まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【SF】彡(゚)(゚)「あれが火星人か……」【SS】

2017年06月16日:16:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 9 )

mars-2051747_640


1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:37:53 ID:C07
2032年に地球人が火星に入植して以来、多くのアメリカ人が火星に移住した。

ワイもその1人やった。 滅亡寸前のちきうに見切りをつけたんや。

それから1年、忙しくとも充実した日々を送ってきた。

新しい植民地で10日働き、2日休む。 そんな生活や。

友達のパーティーに行く途中でガソリンスタンドに寄ることにした。

彡(^)(^)「おっちゃん、ハイオク満タンで!」

(^н^)「はいよー」
【津山三十人殺し】犯人・都井睦雄の生い立ちから犯行まで
http://world-fusigi.net/archives/8847332.html

引用元: 彡(゚)(゚)「あれが火星人か……」





2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:39:28 ID:C07
彡(゚)(゚)「それにしてもずいぶんとまあ、寂しいところやなあ……」

(^н^)「年寄りにはちょうどいいんじゃよ。 ワシは火星に隠居しに来たんじゃから」

彡(゚)(゚)「なるほどなあ。 どうや、火星は?」

(^н^)「いいね。 いつも何かしら珍しいモノがある。 天気1つとってもそうじゃ。 昼は恐ろしく暑くて夜は恐ろしく寒い。 花も雨も、何もかも地球と違う……」

彡(゚)(゚)「せやな。 ケッタイなモンばっかりや。 ワイが言うのもナンやけど、よくこんなトコで平気でいられるなあ」

(^н^)「あるがままの火星を認められないやつはさっさと地球に帰った方がいい。 ここじゃ何もかもみょうちきりんじゃよ」

(^н^)「土も、空気も、運河も……火星人もね」

26: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:01:57 ID:mqp
元ネタあるんか?

28: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:02:47 ID:C07
>>26
あとで教えるやで



3: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:41:11 ID:C07
彡(゚)(゚)「火星人か……生きているヤツは見たことないなあ……」

(^н^)「ワシも一度も逢った事はないがね。 よくその辺にいるそうじゃよ」

彡(゚)(゚)「ほーん」

(^н^)「あと、時計も変わってるね。 ワシの時計は時々変な動き方をするんじゃ」

彡(.)(.)「ワイのもや。 どうなっとるんやこれ」

(^н^)「多分、時間が変なんじゃろうね。 まあ、地球の常識で考えちゃいけないということじゃ」

彡(^)(^)「なるほどなあ。 やっぱり面白いなあ、火星は」

(^н^)「そうじゃろ。 ほら、あそこの街道なんか、火星人が千六百年も昔に作った道じゃが、今でもしっかりしてる」

彡(゚)(゚)「すごいヤツやったんやな、火星人は……」

(^н^)「そうじゃな。 はい、お代は1ドル50セント」

彡(゚)(゚)「おっ、もう終わりか……ホレ」チャリン

(^н^)ノシ「まいど、気を付けて」

彡(^)(^)「ほな、また!」ブブーン

8: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:43:59 ID:C07
彡(゚)(゚)「……」ブーン

彡(゚)(゚)「あれから一時間走っとるけど、他の車は一台も走っとらんなあ……」

彡(゚)(゚)「明かりも全然ないし……火星はいつも静かやけど、今夜は特に静かやなあ……」

彡;(゚)(゚)「こんだけ静かやと、なんだか不安になってくるやで……」

彡;(゚)(゚)「……まさか、世界にはもう、ワイ1人しかいないんじゃ……」

彡(゚)(゚)「……」

彡(^)(^)「なんつってなww」

彡(゚)(゚)「お、火星人の遺跡や! いつも通りあそこで休憩するか!」

11: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:45:21 ID:C07
\彡(>)(<)/「ぬあああぁぁぁぁん、疲れたむおぉぉぉぉん!!」ノビー
彡(^)(^)「いつ来ても良いところやなあ……静かで、綺麗で……」

