まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

アキレス「なぜだ……なぜ私は亀に追いつけんのだッ!」

2017年03月30日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 32 )

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:14:57.984 ID:UrvE9e4k0
―海岸―

浦島太郎「位置について!」

亀「……」サッ

アキレス「……」サッ

浦島太郎「よーい、ドン!」

亀「はああっ!」ダダダッ

アキレス「うおおおおおっ!」ダダダッ

アキレス(くっ……速い!)

引用元: アキレス「なぜだ……なぜ私は亀に追いつけんのだッ!」





10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:23:54.179 ID:lxFX0UHL0
ゼノスのパラドックスか



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:18:03.428 ID:UrvE9e4k0
亀「だああああっ!」タタタタタッ

アキレス「ダメだっ……追いつけない……!」タタタタタッ


浦島太郎「ゴォール!」

浦島太郎「一着、亀! 二着、アキレス!」


アキレス「く、くそっ……」ハァハァ…

亀「……」

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:20:42.935 ID:UrvE9e4k0
乙姫「亀、相変わらず見事な走りじゃったぞ」パチパチパチ…

亀「乙姫様、来てらっしゃったのですか」

乙姫「うむ、近頃は地上と交流することも多くなってのう」

乙姫「せがむので、水槽に入れてタイとヒラメも連れてきとるぞ」

タイ「さすが亀さんタイ!」

ヒラメ「ヒヒヒ、いい走りっぷりでしたよ」

浦島太郎「その節は、若返らせてもらってありがとうございます」

乙姫「あれだけ開けるな、といったのに何をやっとるのじゃ、おぬしは」

浦島太郎「人間は開けるなといわれると開けたくなり、押すなといわれると押したくなる生き物なので」

乙姫「人間とは分からぬ……」

乙姫「アキレスとやらも、人間にしては速いのう。素晴らしかったぞ」

アキレス「……どうも」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:21:05.002 ID:2yxrNJXJr

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:21:30.573 ID:2yxrNJXJr

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:23:22.951 ID:UrvE9e4k0
アキレス「……くそっ! あれだけトレーニングしているのに!」

アキレス「なぜだ……なぜ私は亀に追いつけんのだッ!」

亀「……アキレスよ」

アキレス「!」

亀「お前は一体、なんのために走っているのだ?」

アキレス「知れたことよ! 自分のためだ!」

アキレス「私が世界一速いということを、全世界に知らしめるためだ!」

亀「……」

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:26:06.107 ID:UrvE9e4k0
亀「それじゃあ、我には勝てないな」

アキレス「な、なんだと!?」

アキレス「じゃあどうすればいいというんだ!」

亀「自分のため以外に走る、ということを知ることだ」

アキレス(自分のため以外に……!?)

アキレス(下らん! しょせん徒競走というのは脚力を競う行為!)

アキレス(自分のため以外に走ったって、足かせになるだけ! 速くなるわけがない!)

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:27:46.310 ID:2yxrNJXJr
亀さん渋すぎ

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:29:54.458 ID:UrvE9e4k0
かぐや姫「オーッホッホッホッホ! なかなかいい海岸じゃない」

ウサギ「ええ、こりゃあいい穴場ですぜ!」



亀「……ん、彼らは?」

浦島太郎「月からやって来てる『ムーン・コーポレーション』とかいう企業の奴らさ」

浦島太郎「帝の寵愛を得たのをいいことに、えらく荒稼ぎしてるらしい」

乙姫「いけ好かん奴らじゃのう……」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:33:41.137 ID:UrvE9e4k0
かぐや姫「そこの亀さん。ここの責任者はだぁれ?」

亀「……我だが」

かぐや姫「あらそう。じゃ、さっそくだけど、ここの海岸はウチに売却してもらうわ」

亀「――なんだと?」

亀「購入して、どうするつもりだ?」

かぐや姫「決まってるでしょ。大型リゾート地を建設するのよ!」

かぐや姫「海岸は全部コンクリートで埋め立てて、ホテルを一杯建てて、人工島を造って……」

かぐや姫「こんな素晴らしい場所を、自然のままにしてちゃ勿体ないもの」

亀「……あまりいい使い道とはいえないな」

浦島太郎「ふざけるな! ここはみんなの遊び場だ! 自然のままにしとくべきだ!」

乙姫「そうじゃそうじゃ! なんの権利があってそんなことを!」

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:37:09.382 ID:UrvE9e4k0
かぐや姫「すでに帝から許可はもらってるのよ。これが許可証ね」

