まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

モアイ像を作りすぎて木が亡くなったってのは違うと思う

2017年04月11日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 45 )

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:28:02.64 ID:UIcLCfIg0
モアイ像を作りすぎて木が亡くなったってのは違うやろな

イースター島

モアイを作り、運び、建てる為には大量の木材が必要で、大量伐採によって森が失われ、その結果、肥えた土が海に流出し、土地が痩せ衰え、人口爆発と深刻な食糧不足に陥り、耕作地域や漁場を巡って部族間に武力闘争が生じるようになる。モアイは目に霊力(マナ)が宿ると考えられていたため、相手の部族を攻撃する場合、守り神であるモアイをうつ伏せに倒し、目の部分を粉々に破壊した。その後もこの「モアイ倒し戦争」は50年ほど続き、森林伐採は結果として家屋やカヌーなどのインフラ整備を不可能にし、ヨーロッパ人が到達したときは島民の生活は石器時代と殆ど変わらないものになっていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/イースター島

450px-Moai_Rano_raraku

引用元: 最近イースター島の事をよく考えとるんやけど





2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:29:26.59 ID:ifik0ciba
いくらモアイガイジでも木切り過ぎたらヤバイってわかるやろ

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:29:28.71 ID:JfVw/MKM0
それはあるやろ

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:30:15.46 ID:UIcLCfIg0
>>2
>>3
途中でさすがに気づくやろ



4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:30:14.80 ID:wI2WnX4d0
モアイ像って石じゃん
木と関係ないじゃん

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:30:40.98 ID:ifik0ciba
>>4
運ぶのに丸太つかうやろ

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:30:18.40 ID:bXfd0IB0H
大干ばつかなんかあったらしい

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:31:06.33 ID:YGIL9McLa
ワイが滅ぼした

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:31:08.72 ID:UIcLCfIg0
ワイは沿岸部の木を切り倒してしまってから
長い年月をかけて次々と土が流出したと思っとるんやけどどうやろ?

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:31:52.75 ID:b/s4UTaH0
現代の環境問題が正にそれなんだよなあ

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:33:43.19 ID:UIcLCfIg0
>>12
現代は石油あるから関係ないわ

19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:34:50.50 ID:b/s4UTaH0
>>15
宇宙開発せな人類に未来はないで

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:35:29.44 ID:UIcLCfIg0
>>19
隕石でほろぶってやつか?

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:32:27.32 ID:p47Cq4k9p
あんな島にあれだけ無駄な事やれる余裕があったのが不思議

17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:34:25.08 ID:bXfd0IB0H
>>14
宗教的な意味合いが強いから余裕ない時でも作るぞ

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:35:24.09 ID:ncmA+pkYd
ネズミが船に入り込んだんだぞ
それを放置したら繁殖した

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:36:17.49 ID:UIcLCfIg0
>>20
いやポリネシア人は食料としてネズミを他の島にもっていっとったんや

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:35:44.06 ID:GzmDye/Fa
何がイッチにイースター島のことを考えさせるんや…

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:37:20.88 ID:UIcLCfIg0
>>22
最初ハワイやった
カホオラウェ島というのだけ木があまり生えとらんことに
気が付いてからだんだん島がきになってきたんや

25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:36:54.86 ID:37CsNJzV0
あれワイにそっくりやで

27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:37:22.56 ID:p47Cq4k9p
イースター島の森は無事なんか

31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:38:06.98 ID:UIcLCfIg0
>>27
一応今は小さい森がある
ポリネシア人が入植する前はシェロの大木が生い茂っとったらしい

41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:41:36.97 ID:p47Cq4k9p
>>31
像作り過ぎで森なくなったぽいな

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:42:19.46 ID:UIcLCfIg0
>>41
やからそれが嘘やないかなって思うんや

32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:38:39.20 ID:0LXIgYQOM
アホなことして崩壊した宗教なんかいくらでもあるやろ
常識疑え

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:39:12.93 ID:3wtxIRsR0
気が付いた時には手遅れというどこの世界でもよく見る風景なんやろ?

