まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

やっぱ人生には科学じゃ割り切れない神秘性が必要だよな

2017年05月07日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 34 )

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)19:45:36 ID:sAK
神とか魂みたいな怪しいあやふやなものが生きる上で精神的に大事だと思う

引用元: やっぱ人生には科学じゃ割り切れない神秘性が必要だよな





2: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)19:48:58 ID:vvT
たとえばどんな?

3: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)19:55:39 ID:sAK
>>2
例えばなんか悪いことした時に罪悪感って感じないか?
得とか損とかと別に何かあるような気がする
そういうのって大事よねというはなし

5: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)19:56:41 ID:xbH
せやなというか科学側もあまり割り切ろうとしていない



6: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)19:58:35 ID:wMr
神社の水は冷たくておいしいよな
神聖な味がする

8: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:02:40 ID:sAK
>>6
そう、そういうの
100万するブランド物のバック(原価率5%)がよく売れてるとかいうのも広い意味で神秘性だと言える

合理性が全然ないように見えるが人間の経済活動においては重要

11: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:04:33 ID:xbH
>>8
ブランド物のバックは原価こそ低いが
魔術的な儀式に結構金かかっているからな
と言うことにしよう

7: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:00:04 ID:iez
まあ何となくわかる
白黒つかないグレーの部分も「遊び」として多少は残しておかんと、人生にしろ社会にしろ行き詰まると思う
一分の隙もなく整然と組み上げられたものは脆い

9: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:02:44 ID:xbH
>>7
今の技術ではあまりにも多くのものを切り捨てないと
整然と組み上げられないしな

16: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:08:38 ID:sAK
>>7
人間の価値観ってのがそもそも人間の感情に基づく
感情はあやふやで神秘性の塊みたいなもの

原価だって原材料の売り手が生産のしんどさとかを考慮して感情で決めてるわけで
実際確かな価値なんてどこにもないと言える

”一部の隙も無く整然と積み上げられたもの”ってのはそれ自体が幻想の可能性高い

17: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:10:43 ID:ram
>>16
色不異空空不異色色即是空空即是色
いまさらすぎる
『色即是空 空即是色』について考えてみようぜ
http://world-fusigi.net/archives/8529889.html

20: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:15:17 ID:sAK
>>17
仏教では確かな価値などないのでこだわるなと説くが
僕は逆だ
なにか割り切れないものを捨てるんじゃなくて大事にした方がいいんじゃないかと思う

12: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:04:49 ID:GkB
宗教とは違うけど、「わからない」とかあやふやなのが必要なのはわかる
てか、生きていく中で割り切れるときなんて少ない

13: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:06:36 ID:3yi
結局は、自分では認知できない壮大な何かに精神的にすがりたいってことだろ?
宗教じゃん
てか、童貞の俺が17センチ砲を神に与えられたのはスピリチュアルな何かか?
それとも神からの試練か

18: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:12:47 ID:sAK
>>13
宗教が大事といいたいわけじゃないが
割り切れない気持ちを持ってることは大事だと思う

君だと17cm砲を陰でひっそり誇りに思うことが君にとって精神的に重要かもしれない と僕は思う

19: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:14:32 ID:3yi
>>18
いや、虚しいよ

21: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:15:39 ID:xbH
>>18
何か砲に関してはお前が理詰めて追撃していないか?

15: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:07:36 ID:xbH
科学は科学自体を割り切れていない気がしないでもない

22: グロメン中卒ニート◆NRhYlM5O3k 2017/05/05(金)20:16:50 ID:wJo
俺グロメン中卒ニートだけど、確かに俺がグロメン中卒ニートにしかなれない理由は科学じゃ説明できないよな。

26: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:23:51 ID:sAK
>>22
例えば君が自分はグロ面中卒ニートだから自分に価値などないし、何をやっても無駄だと思い込むとしよう
無根拠だし非科学的な思い込みで神秘性の一種だと思う
自分をいじめるように神秘性が働いている

逆に自分は価値があり、今はまだそれが発揮できていないだけだ
これを認めれないのは社会がおかしいと思いこむとしよう
これも神秘性だと思う

27: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:25:22 ID:3yi
>>26
それら全て人間の心理という自然科学で説明つけられないこともない
と言っても今の学問で細かいプロセスまで解明されてるわけではないが

