まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

日本帝国は本土決戦してたらどうなってたんだろう?

2017年06月12日:20:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 78 )

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/05(月) 23:20:16.64 O
米統合参謀本部の計画

1945年11月1日を開始日とする九州上陸作戦(オリンピック作戦)

1946年3月1日を開始日とする関東平野制圧作戦(コロネット作戦)

本土決戦

本土決戦(ほんどけっせん)とは、第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)において想定された日本本土への連合軍陸上戦闘に対する日本側の呼称である。アメリカ軍とイギリス軍を中心とした連合国軍は1945年秋以降に「ダウンフォール作戦」として実施を予定し、日本軍はすべてを決するという意味で「決号作戦」と称する防衛作戦を計画していた。1945年(昭和20年)8月に日本がポツダム宣言を受諾して降伏したため、本土決戦は行われることがなかった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/本土決戦

ダウンフォール作戦

ダウンフォール作戦は、太平洋戦争時にアメリカ軍とイギリス軍をはじめとする連合国軍が計画した「日本本土上陸作戦」の作戦名である。発動前に日本が降伏したために、この計画は中止された。

ダウンフォール (Downfall) とは、英語で「失墜」「滅亡」などといった意味であり、1944年以降、太平洋やアジア各地で敗退を続けても、頑なに抵抗を行い続けていた大日本帝国に対し、その本土での陸上作戦を行い戦争を終結させるために検討された作戦である。

ダウンフォール作戦は次の2つの作戦(←wiki参照)から構成されている。
両作戦では、徹底的な海上封鎖を実施して資源の乏しい日本を兵糧攻めにするとともに、広島長崎に続く原爆投下、及び大規模な化学兵器の使用、農地への薬剤散布によって食料生産を不可能にする事(すなわち、NBC兵器の無差別投入や、マスタードガス、サリン攻撃も検討されていた)。

wiki-ダウンフォール作戦-より引用

Operation_Downfall_-_Map

引用元: 日本帝国は本土決戦してたらどうなってたんだろう?







2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/05(月) 23:54:51.80 0
沖縄戦と一緒

3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/05(月) 23:57:22.85 0
1回は勝てるだろうからそこにすべてをつぎ込むつもりだったとか言ってるけど
勝負の賭けどころを間違えて1度も勝てずに終わってただろうね

4: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 00:03:52.87 0
竹槍じゃ勝てまへん

10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 00:39:10.41 0
>>4
ベトナム戦争ってのがあってだな

終わりなきゲリラ戦に持ち込んだら費用対効果が合わなくなって敵軍が撤退
勝てないまでも負けはないそれがゲリラ戦の強みなんだと喝破した人がいた

幕末の隠れた思想家・林桜園である
熊本市民なら彼の銅像を見たことがあるかもしれない

20: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 04:37:50.08 0
>>10
ベトナム戦争では中国とソ連が援助してた逆にアフガン戦争ではアメリカが
援助してくれる国がいないともたない

12: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 00:42:54.54 0
ベトナム戦争はホーチミンルートがあってこそ

13: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 00:45:16.90 0
ゲリラ戦は後方支援がないと難しい

8: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 00:37:09.32 0
8月にはもう生産能力がほとんどなかった
在庫の弾が尽きたらマジで竹槍で戦うしかなかった

15: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 00:50:08.35 0
凄まじい死者が出て日本は崩壊しただろう
皇室も無くなって「極東共和国」みたいな連合国によるでっち上げの人工国家になって
東西冷戦の真っただ中でクーデターの頻発する現在の中東のような国情になっていただろう

17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 04:25:01.45 0
五分後の世界

18: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 04:31:20.01 O
ソ連も北海道、東北を制圧して東京を目指す。

19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 04:35:58.46 0
マジか
やっぱり国家が危険にさらされたら立ち上がって戦うんじゃなくて
素直に無条件降伏した方がいいんだな

21: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 04:43:34.15 0
本土決戦と言うことで300万人を根こそぎ動員したんだけどその300万人に持たせる銃は100万丁程度しかなくてもちろん弾薬もほとんどない状態
竹槍で戦うってのは冗談ではなくて鍬とか鎌とか竹槍で戦うしか無かったのが本土決戦の現実

23: 【中国電 - %】 ◆fveg1grntk @\(^o^)/ 2017/06/06(火) 06:52:58.69 0
日本というよりも、アメリカとソ連と中国と英国が利権を争って血みどろの戦いになってた

24: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 07:28:10.16 0
マンハッタン計画によると次の原爆投下候補地には京都市、新潟市、北九州市があがっていたらしい

マンハッタン計画

マンハッタン計画は、第二次世界大戦中、枢軸国の原子爆弾開発に焦ったアメリカ、イギリス、カナダが原子爆弾開発・製造のために、科学者、技術者を総動員した計画である。計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験を実施した。さらに、広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/マンハッタン計画

36: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:15:20.27 0
>>24
北九州は「次の」じゃなくて実際に落とそうしてだめだったので長崎に落とした

小倉上空

(中略)
広島への原爆投下の情報を聞いた八幡製鉄所の従業員が少数機編隊で敵機が北上している報を聞き、新型爆弾を警戒して「コールタールを燃やして煙幕を張った」と証言している。

その後、別ルートで爆撃航程を少し短縮して繰り返すものの再び失敗、再度3度目となる爆撃航程を行うがこれも失敗。この間およそ45分間が経過した。

この小倉上空での3回もの爆撃航程失敗のため残燃料に余裕がなくなり、その上ボックスカーは燃料系統に異常が発生したので予備燃料に切り替えた。

その間に天候が悪化、日本軍高射砲からの対空攻撃が激しくなり、また、陸軍芦屋飛行場から飛行第59戦隊の五式戦闘機、海軍築城基地から第203航空隊の零式艦上戦闘機10機が緊急発進してきたことも確認されたので、目標を小倉市から第二目標である長崎県長崎市に変更し、午前10時30分頃、小倉市上空を離脱した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/長崎市への原子爆弾投下

51: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 09:22:31.59 0
>>24
その頃北九州市なんてない
小倉だろ

25: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 07:37:34.15 0
本土決戦はゲリラ戦だから核は使えないだろう
昭和21年にはヨーロッパで東西対立が始まり中国で国共内戦だから
2~3年辛抱すれば第一次大戦後のトルコみたいに勝ち戦で独立出来たかも

