まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

シューベルトの「綺麗な粉ひき屋のお嬢さん」を和訳していくやで~※前編

2017年03月14日:14:10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 14 )

160323R1000010


1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:38:18 ID:2p3
前半10曲を訳すやで~
簡潔に、分かりやすく訳していくやで~

引用元: シューベルトの「綺麗な粉ひき屋のお嬢さん」を和訳していくやで~※前編







2: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:38:29 ID:2p3

3: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:38:36 ID:2p3
Das Wandern ist des Muellers Lust, das Wandern!
Das muss ein schlechter Mueller sein,
Dem niemals fiel das Wandern ein,
das Wandern.

さすらいは粉ひき屋職人の喜びだ、さすらいは!
悪い粉ひき屋職人に違いない、
さすらいを思わぬ職人は、
さすらいだ!

4: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:38:45 ID:2p3
Vom Wasser haben wir's gelernt, vom Wasser!
Das hat nicht Rast bei Tag und Nacht,
Ist stets auf Wanderschaft bedacht,
das Wasser.

僕らは水の流れから学ぶんだ、水の流れから!
昼も夜も休みなく、
いつもさすらいの事を考えている、
水の流れは!

5: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:38:54 ID:2p3
Das sehn wir auch den Raedern ab, den Raedern!
Die gar nicht gerne stille stehn,
Die sich mein Tag nicht mude gehn,
die Raeder.

水車からも学び取ろう、水車からも!
休むのを嫌がって、
一生飽きずに回り続ける、
水車は!

6: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:39:03 ID:2p3
Die Steine selbst so schwer sie sind, die Steine!
Sie tanzen mit den muntern Reihn
Und wollen gar noch schneller sein,
die Steine.

石臼だって、回り続ける、あんなに重たいのに、石臼だって!
元気に輪になって踊りながら、
もっと速く回ろうとしているんだ、石臼は!

7: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:39:12 ID:2p3
O Wandern, Wandern, meine Lust, o Wandern!
Herr Meister und Frau Meisterin,
Lasst mich in Frieden weiterziehn
und wandern.

おお、さすらいよ、さすらいよ、我が喜びよ、おお、さすらいよ!
親方におかみさん、
僕を快く旅立たせて下さい、さすらわせてください!

8: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:39:22 ID:2p3

9: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:39:30 ID:2p3
Ich hoert' Baechlein rauschen
Wohl aus dem Felsenquel,
Hinab zum Tale rauschen
So frisch und wunderhell.

僕の耳に、岩間の泉から流れ出る、
小川のささやきが聞こえた。
爽やかに澄み切って、谷へ向かって流れていた

10: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:39:38 ID:2p3
Ich weiss nicht, wie mir wurde,
Nicht, wer den Rat mir gab,
Ich musste auch hinunter
Mit meinem Wanderstab.

どうすればいいのか分からない、
誰かに命じられたわけでもなく、
僕も下っていかなくてはいけない、
さすらいの杖をつきながら。

11: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:39:49 ID:2p3
Hinunter und immer weiter,
Und immer dem Bache nach,
Und immer heller rauschte
Und immer heller der Bach.

小川の後をついて、
下っては下ってゆくにつれ、
小川のささやきはますます冴え、
明るく澄んでゆく。

12: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:39:58 ID:2p3
Ist das denn meine Strasse?
O Baechlein, sprich, wohin?
Du hast mit deinem Rauschen
Mir ganz berauscht den Sinn.

これが僕の道なのか?
おお、小川よ、行っておくれ、どこへ向かう?
お前はそのささやきで
僕の心を虜にしたんだよ。

13: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:40:10 ID:2p3
Was sag ich denn vom Rauschen?
Das kann kein Rauschen sein.
Es singen wohl die Nixen
Tief unten ihren Reihn.

