、見知らぬお婆さんが心配そうな表情で声を掛けてくれた。
    わけを話すと、持っていた茹で卵を2個分けてくれた。
    さらに、私のポケットに千円札をねじ込もうとする。
    さすがにそれは遠慮しようと思ったが、お婆さん曰く、
    「あなたが大人になって、同じ境遇の若者を見たら手を差し伸べてあげなさい。
     社会ってそういうものよ」
    私は感極まって泣いてしまった。

    お婆さんと別れて列車に乗り込むと、同じボックスにはお爺さんが。
    最近産まれた初孫のことを詠った自作の和歌集を携えて遊びに行くという。
    ホチキスで留めただけの冊子だったので、あり合わせの
    糸を撚って紐を作り、和綴じにしてあげた。
    ただそれだけなんだが、お爺さんは座席の上に正座して
    ぴったりと手をつき、まだ21歳(当時)の私に深々と頭を下げた。
    「あなたの心づくしは生涯忘れない。孫も果報者だ。
     物でお礼に代えられるとは思わないが、気は心だ。
     せめて弁当くらいは出させて欲しい。どうか無礼と思わんで下さい」
    恐縮したが、こちらの心まで温かくなった。

    結局、車中で2度も最上級の弁当をご馳走になり、
    駅でお婆さんに貰ったお金は遣わずじまいだった。
    何か有意義なことに遣おうと思いつつ、その千円札は14年後の今もまだ手元にある。
    腹立たしい老人を見ることも少なくないけれど、
    こういう人たちと触れ合うことができた私は物凄く幸運だ。

    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:45:44.87 ID:DA4ww8770
    56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:10:24.60 ID:Jg+AcEeL0
    生きててもさ、無駄なんだよ、俺。
    きっと何しても上手くいかないんだよ。
    ただダラダラと生きててさ。
    いっそ本気で死んじまおうかな。

    58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。2007/07/05(木) 08:12:48.05 ID:peSyhKq70

    死んでもいいけど。とりあえず、自分のレスを縦読みだな。
    自分の心の声に気付いてやれよ。

    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:14:34.40 ID:Jg+AcEeL0

    …もっかいバイト探して見る。
    ありがと。

    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:47:51.44 ID:KyNznwOy0
    >>21
    これやばいくらい来るよな

    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:48:36.82 ID:KmfUbu6iO
    ………生きたいっ…!!!

    25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:53:11.50 ID:DA4ww8770
    153 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 02:25:07 ID:NjfrFqNQ0
    阪神・淡路大地震のあと、阪急電車の復旧を沿線の人々は待ち望んでいた。うちもその一軒。
    夜を徹して行われる作業、騒音や振動をこらえてくださいと、電鉄会社の人が頭を下げに来た。
    「何を言ってるんだ?我慢するに決まってるじゃないか。それよりも一刻も早い復旧を。」
    うちも含めて、沿線の人々はみなそう言って、電鉄会社の人を励ました。

    阪急は国の補助も受けず、少しづつ復旧・部分開業していった。
    そして最後に残された西宮北口?夙川間の高架部分の再開によって、
    ついに神戸本線は全通した。
    再開の日に、もちろん漏れも乗りに行った。神戸で逝った友のもとへ行くために。
    運転台の後ろは人だかりだった。みな静かに鉄道の再開の喜びをかみ締めているようすだった。

    夙川を渡るそのとき、川の土手に近所の幼稚園の園児たちが立ち並んでいるのが目に飛び込んできた。
    手書きの横断幕を持って・・・。

        「あ り が と う  は ん き ゅ う で ん し ゃ」

    運転手が普段ならしないはずのそこで敬礼をした。
    そして大きく「出発進行!」と声を上げた。
    その声は涙声になっていた。漏れも泣けた。

    ときよ、上越新幹線よ、もまいを待っている人々がいる。
    復興のために、そして人と人をつなぐために、よみがえれ、不死鳥のごとく。

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 02:56:53.56 ID:He0P3s240
    ひきこもってネットばっかやってると人間不信になるけど
    こういうの見ると人間ってそんな悪いものじゃない気がしてくる

    43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 07:05:56.87 ID:uy/OJThiO
    「ふたりはプリキュア」というアニメを娘たちと一緒に見ています。
    ここでふと気になったのがタイトルの「ふたりは」というところです。
    うちには娘が3人いて、プリキュアごっこをするときに2人の役柄を
    取り合っていつも喧嘩しています。
    なぜ、二人でなくてはならなかったのか疑問です。
    学校で仲のよい3人組や4人組など、やはりプリキュアになれずに
    仲間はずれにされるなんてこともあるかも知れません。
    せめて、「みんなはプリキュア」という題名にすれば
    よかったのではないか、と思います。
    みんなはプリキュア。お父さんもプリキュアです。

    (埼玉県・自営業37歳男性)

    47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 09:37:03.61 ID:DA4ww8770
    幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった
    母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた
    土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

    娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに
    遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

    ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。俺は生まれて初めての
    プロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

    野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは
    招待券ではなく優待券だった。チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わ
    なければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外の
    ベンチで弁当を食べて帰った。電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
    母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

    俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
    新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を見せて
    やることもできた。

    そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように
    「野球、ごめんね」と言った。俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

    49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 09:46:02.39 ID:mxrOLPTEO
    >>47
    (´;ω;`)かあちゃん・・・

    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 10:41:37.97 ID:5DNZeVBaO
    >>47
    これはキた

    65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 15:59:02.33 ID:gC3HkfrH0
    今日CD買いに行ってレジに並んだら
    前に幼女が千円札数枚と小銭いっぱいを握りしめて
    動物の森DSを買おうとしてたんだ。

    店員が十円と五円がいっぱいの小銭を数えてたら
    10円足りなかったようで幼女がおどおどし始めた。
    俺はそっとその場でしゃがんで自分の財布から10円玉を出して「落ちてるよ」と言ってその子に渡してあげたんだ。

    その子は満面の笑みでありがとうと言ってホクホク顔で買っていった。
    レジが俺の番になったとき店員が「優しいんですね」と言って微笑んでくれた。

    66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 16:06:20.59 ID:He0P3s240
    >>65
    このコピペ好きだわ
    幼女のパニくる気持ちがすげえわかるし
    それを汲んでやった兄ちゃんのさりげない優しさが泣ける

    71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 18:31:30.11 ID:KyNznwOy0
    先日、たこやきの国に旅行に行った
    飛行機で行ったんだが、俺の後ろの席に座ってたのは、4、5歳くらいの女の子とそのお父さん
    その親子の会話

    (*´∀`*)「見て見て!飛行機の翼だよ!おっきいねぇ!」
    (´・ω・`)「おっきいねぇ」
    (*´∀`*)「今からお空を飛ぶんだよ!すごいねぇ!」
    (´・ω・`)「すごいねぇ」
     
    ----離陸
     
    (*´∀`*)「わー飛んだ飛んだ!家がどんどんちっちゃくなるよー」
    (´・ω・`)「ちっちゃいねぇ」
    (;´∀` )「・・・・・もしかして眠い?」
    (´・ω・`)「うん」
     
    ちなみに、
    (*´∀`*)→お父さん
    (´・ω・`)→女の子
    終始テンションの高いお父さんと、サラッと受け答えをする女の子に噴いた

    78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 19:29:41.96 ID:TCOuhoJcO
    いいスレですね
    心が丸くなりました