26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 07:45:49.16 0
日本にゲリラ戦なんか無理だよ
やれるなら沖縄でやってるし
兵が撤退してきたら玉砕と伝えてるから生きててもらったら困る!死ねだぞ
民間人も捕まるぐらいなら自殺しろだぞ

29: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 07:54:43.81 0
>>26
それはゲリラ戦じゃないからだろ
本土ではゲリラ戦の準備してたから民間人にも戦闘訓練させてたわけでね
国際法に縛られない何でもありの戦いだから

31: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:07:01.27 0
>>29
捕虜になるとそれを見張る兵が割かれるその考えもない頭の悪い軍部にゲリラ戦は無理
だいたい爆撃だけでボロボロじゃねえか
ベトナム軍と体質が全く違うんだよ

30: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:04:25.23 O
ドイツみたいに南北に分割されてただろうな。

33: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:10:41.32 0
小説では檜山良昭「日本本土決戦」がおすすめ
東京防衛軍司令官に石原莞爾が任命され
最後の精鋭部隊 近衛第一師団の奇襲攻撃で米軍を押し返す展開が熱い

38: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:17:27.15 0
100%間違いなくスターリンはシベリアから日本へソ連軍を送って
占領のための既成事実を作っていた
そして良くて北海道、下手したら北海道と東北がソ連の支配下で
分割国家になっていた(いまの朝鮮半島みたいに)

アメリカ中心の連合国に向けての敗戦になったのは
不幸中の幸い

40: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:23:21.21 0
いや北海道と東北でもゲリラ戦でしょ
日本軍は大量に毒ガスと細菌兵器持ってたからBC兵器使ったテロにどれだけ堪えられたか
ソ連はそれよりアメリカに戦わせてヨーロッパ全土を共産化する方に熱中しただろうな

42: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:26:41.24 0
ベトナムもアフガンもイラクも泥沼のゲリラやって民族が絶滅した国なんか一個も無いからな

43: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:27:16.99 0
硫黄島の戦いは玉砕覚悟のゲリラ戦だな

44: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:32:34.37 0
ソ連は樺太を簡単に占領したから
北海道、東北を余裕で制圧してただろう
アメリカは沖縄を陥落させ
次は九州だったわけだから
米ソに挟み撃ちされて死者多数だっただろう

46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:42:08.73 0
アメリカの調査では1945年に日本は塩がなくなるだろうと調査記録がある
実際に食糧が10月末分までしかなく、人間生きる為には必要な塩も12月末分までしかなかったので、天皇陛下も国民も餓死。

47: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:42:28.22 0
次々と原爆が投下されて焦土どころじゃない住めない土地になっていた

48: fusianasan@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:49:31.49 0
大本営は、当初は硫黄島みたいな戦い方を想定してたんだが、終戦間際には方針
を変えている。

それまでは、上陸後の地の利を活かした持久戦に比重を置いてたのが、全軍そろっての水際での積極的攻勢に方針を転じた。

理由は、そうでもしないと軍紀が崩壊するから。
終戦末期は、兵隊の風紀と士気の低下が致命的なものになってたから。

各種の犯罪、逃亡、抗命。こうした現状を鑑みて、参謀総長の梅津は天皇に内密に本土決戦は出来ると思えないと正直に告白している。

49: fusianasan@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 08:56:02.74 0
だから、日本は本土決戦をしなかった、というより、したくても出来なかった
というのが正しいと思う。

50: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 09:00:57.57 0
沖縄落とされた時点で通商破壊してるだけで日本は冬を越す燃料も食料もないのが確定
昭和20年に至るとマジで天候不良による凶作が末期戦に重なった
そこへシーレーンの遮断による肥料不足
空襲や燃料不足による流通の停止
かろうじて満州や朝鮮半島から食糧を調達しても陸上輸送能力が不足し陸揚げ地で停滞
徴兵による働き手不足
危機的な食料不足に日本は襲われる

52: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 09:33:52.49 0
平地や市街地や民間人はむしろ占領させて本拠地を山の中に作ってそこから民間人の中に紛れ込んでテロ攻撃を繰り返すのがゲリラ戦な
本土決戦ではそういう事をやろうとしてたんだよ
アメリカもソ連もそういう相手は結局制圧出来なかった

60: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 11:07:18.15 0
昭和20年秋には飢餓状態になって国内で赤化クーデターが起きてたと思う
ソ連の傀儡政権が出来ゲリラ戦を展開

61: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 11:09:00.09 O
日本国内で日米ソの三つ巴の争い勃発か
アメリカとソ連が日本で戦闘なんてこともあり得たかもしれんな

62: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 11:16:57.45 0
まず北海道はソ連に取られただろうな
沖縄も完全に米兵だけの状態になって
東京関西九州付近に1発ずつ原爆投下されたかも
で上からはソ連下からはアメリカが侵攻してきて
降伏遅らせれば遅らせるほど悲惨なことになってた

63: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 11:19:52.13 0
既に書かれてるが1945年になると食糧不足になる
年末には塩や大豆がなくなる予定なのにどうやって戦うんだよ

65: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 11:41:30.30 0
実際ソ連兵って稚内にまで攻めてきたんだけど
北海道の人たちが徹底抗戦してその後に戦争も終わったしってことで
あきらめて帰っただけだからな
戦争長引いたら普通に北海道まで侵略されてた

73: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 12:07:02.72 0
日本は分断国家にされたのは事実。

・沖縄、小笠原、南洋諸島⇒米国統治下
・南樺太、千島列島⇒ソ連統治下
・台湾⇒支那統治下
・南朝鮮⇒米国統治下
・北朝鮮⇒ソ連統治下
・日本本土⇒GHQ管理下

これ以上占領される前に止めた
9月に入ってたら北海道、東北はソ連のものになってた

74: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 12:09:26.26 0
ABCD各国が日本を分割して統治する予定だったと本で読んだことがある。
確か四国が中国領土になったような
本当絶妙なタイミングで終戦した
よく考えたら終戦のラストチャンスだった

日本の分割統治計画

日本の分割統治計画は、第二次世界大戦終了後の日本本土を連合国が分割統治しようとした計画案。

ソ連は、北方領土と北海道占領計画を持っており、またアメリカもイギリス、ソ連、中華民国の連合国での分割統治する案を検討したが、結局、日本占領は分割占領でなくアメリカの単独占領となった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の分割統治計画