亀「ぐ……!」

乙姫「なんじゃと……?」



ザワザワ……

タイ「とんでもないことになっタイ!」

ヒラメ「ヒ~ヒヒ、こりゃ困った。リゾート地なんかになったらボクらも遊べなくなっちゃう」

浦島太郎「子供たちだって、ここで遊べなくなってしまう!」

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:40:21.731 ID:UrvE9e4k0
かぐや姫「だけど、私も鬼じゃない。チャンスをあげるわ」

かぐや姫「実は私の隣にいるウサギ、メチャクチャ足が速いの」

かぐや姫「もし、ウサギにかけっこで勝てたら……この話は白紙にしてあげてもいいわ」

ウサギ「ここで一番速いのはオメーなんだろ? 勝負しようぜ」ピョンピョン

亀「……」

亀(このウサギ……かなり速いな。おそらくは我と互角……)

亀「よかろう」

ウサギ「決まったな。勝負は一週間後だ」

かぐや姫「もしかけっこで負けたら、いさぎよくここを売り渡すのよ! 分かったわね!」

亀「約束は守る」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:40:57.164 ID:ao0O1tuYa
期待

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:44:28.566 ID:UrvE9e4k0
ワイワイ…… ガヤガヤ……

浦島太郎「亀……大丈夫か?」

亀「案ずるな。必ず勝つ」

乙姫「フフフ、かぐや姫とやらもバカなマネをしたものじゃ。亀にかけっこを挑むとは!」

浦島太郎「きっとウサギをスプリンターとして宣伝したいっていう狙いもあるんでしょうね」

タイ「だけど、亀さんがかけっこで負けるなんてありえんタイ!」

ヒラメ「ヒヒヒ、亀さんは世界最速だもんねえ」



亀「アキレス、特訓に付き合ってくれるか」

アキレス「……ああ」

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:46:48.569 ID:6CakYQLSa
亀さんすげえな

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:47:46.195 ID:UrvE9e4k0
アキレス「ハァッ、ハァッ、ハァッ……」

アキレス「……くそっ! やはり追いつけない! 勝てない……!」

アキレス「なぜだ! なぜなんだぁ……!」

亀「……アキレスよ」

亀「もし壁を越えたくば……メロス殿に会いに行くといい」

アキレス「メロス……?」

亀「メロス殿は元々ある村で暮らしていたが、妹さんが結婚したのを機に村を出て」

亀「今はこの近くで一人暮らしをしているらしい」

亀「これが地図だ」

アキレス(私はすでに限界までトレーニングをしているのだ!)

アキレス(今さら誰かに会っただけで、どうにかなるわけない……)

アキレス(なるわけないが……騙されたと思って訪ねてみるか)

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:48:29.991 ID:5hkpAQipr
メロスww

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:49:05.262 ID:lxFX0UHL0
夢の共演

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:52:14.348 ID:UrvE9e4k0
―メロスの家―

アキレス「……あなたがメロスか」

メロス「うむ」

アキレス「私は世界一速い男を目指しているのだが、どうしても亀に勝てない」

アキレス「すると亀から、壁を越えたいのならあなたに会え、と忠告された」

アキレス「あなたは一体何をしたというのだ?」

メロス「……少し長い話になるが、聞いてもらえるかな」

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:55:44.322 ID:UrvE9e4k0
メロス「――というわけだ」

メロス「以来、ディオニス王は名君となり、妹と友もそれぞれ元気にやっている」

メロス「それから私は見聞を広めるため旅に出て、今はここで暮らしている」

アキレス「……!」

アキレス(バカな……妹のために、友のために、走り続けただと!?)

アキレス(私だったら友のことなど見捨てている)

アキレス(このメロスを信じていたセリヌンティウスとやらも阿呆だ!)