    79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 19:42:24.25 ID:wi3T6MXxO
    御歳84になるおじいちゃんが言いました。
    「僕はね、昔、まあ今もだけど。運動も勉学もロクにできなかった」
    「友達もいないし。顔も悪い。いつもひとりぼっち」
    「だから、死のうと思ったことがある」
    「でも、死んでしまったら僕の葬式代がかかるだろう」
    「役立たずの僕のためにそんな無駄なお金を使ってほしくなかったんだ」
    「そこで僕は考えた。これ以上迷惑をかけないように今は死なないでおこう」
    「生きて生きて、僕が死んで迷惑になる人たち皆死んでから、死のう。と」
    「どこかの海か崖にでも身を投げて・・・ね」
    「でもね、気付いたんだ。僕には両親がいる。兄弟がいる」
    「兄弟はやがて結婚して子供を持った」
    「僕も運良く結婚できて子供をもてた」
    「僕が生きている以上、つながりが消えることはないんだ・・・ってね」
    「そして、僕は僕の大事な妻のため、子供の為に今まで生きてきた」
    「その、僕の大事な子供の子供が、君です」
    「ありがとう、君がいるから僕は生きています」

    病院で自傷による出血多量の手当てのため入院していた、僕に向かって。

    それからしばらくして。
    おじいちゃんは死にました。
    葬式の会場で
    「すまないねえ」
    というおじいちゃんの声を、身内の者のほとんどが聞いたそうです。
    僕も、聞きました。

    もうすぐ月命日です。思い出したのでなんとなく。

    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 19:44:00.52 ID:He0P3s240
    泣いた

    81: 1/3 2009/11/19(木) 19:47:01.57 ID:ljp3L4yT0
    こないだリアルタイムで見たレス。


    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 00:06:08.85 ID:F4Wqw+6X0
    俺の母方のばあちゃん

    いつもニコニコしていて、かわいかった。
    生んだ子供は四姉妹。娘が全員嫁いだ後は長いこと老夫婦2人暮らしだった。
    じいちゃんは20年前に亡くなり、そこから17年ほど1人暮らしだった。
    ばあちゃんは3年前に亡くなった。92歳だった。
    長い間1人で寂しかったと思う。けどいつもニコニコして、そんな事は一言も言わなかった。

    火葬が終わり、親戚一同で遺品の整理をしている時に古い手紙の束が見つかった。
    母たち--ばあちゃんの娘たち--は宛名を見て「戦時中の父さん(俺のじいちゃん)への手紙だ」と騒いでいた。
    親戚一同でじいちゃんへのラブレターみたいなものだと思ってやいのやいのと冷やかした。
    俺の母がそのうちの1通を音読し始めた。

    「(じいちゃんの名前)さんへ。今日(俺のおばちゃんの名前)が風邪をひきました。
     豪雪で腰まで雪が積もり、電車も動かないので隣町(余裕で10キロ以上ある)まで背負って行きましたが
     お医者様はお休みでした。大事な娘を診てもらう事すら出来ないのでしょうか。
     このような戦争は早く終わって欲しいです。」

    母さん、最後のほう、声かすれて読めなかった。親戚みんなも泣いてた。俺も泣いてた。
    他の手紙も、全部、全部、娘--俺の母やおばさんたち--の事ばかりだった。
    ばあちゃんが考えてたのは、ずーっと自分の子供の事だった。

    俺は誓う。
    もし俺の子供が風邪をひいたら、豪雪の中だろうと何十キロでも歩くと。
    年を取ったらばあちゃんみたいな人間になると。

    82: 2/3 2009/11/19(木) 19:47:43.74 ID:ljp3L4yT0
    2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 00:07:19.11 ID:F4Wqw+6X0
    俺の父方のばあちゃん

    ばあちゃんは優しい。果てしなく優しい。
    俺の一番古い記憶が、家の近くの駄菓子屋にばあちゃんが俺を背負って連れてってくれたこと。
    自営業で休日なんてない仕事だった両親に代わって、俺の面倒をずっと見てくれた。
    作ってくれる料理は独創性が溢れてる。カレーにちくわ入ってる。弁当に野沢菜入ってる。
    小学生の頃、乳がんの可能性があるってんで片方の胸を除去した。今はそこはあばら骨に皮がかぶってるだけ。
    中学、高校の時に戦争があった。貴重な青春は全て戦争に奪われた。
    今ほど差別に敏感でない時代、ばあちゃんはきっと胸のことで辛い思いをしたと思う。

    じいちゃんとは幼なじみだった。家が50メートルしか離れてなかった。
    じいちゃんは戦争から帰って来た後に
    「お前みたいなやつは俺くらいしか貰ってくれないだろうから傍にいろ」っていってばあちゃんを嫁にした。
    そのじいちゃんは数年前に亡くなった。
    葬式終わった後に、ばあちゃんに「寂しいかい」って聞いたら「寂しいわね」って涙ぐんでた。

    ばあちゃんは80歳を越えているが畑仕事もする。ばあちゃんの畑で取れた野菜は死ぬほどうまい。
    こないだばあちゃんが「山にきのこ取りにいこう」って言ったけど「熊が出るから危ない」って説得した。
    そしたらばあちゃん
    「もし熊が出たら俺が食われてる間にお前が逃げりゃええ」って笑いながら言った。

    ばあちゃんは優しい。果てしなく優しい。
    俺は誓う。
    もし山で熊が出ても俺はばあちゃんを担いででも逃げると。
    俺が年を取ったらばあちゃんみたいな人間になると。

    83: 3/3 2009/11/19(木) 19:48:50.61 ID:ljp3L4yT0
    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/10(火) 00:10:43.53 ID:tvApBO9k0
    >>1まだネタある?

    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 00:12:34.15 ID:F4Wqw+6X0
    >>5
    ごめん、もうない。でも実話だよ。

    皆のばあちゃんの話も聞きたい。
    きっと俺のばあちゃんが特別なんじゃない。
    皆のばあちゃんもきっと素晴らしいばあちゃんだから。
    皆にとって特別な人だから。



    これ見た後ガチでばあちゃんの墓に走って行って泣いた。

    84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 19:53:17.98 ID:hRkgEwa40
    >>79 >>81
    泣いたわ・・・

    今度俺もばあちゃんの墓参り行ってくるよ

    108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 22:34:39.71 ID:pTXhuvS6O
    >>83
    まだばあちゃん生きてるから、これからはもっと優しくなろうと思った

    85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 19:56:02.35 ID:+Mz7sXyDO
    最近涙腺ゆるいなぁ、、。
    俺みたいな性悪でも涙が出るんだからやっぱり人間ってすごい

    86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 20:17:49.41 ID:1Y2PEoJ3O
    VIPで泣くとは思わんかった

    87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 20:25:27.65 ID:ugXMtq01O
    高3の秋。両親と妹が親戚のとこに行って夜まで帰ってこないので、家には俺ひとりきり。
    そこで俺は最高にゴージャスなアナルオナニーをしようと思いついた。
    居間のテレビでお気に入りのホモビデオを再生。オシアナスを取り出し、全裸になってケツ穴に挿入し、立ったまま片手で肛門ローリング運動、もう片手で息子を激しくシゴいた。
    誰もいない家で、しかも真昼間にやるその行為はとても刺激的だった。
    俺はだんだん興奮してきて、「ワーオ、最高!イエース!グレート!」と叫びながらエアギターを弾くように部屋中を動き回ってオナニーをした。
    テーブルに飛び乗り、鏡に自分の姿を映し、「ジョジョ」を髣髴とさせる奇妙なポーズでチンポをこすってみた。
    すさまじい快感で汗とヨダレとウンコが流れるのも気にならなかった。
    「ヨッシャーいくぞー!! ボラボラボラボラボラボラボラボラ ボラーレヴィーア!!」
    俺はゴミ箱の中に直接ザーメンをぶちまけようと後ろを振り返る。

