まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

死んだあと意識はどうなるんやろうか

2017年04月01日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 150 )

autumn-2182008_640


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:26:16.53 ID:RGlkdyeh0USO
無の世界って何なんやろう

引用元: 死んだあと意識はどうなるんやろうか







3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:26:54.57 ID:RGlkdyeh0USO
考えることすら出来なくなる
何がどうなるのか?

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:27:22.07 ID:AUa6HZ8U0USO
無は無や、暗いとかそういうものでもなく何にもない

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:28:02.02 ID:87CigNnrdUSO
死んだ人に聞いてみ

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:28:09.17 ID:Leh1YJXi0USO
お前が死んでも宇宙は永遠に続くぞ

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:28:09.06 ID:FhPfYpf8aUSO
全身麻酔受けてみ
寝てるのとかとは全く違う感覚で完全にその間の時間消し飛んどる
あれが無であり死や

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:28:38.55 ID:4yS5Mwb20USO
個体差がありそう

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:28:40.08 ID:RGlkdyeh0USO
脳が焼かれるまで記憶があるのか?

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:29:07.58 ID:IYVYAWXY0USO
生と死は人間の埒外やぞ
この先どんなに科学技術が発達しようが何しようが永遠にわからん

17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:29:37.64 ID:87CigNnrdUSO
死んだやつに話しかけても返ってこないやろ
つまり何もないってことやろ

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:30:43.85 ID:RGlkdyeh0USO
>>17
何もないという意味が分からない

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:30:28.67 ID:qIyCA+Dk0USO
生まれる前ってよくわからんよな。目が覚めたらもう3歳くらいだった

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:30:52.90 ID:sZgRgR6yrUSO
記憶喪失と同じやろ
輪廻転生しても気づかない
ようはその時点で他人や

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:31:37.72 ID:RGlkdyeh0USO
無 というのが怖い

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:32:16.13 ID:RGlkdyeh0USO
無って何だろう

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:32:17.98 ID:PFj3od0tdUSO
宇宙なんて無限に存在するんだから死んだ後の意識とまったく同じデータが偶然生まれた機械か何かで再生されてもおかしくない

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:33:16.54 ID:mlPhDt/H0USO
全く同じデータの意識が存在したとしてもそれは自分にはなり得ないのでは?
死後に俺の細胞が1つ1つ寸分たがわず再構成されればもう一回俺の意識が宿るんじゃね?
http://world-fusigi.net/archives/7223625.html

41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:35:54.42 ID:W3BIWgEmMUSO
>>34
自分ではないが完コピすれば周りからは同じに見えるで
所詮性格も神経物質で左右されるもんやし

31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:32:35.17 ID:mlPhDt/H0USO
意識も化学反応なのでは?死んだら終わり。

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:32:45.77 ID:3k4xS7oP0USO
幽界、そして霊界や
そんで飽きたら転生や

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:33:33.06 ID:8a4QQeHz0USO
そもそもワイってなんや

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:34:17.26 ID:RGlkdyeh0USO
哲学やなぁ

42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:35:59.50 ID:sMpxSGw80USO
霊的なものは信じてないけど人は死んだら「はい終わり」ではないと思

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:36:21.95 ID:qdAZFfsM0USO
意識なんてただの電気信号だぞ

91: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:46:51.20 ID:IYVYAWXY0USO
意識が電気信号で生じるとしても
電気信号は意識では無い

46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:36:53.85 ID:G70vQyLe0USO
意識バックアップ取れへんのか? 多分5テラくらいで足りるやろ

50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:37:49.32 ID:W3BIWgEmMUSO
>>46
記憶と意識はちゃうで

51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:38:09.49 ID:mlPhDt/H0USO
>>46
バックアップ取ってもそれはもう君の意識として復活することはない。

72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:41:54.72 ID:onSs9EzkdUSO
>>51
これがほんま怖いわ
生身のワイが本体やからデータワイはワイではないんや…
s83u

79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:43:52.84 ID:W3BIWgEmMUSO
>>72
データだけじゃ意識にはならんから安心せい

149: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:03:43.48 ID:dgUnKl/u0USO
>>72
自己同一性を保てればいいわけだから脳みそとそのコピーデータを完全にリンクした状態で電脳世界に入って徐々に生身の方の脳みそを破壊していけば大丈夫やで

56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:39:10.53 ID:dyPyr35y0USO
生まれ変わるとしてもいずれ人類は滅ぶだろうしな
人間以外で生を受けても仕方ない
宇宙も遠い未来しぼんで無くなるし

59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:39:21.39 ID:Bci3kMl40USO
初めて自我が芽生えたとき、ま~た責められるんかと思ったら家族はみんないい人で責める奴はいなかったからな。あの記憶はどこから来てるんやろうか

60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:39:35.30 ID:7H/aPURa0USO
意識って何なんやろな

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:40:58.50 ID:/4i3iWcn0USO
無から有になって宇宙ができたなら意識もそれと同じで輪廻転生を繰り返す

74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:42:46.91 ID:/LedeGbW0USO
自分は無なのに周りは生き続けているというのが不思議

75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:43:01.24 ID:RGlkdyeh0USO
即死した人は一瞬で無の世界に飛び込むわけだがね

92: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:47:12.76 ID:PFj3od0tdUSO
脳細胞まで完全にコピーしたクローンを用意すれば同じ意識を持っとるはずやろ

101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:49:23.82 ID:onSs9EzkdUSO
>>92
コピーした瞬間はそうだとしても徐々に変わってくしワイはクローンワイの見てる世界や考えてることわかるわけやないし駄目やで

102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:49:28.32 ID:mlPhDt/H0USO
>>92
側から見れば同じだが、そいつらは個々に同じ意識を持つだろうな。

100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:49:10.42 ID:nyFYZFEE0USO
死んでもなんかあってほしいけどなぁ

108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:51:13.04 ID:YdQZfPaa0USO
今の意識を唯一の有と位置付けて一生を終えたらあとは何もないと考えるのは間違ってるんちゃうか
死んだら次は別の命と意思を持って死んだらどうなるんやろとか怯えたり生まれる前のこと思い出せなくて悩んだりするんやないやろか

111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:52:18.65 ID:RGlkdyeh0USO
科学者とか死ぬ時、死後の世界楽しみにしてそう

114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:53:12.72 ID:ILvWHXgR0USO
気になる奴は瞑想してみ、なんとなくわかるで
意外と心地よいもんや

119: 転載禁止 2017/04/01(土) 02:54:07.67 ID:WFAKPY/t0USO
意識は脳が生み出してるもんだから死んだら意識もクソもないだろ

134: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:57:58.77 ID:/4i3iWcn0USO
地球上の生物数が常に一定なら輪廻転生もありそうなんだけどね

135: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:58:26.29 ID:nyFYZFEE0USO
>>134
そうだとしても記憶が消えるなら死んでるも同然

139: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:00:47.32 ID:/4i3iWcn0USO
>>135
そうか?完全な無になるなら恐怖感覚えるが記憶消えてても意識が残るものならなんか安心するわ

146: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:01:59.83 ID:W3BIWgEmMUSO
言うほど怖いか?
まぁ本能的なもんやからしゃーないけど

164: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:07:36.61 ID:U1Sa1me10USO
死後の世界想像するの割とおもろいやんな
たまに考えるわ

184: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:17:50.80 ID:Wi4Tv30Q0USO
記憶ってのは脳みそが貯めてるだけだからそれが燃やされて消えたらなにも感じないしそもそも何も無いから無ってモノも無くなる

190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:20:07.54 ID:HdshgKpRpUSO
辛いから死にたいって奴はよくいるが
なんの根拠があって「死後は辛くない」ことにしてるんだろうって思ってしまうわ
思いつめてるようでそういうところには考えが至らないのかなあ

197: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:22:00.86 ID:IYVYAWXY0USO
>>190
それは全部分かった上で賭けてるんやで死ぬ人ってのは
生きてりゃいいことある方に賭けてるのが生きてる人
死んだほうがマシに賭けてるのが死ぬ人

219: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:27:43.99 ID:HdshgKpRpUSO
>>197
ほんまか?
死んだ方がマシって思おうにも、手がかりが全くないやんけ

233: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:30:23.34 ID:IYVYAWXY0USO
>>219
だから賭けなんやで
死んだ方がマシだと分かったらそれは賭けじゃない
当たることが分かってる宝くじなんかあり得ない
死ぬ人にとってはっきりしてるのは生きているのが嫌だということだけ
だから死んだ方がマシに賭ける

257: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:36:11.00 ID:HdshgKpRpUSO
>>233
当たることがわかってる宝くじはないが、宝くじのあたりがどういうものかはわかっているだろ
賭けってのはそういうもんだべ
二択の結果がわかっているから、それを天秤にかけて勝負に出られる
片方の結果が全く闇なら、それはギャンブルでもなんでもないただの思い込みと乱心やんけ

270: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:39:14.18 ID:IYVYAWXY0USO
>>257
鋭い
でも生きてることも分からんのだ

295: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:46:49.25 ID:W3BIWgEmMUSO
>>257
自殺した奴にもいろいろおるけど、無になるのが楽やと確信した上で逝く奴もおるで
勿論分からんままに追い詰められて衝動で逝ってまう奴もおるしそこはいろいろや

192: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:20:33.42 ID:/4i3iWcn0USO
宇宙ができたとともに意識をもつ物質が生まれ、それが発達していくことで意識をもつ人間が増加していってる
よくわからなくなってきたわ

206: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:25:08.01 ID:qzEW27zPMUSO
生物は生きるための装置やで

208: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:25:37.45 ID:hAr1ZY320USO
なぜ意識や魂を特別なものと捉えるの?
それらも含めてこの宇宙の些細な現象の一つなんだよ

215: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:27:12.46 ID:8uexWUgNaUSO
死んだら意識が途絶えて「無」すら認識できなくなるんだから無も糞もないやろ

220: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:27:50.38 ID:WvhKf6FA0USO
我々はただのタンパク質のカタマリでなにも特別なものではない?
その辺のプロテインとなんら変わりないのか?