S

76: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 12:14:27.77 0
原爆が完成してるから3発目、4発目、5発目と落として本土決戦する前に降伏する
ドイツみたいに本土決戦はしないでしょうね

78: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 12:41:45.41 0
原爆もあるけどソ連参戦が降伏の決定打だしな

83: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:19:44.41 0
最後の方は木で戦闘機作れないかとかやってたんでしょ

145: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 19:14:37.73 0
>>83
実際作って実験してた
作ってた人は実験飛行に乗れって言われて色々な理由つけて逃げ回ったって
戦後アメリカに占領されたけどすごい待遇よくて戦後直後なのにドーナツとかすごい食えたってよ

明星_(航空機)

明星(みょうじょう)は、大日本帝国海軍(以下、海軍)の航空技術廠(以下、空技廠)が試作した木製爆撃機。型式名D3Y1-K。

木製双発高速機デ・ハビランド モスキートの活躍に刺激を受けた海軍が、習作として九九式艦上爆撃機の木製化を企図し、空技廠でほぼ全面的に改設計したもの。松下飛行機株式会社の松下幸之助が軍の要請で設立した木製機専用工場で太平洋戦争末期に4機が完成し、試験中に終戦を迎えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/明星_(航空機)
関連:【戦後70年】間に合わなかった木製戦闘機 1945年8月4日はこんな日だった

89: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:34:04.31 0
飛行機に木を使おうってのはいろいろやってたけどモスキートみたいにちゃんと実用化されたのはなかったね最後の頃はまともなパイロットがほとんどいなくて特攻前提だったし

デ・ハビランド モスキート

デ・ハビランド DH.98 モスキートは第二次世界大戦中、主にイギリス空軍で使用された爆撃機で、戦闘機としても申し分ないほどの高性能を示し、機体が木製であったため、「The Wooden Wonder(木造機の奇跡)」と呼ばれた。爆撃機型・戦闘機型以外に、夜間戦闘機型や偵察機型なども作られた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/デ・ハビランド モスキート

Mosquito_600pix

84: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:24:38.47 0
8月あたりは迎撃する戦闘機すらなくなってきて
やられ放題だったからな
本土決戦してたらより悲惨な空襲が全国各地で展開されると思うぞ

86: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:26:58.94 0
終戦までの軍隊生活に戻りますが、軍隊では慢性的に食糧が不足でした。
山の中で臨時の炊事場をこしらえたりして、そのうえ食糧を公平に分配したらいいのに、
初年兵の分は削ってしまう。
飯上げという役目があって、交代で自分が食事を受け取りに行ったとき、うちは24人いるのに他の隊より
少ないと言いましたら、生意気だというので、あとでものすごい制裁を受けました。
http://www.geocities.jp/shougen60/shougen-list/m-T15-2.html

90: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:40:32.91 0
沖縄戦の前に降伏出来なかったのは何故?
沖縄での犠牲者も出ず樺太も台湾も朝鮮も日本領のままだった

92: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:46:02.60 O
国体護持のためにポツダム宣言突っぱねてたら北海道、東北、九州、関東で熾烈な殲滅戦が展開されてたんだな。

93: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:46:32.07 0
アメリカが九州への上陸作戦を決行する頃にはソ連が北海道、東北を占領されていただろう
食糧不足が加速。
1945年末には、日本中の塩がなくなり大豆もなくなり餓死者が多数。

戦争継続であればここまでは容易に想像つく

138: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 18:22:21.39 0
>>93
北海道はともかく仙台まで切り取るパワーあるかなソ連

143: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 19:11:44.11 0
>>138
満州に侵攻してきた時の兵力だけで150万人シベリア鉄道で運べるだけ兵力は増やせる

96: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 13:58:26.67 0
朝鮮戦争の様に同じ民族どうして戦うことがあったのかもしれないのか
こえーな

107: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 14:28:16.74 0
組んだ相手が悪かったなドイツとイタリアでは
まあアメリカが組んだ相手も最悪だから今の現状なんだけどな

108: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 14:29:07.74 0
たとえ竹槍だったとしても武器を持って向かって来れば保護すべき民間人ではないわけで

113: あ@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 14:40:59.40 0
>>108
戦争末期では本土でも兵士ですら武器弾薬が不足していたくらいだから民間人が武器を持つことはなかっただろう。

117: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 14:51:24.45 0
>>113
軍隊とは別に2800万人の国民義勇戦闘隊を編成すると言うのが始まったところで降伏したんだよ
国民義勇戦闘隊は被服を含めて原則自己調達竹槍に私物の日本刀や猟銃鎌鍬などの農機具にスコップなどの土木工具本当にやるつもりだったんだよ

123: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 15:45:28.14 0
半分たぶん北海道東北はソ連領
関東から南が米国領になっていたかもね
当然、他の民族独立も50年は遅れていたはず
韓国は中国かソ連領
フィリピンからオーストラリアの海域は米国と英国で共同支配
そんな感じだとおもうよ

124: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 15:46:47.09 0
>>123
いやそれはないだろうね
日本は知らんけど東南アジアはアメリカが積極的に独立させようとしてたから

125: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 15:53:12.06 0
日本の半分が共産主義になってたかもしれない
東日本人民共和国が誕生してた可能性があった
戦争が後1ヶ月伸びてたらありえた
国体維持出来るラストチャンスで降伏した感じ
それ以前に降伏する機会は何度もあったけどね

126: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 15:57:42.90 0
本土決戦→最後まで抵抗されてこっちも被害大きくなるので論外

爆撃継続で降伏するまで待つ→そう簡単には降伏しそうにないし時間かかってる間にソビエトが侵攻してきて日本を赤化するだろう

核爆弾落とす→超兵器見せつけて勝ち目が完全にないことを教えてやれば降伏するんじゃね?実践データもとれるしソビエトに対する牽制にもなる


こんな感じ?