彡(^)(^)「完璧で欠陥がない。 とても数世紀前から廃墟やとは思えんわ」グー

彡;(゚)(゚)「む……腹が減ってしまったやで。 こんなところで恥ずかしい……」

彡(^)(^)「せや! この町を一望出来る場所で軽くメシにしたろ!」

彡(^)(^)「そうと決まればレッツゴーや!」ブブーン

13: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:47:21 ID:C07
彡(^)(^)「おー、良い眺めやなー! メシが美味くなるわ!」モグモグ

彡(^)(^)「あー、コーヒーも美味いなあ! 最高や!」ズズー

その時、背後で物音がした。 何かが動く気配がした。

彡;(゚)(゚)「な、なんや……?」クルッ

コーヒーカップを持ちながら振り返ると、とんでもないモノが目に入った。

ヒスイ色のカマキリみたいな奇怪な機械がワイに向かって走ってきたんや。

その体には無数の緑色のダイヤモンドがきらめいていて、複眼のように輝く赤い宝石がついている。

その背には、つやのある金色の目をした1人の火星人が乗っていて、静かにワイを見下ろしていた。

(´・ω・`)「……」

15: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:49:01 ID:C07
彡;(゚)(゚)(あれが火星人か……)

彡;(゚)(゚)(生きているのを見るのは初めてや……)

彡;(゚)(゚)(こういう時どうすればいいんや? 火星人は結構攻撃的やっていうけど……ワイ、武器なんて持っとらんで?)

彡;(゚)(゚)(とりあえず、こっちに敵意が無いことを示すか……笑顔なら大丈夫やろ……)

彡(^)(^)「こんばんは!」

(´・ω・`)「#$%&¥!」

彡;(゚)(゚)「……?」

(´・ω・`;)「……?」

16: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:50:26 ID:C07
彡;(゚)(゚)「『こんばんは』と言ったんか?」

(´・ω・`;)「『#$%&¥』+*@<>}?」

彡;(゚)(゚)「なんやって?」

(´・ω・`;)「V{><}V?」

彡;(゚)(゚)「……」

(´・ω・`;)「……」

彡;()()(アカン、なにもわからん)

17: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:50:59 ID:rMW

19: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:52:31 ID:C07
彡;(゚)(゚)「お前は誰や?」

(´・ω・`;)「)’%#~¥*@{(?」

彡;(゚)(゚)「どこに行くとこなんや?」

(´・ω・`;)「}¥<+>)(&%$?」

彡;(゚)(゚)「……」

(´・ω・`;)「……」

彡;(゚)(゚)(どないせえっちゅうねん……せや、とりあえず自己紹介でもしてみるか。 胸を叩きながら言えばわかるやろ)

彡;(゚)(゚)「ワイはヤキウ・ミーンや」トン

(´・ω・`;)「(><ゲン・ジューミン^^)」トン

彡(゚)(゚)(´・ω・`)「!」

彡(゚)(゚)(通じた!?)

21: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:54:33 ID:C07
(´・ω・`)「! (&)!」

火星人は何かを言いながらワイの頭を触った。

不思議な事に、触られた感触はなかった。

(´・ω・`)「これでよし!」

彡(゚)(゚)「!!」

(´^ω^`)「これでよくわかるでしょ?」

彡;(゚)(゚)「ほ、ほんまや! よくわかるやで! すごいな! もうワイの言葉を覚えたんか!?」

(´・ω・`)「いや、全然覚えてないよ!」

彡;(゚)(゚)「……は?」

(´・ω・`;)「……え?」

22: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:55:44 ID:C07
(´・ω・`;)「……」

彡;(゚)(゚)「……」

(´^ω^`;)「……あ! 君が持っているそれは何?」

彡;(^)(^)「え!? あ、ああ。 これはコーヒーっていう飲み物や。 飲むか?」

(´^ω^`)「うん、ちょうだい!」ヒョイッ

そう言いながら火星人は乗り物から降りた。

彡(^)(^)「ええで! ホレ!」コポコポコポ

ワイはもうひとつのカップにコーヒーを注ぎ、火星人に手渡した……

……ハズやった。

なんと、手が重なったと思ったら、霞みたいにすり抜けたんや!