225: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:29:01.41 ID:heMughJVaUSO
思考って何なん?
地球も思考してたりすんやろか
アウトプットないだけで

243: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:33:04.99 ID:hAr1ZY320USO
すべての物質は突き詰めると恐ろしく小さな一本のひも状の物質で、振動のしかたの違いで素粒子に種類がうまれるらしい
てことは極論いえばすべては同じで、我々が一つというのはそういうことなのかも

250: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:34:59.68 ID:IYVYAWXY0USO
>>243
じゃあそのひもは?ってなって永遠に解決できないのや

254: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:35:46.14 ID:qzEW27zPMUSO
>>250
勉強したら理解できてくる

勉強しないうちの頭で考えてもわかるわけ無い

265: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:37:27.31 ID:IYVYAWXY0USO
>>254
そのひもが分かったらそのひもを作ってる何かがわかる
そのひもを作ってるものを作ってる何かがわかる
そのひもを作ってるものを作ってるものを作ってるものがわかる
どこでやめるかでしかないよ

255: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:36:01.66 ID:niAkVVbiEUSO
わいが昨日切った爪は今ゴミ箱の中や
その内燃えるゴミになって燃やされて灰になってどこかにある
死んだら全身爪みたいなもんやで

264: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:37:24.18 ID:fVHnUz1D0USO
ここにいるお前ら全員に自我があると思うとすごく怖くなる

自我があるのはワイだけやで

273: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:39:33.48 ID:qQHrLNQR0USO
俺は今を右手を動かそうと思って動かせるけど目の前にいる友達は親は周りの人間は俺みたいに意識して自分の意志で行動して言葉を発してるのか?と思うこともあるわ
ワイ以外の人間は全部ロボットなんちゃうかと

275: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:40:25.71 ID:qzEW27zPMUSO
憎たらしかったアイツとも会えなくなるんだな、
って老人になって思うんよ

そうして、みんなで会おう、ってなるんだって
生き残ってるみんなでね

278: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:41:55.46 ID:qzEW27zPMUSO
勝ち負けも愛憎も

近づく寿命の前では小さなことなんだって

287: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:44:51.12 ID:qzEW27zPMUSO
人生で、なにが大事か
よくよく見極めたほうがいいんだろうね

祭りをフルに楽しめるように

300: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:48:34.35 ID:vFD3rCP90USO
前世をしゃべりだす子供が存在すること
意識は脳だけではないこと
これらがある以上魂は存在するって思うンゴ

317: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:54:09.30 ID:vFD3rCP90USO
幽霊 を意味する単語は世界中にある謎

68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:41:22.37 ID:ubioUSge0USO
気になるけど試したくないンゴ

73: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 02:42:01.44 ID:RGlkdyeh0USO
>>68
片道切符やで

193: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 03:20:36.07 ID:uBMCw4eR0USO
死後なんてないんやから
とっとと諦めろ







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死んだあと意識はどうなるんやろうか

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:09 ID:pCHbf.AL0*
無とは、完全に通電しなくなった電化製品みたいなもんや
2  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:11 ID:Kf2tluic0*
別のアバターに移るだけ
それが輪廻であり地獄の真相である
魂の不足箇所が改善されるまでやりなおし
3  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:23 ID:NdcHlgTa0*
あたしたちの本体は地球、霊界の外側におってこれらを包括しておる。
そこから操り人形を操作するみたいに今のこの肉体を操作しとる。
霊界もこれと同じで肉体じゃなくなっただけ。

霊界の人たちが言う霊格が上がっていく無数の上昇階段は、うちらが宇宙の果てを考えるのと同じで、死んだ人たち(霊界人)たちの想像の産物でしかない。
宇宙の果てが見れないのと同じで、霊界人たちが言う無数の上昇階段のたどり着く先は見れない(そもそもそんなのない)

あと、巷の宗教の教祖たちや人格者と言われとる人たちや死後の世界からの霊格が高いであろう霊界通信などの人たちが
憐れで無知で未熟な人間たちのためにわざわざ苦労していろいろ言っておるが、総じて上から目線でそいつらの自己満足でしかないと思ったわ。大きなお世話ってやつやな。

そんないろいろ偉そうなこと言っとる人だって、記憶無い状態でまた地球に生まれ、憐れで無知で未熟な両親に育てられたら、うちらと同じになるんやないけ!?それとも自分だけは違うと言うのけ!?
ってことや。

地球にいる人間、動物、虫、植物、死後の霊界の人たち含め、自分がもしその立場になったら、同じようになるってことやと思うわ。

「自分だけは特別」とか「自分はすごい」とか「絶対あんな人みたいにはならない」っていうのは無いってことやな。

つづく
4  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:24 ID:NdcHlgTa0*
話が飛んだけど、
地球、霊界の外側におって今の肉体を操作しとる本当の自分と意思疎通する方法が
「心の声を聞き、それに従う」ってことなんやと思ったわ。

今の地球で「心の声を聞き、それに従う」って行動して、
今後来る死んだあとの世界も「心の声を聞き、それに従う」っていけば、
輪廻転生などに惑わされず、迷わず本当の自分の元に帰れると思うわ。

千と千尋でハクは自分の名前を忘れていたから、竜の姿で湯婆場にこき使われておったけど、千尋が本名(川の名前)を教えてくれたから、本当の自分を取り戻したんやな。
これと似とる気がするわ。

本当の自分は、この地球での肉体を超え、死後の霊界を超えた先におる。
そこへ戻る道しるべは自分の「心の声を聞き、それに従う」ってことやと思うわ。

つづく
5  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:24 ID:NdcHlgTa0*
あと、巷で言われとる

「宇宙のリズムに乗る」
「宇宙に繋がる」

というのは、たぶんワイが言っとる

「自分の心の声を聞き、それに従う」
「本当の自分が操っている操り人形」

というのと同じ意味やと思ったわ。

要は「本当の自分と繋がる」ということなんやと思う。

そんで「本当の自分」というのは、
時間のない永遠の存在であり、愛と喜びの中におる。
愛と喜びというのは四方八方に広がるから地球、霊界含めあらゆるものを包み込んどる。

だから
「楽しいことをしとるとき」
「時間を忘れて集中しとるとき」
というのは
時間のない永遠の中で愛と喜びを表現しとる「本当の自分」と繋がっとる状態なんやと思う。

そんで、これはワイが感じておることなんやけど、
この「本当の自分」というのは、全部が一つで、
ワイもお前さんも両親も親戚も会社の人も死んだばあちゃんじいちゃんも霊界の人も殺人鬼もご近所さんも総理大臣もビルゲイツもペットも肩身の狭い思いをしとる野良猫も草も木もゴキブリやウジ虫や毛虫などの虫も石や砂も地球も太陽も
みんな全部が自分なんやと思うわ。

役割が違うだけで実は全部自分という感じ。

地球に生まれてきて(死後の霊界におる人たちも含め)記憶が無いのは、たぶんこれを知っていたら
リアルさに欠ける(なぁなぁになる)からあえて記憶を無くしておるんやと思うわ。

おわり
6  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:28 ID:wocCbeAL0*
意識は肉体から飛ばしたり分裂したり出きるんだと思う
死んだら何処かに飛んで行ったり
その場に停滞したり電気信号だとして
それを発した肉体が無くなったらそのまま放たれたまま
それが魂とか霊ってヤツじゃないのかな?

7  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:32 ID:06xJb18b0*
虚しくて寂しいなあ
8  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:33 ID:gHZ55Fuv0*
死んだら何もない。認識がない。それだけ。輪廻転生は元々プロレタリアートに反乱を起こさせないため今の人生を捨てさせるために考案されたもの。
9  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:33 ID:RrQfpVfX0*
多分身近な人に吸収される
長い付き合いだった彼が亡くなった後、なぜか彼の癖が自分に出てる
起きたとき彼の寝方と同じになってたり、好きなもの嫌いなものが変わってきたりしている
もしかしたら意識もわたしと合体してるかも
10  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:35 ID:zlXHgijB0*
バカがその手のことを考えてもただの時間の無駄だぞ
11  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:36 ID:jlWhLmcu0*
量子の海にダイブや
12  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:39 ID:PXH4RXLW0*
草木国土悉皆成仏
13  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:48 ID:p.MZ0Dyd0*
レスにもあったけど、実感するには全身麻酔が最善
どんなに瀕死になっても自称幽体離脱をしても、脳は頑張って処理しようとし続けてるのは起きてる時と変わらない

全身麻酔するとその時間、自分の身体は確かにこの世界に存在していた筈なのに、
自分の自我はその間は無い。この世から消えていた状態にとても近い(細かく言えば違うのは当たり前)

そしてその事実を認識すれば、「何の実感も一切ない」ということが「実感できる」
麻酔が解けた後のまどろみ以前の時間を、自分を、どうあがいても認識することができない
体験すれば、「死とは、その何もない。で完結すること。目が覚めることも、後にまどろむ事も、振り返ることもないこと」という言葉が、真に理解できるようになるだろう
14  不思議な名無しさん :2017年04月01日 22:58 ID:bKjzTTNJ0*
全身麻酔を3回やったけど、
意識が完全ブラックアウトする
自意識がないから、そもそも無を感知することも認識することもない
そういう死に方は悪くないと思うぞ
深い深い、暗闇に吸い込まれ消えて行くんだ
15  不思議な名無しさん :2017年04月01日 23:00 ID:tJkvNJdb0*
米13
そういや全身麻酔した何人かに聞いたら「なんか夢とか見ました?」って聞いても、みんな「なんもなかった」と言ってたわ。
大きな手術で死の際までいってるような人も同じやった。三途の川くらい見てきたのかと思って期待したんだけど(笑)
やっぱり死後も同じなのかなあ、と考えさせられたわ
16  不思議な名無しさん :2017年04月01日 23:10 ID:q.HGwKl00*
子供ができた時にこの幸せが永遠に続かないことを悟った時に死の恐怖に襲われたけど、一年ぐらいしたら考え過ぎたせいか感覚が麻痺して何とも思わなくなった。
17  不思議な名無しさん :2017年04月01日 23:12 ID:o51vO3BW0*
宇宙ができて何億年か知らんけど、意識が生まれる前はずっと無だった訳で、その状態に戻るだけでしょ。
たまたま意識が現れたから宇宙を観測できてるけど、生まれなかったら宇宙があることすら認知できないし、生と死、有と無っていう概念すらないから無っていうのも違うけどね。
18  不思議な名無しさん :2017年04月01日 23:16 ID:q.HGwKl00*
90歳ぐらいの人に寿命がそろそろ尽きることについて何を思うか聞いてみたい。
19  不思議な名無しさん :2017年04月01日 23:26 ID:eDoRydBF0*
脳が無くなるのだから意識も思考もない
記憶や意識を司る場所はMRI等で観測されている
事故等で脳の一部に損傷があった場合のデータも観測結果を裏付けている
20  不思議な名無しさん :2017年04月01日 23:26 ID:TaMaYgub0*
フォースと一体化するってヨーダが言ってた
21  不思議な名無しさん :2017年04月01日 23:58 ID:u9otTFPM0*
昨日の早朝、長年の友人が一週間の予定で入院したら、数日間で急に意識不明になって逝ってしまった。
まだ信じられなくて、呆然としてしまい、ずっと泣いている。
本人も家族も「死」なんて全く考えないままだった。
彼女自身も死んだことに未だ気がついてないんじゃないだろうか。
でも、もう違う世界に行ってしまったことは事実だ。あの人の意識は、どこをどう彷徨っているのだろうか。。
22  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:01 ID:uyLxzYB.0*
なんで死後とかあると思うのか理解できん。
宇宙はマクロからミクロまで全て同じ動きに従ってる。脳のシナプスも同じ。シナプスと同じ構成が宇宙だったり交通網にも見られることがあるけど、人間と同じようにそこにも意識が宿っている。
動きが止まったらそれまでよ。意識も無くなる。
23  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:10 ID:sZANnKhR0*
脳活動が止まってしまえば意識は産れない。焼かれても灰になってしまえば脳なんてものもはない。
24  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:24 ID:Ub2CQWE70*
死後、自分の体を構成していた分子やら物質が再集結して、自分の体を再構築する確率は無限に小さいが論理的にはゼロでにはならないので、時間の流れが無限にあると仮定すると、自分の死と自分の再生が永遠に繰り返されることになる。死から再生までの時間は、意識がない状態なので時間の流れを感じることはない。よって、死直前の意識と再生による意識の間の時間は認識されないため、意識上は、死ぬと同時に再生後の意識へと切れ目なくに移行することになる。
25  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:27 ID:m3YJyXj60*
※22、23