128: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 16:08:05.77 0
沖縄が落ちた時点で、降伏を打診してれば南樺太と千島は無くさずに済んだ
イタリアなんてシチリア島占領された時点で降伏
ヘタレとか馬鹿にするだろうが民間人の犠牲者を少なくしたんだからイタリアの方が賢かった

130: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 16:25:38.02 0
>>128
連合国に降伏したら北イタリアをドイツに占領されたわけで

129: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 16:15:21.80 O
ソ連が入ってくるって事は米英軍をほとんど阻止して苦戦中って事で
そんな戦力が日本にあるならソ連程度が上陸占領なんか出来るわけがない
海軍がないってソ連にもないし
機雷撒いてるだけで港湾上陸は無理
死ぬほど大陸に日本の土地がおいでおいで状態であるのになんでわざわざ日本本土にくるねん

132: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 16:31:47.86 0
>>129
ソ連の樺太千島作戦は満州侵攻と同時にはじまっててアメリカの関東上陸は翌年だからそれまで1年ぐらい時間があるわけで

131: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 16:30:47.80 0
沖縄戦みたいに軍が避難民を追い出したりして
降伏後の国民間に亀裂が生じて今のような復興はできなかったかもしれないな
国民間に大きな溝があれば共産化勢力ももっと過激になってただろうし
いまだに火種がくすぶってるような危険地帯のままだったかも

133: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 16:59:35.38 0
1941年、開戦した年の日米の国力差


人口(万人)
日・・ 7,200
米・・12,900

兵員(万人)
日・・・170
米・・・540

原油生産(万Kl)
日・・・・・30
米・・19,000

鉄鋼生産(万トン)
日・・・430
米・・8,100

商船造船(万トン)
日・・・21
米・・103

航空機(千機)
日・・・5.1
米・・26.3


素人目でも勝てないってすぐ分かるわ

140: 名無し募集中。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 18:27:39.63 0
>>133
兵隊からして3倍差かよ

134: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 17:10:34.46 0
恐ろしいことに開戦時の指導者層も勝てるとは思ってなかった

136: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 17:58:51.91 0
指導者層「開戦や!!(ま、誰か止めるやろ)」
国民  「開戦や!!(ま、いうて御上は何とかするやろ)」
マスコミ「開戦や!!(ま、大事にはならんやろ)」

これやで?

142: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 18:59:30.10 0
アメリカの飢餓作戦の影響で陸路も海路も壊滅状態
1945年の国民のカロリー摂取量は最低必要量の6割程度まで低下し冬まで戦争を続けたら数千万人が餓死し暴動がおこっていた
なおかつソ連参戦の影響で退路を断たれた支那派遣軍100万の将兵は全滅し、北海道・東北まで赤軍に占領されていた可能性が高い

144: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 19:12:05.99 0
1939年の砂糖消費量は現在と同じくらいなんだよな
国力的にフランスに追い付いて、一気に窮乏した感じ

147: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 19:21:56.38 0
戦後復興は無かっただろうな

103: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 14:25:43.72 0
本土決戦してたら地獄絵図だっただろうね









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本帝国は本土決戦してたらどうなってたんだろう?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:29 ID:fuYmZ1sP0*
連合国完全に日本人を根絶やしにしようとしてますやん。
こんなんでよく正義面して戦犯裁けたな。
2  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:33 ID:amQnYU.e0*
普通に3発目、4発目の原爆落とされてタヒんでた可能性も結構あると思うよ あそこで諦めて正解だったと思う 悔しいと思うのならまず自分から強くなるしかないな 
3  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:37 ID:p1cUdDf00*
日本中兵糧攻めと毒ガス攻撃で死者数千万の地獄絵図
なんて映画を観てみたい
いや、ネットでこういうと認定されそうだけど
なんだろう…… そういうのじゃないんだ
4  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:41 ID:7L6Qd4I40*
戦前の日本はベトナムとは違うんだよ。列強の一翼を担っている強国だし都市部に暮らす市民は西欧諸国同様に先進的で文化的な生活をしていた。
そんな国が近代において民族浄化レベルに殲滅される事態になったとしたらいくら戦争とはいえ世界史に類を見ない悲劇になってたな。
5  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:45 ID:mHKlW0O.0*
首都を焼け野原にされても降伏しないというイカれ具合だし本当に全滅するまでやったんじゃね
6  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:46 ID:cV.OE5U10*
ま、一億総火炎放射器の餌食よ。
7  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:49 ID:s4gCUAPu0*
米国にも多大な損害が出ると予想されてたし
ソ連を相手にする余裕も無くて西太平洋側は日本を含めて全て共産化してたかもな
8  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:51 ID:b1H16PCy0*
アメリカがここぞとばかりに核兵器の実戦実験しただろうなw
9  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:54 ID:J3wHJaxN0*
ぶっちゃけ戦後高度経済成長期に発展したんだよな…
徹底抗戦してたら今みたいに経済成長して先進国入りできなかったかもしれないし
勝ち目はなかったけど負けて正解と言えるかもしれない
冷戦のお蔭もあるだろうけど
10  不思議な名無しさん :2017年06月12日 20:59 ID:Bl7Yn.720*
※1
そりゃ勝った方が正義ですし
11  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:02 ID:dBN2.1BK0*
ほんとアメ公むかつくわ
12  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:06 ID:gkHpFL4p0*
歴史のIFなんか何の意味も無いけど、
日本が弱くてあっさり負けててたら
の姿はアフリカや中東や東南アジアの
現状を見れば分かるかと。
13  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:08 ID:6Xz8xtcp0*
米ソ冷戦の代理戦争ルートだと思うが、それ以前に傀儡国家すら立てられない状態に陥るんじゃなかろうか。玉砕して少数民族成果てる気がする
14  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:10 ID:uEl8bJyF0*
軍部は天皇制を壊されたら軍が権力振るえなくなるから意地でも降伏しなかった
そのために民間人が何人死のうがお構いなしだった
本気で本土決戦なんか考えて軍もろとも国民みんな道連れにするつもりだったんだから呆れる
15  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:11 ID:.Es26WLb0*
たらればだが意外と本土決戦→首都陥落後のゲリラ作戦は有効
手を焼いて連合国軍は撤退、独立が早まっていたかもな