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:39:39.48 ID:HgP+JgCFd
ポリネシア人てカヌーで太平洋の大海原に旅立ったガイジの末裔やろ
何がやつらをそこまで追い込んだんや

37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:40:02.09 ID:UIcLCfIg0
>>34
漢民族の南下が原因らしい

ポリネシア人

ポリネシア人は、太平洋のポリネシアに住む人々の総称。

ポリネシア人の祖先はオーストロネシア語を話すモンゴロイド系の民族で、元々は華南や台湾にいたのだが、その一部は紀元前2500年頃に南下を開始し、フィリピンを経て紀元前2000年頃にインドネシアのスラウェシ島に到達する。ここからニューギニア島沿岸、メラネシアへと東進する間にパプア先住民やメラネシア先住民と混血し、ポリネシア人の始祖となる。この先住民は5万年前に出アフリカ後にインド経てやってきたオーストラロイドに属す人々で、アボリジニと同祖である。従ってポリネシア人はモンゴロイドにオーストラロイドが混ざった人種である。

原ポリネシア人(ラピタ人)は進路を東に進め、紀元前1100年頃にはフィジー諸島に到達する。現在、ポリネシアと呼ばれる地域への移住は紀元前950年頃からで、サモアやトンガからもラピタ人の土器が出土している。サモアに到達した時点 でラピタ人の東への移住の動きは一旦止まるのだが、その間に現在のポリネシアの文化が成立していったと考えられている。

再び東への移住を開始するのは紀元1世紀頃からで、ポリネシア人たちはエリス諸島やマルキーズ諸島、ソシエテ諸島にまず移住した。その後、ソシエテ諸島を中心に300年頃にイースター島、400年頃にハワイ諸島、1000年頃にクック諸島やニュージーランドに到達した。ポリネシア人の移住の動きはこれ以降は確認されていないのだが、ポリネシア人の主食のひとつであるサツマイモは南米原産であり、西洋人の来航前に既にポリネシア域内では広くサツマイモが栽培されていたため、古代ポリネシア人は南米までの航海を行っていたのではないかと推測されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ポリネシア人

11153

svg

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:39:41.58 ID:UIcLCfIg0
あと現地文明の文字はいっぱいあったんやけど
宣教師が悪魔の文字とかいって燃やしてしまったから
ほとんど残っとらんらしいな

ロンゴロンゴ

ロンゴロンゴは、イースター島で19世紀に発見された、文字あるいは原文字とも見られる記号の体系。現在も解読されていない。ロンゴロンゴが言語を書き表した「文字」であることが証明されれば、人類史上において数少ない、独自に発達した文字体系の一つであることになる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ロンゴロンゴ

ロンゴロンゴ5

38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:40:15.26 ID:560pvAF50
あんなガチ孤島に人類よく辿り着けたな

40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:41:14.42 ID:UIcLCfIg0
>>38
カヌーで移動というから小さいイメージあるけど
双胴式やから結構大きいんや

64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:48:24.03 ID:Zgx/R0pd0
>>38
島のほうが動いたんやぞ

43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:41:54.96 ID:GzmDye/Fa
ほんま、なんであんな像作ったんやろ
誰かの顔似せて作ったにしても、作りすぎやろ
そんなに好きなんかって思てまう

モアイ1

モアイ2

49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:42:53.81 ID:UIcLCfIg0
>>43
ピラミッドみたいなもんやないの?
権力者が権力を維持するために必要な作業やと思う

45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:42:25.95 ID:RXcLCZV60
まだたくさんあるしヘーキヘーキ

まだちょっとあるしヘーキヘーキ

まだワイが死ぬ分までくらいはあるからヘーキヘーキ

46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:42:27.04 ID:J8BbS5N80
そんな都合よく木が無くなるかぁ?

51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:43:25.47 ID:UIcLCfIg0
>>46
ネズミが新芽を食べたから新しいのが生えてこんようになったって説もあるんや
ワイはこっちに近いと思う

52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:43:26.53 ID:kaTGBdJ2p
モアイ像って全部でいくつあるんや?