そうであってほしいと思う。そう思えば死ぬのも恐くなくなる。
だが自分は麻酔で意識不明になった時、
自分(意識だけ)が宇宙みたいなよく分からない闇の空間に行った状態になったので・・・。
26  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:29 ID:u1CEgtrJ0*
量子力学的な解釈を加えると意識が先で物質はあと。
27  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:50 ID:7IVuTENt0*
こういう誰にも分からないことに金儲けを見いだした坊さん方には敬服する
28  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:55 ID:qlg1FySQ0*
※22
死後の世界はあるのか無いのかわからん、が正しい。
誰もがそうと分かるそっから来た奴がおらんのだから
有るとは言えないが来ないからといって無いとも言えない、
意識のある現実だって知らないことの方が圧倒的に多いんだから。

不治の病とかで寿命がわかっちゃてる人には死後自分(意識)が
どうなるか分からない事に恐怖を覚えてセラピーを受ける人がいる。
意識が無くなった後は分からないが
意識が無くなって二度と目覚めない事は自覚できる、
これが怖から有ると思いたい人もいる。
29  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:55 ID:snijbg3n0*
どう考えたって生まれたら有だし生まれなければ無で生きるも死ぬも同じこと
無って怖いよなぁ、死ぬ間際の感情が肝心だと思う
30  不思議な名無しさん :2017年04月02日 00:56 ID:mxguQUbS0*
人として意識が無くなって死んでしまっても全細胞が同時に死ぬわけじゃないのでしばらくしぶとく生きている細胞が居そう。
31  不思議な名無しさん :2017年04月02日 01:16 ID:IhgcpIAI0*
「死ぬ→意識がなくなる」のであれば、意識のない植物人間は生きているといえるのか
32  不思議な名無しさん :2017年04月02日 01:20 ID:TkEOryQO0*
人間が把握可能な世界の認識だけで世界が構成されていると考えているうちは、細胞が死んだら意識は消えるとかそんな発想しか出てこないよ。

水槽の中の脳って思考実験があるけど、あれは現に認識している世界の内側からでは否定のしようがない論題だし、つまり人間の知覚領域外の事象の実在を当の人間が論理的に否定することは絶対にできないってこと。

死後の状態はまさにそこに属する。
考えたって無駄とは言わないが、どんな結論を出したところで想像の域を出ることはない。

当たり前の話っちゃあ当たり前の話だが。
33  不思議な名無しさん :2017年04月02日 01:27 ID:XzrzFqq50*
根津甚八やリバーフェニックスは自分の中で人格化されてる

34  不思議な名無しさん :2017年04月02日 01:33 ID:gz1R3IiC0*
モーガンのドキュメンタリーでやってたけど
自我、魂みたいなものは経験や記憶の蓄積によって成り立ってるそうなので
全く同じデータを持った脳なら本人になる可能性が無いとも言い切れないと
幼児期の自我がほわわんとして曖昧なのは経験が少なく動物に近いからだとか
35  不思議な名無しさん :2017年04月02日 01:34 ID:hZ5qD0vl0*
ふむ、まぁ説明しても理解出来ないバカに取っては馬の耳に念仏
36  不思議な名無しさん :2017年04月02日 01:46 ID:uUdqc3bN0*
死後の世界があるとしたら死んだ後は暇でしょうがない。
短いながらも現実を楽しむべし。
37  不思議な名無しさん :2017年04月02日 01:49 ID:QCQls.Dk0*
バカ連呼厨キメェから失せな
38  不思議な名無しさん :2017年04月02日 02:07 ID:xnH6imch0*
※22
一応マクロとミクロで違う挙動はしてます
とはいえ死後の世界なんて言う頓珍漢なものはないけど

もしあったら今まで死んだ数え切れない圧倒的な量の虫があちらこちらで蠢きまくる地獄しか無いよね
39  不思議な名無しさん :2017年04月02日 02:13 ID:lnlRvEpu0*
死は無だろ。生まれる前が無であったように。
物心つく前の記憶すら曖昧なのに意識だけが死よりも強靭な訳がない。
熟睡してる時の、何も感じない時間間隔もない状態が永遠に続くんだよ。
40  不思議な名無しさん :2017年04月02日 02:35 ID:gmhU.7.P0*
「無」という概念は存在するが、観測者の問題が有る限り実在論としての「無」や「有」を科学的に確認することはできない。
おそらく、量子性と波動性の両面から「意識」も正負の性質を持つ一方で永遠にどちらかの極値を持つとも思えず、繰り返すか波動の合成・分離などの性質にならって、散ったり集まったり繰り返してるんじゃないか?

とすると、誰かが書いてたように、
客観的には無の状態が続いたとしても、主観側から観測すると意識は濃淡や変化を伴いつつも連続しているように感じるのかも。

41  不思議な名無しさん :2017年04月02日 02:39 ID:KPVyLGLP0*
眠りが永遠なだけ
42  不思議な名無しさん :2017年04月02日 02:41 ID:VkpTiEOF0*
死んでからのお楽しみ。
もし幽霊になるんならそれはそれで楽しめるだろうし、無になるなら喜怒哀楽もクソもない。
死後にどうなるのか、それは死という未知のものを経験した人だけが知る事のできる特権でしょw
43  不思議な名無しさん :2017年04月02日 03:22 ID:Mhe1eKiz0*
無の世界なんてない
世界も自分もなくなるのが死やぞ
44  不思議な名無しさん :2017年04月02日 03:41 ID:Exzj.KjO0*
死後の世界ってわくわくする
死が漠然と怖いと感じることもあるけど

苦しみもいつか終わりがある、というのは気が楽になるし
あともし輪廻転生があるなら来世はこういう風に生きたいと考えるの楽しい
自分の肉体が消えて魂だけになるなら空を自由に飛んで風になってみたい
楽しみだな
45  不思議な名無しさん :2017年04月02日 04:06 ID:USz9QN1v0*
脳みそが直接記憶してるとは限らないんだなぁ
どこかにある記憶を呼び出す(あるいは書き込む)装置かもしれない
46  不思議な名無しさん :2017年04月02日 04:13 ID:VhSqBghE0*
臨死体験でググって、どうぞ
47  不思議な名無しさん :2017年04月02日 04:28 ID:S5O2xtdd0*
そこら中に脳みそと呼ばれるモノがあるのに自分の意識がないのと同じ
48  不思議な名無しさん :2017年04月02日 04:33 ID:aiSrcFsM0*
ハードウェア(肉体)ダメージ
 →全回復
 →不完全回復
 →回復不可でソフトウェア終了(死)
  →ハードウェアの不可逆的な崩壊

霊魂を生得のハードウェア(肉体)から離れても成立するプログラム(人格)+データ(記憶)と仮定すれば、他のハードウェアさえ確保できればいい(憑依)。
意識をプログラムが走ってる状態とすれば、ある水準以上のハードウェアにインストールされないと無理だから、死後の意識は憑依しないうちは無く、死ぬ瞬間までで止まってるんじゃないかな。

ただ、人間の記憶は歪みやすく失われ易いから、完全に他人のソフトウェアを乗っとる事例は少なそう。
融合しても人格に影響する程度。何かに没頭しているとき、尊敬してる故人を感じたりするのは、その存在の意識を感じてる為かも。
逆に悪霊が取りつくと、自分をシリアルキラーと重ねたり、放火などのテロに心踊るようになるなど、ろくな事がない。
無目的で有害とは限らない点では、霊魂は自然界のウィルスに性質が似てるかも。

もちろん霊魂の実在を仮定した上での想像であり、人間の肉体と意識は不可分だと思います。
死ねば人間の全ては無。そして世界から自分の記録や記憶が全て無くなれば、存在していた事の証明すら不可能となります。
49  不思議な名無しさん :2017年04月02日 04:34 ID:S5O2xtdd0*
※31
なぜ植物人間に意識がないと断定できるのか
50  不思議な名無しさん :2017年04月02日 05:27 ID:cjmOUBr00*
すごいなこのスレ
自分では上手い事言ったつもりなんだろうなと察せるレスやドヤ顔の長文レスとか、
ただどっかで聞きかじっただけであろうキーワードを並べてるだけで基本中の基本を理解できてないのばっかりやん
91のレスやバカ丸出しな似非ひも理論なんか特に笑えたわ
51  不思議な名無しさん :2017年04月02日 06:17 ID:1.neIp5V0*
モノの見方なんかの「自我」部分は喪失するよ
肉体の「脳」が創ったフィルターだからね
死後ってのは想像も出来ない体験なんだろうけど、
そこには一切の感情も湧かない世界
52  不思議な名無しさん :2017年04月02日 06:50 ID:tUw7CqnT0*
死んでみれば解るでしょ?