西半分は米英統治、占領したそばから民に阿った緩い政策を敷くはず
飯がねぇったって農民まで皆殺しにはしないからすぐ食糧事情は快方へ向かう
一方ソ連統治の東側、東北人は打たれ強い
露助が何して来ても都度なんぼでも歯向かう
あと、言葉の壁がでかいよ 言葉が俺たちを守ってくれる
16  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:24 ID:cni7CU970*
ソ連も崩壊したしどんな形に分割されてもいずれは復興して先進国になってただろう。
17  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:27 ID:7YRkl7SR0*
アメリカは本格的な山岳戦闘の経験がなかった
山が6割ある日本でゲリラ戦展開してたら近代戦で初の大規模山岳ゲリラ戦になってたかな
18  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:30 ID:Vmya34Oo0*
開戦の経緯からしたら根絶やしにされても文句言えない状況にもかかわらず
日本の伝統文化を無差別に禁止したりせず
戦後復興にも手を貸してくれたというのに
19  不思議な名無しさん :2017年06月12日 21:35 ID:iSsbdW5x0*
アメリカは降伏後の日本の扱いはわるくなかった。
ソ連に戦略されてたら、今ほど国が発展してなかったのは間違いないな。
20  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:10 ID:cGfPYv980*
戦時から東京一極集中で大平野。空爆し放題で、原爆ストック有、現代のような批判もない。
どうやったらゲリラ戦に持ち込めると思うのか。
21  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:10 ID:7f0G94Vx0*
ベトナムもアフガンもゲリラ戦ができたのは国際社会に味方がいて勝利に向けての希望があったから
ドイツもイタリアも降伏してソ連も参戦して周り全部敵の状況で一方的に死体を積み上げるような戦いが続けられるはずがない
万万が一講和に持ち込めたとしてもその後の打開策も無いしな
そういう意味ではドイツがまだ生きてるうちに講和に持ち込んだフィンランドは賢いな
戦争を終わらせるタイミングを見誤った時点で日本はもう詰んでた レイテ以降の消化試合が長引くだけ
22  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:23 ID:XH0t.Rfd0*
もっと早く降伏してればって意見を言う奴はただのバカ。
その頃の大統領はルーズベルトだろうから、史実よりも戦後処理が苛酷になってたかもしれんし、軍部が暴発してクーデターを起こし、それこそ本土決戦になってたかもしれん。

あのタイミングがベストだったんだよ。
23  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:33 ID:7L6Qd4I40*
全体主義、共産主義の独裁的な国家より民主主義を標榜する一見すると先進的で自由な国家の方が苛烈で容赦ない殺戮を平然とやってのけたことが一番恐ろしいよな。
24  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:34 ID:w4ppYqqy0*
ベトナムみたいに支援国があれば本土決戦でも勝ち目はあったけど
無かったからまあ無理だ
25  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:43 ID:Dp.WJ6u20*
米22
ベストなわけねえじゃん
ソ連侵攻原爆投下でいよいよ朕の命も危ないでござる〜もう一矢報いなくていいから降伏じゃあっていって降伏したのが昭和天皇とそのお仲間の軍部
広島長崎沖縄のことなんて何も考えてなかっだとしか思えないクソ采配
26  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:47 ID:8MDP0KPN0*
昔、元軍人のアメリカ人が「大阪は攻めるの難しい」って言ってたけど地形の問題?
でも戦争が続いてたらどこに居てもいずれは攻撃受けるね
27  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:48 ID:8MDP0KPN0*
※1
まあ降服しなかったからねw
28  不思議な名無しさん :2017年06月12日 22:59 ID:nihgrLo00*
無条件じゃなくて、きちんと条件をつけて降伏すべきだった
条件が成り立つうちに交渉しておくべきだった
29  不思議な名無しさん :2017年06月12日 23:11 ID:KM8tgBiv0*
兵站補給を軽視してた軍隊なんだから、もう本当にヒドイことになってたと思う
たぶん自分も生まれてないよ
30  不思議な名無しさん :2017年06月12日 23:14 ID:tE6TnIU00*
そもそもアメ公相手に戦争はじめたのが間違いなわけで。アメ公を降伏させられると思っていたんだろうか?
国の上層部は世界情勢を知らない白痴ばかりだったのだろうか?
相手を降伏させられないなら、落とし所を探すべきなのにな。開戦前に。
31  不思議な名無しさん :2017年06月12日 23:17 ID:7f0G94Vx0*
対独戦線では勝利を目前にした状況で損害を被ると士気が下がるから地上戦には消極的になったという話を聞くと、結局上陸しても戦略上重要な拠点だけ速攻で取って後は結局立て続けの空襲&原爆コンボで投了してたんじゃないかなと思う
日本にとっても反撃しようがない一番嫌な手だしね
ソ連が本州上陸の動きを見せる段階になったらまた話は変わってくるだろうが
32  不思議な名無しさん :2017年06月12日 23:33 ID:8FET0FWt0*
当時の状況を考えると、対米開戦そのものを否定するのは無理があるんじゃないかな
確かに勝ち目は皆無な戦争だった訳だが、それでも列強の一国である日本にとってハルノートの内容ははいそうですか、と飲めるものじゃなかった(向こうもそれを承知で無茶な要求をしたわけだし)
現代人からしたらなんであんなことをと思うが、少なくとも日本が強国であり続けようとする以上、避けてとおれない選択だっただろうよ
33  不思議な名無しさん :2017年06月12日 23:41 ID:OXL3vm0e0*
終戦が遅ければ朝鮮半島はソ連が占領することで赤化して、日本のほうが分断国家となり冷戦構造の最前線になっていたというルートもありえた
8月14日でのポツダム宣言受諾は遅い決断だったけど、広島と長崎に続く原爆被災地を増やさず、東ドイツや朝鮮半島のような悲惨な戦後を辿らずに済んだのだから遅すぎたということはなかった
34  不思議な名無しさん :2017年06月13日 00:13 ID:EctpARdr0*
米25

ではどうすればよかったと?
ポツダム宣言以前、降伏後に日本が存続する保証など何処にもなかった。

300万の犠牲を出したことは極めて遺憾だが、ドイツのように無条件降伏ではなく、ポツダム宣言という有条件降伏の途を選びとれたのは幸いというべきではないか?