このささやきは何なのだろう?
ただのささやきなんかじゃない。
川底で輪になりながら、
水の妖精たちが歌っているんだろう。

14: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:40:18 ID:2p3
Lass singen, Gesell, lass rauschen,
Und wandre froehlich nach,
Es gehn ja Muehlenraeder
In jedem klaren Bach.

「見習い職人よ、歌うに任せ、せせらぎに身を任せ、
陽気にさすらうがよいでしょう。
きっと水車が回っていますから、
澄んだ小川にならどこにだって」

15: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:40:27 ID:2p3

16: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:40:35 ID:2p3
Eine Muehle seh ich blinken
Aus den Erlen heraus,
Durch Rauschen und Singen
Bricht Raedergebraus.

僕の目には、水車が見える。
はんのきの向こうに。
ささやきと歌声の中から、
水車の回る音が響いてくる。

17: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:40:44 ID:2p3
Ei willkommen, ei willkommen,
Suesser Muehlengesang!
Und das Haus wie so traulich,
Und die Fenster wie blank,

やあ、いらっしゃい、いらっしゃいと。
何と甘い水車の歌だろうか!
あの家は何と心地よさそうな事だろう、
あの窓は何と広々としている事だろう。

18: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:40:57 ID:2p3
Und die Sonne, wie helle
Vom Himmel sie scheint.
Ei Baechlein, liebes Baechlein,
War es also gemeint?

そして陽光も何と明るく
空から指している事か。
ねえ小川よ、愛しい小川よ、
そういう事だったんだろう?

19: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:41:06 ID:2p3
https://www.youtube.com/watch?v=Ut8yBBU_3Jc


Danksagung an den Bach 小川への感謝の言葉

20: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:41:14 ID:2p3
War es also gemeint,
Mein rauschender Freund,
Dein Singen, dein Klingen,
War es also gemeint?

そういう事だったんだろう?
ささやく僕の友達よ。
お前の歌、お前の声の響きは、
そういう事だったんだろう?

21: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:41:23 ID:2p3
Zur Muellerin hin,
So lautet der Sinn,
Gelt, hab ich's verstanden?
Zur Muellerin hin.

粉ひき屋のお嬢さんの所へ、
そういう事なんだろう?
ねえ、僕はちゃんと理解しただろう?
粉ひき屋のお嬢さんの所へ行けって。

22: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:41:32 ID:2p3
Hat sie dich geschickt,
Oder hast mich berueckt,
Das moechte ich noch wissen,
Ob sie dich geschickt.

あの娘がお前を遣わしたのか、
それともお前が僕を欺いているのか、
僕は知りたい、
あの娘がお前を遣わしたのかどうかを。

23: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:41:41 ID:2p3
Nun wie's auch mag sein,
Ich gebe mich drein;
Was ich such, hab ich funden,
Wie's immer mag sein.

何であれ、
なるがままに任せよう。
僕は見つけて手に入れたんだから、
それが何であろうとね。

24: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:41:50 ID:2p3
Nach Arbeit ich frug,
Nun hab ich genug
Fuer die Hande, fuer's Herze,
Voll auf genug.

仕事を見つけた、
充分な仕事を。
手にも、心にも、
充分に。

25: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:41:59 ID:2p3
https://www.youtube.com/watch?v=-lXjaG3qrDE


Am Feierabend 仕事を終えての夕べの集いに

26: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:42:08 ID:2p3
Haett ich tausend
Arme zu ruehren,
Koennt ich brausend
Die Raeder fuehren,
Koennt ich wehen
Durch alle Heine,
Koennt ich drehen
Alle Steine,
Dass die schoene Muellerin
Merkte meine treuen Sinn.

幾千もの腕を振るえたなら、
水車を勢いよく回せたなら、
風のように森の中を吹き抜けてゆけたなら、
石臼を全部引けたなら、
あの綺麗な粉ひき屋のお嬢さんは、
僕の真心に気づいてくれように!