    そこには両親と妹が呆然と立ち尽くしていた。怒りとも悲しみともつかない不思議な表情を浮かべながら…。
    「な、なんなんだよ!お前ら!!」
    俺は叫んだ。今思えば「なんなんだ」と叫びたかったのは父のほうだったに違いない。

    あの瞬間、俺は世界一不幸な男だった。それは断言できる。その後の数週間いや数ヶ月も辛かった。家族から向けられる蔑みの視線…。
    しかしそんな俺も今こうして生きている。もしなにかに悩んでて「死にたい」って思ってる人がいたらどうか考えなおしてほしい。人間というのは、君が考えているよりはるかに強い生き物だから。人間はどんなことでも乗り越えていけるのだから。

    89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 20:30:49.79 ID:fCvkUMRI0
    >>87
    予想できたけど泣いた

    93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 20:49:13.77 ID:/Rix+ShD0
    >>87
    これwwww何時見ても吹くwww

    でもオチがいいよな。。。

    94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 20:50:26.97 ID:/Sq6rcXzO
    313 名前:まい 投稿日:2000/04/04(火) 16:57
    幼稚園の頃お絵描きの時間に先生が
    「大好きなものを描いてね」といういやに抽象的なテーマをだした。

    みんなは、「おかあさん」とか「愛犬」とか「お花」を描いていたが、
    私は画用紙一杯に茶色の丸を何個も何個も描いた。

    先生の「これ、なあに?」の問いに
    「とりのからあげ!」と元気に答えた私。
    教室内は大爆笑、「だって、好きなものって言ったやん」と子供心が傷ついた。

    その絵を、返却され家に持って帰る事になり
    「お母さんも笑うかなあ、」と心配になったが、お迎えに来た母に

    「好きなもの、から揚げ描いたら先生も皆も笑ってん…」
    ここまで話すのが精一杯で大泣きしてしまった。

    母は満面の笑みを湛え「そっかあ!」とその足ですぐスーパーに行き、
    鶏肉をいっぱい買って来てその日の夜と、次の日のお弁当にから揚げを入れてくれた。

    年子の弟がいたので、「お姉ちゃん」というプレッシャーがあったのと、
    食が細かったので、「これが好き」とか「これ食べたい」とかあまり言わない子供だったので
    母はすごくうれしかったみたい。

    父も「この子は酒飲みになるぞお」とうれしそうにから揚げをたべていた。
    期待を裏切らず酒飲みになり、あてはいつもから揚げ、
    身長も171センチと大きく元気に育った。

    「から揚げの絵」は、いまも大切に実家に保管してある。
    おかあさん、ありがとう。

    95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 20:53:54.30 ID:DA4ww8770
    >>94
    いいな

    96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 20:55:14.80 ID:URRlBbnT0
    高度3000メートル : パラシュートを出そうと紐をひっぱると、弁当箱が飛び出す。
    高度2700メートル : パラシュートと思って担いでいたものが弟のリュックサックと判明。
    高度2500メートル : 一応リュックサックの中を調べる。遠足のしおりを発見し、ようやく事態を飲み込む。
    高度2300メートル : リュックの中に弟の携帯を発見。急いでFedEXに電話するが、イタズラ電話はやめろと怒られる。
    高度2100メートル : 何か役立つものがないか、リュックの中を再度確かめる。
                   かりんとうを発見。弟が意外と渋いと知る。
    高度2000メートル : 携帯が鳴る。非通知だ。
                   「つーか俺のリュック間違えてんじゃねーよバカアネキ。なんだよこのパラシュートみたいな布。
                   マジ意味不明なんですけど。(ガチャ!)」
                   弟だった。涙で視界がにじむ。
    高度1700メートル : 気分を落ち着けるために水筒を開けるが、激しく熱い日本茶が飛び出す。
                   弟が意外と渋いことを思い出す。
    高度1200メートル : 諦めて遺書を書こうと、筆記用具を探す。しかし筆と硯しか見つからない。いつの時代だ。
                   いや、弟が渋いのを理解した私にとってそんなことはどうでもいい。
                   それよりももっと重大な問題がある。

                   ──墨が無い。

                   血は争えないものだ。何をするにも詰めが甘いのは自分とよく似ている。
    高度1000メートル : 再び携帯が鳴る。
                   「サトル君、前から好きでした!(ガチャ!)」
                   弟も隅に置けないものだ。つうかお嬢さん、弟の名前はサトシだ。
    高度700メートル : ラストおやつ
    高度300メートル : ラストドリンク(日本茶)
    高度100メートル : …。

    97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 21:07:23.10 ID:KyNznwOy0
    403 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2008/01/19(土) 04:45:17 ID:9SDaW9sG

    昔電車に乗っていたとき
    5歳と3歳くらいの男の子の兄弟が、父親と一緒に乗車していた。
    兄の方は楽しげにドラえもんの歌を歌っていた。

    兄「そーらを自由に、とーびたーいな~♪」

    兄弟「だめだッ!!あきらめろっ!!」

    2人同時の幼児とは思えない台詞の演技力に
    思わず笑ってしまった。
    父親の「なんだよそれ…」という脱力しきったツッコミにもまた笑いが…。

    100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 21:47:49.21 ID:DA4ww8770
    266 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 01:41:33

    三人兄弟の末っ子だったオレ。オレが消防だった時に兄貴が高3だった。
    車好きの兄貴は自動車会社に就職したくて大学に行きたかったみたいけど、
    頭は決してよく無かったので私立の大学にしかいける大学がなった。兄貴は親父に大学に行きたいと言ったが、
    親父は『家には金が無い。残りの兄弟もいるし、我慢してくれ。すまん。』と言った。
    影でその話を聞いていた俺は、それまで自分の家が貧乏だと思ってはなかったので驚いた。
    話を承知した兄貴は、肩を揺らして泣いていた。親父も自分が不甲斐無いのか泣いていた。
    その後、兄貴は高卒で就職した。数年後、同様に二番目の兄貴も高卒で就職した。
    そして、俺が高3になった時、俺も大学に行きたいと思っていた。
    自分でもいうのはなんだが、学校での成績はかなりいいほうだった。
    しかし、親兄弟には迷惑はかけれないと進学は諦めていた。迷惑をかけないように、
    『オレも高校卒業したら就職するから。』って家族にいつも言っていた。
    そんな時、2人の兄貴が『お前は安心して好きな道を歩め。大学に行きたいなら、はっきり言え。オレがどうにかしてやる。
    お前は頭もいいし、オレの出来なかった夢を叶えてくれ。』と言ってくれた。嬉しかった。大声で泣いた。

    数年後、オレは無事に大学を卒業、兄貴の夢でありオレの夢であった自動車会社に就職することができた。
    兄貴は喜んでくれてはいたが、さぞ悔しかっただろうと思う。申し訳ないことをしたと思っている。
    面と向かって言うのは照れるので、ここで言わせてもらいたい。
    兄貴、ありがとう。いつか、最高の車を造るからな。