23: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:19:26 ID:3yi
まあ、神を魂を未知のままでなく、自然科学で説明つけようとする人間の健気さも支持されるべきだわ

28: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:29:31 ID:sAK
>>23
説明・解明してどうするという話
突き詰めると知的好奇心とかになる、要するに何かしらんけど解明したい!って気持ちになる
これも神秘性に基づくものだと思う

29: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:32:27 ID:3yi
>>28
"何か知らんけど"は人間の心理
人間の心理は脳や中枢神経の活動
脳や中枢神経はとどのつまりタンパク質
結局、自然科学じゃんってのはだめか?

32: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:37:57 ID:sAK
>>29
おっしゃる通り
そこで「ただの化学反応やん!」と思わずにもっと大事な何か意味のあるものだと考えるのが重要なのでは?
というのが僕の主張

33: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:40:18 ID:xbH
>>32
科学の本もただの化学反応ですますな
みたいなこと書いてある気はする

34: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:45:52 ID:3yi
>>32
さすがにそれは妄想の域だよ
科学で説明つかないような超常現象の背後に"神秘性"を求めるならともかく
科学で完結したものに"神秘性"を見出すのは妄想だ
メンヘラもいいとこ

24: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:19:49 ID:Bhk
足りないのは科学でも神秘性でもなく
日常生活を不自由無く送れる程度の知能

35: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:51:08 ID:xbH
ただの化学反応やん!ってなってもなんでそんなものから意識が生まれるんやって話になるし
そもそも化学反応って何やねんって方向にも行けるしなあ
神秘がないとは思えん

36: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:52:48 ID:3yi
>>35
クオリアってやつか
おれは唯物論者だから

37: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)20:54:07 ID:xbH
>>36
クオリアは関係ないしそんな括りはどうでもいいと思っているわ

39: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)21:01:33 ID:3yi
>>37
関係あるよ
意識と物質としての脳の状態との繋がりは未だ不確定
それにつけ込んだ意識と物質を切り離して考える意識の概念がクオリア
確かに真に論理的に考えれば意識と脳の物質としての状態の因果関係の無さは真っ当だが、
科学ではそんなこと考えてる余地がないからな
ないものして扱う
そういう点で俺は>>1のいう神秘性は全面否定だね

38: 小説王になる男◆U1DkX9eoRc 2017/05/05(金)20:55:04 ID:W6X
しかし神秘そのものは人間の造ったものだからね
人間目線による人間のための真理

案外猫や犬、その他野性動物、それこそ魚や虫の心や思考を言語化できたなら、あらたなる学問の改築にも繋がりそうだ

46: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)21:23:27 ID:3yi
理解してないよ
理解してないからといってそこに神秘性を見出すの違うって言ってるわけだ
厳密に理解してないけどこういうものであるっていう事実があるからね
神秘性が入り込む隙はない

56: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)21:36:20 ID:xbH
まあ俺は理解できないことに神秘を感じるのではなくて
理解できないことそのものを神秘と呼んでいる的な

57: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)21:40:09 ID:7IP
神秘性とはちょっと違うが、どこかの数学者が
「美という感覚がないと、人間の頭はどこまでも
際限なく考えなきゃいけなくなるので、それは困る」
みたいに言っていたのを思い出した

58: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)21:43:54 ID:xbH
>>57
限界まで分解して考えると疑いだけのこって何も残らないので
キリのいいところで止まってその段階で分かることまとめないと
ぶっちゃけ経済生活を行えなくなるという意味では分かる
だけどうるせえ困るとか知ったことか限界までやるぞという方法を結局は取らないといけないのではないか
と思うこともある

59: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)21:55:12 ID:7IP
57:その数学者の名前も忘れてしまったけど
「よい数学の定理をみて美を感じるのは、なぜか」という
質問への答えで、
定理というのは美的感覚に導かれてたどりつくもの、
ということも言っていた。
一旦思考停止にたどりつきたいからこそ、新しい発見がある
ともとれると思った