27: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:42:17 ID:2p3
Ach, wie ist Arm so schwach,
Was ich hebe, was ich trage,
Was ich schneide, was ich schlage,
Jeder Knappe tut mir's nach.
Und da sitz ich in der grossen Runde,
In der stillen, kuehlen Feierstunde,
Und der Meister sagt zu allen:
Euer Werk hat mir gafallen;
Und das liebe Maedchen sagt
Allen eine gute Nacht.

ああ、僕の腕の何とか弱い事か、
持ち上げ、担ぎ、
切り、打つのは、
どの弟子たちだって僕と同じようにできる。
仕事じまいの、静かで涼しい一時、
皆で広間に集まって座っていた。
そこで親方が皆に言うんだ。
「お前たちの働きぶりに満足しているぞ、ご苦労だった」
そして愛しいあの娘は言うんだ、
「皆さん、おやすみなさい」と。

29: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:42:27 ID:2p3
https://www.youtube.com/watch?v=8wr72n_NzPw


Der Neugierige 好奇心旺盛な男

30: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:42:36 ID:2p3
Ich frage keine Blume,
Ich frage keinen Stern;
Sie koennen mir alle nicht sagen,
Was ich erfuehr so gern.

花には尋ねまい、
星にも尋ねまい。
花や星は何も言えないんだ。
僕が知りたがっている事は。

31: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:42:46 ID:2p3
Ich bin ja auch kein Gaertner,
Die Sterne stehn zu hoch;
Mein Baechlein will ich fragen,
Ob mich mein Herz belog.

僕は庭師じゃないし、
星はあまりにも遠い高みにある。
僕の小川に尋ねよう、
僕の心が僕を欺いているのかどうかを。

32: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:42:55 ID:2p3
O Baechlein meiner Liebe,
Wie bist du heut so stumm,
Will ja nur eines wissen,
Ein Woertchen um und um.

おお、僕の愛しい小川よ、
どうして今日はそんなにむっつりしているんだい?
僕が知りたいのはたった一つだけ、
たった一つの言葉だけなんだ。

33: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:43:04 ID:2p3
Ja, heisst das eine Woertchen,
Das andre heisset Nein,
Die beiden Woertchen schliessen
Die ganze Welt mir ein.

「そうだよ」これが一つの言葉、
そしてもう一つは「違うよ」
この二言が、
僕の全世界を支配しているんだ。

34: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:43:14 ID:2p3
O Baechlein meiner Liebe,
Was bist du wunderlich!
Will's ja nicht weiter sagen,
Sag Baechlein, liebt sie mich?

おお、僕の愛しい小川よ、
お前は何と不可思議な事だろう!
もうこれ以上は言わないから、
言っておくれ、小川よ、あの娘は僕の事が好きなのかい?

35: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:43:23 ID:2p3

36: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:43:33 ID:2p3
Ich schnitt' es gern in alle Rinden ein,
Ich grueb es gern in jeden Kieselstein,
Ich moechte es sae'n auf jedes frische Beet,
Mit Kressensamen, der es schnell verraet,
Auf jeden weissen Zettel moecht ich schreiben:
Dein ist mein Herz und soll es ewig bleiben.

全ての木に刻み込みたい、
全ての小石に彫り込みたい、
全てのみずみずしい花壇にも蒔きたいんだ、
この気持ちを表してくれるクレソンの種を。
全ての白い紙切れに書きつけたい、
「未来永劫、僕の心は君のもの」と!

37: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:43:43 ID:2p3
Ich moechte mir ziehn einen jungen Star,
Bis dass er spraech die Worte rein und klar,
Bis er sie spraech mit meines Mundes Klang,
Mit meines Herzens vollem, heissen Drang;
Dann saeng er hell durch ihre Fensterscheiben:
Dein ist mein Herz und soll es ewig bleiben.