    109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 22:43:36.02 ID:KzvohYXo0
    661 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2006/06/15(木) 14:54:38 ID:gGDMSSNV
    175:おさかなくわえた名無しさん2006/06/15(木) 12:05:05 ID:8GirFcli
    26 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2006/06/15(木) 12:01:30
    先日見たできごと。
    小さい男の子を連れた母親と、和服を着た楚々としたおばあさんが駅のホームで話していた。
    会話内容からして、息子夫婦のところに姑が久しぶりに尋ねてきたらしい。
    子供は照れているのか母親のかげに隠れ、ドラゴンボールの悟空のぬいぐるみをいじってばかりで
    おばあさんが話しかけても恥ずかしそうにするだけだった。
    そしたらおばあさん、何を思ったか突然シャドウボクシングみたいな動きをしつつ
    子供のまわりを軽快に回りながら「オッス!オラババア!よろしくな!」と叫んだ。
    その瞬間、私の横でベンチに座っていたリーマンが勢いよく鼻からコーヒーを吹き、
    目の前に置いてあったおばあさんのトランクをコーヒーと鼻水 まみれにした。
    おばあさんの突然の行動と、鼻水とコーヒーを垂らし咳き込みつつ謝りまくっている
    リーマンの姿に、母子含めた周囲は爆笑。おばあさんは孫が笑っているのを見て
    嬉しかったのか快くリーマンを許し、なんか和やかな雰囲気で三人連れ立って去っていった。

    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:01:35.82 ID:/Sq6rcXzO
    630:名無しさん@そうだドライブへ行こう 2009/07/02(木) 06:15:34 ID:aw2fuZ8V0[sage]
    彼女の失態
    ・遠足のとき、持ってきてはいけないお菓子を持ってきて、肝心の弁当を忘れた。
    ・「懲役OO年」の「懲役」を新しい元号だと思っていた。
    ・ゲーセンで脱衣麻雀をやったはいいが開始5秒で「天和」された。
    ・「長靴をはいた猫」は「我輩は猫である」の続編だと思っていた。
    ・「テロリスト」を、何かの楽器をひく人だと思っていた。
    ・服を試着していて、店員に「どこかキツイところはありませんか?」と聞かれ、「値段です」と答えた。

    116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:03:00.11 ID:/Sq6rcXzO
    309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/10(金) 02:54:15 .89 ID:cduMOhwO0[sage]
    コピペじゃなくて昨日の話ですまないが

    漁師をしている祖父の手伝いをしていたら、祖父が船のエンジンの調子が悪いと言い出した。
    いくら機械に強いからって、そればっかりは俺も治せないので
    「買い換えたら?」と言った。
    すると祖父が
    「いやぁ!やっぱ機械は新しいのがいいのかねぇ!古いままで良いのは女房だけだ!はっはっは!」
    それを聞いた祖母は
    「な、なに言ってるかねこのバカっ!///」
    と本当にこの通りの発言で赤面する祖母に最高に和んだ。

    119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:04:28.42 ID:/Sq6rcXzO
    786 おさかなくわえた名無しさん 2007/01/29(月) 00:39:04 ID:Qg9+Mz9u
    還暦を迎えた母に誕生日おめでとうメールを送った返信。

    件名:ありがとう
    本文:ついに60代になってしまいました。
    思い返せば、30代は小さなあなた方を夢中で見つめていました。
    40代は、若々しく成長していくあなた方に見とれていました。
    50代は頼もしく輝いていくあなた方に目を奪われていました。
    あなた方がみんな素敵な伴侶を見つけ、巣立って行ってから迎えた60代は
    20代の頃に戻ってもう一度お父さんと見つめ合おうと思います。


    うっかり感動してしまった。

    120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:05:49.04 ID:/Sq6rcXzO
    231 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/10(金) 19:19:12 ID:zAE/JWon
    うちの近所のペットショップにも売れ残りの
    柴犬がいる。値段は応相談みたいな感じで店頭に出てる
    (っていうか居る)。
    無愛想なオヤジで「こいつは売れ残り」「顔がイマイチ」
    とかブツブツ言ってるくせに、実際いくらで売るの?
    って聞くと「こんな奴よりあの犬がいいと思う」とか
    「こいつはだめな犬だから進められない」とか言って
    渋られるw

    123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:12:26.71 ID:/Sq6rcXzO
    もう需要ないのだろうか(・ω・`*)



    849 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2009/08/03(月) 01:04:03 ID:xpjT93a/
    バイト先の雑貨屋に、生意気そうな小学生の男の子たちが来た。
    1人が「おまえら先行ってろ」とかいって群れから離れ、
    こそこそ私のところに来て、
    「お母さんにあげるんだけど、どっちがいいと思いますか」と、
    ハンカチ2枚持ってきたwwww
    選んであげたら「ありがとうございます」だって可愛すぎるだろー!!
     

    133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:22:36.51 ID:gC3HkfrH0
    203 : おさかなくわえた名無しさん : 2009/06/19(金) 15:45:19 ID:x67Ef8aE
    流れぶったぎりすまん。

    この間出張でブラジル行ったときのことなんだが
    あっちは地下鉄乗ってるだけで強盗に会うんだよな。

    自分でも認識甘かったから普通に乗っちゃったんだよな。しかも誰も車両にいねえww
    んで超ガタイのいいラテン系強盗さんとコンニチワ
    刺青なんかもしてて映画の一シーンようだよ。
    「俺今刑務所からでてきたばっかりなんだけどさ」
    とかいいつつナイフつきつけられて俺死ぬかもとか思ってたんだが
    「お前日本人だろ?」とか聞かれたのよ
    んでまぁ、「日本人だけどお金のない日本人だよ」とか口走ってたら
    「俺さー。日本人からはとらないことに決めたんだよ」
    とか話しつつナイフひっこめて俺の横すわってしゃべりだすんだよ。

    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:23:19.11 ID:gC3HkfrH0
    204 :おさかなくわえた名無しさん:2009/06/19(金) 15:46:11 ID:x67Ef8aE
    (続き)
    なんでも捕まる前におなじ手口で刑務所出たばかりだから
    金ないんだよね、みたいに警戒心のないブラジル初っぽい日本人女性から
    金品強奪しようとしたんだってさ。
    そしたらナイフに気がついてなかったらしく、たどたどしいポルトガル語で
    「おなかすいてますか?大丈夫ですか?」とか心配そうに言ったそうだ。
    しかもその女性は本当に無防備に自分のかばんをゴソゴソして
    「これおいしいですよ」と笑顔でお菓子をだしたらしい。
    発音おかしかったが日本の煎餅もらったそうだ。
    そのラテン男曰く、彼女の微笑みは女神のようで自分の罪を赦してくれたようにすら
    見えたんだと。それから彼女を口説き落とし、彼女につりあうために
    強盗とかはやめて今はまっとうな仕事にありつけ、しかも彼女が日本人という恩恵で
    日本企業の仕事をもらえてるそうだ。

    で、今では俺の婚約者ですだとさwwwちょwwwおまwwwwとかおもってたらさ
    「俺の手口みたいなやつが沢山いるからお前は地下鉄乗るな。
    乗るんなら人がいるところにすばやく移動しろ」
    とか注意してくれたよ。
    最初のは騙してたのかと講義すれば「ジョークだよww」だとさ。