モアイ

モアイ(Moai)はチリ領イースター島にある人面を模した石造彫刻のこと。島の海に面したアフと呼ばれる高台に、多くの場合海に背を向けて、正確にはかつての住居跡を取り囲むように多数建てられている。大きさは3.5m、重量20トン程度のものが多いが最大級のものは20m、重量は90トンに達する。

島で産出される凝灰岩でできており、建造中に放置されたものも含め約900体ある。現在アフに立っている約30体は、すべて近代以降に復元されたものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/モアイ

53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:43:42.08 ID:pGuJm3MD0
ワイの作ったモアイの方が大きいンゴオオオ 勝ったンゴオオオオ

55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:44:27.74 ID:RXcLCZV60
>>53
ソシャゲのガチャみたいな感覚やったんやろなあ

54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:44:09.65 ID:g4FdAo/UM
今国語の教科書に乗ってるらしいからほんとやろ

56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:44:43.18 ID:UIcLCfIg0
ネズミの天敵がいないのと生えとる植物の種類が少ないのが原因やないの?
潮風に強い木が無いのが原因やと思うわ

59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:46:56.85 ID:Ku1hI85i0
「木が足りない!モアイ神様が怒ってるせいや!もっと木を切ってモアイ様を増やさなあかん!」

こうやぞ

61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:47:28.77 ID:UIcLCfIg0
>>59
それもないと思うわ
逆に木が亡くなっていく不安からモアイ作ったんちゃうかな

66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:48:43.35 ID:CajgdIT20
>>61
切らなきゃええやん

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:48:18.24 ID:DgkzXT9b0
モアイ研究して金貰えるって凄いよな
あんなんどうでもええやろ

65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:48:26.09 ID:czSLFCLDr
完成品のモアイは帽子と目がついてるんやろ?

67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:48:45.27 ID:voHlUhiZ0
人口増加→森林伐採→食料不足→部族抗争
そんで残ったのが草原とモアイ像だけやぞ

70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:49:49.16 ID:UIcLCfIg0
>>67
部族抗争も嘘らしいやんけ
骨を調べたらほとんど武器で殴られた後なかったらしいぞ
しかもちゃんとした武器がない

68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:49:14.40 ID:6z8wV49g0
モアイ像ってお墓なんやで

モアイ

モアイという言葉の語源と意味は諸説あって特定に至っていないが、それら以上の最大の謎は建造目的だった。だが近年の調査で台座から人骨が多数発見されたことで、「モアイは墓碑であった」という説が有力になりつつある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/モアイ

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 13:40:59.71 ID:eGfHEquzd
コナミの陰謀やぞ







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モアイ像を作りすぎて木が亡くなったってのは違うと思う

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年04月11日 20:29 ID:OvNDWWAb0*
それでも俺は切りすぎ説を信じてるよ
2  不思議な名無しさん :2017年04月11日 20:43 ID:pFbErmsT0*
モアイは埋めたのではなく 埋まってしまって 今は頭が見えている 本来はもっと出ていた。
3  不思議な名無しさん :2017年04月11日 20:55 ID:yDroLgSe0*
中国の砂漠化も紀元前から木を切りまくったからなんだよな
4  不思議な名無しさん :2017年04月11日 20:55 ID:TvsniXtV0*
モアイを宗教的な理由で造ってたなら
ヤバくなってきても「神がなんとかしてくれる」と信じてた可能性もあるな。

何か恐ろしい呪い的なものから逃れるためにモアイを造ってたとしたら
造るのを止めるなんて怖くてできなかったかもしれんし。
5  不思議な名無しさん :2017年04月11日 20:57 ID:WpTUjIiw0*
仮説を立てたなら、それを補強するために検証するといいんじゃないか
6  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:08 ID:dSnZUkzq0*
木を伐っても作物は作れるし家は丸太を使い回せばいいから切っちゃえ

