不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    41

    臨死体験の研究について語っていく



    2: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)12:52:41 ID:xbH
    臨死体験するには必ずしも死に近づく必要がないと思うんだがどう思う?

    4: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)12:58:32 ID:vvT
    >>2
    実際は危篤ではない場合でも
    本人が死を覚悟したときに起こったケースもあります

    だから、心停止など客観的に危篤状態だった場合のみを
    調べるケースもあります
    後述するサム・パーニアなどがいい例です

    5: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:00:16 ID:xbH
    >>2
    多分死を覚悟しなくても起こるんじゃねーかと思うんだよ
    臨死体験の名称が本質的でないと言う感じ

    7: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:12:15 ID:vvT
    >>5
    客観的に死に近かった人を指す言葉で
    近似死体験(NDE)という言葉もありますね

    体外離脱などは臨死体験の一要素ですが
    臨死体験に特有の現象ではありません
    臨死体験はある程度まとまった体験が複数体験されます

    3: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)12:55:10 ID:vvT
    Q、臨死体験って本当に起こってるの?

    A、
    脳内現象説と実体験説が混在していますが
    臨死体験自体は数多くの事例が報告されている現象です
    臨死体験があるという点では、ほとんどの研究者の意見は一致しているようです

    Q,脳内現象なの?

    A、現時点では確定的な事は分かりません
    研究者の間でも意見が分かれています

    Q,どのくらいの頻度で起こるの?

    A、心停止した人の1~3割程度に起こるとされています
    統計によって数字はまちまちです

    6: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:03:38 ID:vvT
    臨死体験の歴史

    臨死体験という言葉が広まったきっかけは
    レイモンド・ムーディー著「かいまみた死後の世界」が
    ベストセラーになった事と言われている

    だが、それ以前にも同様の現象は記録されていた
    古くはプラトンの「国家」にも記録されているし
    ヒエロニムス・ボスの絵画にも似たような描写がある
    日本では平安時代の文献にも記録がある
    19世紀にはスイスの登山家の間で臨死体験を持ち寄ったケースもある
    このように、現象自体は古代から現代まで確認されている

    現代では心肺蘇生法や脳外科手術が発達したので
    死の淵から生還する人が増えた
    そのため、以前よりも臨死体験を報告する人が増えている

    8: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:15:00 ID:75X
    フラットライナーズぇ・・

    フラットライナーズ [Blu-ray]
    フラットライナーズ [Blu-ray]

    10: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:24:01 ID:vvT
    >>8
    映画でありましたね
    僕は観た事がないんですけど

    9: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:22:41 ID:vvT
    医学的研究を志したマイケル・セイボム

    当初、心臓外科医のセイボムは臨死体験に否定的だった

    教会の会合で臨死体験について実例を集めようという話になり
    「自分の患者にも体験者がいるのかな?」と消極的に参加したのだが
    実際に何人か体験者がいたため、臨死体験に興味を持つようになった

    そして、ムーディーの本を読んだのだけれど
    「事例の聞き取りだけで統計がない」という事に不満を持ち
    臨死体験者を統計的に扱う様になった
    臨死体験者の状態、思想や宗教、体験の深さ等を
    統計的資料として扱えるようにした

    セイボム自体は臨死体験に対して「霊魂説」を取っている
    一冊目の「あの世からの帰還」は面白い研究集だったが
    二冊目の「続・あの世からの帰還」では
    宗教色が強い内容となっており
    好き嫌いが分かれると思う

    11: 名無し 2017/05/05(金)13:26:05 ID:W3x
    走馬灯体験か

    13: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:31:10 ID:vvT
    >>11
    後述しますが
    ライフレビューと呼ばれる臨死体験の一環ですね

    12: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)13:29:38 ID:vvT
    ケネス・リング

    臨死体験者は概ね信心深くなるのだが
    既存の信仰を超えて
    「オメガ・ポイント(世界宗教)」に行きつくと唱えた
    これについてはセイボムと論争になった
    セイボムは「既存の伝統宗教に回帰する」と唱えた
    リングの調査には偏りがあり
    スピリチュアルに元々関心が高かった母集団を調査対象にしている
    という批判もある

    ほかにも、臨死体験の体験レベルの深さを示す
    チェックシートの作成に貢献した

    14: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:33:36 ID:vvT
    臨死体験は人それぞれ体験内容が異なるのですが
    概ね共通した体験がみられます

