まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【実話】怖い話まとめ【本当にあったゾッとする話】

2017年08月16日:18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 28 )

fa85a2b7c9152dd865fa99635730c4a9_s

実話の怖い話・体験談、人間が怖い話、身の毛もよだつ事件にまつわる怖い話など……。実際に心霊体験にあった方への取材を含め、個人アカウントのSNS、また歴史・事件等のまとめです。

心霊の怖い話
には周りで不幸が続く、いわくつきの幽霊画』持主への取材」もあるのでぜひご覧ください。

「果たして怖い話に実話などあるのか?」
全て読み終えたとき、「もしかしたら」があなたを襲うでしょう。

管理人です!
(2017.08.16更新)
以前に作った記事ですが、新しく掲載したものにNEW!と記載して再アップしています。

▼【実話】怖い話 カテゴリ一覧


心霊の怖い話(取材あり) ←
NEW!    /    歴史・風習の怖い話    /    事件の怖い話    /    

(2017.5.23更新)


心霊の怖い話

★2017年以降の怖い話NEW!

■電波にのった謎の声


■亡くなる前の人に見える黒い影


※「人が亡くなる直前に黒い影が見える」という話は有名みたいです。
この記事では、亡くなる前の人の現象を実際に体験したという人がたくさんいて、コメント欄も200を超える盛り上がりを見せています。

もうすぐ死ぬ人に見えるもの・・・
http://world-fusigi.net/archives/6541993.html


■別の世界のおともだち



■戦争の歌


■しゃべるおもちゃ


■体、忘れてるよ


■トイレからの呼び声



★2016年以前

■風呂場に出現した謎の足跡


■味覚があるのかもしれない幽霊


■契約が切れたはずの携帯に届いたメール




■もう一人いる


■消えた視聴履歴

もしかしてその動画内の幽霊が、貞子よろしくあなたの部屋にいるかもしれません。

目次に戻る

■【取材編】よい子はマネしちゃだめ?アロンアルファで除霊する男性の巻

さて、ここからは取材編。筆者が気になった霊現象の体験者に突撃してまいりました。心霊現象の出くわし方も人それぞれなら、除霊方法も人それぞれのようです。

今回お話を聞いたのは、Twitterであまりにもユニークな除霊方法を実践していた@flagment_さん。


後輩思いの@flagment_さんは、どうやら後輩から心霊現象の悩み相談を度々受けては、ある方法で全て解決しているそうです。

その方法とはなんと……


_人人人人人人人人人_
> アロンアルファ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ボンド アロンアルフア 一般用 2g #30115

そう、みんなお馴染みのアノ接着剤、アロンアルファで除霊するのだそうです。ファイアーボールに素手で殴りにいく的な清々しさがあります。そういえば以前幽霊に物理攻撃で戦いを挑むスレが評判になっていたし、物理攻撃は意外とアリなのかもしれません。

ちなみにこの問題の棚が開き出すのは、夜中の2〜3時。ちょっとでも目を離した隙に開くとのことでした。

@flagment_さんは対抗策として、寝ずに集中して見張っていたところ、なんと彼の目の前で本当にスーッと開いたそうです。

よくその時点で怖くて逃げ出さなかったな、という感じですが、本人いわく「霊現象には会うけれど幽霊を見たことはないし、全く怖くない」。よく幽霊が見える人と心霊スポットなどに行っても、彼がいる時だけ毎回出ないのだとか。なにか強力な守護霊でもついているのでしょうか。

しかし、彼の逸話はこれだけではありませんでした。



結論:アロンアルファ最強。

悪寒を感じたらこちらの記事もおすすめです。 
簡単セルフ除霊!身近なもので除霊ができる意外な方法7選

目次に戻る


■【取材編・閲覧注意】死を呼ぶ幽霊画!?ある蒐集家が出会った作者不明の掛け軸


※あえて拡大画像は(怖いので)出していません。幽霊画の拡大画像を見たい方は、お手数ですが上記ツイートをクリックしてご覧ください。

筆者がTwitterでたまたま見かけたこちらの幽霊画。

趣味で自宅の寝室に江戸時代の百鬼夜行絵巻や幽霊画など、呪われていそうなものを集めているという@chin25454さん(以下前田さん)が、京都のとある骨董商からご購入されたとのこと。

しかしそれからというもの、身近で次々とご不幸があったのだそうです。

ご本人は「偶然」としていますが、確かにこの幽霊画、なんとも言えない恨みがましい目でこちらを見ている気がしませんか?