はい、おしまい。
53  不思議な名無しさん :2017年04月02日 06:56 ID:OGdsHdia0*
クオリアを検索してみな。意識が電気信号で説明できないことがよくわかるよ。意識は物質でできていない特別な存在なんだ。これは世界的に有名な話だよね。

量子力学でも二重スリッド問題でわかるように因果関係を逆行して時間をさかのぼり観測結果に影響を及ぼすのが意識です。
4つの力、電磁気力、強い力、弱い力、重力の相互作用はこのような時間をさかのぼって観測結果に影響を及ぼすことはないから、意識はこの4つの相互作用では説明つかないことがわかる。
これは意識が物質では説明できない特別な存在、ひょっとしたら意識が主役でこの世が仮想現実でできている証拠ととらえることができよう。

死後は仮想現実から説き離れた状態に戻るだけです。。
54  不思議な名無しさん :2017年04月02日 07:37 ID:sZANnKhR0*
*25
麻酔状態は脳活動が停止したわけではない。痛みを取り除くため、薬等で、神経に作用させ一定時間、無痛、反射喪失の状態を作り出す方法を「麻酔』という
中枢または未梢の神経を一時的に、可逆 抑制する状態が「麻酔』
他の器官は正常で、特に聴覚はそのまま情報を脳に伝えていると思われる。幽体離脱はここにあると思うよ
55  不思議な名無しさん :2017年04月02日 07:37 ID:.lgcYlBu0*
宇宙が出来て138億年も経ってるしワイも一回くらいは他の生物で死んでるのだろうな
56  不思議な名無しさん :2017年04月02日 07:46 ID:c.C1PztF0*
世界中に張り巡らされたインターネット網って脳シナプスみたいに見える。
案外意識を持っていたりして。
57  不思議な名無しさん :2017年04月02日 07:58 ID:sZANnKhR0*
死後の世界が運鱈いう、あんたらの背中煤けて見えるぜ。
あんたらの話だと、肉体は霊にハイジャックされてるようなもんじゃねーか
58  不思議な名無しさん :2017年04月02日 08:03 ID:IFixWAPf0*
死んだら永久の無である事を願っているが十中八九輪廻転生はあると思う
クソみてぇな世界にまた召喚されるのかと思うと自殺する気も失せる
59  不思議な名無しさん :2017年04月02日 09:12 ID:b1QdN3BR0*
無なワケないやん
ふつーに筋道立てて考えれば、生まれ変わりを繰り返してるだけって分かるやん
単純な話、今の自分の肉体も精神もニワトリや魚や野菜の生まれ変わりなんだから
んで自分が死んだら次は自分がニワトリや魚や野菜になるだけよ
60  不思議な名無しさん :2017年04月02日 09:42 ID:qJ.6Ow560*
>59
どう筋立てればそうなるんだよw宗教かな?
他の奴も現実見て生きた方がいいよ
どんな小難しい学説や通説を論じても、
所詮想像の域を出ない話。
本腰入れて学問として修めるなら別だが、
それ以外なら時間の無駄w
考えてる自分に酔ってない?w
どうせ数日経つ内に、どうでもよくなって
忘れてんだろ?さも見てきたかのように
語ってる輩はなんなんだw
61  不思議な名無しさん :2017年04月02日 11:06 ID:8X8QP9Vh0*
※53
クオリアは認識や感覚の哲学的なアプローチで脳科学を否定する物ではないよ
意識って言葉の定義自体が哲学、医学、精神分析学、一般の使い方で微妙に違うから混同するけど
少なくとも記憶、感情、5感等に関しては脳の活動箇所が判明してる
62  不思議な名無しさん :2017年04月02日 12:12 ID:upTOEkb.0*
死んだら生きていた頃の記憶や思いなどすべて消えて欲しいと願う。
しかし、自殺した人はその苦しい思いやつらかったことを永遠に引きずるようだ。
それが地獄とか。
63  不思議な名無しさん :2017年04月02日 12:43 ID:UxhMbPk.0*
寝てる時と同じ感じやろ
64  不思議な名無しさん :2017年04月02日 12:47 ID:a.xZv18r0*
睡眠とは全然ちがうぞ。上のほうにもあったが、似てるとすれば全身麻酔
なにもない。ないと感じることもそれを知る未来も全部ない
65  不思議な名無しさん :2017年04月02日 12:55 ID:b1QdN3BR0*
※60
いや、そのまんまだが
お前は産まれる前どこにいた?無から発生したのか?異次元から来たのか?
違うだろ
お前を構成してた素材は、全てがお前が生まれる前からこの世にあったじゃん
その素材をお前の親が取り込んで、形を変えてお前になったんだろ

死んだ時もそうだろ。突然無に消えるわけじゃない
お前を構成してた素材は全てがこの世に残る。形を変えるだけだ。
66  不思議な名無しさん :2017年04月02日 14:00 ID:ReQ5uzpZ0*
※65意識なんて脳が作り出した擬似プログラムに過ぎないから
脳がグチャグチャに潰れれば意識なんて無と消えるだろうさ
脳とかはそりゃ微生物とかに分解されながら この世になんらかの形で残るだろうが
意識は脳の複製でもできない限り、死んだら輪廻も無く終わりだと思うよ
67  不思議な名無しさん :2017年04月02日 14:13 ID:iyG0y4F00*
こういう話きくとマジむかつくんだけどお前ら?
68  不思議な名無しさん :2017年04月02日 14:16 ID:nioUWgbU0*

そも死んでからも意識があったら、そら地獄ですわ
誰とも接触できず見る事も聞く事もしゃべる事も出来ないとか、まさにジョニーは戦場に行った状態
しかも死ぬ事も出来ない。それなら電源が落ちたように消えたいね
69  不思議な名無しさん :2017年04月02日 14:21 ID:gIVn9ARV0*
意識は音と同じで、
それそのものに実体など無く、発生源が
失われれば、存在し得なくなるものでしょ。
70  不思議な名無しさん :2017年04月02日 14:39 ID:320IGGcI0*
暇なんやろうなあ

「無って何だろ?」なんて問い自体虚無やろ
ドーナッツが無いところを“穴”って言うんやで?
死後の世界なんて生きとる間しか存在せえへん
71  不思議な名無しさん :2017年04月02日 14:40 ID:14wQugK.0*
無になるに決まってるやろ。凄惨な死に方して永遠に少しだけ憶えてるとか怖すぎて外歩けないわ(笑)
72  不思議な名無しさん :2017年04月02日 15:12 ID:11Kj0myy0*
人間ってホントに無意味に耐えられない生き物だよなあ

ひとりひとりの死後の世界とやらに対する妄想の逞しさグロテスクさって
それってそのまま恐怖に直面したとき人間がどこまで認識を歪められるかを示しているわけだろ
怖いわ、日常にこんな奴らがふつうにいる事がこわいわ
73  不思議な名無しさん :2017年04月02日 15:27 ID:BuVCZg090*
物理的な活動は終わるけど自分と言う物は存在してたよ。意識と言うのかな?本当に何もない世界でした。呼吸も疲れも腹減ったのも何も感じなくて、ただもう気持ち良い世界でした。戻りたくないと思いましたが戻って来ました(^◇^;)
74  不思議な名無しさん :2017年04月02日 16:37 ID:.U9gZ8Sa0*
魂とともにガフの部屋に行き記憶を洗浄されて、真っ新になってまた何者かの魂として現世に戻ってくる。人類の補完とは一斉絶滅の後、時空を超えてまたいずこかの星の魂の源となること。
75  不思議な名無しさん :2017年04月02日 16:38 ID:wwIQRsy60*
ここでの例えで全身麻酔を出すやつがいるけどさ、それって例えにならないと
思う。少なくとも死後が無という例えには。だって全身麻酔は目覚める。
睡眠とかと同じで目覚める。そりゃあ目覚めない人もいるだろうけど、目覚める
以上、それは死んだ後の無というものの例えにはならんだろ。
全身麻酔の感覚と同じならば、目覚める(生まれ変わる)ことも有り得ると
考えられそうだし。
76  不思議な名無しさん :2017年04月02日 16:41 ID:mf2ct0n70*
肉体と魂は脳を通じてつながっていて一心同体の関係にあるのではと思う。どちらが優位にあるということはない。

例えば「病は気から」というように魂のダメージが肉体に伝わったりする。魂が滅べば肉体も腐って滅ぶ(脳死がこれに相当するのではないかと思う。延命措置で人為的に生かすことはできるだろうけど)。
肉体が滅んでも、その構成要素が別の肉体にリサイクルされたりする。例えば食事などの形で。
リサイクルされるものによって肉体にはいろんな影響がでる。

だから、逆も然りで、肉体が死ねば魂も同じように腐って分解されるのではないかと思う(将来技術的に人為的に魂だけを延命できるようになるとしたら、それはサイバーパンクっぽいなと思う。俗にいう死後の世界?)
魂が滅んでも、その構成要素は別の魂にリサイクルされるのではないかと思う。
リサイクルされるものによって魂にはいろんな影響が出る。あまり分解されないままリサイクルされたら、前世の記憶?とかが残るのかもしれない。
77  不思議な名無しさん :2017年04月02日 16:42 ID:fO4.qpoA0*
山下しね
78  不思議な名無しさん :2017年04月02日 16:49 ID:wwIQRsy60*
次に死後が無という理由に脳の~~と言ってるものについては、科学が死んだ後も通用する
前提が必要。まあある種の根拠のある答えとは思うが、その前提が通用するかわからない
のが、死んだ後だしな。それこそ、現世では「ある」と確信できる程、影響は出ないが
魂自体はある、という前提も十分使える。科学では否定できず、肯定もできないもので
あるから、普通は笑い飛ばされるが、死後という未知でしかないものならあらゆる可能性が
考えられるからね。科学的前提による「無」も可能性の一つに過ぎないと思うし。