    全ての臨死体験者が全ての体験をするわけではなく
    部分的に体験する人もいます

    以下ではそれらを紹介しましょう

    15: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:35:09 ID:HgA
    幽体離脱出来る言ったらガチで引く奴おるんやが、あれ夢みたいなもんやでな。

    17: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:39:08 ID:vvT
    >>15
    体外離脱現象については後述しますが
    夢なのか現実なのかは決着がついていません

    16: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:38:21 ID:vvT
    ・トンネル体験
    暗いトンネルを通る体験をします
    トンネルを抜けて後述する光体験をする場合もありますが
    トンネル体験を省略して光体験をする場合もあります

    ・光体験
    眩しい光との出会いを多くの臨死体験者は証言しています
    光体験の内容は様々で
    単に眩しい光の存在との出会いを主張する場合もあれば
    亡くなった肉親の姿をしている場合もあったり
    宗教上の聖人の姿を取る場合もあります
    あまり信心深くない人、無神論者、子供等の場合は
    シンプルな光の塊である事が多いようです

    19: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:41:19 ID:vK2
    肉体が死に近づいた時、脳はどう反応するかって話だよね
    オカルトと混同してる奴もいるけど

    21: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:45:20 ID:vvT
    >>19
    脳内現象なのか現実に起こっている事なのかは
    研究者の間でも賛否が分かれています
    ここではその辺の議論は置いておいて、皆さんの判断にお任せします

    20: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:43:59 ID:vvT
    ・ライフレビュー
    いわゆる走馬灯体験
    今までの人生を振り返って評価します

    ・体外離脱
    体外離脱をして周囲の様子を眺めていたという証言です
    蘇生中・手術中の様子をみていたという証言もあり
    正確な描写をしている場合も多いです

    ・バリア体験
    これ以上進めない地点を体験した臨死体験者は数多くいます
    アジア人だとバリアは川(いわゆる三途の川)である事が多いのですが
    欧米人だと垣根や扉だったりします
    ポリネシア人だと荒れた海
    アラブ人だと燃える砂漠を見たと証言する事が多いようです

    22: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:46:37 ID:vvT
    次に、臨死体験がなぜ起こっているかについて
    諸説紹介します
    色々な説があるのですが、まだ決着はついていません

    23: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:48:30 ID:HgA
    人類に共通するイメージみたいなもんがあるんではないかと

    32: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:08:11 ID:vvT
    >>23
    その可能性はかなりありますね

    24: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:49:28 ID:vvT
    ・酸欠説

    スーザン・ブラックモアが提唱する説
    脳が酸欠になった時に引き起こされると主張
    しかし、実際に臨死体験者の血中酸素濃度を測ったデータでは
    臨死体験者のほうが酸素濃度が高かったというものもあります
    また、酸欠時に起こる幻覚と臨死体験では
    内容に違いがあるという批判もあります

    26: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:51:39 ID:vvT
    ・二酸化炭素濃度の上昇説

    血中の二酸化炭素濃度が高い場合に
    臨死体験が誘発されるという説です
    しかし、この説は臨床医からは否定的な意見も出ています
    血中の二酸化炭素濃度が高い患者は数多くいますが
    彼らのほとんどが臨死体験をしていないからです

    29: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:01:39 ID:vvT
    ・脳内物質説

    脳が機能低下するとグルタミン酸が増加するのですが
    放って置くと脳細胞を破壊してしまう為に
    防御の為にケタミン様の化学物質が働いているという説もあります
    ほかにも、エンドルフィンが放出されて臨死体験が起こるという説もあります
    しかし、臨死体験者の脳内でそのような変化が起こっているという
    観測データは今のところ確認されていない
    また、ケタミンやエンドルフィンが見せる幻覚は
    臨死体験とは異質のものであるという批判もある

    30: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:03:55 ID:vvT
    ・投与された薬物が臨死体験を引き起こしているという説

    術中に投与された薬物が臨死体験をみせているという説
    これについては、臨床医からは否定的な見解が出されている
    なぜなら、薬物が原因であれば、臨死体験者の割合がもっと多くなるだろうからだ

    31: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:07:32 ID:vvT
    ・心理的逃避説