それと、これも偶然かもしれませんが、取材した当の筆者が、この幽霊画の画像をいただいてからというものしばらく体調不良に悩まされていました。……偶然だと言ってくれ。


あまり見つめると、皆さんも引っ張られるかもしれませんので要注意。


霊障があるかはともかく、前田さんのコレクションはどれも貴重なものばかりで、他にも素敵な作品をいくつか見せていただきました。以下画像は霊障などはないようですが、ガチで怖いので閲覧注意です。次項目を読みたい方はこちらへ。

TpC8gxhV
前田さんの寝室。広い和室であることが、余計雰囲気を醸し出しています。

寝室にコレクションを置く理由は、「できるなら幽霊や見えないものに会いたい。そのために、できるだけ同じ空間で過ごす」とのことでした。ただ、いまだに幽霊を見たことはないのだとか。ここまでしても会えないとは、全国の幽霊見たい方々が少しがっかりするかもしれない。

tnUPrVyJ
江戸後期の百鬼夜行絵巻。鳥の妖怪が珍しい。

3KgOEoWa
幽霊画。前田さんの幽霊画を見るポイントは、「目に恨みがこもっているか」だそうです。

0aWtDZc_
こちらは現代の絵画。妖怪などを多く描かれている作家・丸子 眞由さんの作品です。憂いのある目に惹き付けられます。

NrK4Cpqa
昭和26年に書かれたもの。風俗学者のお化けの考察史です。

GpSg1NZz
(おばけの歴史より)輪入道

ueiG5jHe
(おばけの歴史より)天狗

aIThNaeI
(おばけの歴史より)黒い幽霊

1ZNNoW2e
山形県有形民俗文化財に指定されている隠明寺凧の復刻版。これがお空に浮かんでいたら物凄く怖い。

他にも貴重なコレクション画像を沢山いただいたのですが、泣く泣く絞らせていただきました。中には、ここでは出せないくらいガチで呪われそうなものも……。

興味のある方は、前田さんのTwitterアカウントをご覧ください。貴重な作品を沢山掲載されています。

目次に戻る

歴史の怖い話

その時、歴史が動いた……かもしれない。積み重なった人間の情が、尚更恐怖を生み出します。

1位
中世ヨーロッパが色々とアレなのは有名ですが、中でも1,2位を争うのが、そのエグい拷問方法です。「医者なのか」と疑われるほど詳述してしまうスレ主に、思わず途中で離脱する人が続出。あなたはこの史実に耐えられるのか―

2位
知る人ぞ知る、世界史の怖い話。2ちゃんねるが誇るオカ板な出来事は、どうやら何千年も前からあったようですよ。

3位
人間は極限状態に陥ると、思いもよらぬものを目撃するのかもしれません。悲惨な戦争の中で起きた怖い話は、夢か現か。

目次に戻る

事件の怖い話

誰でもいつ何時、事件に巻き込まれるかわかりません。リアルな恐怖があなたを待っています。

1位
住人の親戚に入った一本の電話、「あなたの部屋で、人が死んでいる」。しかし死んでいたのは住人ではなかった。しかも現場にはもうひとりの見知らぬ男がおり、さらに通報した男すら誰かわからず―。推理小説顔負けの迷宮入り事件!

2位
雪山でテントから裸足で逃げ出した一行、そして彼らは人間ではないものに殺されていた。最も不可思議なことに、現場には高い線量の放射能汚染が認められたのだという。一体彼らを殺したものとは?

3位
深さ32mの地底湖で、大学生が服を着たまま泳ぎ行方不明になったという摩訶不思議な事件。深く追究しないマスコミ、ニュースソースによって変わる状況説明、一体裏では何が動いているのか……。謎が謎を呼ぶ未解決事件。

4位

人口2万8000人の静かな町で、3ヶ月足らずの間に殺人事件や行方不明事件が連続して起きた。しかも警察は「事件に関連性なし」とし、現在も謎のままである。しかし、今も「必ず関連性がある」と独自に研究しているものも多いという。この事件の真相、あなたはどう考えますか?

5位
人の弱みにつけこんで監禁をし洗脳、そして自分の手を汚すことなく殺人を犯す―。果たしてその恐ろしいやり口とは?犯罪史上まれに見る凶悪犯罪とされています。

目次に戻る


・怖い話の新着記事→【新着!怖い話
 
・妖怪にまつわる新着記事→【新着!妖怪まとめ
・異世界にまつわる新着記事→【新着!不思議な体験談








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【実話】怖い話まとめ【本当にあったゾッとする話】

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年05月23日 22:20 ID:SzLgsotT0*
こわE
2  不思議な名無しさん :2017年05月23日 23:09 ID:.s9Rmr5b0*
やだなにこれ怖い