木を伐ったら水が貯まらなくなり干ばつ
7  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:19 ID:0LVpY2e80*
今のように略丸裸の島になったのはヨーロッパ人が入って羊の放牧のにしちったためだぞ
イースターの火口からは椰子の花粉が5~6世記ごろの地そうから大量に出てきたってきいてる。
けどモアイが歩いたかしらん
ロンゴロンゴのあやとりが文字じゃわからんよ。とはいえ、島の南西の岩に絵があるけど風化がはけしくて
日本料理がバイテヤアナケや通りに有ったはずだ。今やってるかはしらん。
8  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:22 ID:KWOC4wqT0*
嘘ではないだろ
モアイが要因の1つというだけのこと

そもそも国をあげて環境問題に取り組もうと考え始めたのだってつい最近のことだ
文明が発達すればそれだけ木材が必要になるだろうし、森林伐採も進んでいく
途中で気付くだろとか思うかもしれないが、それは昔の人間を過大評価している
現代の我々からしたら普通は予想がつくだろということでも気づかなかったりする
部落間での戦争ができるほどの余裕があったのだから、イースター島という孤島でどんな結末が訪れるのかは察しが付く
9  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:25 ID:1e..fBOg0*
木を切りすぎて不毛の土地になったってのは他にも例があるからなあ
イギリスとかも確かそうじゃなかったっけ
10  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:27 ID:ls4.yu.90*
中国なんて歴史上 やりまくって土地が痩せたら遷都してるイメージ
11  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:34 ID:ie3pnF8Z0*
食い物もなくなって食人洞窟で人間食ってたんだっけ?
12  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:43 ID:MWkJutzD0*
島は気候的に木の生長が遅く、周囲の島々から孤立している。
無人島に海洋民族がやってきて住み着き、人口増加して発展。
彼らのステイタスシンボルとしてのモアイ像をたくさん作る。
人口増加で島の資源が枯渇してくる。食糧も不足してくる。
気がつけば、大型カヌーを作れるヤシもなくなって脱出も不可能に。
とどめにヨーロッパ人が病気持ち込み労働力としてつれさり、ジエンド。
木はモアイ像作らなくても、煮炊きするだけでなくなっていくよ。
13  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:48 ID:XgCFNbxR0*
小学校の国語の教科書の説明文にはネズミが繁殖したからと書いてあった。
中二の教科書には木を切りすぎたからと書いてある。
ちな木を切った結果表層土壌が雨で流されて森が消滅し、主食のバナナやタロイモが栽培不可になり船を作る木がないので魚も獲れなくなったため文明が崩壊したらしいぞ。ってか人口爆発で人増え過ぎたりして木が切られるのは当然だしモアイを運ぶためだけに切り出されたわけじゃないだろ。
俺はネズミも森林伐採も文明消滅の要因の一つだと思う。
14  不思議な名無しさん :2017年04月11日 21:57 ID:0LVpY2e80*
*11
暗黒史はよく知らん
一回行っただけだから。ロンゴロンゴってあやとりとロ伝を合わせたようなの見せてもらった。
あれは、生活様式ぐらいしか伝わらんでしょ。
15  不思議な名無しさん :2017年04月11日 22:04 ID:mw.CIi0f0*
木が亡くなったってなんや?
16  不思議な名無しさん :2017年04月11日 22:07 ID:r87o8MvT0*
武器がなくても素手で襲撃したんだろ。
17  不思議な名無しさん :2017年04月11日 22:11 ID:XgCFNbxR0*
そういやイースター島はイースターの日に発見されたんだよな。
18  不思議な名無しさん :2017年04月11日 22:17 ID:0LVpY2e80*
多分全部本当にあったと思うよ。
今も低木しかないもん。家に使い、ローブにコロに煮炊きにって使い、部族閤戦争があがって、武器にして
気がついたら、船を作る木もなくなって、かつて天の目とか世界のへソといわれた土地は、マゼランのおかげでヨーロッパ人が入ってきて羊の放牧場
20世記に入って大さわぎされ、日本のコマツが助けて、今は1日に数百人しか入れないコネスコ世界遺産

今年のエイブリールフールのネタにもされた
19  不思議な名無しさん :2017年04月11日 22:25 ID:YRv9TY4N0*
高校の教科書には、ポリネシア人が食料と一緒に持ってきたネズミが現地で繁殖して木の若木か新芽かを食べ尽くして森が育たなくなった、みたいなこと書いてあった気がする。
20  不思議な名無しさん :2017年04月11日 22:33 ID:RfBWHwHO0*
個人的には放牧説かな
牛とか羊とか放牧してると自然に牧草地になるって言われてるしな