23: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:57:12 ID:w7V
悲しいなぁ・・・

24: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)21:58:13 ID:C07
\彡;(○)(○)ノ「うわあっ!!」ガシャーン!

ヽ(´?ω?`;)ノ「%&$¥!?」

彡(゚)(゚)「い、今の見たか!?」

(´?ω?`;)「み、見たよ見たよ!」

そう言いながら火星人はカップを拾おうとした。

(´・ω・`;)「ひ、拾えない……」スカッスカッ

彡;(゚)(゚)「んなアホな……」

(´・ω・`;)「……もしかしたら……」シャキーン

彡;(○)(○)「ちょ、ちょっと待てや! ナイフなんか取り出して何をする気や!?」

(´・ω・`;)「誤解しないで。 ちゃんとキャッチしてね。 ほーら」ポーイ

彡#(゚)(゚)「刃物を人に投げんなや!……あれ?」スカッ

ナイフはワイの手をすり抜け、地面に落ちた。

彡;(.)(.)「ひ、拾えへんで……どうなっとるんや……」スカッスカッ

(´・ω・`;)「やっぱり……」

25: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:00:50 ID:C07
彡;(○)(○)「! お前の体!」

(´?ω?`;)「! 君の体!」

彡;(゚)(゚)「透けて見えるで!」

(´・ω・`;)「君も透けてるよ!」

彡;(゚)(゚)「な、なんやって!?」ペタペタ

(´・ω・`;)「そんなバカな!?」ペタペタ

彡;(゚)(゚)「ワ、ワイの体はちゃんとここにある。 温もりも感じる」ペタペタ

(´・ω・`;)「よかった。 鼻も口もちゃんとある……」ペタペタ

彡(゚)(゚)「ワイは生きてる」

(´・ω・`)「僕は生きてる」

彡(゚)(゚) (´・ω・`)「……ということはつまり……」

m9つ彡(゚)(゚) (´・ω・`)C○m「死んでいるのはアンタ(君)や(だ)!!」ビシッ!

m9つ彡;((○)(○))「亡霊や!」ビシッ!

(´?ω?`;)C○m「お化けだ!」ビシッ!

27: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:02:25 ID:C07
5分後

(´・ω・`;)「……らちが明かないね。 話題を変えよう」

彡;(゚)(゚)「……せやな」

(´・ω・`)「君はどこから来たの?」

彡(^)(^)「ちきうやで」

(´?ω?`;)「地球!? そんなバカな! あの星は酸素が濃すぎるから生物なんて住めないはずだよ!?」

彡(^)(^)「ところがどっこい。 ちきうには30億年前から生物がいて、火星に行けるようになるほど進化したんやで」

(´・ω・`;)「信じられない……」

彡(゚)(゚)「ワイらも昔は似たようなことを言ってたらしいで。 『火星は酸素が薄すぎるから生物なんて住めないはずや』ってな」

(´・ω・`)「失礼な。 僕らは何千年も前からここにいるよ」

彡(゚)(゚)「ま、お互いさまってとこやな」

29: 名無し 2017/06/15(木)22:03:35 ID:ZuO
期待

31: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:04:51 ID:C07
(´・ω・`)「いつ来たの?」

