不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    16

    【UFOの日】宇宙人からメッセージを受け取れる6つの方法

    ufo-1265186_960_720

    「今日は何の日」というのは、自分が関係しなければ意識することもないものだ。

    「今日はX-ファイルの放送日」なら脳裏に刻まれても、「今日はカラボボ戦勝記念日です」になると、多分テンションが上がる人は少ない。

    だが不思議.netにとって、今日は無視することはできない日だ。

    なぜなら今日が他でもない、「UFOの日」だから。


    今日はアメリカでUFOが初めて目撃された日

    landscape-1328858_960_720

    なにがどうUFOの日かというと、本日6月24日はアメリカで初めてUFOが目撃された日なんだそうだ。

    「いやいやUFOは何千年も昔から目撃されていたし、絵画にも残っている」

    といいたいオカルト勢も多いとは思うが、今回はきっかけというか、ひとまずそういう話ではないので、どうか拳を下ろして欲しい。


    ―1947年6月24日。

    アメリカの実業家ケネス・アーノルドは、自家用機で移動中、目算時速2700kmもの速度でV字形態をとり飛んでいる9つの青白い光を目撃した。

    アーノルド氏は新聞社にこの物体の形を「空飛ぶ円盤(flying saucer)」と語り、これがきっかけとなって目撃情報が相次ぐこととなる。UFO=円盤というイメージもここから始まった。

    しかし、実はアーノルド氏が目撃した物体は円盤でないものもあったらしい。

    実際はこうだ。

    ufo1947b

    もしかして:

    http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20140727/58/5076838/0/400x248x320eafd7a349b7ce3a3d78d3.jpg

    どこかで見たことがあるシルエット。

    この経緯には諸説あるが、後の訂正記事より先の嘘記事が蔓延るのはいつの世も同じのようで、あとは皆様ご存知のように、「UFO=空飛ぶ円盤」が定着している。

    そして未確認飛行物体を「外国の秘密兵器なんじゃないか」と思ったアメリカ空軍は、今度はこれを「UFO(Unidentified Flying Object,未確認飛行物体)」と名付け、わりと本気で調査に乗り出したし、めでたく「UFO」が市民権を得たという。

    そんな一連のケネス・アーノルド事件。私たちの好奇心に火が付いたのは、間違いなくこの日からだったのだろう。

    そして70年の時がたった今。

    UFOや宇宙人について、一体程度どの程度わかっているのだろうか。

    千葉市上空にUFOの大群出現、一度に100機目撃(動画あり)
    http://world-fusigi.net/archives8735664.html


    目次

    世界の本気!宇宙人探索プロジェクト

    科学的に宇宙人がメッセージを送ってくる6つの方法

    不思議.net厳選!2ちゃんねるで話題のUFO・宇宙人記事




    世界の本気。宇宙人探索プロジェクト

    200px-GBT
    ▲グリーンバンク望遠鏡

    では現在、世界の研究機関は宇宙人に対してどのようなアプローチをとっているのだろうか。

    2015年、「ブレイクスルー・リッスン」という史上最大規模の宇宙人探しの計画が発表された。それは地球周辺だけでなく天川銀河の外の100もの銀河を探査し、知的生命体を探すという壮大なものだ。宇宙好きにとっては、聞いただけで胸が高鳴るものだろう。

    最近「宇宙人が地球に電波を使ってメッセージを送っているのでは」というニュースがあったが、そのような信号をとらえ、知的生命体の証拠をつかもうという研究が、「SETI (Search for Extraterrestrial), 地球外知的生命探査」だ。今まさに、この研究も「ブレイクスルー・リッスン」によって大規模に行われている。

    750pix
    ▲オーストラリアのパークス天文台

    その参加観測機器も錚々たるもので、アメリカ「グリーンバンク電波望遠鏡(GBT)」は世界最大の電波望遠鏡であり、直径約100mパラボラアンテナを持つ。他にもオーストラリアの直径64mの「パークス電波望遠鏡」、中国で2016年9月に稼働を開始した、世界最大の固定式電波望遠鏡「FAST」もブレイクスルー・リッスンに加わる予定だ。

    まさに各国最新技術の粋を集めた宇宙人探索である。オカルトと夢想の世界でしかなかった地球外知的生命体の発見にも、科学の光が射し始めている。


    宇宙人がメッセージを送る有り得そうな方法


    我々が宇宙人を探しているように、宇宙人だってこちらを探しているかもしれない。

    過去100年の人類の技術的進歩が驚異的であることを考えると、現在は人類の文明よりはるかに進歩している可能性も高い。

    もし超進化した宇宙人が私たちとコンタクトを取るとしたら、次のような方法が考えられる。


    1. 電波

    10-radio-waves

    宇宙人と交信する方法として多くの人が最初に考える古典的な方法が、電波である。
    この方法は、『コンタクト』や『インデペンデンス・デイ』などの多くのSF小説や映画によく登場するものだ。