ムクドリの雛を育てたい、
その雛が言葉をはっきり流暢にしゃべり、
僕の口真似ができるようになるまで。
その時には、僕の胸いっぱいの、熱い思いを、
あの娘の窓ガラスごしに明るく歌ってくれるだろう、
「未来永劫、僕の心は君のもの」と!

38: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:43:53 ID:2p3
Den Morgenwinden moecht ich's hauchen ein,
Ich moecht es saeuseln durch den regen Hain,
O leuchtet' es aus jedem Blumenstern!
Trueg es der Duft zu ihr von nah und fern!
Ihr Wogen, koennt ihr nichts als Raeder treiben?
Dein ist mein Herz und soll es ewig bleiben.

朝の風に閉じ込めたい、
ざわめく森の中を鳴り響かせたい、
おお、どの花のうてなからも輝いておくれ!
そこかしこから香りをあの娘のところへ届けてほしい!
さざなみよ、お前は水車を回す事しか出来ないのか?
「未来永劫、僕の心は君のもの」!

39: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:44:02 ID:2p3
Ich meint, es muesst in meinen Augen stehn,
Auf meinen Wangen muesst man's brennen sehn,
Zu lesen waer's auf meinem stummen Mund,
Ein jeder Atemzug gaeb's laut ihr kund,
Und sie merkt nichts von all dem bangen Treiben:
Dein ist mein Herz und soll es ewig bleiben.

きっと僕の目には表れているんだろう、
僕の頬が燃え立っているのが見えるだろう、
何も言わずとも、僕の口から読み取れるだろう、
ため息があの娘に告げているだろう、
なのにあの娘は僕のはやる心にちっとも気づいてくれない。
「未来永劫、僕の心は君のもの!」

40: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:44:11 ID:2p3

41: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:44:20 ID:2p3
Guten Morgen, schoene Muellerin,
Wo steckst du gleich das Koepfchen hin,
Als waer dir was geschehen?
Verdriesst dich denn mein Gruss so schwer?
Verstoert dich denn mein Blick so sehr?
So muss ich wieder gehen.

おはよう、綺麗な粉ひき屋のお嬢さん。
どこへ頭を向けてしまうんだい?
まるで何か起きたかのように。
僕の挨拶が疎ましいのかい?
僕の視線が煩わしいのかい?
それなら僕は、あっちへ行かなきゃいけないよ。

42: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:44:29 ID:2p3
O lass mich nur von ferne stehn,
Nach deinem lieben Fenster sehn,
Von ferne, ganz von ferne!
Du blondes Koepfchen komm hervor,
Hervor aus eurem runden Tor
Ihr blauen Morgensterne!

僕が遠いところから、
君の愛らしい窓辺を除くのを許してほしいんだ。
遠くから、本当に遠くからだから!
金髪の頭よ、そこから出てきて、
丸い門から出ておいで、
青い朝の星よ!

43: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:44:39 ID:2p3
Ihr schlummertrunknen Aeugelein,
Ihr taubetruebten Bluemelein,
Was scheuet ihr die Sonne?
Hat es die Nacht so gut gemeint,
Dass ihr euch schliesst und bueckt und weint
Nach ihrer stillen Wonne?

眠たそうな、小さなお目目よ、
露に濡れたかわいいお花よ、
どうして陽の光を避けるんだい?
夜がとても気持ち良かったから、
目を閉じて、かがみこんで泣いているのかい?
夜のささやかな楽しみを惜しむあまり。

44: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:44:49 ID:2p3
Nun schuettelt ab der Traume Flor
Und hebt euch frisch und frei empor
In Gottes hellen Morgen!
Die Lerche wirbelt in der Luft,
Und aus dem tiefen Herzen ruft
Die Liebe Leid und Sorgen.