それとも歴史のカンニングペーパーを見て、もっと早く降伏するべきだったというのか?
バカな、ナンセンスだろう。
35  不思議な名無しさん :2017年06月13日 00:29 ID:vrwz83Pg0*
ポツダム宣言の中には日本の無条件降伏が含まれていて、これを飲んだということは、無条件降伏したということなんだが。
36  不思議な名無しさん :2017年06月13日 00:48 ID:zmX.L.d50*
原爆があるのに上陸作戦なんかしてくるわけ無かろう。
海上封鎖と週刊原爆投下で一年と経ずに全滅するわ
37  不思議な名無しさん :2017年06月13日 01:36 ID:534gYW7H0*
玉音放送の時、日本軍は潜水艦で米国への核ミサイル発射命令待ちだったという話があるよ。
日本が降伏しないのであれば、アメリカ各地で核の惨状が見られたのかもしれない。
そうなると日米ともにコミンテルンの罠にまんまと完全に嵌まってしまったことになるわけで(資本主義国同士で戦わせて消耗させ、それぞれの国内で革命を起こす)、ソ連は大喜び。
日本は分割統治され、アメリカではその後、共産革命テロが起きたかもね。
まあでも、神に約束された民の子孫がいる国「日本」が無くなることは、恐らくこれからも無いだろうと思う。
38  不思議な名無しさん :2017年06月13日 02:45 ID:dNl3vJ0o0*
昭和天皇が書類上では出来てる筈の九十九里浜の陣地を侍従に見に行かせたら
何もない砂浜が広がってただけそりゃもう本土決戦無理って諦めますわ
39  不思議な名無しさん :2017年06月13日 02:55 ID:dNl3vJ0o0*
※37
>核ミサイル発射命令待ちだ
お前は妄想戦記の読み過ぎでオカシクナッテル
朝になったら病院に行ってみてもらえ
行くところは精神科だぞ
40  不思議な名無しさん :2017年06月13日 04:55 ID:5fGChL4t0*
五分後の世界だな。
41  不思議な名無しさん :2017年06月13日 05:57 ID:pxTVtDZM0*
今のシリアみたいに色んな国が兵器の実験場になるわな。しょぼい戦車と飛行機しか残ってなかったのにゲリラすれば勝てるとか無理だろ・・・
42  不思議な名無しさん :2017年06月13日 07:33 ID:.6dOx4Md0*
※35
日本国じゃなくて全日本軍の無条件降伏だぞ
43  不思議な名無しさん :2017年06月13日 11:08 ID:OBc..u0o0*
無条件降服だったなら、裁判もやらんし、天皇制も議論無しに廃止だったし、その後の独立も無いな

ポツダム宣言は条件付き降服であって、無条件降服ってのはプロパガンダだよ
44  不思議な名無しさん :2017年06月13日 11:20 ID:yw5WMbSM0*
親父は16歳で戦地に赴いた兵隊だったから、本土決戦になったら親父は戦後何十年も生きてなかっただろうから、俺も俺の子供も孫も生まれてなかったな。
45  不思議な名無しさん :2017年06月13日 11:31 ID:2WwQm.eD0*
なんで戦って勝つことを考えているのか謎だが、目的は、なんやかんやで負けないでは?
まんま五分後の世界だが、軍は地下なり山なりに潜伏。降伏はしない。本土は無抵抗で全て占領させる。その後、軍は永久にゲリラ行為を続ける。
食料・物資は民間に協力者をつくったり都市部から略奪。
占領されている時点で負けてるやん、という見方はあるが、何をもって負けたとするかだな。
46  不思議な名無しさん :2017年06月13日 12:13 ID:CWOrHqbR0*
※39
アドバイスありがとう。
よく知りもしない他人に暴言を吐けるあなたは、そのままで良いと思うよ。
47  不思議な名無しさん :2017年06月13日 12:27 ID:Fi6dQiZZ0*
いやいやいや
側から聞いても旧日本軍が潜水艦から発射可能な核ミサイルを既に実用化していて、それを運用可能な潜水艦が存在していて、アメリカ本土を攻撃可能な距離まで接敵していて、攻撃命令を待っていた、なんて幾ら何でも突拍子もなさ過ぎでしょ
そんな説を信じていて人に吹聴出来るのは流石に恥ずかしいよ
SFにしても荒唐無稽な上に、これが叩かれなかったら日本人として憐れに過ぎるよ
48  不思議な名無しさん :2017年06月13日 12:46 ID:Lf3u19JK0*
日本が事実上滅亡するってのも当然だが…それよりもソ連が崩壊してたと思う
不凍港たる北海道と朝鮮を手に入れたソ連は当然太平洋に躍り出ようとする
ルーズベルトの個人的感想で仲良くしてたがトルーマンはそうはいかない
ソ連の核兵器完成前に続けて戦争を仕掛けてくるだろう。当然ソ連に勝ち目はない
49  不思議な名無しさん :2017年06月13日 12:57 ID:h8zeOAoU0*
そういや、五分後の世界の首脳陣は
最終的にどうしたいんだろうな?
連合軍の日本からの駆逐?
日本国の国際的承認?
本土だけでも統一国家に戻すこと?
まさかさすがにNYとかに核撃ち込みたい訳でもあるまい。
なんでも落とし所が肝心だわな。
50  不思議な名無しさん :2017年06月13日 13:45 ID:2WwQm.eD0*
※49
UG日本人口が全人類の過半数を突破することじゃね?w
途方も無いがw
51  不思議な名無しさん :2017年06月13日 15:13 ID:oFbzpF1i0*
※46
悪いことは言わん。人前で話すと恥をかくから歴史をきちんと学んだ方がいい。
52  不思議な名無しさん :2017年06月13日 15:29 ID:eaN0Y2iv0*
みなさん大日本帝国を過小評価しすぎですよ。
先ずは占守島の戦いを調べてみてください。
本土徹底抗戦の姿勢ならばソ連軍なぞ千島列島に上陸すら出来ません。大日本帝国海軍は当時でも世界では二番目に強かったんですよ。なお満州でも帝国陸軍の士気は世界一。防衛戦ともなれば士気の低いソ連陸軍風情では崩すことは不可能。アメリカも九州侵攻で膨大な死者が出て講和に持ち込まざる得なくなるのは必然。帝国臣民の犠牲を鑑みて陛下が敢えて降伏の決断を下されたのです。一億皇民が戦わば本州は落とせません。陸上戦とはそういうもの。帝国陸軍はまだ余裕がありましたよ。
53  不思議な名無しさん :2017年06月13日 16:01 ID:3Htzlgf70*
最近「ヘーキヘーキ」っていう人がいなくなった変わりに「兵器兵器」言う人が増えた
戦火の舞台はさしずめスイカの切り分けと言ったところでしょうか?
問題は米中合意に日本が参加できてるかでは無いでしょうか
今のところ、どのルートを選択してもスイカになってしまうような気がしてなりません
かの国も同じく背中に銃口を突き付けられているのではないでしょうか?
宗主国が一等国の一角を譲るとは天地がひっくり返っても考えられません
共謀罪、、、反対とか賛成依然に国民の理解は驚くほど皆無の気がします
今はパンダ出産を喜ぶぐらいしか出来ないようにも思います