まあこのことから俺は死後の世界はあると信じるね。そっちのほうが面白そうだし、楽しそうだ。
結局は死なないと絶対に分からないのだから、自由に考えればいいと思う。
79  不思議な名無しさん :2017年04月02日 17:03 ID:TYix32wT0*
生まれ変わりってほんまにあるんかね
幽霊とかもどういう理屈なんだろ
すんごい熟睡してて真っ暗なかんじなのが近いのかなとも思うけど
死んだらそれで終わりな気もするしなにかがありそうな気もする
個人的には死んだら生まれた瞬間に戻ってまたやり直しかなあって気もする
80  不思議な名無しさん :2017年04月02日 17:07 ID:8X8QP9Vh0*
※78
>科学が死んだ後も通用する前提が必要
↑この為には死んだ後の世界がある前提が必要

魂があると仮定しても、脳がないのだから記憶や感情はない
つまり仮に魂があるとしてもオールリセット
釈迦の言う「無記」=考えても無駄って事
81  不思議な名無しさん :2017年04月02日 17:16 ID:b1QdN3BR0*
※66
意識は無にならないよ
分散されるだけだ
意識に限らず、全てのエネルギーは循環してるわけだからな
突然増えたり減ったりしないんだよ
82  不思議な名無しさん :2017年04月02日 17:35 ID:9zqWLfGQ0*
個の意識は宇宙とひとつになるけど断片的な記憶は未来へ受け継がれる
前世の記憶があったとしても生まれ変わりじゃないから過去の存在に意識を乗っ取られる事はない
83  不思議な名無しさん :2017年04月02日 18:45 ID:8X8QP9Vh0*
※81
意識の定義は様々だけどエネルギーではない
脳内でエネルギー活動の結果として意識が現れるが意識自体にエネルギーはない
文学的に”熱い想いがエネルギー”はあるけど
意識に力学的、熱力学的、電磁気学的なエネルギーはない
84  不思議な名無しさん :2017年04月02日 19:09 ID:wwIQRsy60*
※80
いや科学が絶対という前提のために何で死後の世界がある前提も必要なのかわからん。
多分、科学が絶対ではないという前提のために、と言いたかったのだと思うが。
まあそのある、ないが分からないから前提がぐちゃぐちゃなんだけどね。

そして、何で魂には「記憶」や「感情」がないとなってるんだか。それも結局、
脳によって記憶や感情が作られたという科学が絶対の前提があるじゃん。
魂には記憶や感情も書き込まれていると何で考えないんだ?
85  不思議な名無しさん :2017年04月02日 19:26 ID:8X8QP9Vh0*
※84
事故等で脳の一部が損傷した時に記憶が失われる例はよくある
一時的な記憶が無くなる例もあれば、恒久的になくなる例もある
魂に記憶が書き込まれるなら、なぜ記憶が無くなるんだ?なぜ記憶を取り戻せない?
86  不思議な名無しさん :2017年04月02日 19:34 ID:8X8QP9Vh0*
同様にロボトミー手術で感情を失くす、あるいは極端に低減する例は過去にあった
魂に感情があるなら、なぜ感情が戻らない?
87  不思議な名無しさん :2017年04月02日 20:02 ID:jFLMQpau0*
死なんて、寝てる時と同じにきまってんだろ。寝てて、夢も見てないときは全く意識も感覚もないだろ。あれが永遠に続くだけなのに何言ってんのかわからん。

意識は脳が作り出しているのに、それを焼いた後に意識があるわけがない。悲しいけれどそういうことだ。
88  不思議な名無しさん :2017年04月02日 21:28 ID:2bsFp0ft0*
自分は一度失神したことがあるが、その時は意識がなくなり
気付いたら数分過ぎてた

これが永遠に続くのが「死」だと思った

意識が戻って思ったのは「死」は怖くない

死ぬまで、苦しみが怖いのだ!

死んだら何も考えなくていいし、楽になる!

89  不思議な名無しさん :2017年04月02日 22:10 ID:xnH6imch0*
※53
>量子力学でも二重スリッド問題でわかるように因果関係を逆行して時間をさかのぼり観測結果に影響を及ぼすのが意識です。
わかりません
因果関係を逆行?
時間を遡る?
二重スリットでわかるのは量子の存在分布です
>4つの力、電磁気力、強い力、弱い力、重力の相互作用
強い力と弱い力ってなんだよwww
90  不思議な名無しさん :2017年04月02日 23:29 ID:sZANnKhR0*
*75
可逆的に意識を失わせて、他の器質は正常だとかいてあるだろが日本語よめんのはお前
脳が死んで焼かれて灰になっても意識があるのは変だ。ってのに幽体離脱だなんだと言い始めた奴がいるから、これを逆説的に説明する上で、麻酔、てんかん等を使えば直ぐ解るわけよ。
読解力よわっW
91  不思議な名無しさん :2017年04月02日 23:34 ID:wwIQRsy60*
※85 ※86
自分が返答するコメントぐらいしっかり読もうや。俺は※78に「あると確信できる程は
影響しないけど魂はある」と書いたぞ?脳が損傷したのに、感情や記憶があったら
それはあると確信できる程の影響が出てるジャン。
生きている間の核は脳、死んだ後の核は魂として書いているんだ。
君のコメントは生きている間も魂はあると言えるほど深く関わっていることが前提
じゃないか。僕が書いた前提とはまるっきり別物だ。
92  不思議な名無しさん :2017年04月02日 23:53 ID:wwIQRsy60*
※90
それならどちらにせよ、無の説明にはならんな。他の器官が正常である状態、つまり
目覚められる状態で意識を失った状態では結局目覚めるわけだ。その目覚める状態での
意識を失った状態と君たちがいう決して目覚めない死による意識を失った状態を
なぜ同じと仮定できるのかが僕には分からん。それは同じとは言えないだろう。
何ですべての器官が破壊されたら目覚めないと分かるんだ?何で意識を取り戻せる
状態での意識を失った状態を決して取り戻せない状態と同じだと思ってるんだ?

君は言っただろう?「意識を可逆的に失わせて、他の器官は正常、日本語読めんの?」と。
これはつまり、全身麻酔は死とは違うと遠まわしに言ってるようなものだ。
なのになぜ、その全身麻酔により発生した意識を失う状態を死により発生した意識を
失う状態と同一視してるのかが分からん。それは全身麻酔と死が同じでなければ
成立しないと思うんだが。

ちなみにあくまで幽体離脱元々の論に対してのみに反論したものだったらそれは
間違いなく私の読解力が弱かった。その場合はすまん。
93  不思議な名無しさん :2017年04月03日 00:07 ID:XAXQBSiD0*
※87
まったく不明な死後の世界についての決め付けは良くない。その死後の世界については
確定された前提が不明なのだから決め付けは無理なんだよ。体験したやつじゃない限り。
※92
何か分かりにくい気がする。ここで言う目覚められる状態での意識を失った状態と
死の状態の違いについてはそれこそ、目覚められる状態での意識を失った状態は
何もないだが、死の状態は天界に強制的に送還されるとも考えられるわけよ。
だって全身麻酔と死は同じではないのだから。他には魂として強制的に目覚めるもあるな。
(生きている時の体では目覚められない。)
輪廻転生で、死んだ瞬間、別の世界で誕生(記憶はない)とかね。
まあどちらにせよ確認は出来ないから断言は出来ないけどね。それこそ本当に
全身麻酔での意識を失った状態が永遠に続くかもしれないしね。
94  不思議な名無しさん :2017年04月03日 00:13 ID:XAXQBSiD0*
無になるというのはよく分からんわ。今、俺には意識がある。考えてるし、感情もある。
それが脳によって作り出されたものとしても俺は存在していると認識している。
そこで考えて、死んだ後が無なら何で俺は存在してるんだとも考えてる。
上手く言えないが、存在するには何か素が必要だろう?その素が成長して、俺が
誕生したなら、同じ素であれば俺はまた誕生するはずだ。
うーん、本当言葉に出来ない。何て言えばいいんだ?まあとりあえず、その言葉に
出来ない妙な考えから無ならば俺が存在してるのはおかしいと感じるんだよなあ。
95  不思議な名無しさん :2017年04月03日 00:56 ID:8z9nYJ460*
*93
あんたの言う死後の世界の定義はなによ、魂とやらの定義はなんだ。霊の定義ってなによ
では魂や霊はどこから産れたのさ
ガフの部屋で天使ガブリエルが秘密にしろって指を押し付けてくれたのか?
鶏が先か卵が先か
科学的には卵だわな
単細胞が多細胞に進化することはあっても、多細胞が単細胞へと退化することはない。
では魂とやらはどっから来たのさ
人の記憶ってのは、筋組織にわずかながらのこる。これ常識な。また、親しかった場合、他人は無意識にその人のまねをする
感情ってのは脳が比較をしている、または、ホルモンの影響を受けているってことに気がつけよ
たとえば一目ぼれ、これはPATという脳内麻薬だ、吸収されるのに3年近くかかる。だから、3年目の浮気とかいうだろが。一緒にいることは愛着を産む、これはエンドルフィン
、恐怖や不安はノルアドレナリン、
セロトニン。セロトニンなんて90%が消化管に、8-10%が血小板に、中枢神経系にはわずかに1-2%しか存在しない。精神についても、不安、攻撃性、強迫うつ状態、精神病状態、うつ依存といった症状はセロトニンは関与しているというのに、
生体活動なしに脳にどうやって運ぶのさ。
fMRIをつかえば 人の脳や脊髄の活動に関連した血流動態反応を視覚化が可能なのに、霊云々ってまだ言ってるのか。
96  不思議な名無しさん :2017年04月03日 01:37 ID:odGAyJOr0*
※61

質問です。クオリア問題がなぜこんなに有名か知ってる?
意識は原理的に科学で説明不可能であることを明示したからだよ。
これに反論している学者を聞いたことないよ。あまりに明確すぎて議論にすらならない。
素人でもわかるから次を調べてみて。科学の限界がはっきり記述されているから。

「哲学的な何か、あと科学とか」で検索して →クオリア

「意識の謎を解いてみました」で検索して図も用いて説明しているやつ


※89

二重スリッドの問題は単なる量子分布の説明ではないよ。
観測してないときは干渉縞の量子分布で、観測するとこの干渉縞の分布が消えるからこの観測によってなぜ干渉縞ができたり消えたり変化するか全く説明できないから大問題になっているんだよ。