    死に直面した時に心理的な逃避として臨死体験が現れる、という説
    心理的な逃避として臨死体験は現れるという
    しかし、この説では脳内物質の挙動を巧く説明していないし
    臨死体験の共通性については説明がつかない為
    懐疑的にみる研究者もいる

    33: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:11:03 ID:vvT
    ・スピリチュアル説(霊魂説)

    この説を唱える人は
    臨死体験時に起こる多くの現象を説明できると主張する
    しかし、体験者の証言に依るところが多く、
    立証性という観点ではかなり弱い
    また、霊魂の存在自体も観測されていない為
    脳内現象説をとる人の多くからは「非科学的だ」と否定的に捉えらている

    34: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:14:16 ID:vvT
    臨死体験者の多くは
    体験後、人生について前向きになるといわれている
    また、死を怖れなくなる人も多い

    こうした現象について
    脳内物質の観点から臨死体験を見る人の中には
    臨死体験者の脳を調べれば
    うつ病の治療に役立つ薬が作れるかもしれない
    と考えている人もいる

    35: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:23:00 ID:vvT
    次に著名な臨死体験について紹介したいと思います

    36: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:28:31 ID:sGS
    読んでるよ

    38: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:31:34 ID:vvT
    >>36
    ありがとう

    37: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:31:14 ID:vvT
    エベン・アレグザンダー医師のケース

    細菌性髄膜炎で一週間昏睡状態にあった間に
    臨死体験をしたというケース
    脳のほとんど部分(特に大脳新皮質)が冒された状態であったため
    エベン医師は夢を見ることすら出来ない状態であった
    その間に見舞いに来た家族の顔を確認していた
    また、後に知る事になる生き別れとなった妹(故人)と
    臨死体験中に出会っていたという
    この体験を通じてエベン医師は臨死体験を信じるようになり
    死後の世界を垣間見たと確信するようになった
    ニューズウィーク誌で取り上げられた後
    「プルーフ・オブ・ヘヴン」という体験談が出版されて
    全米でベストセラーとなった

    39: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:39:34 ID:vvT
    https://ja.wikipedia.org/wiki/パム・レイノルズの臨死体験

    パム・レイノルズの臨死体験

    現状、もっとも詳細な医学的データが残された臨死体験
    脳から血液を抜き取って
    体温を15℃まで低下させ
    イヤホン(脳幹の反応を調べる為に取り付けられた)と目隠しで
    視覚・聴覚を塞がれた状態で
    体外離脱して手術中の詳細を記憶していたケース
    手術に使われていた道具や手術中の出来事を詳細に記憶していた
    手術に当たったスペッツラー医師も「不思議だ」「正確だ」と認めている
    ウィキペディアに詳細が書かれている

    40: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:39:53 ID:Hl1
    オカルトにいこう

    41: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:41:18 ID:vvT
    >>40
    このスレではオカルト的視点も踏まえて考察しています
    実際、臨死体験研究者の態度も
    オカルト(霊魂説)を認めるか認めないかで、大きく分かれています

    42: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:49:05 ID:Hl1
    そうですかすみませんで

    43: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)17:51:12 ID:vvT
    臨死体験研究者の態度

    脳内現象説を推す研究者(ブラックモア等)は
    霊魂説に否定的だ

    一方、臨死体験者の体験を現実だと捉えている研究者は
    霊魂説に肯定的である(ムーディー、セイボム、ロンメル等)

    色々な説が飛び交う中
    サム・パーニアは多角的に検討している

    44: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)18:05:16 ID:vvT
    http://wired.jp/2013/05/02/consciousness-after-deathall/

    サム・パーニア医師

    パーニア医師は臨死体験を多角的に研究している
    血中酸素濃度や化学物質について調べるほか
    天井付近にボードを置く事で
    体外離脱が現実の現象なのかどうかも調べようとしている
    パーニア医師が体外離脱現象を調べる理由は
    >>16 >>20で紹介した臨死体験にありがちな現象の中で
    体外離脱は唯一客観的に調査できるからだ
    現在では、図柄がランダムに表示されるモニターを天井付近に設置しており
    体外離脱をしていたとする時間も調査できるように工夫している
    体外離脱の報告が何件あろうと、図柄が当てられなければ
    それは幻覚に過ぎない可能性が高い
    逆に、図柄の内容を当てる事が出来れば、体外離脱が現実に起こっている可能性が高くなる