もしかしたらこのような米さえも外形判断の種になるかもしれませんね
もっと怖いのは誰かが「了解」とかレスした時点で無理やりにでも成立してしまうところにあると思います
(私が乗せられている節も有りますが、工場勤務の人の製作物を爆発物の材料になると断定しないとは限りません
そもそもこの法案成立自体がトリガーになる可能性も否定は出来ませんが、テロだけではない本質的重要性も理解できるというところが根っこでは無いでしょうか
54  不思議な名無しさん :2017年06月13日 16:03 ID:zjIChj1s0*
逆転勝利してたに決まってんじゃん
55  不思議な名無しさん :2017年06月13日 17:29 ID:HRyQcyna0*
※1
一億玉砕とか言って日本人破滅に導こうとした大本営の馬鹿どもにも言ってやれよw
56  不思議な名無しさん :2017年06月13日 18:10 ID:2WwQm.eD0*
※52
だからそれは大日本帝国滅亡ENDだっつってんだろーが。食料も物資もあったとして、なんで通常兵器の使用が前提なんだよ。核爆弾を冷静に評価してパラダイムシフトを理解して降伏したんだろーが。釣り? 釣りならok。

※53
日本語で大丈夫ですよ?
57  不思議な名無しさん :2017年06月13日 18:15 ID:3Htzlgf70*
上手なポジショントークですね
58  不思議な名無しさん :2017年06月13日 19:33 ID:1rjiR8.g0*
勝つことは出来なかっただろうけど今の世の中よりかはマシな日本だったかもな
59  不思議な名無しさん :2017年06月13日 19:42 ID:UFbaVo7I0*
※47
常識的にはそうだね。
ちょっと訂正。核ミサイルではなくて、ただの核爆弾。玉音放送を受けて、潜水艦ごと太平洋に捨てて来たらしい。自分でも本当かなとは思うし、丸々信じてるわけではないよ。
自分は「嘘だろ」って話も、可能性として残す。
軍事関係なら、原爆投下を計画した某国のトップが急逝したのは、日本全国から坊さんを召集してじゅ殺したからとか、 ソ○のミ○戦闘機が日本に着陸し、兵士が某国に亡命した事件は、その性能を知りたがった某国から日本に依頼があり、困った政府がとある人に依頼して日本に引き寄せてもらったものだとか、某船には実は公開されていない兵器が装備されてるとか、伊勢神宮は猛爆撃を受けたのにほとんどが不発彈で外れ、一部の屋根が少し焼けただけだったとかの話も見た。
日本なら可能性はあるかなと個人的に思ってる。本当かどうか調べようもないけど。
60  不思議な名無しさん :2017年06月13日 19:46 ID:t3piOkQE0*
※51
ここがオカルトnetが統合された不思議netだから書いてるのであって、真面目な軍事まとめに書いたり、ガチガチのオカルト否定論者には話さない。
歴史を勉強していないと思ったようだけど、事実に元づいた考証を行ってるサイトも見てる。おすすめは、「しばやんの日々」ってブロクと、チャンネル桜の「GHQ焚書図書開封」って動画。
61  46 :2017年06月13日 20:18 ID:DlHQFuhv0*
GHQ焚書図書開封の西尾幹二先生が紹介した戦争前後に出版された本を読むと、WW2開戦当時の日本人からは、アメリカに勝てると思っていた雰囲気が感じられるそうだ。
日清、日露で勝ち、WW1は勝ち組、WW2も負けないだろう的な雰囲気が日本国内に漂っていたとか。
現在の人から見れば無謀だったというのは良く分かるが、当時はそうでなかったらしいよ。
たしか、焚書図書開封の比較的浅い回でやってた気がする。
62  不思議な名無しさん :2017年06月13日 20:20 ID:ucorWjSA0*
生産力が維持できなければ弾丸も直に底をつく。
63  不思議な名無しさん :2017年06月13日 20:29 ID:kBKJoOY30*
アメリカ様原爆サンキュッ!本土決戦やらなくてホントよかったわ
なんだかんだ言っても鎖国して遅れてた日本をフランス畜生から(結果的に)救ってくれたし、戦後も守ってくれてるしアメリカ様最高じゃん
これからも寄生していたかった
64  不思議な名無しさん :2017年06月13日 20:47 ID:d3r6wKNt0*
※52
でも関東軍負けたじゃん
65  不思議な名無しさん :2017年06月13日 20:51 ID:d3r6wKNt0*
情報は多角的に
66  不思議な名無しさん :2017年06月13日 22:08 ID:da1mJFnR0*
泥沼で、アメ軍撤退か原爆連発の代わりに北海道がソ連に取られてたりして。
67  不思議な名無しさん :2017年06月13日 22:15 ID:H5pDEeo40*
※61
それは一般の市民達の間の雰囲気でしょ。上空から爆弾ふって来たり、
食料無くて飢えたり身近に危機が迫らないと、無謀だった事に気づかないんじゃない?
大衆は国際関係の情報はラジオや新聞からしか得られず、その報道内容には
言論統制のフィルターもあっただろうから、判断する材料に限界があった。
しかし、対米戦開始前に設立された総力戦研究所では絶望的な結果が予想されてたわけで、
庶民と違って情勢が見える立場にいた人達には敗戦は想定の範囲内。

さらに言えば、今も昔も人は都合のいい聞き心地のいい情報に流されがちなと。
状況は違うけど、昨今の北のミサイル関連でも、その脅威と低強度紛争に
発展する可能性を正確に量れる人なんてほとんどいないでしょ。
ネット上でさかんにGW中に開戦とか斬首作戦とか喧伝されてたのはいい例だと思う。
68  不思議な名無しさん :2017年06月13日 22:24 ID:EctpARdr0*
米35

違う。知ってか知らずか?
そのように、それらしい嘘で騙せるとでも?