    1977年、SETIプロジェクトに参加していた天文学者のジェリー・R・エーマン(Jerry R. Ehman)氏は、明らかに異常な、強い電波を受信することに成功し、この電波は「Wow! シグナル」と名付けられた。これは付近の星団から突如として発生した電波放射だが、原因は解明されていない。

    しかし電波には交信手段として致命的な問題がある。電波はその発生源から遠ざかるほど弱くなることだ。そのため、人類が過去1世紀に電波で送信してきたメッセージが、数十光年離れた距離にまで届くということは基本的に不可能だ。

    超進化した宇宙人なら、むしろ以下のようなもっとスマートな方法で交信するだろう。


    2. レーザー

    9a-laser-signal-177287180

    電波を宇宙空間スケールの長距離で送信するのは難しいが、レーザーはそれよりも効果的な交信方法だ。

    シグナル・インテグリティ(Signal Integrity:デジタル信号の品質)は電磁波よりもはるか遠くの距離まで保たれているし、地球上からもその光線ははっきりと見ることができる。

    レーザーは個々の天体をターゲットにすることができるため、波形で広がりながら進む電波と異なり、とても効率的だ。進歩した文明なら、メッセージをレーザーで数百光年離れた距離にある惑星系に送ることもできるかもしれない。そのようなレーザー光は、地球上からも簡単に検出できるだろう。

    問題は、どの周波数のレーザーを使用するべきかだ。

    進歩した文明なら、大量のガンマ線バーストを宇宙空間に送ることもできるだろう。ガンマ線バーストは継続期間が長く、非常に目立つものである。それには信じられないほどのエネルギーが必要になるが、進化した宇宙人なら利用できるかもしれない。

    現在の人類にとってより現実的な方法は、赤外線またはマイクロ波のレーザーを使用することだ。何と、NASAのレーザー通信システムLLCD(Lunar Laser Communication Demonstration)ではすでに実現化されている。


    3. ダイソン球体

    7-dyson-swarm

    ダイソン球体の仮説を提唱した物理学者フリーマン・ダイソン氏のアイデアは次のようなものである。

    大きな金属の球体を軌道に乗せるよりも、何十億もの大型太陽電池パネルを設置して恒星のエネルギーを集める方が効率がいいというのだ。これは飛んだ話に聞こえるかもしれない。しかし、技術進歩のスピードを考えれば、人類はこれを数百、数千年で実現できるかもしれない。

    宇宙人は、ダイソン球体を利用して恒星から集めたエネルギーを使って、パラボラアンテナなどのアイテムを強化する可能性もある。これは、宇宙人文明が人類よりも恐ろしく進歩し始める分岐点なので、警戒が必要だ。この種の活動が検出された場合、宇宙人に応答してメッセージを送信するのはいいアイデアとは言えないかもしれない。


    4. 重力波

    5-gravitational-waves

    人類は近年、重力波(時空の曲率の急激な変化が波動として伝わる現象)を検出する装置を開発した。
    2015年、レーザー干渉計重力波観測装置(LIGO)の実験グループの科学者たちは、時空のさざ波を発見したと発表した。これは人類が重力波を発見した初めてのことであった。

    高度な宇宙人文明は、中性子星やブラックホールを利用して、シグナルを重力波検出装置に送ることができるかもしれない。もしくは重力波の周波数と振幅をコントロールして、情報を埋め込み、人類にメッセージを送ることも考えられる。

    もちろん、宇宙人がこうしたことを行うには、相当高度な技術力が必要だ。頼もしいことに、人類の重力波観測装置のセンサーは、数十億光年離れた場所からの重力波も検出できる。そのため、宇宙のどんな場所であっても、こうしたことを行う宇宙人がいれば、それは重力波として見つかるだろう。

    現実的には宇宙の時空のゆがみは小さく、物体間の距離を陽子(プロトン)の直径よりも短い長さだけ変えるほどでしかない。しかし、宇宙人が本気で人類の注意を引こうとするときはどうなるだろう。彼らは重力波を強化して、メッセージを明確に伝えようとするかもしれない。


    5. ワームホール

    2a-wormhole-490696562

    ワームホールが物理的に存在可能かどうかはまだ明らかではない。 もし可能だと判明した場合にも、自然界の力を利用した、またはその他の方法で、どのようにワームホールを創造するかという方法はまだ確立されていない。

    現時点ではまだ混沌としているが、宇宙人は、映画『インターステラー』のようにワームホールを宇宙空間に挿入して、それを電波送信などに使用するかもしれない。MITのAndrew Friedman博士はこれについて、「Wormholes: Space Machines and Time Machines(ワームホール:宇宙マシンとタムマシン)」という論文を書いている。

    宇宙人は宇宙船の艦隊を送るためにワームホールを使うかもしれない。 あるいは、以前のエントリから逆アセンブラを行うことで、私たち人類を宇宙から消して、元の地球からすべての物質を収集したりなど、恐ろしいことも考えられる。


    6. 物理法則を変える

    feature-1-aliens-153952911

    私たち人類は宇宙に目を向けるとき、同じ物理法則がどこにでも成立し、永久的に変わらないものだと仮定してはいないだろうか?