彡(゚)(゚)「もう1年も前やで。 知らなかったんか?」

(´・ω・`)「知らなかったよ」

彡(゚)(゚)「アンタらは少数を除いて、みんな死んだんやで。 アンタはその少数の中の1人やろ?」

(´・ω・`)「そんなことないよ」

彡(゚)(゚)「いんや、死んだんやで。 ワイはこの目でアンタらの死体を見たからな。 部屋の中で、家の中で、真っ黒になって死んでたで。 何千、何万とな」

(´・ω・`)「それはおかしい! 僕らは生きてるよ!」

彡(゚)(゚)「アンタらは侵入されたことを知らなかったんか? どこかへ避難してたんじゃないんか?」

(´・ω・`)「避難なんかしないよ。 逃げる必要なんてないんだから」

彡;(゚)(゚)「それはおかしいなあ……」

(´・ω・`)「おかしいのはそっちだよ。 一体何の話をしてるの?」

彡(゚)(゚)「ワイが知っている全てや。 信じたくないのはわかるが、事実やで」

33: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:06:25 ID:C07
(´・ω・`)「しょうがないな。 僕の言う事が正しいって証明してあげるよ。 あの運河の近くに町があるのは見える?」

彡(●)(●)「よーく見えるやで」

(´^ω^`)「今夜あの町でお祭りがあるんだよ。 昨夜あそこに行って、今夜も行くつもりだよ」

彡;(゚)(゚)「んなアホな……」

火星人が指した「町」は、ワイがさっき寄った遺跡やった。

35: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:08:31 ID:C07
彡(゚)(゚)「あの町はもう何千年も前に滅んだはずやで」

(´・ω・`)「滅んだって? 僕は昨夜あの町で寝たんだよ」

彡(゚)(゚)「ワイは先週も先々週もあそこに行ったやで。 ただの廃墟や。 折れた柱が見えるやろ?」

(´・ω・`)「折れたって? ちゃんと立ってるよ。 月明りでよく見えるじゃないか。 柱はまっすぐ立ってるよ」

彡(゚)(゚)「街路はホコリだらけやし」

(´・ω・`)「街路はちゃんと清掃されてるよ!」

彡(゚)(゚)「運河には水がないし」

(´・ω・`)「運河にはラベンダー葡萄酒がなみなみと溢れてるよ!」

彡(゚)(゚)「とにかく、滅んだんや」

(´・ω・`)「生きてるよ! ウソばっかり言って!」

彡(゚)(゚)「ホンマや。 嘘なんか言っとらんて」

39: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:10:29 ID:C07
(´・ω・`)「もう一度よく見てよ! あそこにお祭りの明かりが見えるでしょ?」

彡;(●)(●)「……うーん……」

(´・ω・`)「女の子みたいにほっそりした美しいボートと、ボートみたいにほっそりした女の子達が見えるでしょ?」

彡;;(●)(●)「ううーん……」

(´・ω・`)「砂の色をした女の子達が手に炎の花を持って街路を走ってるのが見えるでしょ?」

彡;;((●)(●))「うう~ん……うむむむむ……」

(´・ω・`)「僕は今からあの祭りに行くんだ! 一晩中舟遊びをしたり、歌ったり飲んだり恋をしたり……それが見えないの?」 

彡;(゚)(゚)「……すまん、何も見えへん……」

(´・ω・`;)「えぇ……」

40: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:12:17 ID:C07
彡;(゚)(゚)「多分やけど、ワイらの町と間違えてるんちゃうんか?」

(´・ω・`;)「そんなバカな」

彡(゚)(゚)「ワイはこれから『緑の町』に行ってパーティーに参加するんや。 せや、ここからじゃ見づらいからちょっと移動しよか」

(´・ω・`)「うん、いいよ」

ワイは火星人を丘のはずれまで連れて行き、「緑の町」を指さした。

彡(^)(^)「あれがワイらが作った町や」

(´・ω・`;)「……え?」

41: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:12:39 ID:KJn
おっこれは…

42: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:14:19 ID:C07
彡(^)(^)「あれが、ワイらがイリノイ街道のそばに建設した新しい植民市や。 どや、立派なモンやろ?」