ポツダム宣言に記されているのは、日本国『軍隊』の無条件降伏であって、
『日本国の無条件降伏』は何処にも明文化されていない。

つまり【『日本国軍隊の無条件降伏』という条件付きの有条件降伏】
という認識がより正確だろう。
69  不思議な名無しさん :2017年06月14日 00:24 ID:UtRvWVhU0*
日本軍の無条件降伏であって、日本の無条件降伏ではないキリリッの人たちは、言葉遊びで自慰。昔からそんな論争があったが、何の意味もないと思う。条件をつけるのアメリカ主導の連合国側で、大敗戦国日本が連合国側につけられる条件はなかった。連合国側が条件をつけるんだから無条件降伏ではないとか、悲しすぎるよな。
70  不思議な名無しさん :2017年06月14日 08:39 ID:pZhBbWbz0*
※69
君は中学生かな? ちゃんと資料を自分の目で見てから意見を述べるなり判断したほうが良いよ。(13)にわざわざ日本政府と日本軍と分けて書いてくれてるよ。the unconditional surrenderが無条件降伏でこれがかかってるのはofから続く全ての日本軍ね。wikiにすら丁寧に載ってるから見てみよう。
馬鹿左翼だとしたら一刻も早くお花畑に戻るんだ! そして二度と出てこないでね。
71  不思議な名無しさん :2017年06月14日 10:32 ID:a1RNPLQ90*
なんかベトナム兵にゲリラ戦術教えたのは旧日本軍の生き残りって何かで見たけどどうなんかね?日本人アゲ感してあんま信じて無かったけど
72  61 :2017年06月14日 22:32 ID:K.xhRph60*
※67
焚書図書開封の動画解説文から探して、第3回を改めて見てみた。勝てるだろう的な雰囲気の話は別の回でもあったはずで、たしか文学系の人が語った言葉だったと思う。詳細を知らない一般人がそうだったというのは間違いないと思う。
第3回のは開戦前の本で、もし戦ったらを推測で書いてる本で、日本が有利だろうという考えで書かれていた。どういう人が書いたものか分からないが、ベストセラー作家だったようだ。
アメリカ人とロシア人が書いた文章を翻訳した本も紹介されてた(こちらは開戦後だったかも)。
西尾先生は、日本は限定戦争を想定していて、総力戦争を想定していなかったのが誤算だったとおっしゃっていた。
納得できる話だと思った。
73  不思議な名無しさん :2017年06月14日 23:36 ID:NADWT3ZA0*
※71
たぶん事実だと思う。GHQ焚書図書開封で、ベトナムの回もあったと思うから、時間に余裕のある時にでもどうぞ。

日本人は謙虚であることを美徳とする人が多いし、日本は悪い国と教えられて来た人も多いから、日本上げと見えるかもしれない話は居心地が悪く感じたり、酷いと嫌悪感を感じる人がいるかもしれないけれど、事実は事実として素直に受け入れるべきだと思うよ。

-----------
軍の規律の厳しさなどで反感を持った東南アジアの人もいたかもしれないが、基本的には軍は現地の人と仲良くして味方になってもらう方針を取っていたので、欧米側についた人でなければ日本軍はそれほど憎まれていないと思う。
結果として独立につながったことで感謝している人もいる。
アメリカはフィリピンなどで日本軍が極悪なことをしたという教科書を作って教えさせたし、そういう映画が作られてそれを事実だと信じてしまって反日な人もいる。
実際には米軍による無差別爆撃で何百万人の現地人が亡くなっているし、酷いリンチなどは米軍がやったという話もある(検証できるかは不明)。
東南アジア諸国の教科書として、日本人が極悪なことをやったとして教えているという文章をあちこちにコピペしまくっていたアホパヨクが過去にいたが、そういう教科書が実際にあったとしても、それらはプロパガンダで作られたものに違いないと思ってる。
事実として、パラオではプロパガンダ教科書が事実とは違うということで直されたし、台湾でも直されていると聞いた。

WGIPや左翼思想や日教組によって日本は悪い国と教えられて来た人が多いと思われるし、今でもそう思ってる情報弱者な可哀想な老人がいるだろうけど、片寄った教科書ではなく事実を検証した本が出ているし、調べてネットで発表している人だって大勢いるのだから、日本人は近現代の先人達のことを積極的に知り、誇りを持てる部分は持つべきだと思う。
74  不思議な名無しさん :2017年06月14日 23:48 ID:JYmWHHn90*
同意だね
しかし、残念なことにその全体主義を尚加速させたのがその世代であるとも理解しなければならない
出なければそれによって生まれた情弱弱者を責める資格はだれにもない
特に戦後直後世代の戦争アレルギーが当然の結果であると同時に彼等の真意や後悔、それでも正しかったと言えるものは残さなければ我々が歴史に学ぶものは何も無いと言える
勝敗の結果だけを見るなら、rtsゲームでもやればよろしい
私はゲームも好きだけどね
75  不思議な名無しさん :2017年06月15日 21:18 ID:DqIntqhi0*
※74
全体主義って一体どこの国のこと言ってんだ? 日本がかつて全体主義だったとでも?
そりゃ建て前としてお国のためとは言ってたが、母、父、妻、娘、息子、要は残される人達のために戦って死んでいったんだろうが。
特攻隊員の遺書は全部そうだよ。お国のため、って一文はあったりなかったりで、内容は圧倒的ボリュームで残される人達に向けて書かれてる。そしてそれは咎められることなんて無かった。
難しい言葉を適当に使って賢い振りしてねーでちったあ自分で調べて勉強してこいや。
76  不思議な名無しさん :2017年06月15日 22:48 ID:jRir27420*
見てきたもの全て
中間層を無視?
親族に足指無い人いたよ
その後の世代がどう育ったかどう教育されたか
勉強する前に見るべきものがあるんじゃないかな?

脅迫の意は伝わった
77  不思議な名無しさん :2017年06月23日 21:10 ID:Xmf6K09f0*
核ミサイルを発射できる潜水艦がWW2の時点で地球上に存在したとか主張する奴がいるせいで草が絶えないんだがどうしてくれるんだよ
78  不思議な名無しさん :2017年06月24日 19:38 ID:iP52BBoZ0*
※15

言う通りゲリラ戦に陥ったとしても
当時はもう東西冷戦が始まってたからな
米ソ両軍ともに日本列島の地政学的重要性は理解してたから
そうそう簡単に撤退なんか出来はしない
むしろゲリラ化した日本軍が、米ソの策謀で幾つもの軍閥に分裂させられ
血みどろの内戦を20世紀末まで続けていた可能性が高い
それは史実の第三世界諸国での内戦が証明している

 
 
上部に戻る

トップページに戻る