    まぁ強盗に会ったような会わなかったような、ラテン男の日本(彼女?)萌え話でした。

    135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:23:30.19 ID:aQhod+zuO
    ほわわん ってなる

    137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:26:46.94 ID:bsgqD0dv0
    読んでる

    139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:27:12.66 ID:/Sq6rcXzO
    950 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 18:55
    今日、昼過ぎまで休日出勤して帰ってきたら、
    娘(10歳)が玄関まで来て深刻な顔で「話があるの」って言ってきた。

    リビングに小さなダンボールが置いてあって、耳だけ見えてる。
    拾ってきて飼いたい、パパお願いと切実に言ってきた。

    自分は昔から本当に猫が好きで、ずっと苦楽をともにしてきた1匹の猫が死んでからは、
    あまりの悲しさに、もう二度と猫は飼いたくないと思ってた。

    (ここにいるみんなからはその気持ちに不満の声があがると思うが)

    拾ってきた子の姿を見てしまえばもうダメだと思って、一切無視して、
    娘が悲しむだろうとか、死んだ猫のこととかいろいろ考えて、振り絞って、

    「○○、この家ではな、猫は飼えニャイ。」と言ってしまった。
    一瞬でも猫のことばっかり考えたら、死んだ猫にニャン語使ってたのが勝手に出てきた・・・orz

    もともと自分が猫が好きだってこと知ってる嫁が大爆笑して、
    「飼えニャイわけなかろうwww」と言い出し、

    娘も「いいの?いいの?」と、完全に母娘が「チョコちゃん良かったねー!」
    と、すでに決めた名前を呼んでダンボールから取り出して抱っこしてた

    168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:02:28.10 ID:haGj8BKcP
    >>139
    「なかろう」口調の嫁さん萌え

    146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:34:36.12 ID:/Sq6rcXzO
    158 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/25(土) 22:09:52 ID:OS7c0B6Z
    ある日洗濯をしてたら父(今年めでたく60歳)のポケットからくしゃくしゃになった紙が出てきて、
    開いてみたら母の名前が書いてあった。
    その時はなんかのメモかな?って思ったんだけど、
    昨日父・私・私の夫で飲んだ時酔っ払った父が教えてくれた。

    なんでも課の人たちと飲みに行った時、二次会で部下に紙を渡され、
    「一番好きなの書いてください」と言われらしい。
    すでにベロベロに酔ってた父は、余興の心理テストかぁ?と思って母の名前を書いたんだけど、
    周りを見るとみんな好きなお酒や料理を書いていた。

    なんのことはない、三次会どーいう所行くかのアンケートみたいなもんだった。
    父はやばい(;゚Д゚)!と思って紙をポケットにねじ込んだというのが真相らしい。


    真っ赤な顔してメモを隠す父を想像したらなんかすっごく萌えたw

    150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:40:44.32 ID:/Sq6rcXzO
    21 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2009/08/18(火) 18:39:42 ID:a3cvB98l
    先月用事があって普段乗らない電車に乗ったら
    沿線で花火大会があったらしく
    浴衣の女性がいっぱいいて思いがけず目の保養。

    そこへ乗ってきた「愛読書は小悪魔アゲハです」なふたり。
    金髪にギャルメイクで
    「おまえそれ千円ショップで揃えたろ」な
    安っぽい趣味の悪い浴衣を下品に着こなしておりました。

    早速携帯が大音量で鳴る。
    携帯いじりまくりだろうどうせと思ってたけど、
    「いやだ、切るの忘れてた。恥ずかしい」と囁いて
    千円ギャルは即効で電源を落とした。

    乗客がだんだん増えてきて、
    ギャルズの右隣のひとり分しかないスペースに、
    オシャレでステキなカップルの女性が座った。
    カップルの男性の方は離れた席に座った。

    しばらくしてギャルズの左隣が一つ空いたとき、
    ギャルズは何も語らずお互い目だけで合図し、
    すっと左に詰めてカップルの女性の隣を空けてあげていた。

    カップルは何も言わず会釈もせず並んで座った。

    そうか、千円ショップ浴衣なのは
    この子達が円光も万引きもカツアゲも親のすねかじりもせず
    自分のお小遣いやバイト代だけで浴衣揃えようとしたからなんだ、
    そう思った私はものすごく恥ずかしくなりましたとさ。

    164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:59:55.35 ID:EPi8K8Mt0
    >>150
    俺もちょっとドキっとした・・・。

    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:41:45.10 ID:dvjeabqzO
    いいよー

    157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:53:28.26 ID:/Sq6rcXzO
    194 :水先案名無い人 :sage :2009/08/25(火) 12:42:44 ID:vE7YUD3KO
    夜中に居間に行ったら一人言が聞こえてくる。誰かと思ったら姉が
    ペットヒーターの上で寝てる飼い猫に話しかけてるんだけど、内容が尋常じゃない。

    「焼き目がついたら裏返します」って言いながら猫をひっくり返したり、
    「ここでワンポイントアドバイス。腹を揉み込むと味がまろやかに」
    「おぉいい色に焼けてますね(茶トラだから)」
    とか、延々やってる。
    できあがったものがこちらに出てきて試食のあたりで、嫌気がさした猫が
    逃げだすんだけど、その時姉と思いっきり目が合って気まずい。
    っていうのをもう3、4回はやってる。

    162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19(木) 23:57:49.31 ID:/Sq6rcXzO
    714 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/07/15(水) 02:29:40 ID:67hnGWJZ
    家の近所にコンビニがあってよく買い物に行くんだがそこにイケメンな兄ちゃんが働いてるんだ。
    深夜の時間に働いててもう一年くらい通ってる。

    んで昨日いつものよいに深夜に買い物に行ったんだ。
    客はおっさんが一人雑誌立ち読みしてただけ。
    適当に買い物してレジに行ったんたが店員がいないんで声出して呼びかけたんだ、
    そしたらあの兄ちゃんが出てきた。

    が、様子がおかしい、兄ちゃんが号泣している。
    嗚咽をあげながらレジを打っているwww
    私びっくりしてポカーンとなってたwww

    勇気を出して理由を聞いたら、妹さんが重い病気にかかってずっと入院してたらしい。
    で、大手術を受けてずっと生死の境をさ迷ってたらしいんだが意識が回復したらしい、
    近いうち退院も出来るそうだ。

    母親から電話がかかってきて涙が止まらないらしい。
    バイト帰らしてもらえばいいのにって言ったら「誰もいなくて帰れないんです(;_;)」だってwww

    私は感動してたんだけど、そのあたりで雑誌読んでたおっさんがいきなり缶コーヒー一本もって
    レジに来た。
    そして無口のまま無愛想に120円を取り出しレジに出す。

    私は内心おっさん邪魔だなとか思ってたんだけど、次の瞬間おっさんが財布からごそごそと
    二枚のディズニーの一日乗り放題券?みたいなのを二枚取り出して
    「退院したら妹さんつれてってやんな」とだけぶっきらぼうに言い放ち、兄ちゃんに押しつけるようにチケットを渡すとすぐに立ち去ってしまった。
    おっさんGJ!!!と心の底から思った。