(´?ω?`;)「え? えええ?」

彡(^)(^)「ワイらはオレゴン州の材木を何百万フィートも持ち込み……鋼鉄の釘を何十トンも運び……未曾有の美しい町を2つも作ったんや!」ウットリ

(´?ω?`;;)「え? ええ? ええー?」

彡(^)(^)「今夜はそのうちの1つでパーティーがあるんや! ちきうからロケットが2台来て、ワイらの女房や恋人が着いたんやで! まあワイは独身やし彼女もいないけどな!」

(´・ω・`;;)「え~? あ、う~ん……」

彡(^)(^)「で、みんなでダンスをしたり、ウィスキーを飲んだりするんや!」

(´・ω・`;)「そ、そうなんだ……」

彡(゚)(^)「どや! その目ではっきりと見たやろ? これでワイの言うことを信じるか?」

(´・ω・`;)「いや、信じるも何も……」




(´・ω・`;)「……あそこに町なんかないよ?」

彡(゚)(゚)「……は?」

44: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:17:16 ID:C07
彡#(゚)(゚)「何を言っとるんやおどれは。 ホラ、あそこにロケットが見えるやろ。 よく見いや」

(´・ω・`;)「ロケットって何?」

彡(゚)(゚)「ああそっか……あの細長い銀色のアレや! ホラ、あそこにあるやろ?」

(´・ω・`;)「……見えないよ……」

彡(゚)(゚)「んなアホな。 お前○クラちゃうんか?」

(´・ω・`;)「申し訳ないが放送禁止用語はNG……僕の目はちゃんと見えるよ。 見えないのは君の目だ」

彡(゚)(゚)「せやったら、あの新しい町がよーく見えるはずやで。 ワイらが作った美しい町が」

(´・ω・`;)「海しか見えないよ。 今は引き潮だね」

彡(゚)(゚)「んなアホな。 あの海は何千年も前に涸れたんやで」

(´・ω・`;)「ちょっと待ってよ。 やめてよ」

彡(゚)(゚)「ホンマやって」

45: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:19:06 ID:NTs
世にも奇妙な物語っぽい

46: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:19:26 ID:C07
(´・ω・`;)「……もう一度言ってよ。 さっき僕が描写したような町はホントに見えないの?」

彡(゚)(゚)「せやで」

(´・ω・`;)「まっすぐ立った白い柱!」

彡(゚)(゚)「白いのは確かやけど、折れとるな」

(´・ω・`;)「ほっそりしたきうりのボート!」

彡;(●)(●)「見えん」

(´・ω・`;)「お祭りの明かり!」

彡;(●)(●)「……なんも見えんわ……」

(´・ω・`;)「こんなによく見えるのに……そうだ! じゃあ歌声は聴こえる!?」

彡;(゚)(゚)「歌声?」

(´・ω・`)「美しい歌声が聴こえるでしょ? ほら、こんなに近くに聴こえる。 ああ、良い歌だ……」

彡(-)(-)「……」

(´・ω・`)「ね?」

彡;(-)(-)「……聴こえんで?」

(´・ω・`;)「えぇ……」

47: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:21:36 ID:C07
彡;(゚)(゚)「じゃあ今度はワイが聞くで。 ワイがさっき描写したような町はホントに見えないんやな」

(´・ω・`)「うん」

彡(゚)(゚)「細長い、銀色のロケット!」

(´・ω・`;)「見えないよ」

彡(゚)(゚)「木で出来た美しい家!」

(´・ω・`;)「見えない」

彡(゚)(゚)「街道を走るたくさんの車達!」

(´・ω・`;)「一台も見えないよ……」

彡(^)(^)「せやろな。 今、車は一度も走っとらんもん」

(´・ω・`#)「おいこら」

49: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:22:09 ID:o99
星新一の作品にありそう

50: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:23:24 ID:C07
(´・ω・`;)「……これってつまり……」

彡;(゚)(゚)「お前が言ってるモノがワイには見えず……」

(´・ω・`;)「君の言っているモノは僕に見えない……」

彡;(゚)(゚)「これってどういうことなんや……?」

(´・ω・`;)「わからないよ……」

彡;(゚)(゚)「ゾッとするなあ……」

(´・ω・`;)「ホントだね……」

51: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:25:25 ID:C07
(´・ω・`;)「ひょっとすると……」