    また、パーニア医師は臨死体験者を「心停止した直後にヒアリングを行う」という
    「前向き研究」を実施している
    今までの臨死体験者の調査では、臨死体験をしたと証言する人を調べる
    「後ろ向き研究」なので
    本当に心停止中に起こっていたのかどうかが、分からなかったからだ

    46: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)18:10:09 ID:KT4
    体外離脱は幻想だと思うよ
    離人症で体外離脱経験あるけど、物の配置とか実態に即していないことが多い

    47: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)18:12:36 ID:vvT
    >>46
    離人症の体外離脱の場合は
    幻想だってすぐ分かるのですか
    僕も夢では体外離脱をした事がありますが
    物の配置が現実とは異なっていました
    なので、自分の場合は夢だとすぐに判断できましたね

    45: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)18:09:29 ID:vvT
    臨死体験がどういう現象なのかどうか?
    脳内現象説に限ってみても謎が多いし
    それ以外も含めると更に謎が多い

    そうした謎を解明するために
    様々な研究者が様々な研究を行っている

    皆さんがどの説を取るかは、皆さんの判断にお任せします
    ここでは、ざっと臨死体験とその研究について紹介してきました
    付き合って下さった方々、ありがとう







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2017年05月06日 13:44 ID:9sayrt.40*
    個人的には記憶や経験は脳内だけでなく、体中の細胞ひとつひとつが保持しているのではないかと思っているので、臨死体験で見るビジョンは体中の細胞が創生しているんじゃないかなぁと思う。
    また臨死中に病室のような空間を認識出るのは、ロジャー・ペンローズ&スチュワート・ハメロフの量子脳理論のように、大気中に漂う素粒子なんかに同調してそういった体験が出来るのかも。
    量子論の謎がさらに解明されていったり、量子力学と相対性理論を包括するような画期的な理論が今後発表されるなら、臨死体験の謎もだんだん解明されていくのかもしれないけど、完全な肉体的な死 (火葬や土葬後の状態) を迎えた後にも、臨死体験中のビジョンがそのまま続いていくのか、それともだんだんフェードアウトして漆黒の闇になって個の視点での世界は終わるのか、真相はずっと闇のままなのかなぁ。
    あと、七割以上の人が臨死体験しないというのも気になるね。
    2  不思議な名無しさん :2017年05月06日 13:47 ID:daWJ5jRD0*
    「夢」と区分けがつけれらないんだよなあ 詮無いけど
    3  不思議な名無しさん :2017年05月06日 14:09 ID:Ja7P4p7m0*
    まあ夢だよね
    起きたかどうかだけ
    4  不思議な名無しさん :2017年05月06日 14:28 ID:JowigLXp0*
    寝坊した夢を見てやべえ!って目を覚ますのと一緒。臨死体験だと思ってるから臨死体験と感じてるだけ
    5  不思議な名無しさん :2017年05月06日 15:00 ID:NhlN.QvV0*
    夢なら起きた後に夢ってわかるけど、臨死体験の感覚は架空の記憶とは別物っていう話じゃん