    この兄ちゃんといいおっさんといい、日本もまだまだ捨てたもんじゃないなと思った出来事でした。

    165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:00:17.24 ID:pZYaSwbWO
    83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/05(土) 14:57:17 .84 ID:ruw9kewI0
    数年前、じいさんと一緒にある用事で出かけた時に
    なんだか電波系左翼の集会に遭遇してしまった。
    (うわ。本当にこんなんがあるのか)と引いていら、
    「ちょっとお時間いいですか?あのですね、私たちは…」
    と、お決まりの洗脳。

    日本は謝罪がどうたら、アジア諸国にどうたらと言っていて
    適当に聞き流していたら、じいさんが

    「…わしの事を悪く言われるのは構わん。じゃが今の人達に
     謝罪させるのは止めてくれんか…」

    と小さな声だったがハッキリとした声で話し始めた。

    「…わしはアメリカと戦った、おかげでほれ、左手の指が3本無い。
     しかし、わしはアメリカを憎んでおらん。戦争とはそういうもんじゃ、
     アメリカの子供達にも罪は無い、あの時に罪を犯したのは日本もアメリカも
     わしらの代だけじゃ、次の世代や子供に罪は無い。じゃから…」

    そこで俺が「じいちゃん、もういいよ、行こうや」と半ば強引に
    その場を離れた。

    1年と半年前にじいさんは亡くなった。
    じいちゃん、俺は胸張って毎日生きてるぞ。
    じいちゃんの小さな、でも確かな武勇伝、忘れない。

    167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:02:04.94 ID:Zu3QGsGI0
    >>165
    かっこいい!

    174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:07:32.60 ID:pZYaSwbWO
    12 名前: すずめちゃん(関東・甲信越)[] 投稿日:2009/02/02(月) 19:54:58.95 ID:vPljhsGC
    去年の青学の受験の時に間違って青山に行ってしまってあたふたしてたんだ。
    もうすぐ試験が始まる時間だし、近くにいる人に聞いても知らないとか言われるし、どうしていいか分からなくて途方に暮れてたら、わざわざタクシーを拾って大学まで送ってくれた人がいたんだ。
    その人は「早く行け。試験頑張れよ」と言って、タクシー料金も払ってくれたんだ。

    俺はギリギリで試験に間に合い、合格した。

    その人にお礼が言いたいんだが名前も何も聞いてない。激しく後悔したよ。
    でもある時テレビを見たらその人が出てたんだ。その人の事務所を調べてお礼の手紙を送ったら、丁寧に「合格おめでとう。ここからがスタートだから頑張れよ。俺も頑張るから」みたいな返事もくれた。

    江頭2:50さんには今でも感謝している。

    178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:10:23.47 ID:dsggDhy40
    >>174
    ガチならエガちゃんかっけえ

    181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:12:48.11 ID:ZkjAM/SFO
    >>174
    エガちゃん似たようなエピソード多いからな
    マジかもしれんのがまたいい

    186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:16:59.37 ID:haGj8BKcP
    722 :おさかなくわえた名無しさん:2009/01/30(金) 10:05:47 ID:vjZU2XDb

    中学時代母の同級生だった夫婦が家に来て思い出話に花を咲かせていた。

    同級生の旦那さんが、よくある全校生徒が校庭に集合して屋上から撮った写真を出して、
    みんなでこの娘がかわいかったとかこの子がかっこよかったみたいな話を、
    お酒飲みながら楽しくしていた。そこに父帰宅。
    父「ただいま」
    旦那「お旦那さんいいところに!」
    父「出来上がってますね( ´∀`)」
    旦那「この中でどの娘がかわいいと思います?」
    父「え?すごい一杯いますね・・・うん」
    旦那「パッとでいいんですよパッとで」
    父「・・・この娘かな」
    旦那「お」
    奥さん「あこれ○○ちゃん(母)じゃない!ちょっと旦那さんどんだけ○○ちゃん好きなのよ」
    とからかわれて耳まで真っ赤にしてたらしい。

    恥ずかしくて死ぬかと思ったわって、私に愚痴る母もまんざらじゃないって顔してたし、仲いいな 。

    190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:22:01.79 ID:haGj8BKcP
    507 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/07/18(水) 15:23:28 ID:fiJjYZrt0
    NHKのラジオで外食大手によるカレーの提供~みたいな事
    言ってたんだけどやっぱココイチかな?

    あまり取り上げられてなかったけど、前回の地震の時にも
    ココイチのカレー車が何百食も無料配布してくれたんだよな

    恐ろしく寒かったから、本当あったかいカレーが有り難かったのを覚えてる
    めっちゃ忙しそうな中「頑張って下さいね!」って声掛けられたのも
    嬉しかった

    特にプレス発表する訳でもなくただ黙々とカレーを作り
    すっからかんになった車に弁当の容器とかのゴミを詰め込んで帰る

    その企業姿勢に心を打たれた


    187 名前: 水先案名無い人 [sage] 投稿日: 2007/07/18(水) 20:46:15 ID:+VXx3v3N0
    日清のチキンラーメン号とココイチ号は震災には出動するらしいね。

    195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:26:05.05 ID:pZYaSwbWO
    39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/06(火) 12:25:10.76 ID:PAG3B/o00
    大学受験まっただ中の冬休み、シャーペンの芯が無くなった俺は、
    春に嫁に行ったねーちゃんの部屋の机を漁っていた。
    ねーちゃんのシャーペンの芯はBだった。
    「そういえば、旦那も濃い顔してたな」とか思いながら、
    シャーペンの芯と、メモ代わりに使えそうなレポート用紙を持ち出して、俺はまた勉強を始めた。
    あれは夜中の2時頃だっただろうか、英語のリスニングの為に予備校で売りつけられたぼったくりCDをデッキにセットし、
    ねーちゃんの部屋から持ち出したレポート用紙を開く。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    裕太(俺)へ
    何だか気恥ずかしくて、あんたには何も言えずにお嫁に行くので、
    いつかあんたが見付ければいいかと思って書いておきます。
    小さい頃、泣き虫でお姉ちゃんの後ばかりついて来てた裕太。
    学校の図工の時間に作った粘土の写真立てを私にくれた事覚えてますか?ホントに嬉しくて大切にしようと思っていたのに、
    彼氏にふられた時、中の写真と一緒に燃やしてしまってごめんなさい。
    思春期に入って、あんまり家族と話もしなくなった裕太に、
    大人になったんだなとうれしくもあり、寂しくもありました。
    裕太は家では突っ張っているけれど、私は裕太が優しい子だと知っています。
    もう少し大人になったら、お姉ちゃんの気持ちもわかるようになるかな。
    私がお嫁に行っても裕太は私の大切な弟です。辛い事、悲しい事があったら何でも相談してね。
    お金の事以外ならきっと力になれると思います。
    それじゃ、体に気を付けて。父さん母さんをよろしくね。

    追伸:お前、何勝手にひとの机漁ってるの。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ねーちゃん…。

    198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:28:20.07 ID:dsggDhy40
    >>195
    追伸で癒された
    こんな姉ちゃん欲しいわ

    201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:31:07.46 ID:pZYaSwbWO
    712 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 00:41:22
    なんかかーちゃんから間違いメール来たんだが・・・

    3月24日 22:14
    【題名】 Re:おやすみ○○(母の名前)
    【本文】
    私は昨日の残りの野菜炒め食べたよ。
    □□(父の名前)さんが帰ってきたら一緒に牛タン食べましょうね。
    こっちは今日暖かいから大丈夫ですよ。そっちこそ仙台はまだ寒いでしょ。暖房とか適宜調整して風邪ひかないで元気で帰ってきてね。
    今日は寂しいから□□さんの枕で寝ます。借りますね。
    おやすみなさい ○○