60: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)21:59:29 ID:xbH
>>59
確かにある意味での思考停止は必要だな全てのものを本気で考えたら
多分死ぬしなただ単純な思考停止とは区別したいし
出来れば別の言葉使いたいけどそういう勘は今のところ働いていない

63: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)22:09:29 ID:ava
十分科学も神秘的だと思うけどなぁ

64: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)22:11:01 ID:7IP
合理主義的神秘主義者っていると思うんだ

67: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)22:12:29 ID:xbH
多分俺は神秘の意味を特に深く考えていない
適当的神秘主義者だ







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やっぱ人生には科学じゃ割り切れない神秘性が必要だよな

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年05月07日 20:05 ID:86UVUIp40*
どストライク
でも今はまだ人それぞれだよね
2  不思議な名無しさん :2017年05月07日 20:26 ID:o7N090ED0*
例えば 物事の捉え方、考え方を徹底的な物質至上主義に基づいてみる。

その上で、計算上どうしても出て来るアマリの部分をノイズ取るか?未だ解明できぬ、理り(コトワリ)が在る証拠と捉えるか?

所謂、神を真理と仮定するなら、神秘性とは、未だ秘められた理りを感じ取り浪漫を見出す事では駄目なのかしら?
3  不思議な名無しさん :2017年05月07日 20:36 ID:mNLjQ8Uc0*
科学は常に神秘に挑戦してるよ
4  不思議な名無しさん :2017年05月07日 21:37 ID:0IoH.G4w0*
あやふやな物でいいのに俺の神様はどうだこうだと勝手に頭の中で作り上げて、他の神様を信じる人間と戦争までおっぱじめる宗教はクソだって事?
5  不思議な名無しさん :2017年05月07日 22:24 ID:hZ1LlbeA0*
神仏尊い敬まえ。但し神仏に頼るな。現実を生きているのは神仏ではなくお前らだ。苦しい時の神頼み?笑わせな。頼んでなんとかなるなら坊さんも神主も大金持ちだ。
6  不思議な名無しさん :2017年05月07日 22:41 ID:3uq5ilIv0*
割り切れないじゃなくていまん所科学じゃ証明できてないってだけですしおすし
いつかわかるときまでのお楽しみよ
7  隕石一撃 :2017年05月07日 22:43 ID:o7N090ED0*
上の*6サンに頗る同意。

大分以前、四ツ葉なんてトコロでもコメった事ですが、いい加減に人類は宗教から卒業せなあかん。脱却では無いアクマで卒業ね。

其の上で、現段階では論理的には説明出来ない事象を、自然からの恩寵として敬意を持って接していけるか?が宿題なんじゃないかしら?
8  不思議な名無しさん :2017年05月07日 22:52 ID:I6TqDjqU0*
拠り所が神様になってるよね
9  今すぐ安楽死で死にたい :2017年05月07日 23:04 ID:GHI0EKXA0*
死後の理想と言う神秘をイメージして信じる事はこの世が提示した課題だと思うし
現実至上主義を貫いたら死後に待ち受けてるのは流転か消滅だと思う
10  不思議な名無しさん :2017年05月07日 23:24 ID:tyXbJumd0*
神秘性を上手く利用して金と地位を手に入れたのが宗教だな
王様とか芸能人とかも同じようなもんか
人は騙されやすい騙した奴が勝ちの世の中は変わらないな
11  不思議な名無しさん :2017年05月07日 23:49 ID:Bg.xHHMM0*
10レスも読んで無いけどそういうの脳科学てって言うんだぞ
12  不思議な名無しさん :2017年05月08日 00:10 ID:h0nfL..n0*
医学だって、切った貼ったの時代を経て、すでに他の学問との境がなくなってきてんだ。神仏にすがって座っていたってなんにもなんねえょ
13  不思議な名無しさん :2017年05月08日 00:34 ID:G7AN1X6m0*
*10サンのコメ読んで、頭に浮かんだのは、人は騙され易く又、人によっては或いは置かれた状況次第では、騙されたがる存在なんでしょう。

科学的論理的に世界を見渡せば、あくまで表層は、とことんドライで且つシビアに出来てる。

そんな現実に、論理的思考と宗教的思想の両刀で立ち向かう者には、神秘は、希望の可能性だが、
素手で挑む者にとって、神秘は、不安と云う名の足枷目眩しに成ってしまう。

結果、何かに騙されるコトで、その者にとっての拠り所となり、騙す者が肥え太るわけだ。

本人達は、ウィンウィンの関係なんだろうけど、側から見れば喜劇であり悲劇だわな。

結論として、宗教や神話の有用性と危険性を理解し、同時に科学や論理の有用性と危険性も理解し、各自で刀と鞘の様な関係に仕立て上げ、神秘に挑むしかないのでは?