彡(゚)(゚)「?」

(´・ω・`;)「さっき感じた感覚と関係があるのかな……?」

彡(゚)(゚)「……どんな感覚や?」

(´・ω・`;)「なんていうかその……世界に僕1人しかいないような……」

彡;(゚)(゚)「! ワイもや! なんだか世界に取り残されたような気がしたで!」

(´・ω・`;)「そうなの!?」

彡(^)(^)「せやで! あの感覚を共有できるヤツがいるとは思わんかったわ! いや~、嬉しいなあ!」

(´・ω・`)「なるほど……これでわかったよ」

彡(゚)(゚)「ほう、なんなんや?」

(´・ω・`)「結論はただ1つ! これは何か時間と関係あることなんだ! 時空間がねじ曲がってどーのこーのって感じの!」

彡;(゚)(゚)「おお! なんとなく辻褄が合う気がするで!」

(´・ω・`)「つまり! 君は過去の幻影なんだよ!」

彡(゚)(゚)「は?」

(´・ω・`;)「え?」

彡(゚)(゚)「いや、お前が過去の幻影なんやで」

53: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:27:43 ID:C07
(´・ω・`)「ずいぶん自信があるんだね。 どっちが過去の人間で、どっちが未来の人間だなんて、どうやって証明するのさ?」

彡(゚)(゚)「今年が何年か言えば済む話やろ。 今年は2033年やで」

(´・ω・`)「その数字、僕になんの意味があるの?」

彡;(゚)(゚)「あっ(察し)……ないです」

(´・ω・`)「でしょ? 今年は114514MURだって君に言うのと同じくらい無意味だよ」

彡;(゚)(゚)「で、でも廃墟が証拠やないか? ワイは未来の人間で、生きている。 お前は過去の人間で、死んでいる。 そのことはあの廃墟が証明しとるんやないか?」

(´・ω・`)「でも、僕の全てはそれを否定してるんだ。 僕の心臓は動いてるし、胃は飢えを感じるし、喉は渇くんだ」

彡;(゚)(゚)「……うーん」

(´・ω・`)「だから死んでいるわけじゃない。 かと言って生きているわけでもない。 でも生きているという方が近いだろうね。 生と死の間って言えば一番正確かな」

彡(゚)(゚)「ワイら2人ともそんな感じか」

(´・ω・`)「そうだよ。 僕らは奇妙な夜にすれ違った2人の見知らぬ者達……ただ、それだけなんだよ」

彡(゚)(゚)「……せやな」

57: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:30:21 ID:C07
(´・ω・`;)「……ちょっと待って」

彡(゚)(゚)「?」

(´・ω・`;)「……廃墟だって?」

彡(゚)(゚)「せやで。 怖いんか?」

(´・ω・`;)「未来を見たがる人がどこにいるの? 未来を見た人がどこにいるの? 過去は見れるけどさ……」

彡(゚)(゚)「まあ、確かにな……」

(´・ω・`;)「……柱が壊れてるんだって?」

彡;(゚)(゚)「……せやで」

(´?ω?`;)「海は涸れていて、運河は干上がってるんだって?」

彡;(゚)(゚)「……せやで」

(´?ω?`;;)「女の子達はみんな死んで、花はみんなしぼんでいるんだって?」

彡;(-)(-)「……せやで」

<((´?Д?`;;))>「う、うわあああああああ!!」

彡;(゚)(゚)「お、おい! 大丈夫か!?」

58: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:32:50 ID:C07
(´゚ω゚`;;)「……」