アキレス(必ず戻ってくるから人質になってくれ、などといわれて信じる奴があるか!)

アキレス(まったくもって理解できんッ!)

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 21:58:23.097 ID:UrvE9e4k0
メロス「私は友のため、と思うことで人ならぬ速度で走ることができたのだ」

アキレス「……ふん、信じられんな」

アキレス「走る速さというのは、いかに足を鍛えるか、足を動かすか、にかかっている!」

アキレス「誰かのために、と思っただけで速く走れるようになるなら苦労せんわ!」

アキレス「私はこれからもずっと、自分のためだけに走り続けてやる!」

メロス「私は激怒した」

バキィッ!

アキレス「ぶげっ!」

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:02:26.977 ID:UrvE9e4k0
アキレス「な、なにをするか!」

メロス「実は君が来ることは、前もって亀から知らされていた。見どころのある男だと」

メロス「だが、亀の目は曇っていたようだ」

メロス「断言しよう。君では一生亀には勝てん」

アキレス「くっ……!」

アキレス「結局あんたも説教するだけか。とんだ時間の無駄だったよ」

アキレス「帰らせてもらう!」

バタンッ!

メロス「……」

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:03:12.400 ID:MJ1Hmi6xK
そこでこの俊足という靴をですね

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:05:32.048 ID:UrvE9e4k0
―海岸―

アキレス(案の定、なにも得られるものはなかったな……)

アキレス(いや、それどころかパンチをもらってしまった。思い切り殴りやがって……)ジンジン

アキレス「……ん?」


ザワザワ…… ドヨドヨ……


アキレス(みんな集まって……どうしたっていうんだ?)

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:10:21.490 ID:UrvE9e4k0
亀「ぐううっ……!」

浦島太郎「大丈夫か!?」

乙姫「動いてはならぬ! じっとしているのじゃ!」

アキレス「何があったんだ!?」

浦島太郎「実は亀が、トレーニング中に足をくじいちゃって……!」

アキレス(足を……!)

浦島太郎「こりゃウサギとのかけっこは諦めた方がいい!」

亀「いや……我は走る! 走らせてくれ!」

乙姫「骨が折れてるかもしれぬのじゃぞ!」

亀「これぐらいどうってことはないッ!」



アキレス(足をケガしたというのに、なんて気迫だ……!)

アキレス(これが亀やメロスにはあって、私にはないものだというのか……?)

ドクンッ…

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:13:23.886 ID:UrvE9e4k0
アキレス(足をくじいた亀が、かけっこでウサギに勝てるとは思えない)

アキレス(それどころか、あの状態の亀をかけっこに出場させてしまったら……)

アキレス(亀は再起不能になるかもしれない)

アキレス(海岸も『ムーン・コーポレーション』の連中に奪われてしまう)

アキレス(ならば――)

アキレス「亀よ」

亀「ん……?」

アキレス「お前の代わりに、私を走らせてくれないか」

亀「!」

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:15:03.578 ID:1yF2Uvvzr
アキレス、覚醒っ・・・!

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:18:15.588 ID:UrvE9e4k0
亀「いいのか……?」

アキレス「いいのか、はこちらのセリフだ」

アキレス「みんな、私がこの海岸の運命を背負っていいのか?」


乙姫「……もちろんじゃ!」

浦島太郎「もし負けたとしても、恨みはしないよ!」

タイ「かまわんタイ!」

ヒラメ「ヒヒヒ、ケガしてる亀さん走らすわけにはいかないしね」


アキレス「みんな……!」

アキレス(あのウサギはおそらく亀と同じぐらい速い……勝算の薄いかけっこだ)

アキレス(なのになぜだ……なぜこうも心が燃えたぎってるのだろう)

アキレス(これがメロスのいっていた、他人のために走る、ということなのか)

アキレス(負けられないッ!)