    私たちはこれが真理だと思っているが、もしそうでないとしたら……。J. K. Webb氏を含む数名の研究者は、「Indications of a spatial variation of the fine structure constant」という論文でこのことを示唆している。

    超進歩した宇宙人は、上記で紹介した交信方法をより簡単により実践的にするために、この世の物理原則を操作することができるかもしれない。あるいは、電子の電荷を変えることなどによって、彼らの存在を知らせたり、私たちにメッセージを送ることも考えられる。

    もし物理学の法則をコントロールできれば、基本的にすべてをコントロールできるということになる。私たち人類の発展途上な頭脳では、理解しているつもりの宇宙の一部分でさえほとんど理解することができていない。たとえ彼らがすでに実現しているとしても、少なくとも現時点で私たちの思考では気付くことすらできないだろう。


    [via: Listverse]



    2ちゃんねるで話題のUFO・宇宙人の記事


    UFOや宇宙人などの宇宙の謎にまつわる事柄は、不思議.netでも人気コンテンツの一つだ。興味を持った人は、ぜひ下記記事にも寄って欲しい。多くの宇宙好きが集い語り、胸躍るスレだ。

    ■厳選!名作UFOスレ

    ■番外編


    まとめ

    ちなみに『X-ファイル』の新作が2017年後半、アメリカで放送されるらしい。モルダーとスカリーの役者も続投するとか。要チェックである。

    皆様も、UFOらしきものを目撃したら是非知らせて欲しい。

    それが今度は、第二次UFOブームのきっかけとなるかもしれない。













    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2017年06月24日 22:09 ID:xG3j6cO50*
    もの凄く 原始的方法じゃ?
    2  不思議な名無しさん :2017年06月24日 22:20 ID:b4Mbxyte0*
    肉体言語で語りあおう! 宇宙知的生物同好会!
    3  不思議な名無しさん :2017年06月24日 22:42 ID:za9pr.oU0*
    イリヤの空、UFOの夏
    4  不思議な名無しさん :2017年06月24日 22:59 ID:AeKSZ1Bb0*
    おっくれてるぅーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
    5  不思議な名無しさん :2017年06月24日 23:06 ID:9sG5boGN0*
    我々より優れた文明だった場合、当然それを考慮してメッセージを送ってくると思われる
    6  不思議な名無しさん :2017年06月24日 23:47 ID:bYb8nx8z0*
    ビンに手紙を入れて宇宙に流そう
    7  不思議な名無しさん :2017年06月24日 23:56 ID:41d.b1Vm0*
    >ちなみに『X-ファイル』の新作が2017年後半、アメリカで放送されるらしい

    ちなみに、10数年ぶりに復活した1コ前の「X-ファイル2016」なら今Dlifeで放送中
    次の土曜の夜10時に3話目が放送。スカリーの老け具合が少し悲しい(老けたマドンナみたい)
    8  不思議な名無しさん :2017年06月24日 23:58 ID:t6.TtDmL0*
    イキスギィ!
    9  手抜き名無しさん :2017年06月25日 00:07 ID:6DshZBPj0*
    宇宙人がいるんだったらロシアが発表してるはずだから
    マインドコントロールのための仕込み

    インターネットはCIAのプロジェクト
    みたいなのでまず調べてみたらいい

    グレイ推しの場合は、「良い宇宙人」を使った形の茶番推しで
    茶番での悪役は悪い宇宙人か第三次大戦での悪役陣営とかそんなの
    10  不思議な名無しさん :2017年06月25日 00:10 ID:EID3hk0X0*
    8つのリアベの実に祈りを込める
    11  不思議な名無しさん :2017年06月25日 04:22 ID:BCXx7fr.0*
    YB-35とかYB-49とかなんだろうな
    12  不思議な名無しさん :2017年06月25日 09:58 ID:PSOocIog0*
    箱舟的な人工物を無作為に撒くとかもあり得るだろ
    そもそも発生サイクルの違いから時間的な接触は難しいし
    13  不思議な名無しさん :2017年06月25日 10:49 ID:wrFhWM9q0*
    自分達の姿に似せたロボットを送り込んで来るぞ
    14  不思議な名無しさん :2017年06月25日 13:15 ID:nYc24rw70*
    そういえば地球人類が送ったゴールデンレコードは黒歴史化したのか?
    15  不思議な名無しさん :2017年06月26日 23:05 ID:YWCsqMK40*
    テレパシーでよく話しかけてくるわ 推しメンの話題が多い
    16  不思議な名無しさん :2017年06月29日 18:24 ID:2h.7zoVr0*
    未開のジャングル奥地で狼煙をあげているようなもの
    で、答えが無いので、このジャングルには我々より進んだ人間はいなかったと

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!