さあ、夢のヴェールを払い落とし、
爽やかに、自由に身を起こそう!
主のまします明るい朝に。
雲雀は空を舞い、
深い心の底からは
愛が苦しみと不安を訴えている。

45: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:45:10 ID:2p3
https://www.youtube.com/watch?v=SdCb6L0rOHk


Des Muellers Blumen 粉引き屋職人の花

46: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:45:19 ID:2p3
Am Bach viel kleine Blumen stehn,
Aus hellen blauen Augen sehn;
Der Bach der ist des Muellers Freund,
Und hellblau Liebchens Auge scheint,
Drum sind es meine Blumen.

小川のほとりに小さな花がたくさん咲いていて、
青く明るい目で覗いている。
小川は粉ひき屋職人の友達だし、
僕の好きな人の目も青く輝いている、
だからこの花たちは僕のものなんだ。

47: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:45:29 ID:2p3
Dicht unter ihrem Fensterlein
Da will ich pflanzen die Blumen ein,
Da ruft ihr zu, wenn alles schweigt,
Wenn sich ihr Haupt zum Schlummer neigt,
Ihr wisst ja, was ich meine.

あの娘の窓のすぐ下に、
僕はこの花たちを植えよう。
そうすれば花たちはあの娘に呼びかけるだろう、
皆寝静まって、あの娘が微睡み頭を傾ける時に。
そうして、あの娘は知るんだ、僕の気持ちを。

48: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:45:38 ID:2p3
Und wenn sie taet die Aueglein zu
Und Schlaeft in suesser, suesser Ruh,
Dann lispelt als ein Traumgesicht
Ihr zu: Vergiss, Vergiss mein nicht!
Das ist es, was ich meine.

そしてあの娘が可愛い目を閉じて、
甘い、甘い眠りに落ちた時には、
夢の中に囁いておくれ、
あの娘に、「ワスレナグサのように、僕を忘れないで!」と。
これが、僕の気持ちなんだよ。

49: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:45:55 ID:2p3
Und schliesst sie frueh die Laden auf,
Dann schaut mit Liebesblick hinauf,
Der Tau in euren Aeugelein,
Das sollen meine Traenen sein,
Die will ich auf euch weinen.

そうしてあの娘が早朝窓を開けると、
愛くるしい眼差しで見つけるんだ、
お前たちの目に宿る露を、
それは僕の涙なんだ。
僕はお前たちの頭上に涙を流すのだから。

50: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:46:03 ID:2p3

51: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:46:13 ID:2p3
Wir sassen so traulich beisammen
Im kuehlen Erlendach,
Wir schauten so traulich zusammen
Hinab in den rieselnden Bach.

僕らは仲良く座っていた、
涼しいはんのきの木陰に。
僕らは仲良く眺めていた、
僕らの下をせせらぎ流れる小川を。

52: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:46:22 ID:2p3
Der Mond war auch gekommen,
Die Sternlein hinterdrein,
Und schauten so traulich zusammen
In den silbernen Spiegel hinein.

月がのぼり、
小さな星たちもつられて出てきて、
そうして仲良く眺めていた、
銀色に輝く水面を。

53: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:46:32 ID:2p3
Ich sah nach keinem Monde,
Nach keinem Sternenschein,
Ich schaute nach ihrem Bilde,
Nach ihrem Auge allein.

僕は月も見なければ、
星たちも見なかった。
僕はただ君だけを見つめていた、
君の瞳だけを。

54: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:46:42 ID:2p3
Und sahe sie nicken und blicken
Herauf aus dem seligen Bach,
Die Bluemlein am Ufer, die blauen,
Sie nickten und blickten ihr nach.

そうして清らかな小川の中の君が、
うとうとと揺れ、また空を見上げるのを見ていた。
岸辺の青い花たちも、
君をまねるようかのように、風に揺れ、空を見上げていた。

55: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:46:51 ID:2p3
Und in den Bach versunken
Der ganze Himmel schien
Und wollte mich mit hinunter
In seine Tiefe ziehn.