少なくとも森林の減少を不可逆的にしたくらいはあると思う
21  不思議な名無しさん :2017年04月11日 22:40 ID:qX2iJl3B0*
モアイが歩いたそうだが、その時のBGMは笑点のテーマか吉本新喜劇のテーマだったのだろう
22  不思議な名無しさん :2017年04月11日 23:25 ID:0LVpY2e80*
*18
コマツでなくてタダノだった。
スマン

ちなみにエイブリールフールネタ

1962年3月29日、オランダのザントフォールト近くの浜辺を歩いていた男が、奇妙なものが砂浜にあるのを発見した。それはまるでイースター島のモアイを小さくしたような像だった。人々は南太平洋からの海流に乗って流されてきたにちがいないと噂して、オランタ、のみならず海外でも記事が紹介された。そして、騒ぎを聞き付けた専門家が現場に急行して鑑定したところ、それが本物のイースター島の遺物に間違いないとの鑑定結果が出たのである。人々は珍しがって浜辺に足を運んだという。
23  不思議な名無しさん :2017年04月11日 23:46 ID:a4t7BY3Q0*
「文明崩壊」という本には木を切りすぎて破滅した島の話が沢山出てくるぞ。
最後は脱出するために船を作る材木もなくなってただ死を待つだけみたいな・・・
24  不思議な名無しさん :2017年04月11日 23:49 ID:SaHml7HM0*
いっちは中2かな?w
25  不思議な名無しさん :2017年04月12日 00:27 ID:XjEOH4SF0*
教科書でイースター島のこと学んだ記憶はないな…時代か単に聞いてなかったのか
それにしても初めてモアイに下半身がある写真を見たときはたまげたわ
26  不思議な名無しさん :2017年04月12日 01:57 ID:BkhLcqSF0*
言っとくけど
モアイ像には近づけないぞ。ほとんど禁止エリアの外から見るしかないから、写真を撮りたいんだったら、倍率いいのがいいぞ。そこらの石にいたずらすんなよ。地中から出てる岩ガ、モアイかもしれん。音、やっちった人がいるからな。
今はガイドが必ず付くからできんけど、
27  不思議な名無しさん :2017年04月12日 06:19 ID:ILFyublw0*
ローマも木材資源の枯渇が衰退の一因になったって聞いたことがある
28  不思議な名無しさん :2017年04月12日 06:38 ID:0JlxhL.o0*
*24
ぶっちゃけ言うと中二の光村図書の国語の本にモアイの話載ってる。
29  不思議な名無しさん :2017年04月12日 06:46 ID:F2mB6U.f0*
カニバがあるくらいには食料危機だった時代もあるし、下手したら毎日がバトル・ロワイアルみたいな生活だったんだろうと考えるとこわい
30  不思議な名無しさん :2017年04月12日 07:25 ID:laC8nYUs0*
実際切る人間と指示をする人間は違うからね。
指示をする人間が正確に状況を認識してる保証はない。
31  不思議な名無しさん :2017年04月12日 08:10 ID:UMS2Nw810*
木とは関係無い話で申し訳ないが、
Googleで「Zenshou no Omoide」で検索してトップに出てくるサイトに面白い話が書かれている。
そこのメニューにある「おもいで1」から「おもいで25」に、前世の記憶がある人が語った話がある。その中にイースター島で暮らした記憶も書かれている。侵略者に従った人と逆らった人との対立があったようだ。イースター島以外の記憶もすごく興味深い。アトランティス、中国、日本の話もある。
ただ、そこのサイト主さんのブログはおすすめしない。小沢一郎や共産党推しの記事とよく分からない健康食品や機械、出所不明のベンジャミン古歩道のような謎情報があるから。