    こればかりは体験した本人しかわからんけど
    6  不思議な名無しさん :2017年05月06日 15:35 ID:fm6hCHB50*
    若干、話がずれるけど。
    密教の荒行と云われるものは、肉体を限界まで疲弊させる事で変性意識に持って行き、其の中で自分と世界の関わり合いを感じ取るコトなんだそうな。
    特に阿闍梨に成る為の修行なんかは、最後の一週間は正に半死半生、臨死体験と変性意識の繰り返しみたいらしい。
    そんな中で感じ取った世界の基本構造を、仏教的センスで絵にしたのが曼荼羅で、M理論に於ける世界は複数のフラクタル構造の重なりで出来てる。という基本コプセントと妙に合致しるのよね。何でだべね?
    7  不思議な名無しさん :2017年05月06日 15:37 ID:2E71HuVo0*
    臨死体験は知らなかったことを体験していたりするから夢では説明がつかないんだよ
    スレで紹介されている医師が臨死体験中に知らない女性と会った、あとで調べてみたら一度も会ったことがない生き別れの妹だったって話がある
    この医師は元は臨死体験は夢だと主張している人だったんだよね
    自分が体験してコロッと宗旨替えしてる
    8  不思議な名無しさん :2017年05月06日 15:57 ID:LnkC6QLM0*
    ジル・ボルトテイラーの奇跡の脳について一言も触れられないんだが?
    9  不思議な名無しさん :2017年05月06日 16:06 ID:LnkC6QLM0*
    ハーバード大学で脳神経科学の専門家として活躍していたジルが脳卒中に襲われ、一命は取りとめたが脳の機能の損傷、言語中枢や運動感覚にも影響が出る。電話をかけるまでの4時間とその後のリハビリについて書いたもんだが。読んでないのか?
    10  不思議な名無しさん :2017年05月06日 17:12 ID:LG5puovE0*
    事故・病気ではなく自殺未遂だと臨死体験は起きないと中村うさぎが発言してた
    やはり脳内現象だろうか
    11  不思議な名無しさん :2017年05月06日 18:10 ID:YVFLV3F70*
    必ずトンネルと光の人なんだよな
    こういうの体験した人は神を信じてしまうよね
    12  不思議な名無しさん :2017年05月06日 18:56 ID:5s4qd5uG0*
    この研究は30年ぐらい前から1ミリも進歩も深化もしてないね
    そういうものなんだろう
    13  不思議な名無しさん :2017年05月06日 19:06 ID:LnkC6QLM0*
    ※11
    脳に障害があり臨死するのとの心臓死では見るものが見るものが違うという事実もおもしろいがな
    14  不思議な名無しさん :2017年05月06日 21:26 ID:Qb11ERGU0*
    PCで言えば電源がヘタってSSDやCPUにも影響が出てる状態だから
    当然バグもおきるし、モニターやスピーカーに異常は現れる
    幻覚はおきて当然だし、記憶も混乱して当たり前
    似てる例が報告されるのも当たり前
    コメントで言われてるように夢と区別がつかないし
    人間の脳は幻覚と現実の区別がつかない
    15  不思議な名無しさん :2017年05月06日 21:27 ID:TT1O6XRM0*
    立花隆の本を読み返したくなったわ
    16  不思議な名無しさん :2017年05月06日 22:47 ID:LnkC6QLM0*
    トンネル、川の流れや草原・光あふれた場所と人
    なんだかな
    爬虫類、哺乳類、人間と脳の構造に似てんだよなぁ
    17  不思議な名無しさん :2017年05月06日 23:52 ID:B62lm8xa0*
    臨死体験者の見てきた所はあくまでもあの世の入口。その奥が本当の行き先。天国に行って戻って来た人は誰も居ない。
    死後は裁きが行われてほとんどの人は地獄に堕ちている。実際地獄に行った臨死者もいる。
    天国はお城など町があるので天国には誰一人行っていないことが分かる。
    あの世の入口、黄泉?は花畑だそうだ。
    18  不思議な名無しさん :2017年05月06日 23:57 ID:B62lm8xa0*
    因みに天国へ行く条件は善行などではなく、イエスキリストに対する信仰だけだそうだ。
    俺はクリスチャンじゃないしキリスト教なんか信じてなかったが、ある日神託を受けてこの事を教えて貰った。神託を与えたのはぺテロとかいうオッサンだった。後で調べたらイエスの弟子みたいだったから驚いた。
    19  不思議な名無しさん :2017年05月07日 00:03 ID:IPtEtiho0*
    ぺテロが言うには、日本人はほぼ全員地獄行ってるみたいでした。なにやら神道の神(サタン)が呪いを掛けてるみたい。
    だから真実が分からない様になっている。人間は本来、全く呪われていなければキリスト教を信じるように神はつくったみたい。
    こうして、神は、呪われた民と清らかな民を分ける事ができる。
    20  不思議な名無しさん :2017年05月07日 00:20 ID:IPtEtiho0*
    あと、輪廻転生は無いです。これを信じてる事がサタンの呪いなのです。

    だいたい少し考えれば輪廻転生なんておかしくて信じる事なんて出来ないはずです。
    何度も繰返してなにが目的?魂の成長だ笑?じゃあ何故記憶を消す?最後は神になるとか言い出すしw

    人間は努力なしに神の力で成長させてもらえます。しかし人間は永遠に人間で、動物は永遠に動物であり天使は永遠に天使です。
    神がそう作りました。
    21  不思議な名無しさん :2017年05月07日 00:52 ID:IixRxvgq0*
    ※14が正解だろうね