彡;(゚)(゚)「おい! しっかりせえや!」

(´・ω・`)「でも、確かにあそこにある」

彡;(゚)(゚)「ファッ!?」

(´・ω・`)「僕には見える。 あそこで、みんなが僕を待っている」

彡(゚)(゚)「……」

(´・ω・`)「君が何を言おうとも、それだけで、僕には充分だよ」

彡(-)(-)「……せやな」

火星人の言うことはもっともやと思った。

もし逆の立場なら、ワイも同じことを言っていたと思う。

59: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:35:05 ID:C07
彡(゚)(゚)「……ワイらの意見は一致しないんやな」

(´・ω・`)「意見が一致しないという意見で一致させようよ」

彡(゚)(゚)「……せやな」

(´・ω・`)「僕らが生きてさえいれば、どっちが過去でどっちが未来かなんてどうでもいいよ。 来るべきものはどっちにも来るんだ。 それが明日か一万年後かはわからないけどね」

彡(゚)(゚)「せやな」

(´・ω・`)「あそこの寺院が、今から一万年後の君達の寺院じゃないって言い切れる?」

彡(゚)(゚)「言い切れへんな」

(´・ω・`)「だったら疑問を抱かない方がいいよ……それはそうと、夜は短い。 お祭りの火が空に映ってる。 みんなが僕を待っている」

彡(゚)(゚)「……ワイにも待ってくれている人がいる。 ロケットが、町が、ちきうから来た女達が、ワイを待っとるんや」

ワイは別れの握手をしようと手を差し出した。 火星人もそれを真似た。

それでも、握手はできなかった。

60: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:37:39 ID:C07
彡(゚)(゚)「……また逢えるんやろか」

(´・ω・`)「わからないよ。 もう二度と逢えないかもしれないし、またいつかの晩に逢えるかもしれない」

彡(゚)(゚)「お前の祭りに行ってみたいなあ」

(´・ω・`)「僕も、君の新しい町へ行って、そのロケットとやらを見たり、いろんな人からいろんな話を聞きたいよ」

彡(゚)(゚)「ほな、また」

(´・ω・`)「おやすみ」

火星人は緑色の金属の乗り物を操って、静かに山の中へ去った。

ワイはトラックに乗って音もなく反対方向へ出発した。

61: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:40:40 ID:C07
彡(゚)(゚)「……奇妙な幻やったなあ」ブウーン

彡(゚)(゚)「このことは誰にも話さんとこ。 なんか、その方がええ気がするわ」

彡(^)(^)「そんなことよりパーティーや! パーティーがワイを待っとるんや!」

彡(^)(^)「べっぴんさんに美味いウィスキーに楽しいヴァージニア踊り……楽しみやなあ!」

彡(゚)(゚)「……」

彡(゚)(゚)「……アイツは無事に祭りの会場に着いたんやろか」

彡(゚)(゚)「……今頃アイツも、同じようなことを考えとるんやろうな」

彡(゚)(゚)「なんとなく、そんな気がするわ」

彡(^)(^)「おっ、町が見えてきたやんけ! よっしゃ、待ってろよワイの未来の嫁さん!」

終わり

62: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:41:08 ID:KJn
元ネタなんや?

64: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:42:14 ID:C07
最後まで読んでくれてありがとやで。

元ネタはレイ・ブラッドベリの『火星年代記』やで。

あの星新一にSF作家の道を歩ませた本やで!

詳しく知りたきゃ図書館へGOや!(ダイマ)

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)
火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

火星年代記

『火星年代記』は、レイ・ブラッドベリにより書かれたSF小説。単行本としては1950年に出版された。
26の独立した短編を連ねて一つの長編とした作品である。

ストーリー
アメリカ合衆国は火星探検隊をのせた宇宙船を打ち上げる。しかし第一次から第三次までの探検隊はいずれも火星人の攻撃によって絶滅してしまう。武装を整えて火星に乗り込んだ第四次探検隊は廃墟と化した都市を発見する。先行した探検隊の持ち込んだ伝染病によって火星人はほぼ絶滅してしまっていたのだった。やがて地球から火星への植民が本格化し、大勢の人々が移住してくる。彼らのほとんどは火星人や古代文明には関心を持たず、地球の価値観をそのまま火星に持込み、地球人の街を作っていく。ところが、地球で核戦争が勃発し、ごく一部の例外を残して人々は地球に戻ってしまう。核戦争は長期化し、地球上の街は壊滅していく。長い時が経ち、地球からなんとか脱出して火星にたどり着いた家族が、新たな「火星人」として生活を始める。
https://ja.wikipedia.org/wiki/火星年代記

65: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:42:38 ID:w7V
>>64
もう終わりなのか?