    3月24日 22:15
    【題名】無題
    【本文】
    間違いメールなので消しといて

    3月24日 22:15
    【題名】無題
    【本文】
    お父さん26日に出張から帰ってくるから

    3月24日 22:16
    【題名】無題
    【本文】
    牛タン食べたかったら帰ってきなさい。
    最初のメールは消しといて

    かーちゃんのテンパリ具合が手に取るように分かってワロタんだけど、
    もうお互い60代なのにうちら夫婦よりラブラブで軽く欝な今日この頃('A`)

    207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:34:20.61 ID:pZYaSwbWO
    3:名無しさん@_@ 2008/10/17(金) 22:14:54 ID:SzX7WCmD0
    ウチの母の同僚の話。
    働かない夫と別れ、母一人子一人で細々と生活していたが息子が白血病に。
    母子家庭で医療費はかからないものの、何とか重病の息子を助けようと
    夜も寝ないで働き、仕事がないときは病院で息子に付きっきりだった。
    笑顔を浮かべるのがやっとの、やせ細った息子の体は、薬の副作用で
    黄色くむくんでいた。
    衰弱が著しく、「もはや回復は不可能」と医者に言われ母親は黙って
    病室の息子の手を握っていた。
    すると息子はそっと目を開け「お母さんごめんね。親孝行できなくて。
    でも、僕が死んだらそんなに働かなくてももういいんだよ。」
    そう言った。
    数日後、息子は11歳で亡くなった。
    その子のお葬式の後
    「生きててくれてありがとう」
    そう母親に言われた。

    216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:47:34.08 ID:pZYaSwbWO
    996 名前:なごなご[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 22:30:54 ID:LVF7j67g0
    今日、トイザラスでの一幕
    小学校低学年ぐらいのお兄ちゃんと、
    幼稚園ぐらいの妹ちゃんが、買ってもらったオモチャをどちらが持つかでもめていた。

    ここだけ読むと、ただのウザい光景にしか見えないだろうが
    その子達はちょっと違った。笑顔で、敬語で、もめてた。

    ( ´・ω・)「この、オモチャは、(兄)ちゃんのです」
    ( `・∀・)「この、オモチャは(妹)ちゃんが、もつの、です」

    ( ´・ω・)「どうして、(妹)ちゃんが、もつのですか?」
    (*・∀・)「きょう、だいすきな(兄)ちゃんのたんじょうび、です」
         「おたんじょうびのひとは、やさしく、するです」
         「だいすきなひとは、もっと、やさしくです」

    (*・ω・)「そうですか。(妹)ちゃんにもってもらいます」
    (*・∀・)「うん。もちます」

    親御さんは、その一部始終を見ていて、頬っぺた落ちそうな顔してたw

    221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 00:53:13.87 ID:haGj8BKcP
    304 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 03:28:22 ID:O3VORZrt
    電車の中で、カップルが噛み合わない会話してた。
    女の方は吊り広告を見てて、男は漫画読んでる。

    女「ねー、ダルビッシュってどういう意味?」
    男「え?意味ぃ?知らねー」
    女「ダルビッシュが無いとどうなんの?」
    男「…負けるんじゃない?」
    女「あった方がいいってこと?」
    男「何が?」
    女「ダルビッシュが」
    男「ダルビッシュに何があるって?」
    女「違うよ。ダルビッシュがあるんでしょ?書いてあるし」
    男「どこに?」
    女「あそこ」

    男も吊り広告を見る。

    男「あれ”ダルビッシュあり”じゃねーよw」

    周りにいた数人がブフーッってなってた。

    232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 01:03:13.58 ID:haGj8BKcP
    17 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/12/20(土) 19:46:26 ID:O+o6DxaX
    自衛隊の基地が近くにある田舎なんだが、自衛隊は毎年山で訓練してる。

    ある日、下の方の茶畑で知り合いの爺ちゃんの軽トラが道寄せ駐車する際に、側溝に嵌って脱輪。
    俺は茶摘みの手を止めて救助に行った。
    爺ちゃんは怪我はしてなかったけど、見事にタイヤが側溝にはまって脱出不可能。

    何とか側溝から出せないか木の棒を突っ込んでいた時「手伝いましょうか?」声を掛けられた。
    振り向いたら迷彩服とリュックを持った男の人が一人。
    あ、上の方の訓練地から来た自衛官の人だと思って「すみません。お願いします」って言った。
    そしたらその角刈りのお兄さんが大声で「集合!」ドドドドドド(茶畑の横の獣道からゾロゾロと自衛官が出てくる)「整列!」ビシッ!

    総勢15名の隊員達が現れた。

    マジであれはビビった。まさか山の上から出てくるとは思ってなかったし、全員すげぇ装備担いでるし、さらに模擬銃?を担いでたからテンぱったわwww
    爺ちゃんも「おぉぅ…」とか言ってたしw

    「5分、脱輪解除。始め!」

    キーを渡して4分で軽トラ脱出www
    すんげぇ早業で、自衛隊の凄さを思い知ったわ。
    こういう訓練もしてるというのにも驚いた。

    脱出した後は車両点検してくれて、爺ちゃんが何度も頭を下げてた。
    隊長っぽい角刈りの兄ちゃんは「これも我々の任務です」とサラリ
    その後は敬礼して農道を下って行った。

    自衛隊の凄さと“任務”に感動したわ。

    231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 01:02:09.00 ID:CiavKoKWO
    ダメだ、涙が止まらない
    そしてこのスレから動けない

    237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/20(金) 01:10:08.85 ID:dsggDhy40
    俺いつのまにこんな涙もろくなったんだ







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2017年03月13日 23:35 ID:TA30RSuA0*
    笑いあり、涙ありのひと時だった…。

    創作もあるかもしれんが、そうであっても人が持つ人情を忘れちゃならんと思い返せたから良かった。
    2  不思議な名無しさん :2017年03月13日 23:36 ID:8nZKQUKH0*
    いい気持ちになれた
    おやすみなさい
    3  不思議な名無しさん :2017年03月13日 23:46 ID:zWto89rS0*
    野球観戦のやつはいつ見てもグッとくる。
    4  このコメントは削除されました :2017年03月13日 23:59 ID:q3K.hxO80*
    このコメントは削除されました
    5  不思議な名無しさん :2017年03月14日 00:04 ID:ZuDyQ..a0*
    涙が止まらない。・゚・(ノД`)・゚・。
    でも朝になると忘れてんだろうなw
    6  不思議な名無しさん :2017年03月14日 00:32 ID:ghEOstGn0*
    いい話…
    7  不思議な名無しさん :2017年03月14日 00:43 ID:YvFKb9vU0*
    俺も親孝行しよう。
    8  不思議な名無しさん :2017年03月14日 00:44 ID:QfKbyz5K0*
    よきかなよきかな
    9  不思議な名無しさん :2017年03月14日 00:47 ID:CSFsuwHQ0*
    僕も先日遭遇した出来事を書いて見る

    道を歩いていると小学生ぐらいの男の子と女の子が公園で遊んでいて、一人の男の子が「お父さんが帰って来ているからもう帰るね」と言った。すると女の子が「いいなあ お父さんが居て…」とつぶやいた。その男の子が「お父さんどうしたの?」と尋ねるとその女の子は「去年死んだ」と答えた。するともう一人の女の子が「うちは三年前に死んだ」と答えた。