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:22:31.828 ID:UrvE9e4k0
かけっこ当日――

―海岸―

かぐや姫「オーッホッホッホ! とうとう待ちに待ったこの日が来たわ!」

かぐや姫「ウサギ、あの亀にあなたのスピードを思い知らせてやりなさい! いいわね!」

ウサギ「はいっ!」

亀「……そのことなのだが」

亀「実は我は、このとおり足を骨折してしまい、代走を頼むことになった」

ウサギ「代走ゥ?」

亀「代走を務めるのは……彼だ」

アキレス「アキレスと申す。よろしく頼む」

ウサギ「……へえ」

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:26:11.700 ID:UrvE9e4k0
ウサギ「プッ……ハッハッハッハッハ!」

ウサギ「こいつ如きがオレの相手をするってか! こりゃおもしれぇ!」

ウサギ「――って、ナメてんじゃねえぞ!!!」

ウサギ「一週間かけて、そっちのデータは調べたが……」

ウサギ「亀に及ばねえてめえが、オレに勝てるわけねーだろ!」

ウサギ「アキレス如きに勝ったって、なんの自慢にもならねーよ! 呆れちまうぜ!」

亀「ナメているのはそちらだ。今のアキレスは……一味違う」

ウサギ「……ッ!」

ウサギ「いいだろう……ぶっちぎりで勝利して、この海岸はオレと姫様がいただくッ!」

アキレス「渡すものか!」

アキレス(海岸や竜宮城のみんなには今まで世話になってきた……無様なかけっこは出来ない!)

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:27:47.690 ID:W74dDTapr
ウサギこえー

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:30:20.118 ID:UrvE9e4k0
かぐや姫「コースを説明するわ」

かぐや姫「この海岸をスタートして、森を抜けて、あの山の頂上がゴールよ」

かぐや姫「なお、スタート後、ギャラリーの皆さんはみんなゴール地点へ送らせてもらうわ」

かぐや姫「みんなにウサギ勝利の瞬間を見てもらうためにね!」

ウサギ「へっへっへ、さすが姫様……準備がいい」

かぐや姫「それじゃ両者、位置について!」



ウサギ「……」サッ

アキレス「……」サッ

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:33:32.132 ID:UrvE9e4k0
かぐや姫「よーい……ドン!!!」


ウサギ「オラァァァァァ!!!」ドヒュンッ!

アキレス「うおおおっ!」ドヒュンッ!

ズドドドドドドドドド…



浦島太郎「どっちも速っ!」

乙姫「スタートは互角じゃ!」

亀(行けっ、アキレス……! お前のポテンシャルは決して我に劣らない!)

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:36:25.051 ID:UrvE9e4k0
ウサギ「なにぃぃぃぃぃ!?」タタタタタッ

アキレス「ぬうううう!」タタタタタッ

ウサギ(バカな……こいつ、オレと五分だと!?)

ウサギ(これまでのデータじゃ、オレの敵じゃなかったはずなのに!)

ウサギ(たった一週間で一体なにがあった!?)

アキレス(みんなのために……走るッ!)

ドドドドドドドドドドド…

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:39:20.543 ID:UrvE9e4k0
―森―

ドドドドドドドドドドド…

アキレス「くっ……!」

ウサギ「……」ニヤ…

ウサギ(だんだん差が開いてきた!)

ウサギ(やはり地力ではオレのが上だ! このまま引き離してやる!)

アキレス「うおおおお……!」

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:43:25.663 ID:UrvE9e4k0
アキレス(亀、乙姫、浦島、タイ、ヒラメ……)

アキレス(私は勝つ!)


「ゆけい、アキレスッ! 仲間のために!」


アキレス(今の声ッ!?)

アキレス(……ありがとう、力をもらった!)

ウサギ「クソがっ……引き離せねえ……!」

ドドドドドドドドドドド…



メロス「いい顔になったな……アキレス」

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:44:56.771 ID:ZbKaaCGwr
熱いねえ

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:46:36.971 ID:UrvE9e4k0
―山―

タイ「そろそろ二人が見えてくる頃タイ……」

ヒラメ「海岸を出るところまでは全くの横並びだったけど……」

浦島太郎「おっ、二人が見えてきたぞ!」

乙姫「トップはどっちじゃ!?」

亀「……アキレスだ」

かぐや姫「なんですってええええええええ!!?」

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:50:26.727 ID:UrvE9e4k0
ドドドドドドドドドドド…

アキレス(息が苦しい……!)