あと、とある霊能力持ちの人の話では、モアイの目は赤く塗られていたそうだ。
32  不思議な名無しさん :2017年04月12日 08:23 ID:IWiqR7ou0*
木を切りすぎて説も普通にあるだろう
自然を大切にして古代から継続してる文化なんて日本くらいで
古代の大国は皆自然も文化も破壊してる道徳感や自然感を持っていない
ヨーロッパなんて自然破壊を推奨して文化だしその支配地域で教育された民族は劣化コピーでしかない訳で現代でさえ下層の国々のモラルや知識レベルみてれば何ら不思議ではない
33  不思議な名無しさん :2017年04月12日 08:58 ID:TLVqvdlA0*
モアイが歩いたという伝承を元に、ロープと人力だけでモアイが歩いているように移動させた学者がいたよな?
34  不思議な名無しさん :2017年04月12日 12:21 ID:JarQnXB60*
砂漠化が進行している現在の地球の縮図ではないだろうか
35  不思議な名無しさん :2017年04月12日 12:37 ID:QQnhewxS0*
※32
日本も十分破壊してるやん。
江戸時代なんかハゲ山だらけやったんやで。
36  不思議な名無しさん :2017年04月12日 13:03 ID:Gaguvp640*
モアイ作るために全部使ったってのは違うよな。それが起因になって…ってのはあると思うが。他の要因が絡まった結果ああなったんだと思うよ。それこそ、1が言うように、土が流れてしまった、とか
37  不思議な名無しさん :2017年04月12日 13:49 ID:vzw0L3fe0*
木で運べるモアイもあるけど明らかに木では運べないサイズのモアイとかあるよね。
38  不思議な名無しさん :2017年04月12日 14:57 ID:KKlJb72z0*
「借金してまでパチに金つぎ込むやつなんて常識的に考えているわけないやん」
こうですね、わかります
39  不思議な名無しさん :2017年04月12日 16:15 ID:1H3C.vcI0*
まぁ森林伐採なんて問題視し始めたのは現代人すらここ数十年の話だしな。
40  不思議な名無しさん :2017年04月12日 20:51 ID:BkhLcqSF0*
*31
赤くぬる必要がないぞ
赤い火山岩でできてるから
白目の珊瑚が不思議なんだ。近くに珊瑚礁がないから
41  不思議な名無しさん :2017年04月12日 22:50 ID:xhD98.vn0*
いろいろな説があるけど何年か一回に災害が起きるってのもあったな。
色んな要因が重なった結果だと思うで
42  不思議な名無しさん :2017年04月13日 04:53 ID:d.IPZrpS0*
戦争が原因で石器時代って、第三次世界大戦後の人類と同じですやん、先輩ですやん。今度は外から高度な文化をもたらす救世主は居ない訳だか。ああ、宇宙人か。
43  不思議な名無しさん :2017年04月13日 17:51 ID:7itcuHPi0*
※32
江戸時代初期に木を伐りすぎて洪水やら山崩れやらが多発している。
で、幕府の命令で過剰伐採を禁止して植林を奨励しとる。

幸いにも日本は降雨量が多い国なんで森林の再生も早かった。
44  不思議な名無しさん :2017年05月14日 13:41 ID:OlAqLe5x0*
世界中で伐採しすぎて禿げ山になったりしている。
途中で気づいて止めない。

貴重な動植物も絶滅の前に、増やして金儲けしようとせず、標本にするため絶滅させている。

日本でも江戸時代に保護しても禿げ山になり、明治にお雇い外国人が京都の山に植林し、土が流れないように土木工事した。

朝鮮も禿げ山で野性動物が江戸時代にあらかた絶滅。後の併合時代に1億本の木を植える運動と寄付を日本がして緑回復。第二次大戦後に森林伐採で北朝鮮の食料問題が起きたけど。
45  不思議な名無しさん :2017年05月14日 15:04 ID:FWGmnE5x0*
丸太、モアイ1体動かすのに何本くらい必要なのか?
1体動かすのに使った丸太は繰り返し使わないのか?
使い終わった丸太の残骸はどこに行ったのか?
イースター島の住民はモアイのようにしゃくれていたのか?

謎は深まるばかり

 
 
上部に戻る

トップページに戻る