    まあ誤作動や錯覚の類
    だからあの世や霊、臨死体験は無いと思う
    死んだら(無)になる
    22  不思議な名無しさん :2017年05月07日 01:15 ID:hZ1LlbeA0*
    たちの悪いのが出ちゃったな

    >天国はお城なと、町があるので天国には誰一人行っていないことが分かる。世の入口、黄泉?は花畑だ

    行ってないのに何故分かる。
    ペテロの神託?キリスト教徒なら預言というべきだな。
    本来ぺテロではなくペトルと呼ぶべきだろうし、ペトロはあくまでもあだ名だぞ。もし自ら名乗るならバルヨナと名乗るはずなんなんだがね。パウロと名乗ったら、宗派がちがうと突っ込んみいれな。
    悪いな俺はカトリック系にかよわされて、検査技師になり、臨死も経験してんだわ。
    押し売りはやめてくれるかね
    それとあんたの会うパウロとやらに伝えてくれ。
    お前のおかげで聖書に矛盾が出るんだぜと。はなせるならわかるはずだな
    23  不思議な名無しさん :2017年05月07日 03:14 ID:0RGiLsUU0*
    若い頃、疲れてると頻繁に金縛りにあって
    目を開けてつもりたけど、あとから考えると家具の配置とか微妙に違うんだよね
    多分人生で30回は金縛りになったけど、残念ながらフトンで横になってる時しかなってないから夢か脳は起きてるけど体は寝てるミスマッチだと確信してる
    24  不思議な名無しさん :2017年05月07日 09:50 ID:hZ1LlbeA0*
    ※20
    さらにまちがってるのは
    仏教
    前世→現世→来世の世界観
    キリスト教
    現世→来世→来来世の世界観

    もっと突っ込めば、バルヨナが生きていた時代の初期のキリスト教では輪廻転生が信じられており、聖書にも書かれており、西暦五五三年にコンスタンチノーブル宗教会議で、輪廻転生が否定され聖書から削除されたのだよ。
    矛盾だな説明できまい。
    一度病院にいった方がいいぞ。
    25  不思議な名無しさん :2017年05月07日 10:54 ID:Aa1eM2uK0*
    ※22 ※24
    ナイスだ
    26  不思議な名無しさん :2017年05月07日 12:39 ID:4nkz89CL0*
    ※21
    臨死体験はあるぞ
    世界中で何千例も報告されてる

    それが脳の誤作動なのか
    本当に起こってる事なのかどうかは
    まだ分からないが

    幻覚では説明つかない事象も報告されている
    (体外離脱して正確に状況描写した等)
    27  不思議な名無しさん :2017年05月07日 12:40 ID:4nkz89CL0*
    ※14
    幻覚では説明がつかない事態も確認されているんだよ
    28  不思議な名無しさん :2017年05月07日 17:13 ID:oQvH28Bu0*
    幻覚や夢では説明出来ない事例も多い
    29  不思議な名無しさん :2017年05月07日 17:15 ID:oQvH28Bu0*
    錯覚だとしたら
    パムレイノルズの事例なんか説明つかない
    30  不思議な名無しさん :2017年05月07日 17:46 ID:oQvH28Bu0*
    臨死体験は死後体験ではないからね
    死後の世界を語る奴も
    死後は無っていう奴も
    俺は信用しない
    死んだことないのに死後の世界なんて分かるわけないだろ
    そういうわけで自分は不可知論者だな
    31  不思議な名無しさん :2017年05月07日 18:21 ID:hZ1LlbeA0*
    バム・レイノルズをかたるなら、彼必のマィケルセムポムの研究を当然読んで全て否定で亘るんだろうなぁ
    32  不思議な名無しさん :2017年05月07日 19:39 ID:HDKjg.6n0*
    私も臨死体験したけど、神道なのに天使が迎えにきた…
    33  不思議な名無しさん :2017年05月07日 19:40 ID:hZ1LlbeA0*
    臨死体験ってのは死のふちから生還したたもののやく1割、それも芸術とか音楽とかアイデアや感性を使う職業つまり右脳側をよくつかう人間が多いのはなぜよ。
    俺が臨死した時は、まずすぐにナースに「今Alertか」ГALSからの時間は?」「ねむい」と言った記憶はあるが、その間の記憶ないぞ。本当にあるなら見たいと思ってたし、チャンスだったのにな。
    やっぱないんじゃない?
    34  不思議な名無しさん :2017年05月07日 21:24 ID:DHNIIhx10*
    いろんな説があって定まってないものを、無理に説明をこじつける必要なくね?