アキレス(だがいける! ペースを落としたり、転んだりしない限り、私が勝てる!)


ウサギ(くそっ……!)

ウサギ(このままじゃ負けちまう! 姫様の開発プロジェクトが台無しになっちまう!)

ウサギ(こうなったら……秘密兵器を使うしかねえ!)

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:55:03.198 ID:UrvE9e4k0
ウサギ(足に仕込んだ火薬……こいつを炸裂させれば)

ウサギ(驚異的なロケットダッシュをすることができ、アキレスを抜き去れる!)

ウサギ(本来使いたくなかった仕込みだが……姫様のためだ! 手段を選んでいられねえ!)

ウサギ「いくぜ!」シュボッ…

パァンッ!!!

ウサギ「うおおおおおおおおおおお!」ドヒュゥゥゥゥンッ

ギュオオオオオオオオオオッ!



アキレス「な、なんだと!?(まずい、抜かれてしまう!)」

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 22:58:25.598 ID:UrvE9e4k0
ギュオオオオオオオオオオッ!


ウサギ「!!?」


ウサギ(進行方向に切り株が!?)

ウサギ(やべえ! このスピードであれにぶつかったら死ぬ!!!)

ウサギ(避けらんねえ……!)

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:02:49.174 ID:NkEPhsGg0
まちぼうけキター

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:02:49.869 ID:UrvE9e4k0
アキレス(ウサギが切り株にぶつかる!?)

アキレス(やった! もしぶつかれば、ウサギは間違いなくリタイア……私の勝ちは確定する!)

アキレス(だけど……)

アキレス(だけど……ッ!)

アキレス(本当にそれでいいのか? ウサギを見捨てていいのか?)

アキレス(亀、メロス……もしお前たちだったら、こうするはずだよなァ!)


ウサギ(姫様……すんません……)ギュオオオオオッ



ドゴォンッ!!!

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:05:43.960 ID:UrvE9e4k0
ウサギ「う……?」

アキレス「ぐっ……」ブチッ

ウサギ「お前……自分のふくらはぎをクッションにすることで、オレを守ったのか……!」

アキレス「……」

ウサギ「へ、へへ……バカなヤツだ」

ウサギ「オレはほぼ無傷だが、お前は右足のアキレス腱をやっちまったらしいな」

ウサギ「これでオレの勝利は確定したわけだァァァ!!!」

アキレス(みんな……すまん……)

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:09:20.700 ID:UrvE9e4k0
ウサギ「あーあ……つまんねえ」

ウサギ「勝つって確信したとたん、油断して眠くなってきちまった」

ウサギ「昼寝でもすっかなぁ~」ゴロン…

アキレス「ウサギ……!?」

ウサギ「……行けよ」

アキレス「……ありがとう」ヒョコッヒョコッ



ウサギ(……ふん、イカサマして、命助けられて、挙げ句勝ちまでもらうほど、落ちちゃいねえや)

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:10:58.315 ID:ZbKaaCGwr
これはいい昼寝

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:11:58.292 ID:4PELvstO0
昔話のうさぎも勝たせとうとして昼寝していたのかもしれない

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:13:24.187 ID:UrvE9e4k0
ワァァァ…… ワァァァ……


アキレス「あと……少し……!」ヒョコヒョコッ



亀「アキレス!」

乙姫「ようやった! ようやったぞ!」

浦島太郎「今、アキレスが一着でゴールだぁぁぁ!」

かぐや姫「……ふふっ」


ワアァァァァァ……!