長文失礼いたしました。
14  不思議な名無しさん :2017年05月08日 00:57 ID:4kDS9kco0*
これ系の話で分かりやすいのは

そもそも宇宙やこの現実世界、人生がなぜ存在するのか、なぜ存在する必要があるのか、それらが作られたとしてなぜ作るのか、それらを作った何かはなぜ作られたのか…等々と続く

これらが分からないのに科学で割り切るもクソもない、到底不可能

それらに意味なんてない、目的なんてない
そう反論するならそれら大基礎の時点で科学等での解明の放棄だし、大基礎がダメなら人間の脳で認識できるレベルの事を科学で解明してもあやふやなことが出て来るのは当たり前
しかもそれすら全く完璧なものなんてないわけで
15  不思議な名無しさん :2017年05月08日 01:11 ID:lpmBmlVU0*
※14
間違ってる
なぜか?を放棄するのは科学の放棄にはならない
科学が追求するのは「どうやって?」
「なぜか?」を追求するのは哲学
16  不思議な名無しさん :2017年05月08日 02:04 ID:S5mLzze.0*
※15
言うことはわかるけど「なぜ?」を放棄したら自然科学は成り立たないんじゃない?

いや、「どうやって?」だけじゃ科学者の倫理観を規定できないでしょ
それこそ通ればおkになったらもう終わりだわ
17  不思議な名無しさん :2017年05月08日 08:15 ID:WnRc4Px50*
神秘性を感じるかは個人の問題、存在の意味の捉え方も(生きるという便宜的に)個人の自由。
それはそのような感じ方や(便宜的に)考え方があっても仕方ない。
妄想や強要はイケない。

回答としては意味が無い。
(どこまで追跡しても原因と結果の繋がりでしかないので。)
18  不思議な名無しさん :2017年05月08日 08:24 ID:WnRc4Px50*
科学は分かる範囲で原因と結果をトレースするというだけで
別段神秘性や意味を明らかにはしている訳ではない。

仏教は心をトレースして原因と結果を明らかにすることで、
心の平安を保つ。対象が違うだけでアプローチは同じ。

見えないモノや全てをないがしろという事でははない。
19  不思議な名無しさん :2017年05月08日 09:47 ID:h0nfL..n0*
現代の精神医学は物理学、生物学的な面へ向かっており、精神病の大部分の源とされている脳は、ほかの人体の器官を観察するとその器管と同等に、霊的な神秘性などは持たない単なる物質であるといえる。ということは脳内物質の働き方や神経ネットワークがどうやって意識を生み出すかを研究し、解明し、制御することが来るのであれば、直接的に脳に干渉すことであらゆる精神病は治すことが出来るというスタンス。
20  不思議な名無しさん :2017年05月08日 14:22 ID:R2Di0MKF0*
神秘を解明するのが科学だろ!!!!!!!!!!!!
21  不思議な名無しさん :2017年05月08日 18:02 ID:c.KlZlFd0*
そも科学の始まりは宗教からだし
切っても切れない関係
22  不思議な名無しさん :2017年05月08日 18:29 ID:WnRc4Px50*
神秘を煽って、科学の為に資金を出させたり探求の動機かもしれない。
しかし科学の目的は神秘の解明ということだけでもない。
科学者の動機としては人の為とか、金の為とかいろいろあると思われるが。
メンタル的なものは個人の問題でそれを一般的に必須と言うのは如何なものか。
23  不思議な名無しさん :2017年05月08日 18:35 ID:WnRc4Px50*
追加)
スポーツには根性が必要だと言ったら、多分拒否反応を起こす人が居ると思うが。
それと同じようにメンタル的なモノは個人としてとどめておくのが穏便だと思います。
24  不思議な名無しさん :2017年05月08日 18:59 ID:zpZx.QzG0*
プロレスみたいなもので