因果関係とは物理用語で時間的に原因があって結果が生じるという関係性のことを言います。
観測していないとスリッドを電子が通過するとき、2つの穴を通過する電子どうしがまるで波のように干渉して干渉縞になる。しかし、2つの穴を通過して後で、すでに干渉縞ができているはずなのに、スクリーンに映し出す直前に観測したらこの干渉縞が消える。つまり観測行為が時間をさかのぼってスクリーンを通過する時、干渉縞を作ろうとした電子を邪魔したことになる。つまり、つまり、、因果関係が壊れたことになる。この話も有名だよ。

強い力とは原子を構成する陽子、中性子などをくっつける結合力だよ。
弱い力とはベータ崩壊つまり中性子が陽子に変化するときの相互作用をつかさどる力だよ。この宇宙はこの電磁気力、強い力、弱い力、重力の4つの力でできていることが知られている。
97  不思議な名無しさん :2017年04月03日 02:47 ID:8z9nYJ460*
*94
あんたは「今」を生きるために産れたんであって、死後の世界とやらのために生れたのでなはい。
あんたのが見えるのは、映像情報を処理すべく脳の神経細胞が一生懸命活動するから見ている
だけど「あんた」さもどこからの世界から見ているように感じているだろう。 「あんた」の自我そのものは物質世界には実在しない。脳が視覚、聴覚、体の位置、平衡感覚からの信号を統合的に 「あんた」が目の奥に存在するように感じられているはずだ。だが脳の側頭葉と頭頂葉の境界部に障害があると「あんた」の場所が変わる。「俺」がてんかんで発作を起こし、意識を失いかけているのを、俯瞰で見ているように。
過呼吸を起こすと生命の危機を感じる時がある。血中のアドレナリンは上り、白血球の数も上る。脳は常に生きようとする。
幼いころに水頭症で脳の半分を摘出した少女を見たことがある
本来なら体の半分しか動かないはずだが、fMRIを見ると、その半分の脳が切りとった脳の代理を果たしていた。人間が反応するには、0.35秒かかる。人間が霊とか魂からしれいをうけていたら、同じ時間に動くだろう。
98  不思議な名無しさん :2017年04月03日 02:50 ID:8z9nYJ460*
*94
あんたは「今」を生きるために産れたんであって、死後の世界とやらのために生れたのでなはい。
あんたのが見えるのは、映像情報を処理すべく脳の神経細胞が一生懸命活動するから見ている
だけど「あんた」さもどこからの世界から見ているように感じているだろう。 「あんた」の自我そのものは物質世界には実在しない。脳が視覚、聴覚、体の位置、平衡感覚からの信号を統合的に 「あんた」が目の奥に存在するように感じられているはずだ。だが脳の側頭葉と頭頂葉の境界部に障害があると「あんた」の場所が変わる。「俺」がてんかんで発作を起こし、意識を失いかけているのを、俯瞰で見ているように。
過呼吸を起こすと生命の危機を感じる時がある。血中のアドレナリンは上り、白血球の数も上る。脳は常に生きようとする。
幼いころに水頭症で脳の半分を摘出した少女を見たことがある
本来なら体の半分しか動かないはずだが、fMRIを見ると、その半分の脳が切りとった脳の代理を果たしていた。人間が反応するには、0.35秒かかる。人間が霊とか魂からしれいをうけていたら、同じ時間に動くだろう。死後の世界ってのは、死んでいく脳細胞が最後に見せる幻覚だ
今を精一杯生きろ
99  不思議な名無しさん :2017年04月03日 04:07 ID:XAXQBSiD0*
※98
ふむ、まったく納得できない。
君は結局科学大前提だなぁ。さらに俺が「自分」について言った事はそういうことじゃ
ないんだよなぁ。まあ俺自身が説明できない以上、他人に答えを求めても無駄だよな、そりゃ。
ましてやそれが自分の考え方とまるで合わない考え方をする人なら特に。
とりあえず君の考え方は科学が死後も通用する前提の考え方。一つの答えだと思う。
一応、考え方としては王道だと思うわ。未知の話題で断言してる上に押し付けが
なければ良いと思うんだけどなぁ。

あ、俺の考え方は俺が面白いと思う方を信じる考え方ね。断定はしないけど、信じてる。
だから反論材料がたくさんあるんですよ。どちらにもね。まあ否定派に比べ、肯定派は
すげぇ簡単だからだいたいは否定派用だけどね。
100  不思議な名無しさん :2017年04月03日 04:18 ID:SDN80Z9O0*
「脳のいろんな場所に電気刺激を与えて、患者が何を感じるかを調べる実験があったんですが、『角回』と呼ばれている部位を刺激すると『自分自身がベッドの上に寝ているのが見えた』『ベッドから2mくらい上に自分が浮いている感じがした』という反応が出たんです。その角回という領域は、損傷すると夢を見られなくなることでも知られています。逆に言うと、夢を見ているときには、そこが使われている。だからその部位を活性化すると体外離脱体験が起こるということは、幽体離脱が夢で、全部脳の中だけで起こっているということなんです」


結局世界なんて人の脳みその中にしかないってこった、死んだら終わりよ
101  不思議な名無しさん :2017年04月03日 04:22 ID:XAXQBSiD0*
※95
定義なんてないけど?俺はただ死後の世界は誰にも分からない、体験できない未知の世界だから
可能性をたくさん述べてるだけ。で、科学元々言って否定しようとするやつには
死後の世界に科学は通用しないという前提を持って反論する。肯定派には死後の世界に
科学が通用するという前提を持って反論する。ただそれだけ。肯定派はどうがんばっても
ファンタジー的考え方だからその前提について言ってやればたやすく崩壊する。
だから肯定派は思う、信じる程度に収めてるやつが多い気がする。
否定派は前提について言っても屁理屈こいてくるやつが多い。そして、なぜかこちらにも
そういう考え方が前提の押し付けをしてくるから厄介。まあ一般常識だから、それが通用
しないとは考えられないんだと思うがね。

俺の根元の前提はありとあらゆる可能性は有り得る。だから面白いほうを信じて、
考え込む。普通の現実問題については科学を絶対的前提として扱うけど、こういう未知の問題に
ついてはありとあらゆる可能性が有り得るという前提でやる。だから、決まった定義は
ないし、思いついたことはたくさん言う。結果、科学派がどう言ってもだいたいは反論できる
わけよ。で、科学派は科学が前提じゃないから否定できない。だから自分の考えを
押し付けようとする。科学は絶対という考え方をね。感情や意識は脳によって作られている!
魂があってもそれは刻めない!意識なんて存在しない!ってね。
何で信じる、信じないの話で断言と決め付けをしようとするんだか。あげくのはて、
こっちの考え方を否定できなくなるとこっちの考え方を馬鹿にするようなことを言うか、
妥協しようとせず、無理やり押し付けようとしてくるしね。厄介だわ。ほんと。
102  不思議な名無しさん :2017年04月03日 08:14 ID:8z9nYJ460*
*101
定義できないほど曖昧なんか
だったら考えることに意味があるのか
臨死体験を経験した人間全て同ーの経験をていない。注目すべきは「民族の差異」による体験
また、死後の世界があるのが人間だけで、人間だけが特別だと言うのが勝手すぎるだろ。
細菌の世界ににもあってはおかしくないだろ。人間と犬では80%チンパンジ一なら99%のDNAが共通だ
信じる信じないは個人のかってだが、いくら信じても、物理的に今の世に働きかけが出きないのであれば
無いのと同じ。
信者とかいて儲けるとよむって有名だろが。










だったら細菌の世界に死後の世界があってもよかろう

103  不思議な名無しさん :2017年04月03日 09:16 ID:8z9nYJ460*
*101
意識の多くの部分は、外部からの情報、刺激を受けて成り立っている。視覚情報、聴覚や痛覚、嗅覚、自由神経終末器官から得られる感覚。
情報を受けて脳が感知しそれを意識に伝え意識は行動を起こす。
脳は肉体なしに発達するのは不可能。赤ちゃんは周囲の様子を観察し感覚器を通して脳を発達させていく。指を中心として体の動きによって脳の運動を司る分野を発達させていく。
あんたに自我が目ざめたのは、何歳だよ。
精神と肉体を切り離して考える場合も多いが、精神が脳から生じているものだとすれば、脳と肉体は切り離すことができないよな。
死後自由にうごけるなら、あんたの脳はなんのために存在してるのw?
もし魂があるとしたら、人の発生のどの部分で宿るのさ。せいしやらんしの段階ですでに魂を持っているとでも?細胞分裂起こした時か?
生物の定義ってのは自己増殖能力、エネルギー変換能力、恒常性維持能力等があげられる
霊とか魂や死後の世界とか、どうでもいいってブッダだっていってるだろ
104  不思議な名無しさん :2017年04月03日 10:00 ID:6JVjMD9r0*
産まれる前と同じ状態
但し産まれることはない
105  不思議な名無しさん :2017年04月03日 10:12 ID:MoxuhqLA0*
※96
クオリアを理解してない
クオリアは哲学から生まれた概念で物理学を含む科学とは概念のすり合わせすら終わってない、クオリア自体を否定している科学者もいる

二重スリットで因果律に反する結果が出たと言うのは
古典的解釈の間違いを指摘するための表現で、もし原子が常に古典的な粒子か波のどちらか一方として振る舞うならばと言う限定の条件での話
大問題になってないし波動と粒子の2重性の証明になってる

あなたの言ってる事はどちらもオカルト的な曲解ですよ
106  不思議な名無しさん :2017年04月03日 10:29 ID:MoxuhqLA0*
※101
科学で解明されていない事が多いのは当然だし、他の人もそれを前提としてコメントしてるように見えるよ
その上で死後に意識があるのは矛盾すると言っている
押し付けではなく矛盾点を指摘してるだけ

放置すると※96のようにクオリアや二重スリット実験を曲解してオカルト的な疑似科学を信じる奴がいるからね

信じたい物を信じるではカルト宗教と変わらない、矛盾点は認めないと良くないよ
107  不思議な名無しさん :2017年04月03日 10:41 ID:MoxuhqLA0*
科学的に死後の世界があるかは否定出来ない
それは科学の領域ではないから
でも死後に記憶や感情がないのは科学的に推測できる
つまり考えても無駄、釈迦が言う「無記」
現世で考えても役に立たないと言う事
魂があると仮定しても、脳が無くなればオールリセット
魂を仮定する事すら無駄でしかない
108  不思議な名無しさん :2017年04月03日 10:58 ID:SDN80Z9O0*
みんな死んだら誰かの鼻の角栓に意識が乗り移って隣の角栓としりとりし続ける存在になると俺は信じてるけどID:XAXQBSiD0*は俺とまったく同じだね、面白い考えを信じる、科学では否定できない