    その会話を歩きながら耳にすることになってしまった。

    そして女の子たちに別れを告げた男の子たちは公園を去ろうとしていた。

    そして「お父さんが死んだって…すごくかわいそうだよな…」と話し合って、お互い何かを決意したようにその場を離れていった。

    大切なお父さんを失っても賢明に生きる少女たちと、友達を思いやる男の子たちの姿に世間はまだまだ捨てたもんじゃ無いと感じてしまった。

    ほんの通りすがりでの数十秒の出来事だったけど、自分には何ができるだろうと考えてしまったよ
    10  不思議な名無しさん :2017年03月14日 01:04 ID:xZt2.jhA0*
    いい話だな…
    11  不思議な名無しさん :2017年03月14日 01:39 ID:BGHj1dGL0*
    どうでもいいがコピーアンドペーストを略してコピペ だったと思うんだが
    12  不思議な名無しさん :2017年03月14日 02:56 ID:PuTRbDZo0*
    ※4
    あんな所から出張とか…キモいんだ…w😅
    13  不思議な名無しさん :2017年03月14日 03:07 ID:iS3Gjwmp0*
    アリホー  ラリホー  
    14  不思議な名無しさん :2017年03月14日 05:36 ID:XDEtwN0C0*
    ※4
    哲学ニュースと不思議ネットで喧嘩でもしてるのか?
    哲学ニュースでも削除よく見るけどわざわざ撒き散らしてる勢力?は一体何をしたいんだろう...
    15  不思議な名無しさん :2017年03月14日 07:26 ID:F9Pt2ptk0*
    抜いた
    16  不思議な名無しさん :2017年03月14日 07:54 ID:tTq9Qi5.0*
    唐揚げの絵の話…
    大人だったら、一緒に笑って変だった??って言えるけど、子供にとっては些細な笑いで傷ついてしまう。
    振り返ってみれば、大人であっても、一緒になって自分の絵を笑いたいなんて事ある訳ない。
    空気を読み過ぎて自分の感情に鈍感になっていないかと自問してみる。
    17  不思議な名無しさん :2017年03月14日 10:47 ID:9Vfb7gzx0*
    不思議と哲学の※を読み比べるのがおもろいのにw
    18  不思議な名無しさん :2017年03月14日 12:11 ID:oWxKjgjB0*
    セリフがつくとさ、急に白けちゃうんだよね。こういう書き込みって女の仕業だよな。
    19  不思議な名無しさん :2017年03月14日 12:27 ID:2jDbb19N0*
    タイトルに期待して読み進めたけど、主の心が狭いのを無理に美談にしてるのが幾つも

    思考停止して何でも受け入れようとするんじゃなく、それちょっと違うだろと疑問に思う事が
    本当の優しさや、本当に優しくなれる話を得るための道だと思うよ
    20  不思議な名無しさん :2017年03月14日 13:45 ID:tlJ.hgop0*
    地下鉄の中で涙がこぼれるのを止められずに読みふけってしまいました。
    たとえ創作でも読んで心が洗われた私にはありがたいスレだった。

    年賀状2通に解答ギッシリの男子学生に惚れた!
    解答以外にも書きたい事があったんじゃないのかな?
    なんて勝手に想像して萌え。

    21  不思議な名無しさん :2017年03月14日 15:16 ID:97.Sl0Lf0*
    自分が嫌いで生きるのがめんどくさくてもう消えたいって思うことがあるけど
    ここを読んで元気がもらえた気がする
    私も79のおじいちゃんみたいに生きられるかな
    22  不思議な名無しさん :2017年03月14日 16:27 ID:to9h3QDw0*
    162は兄ちゃんとおっさんは良いけど、そんな状況で帰らせてやらないコンビニ店長は鬼畜胸糞
    23  不思議な名無しさん :2017年03月14日 17:06 ID:MruEgUeE0*
    一番最初のは今だとまた違った解釈されそう
    24  不思議な名無しさん :2017年03月14日 17:34 ID:15n4bTgF0*
    ダルビッシュのやつよくわからなかったです。
    25  不思議な名無しさん :2017年03月14日 19:30 ID:C.d9.3e70*
    ダルビッシュ有(ゆう)って名前
    26  不思議な名無しさん :2017年03月14日 19:35 ID:15n4bTgF0*
    ※25
    あーなるほどw
    ありがとうございます!
    27  不思議な名無しさん :2017年03月15日 04:43 ID:Iit7.j840*
    こういうスレだけコメントが少ないな
    28  不思議な名無しさん :2017年03月15日 13:24 ID:IL0bM5ph0*
    ※27
    普段、皮肉や愚痴を並べてる連中も
    本当はピュアでテレ屋なのさ
    29  不思議な名無しさん :2017年03月15日 15:41 ID:YpWMZLsj0*
    ※28
    溢れ出るその優しさ
    貴方が優勝
    30  不思議な名無しさん :2017年03月15日 15:44 ID:YpWMZLsj0*
    ああ、すまない
    こう言うところで相対的に言っちゃいけないんだった
    ※28溢れるその優しさに私は最も心打たれた
    31  不思議な名無しさん :2017年03月15日 16:48 ID:59KirmJj0*
    心が洗われた!
    こういうまとめ良いですね
    32  不思議な名無しさん :2017年03月16日 01:20 ID:iZsWxirD0*
    泣いた。・゜゜(ノД`)
    33  不思議な名無しさん :2017年05月08日 12:21 ID:iW8A.ZyK0*
    ダルビッシュの話がいいw
    34  不思議な名無しさん :2017年06月05日 22:12 ID:7odnWQB50*
    俺はこんな話なんかじゃもう心が温まらない。
    この社会は彼女を見捨てたんだから、俺もこんな社会見捨てる。
    どんだけ、優しさとか温かみとか、掲示板ではやし立てたって、たった1人25歳の女の子の心の涙心の血を誰も気付かず誰も見ようともせず、ボロ雑巾みたいに滅茶苦茶にして捨てたこんな社会なんて、ろくな訳ない。
    綺麗事言ってても人なんて、自分さえいい思い出来ればそれで幸せな生き物なんだから、こういうくだらないまとめは止してほしい。
    結局、人の生なんて茶番だ。
    人間なんて早く滅びれば良いのに。
    35  不思議な名無しさん :2017年08月17日 18:35 ID:L48VHpj.0*
    いい人生が送れると良いなあ
    36  不思議な名無しさん :2017年10月17日 06:21 ID:Izh3RZvS0*
    いや43はただのモンペじゃん。
    ゾっとしたわ、読んで。
    ギャグでもなく本気で言ってるんでしょ?
    自分の娘が3人だからってアニメのタイトル「ふたりは」にクレームって・・・。
    なぜ「ふたりは」なのでしょうかって、
    ほんとに一緒に見てたんなら理由はわかるだろ、一個しか無いわ。
    37  不思議な名無しさん :2017年10月19日 15:09 ID:TRPSJCBW0*
    弟が居るから高卒ってのが意味解らない。
    養えないから仕事して自立しろってこと?
    大学生ならバイトで生活費賄えないか?
    38  不思議な名無しさん :2018年02月11日 22:27 ID:aBQPCu.80*
    ※34が良い人生を送れてるといいな
    人を傷つけるのも人だけど、癒してくれるのも人なんだよな

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!