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:16:23.790 ID:UrvE9e4k0
ウサギ「……」

かぐや姫「……」

ウサギ「姫様……すんません」

かぐや姫「なにを謝るの? あなたが無事でなによりだわ」

かぐや姫「それに勝利よりも貴い敗北ってものを見せてもらったわ」

ウサギ「姫様……!」

かぐや姫「一から出直しね、私たち」

ウサギ「はいっ!」

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:20:32.317 ID:UrvE9e4k0
乙姫「アキレス、見事な走りっぷりじゃった! わらわは感動したぞ!」

浦島太郎「こんなすごいかけっこを見られるなんて思わなかったよ!」

タイ「竜宮城の医者なら、切れたアキレス腱をくっつけられるタイ!」

ヒラメ「ヒヒヒ、かっこよかったよ~」

アキレス「ありがとう、みんな」

アキレス「みんなのために走れて……私もとても幸せだよ!」


亀(アキレス……お前はついに我に追いつき――)

亀(いや……追い越してくれたのかもしれないな)ニコッ





―おわり―

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:23:07.101 ID:ZbKaaCGwr

面白かった

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:27:46.761 ID:lxFX0UHL0

素晴らしい

60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:35:42.984 ID:8cFC6FLE0

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:52:15.935 ID:NKJnn8jD0
乙 名作だった

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:52:46.709 ID:hzgPVMr30
登場人物が皆かっけえ

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:34:41.775 ID:Ki1/JB3M0
国も時代も飛び越えた名作

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/27(月) 23:57:53.401 ID:IRm+e33QK
いろんな話がスマートに繋がりすぎててワロタ







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アキレス「なぜだ……なぜ私は亀に追いつけんのだッ!」

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年03月30日 22:15 ID:Cl6wAX3k0*
乙姫様はジジイなの?
2  不思議な名無しさん :2017年03月30日 22:33 ID:270.3BpZ0*
読む気が起きない
3  不思議な名無しさん :2017年03月30日 22:46 ID:9kf21wJO0*
これは名作
4  不思議な名無しさん :2017年03月30日 23:33 ID:R.fFzMUO0*
なぜか泣いた
こんなクソSSで…
5  不思議な名無しさん :2017年03月30日 23:46 ID:wzl0Xa1w0*
これ前提として亀よりアキレスのが早いからハンデあげないと成り立たないパラドックスだろ?
なんで話しではよーいどんでアキレスが負けてんの?パラドックスの前提崩してんじゃん
6  不思議な名無しさん :2017年03月30日 23:49 ID:aH7h2.qE0*
色々なお話のコラボで読みやすいけど、何よりころり転げる木の根っこが良くぞ出たと感心した
7  不思議な名無しさん :2017年03月31日 00:27 ID:0yS52WlI0*
切り株まで出てくるのは発想力の勝利だな
素晴らしかった
8  不思議な名無しさん :2017年03月31日 00:51 ID:FyaKSZG10*
天才あらわる
9  不思議な名無しさん :2017年03月31日 00:52 ID:M.KRWIim0*
これはいい。名作スレだわ
10  不思議な名無しさん :2017年03月31日 01:12 ID:KhfVpaaM0*
読んでないけどゼノンのパラドックスとかいう与太話はホンマに無駄やな
あんなもんを学問とかいうのやめてほしいわ
あれは当時のジョークみたいなもんにすぎないやろ
11  不思議な名無しさん :2017年03月31日 01:32 ID:yID.LXJi0*
読んでもいないやつがコメント書くなよw
12  不思議な名無しさん :2017年03月31日 06:33 ID:r5v1pQ8A0*
※5 ※10
そもそもゼノンのパラドクスはアリストテレスの自然学の不自然な点を指摘するためのものだから、これ自体が不自然なのはゼノンもわかってる。
ゼノンは「アリストテレスが正しいならこうなってしまうが、明らかに不自然だろJK」って言ってるだけ。

で、アキレスと亀の簡単な解法は「アキレスは亀を『追い越すまで』追い越せない」という『』の部分を挿入すること。
これで現実と全く矛盾せず、不自然さも解消される。
13  不思議な名無しさん :2017年03月31日 07:17 ID:WMQezJ9b0*
アキレスと亀の差が無限にゼロに近づいていくわけだから
0.00000… = 0ってことだと解釈してる
差が0で後は増えてくだけだからアキレスは亀を追い抜ける

0.99999… = 1も同じ解釈
14  不思議な名無しさん :2017年03月31日 09:06 ID:ASlY.ym60*
月の兎さんはもともといいやつなんやで
お釈迦様にその身をささげるため火に飛び込んだんやから
これに出てくる兎は因幡の兎っぼい性格しとるけど