プロレスはガチもののスポーツや! ⇒(宗教がっつりな人)
ストーリーはあるけど、それはそれで面白いやん⇒(そこそこ両立してる人)
プロレスはやらせ!八百長! ⇒(科学がっつりな人)

って感じじゃね
本当のことを追及していくのが科学だけれどもも、時には嘘とわかっていてもそれを楽しむ心の余裕が必要だと思う(嘘を完全に信じこんじゃう人は論外として)
25  不思議な名無しさん :2017年05月08日 23:48 ID:4JChToe10*
神社の水とかブランドバッグの例からすると
科学で割り切れない神秘性というより
合理主義に依りすぎない生き方ってことか?
26  不思議な名無しさん :2017年05月09日 00:31 ID:dk5uRPuf0*
科学は価値を語らない
科学で説明できない=神秘じゃないし、神秘=価値でもないから普通に両立する
※24のプロレスの例だと
〇〇選手かっこいい、ファンです⇒神秘
プロレスの技としての強さに興味がある⇒科学
という感じだと思う
27  不思議な名無しさん :2017年05月09日 00:40 ID:sloTYvCP0*
※24
それ例えが悪いな。
プロレスというより相撲だろ
相撲は奉納される神事なんだ
愛媛県大三島の大山祇神社のー人角力は神と相撲を1人とる神事
しかし日本相撲協会が主催する相撲興行はスポーツの部類でもあり奉納でもある。そこには八百屋の長介もいるんだょ、
28  隕石一撃 :2017年05月09日 01:38 ID:HajbB9OO0*
*25サン*27サンの意見を見て、自分がスレ主に対して見当違いな事、書き散らかしていた事に気づけました。

多分、スレ主は科学的合理主義に一種の潤滑剤として、八百長オカルト思い込みファンタジー、言い方は様々だが、要は精神的アソビがあった方が、精神衛生上または社会衛生上、良いをじゃね?って事なのでは!

スレ主本人に確認する術が無い以上、此のコメントもワタシ自身のファンタジーなんだけどね。
29  不思議な名無しさん :2017年05月09日 02:03 ID:kyifarCH0*
現実がよくわかった上でこういう話してるなら、好き。
社会を知らない大学生ドリーマーが言ってんだったら個人的には聞きたくない。
30  不思議な名無しさん :2017年05月09日 08:47 ID:sloTYvCP0*
八百長ってのは
江戸時代の八百屋の店主、長介とか長兵衛って名前だが
囲碁が大好きでな、下手の横好きと打ち仲間いわれて、いい勝負してご機嫌とって業と負けてたわけ。そのおかげで本業の八百屋は繁盛したわけ。でも碁会所開きに本因坊が来て負けん気に火がついて互角の勝負をしちゃったから実力がばれちゃった
。実利をとるか、優越感をえるか。
両方とも手にすることは難しい。
31  不思議な名無しさん :2017年05月09日 22:28 ID:rN3Qv.NF0*
化学なんて理屈のこじつけですしおすし
32  不思議な名無しさん :2017年05月10日 03:43 ID:fpOV5ULW0*
1は科学がほとんどのことを説明できると思ってそうだなあ

人間の知識なんて巨大な洞窟の真ん中でちっちゃいロウソクで足元だけを照らしてる程度で、真っ暗闇の中少しずつ探求してるのに
「全部見えてちゃ面白くない」みたいな意見は滑稽であり傲慢でもあるな
33  不思議な名無しさん :2017年05月10日 16:39 ID:3G.Z1xxq0*
グラセフレベルのオープンワールドでもバグだらけなんだから、それより遥かに複雑なこの世なんかどんなバグが起こってもおかしくないだろ
34  不思議な名無しさん :2017年05月12日 09:21 ID:f9TT89bv0*
神秘性が必要とか言ってるけど、どうせ特殊相対性理論や超ひも理論とかも理解できないんだろ?
だったらそれが神秘でえぇやんけ...と特殊相対性理論や超ひも理論も理解できていない俺は思うんだよね。

 
 
上部に戻る

トップページに戻る