心霊現象対策に玄関に盛塩ならぬ「玄関にのり塩(ポテチ)」
の話があるが本当なのか?
3  不思議な名無しさん :2017年05月23日 23:26 ID:.8Kamump0*
パンジャンドラムは恐ろしいなぁ(すっとぼけ)
4  不思議な名無しさん :2017年05月23日 23:29 ID:w9KiicBv0*
YouTubeの話、嫌だなぁ(>_<)
5  不思議な名無しさん :2017年05月24日 00:09 ID:SNpgm4.k0*
>心霊現象対策に玄関に盛塩
塩撒くのと盛り塩とでは、意味合いが違ってくるよね。
魔除けなら、菖蒲や柊の鉢植えでも玄関脇で育てる方が、
日本古来の伝統に則っていて傍目から見てまともに思える。
6  不思議な名無しさん :2017年05月24日 00:19 ID:WWd7hTSV0*
絵よく見ると可愛いじゃないかw
7  不思議な名無しさん :2017年05月24日 00:36 ID:XwnJsMp.0*
嘘ばっかり
8  不思議な名無しさん :2017年05月24日 00:40 ID:odzMbkxT0*
おいおい、閲覧注意かけとけよ
というかULRにしとけや
気楽な気持ちでスクロールしたらつい目に入ってもうたやんけ、ビビってもう便所行けんくなってもうたやろ((((;゚Д゚)))))))ヒィィィ

9  不思議な名無しさん :2017年05月24日 00:45 ID:odzMbkxT0*
↑URLやった
ビビりすぎて間違えてもうたやんか、もーo(`ω´ )o
10  不思議な名無しさん :2017年05月24日 01:01 ID:Vnpi9kld0*
9番さんのビビり具合が微笑ましかったです
11  不思議な名無しさん :2017年05月24日 01:05 ID:FggbxFXj0*
アロンアルファは用途広そうだなあ
引き出しとか食器が全部ひっついてたらポルターガイストさんどうするんだろ
12  不思議な名無しさん :2017年05月24日 01:11 ID:H.weac4Y0*
食器棚やタンスをそれごと動かせるようになるまでせっせと筋トレでもするんじゃね
13  不思議な名無しさん :2017年05月24日 05:10 ID:NKHXTFT40*
幽霊画怖すぎィ
ぞくっとした
14  不思議な名無しさん :2017年05月24日 07:11 ID:RyPjscqY0*
わかりやすいまとめでした
ありがとう
15  不思議な名無しさん :2017年05月24日 09:33 ID:7DxbCf.i0*
甘いぃ……

これ可愛いなぁオイ!なぁ!!
16  不思議な名無しさん :2017年05月24日 09:46 ID:.xxYtr930*
開くドア、揺れるブランコ、動く人形

すべてアロンアルファで解決!
17  名無しのまとめりー :2017年05月24日 10:03 ID:n9c4pAgH0*
塩、アロンアルファを持っていれば最低限大丈夫?
18  不思議な名無しさん :2017年05月24日 10:17 ID:lhP3UicD0*
幽霊の絵もアロンアルファでガチガチに固めたらええねん。
19  不思議な名無しさん :2017年05月24日 15:31 ID:KjjukTXk0*
SNSの話の何処がどう信憑性高いねんwww
20  不思議な名無しさん :2017年05月24日 15:57 ID:Dj9CaCKI0*
よっしゃ!アロンアルファ買ってくるぜ!
21  不思議な名無しさん :2017年05月25日 00:05 ID:CpxU7SYZ0*
今は亡き「鬼たま」の今日のホラーコーナー大好きだったわー
あのコーナーだけでも復活してくんないかなー
22  不思議な名無しさん :2017年05月28日 13:47 ID:gsH1nlRg0*
順位が前後してるのに反応ないのが1番怖E
23  不思議な名無しさん :2017年08月17日 00:52 ID:eq5LD43S0*
こわ
とりあえず犬近くにいて安心
トイレには一緒にいこ
24  不思議な名無しさん :2017年08月17日 01:07 ID:6ICKoUNX0*
嘘っぽいなぁ
25  不思議な名無しさん :2017年08月17日 05:28 ID:81W8nVhE0*
分かりやすいまとめで有り難いです
こんな内容ですよーって説明が嬉しい
26  不思議な名無しさん :2017年08月17日 13:48 ID:OMs3rZvW0*
ご自分の足で取材もされてていいね!
27  不思議な名無しさん :2017年08月17日 20:22 ID:.iDiNwlx0*
まぼろし~!
28  不思議な名無しさん :2017年08月19日 05:32 ID:QZMdYq760*
風呂場の足跡
多分これはガチ
1枚目の部屋画像見た瞬間嫌な感じした

 
 
上部に戻る

トップページに戻る