月免と竜宮亀の物語あたりがヒントかな
15  不思議な名無しさん :2017年03月31日 09:34 ID:QqGFpCXD0*
ドラゴンボール感
16  不思議な名無しさん :2017年03月31日 09:47 ID:3f6byyCO0*
有村架純vs菜々緒
17  不思議な名無しさん :2017年03月31日 10:44 ID:mpFQRObQ0*
メロスまで登場するとは思わなかったw
18  不思議な名無しさん :2017年03月31日 10:49 ID:hqbz4W1A0*
計算だと、メロスは歩いたらしいが。
走ってたとしても、比較的休みながららしいな。
19  不思議な名無しさん :2017年03月31日 12:52 ID:aY.AOVii0*
タイとヒラメが水槽の中なんだな
20  不思議な名無しさん :2017年03月31日 13:20 ID:cI9KvsaW0*
漫画の読み切りでありそう
21  不思議な名無しさん :2017年03月31日 13:28 ID:B.APHiKB0*
岸和田博士かと思ったら違った
22  不思議な名無しさん :2017年03月31日 13:53 ID:oXsqTDPP0*
あわれめーさくくんSSとでもいえばいいのか
23  不思議な名無しさん :2017年03月31日 14:29 ID:Nx.0BPK30*
光速度の説明にぴったりなんだよ。
光速に近づけば近づくほど時間はゆっくり流れて
どれほど光速に近づいても光そのものには追いつけない。
光速と同じ速度になると時間自体が止まるから
光速を追い抜くことは決して出来ない。
24  不思議な名無しさん :2017年03月31日 15:10 ID:.DnYifEg0*
それはそうだけど光速はどこまでも光速だからなぁ
亀と光をごっちゃにはできんだろ
25  不思議な名無しさん :2017年03月31日 17:31 ID:6yyoWeLJ0*
アキレスが亀に追いつけない限り、ゴールに到達する事もないんじゃ……
26  不思議な名無しさん :2017年03月31日 21:24 ID:JYN4qjRH0*
見ろ!亀吉の数学的詭弁界に取り込まれていくぞ!?
27  不思議な名無しさん :2017年03月31日 23:59 ID:4QzBrTZ60*
どんな良いもの食っても毒を喰らっても死ぬまで生きる程度の話かな?
28  不思議な名無しさん :2017年04月01日 06:01 ID:77T947l90*
※16
俺もそう思った
29  不思議な名無しさん :2017年04月01日 15:23 ID:G.Jsb23x0*
ゼノンのパラドックスの間違いは「無限に分割できる」という前提だと思っている
現実は無限に分割できない(プランク時間、プランク長)
分割された単位があれば、必ず追いつくことは出来る
30  不思議な名無しさん :2017年04月02日 02:09 ID:r0u75pTF0*
ゼノンのパラドックスと浦島太郎と竹取物語と走れメロスと兎と亀と守株……もうわかんねえなこれ
これが所謂和洋接中という奴か
31  素人の宇宙オタク :2017年04月04日 18:37 ID:0loz3G9d0*
仮に、光の速さが1秒間に30万キロだとしても、光速の2倍なら0.5秒、光速の10倍なら0.1秒、光速の100倍なら0.01秒、光速の無限大倍でも、いつまでたっても時間が止まったり、逆行するなんてありえない。例えば、光速で宇宙を旅して地球に戻ったとしても、宇宙時間と地球時間に差など生まれない。ただ単に「物凄いスピードで宇宙を旅して来た」だけの話で、双子のパラドックスなんて「そもそも論」でしょ。
32  素人の宇宙オタク :2017年04月04日 18:49 ID:0loz3G9d0*
ゼノンのパラドックスは現実の時間と思考時間がゴッチャになっている。
現実の時間は無限分割するのに無限時間がかかるとゼノンがワザと錯誤させている。思考時間であれば一瞬で空間を無限分割できるので、結局はアキレスと亀の最初の距離を無限分割すれば、1に収束する。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る