66: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:42:46 ID:rMW
ありがとやでー。読んでみるやで

67: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:43:56 ID:C07
すまん、気が動転した。

オマケがあるやで。

69: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:45:11 ID:C07
おまけ

彡(゚)(゚)「おっ、なんか詩が出てきたンゴ」

われらはもはやさまようまい、
こんなにおそい夜のなかを。
心は今でも愛にみたされ、
月は今でも明るいが。

つるぎは鞘よりあとに残り、
心は胸よりながもちする。
心臓すらも憩いを求め、
愛そのものを休もうとする。

夜は恋する人のため。
昼間はまもなく戻るけれど、
われらはもはやさまようまい、
月の光のその中を。

彡(;)(;)「え、ええ詩や……滅びの美学というか、命の儚さというか、運命をありのままに受け入れる感じというか……上手く言えんけどとにかく感動したンゴ!」

彡(;)(;)「それに、物語と上手くマッチしとる! 『ウォッチメン』を読んだ時も思ったが、引用が物語と上手くマッチしとると感動するやで!」

彡(^)(^)「よっしゃ! この詩を詠んだバイロンについて調べるやで! その後書店にゴーして詩集をバイや!」カタカタカタッターン!

数十分後……

彡()()「……賢者タイムを詠んだ詩だったンゴ……」
オマケ終わり

72: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:47:51 ID:qCU
乙やで おもろかったわ

74: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:49:15 ID:h4o
おつ

76: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:50:45 ID:vDV
なんて題名の詩や

77: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:51:32 ID:C07
>>76
「われらはもはやさまようまい」やで

78: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:51:49 ID:vDV
>>77
サンガツ

79: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:52:01 ID:NTs
良かったンゴ

84: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)22:59:58 ID:KHS
おつやで おもろかったンゴ ちょっと物足りないような気がするけどこのサッパリ感がすこ

88: 名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木)23:17:19 ID:bJ5
「火星年代記」はいい

なお実写版(ワイはすこ)









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【SF】彡(゚)(゚)「あれが火星人か……」【SS】

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2017年06月16日 16:52 ID:w6Ptof.L0*
面白かったー(´・ω・`)
2  不思議な名無しさん :2017年06月16日 17:00 ID:WWgdFNrZ0*
こういう古いSFをとりあげてくれると嬉しい。「火星年代記」はラストシーンが変に印象的だ。
3  不思議な名無しさん :2017年06月16日 20:10 ID:g1eTlHum0*
読み始めて、まんま火星年代記じゃないかと思ったら、火星年代記だった
4  不思議な名無しさん :2017年06月16日 22:19 ID:If.GGir.0*
泣ける><
5  不思議な名無しさん :2017年06月17日 00:31 ID:Dxf9KqgJ0*
面白かった。
なんか切ないな
6  空缶 :2017年06月17日 10:01 ID:UVCjlrm10*
それ以前に火星人とやきう民って、人類はどうなってるんだw
7  不思議な名無しさん :2017年06月17日 19:51 ID:qv1JMaU90*
星新一っぽいと思ったら星新一も元ネタを読んでたのか
8  不思議な名無しさん :2017年06月17日 21:37 ID:W9J8RMjL0*
これを読んだときとノスタルジックな画像を見たときの心理が同じ感じだわ
なんか寂しくなる(´・ω・`)
9  不思議な名無しさん :2017年06月17日 23:58 ID:b2HYSRqr0*
無限ループって怖くね?

 
 
上部に戻る

トップページに戻る