そうして、小川の底に沈みながら、
空全体が輝いていた。
それは僕を、
小川の底へと引きずり込もうとしているかのようだった。

56: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:47:01 ID:2p3
Und ueber den Wolken und Sternen
Da rieselte munter der Bach
Und rief mit Singen und Klingen:
Geselle, Geselle, mir nach!

雲と星の上では
小川が明るく元気に流れていて、
歌い、せせらぎながら招いていた、
「若者よ、若者よ、こちらへいらっしゃい」と。

57: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:47:14 ID:2p3
Da gingen die Augen mir ueber,
Da ward es im Spiegel so kraus,
Sie sprach : es kommt ein Regen,
Ade, ich geh nach Haus.

その時僕の目からは涙が流れ、
水面はふっと揺らいだ。
そうしてあの娘は言ったんだ。
「雨が降ってきたわ。
さよなら、家に帰るわね。」

58: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:47:42 ID:2p3
ご覧になって下さってありがとう
今日はこ↑こ↓までやで~
いつになるかはわからんが、いずれ後編もお届けするので、
楽しみに待っていて下さると嬉しいやで~

59: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)21:49:19 ID:Jmj
おつやで






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シューベルトの「綺麗な粉ひき屋のお嬢さん」を和訳していくやで~※前編

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年03月14日 14:29 ID:YZnRi6if0*
助詞の使い方おかしくね?
2  不思議な名無しさん :2017年03月14日 14:35 ID:bi5JQlTg0*
続き待っとるで
3  不思議な名無しさん :2017年03月14日 15:07 ID:iN45AacI0*
単純に訳すだけで面白味が無い定期
どうにかならんのか
4  不思議な名無しさん :2017年03月14日 15:51 ID:fxVGPGaZ0*
開いといてなんだが、誰得…
5  不思議な名無しさん :2017年03月14日 16:34 ID:egwvH1oX0*
この曲集は後半がどんどんエグくなるんだけどな。
子供の幼稚園の卒園式で、冒頭の曲を日本語で歌わせてて・・・
たしかに第1曲は職人が修行の旅に出発する歌なので卒業にピッタリだし、
幼児にこんな難しい歌をよく覚えさせたものだと思ったけど、
話の結末を考えると何だかなーと感じた。
6  不思議な名無しさん :2017年03月14日 19:48 ID:rI.anQ6c0*
クラシカロイドのせいで
タコラッパー化したシューさん
が浮かんできて笑ってしまったwww
7  不思議な名無しさん :2017年03月14日 20:27 ID:g3Uok.ay0*
日本語が変なとこが直訳っぽくてやだなぁ
8  不思議な名無しさん :2017年03月15日 04:07 ID:rq5dn.Ml0*
歌の歌詞って本当に下らなくて幻滅する
今世界的にヒットしてるエドシーランのシェイプオブユーの和訳を見たら
あまりにもあまりにも下らない内容で死ぬほどガッカリしたww
9  不思議な名無しさん :2017年03月15日 10:34 ID:wMT5Nac.0*
だからクラシカロイドのシューさんは流離ってるのかー
10  不思議な名無しさん :2017年03月15日 11:03 ID:oNKVhmSc0*
俳句を英訳したような感じかね
11  不思議な名無しさん :2017年03月15日 11:05 ID:pJPwQKqE0*
※8
歌謡曲なんか全世界大抵
会いたいけど会えないけど出会えない。
しかないよ。
12  不思議な名無しさん :2017年03月15日 12:13 ID:te3MDC4n0*
初めてだ
こんなに読み応えないまとめ
13  不思議な名無しさん :2017年03月15日 16:49 ID:R3VRnlqd0*
翻訳した人もまとめられた先で罵られているとは思うまいなって。
14  不思議な名無しさん :2017年03月16日 02:04 ID:iXA5xWPu0*
なんか違和感があると思ったら「美しき水車小屋の娘」のことだね
同じ詩人で「冬の旅」もある

 
 
上部に戻る

トップページに戻る