あ、ID:8z9nYJ460*は俺のこと頭のおかしいって思ってもいいよ
109  不思議な名無しさん :2017年04月03日 12:00 ID:lbGeZF8t0*
自分は死んだら最初に触った人の陰毛に意識が移ると信じてる、交尾などでで陰毛が触れ合うと意識が混ざり合う
陰毛を剃ってる人は魂の触れ合いは出来ない
科学的には可能性は否定できないし
面白いほうを信じるのは自由
※101と同じ考えだよ
110  不思議な名無しさん :2017年04月03日 12:34 ID:3rGeKE7C0*
30歳以上のDTだけは死ぬと意識がJKのサドルに乗り移る
その他の人の意識は新宿駅のトイレの床に統合される
死んだ後の事は誰にもわからないのだから
これを否定する奴は科学信仰に偏ってるし、思想の押し付け
111  不思議な名無しさん :2017年04月03日 13:07 ID:35YcylMi0*
根拠はないけど火星に知的生命体がいると信じてる
科学的には知的生命体がない事は推測でしかなく、完全に火星を探索してないから隠れてる可能性はある
面白い考えを持つのは自由だし
火星に知的生命体がいないと言うのは思想の押し付け
↑これも成り立つね
112  不思議な名無しさん :2017年04月03日 14:43 ID:KTfkSvLh0*
毎晩寝てるだろ
寝てたことが認識できるのは起きたからだぞ
起きなかったらそれが死
113  不思議な名無しさん :2017年04月03日 17:08 ID:9bEkrjvY0*
何か凄い延命措置でも見つからん限り100年も経たず嫌でもその時がくる
人間としてこの空間を観測できる今の時間を楽しんでおけよ
114  不思議な名無しさん :2017年04月03日 17:14 ID:XAXQBSiD0*
※102
俺一言も人間にしか魂は存在しないと言った覚えはないんだが?
それと死後の世界自体が曖昧なのに、そこにしっかりとした定義を持ち込む方が
どうかと思うがねぇ。一応、俺の考え方に定義はなくても考え方一つ一つには定義あるよ?
たとえば魂で言うならば定義は
・どんなものにでも魂はある
・人間のような知的生命体に魂はある
・自然から生まれたもの全てに魂がある
これが根元の考え方の定義の数で
・魂は生きている間、干渉しない
これが生きている間の定義かな?
魂は本物の脳というべきもの。今までの経験や記録、感情などのその他色々なものは
書き込まれ保存されている。という考えもいいかも?

臨死体験ってそれ死んでないじゃん。死んでない以上、全身麻酔で意識を失って
目覚めることと何も変わりないよ。生きてるんだから。
115  不思議な名無しさん :2017年04月03日 17:40 ID:XAXQBSiD0*
※103
精神が魂から生み出されるとは一言も言ってないぞ?
魂に刻み込まれてると言ってるだけで。魂の発生自体は最初から何じゃない?
もとい細胞の時から。
ここからは色々な考えがある。
全てのものに魂があるとするならば、多細胞生物はその細胞が合わさり、一体化した時、
魂も一体化する。その結果、死んだ後も形が維持される。機能も維持される?
または、魂は一体化せず、ただくっついてるだけ。死んだ後はそれぞれ離れるが、
死んだ場合、元の魂に戻ってくる?いやこれだと人間を保つことは無理か。
細胞は魂も分離する?細胞分裂により分かれ(ただし魂の質量は減らないとする)、
切り離された死滅する細胞は魂はくっついたまま?それとも離れて、細胞単騎で
生まれ変わる?
いや一体化した時、魂が一体化(質量は変化しない)して、死んだ後、その一体化した
魂のままだが、細胞のほうもその魂から自分分を取る。つまり、元通り。
で、こうなると生まれ変わる時、細胞の機能、見た目は魂に依存するか、しないか。
そもそも凝縮?された魂は何として生まれ変わるか。人間?それともそのまま、
細胞?うーん、すごくたくさん思いつく。そもそも生まれ変わらず、死後の世界で
ずっと暮らす可能性も有り。うん、そっちのおかげで色々な考えが出来たわ。
どっかにまとめて書くかな?とりあえず感謝する。
116  不思議な名無しさん :2017年04月03日 17:49 ID:XAXQBSiD0*
※106
いやそれ別に矛盾させてる気ないんだけどなぁ。それこそ、魂の機能しだいで
何とでもなるし。その※96は科学を否定するくせに科学によって得た実験を曲解してるしね。
そもそも、長い目で見るならば今の存在しているもので何とかしようとするのは無謀だろ。
現世にある以上、解明される可能性が高いし、何らかの矛盾が生じる。魂とかあるかないか
分からないものを使うとかね。というか、そうじゃないとそもそも話しにならんだろ。
元より科学から外れた滑稽と言えるようなことを言うのだから。こういうのは
本当に解き明かされる可能性がない死後の世界とか未知であるものならばいいけど、
未知じゃないもの、本気で科学的に解明されようとしてるものなら相手にもされんと思うわ。
117  不思議な名無しさん :2017年04月03日 17:52 ID:XAXQBSiD0*
※107
暇つぶしとか楽しみとかで十分役立ってると思うが、まあそうだよね。
結局は死なないと分からないのだから、考えるだけ無駄というやつだ。
何の役にも立たないからな。まあそれでも考えるけど。
118  不思議な名無しさん :2017年04月03日 18:01 ID:XAXQBSiD0*
※108
一応有りえるっちゃ有りえる。どこの世界に話せる鼻の角栓がいるんだと思うが。
むしろ、意識がないか、意識があっても誰とも話せないし、感覚も分からない、
見事に発狂できる状況が出来上がる可能性のほうが高い気がする…。
まあ逆になぜか知らんが、見えて話せて感覚あることも考えられるっちゃ、考えられる。
どちらにせよ地獄だと思うが。
※109
お前の面白いことってすごいな。俺はその状況になっても地獄でしかないと思うからなぁ。
※110
…サドルってつらいと思うで?ただその場合、人間がこんなたくさんいたり、と思ったが
新しく誕生すればいいだけの話か。
119  不思議な名無しさん :2017年04月03日 18:07 ID:XAXQBSiD0*
※111
火星については現在まだ研究されてるし、いつか解明させられそうな気がする。
まあそこまで言っても「宇宙人は次元が違い、観測できない」とか言えるわけだが。
信じる、信じないについては本当に自由だからなぁ。どんな荒幡滑稽なことでも
否定も肯定も出来ない。だから信じる。うん、素晴らしい考えだと思う。
120  不思議な名無しさん :2017年04月03日 20:15 ID:8z9nYJ460*
*116
あんたの脳はゲシュタルト崩壊でもおこしてるのか?自分で自分の矛盾に気がつがないほど愚かなのか?
科学についていない文学ばかなのか?
あんたを中心に世の中まわっちゃいない。
そういうやうほど、世の中が常に変化していることに気がつかず、自分のカラから出ようとしない臆病者なんだわ。自分のカで何もしらべようともしない。考えようともしない。
人の意聞に耳をかさず、自論だけ垂れ流しアーアーいってる公害と同じなんだわ
自分のカで
121  不思議な名無しさん :2017年04月03日 20:28 ID:8z9nYJ460*
*109
ワロタし気味が悪いわ
陰毛が相手求めてうねうねうごきそうだわ。絡んじゃったら、激痛で意識うしなってしまうだろ

122  不思議な名無しさん :2017年04月03日 21:35 ID:8z9nYJ460*
*114
おまえ頭悪すぎわろた。幼稚園児じやねえの
こんな奴が死後の世界が一って主張してるんだよなそりゃ、 いくら議論を交わしたところで平行線だわ相手を納得させるには根拠や理由が必要なわけ、
こういう現象を説明するにも 「俺がそう思うからある!」 って主張するだけじゃ不十分
ジャイアンみたいな奴
その辺の幼稚園児と同じでもお前が言ってるのはそういうこと。あるかもしれない、あるって考えたことはないのかな。自分には感じることが出来ないだけって考えたことはないのかな。仮定を挙げるだけなら誰だってできるわ。
それで論破したつもりになってるなんて、 どんだけお花畑だよ。
123  不思議な名無しさん :2017年04月03日 23:24 ID:odGAyJOr0*
※96
お前頭悪すぎだよ。わろた。あばよ。
124  不思議な名無しさん :2017年04月04日 01:00 ID:lQrxFjDo0*
※120 ※122
あーやっぱこういうタイプか、と一瞬思ったけど、これもしかして別人かな?
俺が相手してたやつは断言してくる決め付け野郎ではあったけど、相手の意見を
こんな感情的な文章で叩いてくるやつではなかったと感じてたが。

まあでも雰囲気は似てるから本人と仮定して書くか。別の人だった場合は本人さんごめん。
125  不思議な名無しさん :2017年04月04日 01:01 ID:lQrxFjDo0*
※120 ※122
まず俺は最初から論破する気はさらさらない。分からない世界であるのに勝手に前提を
作ってそれを真実かのように断言するやつが気に食わないだけだ、的なことを書いてた
気がするんだがねぇ。それにこの話題に世の中を出す意味が分からないな。死んだ後も
世の中の流れに従わないといけないの?世の中に影響を一切与えない話題であっても
世の中の流れに従わないといけないの?個人の考えで前提が定まっていない未知の話題で
あっても世の中の流れに従って合ってるかも分からない前提に従わないといけないの?
それに相手を納得させる元々についてもそうだねぇ。そもそも議論してる気だったのか。
それならなんで「科学を前提にしない」とか最初に呟いてる俺を相手にしたんだかねぇ。
科学絶対主義の君と僕では議論にならないとその時点で分かると思うのだが。