    臨死体験という現象が報告されている。それだけでいいじゃん。
    35  不思議な名無しさん :2017年05月07日 23:14 ID:hZ1LlbeA0*
    ※34
    普通はな
    各学問のさかいめが無くなってきてる。正確に表現しようとすればするほどにな、それは、脳も同じなんだわ。エラーばっかりで書けねえょ
    36  不思議な名無しさん :2017年05月08日 00:21 ID:h0nfL..n0*
    医学はもう切った貼ったの時代じゃない。高度な技術と道具を活用する。生物学、医学生物学やバイオテクノロジー、理論的な面でも実用的な面でも用いられるのは数学。
    タンパク質の相互作用などはより厳密な数学の計算。なにを意味してるか解る?
    37  不思議な名無しさん :2017年05月08日 11:00 ID:h0nfL..n0*
    例えば、体はすべて細胞。皮膚や骨も腸も心臓も細胞の集まり。脳も例外じゃない。脳の細胞は神経細胞 とグリア細胞の2種わけられ、大脳では神経細胞は大脳皮質に集中していて、その数は約140憶個。小脳には約1000億個の神経細胞があり、それ以外の場所にある神経細胞も含めると、全部で1千数百億個。グリア胞細の数はその5倍。ものを覚えたり、考えたりする時に主役ど.なって働くのは神経細胞で、グリア細胞は神経細胞に栄養を送るなど補助的な役割。脳の細胞は、他の細胞とは形も性質も異なる特別な細胞。神経細胞は1個では記憶することも、考えることもできないが、隣の神経細胞や、遠く離れた神経細胞と密に連絡を取り合うことによってネットワークを形成し、物事を記憶でき、考えたりするわけよ。1個の神経細胞には、シプナスが100~10万個、平均すると約1万個のシプナスがネуットワークを構成してる。神経細胞は大脳皮質だけで約140憶個ある
    38  不思議な名無しさん :2017年05月08日 12:26 ID:h0nfL..n0*
    脳幹だって延髄、橋、中脳、間脳とわかれるし大脳だって大脳新皮質、旧皮質、古皮質にわけられる。その旧皮質、古皮質に大脳辺緑系に扁桃体や海馬がある。記憶を統合してるのは前頭連合野。しかし、筋膜は記憶することがてきる。一般的には考えにくいが、脳だけでなく、身体にも、過去の記憶や感情が出来ることが時事。身体の中でも、とりわけ筋膜(結合組織) とこの「身体記憶」には深い関係があることがわかっている。恐怖・不安・怒りなどのネガティブな感情は筋膜の癒着=コリ・ハリという形を取って、身体にとどまる (=身体記憶)ことが多い。
    その感情が精神的なノイズとして脳に影響を与えたりする。特に鬱がそうである。
    パム・レイノルズの特殊な臨死体験を持ち出すのであれば、身体記憶の特殊な一例として考えられる可能性もある
    39  不思議な名無しさん :2017年05月08日 18:47 ID:VJFEBhKL0*
    ※34
    なんで起きるのかは知りたいわけよ
    原因がわかればそれを利用した何かができるかもしれないしな

    臨死体験の内容にある程度の類似性があるってことは
    人間の脳の構造的に死の間際にそういう幻覚を見せる動きをするってことなんだろう
    ただその体験がクスリの幻覚とも酸欠状態とも違うということであれば
    まだ未知の脳内の物質的な状態があるんだろ

    死にそうな人の脳の状態のデータを大量に集めれば
    何かわかるかもしれないが
    データ取るのが難しそうだな
    40  不思議な名無しさん :2017年05月24日 05:58 ID:xcq68WAK0*
    ※7の生き別れの妹の時点で記憶にあるじゃん
    覚えてるか覚えてないかってだけ
    41  不思議な名無しさん :2017年05月24日 06:01 ID:xcq68WAK0*
    幻覚とは違うけど説明はつくだろ身体に記憶残ってれば

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!