まあ本当にこれが本人なら、思ったよりも残念な人だったわ。
たった一つの話題で人の人格性の批判、言ってもないことを言ったと言う酷い思い込み、
自分が考える前提は絶対だという押し付け、文学なんて言っちゃう差別思想。
後、俺の意見を全体の意見だとして広める虚言癖。俺しっかりと言ったはずなんだけどねぇ。
ある派でもない派でもなく、ただ信じてるだけって。それを勝手に片方の勢力の意見として
言うとはわざとやってるのか読解力が深刻なレベルなのか、思い込みが酷すぎるのかな?
まあどちらにせよコメントから性格が破綻してるように俺には見えるが。
結局俺が言ったタイプの反論できなくなったから相手の意見を口汚く煽るタイプだったわ。
ない派は何でこんなタイプが多いんだろ?まあ一部とは思うがね。
別に言い切らなければその意見もいいですね、と思うだけなんだが、それも理解できない
人だったようだ。
126  不思議な名無しさん :2017年04月04日 04:51 ID:BI4pAoyJ0*
酒や薬で魂まで酔っ払っちゃってアゲアゲになっちゃうんだもんなあ。これらがどこに作用してるか考えたら死後なんて自明のこと。脳の停止が恐ろしいよ
127  不思議な名無しさん :2017年04月04日 07:55 ID:U9P3sC4q0*
魂とかないでしょ、すべての肉体的な感覚がなくなった上で
永遠にさまよい続けるとか地獄以外のなにものでもない。
この世で死んだらそれきり、それで良い。
128  不思議な名無しさん :2017年04月04日 08:20 ID:HCeooKno0*
*125
酒のみゃんで面倒臭いからコピペしただけよ
ただ反論するだけなら、某国の染井吉野と王桜問題と大差はない
未知の科学とか進んだ科学ってのも
変なんだわ。基本、我々の先人達が検証してきた物理学の延長先上にあるもんなんだから
俺に反論したけりゃ持論ももちださず、思ってるからあるなんて幼い反論するなって
129  不思議な名無しさん :2017年04月04日 10:41 ID:SgJiURJ.0*
※125
やりとりを見ると※120は科学絶対主義ではないよ
オカルト好きの人は科学を否定するのに科学絶対主義と言うけど
科学を知ってる人は盲信的ではないし、科学こそ常に疑う態度が重要
脳がないのだから死後に記憶がないと言うのは当然に推定される事で盲信ではない
むしろ魂を持ち出して死後に記憶があると言う方が宗教的
火星の例で言えば科学的には知的生命体が存在する可能性が否定されているのに、火星全域を調査していないから否定できないと言い張るのと一緒
実験で証明されなくても傍証から類推や推定できる事は多い
科学で解明されていない部分に夢を持つのは良いけれど
魂に記憶が転移すると言うのはあなたの個人的な願望でしかない
自分でも「楽しいから信じてるだけ」と言ってるじゃないか
あなたの態度のほうが盲信的で科学を否定している事に気が付かないのか?
130  不思議な名無しさん :2017年04月04日 10:45 ID:SgJiURJ.0*
もう一度書くが意識と言う言葉は定義が曖昧なので記憶に限定して言う
死後に記憶が残ることは無い、記憶域である脳がないから
魂があると仮定しても死ねばオールリセット
考えるだけ無駄、「無記」だよ
131  不思議な名無しさん :2017年04月04日 13:03 ID:HCeooKno0*
*129
125には通じない。
たとえれば荘孑の秋水

井蛙は以て海を語るべからざるは、虚に拘ればなり だから

120は日本の格言
井の中の蛙、大海を知らず、されど水の深さ天の高さを知る なのよ

125には矛盾点を指摘しても、
しらない。わからない。でも、俺があるって思ってるんだからある。

こういう、反抗期未満の考えだから




132  不思議な名無しさん :2017年04月04日 13:06 ID:ShVzjOtX0*
死後の世界があると主張するのは有害だよ
古代インドのバラモン教や現在のヒンドゥー教では差別の合理的な屁理屈になってる
差別的な宗教でなくても地獄に落ちると脅迫して布教をしてる
過去にはあまりに救いがない人が現世を諦めて来世に希望を持てるいい側面もあったけど
現在の日本では有害でしかない
133  不思議な名無しさん :2017年04月04日 13:21 ID:a8nSLcla0*
※125
※108から111は信じる人に対しての皮肉だろ?
皮肉だと理解してコメントしてるようだが
普通の人なら鼻の角栓や陰毛に意識があると主張する人を馬鹿だと思う
あんた何を信じるのも自由だけど、それを一般的に馬鹿扱いされても仕方ない
自分の妄想をごり押ししてるだけだよ
134  不思議な名無しさん :2017年04月04日 16:40 ID:3ojbgzPD0*
死んだ後どうなるかってのは
人生最後の楽しみにとっておく
135  不思議な名無しさん :2017年04月04日 22:46 ID:x5UpjkF20*
まあ誰しもが必ず経験するからな。全く公平に。
136  不思議な名無しさん :2017年04月05日 18:00 ID:T.L3sutF0*
*135
経験できんと思うぞ
意識がないんだからさ
137  不思議な名無しさん :2017年04月05日 20:11 ID:8wiCuboE0*
※135
経験は出来ない
死体が腐るか焼かれてしまえば入力装置がないから外部からの情報はない
それ以前に脳が停止した時点で全ての感覚はない
138  不思議な名無しさん :2017年04月05日 22:59 ID:8wiCuboE0*
君は死後の世界に科学を持ち出すのが違うと言っているが
それが間違い
未知の世界だからこそ科学が必要
量子力学等が良い例で、観測できない世界をその時点で判明してる範囲で科学的な仮説を出し実験や観測をして結果から証明してきている
※116で君が言っている
>魂の機能しだいで何とでもなるし。
これはSFやマンガの話、空想の存在に都合の良い機能を付ければ
何でも可能になる
人間が魂の機能で未来予知もできる事になる
人間が未来を視る可能性は悪魔の証明だから完全には否定できない
だが人間は未来予知できないとはっきりと断言できる
そんな人はいないし、そんな機能は人間にないから
人類の人口は70億人、科学的に未来予知を検証できる先進国に限っても50億人以上、その中に1人も未来予知ができる人間がいない場合はいないと断言しても良い、それが科学

信じるのは自由だけど、科学的に無理な事を信じるのを無知と言う
そして無知は悪に繋がる事が多い、差別やカルト宗教が良い例


139  不思議な名無しさん :2017年04月05日 23:51 ID:c.NXGkNt0*
ただpcがシャットダウンするみたいに動かなくなるだけでは!?人間も電気信号で動いてるだけだし!!
140  不思議な名無しさん :2017年04月06日 02:27 ID:ZnNjI9ex0*
死後の世界があるとして、なぜ科学が通用しないと決め付けてるのが不思議
仮に違う次元であって科学が通用すると考えるほうが自然
事実、架空の次元も科学を元に仮定され計算されてる

何の根拠も無く、何でも有りな世界なら、それはただの妄想や願望でしかない
ひたすら妄想を周囲に撒き散らす人を一般的に基地外と言う

141  不思議な名無しさん :2017年04月07日 02:44 ID:QEaHVMZ00*
未来予知も生存のために必要不可欠だと判断したなら
生物はそれを獲得すると思うよ。
142  不思議な名無しさん :2017年04月07日 11:42 ID:OtU6iRYe0*
※141
進化論を全く理解してないね
進化は生物が必要だと判断して獲得する訳ではない
キリンは長い首が必要だと判断して長い首を獲得してはいない

現時点で70億人の人類がいて誰も未来予知はできない
過去にも科学的に認められた未来予知の事例はない
そして未来予知の根拠や可能性がない
上記から人間は未来予知は出来ないと言い切れる、これが科学の考え方

生物が必要だと判断した能力がなんでも獲得できるなら
瞬間移動も時間を停める能力も獲得していておかしくない、磁力も思うだけで操作できる
これはXメンの話で現実の話ではない
可能性があっても出来ない事は出来ない
現時点で予測できない進化、かつ科学的に不可能だと予測されてる能力を進化で得る事はない
143  不思議な名無しさん :2017年04月07日 12:45 ID:OtU6iRYe0*
※141
まず「可能性を否定出来ない」と「実在する」の間には大きな差があると理解したほうが良い

ゴジラが実在しない証明は出来ない、悪魔の証明だから
ゴジラがいる可能性はある
でもゴジラは現実にはいない
遠い将来でゴジラに似た何かを遺伝子操作で作れる可能性はある、でもゴジラの偽物でしかない
水爆実験で変異した、二足歩行して口から熱線を吐く巨大生物はいない
可能性があっても絶対にいない、これは確実に断言できる
スパイダーマンもガンダムも実在しない
未来予知も瞬間移動もできる人はいない
可能性を否定できなくても、ない事を簡単に推測できる事は多い
144  不思議な名無しさん :2017年04月08日 22:40 ID:IiC0NKOD0*
*142
無理
この宇宙に生れた限ぎり、この宇宙内の物理法則に従うしかないし、使うことができないのは当たり前のこと
145  不思議な名無しさん :2017年04月08日 22:48 ID:IiC0NKOD0*
*144は141へ
だから、我々はテクノロジーを使うのだよ
146  不思議な名無しさん :2017年04月09日 13:02 ID:WVgmCZmn0*
車に轢かれて死にかけたことがある。意識失ってる間は「無」で目が覚めて病院なことに気付いて(あぁ、事故ったんだっけ…?)と何となくわかった。臨死体験なんてなかった。
147  不思議な名無しさん :2017年04月12日 02:33 ID:FIzSQH4c0*
虫の知らせ第六感というのもあるし
進化し続ければ生存に必要な未来予知は
そのうち獲得すると思うよ。
148  不思議な名無しさん :2017年04月12日 22:11 ID:fT7DBRVx0*
予知と予測は違う
予測なら短期も長期も日常的にしてる
予知は予め知る事だから不可能、因果律に反するから
虫の知らせや第六感は当たった時だけ印象が強いから憶えてるだけ
誰かの事を思う事は多い、ほとんどの場合は何も起きずに終わるから何も憶えていない
誰かの事を思って直後に電話がかかってきたり、その後で事故があると印象が強くなって憶えているだけ
149  不思議な名無しさん :2017年04月13日 00:45 ID:s4WfXB9v0*
※146
臨死体験を何も覚えていないというのは正しい、臨死体験を思い出せるのは
臨死体験中も脳が記憶という活動している証拠だから。
150  不思議な名無しさん :2017年04月21日 11:13 ID:FT7DjaBh0*
無とは全てが無限に有る状態である
その事を人は理解しなければならない
でなければ全ての根源に有る無を決して理解し得ないからだ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る